「エディタ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エディタとは

2018-12-10

anond:20181210162002

2018-12-06

anond:20181206153403

ごっついサイズログファイルとか開くときには結構使えるけどな。

最近コーディング向けのモダンエディタってでかいファイル開くとハングアップするか開けないってアラート上がるし。

anond:20181206153403

はてなにいるおじいちゃんとかの秀丸利用率(メインエディタとして)は35%以上のシェアを誇っていると聞くぞ(ウィンドゴシップインフォメーションによれば)

2018-11-28

anond:20181128093356

エディタとかはUTF8が標準だけど、肝心のOSが変なところで使いまくってるからなぁ

2018-11-26

エディタのその次

入力インターフェースキーボードからタッチパネルマイクへとかなりアグレッシブに変化しているのにエディタ入力メソッドが未だにキーボード前提になっているのはちょっとダサい

コードを書くのに入力補完やフォーマティングなどは日常的に行っていると思うが、これをキーボードで行わざるを得ないのは最早老人たちのレガシーしかないだろう。

今こそ、音声入力エディタを開発すべきである

クリエイトファンクションファンクションネームイズ『てすと』、ブレスオープンコールプリントフォーマット、オープンパーレンテキストビギン、『ハローワールドテキストクローズクローズパーレンセミコロンクローズレース、エンドオブパラグラフ!」

って感じで唱えて

function test(){

printf("hello world!");

}

ってコードを出力するエディタが現れてもよさげ

2018-11-25

WEB技術勉強会主催と登壇者のツイ垢フォローした結果

TLが自己啓発マウンティング若い女技術者の何気ない一言で埋まるようになってしまった(チンポ騎士団によるいいねリツイートのせい)

ツイート例:

『やる気とかモチベとか言ってる奴には永遠に到達できない速度感があるんだよ.』

その分野の最新情報もしくは学習方法が知りたくてフォローしたのに、説教人生訓・ちんぽ騎士団の性欲で九割でウンザリだった。

新人無料エディターを勧める技術者』みたいに、特に問題もない人まで、自分方針と合わないと仲間内小馬鹿しまくってるし(新人プロ扱いしないのは間違っているという論調で)

WEBエンジニアがたいした技術力もないくせに「無駄自意識高くて、事務営業を見下しがちなのは(同業者から)知ってるけど、あらためて萎えた。

2018-11-19

軽いエディタに望むこと

システム再起動しても保存してないテキストを保持している

(保存するまでもないテキスト)

デフォルト文字コードUTF-8

プロポーショナルじゃないフォント

・タブ形式だけどよこに並べることもできる

これぐらいだけど他にある?

anond:20181119162444

凄いわかる

Webサイトのtextareaだと誤送信とか、誤リロードで消えちゃったりするのが怖いかエディタ上で文章書くことも多いんだけど、そういう時には「ちょっと機能メモ帳」くらいのソフトウェアの方が色々と丁度いいんだよね。

anond:20181119162444

そういう人は多いと思うけどな。

起動時の設定いじったりすれば老舗のエディタ並みに軽快な起動速度になるけど

それやっちゃうと使ってる意味がないし。

テキストエディタについて思うこと

最近流行りのエディタっていろんな機能が付いたり拡張機能があったりでIDEに近くなってきてるじゃん。

あれって開発してるときは便利なんだけどメモ帳の延長として使いたいときは鬱陶しく感じることがある。

やたらと起動時にの動きがもっさりするときがあるし、単純なメモ書きをしたい時とかシステム設定ファイルを少し変更するだけとかの時には昔から使ってるエディタで済ましてしまう。

anond:20181119122635

ギャルゲーユーザーが見る部分だけを実装するのは難しくないから、最初やる分にはまあ良いかもね

あとは、シナリオフォーマットやら、シナリオ編集するエディターどうするやら、各リソース管理どうすべきかとか考えてみると、ステップアップには良いかもしれぬ

訂正:

難しくないから→凝ったものにしなければ難しくないか

2018-11-14

anond:20181113144856

人工知能プログラム学習させてエディタ上で翻訳したら読みやすくならないか

「この表の書式は 文字サイズ:14、色:赤」くらいならできそうだが

anond:20181113144856

まともなエディタ環境整えてるなら定型文が辛いなんてことは起こらない

2018-11-01

増田プログラマー養成講座 その15 Webアプリの完成見本

前回は、Webアプリモックアップ(ハリボテ)を作るところまでやりました。

今回は、Webアプリ機能実装してみましょう!

 

学習の狙い

データベースを使ったWebアプリを作って、データベースの基本操作CRUDの4つ)を練習してみよう!

CRUD
  1. Create 追加
  2. Read  取得
  3. Update 更新
  4. Delete 削除

 

説明の順番について

どういう順番で説明したら分かりやすいか検討してみた。

  1. まず先に、Webアプリの完成見本を提示します。
  2. 続いて、作る過程説明しながら、各プログラム意味説明してみます

 

作業の流れ

ざっくりと、以下のような流れで作っていきます

  1. XAMPPを起動する。(参考 anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備)
  2. CodeIgniterインストールする。(参考 anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう)
  3. phpMyAdminでデータベース操作する。(参考 anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう)
  4. ApacheWebサーバーソフト)の設定を変更する。(今回説明
  5. Visual Studio Code等のツールプログラムを書く。(次回説明
  6. ブラウザー動作確認する。

 

XAMPPを起動させる

(参考 anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備)

講座その6を参考にして、XAMPPを起動させて、ApacheMySQLスタートして下さい。

 

CodeIgniterインストールする。

(参考 anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう)

講座その9を参考にして、XAMPPの中にCodeIgniterインストールしておきます

 

phpMyAdminでデータベース操作する。

(参考 anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう)

講座その11を参考にして、MySQLWebアプリ用のデータベーステーブル作成しておきます

 

データベースの設定

講座その11で、データベース練習で「chat」というデータベースを作ってみました。

そのときmessage」というテーブル作りましたが、今回Webアプリで使うテーブルとして新たに「talk」というテーブル作成します。

(補足:前に作ったテーブルmessage」の中に、テーブル名と同じ「message」という名前カラム(列)を作ってました。これでも問題ないんだけど、プログラムを書くときテーブル名とカラム名を混同しないようにしたいので、念のため作り変えときましょう。)

 

talkテーブル新規作成する

SQLで「talk」というテーブルを作る場合、以下のようなSQL文になります

CREATE TABLE `talk` (

 `id` int(11) NOT NULL,

 `create_at` datetime NOT NULL,

 `update_at` timestamp NOT NULL DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP ON UPDATE CURRENT_TIMESTAMP,

 `message` text NOT NULL

) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;

 

このSQL文をphpMyAdminで実行すれば「talkテーブルを作れます

  1. phpMyAdminを開く。
  2. データベース「chat」を開く。(前に作った「messageテーブルは使わないので削除してもOK
  3. phpMyAdmin画面の上部メニューの「SQL」をクリックする。
  4. データベース chat 上でクエリを実行する:」の空欄に上記SQL文をコピーして実行すれば、「talk」というテーブルができる。

 

これでデータベースの準備ができました。

 

Apacheの設定

CodeIgniterで使う「URL」の表示方法ちょっと変更しておきたいので、ApacheWebサーバーソフト)の設定を変更しておきます

(「URL」=情報がどこにあるのかを示すインターネット上の住所)

Apacheの「mod_rewrite」という仕組みによって、URLの扱い方を変更します。)

 

(例)

変更前: http://localhost/waf/index.php/welcome/

変更後: http://localhost/waf/welcome/

というように、URLの中にある「/index.php」という文字列を表示させない設定にします。

 

Apache設定ファイル.htaccess

Apacheの設定は「.htaccess」という名前設定ファイルを用意して変更します。

 

RewriteEngine On

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d

RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1 [L]

 

.htaccess」の書き方を理解するには、「正規表現」という仕組みの知識必要です。

まだ「正規表現」を勉強してない段階では、とりあえずコピペして使って下さい。

 

Webアプリ完成見本

CodeIgniterで、

を行ないます

 

CodeIgniter設定ファイルconfig.php」の編集

config.php」をIDEやエディターで開いて、以下のように変更する。

$config['base_url'] = 'http://localhost/waf/';

$config['index_page'] = '';

 

最初は、

$config['index_page'] = 'index.php';

になってるけど、「index.php」を削除して、「''」(空)にしておく。

 

CodeIgniterデータベース設定ファイル「databese.php」の編集

「databese.php」をIDEやエディターで開いて、以下のように変更する。

$db['default'] = array(

 'dsn' => '',

 'hostname' => 'localhost',

 'username' => 'root',

 'password' => '',

 'database' => 'chat',

 'dbdriver' => 'mysqli',

(※上記のように、MySQLのusernamepasswordは「root」(管理者)のデフォルト設定を使ってます。)

 

Controllerの作成

上記フォルダの中に「Welcome.php」というファイルを作って、内容を以下のようにします。

<?php

defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');

 

class Welcome extends CI_Controller

{

 public function __construct()

 {

  parent::__construct();

  $this->load->model('chat_model');

  $this->load->helper('url');

  // $this->output->enable_profiler(true); // for debug

 }

 

 // 初期画面

 public function index()

 {

  $action = $this->input->post('action');

  if ($action == 'add') {

   $message = $this->input->post('message');

   $this->chat_model->create_message($message);

  }

  $data['talk'] = $this->chat_model->read_message();

  $this->load->view('welcome_index', $data);

 }

 

 // 更新画面

 public function update($id = '')

 {

  $id = $id ? $id : $this->input->post('id'); // id -> segment or post

  $action = $this->input->post('action');

  if ($action == 'update') {

   $message = $this->input->post('message');

   $this->chat_model->update_message($id, $message);

  }

  $data['talk'] = $this->chat_model->read_message_by_id($id);

  $this->load->view('chat_update', $data);

 }

 

 // 削除画面

 public function delete($id = '')

 {

  $id = $id ? $id : $this->input->post('id');

  $action = $this->input->post('action');

  if ($action == 'delete') {

   $this->chat_model->delete_message($id);

  }

  $data['talk'] = $this->chat_model->read_message_by_id($id);

  $this->load->view('chat_delete', $data);

 }

}

 

View作成

上記フォルダの中に「welcome_index.php」「chat_update.php」「chat_delete.php」という3つのファイルを作って、内容を以下のようにします。

 

Viewファイル「welcome_index.php」の中身

<?php defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed'); ?>

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

  <base href="<?php echo base_url(); ?>">

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>新規投稿</h2>

  <form action="welcome/index" method="post" accept-charset="utf-8">

   <label>メッセージ</label>

   <input type="text" name="message">

   <input type="hidden" name="action" value="add">

   <button>投稿する</button>

  </form>

  <h2>投稿一覧</h2>

  <table border="1" cellpadding="5" cellspacing="0" bordercolor="#CCCCFF">

   <tr>

    <th>No.</th>

    <th>投稿日時</th>

    <th>メッセージ</th>

    <th>編集</th>

    <th>削除</th>

   </tr>

   <?php if(isset($talk)): ?>

   <?php foreach($talk as $item): ?>

   <tr>

    <td><?php echo $item['id']; ?></td>

    <td><?php echo $item['create_at']; ?></td>

    <td><?php echo $item['message']; ?></td>

    <td><a href="welcome/update/<?php echo $item['id']; ?>">編集</a></td>

    <td><a href="welcome/delete/<?php echo $item['id']; ?>">削除</a></td>

   </tr>

   <?php endforeach; ?>

   <?php endif; ?>

  </table>

 </body>

</html>

 

Viewファイル「chat_update.php」の中身

<?php defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');?>

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

  <base href="<?php echo base_url(); ?>">

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>編集</h2>

  <p>メッセージを変更して「更新する」ボタンを押してください。</p>

  <form action="welcome/update" method="post" accept-charset="utf-8">

   <label>メッセージ</label>

   <?php if (isset($talk)): ?>

   <input type="text" name="message" value="<?php echo $talk['message']; ?>">

   <input type="hidden" name="id" value="<?php echo $talk['id']; ?>">

   <input type="hidden" name="action" value="update">

   <?php else: ?>

   <p>※該当するメッセージがありません。</p>

   <?php endif;?>

   <button>更新する</button>

  </form>

  <p><a href="welcome/index">戻る</a></p>

 </body>

</html>

 

Viewファイル「chat_delete.php」の中身

<?php defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');?>

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

  <base href="<?php echo base_url(); ?>">

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>削除</h2>

  <p>以下のメッセージを削除しますか?</p>

  <form action="welcome/delete" method="post" accept-charset="utf-8">

   <?php if (isset($talk)): ?>

   <p style="background-color:lightpink"><?php echo $talk['message']; ?></p>

   <input type="hidden" name="id" value="<?php echo $talk['id']; ?>">

   <input type="hidden" name="action" value="delete">

   <?php else: ?>

   <p>※該当するメッセージがありません。(または削除済です。)</p>

   <?php endif;?>

   <button>削除する</button>

  </form>

  <p><a href="welcome/index">戻る</a></p>

 </body>

</html>

 

Model作成

上記フォルダの中に「Chat_model.php」というファイルを作って、内容を以下のようにします。

<?php

defined('BASEPATH') or exit('No direct script access allowed');

 

class Chat_model extends CI_Model

{

 public function __construct()

 {

  parent::__construct();

  $this->load->database();

 }

 

 // Create

 public function create_message($message = '')

 {

  $sql = "INSERT INTO talk SET create_at = ? , message = ?";

  $param = array(date('Y-m-d H:i:s'), $message);

  $this->db->query($sql, $param);

  return $this->db->insert_id();

 }

 

 // Read All

 public function read_message()

 {

  $sql = "SELECT * FROM talk";

  $query = $this->db->query($sql);

  return $query->result_array();

 }

 

 // Read by Id

 public function read_message_by_id($id = 0)

 {

  $sql = "SELECT * FROM talk WHERE id = ?";

  $param = array($id);

  $query = $this->db->query($sql, $param);

  return $query->row_array();

 }

 

 // Update

 public function update_message($id = 0, $message = '')

 {

  $sql = "UPDATE talk SET message = ? WHERE id = ?";

  $param = array($message, $id);

  $this->db->query($sql, $param);

  return $this->db->affected_rows();

 }

 

 // Delete

 public function delete_message($id = 0)

 {

  $sql = "DELETE FROM talk WHERE id = ?";

  $param = array($id);

  $this->db->query($sql, $param);

  return $this->db->affected_rows();

 }

}

 

この続きは、

anond:20181101230220 増田プログラマー養成講座 その16 Webアプリの完成見本(続き)」

へ続きます

2018-10-31

anond:20181031155011

OSエディタプログラムで動いてるけど、プログラマそいつらに命令とかデータを渡すだけだから、触るのは表面だけだぞ

anond:20181031154609

ほんとすごい。OSエディタプログラムで動いてんでしょ?

プログラムも動かすプログラムで動いてんでしょ?

動かすプログラムプログラムで動いてんでしょ?これが無限ループか!

とにかくみんなすごい!

anond:20181031153848

Windowsを作ってるプログラマが使ってるツールも全部プログラムでできてるぞ

アセンブリコンパイラを作り

その言語OSを作り

そのOSの上で動くコンパイラを作り

エディタを作り

そのエディタもっと便利なエディタを作り

もっと便利なエディタIDEを作り

IDEバージョン管理システムとかを作り

バージョン管理システムIDEを使っていろんなものはできてるんだぞ

anond:20181031133443

それは本質的には表計算ソフトウェアやエディタ編集機能で実現されるべきものだな

矩形選択開始用のRectangleキーが欲しいとは思わんだろう? それは編集ソフトにあるべきものから

上書きモードもそのうちそうなると思う

増田プログラマー養成講座 その14 Webアプリの試作品作成

前回は、SQL文法を学びました。

今回は、データベースを使ったWebアプリ制作を通じて、SQLの使い方を確認してみましょう。

 

Webアプリとは?

WebブラウザーGoogle Chromeなど)で動作するアプリのこと。

ウェブアプリケーションWeb application)は、インターネット(もしくはイントラネット)などのネットワークを介して使用するアプリケーションソフトウェアである

多くの場合、これらのアプリケーションは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語(たとえばJavaScript)によるプログラムWebサーバ側のプログラム協調することによって動作し、ユーザはそれをWebブラウザ上で使用する。

 

準備

Windowsパソコンを使ってたら、「XAMPP」を使ってすぐにWebアプリを試作できる。

以前の講座(その6、その9)を参考にして、XAMPPCodeIgniterを用意しておこう。

 

Webアプリ制作の流れ

最近アプリの作り方は、「デザインスプリント」と呼ばれる方法流行ってます。本やネット情報がたくさんあるので調べてみよう。

 

ざっくりと、以下のような流れです。

  1. アイデア企画)を出す。
  2. アイデアを基に、ペーパープロトタイプ(紙の試作品)を作る。=アナログの試作品ノートなどにアプリの完成予想図、画面などを描く。
  3. ペーパープロトタイプを基に、動くモック(ハリボテ)を作る。=デジタルの試作品
  4. モック画面を基に、実際のプログラム作成して、アプリを完成させる。
  5. 完成したアプリを改良していく。

それでは順番にやってみよう。

 

アイデア

以前にデータベース練習をしたとき、「後で簡単チャット(おしゃべり)ができるWebアプリ作ってみたいと思う。」と言ったので、今回のアイデアは「チャットを作る」にしよう。

 

ペーパープロトタイプ

チャット必要な画面は3つある。

  1. トップページの画面(新規投稿投稿一覧がある)
  2. 投稿更新する画面
  3. 投稿を削除する画面

ノートなどに描いて画面をデザインしてみよう。

 

モック

Webページを作るには、HTMLCSS知識必要だ。HTMLCSSを使ったことがなければ、本やネット情報勉強してみよう。

今回はCSSを使わずに、HTMLだけでシンプルWebページを作ってみよう。(練習から余計なもの無駄を省きたい。)

 

Webページ制作ツール

ブラウザーテキストエディター(またはIDE)が必要です。

特にこだわりがなければ、Microsoftの「Visual Studio Code」という無料IDE統合開発環境)を使ってみよう。

インストール方法や使い方、メニュー日本語化のやり方は、検索して調べてみよう。

 

フォルダを作る。

デスクトップに「mock」というフォルダを作る。

 

ファイルを作る。

「mock」フォルダの中に

  1. index.html」 (トップページの画面)
  2. 「edit.html」 (投稿更新する画面)
  3. delete.html」(投稿を削除する画面)

という3つのファイルを作る。

テキストエディターで保存するとき文字コードを「UTF-8」にしておく。

 

ファイルの中身を編集する。

index.htmlファイルエディターやIDEで開き、以下のような内容に編集して保存します。(コピペする場合、行頭の字下げ(インデント)の全角スペースを半角スペースに置換して下さい。)

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>新規投稿</h2>

  <form>

   <label>メッセージ</label>

   <input type="text" name="message">

   <button>投稿する</button>

  </form>

  <h2>投稿一覧</h2>

  <table border="1" cellpadding="5" cellspacing="0" bordercolor="#CCCCFF">

   <tr>

    <th>No.</th>

    <th>投稿日時</th>

    <th>メッセージ</th>

    <th>編集</th>

    <th>削除</th>

   </tr>

   <tr>

    <td>3</td>

    <td>2018-10-20 12:34:56</td>

    <td>Webアプリを作ってみる!</td>

    <td><a href="edit.html">編集</a></td>

    <td><a href="delete.html">削除</a></td>

   </tr>

   <tr>

    <td>2</td>

    <td>2018-09-10 22:33:44</td>

    <td>今日からプログラミングを勉強します。</td>

    <td>編集</td>

    <td>削除</td>

   </tr>

   <tr>

    <td>1</td>

    <td>2018-08-01 11:22:33</td>

    <td>こんにちは!</td>

    <td>編集</td>

    <td>削除</td>

   </tr>

  </table>

 </body>

</html>

 

「edit.htmlファイルエディターやIDEで開き、以下のような内容に編集して保存します。(コピペする場合、行頭の字下げ(インデント)の全角スペースを半角スペースに置換して下さい。)

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>編集</h2>

  <p>メッセージを変更して「更新する」ボタンを押してください。</p>

  <form>

   <label>メッセージ</label>

   <input type="text" name="message" value="Webアプリを作ってみる!">

   <button>更新する</button>

  </form>

  <p><a href="index.html">戻る</a></p>

 </body>

</html>

 

delete.htmlファイルエディターやIDEで開き、以下のような内容に編集して保存します。(コピペする場合、行頭の字下げ(インデント)の全角スペースを半角スペースに置換して下さい。)

<!DOCTYPE html>

<html>

 <head>

  <meta charset="utf-8">

  <title>増田チャット</title>

 </head>

 <body>

  <h1>増田チャット</h1>

  <h2>削除</h2>

  <p>以下のメッセージを削除しますか?</p>

  <form>

   <p style="background-color:lightpink">Webアプリを作ってみる!</p>

   <button>削除する</button>

  </form>

  <p><a href="index.html">戻る</a></p>

 </body>

</html>

 

以上でモックWebページ(HTMLファイル)ができました。

Webブラウザーで「index.html」を開いてください。「編集」や「削除」、「戻る」をクリックして、チャットの画面を確認してください。

 

モックを作ってからWebサイトを作る方法

実務では「仕様書」という書類を大量に作る場合もありますが、時間と労力の無駄になっている場合が多々あります。(紙の仕様書はあまり使われる機会がない)

紙の仕様書アナログ)の代わりに、モック仕様書デジタル)として使うと、その後の段階がスムーズになります

どうしても紙でなければ困る場合以外は、モックをそのまま仕様書として使ってみましょう。

 

プロトタイプ作成ツール

モック(動くハリボテ)を作るための便利なツールがいろいろあります

 

 

 

ちょっと長くなったので、モックを基に機能実装プログラミング)するのは次回にしましょう。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミングの練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう

anond:20181026145516 増田プログラマー養成講座 その12 データベース参考書

anond:20181028152656 増田プログラマー養成講座 その13 SQL文法

anond:20181031014212 増田プログラマー養成講座 その14 Webアプリの試作品作成 ←★今ここ★

anond:20181101225335 増田プログラマー養成講座 その15 Webアプリの完成見本

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

2018-10-24

エディタは黒背景のほうが目に優しい」って根拠あんの?

PC作業による疲れ目の原因は、

「じっと近距離を見つめている(同じ眼筋がずっと緊張している)」

作業に集中してまばたきが少なくなる(目が乾く)」

「明るいものと暗いものを交互に見る(瞳孔の拡縮が頻繁に起きる)」

といったあたりが挙げられる。

まりエディタ背景色を変えるくらいなら、こまめに休憩を取るほうがずっといい。

黒背景を見続けた直後に白背景を見ると強烈に眩しく感じるのは、黒背景で瞳孔が拡大しているから。

おそらくこれで「普段は気付いてないだけで白背景ってこんなに眩しいんだ」と勘違いする人が多い。

実際には多くのアプリケーションウェブサイトは白背景のほうが多いのだから

エディタだけ黒背景にするとむしろ明暗を交互に見る」ことが増えると思われる。

ブルーライトで目が疲れるという根拠もない。

明るすぎるディスプレイで目が疲れるのは確かなので、

ちょっと色の偏ったグラサンとしては使えるのかもしれないが、

ディスプレイ輝度を下げるほうが手っ取り早いし有効だろう。

ただし暗すぎてもダメ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん