「上方」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上方とは

2019-02-17

下方とか上方かいうのやめてくれ

せっかく結婚も考え始めているのに

実際 身内が下方婚してる

当初自分は祝ったし応援してたが

これまで相手方の嫌な話もかなり多かったし解決もしてない

結婚なんてある程度勢いがないと無理なんだよ

から目をつぶってたいとこあったのに

2019-02-12

anond:20190212003333

出島オランダ商館の医師であったドイツ人ケンぺルによると、元禄5年(1692)の京都における輸入白砂糖の小売価格100斤(60キログラム)あたり140匁(現在貨幣にして1キログラムあたり約1600円程度)であった。高価とは言っても現在のおよそ10倍程度の値段であったのである。同年の長崎出島における白砂糖の輸入価格100斤あたり97匁であったので、100斤あたり43匁が国内流通過程において上乗せされたことになるが、このうち10.76匁が長崎から上方までの輸送コストであった。

anond:20190211135211

16世紀半ばの戦国時代の末期にマカオからポルトガル船が九州各地に来航していわゆる南蛮貿易が始まると、おそらくは中国産砂糖安定的供給されるようになる。最近ポルトガル船の積み荷の研究によれば、年間150キロ前後砂糖が輸入されていたという。

 江戸時代に入ると17世紀から18世紀初期にかけて福建省から琉球奄美黒砂糖の製法が伝えられ生産が始まった。しかし白砂糖や氷砂糖は、18世紀末の寛政年間に国産砂糖上方市場に登場するまで、長崎に来航する唐船(中国本土東南アジアからの来航船)とオランダ船(東南アジアから来航するオランダ東インド会社の船)による輸入に依存していた。

 長崎貿易により輸入された砂糖は、国内商人落札された後、船で大坂道修町の薬種問屋へ運ばれ、さら堺筋町の砂糖仲買によって江戸をはじめとする全国に運ばれていたという。

2019-02-11

anond:20190211151054

2017年の値が上方修整されて、2018年の値が前年比で下がったってことを言いたいのではないかと。

2019-01-29

22時以降に東京を起って行ける場所追記しました)

22時以降に23区内を起って、どこかひとりで泊まりにいける場所はないだろうか。

できれば東京の近郊で、海の近くとか、山の近くだと尚いい。温泉とかもいいな。

目的としてはちょっと疲れたので気持ちをボーッとさせること。

夜発のフェリーに乗って大島、とかは考えたのだけどちょっと出発時刻の22時に間に合う自信がない。

そして関東出身でないので土地勘がなくあまり候補地が思いつかず。

どこかないですかね?






……………………

以下どうでもよく恥ずかしすぎる事情なので見たい人だけ見て



もうすぐ、メンタル等をだめにしたこと事由退職します。


最終的には自分判断したことなので辞めるという出来事に対しては納得しているけど、

やっぱりしたくて就いた仕事だったので、

正直後悔や自分がだめだったことへの気持ち的な苦しさがものすごくあって。


そして突然だが最近の私は酒癖があまりよくなくて、

このままでは送別会(たぶんここでは大して飲まない)の後、

気持ちを抱えきれずに街に飲みに行ってまあめちゃくちゃになってしまうだろうなという予感があります

めちゃくちゃというのを詳しく言うと、たぶんもう自己肯定感が下がってるんだろうな、

飲み屋たまたま隣り合った人とかと泥酔して記憶もなくしてヤッてしまう。

でも一番ダメな日にそんなことをしたら、本当に今度は立ち直れない気がする。

なんとかして送別会のあと、旅の高揚感で下がった気分を上方補正して、

そして行き慣れた盛り場からその日だけでも自分隔離したい。

酒癖に関しては結局人恋しさを埋めるために飲みに行ってしまっているので、

本当のひとり酒では大して飲まないんです。だからどこかに自分隔離したい。




そしてここまで読んでくれてありがとう


……………………

さら追記

たくさんの反応をいただいて&みんな優しくてびっくりしています

ありがとうございます。素直にうれしいです。

全然反応がないか、それか「そのまま死んで帰ってくんなビッチ」とか言われると思ってた)


そしていっぱい指摘頂戴してはずかしい限りですが「発って」ですよね…

「起って」どうする。元気かよ。



いや、聞いてみるもんですね…

思いつかなかったような路線がいっぱいあって超おもしろいです。

1時近くに河口湖まで行ける深夜バス存在とか初めて知りました。

気になったホテルチェックイン時間が22時までだったりして、

今回は難しそうですが、富士山が見える大浴場とかいつか絶対行きたいなあ…

かに熱海きのこだまが結構遅くまで走ってることや、

寝台特急四国まで行けることや、深夜便パリ香港を目指せることも、ほかにもほかにも、

また今度のために覚えておきます


※※※※そして手練の方のハイパートラバに今気づいたので、ここにさら追記で驚きと感謝をお送り致します。

すっごい!!永久保存版!!!うそチェックイン時間結構ネックなんですよね。

挙げていただいたうちの昇仙峡とほったらかし温泉は昔に行ったことがあってサイコーでした※※※※


今後しばらく求職中の身ゆえ、

ハイクラスホテルの大きな贅沢は勇気がなく決済ボタンが押せなかったので、

でっかい風呂のあるホテルの、ちょっとだけ広いベッドの部屋を予約して、朝ごはんをつけてみました。

あんまり遠くじゃないけど結構楽しみです。


友人にはまだほとんど退職のことも話せていなくて、まだ楽しい会にできる自信がないんですよね

実家は味方になってくれると思うけど、年始めいっぱい心配されてしまってちょっとしばらく会いたくないというか…


結局どこに行っても自分問題解決したりしないってわかってるんですけど、

ちょっとだけいなくなりたい、気分を変えたい、みたいなたわごと

皆さん付き合っていただいてありがとうございました。

またまたここまで読んでくれてありがとう

2019-01-26

anond:20190126015727

まりさ、明確なラベルで選ぶ派は下方婚は無理なんだけど、

「夢を追い求めてるあの人が好きだから支えたい」みたいな感情優先タイプ上方か下方かなんてあんまりこだわりないんじゃないってこと。

そして、男女の賃金差がもっとはっきりしてたような昔からそう少数派でもなくそういう女はいるって話。

anond:20190126014933

東工大女の子地方帝大の僕が振られるかもしれないんだけど、明確に優劣のラベル他者に見える領域大学収入健康状態などなど)での下方婚女性にとって難しいと思う

アーティスト大成功して夫側が上方になる可能性が残っているから、明確な上方/下方が決まっていなく、支えるための心理的負担が意外に少ないんじゃないのかな

2019-01-15

anond:20190115111522

手持ちのNexus5がコンパス付きなんだよね

あると嬉しいかなあ

っていうかコンパスない機種でマップとかどうなってるの?

指でぐるっとしなければ画面の上方向が北固定なの?

パソコンと一緒?そうねその通りね

寝る方法

1 電気をつけたまま目を瞑り、黒目を水平に対して38度の上方向に向く

2 薄暗い暗闇の中に視界を作る。何も見えないが、瞼の裏が見えている感覚

3 眼球を小刻みに振動させ、瞼に眼球をめり込ませる

4 すべて一瞬でやめて、目を開けて、ハッ?あ、起きてたか?という感覚にさせる

5 続けると眠くなっていく

2018-12-28

anond:20171113160740

上方文化とか『細雪』的な世界を知らないなら、そう思うのも仕方ないのかな。現在関西とりわけ大阪は、メディアによって過剰に味付けされて伝えられている気がするよ。そして悲しいかな、大阪府民自体もそのイメージに沿ってあげようとしている。大阪メトロのデザイン案に対する橋下徹コメントがいい例。

anond:20181228001317

下方置換は犯罪だが上方置換は犯罪じゃありません、みたいな?

2018-12-26

anond:20181226135601

なんか思ってるのと違うー

SF映画に出てくるみたいな立体的に人が動くやつはないのー

フラフープみたいなの床に置いてその上方360度どこから見ても大丈夫映像出せるやつ

2018-12-19

Windowsの疑問

デスクトップって左上から、左下へ縦にアイコン並んでいくよね。

ダウンロード等でファイル複数配置されるときの話ね。

そのくせ、キーボードで左上から下へShift範囲選択しようとすると、右上方面に置いてあったファイルまで選択される。

まり横書きみたいな順序で並んでいるのが本来であるかのような挙動をする。

なんなん?いじめなのか?

2018-12-12

[]

多治見市文化財保護センターに行ってまいりましたわ

加藤五輔展がこぢんまりとした展示室で開催中ですわ

加藤五輔は明治時代の染付絵師でお米に字が書けそうな

絵をたくさん磁器に描いていらっしゃいます

花紋花瓶が好みでしたわ

国際万博にも作品出展していらして

昔は「五輔作」を銘で名乗っていたもの

美濃国五輔」「大日本美濃五輔」と世界視野に入れた

銘に変わっていったそうですわ

途中、多治見修道院に立ち寄りました

葡萄園葡萄剪定がほぼ終わっていましたわ

上方向にぴょんと飛び出した枝だけ数本残っている株がありました

いつもの土岐市美濃陶磁歴史館では

「やきもののこま犬大集合!」を拝見しましたの

古い時代狛犬は阿行が獅子で吽行が狛犬だったもの

つのまにか両方狛犬になったそうですわ

愛知県陶磁美術館狛犬館に関して同じことを書いたかもしれませんわ

狛犬と同じように飾られる「神猿:まさる」と「神狐:しんこ」の

展示もありましたわ

阿行の狛犬の方が口のパーツが上下に分割されているため保存が難しく

上顎がなくなってしまった怖い姿でいくつも展示されていましたわ

おかげで内部が覗けて頭と胴体を別部品で作った痕跡などがわかりました

anond:20181212201458

おかしくなってないっての

最初から複雑なことは前提としてよく分かったうえでやってんだから

世界に多重の権力勾配がある事を考慮してそれでもよくしてこうと西洋の連中は頑張ってるわけ

直ぐにはうまくはいかないが前より良くなってる

もしそう感じないなら権力勾配上上方にいたってことだな

幸せな事さ

2018-11-27

性能よりキャラ愛を叫ぶ奴らのほうが遥かに気持ち悪い事実

こっちはキャラの良さとかそんなのに興味ないっつうの。見てるのは性能とレアリティだけ。

ハズレ引いて「うっわハズレいらねゴミカス」って俺が言ってたら、「そのキャラ好きな人もいるんですよ!」とかキモ・オタのクソリプが来るわけでさァ。嫌な気分になってるのにそんな気分の上塗りよ。

性能を重視してんのに「顔がいい」「カワイイ」「エロい」「面白い」とか、し ら ね え よ 興 味 も ね え 。

例えばまあとあるソシャゲカス性能かつ上方貰ってもカスだった某最高レアリティキャラがいたんだけど、なまじ可愛い分囲いというか信者が多くてね。

そいつらが机上の空論でアレが強いコレが強い最強キャラとか騒ぐわけだ。挙げ句「使いこなせないヤツがザコ」だってさ。おかげで性能どころかキャラも嫌いになった。

ちょっといいキャラしてんなって思ってたけど、今じゃ声も顔も何もかもダメだ。アレのエロ絵や同人でも抜けない。引き当てたら秒で売り払ってボックスから抹殺する。

オタクら、その愛がヘイトを稼いでる事実を知ろうや。な?バカじゃあないだろ?

2018-11-11

スクロールで「上にやって」とは

プロジェクターで見てるときに、「もうちょっと上にやって」って言われたら、

A.(上の方が見えるように)上方向にスクロール

B.(見えている物が上に行くように)下方向にスクロール

どっち?


自分はAと思っていたし、そうとしか思えないから、

何度も「いや、反対、反対」って言われた。

その場にいた人たちは、半々くらいだった。

# 追記

トラバを読んだり、自分のを読み返して混乱してきた。

Aはマウスクルクルを「上に回す」、Bは「下に回す」ってことです。

2018-11-06

anond:20181106123739

上方婚 下方婚の話でいつも思う

増田が見てるのは収入だけだけど

収入が高いことだけが上方なのかね?

収入に一番こだわってるのは下方婚下方婚言ってる人な気がする

2018-11-02

anond:20181102094417

いやだから下方婚から女さんが稼ぐんでしょ?保育園空いてないし下方男は子育てで離職。下方女も出産育児で離職。中小企業はむしろ上方だろうが下方だろうが、社員結婚させたらだめなんだよ

2018-10-13

[] 【1】2018秋、ベトナムホーチミン

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181013111225





Day 1



1日目 成田ベトナムの翼、タンソンニャット


羽田深夜便だった前2回の旅行と違い、今回は成田発で、昼出発。

しかもややメンタルに不調を抱えているとあって、余裕を持った出発を心掛けたかったが、時間勘違いして、ギリギリ成田エクスプレスに駆け込み、その上方向を間違えて折り返すという失態を演じてしまった。

南国ホーチミンに行く前に国内でもう汗ダクだ。

肝心な時には何かバタバタする傾向がある自分なので、「またやってしまったー」と思ったが、どうやらチェックインには間に合いそうで、成田エクスプレスの車窓から畑を眺めながら、「この旅行に行って何になるんだろう」と愚にもつかない事を考えた。

別に何が起こるわけではない。

ただ若いからずっとボンヤリあった心象風景、雨のベトナムで川を眺めながらお茶料理を食べる、その画をこの目で見て来るのだ。

メンタル不調なんて、ボンヤリするのに格好の舞台装置じゃないか


前回の香港旅行では、事前に広東語フレーズをいくつか覚えて行ったが、「話せるものの聞き取れない」という致命的な見落としがあり、結局中学校時台成績2の片言にもほどがある英語と、メモによる筆談で乗り切ることになった。

ベトナム語も広東語と同じ声調言語(音の高低と発音意味が決定する言語)であり、しかもその声調というのが「コブシを効かせるようにいちど下げて上げる」「波のようにうねって上げ下げして上げる」という難解極まるモノで、もう「ありがとう」「これください」「トイレはどこですか」以外のコミニュケーションは投げている。

今回も筆談翻訳機とGoogle mapが頼りだ。


今回搭乗したベトナム航空は、ベトナムフラッグシップのようで、エコノミークラスといえど、タイガーエア台湾香港エクスプレスとはモノが違う。もちろんTGATやHKEXが悪いって訳じゃないけど、地上職員日本語ができるし、機材も大型で安定していて、シートには枕やブランケットが用意され、機内食も出る。

さらに、シートにはモニターが設置されていて、映画その他も見られる。

海外に行くときはその地のポップカルチャーを予習して行きたいのだが(香港前に発見したアガサ・コンは最高だった)、ベトナムはまだYoutubeでの情報が少なく、これと言った映画アーティスト発見できずにいた。

そこでモニターポチポチやっていると、果たして良さげなベトナムアーティスト(多分)を発見したのだった。

ホアン・ティエン・ミン・トリ

英語詞の曲とベトナム語詞の曲が半々。音楽性はR&BEDMダブステップの様な強めじゃないムーディーなやつ)とジャズを掛け合わせた様な感じで、ジャスティン・ティンバーレイクを思わせる。

これでラップが入ってきたら完璧だ。

機内では検索できないので、あとで調べよう。

朝飲んだ安定剤が効いているのかな、憂鬱な気分が後退してきていい感じだ。


ややあって、海外旅行なら一度は聴いてみたい、「pork or fish rice ?」というフレーズと共に機内食サーブされた。

ベトナム航空会社なのに機内食和食が出るという不思議仕様でもっぱら噂のベトナム航空だ。

ここで「fish」と答えれば和食が出て来る事は間違いなく、折角の海外旅行しかも出発便の機内食和食というのもどうかという事で、「pork」と答えると、豚の唐揚げ煮物チャーハンぶっかけたようなご飯と、海鮮春雨サラダパンデザートが出てきた。

春雨の方はヤムウンセンとかそれに類するもので明確にアジア料理だが、ぶっかけご飯の方はなんだか分からない。

付け合わせが椎茸煮しめだったり、桜の形に型抜きされたニンジンである事も地味に混乱する。

味はというと、エコノミーでこれだけの物が食べられれば充分満足で、その後、暖かいコーヒーサービスがあったり至れり尽くせりだったのだが、あれはベトナム料理だったのだろうか。

カラトリーがまとめられた袋の底に、スパイスの小袋が入っており、「甘利香辛食品株式会社」と書いてあった。京都伏見会社であるという事だった。


機内食で腹を満たし、少し微睡む。

眼が覚めると機内は消灯されていた。

英語スポーツチャンネルを見ながら、「早くホテルで横になりたいな。でも何を楽しめるんだろう?テレビをつけても何言ってるか分かんないだろうし」という思いが浮かんで来る。

チャンネルでは、MTBアーティスト大木バランスボール建築物ワインディングロードなど様々な障害をキッカーにしてトリックをキメていた。インスピレーションを色々なものから受けて、驚くべきビデオやショーを生み出すらしい。

他の人から無意味に見えるもの価値見出して楽しみ、アートを生み出している。

意味不明に見えるけど羨ましい。

普段自分もそういうキャラなんだけど、ダメかもなぁと感じてしまう。

多分、朝飲んだ安定剤が切れる頃合いだ。

自律神経失調症で襲って来る不安無力感安定剤を飲んで感じる旅行への期待。

正常と狂気の境は曖昧だと思っていたが、こうして自分のものだと思っていたものが揺れ動くと、もっと根本的な、「自分」や「個性」というものが虚ろなものに思える。

深追いはしないでおこう。

しばらくして血糖値が安定すれば、少し収まって来るに違いないから。

今日はまだ頭痛は襲ってきてない。


「間も無く、当機はホーチミンに到着いたします。到着は19:30、ホーチミンの気温は38℃です。」

機内アナウンスに耳を疑った。

今年の異常熱波関東平野都市化が高気圧をブーストしており、バンコクより気温が高い、なんだったらユーラシア大陸で一番高いとさえ思っていたが、勝手思い込みだったようだ。飛行機を降りると湿った空気を感じる。日本人の歪んだプライドは常夏のホーチミンの湿った熱波が吹き飛ばししまった。


19:50、国際空港入国審査というのはどこか陰鬱雰囲気ものだが、イミグレーションを抜けてもタンソンニャット国際空港は静かだった。

思った以上に質素空港

香港国際空港羽田と比べると、まるで石垣空港みたいだ。

改めて旅程について説明しておくと、3泊5日というのは、帰国便がこのタンソンニャット国際空港 6:25発であり、ホテルのチェックアウトが当日では到底間に合わないので、前日にチェックアウトして空港で出発便をまつ、という事だ。

帰りはここで夜を明かすんだろうか。

そう思って建物を出て驚いた。

なんと半解放の広大なスペースに待合ベンチが設置されている。

軒を並べる飲食店、溢れる活気、びっくりするほどの騒がしさ。

タンソンニャット国際空港はこの半野外のスペースも含めての空港だった。

こんな空港日本ではまずない。

「ははは、スゲーな!」薬が抜けてるに決まってる時間帯だが自然に笑ってしまった。

たことがない光景だ。やっぱり先生の言う通り、この街に来て正解だった。


【2】2018秋、ベトナム、ホーチミン Day 1|ベトナムの名誉 へ >>

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん