「知的レベル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 知的レベルとは

2019-10-02

クレーマーの一典型(だと思う)団塊世代位の男性について

私は40代女性接客業ではないが、大雑把に言えば客商売みたいな仕事をしている。

苦情電話も沢山受ける会社で十年以上働いていて思うこと。

・平日の昼間にしつこく電話を掛けてくる(多分暇人

・多分団塊前後位の年齢の男性

・恐らく知的レベルは高くない

・恐らく収入も高くない

・恐らく無職、あるいは社会的地位が高くない

・多分コンプレックスが強い。

…という属性の苦情者には、すぐ激高するし言ってることは理不尽だし身勝手だし、さらには男尊女卑傾向、権威主義的傾向が強く、すぐ「責任者出せ」「男出せ」と叫び始める人が多い。

今日もそんな男性因縁をつけられた。

「お前じゃない!責任者出せ!」→私がこの件については承りますので応じかねます(私)

といういつものやりとりの後、「じゃ、いい!お前の上司に話す」とガチャ切りした苦情者氏、すぐに再度の電話を掛けてきたので、ナンバーディスプレイを見た時点で隣の席の同僚(男性だが上司ではない)に出てもらい、適当にあしらってもらった。

そしたら、わざわざ同僚から電話を切った直後に、私を名指しして(残念ながら私の名前はバレている)、いきなり猫なで声。

「今ねえ、オタク課長さんにしっかり話しておいたから、これからはヒトの話ちゃんと聞くんだよ」

「ああ謝らなくていいから、”はい!”と言ってくれればいいんだ。そうすればもっと魅力的な女性になれるよ〇〇さん」

…腹も立つが、それ以上に哀れな苦情者の姿を想像し、隣の男性同僚と一緒に、お目出度い苦情者像を想像して少し笑った。

多分、あまり知的でもなく、お金もなさそうな苦情者氏は、本当に「◯◯の上司」が〇〇(私)を叱ってくれて、シュンとしている(はずの)私を諭して良い気分になりたかったのだろう。そうして、いくばくかの勝利を噛み締め、支配欲を満たしたのだろう。

その「上司」と私の二人から「哀れだねえ」と嘲笑われている可能性を、これっぽっちも考えないのだから、やはり知的レベルは高くない人物なのかな。

哀れではあるけれど、こういう苦情者はうんざりするほど多い。同じ人が何度も掛けてくるんじゃないかって位多いけど、この十年間に色んな部署を回っているが、どこに行ってもこういう苦情者がいるので、絶対に同一人物ではない。

こちらの時間一方的に奪い、そいつの中にしかない勝利を噛み締めているであろう苦情者、哀れではあるが実に迷惑クレーマーの一典型だと思う。

今日、ふと「支配欲」というキーワードが浮かんだ。

上司」に文句を言うだけでなく、わざわざ電話をし直して私を「諭す」までしなければならなかった苦情者氏は、こんな風に支配欲やプライドを満たし続けなければ日々が送れないほど、淋しいヒトなのかもしれないな。

知的レベルが上がるような小説が読みたい。

最近無料漫画が増えたから、とりあえず読む漫画には困らないし、

働き出してからビジネス関係の本を優先して読んじゃうし、

投資も始めてから投資関連の本も読んじゃうし。

あと、働き出したこから、設定が甘かったりご都合主義フィクションって受け入れづらくなってきた。

でも、日常会話の知的レベルを一段上げるものって、やっぱりよくできた小説だと思うんだよね。

なんかい小説が読みたいね

でも読む時間がなかなか作れないね

え?

なんで君たち、ライトノベルばっかり薦めるん?

2019-09-14

ITと印鑑の両立を目指すとか、雪を降らせて熱中症対策とか

日本人知的レベルが下がってるような印象のニュースばっかりなんだけど、

これって遺伝子組み換え食品の影響なのかしら・・・

2019-08-12

anond:20190807005604

俺も似たような状況にある。在日3世クォーターかもしれない。

かもしれないというのは、確固たる証拠がないからで親には聞けていない

親子ともども国籍日本で、一般的な家庭で日本人として育てられた。

自分が生まれときには祖父の一人は既に亡くなっていて、残りの3人の祖父母は物心つくまで健在だった。

3人の祖父母は疑いようのない日本人であった。

自分もしかして在日なのかもと思い始めたのは、社会人になってからだ。

面と向かってあなた在日ですかと言われたことはない。ただ、周りの反応や扱いが、この人は在日なのではと思われてるような感じが度々あった。

違和感を感じてなぜそう思われるのか考えてみると、たしか名前がそういうニュアンスを含んでいるように思えるし、身体的特徴も暗示しているような気がしてきた。

親に聞けていないのは、もし仮にそうだったとしたら親はこれまで隠してきているわけで、今更そのことを明らかにしても自分は多少スッキリするかもしれないが、そのリスクを冒すほどのメリットを感じられないし、勇気が出ない。

このことで一番困っているのは、会社などで所謂嫌韓自称するような人(会社という半分(?)公の場でそういう信条をどうどうという時点で相当アレな人という気がするが)が、悪意を持って接してくる点である

そういう人から面と向かって在日なのかと問われたことはないのだが、そう思っている節があり、皮肉や悪意を感じるときがある。ちなみに会社には在日ではなく明確に外国人籍の社員もいるのだが。

面と向かって問われれば否定したり、対応したりできる部分もあるのだが、勝手にそう判断されてそういう扱いを受けてしまうと議論コミュニケーションが発生しないのでとても居心地が悪いし、コントロールしようがない。

自分はこの話を結婚する前に妻にだけは相談したことがある。妻にも、自分そうかもしれないという確度でしか話せていないが、反応としては「そうなんだ〜」という以上のものはなかった。内心ではどういう思いがあったのかは推し量ることはできないが、ともかく否定はされなかったのでほっとした。

正直、自分出自に関してはコントロールしようがなく、今更どうにも変えられるものではない。

ただ、これを起因として生きづらさがあり、今後増していくのであれば、それを納得感を持って受け入れることは難しい。

30年くらい前は中韓は良くも悪くも日本の中でそれほど存在感がなかったと自分人生では感じているが、今は中韓日本の中で悪目立ちしている。

まだ、自分ポジション中韓側に持つことができれば救いがあるかもしれないが、一般的日本教育を受け日本的な価値観を持つ自分としては、基本的日本の側に身を置いている。

日本の側に身を置いているが、日本の側から相手側だと思われると、立つ瀬がないのである

そして、自分の身も心配だが、自分には子供がおり、子供が将来同じような目か、それ以上にひどい目にあうことは絶対に避けたい。

日本の側の身を置いてはいるが、今の日本の状況は決してよくないと思うし、2~30年後の将来は経済知的レベルモラル環境などの点で今より良くなっているとは思えない。

最後、少し話が脱線してしまったが、まぁ、どこにも吐露しようのないもの排出たかったし、同じような境遇の人がいるのであれば状況を共有したかったというところです。

2019-07-26

anond:20190726020027

ワイドショー報道番組だと思ってそう。

ちゃんとした報道番組をやっても誰も見ないし、

そのくせ見てない奴らが「なぜ報道しない!」って文句言ってくるんだよなあ。

テレビ局視聴者知的レベルに合わせるのは当然だよ。

2019-07-05

anond:20190705231837

はるか文明の発達した異星人が地球人知的レベルコントロールしている説が一番納得がいく

要所要所でアドバイスしてるんじゃないかなと俺は考えてる

2019-07-01

anond:20190629155352

単に額面の収入が同じという意味でなく、同じぐらいの知的レベルとか社会的スキルとか文化資本を持ってる人とでないと結婚できないってのはわかる。

男もあからさまな下方婚はしなくなってきた。

2019-06-21

年収900万までは払った税金より受け取るサービスの方が多い」論はトンデモ

自分が受けてるサービス知ってりゃわかる話だと思うけど。かかってる予算を一人頭で割ってるからそんなトンデモ論になる。


第一に、埋没費用特にハード面でのサービス固定費用が高い。個々人から見れば、自分一人がいようがいまいが変わりはない、ってことになる。この話についてこれない人は社会を語る資格なし。厚生経済とか学んでから来てね。


・第二に、サービスを受けてる人たちの偏り。貧乏年寄り社会保障を受けるために、過剰にサービスを受けていたり、お金持ちがサービスをたくさん使ったりする。

後者はわかりにくいか説明すると、


運送会社従業員が180万稼ぐためにはトラック一台で道路ゴリゴリ削って走る。

運送会社社長が1000万稼ぐためにはトラック数十台と教育を受けてきた社員を使って、道路ゴリゴリ削る。インフラをたくさん利用して、たくさんメリットを得ているのはどっち?って話になる。

インフラをたくさん使って便益を得たなら、利用料を多く負担するのは当然だよね。



から、この手の受け取るサービスの方が多い論はトンデモなんだけど、なぜか盲信してる人が多いのよねー。セミが一週間で死ぬ的なアレと同じで、だれも検証しないってのが知的レベルを顕にしてる。

法人課税租税根拠個人所得税にも当てはまるって話をしてるのにそれは法人税だとか言い出す謎理論ワロタ

2019-06-15

anond:20190615001419

低能先生以外ネット弁慶しかいないからそんなの杞憂に過ぎない

低能先生旧帝大出の元エリートで実行力を秘めてた有能な男だったんだよ、増田でも唯一の例外だろ

増田で暴れてる他のやつにそんな知能や知的レベルに達してる奴がいるとは思えないしどうせネット弁慶のままぬくぬくしてるだけだ

2019-06-10

anond:20190610175141

ツイッター増田なげこみ実行犯がまた他人のせいにしてる・・

匿名という理由だけで「ここに」なげこまれましても、なんで即レスしてやらんのかとしか

知的レベル低いのかね?

2019-06-08

今日はてな経済音痴

grdgs あなた根本的な間違いは、生産性論点にしていることにあります。まずは経済勉強をしよう。

2019/06/05

はてな民なんてこいつ含め経済学部一年生程度の教養もないくせにようまあ「まずは経済勉強をしよう。」なんてほざいたり、☆をつけたり出来るな。

俺はさすがにこのコメントを見たときにはのけぞったわ。

「まずは経済勉強をしよう。」

お前ら自身が全員これデスクトップや待ち受けに貼り付けて自分で唱えて戒めにしろよ。

どうせ勉強ったって本屋新書買って読むだけだろうに。

たまに薄い本でも買うやつならまだ真面目なほうで、

大半はネットで変な文や動画拾って飛ばし見してその受け売りで「自分はわかってる」って思ってるだけだろうが。


お前ら自分仕事の専門分野に置き換えてみ。

「たまに本やネット読んでわかってるつもりの素人」が何か物言えると思う?

そんなやつ糞だろ。 ちゃんとした仕事してるやつならわかるはずだ。

お前らの経済談義ってのもそのレベルなんだよ。

こう言われればわかるだろ自分レベルが。


はてな民プログラマーが多いんだっけ。

ろくにプログラムしたこともなく、ちょっとプログラム関連のネット記事新書読んでるやつに、

プログラムの実務について何か意味のあるコメントできると思う?

ITの世界の将来展望語って意味のある予測を示せると思う?

出来ないよね。そんなやつの意見一顧だにしないだろ。

お前らの経済談義はそれなんだよ。


「まずは経済勉強をしよう。」

誰が言ってるんだ。

おめーらは勉強出来てるのか。出来てねーよ。〇ね。


え、公認会計士税理士なのかお前。はずかしいなお前。

これもな。

この一文だけでも「経済勉強をしよう。」なんていう資格すらないのがわかってしまう。

さらには財務税務にも暗い、つまり仕事ですらその分野には全然触ってない人だとわかってしまう。

はてなにいるようなおじさん世代でそれっていうことは、

どうしょもないバイトみたいな仕事をしてるか、極度の専門馬鹿か、

年齢なりに経営を把握するようなポジション能力もない人。


だって公認会計士税理士経済ってまるっきり関係ないんだもん。

彼らの仕事を把握してればこんなのいかに頓珍漢かわかる。

逆にどう関係あると思ったのか教えてほしいわ。

マクロは勿論ミクロとすら関係ねえよ。


まとめ

ツイートおっさんの言ってることが的外れでも、それはおっさん職業関係ない。

消防士歯医者経済についてコメントしてるのと同じぐらいに本業関係ない。

しろこのおっさんはたぶんちょっと経済勉強」したからこういうツイートをしてる。

その「勉強」の内容がたまたまお前らはてな民と逆方向に入っただけ。


お前ら程度の「経済勉強」ってこういうレベルなの。それを受け入れろ。

お前らが経済に関する何かの話題たまたま妥当性の高い見解を持ったとしても、それはマジでたまたま

だってこの場合最低賃金に介入すべきか否かという2つに1つだから正解しても余裕で偶然だよ)


実のところ、お前らは経済勉強なんかしなくていい。

どうせガッツリやる根性時間もないわけだからものにならない。

ただ自分レベルについて客観性はもってほしい。

お前らの経済に関する見識なんて日曜大工のようなレベルですらない。

だって休日経済勉強メインに当てたりしてないだろ。


お前らは経済について何もわからないんだよ。

それだけわかってくれ。


追記

NOV1975 NOV1975 この「自分はわかっている」と言っているだけのエントリで何を反省する気になると思うの? web

anmin7 anmin7 この増田自体から経済わかってない感が漂ってくる。

ほらきたよこのくだらない奴等


でもドヤ顔藁人形作成する前によく読んでほしいが

ここで言ってることは俺が経済についてなんにもわかってなくても成立する。

(俺に反論したい者は俺の経済についての見識をどのようなレベルにも前提せずに反論できる。)


そのように書いてるんだからお前等も問題文ぐらいきちんと読めボンクラ

「俺は経済わかってる」も「俺は経済わかってない」もこの文には含まれてないので

そんなこと読み取ったってことはお前らはきちんと目の前の文章が読めなくて自分の中のお気持ちや予断を読んでるってこと。

そういうのは普段からの習慣であり、普段から知的レベルだよ。

2019-05-29

anond:20190529111523

なるほど、データはないし論理的つながりも示せないから印象論で相手誤読させるしかないと。

あなた知的レベルがよく分かりました。

論理的つながりは示したが?

そして「データはないし論理的つながりも示せないから印象論」とは自称痴漢被害者」の遣り口だろうよ。

2019-05-24

ヴィーガニズムアニマルライツへの違和感メモ

「スー・ドナルドソンらは、先住民族土地ヨーロッパ人植民地支配したのは不正であるという例を引き合いに出し、野生動物は領内で社会を作る利益を持ち、侵略者から彼らを保護するために主権を認めるのは有効であると指摘している。」

人間権利動物に拡大するというより、先住民族権利野生動物と同格に置いたという感じ方をしてしまうのだが俺だけ??

救命ボート問題

もし救命ボート転覆して人間赤ん坊と犬のどちらか一方しか助けられないとしたらどうするかと聞かれて、PETA動物倫理的扱いを求める人々の会)のアウトリーチ・コーディネーター、スーザン・リッチは「はっきりとは分からない…赤ん坊を助けるかもしれないし犬の方を助けるかもしれない」と答えた。動物権利哲学者のトム・レーガンは、たとえ犠牲になる犬の数が何匹であろうが、赤ん坊の方を助けるべきだと述べた。これはカント以来の伝統的な義務論の延長上に権利論を展開した、レーガン立場を示すものと言える。」

差別を全く行わない立場なら、犬を助け赤子を見捨てるのは倫理的問題ないはずでは?

人間を常に救うのであれば、種差別を行っていることになるのでは?

人間だけを特別視する宗教的な考えを拒否すれば、重度脳障害または重度知的障害を持った人間を、同等の精神知的レベル動物峻別することが困難になる、とシンガーは表明する」

まり知的障害者は同程度の知能の動物と同格に扱ってよいことになる。

別のところでシンガーは、痛覚を感じない障害もつ人間は、痛みを感じる実験動物より実験対象として適格であるような意味のことを述べている。

こういった考え方は差別的ではないのか?

anond:20190522224201

2019-05-11

文系学問における注と参考文献の話、補遺

文系学問において資料実在証明するものとは何か」(anond:20190510230425)についたブコメに応答&補足説明します。

参考文献と注は違うよ!

Wikipediaですら参考文献を求められるので、参考文献(ここで言っている注)のない本はある意味Wikipedia以下の信頼性と考えられても仕方がないことを多くの人に知らせるべきだと思う。

参考文献と注は違います! ぜんぜん別です! 参考にした本を並べてあるのが参考文献(厳密にはこの場合「参考文献一覧」)で、本文中の記述の出典を直接明らかにするのが注です!

参考文献と注については、以下の4つの組み合わせが考えられます

  • a)参考文献も注も揃っている
  • b)参考文献はあるが、注はない
  • c)参考文献はないが、注はある
  • d)参考文献も注もない

このうち、研究書として許されるのはaとcだけです。ここで問題にしているのはbとdで、多くの学術的な新書はbであり(中公新書とかでよくあるやつ)、ごくまれにdみたいな本があります最近だと、岩波新書の『ロシア革命』)。

えっ、cも許されるの? はい、許されます。なぜなら、個々の注でしっかりと典拠を示してある場合は、参考文献リスト存在せずとも出典の表示に不自由はないからです。

これだとわかりづらいかもしれないので、架空の例で説明してみます(わかりづらいかと思ったので書き直しました)。

a)増田うんこを漏らした(注1)。一方、同人作家おしっこを描いた(注2)。

(注1)はてな太郎増田研究Hatelabo2019年、819頁。

(注2)Y. Arim, Oshikko Collection (Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019), p.8107.

参考文献リスト

Arim, Y. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019.

はてな太郎増田研究Hatelabo2019年

b)増田うんこを漏らした。一方、同人作家おしっこを描いた。

参考文献リスト

Arim, Y. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019.

はてな太郎増田研究Hatelabo2019年

c)増田うんこを漏らした(注1)。一方、同人作家おしっこを描いた(注2)。

(注1)はてな太郎増田研究Hatelabo2019年、819頁。

(注2)Y. Arim, Oshikko Collection (Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019), p.8107.

d)増田うんこを漏らした。一方、同人作家おしっこを描いた。

cでも十分に出典表示として問題のないことはご理解いただけるでしょうか? 実際、英語圏でもcのような本はたまにあります。そして、著書ではなく論文レベルだと、cのようなやり方を採用している雑誌はとても多いのです(日本語圏でも英語圏でも)。いや、もちろん理想を言えばaみたいな本であるべきなんです。でも、紙幅の都合というものがあり、印刷費が嵩むからどこかを削りたい、となった場合には、真っ先に参考文献が削られてしまうのは致し方ないと思います

日本出版問題は、そこで「参考文献ではなく、注を削ろう!」という話になってしまうことです。違います注か参考文献、ページ数の関係上どちらかを削らないといけないのなら参考文献を削るべきなんです。

もし注がしっかりとつけられていれば、参考文献の欠如は「どんな文献があるかひと目でわかりづらい」程度の問題しかなりません。しかいくら参考文献があったところで、注がなければ「ではこの記述典拠はいったい何なのか」という根本的な問題惹起します(bの例から正しい出典を復元できるでしょうか?)。参考文献は省いても構いません。しかし注を省いてはダメなのです!(学術的な新規性のある本ではなく、学界の定説初心者向けにわかやす纏める本でなら、読みやすさを優先して逆の判断になっても構わないのですが)

もちろん、これはauthor-date方式やMLA styleの注をつける場合には適用できません。どういう方式かというと、次のような方式です。

author-date方式

増田うんこを漏らした(はてな 2019: 819)。一方、同人作家おしっこを描いた(Arim 2019: 8107)。

参考文献リスト

Arim, Y. 2019. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies.

はてな太郎.2019.『増田研究Hatelabo

MLA style:

増田うんこを漏らした(はてな 819)。一方、同人作家おしっこを描いた(Arim 8107)。

参考文献リスト

Arim, Y. Oshikko Collection. Tokyo: Press of Institute for Shonben Studies, 2019.

はてな太郎増田研究Hatelabo2019年

こういう方式の注をつける場合には参考文献が絶対必要です。当たり前ですね(author-date方式についてはanond:20190511230117も参照)。

2種類の「参考文献」

自分実験室の試験管”イメージ偏ってるなー(´・_・`)理系論文での引用たことないんかな。普通に出典書いてるし、それを叩き台に積み上げたり、否定したりするんだが。博士論文なんか引用文献沢山乗るしね

理系学問についてのイメージが偏っている点についてはごめんなさい。でも引用については、申し訳ないけれどそちらが勘違いされていると思います(もちろん私は理系論文ちょっとしか読んだことないので、私に事実誤認があれば教えてほしいのですが)。

文系学問において、参考文献には2種類あります

このうち、理系論文で文献として挙げられるのは「先行研究」だけですよね? でも、文系では「一次文献」も参考文献に含まれ、そこへの参照が論文重要な核を占めているのです。

たとえば上皇陛下が書かれた論文(※1)を見てみると、確かに末尾にずらずらっと先行研究が並んでいますが、論文の核となる部分はあくまハゼ遺伝子を解析した部分にあって、それは当然ながら実験室で採られたデータであり、何らかの文献によって引証される類のものではないわけです。

しかし、皇族つながりで天皇陛下が書かれた論文(※2)を例に出すと、この論文において著者の主張の裏付けとなっているのは古文書における記述であって、その原本研究施設が所蔵していたり史料集として公刊されていたりするわけです(史料集って何ぞや、という点については後述)。

私が最初増田で言ったのは、この「一次文献」の問題です。多くの場合理系ではこういう資料引用しないですよね(最近だと古天文学歴史的史料引用するとかあるのかな?)。しかし今回の研究不正がなされたような分野においては、そのような資料こそが研究の核心にあるという話です。

もちろん、慌てて言いますが「なにをデータにするか」は研究対象によって異なります文化人類学のような分野では、ヨソの土地まで出かけていって住人たちとの会話を書き取ったもの資料です(この分野だと「インタビュー」とかいう生易しいものじゃなくて、ヨソの土地に住み込んでその土地言語習得して日常生活を過ごす中で遭遇した会話や出来事を持ち歩いてるノートに書き付ける、という調査方法が採られます。これを参与観察というわけですが、私にゃ無理ですわ)。記述言語学だと研究対象の言語話者にその言語を口に出してもらって記録する(「これを○○語でなんといいますか?」と聞くこともあれば、話者どうしで会話してもらってそれを横で聞くパターンもあり)、というやり方になるんだろうと思います。なので私が言っているのは、あくまでも近現代史やその隣接領域での話だと思ってください。

一次史料からといって信憑性が高いとは限らない

文系生データは出典となる書籍だったり、原典資料がある場所と。原典原典って、どんどん辿っていけるブロックチェーンみたいな形式理想ってわけか。一時情報当事者証言なら信憑性高いって判断にはなるし

違います! 当事者証言からといって必ずしも信憑性が高いわけではありません! たとえば戦争犯罪裁判にかけられた人の証言のことを考えてみてください。彼もしくは彼女証言をそのまま「信憑性が高い」として扱ってしまってよいか? そんなわけはない。

歴史学において一次史料が重視されるのは、それが「生データ」だからです。それはひょっとしたら当事者の保身によって捻じ曲げられているかもしれないし、当事者が間違えているかもしれないし、当事者が見ても聞いてもいないことは書かれていないかもしれない(たとえば「沖縄返還をめぐる日米交渉」を研究しようと思ったとき日本側の史料は「日本側の政策決定過程」を教えてはくれますが、アメリカ外交官たちがどういう考えを持って交渉に臨んでいたかを教えてはくれないのです。それを知りたければアメリカ側の史料を見るしかありません)。けれども新しい研究は必ず一次史料から出発する必要があるのです。何故ならそれは昔の人によって直接書き記されたものから

なので歴史学では「史料批判」というものを重視します。これは説明すると長くなるので詳しくは歴史学入門書とかを読んでほしいんですが、要するに史料に書かれていることはどのくらい信用できるのか、みたいなことを分析するわけですね。あれれ~? おっかしいぞ~? この人、自分は後方にいたか虐殺行為に関わってなかったって言ってるけど、部隊の記録では後方にいたなんてどこにも書いてないよ~?

(「なにが一次史料か」というのも研究対象によって変わります特に科学史史学史といった分野では「他の研究において先行研究とされている文献が一次史料である」という状況がしばしば発生するのですが、この理屈はわかっていただけますよね)

デジタルアーカイブ史料

図書館ScanSnap SV600を完備し研究する皆の熱意でデジタルライブラリが出来るといいな… P2Pで共有されればノード消滅にも耐えられる。しか日本ではプリウスミサイル上級国民は不逮捕で、P2Pプログラマ逮捕なので

出来るといいな、じゃなくて、既にあります

たとえば国立国会図書館デジタルライブラリーには幕末以降の古書が多く登録されていて、PDFで落とすことができます。archive.orgや、フランス国立図書館デジタルライブラリー「Gallica」も有名ですね。こういうところに所蔵されている文献については、わざわざ現地の図書館まで行かなくともPDFダウンロードすればそれでよいわけです。デジタル化によって歴史学者の仕事は格段にやりやすくなりました。18世紀ドイツ語の本をコタツに入ったままで入手できるんだもんなぁ。

しかし、当たり前ですが全ての史料電子化されているわけではありません。国によってデジタルライブラリーの整備状況に違いがありますし、そもそも現代以降に出版された印刷物の数を考えたら全部をデジタル化するなんて人手も時間も足りない、という場合もあるでしょうし、身も蓋もない話をすれば著作権問題もあるでしょう(とある国では、その国の図書館に直接行かないとデジタル化された史料アクセスできなかったりします。てっきりPDFはないと思っていたのですが、著作権上の問題で館内からしかアクセスできないようになっているだけだそうです)。

また、多くの国では、公文書館史料まではデジタル化は及んでいません。元増田でも書きましたが、お役所ちょっとした書き付けなんかも史料になるわけで、それ全部デジタル化しようとしたらとんでもない数になります(これについて、日本戦前外交文書のかなりの数をウェブで読めるので恵まれていますね……アジア歴史資料センター様には足を向けて寝られません)。なので未だに、現地に行って史料を直接見てくる、というのが重要になるわけです。

さらに言うと、史料が必ずしも公的機関によって保存されているとは限らず、貴族武士の子孫のおうちに保管されていて、読みたい人はご当主様の許可を得て読ませてもらう、という場合もあり、当然デジタル化の波は及んでいません。イギリスだと由緒ある大貴族屋敷には私設の文書館付属している場合もあり、日本歴史学者でもソールズベリ侯爵のお屋敷であるハットフィールドハウスに赴いて史料収集している人もいます。謝辞で「史料を閲覧させてくれた当代のソールズベリ侯に感謝する」みたいなこと書いてあって「すごい……」って思いました)

ただ、「みんなが読みたがる重要史料」については、史料をまとめた本を出すとか、史料を集めたマイクロフィルムを作るとか、そういう形で広く公開されている場合があります(たとえば第一次世界大戦の勃発に関しては、イギリスオーストリアなどの当事国が何十巻にも及ぶ史料集を出版していて、東京大学などの国内研究機関にも所蔵されています)。けれどそういうのを購入するのはお金がかかるし、何より発行から何十年も経ってしまうと入手自体が難しくなってしまう(でも著作権は残っているためデジタル化も遅々として進まない)ので、あんまりお金がなかったり新設されたばかりだったりする大学研究者は結局それらを所蔵している大学図書館に行く必要が……

「注があると読者に嫌われる」は本当か?

しろ最後の注を見て次の本を決めたりするので、注があると読まなくなる人というのがいるのにびっくり…

注なんて読みたくなければ飛ばせばいいのに注があると売れない……? やべえな世の中。/ みんな本当に自己防衛意識が弱いよね。優しい世界生きてるんだろうな

注があると読まない人が居るという話、ただ気持ちよくなるために情報摂取してる層には、正確性の担保なんてむしろ邪魔なんだろね。ワイドショー視聴者と同質。

これ、実際に「注があるから読まない」読者が本当にいるのか、と疑ってみるべき案件だと思うんですよね……。「編集から言われて注を外した」という話は学者あいから漏れ聞こえてきますが、「注があるから読んでいて苦痛だった」という話ってなかなか聞かなくないです? いやもちろん編集者のところにはそういう苦情のお便りが届いているのかもしれませんが……。「注があると売れない」という都市伝説が生き長らえているだけのような……(一般読者からしてみれば、注の存在に気づいてなかった、とか、なんか数字が振ってあるけど気にしてなかった、という場合も多いでしょうし)

注は別に読まなくてもいいです

ちゃんと注まで読んでるのね。今まで気にしたことも無かった…我ながら知的レベル低い…

注がついている本を読んでいる段階で十分かと思いますので安心してください。注は、もし興味がないならさらっと読み飛ばしても別に大丈夫ですよ。というか、注で典拠が示されていても、アラビア語とかギリシャ語とか朝鮮語とかロシア語とかで書かれている場合も多々あるわけで、そんなの普通の読者さんにチェックできるわけないですし。ただ、注を見てみると、おっ、ここはちゃんと原史料を読んで書いてるのか、なーんだ、ここは英語二次文献に頼って書いてるんだ、みたいなことがわかっちゃったりするので、学者仕事の裏側を垣間見ることができて面白いですし、どんな情報源を使って書かれているのか? をチェックしてみることは学術書だけでなく普通ニュースとかを読むときにも重要なことだと思いますよ。

ブコメ

物理分野では「参考文献」の意味増田とは異なる。参考文献は本文記述の直接の引用を表す。あとあまり明確に決まってないけど、注は捕捉説明を指す。「参考にした文献一覧」は存在しない。読書案内なら見かける。

誰がReferences(Bibliography)を参考文献と訳したのか。"refer"した文献のリストであって、本文の著述に紐づけられるものだけリストアップすればよく、逆に、何でもかんでも列挙して博識をひけらかすところではない。

や、まあ、文系でもたいていの場合は「引用文献」ってことですよ。それを「参考文献」と呼んでるだけ。参考にはなったけど言及してない文献は、私なら入れない(でも入れる人もいるかも)。

いま史学科にいる人間全員読んでリアルブクマしとけ。懇切丁寧な論文の"文法書"だぞ。

あなたがこの増田に感心してくれたことは嬉しいけれど、史学科の学生上から目線アドバイスしないでください。こんなの初歩の初歩で、史学科の学生さんならとっくに理解してます史学出身じゃない人たちが「そうだったのか~!」って言ってるだけ。別に史学科の常識を知らないのは悪いことじゃないけれど(私も他学科常識とかわかんないし)、自分が知らなかったある分野の初歩の初歩を解説されて、そこで聞きかじった内容をその分野を学んでいる人の前で「お前らこういうのよく読んどけよ~」って言えちゃうの、ちょっと傲慢すぎません?

2019-04-13

anond:20190413204258

いやいや

世の中全員が君の知的レベルに合わせて説明してくれるわけやないんやで

2019-03-30

anond:20190328015628

匿名から免責してねって増田が言うから私も匿名でクソバイスする。

金もある? 映画館はある? あるなら、できれば一人で映画を見よう。でも、同じ知的レベル議論できる友達を誘えるならもっといい。人文系に強くて、社会背景まで教えてくれる人がいたら最高なので、映画にハマれそうならそういう人と仲良くなって。

金はあるけど映画館がないならネトフリかプライム契約でもして、ちょっと社会派の映画でも大量に見てみよう。エンタメでもいい。

階層の違うところにいきなり放り込まれたら誰でも困惑するし、無理だったら本当は離れればいい。でも医者ってそうもいかないのは増田の言う通りだから映画みたいな疑似体験人間パターン感情パターンを増やしていくって結構楽しいし、視野ちょっと広くなる。

もちろん、直接人と接して考えられればそれでいいんだけど、大学に行けている人間だけでは狭すぎる。ボランティアとかバイトよりは手っ取り早いので、友達と飲む時間ちょっとだけ映画に当ててみるといい。

特段志もなく、医療に興味があるわけでもなく、親がそうだから医学部に入るための生活をしてきた人間が、医師になってから社会構造を見ず、患者の状況に共感を示さず、「生活保護で医療受けている奴ってなんなの」などと公に言い出すろくでもない人間になっていく様子を何人も見てきた。

でも増田はもう自分なりに社会階層に目を向けてるし、建前も使えるんだから、そうはならないだろうなと思う。まあ、映画は手がかりのひとつにすぎないし、他にも方法はいろいろあるけど、うまく使って、自分のしんどさと向き合い続けてみてほしい。

2019-02-06

薬を知れば知るほど

今のドラッグストアでなんでも買えるようにしろ論調おかしいと思う。

インフルエンザの時期に高熱出ようが、熱出てたら一般人アスピリン飲むだろうし、

世間的にもネットDe注意!レベルしか危険が知られていなく、

そんな中痛いのは嫌だからボルタレンまで市販希望する人はいるし。

日本みたいにちょっと知的レベルが高い人間多くて薬にアクセスやすいところのほうが

勝手に薬の判断して飲んじゃって、とんでもない作用を引き出してるんだよ。

ロキソニンだって胃薬とちゃんと飲んでるか?空腹時さけてるか?

頭痛くて食欲ないからって、起き掛けにジュースと一緒にガブガブ飲んでいないか

効き目のある薬はそれだけ危ないの多いんだから、そこから目をそらすなよ。

自分は頭いいか大丈夫と思っていないか

2019-01-11

はてなブックマーカーって本当に存在するの?

はてな系のサービス使ってるとちょいちょいブックマーカー存在認識できるんだけど

俺がやってるWordpressブログにはほとんどブックマークつかないんだが

ガジェットレビューを中心にライフハックとか旅行記とかなんでも書くブログで、固定の読者はほぼ居ないっぽいんだけど検索流入はまあまああるっぽくて、1~2年くらいかけて数万PVくらい行く記事もあるんだけど(すごいのかどうかはよくわからない どうなの?)何年経ってもはてなブックマークがつかないんだが

ブックマーカーって本当に実在するのか?

なんで俺のブログにはブックマークつけてくれないんだ?トータルで50万PVくらいはあると思うんだけど50万くらいだとそんなもんなのか?

はてなブックマークって、卑下する人もいるけど、ヤフコメTwitterなんかと比べれば格段に知的レベル高いと思うし、俺はお前らが好きだから検索流入でどうでもいいやつに見てもらうよりはできればおまえらに対してバズってほしいんだが、そもそもお前らは本当に実在するのか?

2018-12-23

anond:20181223132057

統計や表に出ているデータこそすべてと思い込んで、日頃触れる雑多な情報からでも偏向を加味しても確かに推定できるレベルのことすら信じられないっていうのは、むしろ知的ではなく知的レベルが低い部類に属する。それこそ精神疾患レベルのね。

2018-10-25

anond:20181024204339

あなたが嘘と呼ぶものが、通常の人間コミュニケーションすべてにあてはまるものからです。

動機善意であれ悪意であれ、あとからみたら間違っていた。そしてあなたがその間違いにより傷ついた。

そういう言葉を全部嘘とよぶことはできますあなたはそうしたいんでしょ。

 

そうじゃない、二択の場合だけだとおっしゃるんですか?

では、次に述べる二択状況(実際にあるとしたらフィクションだけだとおもいますが)はどうですか。

自分に何かを言わなければならず、その内容として「善意の嘘」か「悪意の真」しか選べない状況の相手がいるとします。

その相手にかならず悪意の真を選択してほしいとしたら、どうするべきでしょう?

 

あなた自身身の回りに対していつも悪意を買う行動をし、

まり意味のないケンカを売って回ることになるわけです。

そういう人をコミュニケーション不全とか、人格障害とか呼びます

それでも身近な人の善意の嘘はまじるでしょう。

やさしくしか生きられない人がいますからね。

 

それを予防するためには「私は善悪ならずとも真をのぞむ」と標榜しておきますか?

その発言責任をうけとめきれる人はいません。

「真偽判定してやるからかかってこい」っていったのとおなじことです。

どんなに辛い真実をいわれてもへこたれないぞと。

 

ネット時代では拡散の結果、炎上するだけです。

相手は1億人にまで増える可能性があり、

しかも数だけ増えても相手知的レベルによって真偽ごたまぜです。

相手にとっては辛い体験からようやく得た真実でも、

あなたからみたら「なんだこのメソメソしたおばさんの愚痴は。つらいつらいって、おまえが弱いだけだろ、しっかりしろ

てなことがいっぱいあつまってきたりするわけ。

 

他にもたとえば、あらゆる病気のあらゆる治療法とか死亡確率とかをあつめても頭がパンクするだけです。

それを有意義ものだけ集めたのがプロ医者です。

あなたはあらゆる病気を知る必要はなく、

自分のかかった病気真実だけを、医者にたずねるだけで十分です。

 

悪意の真は得づらい一方で、コミュニケーション経験をつめば、

身の回り善意の嘘にかくれた善意の真が高確率で掘り出せるようになります

あっ善意の嘘だったんだろうなってわかる場面はたくさんあります

「あまったからどうぞ」ってものをくれるのも善意の嘘。別にあまってないってわかってます

「おちこまないで。大丈夫だよ、きっとなんとかなる」ってはげましてくれるのも善意無責任さ(=嘘)。

それを嘘こみでうけとってちゃんとお返しできるのがコミュニケーション

もちろん、「社交辞令か、本当にあまったのか」をやんわり確かめ手段もあります

善意であれ受け取る余裕がなければ受け取らなくても大丈夫ですし。

おばさんがふつうにやってる会話ってやつです。

2018-09-29

anond:20180929135137

あのはてブトップ米はそのレベルだったけどな

すんげえ星ついてんの

はてな知的レベル低すぎてクソワロ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん