「駆け落ち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 駆け落ちとは

2019-10-10

anond:20191010110024

超絶イケメンだったらそうだろう

ダメだと言ったら女が駆け落ちしそうな勢いだったら親だって怖くてNoといえない

2019-09-30

Twitterに嘘しか書かない主婦をずっと監視している

以前、子供風呂溺死したというエピソードTwitterでバズった。

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1101455027544023040?s=21

この「きわきわこ」という主婦アカウントの、知人の子供の死をTwitterに書くサイコパスぶりが怖いと感じた。

でも、なぜかTwitterやはてぶではこれが美談というか、警鐘を与えるツイートみたいな扱いを受けていて、その状況も怖いと思った。

だって普通、知り合いの子供が死んだことを、「お風呂では目を離しちゃだめなのね」って、そんな軽くTwitter投稿するか?100歩譲って、バズったら消さないか

こいつの承認欲求しか感じない。醜い。

その後冷静に考えたら、こいつはバズらせたいから嘘を書いたのだと思って納得した。

さすがにこれが本当だったら、死んだ子供家族が、Twitter晒し者にされてかわいそうすぎるから、無理やり自分を納得させた部分も正直ある。

こないだ、その後こいつがどんなツイートしてるのかと思って見てみたら、やっぱり嘘松じゃんってツイートが延々出てきた。やっぱり溺死してTwitter晒し者ににされた子供はいなかったんだと安心した。

こいつのツイアカは、自分金持ちでいい母、いい女であることを自慢するツイートや、イケてる夫をもつ友人が不幸になる話のツイートで埋め尽くされ、現実離れした話がやたら多い。

それからは、今度はどんな嘘が飛び出るのかと面白くて監視してる。

直近1ヶ月程度の嘘松ツイを紹介する。この短期間でよくこれだけ嘘つけるな、と思うけど、承認欲求が止まらないのだろう。原文まま。

▶︎シンプル嘘松パターン

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1175725279727063046?s=21

「よく夫との馴れ初めを聞かれるんだけど飲食店たまたま隣に座ってて話してみたら家が隣の駅で弟と同じ業種で父が経営者で母がいまだに美しいっていう共通点があったうえにいい匂いがしたので半同棲彼氏と別れ結婚相手として即決、出会ったその日に両親への挨拶の日取りも決定、そんなもんよ。」

→ねーわw漫画読みすぎだろ。

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1169228973626146822?s=21

祖母若い燕と駆け落ちして刃傷沙汰になったりそれでも祖父懇願されて家庭に戻ったり晩年煙草を薫せながら1日中洋画観てたりイメージまんまの昭和女優だったんだけど「人の陰口悪口言うやつに文化教養もない」という言葉だけは共感できるしユニセフ募金箱に札束ポンと入れてる姿は尊かった」

→これもねーわw尊かった(キリ

じゃねーよ。

▶︎金持ちの知人を出してマウントとるパターン

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1171396212064342016?s=21

「娘を学童に迎えに行ったら、メガバンク勤務四年生ママが「SAPIX講師陣の教え方がうますぎてその時わかった気になってるんだけど帰ってきたら全然なのよ。労働後に教える気力ないしカテキョ頼むしかいかな‥ってか小受正解よ!」と言っていてワーママこそお受験って思いがさらに深まったわ」

メガバンク勤務四年生ママという謎のパワーワード

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1170651754209271808?s=21

キャリア官僚友人、美人なうえに性格も良く東大首席卒業の夫との間に可愛い子供も生まれ順風満帆だったんだけど、育児ノイローゼネグレクト児相のお世話に。彼女子供隔離され一人暮らし出世の道を断ち旦那様が子供の面倒みてる。隙のない化粧で淡々と語る彼女を前に虐待は身近にあると感じた」 

→これがこいつの嘘松の真髄。

美人な上に性格もよく東大首席の夫との間に可愛い子も生まれ”と、バズ要素になりうる嫉妬され要素を並べて、最後は「虐待は身近にある(キリ」と、いい話風に終わらせる。

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1167765468104388608?s=21

W不倫真っ最中ワンオペ女医友人、彼に仕事しながら子育て家事もやるオールマイティな君が好きだとか散々言われてきたのに専業主婦奥様が3人目を出産していたと判明。こっちは離婚調停中なのに時が止まったと泣く友人にかける言葉もない。」

→これも不倫を楽しむ金持ちという、ヘイトを集めやす架空人物を作って落とす、という現代遠山の金さんのような話。

▶︎イケてる生活自慢

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1164875994118799360?s=20

仕事で昇進打診されたんだけど娘の宿題みないとだし来年から息子のお受験始まるしチーム纏めるのも好き勝手したいから今のままでいいって言ったら周りの希望なんだよ仕事今のままポストだけ上げさせてよ給料上げさせてよって言われて常に育児キャリア天秤にかけてる身としては上出来だと思った、乾杯

→正直何書いてるか読解できないけど、とにかく、子供がいるのに昇進を打診されるほど仕事ができると自慢したいようだ。

https://twitter.com/kiwakiwa7/status/1170298020795056128?s=21

グルメ知人がさ○とうより美味い!と息巻いてた西荻窪熟成鮨に夫と。生魚は全て熟成されていて私はそんなに寝かせなくてもいい派だけど鮨の合間に挟んでくるつまみは美味しいし赤酢のシャリも珍しいし鮨11貫+つまみ10種類位のコースしかないんだけど15000円くらいだからコスパいい〜」

→15000円くらいだからコスパいい〜

2019-09-09

anond:20190909160548

「正体を隠して尽くしてくれたんだね健気だね美しいね」というオチではあるぞ。

これがギリシア神話だと、

親を裏切って男と駆け落ちしたら島に置き去りにされたあげく酔っ払ったオッサン寝取られたり、

弟を殺してまで男を助けたのに男に別の女が出来たら「魔女」呼ばわりで捨てられてしまったりする。

女ってオソロシー!

2019-08-19

anond:20190819204238

しろ「そこまでして結婚しなければならない」と考えている増田の方に違和感がある。

最早絶対結婚しなければならない時代でもないのに

恋愛の末だとでも言うのならまだしも婚活年収400万借金持ちの男選ぶって、そりゃ親は反対するでしょ…

しかもそれで親に反対されたか駆け落ち!って、その状況で親の助力なしでどうやって子供育てんのよ…

まさか共働きすれば夫婦だけで育てられて同時進行で借金も返せると思ってんの?

相手が頼れるような親持ってるってなら、結婚する年齢で奨学金返済がまだ残ってるって事もないだろうし。

最初から選択子なし予定の結婚だってならいいけども。

増田の方が一般常識が無くて結婚生活をナメ過ぎてるから現実分かってる親に反対されるんじゃない?

一億総毒親時代

うちの親、とにかく自分時代感覚しか信じない。

ようやく婚活で成婚しそうだけどぶち壊されそう。

今時は婚活で女は余りまくってて苦労するとか、共働きは当たり前とか、未婚男性の平均年収は400万円台とか、奨学金を借りて進学するのも普通だと説明するんだけど、全く聞き入れない。

母親の周りはとかく経済的に恵まれた人が多いせいで一般常識がない。

また、とかく人の意見を聞き入れる気がとにかくない。あんたの周りはビンボー人ばかりなのよー、っていう言い草

ただ、愛情があるのは分かるからめちゃくちゃ辛い。

ただ、彼女にかけてるのは柔軟性なんだ。

柔軟性って持とうと思ってなんとかなるもんじゃいから、そうなるとこっちは強行して駆け落ちするしかない。

私は家出て自活してるから駆け落ちもクソもないんだけど。

柔軟性がないだけで、子供三行半をつきつけられるなんて、この時代に子を持つのは親子ともに虐待じゃないかという気すらしてきた。

2019-07-22

anond:20190722180344

お父様ったら酷いのよ!お金のためにあんカエル親父に娘を売るんだわ。

わたしには心に決めた人がいるのに!

こんな家出て行ってやるわ。アンドリューと駆け落ちするの。貧しくったってかまやしない。彼と居られればそれだけで幸せだわ。この事を知ったらお母様は反対するでしょうね。あの人ったら真実の愛を知らないんですもの。お父様の後を三歩下がってついて行くだけ。いくらお金があってもあん人生わたしは要らないわ。

次の満月の晩、彼とあの丘で待ち合わせているの。新しい人生が始めるのよ。

重いスカート堅苦しい社交界もなし。彼と私だけの小さな幸せを作るの。

2019-06-20

anond:20190620141636

ちゃんとしたゲーム性のある人生ゲームだよ。

舞台戦国時代だが、選択できる主人公が800人いる。

コーエーから大名家老は当然として

浪人忍者商人、茶人、鍛冶屋などのお仕事をしてる人から選ぶことになり、抜け忍になって暴れまわったり

山賊になって街を追われたり、茶屋女の子といちゃついたり、無理やり結婚させられそうになってる姫と駆け落ちしたり

そんなかんじで、勝手気儘に人生するゲーム

2019-06-19

https://dot.asahi.com/dot/2019053100037.html

俺はこの相談者の気持ちがよく理解できる。

俺は今でも自分の両親を姉たちをゆるすことができない。

当時婚約者だった、最愛の妻を紹介したときに「お前は30になるまで結婚させるつもりはない」「水商売女なのか?」「金目的なんじゃないか?」と言い放った連中を俺はどう許せば、どう納得したら良いと言うのか。

両親だけでなく一緒に育った姉にまで言われた。両親に言われるなら教育方針としてそういうこともあるだろうと今なら想定はできる。だがなぜ姉にまで言われなくてはならないのか。

その日、俺は絶縁を宣言して実家を後にした。

駆け落ち同然で結婚し、5年の月日が経った。子供も生まれ絶縁した両親と姉のことを考えるようになった。

俺も大人にならなくてはならない、息子を見せてあげたい、何とか家族3人でやれているということを伝えたいと思った。俺も親になったからと親父とお袋に伝えたかった。

俺は勇気を振り絞って1人で帰省をし両親に会った。しかし駄目だったんだ駄目だったんだよ。

両親の顔を見た瞬間、冷めたと思っていた怒りがあの言葉を言い放たれた当時と全く同じ熱量で再燃してしまったんだ。

最初は冷静に努めようと考えたが両親の出鼻から「何しに来たんだ。金でも借りに来たのか」という嫌味で一気に当時の怒りが蘇ってしまった。

両親へ罵詈雑言を浴びせるだけ浴びせ俺は実家を出た。

それからというものの俺の中の怒りと恨みは一切消えることなく残るようになった。

それだけでは済まず、どうにかして奴らを金銭的に追い詰められないだろうか、姉たちを本当に水商売へ叩き落とす方法はないだろうかと考えてしまうんだ。

こんな邪悪な考えを持つ俺が父親をやっていることに吐き気がする。でも無くならないんだよ忘れようにも忘れられないんだよ。

納得するまで話し合え?簡単に言うんじゃねぇよ!!!簡単に!言うんじゃあ!ねぇよ!!!!!

2019-06-09

波よ聞いてくれ」が面白くて読み込んでいたら、ふと20年以上前に聞いたラジオドラマを思い出した

途中から聞いたものなのでタイトルわからん記憶違いだったりあやふやな部分もあるだろうがとりあえず思い出す限り書き出してみる

舞台…60~70年代中国田舎

主な登場人物

主人公…都会にあこがれる10代の少女普段は鶏の世話を父親押し付けられ不満たらたら。古びたポータブルラジオから流れる流行りの音楽が唯一の楽しみ

父親養鶏農家守銭奴パワハラ親父。家族のことは便利な奴隷しか思ってない

母親父親の言いなりでしかないDV被害者

青年…都会から養鶏場へ働きにやってきた好青年

大まかなストーリー

主人公学校以外は友達と遊びに行くのも許されず毎日鶏の世話を父親押し付けられ父親暴力と言いなりの母親存在理不尽環境に耐えつつ、古びたラジオから流れる流行りの曲が唯一の慰めの中いつか都会での自由生活を夢見ている毎日

そんな折都会から養鶏場へ働きにやってきた青年出会い徐々に青年に恋心を抱くようになる

月日は流れ主人公誕生日が目前にやってきて長い交渉の末つかみ取った父親との約束で「鶏の世話をがんばったら新しいポータブルラジオを買ってもらえる」のを楽しみにしていたが

父親が購入目前になり「自分にとって役に立たない娘の物より、自分にとって役立つものを買った方が有益である」という理由約束を反古してその資金で新しい農機具?を購入してしま

当然主人公は怒るが父親聞く耳を持たず暴力にて黙らせてしまう。母親からも何のフォローもなく、またやりたくない鶏の世話を続ける毎日へと戻ってしま

主人公我慢限界に達した頃に青年からプロポーズを受け、主人公は隠れて青年と都会へ駆け落ちする計画を画策し始める

しか青年父親に娘との結婚を願い込み養鶏場の跡継ぎになると大勢の前で宣言結納品として2日で3個の卵を産む新品種の鶏を100羽用意する

父親は大喜びで了承するが主人公激怒青年を問い詰める

実は青年はその村の出身であり、青年子供のころに青年の家の農場経営危機の際に主人公父に借金を申し込んだが相手にされず破綻青年父親自殺家族は離散して青年も村を離れることになった

その復讐のために身分を隠して農場へ入り込み、農場を乗っ取るために主人公好意のあるふりをして近づいただけで恋愛感情は一切ないと聞かされる

その事に主人公青年に怒りをぶつけるが青年を改心させることはできず逆に青年暴行されてしま

もはや世の中のすべてに絶望した主人公はこうなったのもすべては鶏の所為だと思いつめ、自宅のすべての鶏舎に火を放ち自身もその中で焼身自殺をする

怒り狂う父親青年、何もできない母親田舎なので消防も間に合わずただ燃え盛る炎を見つめるしかない住人

誰も主人公心配することな燃え盛る鶏舎の中かすれ気味のラジオの音だけがただ流れていた(終)

すっごい後味の悪い話だがストーリ面白くて富士山のふもとのキャンプ場でただただ聞き入っていたのは今でもよく覚えてます

ググって調べようにも情報が断片的過ぎてどうにも正解にたどり着けないのですが、誰か知りませんかね

2019-03-04

親に歴史あり

‪おばあちゃん(母方の祖母)が病気をして弱ってるらしく、入院中2人っきりになった時に

あんたのお母さんには悪いことをした」

「◯◯さん(母が父の前に付き合ってたらしい人)との結婚を許さなかったことを後悔してる」‬と言い出した。

えーーーなにそれ初めて聞いたーーー。

えっていうかその人と結婚すれば良かったってこと?それ父と血の繋がった孫にいう?そういうとこやぞおばあちゃん。無神経がすぎるぞ。

まぁそう言いたい気持ちは分かる。

うちの父は自殺してまして。

それで母はかなり苦労したと思う。

幸い優秀な人だったんで、父の跡を継いで個人医院をやって今は自立している。

その、前付き合ってた◯◯さんとは恋愛で、父とは親が持ってきたお見合いだってんだからまぁ祖母は後悔はするよなぁ。

(ていうか祖母祖父駆け落ち同然で結婚したらしいのに、娘の結婚には反対するんだって大変びっくりした)

父が死んだ理由はわからない。

遺書にはなんか迷惑をかけて申し訳ないみたいなことが書いてた気がする。詳しくは忘れた。

私は発達障害(診断済み)なのだが、母はそのケが無いので父由来かなぁと思っている。何となく生きにくそうな人だという印象だったので。そんで二次障害かなんかで精神を病んでいたんじゃ無いかって。まぁなんの確証もないけど。

それくらい原因がわからん死に方だった。

死んでからほぼ父の話はしたことがなかったけど、いつだか母が

「お父さんのこと絶対許さんのんじゃ」

えーーー何それーー。私その人の血を継いでるんですけどー。と思ったけどそれは言わなかった。かと言って母に共感して父の悪口を言うことはできない。だって父を否定するのは、自分否定することに繋がりそうだったから。

母は、父と結婚しては幸せだっただろうか。その、別れさせられた◯◯さんと結婚していたらどうなっただろう。

そうなったら私は今この世に居たんだろうか。

ドラえもん理論でいけば、結婚相手は誰でも私が生まれてくるはずだが、科学的には違うと思う。少なくとも◯◯さんは大阪にに住んでいたから、◯◯さんと結婚していたら私は大阪弁をしゃべっていただろう。

私は父の血を受け継ぐものとして何となく申し訳ない気持ちで母と接し、

少なくとも子供(私)が生まれたことは良かったと思って欲しくて、たまに親孝行をするのだ。

2019-02-21

anond:20190221195456

駆け落ちは責める人間もすべて捨てていくことであって移住ではないよ

anond:20190220202245

介護保険は20年前は今ほど充実していなかったとはいえ、女つれて駆け落ちできなかったものかと気の毒に思う

2019-01-03

anond:20190103115424

かに……。

あんまり早い時期に読むと、なんだろうね、みたいな大人の話もありますね。



子供向けに「駆け落ち」した登場人物を「旅行」とした某探偵小説があったらしいです。

大人になって普通に読み返したら、「旅行じゃなかった!」みたいな。純文じゃないですが💦

2018-12-14

anond:20181214103241

顔ではないけど一流企業公務員程度の財力では結婚相手を選ばんよね

なんだかんだ好き嫌いチンコマンコで選んでる

計画性はないが倫理的には良いことだとは思う

大昔は駆け落ちしなきゃダメだったのだから

実家に帰りたくない

正月が来る。

(私にとっての父方の)祖父が亡くなり、(私の)父はおかしくなったと言い、母は(私の)父と7LDKの家と職を捨て、着の身着のままで私と姉を連れて広島に逃げたらしい。

当時5歳だった私に、当時の父のことは分からないが、寡黙な割に時折苛烈に怒る父のことを覚えている。

看護師の母は女手一つで私と4つ上の姉を育ててくれた。

来年25になる私は、それがどれだけ大変なことだったのか、母の味わった苦労の100分の1未満だろうけれど、想像できるようになった。

母は、とにかく「しっかり子育て」をしようと躍起になり、当時小五の姉に週六の塾通いを徹底させた。

その結果、姉は壊れてしまった。

姉は偏差値40の高校に推薦で入れてもらわないといけないほど勉強ができなくなり、そのまま地元工場高校先生方が苦労して入社させてくれたらしい。

姉は業務中の居眠りが酷く、1年かそこらでクビになった。

当時はガラケーアメピグが主流の時代で、姉はお世辞にも良い見た目とは言えない女性だったが、ネット出会った男性駆け落ちするように結婚し、家を出て行った。

ギャンブルで作った借金が1000万円以上ある男だった。

全力で結婚を反対する母と私は、姉の目には敵に映っただろう。取っ組み合いの喧嘩の末、姉は逃げ出すように家を出た。

あれから7年が経つが、私は姉と一切の交流を絶っているため、もうどんな人だったかうまく思い出せない。

姉は今、旦那からDVを受けて警察に逃げ込み、子供と共に実家に戻り、調停離婚最中らしい。

28になった姉と仲直りができるだろうか。姉は今も変わっていないのだろうか。

何にせよ、私は来年から10年程度日本に帰れない。母の面倒を見てくれる人は姉しかいないのだ。

親孝行をしに、帰らないといけない。

実家に帰りたくない正月が来る。

2018-11-25

浅草ストリップ全然エロくなかった件

からなんとなく気にはなっていて、先日、浅草ロック座に行ってみたのである

場所浅草演芸ホールからちょっと行ったあたり。「浅草ロードエイ」なる名前がついていて、幅は広いが車は入らないようになっている。向かいリッチモンドホテルの下層に「まるごとにっぽん」とかいう明らかにインバウンド狙いの商業施設はいっていたり、案外こぎれいな場所だ。道路もふくめて近年だいぶ整備されたんだろうという雰囲気

ビルには大きく「ROCKZA」書いてあるがこれまたこれい入り口にはファンから出演者に贈られたらしい花が飾ってあったり、出演者顔写真が飾ってあったりするが、そんなにいかがわしい雰囲気はなく、階段を上ったところで昔ながらの映画館の窓口みたいなところでチケットを買うとすぐモギリのおっさんがいて「もうすぐ最終回はじまりますよ」と言われる。

公演は毎日午後1時から同じ演目を4回やっていて、料金は5000円(シニア女性学生カップル割あり)、入れ替えなし。ただし、2010以降に入場して4公演目だけみれば3500円。とりあえずこの割引時間帯にいったのである

狭いロビー結構な人でごった返している。

客層は推定45歳以上の小市民風なおっさんがメイン。競艇場ほど「怪しそうな人」は見当たらず、妙な酔っ払いとかもいない。普段はそれなりに真面目に仕事してそうな人も多い感じ。

サブカル好きっぽい女子二人組みとか、そこそこ若いあんちゃんとかもいないわけではない。

劇場内は、やや縦長の長方形で、ざっと120~130人くらいが座れる感じか。客席の両脇と最後部には寄りかかって立ち見するのにちょうどよさそうな手すりも完備している。

ほぼ満席だが、幸い空席をみつけて着席した。

舞台は真ん中から客席中央あたりまで花道が延びていて、花道の突端は丸い舞台になっている。

あそこで女性あんポーズやこんなポーズをとるのだな、と思っているうちに開演。

場内に朗々と、映画サウンド・オブ・ミュージック」の主題歌(The hills are alive with sound of music~ ってやつ)が朗々と流れて、一応、ジュリー・アンドリュース演じるマリア意識したんだろうな、という衣装(ただし、安っぽい)を着たお姉さんがバレエのようにくるくる回ったりしながら踊ってる。

曲が終わったので、いよいよ次は脱ぐのかと思ったら、子供役と思しきお姉さんも7人でてきて、「ドレミの歌」が始まった。

古い映画なので知らない人も多いと思うが、「ドレミの歌」というのは、厳格な軍人の家であるトラップ家に家庭教師にきたマリア子供達に音楽をおしえる、というテイの歌なのであるちゃん振り付けも、子供達にドレミを教えるっぽいミュージカルっぽい感じになっている。一応、映画オマージュ的なことなのだろう。

で、ドレミの歌が終わると、子供役のお姉さんの一人がネグリジェみたいなカッコに着替えていて、マリアに手を引かれて、花道突端の円形の舞台までつれてこられた。

BGMは、これも「サウンド・オブ・ミュージック」の曲なのかどうかは良くわからないが、なんか英語で「さあ、今夜もゆっくり休み」みたいなことを子守唄風のメロディーで歌っている。

そうこうするうちに、マリア子供を寝かしつけて舞台から引っ込んでしまった。

そして、この女の子が目覚めるテイで起き上がると、一枚一枚服を脱いでいくのである

正直、ここまでの流れにいささか関心してしまった。いや、なんか、「ちゃんとつくってる」じゃん。

正直、踊りのレベルがどうとか、そういうことは素人なので良くわからん

土屋太鳳ときおり「アタシ大学ダンスやってたんです」ってことでやってみせるモダンダンスよりはレベルが低そうに感じた。



脱ぎ始めたときBGMは、なんか「ええ歌風のJ‐Popのバラード」みたいなのだった。詳しくないので、曲名からないけど。

怪しげなトランペットサックス扇情的メロディで「ちょっとだけよ、アンタも好きねえ」という雰囲気ではない。踊りもなんというか「エロじゃなくてアートです」という感じ。もちろんストリップからあんな格好したりこんな格好したり、足を大きく開いたりもするわけだが。


あと、以前タモリ倶楽部でやっていた、職人芸的なリボンも、本当にやっていた。

これは、ボランティアファンが、絶妙タイミングリボンを投げる職人である

本当に絶妙タイミングで、観客やお姉さん方の邪魔にならない方向にリボンを投げ、するすると手元に巻き込む様は、ベテラン漁師一本釣り漁をみているようですらある。

そんなわけで関心しきりのうちに一演目が終わると、会場内にド演歌が流れ始めて、歌舞伎の「道行」みたいな、和装の二人連れが出てきた。男性役は男装した女性。一応、なんか逃げるように駆け落ちした二人、みたいな設定、らしい。

なんだか、振り付けに「ロボットダンス」みたいな動きがはいって独特な・・・と思って気がついたのだが、そうか、これ、人形浄瑠璃パロディなのか!?

・・・と、そんなこんなで、どの演目結構ちゃんと」つくっていた。

演目とも前半はなにかしらのモチーフを基にしたダンスミュージカル風な踊りをやって、後半は脱ぐ、という展開。

銀河鉄道の夜」のパロディ演目では、インカムつけたお姉さんが「そのよる、ボクはカンパネルラと」とか朗読はじめちゃうし、きゃりーぱみゅぱみゅ音楽にあわせて、おもちゃ兵隊が踊る、みたいなのがあったり。

尾崎の「アイラブユー」に合わせて、何だが不幸な恋愛をしてっぽい二人がじゃれあったり抱き合ったりしてる、という演出もあり。

つの演目10数分である


脱ぐときBGMはなぜかJ‐Popが多い。ゆず版の「見上げてごらん、夜の星を」とかミスチルとか、意外なほどに合ってたりする。これはJASRACと契約してるんだろうなあ。


公演時間は2時間強。間に10分ほど休憩時間が入る。

休憩中に、幕をスクリーンにして「本日演目紹介」が投影されていて、最初演目ちゃんと「サウンドオブミュージック」だった。先ほど「アイラブユー」にあわせてやってたのは「ロミオとジュリエット」だったらしい。なるほど。

本日最後演目は「チャップリンの独裁者」らしい。何をやるんだろうか・・・と思っていたら、これまたなんか真面目だった。

ステージにはミリタリーっぽい服をきたお姉さんが立った・・・と思ったら、どこからともなく演説が聞こえてきた。

これ、あれや、「独裁者」の最後主人公が全世界に向かってやる演説高校とき英語教科書に載ってた。自由の尊さを訴えた名文やで。

やがて、演説かぶさるようにピアノが流れてきて、お姉さんが踊っている。

はじめは何かに束縛されてるような踊り方だったのが、どんどん激しくなっているのは、多分、スピーチテーマにあわせて、支配から自由表現している・・・というのは、こっちの勝手解釈だが、でも有名な振り付け師でも出てきて「そうなんですよ」といわれれば納得してしまいそうな気がする。

最後自由への戦いに立ち上がったかのようにこぶし突き上げポーズで一旦とまり、そこから曲が変わって脱ぎだすわけだが、これもあれか、支配から自由の行き着いた先は、「洋服」という束縛からも完全に自由になるということなのか。(深読みしすぎ)



視点での感想も入れておく。

なんというか、みなさん、「売れない劇団看板女優」みたいな雰囲気。体のラインはさすがに、それなりに美しい。ただメイクばっちりで色とりどりの照明もきついので、正直年齢とかは良くわからん

あと、これはどこまで書いて良いのかよくわからないのだが、服は全部脱ぐ。で、それなりに高々と足を上げたり、のけぞったり、いろんなポーズをとる。

ちょうどかぶりつきに結構若いお兄ちゃんがいたのが、まさにかぶりつくように見ていた。

ま、ああいシチュエーションあんなふうに見るのって、なかなかないからなあ。

そりゃ、かぶりつきますで。

あれが現在日本刑法上、どういう扱いになるのかはよくわからないが、平然とやっているところをみると、「わいせつ」とは扱われてはいないのだろう。

個人的にも「わいせつ」とは思わなかったが。

なんというか、美術館で裸体画をみている感覚に近い。

その昔のストリップ劇場は、観客が舞台にあがって女性あんなこんなことができちゃう「ナマ板ショー」やら、個室で二人きりになってあんサービスを受けられる設備やらがあったり、そりゃもういろいろある風俗だったらしいが、今の浅草にそんな雰囲気はなく、観客もいたって真面目に鑑賞しているのであった。

ま、各演目の前半はとくに興味ない風な客も多そうだが。

にしてもあのネタは誰が考えているのだろう? 作家とか演出家とかいるのかな?

なんか「昔、寺山修二や唐十郎に憧れてたじいさん」とかが裏でいろいろ携わっていたりするのかもしれない。全般的ネタが古いし。

というわけで、3500円が高いとは思わなかったが、まあ、どうしてももう一度みたいというほどでもないかな。

まあ、興味の沸いた人は話の種に一度くらいみておいても損はしないと思う。

にしてもあれだ。演目とか興味深かったので思わず、軽くメモをとってしまって、だからこそこんな増田もかけているわけだが、ハタからみたら「超熱心なストリップファン」に見えてしまたかもしれないと思うと、ちと恥ずかしい。

ま、どうせ知らない人ばかりだし二度とあうこともない(多分)だろうから、いいんだけどさ。

2018-09-17

禁断の同性愛が好きな俺はどうすればいいんだろう

禁断の同性愛と言われるような表現が好き。男でも女でもいい。同性愛という許されない関係にとまどい傷つき、けれど自分たち意思を貫き、けなげに咲く一輪の花のように散っていく耽美な話が好き。駆け落ちエンドだとなお良いよね。

こういう話はなくなっていくんだろうと思っている。だってまあ、差別肯定してるからね。同性愛者は異性愛と同じだ。異性愛を許されないことにすんな!というふうになってきている。だからそういう表現を世に出す人は少なくなっていくだろう。

まあそれは仕方ない。けど俺がこういう話を描くことも、やはり差別からダメというふうになっていくのかな。

犯罪的なエロ行為表現年齢制限すりゃ自由だけど、差別肯定的に描くのってどうなんだろうね。年齢制限さえすれば許されるのだろうか。

2018-06-11

anond:20180611090259

今読んでる鬼ゆり峠は女と駆け落ちして捕まった人気女形と親の敵討ちに来た少年武士が陵辱されてるよ、百合姉弟もありエロクオリティは高い

でもこの作者には珍しくグロリョナ要素が強くて、フェラアナル快楽責め地獄からのいった瞬間に性器を切り落として処刑展開が人を選ぶ

女は性器をえぐり取られて処刑

2018-05-20

反対する親を説得して円満結婚できた話

一族みな医者/歯医者で、結婚お見合いほとんどという家に生まれた。

成績は良かったし、親から勧められたか自分医者になった。人生設計は基本親の意見尊重していたし、よく相談もしていた。

気の合う彼女ができて結婚したい旨を両親に伝えた。しか職業や家柄なんかを理由に反対された。それも結構ひどく、理不尽さを感じるくらいに。

最終的に4年かかって説得し、円満結婚に至った。もし結婚反対されて、デキ婚とか駆け落ち狙ってる人がいたら読んでほしい。

結婚するためにやったこ

1. 味方をつくる

結婚を反対されている話を兄弟友達に隠さず話し、相談した。時には古臭い考えや価値観固執する親を馬鹿にするような笑い話もした。親からくるLINEの文面をみせて、あまりに偏った考えなので引かれたこともあった。ずっと愚痴ってると兄弟や友人もあまり良い顔はしなかったけど、よくよく聞いてくれた。一人で隠して取り組んでたら潰れていただろう。

彼女の両親にも挨拶し、反対されていることとそれでも円満結婚を目指し説得することを宣言して、味方になってもらえた。

2. 言葉にする

有言実行。「反対されてるけど、家を出る覚悟結婚するつもりだ」と言い続けた。彼女には「最後まで円満結婚を目指して一緒に頑張ろう」とお互いを鼓舞し続けた。言葉にすると、モヤモヤも整理され、自分の中に一貫性生まれる。

3. 両親に影響力のある人物を抑える

両親の意思決定に影響する人物(祖父母)を抑えた。抑える方法は下記。かといって「両親に結婚を許すよういってよ〜」なんてことは頼まない。

4. 「影響力の武器

ビジネス書を読み漁る中でこれは役に立った。例えば返報性の原理。人に与えた恩は忘れられない。母の日父の日誕生日敬老の日(祖父母)には贈り物をしたり、旅行にいったりした。

MBAを持つ上司から聞いた「パワーと影響力」の話も役に立った。

5. 相手価値観を知る

1家を出て一人暮らしを15年していたので、両親と自分ギャップがあることを感じていた。なるべく帰省して他愛のない話を繰り返した。帰省しても結婚のけの字も出さなかった。親の育ってきた環境価値観、息子への思いなどを言葉の端々から感じ取った。

6. アンガマネージメントストレスケア

両親は自分が最も大切にしている人である。そのためその両親に意思決定否定される事はものすごくストレスであった。両親に否定されることがストレスであることを自覚し、運動や遊びでストレスを発散し、自分の意欲を高める仕事選択する、無理しすぎないなどストレスケアに達した。

7. コミュニケーションスキルトレーニングを受ける

医者なので「コミュニケーション技術研修会」や「意思決定支援に関する資料」などで勉強やすかった。基本は相手との認識価値観ギャップを埋め、相互理解し、発展的な解決を目指すというフレームがある。また細かな言葉の選び方や傾聴のスキルも学んだことで親とのコミュニケーションの質を高めた。

8. 彼女を愛し続ける

両親と彼女、どちらか捨てろと言う状況に置かれ続けた。その中で彼女を愛し続けると言うのはとても難しい。なのでどんなに忙しくても彼女時間を取ることを大切にし、定期的に温泉旅行に行って、いろんなレクリエーションに挑戦し、出張があっても月に2回は必ず会った。反対されている話も包み隠さず伝えた。相性が良かったのでセックスレス意識することはなかったけど別に体の感激に溺れていたわけでもなかった。愛し続けるのに最も有用だったのは対話することだった。

9. 親のいいなりになってひどく残念な人生を歩むという妄想をする

彼女と別れ、親の言う通りにお見合いし、へそを曲げて「こんなの自分希望してない」といいながら消極的人生を送る、という妄想を繰り返すことで「いやいや、こうあってはいけない」と思い直した。

付き合って3年半

彼女は30になり、これ以上結婚を先送りにできないと考えもう籍だけ入れて二人で勝手同棲してしまおうと、新しいアパートを借りて二ヶ月後から同棲を始めようかとしている時、何があっても応じなかった親が折れた。

同棲は一旦先送りにして彼女を紹介でき(紹介すら許されなかった)、顔合わせをして、立派な結納をして、二人の望む結婚式と披露宴をあげた。もちろん親も親族もみな参加して祝ってくれた。

あの頃の反対はなんだったのかと思うくらい家族間は仲が良いし、念願の子供も出来てトントン拍子に人生が進んでいる。

別にお見合いが悪いとも思わないし、反対を押し切った結婚を推奨するわけではない。ただ、この大きな壁を乗り切ったことで人間として大きく成長し、妻ともより深い関係が築け、自分が決めていく人生を歩み始めることができた。30歳は而立というが、まさにそんなターニングポイントだったと思う。

理屈ぽくかいたけど、何よりどんなに反対されても結婚したい女性出会たことが一番なのかもしれん。

親に結婚を反対されている人の励みになれば幸い。

2018-05-03

anond:20180503092119

結婚をすることを認める条件に決まってるだろ。

まあ、駆け落ちするかもしれんけど、まともな奴なら飲める条件だろ。

2018-03-25

41歳の元タレント母親駆け落ち失踪について

残った家族母親のことをモノとしてしか考えていない。

戻ってきたあとの母親生活を考えていないから、全ての個人情報ネット上に晒した。

母親の下には未だに学生して働かないスネかじりの不細工子供たち。

夫の目は開いているかからないほどの不細工な顔。

人工透析を受けているらしい。

母親として家に戻ったら、待っているのは地獄だけ。

絶対に逃げ切って欲しい。

女として生きて欲しいと同じ女として願います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん