「市場原理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 市場原理とは

2018-07-13

anond:20180713120533

で、論点をずらしたことについて説明はないわけですか。

現実過労死が多い運輸業などを差し置いて、過労を大げさに嘆いてみせながら、一方で、医学部増設に反対するという姿勢は許されません。

医療という大衆のために市場原理から保護される業界ならなおさらです。

労働貴族のクソやろうども、と言われても仕方ないことなんです。

anond:20180713112301

医療市場原理にはそぐわないのです~」を許容するにも程度があるという話をしてるので論点をずらすのをやめてください。

2018-07-01

anond:20180630150652

男性医師だ。

減点でなくて、加点で考えたらいいよ。

フルタイムで働く医者を100点として、出産子育てしながら働く女医は減点されて60点かもしれないけど、それでも仕事辞めて復帰しなかったら”0点”なんだから、60点でも現場から立ち去るよりは、パートでも時短でも働けるやり方で働く方が、きっと患者のためにも、同僚医師のためにもなることがあるよ。

医師労働市場にもうまく市場原理が働けばいい。

今は報酬の配分が、労働時間とか仕事重要からは解離している印象があるんだ。そっちの方が医療崩壊につながる気がする。

循環器とか外科とか、拘束時間も長くて、呼び出しもあって、直接命にもかかわって、”きつい”仕事は、当然こなせる人が減るから、希少性が高まって、報酬があがる・・・はずなんだけれど、そういう市場原理医師労働市場にはあまり働いていない。

これは、きつい仕事をする医師たちが、仕事に追われて政治的活動ができないからだし、そもそもそう言いう科に行く医師たちは、過剰な報酬を求めていない、いいやつが多いから。

国民皆保険日本では、診療報酬はほぼ、公的資金と言っていいから、医師ほぼほぼ公務員みたいなももの。市場原理は働きにくく、政治で配分が決まってる。政治活動するのは、激しく救急や緊急オペを繰り返す勤務医でなくて、もともと高い報酬を得たいという動機があって、割と労働時間裁量が働きやす開業医日本医師会)が中心だから、どこにお金流れるかは、察して。

現状の配分でも、若いころにはがんばって、体力的に厳しくなったら開業して・・・とか、夢が見れるなら、それでもまだいいけれど、そういう夢が見れなくなったら、優秀な人材医師にならなくなりそうかな。そっちの方が、医療崩壊につながると思うよ。

元増田も、志高く医学部に入り、医師になるだけの優秀さを備えているんだから、できる範囲で力を尽くせたら良いよ。

結局は、元増田の働き方(働き方に対する希望)が問題でなくて、100%フルタイム医者自分の働き方を比べた時の、元増田劣等感問題なんじゃない。優秀な人ほどありがちだけれど。

2018-06-25

チケット転売対策座席番号の伏字禁止はどうだろうか

チケット転売を防ぐために、座席の透明性がない出品を禁止することはできないだろうか。

アリーナA列10~20番台 みたいな表記や、チケット画像座席表示のモザイクや黒塗りを禁止するだけだ。

これなら、二次流通価格設定市場原理に任せることと、出品に至った経路のトレーサビリティ一定レベルまで確保することの、両立が可能だと思われる。

2018-06-12

anond:20180612093246

市場原理自分の嫌いなものが消えるときには何も反対しなかったりそれを翼賛するのは別にオタクに限ったことじゃないので

資本主義市場原理主義が行き過ぎた結果として現実的表現の自由との対立が発生するようになったのが昨今の新しい潮流だと思う

かつては資本主義市場原理主義によって流通が加速し最適化されていけばより人間自由になり表現多様化していくとなんとなく思われていたけど

それは一定ラインを超えると通用しなくなる考え方だったという可能性がある

2018-06-11

経済的な損得から見た、中国へのラノベ表現配慮に怒ってた連中がさ

今日プリキュアの論争で

「男のプリンセスなんて誰も見ない!」とか

市場原理を持ち出して表現多様性否定する矛盾なんなんだろうね

 

節操なさすぎでしょ

2018-06-08

管理職でもないのにサビ残させる側に回る奴なんなん?

アホなん?

市場原理とかそういうの一切理解できないん?

もうとっくに脳みそが壊れてしまって「サビ残は立派な行為である」と思い込まないと精神発狂してアキバ障害者施設で大量殺人する所まで精神崩壊しとるん?

2018-06-07

anond:20180606100946

「明らかなデマや間違いに対抗する場合反論するのがリベラルの態度」

まり、(言論上の)不法武器を解除させる警察的な権力を認めず、(到底改心しそうにない)相手自発的武器を捨てるまで、敵がますます増えることになっても、不利な撃ち合いを良しとするのか

それがリベラルなら、俺はリベラルでなくて良いw

そら言論世界警察的な権力検閲)を持ち込むのは気持ち悪い

しかし、それが国家権力による検閲ではなく、今回のYouTubeのように市場原理経営判断ならば、これも一種の「民意」なんじゃないですか(←悪い意味でも)

2018-06-05

anond:20180604205103

わかった!

貴方は「悪い言論でも認めよ」論者

当方は「悪い民意市場原理)でも認めよ」論者

その違いだw

当方個人なんJ民意賛同しているわけではない)

2018-05-31

何年か前の国が優遇してた時にソーラー発電所作ったとこはすげー儲かったんでしょ?

国の動きに注目してると、市場原理無視した「絶対に儲かる商売」がたまにあるよね

2018-05-23

anond:20180523121445

ほしいもの」ではなく、食欲と並ぶ「必須のもの

オナニーして寝てろ。



1.なぜ女の子に限るのか?

増田男性だと想定したから。

非モテ」的なパーソナリティが、「非モテ」でなきゃならない必然性について疑問視してる。

非モテ」でなきゃいけないという圧力存在と、「おれをそのまま受け入れろ」という圧力は、共に同じぐらい暴力的圧力ではあると思う。


インセルを具体例としてあげられるだろうか。

女性蔑視主義者を想定してるなら、蔑視されてる人に好意を抱く人間がいるとは思えないので、「市場」サイドに罪があると言うのは理解不能だとしか言えない。

もっと具体的に、どういう理由女性蔑視主義者になったとか(いじめられて、とか、学校ナードだったとか、)そこまで掘り下げて初めて、その市場原理のゆがみに懐疑を持ち込むことができると思うが、それにしても「俺たち女性蔑視してるんだけど、女性は酷いから俺を受け入れろ」と言ったところで話は全然進まない。

なぜ女性蔑視主義者になったのかの理由を掘り下げると、大抵の場合は、彼らの側にもそれなりに理由があったりする。人間関係それも好意愛情という見えない上に変化するもの善悪を付けることは無理だし相手人権尊重していないことにもなる。

非モテだけに原因がある」という言説もあまりたことがないが、なぜか「俺たちだけが存在を許されてない!」という怒り方をするのも彼らの特徴的な行動パターンではある。

2018-05-20

織田三郎さん

織田三郎さんのおっしゃっていることはほとんど正しいが、唯一風俗に関しては意見を異にする。

織田三郎さんにとっては、風俗は女が男から金を楽して巻き上げる装置という見解だが、風俗好きの俺からすると手抜き風俗嬢は遅かれ早かれ淘汰されていくから、そこまで楽な業界じゃないって見解だ。

指名取るためには中出しもさせるし即尺もする。ある意味一番市場原理が入っている業界だと思う。

2018-04-12

anond:20180412165944

まじレスすると、本当にオススメ

嫌がる人達もいるので、市場原理家賃は下がり気味。

URなんか実際にオススメ物件としてプッシュしているし、僕も狙っているが、すぐに埋まってしまう。

2018-04-02

anond:20180330133508

レディースシニアジュニアの割引は、その価格まで下げれば市場からよりお金を引き出せるという市場原理の話で、慈善活動福祉ではないです。

2018-03-17

anond:20180316204607

都心部繁華街なんかは実質的店子営業時間を決める事は出来ないよ。コアタイムにきっちり回さないと店賃込みでペイ出来ない。市場原理で店賃設定がそうなってる。

しかチェーン店なら給料払って個人オーナーがやっていける利益では勿論足らないわけだし。

例外もあるけどそれはどこでやっても成立する強者店なだけ。

2018-03-14

文系研究者に関する愚痴

愚痴を書かせてください。

私は大学公開講座を受講している社会人という立場

職業研究者が、使えない……。

私は、彼と同じ学術分野(文系)のQ教授過去研究内容に疑義があり、それを指摘するために本講座に参加している。

最近わかってきたのは、Q教授研究はまさに先行研究だということ。彼らは先行研究だったのに押さえてなかった。つまりタコツボだった……。

文科省審議会人文学社会科学振興に関する平成21年報告書を読んだのですが、

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1246351.htm

基本的にこの頃から問題性質は変わっていません。十年ぐらい叱られているのに、それでも克服できない。

昔の学者ってどうだったのかなと思って、マックス・ウェーバー職業としての学問』を読んでみたのですが、当時のドイツ大学では、私講師という資格けが与えられ、何を教えてもよく、給料は受講生から授業料の上がりだけ、つまり出来高制だったみたいです。しか医学自然科学系の研究に巨額の資金必要となり、アメリカでは研究者という仕事が月給制になった。ドイツでもアメリカナイズが進んでいるとウェーバーは書いている。ドイツ式だと市場原理が働くので、実力不足学者は淘汰される。一方、アメリカ式だと雇用保護されるので、官僚主義がはびこる。

日本大学設立された頃の事情ですが、福沢諭吉あたりが大学を創設した後、その後に官立大学を作ったみたい。2011年東日本大震災原発御用学者社会的批判を受け、国立大学法人改革で彼らは国家公務員ではなくなった。

いままで国は学者個人自主性・自律性を尊重するとか言って、お金は出すけど口は出さなかった。しか厚遇しすぎて、仕事をえり好みする人ができあがった。果たして障害者フッサールを教えることが正しいのか? 私は、彼らがずっとサボタージュしてきたQ教授過去研究批判という仕事の督促のためにやって来たのですが、彼らは、どうしてもフッサール障害者に教えたいらしい。Q教授批判という仕事絶対にやりたくない。病人の私に押しつけたいそうです。病人の私がいまやらないといけないのは自分病気を治すこと(自己保健義務)です。早く元気になって、勤労と納税の義務を果たすことです。Q教授批判なんて、病気に障るからできるだけやりたくないのだが。

国が税金複数学者を雇っているのは、お互いをチェックさせるためなのですが、彼らはタコツボという自分たちの宿痾を克服したくない。どうしても大好きな哲学学を障害者に教える仕事だけをやりたい。私はいまQ教授20年前に書いた悪書を読んで、問題点を洗い出す作業をしている状態です。泣きたいですよ。

文系って理屈っぽい。「理論上はこの結果がでるはず」と自説にこだわって、ありのまま事実を認められない。理想主義者なんですけど、理想論学生にも吹き込む。そうするとモンスター障害者モンスター高齢者ができる。大学教員モンスター化しているともいえます

東京周辺に在住している高齢障害者熊谷さんの講義を何回も聞いている一方で、沖縄の子もの貧困率は29.9%です。

いま医療費が年1兆円ベースで急増している。とても国民全員に熊谷さんの講義を何度も聞かせられる財政状況ではない。税金で喰っている哲学者と税金で喰っている障害者学校を開いたら、そりゃあ「学ぶことはすばらしい」という結論になるでしょう。その学費を稼ぎだしているのは誰? 受講生は病人から知らなくてもいいと思うけど、プロである学者がそんなことさえわからないとしたら、職業としてもう終わりだと思う。一度、マックス・ウェーバー時代に戻すべきでしょう。

いまの文系の振興策、例えばこんな研究に三年間で一千万ぐらい使われちゃってるんですけど、

https://www.jsps.go.jp/jissyakai/data/saitaku/h25_houkoku/hamauzu.pdf

こういう税金の使い方、本当にいいのかな。

2018-03-07

女性専用車両導入は痴漢対策として最適じゃないと思う

結論から言うと,鉄道以外の交通インフラを使えって話.

具体的には,タクシー相乗りすれば,痴漢満員電車も減って万々歳ってこと.

痴漢が起きるのはタクシー業界既得権益を守っているからじゃね?って話.

女性専用車両の是非で議論が起きている.

多くの人が女性専用車両必要かそうでないか議論してるけどそうじゃないだろと.

倫理的

女性はこんなに困っている!だから助けて!」

問題が起きない環境女性専用車両)はあるべき!」

みたいな訴えが多い.

それが間違っている.

倫理的にじゃなくて,仕組みで改善するべき.

さらに言えば,全員が利益享受できるほうが施策は受け入れられやすい.

例を出すと,

問題になっていること:高齢者自転車にはねられる事故が多い

改善案:高齢者道路を用意する

という案だったらどうだ.

高齢者だけのために道路を用意するか?

本当にはねられているのは,高齢者だけか?

もっと良い案があるだろ!って思うじゃん.

それで最終的に「自転車専用道路」ができるわけだ.

じゃあ本題に戻ろう.

問題電車痴漢が起きる

なぜ痴漢が起きるか.以下の理由から痴漢が起こる.

・周りの人が気づかない(くらい混んでいる)

・声をだすのが怖い&逃げられない(身動きの取りにくい)環境下にある

これを解決すれば,痴漢はなくなる.

空いてる電車痴漢するバカはいない.

それは歩いてる女の尻を揉むのと変わらない.

まり,「満員電車」が問題であるわけだ.

これをなくせば(男性含む)全員が助かる.

ずばり解決策は「タクシーである

これは,他の交通インフラであれば何でも良い.解決できれば自家用車でも良い.

現状タクシー通勤流行っていない理由

・高い

時間通りにつかない

だと思う.この2つが電車と大きく異なる.

なぜか.それは「タクシー業界既得権益」と「渋滞である

要は,みんながタクシーやってれば,

市場原理電車と同じ(もしくはやや高い)くらいの値段になる.

そして,車の総数が減れば時間通りに着く.

ここから個人的な案.

タクシーの「相乗り」をすればいいと思う.

これで車の総数は減るし,安くなる.

相乗りへの批判はあるだろうが,基本的ソフトウェア面と監視問題は防げる.

そして,ここが一番言いたかたことだが,

タクシー業界既得権益剥奪しろということ.

いたことあるだろうが「Uber」というタクシー配車サービスがある.

海外では「UberX」という相乗りサービスがあり,渋滞をなくすのに役立っている.

これが日本でできない理由は?

タクシー業界既得権益を守っているかである

タクシー業界相乗りサービス試運転が行われている.しかし,これ必要か?

海外での膨大な例があるのに.

相乗りをすぐ導入すれば,すぐに満員電車が緩和されるのに.

から満員電車タクシー業界が値段を釣り上げている結果起こっていることだと理解してほしい.

タクシーが高くてみんな使えないから,仕方なく電車を使っている.

から満員電車になり,痴漢が起こる.

これを理解してくれ.

そして,矛先を間違えないでくれ.

女性専用車両痴漢を防ぐのは良いが,それをみんなが賛成するとは限らない.

正しい解決方法をしないと物事が複雑になるだけである

それによって鉄道が使いづらくなっていないか

例外男性痴漢被害にあう場合)を無視していないか

を考えて問題解決すべきである

以上です.

anond:20180306220602

男女で枠を設定するのはおかしいよな。市場原理に反するし、徐々にその分野が弱体化するだろう。その分野に女性が少ないのは、かつての女性選択の結果なのだから。と私も思うよ。

ちょっと話は変わるけど人種優遇については私は許容している。人種によって、特定場所はいれない、という事はありえるので。これは『女性というだけで競争から免れる』のとは異なると思う。

2018-02-05

父親口論になった

また、父親口論になった。

自分就活のために京都から東京に帰って来たが、何もしないほうが良かったのかもしれない。

コーラでも飲んで、本読んで寝てれば良かった。

まぁ、自分選挙の結果を見て呆れ返って、母親と話していた時に父親が怒った。

どうやら某政党への政治献金も癪に触ったようだ。

父の持論は国家はそんなに金がないから、政治意味がない云々という。

それならば、なぜ今回の選挙基地反対派と賛成派で熱を帯びた戦いになったのか説明して欲しいくらいだ。

自分は「国家暴力装置がある お前だって殴られたら警察に駆け込むだろうし、CSI喜んで見ていて良くほざけるわ」と言い返した。

個人的には何もかもが、最早政治ではないと解決出来ないと感じている。

市場原理でどうにかなるなら、今頃どうにでもなっている。

その後、口論になった。

自分は「こっちは第三次産業ウケる顔じゃねーんだよ」と。

父親がキレて「性格問題云々」と言い始める。

自分の8年間の苦しみを否定されたようだった。薬の副作用で酷く醜い容姿になった自分父親からも悪い顔だなとか言われた。

覚えていないのか。

もっと容姿が酷くなる前はもっと明るかったし、傷が出来て暗くなった女の子も知っていた自分からしたら許せなかった。

あれこれ、口論になり「お前のやっていることはゴミクソなんだよ」と言ったら仕送りを減らすとか言い出す。資産も渡さない云々。

仕方ないので「大学職員身長見てみろ 高身長ばかりだぞ 大学本部行ってみろ」と言い返す。

大学職員仕事楽しいのか」とかキレだす。

ここで、もう経営者側と学生側の対立が生まれていることが分かった。

今の学生の大半かは分からないが、少なくとも自分と親しい不細工のなかでは仕事自己実現を求めちゃいない。

楽さと確実さなのだ。

父親は何も、分かっていない。

「それなりにもらえるし、クソみたいな営業しなくていいか大人気だよ」と言う。

すると「資産があるからいいじゃねーか」と父親が言うのだ。

もう、向こうの言っていることが無茶苦茶なのだ

こっちは、何も渡さないと自立という前提のもとで容姿という前提条件の絶望を語っているのに、何が資産だと。

その後も、「会社が欲しがる人材になれ云々」 言う。

そんなの容姿が前提条件だけど、頑張るよという。

また、怒る。

アイデア大事なんだ」

よく言うわと感じた。父親会社離職率を下げるアイデア福利厚生を上げることなんて当たり前な話だが、聞かないだろと。

もう、どうにもならなそうなので自分が「ゴミでした ごめんなさい 仕送り払って下さい 不細工ですから」と言って、父親がブチ切れて終わった。

これから革新寄りの政党に入れるし、それが間違っているとは到底思わない。

容姿じゃなくて性格とか言う言説ほど虚しく響くものもない。

最近流行りの、女児アニメ制作に関わる大手玩具屋の学部OBにあった時がある。

彼は綺麗な肌で、明るい目元で、スッキリした顎だった。イケメンだった。

会社顔採用しているかと言うと違うかもしれないが、どんぐりの背比べの就活では大きなアイデンティティになるとは感じた。

容姿なのは間違いなかった。

二流大学底辺学部なら尚更。

何をすれば良いのか、自分でも分からない。

ところで、仕送りは払ってくれるのだろうか。

百年後はわからないが、醜い容姿で金がなくては現状生きられないのだ。

2018-02-03

いちネトフェミの思うグリッドガール問題

たぶん自分はいわゆるネトフェミで、

フェミニズム的な考え方に共鳴はしているが

いわゆるフェミニズム思想潮流の中に自分位置付けられるほどは勉強してない。

で、グリッドガール問題について思うことを語る。

そもそもフェミニズム問題なのか?

F1公式の発表は以下だ。

we feel this custom does not resonate with our brand values and clearly is at odds with modern day societal norms. We don’t believe the practice is appropriate or relevant to Formula 1 and its fans, old and new, across the world.

私たちは、この慣習が世界中の、これまでのそしてこれからファンにとって適切だとは思わない。」

らしい(特に英語に堪能ではないので間違ってたらすまない)。

この台詞を言わせたのは「フェミニズム圧力」「騒ぎ立てた人権屋」なのか?

F1運営組織はそんなに脆弱立場が弱いのか??

どうも私にはそうは思えない。

F1というブランドをどう運営していくかという考えのもとに

主体的に下された決断のように、私には読める。

じゃあフェミ関係ないっていうのかよ

間接的にはあると思う。

まり、「modern day societal norms」の醸成に影響しているという点において。

だがそれは必ずしもフェミニズムイコールではない。

ここを勘違いしているブコメ言及記事が多いように思う。

ここから憶測だが、F1公式の考える「modern day societal norms」にしたがった自分達のあり方が何なのか、というと、

性別と年齢とに関わらず誰もが参加できる「the glamour and spectacle of the Grand Prix」なのだと思う。

そのためには、美しい女性をずらりと取り揃えるという行為

客層を限定するメッセージを発しすぎるという判断なのではないか

それは、フェミニズム関係ない、単純な商業判断だ。

(女性だって美しい女性を見るのが好きだと感じる人は多いだろうが、単純にターゲット問題だ。)


フェミニズムは「女性性的魅力」を認めないのか

こう考えているブコメが多数あったが、私はそうは思わない。

認めないのは

性的魅力を、本人の自由意思に基づかず要請されたり搾取されること」で、

目指す理想の世界

「その人の性的なことを、社会による強制圧力を一切感じずに取り扱える世界

だと思っている。

現にセックスワーク従事する女性の権利擁護フェミニズム範疇だ。

私は、その人が完全に自分自由意思に基づいてするのならば、

たとえば性行為を対価にお金を稼ぐ自由尊重されてしかるべきだと思っている。

もちろん、若さと美しさを披露することで対価を得ることも当然、市場原理保証されてしかるべき自由だ。

フェミニズムが、それらの行為自体を悪と見なしているように見えるのは、

それらが本当に自由意思で行われているか、疑わしいことがあるからだ。

たとえばセックスワークに望んで従事している、と笑顔で言い切る人がいたとして、

その影には本当にたくさんの要因が含まれることがある。

それはわかりやすものを挙げてしまえば貧困であり、教育であり、環境であり、

その人個人の性体験であり、社会的な「性的魅力の取り扱い」に関する要請であり、

そしてそんなカテゴリワード意味をなさないほどに、個人のいりくんだ感情と生育かもしれない。

何が自由意思で何が暗黙の強制なのか、

そこに明確な線引きをすることなどできない。

フェミニズムの名のもとにずかずか入り込むことは許されない。

それでも、その人になにかを強制するものがもし何かあるならば。

もしあるなら、ひとつでもなくなってほしいと願わずはいられない。

それが起きる社会についてかんがえるし、

それをさせている何か、誰かがいないかと考える。

私にとってのフェミニズムはそういう、自由と抑圧について絶えず考え悩む姿勢のことだ。

私は、私個人経験から、性にまつわることの有形無形の「自由意思以外」を感じとってきたので

理想の世界があればいいのにな、と思っている。

仕事を奪われたグリッドガールについて

私は「その女性が、自ら望んでグリッドガールとして働くこと」それ自体には一切の批判はない。

だが、同時に「グリッドガールという役割を作り出す社会のもの」には疑問を投げ掛け続けると思う。

逆にいうならば、グリッドガール自身が、自分達の美しさと若さブランド価値寄与するのだと堂堂と言ってくれるなら、

そしてそこに内面化された抑圧ではなくて彼女たちの自由意思を信じることができるなら、

多いに祝福すると思うし、私が本当に望むのはそうした社会だ。

グリッドガール弱者なのか

小人プロレスにまつわる都市伝説になぞらえ、

「それしかできないかわいそうな女性仕事を奪われた」という構図で話したがる人がいる。

まず第一にこの話が「人権団体」の働きかけによるものだとはどこにも書いてないし、

第二に、グリッドガールは「それしかできないかわいそうな子達がようやく得た仕事」ではない。

しろオーディションを経て勝ち抜いた女性たちだ。

彼女たちが美と若さを売り物にするための市場ひとつ消えてしまったのは事実だ。

グリッドガールを夢見ていた女の子がいたら気の毒だとは思うが、

小人プロレス都市伝説になぞらえて語るものでもまたないのではないか

だが同時に、グリッドガール弱者ではない強者だ!ともいえない。

「美しさを競い続け、選ばれ続けるために努力し続け、そしてその先に待つものがなにか」という問題について踏み込むとき

そこには「誇りをもって美しさから対価を得ていたのに、フェミニスト仕事を奪われたかわいそうなグリッドガール」という弱者像とは別の

「美しさを対価にお金を稼ぐことの苦しさと弱さ」は浮かんでくる。


「殴られる弱者」のパロディで楽しむ人たち

美しいグリッドガール嫉妬に歪んだフェミニストが叩きあうという構図をお望みのかたはたくさんいるようだった。

フェミニストは「男性強者から女性弱者」を守りたいと叫んでいるのに、

ほんとうはグリッドガールを抑圧する「強者なのだ!という転倒の痛快。

そこにあるのは、普段社会女性」の構図でフェミニズムが叫んできた構図のパロディである

そして、その争いは「男性」でも「社会」でもない、

フェミニストという醜いモンスターグリッドガールという美しい虐げられた弱者ならば

自分達に関係なく、そして美しく弱いものを心置きなく応援できて、

普段から気にくわなかったフェミニストたちを存分に叩けるのだ。

きっとさぞ楽しいのだろう。

から特に声明には書かれていないフェミニストは引きずり出され、

さら関係が疑わしい「人権擁護団体」(誰なのかはよくわからない。架空のそういう人たち)を叩き、小人プロレスを引き合いに出している。

そういう人たちがたくさんいる。

グリッドガールがなくなることが正しいとおもうか?

からない。

F1判断は正しいものか?

からない。

スポーツにおける「添え物の女性」には価値がないとおもうか?

簡単には結論が出せない。

けれど確信しているのは、上記のようにみにくいプロレスを望む人の声にのせられて、ファイティングポーズをとる必要はないということだ。

私は、できれば自由について話したい。

自由について、美しさや若さや性を売る自由について、その価値市場について、それが売り手にとって苦しみをもたらさないための社会について。

それがいくつもいくつも積み重ねられて、次の「modern day societal norms」の話ができることを真剣に望んでいる。

2018-02-02

日本出版業界について説明こころみる

アマゾン出版取次外し加速 印刷工場から直接調達

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26392390R30C18A1TJ2000/

ネット通販なら取次いらないし、マージンとられないし、出版社が儲かるし、ウハウハじゃんwww

ではない事情をできるだけ話を単純にして説明してみたいなー。と思った。

日本で本が書店に並ぶまでの流れ

→[出版社]が原稿を作って

→[印刷会社]が本を作って

→[取次会社]が買い取って

→全国の[書店]に配本されて消費者に売る。

まず、これが基本。出版業界は、大別して[出版]、[印刷]、[取次]、[書店]の4つの業種で成り立っている。

再販制」と「委託制」について

解説

日本出版業界は、この2つの制度採用している。

再販制;書店販売する本の価格を、出版社が決定できる契約の事。本など特定商品以外では独占禁止法に引っかかる違法行為

委託制;書店で売れ残った本は、出版社が買い戻さなければならない契約の事。

【背景】

出版は「文化的活動であるため、市場原理から保護されるべきである」という思想から

単純な市場原理に従って本を作ってしまうと「売れないけど文化的価値のある本」は儲からないので、作られなく・売られなくなってしまう。これを避けるために上記つの制度特別保護を行っている。

再販制」によって、出版社は、市場原理に基づく価格競争に対して強い抑止力を持つことができる。

委託制」によって、書店は、売れない本でもほぼノーリスクで店に置くことができる。

効果

「大して売れないだろうけどニッチニーズに答えられる可能性のある本」を作るリスクを極端に下げる事ができるので、出版文化多様性が確保できる。

「取次」について

原始的役割倉庫と配本】

出版社日本の隅々の書店まで本を届けるのは難しいため、その部分に特化した1次受け書店が「取次」。

本業務は、ある程度まとまった数量の本を出版社から買い入れて倉庫ストックしておいて、全国の書店からの注文に(ある程度)従って適宜本を配る。

ただ、これだけだと、ネット通販の普及とともに消えてしまう業種になる。

役割の変遷:銀行

委託制のため、取次は「出版社から一旦本を買い取って全国の書店に配本。その後、全国の書店からの返本を受け取り、出版社に買い取らせる」という業務を担う事になる。

このため、出版社は、とりあえず大量の本を作って取次に買い取らせれば、一時的にはまとまった資金調達する事ができる。

通常、新刊を出してから返本までには1年程度の猶予があるため、出版社は、作った本を担保にして、無利子で1年程度、お金を取次から「借入」する事ができる訳だ。

取次が出版業界における金融機関である、と言われる所以

業界内における力関係

1) 取次は、出版社に対してはお金を貸して、書店に対しては自分裁量で本を配る事ができる。

2) 取次は、大規模に展開するほど、商品多様性が増し、配本コストが下がるため、企業規模が大きくなる。一方で、出版社は高い専門性を保つ必要があり、書店地域に根差す必要があるため企業規模が小さくなる。

3) 取次は、「文化的活動を促進する企業」として錦の御旗を掲げることができる。

結果、取次は業界全体に対して圧倒的な支配力を持つことになる。

まとめ

このように日本出版業界では、出版文化多様性を確保しようとした結果、取次が非常に強い力を持ってしま構造になっている。

Amazonによる取次外しが、いかに大きな話であり、しかしそんな簡単ではない話なのかが判る。

さてここで、これまでの話に全く登場していないプレイヤーが一人いる。

出版業界における「最強の奴隷印刷会社である

(つづかない)

2018-01-22

anond:20180122134906

「~~は悪」みたいなムードを作るのは不可能じゃない?どうやっても。

情報アンテナの高い人は理解を示すかもしれないけど、そうでない人との断絶は深い。

既に親しまれている食材だし、日本人は食への執着が強いからね。

からそういう人道的アプローチじゃなくて、経済的アプローチしかないと思う。

具体的には、業界が結託して、代用魚を「うなぎ」と称して堂々と売り、

従来のうなぎ流通させなければいいんじゃない

いま「シシャモ」として流通しているのは実は本来シシャモではなくてカペリンなのだけど、

それに不満を言う人はいないでしょ?

そういう風にしていくのが良いと思うんだけど。

頭の悪い人は偽装呼ばわりして騒ぐかもしれないけど、

ならほぼ流通しない本物のうなぎ高値で買うのか、って言えばだいたい黙って適応するしかなくなるでしょう。

それくらい市場原理による消費コントロール力は高いわけだし。

必要なのは代用魚を潤沢に流通させる努力と、

裏切って変な使命感で従来のうなぎを売り続けようとする人間業界内で処罰することだけ。

大衆コントロールするよりよっぽど可能性高いと思う。

2018-01-13

公務員給与を削減すると民間給与が下がる」というデマ

よく使われる詭弁だけど、少し調べればすぐにフェイクだと分かる。

日本公務員世帯年収の対民間倍率は1.25倍と先進国中でも突出して高い。

要は公務員給与民間給与は連動してない証拠

そもそもなぜ市場原理で決まる民間給与公務員給与に連動すると考えるのか?

民間給与コントロールできないからこそ公務員給与民間給与に連動させてるわけで、それが都合悪くなると因果を逆転させる卑怯な奴ら。

公務員給与減らすと消費が減って景気が悪くなる?

ならその金を国民全員or低所得層に均等に配分すれば良いだけ。

なぜ公務員だけに消費させようとするのか。

姑息詭弁

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん