「シグ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シグとは

2018-02-04

https://anond.hatelabo.jp/20180203121621

ちなみにいうけど、遅く帰ってくる奥さんの方が

もっと食事作るのめんどくせえからな?

自分コンビニフード組み合わせての自炊オススメ

セブンローソンカット野菜も多いし

冷凍食品と組み合わせれば、

手間なしで野菜が取れる。

例えばセブン冷凍味噌ラーメン解凍するだけのやつ)に

冷凍ほうれん草付ける。

可能なら冷凍ネギあるとなおよし(ローソン100で切れててバラ解凍のものが売ってる)

その冷凍ほうれん草は、

ただ解凍してしょう油かければお浸し、

ベーコンと炒めればベーコンほうれん草炒め(ファミレスによくあるやつ。冷凍コーン足してもよし)

いりごま砂糖、しょうゆ混ぜれば胡麻和え、

100円で売ってる冷凍グラタンに乗せてチンすれば野菜シマシグタン

2018-02-01

ビジネスの急成長に追いつくことのできなかった経営管理

 

 ビットコイン以外の仮想通貨のことを一般的に「オルトコインアルトコイン)」と呼ぶ。仮想通貨取引への人気が高まるなかで、コインチェックが他の取引所運営企業よりも豊富投資選択肢提供してきたことは、当社の急成長を支える主な要因となった。

 そのなかで、同社は急拡大するビジネスリスクを的確に把握し、リスクへの対応策を実施していく組織的能力を備えることができなかった。26日未明NEM不正流出の発覚以降、同社が導入すべき技術を取り入れてこなかったことが明らかとなった。それは、経営管理の不備の発覚ともいえる。

 同社は仮想通貨秘密鍵銀行キャッシュカード暗証番号のようなもの)を、常時ネット環境接続する「ホットウォレット」で管理し、ネットと切り離された別のシステム管理する「コールドウォレット」を用いていなかった。これが最大の問題だ。また、国際的にも仮想通貨取引基本的セキュリティ技術認識・推奨されている「マルチシグマルチシグネチャー、金庫に複数のカギをかけるように、複数パスワード署名>を複数コンピューターで保管し、ハッキングなどを防ぐ技術)」も導入されていなかった。

 和田氏の会見内容からは、技術的な難しさ、他の優先すべき案件があったため、本来なされるべき対策実施されてこなかったことが確認できる。終始一貫して感じられたのは「セキュリティーの甘さが原因ではない」など、経営上の問題が何か、和田氏本人が理解できていないように見えたことだ。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/01/post_22168_2.html

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

http://biz-journal.jp/2018/01/post_22168_2.html

2つの問題があったということしか分からんコールドマルチグ未導入

2018-01-31

まりに幼稚な仮想通貨取引業界に、心底うんざりした話

今日bitFlyerという取引所でLISK(リスク)という通貨の取扱開始が発表された。

https://apptimes.net/archives/12411

この発表、問題点が二つある。


ホワイトリストは、金融庁主導で取引可能仮想通貨リスト化したもの

すでに千個以上あるクソ通貨のなかで、比較安全ものに関して、顧客保護目的に作られている。

http://www.fsa.go.jp/common/about/20170403.pdf

現時点でLSKはこのリスト登録されていない。そしてホワイトリスト登録されていない通貨を扱うことは、現時点で違法でもない。

はいえ「健全仮想通貨市場を作りましょう」という目的で設定されたリストをガン無視して上場させるのが果たして正しいだろうか?

先日のコインチェック流出問題で荒れているなか、金融庁ルールをどこ吹く風でこのような対応をすることが、市場全体の発展につながるだろうか?

控えめに言ってもビットフライヤー対応は酷い。前々からLSKの関係者と調整していたのだろうが、コインチェックの問題が起きた時点で延期するべきだった。

業界による自主規制ができないのであれば次は法的規制になる。そのことをきちんと理解しているのだろうか?

しかしたらホワイトリスト入りが既定路線なのかもしれない。それでも順番が違う。手続きとして正しいのは「ホワイトリスト入り→上場である

価格を追っている人は気づいていたと思うが、昨日からLSKが謎の上昇を始めていた。

LISK COREアップデートリブランディングが控えているとはいえ、特に材料がないなかの高騰。不思議だと思わなかったか

そして今日サプライズ発表。情報ガバガバだとしか言いようがないし、インサイダー取引(現時点で違法ではない)が濃厚である

コインチェックは確かに酷かった。

マルチシグはともかく、コールドウォレット保管していなかった点、すべて一つのウォレット管理していた点は責められるべきだろう。

だが今回のbitFlyerさらに酷い。サーバー増強もなおざりな状況で、そしてコンプライアンスが通常以上に求められている状況でこの対応業界全体の発展に対する視座がないとしか言いようがない。

個人的にLSKは応援しているし開発チームが頑張っているのも知っているが、あまり事態にくらくらしたので投稿する。

2018-01-27

コインチェック社の記者会見を見た所感

記者質問対応に非常に不快感を感じた。

コインチェック社は確かに悪い。セキュリティが甘かった可能性がある(コールドウォレットマルチシグ等)。

だが、今回の記者会見はあまりにもコインチェック社に対する攻撃が強かった。

GOXられた客がキレているのはわかる。

しかし、記者がコインチェック社を責められる理由はない。記者事実のみを聞き出し、平等報道すべきである

無駄に、「セキュリティが甘かった」と言わせようとしたり、頭を下げる場面で多くシャッターを切ったりしている記者が多く非常に気分が悪かった。

決して記者が高位な存在でないことを認識していただきたい。

(的確な質問をされている一部の記者もおられましたが)

もう今の日本にはフェアな報道を行える機関はないのだろうか?

2018-01-10

[]2018/01/09

エレカシの髪ボサボーカルが、

仮想通貨で楽にもうけたいか?そうでなければ地道に努力する必要があるぞ」

と言ってきた

地道にやりたいと伝えると、じゃあついてこいと言って、池の水全部抜くで水抜いたどっかの池の底を歩いて何か探し始めた

ほらあったぞと言われた場所を見ると、ヘドロの中に2,3mのクサリが埋まってた

おお確かに!これを腕にまいて、投げて遠距離攻撃できるね!

と思って右腕にぐるぐる巻いた

起きた今考えるとヴィンランドサガのシグやんのクサリのイメージと同じだわ

仮想通貨うんぬんは寝る直前に仮想通貨関連のうらやましい自慢話を見ちゃったからだと思う

2017-10-29

誰か、ちゃんとした小説について教えてくれないか

俺は小説ほとんど読まない人なんだが、anond:20171029000811で語られているようなちゃんとした小説とは具体的にどういう作品のことを指しているのか教えてくれないだろうか

この間ノーベル賞とったイシグロさんとか、よく本屋平積みされて実写もヒットしてる池井戸潤湊かなえ作品がそれに当たるということでいいのかな?

で、それらがエロゲ漫画アニメとくらべてどの辺が優れてるのかもさらっとでいいか解説してくれるとうれしい

2017-10-28

自分のプロジェクトを持つ

自宅では、自分プロジェクトを持って、コーディング練習をすれば良いと思います

jQueryの作者、ジョン・レシグ氏は、自宅で毎日30分コーディングをしていたそうです。

自分プロジェクトを通じてスキルアップした成果は、仕事にも還元できるでしょう。

 

最小限の活きたコード

自分コードを書くのに少なくとも1日に30分は費やすように課した。 (意味のあるコードを短い時間で書くのは難しい、とくに前の日どこまでやったかを思い出さなきゃいけなかったときはね) 平日はなんとかクリアできたって日もあった(1時間がせいぜい)けど、週末は時々丸一日コードをかけることもあった。

 

詳細は以下の本でも紹介されています。(p.252)

ぷよクエでコツコツためてた石がようやく500溜まったので早速我慢しきれずに回したけど、無課金なのに石が溶けていく様は心に来る。。

幸い確定の1010回目までには出たから良かったけど。

それまで一番新しいキャラ剣士シグだったのもあってか、一気に数世代レベルが上ってしまった感じで、今まで諦めてたとことんの塔も楽にすすめそう。

2017-10-11

https://twitter.com/sunaipu_p/status/917597122475712512

「ここにプログラマーはいるか」

ABC「いません。」

「では質問だ。//5+3の答えは?」

A「8です」

B「8です」

C「早く質問してください」

「いたぞ!連れて行け」

#プログラマー狩り

#プログラマ狩り



コメントは読むためにあるんだから読めるだろ

何か、俺たちはコンパイラなのか?

今ふと

「俺たちはコンパイラじゃねえ!」と言いたがる嵐山歩鳥が浮かんだので

それでもHDDはまわっているを書いてもらおうぜ、イシグロマカズ

2017-10-08

anond:20171008140856

全然乗ってくれないからイシグロにいってほしかたことを地の文ポエムするスタイル好き

これもうインタビューじゃねえよな

記者ライムじゃん

シグロ氏の発言が出るたびにサヨクの元気がなくなっていく

最低でも「日本への帰属意識なんかない」とか「俺の賞にジャップは一切関係ねーよ」ぐらい言って欲しかったし

もう少し欲張るなら現代日本について批判侮蔑的コメントを述べて欲しかったのに

一切そんなのいってくれないどころか誘導しても徹底スルーされる

それどころか日本の思い出、日本への親しみや日本人作家との交流の話ばっかりされる

https://mainichi.jp/articles/20171006/k00/00m/040/132000c


サヨクメディアサヨクブクマカ

当初は「お前等は関係ない!ジャップども!」と鼻息荒かったのに

最近ではイシグロ氏のニュースに寄ってこなくなってしまった


しかしここからわかるサヨクメディアサヨクブクマカ信条本質って

リベラルでも左翼思想でもなく

日本への敵意・執着とか日本人への差別意識のみだよね

本質反日

誰よりも国家主義

2017-10-07

村上春樹ノーベル文学賞を受賞すると思う理由

自分はこれまで村上春樹ノーベル文学賞受賞はないものだろうと考えていた。

なぜなら村上春樹の源流にある英文学作家ほとんどはノーベル文学賞を獲ってないからだ。

J・D・サリンジャーカート・ヴォネガットジョン・アーヴィングリチャード・ブローティガンレイモンド・カーヴァーレイモンド・チャンドラーも獲っていない賞を何故村上春樹が獲れるのか?という話だ。

上記に示したような20世紀後半世代英文学作家ノーベル賞を獲りにくい傾向にある。

おそらくこれはニューレフト以降の人文世界では「脱欧米中心主義」の考えが支配的であり、

文学世界でも例外ではなく、マイノリティポストコロニアル(被植民地)的視点、非欧米的な価値観評価されやすいからだろう。

例えば同じ20世紀文学の新潮流でも、リョサマルケスのようなラテンアメリカ文学作家は獲っているが同世代英米ビートジェネレーション作家(ジャック・ケルアックアレン・ギンズバーグリチャード・ブローティガン等)やポストモダン作家(トマス・ピンチョンドン・デリーロフィリップ・ロス等)は誰一人受賞していない。

まり欧米的な村上は、日本人作家でありながら上記のような英文学系譜として評価されており

それ故に世界中で読まれ、それ故にノーベル賞の受賞は難しいだろうと思っていた。

だが去年のボブ・ディランの受賞で大きく流れが変わった

ボブ・ディランの受賞理由歌手としてではなくビートジェネレーション代表した文学としての評価

まるでこれまで無視してきた英文学作家特定世代をあわてて補填するかのような受賞である

僕はこのボブディランの受賞で数年以内に村上春樹が獲るのではと予想した。

もしボブ・ディランジャック・ケルアックアレン・ギンズバーグリチャード・ブローティガンといった受賞しなかったビートニク作家補填するものだとしたら

サリンジャーヴォネガットといった受賞しなかった英文学作家達を補填するのに一番ちょうどいい作家村上春樹からだ(もしくはジョン・アーヴィング?)

そして今年のカズオ・イシグロの受賞である

これは結構驚いた。イシグロが受賞するにしてもまずは村上春樹が先に受賞するだろうと思っていたからだ。

この受賞で同じ日本(日系)人の受賞で不利になるのではいう声は多い。

自分はむしろこれで村上春樹の受賞が近くなったのではと思う。

カズオ・イシグロ村上春樹共通点は多い。

英文学系譜であり、良く言えば世界的な人気作家だが、悪く言えばマスであり通俗的作家である

これらの共通点はこれまでの村上春樹が受賞しないと思われていた理由であった。

しかし今回のカズオ・イシグロの受賞はそれが全て覆った。

密室での選考であるためあくまで推測にすぎない。

なぜ村上ではなくイシグロなのかもわからない。

個人的な推測だと村上の過剰な性描写がセクシズムを理由に外された?)

はいえ無根拠に騒いでいたこれまでよりかは村上春樹が受賞に近くなったといえるだろう。

カズオ・イシグロが受賞する文学賞選考過程村上春樹名前が上がらないはずがない。

このボブディランからカズオ・イシグロという流れは驚いた人も多いと思う。

ノーベル文学賞を含めた学術的な場での世界文学評価が大きなパラダイムシフトを迎えてるのは間違いない。

そしてこの傾向は村上春樹の受賞に極めて有利な状況だろう。

というか長々と話したが簡単なことだ。

J・D・サリンジャーカート・ヴォネガットジョン・アーヴィングリチャード・ブローティガンレイモンド・カーヴァーレイモンド・チャンドラーも獲っていない賞を村上春樹が獲ることはありえないが

ボブ・ディランカズオ・イシグロが受賞した賞なら村上春樹が受賞する可能性は十分にありえるということだ。

追記

https://anond.hatelabo.jp/20171006224419

上記を受けての記事です。

カズオ・イシグロ

が出てた『文学白熱教室』と『カズオシグロをさがして』が早速誰かの手によってYouTubeにアップされてて、ノーベル文学賞の影響力を知る。

2017-10-06

カズオシグロを祝福できない奴は偽善者

両親ともに日本人の純国産日本人だぜ?

国籍を捨てたとしても日本人日本人を祝うことに疑問の余地なんてない。

逆に桐生でなく、サニブラウンケンブリッジ飛鳥が9秒台出して、「日本人初の9秒台!」なんて素直に喜べるか?

もしいや自分は分け隔てなく喜べますよなんて言ってる奴は偽善者だと思う

2017-10-05

カズオシグロの「わたしを離さないで」のネタバレをされた

NHKのおかげだ

と言っても今日NHKのを見てネタバレされたのではない

わたしを離さないで」は10年くらい前に原書で読んだのだが、何が面白いのかさっぱりわからず、「日の名残り」(これも原書で読んだ)と比べて随分と質が落ちたなと感じていた

ところが世間での評価があまりに高いので、何か大事なことを読み落としたのかと不安になってもう一度読み直したが、相変わらずつまらない作品だった

ひとくちにつまらない作品といっても大雑把すぎてなんの説明にもなっていないが、「わたしを離さないで」に関しては文章世界設定もストーリー展開も褒められる要素が何もなく、とにかくつまらないとしか形容できなかった

その後何年か経って日本図書館翻訳を見つけたので、原書で読んだとき文化的な背景に関することなど何か重大な読み落としがあったとしても翻訳ならその心配もないだろうと思い読んでみたのだが、逆に原書を読んだ段階でなんの読み落としもなかったことがはっきりしただけだった

ところが今日NHKニュースとそれに対するネットでの反応を見て、何年もの間「わたしを離さないで」をつまらないと感じていた原因がわかった気がしたのである

NHKネタバレした部分は、わたしが当時「わたしを離さないで」を読んだとき読者が読む前から知っていて当然のストーリー・プレミスだと思い込んでいた部分だったのである

まり、当時そうと知らずにネタバレを食らっていて、それに気づかないまま初読の読書体験を作ってしまった

ストーリー後半で主人公がある真実を知るとき本来なら読者も同時にその真実を知るのだが、わたし読書体験ではその真実作品を手に取る段階で当たり前にわかっていたものなので、ある事実を観客は知っているが登場人物は知らないことを利用する劇的アイロニーテクニックが用いられているのだと思ってしまった

ところが実際は劇的アイロニーを使った作品ではなく、真相を知ることで世界の見え方が変わるタイプ作品だったのである

この、「そうとは知らずにネタバレを食らっていて、何度読んでも面白さが分から自分おかしいのではないかと煩悶してしまう」という経験は他にもしていて、最後にゾッとするどんでん返しがあると聞いたロス・マクドナルドの「さむけ」を原書で3回読んだか何がどんでん返しになっているのか分からず、もしかしたらどんでん返しがあると知って読んだらいけないタイプ作品かとも思ったのだが、読んだ人に意見を聞いてみるどうやら読む前から知っていたある情報が重大なネタバレだったと発覚した

その情報を頭に入れたまま全ての文章解釈して読み進んだので、いまさら知らない状態でどんな読みが可能になるのかなど想像もつかないし、面白さのポイントが分からず何度も読むということをしてしま記憶にしっかり定着しているので、忘れた頃に読み返すという手も使えない

からといってネタバレをすることは悪だなどというつもりはないが、ネタバレをするときには「いまからネタバレをするぞ」とひとことくらいは言って欲しい

anond:20171005212936

シグロの場合英語で書いてるからかなり有利になってるんだけどね。

出生だけの話だけではないと思うけど。

ハルキ受賞はないと思ってたけど

カズオシグロ受賞はもっとないわ

フェイクニュースかと思った

毎年レベル落ちてるノーベル文学賞だけど、ここまで落ちたか

2017-09-22

留学から帰りたくない

帰りたくないよ〜!!!

ニュージーランド天国だもん

せっかくなのでいいところをあげていく

ひとつ自由

授業中スマホ触ってても音楽聴いてもOK飲食OK みんな自由に喋ってる 私はよくりんごを丸かじりしてる それでも無秩序って訳じゃない 静かにする時はちゃんとする

ちなみに染髪ピアスタトゥー化粧オールオッケー スカートの長さも自由(宗教上の理由もあるため)スカートズボンマオリ(ニュージーランド先住民)の衣装が選べる 友達イスラム教徒女の子はお洒落ジャケット着て、ロングスカートヒジャブ巻いてばっちり決まったメイクして鼻にピアス開けてるんだけど たまんない

ふたつめ ご飯が美味しい

普通に美味しい 特にラムチョップが最高 日本食寿司しか無いのとその寿司寿司とは呼べないシロモノ(カルフォルニアロール、握りはサーモンオンリー照り焼きチキン酢飯の上に乗っかってるだけとか)だということ以外はいい でも太るね

乳製品うまい

みっつめ 授業が撰べる

時間割必須科目(英数理)と好きな科目3つの計6科目を1日5時間でローテーションする この好きな教科っていうのがムチャクチャある 農業園芸演劇、木工、服飾、工業、保育、体育、歴史美術ダンス料理もっといっぱいある 書ききれない しかも全部個別教室があり、授業内容はハイレベル(普通公立高校なのに) 私は体育の授業でボルダリングをやってる めちゃくちゃ楽しい

よっつめ 人種差別が無い

会ったことない 以上

いつつめ 美人が多い!!!(男女共に)

多い。白人黒人アジア人ヒスパニック系に中東マオリ族多種多様な生徒達 みんなスタイル良くて大人っぽい そしておっぱいが大きい…羨ましい

むっつめ すぐ帰れる

授業が終わるのは3時 皆終わったらダッシュで帰る 放課後残るとかない 教室ちょっと喋ってるだけで帰らないの?と聞かれる クラブもない(あるけど練習せずに試合だけとか) 先生もすぐ帰る 学校の近くに寄れるところがないので健全帰宅する

ななつめ 人間関係に疲れない学校構造

ホームルーム教室がない 毎時間が全員異なった移動教室の為一緒に行動する人とかいない さっきも書いたが好きな授業を選択する為必然的趣味が合う生徒とよく顔を合わせることになる スクールカーストを作ることが出来ないつくり ロッカーもないしカツアゲもない ケンカはたまにある

やっつめ フレンドリー

みんなやたらフレンドリー スーパーレジ店員とか普通にしかけてくる(どこの国から来たのー、ニュージーランドはどう?とか) 学校でひとりでいても何かと話しかけてくれる 不良っぽい人もなかよくしてくれる(会うたびにハイタッチしたりハンドサイン?ピシガシグッグッみたいなのをしてくれたり) 困り顔でうろつくだけでどうかしたのかと声をかけてくれる

ここのつめ ゆったり

ざっっくり言うと北海道四国を取った日本に五百万人が散らばっているようなものなのでスカスカ ゆえに全てが広くゆとりがある いいことだ 映画館座席も広かったぞ 体型もあんまり気にしないね

とお 緑が多い

今のところ見たことのある家は全部庭付きだ ていうか建物がないから緑が多い 見渡す限りwindowsの画面みたいなのが続いたりもする 景観が綺麗だし自然を大切にする国民性 あと柵が大体木

とりあえずこんなもん?

2017-09-11

なんで嫌うの?

なんでもすぐに嫌う人のことが理解できない。

虫やアニメゲームなどよく知りもせずに嫌う人が多く感じる。

特にゴキブリなんかそうだ、よく知りもせずにキモイだの

ゴキブリが家に出たくらいでギャーギャー騒ぐしバカな奴らは警察にでんわをしたりもする。

ゴキブリは汚くてキモイもの” という固定観念だけで決めつける

そして虫が好きな人達をばかにする

子供のころは虫が好きだったが大きくなるにつれて嫌いになっていく人が多くいることにとてもさみしく感じる

虫、特にゴキブリは調べればとてもすごい能力を持っていて興味深いものなのに

自分には蜘蛛が大嫌いな姉がいる

家に蜘蛛が出ると大騒ぎして退治してと言ってくる

タカシグモならまだいいとしよう

だけどほんの小さなハエ取りグモですら怖がっている

そして自分はなんでそんなに怖がっているのかわからいから気にせずほうっておくと

姉は自分に対してものすごく怒ってくる

何でそんなに嫌がっているか聞いてもキモイからというあいまい理由だけだ

日本では技術の発達によりアニメがすごく人気になっている

けどそれは今では”オタク”と分類される

そしてオタクというだけで気持ち悪がる人がいる

オタクは何もアニメ漫画好きな人という意味ではない

例えばスニーカーや車も人が”オタク”になれる趣味だろう

本当に何も知りもしないで嫌うという人が多くいすぎると思う

知らないままで特に理由もなくあーだこーだ言って子供かよ

知れば何か変わるかもしれないのに

知ったうえで理由があって嫌うなら文句のいいようはない

なんで知ろうとしないんだろうなあ

なんでそんな簡単に嫌いだと言って思考停止できるんだろう

2016-11-06

2016年アニメキャパティ格差がある

なんたらクライシス!だとか言ってアニメ業界崩壊を叫ぶ声がよく聞こえる中、毎週毎週ものすごいクオリティ映像で放映されている作品もいくつかある。

こんなに作品数が多くて業界全体が悲鳴を上げている状態なのにだ。

自分の見ている限りでは、少なくとも4つのアニメが明らかにクオリティがTVシリーズのそれではない。

響け!ユーフォニアム」「ユーリon ICE」「フリップフラッパーズ」「オカルティック・ナイン」の4つ。

次点で「三月のライオン」「ドリフターズ」……この2つはちゃんと見れてないので保留。

まずユーフォだが、これは社内スタッフでほぼ作り上げられる京アニという会社システムが優秀なのだろう、とそこまで考えなくとも納得できる。それにしてもクオリティおかしい。

次にユーリ、毎回毎回スケートシーンを作画でやっているのがもうおかしい。MAPPAだし、優秀なアニメーターがいるってのもわかるが、かなり無茶してるのは間違いない。とはいクオリティが保てているのは現場にきちんと熱が伝わっているかなのだろう。モチベーション大事だが、無理しすぎちゃうかな、と思う。

フリフラ。昔からある所謂作画アニメ」の趣がある。この作品企画からして商業的な目論見よりクリエイター志向が強そうである。こういう作品だとスタッフの伝手で優秀な人材が集まるし、プロデューサークリエイターに好き勝手やらせるためにいろいろと采配をとってくれるのだろう。実際に9月の先行上映では4話まで上映したというのだからスケジュールに余裕があるのは間違いないだろう。

よくわからんのはオカルティック・ナインである。このアニメ映像クオリティがやたらに高いのでびっくりしている。なぜここまで力が入っているのか。というか社内に専属スタッフを持たないA-1が今こんなに作画のいいアニメを作っているのが不思議だ(クオリディア・コード記憶に新しい…)。プロデューサーが優秀なんだろうか。イシグ監督がいろいろ連れてきてくれているのだろうか。どちらにせよ、A-1作品関係者をふんだんに集めて大盤振る舞い、みたいな感じがある。

万策尽きてるアニメがある一方でこういうTVシリーズのレベルを超えたクオリティのものもある。

というかここ数年でちょっとインフレしてきてる感じで、求められるハードルが上がりすぎている感がある。

2016-04-24

自由時間コードを書く時間

彼女同棲を始めてから、家に帰ると一緒に御飯を食べる時間を取るようになった。

朝もそれまでより少し早く起きて一緒に御飯を食べる。

休みの日は、向こうも友達と遊びに行ったりとか予定があることが結構あるので、その時は自分自由時間を使えた。

でもやっぱり月に何日かは2人で遊びに行く日がある。

結婚が決まってから、平日の夜は、式の準備や入籍の準備やてんやわんや自分時間なんか全然取れない。

しろ疲れで仕事でもミスする始末。

休日も式の打ち合わせだったりなんやかんやでだいたい過ぎていく。

結婚式が終わって、少し落ち着く。

子供ができると、かみさんつわりで体調が悪い日がしばらく続く。

心配なので家事をできるだけ代わってあげることになる。

週末も割と家事に追われてる。たまに検診があるので連れてったり。

子供が生まれて、かみさんは1ヶ月ほど実家で過ごした。

その間は平日は自由といえば自由しかし久々の独身生活(?)浮かれて、日々はダラダラ過ぎてった。

週末は毎週かみさん実家に顔出して赤ちゃんの世話をしたりなんやら。

かみさん赤ん坊が家に帰ってきて、生活は激変した。

夜は何回も起きてミルクあげたりおむつ替えたり、抱っこして廊下をひたすらループしたり。

自分時間が無いどころか、以前のような満足な睡眠はまずもって取れない。

休日はとうぜん体を休めることが多い。出掛けることもあるが、そうすると大抵その後にどっちかが風邪をひく。もう休日に出掛けてノーダメージで入れるコンディションは維持できない。

一人暮らしときは、あたりまえに深夜まで残業してたし、早く帰るときも家や喫茶店勉強したりコード書いたりしてた。

休日徹夜コード書いて、寝落ちして夕方目覚めるなんてことがよくあった。

今は、まともにコードを書く時間が取れない。書き始めたコードを次に開いたとき、それはもう自分の中での旬を過ぎていて要らないものになっていたり、すでにモチベーションが別のところにいっていたり。わずかな時間で書くコードが形になることは滅多になくなった。

まあ子供も小さいし、今はしょうがないか。

と思っていたらいつの間にか2人目が生まれた。

もはやコードを書き始めようとすると、開発環境やらツールやら調べてるうちに調べ終わらずに、時間が過ぎていく。

こうやって、一線から退いていくのかと思うと悲しい。

会社での役割マネージャ的なものに本格的にシフトしていかなければいけないのだろうか。

「昔は徹夜コード書いてたなー」

「〜ってプロダクトが昔はデファクトであってだな、おれも結構PR送ったりしてたんだよね」

とか、後輩に語ったりするんだろうか。

コードを書くことは、おれにとって趣味であり、仕事であり、キャリアアップ手段であった。

世の既婚男性でも、定期的にコードを書く時間を日々の中に捻出している人はいる。

JQueryで有名なジョン・レシグ氏も、家庭を大切にしつつ毎日コードを書く時間を確保しているらしい。

自分も頑張ればそういうことができるのかもしれない。

でもできなかった。

家でコードを書いていると、子供ハイハイしてきて脚に登ってくる。そうするともう続けられない。子供相手をすることになる(もちろん子供と遊ぶのは楽しいのだが)。

カフェを使ってはみたが、毎日行くと結構金がかかる。なにより平日は一旦早めに帰宅して、子供の世話をしなければいけない。

早起きするという手がある。でも駄目だった。おれは朝が弱い。

なぜか分からないが、この「集中してコードを書く時間が捻出できない現状とそこに甘んじる自分の弱さ」に今日耐えられなくなって、かみさんにあたってしまった。

反省して、すぐに仲直りしたが風呂で色々考えて、それからかみさんとまた話し合った。

一週間の半分を子どもと一緒に実家に返ってもらうことを承諾してもらった。

これでいいのか、よく分からない。

まだ小さい子供達は、パンパ(うちではそう呼ばれている)と遊ぶのを毎日楽しみしてくれているし、

子供のほうから寄ってきてくれるのは今だけだと周りはみんな言う。

日々をともに過ごす時間が減れば、子供との仲も疎遠になっていってしまうのかもしれない。

南米世界一貧しい大統領は、大切な人と過ごす時間ふいにしてローンの返済のために人生を浪費するなと言っていた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん