「天変地異」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 天変地異とは

2022-09-22

なーにが令和ちゃんだよ。甘やかしてるからこうなるんだ。天変地異と疫病蔓延あったんだからさっさと改元しろ

2022-09-09

これからどうやってパヨはアベを叩くんだろうか

何か天変地異が起きたらアベの祟りだ!とか言っちゃうの?

凶事が続く「令和」って改元したほうがいいんじゃない

令和2年には新型コロナウイルス感染症パンデミックがあったし、令和4年2月にはウクライナ戦争勃発。世界物流への打撃から物価高。はてなユーザーの老人率の異常な高さが判明。。。

かつては、疫病、兵乱、天変地異といった凶事があれば、譲位以外の理由で頻繁に改元されていたわけど、たとえば平安時代の378年間には、「大同」(西暦806年から「元暦」(1184年)まで87回も改元されている。

  

ここは心機一転元号を「果奈」にしたらどうだろうか。果てしない奈落

2022-09-08

凶事が続く「令和」って改元したほうがいいんじゃない

令和2年には新型コロナウイルス感染症パンデミックがあったし、令和4年2月にはウクライナ戦争勃発。世界物流への打撃から物価高。はてなユーザーの老人率の異常な高さが判明。。。

かつては、疫病、兵乱、天変地異といった凶事があれば、譲位以外の理由で頻繁に改元されていたわけど、たとえば平安時代の378年間には、「大同」(西暦806年から「元暦」(1184年)まで87回も改元されている。

  

ここは心機一転元号を「果奈」にしたらどうだろうか。果てしない奈落

2022-08-26

歴史に学ばない奴は20年後も30年後も当たり前にあると思っている

江戸時代だって数百年しか続かなかったし、今は鎖国してた頃と違ってグローバル戦争吹っ掛けられる状態で100年くらいたってる

日本20年後も30年後も当たり前に存在して成長し続ける前提で投資をすれば絶対儲かるみたいな吹聴をするのは保険ビジネス並みに胡散臭いものと思っておく必要がある

一度でも天変地異が起きれば何もかも吹っ飛ぶ

特に日本地震火山中国ロシアもある

また証券会社が存続してる保証もない

2022-07-24

anond:20220724154444

大きい事件でも天変地異でも予言できたら箔が付くから

ときどき「地球に何か起きるか」とか「日本で何か動くか」みたいな大まかなところから占って

何かあればより詳細を占うくらいのことをして予言してみればいいのに。

ま、ほんとに「当たる」んならね

2022-06-25

薄いけど長時間かかって読んだ本。

『小さな里山をつくる チョウたちの庭』(今森光彦



概要

 写真家今森光彦氏が、段々畑のある里山土地を買ってアトリエを作り、雑木林などを大改造。様々な種類の樹木を植え、溜め池を堀り直し、花々の咲き乱れる庭を作った。大好きな蝶を沢山呼ぶためである。足掛け30年でつくり上げられた「チョウの庭」には75種類もの蝶が来るようになった。

 写真が多くルビも適宜振られている、分類としては児童書なのだが、大人が読んでも面白い本

増田感想

 私は庭いじりはあまり本腰入れてする方ではないが、必要に駆られてちょっとはするので、草木の手入れについて知っている事もあるけど、それでもこの本を読んで「へー初めて知った!」という事があった。草刈り必要性についてだ。

 年に数度の下草刈り必要という事までは知っていた。だが草を刈る事で特定の丈の高い草に土地を独占される事を防ぐ効果があり、それによって植物の種類が多様になり、するとその植物達を利用する昆虫達の種類もまた増える事になるというのは、私は知らなかった。つまり里山生物多様性は人の手によってつくられるのだ。

 昔、映画もののけ姫』の監督インタビューを『アニメージュ』か『もののけ姫を読み解く』で読んだ。そのインタビュー宮崎駿監督が、世の人々が「自然」だと思っている里山風景は人工的につくられたものだと言っていたと記憶している。

 人の手によってつくられた「自然」とは何か……その具体的な有様をこの『小さな里山をつくる』によって見せられた。人の手の入った里山の「自然」はありのまま自然よりも豊かなのだ。それは人間にとって有用という意味だけではなく、植物昆虫小動物など生物にとっても住みやす環境なのだ

 蝶は、それぞれごく限られた種の植物依存して生き、しかもその美しく奇妙な姿と優雅で愛らしい羽ばたきからよく人の目にとまる。そのため、ある土地暮らしたり立ち寄ったりする蝶の種類の数というのは、その土地生物多様性指標としてはもってこいなのかなと思った。

 30年もかけて土地に多様な種類の樹木や草花を植えてつくられた蝶の楽園楽園の維持には草刈りや木の間伐、野焼きなど、農業園芸を知らない人ならそんなにやって大丈夫なの? と心配になってしまうようなダイナミックな手入れが必要なのだ

 自然のまま草木の生えるままにしておけば強い草木けが生え、それに依存する少数の昆虫しかいなくなる。そしてやがてそこに生えていた木々老い共倒れにより滅びて、ただの荒れ果てた草原に戻る。

 人間による手入れは自然の中ではたまにしか起きない天変地異再現であり、しか計画のもとに行われる。本来だったら競り負けてしま草木を残し、土地養分日照権を独占する草木を打ち倒したり、勢力を抑えたりする。

 環境保護というトピックにおいてはつい人間存在不要の物として私は考えてしまいがちだったのだけれど、人間自然のよき管理者にもなれる可能性も持っているのだと知った。本書のメインの蝶の話から脱線しているけれど、私は本書を読みながらそんな事に思いを馳せた。

 裏を返せば、自然の中に住む様々な生物……こと植物……生態系ベースとなるので彼らの生き様というのは重要だ……にとっては、多様性共存共栄というものはあまり重要な事ではないのかもしれない。常に競い合い頂点を目指す、自分繁栄けが願いなのかもしれない。人の夢見る生物多様性というのは、不自然な事でしかないエゴなのだろうか。

 まあそんな面倒臭い思索は置いといて、庭がクリエイトされていく過程は読んでいてわくわくするし、里山風景草木や蝶をはじめとする昆虫写真は素敵だし、全75種類もの蝶がずらりと並んだページは壮観で興味深い。お、『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶさん柄の蝶まで。アサギマダラという珍しく美しい蝶だ。

 それと、本書に度々登場するジャノメチョウ。私はこいつに嫌な思い出がある。だからまり出会いたくないのだが、本書で久しぶりに目にしてふと気づいた。昔はよく家の網戸に停まっていたのに、最近全然見かけない。本書によればジャノメチョウはススキ依存して生きる蝶であるらしいので、最近とんと見かけないのもむべなるかな。ススキの生えた場所なんて、市街地には全然ないもんなあ。

 読むのにだいぶ時間をかけたけれど、時間ほとんどは写真をじっくり眺める事に使った。

2022-06-22

うきうき

年間3000km位しか車に乗らないんだけど、車にいろいろ積んでる。

もしかして温泉いきたくなるかもしれないので、タオルセット。

もしかして出先の景色が気にいって宿泊することになった時のためにシャツ下着セット。

もしかして地震とか天変地異が起きたら、のためにUSBソーラーパネル

もしかして出先でうんこしたくなったけど紙がなかったらに備えてトイレットペーパー

使う出番はないかもしれないけど、なんかテンション上がる。

普段バイクばっか乗ってるけどね。

選挙政策関係ない

旧・民主党マニフェストとか言い出したあたりでおかしくなったんだと思う。

実際のところ与党野党公約を守る気なんかないし

個人政治家応援するにしても党議拘束自由なんかない。

それに何か天変地異があれば政治方針なんてコロっと変わる。

東日本大震災しかり、ロシアウクライナ侵攻しかり。

から政策を見て投票しよう」というのは本当にバカバカしい。

重要なのは政権交代すること」だ。

政権交代」そのもの目的なのだ

勢力拮抗する二つの政党を競い合わせて腐敗を防ぎ、

と同時に互いを牽制させて性急な変革が起こらないようにする。

それだけが目的であって、個別具体的な政策なんて見なくていい。

「事前調査だとA党が勝ちすぎるからB党に投票しよう」とか

「さすがに3期連続A党は長すぎるから次はB党に入れよう」とかでいいのだ。

2022-06-20

Li-ion電池の値段が下がることに文句を言ってた増田追記です

anond:20220620011640

(6/21 1:15 追記

なんか元増田とかこの増田で「リン酸鉄系電池のせいでリンが枯渇する・枯渇が近づく」って言う内容を読み取ってる人がいるみたいだけど、そんなこと書いてないよ。元増田では追記で「枯渇が見えてる資源を使ってたら価格が下がっていくとは考えづらい」って書いたし、ここでは「問題消費量じゃない」って書いてるよ。書いてないことを読み取られても反論のしようがないからね。

追記終わり)

書き方が悪くてEVアンチだと思われている節があるんですが(ただこれは完全に私が悪いです。すみません)、あくまで現状の電池技術ではコモディティ化は難しいだろうということを資源という面から書いたつもりでした。いい加減なことを書いているとまで言われてしまったのは心外だったけどね。

以下は気になったブコメへのコメントです。

korilog 埋蔵量はその時点で経済的メリットの出る採掘量なので、採掘技術進歩価格の高騰で増える。自分子供の頃にはお前らが大人になる頃には石油が尽きるからなって言われてたけど、寧ろ尽きるまでの年数が伸びてる

そうだね。でも価格が上がってしまうとますますコモディティ化からは遠ざかるよね。

muchonov 電池技術開発の弾込めは日本含め世界中で高密度化とレアメタルフリー(=廉価化)を目指して突き進んでるので自分は楽観的。次世代Li系は概ねコバルトフリーだし、本命はほぼ無尽蔵のNa・K系。リンは→https://bit.ly/3b1rPGk

そうだね。でもね、リチウムイオン電池って30年前には実用化されてた(1991年ソニー)んですが、EVとして普及し始めたのはこの10年ほど。あくまタイムスケールを感じてもらうためにこの例を出したので、そのまま当てはめることはできないけど新しい電池を車用に実用化するとなったらそれなりに時間がかかるのは覚悟しておくべきだろうね。多分今のEVブームが盛り上がっている間(今のインフレ退治の後の景気後退が来るまで)には間に合わないだろうな。でも、多分EV一般的に普及させるのは全固体電池なり金属空気電池だろうなとも思うから投資は惜しまないでほしいなとも思うね。

リン酸鉄系について色々ブコメ増田があったんだけど anond:20220620101253   に答えるのが手っ取り早そうだから答えるね。

あのさあ、LFP電池が使うリンの量なんて、農業利用される莫大なリン量に比べたらタカが知れてるというか、はっきり言って誤差のレベルでしょ

そうだね。でもね、問題消費量じゃないんだ。リン酸塩の値段は今後も続くリン採掘によって上がっていく。「肥料じゃなくて電池にするから安くしてくれ」なんてできないんだよ。現にウクライナ侵攻後にFertilizer prices indexの値段は2倍になってるからこの影響は半年もしたら出始めると思うな。あとね、個人的心配してるのがこのあと天変地異なりでリンの値段がさらに急騰した場合安全保障名目中国政府梯子を外してくるんじゃないかということ(四川大地震の時に似たようなことが一回あったみたい)。リンレアメタルよりも大事な、人間にとって生きていくのに絶対必要元素なのでそれを電池に使い続けるのは政治的にも難しいと思うな。

そもそもLFP電池自体がNMC系のLiBに比べて長寿なうえに、最後までバッテリセル内に滞留してて100%リサイクルできるから

これは違うよ。調べてもらったらわかるけど二次電池の正極活物質リサイクルって実は難しくて、今やってる電池リサイクルって実は負極に使う銅箔など肝心の正極以外のものが多いんだ(実は三元系でもまだそんなにできてないんだ)。リサイクルビジネスになるかどうかを無視したとしてもリン酸鉄のリサイクルなんて今出回り始めたEVリサイクルをするわけだから10年後に軌道に乗るビジネスだよね。もうすでにリン鉱石の値段が上がり始めている現状で10年後のリサイクルの話をされても、、、って思うね。それこそ次世代電池が普及し始めてるかもしれなくない?

元増田みたいな主張に対して「EVオワタ論者が寄ってきてセンセーショナルになりがちな風潮はマジで吐き気がする」って思う人はむしろ増えると思うよ

これはその通りで、書き方がよろしくなかったと思っていますすみません。あと書き方が悪かったのは承知の上で言ってるけど自分EVアンチでもテスラアンチでもCATLアンチでもないです。CATLは本当に世界一電池メーカーだと思ってるしめちゃくちゃ期待してます

以下はその下の部分に対してのコメントです。




市場原理の話はまあ定性的理解できるんだけど、さっきのタイムスケールの例からもわかると思うけど電池進歩って半導体みたいに速くないんよ。レアメタル使わないのは結構なんだけど、それが使えなかったとしてもみんなEVなり蓄電池が欲しかったらレアメタルを使ってる電池を使わざるを得ない(後、電池の新技術って声高に宣伝される割に実際実用に耐えるのが出てくるのってそんなに多くないんだよね)。個人的なところを言うと新自由主義的な市場原理技術革新を説明するのは開発者ちゃんと儲かる仕組みを作ってからにしてほしいとおもうね。




自動車の電動化についてはおそらく業界の人はみんな避けられないと思ってるよ。でもね、100年ほどの自動車歴史を振り返ったらわかるんだけど先進技術がほぼ100%で不可逆的に普及するタイミングってほんとわかんないんだよね。100年前のアメリカの例で考えてみよう。

1900年代ー1920年代アメリカって蒸気、ガソリン電気自動車が鼎立していて、蒸気はPWRの面で、電気は航続距離の面で難があった。だから当時の人もこれからの主流はガソリンになるんだろうなって思ってて、実際ガソリン自動車会社創業ブームになって1900年代はアメリカ全土でおよそ300もの自動車会社存在したんだ。ガソリン車っていうのは既存自動車に比べて

という利点があった。だからたくさん参入してきたんだ。でもね、結局ガソリンエンジン車の普及とBig threeの隆盛が決定的になったのは自動車技術問題じゃなくて、世界恐慌とその頃にテキサスで大油田発見されてガソリンが安くなったからなんだ。その頃にはもうアメリカ全土にあったガソリン車に群がった中小企業世界恐慌でもう潰れてる。だからその後のアメリカ自動車市場は生き残ってたクライスラーGMFordの寡占になったんだよ。

 この例から見てもわかるんだけどね、みんなわかってるんだよ。次に来る技術は。でもそれが決定的に普及するのは外部的要因に依存することが多くて時期は本当に読めない。だからそこまで体力を温存するという戦略もできるし、むしろ自分でその変化を起こしてやろうという戦略もとれる。どちらが正解なのかは正直分からない。でもね、技術的な側面だけじゃなくて社会的な側面から見ても現状の技術でのリチウムイオン二次電池電池コモディティ化させるゲームチェンジャー足り得ないだろうというのが正直な感想になる(将来的にもないとは言ってないよ!あくまで今の技術ではという話)。ただしその答え合わせは10年後かもしれないし、もしかしたら30年後かもしれない。もしかしたら水素なりアンモニアゲームチェンジャーになるかもしれない。だから日本人としてはトヨタ戦略が正しいと思いたいけど、そうではないかもしれないとは思っています。でもちょっとでも日本自動車産業応援してくれると嬉しいな。

2022-06-01

女を好きな女であること

数日前、ドラッグストアコンドームを探しまわった体験録を書いた悲しき24労働者です。

https://anond.hatelabo.jp/20220528225125

勢いに任せて書き殴りろくに推敲もしないままインターネット大海へぽいと投げてしまったものの、なんだか恐ろしいことをしてしまったような気がして翌日こわごわ匿名はてなを開いたところ思いの外たくさんの方に読んでもらったようで。コメント見ました。全部見ました。匿名はてなを覗くとき匿名はてなもまたこちらを覗いているのだ。

サガミオリジナル0.02Lサイズはやはり男のプライドなんでしょうか。白状するとさっぽろ時計台と書きながら思い浮かべていたのはテレビ塔のほうで普通に脳内変換ミスでした。長文乱文すみません、いやほんと、長いっていうのがいちばん多かった。す、すみません

いやー、なんだかみんなおんなじ文章読んでるはずなのに気になる部分が全員違うって、そりゃそうなんだけど不思議なことだなあとブルーライトが眩しい液晶の前でうっすら笑みを浮かべながらスクロールに次ぐスクロールをしていたら。

「今好きな女の子がいて、のところがスルーされてるのはなぜ? 何度も読み返した」

さすがデュオ

俺たちが見逃してしまうことに平然と気がつく!

そこにシビれる!憧れるゥ!

女を好きな女の話をしましょう。

えー、いま現在わたくしは好きな女の子がいます。付き合ってはいません。思いを伝えてもいません。

わたしにとっては好きな女の子、向こうにとってはわからない。お互いにとっては毎日LINEをする友達

仕事が終わらないだとか、三谷幸喜は血も涙もない脚本を書くねとか、コナンが外出するとそれだけで人的及び物的被害が多発するから彼は名探偵になるよりも早急にお祓いを受けたほうが世のため人のためってやつだよねとか、そんなくだらないことをつらつらと話すだけだけど、それで結構満足している。

LGBTというアルファベット4文字がだいぶ世間に浸透し、昨今なにかと話題のセクシュアル・マイノリティ。いや別に話題になろうがならまいがわたしが女を好きな女であることに変わりはないのだけれど。まあ言語でもって共通認識があったほうが話が早いのは確かな人間社会

わたし男の子女の子も好きになる女なので、所謂バイセクシュアル女性というやつにあたるんだろうなとふんわり思っている。

なぜふんわりかというと、実のところ自分のことを「女が好きな女である」と自覚したのがわりに最近、ここ数年のことだから。石のように揺るがない確固たる意志だとか、テコでも動かんぞ!というがんとした姿勢でもって「好きだ!」というのではなく「いやまあ好き……っすね………」みたいな感じ。

自分のことを定義付けできたのは大学生になってから女の子への初恋中学生とき。憧れの先輩がいた。

週に一度、習い事のためにいつもは乗らない電車に乗るときが、部活も学年も帰り道も違う先輩と2人きりで話す唯一のチャンスだった。

容姿端麗・頭脳明晰運動神経抜群な先輩は地区いちばん頭のいい高校合格した。卒業式の日、制服ボタンを貰った。翌年同じ高校入学した。廊下ですれ違うたびに手を振ってくれる先輩が眩しかった。先輩みたいな人になりたい。憧れの存在だった。

ただ当時のわたしアイドルの嵐がめちゃんこ好きだったり、仲の良いクラス男子定期テストの結果を競い合って負けたらサーティーワンアイスを奢るために一緒にショッピングモールに遊びに行ったりと、まあ、なんだ。傍目から見たら普通に男子が好きなんだなあという感じだっただろうし、自分でも男子が好きなんだなあということは疑いようもなかった。

ただ一方で、じゃあこの先輩への説明のつかない気持ちはなんなんだという疑問が胸の奥ーーのほうでキャラメルリボンのようにぐるぐる渦巻いてもいた。

実際サーティーワン男の子からサーティーワンの帰り道に付き合ってほしいという申し出を受けた。素直に舞い上がった。けど、高揚のままによろしくお願いしますとシェイクハンドしてしまうのは、なんか、なんか違うよなと思った。

「ごめん」のひと言を伝えるのがやっとのわたしに、サーティーワンボーイは

「おっけ。次のテストも負けねえから」と爽やかに返してくれて、それが告白されたことよりも嬉しかったのを覚えている。

アイスの冷たさが沁みる季節も過ぎて、短い秋をのんべんだらりと過ごしていたある日。地元図書館で本を貪り読んでいたところ、雷に打たれたような衝撃を食らった。

それは少女小説マリア様がみてる」との出会いであった。まじ、衝撃であった。

マリア様がみてる通称マリみてとの出会いわたし恋愛観を180度どころか900度くらい変えた。まじ、根底からひっくり返ったのち勢いそのまま何周かした。わたし精神世界さながらセカンドインパクト後のような様相であった。信じられん存在感をもってして、わたし世界を一夜のうちに変えてしまった。

お、女の子のこと、好きになってええんか……。

先輩への憧れを、尊敬とか思慕とかそういう言葉もやもやっとさせなくてもええんか……。

近付きたいと思ってええんか……。

まじか…………。いや、まじか…………。

もう、絶句であった。

クラスメイトたちがせっせと次の定期試験に向けて勉強しているさなか、わたしはただひとりマリみてを読み漁った。とりあえず全巻読破した。

まじか。うわー。まじかー。

マリみてを読むことに全ての力を注いでいたためサーティーワンボーイとの賭けには再び負け、今度は購買のパンを奢らされた。苦手な物理では赤点を取った。けれどもそれらはマリみての前では些細すぎる出来事だった。

まじかー。

この「まじかー」という思いを3年間引きずったまま、けれども先輩との距離をそれ以上縮めることもできずに、先輩が卒業したあとは何事もなかったかのような顔をして男の子と初お付き合いをしたりしてわたし高校生活が終わった。

大学入学後、興味本位クィアに関する講義をとった。

マリみてどころの騒ぎじゃなかった。

天変地異天地開闢サードインパクト

盆と正月クリスマス創造神破壊神がいっぺんにこの世にやってきて世界をめちゃくちゃに踏み荒らし、亡き者の命を弔い新たなる生命誕生を祝福し、一筋の光を灯しては消して灯しては消して「じゃ!あとは自分で頑張って!」と言って帰っていった。

まじ、衝撃であった。

セクシュアリティ、多様な性、LGBT性別二元論エトセトラエトセトラ。それらすべての言葉や考え方が、自分がどれに当てはまる当てはまらない関係なく、誰もかれもに関係する言葉であるのにも関わらず、わたし過去18年間何ひとつ知らなかった。

ただ己の直感のみで生きるしかなく、その直感の中に「もしかしたら女の子が好きかもしれん」というものがあり、がしかし、なまじ男子も好きになるがゆえに「いやいや、まあそれとこれとは違うっしょ」という感じで奇跡的な気付きに雑に蓋をしてしまっていたのだった。

せめてマリみて読んだときもう一歩踏み込んでおけば!

と思わないでもなかった。

でも、じゃあ仮に高校時代に「女を好きになる女」みたいなことを調べたとして、わたしが先輩に何がしかアプローチすることはあったのか?先輩後輩の均衡を最後まで崩さなかったのは紛れもなくわたし選択肢ではないのか?

どうしょもないIFすぎる問いを抱えたまま、とりあえず次に好きな女の子ができるまで、何事も何事もなかったムーブで過ごそうと決めた。

ただ、ちょぴっと知識を得たことで、わたしの「普通」がちょぴっと変わった。

女を好きな女であることをことさらに全面に出すこともなく、かといって、押し込めるわけでもなく。普通に男の子とも付き合うし、好きになったら女の子にも普通にアプローチする。だって好きなんだもん。別にいいじゃんね。

クィア講義を受け持っていた先生は、セクシュアリティ個人的もので、そして流動的なものでもあると言っていた。わたし結構この言葉が気に入りだった。

個人的ものわたしだけのもの。流動的なもの。変わってもよいものわたしのものから、変わったって変わんなくなって、誰に文句を言われる筋合いはない、もんもんとしたときは、そういうものわたしの体の中心にすーっと通っていることを思った。

その「すーっ」を思う効能は、何事も何事もなかったムーブよりもはるかに効き目があった。

いま好きな女の子に対して、踏み込みたいという気持ちが無いわけではない。そりゃ好きだからな。

2人で遊ぶこともある。今度は旅行しようねと話してる。

舞い上がらないわけがない。でも彼女が少なからわたしを信頼してくれているのがわかるから、それを壊すようなことはできないなーと、綺麗な横顔を見ながら思う。

わたしにとってわたしセクシュアリティわたしだけのものであると同時に、彼女にとってのセクシュアリティ彼女だけのものであり、そんでもって関係性というのは両者で作るものだ。お互いを尊重したうえで変容を求めるなら変容を、現状維持なら穏やかに関係を続けていけばいいのだ。

で、わたし別に彼女に「わたしは男も女も好きです!」みたいな宣言したことはない。ので彼女は多分知らないと思う。言うならきっと、女だとか男だとかではなく。必要なのはあなたが好きです」というただひと言なんだと思う。で、わたしはまだ思いの丈を伝える覚悟がないから言わないだけで。

ていうか別に宣言とか、しないよね。なんかセクシュアル・マイノリティばかり言う言わないうんたらかんたら色々ありますが、

言う人もいる、言わない人もいる。

わたしのように匿名ツールでなら言えるとか、ざっくばらんな恋バナをする友人には言えるみたいな人も、いや家族職場に言います、という人もいるだろうし。本当に、人それぞれ。その人だけのもの個人的もので流動的なものから

からこう、ネットでも現実社会でも、まじかーまだその段階かーみたいな発言やら意見やらを見かけることは多々ありますが、知識を得た今ならそういったあれこれ全て、わたし個人的ものを傷つけたり揺るがせたりすることはできないのだよ、と自分に言ってあげられる。ただ、中高生のころのわたしのように、じゅうぶんな情報知識アクセスできない若い子たちが不用意に傷ついていないか心配しているよ。ていうか本当、いちばんはそこだよね。

長々書いたけどとりあえずマリみて読んで世界5周半くらい回してきてください。

2022-05-12

人類を滅亡させる方法

人類を滅亡させるにはどうすればいいだろうか。まぁふと疑問に思ったので思考実験的に考えほしい。

中世ペストレベル感染症流行でも、当時のヨーロッパでは人口の半分程度も削れてない。

スペイン風邪でもせいぜい1億人。

第二次世界大戦でも数千万人くらいだ。滅亡には程遠い。

現代では「核兵器による世界全面戦争の勃発」が一番削れそうだが、果たして絶滅までいくだろうか。なんせ地球上の隅々まで人類蔓延っているので核の影響が届かない地域存在するはず。なのでそこでしぶとく人類は生き残ってしまいそうだ。

過去、巨大隕石の衝突レベル天変地異が起きても、地球上の生物は生き残った。現在人類の数や技術知識があれば絶滅まではいかないだろう。

人類を滅亡するとしたら、何によって滅亡するんだろう。もう滅亡なんてあり得ないのではないか

2022-02-25

anond:20220225153835

祈祷によって天変地異が起こる可能性を潰している」と何が違うの

2022-02-21

翌朝がこわくて眠れない

「万が一寝過ごして遅刻したらどうしよう…」という不安が常に付きまとって眠れない。

遅刻したら私1人が評価を落とす…だけでは済まない。

遅刻したら、店舗オープンできないのだ。

営業開始時間になっても店舗が開かない…天変地異などがない限り、およそ絶対にあってはならない事態である

それでなくとも、先日別の曜日担当者が見事に寝坊遅刻してしまい、開店が40分ほど遅れてしまった。

まり前科ができてしまった。

二度目はない、絶対にあってはならない。

そう思うとあまりにもおそろしすぎてとてもじゃないが眠れないのだ。

2022-02-09

anond:20220209190108

私に絡まれることは大災に遭ったのと同じだと思え

何も 難しく考える必要はない 雨が風が山の噴火が大地の揺れが どれだけ人を殺そうとも天変地異復讐しようという者はいない

死んだ人間が生き返ることはないのだ いつまでもそんなことに拘っていないで 日銭を稼いで静かに暮らせば良いだろう

殆ど人間がそうしている 何故お前たちはそうしない?

2022-02-03

anond:20220203213345

それも天変地異じゃなくて、やっぱり飲酒とか睡眠不足とか遺伝とか因子あるんじゃね?

いきなり降ってわいたような進行の早いガンってそうそうないよ。やっぱりどっかで無理した結果だよ。

anond:20220203211936

努力して正しい人生送っていれば破滅する確率はほぼ天変地異に当たる確率から少ないよ。

健康事故リスクを減らす生き方を選べばかなりコントロールできる。

タバコを吸わないで夜早く寝るだけで病気リスクはかなり減らせるよ。

2022-01-07

anond:20220106181548

ネコチャン🐈東京いたとき大雪一回だけあったけど

それ以外は普通にしかったし天変地異もなんもなかったな。

地震はなんかゆーらゆら、みたいなふざけた横揺れがきたことはあったけど。

それくらいだった。

ネコチャン🐈いなくなって、東京は廃れたね。

2021-12-16

なぜ多くの人たちが貯金してしまうのか に対する個人的見解

なぜ消費ではなく貯金なのか

将来への不安が有る

└「将来への備え」は「将来への不安」と同義

 └職を失うこと、天変地異が起きること、さまざまな不安

 └不安が無ければ「今」のために消費する

 └極度の少子高齢化でこの国に先が無いことがかなり明確にわかっている

国民の平均IQが高く、将来を見通し「不安になることができる」

 └IQの高さは、目の前の欲望我慢して将来に備える=貯金する能力の高さにもつながる

インフレへの不安が無い

└実際デフレ時代が長すぎた

└実際インフレしているのだが、toC企業シュリンクフレーションによってインフレ隠蔽している

 └政府にもインフレ隠蔽するインセンティブがあり、官民一体となってインフレ(というかスタグフレ)の事実積極的隠蔽している

  └国民の中でも金融リテラシーが高い人しかインフレに気付けない

基本的金融リテラシーが無いので不安にならない

 └インフレ通貨価値の目減りを意味することを知っている人でさえ非常に少ない

なぜ投資ではなく貯金なのか

自国通貨への信用が高い

└裏にはうっすらとしたナショナリズム存在する

 └自民党主導のプロパガンダによってここ10年程度で特に強化された

 └「日本円資産を持つことのリスク」を喧伝することは、ナショナリズムと相反するので、どちらかというと隠される

└実際に偽造防止技術世界トップクラス紙幣単体で見ると信用できるのは事実

新円切替によって一瞬にしてすべての貯金を失った経験がある世代寿命で死んだ

平均的に高い知能に比較して金融リテラシーが低い

└おそらくは国家戦略により金融教育意図的にしないようにしている

 └そんな戦略など存在せず、実は「ただ偉い人の感覚がそうだから」という可能性も大いにある

高学歴人物でさえ、投資ギャンブル混同している

 └資産の内訳が日本円100%であることが「JPY全力ロング」だと理解している人は非常に少ない

2021-11-25

デューン見てきた感想

専門用語多すぎて何の話してるのかわからん場面が多かった

もうこの手のハリウッドSF大作ものでは当たり前になってきたが、盛り上げどころの戦闘シーンでは臨場感が凄い、目の前に超巨大な怪物天変地異メカ現存するような感覚アドレナリンがでる

ヒロインポジション母親でおばさん感あり、萌え萌え美少女とは言わんが若い女の子も置いた方がと思うのは俺がロリコン文化に疑いを持たない日本人からか?

キャラ死にすぎ、重要そうなポジションキャラでもあっさり死にまくる、せっかく用意したキャラ使い捨ててる感ありもったいない、見てる方もいちいち人物相関図がリセットされるので記憶するのがめんどくさい

アラビアンナイト的な砂漠地帯文化SFガジェットが混じる世界観は独特で美しい

主人公主人公感がない、ヒョロガリ陰キャ雰囲気役者さんの顔立ちのせいかスケールが小さそうな印象がする

主人公未来予知能力があり、突然未来ビジョンが見えたりするのだが、それを表現するために進行中の出来事から突然主人公予知能力で見てたビジョンに切り替わったりする

今これどっちやねん?としばしば混乱した。監督メッセージでも同じ演出多用してたからこういう演出が本当に好きな人なんだなーと思った。ちょっとくどく感じる。

2021-11-11

anond:20211111102208

雅子様(当時皇太子妃)が祭祀を執り行わなくなって、東日本大震災熊本豪雨をはじめ

天変地異が起きた。

今回のは眞子内親王の降嫁で秋篠宮家の国体護持が弱まった、もしくは小室Kへの八百万の神々の怒りかもしれません。

2021-08-19

なんか数字インパクト実数釣り合わない。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/

2020年の全国に緊急事態宣言を出した時の感染者は576人

今日現在感染23,000人

なんか色々意見だったり立場かめーーーっちゃいっぱいあると思うんだけどとりあえず

そういったのを全てひっくるめて

なんでやねん!!!

と言いたい。関西人では無い。

まず、500人ぐらいの時に「国家存続の危機じゃ!」ぐらいのノリで急にだされた緊急事態宣言

現在20000人オーバー出してて、自分の住んでるエリアも明らかに1日の感染者数がモリモリ上がってきている段階で

「とりあえずマンボウで!」ってな感じな事に違和感

別に自分は「緊急事態宣言」を出せ!と声を荒げるそうではないんだけど、普通に数字インパクトで言ったら今緊急事態宣言だろ?!


自分の業種はちょいと特殊で、いつでもテレワークやっていい・できる仕事なのに

お上が停止しない限りテレワークという判断が出来ない業種なんだよ。

※上の人間が「お上のせい」にしないとテレワークと言えないっていう責任感のなさもあるけどね。

というわけで、昨年の時の数倍も一日に感染者が出てて、リアル危機感感じるのに

マンボウッ!!」ってな具合で普通に出社してる。

あと、もう一つの違和感は「医療崩壊」っていうワードについて。

入院受け入れ先が見つからず、若い母親が亡くなって…っていうニュースは本当に気が滅入る。医療施設がやばくなるっていうのは本当にそうなんだと思う。

なんだけど

昨年の緊急事態宣言の時から言ってた「医療崩壊」と今の「医療崩壊」はどんぐらいなんだよっていう。

数字インパクトで言うなら

日/500人で医療崩壊ならば

日/20,000人の医療崩壊はもうそれは天変地異級だろ。

でもテレビでもネットでも何かしらのメディアは「このままでは医療崩壊が本当に起きる」をずっと言い続けている。


どっちなんだぃ!ってなる。きんにくん。

ワクチンを打ったか感染しないわけではない、重症化しないだけだっていうのは分かったんだけど

ワクチンがあってもこんだけ数字的にインパクトあるなら、ワクチンってなによ。

これも自分が反ワクチンって事では無い。すでに1回打ってる。逆に反ワクチンのヤツの方がイレギュラーだと思ってる。

でもこの数字インパクトと、実情の乖離みたいなのが本当にしっくりこない。ワクチンってなんやねん。

近親者に早期に打ってもらいたいんだが、接種後の妊娠への影響とかが怖いとってなかなか受けてくれない。

受けてほしいんだけど、自分自信もワクチンっていう謎のもの絶対打て!とは強く言えないかまごまご

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん