「大きなお世話」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大きなお世話とは

2021-05-08

バーチャルアイドル界隈について教えてやろう

anond:20210507115334

どうもこの増田は広大なバーチャル界隈の中のYouTubeしか知らないようなので説明する

バーチャルアイドル芸能人である

まず大前提として彼らはYoutube数字をとっている配信者たちとは別物

ユニット所属プロダクション音楽レーベル備考
GEMS COMPANYディアステージavex trax技術協力:スクウェア・エニックス
まりなすavex(ABD)AVALON(avexグループ)
えのぐ岩本町芸能ユニバーサルミュージック
Palette ProjectMateReal株式会社-サイバーエージェント出身、現GREEグループ資本

突然固有名詞を出したが彼らこそが日本4大バーチャルアイドルユニットである

彼らの強みは芸能事務所大資本タレントであり、リアルアイドルイベントにも参加枠を持つ部分だ。

そして彼らの所属する事務所には彼らよりも売れないタレントアーティストゴロゴロしている。

特筆して潰そうとも思わない。自社で磨けなかった宝石が他で芽が出るくらいなら抱え込む、それが芸能である

体力のないベンチャーバーチャル界隈の基準とは違うのだ。

avex出遅れ

実際出遅れてるかは知らないが、バーチャルタレントメジャーデビューが続く昨今において音楽レーベルとしてのavexは全く獲得をしていない。

3大メジャーユニバーサルソニーを筆頭に、ビクターランティストイズファクトリーNBCユニバーサルがVタレント音楽マネジメント権や出版権を獲得している中、自社タレントしか擁していない。

となると貴重なイベント出演枠を持つ自社タレントは温存できるなら温存したいのではないか勝手に思っている。

いるだけでいい存在

バーチャルリアルの混合

これはVtuber界隈(表)しか知らないと知らないだろうが、昨今のバーチャル界隈の片隅ではバーチャルメインなのにリアルもやるという脳破壊されそうな文化もある。

アバター方式⋯⋯いわゆるアメリカザリガニ平井やガッチマンVともまた違う新形態⋯⋯定義が難しい⋯⋯

中身公表の桜樹みりあやバーチャルジャニーズあすかなとも違う⋯⋯公然のMZMや民安ともえやとも違う⋯⋯

バーチャル存在と、バーチャル中の人というキャラクターを並行してやるという形態が、確かに受け入れられつつあるのだ

そういう方向性に進む可能性があるのなら容姿も影響するのだろうが、俺にはもうよく分からない。時代の変化なのだろう

大きなお世話

ということであまり気にしなくても平気でしょう

とは言えかつて5大ユニット一角を締めたリブドル中国)は無くなってしまったので油断はできないですが。

個人的にはこの中だと最近パレプロチャレンジングで好きです。以上。

追記

22/7普通アイドルアバター着てる認識なので触れてません。もしくはアイマスとかラブライブの仲間の認識

2020年10月に開催されたTOKYOアイドルフェスティバル2020(バーチャルTIF併催)の際もリアルアイドル側で出演してたし⋯⋯

追記2

知らないわけじゃないけどバーチャル畑じゃないという認識を当初から持ってたので全く興味なかったの!!

ごめんね!!

2021-04-28

あの人生相談、私ならこう回答する

相談者さん、大変な悩みを打ち明けてくれてどうもありがとう自分のことではなく、幼馴染のことを心配している相談者さんは優しいのですね。

そこで相談者さんに出来そうなことをいくつかアドバイスしたいのですが、それにはふたつ相談者さんに覚えておいて欲しいことがありますひとつ相談者さんが幼馴染に嫌われてしまうかもしれないということと、もうひとつアドバイス通りにしても解決しないどころか相談者さんがよくない目にあってしまうかもしれないということです。

何故嫌われてしまうかというと、相談者さんは幼馴染のためにと思って行動しようとするかもしれないのですが、幼馴染からしたら大きなお世話になる可能性が高いからです。結果として彼氏と別れてしまったりお母さんと離れて暮らすことになったりすれば、幼馴染はそれが良いことだと頭ではわかっていても心はすぐに受け入れるのが難しいでしょう。そうなるとまず相談者さんを恨むかもしれません。

また、相談者さんが幼馴染のことをどれだけ心配していても幼馴染の人生のことは幼馴染が決めないといけません。まず相談者さんの思う通りにはならないと思っていいと思います。幼馴染に恨まれるくらいならまだ良いほうで、下手をすると幼馴染のお母さんや少年院に行くような彼氏たちからも恨まれ相談者さんの手に負えない事態になるかもしれません。そうすると相談者さんや相談者さんの家族に何か危害が及ぶかもしれません。

から先にひとつ提案します。相談者さんはもうすぐ高校生になると思うのですが、幼馴染と高校別になったら関係を解消して幼馴染の人生干渉しないことです。残酷な話だと思うかもしれませんが、相談者さんの身を守るには一番最適な方法です。それほど幼馴染を助けるのは過酷なことだと思ってください。

さて、ここからは実際にどうすれば幼馴染を助けられるかについて一緒に考えていきましょう。まず絶対必要なのは大人の協力です。相談者さんの家族学校先生地域の人、誰でもいいです。相談者さん一人で動くことは絶対にやめましょう。ただし、先程述べたように家族先生が必ずしも協力してくれるとは限りません。特に家族から反対されたら相談者さんもあまり食い下がらないほうがよいと思います

もし一緒に真剣に考えてくれる大人が出来た場合は、警察児童相談所など子供トラブル解決してくれる機関相談しに行きましょう。そして後のことは大人に任せましょう。ここから先は大人問題になります。上手くいくかもしれませんし、上手くいかいかもしれません。大人が幼馴染を保護してくれることを願いましょう。

そしてこれは家族の協力が不可欠になりますが、幼馴染と妹をなるべく相談者さんの家の夕食に招待できたらしてあげましょう。そして彼氏のところに行かなくてもいいように相談者さんがたくさん遊びに誘ったりしましょう。出来れば相談者さんの家など信頼できる大人がたくさんいる場所がいいですね。とにかく彼氏よりも楽しいことがたくさんあるということを幼馴染に見せましょう。しかし、この方法は逆に幼馴染を傷つけることにもなりますので周囲の大人の協力が万全に得られた場合のみ行いましょう。

この人生相談は幼馴染が酷い境遇にあるということですが、私は心の優しい相談者さんが幼馴染の心配をしすぎて一緒によくない方向に向かってしまうことも心配しています。よくない方向とは、幼馴染を助けようとして幼馴染から反発されてしまったり、家族先生が力になれずそんな大人を見て相談者さんが失望してしまったりすることです。幼馴染の問題は非常に難しく、大人でも解決できることではありません。そして一度関わってしまうと最後まで幼馴染を守らなくてはいけないため、見て見ぬふりをすることになったとしても誰も責められるものでもありません。もし大人たちの理解が得られなかったとしても、それは相談者さんのことを考えてのことだと思ってください。

繰り返しになりますが、相談者さんが直接できることと言うのはあまりありません。それよりも周囲の大人をどう動かせばいいかを考えてください。そして大人が思うように動かなくても、相談者さんが自分を責めることのないようにしてください。もし相談者さんができることがあるとするなら、幼馴染の言葉を聞くことです。何も出来なくても、彼女の話を真剣に聞いてあげてください。ずっと後で「あの時話を聞いてくれた友達がいてよかった」と幼馴染に思ってもらえるような関係を維持することが彼女にとっての救いになればいいと思います

2021-04-27

anond:20210427050057

ぼんび~!大好きな社長さんのためにオトモダチに頼んで「マスク」を買ってきたのねん!安倍晋三はかびたマスクを市価の14倍の値段で買ってきた!大きなお世話だ!

こうですかね?

2021-04-26

anond:20210425191358

(これも余談だけど、当時は全く気にしていなかったが会場で記入するプロフィールカード女性のみ「得意料理」の項目があるのことが気になった※ちな男性年収

また、そこに違和感を持つ参加者がいないようにも見受けられた。婚活市場の男女観は前時代的なんだなと感じたし、人口減少・価値観多様化する現代においてこの価値観でこの企業大丈夫かと心配になった、大きなお世話だけど)

あなた違和感を抱いたことを、他者は読み取れただろうか?

たぶん読み取れなかったと思う。

それと同じく、他者違和感を抱いていてもあなたには読み取れないと思うよ。

とはいえ、優秀な子孫を残そうとする生物本能という観点から捉えても男性が若く美しい女性を望むことは至極合理的で当然な選択だと思う、そこを責める気は一切ない(私は子を持つ気はないけど)

あなた子どもを持つ気がないなら相手子どもを持つ気がない人じゃないといけない。

でも子どもは欲しくないけど結婚はしたいという男性稀有だと思う。

2021-04-25

婚活復帰戦で年齢と容姿が女の価値だということを理解した30代(追記

数年前、一時期婚活をしていた。

マッチングアプリは今ほど隆盛していなかったし、オンライン出会いデジタルネイティヴ世代な割に黎明期寄りの自分マインドとも合わないので活動現場婚活パーティーへの参加が主だった。

当時は結構な頻度で通っていたし、かなり成果もあった。しかし、親の病気自身結婚観の変化が重なり次第にパーティーから足が遠のき現在に至る。

先日、以前婚活で利用していた婚活サイトからお見合いパーティーの無料招待の知らせが届いた。男女比のバランスが悪い回や参加者キャンセルが生じた時にこういう知らせが届く。

普段は気にも留めないが、その日に限ってふと「行ってみようかな」という考えが起こった。

(これは余談だけど、恐らくコロナ禍の自粛生活で人との交流に飢えていた。婚活というより見知らぬ人間と会話したかったのだと思う)

数年振りに参加した婚活パーティーコロナの影響で規模はかなり縮小していた。会話の際は以前のような向かい合わせの形ではなく、横並びで座ったまま会話するスタイルに変わっていた。

挨拶の際に一瞬顔見せするものの、会話中は当然マスク姿なので声が聞き取りづらく不便に感じた。

それでもパーティー自体個人的にはブランクは感じなかったし、見知らぬ他人との会話はやはり楽しかった。

(これも余談だけど、当時は全く気にしていなかったが会場で記入するプロフィールカード女性のみ「得意料理」の項目があるのことが気になった※ちな男性年収

また、そこに違和感を持つ参加者がいないようにも見受けられた。婚活市場の男女観は前時代的なんだなと感じたし、人口減少・価値観多様化する現代においてこの価値観でこの企業大丈夫かと心配になった、大きなお世話だけど)

話が逸れた、ここからが本題なんだけど

結論から言うと婚活復帰戦の収穫はゼロ

マッチングはおろかアプローチカード的なものも貰えなかった。

手前味噌だが、以前は同様のパーティーに参加すればめちゃくちゃモテていたので今日も余裕とタカを括っていたらこのザマ、笑うしかない。

しかし、自分の魅力は婚活無双していた当時より確実に上がっていると自負している。そこそこ稀有人生経験を経て人間的にも成長した、習慣的に鍛えている今の体型が人生ベストに整っている、今の自分容姿が一番綺麗と自負している。この日参加者との会話だって盛り上がった。

じゃあ以前の私と何が違うのか、帰りの電車で1人考えた。服装髪型?少し喋り過ぎた?けれど考えを巡らせれば巡らせるほど当然の結果に行き着く。

自分の年齢が以前より増えた』

それに尽きるのだ。なるほど20代と30代ではこれほど異性から需要に差があるのかと思った。

以前は30人以上集まる会場で上位人気という経験もザラにあった、その時自分は(あくま婚活市場という枠内だけど)人間的な魅力があるから選ばれていると思っていた、私の努力の賜物だと思っていた。しかしそうではなかった、『年齢』だったのだ。

自分がブスと自覚した日から人一倍努力した、おかげで人と比較すればそこそこ美人になった。

礼儀所作も人より整っていると思う、今でも習慣的に本も読んでいる。確実に私は去年よりずっと魅力的になっている。ただ年齢という数字で私は以前よりずっと異性から選ばれない。

なにそれ馬鹿馬鹿しいと思った。

そもそもまれ持った容姿だって年齢だって自身ではどうすることもできない、整形だって限界がある。言わば不可抗力だ。

若い頃は『容姿』歳を重ねれば『年齢』

そんなもの自分を値踏みされて自尊心を削られ続ける女としての生き方に何の価値があるのかと思った。つくづく結婚に向いていない思考の女だと思う。

とはいえ、優秀な子孫を残そうとする生物本能という観点から捉えても男性が若く美しい女性を望むことは至極合理的で当然な選択だと思う、そこを責める気は一切ない(私は子を持つ気はないけど)

人間価値不可抗力以外の場所にある。それは刹那的に生きてルッキズムに囚われていた10代と20代前半の自分があったからこそ胸を張って言える。

ただ恋愛市場婚活市場における『価値』は圧倒的に『不可抗力』な側面が大きい。それを今回理解した。この知見を肌感覚で得られたことは大きい。

これは決してネガティブな話ではなく

恋愛/婚活市場での価値を失いつつ(もう失っているのかも)ある人間がそこを自覚してふっきれた時、人生はもう一段階面白くなるのではないかと感じた。努力ではどうにもならない事象に囚われることは無意味だ、投資する必要はない。

この市場で私はもう定年に近いが、人間年齢では私はまだまだ若いのだ。何にだって投資できる、オラわくわくすっぞ状態なのだ

男性の30代の市場価値はまだ高いので彼らがこの境地に至るのは肉体がもう少し衰えてからなのだろうと思うと、30代で前半でここに至った私(女)はラッキーなのかもしれない。

最後経験からアドバイスだけど本気で結婚したい人は市場価値の高い間に婚活を頑張った方が良いよ、突然暴落するからね。

私はもう婚活市場には積極的に戻らないと思う、ただDINKS希望パーティーがあれば一度参加したいかも。

さあ明日から何しようかな

おわり


追記

伸びてて笑った、少しだけ返信

婚活アドバイス

有益情報もあって大変有り難く読ませてもらった。ただ、そもそも今回婚活パーティーに参加したのは冒頭で書いた通り無料招待だった上に「見知らぬ他人との交流に飢えていた」からなんですね。

散々な結果やその後の思考気づきはその副産物子供は望まないので特に結婚に焦ってもないんだなこれが。

20代の頃は漠然とそろそろ結婚しなきゃと思い活動していたけれど、今は結婚という形にこだわる必要すらないと考えている。

30代独身女として”わきまえろ”と言うならそんな市場もこコミュニティも願い下げですね。

(ただ、一回の復帰戦で損切り決断するのは早い/戦う市場を間違えているというコメントは「たしかに」と思った)



②『お見合いパーティーの場で子供がいらないと言ってしまうことが原因、子供が欲しくて参加している人が多い』


百も承知お見合いパーティー時に子なし希望は言わないよ。数分の会話で初対面の人間に語れるほど軽い覚悟じゃないもの

ただプロフィールカード子供に関する欄がある場合は正直に書いていたし、最低限のマナーとしてマッチングした相手には一回目のデートまでには告げることをマイルールにしていたよ。


③ 頑張った分だけ人の魅力は増えるのか

他者評価に関しては一概には言えないが

少なくとも自己評価は上がる。本来自己肯定感理由なんて不要だけど、例えば筋トレなら引き締まっていく身体という目に見える裏付けが上乗せさると自己肯定感は爆上がりするよ。(筋トレは良いぞ)

仮に失敗したって”努力した”過去は消えない、その人間過去は誰にも奪えないと「夜と霧」のヴィクトール・フランクルも述べていた。

まり頑張り続ける限り人間の魅力は確実に上がるし、誰が何と言おうと私は昨日の私より魅力的なのです。



20代からって全員が無双できるわけではない

それもそうだね、元婚活無双女の婚活パーティーアドバイスとか書いたら需要あるかな

市場において年齢という最強のアドバンテージを持つ20代女子なら戦略次第で無双は余裕よ、婚活パーティー戦場だ。それに不特定多数人間と会話する経験はなかなか勉強になるし、刺激的で楽しいよ、頑張ってね。

返信おわり

では、またどこかで

2021-04-06

anond:20210405201511

いや本人しゃべれない前提なん?

本人のいらないもの押し付けるのを大きなお世話っつうのよな

おまえが本人なら欲しい物をいえばいい

おまえが本人じゃないなら余計なおせっかいをするな

この2択しかねえわ

2021-04-01

毎日毎日ニュースコロナ危機感を煽るのをやめろ

NHK、お前のことだよ。

毎日毎日365日飽きもせず危機感煽りやがって。

どうにかして感染者が減っていないように視聴者ミスリードするスタイルをいい加減やめろ。

緊急事態宣言中に感染者が減りまくっても減りましたとは絶対に言わず、そのかわりなぜかスパンを1ヶ月に広げて先月と今月の感染数を比較したり前回の緊急事態宣言とき感染者数と比較したり例外的に増えている県だけをクローズアップしたりと、どうにかして増えているという謎結論で毎回番組を終わらせにいってるんじゃねえよ。

お前は何がしたいんだよ。

どうせワクチンが普及して感染者がゼロに近づいていったとしても今度は副反応がどうのとかコロナ後遺症に苦しんでる人の話とか安倍や菅はあの時こうすればよかったとかを毎日延々とやるんだろ。

正直言ってやってることが正義マンと同じなんだよ。

コロナハラスメントなんだよ。

緩みだのなんだの大きなお世話だよ。

やりすぎてるのを自覚しろ

2021-03-24

例えば陰謀論

例えばカルト宗教

存在しないものを「有る」と言い張る人はキチガイに見えてしまう。

だが「無い」ことは証明しづらい。

特別根拠なく他者否定するような攻撃性はそれ自体狂気にも見える。

 

逆に 存在するものを「無い」と言い張るのも同様だが、いくらビジネス感が強い。

昨今で言えばコロナ関係

人間うそうそこまで狂うものではない。

明確にそこにある以上、何かしら意図があることを疑うのが普通だ。

その意図を達するために狂ってみせようという思考それ自体サイコ感はあるが。

 

愛だの恋だのの価値を主張する人、主観以外で価値を感じようもないのに人に押し付けてくる輩が多い。

しかし外部からはあえて否定しないし、同じものを持っている人間がお互いに「自分たち価値有るものを得ている」と確認し合うため

非常に自信過剰で厄介なキチガイ集団だ。

 

価値を感じること自体はいい、それを否定していない。

問題なのは監査されない環境自覚していないことだ、つまり数が多すぎる。

その「誰にでも手に入る」数の多さはアイデンティティ確立を困難にし、持たざるもの攻撃することで実感しようとする層が一定数生まれるのが非常に厄介だ。

 

例えば水泳選手

「50m25秒も切れないの?」

「うわ、絶対水泳やったほうがいいって。」

「21秒切るの人間幸せなのに、可哀相」

などと言い出したらどう感じるか。

少なくとも自分キチガイと思うだろう。

技術に対するリスペクトは有るし、応援する選手が良い記録を出すのを見るのも嬉しい。

だがそんなもの普遍的価値はあるわけもなく、それを自覚できなくなった盲目さはまさに狂気だ。

 

「そうは言っても多くが価値を認めているのだから、それは価値でいいのでは。」

よく聞く価値観だし、その通りだ。

間内評価あい価値を噛みしめるのは健全行為だと思う。

自分の信じたものを追求するのは立派だとすら言える。

だが日本円海外では使えないし、動物相手にも役に立たないだろう。

その事実を見ないふりして強引に勧めてくる輩、冒頭のキチガイ2種のハイブリッドとして本当に狂った存在として映る。

 

これはあくま干渉された際に感じることであり、幸せな家庭を築く人や特別技術に対するリスペクトは常に持っている。

恐らく向こうから見ると「明確に存在する価値が見えていないキチガイに教えてやってる」という感覚なのだろう。(もちろん前述のアイデンティティの件のケースも有るだろうが)

大きなお世話、という言葉では恐らく伝わらない。我々はお互いをもっと違う生き物として認識している。

そちらがマジョリティだ。マイノリティキリンか何かとでも考えて欲しい。

キリン味噌汁は食わないし金にも人間とのSEXにも興味はない。無理やり食わせれば暴れるだろう。

いや分からん、食うかも。知らん。ゴメン。

2021-03-05

anond:20210305180920

さな親切大きなお世話って言うけど、よかれと思ってやってくれることのほとんど100パーセント邪魔してるだけだよな

2021-02-24

anond:20210224195526

(これは「大きなお世話」を大げさに言うことで「ものすごく大きなお世話」という意味を表しているに違いない…!)

2021-02-04

勘弁してくれ

Twitterはじめて凍結された

女なんていう不具合しかない生き物だからホルモンバランスのあれこれでメンタルがめちゃくちゃになって、

よくあることだし、いつものように死にて~みたいな一過性のやつをツイートしたら引っ掛かったっぽい

仕組みは分かるんだけど、

10人そこそこしか見てない鍵垢のしかもtosツイートにすら吐き出すことが許されないのは正直つらい

凍結通知みたいなメールがまた上手いこと神経逆撫でてくるというか

力になってくれる人がいます一人で悩まないでとか、大きなお世話だしひとつも響かないんだよなこんな状況で

まりにも逆効果、居場所無い感じがひどくなってる

まあ単語だけ見て自動でそうなるようになってるからしょうがないんだけど

分かるからこそやるせない

もうどうすりゃいいんだこれから

誰にも迷惑かけてないのに

果てしない絶望感(きっとこんなのも一過性のものだろうけど)

2020-12-22

総務省携帯乗り換え案内は大きなお世話っていうけどさ、

きみらの近所には、リフォーム業者に身ぐるみ剥がされた頑固老人いない?

携帯って薄く広くそういうことやってるのに等しいかガイドラインを作るのは当然でしょ。

2020-12-15

スイーツマニアカロリー摂取量健康状態が気になる。

私は甘いものが大好きであるパンケーキでもフルーツサンドでもケーキでも何でも良い。が、代謝の悪くなりがちなお年頃で、生涯最高体重更新するかしないかという危ういライン上にいる。今まで普通に着られていた服がパツパツになって見苦しいことこの上ない。

それでも食べたいもの我慢できずに、週1〜2回は甘いものを食べに行ってしまう。SNS映えも狙っていないといえば嘘になるが、いろいろトッピングがついて華やかなスイーツシンプルな見た目だけど食欲は満たせるものとどっちにするか非常に悩む。

シンプルな方を選んでもそんなにカロリーは変わらないから食べたい方を食べろという意見もありだとは思うけど、例えば分厚いパンケーキが売りものの店で、パンケーキを一枚で済ませるのと2枚にするのではだいぶ違う気がする。

SNS毎日のように華やかなパフェスイーツ写真をアップしている人がいるが、あれはどうやって摂取したカロリーを消費しているのか不思議で仕方ない。たぶんスイーツ評論家みたいな仕事なんだろうと思うけど、明らかに身体に悪そうなレベルで食べすぎである

一日で何枚もそういう写真をアップされると、確かに美味しそうなんだけど、「あんた甘いもの食べすぎ」と言いたくなる。しかも一枚の写真に何種類もスイーツが写ってるんだよね。一人じゃなくて複数人で行ってシェアしてるかも知れないけど、文章の書きぶりだと一人で食べているように見える。

スイーツを食べるぶん食事を減らしている」とか「食べたらその分消費できるよう運動している」とか対策をとっているのかも知れないけど、まるで仕事のように食べ歩いて写真をアップされると、他人事ながら心配になる。まだ若くて代謝の良い人ならそんなに太らないかも知れないけど、そんな食生活を続けていたらどうなるのか気になる。大きなお世話かも知れないけど、「あんた将来糖尿病かになるよ」と言いたくなる。誰かそういうスイーツマニアがこの文章を読んでいたら、ぜひ何に気を付けながらマニア生活を送っているのか教えてほしい。

2020-12-13

なぜ二次創作やってる者同士で仲良くできないのか

タイトル通りの疑問。

時々という頻度を超えるくらいにはこいつ少し人格問題あるんじゃないかと思うことがあってイライラする。私がお気持ちツイートしたところで相手が病むのは目に見えているかちょっと吐かせてくれ。

私はとある界隈の弱小文字書きだ。支部にも投稿していてジャンル全盛期ではそこそこブクマも伸ばしたかツイッターでも文字書き名乗って創作アカウントとして運用している。繋がりたいタグやらフォロバしてもらったりやらフォローをもらったりやらで相互も増えたが面倒事も増えた。私は地雷がなく相互になった人の創作物は一通り読む。そして感想なんかも送ったりする。文字書きにとって感想がどれだけありがたいものか知っているから多少なりともモチベーションに繋がればと思うからだ。大体は喜んでくれてそこから交流に繋がるのだが一部は奇妙な反応をする。私の考えすぎかもしれないが何故か異様に上から目線なのだ。まるで作家様とファンのように明確に線引きをした振る舞いをする。私はオマエと相互じゃなかったのかと思い確認するがやはり相互だ。それも相手タグに反応したから繋がったというきっかけだ。ツイッターは訳の分からないやつもいるんだなあと思って無視する訳だがそいつらはやたらと愚痴が多い。日常のことにとどまら感想が来ないことに関してまでも病み始めて見ていて憐れだ。もしも最初からそいつらのファンだったとしてもあんな恵んでやってるというような反応をされて応援し続けられないだろう。私が推している作家は気さくで明るい方が多いからもしかしたらそうでもないのかもしれない。ただ見ていて不愉快だ。最初のうちは他に繋がっている相互の手前そこそこの付き合いはしていたがそのうち付き合いきれなくなり放置したらフォローを外された。私は見る専のフォロワーが減ったのかと思いしばらく気づかなかったが私の方のフォローはそのままだ。繋がりたいタグしておいてリムるんだ。へえ。彼女なりの優しさで作品あ見れるようにしてくれたのかもしれないが大きなお世話だ。フォローは外した。とまあこんな感じの作家様様がよくいる。私って絡みづらいのかな寂しいとよく言うが同類人間連れてきてもお前は仲良くしないだろう。ただファンが欲しいだけだと思う。

私に実力があって良い作品を書けば対等な立場で仲良くできたのかもしれない。それを承知で言わせてほしい。オマエらと私の評価そんな変わらねえからな。いいねRTブクマフォロワー感想の数、どれを見ても差はほぼない。言うなればフォロワー感想に関しては私の方が多い。別に作品が良いからとは言わない。少なくともそいつらよりはまともな対人関係ができているからだろう。私が何故下に見られなければいけなかったのかは謎のままだ。

そいつらと縁が切れたからといって私に変わったことは何もない。仲のいい相互と楽しくはしゃぐだけだ。ただ仲良くしたいと思って歩み寄ろうとした私の気持ちは踏み躙られた。そんなことが複数件起こり今はもう新たに交流を広げようとは思わない。フォローもしないしフォロバもしない。感想もぱったりと送らなくなった。何故二次創作をやっている者同士仲良くできないのか。普通に同界隈の友達をたくさん作りたかっただけなのに不愉快なことが多すぎる。

2020-12-06

anond:20201205152257

申し訳ないが、付き合う人間の方を間違えてるかもしれない。少なくとも自分の周りでは、洗ってないとかTPO的に失礼とかじゃない限りわざわざダサいとか似合わないなんて言わない。似合わなくても好きな服ってあるから大きなお世話になる可能性も高いし。大きなお世話になりそうなことをいつも言われるなら、言いたかないがマウント被害受けてるんじゃないかと思う。

仮に本気でダサいと思ってて仲良くて善意でなんとかしてやりたいと思うなら、一緒に買い物いって似合う系統の服着せてみて似合う似合うっておだてまくってそっちに誘導する。あなたは素直そうだからそうされればある程度ききそうだしね。

2020-11-24

anond:20201124213307

本人たちがそれで幸せなら、なぜ外野が口を挟む必要があるんだい?

それを大きなお世話というんだよ。

anond:20201124212608

それを世間一般では大きなお世話って言うんだよ。

今日は、それだけ覚えて帰ってね。

anond:20201124202406

残酷理屈と言うか、大きなお世話だろう。

お前たちが苦労するからわざわざ反対してやっているみたいな謎理論だ。

大きなお世話馬鹿野郎と返せばいい。

2020-11-23

anond:20201123112257

助け求めてたっけ?

結末と集まったエピソードから逆算して助けを求められない奥ゆかしさとかそういう解釈されてるけど

そもそも好きでやってるから不本意までホームレスグラデーションなので

第三者支援団体勝手繋ぎをとるのも大きなお世話なのよね

強引に支援団体に引き渡しときゃ最悪の結末はなかったろうが、そんなものは事後孔明しかない

2020-11-08

anond:20201107222616

私は女性全体の代表を名乗る気がないので、

あくまでも「私がこう思うよ、こう見ているよ」を率直に書いてみる。

1件1件の炎上で都度スカッとしたいだけならそれでもいいんだろうけど、そうではないよね。

スカッとする以前に、メーカーから謝罪文が出たりして、「このキャンペーン・行いには何らかの問題があった」というのが共通認識になってきていい感じ。

当事者として意見を述べて、その質と量すなわち「影響力」で得た結果。

どれほど真面目に、個人マイナス社会に陳述したところで数がそろわなければ捨て置かれることは、よく学習しているので…。

社会を変えたいならば、つまり女性社会的地位の向上とか生きづらさの解消とかを本気で目指しているならば、問題をきちんと一般化して「こうしたキャンペーン手法女性全体にとって、ひいては社会一般にとってマイナスである」というセオリー確立したほうが効果的(=説得力・影響力がある)だと思いますよ、というアドバイスなんだけど、大きなお世話なんですかね……。

このあたり、伝わらないと思うけど、世の中で問題はらんだ常識肯定する力が強い間、

自分もやもやとした生きづらさや不快感をの原因を見つめて肯定したり言語化したりには往々にして時間がかかるものだよ。

MeTooがおきたときに、やっと「わたしおかしいと思っていた」「そんなことがあったんだね、実は私も…」といえる状況が増えたところで、

分断されていた女性どうしがやっとお互いの話をオープンにできるようになった感じある。

コンテンツ炎上はそういう人を掘り起こす作業でもあるね)

フェミニズムを目印に集まれればよかったんだけどね。

一人一派といわれるように、経験理想とする形には大きく違いがあることも(やっと)わかってきて、

なおかつ、いろんな方向にフェミニズムを誤解している人たちのせいで、集会場には武装勢力みたいなのがいたりするんで…。)

その次に、女性参政権しかり、会社ヌードポスターセクハラ告発しかり、個人の様々な経験

男性が納得しなければまともに取り合う価値の無い物として扱われる」ことは身に染みていたりするので、

要求妥当かどうかを男性ジャッジしていただくような、お伺いを立てる行為のものが好かれてないと思ったらいいんじゃないかな…。

増田本人がそうかどうかは別として、傾向として「お前は説明もできない馬鹿から無視していいな」ってしてきた側に対して

「そんなこともわからないのに何偉そうにしてたの今まで」と思ってしまものではない?

SNSによってわかりやす圧力型の影響力を使えるようになって、理解されずともある程度の結果を得られるようになったのは革新的だと思うよ。

この方法はされて嫌だったことを仕返ししているような側面もあるけど、正直それ以外の方法ではもっと実現に時間がかるだろうと思うし、

されてみないとわからないだろうから、一度経験してみてほしいと思う気持ちは、正直私にもある…。

セオリーについてはね。

炎上が起きて謝罪文が出るたびに、ブランドイメージが悪くなる→既存ファンが他社に流れる→損失となる状況から学ばない企業はないと思うので、

個別炎上を繰り返すことで社会全体の性的表現がよく検討されて最適化(=私からすればマイルドに)なっていけばいいと思う。

出来事必要十分ラインの見極めは、ここしばらく続くだろう炎上とその後の展開によって決まると思うなあ。

あと、賛成反対どちらにもお祭り騒ぎが好きなだけの人や、怒りで言動過激な人も含まれるので、時々ノイズのほうが大きく問題になるのが悩ましい。

本質をとらえずに対岸をカテゴライズしてまぜっかえす人のせいで話が変な方に曲がっていくのは、正直あほくさいと思う。

どれほどほうぼうから真面目にマイナスを陳述したとしても「納得できないので個人お気持ち」などとジャッジ揶揄されている現状はもうほんと、ダメなところの煮凝りみたいなもんだよ。

社会全体の性的表現マイルドにしたい理由(私の場合

広告表現コンテンツから無意識に「みんなこんなもんだ」と刷り込まれている状況を変えたいから。

「これは企業メディアお墨付きを得た一般的な感覚ですよ」の量を減らしつつ「これを好むにあたりTPOを守らないと困りますよ」

「これはたいていの場合侮辱にあたりますよ」と刷り込む量を増やしたいとも言えるけど。

私には男性生理現象体験することはできないから、そこにどんなつらさがあるのかわからないけど、

それを建前にすれば、女性侮辱していいものだと思っている人が世の中には多すぎるんだよ。

もちろん、配慮があって尊敬できる人もたくさんいるのは知っているよ。

だけど、この件は、ほかの苦しみがあるからといってプラスマイナスが帳消しになるようなことではないから。

ほかの苦しみの八つ当たり女性に向かう人まで出てくる地獄なんだよ。


結果として、女性審美的な魅力を高めようとすれば多かれ少なかれ性的な魅力も勝手に高まってしまう。これは女性本人が異性の目を惹くことを意図していなくてもそうなる。オシャレとは本質的にそういうものではないだろうか?

そう思うのは増田が見る側・品定めする側だからしょうがないと思うし、

男性として日々生きてる中で目にする女性的なものしょっちゅう心を動かされて、さぞや大変なんだと思うんだけどね。

少なくとも私は「性的な魅力を感じた」ってだけの理由で、通りかかりに顔にクソ塗り付けられるような感覚を、過去に会った少なくない男性達によって植え付けられてるから

「クソを塗られないために目を付けられにくい恰好だと思ってるようだけど、逃げても無駄だよ」って言う行為だよ、それは。

書くだけ書いたら疲れてきた。

まれなくてもいいや。

2020-11-07

タイツキャンペーンがほどよくフェティッシュだった問題

https://anond.hatelabo.jp/20201107053636

今となってはあれを「タイツ屋のキャンペーンとして適切だった」と考えている人は少ないと思うし、元増田もセーフとは言っておらず批判するなら理論武装したほうがいいよと言っているに過ぎない。

それなのに「そんなことをしてやる義理はない」「理路など必要ない、ひとりひとりの言葉にできない不快感と向き合え」といった感じのブコメ散見されて暗澹たる気持ちだった。そういう人たちは「不快気持ちにさせて申し訳ありませんでした」という謝罪文が引き出せれば満足なのだろうか? 1件1件の炎上で都度スカッとしたいだけならそれでもいいんだろうけど、そうではないよね。

口々に好き嫌いという気分を述べているだけではただの人気投票であって、そんなもの何万票集まったところで「このキャンペーンはウケなかったな」「フェチ燃えるね」くらいの限定された結果しか導けないでしょう? 一企業の一通の謝罪文まりで発展性がない。

そうではなく、社会を変えたいならば、つまり女性社会的地位の向上とか生きづらさの解消とかを本気で目指しているならば、問題をきちんと一般化して「こうしたキャンペーン手法女性全体にとって、ひいては社会一般にとってマイナスである」というセオリー確立したほうが効果的(=説得力・影響力がある)だと思いますよ、というアドバイスなんだけど、大きなお世話なんですかね……。

説明されなきゃわからないのか」。

説得力を完全に放棄たこの手の言説をいわゆる「はてフェミ」たちが口にするのをしばしば目にしますが、自分には誠実な態度とは到底思えないんですよね。もっと女性意見を聞けと言うわりに肝心の対話は拒絶するんだから。たとえばブコメにもすごい境地に行き着いた意見あった。

なぜそんなに偉そうなの?討論するために声を上げた訳ではないのですが。

自分(たち)が上げた声は常にすべて正しくて無検討で聞き入れられるべきだという態度のほうが数万倍偉そうでしょう。せめて話し合いましょうよ。まあこれは極端な例でしたが、「お前は馬鹿なのでわかっていないようだが自分にはわかっている(説明はしないがな!)」というスタンスコメントはほかにもいくつもありました。

どんな議論でも同じだけど、たくさんの意見の中には問題の核心に迫るものから取るに足らぬくだらないものまで色々あって、種々雑多、玉石混交。その中からノイズをより分けてポイントを整理して論点明確化していくのは不可欠なプロセスだと思う。そこから全速力で逃げようとするのは「女には理屈が通じない」「論理的な話ができない」っていうジェンダーステレオタイプ自己強化してしまう結果を招きかねない思いますよ。余計なお世話かもしれませんけど。

一例だけど、様々な批判の切り口の中に「タイツエロアイテム扱いするのはけしからん」というテーマがある。この主張にも数々の派生バリエーションがあるが、その中には検討に値しないものもあると思う。

たとえば「これを機にタイツエロアイテムとして認識されるようになってしまったじゃないか! 日用品なのに!」という意見の、「これを機に」の部分とか。「これを機に」ではなく、もともとそうだったでしょ、と。

女性の着衣でエロアイテム化を免れ得ないものはない。男性の両脚の間にある妖怪レーダーは(個々人により異なる指向性を持つものの)総じて感度はたいへん優秀なので、どんなものにでも男は欲情するしタイツとて例外ではない。タイツとは厚みが異なるだけのストッキングの中には男の劣情を喚起することに機能を絞ったものすらあるわけで、今までタイツけが例外だったとする認識おかしい。セーラー服ハイヒールがそうであるように、みんな性的にまなざされていることは薄々知りつつ着用していたはずである

タイツエロさを感じる資質を備えた紳士であれば今回のキャンペーンなどなくともとっくに目覚めていたはずで、今回のキャンペーンによって「お墨付きいただきましたので性的まなざし始めます」みたいな男はおそらくいない。そんなことは内心の問題なので、まなざすやつはもうとっくにまなざしていたはずなのだアツギが種を撒いたことにはならない。

まり、今回のキャンペーンを契機にタイツに対して“新たに”注がれることになった性的まなざしは(考慮必要なほどには)増えてはおらず、強いて言えば「タイツ絵」という絵画表現の魅力に目覚めてしまう人はいたかもしれないが、そのことが今後「じろじろ見られる」「タイツ着用者の性犯罪被害が増える」などといったかたちで実社会に直接的な影響を及ぼしていくとはちょっと考えにくい。

ちょっと身も蓋もないことを書くけど、もともと男性が異性を見るとき、「審美的まなざし」と「性的まなざし」をきちんと切り分けてはいない。「素敵だなあ」と「そそる」の間はグラデージョンというか入り混じっていて、「ここから純粋、ここからスケベ」というきっぱりした線は引かれていないのだ。結果として、女性審美的な魅力を高めようとすれば多かれ少なかれ性的な魅力も勝手に高まってしまう。これは女性本人が異性の目を惹くことを意図していなくてもそうなる。オシャレとは本質的にそういうものではないだろうか?

追記

議論が深まっ太郎

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん