「お節介」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お節介とは

2019-02-19

anond:20190219155604

実はバツイチでしてまだ心が落ち着くまではとか言えよ

お節介な人が女連れてきてくれるぞ

2019-02-14

anond:20190214160107

「あげなきゃいけない」も「あげちゃいけない」も他人の目を気にしてるからこそ生まれルールで、この発想をやめない限り少数派が生きやすい世の中にはならないと思うんだよね。結局ルールが変わった「空気読め」で、多数の人が共有してる暗黙の了解みたいなもの空気になるわけじゃん。全員が共有してればいいけどさ。学校じゃねえとか言ってる人いるけど、なんで単なるビジネスパートナーに「チョコあげるな」とかお節介なこと言ってんの?そういう奴こそ会社のこと学校だと思ってんじゃないの?会社とは契約結んでるけど、同僚なんて単に一時期協力して仕事するだけの関係じゃん。「1人がやるとみんなやらなくちゃならなくなるからやめよう」じゃなくて、誰も他人がなにしてるか気にしてないし、価値観押し付けてこない、というか押し付けようにも、そもそも認識してないくらいにならないといつまでたってもいろんな人が共存する世の中にはならない気がするんだけど。

2019-01-30

どっちがいい?

口が若干臭う巨乳美人と、口が臭わない微乳で顔普通の子。ともに歯科衛生士

前者は若干高嶺の花子さん感あり、愛想悪くはないけど心の距離を感じる。

後者は話しやすくしたしみやすお節介さん。なんか身体距離が近くてドキドキする。

2019-01-21

anond:20190121091726

そりゃそうだよ。ウザいのが社会ってもんでしょ。

ウザがられても、誰かがお節介をやかなきゃいけないんだよ。

2019-01-17

自意識過剰

小町案件だろうけどここしかアカウント持ってないからここで書かせて。

友達4人で1泊2日で温泉旅行に行こうとしてるんだけど、私がまとめて指定席買っちゃうのはお節介かな?

現地集合にしたとしてもどうせ多分皆同じ特急に2時間乗って行くんだから、せっかくなら隣の席で乗りたいなと思うんだけど。

東京駅集合にしてそこで特急券渡して、乗車券学割つきで各自買ってもらえばいいと思うのよね。

あーでも一人は実家帰ってそこから行くのかしら。それなら現地集合の方がいいかなぁ。

ググる結構現地集合派いるのよね…誰も言い出さないのはつまりお節介かな…

でも特急これがいいよと言ったの私だしな…まとめて買おうか?と言うべきなのは私だよな…

私の願望を言うとせっかくなら一緒に行きたい…卒業旅行だし…ここ1年研究室忙しくてまともに話してないし…話題いっぱいあるでしょ…

嗚呼こんなふうに考えすぎて好きな人LINEも返せないんだよなぁ!

2019-01-09

あの日の私を少しだけ救えた話

良いことした気になってるから、だらだら長いけど聞いて欲しい。

増田で書いたことあるけど、私乳がんの既往があるから定期的に検診受けてるんだ。

再発しにくいタイプだし、新しく出来ることはあっても手術したがんについてはそんなに不安ではない。

がんのせいで治療が出来ない不具合が出てしんどいけど、乳の病院で出来ることはないから、先生にしんどいよーって話をするだけのために病院行ってる。

先生楽しい人だし、お喋りたくさん聞いてくれるから待ち時間は長いけど大好きなんだ。

時間通り行ってもめっちゃ待つ。

からその日もぼんやりスマホいじりながら待ってたら、少し離れたところで告知されたてほやほやの女性看護師さんから治療説明受けてるのに気付いた。

こんな外待合で話すの?と思わないでもないけど、気になってチラチラ見てたんだ。

旦那さんと一緒に聞いてる、40歳前後くらいの女性

相づちは打つけど、心ここにあらずな感じ。

あれは数年前の私か。そう思ったらすごく苦しくなってきて、励ましたくなってきた。旦那さんも一緒にいるのにそんなお節介にも程があるようなことを思ったんだよ。

告知されたてのころの私、患者とのなれ合いとか反吐が出るぜと思ってたから。

誰にも奥まった部分での苦痛は言わずに終わらせてやるってどこかに思ってた。

抗がん剤を打つためにプチ入院を2回したんだけど、その2回とも親くらいの年齢のおばさんに話しかけられて、すごく癒されたんだ。

共感してもらえることはすごく励みになることに気付いた。

医師看護師にこの薬の副作用は~って質問しても、そういうのはあんまり聞かない、とか、みんなこう言ってる、としか返ってこないの。

本人が病気になって同じ治療してるわけじゃないからわからないことも多いの。仕方ないけど。

患者も、不具合あるけど大変なことから順番に言ってたらついつい言い忘れたりとか、治療のせいと思ってないから言わないでいたりっていうことが多いから伝わらないのよ。

だけど、患者同士だと妙にわかり合えることが多くて、すごく勉強になった。

から、その女性を見てあのおばさまたちに励まされたことを思い出して、何か私にも役に立てるんじゃないかってすごく胸がザワザワしたんだ。

いきなり知らない人間から傷心の時に話しかけられるの鬱陶しいかなってすごく葛藤した。

でも、でも、あれは私なんだ。

そう思ったらいてもたっても居られなくなって、つい近寄って声をかけてしまった。

私も、同じ病気なんです。術後数年経ちます他人事と思えなくて声をかけてしまいました。すみません

向こうも驚いてたけど、お話ししていくと段々顔が明るくなってきてね。

旦那さんも途方に暮れてたような顔してたのが、何だか安心で泣きそうになっちゃってて、うんうん、って何も言わずに頷いてくれてるの。

奥さん、今の気持ちとか、仕事はどうしてたかとか、どんどん質問してきてくれて、私が答える度に噛み締めるように受け止めてくれて、元気が出てきたってお礼言ってくれたんだよ。

お節介かな、鬱陶しいかなって躊躇したけど、思い切って声かけて良かったなあ。

私と同じ主治医にかかるみたいだから、あの先生優しくて良いですよって言っておいた。

その患者さん、先生看護師さんに、私と話して気持ちが楽になったし、前向きに治療する元気が出たって言ってくれたらしい。

私の診察の時に、先生看護師さんからすごく感謝してもらっちゃった。

若い女性の方からって聞いたか絶対〇〇ちゃんや~んって思ったよ、ありがとー、と先生はいものゆるゆるな感じでお礼言ってくれた。

看護師さんには結構真面目な感じで、どうしても医療従事者の説明は伝聞でしかいから上手く届かない、話しかけてくれてありがとうって感謝された。

私今もずっと体調悪いか全然幸せじゃないんだけど、それ聞いてひとときの充足感が得られたよ。

相手好意的に受け取ってくれたから良かっただけって思わないでもないんだけど、彼女苦痛をほんの少しでも和らげることが出来たんだと思うと少し誇らしいの。

ちなみに、一番良いアドバイスできたなって思うのは脱毛について。

周りからまた生えてくるよって慰められるの、鬱陶しいんだ。また生えてくる云々は理解してるけど、フサフサなとこなら一気にいくと、今生えてないことが悲しいし惨めな気持ちになるんだ。

からウィッグを良いものにしてると自尊心が保たれるし、事情知ってる周りからウィッグすごいって褒めてもらえて嬉しいよって言っておいた。

脱毛については何言われても鬱々とするんだけど、上司(頭髪が残り少ない)に「お前生えてくるかも知れないけど俺はもう二度と生えねーんだからな」と、言われたときだけは逆にすみませんっつって元気になっちゃったんだよ。

このエピソードを伝えたら、彼女めっちゃ笑って、元気出たって言ってた。

回復不可能な人ほんとごめん。ダシにしてしまいました。

回復不可能な人も良い医療ウィッグおすすめする。最近のは本当にわからないよ。

こんなとこでしか言えないから自慢させてね。私の自己満足お話

お目汚し失礼しました。

2019-01-03

美人ほど大変な男の人と付き合ってる率が高い

高い。

ここで言う美人は幼くて可愛い系の顔ではなく、キリッとした大人美女顔の女性

美しい人ほどなんでそんな男と付き合ってるの?!と思う率が高い。こう言っちゃなんだが選び放題だろうに。

たまたま周りの美女がそうなのかもしれないが、顔はイケメンだけど人間性うんこ彼氏と付き合ってる率が高い。

働かない、浮気はする、束縛の激しいメンヘラDV男…。

彼女たちの愚痴を聞きながら、ああ難儀だなあ…と思う。そんな男とは別れなよ〜!なんてのはお節介から言わない。だいたい数ヶ月すると別れてて、

大抵次に付き合うのはフツメンからしかしたらちょっとブサメン、だけど人間性ちゃんとしていて互いに尊敬しあえるような間柄。幸せそうで何より、愚痴より惚気聞いてる方がこっちもほっこりして幸せである

もしかしてイケメンって地雷率高いのかしら…?

それとも彼女たちが地雷を引き当てる天才なのかしら…。

2018-12-25

足りない事ばかり

推しが先日、初の主演舞台を終えた。

推しはいわゆる若手俳優だ。

規模はどんなものであれ主演というのはそう簡単に立てる場所ではないし、お話が彼のもとに来たということだけで喜ばしいことなのだと思う。

本当に素敵で素晴らしいことだ。

応援していてよかった!」

そう一度でも思えていれば、こんな記事は書かずに済んだのにな、と悲しい気持ちが溢れている。

単なる愚痴に近いものだし、努力を受け入れられないのは私の性格問題で、内容が特定されて、推しが見つかるのは不本意だ。とはいえ見る人が見れば分かりそうだけれど。

濁しながらにはなるが、お付き合いいただけると嬉しい。

今回の主演舞台は、

「主役がいろんな人からさな恨みをかって、殺されそうになる」

というのがおおよその内容だった。

人の気持ちがわからない。自分発言が誰かを傷つけるなんて思わない。言いたいことが言えないなんておかしい。

そんな風に生きてきた彼は「俺のしたことって殺されなきゃいけないようなことか?!」とそれぞれの動機を聞いて怒る。

言葉の受け取り方はひとそれぞれ」

些細なことだとしても誰かにとっては大切なことだったりする」

と正され、最後は殺そうとしていた人たちと和解し、今後は気を付けると謝罪

もちろん恨みだけで殺そうとしてない人もいたわけで、最後は……という話だった。

私はこの舞台を見たとき推しの当て書きだ」と思った。殺されるのに、恨みを買ってる役なのにそう思ったのだ。

役の職業性格推しのこれまで演じてきたキャラクターに通ずる部分があったこと。

とあるごとに発言する言葉言葉足らずであること。

その時ふと気が付いてしまった。「あっ、私こういう話知ってる、体感したことがある」と。

まりにも犯人である彼らの動機に、殺してしまいたくなったことの理由共感できる部分が多すぎて驚いた。

私は幾度となく推し発言で苦しみ、腹をたて、何度も好きでいることが難しいと感じてきた。

じゃあさっさとファンをやめろと言われればそうなのだが、そうスパッとやめられるほど軽く物事を捉えられないからこそ、言葉一つ一つに気持ちを揺さぶられてきたのだと思う。

とある大きな映像作品に彼が出演した際、ゲスト出演したイベントでなにか告知があればと促され、「すごく末端の役なのですが」と自らの役を(大袈裟表現だが)卑下するようなことを言っていて、私は幻滅した。

せっかく出演できて、役名までついてるというのに、末端の役なんて、どうしていえるのだろうか。誇りをもって仕事をしてほしいと強く思った。

出れることがすごく嬉しいこととは言っていたが、なんだかモヤモヤとした気持ちが残ったイベントになってしまって悲しい感情で終わってしまった。

それからとある舞台のアフターイベントゲストに呼ばれ、それも急遽での出演、なのに出る回数も多すぎて、出演者から冗談で、「暇なのか?」と弄られたことがあった。

「暇なので」と彼は答えた。あぁ、そうなんだ、私はお金を払ってあなたの暇潰しを見に来てるのね、と思った。仕事一つ一つに誇りを持ってるという発言がなぜ出来ないのだろうか。

まぁそんな些細なことの積み重ねでどんどんと嫌いになっていったわけだが、あるとき私が手紙に、こうした方がいい、ファンの人はきっと喜ぶから、私以外の誰かの為にしてあげてほしい、というアドバイスを書いたことがあった。

ブログでそのことを実践してくれて、ちゃんとお手紙読んでくれてるのだと嬉しくなった。だけどそのあとの内容にまるで私の手紙は嬉しくなかったようにも捉えられる言葉をかかれて、しばらく苦しかった。

「一番嬉しかった手紙は初めて舞台を見たという内容のもの

何て文章、きっと彼は「自分がその舞台を見るきっかけに携われて嬉しかった」と言いたかったのかもしれないのだが、あまりにも言葉足らずすぎるし、そう書きたかたかは彼にしかからない。

私には私の手紙が嫌だったから、そう書いたのだろうと被害妄想的にしか読めなかった。

これは書いた私にしか届かない否定で、だからこそ、他のファンからは「今までのファンはもういらないんだ」と捉えられていて、そこもまたその要因を作ったのが私なのかと思ったし、なんというか、いずれにせよどんな形でも、言葉足らずも大概にしろと思った。

言葉足らずなのはいつだってそうで、

「この作品キャストスタッフ、たくさんの方に支えられて成り立っています

「この作品に関わってくださった皆様のおかげです」

これは彼のよくいう言葉だ。

捉えようによってはそこにファンが含まれてるようにも含まれてないようにも見える言葉だと、私は思う。

しっかりと話してくれないと、伝わらないんだよ、言葉足らずだ、と私は常々そう思っている。

そしてどんどん彼の言葉をすべて真っ直ぐ受け取れなくなった。信用できない。どこまで本心か分からない。

全て前向きにとらえられるのであれば、彼はい役者さんで、ファンを大切にしてるんだと思うから、いつか、その表現の部分が改善されればと願って、今までしがみ付いてきた。

そして今回の舞台最後千穐楽カテコを聞いて、私は「もう彼を応援しなくてもいいな」と思った。

「この作品キャストやここにいないスタッフさん、たくさんの方に支えられて成り立っていて、自分一人じゃできなかったのだと痛感しています

「この作品に関わってくださった皆様のおかげです」

いつもの言葉に少し残念な気持ちになっていたら、彼は少し客席に体を前のめりにして「関わってくださった皆様の中には今日この舞台を見に、ここにいらっしゃる皆様も含まれていて、皆様がいなければ成り立たなかった」と補足した。

言葉足らずが消えた!

成長したのだ。

ももう本当は心が離れてたらしくて、全く何も思わなかった。

いや、正確には「ああ応援していてよかった」とは思わなかった。

今更前向きに、真っ直ぐ受け取れなくなっている捻じ曲がった私の心には全然届かなかった。

まるで私の、私たちファン意見を全て掬い取ったみたいな、取り繕った言葉だと感じてしまった。

かなしい話だ。しがみ付いてしがみ付いて、無理をしていた結果。

悪いのは彼じゃなく私の方だろう。

私は彼に対し「ここが嫌だなぁ」という気持ちを濁しながら手紙に書いてしまうような悪いファンで、「もう手紙書くのはしばらくやめます」と記してみたり、リプライで「最後まで見届けられて良かった、悔いはないです」とか送っちゃうし、とにかく捻じ曲がっている最低なファンだ。最低。ほんとに最低。

私がそう書いてきてもう居なくなりそうだったから、安心してそういったのかも、私はいらないファンだもんね、と思ってしまう。

そんな厄介思考の持ち主なので、成長を見ても「そっか!」という清々しい気持ちになってしまったのだろう。

好きでいさせてほしい、好きでいたい、だから、つなぎとめる何かが欲しかった。

はずなのに、一つも受け取れず、私は推しから去る。

手紙に対してのレスポンスブログ、あのときは大きなコンテンツの2.5に出て、新しいファンがたくさんついた後だった。

からお節介だけど、今新しくついたファンたちがいなくなってほしくなくて(ただでさえ前からファンは離れていたので)、こうしてみたらいいっていうことを書いたのだ。

実際その新しいファンの人たちは喜んでいたし、好きになって良かったというコメントを見かけたので間違えてなかったのだと思う。

そんな反応で喜ぶ人ではないから、きっと推しからは「お節介でうるさいファン」と思われてただろうと思う。

この挨拶で私以外の人はきっと幸せになったはずだ。

応援していてよかった、見に来ていてよかった。

そう思った人が多かっただろうと思う。

彼の足もとに座る私は顔を見れず、目を逸らして真っ直ぐに前だけを見た。それが私の最後の視界。

本当に当て書きなのかは分からない。

そんなはずはないと思うが、この作品メッセージを受け取って推しが変わるのなら、出会うべき作品だったのだろうと思う。

内容は酷評されていたりしたが、そういう意味で意義のある舞台だったと私は強く思っている。

物語最後、実はまだ犯行に及んでなかった人に殺される主人公

千穐楽が終わって、1日疲れて休んで、手紙を読んでからはいつもブログを書いていると思っているので、きっと今日明日にはブログが来るはず。

それが終われば全部終わってしまう。

最後の結末が違う形になるのかはそれ次第。

しかった、さようなら。大好きだった。

2018-12-19

anond:20181219161733

増田に書いてあること読んでるだけと、リアル活動分からんし、個々の発言が同一の増田かどうかすら分からんし。

からお節介かも知れないが」と前置きしたのよ。

anond:20181219161202

そうか。まぁ、気張りや。

あとお節介かも知れないが、そういう主張って増田だけだとあんまり効果ないと思うから社会的地位を得て顔出しで活動するとかした方が効果が出ると思うよ。

自分自身でそういうことできなくても、そういう同志を募るとかさ。

2018-12-14

知ったかぶりウエイトトレーニングに突っ込む

既にボロクソだが

anond:20181214162652


まず体重BMI22にし、

まずBMIトレーニングしてる人なら使わない指標

その基準に照らしたら俺等は全員ただのデブになってしま

ある程度高負荷のウエイトトレーニングを薦める後半とも整合性が無い

体重×1.2のスクワットデッドリフトそれぞれ10

そもそもスクワットデッドリフトフォーム次第過ぎてこんなぼんやりした目安でどうこうならない

当人の体格によっても難易度全然変わってしま

ただ例えば84kgの人(バーベル100kg)のきちんとパラレルまで下げるストリクトフォームスクワット10repであれば 

俺等から見たらアップのうちだが0から一朝一夕で出来ることでもなく、こんなシッタカ馬鹿がやってるとも思えない

少なくとも

こなせるようにするだけでだいぶ変わるよ

なにが「こなせるようにするだけ」だ

てめーがやったこあんのかカス

お前みたいな口先カスにそのレベルまで取り組む根性はねーと請合ってやる

60kgぐらい担がせて腰を下ろさせただけで心臓バクバクフォームガタガタになって激痛でピーピー泣く

下手すりゃバー肩に食い込んで痛いとか言い出すだろーなw

体重×0.8のプッシュアップ10回、

これに至ってはどういう種目なのか、何をどうするのか、想像も出来ない

お前一体何言ってんだ?

体重×0.8のプッシュアップ」をやってみせろよばーか

んで何故ベンチプレスでなくプッシュアップなのかもわからんけど

ひょっとしてベンチプレスって言いたくてプッシュアップになったのか?

もう酷すぎるわ

ちなみにベンチプレス体重の80%で10repだとどんなにストリクトフォームでもショボすぎです


KKOを自認しつつ現状を変えたい人へ

妄想お節介やいてねえでてめえが自分を変えろ

トレーニングに興味があるならスポーツクラブへ行ってバーベル触ってみろ

持ってるだけで手がいてえ前腕がいてえ肩がいてえ腰がいてえってなる

それが実体験だ

そこからだお前は

anond:20181214113807

横だけど、過度な食事制限NG

誰が「過度」な食事制限を勧めたの?

あと「過度」なものが悪いのは当たり前じゃん

どれぐらいからが「過度」なのかを示せないならなにも言えてないってことわかってる?

何をしても痩せないということであれば、ホルモンバランス免疫を調べるべき(橋本病とか甲状腺病気があれば太る

俺の経験上何をしても痩せないなんて言う奴は食ってるだけだよ

そんな極レア病気可能性を持ち出すことに現実的意味があるか?

そしてその病気がどんなものであっても食わなければやせると思うぞ(でなければ究極生物じゃねーか)

ていうかそもそも元増田は「何をしても痩せない」なんて言ってなくてつい食べてしまってることを認めてるじゃん

変に痩せる筋肉が落ちて痩せたように見えるだけだからNG

「変」に痩せたらそれはよくないわな

「過度」と同じだな

何が「変」で何が「正常」かを言えないならなにも言ってないのと同じ

程よい運動と、バランスの良い食事のみ

定量的にどれぐらいが「程よい」の

バランスの良い」とは具体的にどういうもの



わかる?

お前は見事になんにも言ってないうえに

現実的意味のないトリビアを持ち出したりしている

お前がどういう奴なのかばっちりわかるよ

実体ゼロ、体系的知識ゼロ、聞きかじりの知識で何かを知った気になって人にアドバイスするお節介シッタカ人間


お前みたいなのこの界隈ではよく見かけるからすぐわかるよ

実践ゼロ自分自身運動食事制限したことない人間

お前レベルで人に何か言うなよ

相手に言うのは論外だけど

元増田のような何も知らない人にアドバイスするのですら有害

2018-12-01

トラバしてすぐ消して逃亡したので載せる

トラバされた内容

直接質問に答えてないからわざとつけてないんだよ 余計なお節介焼くなあほ

と言われた。

は?みんなが話している中で一人だけブツブツ言うなよ。

トラバがあればみんなが内容確認やすくなるんだから使えばいいんだよ。

anond:20181201175931

2018-11-30

anond:20181130141704

よく言われるのか…。とすると結構普段から今回みたいな衝突とかしてるんだな。

お節介かも知れないが、似たような旨の指摘してくれる人がまだ側にいるようなら、その人の意見にはよく耳を傾けた方が良いかも知れない。

2018-11-29

anond:20181129180054

何かを始めるのに年齢は関係ないなんて絶対に嘘だわ

年食ってから何かを始めてものにできた一部の成功者が、お節介お気楽にばらまいてるチラシだからなぁ。

本人は他人勇気づけてるつもりなのかも知れんけど、こっちはハンマーで叩かれた気分だよ。

2018-11-28

泥酔している、だからこそのお節介

https://mstdn.jp/@une/101143427395298180いま

友人が似たような罠にハマって大騒ぎになった話を聴いた人間として、悪いことは言わないので「緊急対応として今手元にあるクレカを完全封印して返済完了するまで返済に専念or今後を見据えて任意整理視野に入れてソチ方面に有能な弁護士相談」を強力にオススメしま

このままだと個人に対するクレジット融資に対するブラックフラグが付いて、自動車スマホなどの分割購入やアパートの入居に関する与信審査にも影響を与えかねませんよ!!

2018-11-23

彼女は誤解されやすいと言ったが、ああなるほどとは思った

彼女の振る舞いはさとう珠緒キャラなのだ

とはいえ男性に殊更媚びるということはないし、

自分にも同じような話し方なので

まぁそういうキャラなんだな、と思っていた

けどまぁあのキャラカンに触る人、

あのキャラで媚びてると捉える人もいるんだろう

しろ面倒見が良いお節介おばちゃん性格なんだけどな

2018-11-21

DVのこと

友人がDVを受けている。同棲してまだ2週間、付き合って半年カップル彼女の方が恋人からつねられたり殴られたりしている。

きのうとつぜん死にたい彼女の方から連絡が来ていろんな友達の力を借りて家を探して行ってとりあえずしゃべってきたけれど逆効果だったかもしれない。

お節介だと思われてもいい、というか積極的お節介になろう。変な奴だって思われるくらいが一番楽だ。

まあそれはそうとして 専門家に任せたほうがいいのだろうか?

人間関係曖昧でもろくて白黒つけづらい。だからこそ面白いのだけれど、同時にだからこそ難しいとも言える。行政やなんらかのNPO学校に任せて介入してもらったらその後がしんどいだろうか。

でもいま我慢して静かに暮らすのももっとしんどい我慢しても白黒つけても未来はいつのまにかやってくるし

DV犯罪だ。

不機嫌になる権利とかそれを察させたり殴る権利なんてどこにもないし誰も持っていない。

それから恋人という関係だと埋もれがちだけれど、相手他人なのだ自分でも家族でもない(そしてもちろん家族だってみんな他人)

相手人間関係まで所有することはできない。

なにが彼の行動を作ったのだろう。なぜ彼はそんなに、多くのことを許さないのだろう。そもそも許す/許されるの関係性がおかしい。


いい方法を 知りたい

2018-11-19

anond:20181119114945

未来は誰にもわからない」って事だけを信じてる。これでネガティブな心の声も、他人お節介も耳に入らなくはなる。

信じてるっていうより、おまじないに近いけど。

anond:20181119094928

お気持ちの話になっちゃったのか

まあこんなもんだよ

お前は頭悪いし人格もできてない

教育がどうこう他人様のお節介焼く前に自分をどうにかしろ

2018-11-10

老婆心ながら、って表現男性が使ってもいいものなの?

一定年齢以上の女性自分を下げつつお節介を言う時の表現だと思ってた

後輩が死んだ

バイトで知り合った高校生女の子だった。

 

の子が入って1年近く経った頃、彼女は時々体調を崩して休んだり、勤務中も具合が悪そうに見えることが増えた。

部活もやっている子だったので、両立できているとはいえ疲れたんじゃない?とみんなは言った。

彼女は外でやるタイプ運動部で、大会シーズンは夏場に真っ赤になった顔で出勤した。

体調を崩しながらも部活は頑張っていたようで、いろんな大会で勝ち進んでいたようだった。

「どっちかっていうと黒くなるタイプなんですけど、赤くなっちゃいました。焼きすぎたのかな?」と彼女は笑った。

焼ける以前よりも彼女はどちらかというと赤ら顔の印象が強かったけど、

夏を過ぎて、シミやそばかすよりも赤みが残ってファンデーションを買い替えた、と言っていた。

 

彼女部活引退し、就職も決まりシフトを増やしたのか顔を合わせることが増えた。

から冬にかけて彼女はずっとマスクをしていた。

風邪予防かと思ったら、どうやら長いこと風邪を引いているらしかった。

熱とだるさが続いていると言っていた。

私は医療系の大学勉強していたので彼女の長引く風邪違和感を感じていた。

店長にも相談し、親御さんに連絡をしてもらい、休ませて病院に行ってもらうこともしばしばあった。

貧血体質だという彼女血液検査でも指摘され鉄剤を飲んでいたけど、それ以外は問題がなかったらしい。

そこまでしても問題がないと言うのならこれ以上私がお節介をかけるのもな、

と具合が悪そうな彼女に無理をさせないようにするくらいしか出来なかった。

 

それから私が就活退職し2ヶ月が経った頃、バイト先の店長から連絡があった。

彼女が亡くなったらしい。

1ヶ月前から某大病院入院していたが、悪化が早く亡くなる一週間前から意思の疎通が難しいほど弱っていたという。

診断は全身性エリテマトーデスだった。大学でアホほど勉強させられた疾患だ。

 

いつ頃から発症していたのかは今更分かることではないし、本当に彼女の体質だったのかもしれない。

でも、10代以降の若い女性に多い疾患なのだ。男女比は1:10とも言われている。

彼女母親は、あんなに血液検査もしていたのに、抗核抗体検査はやっていなかった、と葬儀で話していた。

 

今になって思うのだ。

彼女発熱やだるさといった風邪の症状、貧血、その他諸々は、ひょっとしたらこれのせいだったのではないかと。

彼女の赤ら顔は、SLEの特徴である蝶形紅斑だったのではないかと。

医者ではないからそんな区別はつかないし、医者以外が人に診断まがいのことをしてはいけない。

結果論しか無いけど、それでも、どこかで気づけなかったのだろうか、早いうちに何か出来なかったのだろうかという後悔が強い。

今でも職場で誰かが体調を崩し「あの子は体が弱いみたいで」とか「私こういう体質みたいで」なんて声を聞く度に、

亡くなった彼女のことを思い出し不安脳裏をよぎることがある。

女性の子宮頸がんや乳がん等は広く周知されてきているけど、

SLEは膠原病というジャンルで昔から知られている割に症状から疑いにくいのかな…と自分も含めて思うのだ。

女性他者遺伝子を持つ胎児を宿すために、男性とはまた違った免疫バランスが取られているという。

そのバランスを崩した結果自己に対する免疫を持ってしまうのではないか?故に女性自己免疫性疾患が多いのではないか?という説があった。

どうか、特に若い女性は少しでもおかしいな?と思ったら膠原病内科などで検査を受けてみて欲しいと思う。

2018-11-09

ラッシュ時の電車におばあさんの2人連れが乗ってきた

ここにいては座れないからと言いながら優先席の前に潜り込んで来た

が、すし詰め通勤電車で席は空かず

おばあさん達は小さい体で文句を言いながらも人の波に耐えていた

やり取りを小耳に挟みながら母親と娘かな と想像していた

一方のおばあさんがもう一方にしきりに話しかけている

老い母親満員電車内で気遣ってるのかな、と

乗り換え駅で席が空き、よく喋る方のおばあさんがもう一人に促した

もう一人は優先席の空いた中央の席に座った

2人を見てみるとお節介なおばあさんは髪も白髪で、椅子に座った方は黒髪で、世話を焼かれている方が若く見える

とはいえおばあさんではある

なんだろ、友人同士なのかな?満員電車に慣れてない友人をフォローしているのかな、などとまた想像する

よく喋るおばあさんはもう一人にずっと世話焼きな発言をしていた

「◯◯駅だから8時35分くらいよ、寝ないようにしなさいね」。

世話焼きお喋りのおばあさんはターミナル駅で先に降りて行った

降りるときに席に座っているもう一人のおばあさんの頬を強めに撫でて

しっかりね、とでも言うように

あれ?と思った

友人というには距離の近すぎる振る舞いだな

まるで母親子供にするみたいな

その後、もう一人のおばあさんは席に静かに座っていた

どこで降りるかははっきり聞いてないけど、8時半過ぎなら私の乗換駅より手前だろうか

寝たら起こした方が良いのだろうかなどと思っていたが

起きているようなので安心し、手元のスマホ視線を落としていた

と、おばあさんが何か喋っている

一人で何か言っている

周囲の人達視線を送った

が、すぐに無関心な空気に戻った

ああそうか、母娘か とようやく理解した

2018-11-02

新人をいびるお局になって、5年後

なんかの記事を読んで、久しぶりに増田に書き散らそうと思ってログインしたところ、5年前に書いた日記が出てきた。あまりの懐かしさに書こうと思っていたことを全部忘れたので、せっかくだし忘備録として、あの生意気な後輩のことを書こうと思う。

わたしはお局になってしまった

https://anond.hatelabo.jp/20130619155614

生意気新人が入ってきてひたすらイライラしていたという話だ。当時は社会人4年目、少しばかり仕事も覚えて、後輩もできて部署メンバーの仲も良く、仕事が楽しくなってきた矢先の話だったので、それはもう彼に世界をぶっ壊された気がしていた。今となってはお恥ずかしい限りだ。

ありがたいことにこの醜罵詈雑言ブコメも沢山もらって、4年目ごときの小娘がお局なんて片腹痛いわみたいなことも言われて、当時はナニクソこの野郎と思ったものだが、今思えばその通りだなあと感じてあまりのほほえましさに自分で笑ってしまった。

**

あの日記を書いた後、ブコメに小娘がどうこう笑われて腹が立ったので、こうなったら真のお局になってやるわ見てろよブコメどもと思った。返事が返ってこなくても毎日大声で挨拶をして、嫌な顔されても何かにつけてしょうもないことで話かけ、飴ちゃんはいるかと聞いていらないと言われても無理やり押し付け、顔色が悪ければどうした早く帰れと言い、空調の風で寒そうだったらショッキングピンクのど派手なひざ掛けを無理やり掛けてやったりした。もう半ば嫌がらせだった。

なんやかんやで結果的に、あの日記を書いて1年も経たないうちに、彼と打ち解け、すごく仲よくなった。

特に仲良くなるきっかけがあったかどうかは全然覚えてない。気が付いたら、彼の慇懃敬語はいしか消え、私にため口をきくようになったし、普通に笑うし、私の肩も軽口も叩くようになり、私の引き出しを勝手に開けてはお菓子をチョロまかすようになっていた。

これがもう、本当に滅茶苦茶嬉しかった。あ、なんか心開いてくれたっぽいぞ!ってわかったし、なによりすごく声がやさしくなったし、私のくだらない話に笑ってくれて、見たか私のお局力!ドヤ!みたいな気分だった(この時は、お節介おばさんとお局様の差が、あまりわかっていなかった)。

そうなると自然仕事でのコミュニケーションが円滑になり、何かあれば彼もすぐ相談するし、もともと地頭はいいのでこちらもいろいろ相談するようになり、頼り頼られみたいな感じで、先輩と後輩とも知らないうちに打ち解けて、彼が入社する前よりも平和な仲良し部署になっていた。

そういえば、店員への横柄な態度もいつの間にか丁寧な態度になっていた、というか、むしろ一番気を遣うようになっていた。飲み会も一番楽しそうで、酒の量はセーブしながらもいい感じに盛り上げてくれて、おまけにカラオケもうまかった。慇懃無礼で隙あらば睨んできていたやつが、明るく楽しい普通チャラ男になった。

**

私たちのいた部署親会社に吸収されることになった。

親会社はこの平成も終わらんとする時勢にあって非常に昭和的な会社だったので、女子お茶汲みコピー以外の枠がないらしく、私だけ一般職格下げで皆と一緒に親会社へ出向する、もしくは、全然関係ない部署配置転換、という選択を迫られることになった。

一応、専門知識必要部署にいて、それなりに経験を積んで勉強もして大きな仕事を任されたりしていただけに、この状況はすごく辛かったし悔しかった。ただ救いだったのは、私以上にみんなが怒ってくれて、上司も先輩もどうにかならないか上に掛け合ってくれたし、「今すぐタイでも行ってつけてもらってこい!」みたいな本気だか冗談だかわからない言葉もありがたかった。中でも一番怒ってくれたのは彼で、役員室に殴り込んでサーバーをぶっ壊す勢いなのを必死で宥めた。こいつ相変わらずだなと思う反面、これだけ私のために彼が怒ってくれるのがすごく嬉しかったのを覚えている。私のやってきたことは会社に認めてはもらえなかったけど、彼らがこうして評価してくれていたんだなと思うと、不思議と怒りは沸いてこなかった。

こうして私だけ去った後の部署は、これがもうびっくりするぐらい空気が悪くなった。理不尽な異動に腹立しながらも古い体質の役員から自分と後輩を守ろうとする先輩と、こんな時代遅れ差別断固許すまじ討ち入り上等の彼、その板挟みになった後輩に、親会社の無神経なメンバー仕事のできない別の上司が加わり、それはもうしっちゃかめっちゃかになっていた。最初は微かだった不協和音はみるみる大きな歪みになり、最終的には、先輩と彼は口もきかなくなった。後輩はオロオロするばかりで、3日に1度ぐらいお菓子をせびりに来ては、やりづらいと愚痴って帰った。さら上司もどうしたらいいのかわからず、ただただものすごく空気が悪く、もはや誰にも修復不能なまでになっていた。

私がいたらあん空気にさせないのにという無念と、私が異動したせいでああなったのだという自責と、ただ私の力ではどうしようもなかった無力感と、とにかくもう見ているだけで本当に辛く、人間関係ってスイッチ一つでこうも変わってしまものかと思って茫然とした。

私が転職することになって、元部署メンバーが集って送別会を開いてくれた。この時には、もはや会話らしい会話をしていない彼らだったが、私を気遣ってか以前みたいに、和やかで楽しい雰囲気を作ってくれた。会社を辞めるにあたって、彼らのギスギスがとにかく心配だったが、ぎこちないながらも言葉を交わす様子を見て、これで少しでも元の状態に戻ってくれたらと思った。だがその矢先、3次会で入った居酒屋で、些細な切っ掛け、本当に些細だったと思う、彼が先輩の胸倉をつかんでの怒鳴りあいになってしまった。親会社のやり方に不満を抱きながらも、後輩たちの立場が危うくなると感じて収めるように諭してきた先輩に対し、私や後輩(繰り返しややこしいが彼にとっては先輩)がここまでコケにされて言い返せない先輩に不満を抱いていた彼が爆発してしまった。周りの人も騒然として、何とか割って入ってことを収めたものの(なお後輩は気付いたら後ろに逃げていた。危機管理のしっかりした男だ)、これが決定打となって、彼らの関係は完全に決裂してしまった。その後、ドロドロの展開は私の去った後の話なので割愛するが、裁判沙汰にもなり、私が辞めた数か月後には彼も会社を辞めてしまった。

最後送別会で帰り道に彼が言った「(私)さんが上司だったらよかったのに」という言葉を思い出す。扱いづらくて癖の強い男だったが、可愛くて素直で優秀でまっすぐな男だった。なんでみんな、彼を上手に使ってあげられないのか、すごく不満だった。彼が私を認めてくれたことが嬉しかった半面、自分に彼を使ってあげられる力がないのがすごく悔しかった。仕事を頑張って、それなりの地位につきたいと思うようになったのは、それからだろうか。まあ、現実には失敗ばかりのダメ社員で、自分仕事で手一杯なので地位云々なんてもってのほかの話ではあるが、何かあれば人を守ってあげられる立場人間になりたいと思うようになったのは、彼の影響だった。

結局、彼がいまどこで何をしているのかは全然知らないのだが、さっき自分日記を読み返して、辛い思いをしていないかなあ、元気にしているかなあ、うまくやっているかなあと心配になってきてしまった。

2018-10-31

anond:20181031133635

なるほど。

それは懸念はわかるけど、やっぱり教育ママの余計なお節介というしかないよ。

子供人間関係コントロールしようとしている訳だろう? それはまず上手くいかないよ。

あと、これもまた更にの話ができてしまうが、社会全体をコントロールすることで子供人間関係コントロールしようとしているわけで、規模感がどう考えても無意味だろう。

オタクコンテンツゾーニングしたら、キチオタクが少なくなる? ありえない。

そんなこと考えている親じゃ、子供反抗期にかえってアングラに嵌ってしまいそうにも思える。

どんなコンテンツに触れようとも健全にいられる子供を育てたほうがいいしだろう。

ていうかそれしかないだろう。

幸いほとんどの親が成功しているようだし。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん