「自然淘汰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自然淘汰とは

2017-09-23

安楽死施設提案しないのはなぜなのか

https://www.amazon.co.jp/未来の年表-人口減少日本でこれから起きること-講談社現代新書-河合-雅司/dp/4062884313

この新書第一部を読んだ。

高齢社会労働人口と、少子化にまつわる話が主の本だ。

さまざまなデータから2115年まで少しずつ起きるであろうことが綴られている。

抜本的にかえなければ社会保障がまわらなくなる未来しかない。

労働人口が激減するし、救急車だってすぐこれなくなるような日がくるのだそうだ。

33歳としては何故そんなにすべての命を延ばすために社会保障税金をまわしているのか理解できない。

身寄りがあろうがなかろうが、あまりにも助けがないと生きられなくなったとき安楽死施設があればいいのに。

もちろん老人に早く死ねと言っているわけではないのだがそう捉える人は多いので政治家の口からは出ない。

私自身は積極的安楽死尊厳死を選びしたいと願う。

選べないことも、制度が無くても選べなくなってしまう日が先に来たらまずい。

認知症や寝たきりになったりしたら頑張って生き延びさせられてしまう。

そりゃあ親も兄弟もは長生きしてほしい。

でもそれは本人の意思なのか?

排泄物の処理を娘息子にさせるのって当人としてつらいのだ。

金を対価に他人にしてもらう方がよほど良いくらいには、今までの大人としての尊厳が奪われる。

私の祖父リウマチで四半世紀苦しみ、逝った。

父は弔辞でもう痛くなくなってよかったねと言ったことが忘れられない。

親が高瀬舟のようなことを頼んできたらかなえてあげたいものだ。

チューブだらけの体にいくら払うのだ。

絶対にもう、ひとりで食事さえ採れなくなっても生きねばならないのか。

生かさねばならないのか。

自然淘汰を待つのは苦しみが大きすぎる。

死を選ばせて、浮いた社会保障若い世代に。

子育てからは正直なところ大学まで無償化だのより、産んだら国のものになる命という考えもありだと思う。

社会が育てる仕組み。ネグレクト虐待も望まない妊娠カバーできる。

未来を支える世代にこそお金を使ってほしい。

日本が残る道は劇薬がいる

2017-09-16

anond:20170916220644

死にたいなら死んではどうか

仕事に向いていないんじゃなくてお前は人間社会に向いていない

残念ながら適応することができなかった

淘汰されることは自然なこと

うつ病気自殺病気というなら病気死ぬのは罪ではない

社会的不都合があるから自殺は悪だとされているけど、ただの病死自然淘汰と何も変わらない

環境適応できなかった個体は淘汰されるだけ

そうやって何億年も生き物は生きてきたんだから病死だろうが自殺だろうが何も変わらない

適応できない個体を生きながらえさせるほうが、集団にとっても不利益である

2017-09-13

iphoneAndroid端末の立場逆転してて面白い

iphoneバラバラな端末に合わせてアプリを作る人たちが文句を言い、

Android端末は自然淘汰の結果、外装デザインとパーツ選定しか端末メーカー自由度が残されてない。

リリース当初の反応は真逆だったのに。

まじでどうしたらいいんだ

死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい

からやなんだよ

この仕事に向いていないんじゃなくて俺は人間社会に向いていない

残念ながら適応することができなかった

淘汰されることは自然なこと

うつ病気自殺病気というなら病気死ぬのは罪ではない

社会的不都合があるから自殺は悪だとされているけど、ただの病死自然淘汰と何も変わらない

環境適応できなかった個体は淘汰されるだけ

そうやって何億年も生き物は生きてきたんだから病死だろうが自殺だろうが何も変わらない

適応できない個体を生きながらえさせるほうが、集団にとっても不利益である

2017-09-10

5分でわかるカタルーニャ住民投票独立問題

このへんの話。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170907/k10011129891000.html

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20170908/p2

事情に詳しくない人からすると「なんでそんなにカタルーニャは熱くなってるの?」って感じだろうと思うので、簡単に解説したあとで補足説明をつけます。

5分でわかるまとめ

補足説明

背景を説明するためには、時代をいっきに40年ほどさかのぼ必要があります

1975年に、スペイン総統フランシスコ・フランコが亡くなりました。その結果スペイン王政復古し、現国王の父であり当時国王だったフアン・カルロス1世のもとで民主化への道を歩んでいくことになります。この王様、退位前の数年間はひどく評判が悪かったんですが、民主化に反対する軍将校が起こしたクーデター鎮圧したことで即位直後は民主化守護者としてたいそう人気がありました。ちなみに現国王のフェリペ6世は当時10歳にもならない子供だったので深夜に行われた国王クーデター首謀者との会談の席ではおねむだったのですが、船を漕ぐたびに「おまえは王様になるんだから王様のつとめをよく見ておきなさい」と父君に優しく揺り起こされていたそうです。なにそれ萌える

閑話休題。このフランコ政権ですが、典型的な「スペイン単一民族国家だもん!」派の政権でした。彼が在世中はカタルーニャ語バスク語をおおやけの場で用いることはひどく抑圧され、内戦前のカタルーニャ州政府首脳陣は殺されるか投獄されるか亡命するかという感じでした。そのフランコが死んだことで、亡命州政府トップスペインに帰国し、民主化が進展します。このときフランコ体制下で抑圧されてきた「スペイン多民族国家になるべきだもん!」派が一気に声をあげはじめます

(ここでいう「民族」ってのは、英語ネーションにあたる、スペイン語のnación、カタルーニャ語のnacióのことで、「自分で国を作れる権利や能力のある集団」みたいな感じなんですよね……うまく説明できないんですが。なので移民とかは勘定に入れてません。この文脈だと「国民」と訳した方がいいのかも。「スペイン単一民族国家だよ」というのは「スペインにいるのは『スペイン国民』だけであり、カタルーニャ人バスク人もひとしく『スペイン国民』だよ」ということで、カタルーニャ人たちは「スペインには『カタルーニャ国民』や『バスク国民』もいるんだ」と主張してるわけですね)

民主化したからにはちゃんと民主的な憲法を作らないといけませんが、これが紛糾します。単一民族国家というのはフランコだけの思想ではなく、熱心なスペインナショナリストフランコ死後も消えてなくなりはしなかったわけです。彼らは頑強にスペイン統一、つまりスペイン単一民族国家であることを守ろうとします。一方でこれまでさんざん煮え湯を飲まされてきた地方の側もそれでは収まりません。そんななか、妥協として制定されたのが1978年憲法でした。条文の英訳をウィキソースからコピペします。

Section 2

The Constitution is based on the indissoluble unity of the Spanish Nation, the common and indivisible homeland of all Spaniards; it recognises and guarantees the right to selfgovernment of the nationalities and regions of which it is composed and the solidarity among them all.

太字にしたところはテストに出るので覚えておいてください。ここではスペインひとつネーションからなり、不可分であること、そしてネーションの他にいくつものナショナリティ存在することが謳われていますナショナリティっていわれると普通は「国籍」って意味なんですが、この文脈では「準ネーション」みたいな意味だと思ってください。つまりネーションひとつしかないけど、準ネーションっぽいものはいくつもあるよ! ってことですね。

(ところで、この憲法からもわかる通り、スペイン連邦制国家ではありません。連邦制かと見紛うばかりに地方に権限委譲がなされてはいますが、それでも「連邦制=国の集まり」ではなく「スペインは不可分のひとつの国!」ということになっているのです。これを専門用語自治州国家体制といいます

この憲法にのっとってカタルーニャ自治州の地位を得、フランコ体制下で迫害されていたカタルーニャ語を復活させるための政策に着手します(これを「言語正常化」といいます)。使用弾圧されただけでなく、工業化が進む中でスペインの他地方からの移民が来て、カタルーニャ語を解さない州民が増えていたのです。また、なにせ相手は数億人の使用人口を誇る言語ですから、話者数数百万人のカタルーニャ語など放っておいたら自然淘汰されてしまいかねません。州政府公教育カタルーニャ語を導入し、様々な場面でカタルーニャ語使用を義務づけ、カタルーニャ語使用助成金を出し、結果として今ではほとんどの州民がカタルーニャ語スペイン語の見事なバイリンガルに育つようになっています

助成金は、たとえばパソコンのOSのカタルーニャ語訳とかに出されています。数億人が使ってるスペイン語経済的にペイするのですぐに翻訳されて、なおかつ州民はみんなスペイン語ができるので、放っておくとみんなそっちを使っちゃうんですよね……)

ところでこの憲法、実はもうひとつトラップがあります。それは公用語について定めた条文です。

Section 3

C1. Castilian is the official Spanish language of the State. All Spaniards have the duty to know it and the right to use it.

C2. The other Spanish languages shall also be official in the respective Self-governing Communities in accordance with their Statutes.

C3. The wealth of the different linguistic forms of Spain is a cultural heritage which shall be especially respected and protected.

そう、カスティーリャ語(つまりスペイン語)は、スペイン市民(たとえバスク人カタルーニャ人であっても)にとって知る「義務」があり、使う「権利」がある唯一の言語なのです。逆に言えば、それ以外の言語を使う「義務」を州が課すことは違憲になります

この時点で、たとえばカタルーニャ州が州内の教育カタルーニャ語だけで行おうとしたら違憲です。カタルーニャ州が州民に高度なバイリンガル教育を施しているのは、理想が高いのではなくそうせざるを得ないということです。またカタルーニャ州言語政策も、たとえば「お店のメニューカタルーニャ語を使う義務」「商品のラベルカタルーニャ語を使う義務」「企業広報活動カタルーニャ語を使う義務」といったものを法で定めたりしていますが、これは個々人に対する義務ではないのでギリギリ合憲ということになっています。なっているはずでした。

ところで、カタルーニャも極楽ではなく、何をするにも先立つものがいることには変わりありません。つまりお金です。ところが、スペイン自治州には基本的徴税権がありません。バスク自治州ナバラ自治州には歴史的事情(ありていに言うとスペイン継承戦争官軍についた)によって徴税権があり、その一部を国庫に納入していますが、カタルーニャあくまで国が徴税して配分するお金を受け取る立場です。そしてカタルーニャスペイン全体でみても豊かな地域であり、多くの税金カタルーニャから徴収され、多額の税金カタルーニャ還元されています

しかし、その収支が赤字だということが大問題なのです。カタルーニャから徴収される税金は、カタルーニャ交付されたり還元されたりする際に8%ほど目減りしていますしかも、これだけ払っていながらもインフラ整備は後回しにされているのです。カタルーニャだけ高速道路は有料で列車老朽化も放置、EUから勧告されたカタルーニャ高速道路整備も中央政府拒否っておきながらマドリードなどカスティーリャインフラはしっかり整備しています。他州より高く払っているのに他州より低いサービスしか受けられないのは何事だと、カタルーニャ州民が怒るのももっともです。

こうした状況を受け、2000年代に入ると自治憲章(要するに自治州の憲法ですね)改正の動きが活発化します。自治州議会は、徴税権やカタルーニャネーション(nació)であることを盛り込んだ憲章草案を可決しますが、中央政府(当時は左派社会労働党)との交渉徴税権は削られ(かわりに公平な交付金の支給を約束。結局実施されてませんけど)ネーション条項は前文のみ。妥協のすえ2006年にようやくスペイン国会を通過して新自治憲章が成立します。

これに待ったをかけたのが国民党(現・与党)です。彼らからしてみれば、「一地方の自治権強化はスペイン統一に反する」というわけですね。彼らはこの自治憲章が憲法違反だと憲法裁判所に提訴、これに対抗してカタルーニャではデモが盛り上がり、「我々には自決権がある」という主張が登場します。そして2010年憲法裁判所は自治憲章の多くの条文に違憲判決を下しました。しかもその判決は、これまでカタルーニャが行ってきた自治権強化政策を否定し、自治権をより縮小する方向のものでした。カタルーニャ語を行政において優先させる規定違憲となり、カタルーニャネーションとした前文は、スペインにおいてネーションはただひとつとして法的拘束力はないとされたのです。そしてこの違憲判決に基づいて、カタルーニャ学校ではスペイン語で教えるべし、という判決も出されました。

ここまで妥協しても憲法違反になるのか……という絶望が、一気に民意を独立へと傾けていきます。それまで20%前後を行ったり来たりしていた独立への支持率が、この違憲判決を境に一気に30%を超え、2013年には60%に達しました。今の憲法がある限り、スペイン国家に留まっている限り、カタルーニャ自由にはなれない、と多くの人びとが考えるようになったのです。移民の子だってカタルーニャ暮らしているわけですから独立に傾きます

2014年カタルーニャ自治州は「法的拘束力のない」住民投票実施を計画しますが、違憲とされて差し止めが命じられました(提訴したのはもちろん中央政府です)。じゃあ非公式の模擬投票やろうぜ、と言ったらそれも違憲とされて差し止め命令が出されます(模擬投票も認めないなんて表現の自由に対する攻撃だと国際的に抗議が殺到した模様)。結局自治州非公式の投票を決行しましたが、中央政府憲法違反の投票を強行したとして当時の州首相らを刑事裁判にかけますちなみに裁判期日として指定されたのは、フランコ政権によって内戦前最後カタルーニャ自治政府首相が銃殺された日でした。煽り力高い。州首相だけでなく州議会議長まで訴追するよう憲法裁判所は命じています民主主義とは。

このような国民党政府対応が火に油を注ぐ結果となり、今回の住民投票実施に至るわけですが、この期に及んでなお国民党は「カタルーニャ自治州に毎週会計報告を義務付け、違反した場合交付金を停止する」と表明したり(http://www.pressdigitaljapan.es/texto-diario/mostrar/775503/)、プッチダモン州首相を訴追する準備を進めていたりして(http://www.politico.eu/article/catalonia-independence-referendum-spain-the-carles-puigdemont-factor/)、まあある意味通常運転です。「やっぱスペイン国家の枠内では自治権保証されないじゃん……」とカタルーニャ人に思わせるだけの簡単なお仕事こうして着々と独立に向けたフラグが立っていくのでした。

スペイン政府オプションとしてカタルーニャ自治州政府の停止も視野に入れているという報道があります。根拠となるのはスペイン憲法155条です。

Section 155

1. If a Self-governing Community does not fulfil the obligations imposed upon it by the Constitution or other laws, or acts in a way that is seriously prejudicial to the general interest of Spain, the Government, after having lodged a complaint with the President of the Self-governing Community and failed to receive satisfaction therefore, may, following approval granted by the overall majority of the Senate, take all measures necessary to compel the Community to meet said obligations, or to protect the abovementioned general interest.

2. With a view to implementing the measures provided for in the foregoing paragraph, the Government may issue instructions to all the authorities of the Self-governing Communities.

ぶっちゃけこのオプションが採られた場合投票は物理的にはできなくなるでしょうが、まあスペイン国家とスペイン憲法へのヘイトをためるには十分すぎるほどなので、余計に独立への意志を強めるだけですよね……という辺りが現状言えることです。部外者としてはワクテカが止まらない祭り出来事ですが、楽しむためには背景知識必要だろうと野暮を承知解説してみました。部屋を明るくして画面から離れて住民投票をお楽しみください。

参考文献

この増田のパクr……ネタ元です。どれもネットで読めます

違憲とされたカタルーニャ州法の条文が詳しい解説が。

スペインにおける地方分権についての基本書。

現代カタルーニャ入門書

インド系カタルーニャ人独立派についての記事

そもそもなんでカタルーニャスペインの一部になってるの? とか、カタルーニャの栄光時代はいつだよ……ジャウマ1世の時か? とかの疑問が湧いてきた時にオススメです。住民投票は……住民投票は今なんだよ!

2017-09-03

独裁主義って悪の象徴みたいな扱いだけど

日本こそ独裁主義が合ってるよね。明確な命令を下し、責任も引き受けてくれるというなら、日本人は喜んで従う。そしてその生活に多少の不満はあれど満足する。

悪いことな自然淘汰されるわけだし、無能100人より1人のカリスマですよやっぱ

2017-07-28

自分大学いたころは左側の先生ゼミ講義にいくとだいたい反ネオリベっぽい感じだったけど

最近はそうでもないんだろうか

グローバル化を進めて困っている弱者はどんどん資本主義システムに組み込んでいけば救済できる

副作用死ぬやつは自然淘汰からあきらめろみたいな意見が気が付くと多くなってて結構びっくりなんだよな

これなら自分は古いリベラルのほうを支持したいが誰も味方がいなそう

選ばれない人が多くなってしまったのは、人権尊重たからでも自然淘汰()でもなくて、マッチングミス教育あとは景気だと思いますけどね。

非モテでも産めよ増やせよしたいなら先進国から出ていけばいんじゃね。

そういえば、昭和のオッサンはそれで東南アジア売春旅行史に行ってたみたいだけどね、

今やアセアンは日本男児()が女買いに行ける物価じゃなくなりつつある。そういうのが自然淘汰されるのはいいことだ

2017-07-22

為末さんって、なんかそれっぽいこと言ってる中二ですね

為末さんの発言自由にやればいいけど、為末さんがそんなこと言う必要もないという、どうでもいい頭の悪い話。

結局みんなこう思っちゃうよね

2017-06-23

https://anond.hatelabo.jp/20170623051620

まず、移民は全てにおいて現住の大和民族よりも優れている。

特に繁殖力が高く、出生率は7倍を超える。

外来種駆逐されるとか言い訳してないで、自然淘汰を受け入れろ。

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170518234747

そう、人間の(というか生物の)進化過程って決して「改善の積み重ね」ではないんだよね。

月経に限らず、不合理な身体システムなんて山ほどある。たとえば人間は直立歩行を獲得したのと引き換えに痰を体外に排出する仕組みを失ったし、ほかにも無意味に回りくどくて効率の悪いことすごくたくさんやってる。

突然変異ランダムに起こるし自然淘汰適者生存プロセスにしたって長期的な視野に立って行われているわけじゃなくて、その場その場の環境に合わせて行き当たりばったりな選択が行われているだけ。

生き物の仕組みなんてその程度のものですよ。

2017-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20170426111421

2時間サスペンスなら視聴率のせいで自然淘汰されたが

大分前に無くなった火サスに続いて土ワイも終了って散々記事になってたのに知らんのか

2017-02-11

http://anond.hatelabo.jp/20170211215422

ぜんぜん違うくね?

そんな社会形成されてなくね?

障害者がいない世界だとは思うが、それは自然淘汰されただけじゃね?

どっちかというと「歩くのが下手なフレンズなんだね!」で済まされて差別はされないが福祉も受けられないってだけじゃね?

2017-02-07

アスペっぽくて人の心に寄り添えずに生き辛い

10代前半の頃、うつ病を患い人生で10年ほど頭がクラッシュした状態で過ごしていたが

寛解した後大学を出て働くに至った。診断されたのは20くらいの時で厳しい時代を生き残り

寛解して社会復帰出来たこと自体は良かったのだけど最近、元々発達障害の傾向があったか

もしくは後天的に脳が配線が発達障害のそれに似た物になっているのじゃないか

思うようになった。

うつとは別にから

・人の話をちゃんと聞いてない

・そそっかしくて忘れっぽい

ミスをしやす

・人の意図が読めない

所は私にも家族特に父と弟はその傾向が強い)にもあったのだけど

病気になってから個人に関してはそういう特徴はよりひどくなったと思う

職場で1つ目の部署はあらゆる意味で失敗だったと思う

1回のミスが下手をすると直接的に人の命に関わりかねない業務だったので

全く持って向いていなかった

2つ目の部署業務の内容が私の一番得意なスキルを含んでいたので

数年持ちこたえているが部署間での調整を図るような仕事や事前に決定されたフローにない業務の処理などでミスが多発する。

相手意図した事や、皮肉、表情の情報暗黙の了解がわから

社会人に基礎的ないわゆる報告・連絡・相談を満足に処理できてない

正しい業務の流れの認識特に難しいのは私とそれ以外の部署複数絡んでくるような内容の時だ

逆に得意な分野は暗黙の了解が成立しない場合で私には日本人相手にするより海外の人を相手にした方がコミュニケーションは進みやすい。日本の同僚なみんな私を宇宙人外国人のように感じているのではないだろうか

短期的に業務を回せる場所にいても長い間いて業務が安定してくると

暗黙の了解を前提としていないと話が進まない事が多くなってくる

結局うつ寛解からさらに10年ほど後に私は上司に(直接的には言われなかったけど)病気発達障害?)の可能性を指摘頂いたので病院行ってくることになったのであった

診断はもうすぐ受けることになるのでまだ結果はわかっていないが

仮に発達障害と言われたとしても鬱が出てた頃の地獄に比べれば生命に影響が及ばない状況だと思っているし

先天的障害と言われるこういう症状を持つ人々が長きに渡り自然淘汰を生き延び現代にたくさん生きていること

・変革と革新の激しいIT分野の業種で多いと言われている(私も一応その業種だ)

研究開発分野の集団とか東大生でもこういう傾向はある(と噂されている)

という事を思えば

これは障害というより群れの意向の影響を受けない個体一定割合

存在した事でそのコミュニティの中で前提とされたルールの体系外から

群れの問題解決するのに役立つ集団がいたと考えた方が私としてはしっくりくる

※仮説だけどこれは群れの中にある一定割合で出現するよう調整されているんじゃないか、よく言われている働きアリの法則のように

みんなが平和常識的暮らして満足している場所でははた迷惑しかならんだろうけど

でも上記のような群れが停滞した時に外部から問題解決に役立つよう

調整された集団という仮説が正しければ

社会技術の変革が急激に進む場所でそれとなく人々の役に立てる事はあるだろう、僕のいる分野も(一応)ITだし

たとえ常識範疇迷惑でも評価もされなくても

大型生物に生息地を奪われ海から陸に上がった生命のように

ギャンブラーのような生き方の中から多くは無駄に命を散らそうと大当たりを引き当てる個体は出てくるだろう。そのように自然が作り込んだのだと思う。

そして生命はそのやり方でこれまで上手く進化を回してきたのだろうと思う

はてなを見ると似たような状況でなかなか生きづらそうな人が多いと思う

生きづらい人も生き易い人も皆幸せに生きて欲しいと思う

その人達に話を聞いてもらいたかったり

自分の状況をまとめたかったりではじめて増田投稿してみた

僕の診断結果は近いうちに出るだろう

2017-01-26

手の指が5本しかなくて辛い

片手の指が5本づつしかない障がい者だが、とても生き辛い。

まれたから指が少なかったわけだが、小学生の頃までは気にならなかった。

確かに周りのみんなと違って、指が少なくて気になってはいたが、いじめとかは特になかった。

算数時間は、なんか苦手だとは思っていた。他のみんなは、なぜあんなに早く数を数えられるのだろうと。


だけど歴史の授業が始まり、5F0年ほど前に人類が5本指から8本指に進化したことで情報技術革新が起きたことを知った時から、生き辛い人生が始まった。

周りからは、旧人類とかイカ野郎とか言われていじめられた。


健常者は両手合わせて指が10本あるから自然プログラミング言語機械言語理解できるらしいけど、

俺は両手合わせてA本しかいから、数字センスというか、感覚が、健常者に比べて劣っている。

日常生活数字に触れるのは問題ないんだけど、主流の機械語コードリーディングに対しては、致命的だ。


プログラミング教育が高度に発達したおかげで、誰もがプログラミングができて、できないと社会に出られない世の中だけど、

機械語直感的な理解ができないので、できる仕事ほとんどない。


昔はA進数だったし、プログラミングができなくても生きていける時代だったらしいが、その時代に生まれたかった。

突然変異で生まれた8本指の人間情報技術革新を起こし続け、結果的に5本指の人類自然淘汰されてしまったが。

一応、発達障害として認定されているので、月にB3万ほど国から支給されているのでなんとか生きていける。


5本指の俺にもできる仕事教えてくれたらマジで嬉しい。

2017-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20170122161445

西野さんをやんや言ってる人の多くは第一線ではない無名の零細クリエイター達。

彼らは報酬が下がる事を危惧しているが、それは単なる自然淘汰ではないのか?

そんなに金が欲しいなら廃業して転職すればいいのにと思う。

2017-01-01

「生きづらさはどこから来るか」のメモ

下記書籍を読んだ。非常に興味深かったので、メモを共有。

生きづらさはどこから来るか
進化心理学で考える
石川幹人
ちくまプリマー新書

深刻な悩み 一つでも = 生きづらい
誰もが抱くもの
進化心理学
至近要因
究極要因
自然淘汰
進化とは、特徴が普遍的に備わった
ランナウェイ進化
人類選択して環境変化に適応できる
その結果 より多く考えねばならなくなった つまり生きづらさは環境へ高度に適応した代償 生きづらさの源泉1
人類の心身は一万年からほとんど進化しておらず一万年前の環境適応したまま
狩猟採集時代の心身と文明がもたらした環境とのズレ 生きづらさの源泉2
遺伝子
遺伝子環境 半々
集団の中で能力を認めてもらえるかは死活問題
承認
職業選択にあたり、生死を問うほどの悩みをもってしまう傾向を、ある程度生まれながらに持っている
集団の中で承認されねば 脅迫観念 自分らしさとは何か 問いにつながる
すべきからしたいへ  仕事
内にこもってもだめ 採集狩猟時代にふさわしい自分しか見つからない
職業選択の自由 歴史 浅い
対処
様々な環境に入る
実際に能力活用する方法を学ぶ
そして、その能力承認してもらえるかどうか試してみる
という試行錯誤
やりたいことを探すのではなく、環境の中にある仕事をやりたいことにしていくのが重要
情報選択能力 進化せず
決め打ち 信頼する人真実 信頼情報使い分け
共同体価値観 植え付け 自分選択させる 洗脳の構図
自分帰属できる協力集団がない
集団タイプが多岐 ネット上のコミュニティ
目標達成 幸福
衣食住 安全 子孫
現代では満たされるのが当たり前 幸福が単純には得られない
やみくもに他者比較しない
威嚇 上下関係 ディスプレイ 繁殖
現代ディスプレイは繊細
一つの集団が合わなかったからといってあきらめる必要もなければ終わりでもない
狩猟採集時代本能におびえる必要ない
女性 会話の内容より感情のやりとりが重要
女性 感情コミュニケーション 今を生きる感情 現状認識 未来考え 不得手 男性が狩の間、ずっと一緒にいないと 雰囲気悪いと集団維持できない 関係維持のためのコミュニケーション 現在の状況を指し示す役割を担って進化
男性 理性型コミュニケーション 未来に向かいすぎて現状見失う 獲物を狩るという目標
男女のコミュニケーションのすれ違いの原因 今を生きる感情未来志向の理性
負の感情 役割認識した上で それを使うか使わないか、状況による対応方法を知る
生物学的に男性女性的な性格、四通り
お金に代わる信頼を
努力が報われないと感じたら環境を変える
芽がでるのはこれからの時は継続

2016-12-19

http://anond.hatelabo.jp/20161219195118

そういうコミュニケーションを取ることができない劣等遺伝子自然淘汰排除されるだけということ。何も問題はない。

2016-11-21

バナナ型の人のダイエット

ってどうすればいいの?

タンパク質だけ多めに消化されるとか、マジ迷惑なんですけど。

てか、何でこんなデメリットしかないような遺伝子が残されてんだよ。

自然淘汰どうなった?

2016-11-03

野生動物寿命って昔と比べて伸びてたりするのかな?

人間個体寿命を延ばそうとしてここまで来たけど、

野生動物もそういう本能あるのかな?自然淘汰でそうなるのかな?

なんとなく気になったので、この辺に詳しい人居たら教えて

進化過程で完全に同一種ってのも探すの難しいかも知れんから

進化の元の種との比較でもいいんだけど、そもそも過去生物寿命とかわかるもんなのかな?

2016-10-09

http://anond.hatelabo.jp/20161008195146

主人公への感情移入を妨げない

・過度な苦境に陥ったり努力を求められない

主人公にとって都合のいい異性が自分から近づいてくる

主人公が成長せずとも最初から隠れた能力・魅力を持っている

説教くさいメッセージ性を持っていない

こういう視聴者負担求めない、至れり尽くせりのおもてなしコンテンツが男女向け問わず人気を博している。

よりコンテンツを(切実に)必要とし、積極的お金を落とす層が求めているのがそういうものなので市場原理自然淘汰的にこの傾向が発達したものと考えられる。

かつてのアニメおもてなしよりも作家性・メッセージ性・リアリティのあるキャラ造形などを重視していたのは、

視聴者潜在的な願望がまだ顕在化しておらず、市場が飽和していなかったので至れり尽くせりのおもてなしをせずとも生き残ることができたからにすぎない。

もちろん今でも意外性のあるストーリー展開や、リアリティを保ちながら魅力的なキャラ造形に成功し、必ずしも上記の条件に当てはまらない志の高いアニメは生き残っているだろう。

だが時代の中ですでにあなたアニメファンとして少数派であることは認識しなければならない。

2016-08-21

http://anond.hatelabo.jp/20160821154656

すべての組織は100%の最適化で行動しなければならない。

なぜ2割も怠けることを許しているアリという種が自然淘汰されずに残っているか

考えた方がいいよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん