「迷信」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 迷信とは

2019-04-04

anond:20190404112629

それは間違いだろ

お前みたいなガイ階級は一生迷信に塗れたガイジとして生きる

知的階層の子弟は子供の頃ですらもうちょい高級なことを楽しんでる

2019-03-29

anond:20190321101902

カラーグループ四季に分類する方法は、1970年代アメリカイメージコンサルタント キャロルジャクソンが始めた手法が元になってる。

(ちなみに「イメージコンサルタント」という職業が生まれたのは、1960年ケネディ大統領選挙での成功きっかけと言われている)

1980年にその手法をまとめた書籍Color me beautiful」が出版されて、世界ベストセラーになった。今も普通にAmazon原著売られてる。で、その書籍日本語訳をした人が、日本にも協会を作って日本人向けに理論カスタマイズして普及させ、今に至ってる。

広めた人の商売もうまかったんだとおもうけど、明快で学習やすいよくできてるメソッドから、それだけ広がる強度があったともおもう。

体型によって似合う服が違うのと同じく、顔型によって似合う髪型が違うのと同じく、色によって顔色が良く見えたり悪く見えたりするというのはあるし、単純に思い込み迷信と言い切れるもんでもない。

色にも形にも錯視効果はあるのはみんな知ってるよね。プラスに働く錯視を取り入れて、マイナスに働く錯視を踏まないようにする、それだけの話。

カラー分類は、科学でも占いでもなんでもない。顔型における丸顔、ベース型、面長、みたいな分類と同じく、単にわかやすくするための目安でしかない。

でも、分類するとそこに謎のアイデンティティを持つ人が出てきて妙な迷信みたいになり、そっちのほうがキャッチーなので流行ったりするというきらいはあるけど。

2019-03-17

薬物で良いアイディアが出るという迷信

更生施設アーティスト崩ればっかりかって?んなわけないやろ

薬無くてもその人は評価されたってだけの話やで

2019-03-02

anond:20190302090219

そんな迷信信じてるの?バカじゃん

社会活動を熱心にしてる方がぼけないってのは医学的に常識

お前が信じたいストーリー勝手に信じるなよ

2019-02-27

anond:20190227185935

俺は本当その「デブトレーニングすると脂肪筋肉に変わる」みたいな馬鹿もの迷信オレ理論うんざりしきっているんだよ

実体験も何もなく頭の中で思いついた理論を何故か真実だと思い込んで頭鈍い後輩にまで吹き込む阿呆

それをまた信じ込んで赤の他人に吹聴する阿呆

いい加減にしろアホどもが

お前らは罵られて当然のアホだ

しかったらアホを直せアホどもが

anond:20190227184420

ああやっぱり

そいつ典型的知ったか野郎から以後は内心で鼻で笑ってやりな

筋トレ(笑)とか言ってろくなトレーニングもしてねえしょっぺえ体の奴だろ


なんでわざわざ聞いたかと言うと知ったかがよくいう典型的な混乱した情報迷信からなんだよそれ

2019-02-25

怪しい「手当て」にハマる両親

両親が怪しい「手当て」にハマっている。

父78歳 母70歳。

月に1度、車で片道2時間かけて「おばあさん」に会いに行く。

その「おばあさん」は身体に手をかざしただけで悪い場所を探し当て、気を送って治す。

時にはグイグイっとその患部と思われる所を押す。(医療行為に当たるので違法では…)値段は安く、数千円との事。

そんな事を数年続けていたが、先日 母が癌を宣告された。

骨に転移もしており、ステージは告げられていないが症状はかなり進んでいるように見える。

数ヶ月前から痛みを訴えていたが、原因が見つからず、病院を何件も周ってようやく癌が見つかった。

「おばあさん」に癌は見つけられなかった。

入院となり放射線治療が始まった母。足元がおぼつかず、転ける事もしばしば。

父曰く…「『おばあさん』が毎晩強めの気を送ってくれている。気が強すぎると転けてしまうから夜8時頃は横になっておけ!転倒の原因はソレに違いない。」との事。

また、「骨に転移してなかったら病院ではなく『おばあさん』の所に連れて行くんだけどな~これまで『おばあさん』の手当てで癌が消えた人が何人もいる。」とも。

個人的には神頼みや迷信、願掛け、更には輪廻転生や死後の世界不思議な力の類を全く信じておらず、「そんなモン」にハマる父を理解出来ない。

これから先、病院での放射線抗がん剤治療を止めたり、「おばあさん」から高額な請求をされたら真剣に父と話し合おうと思う。

何よりも、あんなに聡明だった父が「そんなモン」にハマっているのがショックだ。

はいつか死ぬ。それを止める事は「おばあさん」には出来ない。

睡運瞑菜笑止千万

 このホームページでは睡運瞑菜かいうご大層な思想流行っているらしい。

 人間睡運瞑菜など不要だということを、分かっていただきたい。

 徹夜超絶技巧爆音メタルエナジードリンク

 これでキマりだ!

2019-02-12

anond:20190212213231

てか結構から鉄分補給ひじきって聞いてたぞ

誰も疑問に思わなかったのか、その迷信始まったのどこからだよ、って

2019-02-10

動物愛護法保護され繁殖した野良猫に惨殺される小鳥たち

殺処分ゼロの「野良猫にやさしい社会」というのはつまり小鳥や虫にとっての地獄」では?

動物は他の動物を殺す。

食べるために殺すし、遊ぶために殺す(快楽のために他の生命を殺すのが人間だけというのは迷信だ)

どれか一種類の動物保護して肩入れするということは、とりもなおさず他の動物虐殺するということ。

そして、猫は勝手人間が「守るべきか弱い生物」だと思っているだけで、

実際には都市部のおける食物連鎖の頂点だ。

天敵が存在しない上に人間保護され、他の動物自由虐殺できる。

そんな猫を保護し続けるのが果たして動物愛護」だろうか?

この辺りの矛盾に目を瞑ったまま、動物愛護法はここまで来てしまったように思う。

今年は5年に一度の動物愛護法改正の年。

矛盾直視するのか、それともまた見て見ぬふりをして「動物にやさしい社会」という虚構推し進めるのか。

2019-01-31

黒いカラーコンタクトが怖い

黒目を大きく見せるとカワイイという迷信があるらしく、若い女性たちの間で大きめの黒のカラーコンタクトレンズが人気だ。しかし、目に光が少なくなって同人用語でいうレイプ目みたいになってる人いるし、黒目がでかすぎて奇形っぽく見えるヒトもいる。カワイイというより、悪い意味人形っぽくて怖い。生身の人間がすすんで不気味の谷に落ちていきロボットとなるSF世界みたいで怖い。

2019-01-25

anond:20190125104307

それ迷信だろ

よく言われるFBIだって別に動物虐待殺人エスカレートする」なんて馬鹿な主張をしてるわけじゃない

2019-01-19

いじめ被害者大人になるまでの話

もし良かったら読んでください。

私(女)は小学生の頃、箸の持ち方を知らないばかりか、食べる時には口を閉じてくちゃくちゃ言わないようにするとか、お皿の中に手が入らないように食器を持つとか、そういう生活常識を知らなかった。

髪は週に1,2回しか洗わないし、梳かしたことほとんどなかった。まともな櫛やドライヤーも家になかった。同じ毛玉だらけのセーターを毎日着ていた。成長期なのにあまり顔や体を洗わなかったから、顔や背中の肌が荒れて、ニキビだらけだった。

背中ニキビの一部は皮膚の病気になり、今も通院しているけれど、手術後も再発・肥大し、痛みと痒みが続き、大きく背中が開いた服を着ると見える。)

小さい頃からベビーシッターによく預けられて、母は友達と遊びに行ってしまう。

今思えば子供への関心の薄いネグレクト家庭だったのだが、両親はちょっと変わっているだけで、全く虐待している意識攻撃性もなく、学校先生家庭訪問に来ても、新築の一軒家住まい5月の庭には数種の薔薇が咲いており、特に生活困窮しているわけでなかったから、異常を見つけてもらえなかった。

家はあまり掃除されておらず汚かったし食事も買ってきたお惣菜冷凍食品ばかりだし誕生日ほとんど祝ってくれなかったし学校の話も無関心でテスト定期試験の答案さえ見せたことがなかったけど、どうしても欲しいゲーム必要ものはある程度買ってくれるし、風邪を引けば病院に連れていってはくれた。

母の少女趣味で、4歳からバレエピアノ習い事もしていた(両方とも下手だったけど)。

そんな子供だったから、小学3年生のとき給食牛乳を飲んでいる途中で、飲み方が悪く、むせて吐き出してしまったのをきっかけに、周囲の子どもに「汚い、キモい」などと言われ始めたのをきっかけにいじめが始まった。

私が触ったものは全て汚染されていると言われ、みんなそれを信じるようにして、避けるし、触れることがあったら菌がついたと言い他の人に鬼ごっこのようにして移す。一見遊びのようだけど、やっている人たちもからかってるわけではなくて、時間が経つうちに学年中に知れ渡り、狭いコミュニティの中では迷信のように真実めいていた。村社会的に、コミュニティ全体の常識シフトしてしまい、今の自分と比べてずいぶん汚い身なりだったし、性格も卑屈寄りだったのでなかなか理解しがたいとは思う。あえて例えるなら、見た目に特徴のある障がい児に起きることのあるいじめパターンがあるとすれば、それに似ていると思う。

いじめは中3まで続き、何人かの男児から、登校中に因縁を付けられて、石を投げられたり、お腹を蹴られたり、持ち物に触れたという理由土下座させられたり、ゴミをかけられたり、クラスの8割程度の人に配った給食を残されたり、描いた絵を破られて路上に捨てられたり、カッターを持って校舎内を追いかけ回されたりした。

運悪く、担任先生は小1から中3まで毎年変わってしまっていて、特にこちから何もお願いしなかったから(当時の自分は、そんなお願いは聞いてもらえないと思っていたから)、特に主犯格と言えるような男児クラスが中2までずっと被ってしまっていたし、ほとんど対策がとられなかった(こちらが言えば注意ぐらいしてくれるけど対象の人数が多すぎてキリがない)のも長続きしてしまった原因の一つ。

たまたま中2の時に、登校時に下駄箱を見たら、自分下駄箱に他の男児上履きが突っ込んであった。

これは、私ではなくて上履きの持ち主をいじめるためで、この頃は時々あったことなので、その上履き適当にすのこの上に置いて、特に気にせず、教室に入ると、今度は机の中に同人物の教科書がぎゅうぎゅうに詰め込まれていた。

取り出すのに苦労していると、当該の男児が登校してきて、自分の持ち物を“汚い”私の元に移されたことを怒っていた。

そもそも私がそういう前提で扱われることに納得いっているわけではなかったので、私も何か言い返そうとしていると、チャイムが鳴り、担任が入ってきた。

「何してるんだぁ!」と担任一喝すると、クラス中の注目が集まった。

みんな知っていることとはいえ、表沙汰にされるのが怖かったし、恥ずかしくもあったので、その時は数年ぶりに人前で泣き、それも一言では言い表せない気持ちが色々あり、通夜のように静かに激しく泣き、ホームルーム中ずっとその嗚咽が教室に響いた。

担任に話を聞いてもらい、事態理解してもらえたが、たった1年の付き合いの担任に比して、周りは長くて8年ぐらいの間柄であるから、今更自分への扱いが変わることはなく(誰かが私に優しくするとその人がいじめられるので)、菌扱いはずっと続いた。ただ、その頃には周りも異性などに興味が移る人が多く、積極的にそういうことをしてくる人たちは減ってきていたかもしれない。

私は他のクラスメイトとは自分感覚が違いすぎて今見れば普通の人たちとも関わるのも怖く、多くの人とはあまり喋らず距離を置いており、関わることがあればそういう人たちだったのでわからない。

自身、かなり頑固だったので、耐えなければいけない、自分が悪いと思って、不登校にはならなかったし、転校も考えたことがなかった。そういうことを言うと、何事も大ごとにしたくない親や周囲の大人が嫌がるのがわかっていたし、恥ずかしかったし、どこへ行っても同じだと思っていた。

友達が少なく読書をよくしていて、進研ゼミも取っていたので(教養コラム読むのとシール集めに赤ペン先生出すだけで一般教材はやらなかったが)、勉強は得意だったので親に頼んでバレエを辞め、好奇心から塾に通わせてもらった。

成績が良かったので、塾の講師にも会社実績を上げるためのエースの一人として熱心に指導いただき都道府県公立トップ高校に進むと、周りの人たちがガラッと変わって、周りは賢くて志の高い人ばかりで、誰も自分いじめなかった。とても驚いた。廊下男子にぶつかったとき気持ち悪がられて罵倒されるどころか、「ケガはない?」と心配してくれて逆に申し訳なくなった。

中学生ぐらいからは、部活友達が居たこともあり、少しは身なりの整え方などが改善され、今まで全く笑わなかったが楽しさを感じて笑顔が出るようになったこともあり、普通友達や仲間ができた。

しかし、高校3年生になると、みんな受験勉強に勤しむので友達付き合いを控えるようになり、元々大学を目指しているわけでもなかった自分高校からは成績がかなり悪く、学問は諦めて美大を目指していたが、絵の勉強に身が入らず、部活も終わりかけ、家族とは相変わらずあまり関わりがなかったしとても孤独で、GWの間、一日7時間ぐらいいろんなことを考えた結果、人生がわからなくなり、5月下旬に家の中でパニック発作を起こした。

流石に親が心療内科に連れて行ってくれて鬱の診断をもらった。

頭の中の時間感覚おかしくなり、好きな授業もあったけれど、教室でじっとしているのが怖くて、家や保健室でボーッと過ごす日が続いた。

結局ほとんど絵も学問勉強しなかったので、試験には落ち、浪人生身分となった。

浪人を始めた頃には少し鬱は回復していたので、一念発起して美大ではなく私立文系勉強を始めた。ついでに、不細工と言われ続けた顔を鏡で見ると昔を思い出すので、貯めてきたお年玉をはたいて眼瞼下垂気味だった目を整形した。

高校に入ってから部活や他の趣味ばかりでろくに勉強していなかったけれど、一年ほとんど勉強だけしていたからか、早稲田大学の3学部を受け、全て合格した。

それから先も多少いろいろあったけれど、今は政令市地方公務員として働いている。

陰険上司や先輩に当たって虐められた年もあったが、今は環境に恵まれ毎日が過ごしやすい。

20歳からは皮脂分泌が落ち着いて肌荒れしなくなり、髪も縮毛矯正マメにかけるようになり、あれほど男子不細工キモい、近寄るな、死ねなどと毎日言われていたのに、今は男性もみんな優しい(それでも同年代男性が今でも怖いし、年をとったり、見た目が悪くなった途端に冷たくなるのでは?と思う)。

過去のことは忘れないと思う。

というか、昨夜も夢に見たのが今回文字に起こしてみたきっかけ。

幸せ子供時代というものも味わってみたかったけれど、人生一度きりだから仕方ない。今後のことはわからないし、何かの糧になったと思って今を楽しく暮らすしかないのかもしれない。親にはお金の面ではありがたいと頭では分かるが、気持ちとしてはどうしても感謝できない。

今の私がそのまま子供に戻れたら、もっと周囲に訴えかけ、逃げられないなら転校だってできた...と思う。1020年ほど前だから、今の時代よりも支援は得られないかもしれないが、多少の嘘をついて逃げても誰も大して困らなかっただろうし、何より自分人生を大切にすべきだった。

そういうことは、大人になってから学んだ。

2019-01-15

anond:20190114184303

大学ブランド化を進める進学塾とか訴えちゃえば

学びたいことがあって大学を選ぶ、が少子化現代正義のはずなのに

頭がいいか医学部 みたいなバカバカしい迷信を振興してる

2019-01-08

anond:20190108093709

から現場迷信以上の根拠があるのかって聞いてんの

45口径で作るのは銃身の穴広げるだけだから好み次第で簡単だろ

好み以上の何があるの?

2019-01-06

anond:20190106194516

「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」っていう迷信だよ。

恥ずかピ~から説明させんな。

anond:20190106172906

ブラがないと形崩れるって迷信まだ信じてるやついるんだ

2019-01-04

anond:20190104132451

人殺し刑務所で作った家具を買う気になれる? 俺は躊躇う。

迷信だとは思うが、運気が下がりそう。それに、一般家具に比べてあんまり安くない。

長期投資迷信が崩れ去るまで株安は止まらないと予想

リーマンショック後に株への投資を始めた人。早いうちに切った方がいいぞ。特にインデックス投資をしてる人。

上げ相場が終わって、投資ファンドが総空売り状態で、ドルコスト平均法を唱えてアホールドしてんのは、マジで養分しかない。

ナンピン買いって知ってるのかな?

上記意味がわからない人は自分が突っ込んでる金額をもう一度じっくり10秒眺めて見てよ、よくわからないものにそんなに払って大丈夫なんですかね?投資自己責任ですよ。

長期で見れば、プラス。それは事実。で、含み損を何年抱え続けるんでしょうかね? プラ転前に死なない?だいじょぶ? 若いからだいじょぶ? そうだね。でも含み損抱える期間分は後続に抜かれ続けるからね。

2019-01-02

anond:20190102231312

夜に口笛を吹くと人が死ぬっていいません?

からやめろってきいたことがあります

迷信だろうけれど。

2018-12-25

anond:20181225005143

有機化合物ってようは化学物質ってことを言いたいんだろ?

化学物質が人体にとって有害だなんてのは迷信ちゃうんか?

自然界にありふれた有機化合物だって人体にとって有害ものはたくさんあるわけで

化学物質になったから人体にとって有害だってのは単なるイメージだとしか思えんのだが

例えばプラスチックなんて典型的化学物質だが喰ったところで体外に排出されるだけやん

2018-12-23

anond:20181223003432

いやほんと。

お守りの効果を信じる人は実際にラッキーになったってデータがある。

信じてない人にはなんの効果もなかった、と。

多分だけど「幸福に期待した結果、ラッキー出来心に気付きやすくなった」んだと思うよ。

他にも、正解者に報酬約束した上で「記事の中に写真が何枚あるか?」を当てさせる実験っていうのがあって、記事の中に「写真の枚数は○枚です」みたいな答えが書いてあるんだけど。

幸福に期待してる人ほど、記事に答えが書いてあることに気付いた・・・みたいな話がある。

から迷信迷信なんだけど、迷信を信じる人は迷信による利益享受やすいと言える。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん