「閉口」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 閉口とは

2021-05-15

三木谷の「五輪自殺発言は不服すぎる

理由は分からない」って言ってるけどそんなわけねぇだろ。

IOCの違約金とか制裁があるからって素直に言えよ

「いやーわかりませんねー関係者聞く耳持たないんですよー」かよ

どうせ、オリンピック関連の取扱やらスポーツ興行差し支えがあるから閉口したんだろ

かっこ悪いわー

2021-05-13

anond:20210513003145

シて とか

スる とか

個人的にはとても下品に感じて苦手だからこの表記が出てきたらもうそ作品は読まないことが多い

100歩譲ってはすっぱなキャラ台詞に使うならまだわかるけど、普通キャラどころか地の文にまで使っていたりして閉口ですよ

10年ぐらい前から同人小説でちらほら見かけるようになった印象だけど、一体どこ発祥なんだろう?

>知らなかった!そうか週刊誌でよくある表現だったのか…

うそう、チャラいとか山賊とかがヤろうぜとかヤっちまえとか言うセリフで使う分には全然いいんだよ

でもそうじゃないシーンで出てくるのはなー

どんなに知的でかっこいいキャラでも台無しなんだわさ

性的な行動を表す時にサ行をカタカナにする表記

シて とか

スる とか

個人的にはとても下品に感じて苦手だからこの表記が出てきたらもうそ作品は読まないことが多い

100歩譲ってはすっぱなキャラ台詞に使うならまだわかるけど、普通キャラどころか地の文にまで使っていたりして閉口ですよ

10年ぐらい前から同人小説でちらほら見かけるようになった印象だけど、一体どこ発祥なんだろう?

2021-04-17

私はクソコラが嫌いだ

私はクソコラが嫌いだ。

ネットに数多存在するクソコラを見て笑えていたのは過去の話だ。

笑えなくなったのは私が間接的に「される側」になったためであり、この記事にはそれに関した懺悔の思いも含まれている。

この記事はいわゆる「お気持ち」であり、二次創作への個人的価値観もあり、また、製作であるが故に匿名にせざるを得ない情けなさをないまぜにした長ったらしい愚痴である

=====

インターネットには実写、イラストわず無数のクソコラが転がっている。

まだましなもの人物を雑に切り抜いて別の背景に合成したり、当事者から許可の降りているコラージュだ。(ぼっさんなどが最たる例だと思う)

故に、私がここで明確に「嫌い」とするクソコラは全ではなく、「製作者側の許可はなく、二次創作範疇であり、且つなんらかの二次的影響を波及させるものである

正直、公式画像使用している時点で本当に二次創作範疇であると言えるのかは微妙であるが、製作側が直接注意をしないのであれば黙認の範囲なのだと思う。

以下記事内でクソコラというワードが出た場合は、このように対象限定したものであるということである

 

また、大きめの主語となるため特定などに意味はないとは思うが、大なり小なりフェイク部分を混ぜることをご容赦願いたい。

(このような稚拙一方的な狡く読みづらい文章を読む物好きがいればの話であるが)

これは例えの話である

あるアニメにおいて、至極真っ当なキャラクター存在する。

そのキャラクター作品内では比較的人気は高くなく、しかし嫌われているわけではない。

性格や設定にある程度の尖りはあれど、それは創作キャラクターにおいては大して異様な特徴ではない。しかし、その少々尖った部分がそのキャラクターに深みを与え、個として際立たせているポイントでもある。

このようなキャラクターなど無数にいると思う。むしろこちらの方が基本的には多いはずだ。

こうしたキャラクターが、時にクソコラの餌食となるのだ。

 

今まで見てきた犠牲者達のパターンはいくつかある。例を挙げると、

画像の頭部を切り抜かれ、実写や全く異なる体型の別キャラクターの頭部にすげ替えられる

身体の一部を過剰に変形させ、原型からかけ離れた骨格になる

名称の似た別のキャラクターと融合させる

二次創作で誇張されがちな尖ったキャラクター性をより強調して変態性へ改変する

etc.

しょうもな……

問題はこれらのクソコラ犠牲者達が、前述の通り「作品内では比較的人気ではない」部分にある。

もしこのクソコラ対象がその作品で最も人気のあるキャラクターで行われていたとき不快感を顕わにする人々は多くいるし、それを声明する。

しかし、往々にして比較的人気のないキャラクターの数少ないファンたちは、これらのクソコラを楽しむ「実はそのキャラクター自体はどうでもいい大勢の人々」を前に閉口することがままある。

「言っても仕方ない」、「水を差したくない」、「自分が見なければいい」くらいの気持ちであると思う。

私もそうしたいと思っている。

 

こうしたクソコラにはさらに先の問題存在する。

それは、「キャラクターイメージの改変」だ。

少し前に、二次創作におけるキャラクター改変を糾弾する文章投稿され、話題になった。

私は該当の記事の(過激言動はともかく)内容については同意できる部分が多かった側だ。

二次創作をするにあたり、元のキャラクター性を捻じ曲げる行為は、それが必要でなければすべきではない……というべきか、「二次創作である意味が無い」というべきか……

 

特定キャラクター性を捻じ曲げたり、極端に誇張したりした作品群が広く認知されたときファン間においてあまりにもあんまりだと思える状況が起こる。

『(該当キャラクター)って、〇〇(クソコラによって付与された改変)だよね』

このキャラ改変が単独同人作家によるものであれば、作家性がついて回るためある程度「二次創作である」という感覚視覚的にも制限を与えてくれる。

しかし、クソコラは“公式画像使用している”という部分があり、故に“誰が作っても視覚的な作家性が希薄になる”のだ。

 

どういうことか?

Twitter蔓延する漫画の数コマの改変コラ画像がよい例である

その改変コラ画像は、誰が作ったものであるか、パッと見て判別できるだろうか?

少なくとも私にはできない。

そしてできないからこそ、製作者以外の人間別所使用拡散するし、更にその作家性は限りなくゼロに近づいていく。

作家性がほぼ失われた二次創作であるコラ画像が高い認知を得たとき、それは一定概念となって読者やプレイヤー認識に擦り込まれしまう。

これが最大の問題だと私は思っている。

変態ではないキャラクター変態とされたり

決して筋肉質ではないキャラクターがムキムキマッチョとされたり

言ったこともない台詞がそのキャラクター代名詞とされたり

……

そしてそれらの認識ファンの間で“常識”になる。

そしてとき無能製作側がそれを逆輸入する。

そのキャラクターを好きな者、製作に関わった私からしたら、かなり“““嫌”””なのだ

もし私がこの吐き出しを行う切っ掛けになったキャラクタークソコラが、「1人1回くらい」のものであれば何も感じなかったと思う。

ここまで汚物を垂れ流しているのも、そのキャラクタークソコラを年単位で作り続けている者たちが存在するからだ。

真っ当に作ったキャラクターが、そのクソコラによって「変態キャラ」にされているからだ。

 

この感覚はおそらく、「そのキャラクター純粋に好む人」「製作側になった人」にしかからないのだと思う。

実際、そうしたクソコラを笑って楽しんでいた人物が、己の最も好きなキャラクターにその歯牙がかかった途端に不快感を顕わにしたのを見ている。

 

クソコラに愛はなく、愛あるクソコラ存在しない。

そこにあるのは自覚のない悪意だけだ。

そのキャラクターは、お前のものではない。

 

何故ここまでこれらクソコラ嫌悪するのか。

それはかつて、クソコラとは言えないが若輩の私は知り合いの創作キャラクターを改変して遊び、当事者に苦言を呈されたことがあるからだ。

そのときは戯れのつもりであった。そのとき申し訳なかったという気持ちはあった。

が、いざ、しかも全く面識のない人間の手によって「される側」に立ったとき、愚かにもようやくその苦しみを理解してしまった。

ここ数年、私はそのことについてより深く反省し、恥ずかしかったと思い、思い出す度に身悶えするような懺悔の思いに苛まれている。

おそらく当該人物はもう気にしていないとは思うが、かといって許されたわけでもないと私は独り悔やんでいる。

これは自己嫌悪と、自己投影による己かわいさの苦しみによって引き起こされている嫌悪感の吐露だ。

 

よりにもよって商業方面での製作側になったため、そのキャラクターの全権を持っているわけではなく、個人的に釘を刺すことも出来ず、Twitter愚痴るのも都合が悪く、こうして匿名に甘んじている。

 

コラージュをやめろとは言わない。言えない。

ただ願わくば本来キャラクター尊重された上で二次創作が行われるようにならんことを。

 

 

[追記4/18]

記号については私が変えればいいだけのことに思えたので消した。

 

かに何かを強要している文章ではないし、反応に対して何か返すことはしないと思っていたが、私の文章の拙さ故に明らかに読み違えられていそうなことに関してだけ補足。

「人気キャラクタークソコラされない」のではなく、「人気キャラクタークソコラに対してはキャラクターを好む人間の母数が多いため不快感を口に出す方もそれなりに現れる上、人気キャラクターであるが故にクソコラによる二次創作認識は拡がっても同時にそれが公式ではないという感覚も伝わりやすい」ため、私が嫌悪している(記事内における)クソコラ群とは少しばかり性質が異なると考えている。

あらゆる事物には例外があることも理解している。

私がここでクソコラと呼んでいるのは、あくまで「人気が無い故に歯止めの利かなくなっているコラ画像」であって、すべてのクソコラではありません。

[追記ここまで]

2021-04-12

anond:20210411075129

商品説明がとても下手だなと思う。良し悪しを決める前に離脱するよ?



増田最初から取説を持ってきているけど、そうじゃなくて広告としての説明が欲しい。テレビCMであれこれ使い方を説明しないよね。名前と外観と簡単機能を伝わって欲しいから、細かいところは端折っている。増田もまずは「これがなんであり、転売にどう結びつくのか」を一言で表して欲しい。どの文章も同じようなくどさを感じて、閉口ちゃう

要点っていうのは


こんなところかな。このサービスでわかるのは「電話番号使う」という点だと思う。正直それはネガティブ要素だ。それがポジティブになるようにさらっと利点をあげておこう。

使う場面も、個人販売の露店から大型スーパーまで幅広い。実際にどういう場所のどういう場面を想定しているのかを頭の中で想像できるくらい具体的に書いた方がいい。ここもくどくならないように。あと、似たサービスがあれば例に出すのも忘れずに。

最後に、それらを総括してもう一度転売防止に役立つことをアピールして欲しい。

2021-04-08

某SNSでのフェミvs反フェミが双方びっくりするくらい短慮かつ醜悪ワロタ。まともに立論できる一握りの知的強者を除くと残りは見るに堪えなくて閉口したが、まぁそのSNSアカウント登録ができる者なら誰でも参加できるから、これは仕方がないことなのだろう。

2021-04-04

[]ウィッチャー3 大型DLC2つ

ゲームオブザイヤーエディションには最初から入ってる、無情なる心と血塗られた美酒ってやつ

巷で言われてるように本編よりも面白かった

まあメインシナリオ関係なくて大型サブクエだったから、専門用語とか人間関係しらんでもとっつきやすかっただけだけど

無情なる心のほうが短い

ベッカムが出てくる

シナリオちょっとこっててわかりにくい

血塗られた美酒はシナリオちょっとこってるけどわかりやす

敵も大型モンスターとかでてきて楽しい

でも透明になって出たり消えたりするプルクサはクソうざくて閉口したけど

無情なる心は結婚したけど家柄で離婚されて妻を呪ったら死ねなくなった男が心取り戻す話

血塗られた美酒は殺人事件起こった→吸血鬼犯人→じつは吸血鬼恋人人質にとられて脅迫されてた→じつは脅迫者と恋人が同じで、人質うんぬんは恋人狂言だった

血塗られた~のほうは公爵の女がすげーイライラした

序盤から中盤はいいけど、最後のほうは自分の姉ってだけで許すのは納得いかなかった

支持率がたおちやろ どんだけ人が死んだと思ってんねん

2021-03-22

カイロ団長

あるとき、三十疋ぴきのあまがえるが、一緒いっしょに面白おもしろ仕事をやって居おりました。

 これは主に虫仲間からたのまれて、紫蘇しその実やけしの実をひろって来て花ばたけをこしらえたり、かたちのいい石や苔こけを集めて来て立派なお庭をつくったりする職業しょうばいでした。

 こんなようにして出来たきれいなお庭を、私どもはたびたび、あちこちで見ます。それは畑の豆まめの木の下や、林の楢ならの木の根もとや、又また雨垂あまだれの石のかげなどに、それはそれは上手に可愛かあいらしくつくってあるのです。

 さて三十疋は、毎日大へん面白くやっていました。朝は、黄金色きんいろのお日さまの光が、とうもろこし影法師かげぼうしを二千六百寸も遠くへ投げ出すころからさっぱりした空気すぱすぱ吸って働き出し、夕方は、お日さまの光が木や草の緑を飴色あめいろにうきうきさせるまで歌ったり笑ったり叫さけんだりして仕事しました。殊ことにあらしの次の日などは、あっちからもこっちからもどうか早く来てお庭をかくしてしまった板を起して下さいとか、うちのすぎごけの木が倒たおれましたから大いそぎで五六人来てみて下さいとか、それはそれはいそがしいのでした。いそがしければいそがしいほど、みんなは自分たちが立派な人になったような気がして、もう大よろこびでした。さあ、それ、しっかりひっぱれ、いいか、よいとこしょ、おい、ブチュコ、縄なわがたるむよ、いいとも、そらひっぱれ、おい、おい、ビキコ、そこをはなせ、縄を結んで呉くれ、よういやさ、そらもう一いき、よおいやしゃ、なんてまあこんな工合ぐあいです。

 ところがある日三十疋のあまがえるが、蟻ありの公園地をすっかり仕上げて、みんなよろこんで一まず本部へ引きあげる途中とちゅうで、一本の桃ももの木の下を通りますと、そこへ新らしい店が一軒けん出ていました。そして看板がかかって、

「舶来はくらいウェスキイ 一杯ぱい、二厘りん半。」と書いてありました。

 あまがえるは珍めずらしいものですから、ぞろぞろ店の中へはいって行きました。すると店にはうすぐろいとのさまがえるが、のっそりとすわって退くつそうにひとりでべろべろ舌を出して遊んでいましたが、みんなの来たのを見て途方もないいい声で云いいました。

「へい、いらっしゃい。みなさん。一寸ちょっとおやすみなさい。」

「なんですか。舶来のウェクーというものがあるそうですね。どんなもんですか。ためしに一杯呑のませて下さいませんか。」

「へい、舶来のウェスキイですか。一杯二厘半ですよ。ようござんすか。」

「ええ、よござんす。」

 とのさまがえるは粟あわつぶをくり抜ぬいたコップにその強いお酒を汲くんで出しました。

「ウーイ。これはどうもひどいもんだ。腹がやけるようだ。ウーイ。おい、みんな、これはきたいなもんだよ。咽喉のどへはいると急に熱くなるんだ。ああ、いい気分だ。もう一杯下さいませんか。」

はいはいこちらが一ぺんすんでからさしあげます。」

「こっちへも早く下さい。」

はいはい。お声の順にさしあげます。さあ、これはあなた。」

「いやありがとう、ウーイ。ウフッ、ウウ、どうもうまいもんだ。」

「こっちへも早く下さい。」

はい、これはあなたです。」

「ウウイ。」

おいもう一杯お呉れ。」

「こっちへ早くよ。」

「もう一杯早く。」

「へい、へい。どうぞお急せきにならないで下さい。折角せっかく、はかったのがこぼれますから。へいと、これはあなた。」

「いや、ありがとう、ウーイ、ケホン、ケホン、ウーイうまいね。どうも。」

 さてこんな工合で、あまがえるはお代りお代りで、沢山たくさんお酒を呑みましたが、呑めば呑むほどもっと呑みたくなります

 もっとも、とのさまがえるのウィスキーは、石油缶かんに一ぱいありましたから、粟つぶをくりぬいたコップで一万べんはかっても、一分もへりはしませんでした。

おいもう一杯おくれ。」

「も一杯お呉れったらよう。早くよう。」

「さあ、早くお呉れよう。」

「へいへい。あなたさまはもう三百二杯目でございますがよろしゅうございますか。」

「いいよう。お呉れったらお呉れよう。」

「へいへい。よければさし上げます。さあ、」

「ウーイ、うまい。」

「おい、早くこっちへもお呉れ。」

 そのうちにあまがえるは、だんだん酔よいがまわって来て、あっちでもこっちでも、キーキーイといびきかいて寝ねてしまいました。

 とのさまがえるはそこでにやりと笑って、いそいですっかり店をしめて、お酒石油缶にはきちんと蓋ふたをしてしまいました。それから戸棚とだなからくさりかたびらを出して、頭からから足のさきまでちゃんと着込きこんでしまいました。

 それからテーブル椅子いすをもって来て、きちんとすわり込みました。あまがえるはみんな、キーキーイといびきかいています。とのさまがえるはそこで小さなしかけを一つ持って来て、自分椅子の向う側に置きました。

 それからから鉄の棒をおろして来て椅子へどっかり座すわって一ばんはじのあまがえる緑色のあたまをこつんとたたきました。

「おい。起きな。勘定かんじょうを払はらうんだよ。さあ。」

キーイ、キーイ、クヮア、あ、痛い、誰たれだい。ひとの頭を撲なぐるやつは。」

勘定を払いな。」

「あっ、そうそう。勘定はいくらになっていますか。」

「お前のは三百四十二杯で、八十五銭五厘だ。どうだ。払えるか。」

 あまがえるは財布さいふを出して見ましたが、三銭二厘しかありません。

「何だい。おまえは三銭二厘しかないのか。呆あきれたやつだ。さあどうするんだ。警察へ届けるよ。」

「許して下さい。許して下さい。」

「いいや、いかん。さあ払え。」

「ないんですよ。許して下さい。そのかわりあなたのけらいになりますから。」

「そうか。よかろう。それじゃお前はおれのけらいだぞ。」

「へい。仕方ありません。」

「よし、この中にはいれ。」

 とのさまがえるは次の室へやの戸を開いてその閉口したあまがえるを押おし込んで、戸をぴたんとしめました。そしてにやりと笑って、又どっしり椅子へ座りました。それから例の鉄の棒を持ち直して、二番目のあま蛙がえるの緑青ろくしょういろの頭をこつんとたたいて云いました。

「おいおい。起きるんだよ。勘定勘定だ。」

キーイ、キーイ、クワァ、ううい。もう一杯お呉れ。」

「何をねぼけてんだよ。起きるんだよ。目をさますんだよ。勘定だよ。」

「ううい、あああっ。ううい。何だい。なぜひとの頭をたたくんだい。」

「いつまでねぼけてんだよ。勘定を払え。勘定を。」

「あっ、そうそう。そうでしたね。いくらになりますか。」

「お前のは六百杯で、一円五十銭だよ。どうだい、それ位あるかい。」

 あまがえるはすきとおる位青くなって、財布をひっくりかえして見ましたが、たった一銭二厘しかありませんでした。

「ある位みんな出しまからどうかこれだけに負けて下さい。」

「うん、一円二十銭もあるかい。おや、これはたった一銭二厘じゃないかあんまり人をばかにするんじゃないぞ。勘定の百分の一に負けろとはよくも云えたもんだ。外国のことばで云えば、一パーセントに負けて呉れと云うんだろう。人を馬鹿にするなよ。さあ払え。早く払え。」

だって無いんだもの。」

「なきゃおれのけらいになれ。」

「仕方ない。そいじゃそうして下さい。」

「さあ、こっちへ来い。」とのさまがえるはあまがえるを又次の室へやに追い込みました。それから又どっかりと椅子へかけようとしましたが何か考えついたらしく、いきなりキーキーいびきかいているあまがえるの方へ進んで行って、かたっぱしからみんなの財布を引っぱり出して中を改めました。どの財布もみんな三銭より下でした。ただ一つ、いかにも大きくふくれたのがありましたが、開いて見ると、お金が一つぶも入っていないで、椿つばきの葉が小さく折って入れてあるだけでした。とのさまがえるは、よろこんで、にこにこにこにこ笑って、棒を取り直し、片っぱしかあまがえる緑色の頭をポンポンポンポンたたきつけました。さあ、大へん、みんな、

「あ痛っ、あ痛っ。誰だい。」なんて云いながら目をさまして、しばらくきょろきょろきょろきょろしていましたが、いよいよそれが酒屋のおやじのとのさまがえるの仕業しわざだとわかると、もうみな一ぺんに、

「何だい。おやじ。よくもひとをなぐったな。」と云いながら、四方八方から、飛びかかりましたが、何分とのさまがえるは三十がえる力りきあるのですし、くさりかたびらは着ていますし、それにあまがえるはみんな舶来ウェスキーでひょろひょろしてますから、片っぱしかストンストンと投げつけられました。おしまいにはとのさまがえるは、十一疋のあまがえるを、もじゃもじゃ堅かためて、ぺちゃんと投げつけました。あまがえるはすっかり恐おそれ入って、ふるえて、すきとおる位青くなって、その辺に平伏へいふくいたしました。そこでとのさまがえるがおごそかに云いいました。

「お前たちはわしの酒を呑のんだ。どの勘定も八十銭より下のはない。ところがお前らは五銭より多く持っているやつは一人もない。どうじゃ。誰かあるか。無かろう。うん。」

 あまがえるは一同ふうふうと息をついて顔を見合せるばかりです。とのさまがえるは得意になって又はじめました。

「どうじゃ。無かろう。あるか。無かろう。そこでお前たちの仲間は、前に二人お金を払うかわりに、おれのけらいになるという約束くそくをしたがお前たちはどうじゃ。」この時です、みなさんもご存じの通り向うの室の中の二疋ひきが戸のすきまから目だけ出してキーと低く鳴いたのは。

 みんなは顔を見合せました。

「どうも仕方ない。そうしようか。」

「そうお願いしよう。」

「どうかそうお願いいたします。」

 どうです。あまがえるなんというものは人のいいものですからすぐとのさまがえるのけらいになりました。そこでとのさまがえるは、うしろの戸をあけて、前の二人を引っぱり出しました。そして一同へおごそかに云いました。

「いいか。この団体カイロ団ということにしよう。わしはカイロ団長じゃ。あしたからはみんな、おれの命令にしたがうんだぞ。いいか。」

「仕方ありません。」とみんなは答えました。すると、とのさまがえるは立ちあがって、家をぐるっと一まわしましました。すると酒屋はたちまちカイロ団長の本宅にかわりました。つまり前には四角だったのが今度は六角形の家になったのですな。

 さて、その日は暮くれて、次の日になりました。お日さまの黄金色きんいろの光は、うしろの桃の木の影法師かげぼうしを三千寸も遠くまで投げ出し、空はまっ青にひかりましたが、誰もカイロ団に仕事を頼たのみに来ませんでした。そこでとのさまがえるはみんなを集めて云いました。

「さっぱり誰も仕事を頼みに来んな。どうもこう仕事がなくちゃ、お前たちを養っておいても仕方ない。俺おれもとうとう飛んだことになったよ。それにつけても仕事のない時に、いそがしい時の仕度したくをして置くことが、最必要だ。つまりその仕事材料を、こんな時に集めて置かないといかんな。ついてはまず第一が木だがな。今日はみんな出て行って立派な木を十本だけ、十本じゃすくない、ええと、百本、百本でもすくないな、千本だけ集めて来い。もし千本まらなかったらすぐ警察へ訴うったえるぞ。貴様らはみんな死刑しけいになるぞ。その太い首をスポンと切られるぞ。首が太いからスポンとはいかない、シュッポォンと切られるぞ。」

 あまがえるどもは緑色の手足をぶるぶるぶるっとけいれんさせました。そしてこそこそこそこそ、逃にげるようにおもてに出てひとりが三十三本三分三厘強ずつという見当で、一生けん命いい木をさがしましたが、大体もう前々からさがす位さがしてしまっていたのですからいくらそこらをみんながひょいひょいかけまわっても、夕方までにたった九本しか見つかりませんでした。さあ、あまがえるはみんな泣き顔になって、うろうろうろうろやりましたがますますどうもいけません。そこへ丁度一ぴきの蟻ありが通りかかりました。そしてみんなが飴色あめいろの夕日にまっ青にすきとおって泣いているのを見て驚おどろいてたずねました。

あまがえるさん。昨日はどうもありがとう。一体どうしたのですか。」

今日は木を千本、とのさまがえるに持っていかないといけないのです。まだ九本しか見つかりません。」

 蟻はこれを聞いて「ケッケッケッケ」と大笑いに笑いはじめました。それからしました。

千本持って来いというのなら、千本持って行ったらいいじゃありませんか。そら、そこにあるそのけむりのようなかびの木などは、一つかみ五百本にもなるじゃありませんか。」

 なるほどとみんなはよろこんでそのけむりのようなかびの木を一人が三十三本三分三厘ずつ取って、蟻にお礼を云って、カイロ団長のところへ帰って来ました。すると団長は大機嫌だいきげんです。

「ふんふん。よし、よし。さあ、みんな舶来はくらいウィスキーを一杯いっぱいずつ飲んでやすむんだよ。」

 そこでみんなは粟あわつぶのコップで舶来ウィスキーを一杯ずつ呑んで、くらくら、キーキーイと、ねむってしまいました。

 次の朝またお日さまがおのぼりになりますと、とのさまがえるは云いました。

「おい、みんな。集れ。今日もどこから仕事をたのみに来ない。いいか今日はな、あちこち花畑へ出て行って花の種をひろって来るんだ。一人が百つぶずつ、いや百つぶではすくない。千つぶずつ、いや、千つぶもこんな日の長い時にあんまり少い。万粒つぶずつがいいかな。万粒ずつひろって来い。いいか、もし、来なかったらすぐお前らを巡査じゅんさに渡わたすぞ。巡査は首をシュッポンと切るぞ。」

 あまがえるどもはみんな、お日さまにまっさおにすきとおりながら、花畑の方へ参りました。ところが丁度幸さいわいに花のたねは雨のようにこぼれていましたし蜂はちもぶんぶん鳴いていましたのであまがえるはみんなしゃがんで一生けん命ひろいました。ひろいながらこんなことを云っていました。

「おい、ビチュコ。一万つぶひろえそうかい。」

「いそがないとだめそうだよ、まだ三百つぶにしかならないんだもの。」

「さっき団長が百粒ってはじめに云ったねい。百つぶならよかったねい。」

「うん。その次に千つぶって云ったねい。千つぶでもよかったねい。」

「ほんとうにねい。おいら、お酒をなぜあんにのんだろうなあ。」

「おいらもそいつを考えているんだよ。どうも一ぱい目と二杯目、二杯目と三杯目、みんな順ぐりに糸か何かついていたよ。三百五十杯つながって居たとおいら今考えてるんだ。」

「全くだよ。おっと、急がないと大へんだ。」

「そうそう。」

 さて、みんなはひろってひろってひろって、夕方までにやっと一万つぶずつあつめて、カイロ団長のところへ帰って来ました。

 するととのさまがえるのカイロ団長はよろこんで、

「うん。よし。さあ、みんな舶来ウェスキーを一杯ずつのんで寝ねるんだよ。」と云いました。

 あまがえるもも大よろこびでみんな粟あわのこっぷで舶来ウィスキイを一杯ずつ呑んで、キーキーイと寝てしまいました。

 次の朝あまがえるどもは眼めをさまして見ますと、もう一ぴきのとのさまがえるが来ていて、団長とこんなはなしをしていました。

「とにかく大いに盛さかんにやらないといかんね。そうでないと笑いものになってしまうだけだ。」

「全くだよ。どうだろう、一人前九十円ずつということにしたら。」

「うん。それ位ならまあよかろうかな。」

「よかろうよ。おや、みんな起きたね、今日は何の仕事をさせようかな。どうも毎日仕事がなくて困るんだよ。」

「うん。それは大いに同情するね。」

今日は石を運ばせてやろうか。おい。みんな今日は石を一人で九十匁もんめずつ運んで来い。いや、九十匁じゃあまりいかな。」

「うん。九百貫という方が口調がいいね。」

「そうだ、そうだ。どれだけいいか知れないね。おい、みんな。今日は石を一人につき九百貫ずつ運んで来い。もし来なかったら早速警察貴様らを引き渡すぞ。ここには裁判の方のお方もお出いでになるのだ。首をシュッポオンと切ってしまう位、実にわけないはなしだ。」

 あまがえるはみなすきとおってまっ青になってしまいました。それはその筈はずです。一人九百貫の石なんて、人間でさえ出来るもんじゃありません。ところがあまがえるの目方が何匁あるかと云ったら、たかが八匁か九匁でしょう。それが一日に一人で九百貫の石を運ぶなどはもうみんな考えただけでめまいを起してクゥウ、クゥウと鳴ってばたりばたり倒たおれてしまたことは全く無理もありません。

 とのさまがえるは早速例の鉄の棒を持ち出してあまがえるの頭をコツンコツンと叩たたいてまわりました。あまがえるはまわりが青くくるくるするように思いながら仕事に出て行きました。お日さまさえ、ずうっと遠くの天の隅すみのあたりで、三角になってくるりくるりうごいているように見えたのです。

 みんなは石のある所に来ました。そしててんでに百匁ばかりの石につなをつけて、エンヤラヤア、ホイ、エンヤラヤアホイ。とひっぱりはじめました。みんなあんまり一生けん命だったので、汗あせがからだ中チクチクチクチク出て、からだはまるでへたへた風のようになり、世界ほとんどまっくらに見えました。とにかくそれでも三十疋が首尾よくめいめいの石をカイロ団長の家まで運んだときはもうおひるになっていました。それにみんなはつかれてふらふらして、目をあいていることも立っていることもできませんでした。あーあ、ところが、これから晩までにもう八百九十九貫九百匁運ばないと首をシュッポオンと切られるのです。

 カイロ団長は丁度この時うちの中でいびきかいて寝て居おりましたがやっと目をさまして、ゆっくりと外へ出て見ました。あまがえるどもは、はこんで来た石にこしかけてため息をついたり、土の上に大の字になって寝たりしています。その影法師は青く日がすきとおって地面に美しく落ちていました。団長は怒おこって急いで鉄の棒を取りに家の中にはいますと、その間に、目をさましていたあまがえるは、寝ていたものゆり起して、団長が又出て来たときは、もうみんなちゃんと立っていました。カイロ団長が申しました。

「何だ。のろまども。今までかかってたったこれだけしか運ばないのか。何という貴様らは意気地いくじなしだ。おれなどは石の九百貫やそこら、三十分で運んで見せるぞ。」

「とても私らにはできません。私らはもう死にそうなんです。」

「えい、意気地なしめ。早く運べ。晩までに出来なかったら、みんな警察へやってしまうぞ。警察ではシュッポンと首を切るぞ。ばかめ。」

 あまがえるはみんなやけ糞くそになって叫さけびました。

「どうか早く警察へやって下さい。シュッポン、シュッポンと聞いていると何だか面白おもしろいような気がします。」

 カイロ団長は怒って叫びしました。

「えい、馬鹿者め意気地なしめ。

 えい、ガーアアアアアアアアア。」カイロ団長何だか変な顔をして口をパタンと閉じました。ところが「ガーアアアアアアア」と云う音はまだつづいています。それは全くカイロ団長の咽喉のどから出たのではありませんでした。かの青空高くひびきわたるかたつむりメガホーンの声でした。王さまの新らしい命令のさきぶれでした。

「そら、あたらしいご命令だ。」と、あまがえるもとのさまがえるも、急いでしゃんと立ちました。かたつむりの吹くメガホーンの声はいともほがらかにひびきわたりました。

「王さまの新らしいご命令。王さまの新らしいご命令。一個条。ひとに物を云いつける方法。ひとに物を云いつける方法第一、ひとにものを云いつけるときはそのいいつけられるものの目方で自分からだの目方を割って答を見つける。第二、云いつける仕事にその答をかける。第三、その仕事を一ぺん自分で二日間やって見る。以上。その通りやらないものは鳥の国へ引き渡す。」

 さああまがえるどもはよろこんだのなんのって、チェッコという算術うまいかえるなどは、もうすぐ暗算をはじめました。云いつけられるわれわれの目方は拾じゅう匁、云いつける団長のめがたは百匁、百匁割る十匁、答十。仕事は九百貫目、九百貫目掛ける十、答九千貫目。

「九千貫だよ。おい。みんな。」

団長さん。さあこれから晩までに四千五百貫目、石をひっぱって下さい。」

「さあ王様命令です。引っぱって下さい。」

 今度は、とのさまがえるは、だんだん色がさめて、飴色あめいろにすきとおって、そしてブルブルふるえて参りました。

 あまがえるはみんなでとのさまがえるを囲んで、石のある処ところへ連れて行きました。そして一貫目ばかりある石へ、綱つなを結びつけて

「さあ、これを晩までに四千五百運べばいいのです。」と云いながらカイロ団長肩に綱のさきを引っかけてやりました。団長もやっと覚悟かくごがきまったと見えて、持っていた鉄の棒を投げすてて、眼をちゃんときめて、石を運んで行く方角を見定めましたがまだどうも本当に引っぱる気にはなりませんでした。そこであまがえるは声をそろえてはやしてやりました。

「ヨウイト、ヨウイト、ヨウイト、ヨウイトショ。」

 カイロ団長は、はやしにつりこまれて、五へんばかり足をテクテクふんばってつなを引っ張りましたが、石はびくとも動きません。

 とのさまがえるはチクチク汗を流して、口をあらんかぎりあけて、フウフウといきをしました。全くあたりがみんなくらくらして、茶色に見えてしまったのです。

「ヨウイト、ヨウイト、ヨウイト、ヨウイトショ。」

 とのさまがえるは又四へんばかり足をふんばりましたが、おしまいの時は足がキクッと鳴ってくにゃりと曲ってしまいました。あまがえるは思わずどっと笑い出しました。がどう云うわけかそれから急にしいんとなってしまいました。それはそれはしいんとしてしまいました。みなさん、この時のさびしいことと云ったら私はとても口で云えません。みなさんはおわかりですか。ドッと一緒いっしょに人をあざけり笑ってそれからにわかにしいんとなった時のこのさびしいことです。

 ところが丁度その時、又もや青ぞら高く、かたつむりメガホーンの声がひびきわたりました。

王様の新らしいご命令王様の新らしいご命令。すべてあらゆるいきものはみんな気のいい、かあいそうなものである。けっして憎にくんではならん。以上。」それから声が又向うの方へ行って「王様の新らしいご命令。」とひびきわたって居ります

 そこであまがえるは、みんな走り寄って、とのさまがえるに水をやったり、曲った足をなおしてやったり、とんとんせなかをたたいたりいたしました。

 とのさまがえるはホロホロ悔悟かいごのなみだをこぼして、

「ああ、みなさん、私がわるかったのです。私はもうあなた方の団長でもなんでもありません。私はやっぱりただの蛙かえるです。あしたから仕立屋をやります。」

 あまがえるは、みんなよろこんで、手をパチパチたたきました。

 次の日からあまがえるはもとのように愉快ゆかいにやりはじめました。

 みなさん。あまあがりや、風の次の日、そうでなくてもお天気のいい日に、畑の中や花壇かだんのかげでこんなようなさらさらさらさら云う声を聞きませんか。

「おい。ベッコ。そこん処とこをも少しよくならして呉くれ。いいともさ。おいおい。ここへ植えるの

2021-02-17

自分ギルドを辞めた本当の理由

先月末で2年くらい在籍したUOギルドを辞めた。まあそこそこアクティブがいる中堅どころ。

ギルメン勝手に辞めたと思っているだろうが、自分が語れる範囲で本当の理由を残しておく。長くなるので興味のない人には申し訳ない。

それまでも何度か辞めようと思っていたのだが、本気で自分ギルドを辞めようと思ったのは実は去年の11月に遡る。ギルド結成2周年記念集会の直前だ。

ギルドを立ち上げたのはAを中心にBと自分の3人だったが、Bは「金は出すが口は出さない」という方針だったので必然的にAがギルマス、自分がサブマスという体制で始まった。

お互いに地味な努力をしてギルメンを増やしていき、やりがいもあった。

だかAはどこか専制君主めいたところがあって自分ギルド以外にもAの私用で使い走りをさせられたりしていた。その頃はまだ我慢できる範囲だったので地道にせっせと働いた。

そして迎えた2周年記念。

AとBは己の財力を惜しみなく投じてギルメンへのプレゼントを用意していた。ちなみにAとBは自分では太刀打ちできないほどの財力を誇っていた。

17億使っただの何千ソブリン出しただの眩暈のする金額が飛び出てきて自分閉口した。

自分で用意できたのはダンジョンでひたすら狩りまくって手に入れたAF1周年の時にもらった時価1億足らずの装飾品のみ。

ここで2人との格差違和感を感じ「来年3月末でギルドを抜ける」と宣言した。

するとAとBはリアルでのプレゼント自分を引き留めた。

過去にも功労の礼としてゲームでもリアルでもプレゼントをもらったことがあったので、「辞めるんならそれも今すぐ全部返せ」とまで言われた。

ゲームでもリアルでも金がない自分は従うしかなかった。もらったプレゼントには「ギルドを辞めたら許さない」なるメッセージが付いていて思わず背筋が凍り付いた。

それともう一つ大きな理由は、ギルド専用のDiscord鯖でのパワハラセクハラモラハラがAのみならず他のギルメンにも浸透して、

つの間にか自分が単なる「いじられキャラ」と化していたことがある。

自分チャットに顔を出すと始まるいじり。

流石にこれには我慢ならず何度も「止めてくれ」と懇願したが、止めるものは誰一人いなかった。

ギルドという集団の中で自分はひどく浮いた孤独存在になっていた。果たしてこのままギルドを続けて何の意味があるのかと何度自問自答したことか。

こうしてギルド自分にとっては非常に苦痛場所と化していった。もともと精神系の病を抱えている自分はどんどん病状が悪化して行くのが歯がゆかった。

そんな年末年始に、自分はBにもらったUO土地を破格の値段で売却した。AB2人には及ばないもののかなりまとまった額の金額を手にした。

するとAとBは手のひらを返したような態度を取るようになった。「やっと俺達と対等になった」とのたまって。ではそれまで自分は何だったのか?

ここで一気に虚無状態に陥った。

かかりつけの精神科医にも話したところ「少しギルド活動を休んでみたら?」と勧められた。所謂ドクターストップだ。

これを理由にして3月末まではギルド活動を休むと2人に言ったところ、突然Bがキレた。

服用している薬を全部言わされ、それまでに起こした精神的な事故歴まで暴かれた。

Aからは「今すぐ診断書を持ってこい」となじられ(ちなみに自分のかかりつけの精神科医はかなり人気が高く多忙なので診断書をもらうまでに最低1週間はかかる)

そこで自分精神が完全に崩れてしまい、泣いてしまった。

「泣いていたら話できないか明日薬飲まないで話をしよう」

とBに提案されたが、恒常的に飲んでいる薬まで飲まなかったら非常にヤバい状態になるのは目に見えているのでそれは服用して、翌日改めて話し合いをした。

何とか気持ち落ち着け自分健康状態の悪さを主張してなんとか3月末までの休養をもぎ取った。

しかしながらAとBに対する違和感と不信感が抜けず、Bからよくもらったレアアイテムを眺めるのも苦痛になり「返す」と言ったところ

いっきりキレられ結局Aを仲介にして返却した。

そのことで「俺を巻き込むな」とAは言ったが知ったこっちゃない。そしてAからはとどめの一撃。

あんたもうこっちには戻ってこないんだろ?」

何なんだこの人。

自分が休養が必要になったのはあんたたちのせいじゃないか

それをいまさら昔通りに仲良くできるとでも思ってるのだろうか?

自分は空いた口が塞がらなかった。

これでAとまともに話ができたのは最後だった。

そして自分は「ギルドを抜けたい時は必ず2人に言うこと」という約束を破ってDiscordチャットに「今月末でギルドを辞める」と書き込んだ。

そして最終日。

もう1回だけ挨拶しようかとDiscordに入った時、Aが「今までの経過を全部話す」とギルメンにボイスチャンネルに来るよう呼び掛けていた。

自分挨拶は諦めてそっとログアウトした。

その後、連絡事項と要望があり2度ほどAと話をしようとしたが

「もう2度と連絡してくるな」

けんもほろろに会話を打ち切られた。

最後に知ったのだがAは目の病気で余り字が読めなくなっていたらしい。

その割にはいろいろなゲームプレイしているのには首をひねってしまうのだが……。

steamでフレンド状態を切ってなかったのでプレイしているゲーム駄々洩れだった)

以上が当事者しか知らない自分ギルドを辞めた本当の理由だ。

「お前が悪い」と言われるのは覚悟している。

だけど自分が悪くてもどうしてもギルドを抜けたかった。それだけは分かって欲しい。

自分の話はこれで終わり。

長文失礼。

2021-02-11

ナチス小論文エピソードに集うバカの群れ

バカ達による反論から読んでいく。

 

1.「この生徒は中二病!」「そんなの上手くいかない!」

ナチス政策肯定した高校生小論文は、「虐殺有用性」を主張する内容だったという

https://hokke-ookami.hatenablog.com/entry/20210209/1612796460#f-4a4cd88b

 

ナチス政策肯定した高校生小論文は、「虐殺有用性」を主張する内容だったという

どちらがとはいわないが、予想以上に中学二年生かと思った。いや、中学三年生か*2。

たとえ倫理無視したとしても*3、収容侵略殺戮による収奪いつまでも経済を動かせるわけもないだろうに。

倫理無視した話に付き合うとすれば、

別にいつまでもやる必要はない。

邪魔民族を一掃なり同化なり狭い自治区へ押し込めなりしたあとは

口を拭ってきれいな国のような顔をしてやっていけばいい。

 

アメリカ先住民虐殺は上手くいかなかったのか?

2021年ですら収容侵略殺戮収奪でわりと上首尾にやれている中国があるではないか。 

全く反論になっていない。お前が0点。

 

 

生徒「ヒトラー合理主義者で近代の中枢的な思想先取りしているんですよ。」

田島「ごめん、ヒトラーに関しては高校世界史レベルしか勉強したことないんだ。」

どちらがとはいわないが、せめて「世界史稲田先生から学んでおくべきだったのでは、と小学生並みの感想をおぼえた。

こんな話に世界史先生は無力だ。

だって倫理人権無視したらイケる」という話は単に根本前提が違うだけなのだから世界史先生がどう窘めても仕方ない。

 

この書き手自分から倫理無視したとしても」の話を始めたはずが結局倫理に戻ってきている。 

倫理以外で女生徒の話を否定できないのだ。

 

そしてこの場合倫理は採点基準に入らない。

女生徒がやっているのはそういう遊びだ。

  

 

2.「この生徒は歴史修正主義者だから0点!」 

RT ナチに限らず歴史修正主義寄りの回答を試験レポートで書いて低い評価が付いた場合は回答の典拠とされたもの学術的に著しい問題があるから大幅に減点されていますしかし、そうした人たちは「教員思想に反することを書いたから」減点されたのだという理由で納得するので話がややこしくなり

https://twitter.com/tanosensei/status/1358761277317926913

これは上のブログよりはるかに酷い。

そもそも高校生国語小論文」と言う問題文の前提すら読めてない。

 

ナチに関していうと例えば歴史修正主義寄りのことを論じるなら80年代歴史家論争に関する文献を引いたりするのなら

まだわからんでもない(もちろんそれはそれでちゃんと双方の主張を考察してないと減点するけど)。

そういう基本的な前提をすっとばしていい加減なことを言うから減点されるのである

https://twitter.com/tanosensei/status/1358762323016642563

更にこの、女生徒歴史修正主義的主張を図ったというような理解も完全に間違いだ。

お前の授業やゼミにそういう奴が複数人現れるのだとしてもこの女生徒はそうではない。

問題文全く読めてない一個も噛み合わない回答なので0点です、終わり。

 

ここまで頓珍漢なリプを鼻息荒くつけられては予備校講師閉口だろう。

「お前の国語読解力は0点です」と採点して返してもますます荒ぶるだけだろうし。

 

 

この大学教授先生に比べると冒頭のブログの方がまだ話を理解している。

そう、女子生徒は虐殺有用性を肯定している」のだから

これは「ガス室はなかった」「虐殺はなかった」みたいなナチス関連歴史修正主義者とはまた全然違う話だ。

 

つーかこれ大学教授なんだって。びっくりするよねー。

人の話も理解できない、問題文も満足に読めない、なのにイキり散らしてマウンティングRT

いったい何の先生なんだよ。

田野 大輔(たの だいすけ1970年 - )は、日本社会学者甲南大学文学部教授[1]。

あっ…

 

 

3.そもそもはどういう話なのか?

この件の問題文、

まり発端となる予備校講師の思い出話はこうだ。

 

国語講師が、国語小論文で、

論法100点 論理100点 倫理-300点の小論文を提出されたという話。

 

こんなのこの話の通りなら100点付けて返すしかない。

そして提出した生徒は大変頭いい子らしいので別に何か言う必要も無い。

 

ちゃんと本を読む子が社会通念的にアウトな価値観をわざと誇示してくるのは遊びであって

彼女国語能力に対して簡単すぎる課題だったのでそうやって遊んでいるのだろう。

ダメと言われたら即座にポリコレ100点の回答を出せるのだから倫理価値観の相対化もきちんと出来ている。

 

それでも若気の至り心配して釘を刺すならこんな助言になるだろう。

「わかってると思うけど自分にとってクリティカル試験でこういう悪ふざけはすんなよ」

「採点過程問題の切り分けの出来ないバカが一人いたら-300点になって落ちるんだからな」

と。

 

 

実際にウジャウジャとバカはいるし大学にもいるのが今回証明された。

そして問題女生徒はきちんとバカのことも理解してバカ配慮したバカ誤読や発作を起こさなバカフリー回答を作って見事志望大学合格したという。

なんてことのない話である。 

 

 

(※個人的にはこの話ほんとに実話なのかな、長く話してる時点でジワジワ盛ったりしてないかな、などと思うが、

  みんなが実話としてマジレスの上で非難しているので実話としてマジレスの上でそれに反論した。)

2021-02-08

オタクほど他人が好きなものバカにするよね

人が好きでやってる髪型を「前髪スカスカじゃんw」とか。

バンド好きを「ロキノンw」とか。

クラバーを「クスリやってるんでしょw」とか。

流行ものを追っかけてたら「一般人w」とか。

それでいて同じ口で「好きなもので語れよ!」とか「オタク差別されてる!」とか言っているんだから閉口する。

お前ら差別返しされてるだけだよ。

2021-01-27

「参考文献」の扱いに腹が立ってる

学位論文を先日書き上げたのだが、論文最後にある「参考文献」の欄でケチを付けられた。

その教授いわく、参考文献欄で取り上げた文献は必ず本文で引用しなくてはいけないとのこと。

え?それって俺ルールじゃないの?

だって、この分野の概要を示した文献とか、この論文引用する必要は無いけど、参考にはなる文献だよね?

そもそもあなたの話って「参考文献」じゃなくて「引用文献」と書いた場合の話ですよね?

そういうことを聞いたら、「そういうものからそうすべき」とだけ言われて、日本語論文ピリオドカンマもそうだが、アカデミックな謎ルール閉口してる感じ。

いや、別に学位取れればいいから最終的には治すんだけど、論文審査は俺ルールという権威押し付ける場じゃないと思うわけですよ。

2021-01-08

イラストレーターさいとうなおき氏へのふつふつと湧く疑問

初心者への添削アドバイスをやってる人で、学び方などがロジカルなので上手い人なんだろうなあ、と思いつつ動画を聞いていたが、なにか内容に違和感がある。数日後Pixivを拝見すると、ちょっと絵師とは言えないレベル閉口までとは言わないにしても正直尊敬するほどでもない。検索するとやはり山ほどいるアンチ

個人的に謎だったのが動画の以下のポイント

  1. 模写は逃げなんです。(要約して)やった感が出るから模写をするんです。
  2. ボクのおすすめしたい方法は、憧れの絵師さんの絵をできないなりに別角度から描くということです。こうすることによってだめなところがはっきりわかるんですね。

1番は正しいとも言える。ただし2番めをふんふんと聞いて氏の絵を見るとかなり違和感が出てくる。

まずさいとう氏自体絵師ではない。はっきり言ってルーキーレベル。その内情の殆どが立体が取れずペタッとしている件。これはつまり1番めをおろそかにして勝手に2番めを実践してるから、という事がはっきりわかる。そして何よりまずいのは、できないからまずは模写するのであって、できない時点でできない絵を別角度から描くということ自体不器用な人には難しい。違う絵柄には方言存在していて、その方言を別角度から理解して描くという事自体応用力がある。つまり初心者~中級者というターゲット層に適してない。

そもそも自身の上達が遅いのだから練習法にも説得力は生まれない。

このツイートおかしい。

ヘタな絵というのは「一生懸命描いたから、良く出来たハズだ」という思い込みによって生まれます

そうですかぁ?という素直な感想。下手な絵が自分の手から出てきたら一瞬で理解できますよね。一生懸命取り組んでも頭打ちものには時間をかけるだけ無駄、このくらいの認識は最大でも三年やってりゃ身につくこと。サラッと描いうまい絵が出てくる人は詳細に描いてもうまい常識的な話。

最近イラストはかなりマシだけど、この人の自己申告どおりに考えたとしても画力はジワのび。言ってしまえば普通だと思う。あと風景ごまかしが多くて決定的に描けない人だとも思うけど、彼いわくモンスター絵師から人物絵師になったということで、風景ノータッチなんだろう。デザイン豊富なので記憶力がいい人だし、加工は上手。ただし加工に頼って彩色がいい加減で浅いもののほうが多い。欲しい絵はDLちゃう人だけど、この人のはもうちょっと待ってからかなあ、という印象。全体的に言って背景の描けないさしみん(たいら)くらい。

すべてが悪いわけじゃなくて、何が悪いのか逐一メモする、原因追求するというあたりは共感する。みんなやってるしあたりまえなんだけどね。はっきり言って。そこは初心者向け動画から仕方ない。この人流に無意識で反復するのは意味ないよ、と言ってるのはわかる。さらに、自分なりに描いているときこそが一番弱点が露呈しやすいから、実践しつつ復習する態度もわかる。これは本当に重要。ただしそれだって基礎がないとやっぱりイロハのイから無理。

氏の言ってる内容で最大の問題だと思うことが、模写から違和感を探して原因と結果を書き込む、という練習法を否定してること。個人的に言えば模写から成り立ちを逆算してメモするほうが10勉強になる。

界隈でよく言われてることが売名野郎ってことなんだけど、ここはプロとして食ってゆくためにやってるのでうまくやってると思う。ただ納得はさせてほしいかなあって。

2021-01-03

anond:20210103143419

前文とかイミフだし

権利被ってる部分もあるしさっさと変えるべき部分は変えた方がいいと思うんやけどなあ

と思ってたら自民が出した改善案ゴミ過ぎて

自民支持者の俺も閉口した

2020-11-25

まれ変わったら



あ、来世も結婚って書き忘れてた…

駄目じゃん、俺無理じゃん結婚

2020-09-30

面倒な隣人

我が家の小4の息子はお絵描きしていないと息が出来ないんじゃないかと思うほど、

ずっと絵を書き続けている。

協調性動作障害を持っているから、その年にしては上手いけど、

万人が「この絵いいね!」というほどでもなく、面白い絵を書くなぁ程度のものだと思っている。

絵画教室等に行けば、もっとスキルアップできるのかもしれないけど、

本人が楽しく書き続けるのが一番!人に指導されるのは嫌だというので、

日々、紙とペンを与え続けて、書き散らかしたものを片付けなさい!と怒っている。

毎日、数十枚の紙が散らかって片付かないのも腹が立つけど、まぁ、それは本人の問題

最近面倒なのが、2年ほど前に越してきた隣人親子。

隣の女の子も同学年でお絵描きが好きらしく、お絵描き仲間として時々遊んでいる。

が、この隣人母がイラストレーターを夢見て破れたタイプの人らしく、

自分の子よりも絵が上手いと認識した息子に対して、変な絡み方をしてくる。

目の前で息子が書き上げた某キャラクターの絵よりも、

卒園アルバムにあった幼稚園の時に書いた数字ひらがな擬人化した絵をほめちぎり、

「そんな誰でも描く絵よりもこっちを磨けばいいじゃない!」とか言いだす。

まり自分現在の絵をほめてもらえないので、息子は一時期、なんとも言えない絵を書き続けた。

それでしばらく親子での出入りは、それとなく控えてもらっていたけど、

コロナ後はまた時々親子で来るようになった。

そしたら、妙に息子に迎合するようになっていた。

「紙とペンがないと俺生きていけないわ」

「わかる、わかる。おばちゃんもね、そうなのよ!紙とペンがないと無理よね!

 私たち仲間だわ!

みたいな、妙に仲間意識を作ろうとする感じが非常に気持ちが悪い。

目の前で書いているあなたの娘は?と、つっこみたくなる。

「もう、これだけ気があうと、自分の子供みたいな気分になるわ!

 うちの娘と結婚して、本当にうちの子にならない?」

みたいに言われて、息子ともども閉口し始めている。

ちなみに息子は、隣のおばちゃんにまったくもって親近感はない。

自分の絵をほめはするけど、キモを全く見る気のない人だから

ちゃんは、素直に絵を見て笑ってくれるからいいらしいけど。

そして、息子の絵と隣人母の絵の質は違う。

勝手に仲間にすんな。

息子が人に絵を書くときは、見た人の感情を動かしたくて書いている。

人に見せた時に、笑い声や驚きの声が出たら、息子はい笑顔をする。

「わぁ、上手い」は誉め言葉じゃないのだ。

これを息子が隣人母に言ったら、

「わかるわかるー。上手いって言われるのが当たり前すぎて、誉め言葉じゃないよね!」って、

答えが返ってきた。

から、違うって。だから、絵のキモを見ないおばちゃんって言われるんだって

第一声で「上手い」って言われるのは、その絵に「上手」以外の受け取り方を相手が出来なくて、

本人の書いた意図が伝わらなかったということだからなんだって

彼にとって絵が上手になることは、自分の絵の意味相手に伝える手段しか過ぎない。

人気キャラ完璧な模写をして、上手いって言われて、

それ以外の絵を見せない隣人母とは、正直、相容れないタイプなんじゃないかと思ってる。

いや、それはそれですごい技術だと思うんだけど、自分と息子を同一視するにはあまりにも姿勢が違う。

音楽鑑賞中に落書きしてるんで近づいたら、その音楽イメージリアルタイムで書き続けてました!

初めての事態に動揺しましたが、授業はちゃんと受けているので、許可というかそっとしておきました!

っていう、謎報告を学校からもらうのがうちの息子だ。

自分手帳の片隅やスマホに、自分で描いた絵の一つもないやつが、

人に褒められる場面でしか絵を書かないやつが、勝手にうちの息子を自分の子にとか言うな!

ああ、これ以上絡んでくるようだったら、同じ学区での引っ越し視野に入れないとかなぁ。

私に絵心がないから、息子の環境悪すぎ可哀そうってなってるのかもしれないけど、

こちらは本当に気持ちが悪い。

2020-09-27

社会はその構成員一定仕様に収まっていることを要求する。

そこから逸脱すると許容の為のコストが発生するから他者に疎まれる。

KKOキモいからアウト。

ホームレス支援者だって昼食に入った吉野家で、カウンターの隣の席に座ったホームレスが目に沁みるスパイシー芳香を放射していれば閉口するだろう。

KKOキモいからアウト。

察してちゃんコミュニケーションコスト他人転嫁するからまれる。

KKOキモいからアウト。

2020-09-20

小学生アイドル児童ポルノか?

子供が「将来なりたい自分」のために頑張るのは、とても素敵なことだと思う。だからアイドルになるために、小中学生研修生として芸能事務所下部組織所属することは、悪いことではないと思う。

しかし、それに大人が群がってる様子を見ると、これは児童ポルノと言われても仕方ないなと感じる。

私がそう感じた経験は2度ある。

 

1度目は、女性アイドル研修生ステージだ。

私は既存グループファンなので、そのグループも出演するフェスのようなイベントに参加したところ、前座として研修生パフォーマンスがあった。

感想を短くまとめると、「ステージは盛り上がったが、私はドン引きした」。

肉体があまりにも未完成少女たちが、露出の高い服を着て、おじさんたちにヒューヒュー言われている。その光景を見て、パフォーマンスクオリティ判断する前に、「これはヤバい」以上の感想が浮かばなかった。

かに彼女らはデビューのために場数を踏まなきゃいけないし、デビューしたらミニスカートやへそ出しくらいはよくあるアイドル衣装からくじらを立てるものではない。おじさんたちも、少女たちに興奮しているのではなく、彼女たちの気分を盛り下げてはいけないと思う優しさから雄叫びを上げているのかもしれない。

しかし、ヤバイのだ。一歩引いて見ると、少女に興奮するおっさんギリギリすぎるミニスカートを履いた少女しかないのだ。悪意のある切り取り方をされたら、アウトな匂いしかしない。いや、悪意がなかろうが、その光景写真を撮ってSNSに上げたら、アウト方面炎上しそうだ。

オタクきもいから駄目なんですか?と「俺は風呂入ってますけど」と言わんばかりに眉毛ピクピクさせたオタクに詰め寄られそうだけど、たぶんキモいから駄目です。

 

 

2度目は、男性アイドル研修生ステージだ。今回は現場ではなく、Blu-rayに収録された模様である

シチュエーションは、1度目とほぼ同じ。既存グループコンサートの幕間。そして、衣装水着である

筋肉美なんて、みじんも感じさせない細っこいからだの少年たちが、半裸で水鉄砲をもってステージを駆け回る。それにファン女性が、キャーキャー言う。

アウトだ。あれはアウトだ。田舎小学校の全校生徒集めたみたいなラインナップの半裸の少年たち。それにキャーキャー言う女。

さらに、少年たちは歌わないし踊らない。実はカイジの鉄骨渡りを眺める富豪みたいな人が、人身売買をしてるなら納得である。色んな角度から見てもらうためには、ステージを駆け回るしかないもんな。

せめて、パフォーマンスをすればいいのに、それすらもしない。

 

 

ただ、それらも「彼らがアイドルとして成功するためには必要プロセスだ」と言われてしまったら、私は業界に詳しくないので閉口するしかない。

 

支離滅裂になってきたから、ここで止める。

2020-09-06

ゴールデン枠に深夜アニメを流さないで欲しい

アニソン総選挙かいうのがtwitterトレンドに入っていた。気になってチャンネルテレビ朝日に合わせてみた。

懐かしのアニメの曲とかドラえもんとかアンパンマンのようなファミリー子ども向けアニメの曲が沢山流れるんだろうなと思った。

ふたを開けてみたら懐かしアニメとかファミリーアニメもあったけど、深夜アニメの曲も沢山流れていて閉口した。

 

深夜アニメ子供青少年が見るにはふさわしくないエログロナンセンスの羅列である

最低でも小学校卒業まで、できれば高校卒業か18歳になるまで見てはいけないものである

10時以降の番組ニュースNEWS23とかWBSとか)かドキュメンタリー以外は子供お断りだと思っている。そういう感覚制作者も作っているはずだ。

そういう深夜の大人向けコンテンツ子供の見る時間帯に出しゃばってくることは、大人向けの露骨エログロナンセンス子供が触れることにつながりかねないか

加えて深夜アニメには刺激的なシーンが多い。件の番組でも深夜アニメの名場面と称して少女斬首されるシーンを無修正放送していた。

鬼滅の刃を見てしまった子どもがショック症状を呈したという報告もある。

グロだけではない。深夜アニメ男性女性の歪んだ性欲のはけ口という側面もある。そういう歪んだ性欲に触れた子供二次元至上的なミソジニーミサンドリーに走る危険性もある。

ナンセンスに関しても、「顔芸」と称しダリ時計みたいなグロテスク一歩手前な映像を流すなど、エルサゲートのような深夜アニメが目立つ。

 

深夜にアニメをやるのは時間帯によるゾーニングである子供配慮しないでクリエイターが伸び伸びと表現したいことを表現できる場は貴重である(極端な例は『ポプテピピック』)。

そういう場に立ち入っていいのはある程度分別のついた人だけである分別のつかない人間特に子供青少年)が触れていいものではない。

そういう意味で件の番組は著しく配慮に欠けていたと思う。テレビ朝日は猛省してほしい。

2020-08-18

anond:20200818222946

しかトイレの諸々に初めは閉口したけど、しばらくしたら慣れてしまった。

トイレ以外についても日本と同じ衛生環境は望めないけど、対策すれば深刻な病気にはほぼほぼならないよ。

最低限の用意はビオフェルミン、おすだけベープ、サニタイザー。サニタイザーはあっちのスーパーでも売ってる。

長く過ごすなら予防接種も。日本で打つと高いけど、バンコクスネークファームで安く打てる。品質問題ない。

2020-08-17

飼っていた犬が死んだ私が、やったこと。

このhttps://anond.hatelabo.jp/20200815153451

エントリーを書いた。

 

以降のことを記す。

 

まず、インターネットで調べると、「火葬まで家においておける目安は夏場なら〇日~〇日、冬場なら……」的に書いてあるが、ぶっちゃけ真夏は無理だと思った。

 

金曜日夕方に死んで、処置をしてもらい、6時ごろに連れて帰ってきてから彼女定位置だったリビングソファー脇に棺を置いた。

 

既に土曜には獣臭が臭う!!

①元々、彼女犬種的に匂いがなかった

②私が少し嗅覚過敏の気がある(現に、夫はかなり近づかなければ分からない、と言った)

以上の理由はあるにしても、保冷剤(特大)を、本人の上と棺の下から当てて、冷房ガンガンに効かせても、次の日の夜には体内からなんかいろんなものが染み出てきちゃってるのか、臭いはした(ので、本人に「ごめん!!」と言いながら消臭剤を棺の横に置かせてもらった)。もし、動物病院での処置がなく、家で看取った場合は、さらに体の傷みも加わってくるだろう。3日以上家にいてもらうなら、ドライアイス必須だと思う。かかりつけの動物病院に連絡すれば、業者さんを教えてもらえるはずだ。私の場合は、日曜の朝には火葬の予約が取れたのでもう使わなかったが。

 

土曜日、前回書いた通り、無理くり足型を取って、夕方に花を求めに行く。お盆で、街中の個人商店が軒並み休み閉口する。駅ビルの中の生花店で、立派な白百合ヒマワリ、あとは隙間埋め用に、「お買い得品」になっていた、淡い色のバラの纏め売りを買う(どうせ次の日には燃やしちゃうわけで)。長さだけ持ちやすくしてもらい(どうせ次の日には以下略)、帰宅

 

他に本人に何を持たせるか…と思ったときに、家族写真を持たせようと、LINEネットプリント登録し、コンビニ印刷(ただし、業者によっては普通紙でないと一緒に焼いてもらえないようだ。写真用紙にはしないことをおすすめする。どうせ次の日には以下略)便利な世の中になったもんだ。封筒に入れて、彼女似顔絵を描く。字が読めなくても、これなら分かってくれればいいのだが。

 

日曜日の朝。棺に、いつものタオル、お花、お弁当彼女は、『ドライフード原理主義者』とも言うべき、強硬カリカリ派であった)、封筒を入れる。外は災害級の暑さ。こんな日に彼女を外に出そうものなら、すぐに舌を出して、家に戻ろうとするような陽気だ。

 

棺を車に積んで、ペット火葬を請け負ってくれる業者へ。

炉が乗った移動火葬車を使うという。屋根のない駐車場がある家なら、出張もやってくれるらしい。そんなのがあるなんて初めて知った。

 

最後に抱っこしてお別れしてくださいと言われ、なんだか棺から出すのが今まで躊躇われていた亡骸を抱き上げる。冷たくて硬い彼女を撫でて、(マスク越しだが)たくさんキスをする。いつも、チュッチュチュッチュしても何にも文句を言わずにされるがままの犬だったので、冷たくて硬いことだけがいつもと違って、『ああ、この毛皮の中にもう彼女はいないんだな』と思う。でも、そこに姿形がある名残惜しさ。

 

「またね」と、言った。

 

1時間ほど、近くで時間をつぶして戻ってきて、暑い中、まだ熱い炉の前で汗だくになってお骨を拾う。業者さんは丁寧に骨の説明をしてくれた。手元に残す用のカプセルには、綺麗に焼け残っていた歯と、しっぽの骨をひとつ入れた。また、骨を形のまま収めるかパウダー状に加工するか決めかねていたのだが、骨のままだと煤などが原因になってカビになる可能性があること、パウダー状にすればまんべんなく水分が飛ぶので長期的な保管状態が良くなる、という説明を受け、今までなんとなく抵抗があったのだが、合理的さらさら状態にして骨壺に収めてもらうことにした。

 

思ったよりももうふたまわりくらい小さな覆袋を抱いて、家に戻る。やっと、リビング冷房の設定を27度にできる。彼女定位置の敷物にお骨を置く。

気持ち区切りがついたと同時に、やっと、寂しさがこみ上げる。もう、彼女はいない。毛皮も、ない。

 

人間と同じように7日は魂がこの世に残るのだろうか、と最初は思ったけれど、いっそそうでない方がいい。病気だらけの毛皮を脱いで、身軽になって、軽やかにいぬのくにに帰っていくといい。

そしていぬのくにのかみさまの膝にぴょんとして、「たのしかった!」と言うといい。

 

きっと彼女ならそうするという自信が、私にはある。

2020-08-16

自分仕事押し付ける同僚の対応がつらい

同じ会社の人で、自分担当仕事なのに「これはやりたくないから誰かやって」「苦手なので絶対にやらない」「向いてないと思ってるから無理」みたいなことを言う人がいる。

本人は無理って言うけど、別にできないわけじゃない。やりたくないからどうにかやらずに済むように言いたいだけ。

適材適所はまぁそうあったら一番幸せだけど、自分担当なのにやりたくない、苦手、向いてないからって理由で他の人に押し付けるのっておかしいよね。

誰かがやらないとお客さんや、他の同僚たちが困るから結局は私含めた誰かがやってあげることになるんだけど、本人から感謝されることはない。

しろそうなって当然だと思っていると言っていた。

その人の上司相談したこともあるけど、「いやー。嫌だって言うならどうしようもないやん?やったげてよ」とのこと。

話にならなかった。子供かよ。

自分のやりたいことだけできる環境があればそういう会社で働きたいけど、仕事なんだから責任持ってこなせよと思ってしまう。

それから自分仕事を誰かが代わってくれたのならお礼をしっかり伝えたり、代わりに何か他の仕事を引き受けたり手伝ったりしないとバランスが悪いとも思う。

「この仕事は〇〇さんにやらせたい」「あれはやりたくないから△△さんがやるべき」「私はこんなことやるような人間じゃない」って言ってくる奴の相手を都度都度するのも疲れるし…。(なぜか管理職でもなんでもない私に言ってくる)

そういえば前に一度耐えかねて、自分仕事なんだから責任持ってやりなよって言ったことがある。

そしたら「責任を持つほどの金はもらってない。そうさせるならあと〇万円出せって社長に言って」って言われて閉口した。

その人の給料はだいぶ高いから。(私は人事なので知ってる)

本人からしたら足りないんだろうけど、正直入社しても期待していたような働きはしてない(やりたくない発言のおかげで仕事が減った)ので、代わってあげてるみんなに配分するほうがいいんじゃないかとさえ思う。

なるべく見ないように聞かないようにその人には心を閉ざして接するようにしているけど辛い。

明日からまた1週間がんばる。

2020-08-14

anond:20200814181950

首都圏在住なのだけれど、映画祭りがあるから子供と行ってみたら、第五福竜丸のことを伝えたいであろう映画を上映されて閉口した記憶がある。

子供が被ばくn世であることおいおいは話さないといけないと思っている。

それだけに他人から勝手に恐怖感をあおるだけの映像を見せられて、まじで「何してくれてんの?!」って思った。

2020-07-25

品のないVTuberがそんなにいいの?

登録者数やスパチャ総額の規模で、今やVTuber界隈の2大事務所といえば、もちろんにじさんじとホロライブである

この2つの事務所所属VTuber路線については、にじさんじ芸人ムーブ、ホロライブアイドルムーブと、結構明確な違いがあったり。

かくいう自分はホロライブ箱推しで、多くの時間はホロの配信ないし切り抜きを見ているので、他はにじさんじ女性VTuberを時々見る程度。

そんなにじさんじ月ノ美兎、御伽原江良、戌亥とこ、健屋花那が各々「芸」を確立していて、純粋楽しい

あとは、774inc.の「白の女王因幡はねると「赤の女王周防パトラという、良い意味大御所感あるお二方も興味深い。

男性VTuber配信も見ないことはないが、個人的にはにじさんじよりもホロスターズのほうが好きかな。

いうて荒咬オウガの渋く落ち着いた声や、夕刻ロベルの頭の回転早い喋りくらいしか知らないけど。

でも仕事として、興行としてイケてるところを見せようとしているのは普通に好感が持てるので、そのうちブレイクしそう?


さて、そんな筆者がどうにも人気の理由理解できないVTuberがいる。

本間ひまわりと笹木咲だ。

いやもう正直、マジでアレのどこがそんなにいいの?と思ってしまう。

本間ひまわりは底意地の悪さが透けて見えるし、笹木咲は口の悪さに閉口させられる。

共通して言えるのは、品がないってこと。

ついでに言うなら声も大して魅力的だと思わない。

(これは逆にホロライブが、可愛い声が地声中の人ばっかり起用しすぎとも言えるけど)

もっと余計なこと書くなら、この2人と同期の闇夜乃モルルが馴染めなかったのも頷けるし、タチバナかいファンチにtwitter上で名指しでdisられたことと合わせて、引退の遠因になったとしても不思議じゃない。


でも楽しんで見てる人は、そういう毒のあるキャラを楽しんでるんでしょ?

その感覚からし理解に苦しむけど、実際にはにじさんじ代表するVTuberに数え上げていいレベル大人気なんだから、世の中本にわからない。

一体全体、どこにあれだけ人気になる魅力があるのか、教えて欲しい。


おまけ

知ってる人結構いると思うけど、上に書いた闇夜乃モルルは、引退後しばらくしてから再就職し、転職先では公私ともに信頼できる先輩を見つけて楽しくやってるっぽいので、個人的にはそこまで恨み節というわけじゃないのらよ、みたいな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん