「ガチ恋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガチ恋とは

2020-06-01

ガチ恋とかならこの時間も楽しかったんかなあ

でもガチ恋ガチ恋で大変よな

ガチ恋なんてなるつもりもないけど

2020-05-29

配信者の推しクズなんやけど、推し始めてまだ4か月半とかやのに既に惰性で押してるとこあって推しとはとなっている。

クズなのは推し始めてから割と早い段階で知ったし別にガチ恋でもないか推し彼女がいようとセフレがいようと浮気してようと推し推しって思ってたけど、最近たぬき見つけて見るようになって2日かけて過去たぬきも遡ったら想像以上にクズでンンンって感じ。

別に自由にしてくれればいいんやけど、気まぐれに帰ってくるDMも私はブスやからまれしか返ってこんのかなとか考えちゃったり送っとくねって言ってたDM既読すらつかんかったりなんかこんなことでモヤモヤしてるのしょーもなってなってきた。

R18系の配信やってる子で、正直R18の台本読みとかには興味なくて寧ろ苦手で聞いてるのも、申し訳ないけどちょっと気持ち悪くなってでも雑談タイム聞き逃したくないから小さい音で聞いてて、これって何のため?って感情がもくもくと湧き上がってくる。

私より4つも下でこんな子に機嫌取ってもらってる私って一体何。

もういい加減自分の機嫌くらい自分でとれるようになりたい。それができるときはできるけどできん時は誰かを頼りたいやんか。

分手っ取り早くそれなりに構ってもらえて課金したときには「好きだよ~」って言ってもらえてそれが今の私には丁度良く心地いいんやと思う。

しょーもないよな。

2020-05-26

女子アイドル女の子と付き合うのが歓迎される風潮があるとかなんと

件名のような風潮があるらしい。又聞きだけど。

そしてそんな風潮に対して「異性愛すると叩かれるのにレズビアンは叩かれないのはレスビアンに対する差別では?」という声を見かけ、

素朴にいろいろ思うところがあったので書き置いておきます想像想像を重ねていく文章ですが。


実際の自分気持ち。前提、自分身体は男で性自認はその他って感じ。

まず、男と付き合っているだとか女の子アイドル公言したらたぶん応援しなくなると思う。推しだったとしても。

いや、うーん、推しだったら……許せないけど通ってしまうかもしれない……わからない。でも嫌悪感は持つと思う。


それはともかく、アイドルという言葉が生まれた頃とは状況が異なっていて、結婚してもアイドル続ける人も出てきたけれど、自分青春を火に焚べて輝こうとしてる人の方に惹かれる。

実際のところ彼氏いるんでしょ?みたいなうっすらとした諦念を抱えつつ、アイドルでいる間は最後まで騙し通してくれたら良いなと思う。道化でいさせてくれたらいい。手の届かないところで輝く存在として。

で、女子アイドル女の子と付き合ってること、同性愛であることを公言されたらどう思うか、想像しかないけれど、考えてみる。多分そこに嫌悪感はない。素直で素朴な気持ち

アイドルをしている一人の人間が、人として誰かを愛している、そこに変わりはないのに、どうして受け止め方は違うのだろう、と考えてみた。

ひとつの仮説。今の日本では同性愛規範となっていないこと。家族制度のなかに同性婚は含まれていない。

個人的規範家族制度が苦手で、人の結婚ニュースが入ってくるたびにまあ人って結局そういうもんだよねと感じてしまう。

からアイドルが(今のところ)規範を外れた同性愛アピールするのは疎ましい規範への反抗に見えるのでは?というもの

でもこれは多分違う。同性愛がいつか規範になって、当たり前に同性婚が行われる世の中になったとしても、

男と付き合う女の子アイドルには嫌悪感があるし、女と付き合う女の子アイドルには嫌悪感を抱かないとおもう。

実際なってみないとわからない部分は大いにあると思うけど、今の想像では。


そこでもう一つの仮説。女の子アイドル同性愛である、と公言されること。

すなわちそれは、身体が男の自分にとって追いかけてるアイドルは、

本当に手が届かない存在なんだと実感できるのではないか?ということ。

相手性的指向に合わないならそもそも土俵に上がれないのだ。

手の届かない星のような存在が、ハナから手の届かない存在であったと心から実感できる。

もともとオタクなんて相手にされてないって?そんなことはわかってるの、こっちの気持ちの整理の問題なの。

もやもやしてたので書いた。全部あくま自分場合のこと。

これもレズビアンの方に対する差別になるのかなあ。無学なので…わからん

それで気になるのは、いわゆる女オタがどんな受け止め方をするのだろう?ということ。とりわけ、ガチ恋に至っている人はどう思うんだろう、と。

2020-05-25

推しへの手紙に「大好きです」と書くのを悩んだ

いわゆるファンレターなんだけれども

自分が急にコロナやら何やらで死んだら二度と書けないかも知れないんだなと思い

推し応援する気持ち推し仕事感想などと共に便箋3枚にしたためたわけです

推しキャリアの初めに大きな役をもらって順風満帆かと思いきやその後はさっぱり大きい仕事がなくて

何となくメンタル不安定な部分が見え隠れするようになってSNSに顔を出す頻度も減って

それでもたまに仕事が入れば規模に関わらず誠実に取り組む推しが私は大好きなので

「大好きです」って書こうと思ってふと考えたんですよ

こんな1ファンに過ぎない一般人から手紙にいきなり「大好きです」とか書いてあったら

重くないか気持ち悪くないか

私は別にガチ恋勢ではないので

ペン先が乾いて書き出しの文字がかすれる程度に小一時間悩んだけど結局「大好きです」って書いた

書かなかったことを後悔するのが嫌だったか

コロナもあるし、次に推し事務所に行って私の手紙を受け取るのは、そしてそれを読むのはかなり先かもしれない

その時私は生きているだろうか

2020-05-24

BL性的消費は不可分だがイコールではない

https://note.com/komatsuna777/n/n1d69e89f8c59

こっから始まってちょっと言及したくなったことが出たけどその前に



https://tkrtht.hatenadiary.com/entry/2019/06/04/195908

このへんとかを合わせて読んでポルノとしてのR18BL性的消費が主題でないBLは分けて考えた方がいいんじゃないかと思った話をします。

(不可分って言ったのに分けて考えるというのもなんか変な話なんですが)






そもそもBLになぜハマるかについては人それぞれ理由があるので全部ひとまとめにはできないわけですが、それでもやっぱり大まかな傾向っていうのはあります

ありますが、その大まかな傾向も当然ながら一つにまとまるようなものではなくて何種類かに分かれるはずです。

そういう中でBLポルノとかBL性的消費とか言い出すと、いや確かにそういう部分があることは否定しませんけどそれ言い出したら恋愛小説は全部性的消費かっつったらんなことねぇだルルォ?ってなるじゃないですか。

ポルノとしてのBLについての考察個人的にはかなり当たってるところはあるんじゃないかとは思いますし、そのあたりを否定するつもりはないんですけど。(受けが女体化したりするのはまさにそういうとこだと思ってるしなんなら自分も受けに投影してポルノ的な消費の仕方をするBLもある)

普通に男女の恋愛ものとかも少女漫画ガンガン読むし、少年漫画とかで主人公×ヒロイン推しまくって恋愛フラグのないサブキャラをくっつけてキャッキャしたり主人公攻め、主人公受けの場合主人公に明確な恋愛フラグが立ってないからこそ男とくっつける時もあるので「それだけじゃないよ!」っていうのは声を大にして言いたいわけです。

例えば自分はマジモンの「性癖」として悪堕ちモノとか洗脳モノとか催眠モノとか好きでして、リアル世界でそういうことをされたいかと言えば絶対にノゥ!なんですけど、安全保障された妄想世界であれば征服される側になってみたいというM志向があって、かと言って自分自身の容姿やら何やらには割とコンプレックスがあって自分がそういう目にあってもまあ興奮するどころか萎えるので、美形同士のMCコンテンツガチポルノ消費してます。(キモオタとかモブおじがかわいい子をあれこれしちゃうのは好みでない)

「犯される」ことがかなりウェイトが高いみたいで、レズものでもふたなりだったり触手とか使ってまあつまりインする類のものであればとてもにっこりして読めます増田じゃないとこんなこと書けねぇわ。

じゃあBLは全部ポルノとして消費しているかと言えばそうでもなくて、そもそもR18じゃないBLとかも普通に読むし好きなCPでもそこまで積極的エロ妄想しないCPとかもあるんですよね。

あとこれは本題とは無関係ですが「必ずしもポルノ消費するのが目的ではないけどポルノ消費もできるCP」についてはABの場合BACBNGですがBC恋愛感情はないけどいわゆる連鎖堕ち、快楽堕ち要員としての攻めのBと落とされるC)はアリです。ポルノ消費しない場合BCはやっぱり無理です。おまけにポルノ消費を目的としていない部分の自分がたとえポルノ消費であろうとAとBの間に必ず愛情を求めてきます。(歪んだ愛情は可)

何かの参考になるかと思って書いたけど業が深いなこれ。



それで「じゃあポルノ消費を求めないBL」について何を求めているのかという話ですが、多分突き詰めると本当は愛や情ではあっても恋愛である必要はない、互いに求めあう心だとか、こころのふれあいって奴を求めているんだろうなあとは思っています

それは別に恋愛でなくとも家族親友といった間柄でももちろん表現できるものではあるんですが、そこでなぜ恋愛関係にもっていくのかについては自分の中の固定観念として「結婚とかは基本的に面倒臭いことだし誰かと一緒に生活するのって何かとしんどいけどそのしんどさを許容してでも一緒にいたいと思える相手は本当に想っている相手だ」みたいな感覚があるんですね。

それが必ずしも正しいものではないことも理解はしていますし、常に一緒にいることだけが愛ではありません。

ですが一つのモデルケースとしてとても分かりやすく、「いいことばっかりじゃないけどそれでも一緒にいたい相手と一緒にいることを選ぶ二人の話」はあれこれ考えずにするっと頭の中に入れられるので気楽に人と人との心の触れ合いを楽しみたい時は恋愛に行くのだろうなあと思います

それ以外でも家族の絆とか友情とかももちろん好きですが、なんだかんだ恋愛ものってやっぱりコンテンツとして大きいしその分洗練されてて安定した品質を確保しやすいのはあるよなあと。

から自分別にBLに限らず男女でも百合でもなんでも自分感覚に会えば見ます。その時に必要としているのはSEXではなくて心のふれあいなので。




そのような背景を前提に、二次創作で同性CP妄想する時になぜそこをくっつけたのかという自分思考の流れを追います

まず最初既存コンテンツ公式CPではなくて二次創作による捏造CPを生み出す理由として、自分考察厨で妄想癖があることが原因かと思います

受け取ったコンテンツを消費する時に、そのまま受け取っておしまい、ではなくてなぜそうなったのかの裏を考えたり、間の空白をそれっぽい何かで埋める遊びが大好きなんですね。だから二次創作CPも無から有を生み出すのではなく作中の描写を元にそれを拡大解釈して捏造するのが好きです。これは好みの問題ですのでもちろんそれが正しいとか言うつもりはないです。二次創作なんて全部捏造

この、考察厨亜種としてのBL好きの存在は実は結構いると思っています特に二次創作をやってる人は考察勢と言うか、CPとして成立する根拠を持ち出す人が多く、顔カプと言われるような原作で接点のないキャラをくっつけるのを嫌う傾向にある人が多いと思うので。

そしてそれが男同士になる場合、一つは「恋愛主題ではない作品場合主人公ヒロインフラグが薄い、あるいは明確なヒロイン存在しない場合がある」ことにあります

先程も言いましたが、自分恋愛要素があるコンテンツは(複数ヒロインの際にどのヒロインを推すか問題を抱えることはあれど)ファイナルファンタジー最終回発情期)やら連載途中で後付けでフラグが立ったりとか作品に入る順番を間違えた(うっかり終盤のネタバレを踏んでそこから入ったとか二次創作から入った場合)といった事故を除けばそもそも主人公×ヒロイン推し人間です。FFシリーズPS以降)とかテイルズシリーズなんかは主人公の同性CPは考えたことないです。

ところがそういった関係性が明示されていない場合、「この作品好きだけど心のふれあい要素が少ないんだよなあ。あれ、そういえばこの主人公このキャラと仲がいいよなあ、ふむふむ…」といったあたりから始まって妄想が始まっていきます

もう一つは「恋愛フラグが立っていないメインキャラ同士のCPであるケースです。

この場合性的思考は割と異性寄りなので男女で見ることの方が多いですが、最終的にときめいた関係性のキャラCP視するので、メインキャラに男性が多い作品だったりすると軽率BLに走ります

また、主人公が無個性であり主人公と自信を同一視するようなタイプゲームだと自分キャラ恋愛は「そもそもこのキャラ自分を好きになるはずがない」と解釈違いを起こすので主人公とのCPは除外されます

とは言えCP女性側や受け側に自己投影をしていないとは思いません。(二次含めて創作する場合登場人物全てある意味では自分ペルソナだと思っているので自己投影を全くしていないキャラなどいないという意味で。

ですが「そのCPが互いに心惹かれるに至った動機」だとか「相手のどういった部分を好きなのか」といったこころのふれあい部分に自分パーソナリティなんぞが入ってきたら邪魔というか異物でしかないので、キャラ自分の一部を重ねることはあっても自分パーソナリティを重ねることはないです。

そういう意味では攻め視点モブおじ視点自分のようなタイプ腐女子とは相容れないですね。(もちろんそれが悪いとは言ってません。分類が違うということです)

自分場合はそんな感じでCP妄想を楽しんでます


ところで書いていて思ったのですが、腐女子が受けに対しての「自己投影」を否定するのは、人によりけりですが「私は受けと自分パーソナリティを同一視したりはしていない」の意味が強い思ってます

単に共感するかどうかではなくてそれこそ自分自身が作中に入り込んだのかのような、それこそ同一視というやつになるんでしょうか。それはやってないよという意味だと思ってます

からアイドルに対しての「ガチ恋勢」とかキモイってよく言われるじゃないですか。住む世界が違う相手に本気で恋い焦がれる、まではまだしも彼女かなにかのように振舞うとかキモイ、ってやつです。

それと似たような感じで、住む世界どころか実在しない相手に対して本気で恋い焦がれて彼女面するとかキモイ妄想乙、って話だと思うんですね。

まりヒロイン自己投影ヒロイン自分パーソナリティを同一視するような奴」は「架空キャラに対して本気で恋愛感情を抱いており」「架空キャラをまるで現実人間であるかのように扱い、恋愛感情を抱くなんてキモイ」というという三段論法なんじゃないかと。

誤解されないように言っておきますが、私個人ガチ恋勢をキモイと言ってるのではないし、ヒロインパーソナリティを同一視することが必ずしもキャラとの恋愛イコールで繋がるわけでもないし、夢女子ガチ恋勢とイコールで繋がるわけでもないし、自己投影理由相手バカにするような行為本来許されてはいけないものです。

物語が誰の視点で語られるか、の問題ではないと思われます。受け視点BL二次なんて腐るほどありますが、なら受け視点物語であれば自己投影を疑われるかと言ったらそんなことないです。

なぜ架空キャラに対して恋愛感情を抱くことをキモイと感じるのか、あるいはキモイと言われてバカにされるのかについての根源的な部分についえは残念ながらよく分からないのですが(現実架空世界混同していると思われているのかな)、実際に夢女子に対して「キャラ恋愛する妄想とかキッモww」というたぐいの罵倒は見たことがありますし、自分にもバカにするとまでは言わずとも昔になんとなくガチ恋勢を下に見ていた時期はあったなあという黒歴史があるので。

で、二次で受けのキャラ崩壊が激しいと、もうそれこそポルノ目的快楽に弱いえっちな子にされるのは逆にそういうものだと納得?できるのですが(キャラ崩壊のものが嫌な人もいるが、それはそれとして理由が明確である)、明らかな性的消費というわけでもなさそうなのにこのキャラがこんなことやるかよみたいなことをしたりすると、キャラ性格を改変した理由自分の中で何かしら説明をつけるために「この人は受けに自分パーソナリティを反映させているのでは?」という仮定が出てくる、と。

更に他ジャンル二次創作でもどんなキャラであろうとも常に受けの性格一定テンプレに押し込まれていて原型がなかったりすると倍率ドンですね。

そして原作性格がかけ離れてしまった(と読者が感じた)キャラ優遇されていると、そのキャラが好きで優遇したと言うより改変後のキャラが好きで優遇されたと判断され、改変されたキャラは作者のパーソナリティ的な分身だと認識される、と。

当然ながらその仮定仮定しかないし(単純に二次作者の力量の問題であるパターン、実はむしろ原作に忠実であり読者の方がむしろ受けを美化しているパターン性癖ではあるがパーソナリティを反映しているわけではないパターンなど色々あり)、仮に事実であったとしてもそれを理由相手バカにしたりするのは言語道断なのですが、思考の流れとしてはそう特別ものではない気がしています

要は「飛影はそんなこと言わない」なんですよ。もはやそのキャラはそのキャラではなくニセモノとみられているのです。



壁になりたい、空気になりたい腐女子については単なる第三者というだけではなくて第三者かつ彼らを至近距離からのぞき見したい現れなのではないかと思っています

というか物語を楽しむ視点の話ではなくて「そのCP私生活やら何やらをあますところなく全部至近距離でじっくり拝見したい」んですよ。

から空気になって24時間推しCPに密着したい」になるんですね。空気視点作品を楽しみたい、とはちょっと違う気がします。

2020-05-14

アセクシャルだと受け入れた

まれてこの方他人恋愛感情で好きになったことがなく、もちろん性的感情を抱いたこともなかった。

色々調べて、アセクシャルという言葉を知ったが、しばらくは受け入れられなかったが、昨日になって受け入れられるようになったので増田に書いてみる。

アセクシャルAセクシュアル)とは無性愛のことで、他人に対して性的感情を抱かない性的指向のことだ。

解釈によっては性愛だけでなく恋愛感情も含む。私は男に対しても、女に対しても恋愛感情を抱かない。

恋愛したことがなく、他人と付き合ったこともないので、運命の人とやらに出会っていないからとかそういう可能性もなくはないが、とりあえずアセクシャルと言っておけば現状に納得がいくんだから別に後々誰かに恋愛感情を抱いて実はアセクシャルじゃなかったと撤回してもいいと思っている。

性的指向なんて決めるのは自分なんだから、誰かにそれは勘違いと言われる筋合いはない。


私がしばらく受け入れられなかった理由の1つ目は、そもそも恋愛したことがないんだから男が好きか女が好きかも決められないのではないかと思っていたからだ。

両方と恋愛してからでないと恋愛ができない、性的感情が抱けないなんて決められないのではないか

だが、そもそも恋愛ができない体だと受け入れてしまえばこれはそんなに大きな問題ではなかった。

付き合う以前に、好きにならない。何も進展しない。

万が一好かれたとしても自分にその感情がないのに試しに付き合ってみよう、とは思えなかった。

人と付き合おうと思わない、誰からも思われないのは私の見た目にも問題があるのかもしれない。性格かもしれない。

だが、こんなふわふわした人間と付き合うなんて相手時間無駄にしてしまうようで忍びないし、アセクシャルだと認めてしまえば「他人に対する恋愛感情がないのだから仕方ない」で納得できる。私が。

アセクシャルだと認めることは、私の色々な言い訳にもなる。

実に都合がいいと、受け入れた今なら思う。

私は幸い毒親に育てられることもなく、親にはこんな私に金をかけてくれたことに感謝しているので、親孝行をしたいとは思っていた。

孫の顔を見せることが最大の親孝行だと思っているので、それは叶いそうにもないのは申し訳ないが、これも「アセクシャルなんだから仕方ない」と納得した。

まれ持ったものはそうそう変わらないと思うので、仕方ないと思う。それなら諦められた。よかった。


受け入れられなかった理由の2つ目は、私は恋をしている。

他人恋愛感情を抱かないのは、現実に限った話で、二次元キャラクター所謂ガチ恋をしている。もう10年近く片想いをしている。

夢女ではないのでそのキャラクターとどこで出会たか、どっちから告白たかデートはどこへ行ったかなどの妄想したことがない。

私の好きな人は私のことを知らないし、私は好きな人と知り合いですらないからそんな妄想するのはおかしくないか?と思う。だが片想いをしている。

他人のために無茶をするくせにそれを隠そうとする不器用でかっこつけなところが好きだ。考え方が好きだ。好きな人幸せを祈ることができるその人が好きだ。

私は恋をしている。永遠に片想いで、好きな人が一生私のことを考えることはないが、私は恋をしている。

二次元キャラクターとはいえ、恋をしているなら恋愛感情があるのではないかと思ったが、それが二次元キャラクター認識している以上、どちらかというと異常性癖にあたると思う。

フェチとか、性癖とかと同じものだとしたら、現実人間恋愛感情性的感情も抱かない無性愛と私の片想いは両立すると思う。

からアセクシャルだと受け入れられた。受け入れられても恋をしたままでよかったから。


受け入れられなかった理由の3つ目は、有り体に言って、私は自慰をするからだ。

AVも観る。18推シチュエーションCD聴くAVは無理矢理シチュ複数も嫌いではないし、シチュエーションCDは和姦が専ら好きだ。初夜特に好きだ。

道具を使うことはないが、そういったもので性欲を解消している。

これが一番ネックだった。自慰をするということは性欲があるということで、なら無性愛は当てはまらないのではないかと思った。

しかし、無性愛者も自慰をするケースもあるとネットで見た。この衝撃は大きかった。

私は確かに自慰をするが、現実の誰かに犯される妄想をするわけではなく、女優気持ちよさそうだとか、シチュCDの男が気持ちよさそうだとかでしている。

対象自分ではない。だが自分の性欲を解消している。それでもアセクシャルだと言ってもいいらしい。

シチュCD自己投影をして聴くこともないので、シチュCDの男が現実にいたら、というのも愚問だ。私は良い女を好きになって行為をしてるシチュCDの男が好きなんだ。私じゃない。

自慰をしてもアセクシャルだって現実人間には恋愛感情性的感情も湧かない。

から受け入れたこからも好きなシチュCDを嗜んで良い。これは本当にありがたかった。


以上のことから、私は自分アセクシャルだと受け入れた。

別に何が変わるわけでもないが、多くのことが許されたようでちょっと嬉しくなっている。

これから指向が変わるかもしれないが、変わったことに気付くまではアセクシャルだと思って生きようと思う。

2020-05-08

anond:20200420062928

U12なのにPガチ恋勢の千枝ちゃん、桃華ちゃまのが罪深いだろ

2020-05-02

OTAHENアンセム 歌詞 感想

OTAHENアンセム歌詞についての感想

今日オタクくんの大好物を持ってきたよー!

オタクのみんなー!わかってるなー!?一緒にぶち上がっちゃおう!!せーの!」

…夢見りあむは地下アイドルオタクなので、オタクの好きなものが分かる。

「うりゃおい!×4 パンパパパパンパン

よっしゃシンデレラ

キュートクールパッションピンクブルーオレンジジャージャー!」

…私は地下アイドル知識はあまりないがMIXというやつなのだろうか。地下アイドル現場でこのコールをされているのはありふれた光景なのだろう。

「全力ダンシン 喉枯れシンギン

チェキってハグっていい子いい子」

…りあむの思う尊いアイドル像。全力で踊って喉が枯れるくらい歌って、そしてファンチェキ会などの交流

無茶振り上等 繋がり退場」

無茶振り上等までは尊いアイドルのこと。

繋がり退場→りあむはオタクとの繋がり(恋愛)をする地下アイドルも見てきたということだろうか。尊くないと憤るのが目に浮かぶ

バイトバイトバイト So!アイドル!」

地下アイドルバイトもしなきゃ生きていけない。そこも含めて頑張っている推し尊いという意味だろうか。

「でかいふつう!たぶんふつう!デツブツー!デツブーツー!

りんごポエム!AB!リポービー!リポービー!」

…りあむのプロフィールパロディ

「どうせ推し変 みんなすんじゃん

DDなんて 浮気マンマン」

自分ファンに対して言葉。尊くないアイドル(りあむ自身のこと)を応援しているファンなんて推し変するしDD(誰でも大好き)だしどうせこんなもんと思っているのが透けて見える。

「どうせ僕に No No人権

誰でもいいか人権ください」

…尊くない自分にはアイドルにおける人権はない。人権欲しいな。という言葉

人権=尊いアイドルであるということなのだろうか?それとも人権=本物のファン

「BURN BURN みんなが燃やせば

ワンチャンあるかも!?なんて」

炎上で注目を集めて、今の地位まで上り詰めたりあむ。りあむは尊くなれはしないが、注目を集めてチヤホヤされたいのも事実なのだワンチャンをもう掴んでいるのでは?

「大体ここにいるみんな本気で愛してるぞー!」

…愛してるぞー!とは言うものの尊くないアイドル推しているファンをりあむは本気で愛しているのだろうか。それとも何もせずともチヤホヤしてくれるからやっぱり愛してるのか。

人生イージーモード タララララッタ

…ポッと出で総選挙3位になれたりあむらしい言葉

「お願い死んでくれ!夢は夢で終わってくれ!」

…お願いシンデレラパロディ。死んで欲しいのは夢見りあむ自身。尊くない自分は死んで欲しい。

お願いシンデレラで言う"夢"とはトップアイドルのことだろうが、ここで言う"夢"とはなんだろうか。

推し尊い THE 正義

Yo say Yo say ムリムリ!」

…そのまんま。推しは尊くて正義

「誰もが死んでくれ 夢から今目覚めたくない」

…夢から目覚めたら新たなストーリーが始まってしまうので目覚めたくないのだろう。りあむはなんの夢を見ているのだろうか。尊くないのにファンがたくさんいるこの現実=夢?

「なりたい なれない あの子も あの子も あの子も うん CALLーーーーー!!!

尊いアイドルにりあむはなりたいということだろうか。

それとも"あの子"は自分立場になりたいだろうけどなれないということか。後者だとしたら悪趣味過ぎるな。あの子尊いアイドル自分は尊くない。でもファンが多いのは…?

浮気は?(しなーい) 絶対?(しなーい)

手首をかけて ゆびきり(げんまん!)」

浮気はしないでね!絶対ね!という確認

浮気、されるんだろうなぁという諦めも感じる。

かわいいポーズ!(ふー!)甘え上手!(ふー!)

責任とってくれるんだろうなー!」

ファンおもちゃとしての振る舞い。尊くないアイドルである自分ファンに媚びて繋ぎ止めるしかない。

パオパオパオパオ小籠包

リーディングスター中華街

ちひろさーんちひろさーん

スタンプログインキャンペーン

デレマスMIXメタ要素

ガチ恋をすればいいじゃん 最前管理すればいいじゃん どうせぼくを全然見てない」

ガチ恋ですら自分全然見てないと言い切れる、りあむの自己否定感。りあむにとって自分ガチ恋している時点でオタクとしてアウトなのだろう。理想の夢見りあむ像を押し付けられたくもないように聞こえる。本当のりあむを見つけられる人間はいるのだろうか。

アイドル辞めたら好きじゃない ぴえん」

アイドルじゃなくともぼくを愛して欲しい!というりあむの傲慢さが垣間見える。アイドルとかアイドルじゃないとかじゃなくて本当のぼくを愛して欲しい!チヤホヤしてくれ!

ファンアイドルしか興味がない。ガチ恋含めて。

ワンチャンワンチャンあるあるかもかも!?

「会いたい」って願ってくれて

だんだんだんだん生きてていいって」

ワンチャン=何もせずとも尊いアイドルになるということなのか。あんまり努力はしたくないけど尊いアイドルにはなりたい!

なれないよなぁ。

「もし思うことができたなら…そう、できたなら…

自己嫌悪

…そんなことはりあむが1番分かっている。尊いアイドルにはなれない。そういう考えがよぎる自分自己嫌悪する。

「お願い!死んでくれ 夢は夢で終わってくれ

アイドルじゃない THE 無能

Yo say Yo say ムリムリ」

…こんな自分はもうアイドルじゃない…というりあむ特有のやみモード。尊くない…尊くない…死んでくれ。

「誰もが死んでくれ 夢から今目覚めたくない

なりたい なれない ぼくだけ ぼくだけ ぼくだけ うん CALLーーーー!!!

尊いアイドルにぼくだけなれない。シンデレラガールズは夢見りあむ以外全員尊い

オタクソロかもーん!

(ガチ恋口上略)」

ガチ恋しているファンでも、ぼくを見ていないと言い切った後でのガチ恋口上は悲しさすら感じてしまう。

「心は死にたくない 無駄無駄でも笑いたい

期待なんてしないけど ハニー(ハニー)

甘やかして」

…尊くないアイドル自分否定し続けるとりあむ自身が壊れてしまう。尊くない自分を受け入れることにした。成長。

チヤホヤ チヤホヤヤ チヤチヤホヤヤ チヤホヤヤ なでなで×5

チョローーーーイ!!!

…だからオタク!ぼくをチヤホヤしてくれ!清々しいまでの尊くなさ。最高で最低の尊くないアイドル夢見りあむの完成。

「お願い!死にたくない 夢は夢で終わらせない

みんながぼくのアイドルだ!

Wooo チェンジーーー!!!

…死にたくない=好きなことをしている自分否定したくない。尊くないことを受け入れたりあむはこれから何を夢見るのだろうか。

尊くない自分推してくれるファン自分のことは見ていなくても、ぼくを肯定してくれるオタク達がぼくのアイドルだよ。というメッセージ

「(お願い!死にたくない!)

(夢は夢で終わらせない!)

(だいすこ!クッソすこ!)

(みんなで!?みんなで!?みんなで!!)

うんCALLーーー!!!

オタク歌唱、りあむコール逆転部分。尊くないアイドルとそれを応援するオタク集大成

「せーの!うりゃおい×4 パンパパパパンパン

よっしゃみんなでー!

オタクオタクオタクオタク

オタクオタクオタク!オターーーーーーク!」

最後オタク連呼にりあむの愛憎入り混じったなんとも言えない感情が感じられた。オタク愛してるぞ。

2020-04-30

Vtuberの魅力とこれから

Vtuberの魅力とは変化だ。


兎田ぺこらにガチ恋してるのは、変化の仕方が好きだから。語尾に悩み、吹っ切れて自信をつけていったところや、細かい口調の変化、

その時々で自分の好きな言葉最近では「ってわけ!」)を使ってるところなど、そういう変化が好きで仕方がない。


てぇてぇ営業もそうだ。出会った瞬間に仲良くなると言うのはありえない。少しずつ関係が変化していくはずだ。仲良くなるかどうかの、一線を越える瞬間が面白い

から夏色まつりが雛森ルーナに下ネタを振ったシーンはいつ見てもニヤニヤしてしまうし、雛森ルーナがそれに答えて、てぇてぇ関係になったのはまさに尊い


しゃべり方や態度が変わっていき、それがVtuber本人に良い方向(楽しいや気楽)であり、

なおかつ見てる側にも良い方向である時、Vtuberの才能が開き、盛り上がっていく。その過程が人を魅了し、V沼に落としていく。


Vtuberの魅力は変化だ。と気づいた時、納得したことがある。

まり考えないようにしていたが、ホロライブ4期生が苦手だ。彼女たちはすでに完成されている。

今のVtuber業界面接に受かると言うことは、すでに実力があると言うこと。

最初から出来ているので変化は少ない。


ホロライブに限らず、今からVtuberになる人は、すでに何かを持っている人達だろう。

エンターテインメントとして盛り上がるかもしれないが、変化する時に生まれエネルギー、それを味わうことはもうないかもしれない。


それはとっても寂しいなって、そんなことを思う今日この頃

2020-04-29

恋心をコントロールしたい

一目惚れは置いといて

仲良くなったり親密になった時

 

1一緒に居て楽しい

2興味ある

3ずっとその人が気になる

4やや惚れ

ガチ恋(落ちる)

 

みたいな流れを経ることがある

1〜4は非常に楽しいんだが、5は恋人にならない限り苦しい、下手すると恋人になっても苦しい

しか基本的恋人は一人だ

から1〜4の異性をたくさん持つ状態が一番楽しいんじゃないかと思うようになった

性的満足のことは一旦忘れるものとする)

 

で、最近は5にならないように気をつけてる

お互いに4あたりのヌル状態が好き

でも結局落ちるからいやなんだよなー

 

これは例えば有名人とか、二次元相手、はたまた創作作品に対しても似たことが言えると思う

落ちない方が楽しい、落ちると突然つらい

2020-03-10

[]1クールごとにガチ恋対象が変わるやつおる?

クールごとに嫁が変わるというのはアニヲタネタであるけど

クールか2クールごとにVTuberの嫁が変わるってのも結構あるんじゃないかと思った

数ヶ月で飽きる

 

というか飽きないとヤバい、叶わぬガチ恋に一途すぎて

2020-03-09

デリヘル嬢してた時に、こんなお客さんいたなっていう思い出。

毎週土曜日に呼ぶ人

しかも必ず21時頃に予約を入れる。そして、真っ暗な部屋にテレビだけ点けてプレイした。毎回、『世界ふしぎ発見』を観ながらする。五、六回目くらいのプレイで、騎乗位で素股をしている最中、ふと世界ふしぎ発見に気を取られた瞬間に体勢をひっくり返されて、本番に持ち込まれしまった。優しい人だったのだが、やっぱ油断大敵だった。

毎日日替わりで誰かしら呼んでる人。

某シティーホテルの、中くらいのグレードのツインの部屋を定宿としているのかなんなのか。私は三回くらい呼ばれたけど、いつも同じ部屋だった気がする。若い女の子の悩み事を聴くのがやたら好きな、五十代後半~六十代前半くらいの人だった。毎晩、店の子の誰かしらを呼んでいたが、一体私生活どうなってるんだろうねって、仕事仲間の間でよく話題になる人だった。

部屋にカーテンが一つもない人。

部屋に熱を発するものといえばその人本人しかいないので、お部屋に入るなりダッシュでベッドに潜り込んだものだった。何でかうちの店長からナメられていて、毎度指名で予約してくれるのに、毎度最後まで待たされていたのだった。その人の所に着くのはいつも明け方くらいで、玄関開けとくから勝手に入って来てねって、ドライバーさんに電話言付けて熟睡している。私はめちゃめちゃ揺すって起こしてプレイしてもらう。何でか私がお願いする立場に。

凄く太っていて、しかも全身毛むくじゃらなので、この人に抱かれると安心感半端なく、つい一緒になって寝落ちしてドライバーさんを困らせた嬢は、私だけではないらしい。

この人はシャワー貸してくれないんだけど、いつも最後相手からあいいか、と妥協して、汗とよだれとその他体液でベタベタなまま帰宅したものだ。

絶倫過ぎる教職の人

二回くらい呼ばれたかな。自分で、中学校先生してるって言っていた。プレイ時間正味四十分くらいの間に4回射精して、本番させてくれたらもっと出せるよ!!だから本番やらせて!とかなり食い下がってきた。プレイが終わると、真面目な先生っぽくなった。

ギリシャ彫刻に負けず劣らずな凄い肉体美の凄いイケメン

25歳だと言っていた。猛烈なイケメンなのに、私のことを一目見てホームページ写真よりずっと可愛いと言って、テンションとお竿をあげあげしていた。そこまで喜ばれるほどの者ではないです、と恐縮しきりの私だった。

その人は音楽関係仕事をしていると言っていて、部屋がキーボードとか何かよくわからない機材で溢れていた。

「どういう音楽聴くの?」

と聞かれて、音楽にはあまり興味ないんだよなあ、と思いつつ、強いていえば

Gacktかな」

と答えたら急に怒りだした。

「は!?Gackt!?!?!?どうしてよりによってアイツなの!?!?!?

Gacktに何か個人的に恨みでもあったのだろうか。

プレイ中あまりにも乱暴なので、大層な美形なのにデリヘルを呼ばないと性欲発散に困ることになるのも無理もないなと思った。私は首絞められないようにベッドの上で必死に逃げ回った。

店長曰く上客

なので、新人だった私は優先的にこのお客さんにつけてもらえたのだが、当然の如くに本番を要求してくるというか、当然の如くに、「はいむこう向いて、四つん這いして」っていって、サクッと挿入して来るのだった。店の女の子、皆本番してる、と言っていたが、真相は謎。初回から当たり前のようにやられたのと、ただ後ろからしてくるだけなのに異様に気持ちいいのとで、ナアナアに本番行為を続けることになってしまった。

社会的地位が高そうな佇まいで、素敵な和風のお部屋に独り暮らし、という人だった。毎回おやつくれた。

部屋中が漫画で溢れている人。

洒落都内なのに結構広い、本人が言うにはその割り家賃が安い(確か半地下だったかで変な間取りなのだった)部屋を、可能な限り本棚で埋め尽くしていた。

インフルにかかって、やっと復活したというタイミングで私を呼んだらしい。そして私はインフルバッチリうつされた。キスしたら口の中がものっすごいぬるぬるだった時点で、インフルにかかる覚悟はした……。

漫画オタクというよりは編集者っぽいような人だった。

カビゴンみたいな人。

体型がものすごくカビゴンに似ていた。丸くて、手が長いみたいな。全身が毛でふかふかしていた。抱き着くとモフモフしていた。でも、第一声が、

「何で脱がないの?時間勿体ないんだけど」

とちょう恐かったので、ぶるぶる震えながら抱かれた私だった。

風俗遊びを極めていて、女の子をイかせて遊ぶのが趣味なのだそうで、実際もう死んでもいいくらいの気持ちいい思いをさせてもらう。お金払うべきは私の方なのでは……と思ったりなど。

しかしこの人もまた、店長は上客と呼ぶのだが当たり前のように本番を要求してくる人で、しか死ぬほど気持ちよくしてくれるから誰も拒まないのか?少なくとも、私は拒めなかった……。

風俗嬢を死ぬほど気持ちよくするようなセックスをする男って、どんだけ立派な物をお持ちなのかと思われるかもしれないが、この人は親指くらいの長さの包茎だった。だがこの人と一度セックスした女の子病みつきになるとかで、セフレが何人もいるという話だった。私もセフレにならないかと誘われたが、真面目に断ってしまった。単にセックスをするだけの仲ならやぶさかでもなかったんだけど、なんか一緒に食事もしたがるので、断った。太りたくなかったので、食事は要らなかった……。

どうやらコンビニ関係

地価バリ高いことで有名な地域に立つ、ボロボロアパートに住む人だった。地域名でテンションを上げた女の子がっかりする所を見ると嬉しいらしい。お風呂が古いガスで沸かすやつで、シャワーがほぼ水しか出ず、寒い寒いと震えながらシャワーを浴びて身体を洗いっこした思い出。

タオル類を洗うのに柔軟剤を使わないので、ごわごわのタオルを出して女の子文句言われる、が、改める気はない、らしかった。

この人も上客のはずなんだが当然の如くに本番をしてくる人だった。バッチリコンドーム用意して待ってる。コンドーム開封するとき、ミッ○ーマウスのように楽しそうに口笛を吹く。

セックスをしながら「俺の子を孕め!妊娠しろぉ!」などと暗いことを口走りがちなのだが、言い方が面白いのでこっちは笑いをこらえるのが大変。

そんな簡単女の子を本番になだれ込ませてしまうなんて、どんだけイケメンかと思われるかもしれない。しかし、漫画みたいなハゲたおじさんで、痩せぎすの身体に「へんなおじさん」みたいな、よれよれの半袖に腹巻きにさるまたに股引という、クラシックな格好をしていた。よく言えば、出はじめのロロノア・ゾロ的な服装というか。

なんかよくわからないけど、毎度セックスに持ち込まれているのはなぜなのだろう……と思いながら毎度犯されていた。

仕事のことを私から聞くことって、なかったのだけど、なんかの話の流れでコンビニ関係者だと自分で言っていた。

凄く部屋が汚いサラリーマン

部屋中ゴミだらけだった。よくそこまで溜め込めるなぁ、と感心してしまうほどに。

まりデリヘル嬢というものに期待をしていなかったらしいが、私に一目でガチ恋してしまったという人。

風呂の底に緑色の苔のようなものが生えているのを放置していたが、私がドン引きしたのを見て、これではいかんと思ったらしく、次に呼んでくれた時には掃除してあった。

「見てみて!ちゃん掃除したんだよ!」

と、見せてくれた。うふふ可愛い

私の為に引っ越すと言っていたが、引っ越し完了の前に私は辞めてしまったので、新居は見ずじまい。

2020-03-05

最近あるアイドルの子が凄い好きで「付き合うならこういう子が良いなー」と思ってしまう。

人柄や仕事に対する姿勢が素敵で、可愛いし人としても尊敬できる感じ。

の子と付き合いたいと思ってるわけじゃないから俗にいうガチ恋オタクではないと思う。

ただ、彼女結婚したらちょっと自分人生について考えなきゃいけなくなるなとは薄々感じている。

2020-02-16

2020冬アニメ折り返し感想

継続含む。語彙を失いこれしゅきぃ……しか言えなくなるやつは特に言わない。

異世界かるてっと2

キャラ紹介と設定説明にひたすら尺を食われ、ほぼ下準備で終わってしまったのが第1期。スピンオフありがちな最初から学生設定の学パロやればいいのにと思っていたが、元の話を踏まえた上で作品を越えたキャラ関係性を少しずつ積み重ねているのには好感が持てる。ターレルのすれ違いを察したり、守護者以外からもさすアイされちゃうアインズくんいい。

その積み重ねの上で第2期がギャグ展開になったのにはホッとした。ここから明確な目的を持った真面目なお話をやるには、シリアスシナリオ犠牲にしても許される作品(昔のスパロボにおける東映動画東映テレビ事業部・葦プロ枠)が無いから難しい。逆に全部を均等に持ち上げようとしてさすが◯◯展開が連続シナリオゴミになるのでは?と不安視していた。本当にギャグで良かった。

このすばは原作ギャグからギャグ犠牲になる分には「まあカズマさんだし」「駄女神はこういうことする」と納得される。細長い人は半モブからギリギリ許された感(ヴィーシャなら炎上した)。

新しく来た盾の人も(かるてっとより落ちるだけで)人気あるから、Wのゴライオン的な扱いは無理だろうなと思っていたら、空気になっていた。Aのナデシコみたいな「お客様待遇されるって事前予想よりはマシか……。

空挺ドラゴンズ

名古屋人がドラゴン動力飛行艇から降下して城攻めする話だと思ってた。ファンタジー捕鯨グルメまんがだった。

ミカに「妹を丸呑みしたドラゴンはどんな味がするか、食べて確かめたい」みたいな目的は無さ気だし、竜獲って食いつつ世界設定を見せていく感じの話っぽいね

画面が明るいのが良い。照明の話ね。

個人的にオタ向けのフル3DCGアニメテレビシリーズといえば全カットを暗いロケーションにしたがる印象があった。というかアルペジオからしばらく暗い場所いっぱい出せる題材(深海とか宇宙とか)ばかり狙ってアニメにしてたまである

暗いのはCGの粗をごまかすためだから……と諦めてたんだけど、最近は画面が明るいものが増えてきてありがたい。これも雲の上が明るいのは当然として、船室の灯りでもキャラの表情がちゃんと見える。

ライティングだけじゃなく、カラーリングも変わってきている。以前のCGアニメは少しくすんだ(センチネルカラーやそれを濁らせたような)色が多かったけど、最近ビビッドな色も増えて、これも画面の明るさに影響してそう。

こういう変化は特定CG制作会社の話でなく、全体的にそう。業界で何か革命でも起きたんだろうか。

インフィニット・デンドログラム

NEEDLESS』『マガイモノ』の今井神先生執筆するコミカライズ版は、ホビージャパン無料Web漫画サイト コミックファイアにて大好評連載中!(ダイレクトマーケティング

https://hobbyjapan.co.jp/comic/series/dendro/

全話無料公開されてるので読んでね!(ダイレクトマーケティング

コミックスはHJコミックス6巻まで、原作ライトノベルHJ文庫12巻まで発売中!(ダイレクトマーケティング

HJ文庫といえばドラマCD付き特装版。デンドロもドラマCD付き特装版出してくれないかな。12巻のカグヤとの会話でああそういえばこれってネメシスヒロインのつもりなんだっけ?ってなるくらい、アズライトさんのヒロイン力がものすごいので、ドラマCDでアズライトメインの話やってほしい。藤林先輩とおまけで女化生先輩も出してほしいね。隣に住んでるフランス美女も。

あとHJは定期的にザガン様のドラマCD付き特装版出して。六畳間もドラマCDエル編出して。やくめでしょ。

推し武道館いってくれたら死ぬ

サブカル系でもないのに鮭って。ギャグ漫画かよ……平尾アウリって百合アンソロで毎回不条理ギャグ漫画描いてる人だわ。じゃあこれギャグ漫画だわ。

でもギャグだと思って見ても、えりぴよしかいない舞菜列には涙出る。

アニメ主題歌でちょっと前の流行歌カバーするの流行ってるよね。歌詞意味アニメキャラの心情でオーバーライドして勝手イメージソング認定するオタクの遊びを公式!?みたいな驚きも薄れてきた。

今回は桃色片思いなのはファンからアイドルへの想いと、アイドルから特定の)ファンへの想いという双方向解釈。えりぴよ視点だとイカレたドルオタギャグ(非ガチ恋)なんだけど、舞菜視点では桃色のファンタジーガチ恋……?)。

というかえりぴよさんが一人狂ってるだけで、ChamJamのメンバーは全員普通百合漫画みたいなことしてるよねこれ。普通百合漫画描けるならエクレアでもやってくれませんかね平尾先生

ゾイドワイルド ZERO

最初期に帝国共和国戦争!って古参イダーおじさんがキャッキャしてたけど、ジェノピノ共和国首都襲撃未遂の直後に皇帝大統領握手するくらい友好関係アピールしてる……一部のタカ派軍人が互いに脅威を煽ってるだけでは?

ワイルド無印で言うとまだベーコンが死んですぐなので、ここからジェノピノの復活と、玩具漫画バレしてる凶悪な大型ゾイドの大暴れが楽しみ。

あとはZiフォーミング周りの設定かな……コンセプトアート設定でやってるからただの先祖殺しだよ説もあるけど、現状だとゾイド撒いて地球人を根絶やしにしてから地球惑星Zi化改造する悪の侵略者ゾイド星人にしか見えねえ。

話とは関係ない所で残念なことがある。玩具ではゾイドの改造(武器の交換・増設)を売りにしてるのに、アニメでは改造の扱いが雑。ライガーが銃砲装備してもすぐパージちゃう

ずっとレオメカに強い描写をしてる割に、ライガーの姿が大きく変わる強化は2回(ビーストライジング)とも地球惑星Ziにするマシンのパワーで謎進化してるのもなんだかなぁアニメは改造推し捨ててんの?

ゾイド紹介コーナーで言ってる設定がアニメ本編と食い違うのも気になる(ライジングライガーレオが改造、クワガノス配備済み、など)。この辺の足並みの揃わなさ(前年の「フリーダム団」と「チームフリーダム」みたいな)はメディアミックス的にどうなのよタカトミ。

22/7

ナナニジのことは理解者と倉岡さんくらいしか知らないけど見ている。計算中見ておけばよかった……割りきれないラジオ聞いておけば……くらてん聞いておけば……ネット上の古参アピール見るのしんどい……おっさん芸人キャバ通いとか知らんがな……。

今回のOPEDCMでいくつか聞いた限りなんだけど、この子達の歌って歌詞暗くない?今どきのグループアイドルってこんなもん?

アニメの話もちょっと暗め。暗い≠つまんない。でも二次元アイドルってたいてい明るく楽しく元気良くで、途中でちょっとパート入っただけで大炎上する核地雷原みたいなとこあるじゃん?当然の結果ですとか憎いよぉとか。それにナナニジは生放送ラジオマンスリーゲストDJ阿弥陀如来を送り込んでくるヤバいグループという認識があったから、放送前の個人的な予想とはまったく違って、かなりびっくりしている。でも当番回メンバーの闇を見せていくスタイル、俺は好き。俺は。

とりあえず中の人パーソナリティコンテンツストーリーは別ものだろうし、ヨナヨナのことやラジオ聞いてないことや計算中見てないことは忘れよう。壁≒先聖センセイ≒秋元康という邪推もやめよう。

映像研には手を出すな!

商売としてどうなるかはともかく、確実に今期最大級話題作になる感じのやつ(レビュアーズが国内外バカウケかつチキンレースアクセルベタ踏みのまま崖から離陸したので、「今期一番の」とは言いづらい)。

水崎氏、リアルな演技云々言ってたから、昔のディズニー映画的なフルアニメーションやりたいのか今どきマニアックな…と思ってたら、普通アクションに予備動作入れたいって話だった。そりゃ未来少年コナンに釣られてるわけだからそっちだよねぇ。空想科学読本でイジられるような身体能力には目を瞑るくらいのリアル指向

浅草氏のデザイン線多くね?原動画描くこと一切考慮せずにSF的に正しいデザインちゃう昔のスタジオぬえみたいなことしてる……安彦良和にお前が回頭シーン描くんだぞ?って言われちゃうやつ!(あれ実際には佐藤元がやったらしいけどね)

クライアントであるロボ研の目の前で前面投射面積の話しちゃう浅草氏のコミュ障っぷりが辛い。お前そこは高橋良輔に倣ってリアルロボがいかアンリアルか(同時に故に格好良いことを)フィルムで魅せろよ……なんで端から押井守パト方向に行っちゃうんだよ。コミュ力ありそうな水崎氏まで巨大ロボはリアルじゃない談義に乗ったらダメでしょ。映像研の方々はデリカシーってご存知ない……?

それにしても浅草氏はアニメが作りたくて設定考証兼デザインイメージボードやってきたのに、映像説得力をまるで信じられてないんだな。なんで巨大ロボはリアルじゃないから云々と悩んでるんだ。いかにもまんがな見た目の戦車デザインしてまんがな動きを演出して、それを女子高生にぶった斬らせて予算勝ち取ったくせに。あんアンリアルものを自信持って人前で上映できるなら巨大ロボも十分ありでしょうが。そこんとこが今後描かれるかどうかで個人的に大嫌いな作品になるかもしれん。

誰にでも優しい人

常に笑顔愛嬌があって、聞き上手で、お酒を飲んだときは少し距離が近くなる。

「いつでもなんでも話聞くよ」という言葉が嬉しくて、いつの間にか心を預けていた。

好きになってしまった人は、誰にでも優しい人だった。

「いつでもなんでも話聞くよ」なんて、誰にでもは言えない。わりと仲良い人じゃないと言えないし、ましてや実践なんてもっとできない。だからそれを本当にしてくれる人がいたら、この人にとって自分特別なのかな?と感じてしまうのは理解してもらえる感情だと思う。

でも、誰にでも優しい人は、それを普通よりもたくさんの人にできる才能を持っている。

てっきり自分特別から優しくしてくれていたと思ってたのに、同じことを他の人にもしている。あの優しさは自分だけに向けられたものじゃない。それに気づいた瞬間に嫉妬してしまう。苦しいし、不安になる。誰にでも優しいから、他のみんなにも同じように好かれてしまう。本当は自分だけのものであってほしいのに。

感情の重さが非対称になって、辛い思いをする。

ドルオタをやっていたので、アイドルへのガチ恋と少し似ていると思った。

自分が贈った気持ち笑顔で受け取って喜んでくれる、だけれども決して特別にはなってくれない存在ステージでたくさんの人に愛される人が、もしも自分だけに笑顔をくれたら。そんな夢を見るくせに、ステージを降りてファンと繋がるアイドルであってほしくないとも思う。アイドル特別になりたいけれど、もしもアイドル特別を作ってしまったら、それは自分が憧れた幻想を壊すことに等しい。

アイドルへのガチ恋は、決して幸せになる道のない恋だ。

でも、誰にでも優しい人はアイドルじゃないから、幸せになる道もゼロじゃない。

ゼロじゃないけど、その優しさが自分だけに向けられたものではないところは同じだ。

誰にでも優しい人。

付き合った相手にいつも泣かれるのだと困ったように言っていたけれど、その人たちの気持ちが今はわかる。

あなた特別でありたいと思ってしまったら苦労するんだよ。

なんで好きになっちゃったかなー。

2020-02-11

anond:20200211030756

囀るやつは自分にはあまりさらなかったから参考にならんのかもしれない

片方がアセクシャルっぽいとこから始まるやつがいいのかとおもってそういうの挙げてみる

 

めぐみつぐみ1,2

雷神リーマン

東京心中シリーズ

あいつの大本

 

幼児体型ではないが美青年だの細マッチョをとおりこして

ムキムキプロレスラーものなども大丈夫そうならもっとかにおすすめできるのあるよ

筋肉美男子しかかかないBL作家さん居るよ

 

逆にゲイポルノゲイ風俗からはじまる恋のやつもけっこうある

サービスすべきお客さんの一人に本気で恋しちゃうやつとか

お客さんにガチ恋されてるけどオーナー因縁があるから深入りされるまえにスパッと冷酷に切っちゃうとか

恋がいつまでもはじまらないまま同棲してて、今おもえば通じ合ってたなぁ、ってのもある

勇者in魔王んち は絵がギャグっぽいのに細かい伏線の画面内埋め込みがすごくて(そもそも主人公の髪の毛が一定速度で伸びていくのでだいたい作内経過時間が何ヶ月後だなとか回想シーンがわかるっていう細かすぎて伝わらないことをやってしま漫画自分最近はこいつしかたことがない)けっこう切なかった自分にはね)

2020-02-07

Vtuberほとんど儲かってないのウケる

ガチ恋みたいな人たちが長時間Vtuber談議に費やしている割にVtuber事務所経営状態が悪いの笑える

Vtuberアンチスレって意味からないよな

最初は確かにアンチスレだったんだが

やがてガチ恋厄介オタク推し愚痴を垂れ流すスレになって

最近はもうファンしかいない

 

結局「批判OKの厄介ファンスレ」になってる

ちょっと面白い

 

じゃあ一般スレはどうなってるのかといえば、批判が許されない空気になってる

簡単に言えば一般スレTwitterっぽい空気で、アンチスレが旧来の2chっぽい空気

 

なお真のアンチスレ存在しない

2020-02-04

風俗嬢ガチ恋した。

タイトル以上のなにかがあるわけではないけれど。

二か月に一度の頻度でどうしようもなく、人肌を合わせたくなる(=セックスしたくなる)。

直近の周期に恋に落ちた。

もうすっかり行きつけになりつつある風俗街がある。

滋賀に在住しているといえば、わかると思う。

その店は回転式のお店で、5分間×3回女の子を見て触って、その後本格的なプレイができるシステムだ。

5分×3回のうちに気に入った子がいたら指名料を払って指名できる。

もうすっかり行きつけになりつつあるので、初めて来たと答えると5分間×3回転から5分×4回転になることを知っているため今回も何度目かの初来店となった。

5分間のうちにできることは、キスや服の上からのおさわりだけで、互いにパンツを脱いだり脱がしたりしてはいけないのが基本ルールだ。

基本ルールではあるけれど、サービス旺盛な嬢においてはその限りではない。

今回の1回転目はそんなサービス旺盛な嬢だった。

目隠しをしたままに、ズボンを脱がされ、パンツの中に手を差し伸べられ、いじられた。

嬢がふくよかでタイプではなかったのが幸いで、何とか5分間を手コキだけでフィニッシュすることはなく耐えた。

高い金を払っているので、無駄打ちはできない。

2回転目の嬢は、金髪セミロング細身で、タイプど真ん中だった。

1回転目の嬢の別れ際の最後一言「次の子新人から優しくしてあげてね」が脳裏をよぎった。

素人童貞燃え上がらせるには十分な情報だった。

2回転目の嬢は

反応も好みだった。

好みど真ん中ではあったものの何とか5分間をフィニッシュすることなく、耐えることができた。

高い金を払っているので、無駄打ちはできない。

3回転目。清純な感じの子だった。風俗出会って清純も何もないが。

制服が紺のワンピースタイプだったのが清純ぽさを演出していた。

学生時代を想起させる制服姿にそりたち、白の咆哮を上げるには準備ができすぎていた。

それでも、何とか5分間をフィニッシュすることなく耐えることができた。

高い金を払っているので、無駄打ちはできない。

4回転目

巨乳ギャルだった。

プラホック数とおっぱいの大きさは比例するというソース曖昧情報を信じ切っている素人童貞にはあつかいきれない巨乳ギャルだった。

ソース曖昧情報によって、勝手に興奮度を増すのが素人童貞のつらいところである

何とか5分間をフィニッシュすることなく耐えることができた。

高い金を払っているので、無駄打ちはできない。

2回転目と4回転目で迷った。

ただただ性欲を発散させる目的風俗に来る素人童貞としては、必要最低限のお金で性欲を発散させることを信条にしていた。

ただ、2回転目の嬢が忘れられない。

2回転目の嬢を指名した。

指名料2000円は、人類にとってはちっぽけな金額かもしれないが、素人童貞にとっては大きな金額だった。

入念にしごいてもらって、挿入して5秒で果てて、帰路についた。

最寄り駅に送ってもらった黒色のアルファードの後部座席で不意に2回転目の子がよぎった。

これが、風俗嬢にガチ恋するというものかと、また一つ風俗いかねばわから経験を得てしまった。

こうして、頭でっかち素人童貞今日も生まれている。

2020-01-29

anond:20200129161913

おもしろい。

ちょっと種類は異なるけど、

風俗嬢ガチ恋プロポーズ勢 

風俗通いがばれた言い訳に「彼女たちに仕事を与えてやっている」とか言い出す人

とか加えたいところだな

2020-01-22

俳優オタクになって1年

今の推し推し始めてやっと1年。

新規なので叩かないでください、って感じなんですが…

複数演舞台を見に行ったり、推しブロマイドを回収したり、推しが表紙の同じ雑誌を何冊も買ったり、千秋楽のために新幹線に乗ったり。

推しかわいいし、かっこいいし、応援したい!推したい!って言葉がぴったり。単純に推しをたくさん見たいから、複数公演入りたい。

でもふとわたし何してるんだろう…って虚無期がくる…

ガチ恋じゃないし!って強がってるけど、日々推しのカノバレに怯えてるし、推し結婚したら生きていけるのかな…?彼女だって噂されてる人達ネットで囁かれる度に、スタイルと顔の良さに落ち込んだり、本当に意味わからんくない?わたしいい大人なのに。

みんなどうやってこの気持ちと折り合いを付けてるのかな?

好きって気持ちは、人として好き、人間性が好き、演技が好き、殺陣が好き、声が好き、真面目なところが好き、顔が好き、真っ直ぐなところが好き、笑顔が好き、、いろいろあるじゃん

ガチ恋か?って言われると違うと思うし、見返りを求めてはいない!って言いたいけど、たくさんいるファンの中では好かれたいって思ってしまう、、

どうしたいのかな?

お察しの通り、独身彼氏がいないのだけど、全然寂しいとは思わなくて、ただ推しがカノバレした時に生きていけないかもしれないのが怖いだ

彼女だってセフレだって、いるだろうなってわかってるけど、知りたくないし、見たくないじゃん。

みんなこの気持ちとどう向き合ってるの?

2020-01-10

2年間の追っかけ活動に幕を閉じた


2.5のイケメン俳優等にハマってる人達が楽しそうで憧れてたんだけど、自分もやっと面白いと思える舞台作品出合い、いわゆるイケメン俳優で「推そう」と思う人ができた。それが2年前のことだった。

それからはその俳優が出る作品を中心に、2.5やそうでない舞台を観に度々劇場へ足を運んだ。

推しキラキラした外見とスタイルの良さが売りで、どんな舞台に出ても「彼はこのイケメンだらけのお話世界観の中でも格別なイケメンキャラなのである」と思わせる華があった。しかしそれ以上にアクションが上手で、いつかまた板の上で大暴れしてほしいなと思っていた。

そんな彼を追いかけているうちに直面したのは、彼の演技力の低さだった。最初は気にならなかったのだが、観劇の回数を重ねるうちに彼の演技はいわゆる「棒」であり、時には主演にもかかわらず共演の元アイドル女優にすら食われている状況だった。これまでは同じくらいのレベルイケメン俳優とばかり共演していたので気にならなかったのだが、長年活躍しているバイプレイヤーたちとの共演では、彼の台詞回しは抑揚の無さが目立っていた。

私は元々映画が好きだったので、彼がいつか映画に出るまでは応援したいという目標があった。もし舞台を観に行かなくなっても、年間3000円ちょっとくらいのファンクラブ会費はしばらく払い続けてもいいかと思っていた。

今年の年明けにファンクラブから年賀メールが届いた。それは夢小説のように自分名前が本文に何度か出てくるもので、最終的にメル画で見たような甘ったるい台詞推しが喋っている体の文章で締められていた。

そのことをネタにしようと思ってスクショを取ったが、私に推しができて楽しそうにしているのを見守ってくれた友人各位にそんなものを見せたくないなと思った。

それから少し迷ったのだけれど、まだ更新期間までだいぶ時間のあるファンクラブを、昨日やっと退会した。

自分の中で「ガチ恋営業のように女性に夢を売る商売をやってのける俳優は、たぶんファンに対して誠実ではない」というイメージがあり、推しがその片鱗を見せたことが残念で仕方なかった。

これまで彼からはそういう匂いがしなかったので安心していたのだが(交流イベント等は定期的にあったが、自分作品を通した彼が見たいためそれには一度も参加しなかったので雰囲気不明)、正月メルマガを見て「この人も事務所も、俳優としての限界を感じたからこういう方向に舵を切ったのでは」という疑いを持ってしまったのだ。

きっと彼はこれから俳優として成長するのは難しい。いつか有名監督映画に出演してそのアクション能力を充分に発揮してくれることを願っていたが、その願いに投資しても望みは叶わないだろう。

彼は私があらかじめ覚悟していたようなスキャンダル炎上もなかった。その辺は本当にきちんとしていて有難かった。それでも、生きている人間応援し続ける事はとても難しいのだ。それがわかっただけで充分だった。

彼のお陰でいろんな俳優(男女含む)、演出家脚本家や小劇団を知ることができた。俳優を軸に作品出会うことは今までにない体験だったし、生で見る舞台面白さも理解できた気がする。

また、残念ながら元推しから感じることはできなかったが、自分にとって「刺さる演技」が何なのか非常に明確に理解できるようになったような気がする。これは今後いろんな実写作品を見る上で役に立つ観点であろう。

かに熱狂的にハマっている人は楽しそうだ。だが自分はその真似事しかできなかった。だって相手は生きてる人間なのだから他人自分勝手理想希望を託し、期待することでエネルギーを得る生き方は、私には無理だった。「ガチ恋営業的な方向に行くのでは」と懸念している自分気持ち悪かった。

彼の演技が成長してないとか勝手に難癖をつけてしまったけれど、俳優自身のほうが数百倍もっといろいろなことで悩み、苦労しているだろう。頑張っている「人間」そのもの批評することは、作品批評することと全く違うように思え、私には心苦しかった。世間的にはアイドル俳優偶像)であっても、私にとっては尊重すべき他人の一人だったから。

彼が仕事でどんなキャリアを積みたいのか、そんな事は私にはわからない。だからこそ自分の「俳優として頭角を現してほしい」という望みを託してしまうのは間違いだったのだと思う。

いろいろ書いたけれど、彼を追いかけていた2年間で得たものは、チケット代よりもはるかに多かったと思う。彼が知名度のある脚本家作品や、ビッグタイトルに抜擢されるたびにテンションが上がった。追っかけ界隈の文化を色々学べた。現場で出くわす同担たちの会話を隣の席でこっそり聞くのも楽しかったし、ファンたちが心を込めて送ったであろうフラワースタンドの凝った意匠などにも都度感心したものだった。

ファンクラブを退会したことで非常に心が軽くなったことは確かだ。それでも、彼やスタッフたちには感謝気持ちしかない。追っかけ活動はまさに生涯学習であり、適度に楽しめた私は幸せ者だったと思う。

2020-01-04

魔法が解けた話

アイドルマスターシンデレラガールズが僕の中で終わってしまいました。大雑把に言うと、運営キャストよりもこのコンテンツが好き過ぎたのだと思います

モバマスを遊び始めたのは新聞記者やってて過労で倒れ療養生活を送っていた2014年春。その後資格取得のための大学入学や現職への転職を経ながらやり続け、2017年からライブにも行き始めました。昨年11月の7thツアー名古屋が本当に夢のようでそこからはかなり本格的に。復刻イベントデレステからイラスト逆輸入など縮小路線は目に見えていたので、少しでも延命できればと、12月ガチャじゃぶじゃぶ回しながら全イベ上位入賞しました。他にはデレステ面白いけどモバマスもいいよって意図的つぶやくようにしたり、名刺作って選挙活動したり。永遠に続くものはないと理解しながらも、出来る限り続いていて欲しいと思っていました。

年末年始にかけ、5人のキャスト結婚を発表し、そんな中モバマスでも今後サービスが縮小される旨のリリースがありました。個々のご報告に対しては、同世代結婚に焦りを覚えつつも、祝福の気持ちで一杯です。またサービス縮小に関しても、JAMヒストリー等、モバマスしか出来ないことを利益出る形で継続する意思の表れと感じ好意的に受け取りました。

しかし、ビジネスコンテンツ継続という観点からみるとどうでしょうか。ドル売りしていたキャスト結婚を発表したことは売上の減少に繋がれど、プラスに働くことはないでしょう。祝福のコメントはすれども、アクティブユーザーが少しずつ減っている流れは加速すると思います亜美菜さんの結婚が7th幕張好意的に迎え入れられたことを踏まえてのこの年末年始のご報告ラッシュなのでしょうが、だから大丈夫だろう、まとめればヘイト分散されるだろうという思惑が透けて見える点も非常に引っかかりました。AKB商法はじめ、ドル売りをするからって人としての幸せを求めてはいけないのか、って議論はありますが、夢を見せるのをやめるけど変わらず応援してね、ってのは都合が良すぎると感じます自身ガチ恋ではないと思いつつも、1%もそういう気持ちがなかったかというと否定はできません。ここら辺、ビジネスとしては駄目だろって判断をできなかったのか、した上でゴーサインを出したのかはわかりませんが、可能性に思い至らないわけはなく、コンテンツに見切りをつけられたと悲しくなりました。

アイドルマスターユーザーファンではなくプロデューサー呼称し、より主体的作品世界へ没入します。キャラクター物語キャストの歩んできた道、ライブを経ることで曲に蓄積されるメッセージ性、それを楽しむプロデューサーの思い。それらが重層的に絡み合うことがこのコンテンツの魅力でした。だからこそ、その終わりの合図を「現実を見ろ」と言わんばかりにこうした物語世界の外側から持ってくるのは最悪の手法だったと憤っています

12月にはアニバーサリーイベントがありましたし、7thツアー2月まで続きますもっと丁寧な魔法の解き方は確実にありました。令和最初年末年始って記念日のためなら人はなりふり構わなくなるんだなって人間の性は微笑ましくもあり、プロなんだからちゃんとやれやとも思います

冒頭に書いたように、これは僕がアイドルマスターシンデレラガールズという世界を好き過ぎたからこその思いであり、当然キャスト自身幸せを優先する権利があるでしょう。キャラ心中しろと言うのは酷な話です。それでも、強制的12時を回らせる形でシンデレラ魔法を解いて欲しくはなかった。だから僕は引退します。

これまで素敵な魔法を見せてくれてありがとうございました。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん