「教育方針」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 教育方針とは

2019-04-14

上野千鶴子祝辞は「俺達の理論」を奪った

社会学者上野千鶴子東大入学式で述べた祝辞の内容がネットで話題になってる。

俺は自分TwitterのTLでたまたまこ祝辞が回ってきたので軽い気持ちで読んだ。

そしたら冒頭から女性差別の話が始まったので、「あ~上野千鶴子っぽいなぁ……」と思ってた。

ちなみに俺の上野千鶴子に対する前提知識フェミニスト学者のお婆ちゃんって感じ。

詳しくは知らない。

だが祝辞が終わりに近づいてきたところで俺は問題文章に行き当たった。

具体的には祝辞の以下の部分だ。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会あなたたちを待っています

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます

がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれ環境と恵まれ能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。」

これを読んで俺は絶句した。

何故ならここで上野が述べている理論は正しく「俺達の理論」だからだ。

こんなことを言うと統合失調症患者造語みたいに思われるかもしれないけど確かにこの理論は「俺達の理論」だ。

上野が述べていることって要するに、「東大生はたまたま環境能力に恵まれ東大入学することが出来た存在なのだからもっと謙虚になれよ🦁」ということに尽きると思われるが、これは俺達の様な低学歴低所得で親が子供への教育の大切さを理解せず教育投資してくれなかった者達が自分達の不遇を慰める為にこれまでずっと援用してきた理論だ。

決して上野の様なエリートが「環境能力に恵まれなかった者」として俺達を規定し、「環境能力に恵まれエリート諸君」は彼等を慮ってあげましょうね、という帰結に導く為に使ってはいけない理論なんだ。

ここで唐突に俺の話をするが、俺の父親は「子供中学まで出たら働かせてそれまでにかかった費用返還させる」というパンク教育方針の男だった。

だが俺が中学に在学してる時に父親DVが激化したことにより母親に連れられ母親実家へ逃亡し母子家庭になった。

それから離婚まではもう暫く時間はかかったけど。

それでなんとか高校まで進学させてもらえるようになった俺だが、俺の母親父親ほどのパンク教育方針こそ持ち合わせてはいなかったもののやはり教育の大切さを知っている親ではなかった。

本や参考書を買い与えてくれることもなく、塾にも当然通わせてはくれなかった。というより通わせる金もなかった。

当時の俺のお小遣い2000だしな。

俺がこの2000円を本や参考書を買うことに使ってたら今よりもう少しまともな頭になれてたかもしれないが、俺もまた環境的に教育の大切さを知らなかったので漫画買ったり牛丼食ったりしてた。

そして俺は高卒労働者になったわけだが、そうして社会に出て初めて俺は高卒だと差別する人達がいるということを知ったし、高学歴が高所得の道に通じてることも知った。

さら遅かったわけだが。

そうした俺達の様な低学歴人間高学歴所得人間をある時は貶め、またある時は自身の不遇を慰める時に使ってきたのがこの理論だ。

例えば官僚政治家不祥事を犯したりすると

所詮親に敷かれたレールの上を歩いてきただけのボンボンからな」

嘲笑する。

自分低学歴について馬鹿にされたり、単純に学歴話題になった時には

「親が全然勉強させてくれなかったからさ」

自己弁護して慰める。

こういう具合に俺の様な低学歴は恵まれなかった環境を盾に自分正当化したり弁護したりしてきた。

なのに上野のようなエリートが俺達を「たまたま環境能力に恵まれなかった者」と規定してエリートが憐れむことを推奨し出したら、それはかなりまずい。

ぶっちゃけて言えば俺は東大生のようなエリートには高慢でいてほしいとすら思う。

自分環境下駄を履かされたのではなく1から10まで自身の卓越した才能で苦難を乗り越え東大入学したのだ、というくらい自惚れていてほしいとすら思う。

彼らが自分達を「たまたま環境能力に恵まれた者達」だと自覚しそれを理由に俺達を憐れむ社会なんて地獄だ。

上野の述べるように東大生が謙虚エリートになってしまったら遂に俺達低学歴の立つ瀬はこの社会から消えてなくなる。

これが俺のお気持ち表明に過ぎないことは百も承知だがあえて言わせてもらいたい。

上野千鶴子は「俺達の理論」を奪うな。

anond:20190413114026

女子学生の置かれている現実

その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生浪人生差別があることが判明しました。文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生合格率に対する男子学生合格率は平均1.2倍と出ました。問題の東医大は1.29、最高が順天堂大の1.67、上位には昭和大、日本大慶応大などの私学が並んでいます。1.0よりも低い、すなわち女子学生の方が入りやす大学には鳥取大、島根大、徳島大、弘前大などの地方国立大医学部が並んでいます。ちなみに東京大学理科3類は1.03、平均よりは低いですが1.0よりは高い、この数字をどう読み解けばよいでしょうか。
ソースはここhttp://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/09/10/1409128_002_1.pdfで、六年間の推移が1.17→0.76→1.31→0.95→1.04→1.04でその平均が1.03なので仮説検定をすれば有意でない、すなわち平等とわかる数値なんですが、なんでこんなに持って回った言い方するの?

↑ 「統計的有意でない」というのは「差がない(=平等)」という意味ではありません。

統計大事です、それをもとに考察が成り立つのですから
↑こっちのセリフだわ

意味不明

女子学生男子学生より合格しにくいのは、男子受験生の成績の方がよいからでしょうか?全国医学部調査結果を公表した文科省担当者が、こんなコメントを述べています。「男子優位の学部学科は他に見当たらず、理工系文系女子が優位な場合が多い」。ということは、医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、なんらかの説明が要ることを意味します。
↑ここまでの話をまとめると、私立医学部ではどうやら不正入試が行われているが東大では医学部はじめ全ての科類で平等入試が行われている。ということなんですが、これはもはや私大医学部問題(もちろん背景にもっと大きな差別問題はあるのだろうが)で、東大入学式祝辞の一発目に持ってくる話題としては不適当では?

↑「医学部とそれ以外の学部女子の入りにくさに差があるというのには、何らかの原因があるのではないか」ということ。「背景にもっと大きな差別問題はある」からこそこの祝辞東大入学式にふさわしい。

事実、各種のデータが、
↑ここ統計データを示せよ。なんで女子差別されてる話は具体的な数字しまくったのに女子が優れている話は具体的な数字さないんだよ。

↑「女子男子より優れている」とは言っていない。「女子合格率が男子のそれより低いのは、女子男子より劣っているから」ではないと言っている。

女子受験生偏差値の方が男子受験生より高いことを証明しています。まず第1に女子学生浪人を避けるために余裕を持って受験先を決める傾向があります。第2に東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。統計的には偏差値正規分布に男女差はありませんから
↑これどういう意味だよ。偏差値の平均は女子の方が上ってさっきお前が言ったんだろ。

↑ここは僕も意味がよくわからなかった。

男子学生以上に優秀な女子学生東大受験していることになります
↑まあ偏差値が高い順に受験していたらそうだよね。

↑そうですね。

第3に、4年制大学進学率そのもの性別によるギャップがあります2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。
↑なんで親の性差別って断言してるんだよ。統計どこ行ったんだよ。

↑確かにから調査結果を引用してほしかった。

↑並列された三つの主張から導き出される結論は何だよ。ちゃんと言えよ。
↑ここは僕も意味がよくわからなかった。
↑てか普通に考えたら 第一女子安全志向 第三:親が性差別している を要因として 第二:東京大学入学者の女性比率が二割以下 が発生してるって話になるだろ。なんで並列なんだよ<<
↑確かに
最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。「どうせ女の子だし」「しょせん女の子から」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling downすなわち意欲の冷却効果と言います。マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。
↑「娘の翼を折らないようにしてきた」という父親の事例を挙げて得られる結論がどうして「多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきた」なんだよ。

↑「多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきた」はつまり「翼を折られなければ羽ばたけたはずだった」ということ。

その一例としてマララさんとその父親教育方針を挙げた。

そうやって
↑どうやって?
東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。他大学との合コン合同コンパ)で東大男子学生はもてます
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?

↑突然も何も、祝辞最初から女子学生男子学生一般化して取り扱ってきたでしょう。
性差別批判する文脈では当然です。

とは言え「東大男子学生がもてる」という言い方も差別的だというのはそうだと思います。「イカ東」みたいな言葉もありましたし。

東大女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学...」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、退かれるから、だそうです。なぜ男子学生東大であることに誇りが持てるのに、
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?

女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。
↑突然女子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
なぜなら、男性価値と成績のよさは一致しているのに、
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
女性価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。
↑突然男子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
女子子どもときからかわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大であることを隠そうとするのです。
↑突然女子学生を画一化したなお前。性差別って知ってるか?
東大工学部大学院の男子学生5人が、私大女子学生集団性的凌辱した事件がありました。加害者男子学生は3人が退学、2人が停学処分を受けました。この事件モデルにして姫野カオルコさんという作家が『彼女頭が悪いから』という小説を書き、昨年それをテーマ学内シンポジウムが開かれました。「彼女頭が悪いから」というのは、取り調べの過程で、実際に加害者男子学生が口にしたコトバだそうです。この作品を読めば、東大男子学生社会からどんな目で見られているかがわかります
↑どんな目で見られてるかちゃんと言えよ。マイナスイメージ持たれてることはわかるが、それが実情に反して不当ということなレイプ事件の話持ち出す意味がわからないし、そのイメージが正しいと言いたい(文脈的にこっち)ならそれは性への圧だろ。<<

東大男子学生は「他大の女は頭が悪い」と思っていそうってことでしょう。ここの部分で何を言いたいのかは僕もよくわかりませんでした。

東大には今でも東大女子実質的に入れず、他大学女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。
男子サークルって書き方からして完全に男子悪者にしてるけど他大学女子競争相手を減らすために東大女子を入れないようにしてる可能だってあるだろ。性差別か?お?

↑実情を知らないようですが、そんなことはありません。東大女子が入れないようにしているのは東大男子です。

わたし学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。それが半世紀後の今日も続いているとは驚きです。この3月東京大学男女共同参画担当理事・副学長名で、女子学生排除は「東大憲章」が唱える平等理念に反すると警告を発しました。

これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等社会でした。偏差値競争に男女別はありません。ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています社会に出れば、もっとからさまな性差別が横行しています東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。

学部においておよそ20%の女子学生比率は、大学院になると修士課程で25%、博士課程で30.7%になります。その先、研究職となると、助教女性比率は18.2、准教授11.6、教授職で7.8%と低下します。これは国会議員女性比率より低い数字です。女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

↑その原因が東大内の性差別という意味?だったらこんな時代性が交絡するようなデータじゃだめだよね?

↑なぜ?差別とはすなわち時代性でしょう。

↑これを祝辞で喋る意図が明確になるように主張のギャップを埋めて欲しい。

東大オフィシャルな場で東大批判をするのがいいんでしょう。「東大合格おめでとう!東大万歳」なんて祝辞気持ち悪すぎます

女性学のパイオニアとして

こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?主婦ってなあに、何する人?ナプキンタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?
↑これ普通に気になるな

↑確かに

日本の歴史に同性愛はいたの?...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。今日東京大学では、主婦研究でも、少女マンガ研究でもセクシュアリティ研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。
↑後述の話を先取りするけどお前のは恵まれ環境のおかげじゃなくて努力の成果なのかよ。

↑第1人者を自称しているんですから、そうなんじゃないですか?

そして私を突き動かしてきたのは、あくことな好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。

学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

変化と多様性に拓かれた大学

言っておきますが、東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。東大には、国立大学初の在日韓国人教授姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒教授安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重障害者である教授福島智さんもいらっしゃいます

あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境あなたたちを待っています。そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会あなたたちを待っています

↑冒頭で不正がある話したの私立医学部だけだろ。

私立医学部入試不正なんて差別の一例に過ぎないってことでしょう。

そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。
↑そこ断言するの流石に祝辞としてダメだろ。毒親から逃げて東大来たやついるけどそいつにこれ言えんの?

↑「がんばっただけでは報われなかった。まわりの人や環境感謝しましょう」ということでしょう。こういう趣旨祝辞わりとよく聞きませんか?

あと毒親から逃げてきた人もいるかもしれませんが、ごく少数でしょう。この祝辞最初から最後まで「大多数の」東大生に言及しています

あなたたちが今日「がんばったら報われる」思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。
↑これはまあそういう意見もあるよね。

↑そうですね。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます
↑だからなんだよ。ここから得られる教訓って何?

↑そういう人たちを助けてやれってことだよ!

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれ環境と恵まれ能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。
↑恵まれない人を助けることに繋がらない学問やっちゃいけないの?ブラックホール撮影しちゃだめ?ニュートリノ観測しちゃだめ?

↑そんなことは言ってないでしょう。ここでは「恵まれない人々を助けるための学問をやれ」ということではなく、どんな(分野に進もうとも)周りにいる恵まれない人々のことを慮る人間になれということです。たとえブラックホールニュートリノ研究しようとも。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者強者になりたいという思想ではありません。フェミニズム弱者弱者のままで尊重されることを求める思想です。
↑「環境能力に恵まれ東大新入生はそれを恵まれない人々(=弱者)を助けるために使いましょう。」と述べた後で「弱さを認め生きましょう、フェミニズム弱者弱者のまま尊重されることを求めます。」と締めるの、結局東大生に弱者であって欲しいのか弱者を助ける存在であって欲しいのかが見えてこない。弱者を助ける存在もまた弱者で、だから他の弱者に助けてもらいましょう。ということなのかな?全員弱者なら女子受験生の話をした意味は?

東大生には弱者もいるし恵まれ人間もいるということでしょう。またある面では恵まれていても、別のある面では弱者ということでしょう。

↑まずこの このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2019-03-24

anond:20190324123456

ひまつぶしマジレス

職業 大手IT系共働きで1500万(1200/350くらい)ちょっと超え。

お子さんの人数と年齢 娘二人、小学生中学生

教育方針 公立中高一貫大学は国公立希望

スポーツ習い事、塾 学習塾スイミング英語くらい

お子さんのお小遣い 中学生には3000/月だったような。それ以上は都度。

外食の頻度や予算 月に4回程度は外食してる気がする。

旅行の頻度や予算 国内半年に1回くらい。やすいとこ。

ご自宅について 都市部のタワマン

自家用車 メルセデスEクラス

その他 自慢できることは案外ない。都内近郊ならウチ程度の家庭はゴロゴロしてる。

 出費にあたり我慢をすることはないけど、圧倒的に時間足りない。

裕福な家庭の暮らしを教えてください

世帯年収1000万円〜1500万円の方々、

どのような暮らしをしているのか教えてください。

ラノベ異世界ではない)を書いているのですが、

現実的に裕福な家庭に生まれ育った登場人物の設定の参考にしたいのです。

よろしくお願いします。

2019-03-18

友達アメリカで着実にキャリア積んでる話

女性研究職やってる子なんだけど、

日本にいて頑張っても全然実績にならないからって

2年くらい前にアメリカに行ってしまったんだよね。

去年、家も買ったって言ってたし

その前にアメリカ大学助教授になったよって

連絡もらってうまくいってるんだなーって喜んだ。

日本金もさない、時間も与えない、なんにも出さないのに

実績だけあげろってバカみたいにいうって。

できるわけないじゃんって愛想つかして海外に逃げてった。

そこそこ名前のあるところ(田舎に住んでる私でも知ってるような)に

就職して働いていたけど、仕事の内容上都心に住んでないといけないし

ルームシェアしてるのに家賃含めた生活費給料

ほぼプラマイゼロっておかしいってずっと言ってた。

給与が足りないなら副業すればって簡単に言われるって。

通勤時間も捻出が難しいか都心に住んでるのにって。

研究以外に時間作れるわけないじゃんって。

で、給与あげてほしいって契約更新時に伝えたら

お金になる実績がないか評価がなくて

給与は据え置きって言われた時点で我慢しきれなくて海外就活してた。

もともとそのために学位とかもとってたかトントン拍子で決まって

報酬だって日本にいる時より最初から何倍もいいって。

アメリカ保険がって言われがちだけど、

きちんとキャリア積んでたらその企業保険に入れるし

同調圧力とかで死にそうって思ってたけどこっちに来たらそんなの無いし

日本にいるよりずっと生きやすいって言ってた

でも、日本食べ物はすごい好きだからって

毎年一か月くらい休み取って日本に遊びに帰ってくる。

日本ごはんが恋しいってよく言ってる。

そこそこ規模の大きいアジアンマーケットがあるのと

Amazonでなんでも配達されるので

家庭料理でなんとかなる日本料理は大丈夫なんだそうだけど。

定食屋さんのご飯とか食べられないのがつらいとか。

でも親の教育方針スナック菓子とかコンビニご飯かになじみがないか

まだ助かってるっていってたなw

2019-03-17

秋篠宮家の教育方針が素晴らしい的なことを卒業に絡めて言っている皇室コメンテータがいるけど、圭君に夢中な眞子ちゃんを育てたのも秋篠宮家の教育方針なんでしょ

一般人としては素晴らしいかもしれないけど、皇室家としてはダメじゃね

2019-02-27

anond:20190227200515

実家暮らし=悪論は親の教育方針に基づいてるのではないかと思う。

で、過剰に攻撃的な人たちは

一人暮らし=自立=えらい」という話を「実家暮らし=自立してない=ダメな奴」

という風に後ろ向きに受け取ってしまったのではないかなあ。

2019-02-11

歯磨きしても虫歯になる

虫歯にならないために歯磨きしましょう」っていう教育方針そろそろやめない?

 

歯磨きしても虫歯になるから歯医者に定期検診に行きましょう」

 

正しくはこれ

これに気づくのに30年かかった

2019-02-08

[] #69-4「愚者自覚

ところ変わって某日、学内会議室

そこにはPTAの会員や、学校教員が一同に会していた。

「えー、皆さん、こんばんは。今回は新プログラム説明をさせていただくため、先生方にも全員集まってもらいました。ではPTA会長よろしくお願いします」

はい、うけたまっ。それでは皆さん、お手元の資料をご覧ください」

その資料表題には、妙ちきりんフォントで『新・イジメ対策プログラム』と書かれていた。

現代社会は流動的です。我々も高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変教育をしなければなりません。学校という小規模な社会においてもそれは同じであり、然るにこのイジメ問題も―――」

勿体つけた言い方をしているが、要は学校イジメ対策を強化しようというものだった。

数週間前、近隣の学校イジメ問題が各メディアで取り上げられたこともあり、彼らはピリついていたんだ。

そこで今回のプログラムを急いで作った、てところだろう。

だけど、そうやって作ったものちゃんと出来ているはずがない。

実際、資料に書かれた内容は、文章量の割には大雑把だった。

色々書かれていたけれど、要約するなら「イジメらしき行動には問答無用で介入して罪・即・罰」といった感じ。

プログラムというには、あまりにもお粗末なものだった。

「―――以上になります特に反対意見がなければ、このまま適用していただこうかと思いますが……何か質問はありますか?」

PTA会長はこう言っていたが、プログラム適用はこの時点でほぼ決まっていた。

イジメがよくない”という点では意見が一致しているので、下手な反論をしてもヒンシュクを買うだけだからだ。

「このプログラム……私は同意しかます

それでも、そのプログラムの内容に難色を示す人がいた。

3組のルビイ先生、俺のクラス担任だ。

「なぜでしょう。ルビイ先生

「やや過剰反応といいますか……イジメと言っていいのか分からない微妙ラインを、大人尺度判断するのは如何なものかと」

「何ですと?」

ルビイ先生は、生徒の自主性を重んじる教育方針だった。

生徒たちだけで解決することが可能ならば、生徒主体やらせるようにしている。

そうすることが子供の成長を促すと考えているからだ。

私たち必要以上に目くじら立てて、生徒たちの間に介入して問題化させる。それが果たしてベターなのかが疑問なんです。仮にやるとしても、現実問題として教師側の負担が大きすぎますし……」

だけど、ルビイ先生教育に対する姿勢を、職務怠慢だと感じている人も多くいた。

穏当に、あくまで一つの意見を述べたにも関わらず、周りの人たちから怒号の嵐。

「何を悠長なこと言っているんですか! イジメ問題は、早めに解決しなければ取り返しがつかないんです」

イジメ認知していなかった学校が、どれほどの責任を追及されるか」

PTAからはもちろん、大事になればメディア世間にも広がっていくんですよ。それだけイジメは深刻に見るべき問題なんです!」

もっと子供のことを、子供のことを考えて!」

あなたはそれでも教師ですか! 児童の上に立ってモノを教える仕事にをナメているんですか!」

周りから、責め立てるような“意見”の波が押し寄せる。

会議室という閉鎖された空間で、その波を一身に浴びてはひとたまりもない。

「い、いや、私はただ冷静に対応しようと言いたいのであって、イジメ容認しているわけでは……」

ルビイ先生はその大きな力に抗えるはずもなく、慌てて取り繕うのが精一杯だった。

「では、“満場一致で賛成”ということで。『新・イジメ対策プログラム』を、みなさん頭に叩き込みましょう」

ルビイ先生はただ黙って、他の職員に合わせて頷くしかなかった。

「はあ……」

『新・イジメ対策』に関する分厚い資料を目の前に、ルビイ先生人知れず溜め息を吐いた。


…………

場面は戻り、俺たちのクラス

裏で起きていることなんて知る由もない俺たちは、未だブリー君との距離を測りかねていた。

最初の内は頑張って仲良くなろうとする奴もいたけど、数十秒ほど会話をするとすぐに諦めてしまう。

そんな感じで、一週間経ってもブリー君は孤立している状況だった。

ミニケーションをとれる余裕も、俺たちにはもはや残っていない。

ちょっと可哀想だけど、当然の結果よ。あんな子と上手くやっていくなんて無理だわ」

タオナケはすっかりブリー君のことを嫌ってしまったようで、遠巻きに見ながら毒づく。

「う、うん、別に悪い子じゃないんだけど……話すと、すごく疲れるんだよね。め、免疫細胞ガリガリと削られていく感じ」

それに対し、ドッペルは控えめな表現をしているが、ところどころにトゲを感じる。

「まあ、大きなトラブルが起きないだけマシ……か」

俺もこの状況を妥協するようになっていた。

ブリー君の今の立ち位置問題なんてなくて、そこから無理に動かす道理もないんだ、と。

だけど、この時の俺たちは忘れていた。

ブリー君に気をとられすぎて、気づいていなかったんだ。

ブリー君と接触していないクラスメートが、まだ一人だけいたことを。

(#69-5へ続く)

anond:20190207004137

児童相談所 拉致 静岡市」などと検索すれば、当事者(親)が発信する記事を閲覧することができる。Twitter実名発信すら行っている。

彼らの主張と、裁判所認定事実とを対比しながら読めば、恐ろしさが伝わってくると思われる。

-----

損害賠償請求事件

東京地方裁判所平成21年(ワ)第25349号

平成25年8月29日民事第44部判決

口頭弁論終結日 平成25年4月25日

       判   決

(第1,第2 省略)

第3 争点に対する判断

1 認定事実

 前提事実に加え,後掲の証拠及び弁論の全趣旨によれば,以下の事実が認められる。

(1)本件小学校入学前後の経緯

ア 原告Q1は,原告Q2及びQ9との同居を始めた平成19年2月頃,Q9が時間を守らないこと,嘘をつくことを矯正させる必要があると考えて,原告Q2との間でQ9へのしつけの方法について話合い,その結果として,原告らは,Q9が小学校入学した同年4月頃から,Q9が上記の点について原告らの口頭での指導を守らなかった場合には体罰を与えることとした。

 原告らの体罰は,当初は頭を軽く叩く程度であり,その後顔を平手打ちするようになり,同年6月頃からは,Q9に木製の子ども用バットを持ってこさせて,臀部をバットで叩くことなどがあった。

(甲4,75,原告Q1本人)

イ(ア)Q9の所属するクラス担任であるQ12教諭は,平成19年4月頃,Q9の顔に痣があったこから,その痣について聞いたところ,Q9は,タンスの角にぶつけたと述べた。Q12教諭は,その後,Q9の顔の別の位置に痣があることを発見した。

 Q12教諭は,同年5月下旬頃,Q9が忘れ物をして登校してきたため,どうしたら忘れ物をしないようにできるか尋ねたところ,Q9は泣き出して,自分学校の支度をしていることのほか,原告Q1は殴るので恐いこと,原告Q2はQ9を守ってくれなくなり,原告Q1と一緒に怒ってばかりいるが,以前はそうではなかったことなどを述べた。そこで,Q12教諭は,Q9に対し,先生はいつも君の味方であり,先生が守ってあげるなどと述べた。

 原告らは,同月31日,本件小学校担任教諭保護者との間での連絡帳に,Q9から先生が守ってあげるという発言があったと聞いたが,その発言真意確認を求める旨の記載をした。

(イ)本件小学校のQ13教頭は,同年6月5日,原告ら宅を訪れ,原告らと面談した。その際,Q13教頭は,虐待の疑いがある場合についても適切な対応をとる必要がある旨述べ,原告らは,今までQ9はしつけを行われずに育ってきており,Q9を良くするのは今しかないこと,しつけの方針として,悪いことをしたら殴ること,虐待を疑っていることは理解していることなどを述べ,Q12教諭上記(ア)の発言について,Q12教諭からの直接の謝罪要求した。これを受け,Q13教頭は,一旦本件小学校に戻り,Q12教諭と共に再度原告ら宅を訪れ,Q12教諭上記(ア)の発言について,誤解を招く発言であったとして謝罪した。

 Q9は,同日以降,Q12教諭に対し,先生が来てくれてから殴られなくなったと述べた。

(ウ)Q9は,同年6月29日,右大腿部,右肩に赤色の跡があり,Q12教諭が,Q9がプールに入る際にその跡について聞いたところ,Q9は,原告Q2から叩かれたと述べた。

 また,Q9は,同年7月2日,右目の下部に痣があり,Q12教諭からその痣について聞かれたところ,原告Q2に殴られたと述べたが,Q13教頭からその痣について聞かれた際には,Q9は転んで怪我をしたと述べた。そこで,同日,Q13教頭原告ら宅に架電したところ,原告Q2は,Q9が2日続けて許せない嘘をついたこから原告Q2が殴った,私も人間から感情的になると述べた。

 原告Q1は,同月3日,本件小学校架電し,Q13教頭に対し,原告らは冷静にQ9をしかっていること,同じ状況であれば原告Q1であっても殴っているはずであり,原告Q2も同じ方針であることなどを述べた。これに対し,Q13教頭は,殴らないで育てることをまず考えるべきであるなどと述べた。

(エ)Q12教諭は,同月4日,原告から,本件小学校教育方針等についての意見記載された手紙が送付されたため,同日午後3時頃,原告ら宅を訪問した。その際,原告ら及びQ12教諭居間にいて会話をしていたところ,原告Q2は,一旦居間を離れてQ9の部屋に行き,Q9を叩き,居間に戻ってきた際に,「今私,Q9のこと,叩きましたから,守って下さい。叩きました。嘘ついたから。」などと述べた。

 その後,本件小学校のQ14校長教務主任及び生徒指導主任原告ら宅を訪れ,原告Q1から学校で行う教育と家庭で行う教育区別をしたガイドラインを示してほしいという要望があったため,Q14校長ガイドラインを示す旨述べて,同日午後8時30分頃にQ14校長らは原告ら宅を離れた。

(甲11,17,18,乙ろ2の12,乙ろ15,証人Q13)

(2)本件一時保護に関する経緯

ア Q14校長は,同月6日,静岡市教育委員会に対し,前記(1)イの経緯を報告した。静岡市教育委員会は,同月10日,静岡市α区の要保護児童対策地域協議会児童福祉法25条の2参照)の定例実務者会議において,Q9を要保護児童として提示し,Q13教頭が前記(1)イの経緯をまとめた報告書(乙ろ2の12の1ないし6丁)を提出した。上記会議に出席した静岡市児童相談所の所員は,同日,本件小学校に対し,Q9は保護を要する児童であるため,今後Q9に痣等があった場合には児童相談所に通告するように指示した。

イ Q9は,同月13日の登校の際,左顎及び左目下部に痣があり,Q14校長がその痣について聞いたところ,Q9は,嘘をついたことを原告Q1に怒られて殴られたと述べた。そこで,同日「Q14校長は,静岡市児童相談所架電してQ9について通告した。また,同日のプールの授業の際,Q9の大腿部及び背中に痣があることが確認された。

 静岡市児童相談所は,同日,上記通告を受け,子ども虐待対応の手引き(平成19年1月23日付け雇児総発第0123003号厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通知。乙ろ2の10)及び静岡県中央児童相談所作成家族支援ガイドブック(乙ろ2の11)に基づき,上記アの会議に参加していた所員等による緊急受理会議を開催し,Q9に行うべき支援及び援助の内容を判断するための虐待処遇アセスメント指標(乙ろ2の6)で判定をしたところ,虐待の程度は,5段階の上から2番目(打撲,広範囲の軽外傷等)であり,調査格付は,生命を脅かす(又は高い可能性がある。)状態として,直ちに立入調査を行うこととなる「R-1」と判定された。また,静岡市児童相談所のQ15主任主事ケースワーカー)等の所員3名が,本件小学校に立入調査をして,Q9の顔から足にかけて痣があることを確認し,Q9に聞き取りをしたところ,Q9は,原告からは,Q9が時間を守らないという理由毎日殴られること,原告Q2の方が多く殴ること,原告Q1からおもちゃバットでいろいろなところを殴られ,原告Q1から殴られた際に血が出たことがあることなどを述べた。静岡市児童相談所は,上記立入調査をした所員からの報告を受け,上記虐待処遇アセスメント指標及び所員の合議に基づき判定をしたところ,Q9の支援・援助格付は,直ちに一時保護必要となる「AA」と判定された。

 静岡市児童相談所長は,Q9に痣があり,Q9も原告から殴られていることを認めたこと,本件小学校から家庭訪問をした後も原告から虐待継続していることが確認できたことに基づき,Q9を一時保護し(本件一時保護),その後に原告ら宅に架電し,原告らに対して本件一時保護したことを告げた。

 Q9は,同日,静岡市静岡病院のQ16医師の診断を受けたが,同医師作成診断書には,「全身に打撲によると思われる皮下出血を認める」として,〔1〕両下眼瞼,〔2〕左顎部,〔3〕右肩甲骨上,〔4〕左大腿背側,〔5〕右下腿膝下部前面及び〔6〕両殿部について,「いずれも鈍器,または靴による打撲跡と考えられる」,「上記外傷について全治一週間と診断する」との記載がある。

 静岡市児童相談所は,同日,静岡県中央児童相談所の一時保護施設にQ9の一時保護委託した。

(甲11,乙ろ2の4ないし6・12,乙ろ15,16,乙は3の1・2,証人Q17,証人Q13)

(3)本件一時保護開始後の経緯

ア 原告らと静岡市児童相談所は,本件一時保護が開始された平成19年7月13日以降,電話等でやり取りをしたが,次のとおり,原告らは,Q9に対する体罰虐待ではなく,親である原告らの意思無視して本件一時保護継続することは不当であるとの意見を繰り返し述べた。

 原告Q1は,同月20日,静岡市児童相談所のQ15主任主事との電話で,虐待はしていない旨述べ,暴行肯定されると考えているかとの質問に対して「ええ,肯定されますよ。当たり前じゃないですか」「一時的感情だとかそんなことで虐待を繰り返してきているわけじゃないんだ」,「責任ある体罰っていうのだってあるんだ」などと述べ,静岡市児童相談所のQ18統括主幹との電話で,同月27日,「Q9をおたくらに任せますけど,やつが20歳ぐらいになったときにまともな,私らが考えているような大人になってなかったら,抹殺しますんで。おたくらも含めてよ。」,同月30日,「子どもがこう,おれらの考えてたとおりに教育できなくなったときに,おまえらどういう責任とる。とらなかったときは,おまえ,リンチしてもいいか」,同年8月1日,「根本からお前らの育て方とか教育論が間違ってるのに,何で間違ってる奴らと俺らが話し合わなきゃいけないんだよ。」などと述べた。また,原告Q2は,同年7月23日,Q18統括主幹との電話で,「私達は少なくとも体罰体罰だって考えてるんですね。私の思う虐待と言うのは自分憂さ晴らしですね。」,「体罰っていうのは暴力とは違う」などと述べた。

 静岡市児童相談所のQ19主任主事心理士)及びQ15主任主事は,同月20日から同年8月31日まで,一時保護施設を訪れてQ9と面談,行動観察,心理テスト等を行った。Q9は,同月8日以降の面接で,原告らと会いたくなく,施設から帰りたくない旨訴えた。Q19主任主事は,Q9について,同年9月20日開催の静岡市健康福祉審議会児童福祉専門分科会児童処遇審査部会に「現段階では,本児の家庭に対する拒否感が強く,両親と距離を置き,守られた環境下で,本児の話に耳を傾け,個別には母性的で受容的な対応が望まれる。」,「これまでの養育環境により本児の情緒面での成長が阻害されてきた結果が示されており,今後,両親の養育態度に改善が望めないようであれば,家庭との分離はやむを得ず,児童養護施設への入所が適当であると考える。」との心理診断の結果を提出した。同部会では,Q9の入所措置承認を求める申立てを行うことに異議は出なかった。

 静岡市児童相談所のQ20所長は,上記原告らの発言心理診断の結果及び上記部会の結果を踏まえ,原告らによる暴力継続される可能性が高く,Q9も帰宅拒否していることから児童養護施設への入所が適当であるとして,同年9月25日,入所措置承認を求める申立て(本件申立て)をした。

(甲11,14,乙ろ7の1ないし7)

イ 原告らは,同年9月28日,静岡市児童相談所を訪れ,Q20所長,Q17参事平成20年4月1日に静岡市児童相談所長となった。以下「Q17」という。)等の所員と面談した。この面談の際,Q20所長らは,本件一時保護の経緯や,Q9については児童虐待防止法2条1号所定の暴行が行われたもの判断していると説明したが,原告らは,「体罰虐待はこれ別物ですから」,「しつけの段階で,あざができるほどたたかなきゃいけなかった」などと述べてQ9の返還を求め,静岡市児童相談所はこれに応じなかった。

(甲9,10,乙ろ7の10)

ウ Q20所長ら及び原告Q1は,本件承認審判及び本件勧告がされた後である平成19年12月21日,静岡市児童相談所面談した。原告Q1は,本件承認審判の「二度と虐待に該当するような体罰をさせない」という文言から虐待に及ばない体罰については容認されたもの解釈している,体罰主体にしない努力はするが,目的によっては必要なこともあるなどと述べたのに対し,Q20所長は,しつけ自体否定するわけではないが,体罰を伴うしつけは子ども心理的な影響があり好ましくない,本件勧告を受けて,静岡市児童相談所から原告らに対する指導方法について年明けに提案する旨述べた。また,原告Q1が,原告らがQ9の通学している安西小学校に面会等を申入れることは問題となるか確認したのに対し,Q20所長は,今の状態だと問題となる旨述べた。

 静岡市児童相談所は,平成20年1月頃,上記提案として,Q9と原告らの家族統合に向けた「ご両親への支援プログラム」(以下「支援プログラム」という。)を作成した。支援プログラムでは,〔1〕目標は,「Q9君が安心して生活できるような家庭づくり。」であり,〔2〕方法として,原告らが静岡市児童相談所を訪れ、概ね1か月に1回2時間程度を目安に面接実施し,面接以外にも課題の提出をお願いすることがあること,〔3〕2月から3月頃にQ9の気持ち確認し,写真ビデオレターなどを通した親子交流を始めること,〔4〕Q9が原告らに会いたいという気持ち確認し,5月から6月に児童相談所内で原告らとQ9との面会を実施し,6月から7月初旬に親子での外出を実施すること,〔5〕面会・外出時の親子の様子,Q9からの外泊希望確認し,児童相談所所員による家庭訪問実施した後,7月初めに家庭への外泊を開始すること,〔6〕外泊が繰り返される中で,良好な親子関係が認められ,引取り後の支援のあり方について共通理解が得られれば,家庭引取りとなることが記載されている。

 Q20所長ら及び原告Q1は,同年1月11日,静岡市児童相談所面談した。静岡市児童相談所のQ21心理士支援プログラムについて説明するなどしたところ,原告Q1は,支援プログラムは本件勧告無視したものである原告らは体罰をしているのであって虐待暴力ではない,一時保護自体間違っている,おれは日常生活の中で普通にやっていく中で必要であれば絶対体罰は使う,まずはQ9を帰してもらいたいなどと述べた。そこで,Q20所長は,再度提案をする旨述べた。 

 Q20所長ら及び原告Q1は,同月24日,静岡市児童相談所面談した。Q17が,本件勧告に基づいてQ9を帰宅させるためには,虐待に該当するような体罰はしないことが条件になる旨述べたところ,原告Q1は,裁判所原告らが虐待をしていないと認めており,Q9をすぐに返してもらった上で静岡市児童相談所による指導を受けるというのが原告らとして譲歩案の全てである静岡市児童相談所原告らの意見を聞かずに一方的な主張をしているなどと述べた。

(甲9,10,乙ろ5の2,乙ろ7の11・12)

エ Q9は,平成19年12月31日,静岡ホームで転倒して頭を打ち,CT検査をしたが,脳に異常は認められず,頭部挫傷と診断された。

 静岡市児童相談所は,原告らに対し,上記転倒事故を通知せず,原告らは,平成20年3月7日に静岡市個人情報保護条例に基づき開示を受けた文書により,上記転倒事故の発生を認識した。

(乙ろ1)

オ 原告Q2は,同年2月1日,静岡市児童相談所に対し,Q9の毎日の詳しい言動や様子を報告しない理由等の回答を求める質問状を送付した。また,原告らは,同月8日,静岡市児童相談所を訪れ,本件抗告棄却決定に対して特別抗告申し立てた旨伝えるとともに,親権行使するとして,Q9の毎日の一時保護施設及び小学校での言動を報告することを求めた。さらに,原告Q1は,一時保護期間の7か月でQ9の身長が2.4センチメートル体重が1キログラムしか増えていないという理由で,Q9への精神安定剤等の投与を疑

2019-01-23

公教育大した変化なしで試験だけ変えるって考えてみればズルいよな

センター英語の4技能テストされるそーだが、スピーキングなんてろくに指導できない公教育環境のまま、高等公教育受けるために絶対必要試験だけ変えるなんてひどい話やで。

家庭でスピーキングレッスンできる子しか上に行けない。まあ政府貧乏人は無視でそういう金持ち教育方針変えさせるためにやってるんだろうけどなあ。そんなんで国力上がるのかは不明だが

2019-01-21

anond:20190121215814

自分の子供を他人に丸投げして1日2日放置

立派な育児放棄です

追記、シンガクを調べてみたら

1.赤ん坊には子守唄を聞かせ、母乳で育てなければならない。粉ミルクは使わない。

2.授乳中はテレビをつけてはいけない。子供テレビビデオはなるべく見せない。

3.子供には早寝早起きさせ、朝食を必ず食べさせる。

4.インターネットフィルタリングを徹底し、有害情報から子供を守る。

5.テレビゲームなどのバーチャルから子供を遠ざけ、親子で演劇などを見る。

6.PTA父親も参加する、また教科書もチェックする。

7.遊び場確保のため、一般道路を解放

8.企業授乳休憩を設け母親を守る。

9.乳幼児健診などの機会に自治体が「親学」講座を実施

10.幼児段階で基本的道徳思春期到来前に社会性を身につけさせる。

11.思春期以降は自尊心が低下しないように講じる。

12.発達障碍やアスペルガー自閉症は親の愛情不足が原因で、伝統的子育てでは発生しない。

など

7、12番はトンデモ、2、5番は教育方針問題だろうがそれ以外は別段変なこと言ってねーだろ

2019-01-18

anond:20190118104120

ちな制服のヤツは判例は忘れたけど

着用する義務はないで決着だったと思う

しかし親御さんの教育方針が謎過ぎて心配になる

ワイも好き勝手やらして貰った方だけどこれは流石にね?

ワイが父ちゃんちゃんだったら制服のない学校へ行かせるか

裁判費用があるなら海外学校へ行かせる

2019-01-16

最近大人アニメが好きだな

いいなぁ。

うちの両親はアニメ子供の見るものと決めつけていて、全く理解が得られなかった。

一緒にアニメを見た記憶ほとんどない。

父とドラえもん映画を観に行くと必ず寝ていた。いつもなんだか悲しかった。

とても面白いと思って見ているものに1ミリも興味を示してくれないのは切ない。

最近どこかで、若いお母さんが妖怪ウォッチキャラ名前を覚えなきゃ、とか言ってるのをネットで見て感動した。

うちの親はそんなことは一切なかったから

教育方針の違いだろうか?

最近大人でもプリキュア 好きだったりして羨ましい。

子供は嬉しいと思う。

両親がオタク(腐女子)でコミケ参加してるとか、同人誌書いてるとかも稀に聞く。

聞いた時は衝撃だった。

世代が違うとはいえ、そんなことがあるのか!?と。

そんなこと想像も出来ない。

うちの親はコミケが何かもよく知らないだろう。名前くらいはニュースで見ているかもだが。

親がそんなにサブカル文化理解があるのは羨ましい。

ほんっとうに羨ましい。

小さいうちに楽しいを同じ目線で共有出来るのは貴重だと思う。

うちは親と共通点ないなぁ。

いまだに仲はいいけど。価値観があまりにも違う。

2018-12-28

anond:20181228135648

switch子供おもちゃとしては高すぎる、って考える親は普通にいる値段だよなあ…

子供ゲームを与えたくないって教育方針普通だし

2018-12-25

anond:20181225085151

小学生以下だと教育方針として小遣い与えない家は普通に多いよ

「金の管理体験させる為に定額の小遣いを与えた方が良い」論と

「何もしないのに金が入って来るのが当たり前と思わせるのは教育上良くないので、手伝いに対する報酬という形が良い」論がある

んで後者教育方針を取る家は小遣いを与えないし

前者だとしても与えるのはごく少ない額で、子が欲しいもの必要ものの大多数は親が買うのが普通

親が何の考えもなく多額の小遣いを与えてそれを子がどう使おうが全く関知しないってのはただの放置子

2018-12-24

クリスマスプレゼントを貰えない子供

クリスマスプレゼントを貰えない子供ってどのくらいいるのだろうか。

世の中的にはクリスマスプレゼントを貰える子供の方が大多数であり、自分感覚としては貰えない子供10%以下程度なのではないかと感じる。

貰えない理由は様々あると思う。

親の教育方針経済的理由家族構成。など。

当方現在25歳。3人兄弟の真ん中っ子である

悲しいことに子供の頃はクリスマスプレゼント貰えなかった。

家の経済的状況はそれほど悪くはなかったため、おそらく親の教育方針で貰えなかったのだと思う。

当時(幼稚園~小学校低学年)の自分は、「クリスマスプレゼントは良い子しか貰えない」という説を信じていたため、「親の手伝いをしない自分は貰えなくて当然かもしれない。まあ、仕方ないか。」と考えていたのを覚えている。

私が子供の頃よりも、今の方がクリスマスプレゼントを貰える子供は増えているのかもしれない。

からクリスマスプレゼントを貰えた子供が、親になったときに同じように子供クリスマスプレゼントを与えるのは自然な流れだと思う。

年代別のクリスマスプレゼントに関する統計データを探して見たが、見当たらなかったのではっきりとは言えないが。

皆さんは子供の頃クリスマスプレゼントを貰えましたか

2018-12-23

anond:20181223041247

そういうクソリプ普通に注意して見てりゃ分かると思うけど。

それ見て「女はそういう扱いをしてもいい」とインプットされる男の子大勢いるのもな。

中高生くらいだとすぐ周りの影響を受けるから

どこかで「息子は変な影響を受ける可能性があるから早いうちはネットさせない、娘は世間知らずに育つと困るから早いうちからネットさせる」

って教育方針の親を見たけど賢明だと思った。

抑圧されて育った子供のその後

私は抑圧されて育った子供だ。

の子供のころの環境は、他の人にとっては

「いやあんたそのレベルで抑圧されてたとかナメすぎ。世の中にはもっと~ アフリカの恵まれない子供たちは~ 云々」

などと言われるようなものかもしれない。

しかし、重要なのは私がどう感じていたかであって、世間から見てどうかとか、世界レベルで考えてどうかとか、そういう相対的ものではないのだ。

とにかく、私は抑圧されて育った。そう強く思っているので、このことは揺るぎない事実である

どのように抑圧されていたのか。

まず禁止されていたことが多かった。

ゲーム禁止ペット禁止、ベッド禁止高校に上がるまで21時以降のTV禁止基本的漫画禁止基本的ジュース禁止ポケモン禁止、等々。

私が今でもこのことを根に持っているのは、「なぜ禁止なのか」が明確でなかったからだと思う。

「なんで駄目なの?」と私は親によく尋ねた。

しかし返ってくる言葉は「ダメものダメ!そういうルールから

そんなよくわからないふわっとした思想によって幼少期の私は支配され抑圧されていたのだ。

ベッド禁止という謎ルールに至っては「私(母親)が布団が好きだから」という感想によるものだった。は??????

問い詰めるとヒスを起こすエモーショナル女性だったのであまり話し合いができなかった。

思春期のころ、男子でなくて本当によかったなと強く思ったことを今でも覚えている。

私はクラスで皆が話しているゲームの話や21時以降のTVの話にまったくついていけなくてすごく悲しかったのだが、

男子ゲームやってないクラスメイトを非人間扱いしていたが女子はそこまでではなかったからだ。

外食の機会もほとんどなかった。

年に1回あるくらい。

母はメシマズではなかったがめちゃくちゃ薄味だった。

から、ごくたまにいくファミレス雰囲気と、そこで出てくる濃い味の食事にすごく憧れがあった。

高校に上がるまでは21時までに寝なくてはいけなかった。

また、おこずかいものすごく少なかったので、高校生になってバイトをするまでは、友達同士でちょっと都心におでかけするとかがまったくできなかった。

(私の地元はクソ田舎だが位置的にはベッドタウン

そういう子供がどういう成長を遂げるのか。ここに記すのはその一例である

①性欲が強くなる

「それは関係ないのでは?」とおっしゃる輩もいるかもしれないが、抑圧されたいろいろをそういう形で発散するためにそうなったのだと自分では考えている。

性的なことに目覚めるのが早かった。第二次性徴があらわれるのは遅かったが、小学校高学年の頃には既に自慰を覚え、それから30才の現在に至るまでほぼ毎日している。

恋人の有無に関わらずだ。

初めてセックスしたのは17才の時で、その相手には性欲が強すぎてフラれた。

自由な家庭で育った人間を憎むようになる

言うまでもなくただの嫉妬である

③深夜のファミレス大好き

深夜のファミレスの何がいいのか。

まずファミレスが出すものは高級感があまりなくちょっとジャンクな感じがある。そこがいい。

それから深夜に外食をしているという背徳感。

昔の親が見たら怒られそうなことをしていると思うと、罪悪感とぞくぞくする気持ちが混ざり合ってたまらない。

④夜型人間になる

深夜まで起きて生産性のないことをしていると、上記③と同様の快楽におそわれるためやめられない。

ジャンクフード大好きになる

マック大好きだしポテチ大好き。

ある時期、数年にわたって主食コイケヤコンソメパンチだったことがある。

⑥ズレた人間になる

高い確率で、知り合った人間

「○○ちゃんってちょっと変わってるよね(苦笑い)」

「天然だよね(苦笑い)」

と言われる。私は中学高校いじめに遭っていたのだが、自分で何かした訳ではなく何か変で気持ち悪いという理由いじめられたらしい。

理由を聞いたらそういわれた)

これは抑圧されて育ったせいで変になってしまったせいだと思う。

今では昔ほど変に思われないが、たまに素でいると変な風になってしまうのか、相手の顔が「あっ、この人変な人だ…」という感じでこわばることがある。

変に思われないよう気をつけ続けるというのはとても疲れる。

もし同じように悩んでいる人がいたとして、アドバイスできるとしたら、とりあえず礼儀正しく、丁寧な対応をするよう心がければ大目に見てもらえるよということだ。

変な人間でもいいじゃんという人がいるかもしれないが、世間の人々は変な人間基本的排除しようとするのでそれは無理である

コミュニティに属すると息苦しくなる

上記⑥の理由から、人と接するときは常にどこかしら緊張している(変に思われないように)ので、あらゆるコミュニティが苦手である

人間関係リセット癖がある

上記⑦とも関連している。

私は20代前半のとき実家を出たのだが、荷物を抱えて一人きりで夜真っ暗な自分アパートについたとき幸福感が忘れられない。

あのときほど、脳内麻薬的なものが大量に分泌されたことはなかったし、この先もないだろうと思う。

引越し先や自分地元を出てどういうことをするかを、家族以外の誰にも告げずに出てきて、それから地元の知り合いには誰にも会っていない。

私にとって、自分故郷とそこでの様々なコミュニティというのは抑圧されてきた忌まわしい記憶を想起させるものからだ。

そうやって家族以外すべてを切り捨てたとき快感、身軽さ、リセットして新しい自分でいちからスタートできるような気持ちがあまりにも絶頂だった。

人間関係は3年を超えると維持していく気力がなくなった。

私は今大学に勤めているのだが、学食のおばさんなどに顔を覚えられて話しかけられたり、いつものでいい?と言われたり、

近所の人にあいさつされたり、どっかのお店の店員さんとかにお久しぶりですね」とか言われたりするとああああ~となってしまう。

そのせいで学食には行けなくなったし、引越し代はかかるし何もいいことがない。


世の中の親に伝えたいのは、

教育方針とかは各家庭でいろいろあるのは別にいいのだが、抑圧しすぎると子供は変な人間になり最終的にあんたらが困るよということだ。

それから、なにか禁止する場合は「なぜダメなのか」を子供からってナメずにちゃんと正面から説明してほしい。

よろしくお願いします。

2018-12-22

OJTとか無理

自分のことで手一杯なのに、IT業界経験のやつ面倒見てる余裕なんてねーよ

来月からは使い物になるようにしてほしいとか、なるわけねーだろボケ

そもそもだってこの現場入ってまだ2ヶ月、業界復帰してから1年もたってねーんだぞ。

俺に対して教育しろや。

会社も、未経験歓迎!丁寧に教えます!みたいな謳い文句新卒・中途かき集めてるみたいだけど、自社ではロクに教育せずに派遣してハイオワリとかふざけてんのか。

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

新人新人で話ふってもロクに返事よこさねえし、会話にならねーよ。

なんでこの業界きたの?どんなことに興味があったの?って質問にも答えられないとかなんだよそれ。

ハローワークで何を勉強してきたのかも答えられないって、どうやって面接突破したんだよこいつ。

ああああああああああああああああああ

上司上司で「君にまかせるよ~」とか言ってたくせにめちゃくちゃ指示だしてくるし、

じゃあお任せしますって感じにしてたら何も指示してなくて新人半日座りっぱなしになってたし、

ていうか派遣先のプロパーの前で自社の人間教育方針の話をペラペラとするなよ、こういうのは帰社日かにやるもんだろうがよ。

今月はお金とってないか勉強する時間に当てていいよって言ってたのに、どうして派遣先の人から教育状況確認されるんですかね???

来月からお金とるから戦力になるようにしてくれって聞いてないんですけど???

ていうかお金の話は営業がするから技術側は気にしないでいいって言ってた営業どうしたんだよ、あいつまじふざけてんのか。

こういう話がポロッとでてくるから金の話させろって言ってんだよ、ほら、「社内共有しっかりしておいてくださいね^^;」って嫌味言われちまったじゃねえか。

ああああああああ

派遣先のマネージャーも指示アバウトすぎんだよ、なんだよその「画面UIがアレなんでいい感じに調整してください」って。

アレってなんだよ、色がおかしいのか?サイズおかしいのか?位置おかしいのか???

客と打ち合わせして運用方法しってるのはお前だけなんだからお前が具体的な指示出せよ、なんでこっちがロクに知らない客の運用を予想して画面作らないといけないんだよ。

作ったら作ったで「あー、そうじゃないんですよね、理解できてないですね」とかはああああああああああああ???

相手だとロクに調整できてないし、データベース設計終わってないのにどうやって年内に実装まで完了させるんだよ魔法使いかよ

ほんと何回画面デザインやり直しさせるんだよ、アジャイルで作らせるなら詳細設計書なんて書かせるんじゃねえよ、時間いくらあっても足りねーよカスが。

クソみたいな仕様設計書も作らされるし、お前がかけよ、お・ま・え・が!!!!!!!!!!!!!!!!!!

俺はただのプログラマなんだよ、コードを書きたくてここにきたんだよ、ExcelWordを15時間も触るためにここに来たんじゃねえんだよ!!!



2018-12-21

anond:20181221012424

いま問題が再浮上してるんじゃなく、ずっと議論されてきて、それが教育方針に反映された結果が今なの。

もちろん、今もずっと議論され続け、反映され続けている。

ただ「自分常識では違和感がある」くらいのことで、

教師に「考えろ」と言っている人たちが、

いちばん議論をしていないし、いちばん何も考えてない。

2018-12-19

運動をすると健康になるを実感できるような体育教育ってないのかな

体育の授業って教師が無理させるせいで「運動をすると恥をかく」「運動をすると息が切れて苦しい」「運動をすると全身が痛む」「次の日筋肉痛になる」「とにかく運動をすると心身を害する」って印象を強烈に与えてしまっているのが現状なわけだが、体育の授業が本来狙っているのはそれとは逆のことだよね?











はい。今マジメにブコメ書いてた奴らアウト~~~~。

教養力が義務教育未満ですね~~~~~。

日本学校教育の原型は軍隊であり、ここでいう軍隊とは悪名高き日帝軍隊なわけですから、体育の授業は「苦痛に耐えられるようにする」「とことん痛めつけて洗脳する」「お国の役に立てないのは恥だと思い込ませる」といった事が目的なんですね~~~~~~。

まり~~~~~~~~現状のような運動嫌いを育てるような教育方針は~~~~~~受け継がれてきた伝統なので~~~~~~~~今更変えられないのでした~~~~~~~~。

はい残念。

この国の教育は根幹から腐っているので上辺だけ変えようとイエローモンキー共が無い知恵絞っても完全に無駄でした~~~~~~~~~~。





はぁ……

戦争やってた頃に子供だった連中も半分ぐらい死んでるってのにいつまでこの状態なんだろうな。

あほくさ

2018-12-03

子供気持ち教育為政者

小学生の頃「先生たちだって昔は子供だったのになんで俺らの気持ちからないんだろう?‬真剣に考える気がないんじゃないか?」って思って、心の中でバカにしてた。

それが今やどうだ。40間近となった今、子供達の心情を想像するのがとても困難だ。端的にいえば、忘れてしまっている。目線を下げれない。

これが20代であれば、まだ寄り添えるかも知れないが、そんな若年には教育方針を決定するような裁量権限執行権は与えられないわけで、与えられる頃には、初志を忘れてしまっているというわけだ。

政治なんかもそうじゃないのか?このジレンマは。

我々の社会はまだまだ不完全だ。問題問題認識できるタイミング重要だが、そのタイミングを掴める年齢には力が足りない。

やはり、文科大臣には、学校に潜入して一般先生に混じって教師生活を続けてみるか、もはや生徒に混じって生徒の気持ち実体験するしか、初期衝動を蘇らせる方法はないのだと思うのだが。

昔、そういう漫画があったんだよなあ。作者は今となっては、金と名声に溺れて愛を失ってしまったが。

2018-11-25

anond:20181125200215

そもそも思ったことを本人に直接言えない関係なら長続きしないのでは。

主は、思ったことを相手に伝えると破綻するかもしれない、相手逆ギレされるかもしれないと思っているわけで、

その時点で信頼関係が出来ていないってことだし。

このまま結婚しても、式場の手配・段取り、家の建て方、教育方針、いろんな面で議論必要性が出てくるだろうし、

そこで思ったことを本人に言えないで溜めてしまうようなら辛い未来しかなさそう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん