「テレパス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: テレパスとは

2019-07-13

筒井康隆を読んで人生が変わった

家族八景っていうお手伝さんがテレパス訪問家族関係のドロドロに巻き込まれたり巻き込まれなかったりして、エスパー争奪戦争に巻き込まれて一旦死んで最終的には神に愛されて大変な目に合うって話なんだけどさ。

俺、テレパシーの詳細な描画読むまで他人自分と同じように何らかの基準で頭の中で思考してるって思ったてなかったんだよね。

じゃあどう思ってたのかっていうとそれはなんにも思ってなかったんだけどさ。

家族八景読んでからは、こう言ったらこの人はこんな思考をするのかな、しないのかな、でも俺とアイツは別の人格から同じ光景が同じ光景に見えているとは限らないしなって。

から他人認識できるようになって、他人自分境界線を分けられるようなって、他人自分人生を分けて考えられるようになった。

2019-06-05

anond:20190604214117

現地人は潜在的テレパス能力者であったために、

意思疎通には苦労しなかった。

2019-01-17

anond:20190117132038

しかサイクロプス女性遍歴もなかなかのもんやで?

同じオリジナルメンバーであるジーン・グレイとは一目惚れ状態で恋仲になり、

ウルヴァリンとの三角関係などの紆余曲折もあったが後に結婚する。

過去には彼女クローンであるデリーン・プライアーとも結婚しており、彼女の間に息子ケーブルを設けている。

エマ・フロストがX-MENに入った頃からアプローチを受けておりジーンとの仲が悪くなっていた。

ジーンの死後はエマと付き合い、結婚こそしていないが永遠を誓い合う仲となった。

これまでの恋人が強力なテレパスだったため、テレパスへの強固な耐性が身につくようになった。

2018-10-11

anond:20181011171415

論理ベース意思決定わからん殺しされるのもいるだろ。優生保護法去勢された人とか。

論理理解能力がいる」というのだけが欠点だってのはある。

しかし、「他人気持ち」よりは理解ハードルが低いってのは事実だろう(こちらは事実不可能

ここは逆で近似値にしかならないと思うけどね。

誰か一人の意志テレパス的に他人意志を押さえつけるってことは不可能なわけで。

誰か一人の意志に沿っているように見えても、その他大勢がその一人に従おうと思っているからそんな風に見えるだけ。

すれ違ったり勘違いだったりするのはそこから外れてしまった人な。

それを証明できないじゃん。

また、世の中には「力」も存在するってことを忘れてはいけない

でも、その共通ルール論理理解できない人はどうすんの?って話なんだけど、

まぁ個別ルールの外でフォローしてあげるしか無いのかなぁというのが別ツリーで話して出た見解

共通ルール理解できない人が、より難解な他人感情理解できるとは思えないが。

となるとそいつ自分ルールしか動けないわけで

フォローではなく排除するべきだと思うよ。

anond:20181011165408

それで爪はじきにされる奴がいる、理解すらできない分からん殺しになるってのは「共感」が不完全だということだろ。

論理ベース意思決定わからん殺しされるのもいるだろ。優生保護法去勢された人とか。

厳密な共有ができないから明文化もできず閾値が常に変化し続け安定など望めない。

しか論理と違って文化の影響をもろに受けるから集団VS集団解決できない。

かにこの点は認める。

何より危険なのは「近似値である」ということを証明できないってこと。

からすれ違いや勘違いが起こる。

ここは逆で近似値にしかならないと思うけどね。誰か一人の意志テレパス的に他人意志を押さえつけるってことは不可能なわけで。誰か一人の意志に沿っているように見えても、その他大勢がその一人に従おうと思っているからそんな風に見えるだけ。すれ違ったり勘違いだったりするのはそこから外れてしまった人な。

で、本題。

感情共通ルール化できないが、論理はできる。この一点だけ見ても論理尊重するべき。

でも、その共通ルール論理理解できない人はどうすんの?って話なんだけど、まぁ個別ルールの外でフォローしてあげるしか無いのかなぁというのが別ツリーで話して出た見解


一方補足。

トランプ大統領勝利感情感情のぶつかった結果でしかない。実際、敗北側暴動に訴えており「理性」には程遠い。

暴動肯定する理論があればそれは理性的暴力なんじゃね?とは思うが本題からは外れるな。不適切な例を出して悪かった。

2018-09-25

プラネットウィズ最終回見た

面白かった。割と楽しめた。

でも後一話見たいぃ!!

シリウスで終わるのは明らかに時間が足りてない感じがしちゃう

特典でやるのかな。

あとヒロイン問題

正直銀子がヒロインに見えてしまう。

そうならないように弟と姉さんと呼び合う場面を入れたんだろうけど。

最後あんな風に手を取り合って戦って……。

と、見た直後で全然まとまっていない。

ものぞさんのヒロイン感は全然無いよなぁ。

テレパスの力が強いから亜空間に入っても見つけられるという

ことの筋を通す為だけの存在に見えてしまった。

宗矢君と銀子でシリウスをまた繁栄させようENDでよかったのでは?

2017-11-24

anond:20171124140021

から観察すると、言語という不完全なプロトコルを介することでしかコミュニケーションできない人間は、

全ての存在スタンドアロン孤立したシステムのように見えます

しかし、健全人間にはテレパスニューロンという、まるで無線LANのような仕組みで

無意識下で感情思考を共有していることが判明しました。

人は全員孤独でしょ

と感じてしまう人は、テレパスニューロンが未発達もしくは、

機能障害があるために、そう感じているに過ぎないのかもしれません。

2017-10-14

『そんなことは聞いてない』と怒り出す人は死んでいい。

 

そのとき彼が質問したのは

XXXXって何?」

なのだが、実際に彼が聞きたかたことは

「そのXXXXと別のデータはどのような方法で紐付けられるのですか?」

だった。

 

これまでの会話の流れがあるにしても、what以外の情報を含まない発言から

そこまで意図を組み上げられるか!

こっちが質問意図わからんことを伝えると不機嫌になるし、どうしろってんだ。

俺をテレパスだとでも思ってるのか、ボケ

2017-06-04

映画『ローガン』を受け入れられない(ネタバレ注意)

考えれば考えるほどこの映画が無理。


まず私は、X-MEN映画ファンです。アメコミ未読です。

ブライアン・シンガーX-MEN1から好きでした。

X-MEN2も大好きです。


でもファイナル・ディシジョンで死んだ。


あのときは、『こんな中二病展開をX-MENでやるな!やりたきゃ他の映画でやれよ!』と思ったものですが、

まさかローガンでも似たような心境になるとは思わなかった。


あんなに絶賛されていて、見るのをとても楽しみにしていたローガンなのに。

見た後の心境としては、

社会派西部劇がやりたいなら他の映画でやってくれ』

でした。


私は、少年ジャンプのようなX-MENが好きだった。

スコットやローガンやジーンやストームが、それぞれの能力を活かして戦い、最後には、暗闇はあるけれど、希望もあるという終わりを

見せてくれるX-MENが好きだった。

それはファーストジェネレーションになっても変わらず、若きマグニートープロフェッサー、ビーストミスティークが、能力を活かして戦う。

娯楽作の中にリアルを落とし込み、暗闇はあるけれど、希望はある。そういう終わり方を見せてくれた。

だけど『ローガン』は、ガラッとトーンが変わる。

娯楽の中にリアルを入れるのではなく、リアル路線の中に娯楽を入れた。

まるで社会派西部劇だ。パンフレットでは『許されざる者からインスパイアが語られていたけれど、まさにそう。

娯楽としてのアメコミ映画から社会派へ転身しようとした。

(付け加えると、シビルウォーはかなり現代問題を取り込んでいたけれど、それでもまだあれは娯楽作品だと思う)


そして、社会派への転身のために、学園のキャラたちは殺され、しかもそれを行ったのがプロフェッサーであるという、救いのない設定になっている。


この設定、『ローガン』のためですよね。

閉塞感や、誰も助けに来ない、救いのない雰囲気を作るためだけに、ほかのキャラを殺したよね。


そもそも

ミュータント世界中で生まれているはず。世界中の人々の飲食物に薬を混入して、ミュータント発生を防ぐなんて不可能だろう

・もし、可能であるとしても、遺伝子学を専門とする教授が何も気づかず見過ごしたのはおかしいだろう

ミュータント誕生率が減少する一方なのに、X-MENは何も疑わずに看過したのか

・それに教授テレパス制御が聞かなくなったら、フューチャーパストのように『他人の声が無差別に聞こえる』となるのが普通

・力を信奉するマグニートーに対して、力の制御を教えるのが教授だったのに、その教授を力の暴走人殺した設定にするのが不快

・だいたい、アポカリプス覚醒したフェニックスがいれば、教授暴走を抑え込めるはずだろう


……等々のツッコミどころはあるんですが、設定の矛盾に関しては、X-MEN映画ではよくあることなので、まだ飲み込める。

ただ、そのすべての矛盾が、『ローガン』という映画の救いのない空気を作り出すための踏み台になっているのは無理。


学園のキャラたちを殺して、教授人殺しにして、それで『ローガン』という名作を作りましたと言われても、受け入れられない。



……といっても、監督ヒュー・ジャックマンも、こういった批判理解してるだろうとは思います

パンフレットに、ヒューのインタビュー

『(『ローガン』で一番気にしていたことは)あらゆる抑制を解いて、このキャラクター(ローガン)に取り組むことだった。』

とあって、やっぱりそうなのかと思いました。


この映画は、ローガンというキャラクターのためだけに作られた映画で、

そのために、今までのお約束はすべて無視した。それが『あらゆる抑制を解いて』ということだと思う。


もちろんそこには、映画年齢制限だけでなく、

ミュータント各自能力を活かして戦うという展開

マイノリティへの差別など、現実問題を加味しつつも、あくまで娯楽作品という路線を崩さな

などのお約束を捨てたことも含まれているんだろう。


これはローガンというキャラのことだけを深く掘り下げて、ローガンというキャラのことだけを最大限に描くために作られた映画だ。


これが映画正史にならないことを祈る。


でも、ヒューがウルヴァリンから引退を表明している以上、次作はこの『ローガン』を踏まえてのものになるんじゃないかと思ってしまって

それが怖い。

2016-11-27

ちきりんみたいにコメント非表示で100件くらいブクマされてるのってどういうことなの?

全然意味がわからないんだけど、みんなテレパス同士で会話してるの?

2016-09-12

なぜNHK朝の連ドラには駄作が多いのか 追記

なぜNHK朝の連ドラには駄作が多いのか

http://anond.hatelabo.jp/20150910001208

を書いた元マスダだが、旧IDパスワードを紛失したため、証明はできない。エンタメカテゴリに目を通していたら、1年前に書いた記事しかもまったく話題にならなかった)が上がってきていて驚いた。


部米を読んでいて、「正気かおまえ?」と言いたくなるようなコメントもあったので、反論補足しておきたい。


大阪制作の方が程度が高いか

これはまったく逆。東京制作作品のアベレージを70点とすれば、大阪局のは40点以下。

大阪制作の方が質が高い、なんて言っている人は「カーネーション」、せいぜいが「ちりとてちん」以後しか見ていないんじゃないか

同年の組み合わせ(東京/大阪)で言えば、

ひらり」と「ええにょぼ」、「あぐり」と「甘辛しゃん」、「天うらら」と「やんちゃくれ」、「ちゅらさん」と「ほんまもん」、「私の青空」と「オードリー」、「さくら」と「まんてん」、東京制作にも駄作は多いが、大阪駄作とは程度が違う。大阪駄作は、本当にカネを徴収しておきながらあり得ないレベル駄作から

ごくまれにうまくいけばヒット作を「だすこともある」。「おんなは度胸」とか「ふたりっ子」とか。なぜそれらがヒットできたのかを考えれば、逆に大阪局の持つ弱点も見えてくる。それはガバナンスむちゃくちゃだということだ。

私は見た範囲内での最低の作品は「やんちゃくれ」だと思うが、例として使いやすいのは「まんてん」。どちらも大阪制作の「超絶駄作」だ。

まんてん」は種子島に生まれ少女宇宙飛行士になる、というのが起承転結の結にあたるのだが、宇宙飛行士という相当特殊な設定なのだからもともと特殊ストーリーになるのに、そこに無意味変化球を入れてくる。そもそもからいえば日本有人宇宙飛行をしていないわけだから外国の協力を仰ぐか、共同プロジェクトに参加するしか宇宙飛行士は作れないわけで、努力努力を重ねて、体力と経歴、技術と運、強い意欲がなければなれない職業だ。そもそもがバクチのような話なので、それを丁寧に描いていけば、例えば女性宇宙飛行士であれば結婚生活との両立の問題とか、ドラマの種はいくらでもでてくる。

だが「まんてん」の主人公は、種子島出身高卒女性が、バスガイド編集者もやってたかな、気象予報士、まあ職を転々としながら、いつのまにかNASAにいていつのまにか英語ペラペラで、いつのまにか宇宙飛行士で、「宇宙から天気予報を伝えたい」と実に薄っぺらなことを言う。

宇宙飛行士になりたいという「夢」ほとんど「ハリーポッターになりたい」というのと同レベルの夢なのだが、この主人公は、わりあい真剣にこの夢をずっと持っている。持っていてなお、やることが、バスガイドであり、気象予報士であり、というのはドラマ論理がそもそも破綻している。

なんでこういうことが起きるのかという話だ。NHK大阪には白痴しかいないのか、という話だ。そんなこともあるまいよ、とは思うが、要は「ドラマを作ろう」という動機から発していないのだ。予算内でそこそこの視聴率を維持する、なにかクレームがあれば全体の構想もまげてすぐに変更する、ドラマ制作ガバナンスが徹底的にできていない。大阪制作局でそこそこ出来が良かったのは、脚本家が大物で脚本側に主導権があった場合だけだ。

ゲゲゲの女房」以後、視聴率朝ドラ位置づけも、制作態度も明らかに潮目が変わっているが、「カーネーション」以後の大阪局はそこそこよくやっている。これは伝記物、原作付きが増えたからで、要はオリジナルがあれば要諦部分はオリジナルから大幅には変えられないので、無茶苦茶なことにもなりにくいからだ。

あさが来た」などを見るにつけ、大阪局の姿勢根本的に改まっているのであれば、それに越したことはないのだが。


朝ドラはそれでも視聴率が高いんだから駄作でもいいんだよ説

20スパンで見れば決して高くはない時期もあった。今は他のドラマが落ちただけだ。1990年代2000年代には民放が30%のヒットを出している中で、20%とか、そういう数字さらに落ち込む傾向だったので、朝ドラ衰退説も根強かった。大河の落ち込みはさらに激しいけどね。「ゲゲゲの女房」がやはり潮の変わり目で、単に放送時間が変更になったというだけではなくて、「きちんとしたドラマをつくる」という当たり前の姿勢が見られるようになった。相対的NHKにおける朝ドラ位置けが高くなったと言えるだろう。


*超問題作純と愛」の位置づけ

あれは朝ドラセルフパロディ

元気いっぱいの女性主人公体当たりで道を切り開いていき、いつのまにか善人ばかりでなんとかなっている、という朝ドラ王道パターン特にまれ」的な現代物における)を徹底的にずらしたお話。私は全く駄作とは思っていない。朝から見たくないという気持ちはよくわかるけれど。

主人公自身典型的朝ドラヒロイン相手役がテレパスだというオカルト風味はあるけど、基本は困難に体当たりでぶつかる、という朝ドラ王道路線踏襲している。その結果がすべて裏目裏目に出るとなっているだけだ。かわいいし、善良だし、一生懸命なんだけど、うざいよね、普通はうざいよね、というのが現実的な扱われ方だろう。その現実と、現実デフォルメした悪意に焦点をあわせてる作品だ。沖縄の何島だっけ? どっかの離島コミュニティがしっかりしていそうな田舎なのに、主人公には友達が一人もいない。普通朝ドラなら友達100人できました、みたいに描くわけだけど、どっちがリアルなのかな、という視点問題だ。

全部裏目裏目、悪い方に悪い方に行って、救いのないエンディング。でも朝ドラは基本これと同じことをやっているわけだ。ポジネガの方向が違うだけで。

からこのドラマはそういう構造を楽しむとか、キャラクターたちがいか予定調和を裏切るかとか(武田鉄矢とかね。普通だったら何度も和解ポイントがあったのにことごとく振り切るってのも、あの世代、あの年齢のオヤジにむしろありそうな話)、そういう楽しみ方をすれば楽しいドラマだ。主人公兄弟や兄嫁のクズっぷりとか、動物園を眺める視点を楽しめるかどうか、それがこの作品評価の違いになるんだと思う。

あいずれにしても衝撃作ではありますよ。かなり特殊作品

これが大阪制作から出たってことはね、徹底して事なかれ主義だった大阪制作意識改革になったんじゃないかと思う。

2016-05-27

神話を失ったひとと失ってないひと

 つまりマイナス自尊心と言うべきなんだろうけれど、いわゆる「神話」みたいなものを持っている人は多数派であり、そして自分のように「神話」を失ってしまった人間というのは少数派なのだと思っている。

 つまり神話というのは誰かにとっての信じるに足る世界なのであり、自分自身根拠裏付けみたいなものなのであり、つまり自分世界価値存在すると信じられるだけの証拠みたいなものなのであって、そういうもの殆どの人は持ち続けているような気がするのである

 だからこそ、そういった人々は無邪気に生きていて、自分自身存在価値あるものであると思うことができて、大体今のまま生きることを望んでいる――そんな気がするのである

 勿論、これは歪んだ自己認識であり歪んだ世界認識であるわけで、つまり偏見なわけだけど、でも、そんな気がするのである

 自分に関して言えば、「神話」を失ってしまったのは僕が十五歳くらいの時で、確かその時くらいか阿呆みたいに文章やら文芸作品やらを書き始めていたと記憶している。その二つが完全にリンクしているわけでは無いにせよ、ある意味ではそれはシンクロしていたし、ちょっとした引き金のようなものになっていたのではないかと思っている。いずれにしても、僕にとってその時神話は失われてしまっていて、じゃあ神話が失われてしまった後の世界にはもう神話と呼ぶべきものは何一つ存在しないのかと言えばそうではなくて、新しく選ばれるのを待っている神話の気配がそこには息づいていて、でもそういうものに関しては僕は殆どの部分で拒否していて、ちょくちょく受け入れたりはするものの、基本的にはかつて存在していはしたものの今となっては失われてしまった神話回復と復権だけが生きる目的になってしまっていたわけで。というわけで、現在僕の世界には古い時代神話が少しだけ息を吹き返していて、そのお陰で僕は少しだけ安心して昔みたいな世界を生きることができているというわけなのであった。

 思うに、若いから今にかけてまともな恋愛ができなかったというのは、その所為もあるのかもしれない。つまり恋愛とは一種の「物語」の共有であると僕は思っているのだけれど、つまり、お互いが信じている何らかの価値とかそういうものを擦り合わせて、「あ、大体自分達の『物語』は同じっぽいぞ」というテレパスを感じた時点でまともな(世間では「まともだ」と思われている)恋愛というのが始まるということではないかと思っている。で、僕はそういう誰かと共有するべき物語というか神話というか何というかを持ち合わせていなかったので、どうにも自分の隣に立っている女の子が異星人か何かのように思えたりして、それでどうにも上手くいかなかったのではないか。いや、たくさんの女の子を愛したのだ。愛だけはたくさんあったのだ。僕の中には、新しく息づこうとしている神話が幾つか生まれつつあったのだ。でも、それは女の子たちが持っている物語とは全く違ったものだった。女の子が求めている物語と、僕の持っている神話というものは随分違ったものだったのだ、結局のところ。

 まあ僕が恋愛下手であるというそれ以上の結論存在しないんだけれど、それでも、同じような物語をお互いに「持っている」と感じることができたのであれば、その恋愛は割と上手くいくものなのではないか、とそんなことを思う。


 というわけで、僕は誰かと共有するあてのない物語を書き続けている。

 何かを失ったり、何かを手に入れたりする人々の話を書き続けている。

 それらが日の目を見ることはひょっとしたら無いのかもしれない。

 それでも、僕は書き続けている。

 それらの物語を、他の、誰かと共有するために。いつの日か、自分にも価値があったんだと思うことができるようになるために。


 神話を失っていないひと達へ。

2016-01-29

http://anond.hatelabo.jp/20160129131934

なぜこいつの無断転載はよくて転載BOTが駄目なのかが応用問題なんだろう

俺にも分からん

自作発言してない→俺はその画像がどこから来たのか知らんし転載BOT自作発言してないものは多い。

量の問題閾値どこや

リスペクト→応用問題ってテレパス問題ですか難しいです><

2013-06-05

まぁ、自分ダメSEですがw

http://anond.hatelabo.jp/20130604191150

自称WEBデザイナーさんへ

これ読んで「自称WEBデザイナー」さんに思わず同情。

これって、プロパーSE外注SEとの関係そのままなんだよね(苦笑)

自分外注SEで「自称WEBデザイナー」さんの立場になるんだけど、おそらく、このディレクターさんの指示の出し方だと同じ事をやらかすんだろうなと予想出来る。

何故なら、このディレクターさん、おそらく自分の指示した内容を自分で否定している。

本当によくあるんだけど、依頼通り、あるいは完全に指示通りに仕上げて持って行くと、不思議なほど怒り出すプロパーさんっているんだよね。

こっちは外注だし力も無いから、素直に「申し訳ございません。直させていただきます」と引き下がるしかないんだけど、時々、

それアンタの指示通りにした結果だよ?

と指摘したいのを黙るしか無い場合が本当に多い。

もしかして、上がってきた成果物を見てから考えてませんか?と、俺はこのディレクターさんに言いたいね

辛辣になるけど、そういうやり方は自分の身内同士なら問題無いけど、外注相手だと必ず失敗するよ?と言わせていただきたい。

相手の意志を汲み取る事と、テレパスを一緒にしないでねwww

ダメSEの癖に偉そう?でも本当にそんなもんだよ。

2008-08-16

脳内盗作疑惑

暇な時にマンガみたいな設定を考えて一人で妄想してるんだけど、

一度自分の妄想にあまりにもそっくりなマンガを見てびっくりしたことがある。

要人物の外見や性格だけじゃなくて、名前やあだ名ストーリーまでかぶってて

自分がサトラレなんじゃないかとか作者はテレパスなんじゃないかとか

実際にはありえないことまで考えて怖くなった。

似てるー! とか喜ぶレベルじゃなくてオカルトの域に達してた。

一体なんだったんだろう。少女マンガかぶれにはよくあることなのかな。

2008-04-28

http://anond.hatelabo.jp/20080428143048

「俺はテレパスだから断言できるが」なんて奴が現れても困るけどな(w

この増田の言ってることはおかしいよね、明らかに

http://anond.hatelabo.jp/20080426111940

  • 他人の頭の中を覗く力を持ってるテレパスじゃない限り、あるいは、ヒトはその脳内妄想をすべて話してくれるはずという思い込みを持っていない限り、A君がどんな妄想を持っていてB君がどんな妄想を持っていないなんてことが言い切れるはずがない。

見ず知らずの人と性交する妄想を持ってる男は自分のまわりではいない。ドラマ漫画のだってたいていは近い関係との妄想だし、世の中で見ても多くはないはず。こういう話題だと自分と一般男性の区別ができない人が回答しがちなのが困る。

あ、ちなみにボクの性的妄想の中では、リアルの知り合いも見ず知らずの女の子も出てきますよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん