「精神障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 精神障害とは

2022-05-22

anond:20220522135341

なんらかの精神障害なんじゃねえの?

ありえないよ

2022-05-20

少子化や無敵犯罪者化の原因は恋愛力不足なんですか?

個別の例を見ていくとそんなことなくないですか?

 

まず秋葉原トラックで暴れた加藤は、中学生の頃に彼女がいましたよね。

その彼女とは毒母に無理やり別れさせられ、毒母から異常な教育を受けて、精神障害になったことが問題でしたよね。

これ恋愛力不足とは何も関係なくて、「異常な母親が息子を虐待していても行政の介入リソースが足りてない」というのが一番の問題で、

次に雇用環境問題って感じでしたよね。

というか成人した加藤も親しい女性がなんだかんだでいましたよね?

彼べつにあらゆる女性から無視されてる非モテとかじゃなかったですよね?

そもそも中学生彼女いるのって、平均より早くないですか?

恋愛力」、不足してないですよね?

我田引水やめてください。

 

あと小田急サラダ油氏も、非モテどころかサッカー部の人気者→ナンパ師でしたよね。

高校同級生証言で、高校時代運動神経抜群で人気者の長身イケメン陽キャだったことがわかっていますし、

大学時代テニスサークルで、その後は職が不安定ナンパ師化していった。

これ、問題は「恋愛力不足」ではないですよね?

しろコミュ力ワンチャンに特化しているために続かないことが問題で、

あとは雇用環境問題もありましたね。彼、生活保護になっていたので。

高校時代陽キャで、理系のそこそこ高学歴で、ナンパ師になるような人間でも、

生活保護になりうるし、生活保護生命保証されていても人は小田急線にサラダ油をまくということですよね。

とにかく「恋愛力」とやらは関係ないですよね?

我田引水やめてください。

 

京王ジョーカー彼女がいましたよね。

別れてしまったとはいえラブラブプリクラを撮るような関係を一度は築いているわけですから

ジョーカー化の原因は恋愛力不足であるとは、これも言い切れなくないですか?

証言を見ていくと、コールセンターで働いているとき服部容疑者が悪いわけではない客とのトラブルについて

服部容疑者のせいにされて丸く収められたことへの憎悪などが

無職化→無敵の人化の引き金になっていますよね?

あとコールセンターの前に漫画喫茶で働いていたのを、

シャワー室を盗撮したことが発覚してクビになっていますけど、これも「恋愛力不足」とは違うんじゃないですか?

我田引水やめてください。

 

あと附属池田事件宅間守バツ4ですよね。

こんなに頻繁に結婚する男性、います

恋愛力不足」とは到底言えないですよね笑

我田引水やめてください。

 

個人的な話を付け加えますけど、親族の中で一番問題起こしている40代男性が、

恋愛力不足」どころかバツ2で子供1人なんですよね。

発達か精神かの障害あると思いますよ。

それで職が安定せず、金銭トラブル複数回起こし、親戚に借りた金を踏み倒して、生活保護になりました。

でも言うてバツ2ですからね。「恋愛力」とやらは足りているんじゃないですか?

こいつの問題は「恋愛力」が不足していることじゃなく、セックスだけ楽しんで、

まれ子供にかかる費用や親としての責任などを取る能力が一切なく放り投げて、

元妻に全部担わせたあげく、自分の遊ぶ金を親族に借りて踏み倒しているところですよね。

こういう人間がしたいのは結局、セックスと遊びだけですよ。

恋愛力なんか鍛えても、無責任無能被害に遭う母子が増えるだけです。

不足しているのは親としての能力ですよ。つまり育児家事能力であり、稼ぐ能力であり、親としてのマインドです。

から必要なのは雇用環境の整備と職業訓練生活支援ですよ。

 

京アニ放火した青葉真司についても、恋愛教育さえ受ければなんとかなったとは思えないですね。

青葉真司の祖父自殺

青葉真司の父は6人子供を作ったあと、17歳年下の女と不倫駆け落ちして3人子供を作る。

不倫相手17歳年下の女(青葉真司の母)は失踪し、現在は別の男と結婚

青葉真司の父も自殺。(17歳年下の女と不倫駆け落ちするほど「恋愛力」はあったのに自殺!)

青葉真司の妹も自殺

さて、彼が追い詰められた原因は恋愛力の不足でしょうか?

しろ恋愛力は(不倫するほど)高いし、子供を合計9人作るほど繁殖力は高いが、親としての能力が低い人間」の被害者ではないでしょうか。

 

登戸通り魔事件も、犯行後に自殺するという無敵の人犯行でしたが、

岩崎隆一容疑者は4歳の頃に両親が離婚して父親親権を持ち、

父親実家に預けられるが父親がすぐに蒸発

置き去りにされた岩崎容疑者父親実家の人々に邪魔者扱いされて育った、というのが原因でしたよね。

カリタス小の子供たちが狙われたのも、両親が揃っている同居のいとこは学費の高いカリタス小に入れてもらえて、

蒸発男に押し付けられた邪魔者である岩崎隆一公立小だった、という待遇の差が憎しみになったからでしたよね。

恋愛力」どうこうの話ではないですよね?

しろ恋愛中出し出産だけはできるがまともな親にはなれない無責任な両親」の被害者だったのではないですか?

 

無敵犯罪者は、恋愛力だけは足りている社会不適合者」や、そういう親の被害であることが多くないですか?

ちょろい女を手籠めにすることはできても、上司(同性であることが多い)とトラブルになってすぐ辞めるような、

「性が絡まないコミュニケーション」でむしろ失敗して貧困になっているタイプが多くないですか?

原因は発達か知的か、診断が難しいタイプの脳の障害先天的にあって、本人も苦しいし周囲はマジで迷惑してるという、

そういうタイプが実際のところ多数派じゃないですか?

で、このタイプ恋愛というか性については積極的じゃないですか?

女性尊重する奥手なタイプどころか、グイグイ行き過ぎて性犯罪スレスレみたいな人間のほうが多くないですか?

無敵犯罪が起こるたびに「恋愛力を国が支援しろ」みたいな意見を言う人いるけど、関係ないですよね。

 

父親適性は高く、本人も結婚育児希望しているのに、女性ビビッてしまう」

こういう人はそもそも無敵犯罪者とは何も関係がないので、無敵犯罪者と絡めて恋愛支援云々を語るのは、

的外れかつ不当な犯罪者予備軍呼ばわりであり、「失礼な馬鹿」にも程があるんじゃないですか?

また、生育環境における重い問題先祖代々の自殺、子捨て、虐待等)を無視して「恋愛教育があれば事件は起きなかった」かのように解釈するのは

強烈な矮小化であり、ただの我田引水を超えて「当事者への侮辱のようにすら感じますね。

 

あと去年ですけど30代の元同僚が電車に飛び込んで死んだみたいです。

死んだのは去年で、知ったのは今年に入ってからでしたけどね。

彼は既婚で、当時3歳・現在4歳になったはずの子供がいましたよ。

既婚男性ならわかると思いますが、妻子って、「男性のあらゆる問題解決してくれるマジカアイテム」ではないんで。

しろ仕事が辛い場合は妻子の存在プレッシャーを増大させて男性をより死に追いやる場合もあるんじゃないですか。

妻子さえ与えられれば男性問題解決するみたいな言い様は、宗教だと思いますね。

実際のところ労働環境のほうが男性にとって重い問題だと思いますよ。

anond:20220520121424

性嫌悪者=知的障害発達障害精神障害のせいで生きづらいのを異性が悪いせいにして自分を納得させている攻撃的な弱者だけど、

ミソジニスト馬鹿にせずにミサンドリストだけ馬鹿にするのはお前がミソジニストから

2022-05-17

白人至上主義ちょっと考えてみた

白人至上主義wikipediaで見ると、

白色人種がそれ以外の人種より優れているという理念」とあった。

それはいから始まったのか。

概ね、大航海時代あたりからのようだ。

それ以前は、自民族中心主義外国人嫌悪はあっても、「人種」という概念存在しなかったらしい。

その大航海時代あたりの事を考えると、白人世界各地に繰り出し、植民地を作ったり、現地人を騙して

白人優位な契約などを結ばせ、白人が現地人(白人以外)から搾取しまくった。そらあ儲けは凄まじかったろう。

アメリカ大陸なんぞは白人の居なかった世界。現地人を騙して搾取し、ついには領土まで全てもぎ取ってしまった。

その頃の日本は、世界雰囲気を察してか鎖国を行う。奴らと仲良くしていればロクな事にならんと判断した訳だ。

現地人を騙して搾取する。当時それが容易に行えた(それなりの失敗や抵抗もあったろうが)と言うことは、つまり

白人が優れていた。と言ってもいいのではないだろうか。

その当時において、白人至上主義はたんに事実を元に語られ始めたのでは無いだろうか。

そもそも教育軍隊規律など当然、黒人国家アジア人国家より優れていたのであろう、そういうものを背景に

有利に立ち回って来たのだから、当たり前といえば当たり前の話ではないだろうか。

人類誕生アフリカのどこかと聞く。そしてそれは黒人であるとも聞く。

その頃は、単なる動物であった人類祖先は、ある時からヒトとして動き始める事になるけど、想像するに最初人類

やや動物寄りであったんだろうという想像は当たらずとも遠からずのように思える。

現代でも黒人運動能力が高いとされている。体もデカいし、力もあるだろう。身体能力を生かして厳しい自然の中で

勝ち抜き、生き抜いてきたはずだ。その当時の各個人評価は、力が強い、獲物をたくさん取ってくる、子供を沢山産む、

などなど、そういった人間動物的な能力評価されていたに違いない。その能力アフリカから世界に広がっていった。

黒人達の動きがなければ、今の人類は成り立たない。そういう意味では白人アジア人黒人感謝しなくてはならない。

黒人が全世界渡り、色々と枝分かれしていく。人類はどんどん進化していく。

その進化の際に、文明が生まれ現代定義しただけの話であるが、世界四大文明が生まれる事になる。

そこには黒人文明は無い(これそのもの黒人差別なのかもしれない。文化文明的なものが全く無いとは思えないし)

黒人以外の視点から見ると、近代文明を作り上げ、知恵で世界を切り拓いていったのは白人アジア人である

であるならば、やはり白人至上主義中華思想のようなものは単なる当時からすれば事実しか無いように思える。

黒人白人アジア人、どの人種が優れているのか。

人類誕生してからのしばらくは黒人が優れていたのは間違いない。黒人しかいないし、その黒人世界に広がらなければ、

現代白人アジア人もいない。間違いなく黒人は優れている。優れていないのならば、地球上に生まれては絶滅していく

様々な動物の1つでしか無かった事になってしまう。ご先祖様を敬う宗教があるのであれば黒人感謝しなくてはならない。

しかし、様々な文明世界各地で起こり、融合、分離、していくうちに黒人の影は薄くなっていく。

身体能力のものはそれほど重視されなくなっていく。各個人能力評価は、体力だけでなく知恵が重要になってくる。

体力だけでは他の文明国家には太刀打ち出来なくなってくる。知恵がなければ、武器作戦で勝てないし、騙されもする。

大航海時代より、本格的に非白人国家搾取される事になるのは知恵の問題である。(知恵の足りない白人国家搾取されるが)

体力、武力を知恵により上回る白人国家の天下になっていく。

こういった面において、白人は優れているといえる。

現代では、白人国家搾取されていない非白人国家は無いと言えるくらい、白人国家成功しているのではないか

どっかで何かのコピペ的なものを見た。

古代では、力や体力が全てなので、体に障害を持つものは一人前とは見做されなかった。

知的障害精神障害などの概念が無かった。パワーこそが全てなのだから

中世では、知恵が重要になって来たので(体力は当然として)、知的障害を持つものは一人前と見做されなかった。

知恵が重要なので、精神的なナニは重要視されない。現代になって、偉人とされている誰それは〇〇障害では無いのか-

などという話はよく聞く話である精神的な情緒より、知恵が重要視されていたのでは無いだろうか。

時代が進むとともに人類として様々な能力が備わっていないと、一人前と見做されなくなっていく。

現代になって、発達障害適応障害などという言葉が出てきた。昔から症状はあったんだろうが、現実には変わり者、頑固者、

気弱な人、大人しい人、まあああいう人だから、という認識でさほどカテゴライズされる人達では無かったように思える。

まり現代では、体力+知力+他者とうまくやる能力が求められている。これがセットで揃っていないと一人前と見做されない。

こんな話を見た時、白人至上主義と何かがリンクしたように思えた。

古代優位の黒人、パワーこそが全て

中世優位の白人搾取こそが全て

中世以降、現代まで白人優位の時代が続くものの、搾取の網も世界中に広がり簡単には行かなくなってきた。

強い搾取者が弱い搾取者を取り込んでいく、搾取していくにも限界が近いのではないか

国家他国家を搾取していくにも限界が近いのではないか

限界が近い為、国家内でも喰い合いが続き、上が下を食い尽くす。その先に何があるのか。

中世はずっと続くのであろうか。

この先、いつか時代が変わる。その時、必要になる優位差はなんなのか。他者とうまくやる能力では無いだろうか。

白人国家黒人国家に比べ、アジア人国家歴史が長いように思える。様々な事に巻き込まれ、流されながらも国を

維持してきた。それはつまり他者とうまくやってこれたからではないか

少々乱暴ではあるが、これからアジア人時代では無いだろうか。

それを敏感に感じている白人どもが暴れてるんじゃ無いだろうか。

白人至上主義、それが事実である時代が続いて欲しいのでは無いだろうか。

今後は、日本中国インド中東イスラム国家世界を席巻していくのでは無いだろうか。

日本白人国家にヘイこらしている場合なのか。中世を続けたいのか。もっと未来を見た方がいいのでは無いだろうか。

中国インドイスラム国家はずっとずっと未来投資しているように見える。

白人至上主義ちょっと考えてみた

白人至上主義wikipediaで見ると、

白色人種がそれ以外の人種より優れているという理念」とあった。

それはいから始まったのか。

概ね、大航海時代あたりからのようだ。

それ以前は、自民族中心主義外国人嫌悪はあっても、「人種」という概念存在しなかったらしい。

その大航海時代あたりの事を考えると、白人世界各地に繰り出し、植民地を作ったり、現地人を騙して

白人優位な契約などを結ばせ、白人が現地人(白人以外)から搾取しまくった。そらあ儲けは凄まじかったろう。

アメリカ大陸なんぞは白人の居なかった世界。現地人を騙して搾取し、ついには領土まで全てもぎ取ってしまった。

その頃の日本は、世界雰囲気を察してか鎖国を行う。奴らと仲良くしていればロクな事にならんと判断した訳だ。

現地人を騙して搾取する。当時それが容易に行えた(それなりの失敗や抵抗もあったろうが)と言うことは、つまり

白人が優れていた。と言ってもいいのではないだろうか。

その当時において、白人至上主義はたんに事実を元に語られ始めたのでは無いだろうか。

そもそも教育軍隊規律など当然、黒人国家アジア人国家より優れていたのであろう、そういうものを背景に

有利に立ち回って来たのだから、当たり前といえば当たり前の話ではないだろうか。

人類誕生アフリカのどこかと聞く。そしてそれは黒人であるとも聞く。

その頃は、単なる動物であった人類祖先は、ある時からヒトとして動き始める事になるけど、想像するに最初人類

やや動物寄りであったんだろうという想像は当たらずとも遠からずのように思える。

現代でも黒人運動能力が高いとされている。体もデカいし、力もあるだろう。身体能力を生かして厳しい自然の中で

勝ち抜き、生き抜いてきたはずだ。その当時の各個人評価は、力が強い、獲物をたくさん取ってくる、子供を沢山産む、

などなど、そういった人間動物的な能力評価されていたに違いない。その能力アフリカから世界に広がっていった。

黒人達の動きがなければ、今の人類は成り立たない。そういう意味では白人アジア人黒人感謝しなくてはならない。

黒人が全世界渡り、色々と枝分かれしていく。人類はどんどん進化していく。

その進化の際に、文明が生まれ現代定義しただけの話であるが、世界四大文明が生まれる事になる。

そこには黒人文明は無い(これそのもの黒人差別なのかもしれない。文化文明的なものが全く無いとは思えないし)

黒人以外の視点から見ると、近代文明を作り上げ、知恵で世界を切り拓いていったのは白人アジア人である

であるならば、やはり白人至上主義中華思想のようなものは単なる当時からすれば事実しか無いように思える。

黒人白人アジア人、どの人種が優れているのか。

人類誕生してからのしばらくは黒人が優れていたのは間違いない。黒人しかいないし、その黒人世界に広がらなければ、

現代白人アジア人もいない。間違いなく黒人は優れている。優れていないのならば、地球上に生まれては絶滅していく

様々な動物の1つでしか無かった事になってしまう。ご先祖様を敬う宗教があるのであれば黒人感謝しなくてはならない。

しかし、様々な文明世界各地で起こり、融合、分離、していくうちに黒人の影は薄くなっていく。

身体能力のものはそれほど重視されなくなっていく。各個人能力評価は、体力だけでなく知恵が重要になってくる。

体力だけでは他の文明国家には太刀打ち出来なくなってくる。知恵がなければ、武器作戦で勝てないし、騙されもする。

大航海時代より、本格的に非白人国家搾取される事になるのは知恵の問題である。(知恵の足りない白人国家搾取されるが)

体力、武力を知恵により上回る白人国家の天下になっていく。

こういった面において、白人は優れているといえる。

現代では、白人国家搾取されていない非白人国家は無いと言えるくらい、白人国家成功しているのではないか

どっかで何かのコピペ的なものを見た。

古代では、力や体力が全てなので、体に障害を持つものは一人前とは見做されなかった。

知的障害精神障害などの概念が無かった。パワーこそが全てなのだから

中世では、知恵が重要になって来たので(体力は当然として)、知的障害を持つものは一人前と見做されなかった。

知恵が重要なので、精神的なナニは重要視されない。現代になって、偉人とされている誰それは〇〇障害では無いのか-

などという話はよく聞く話である精神的な情緒より、知恵が重要視されていたのでは無いだろうか。

時代が進むとともに人類として様々な能力が備わっていないと、一人前と見做されなくなっていく。

現代になって、発達障害適応障害などという言葉が出てきた。昔から症状はあったんだろうが、現実には変わり者、頑固者、

気弱な人、大人しい人、まあああいう人だから、という認識でさほどカテゴライズされる人達では無かったように思える。

まり現代では、体力+知力+他者とうまくやる能力が求められている。これがセットで揃っていないと一人前と見做されない。

こんな話を見た時、白人至上主義と何かがリンクしたように思えた。

古代優位の黒人、パワーこそが全て

中世優位の白人搾取こそが全て

中世以降、現代まで白人優位の時代が続くものの、搾取の網も世界中に広がり簡単には行かなくなってきた。

強い搾取者が弱い搾取者を取り込んでいく、搾取していくにも限界が近いのではないか

国家他国家を搾取していくにも限界が近いのではないか

限界が近い為、国家内でも喰い合いが続き、上が下を食い尽くす。その先に何があるのか。

中世はずっと続くのであろうか。

この先、いつか時代が変わる。その時、必要になる優位差はなんなのか。他者とうまくやる能力では無いだろうか。

白人国家黒人国家に比べ、アジア人国家歴史が長いように思える。様々な事に巻き込まれ、流されながらも国を

維持してきた。それはつまり他者とうまくやってこれたからではないか

少々乱暴ではあるが、これからアジア人時代では無いだろうか。

それを敏感に感じている白人どもが暴れてるんじゃ無いだろうか。

白人至上主義、それが事実である時代が続いて欲しいのでは無いだろうか。

今後は、日本中国インド中東イスラム国家世界を席巻していくのでは無いだろうか。

日本白人国家にヘイこらしている場合なのか。中世を続けたいのか。もっと未来を見た方がいいのでは無いだろうか。

中国インドイスラム国家はずっとずっと未来投資しているように見える。

anond:20220517215246

障碍者雇用してる会社ってどこにあるの?

JR車いす労働者は居ますか?

京アニ精神障害雇用はありますか?

日本障碍者雇用って実際として存在しているの?????

anond:20220517043541

生活のグレードがどうこう言ってたじゃん何言ってんだ?

生活保護受けりゃとりあえずは生活はできる

日常ちょっとした贅沢も自炊さえできれば出来る

発達障害鬱病などの精神障害自炊したりが厳しいならそれも支援してもらえ

 

下記は家事援助サービスの例 ↓

障害福祉サービスを利用してヘルパーさんに来てもらうことに

市の相談支援事業所相談したところ、生活の自立能力が低いということでヘルパーさんが派遣されることになりました。最初の月2回からだんだん増やして、今月からは週2回の計4時間になります

 

私の場合は、料理を主にお願いすることにしました。材料適当野菜や肉を買っておきます。それが難しければ買い物に同行してもらうことも可能です。

 

ヘルパーさんが来たら、一緒に冷蔵庫を見ながら「今日小松菜ベーコンいためにして肉は唐揚にしよっか」という風にヘルパーさんに案を出してもらい作ってもらうものを決めていきます。そのときに古くなった調味料ダメになってしまった肉や野菜など、冷蔵庫腐海を整理してもらうこともあります

 

あとはおしゃべりしながらヘルパーさんがメインで料理を作っていきます。毎週決まった日に4~5品の作り置き料理を作ってもらうことで、「あと3日間は何もしなくてもごはんがある」と思うことができるようになり、ものすごく心が軽くなりました。

 

それまで、疲れたときはお惣菜を買ったり、冷凍食品に頼っていましたが、コンスタント手作り料理が食べられるようになり、罪悪感が減って心が明るくなってきました。

 

娘は味覚が敏感なので、「ママが作った料理が食べたい」と言うこともあります。これだけ料理負担が減ると、ストックがなくなった日にリクエストされた料理を作る余裕もできてきました。それにヘルパーさんが作る料理にもだいぶ慣れてきたようです。今では、料理が出来上がったらすぐ味見に来るほどになりました。

 

また、うちの場合は、ヘルパーさんが来てる間に見守ってもらいながら掃除をすることにしました。そうすると過集中を起こすことを避け、掃除をすることができることに気づいたのです。

https://h-navi.jp/column/article/35026375

ADHDうつ病で、今の私は掃除ができない、料理作れない、お風呂に入れない。

保健所の人が家を訪問して必要判断されれば、ヘルパーさんが来て掃除料理の作りおき、お風呂に入るとき家にいてくれて、保健が効くから月3000〜4000円でお願いできるという。こういう行政支援、知らない人多いと思う

2022-05-16

うわー村上隆後見人になろうとしてんの?マジで怖すぎるでしょ

発達障害とか境界知能とか精神障害とかどんどん尾鰭背鰭ついててクソわろえるわ

2022-05-15

anond:20220515185713

増田が書いた内容は『お外に出るとか人と話すが主目的になってる』になってるよ

そもそもデイケア自体がそういう性質のものだし

精神科デイケアとは?

精神科デイケアとは、分かりやすくいうと「精神障害のある方が安定した日常生活社会復帰目的とした通所型リハビリテーション」のことです。精神科デイケアでは、精神疾患の再発防止や生活リズム改善、対人関係スキル向上などを目的に、人との交流や各種プログラムへの参加など通じて、リハビリテーションを行っていきます

 

お外に出る・人と話すが問題無いと医師判断されている、自己認識出来ているなら、

デイケアじゃなくて就労移行訓練とかすると思う。就労移行訓練の中でもソーシャルスキル(対人スキル)の向上がどうたらってやるぞ

これも良い悪いについては言及しないがこういうことやるみたいね

 

anond:20220515065358

利用できる状態にあるのに利用していないのならそれは利用していない人間責任でしょう。

判断能力問題がある人にそりゃ無茶な話だろ

そもそもAV風俗もやる必要がない豊かな先進国でわざわざやってるような人たちなんだから

からこそ、発達障害知的障害精神障害アウトリーチ活動が盛んなんでしょ

 

ちなみに、後見人が付くレベルの想定は極めて厳しいよ。『事理を弁識する能力を全く欠く』人が対象

日常行動で言えば、食事の用意が出来ない、買い物ができない、計算ができない、人間認識できない、売買対象物が何なのか答えられないみたいなのが

『事理を弁識する能力を全く欠く』

 

いちばん想定の緩いの補助人付く『判断能力が不十分』レベルですら厳しいぞ

統合失調措置入院するレベル・軽中程度の認知症(金融業から金を借りまくったり)が補助人が付くことが想定されるレベルだよ

 

そこまでの緊急性は無いけど情弱ビジネスに食い物されがちなレベル保護ときましょってことだろ

 

ただ、何度でも書くけど、文明人なら『ひとりの人間が考え自己決断したこと尊重する』という建前は守らないといけない

なのでよく実名IDが出る場で言えるなぁとは思うよ

判断能力問題があることが原因で被害にあってしまう人が1人でもいるなら見過ごす事はできない』って体裁にすべきだったね

その昔、認知能力に凹凸がある上に無学な人たちの命は軽かった

でも2022年先進国では違う

分け合う食べ物があり、子どもを売ったり・売血しなくとも仕事はあり、どんな知的水準でもそれなりの生活が営めるようになった

それが豊かな文明社会

 

なんかいろいろ葛藤を抱えているのか定期的に勉強ガースキルガーとか言ってる増田もいるが、

そんなん老人になってからの身の振り方・備えの話であって、今、今、今、の話では無い

日本は豊かな文明社会なので身心にトラブルを抱えていなければ何したってある一定の年齢まではメシが食えるのである

そして、何らかの事情で身心トラブルを抱えたり、予期せぬ災害に巻き込まれた時のために、

生活保護をはじめとするさまざまな社会保障制度(セーフティネット)もある

まり文化的で最低限度の生活送ることが日本では誰もが可能なのだ

 

でもどういうわけだか、現実ではそうなっていない

 

能力に極端な凹凸があったり、知的な困難を抱えていたり、親ガチャで大ハズレを引いたりで、

健康を損なうようなことをされられていたり、テキトーな職からも、セーフティネットからも、

漏れしまったりする人は2022年先進国にもいるのだ

 

そういう人たちに向けて近年盛り上がっているのが、

アウトリーチ活動(支援必要であるにもかかわらず届いていない人に対し、積極的に働きかけて情報支援を届ける)な

アウトリーチ活動やっている自治体施設NPO個人の質はさまざまなのでここでは言及しないが、

まぁ興味があるなら適当に調べてどうぞ

 

キーワード例:

  

 

ちなみなのだが、ITはある一定の年齢(老人)までは何となくメシが食えるの代表である

ただ、認知能力に極端な偏りがあったり、批判的思考力を持たない人は、

情弱ビジネスに食い物されがちなので自衛はした方がいいよとは思う

 

自己満足で書いたのでオチは無いです

2022-05-12

anond:20220512175233

anond:20220512200550

まあ知能障害精神障害人格障害等の有無に比べれば容姿の高低なんて人生幸福度において大した影響は無いというのはわかる

2022-05-06

ツイッターで暴れてるの女はたいてい専業主婦理解のある彼くん装備の精神障害診断書持ちだと思ってるんだけど。無敵の人なんだから戦っても無駄では。

anond:20220506015622

おかしいと思えるのならおかしくはないのでは?

catch-22じゃないけどな

 

精神障害にかかっていることを理由除隊を申し出ると、『自分自分のことを精神障害判断できるということは精神障害ではない』と判断されて除隊を認めてもらえない

2022-05-02

アマゾン長文レビューって誰が読むの

長すぎん?これ全部読む人おるんか

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3ILEH6QT58JQ6/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00FIWCWI8

めちゃくちゃネタバレします。

超ご注意下さい。

この映画ネタバレちゃうダメ映画です。

クワクは取っておいて下さい。

。。

。。。

最初『実話を基にした映画だ』って聞いてたから、

ソ連諜報員KGB⁇)とのカーチェイス』や、『米国爆弾が仕掛けられました。』とか、『米国への侵入ルート』みたいな話しになった時、

『え???? んな話し聞いたこと無いけど⁇⁇』自分達が知らないだけで、そんな『アルカポネ時代マフィアとの抗争』みたいな、秘密裏の激戦が繰り広げられていたんだろうか…⁇

『いや、流石に"映画"だからか??』

脚色⁇⁇

とか思ってたら、、、

騙された笑笑

この野郎…ww

まあ楽しかったよ笑笑

しかエド・ハリスいねぇ〜。

自分の中では『ザ・ロック大佐』『トゥルーマン・ショーディレクター』とかのイメージがあるけど、

この人って頭良さそうで、凄い綺麗な目をしてるから、なんか『悪人』に見えないんだよね。

なんか訳があって『悪人』してる人。

みたいな。

個人的にメリッシュ出てるの良かったです。プライベートライアンの。

この人好き。

しかし初めて『ラッセル・クロウってスゲーんだな…』って思った。

中々出来ないよこの役と、この演技。

赤ちゃんお湯に浸けて、窓ガラスバンバン叩いて、

『誰々に子守を頼んだ、誰々に子守を頼んだ』みたいな事言ってんのとか、

マジで発狂たかと思った。

あと病み上がりから子供も居るのに、

奥さんに世話して貰って、足引きずりながら、あの中年がせっせと大学行く姿の物悲しさ…泣

しかもそれを後ろのバカな『自分よりずっと若い大学生』にバカにされてる…とか、、

しかも超差別的なやり方で…汗

あれは悲しいし、あの哀愁を漂わせたラッセル・クロウは本当に凄いと思った。

またあのシーンに、あの人の今までの人生の全てが要約されてると思う。

統合失調症で、幻覚幻聴が聞こえてるのは、多分『24人のビリーミリガン』の『多重人格症状』と、かなり似ているケースだと思う。

多重人格複数人格は、大抵

自分がこうなりたい自分』て願望が強く反映される…って聞いたことある

例えばビリーミリガン場合

親父から虐待されまくった上に、

そのクソ親父が『縄で吊るし上げの拘束をする』異常暴力者(多分極度のサディスト)だったから、

人格の1つに『縄抜けの達人』てのがいる。

他にも『ナンパが上手いやつ』とか、

営業能力が高いやつ』とか、

気品のある英国人』とか、

場面、場面に分けて、色々な人格が用意されている。

ラッセル・クロウ演じる『ジョン・ナッシュ』の『ルームメイト』も、

エドハリスも、

彼にとって『必要だった』んじゃなかろうか??

幼少期とかに子供自分の持ってる大切な『お人形さん』に、

名前を付けたり、お話ししたりする、

『イマジナリーフレンド(完全に妄想場合もある。)』ってヤツで、結構一人っ子』の『女の子』に多い。

『本や授業に出る暇はボクには無い』ってのも、あの集団の場では、極端な疎外感に苛まれるんじゃなかろうか。

実際以前海外で、『自閉症ピアニストの子供がテレビに出ていたんだけど、

幼稚園学校に行くのは、宇宙人集団にほっぽり出されてる気分だった』って話してた。

本人は『どうしてもピアノが弾きたい』のに、

「今はお絵描き時間ですっっ‼︎‼︎」

つって怒られてたのに対して、

『プリーーーズッッ‼︎泣』とかって泣き叫んでた。

ジョン・ナッシュも、この子も、

自分が一番好きな分野(時間)』

が、教授世間話しや、特に興味の無い討論とかで潰れるのが我慢ならないんだと思う。

『分かんない』だよ。仕方ない。

『分かろうとしない』んじゃないんだもん。

『それしか無い』んだよ。本当に。

から多分、尚更『めちゃくちゃコンプレックス』が強いんだと思う。

劣等感むちゃくちゃ強いからこそ、

自分には無いものを沢山持ってる"生徒"』に対して『嫌悪感』みたいのが強く出て、『バカにしたような態度』を取ってたんだと思う。

『お前らにはどうせこの問題は分かんないだろ??笑』みたいな。

だけど結局『人前で話すこと』も、

『自信』も無いし、尚更『劣等感』が強くなっていって、

あの自室に籠るようになってったんじゃ無いかね…、、

から多分『数学しか無い』この人が、自分正当化させるには、

あの妄想世界しか無かったんだと思う。

まあただ、実際あの『妄想世界』の方が面白そうだし笑笑 自宅近くの納屋の中の秘密基地みたいな奴とか笑笑

ちなみに昔自分精神障害を患った人の福祉施設で働いてたことがあるんだけど、

やっぱ中には、この映画主人公

『負けず劣らず』凄い人がいる笑笑

例えば、弁護士会医師会の『名簿リスト』の『チェック作業』てのがあって、

どちらも、専門・所属所在地・勤務地・電話番号・年齢・名前出身校、、、みたいな感じで、A4くらいの紙に、超細かく、嫌んなるくらいビッシリ情報が羅列されてんだけど、

それにたまに『印刷ミス』があって、

それを逐一チェックしなきゃなんないんだけど、

ある利用者さんは、

そのタウンページの『清書前の原稿』みたいな奴を、

5×5ぐらいに床とかに綺麗に並べて、

手元に『正しい見本の用紙』を手にすると、

だいたい10秒くらいで、

「あ、ここ間違ってます…」

とか言って『一文字だけ数字が違うヤツ』とか、名前がズレてるヤツとかを、かなり高速で、超正確にやる人が居た。

これが逆にコンピューターが無理で、

最終的に『人』しか居ないんだけど、それやれる人がその人しか居なくて、

その利用者さんは、その施設で、

『その仕事しかして無いんだけど、

バックが『弁護士会』と『医師会』とかだし、超正確無比なもんだから

月に20万以上貰ってた。

オレは側から見てるだけで発狂するくらい興味も無いし、やりたくもない作業だったから、マジでその人は『神』

だと思った。

この『ビューティフル マインド』観た時は『モロにそれ思い出した』笑笑

まあ一種サヴァン症候群のようなもの…てかサヴァン症候群だろ笑

瞬間記憶で超正確な絵が描ける人とか、、、

ちなみにこの症状、

『人と接する』事で、能力が弱くなったりするそうです。

『満足』しちゃうんだろうね。

人間は『承認欲求』はどうしてもあるんだよ。『役に立ちたい』とか。

この映画でも結局『数学』が主人公を救ったんだけど、実際は『生徒(てか同級生)』が彼をまた『教鞭の世界』に連れ戻したんだと思う。

ちなみに実際には奥さんとはこの頃既に離婚してるらしいので、私は彼を救ったのは、『同じ学び舎に居る生徒(学生)』だと思っています

日本大学だったら例え『東大』でも、生徒の質がクソ過ぎてこうなって無かったか笑笑

また、この手の『病気』は、『脳の神経回路』や『脳内物質』の影響がほとんどなので、

『とにかく薬を飲まないと』良くなりません。

躁鬱の人がこの映画と同じく『自己判断で急に薬を辞めたり』して、

結果更に悪化したり、特に躁状態』の時に『薬を辞めたり』するので、

最悪マジで飛び降りちゃったり』します。若しくは『飛び込ん』じゃったり。

また日本文豪の『芥川龍之介』も、晩年は『見ると死ぬ』と言われている『ドッペルゲンガー』に悩まされて居たらしいんだけど…、、

自分そっくりドッペルゲンガーを見た者は死ぬ』。ってめちゃくちゃ有名な昔から伝説なんだけど、

自分はただ単に、

『多分脳(若しくは精神)が完全に限界を超えてオーバーヒートしちゃってる人』がただ単に『幻覚』として見るんだと思う。

昔は『脳の知識』や『精神知識』なんて、特に無いしね。医学も薬も発達して無いし。

脳の角度は、僅か数%違うだけで、偉い支障が出る。

ってんだから、まあ人ごとじゃ無いんだけどね。

要は恐らく、『実は我々にもこの能力は備わっているんだけど、普段は脳がそれを"敢えて制御してる"状態』なんだと思う。

こんな風にやたらめったら脳にとめどなく情報が入って来たら『キツい』でしょ?? パンクすんだよ。

数字に色が着いてたり、とある文字だけ浮かびあって来たり、とある音だけ必ず拾っちゃったりね。

しかすると、ジョン、ナッシュ

『人を人と捉えられていない』のかも知れない。

数字集合体に近く見えてしまっている可能性はある。

それにしても素晴らしい映画でした。

ラッセル・クロウも素晴らしかったし、

エド・ハリスに会えるんだったら、

イマジナリー フレンドも悪く無いかも…

困った事あったら助言してくれそうだし…、、笑笑

『おじちゃん♡』とか言って懐いてくれる幼女もいたし…笑

そしたらオレ別に周りからヤバがられても良いわ笑

まあ、この人達は、『仕事出来なくなる』からキツいんだろうな。

生活出来ないもんね。

最後に、『病気や症状』は、

遺伝する』から、困ったもんだよ。

人は親とか祖父母かに

『目付き』から『歯並び』、

『癖』、『性格』まで『かなり遺伝する』よ。

犬猫なんか、お父さんお母さんの毛並みそっくりで産まれてくるからね。

あれ不思議なんだけど、豹柄やブチがそのまんま子に反映されたりね。

耳鼻科先生外科先生が、

『たまに患者さんで、』

『あっ!あなた〇〇さんの娘さんでしょ⁉︎』ってすぐ分かる程、

『耳ん中が』似てたり、

『鼻ん中』の『曲がり具合』とかが、

『ほぼ全く同じ(遺伝)』だったりする例が多い!

つって笑ってよ笑

患者さんも当たってるから驚くんだって

そりゃ『名前』とか『顔』じゃなく、

『内部』見られて判断されるんだから、驚くよ。

から人間は『外見(指とか手、顔)』だけじゃなくて、

『臓器(内臓とか肺とか胃、脳)』

も押し並べて、良く似るんだよ。

からこの映画天才数学者のジョン・ナッシュの、この『強烈な』思考性や、特徴は、かなり色濃く『子供』に遺伝やすいと思うよ。

てことで、めちゃくちゃ面白くて良い映画でした。

ラッセル・クロウが凄い。

エド・ハリスは素晴らしい笑

奥さん役の人も良いよね。

あと大学時代ライバルみたいな人が結構好き。主人公より全然大人』なんだよな。(主人公はこの人に対して『強烈な劣等感』があったんだと思う。)

最後に話しかけて来てくれた学生さん良いねぇ。。

あの図書室みたいなところで、学生さん皆んなで丸テーブル囲んで話し合ってるのとか、めちゃくちゃほんのりする。

万年筆ペン)の文化も良いねぇ…。。

一瞬『これももしかして"幻覚"…⁇』とか思っちゃったけど笑

あと結構音楽』が好き笑笑

『ハンハラララ〜♫ハンハラララ〜♬』みたいな、謎の森の歌みたいなヤツ笑笑

スゲえ耳に入って来て好きだったわあ笑笑

素晴らしい映画でした。

次の日普通に仕事なのに、止めらんなくて夜中までぶっ通しで見ちゃいました。

勿論仕事ソ連ナチス日本進行を食い止める大事諜報活動です。

あー、忙し忙し…。。

ちなみに、この映画主人公

ジョン・ナッシュ』と、

ジョン・フォン・ノイマン』を知っておくと、より映画面白くなるかも知れない。

天才対決させたら、完全『ノイマン

だろうけどね。

端的に言うと、

『今我々が使っているコンピューターや、AIの基礎を作った人』で、

我々は未だにそれを使ってる。

て感じの人。

ちなみに両者共映画になってる笑

ジョン・ナッシュラッセルロウ

ビューティフルマインド

ノイマンはスタンリーキューブリックの『博士の異常な愛情』。

人間的に強烈で、インパクトあるのはノイマンかなぁ、、

年代も割と被ってるよ。

アインシュタインノイマンがチーム組んでた事もあるし。

まあ2人共、特にノイマン

数学者』並びに『経済学者』って感じかね。

社会科学』ってやつさ。

2022-04-27

表現の自由」のため遺体写真無修正報道少年誘拐ホルマリン漬け事件

少年誘拐ホルマリン漬け事件は、中学1年生の少年誘拐殺害され、

遺体バラバラにされて、ホルマリン漬けにされた事件です。

当時は「死者の尊厳」「遺族心情等」よりも、「報道の自由」「表現の自由」が優先されていたため、

被害少年ホルマリン漬けバラバラ遺体新聞無修正掲載されました。

 

・発生日時:1957年4月2日

・発生場所東京都中野区犯人の自宅

被害者:プロレスラー清美川梅之の息子(当時12歳)、犯人12匹の飼い猫など

犯人囲碁棋士(七段)である林有太郎長男、林邦太郎(当時26歳)

 

1957年4月2日午後7時過ぎ、東京都中野区に住む当時12歳の中学生だった少年は、

近所の銭湯の「若松湯」に行きましたが、そのまま自宅に帰ることはなく、行方不明になりました。

警察銭湯からの足取りを追ったところ、行方不明になった4月2日に「若松湯」から

25歳前後の男と一緒に出ていったという目撃情報が出てきました。

銭湯から男と一緒に出ていったという目撃情報以外は手掛かりはなく、

その後も犯人から接触がなかったため、捜査は手づまりとなっていましたが、

4月9日の1本の電話で急展開します。

電話の主は都立桜ヶ丘保養院(精神病院)の精神科医でした。

その精神科医は、患者の1人の言動不審に思い、患者の自宅を訪ねたところ、

患者の自室からホルマリン漬けになった遺体発見したのです。

この患者とは、林邦太郎(当時26歳)でした。

精神科医から電話の後、警察は林邦太郎の自宅に急行し、遺体発見しました。

そして、林邦太郎緊急逮捕されることになったのです。

 

被害者の遺体は、部屋の畳の下から発見されています

遺体バラバラにされていて、2つの金魚鉢にはそれぞれ頭部と両脚、

2つの水槽に胴体と両腕がホルマリン漬けになって入れられて密封されていました。

警察調査で、このバラバラ遺体行方不明になっていた被害者の少年であることが判明します。

当時の新聞遺体写真掲載制限を設けていなかったため、

バラバラにされた少年ホルマリン漬け遺体写真がそのまま新聞掲載されました。

近年の日本では「死者の尊厳」「遺族心情等」を尊重するため、遺体写真掲載はされていません。

しかし当時は一切の配慮なく、バラバラにされた12少年の胴体が修正無しで掲載されました。

報道の自由」「表現の自由」を支持する勢力と、「死者の尊厳」「遺族心情等」を支持する勢力が戦い、

現在は「死者の尊厳」「遺族心情等」を支持する勢力が勝ったために、遺体写真掲載されなくなった歴史があります

 

犯人の林邦太郎少年愛者でした。

事件が発生した4月2日の数日前に、犯人被害者の少年に目をつけ、接触していたことがわかっています

被害少年事件数日前に「さっき、僕の背中を流してくれたあの人(犯人)に、

僕は殺されるかもしれない」と同級生に打ち明けていて、事件から身の危険を感じていたようです。

被害者は既に身の危険を感じていたのに、林邦太郎の家についていってしまったのは、脅されたのかもしれません。

午後9時ごろ、被害者と2人で帰宅した犯人被害者と2人きりになるために、

自分の両親を「銭湯に行け」と言って、自宅から追い出します。

少年と2人きりになった犯人は、少年の服を脱がせていたずらしようとしますが、

少年拒否したため、少年を殴り意識を失わせ、その後首を絞めて殺害しました。

犯人被害者を殺害後に、2日間かけてノコギリや出刃包丁小刀などで遺体バラバラします。

そして、金魚鉢や水槽を買ってきて、その中に少年遺体ホルマリン漬けにして密閉し、鑑賞していたのです。

 

犯人の林邦太郎4月1日から日記をつけていました。

「ついに捜し求めていた理想少年を見つけた。住所・氏名を聞いた。必ず連れ出そう。必ず。」

金魚鉢に入ったあの子は、見ても見ても飽きるということがない。

 ホルマリン漬けになったあの子は生きているときより、

 いっそうかわいい。親父たちがいるから、もったいないけど昼間は床下に隠す。

 でも隠す前には必ずサヨナラを言うんだ。でも、別れのたびに、つらい・・・

少年愛者で歪んだ性愛を持つ林邦太郎に、被害者の少年は「理想少年」として映ったようです。

実際に、被害者の少年美少年として有名だったという情報もあります

 

少年誘拐ホルマリン漬け事件は、被害者・犯人の双方の親が有名人だったことも、

事件が大きく報道された1つの要因と言えます

 

被害者の少年父親は、元力士プロレスラー清美川梅之さんです。

伊勢ケ浜部屋に入門し、1934年1月場所初土俵を踏んだ後は、1940年に新入幕、

1942年には横綱双葉山に土をつけて金星を挙げています1943年には幕内優勝も果たしました。

美男力士として人気でしたが、1946年には廃業しています

被害者の年齢から計算すると、現役時代に息子(被害者)が生まれています

結婚後は1953年プロレスラー転向し、全日本プロレス旗揚げして、国際プロレス移籍しています

国際プロレス1956年消滅しますが、その後は世界を転戦しました。

この世界転戦中に、少年誘拐ホルマリン漬け事件が起こります

 

犯人の林邦太郎父親は、囲碁棋士の林有太郎です。

1956年には第1期囲碁選手権決勝に進出し、1962年には首相争奪戦で優勝するなど、トップ囲碁棋士として長く活躍しています

1969年九段に昇格し、羊羹誤嚥して亡くなる当日まで現役最年長棋士として活動していました。

少年誘拐ホルマリン漬け事件犯人の林邦太郎は、1931年に生まれます。そして、1953年明治大学商学部卒業しています

林邦太郎少年誘拐ホルマリン漬け事件の前から少年に目をつけていたずらをしていました。

道を歩いている男の子をいきなり抱きしめたり、自宅に300冊以上ある少年雑誌や漫画などを餌にして

言葉巧みに家に誘って連れ込んだりしていたようです。

図書館でいきなり少年に抱きついたこともあるという情報もあります

また、猫を12匹飼っていて、その猫たちを殺してしまい食べたことが判明しています

林邦太郎は、上記のような異常性を見せていて、極度の精神障害が認められたため、

少年誘拐ホルマリン漬け事件を起こす前には精神病院入院していました。

林邦太郎の姉も精神障害を抱えていたようです。

 

林邦太郎1958年7月懲役10年の実刑判決を受けました。1968年出所しているはずです。

2022-04-22

せん妄って面白い

術後せん妄とは、手術をきっかけにしておこる精神障害で、手術の後いったん平静になった患者さんが1~3日たってから、急激に錯乱幻覚妄想状態をおこし、1週間前後続いて次第に落ち着いていくという特異な経過をとる病態をいいます

https://togetter.com/li/1876221

てっきり麻酔から覚めた時になるものか、と思ってたら、あらゆる大手術の後に起こりうるんだな。

科学を超越している。面白い

2022-04-21

ASDの苦しみって空気が読めないとかそういうコミュニケーション障害よりも、光を眩しく感じる・匂いに敏感鈍感・肌触りに敏感・ガヤガヤした空間体調不良になる、とかの感覚過敏と鈍麻の方が基本的な体力を持っていかれて辛くないか

精神障害に加えて身体障害的な苦しみがある。

2022-04-13

anond:20220413115246

障害者支援施設と聞いてアウアウとか知能が低いとか幼稚とかそういったイメージを持って

施設利用者の気持ちとやらを代弁してやってるつもりになってる人のほうがよっぽどクソ(精神障害当事者意見

組立作業もあるけど行政書士医療事務介護職員の訓練もやってるような場所だぞ

2022-04-12

男もすなる荒らしといふものを、女もしてみむとてするなり。

古代インターネットでは荒らしといえばもっぱら男がするものであり、一部の精神障害を持った者を除いて女はそんなことをしなかった。

しか現代インターネットで女はフェミニズムという武器を見つけて黙らないわきまえないを美徳とし、正義被害者意識を掲げてジェンダークレームであれこれ燃やすようになった。

場を荒らし他人を困らせて喜ぶのは別に男の専売特許ではなかったということだ。そういう意味では男女平等といえる。

2022-04-11

anond:20211116065800

脳内手術から精神障害になるというのはよくあるのか?

神経症精神病は、多くが自我病気だと思っている。

物理的な脳内の云々はきっかけなだけではなかろうか。

それはそうと、あまりにもひどい場合は、いったん離れるが一番だと思う。

2022-04-10

病気からできない

病気からできない、と言えばなんとかなると思っている人へ。

自分自分に暗示をかけていませんか。

病気からできない、仕方がないと。

身体障害と違って精神障害から他人に分かりにくいとはいえ、この方法だとできないけどこうしたらできるというのを周囲と合わせていかないといつまでもできませんよ。

他人をどうすることもできないのだから、変わらないといけないのは自分

病気だけど、スマートフォンゲームはできる。

病気だけど、人に剣幕を立ててものを言える。

病気だけど、無駄遣いはできる。

ではなくて

病気だけど、周りの助けをかりつつ生活ができる。

になるための努力が見えない。できることをこつこつ積み上げられてないから、ますます場所も信頼も無くなる。

自分主体になっていることに気づいて、客観的自分の置かれた状況や周囲との関係性を考えて行動してほしい。

2022-04-08

軍人バカなのなんて当たり前だろ

下っ端なら年収300万とかで「あなたはこの仕事に命を賭けますか?休日返上して24時間365日働きますか?労働基準法適用されなくても平気ですか?」って契約書にサインするんだぜ?

まともな人間ならやらんわ。

よっぽどしょーもない無能か、よっぽど氷河期時代就活転職したやつぐらいだね。

偉くなってもいろいろつけて年収1500万円ぐらいが上限の世界

これはどこの国でもそう。

そしてそのレベル仕事ができる人がちゃん仕事を選んでたら、ホワイトに働いて2000万円貰ったり、なんなら働いてるのかもよく分からん立場で億単位で稼いだりもできる。

でもしなかった。

バカから

根本的な所で将来に対する見通しの効かないバカだったか軍人になった。

軍隊は上から下までそういうバカの集まりだよ。

上は目先の体面ぐらいしか考えられない、下は犯罪に手を出してないことだけが取り柄の知的障害精神障害、そんな連中よ。

まり軍隊馬鹿の集まり」ってのはトートロジーなんだよ。

精神病院入院しているのは障害者ばかり」と言うようなもの

言ってる方がバカ

これからは正しい言い方をしよう。

バカキチガイ無能の集まりなのは重々承知だったが、俺の予想を遥かに上回る税金泥棒のミソッカスの群れだったか

だ。

わかったな。

何処の国の軍隊に対しても同じだぞ。

あーだがなー奴らはまあ税金泥棒なりにちゃんと働くときは働くよ。

最前線で敵の砲弾にぶっ殺されるためのデコイとしてな。

それを民衆押し付けるようになったら本当にいよいよタダの税金泥棒なのでそのとき大将以上は全員さら首にされた方がいい

anond:20220407102502

ルックバックの時と同じだな

明らかに侮辱されているのに、それに対して文句を言うと被害妄想扱いされてさら侮辱される流れ

何故か悪党場合のみ精神障害として描かれて主人公やその仲間たちには精神障碍者が居ないんだ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん