「御曹司」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 御曹司とは

2018-04-13

anond:20180413102854

4年制で総理勇退後は政治生命消滅くらいにしないと

黒幕になって日本を操るなんて言い出しかねない

どこかの口の悪いセメント会社御曹司みたいに

2018-03-13

anond:20180313190056

そりゃ麻生財閥御曹司

まれときから人の上に立つ生活をしてたんだからああもなるだろう

頭もいい奴だから、ここで自分が辞任しなくとも、安倍政権は続くとわかっている

内閣支持率がそんなに落ちなくて、今内閣総辞職して総選挙してもまた自民が勝つってわかってる

から強気なんだろ

2018-03-07

漢字三文字名字大金持ちっぽい

伊集院

道明寺

花京院

綾小路

西園寺

北大路

二階堂

思いついたのを並べてみたが、どれも後ろに財閥をくっつけてもしっくりするし御曹司キャラっぽい名前だ。

何でだろう。

2018-02-13

御曹司奨学金留学する。金持ちは賢く節税公共サービス給付型奨学金を使いこなす。子供天才だ。

貧乏人はアホでリテラシーがなく、奨学金を名乗る借金にはまってゆく。

2018-02-11

安倍首相が関わってると分かった途端にパブリック・エネミー認定して総攻撃を開始するネットの一部界隈に何か空恐ろしい物を感じている

かつてあった近衛兵とかもあんな感じだったんだろうか

父の祖国でも似たような現象が起きているらしい

以前の保守政権を支持していた、関わっていたというだけで、社会的抹殺されたも同然の扱いを受けていると聞いた

一度そうなってしまったら、警察法律も一切味方してくれない

巨大企業御曹司ですら証拠もろくにないのに逮捕され刑務所に入れられてしま

アメリカでも、トランプを叩かない者はアメリカ国民に非ず、みたいな空気がある

たぶんこれら全ては奥深い所で繋がっている事なんだろう

2018-02-05

anond:20180205110501

御曹司だったら  ▶働かなくていいじゃん。▶お父さんが「資産は残さない!」とキレている。

御曹司だったら  ▶ママンが普通美人御曹司もそこそこ以上のはずなので、本当は美形で、性格が悪い&傲慢なため採用されない。▶見た目の話はどうやら病気治療薬の副作用らしい…

御曹司だったら  ▶もっとおっとりしてる ▶それはどうなのかちょっとよくわかんない

anond:20180205105750

御曹司だったら  ▶働かなくていいじゃん。

御曹司だったら  ▶ママンが普通美人御曹司もそこそこ以上のはずなので、本当は美形で、性格が悪い&傲慢なため採用されない。

御曹司だったら  ▶もっとおっとりしてる

anond:20180205005755

要約すると、外見コンプレックスを持つお金持ちの御曹司京大生が、会社経営するお父さんと政治の話がきっかけで喧嘩になって、彼は「顔が良くなきゃいい企業だって取ってくれねーよ!人生真っ暗だろ!」って思ってるけど、お父さんが「人間は顔じゃない!」って言うので、息子は大人欺瞞に激昂しているけれどもスポンサーには勝てないので結局何も言わなきゃよかったな…っていう反省文かな…

お父さんの会社乗っ取っちゃえばいいんじゃない

2018-01-28

https://anond.hatelabo.jp/20180128114421

若手でものすごいイケメン大企業御曹司っていう少女漫画キャラみたいな棋士いるんだけど、全然人気ないよ。そもそも知られてないから。クラス低くてネット中継もされない。もっと前面に出して女性ファン増やせばいいのにと思ってるが。

ハッシーとかがキャラ付けしてるのは、あれは「並み外れて強い」上で将棋普及のためにキャラ付けしてアピールしてるんであって、自分の人気獲得のためじゃないよ。

2017-12-23

anond:20171222040621

詩織さんと山口敬之氏のケースと同じだな

他にもアイシンAW豊田御曹司就活生に手を出したケースもあったか

就職斡旋立場利用する人は多いんだろう

でも合意の面で言えば相手は「合意なし」とは一切思ってないのが頭の痛いところなんだよね

2人で食事してトークして自分の話に目をキラキラさせながら笑ってくれて、これで「この女は自分に惚れてるな」と思ってセックスまで持ち込む

「こいつ惚れてるな」から一夜のセックスに持ち込もうとする思考問題だけどリベラル的な自由恋愛世界では今まで有りとされてきた

世界必要なのは恋愛保守化結婚するまでセックスしないなど)の動きだろうな

2017-12-06

anond:20171206060906

増田です。ブコメたくさんありがとうございます

本題から外れちゃいますが。

反論した子が御曹司説(?)出てますが、公立教員の息子でした。自分の家も教員家庭で、その関係で、小さい頃から親同士が知り合い関係なのですが、割と裕福で教育熱心なおうちでした。今考えると習い事勉強で圧迫されていた面もあるのかなって気もします。

2017-11-30

20年くらい前の話

さっきTwitterで、自分漫画登場人物誕生日をお祝いする漫画書いてる痛いキモ漫画家見たらふと思い出した。

そういえば20年くらい前だったか個人サイト漫画とかたくさん書かれてた頃にやたら設定中みたいなサイトをたくさん見かけた。

登場人物が全員イケメンで、どっかの御曹司だとか、実は過去に深い裏切りにあって傷を負っているとか、こっそりスイーツが好きで隠れて食べてるとか、そういうのが1キャラごとに詳細に書かれてるやつ。

ファンタジー風味だと、何属性とかそれを身につけるためにうんたらかんたらとか、実は何かに弱いとか、好きな食べ物とか動物とかそんな感じ。

そういう人たちはだいたい設定は細かく作って、サイトコンテンツに「キャラ辞典」とかつけてるんだけど、結局漫画のものはアップされることなく静かにサイトはなくなっていった。

当時の人たちもその時20歳くらいならもう40歳か。

どんな人生送ってるんだろうな。

2017-11-23

男は女向けのコンテンツにもホモビデオにも何も言わないよ?

まことに嘆かわしいが、それらを外から笑ったり、チャチャを入れたりすることはある

しかし、少女漫画イケメン御曹司存在のものが、抹殺を要するほどの害悪だとは思わないし、

ホモビデオの中でホモノンケレイプしていても、自分たちが直接攻撃されているとは思わない

仮に思っても、お偉いさんに泣きついて、そういうのを潰そうと企んだりはしない

空想現実は別物で、万一影響を受ける奴がいたら、そいつバカそいつ自己責任ってだけだ

作品は俺たちに何も要求なんかしていない

感謝しろとは言わないが、もっとおおらかな心を持った方が、幸せになれるんじゃないかとは思う

2017-11-16

anond:20171116224132

戦国時代代表する茶人・文化人で、没落した名家御曹司として生まれて家門を立て直し、愛妻家としても有名な大名がいるじゃないですか…!

鳴くのが下手な戦国時代ホトトギスはどの武将を頼るべきか

正直言って信長秀吉家康はどれも可愛がってはくれなさそう。秀吉に鳴かせるテクニックなんてないし、いくら待っても下手なままなら家康もぶちギレる。信長は論外。というか大名クラスはみんな気性が荒そう。

良い候補ひとつは茶をたしなむ武将さんだと思う。でも美に敏感な武将さんが鳴けないホトトギス可愛いと思ってくれるだろうか?それが味わいだとか思ってもらえれば良いのだけど。

一番は何不自由ない御曹司なのに弱い立場も知る武将さんかな。真っ先に思いついたのは秀頼さんだけど最終的に焼かれるしな……。飛べるから逃げるのは簡単だけど後味悪い。やはり氏真さんか。なんだかんだで生き延びるその脇にはいつも鳴けないホトトギスがいたとか、ちょっとありそうじゃない?

2017-11-13

anond:20171112223020

その特別感のなさが、彼女真骨頂だと思う。

映画悪人』が分かりやすい。大店旅館御曹司彼氏に、「お前、女将じゃないんだよ。中居顔なんだよ。」ってののしられて、車から蹴り出された挙句に別の男に殺されちゃう役なのね。安い女扱いされてあっけなく殺されることに、ものすごい説得力がある。

中居顔」大事なのことなので二回言いました。

テレビドラマカルテット』でも、お嬢様然とした松たか子と対をなす庶民的な役で人気になった。

そういう安さを演じられてかつ画面の持つ女優は、なかなかいない。

2017-10-25

ジョナサン御曹司って同じ声優だったんだ

知らなかったそんなの…

2017-10-20

anond:20171020160915

なるほど。働く気力がもう無いんだな。

じゃあいっそFXにでも全財産ぶっこんでみれば?

うまくいけば働かなくてよくなる。

うまくいかなかったら当初の予定通り死んじゃってもいいし。

少なくとも普通に働くよりは格段に高い確率御曹司並の財産を手にできるよ。

anond:20171020150807

その趣味のために仕事するって構図がもう嫌だ

何も考えずに楽しい事だけして過ごすのが無理だから働かないといけないっいう状況が嫌

よく御曹司馬鹿みたいに遊んでるのを外野馬鹿にしてるけど

俺にとっては羨ましいばかり

仕事しないと生きるのに張り合いがないとかは

遊んでも遊び足りなかった俺からしたらなんの慰めにもならない

何百年だってニート続けてもいいよ

2017-10-18

謝罪オチという、アメリカからやってきたまったく新しい概念

時代遅れの笑い」という批判もあるけど、たけしに「こんなネタは他の国なら、ただ事じゃないんだぞ」と言わせたこから企画側がポリティカリコレクトネス自覚的であることは伺われる。自覚の上で放映したという文脈から企画側はポリティカリコレクトネスに(挑戦しながらも)反する意図がないことを読み取らなければならない。

スポンサー降板もあったから局側は問答無用で、おそらく反射神経で謝罪したんだろう。しか企画意図説明を完全に封殺してなんの掘り下げもなく、謝罪して片付けてしまったのはちょっと放っておき難い。

そもそも保毛尾田保毛男というキャラクターの強烈さは、彼がセクシュアルマイノリティであるからではない。30 年経っても忘れられない強烈さの本体は、彼の「得体の知れなさ」である

当時ですら時代錯誤の、ポマードで塗り固められた髪。石橋貴明無駄に良いガタイで派手なスーツをちゃっかり着こなすところから経済力のある人物であることが仄めかされる(御曹司みたいな設定のようだ)。そして青ヒゲ男性であることを強調しつつ、話し始めるとこれが歯を見せずに上品お姉様言葉。あらゆる特徴がちぐはぐで、掴みどころがない。

さら言動から同性愛であることは明白なのに本人に問いただせば「それはただの噂ですから」と言って否定する、(視聴者は心の中で「そんな訳あるかいな」と毎度ツッコミを入れる、)というのがこのコントのヤマである

少なくとも視聴者には彼が男色であることが明示されているから、この「ただの噂」という台詞は嘘。つまり素性を明かすつもりのない人物なのだという印象を与えられるため、ますます正体不明の不気味な存在となっていく。

わたしたちはその不気味さと、しかしどうにも悪者には見えないそのチャーミングさとのギャップに可笑しさを覚えていた。この笑いの構造自体はほかのキャラクターにも代替可能もので、同性愛者の揶揄がこのコントの主旨ではなかった。

主旨ではなかったはずだが、30 年前当時にはポリコレなんて概念はなくて、制作者および視聴者の「同性愛者への無理解」がツカミとして機能していたことも確かである

偏見差別はあってならないが、一方で多様なセクシュアリティーの存在認識し、共存できることを確認する視点公共電波に課せられた同等に重要な使命ではなかろうか。その視点に座すれば 30 年前には異形扱いだった保毛尾田が、時を経て鬼瓦権蔵(←しかも他ならぬ、こんな昔気質オヤジ権化である…)に扮した業界ドン:たけしとふざけ合いながら銀座を飲み歩くなんて、むしろそれこそ現代差別のない世界に近づいていることを確認する幸福な画面だった。

ところが今回の説明のない謝罪は、あの銀座の一夜を否定し「今後、セクシュアルマイノリティには特殊配慮します。安易に画面に映しません」=転じて、テレビ局が頭を下げて「ホモを映したのはダメだった。これからはちゃんと差別します」と宣言するみたいなおかしなことになってしまっている。チャンチャン、まさにお笑いである。30 年を費やした、巨大なコントオチが局の謝罪で完成してしまった。これでよいのか。

「部室芸」という表現もあるが、芸もなく、技巧もなく、思想もない。ただ笑わせて、笑った方が強い。それがとんねるず世界観であるフジテレビ謝罪した日は、ポリコレが部室芸に殴られて「お笑い」になった日として大衆記憶に留まる。

2017-07-17

https://anond.hatelabo.jp/20170716213102

ネタバレ付きで補足を書いてもいいか

基本的に特異な運命に巻き込まれて戦っている人のアイデンティティ

職業とは直結しなくて当然なのにどうして職業身分所属をみんな気にするのかしらね

555  オルフェノクなので法的には死人で人じゃなくなっているか普通職業に就けないだろう。

電王  学校には行っていない様子だがまだ高校生の年齢で、店を親から継いだ姉と二人きり他に身寄りがないので姉の手伝いで働いている。

OOO  政治家家系御曹司だが親に反発して家を飛び出した人間で金は一義的問題ではない。最低限の金があれば困らない暮らしを心がけている(明日パンツ)。

キバ  ファンガイアとのハーフ生活の糧も含め人間界に紛れて暮らしていくための手立ては母親から与えられていた。

ゴースト  高校生で寺の跡継ぎだが最初に殺されてしまい、生き返るために戦っている。幽霊から職業には就けないし生活のために働く必要もない。生き返ってもまだ学生だし。

エグゼイド  研修医なので順当にいけば医師になるだろう。

2017-07-10

だいたい、獣医って夢見る夢子ちゃんか金持ち御曹司しかならねえんだろ。

庶民の子弟が獣医になれる機会がない時代なのに高待遇にしすぎなんだよ。

2017-07-03

小原英治という漫画家について

まず言っておかねばならない。彼は間違いなく天才的な漫画家「だった」。

彼は『コリンズ先生気をつけて』というタイトル読み切りデビューしたらしい。らしい、というのは現物が手元になく確認できないのだ。

なんでも、1985年発売の「マガジンフレッシュ」とかいマガジンの増刊に載っていたようなのだが、マガジンフレッシュなどという雑誌存在インターネットからほとんど消失してしまっているのである。これではどうしようもない。

入手不能のデビュー作は置いておいて、デビュー単行本の話に移る。

先に言っておくが、この作家、たったの一冊しか単行本を出していない。

そのタイトルは「がんばれアニマルズ」……。タイトル地雷漫画のようだが、当然中身も地雷である。なんも面白くない。地雷中の地雷である。一巻で打ち切りになったのも当然である

ちょっと待て、小原英治は天才なんじゃないかって? それもまた真である

なぜならがんばれアニマルズは原作作画が分かれているのだ。小原英治は作画担当。クソおもんない脚本に対する責任は負っていない。

このがんばれアニマルズにおいても、小原英治はいかんなくその才能を発揮している――。躍動感溢れる画面、息を呑むスピード感。でも、脚本があまりにも異次元レベルでおもんないので、作画も霞んで見える。悲しい話だ。

……作画面に全く問題が無かったのかと言われると、女体が致命的にえろくないとか、カラーがひどすぎるとかい問題があるが、それでも圧倒的に脚本責任のほうが重い。

彼が真の才能を発揮するのは、この後描かれた漫画である。その読み切りたちのタイトルは「ベガ将軍の憂鬱」「ひとつだけ光るもの」「俺は待ってるぜ」「あとは神様にでも言ってくれ」だ。タイトルから察せられるとおり、この短編たちはストリートファイターアンソロジーに寄せられたものだ。

この短編脚本作画小原英治によるものだが、なんとまあ。おもしろいのだ、これが! なぜデビュー単行本原作をつけたのか問えるものなら問うてみたい。明らかに、彼一人ですべてこなしたほうがよかった。足を引っ張られすぎだ、あれは。

愚痴はここまでにしよう。この小原英治という漫画家、何が良いのかと言われると全て良いとしか言いようがないのだが、(コマ割りも構図もテンポもなにもかも上手い、絵が緻密だが読みにくくならないように白と黒割合が考えられている、ページに対する情報の詰め方が上手い。漫画教科書採用されてしかるべき出来だ)

なんといっても上手いのは、台詞回しである

とくに台詞が優れている、「ひとつだけ光るもの」の台詞引用しよう。

(場面は夜。たった一軒の家と、小高い丘、その上にはひとつだけ小さな墓標が立てられている。その傍に一人の男が居て、暗闇の中紫煙をくゆらせている。その傍らには一仕事終えたらしいスコップが置かれている)

――以下引用


ケン(妻が死んだ)

ケン膵臓ガン まだ20代の若さだった)

ケン(この手に残ったものといえば 家と幾何かの金 それに 発狂するには充分過ぎる程 退屈な日常

(なにかを思案して、家に入っていくケン

ケン(俺は昔 身を置いた世界へ再び 足を踏み入れた)

(ここで場面転換。ディージェイ相手ファイティングポーズをとっているケン

ケン(借り物の人生に 別れを告げるために)



ここまで引用――

どうだろう。この間、わずか一ページである。一ページで完全に舞台設定と登場人物の背景と物語の導入が、流れるように行われている。

なんだよそれだけかよ、たいしたことないじゃん、大げさじゃないか?と思われてしまうだろう。残念でならない。俺のつたない描写力では、彼のきわめてすぐれた台詞回しを支えている画面描写についてまではカバーしきれないのである

彼の漫画をここに貼り付ければ、この一ページを目撃しただけでたちどころに1万人程の人間がショック死することは請け合いなのだが。


ところで、この漫画、「イライザ死んでるって、どういうことよ!?」と思ったかたもいらっしゃるだろう。

それもそのはず。小原英治のスト漫画は、一つたりとも原作に準じていないのである

あらすじを列挙してみると、


ベガ将軍の憂鬱

ザンギエフブランカが女たちを奴隷にして死闘を演じさせている! リュウケンは助けを求める女の手紙に応え、(スケベ心混じりに)中東へ飛んだ。

からくも悪の幹部を打ち倒すとベガどや顔でやってくる。以下、台詞引用

ベガ貴様ら2人を政府高官に対する暴行障害の罪で拘束する」

ケン「!!」

ケン「ベ ベガ

ベガ「と言いたいところだが 今回は見逃してやる 早く逃げろ」

リュウ「なんで貴様が?」

ベガ「実は今この国で将軍をやっておる」 「知らんのか」

ケ「知らなかった」

ベ「三ヶ月前までは万事順調だったんだがなあ ザンギエフブランカ野郎国王にうまくとり入りやがって 見ての通りやりたい放題よ しか親衛隊ともなると俺もうかつには手が出せん」

ベ(そこで俺は一計を案じた)

ベ(女の名を騙って一筆書けばスケベで脳カラマッチョが来て奴等を始末してくれるのではと…)

ベ「しかしこれ程うまくいくとは」

ケ「お おいじゃこの手紙

ベ「私が書いた」 (日ペン三級)

ケ(なんつーガラに似合わぬ字だ)

ベ「おっ サツが来たぞさっさと帰れ」

ケ「てめえ こんだけこき使ってくれたんだ ギャラの一つも払ってくれるんだろな お」

ベ「つけとけ」

ケ「糞ったれの×××野郎!! ×××かんでしね~」

……という顛末である

「スケベで脳カラマッチョ」というあまりにもあんまり罵倒語個人的お気に入りである

ひとつだけ光るもの

上記導入の通り、イライザが亡くなり、ケンは格闘業を再開する。(この話において、ケン一時的に格闘業を廃業していた。……というか、財閥御曹司ですら、ない。取り柄といえる格闘家としての自分を捨て、おとなしく夫として

生きていたのだろうが、妻が亡くなったためにケン文字通りからっぽになってしまったのだ)

より良い闘いを求め、ケンは昔の仲間を頼るのだが、

フェイロン俳優として専念、キャミィ専業主婦本田親方としての仕事に集中し、ガイルに至っては行方不明である

チュンリー言及されていないが、おそらく(エンディング通りに)格闘家廃業している。刑事もやめているのかもしれない。

リュウに対して触れていないのは――死んだんだろう、たぶん)

落胆するケンに、ザンギエフが諭す言葉がつらい。(台詞引用

ザンギエフ時代が違うんだよ ケン

ザ「今や ケンカってえのは 衰退種である人類に許された最後蛮行なんだぜ そいつを見せ物にしない手はねえ 巨大資本メディアがついて廻るのさ」

ザ「今どき無償で痛い目にあう輩なぞいやしねぇよ」

ケンあんたはどうなんだい」

ザ「俺だって そうさ ここ何年かはショープロレスで喰ってる ロープに飛んで帰ってナンボの世界よ」

ケンは魂の抜けたような目で、静かにこう考えている。

ケ(俺はただ生き続けたいだけなんだよ)

これは1人の格闘家が牙を抜かれ、「借り物の人生」を生き、妻の死を契機にまた自分人生を生きる物語だ。

であるのに、最後モノローグは言いようもなくもの悲しいのだ。

サガットなら真面目に戦ってくれるだろう、という助言を手に、ケンサガットの元へ。(以下引用

ケンクエスチョン!」

ケンザンギエフが言うにはあんたは俺と同種なんだそうだが」

かませ「なんだよあんたそこをどけよ 俺選手

(かませを殴り倒すケン

ケ「そりゃ 真かね ダンナ

観客「ゲーッ なんだ おい 飛び入りかよ!! マジ?」

観客「これじゃカケになんねえよ」

サガット「シッ」

ケン「ぐが」

(わざとらしい殴り合いをしている 顔面血まみれ)

観客(こいつら― わざと―)

ケ「こりゃあ ズブロッカ4本は安かったかな」

サ「奴に言っとけ 4本しか飲れんようじゃ 退引け時だとな」

ただ1人本気で戦ってくれたサガットを倒し、満足げにリングに立っているケン

モノローグ引用

(ああ イライザ 僕はもう少し 生き続けることができそうだよ―)

スポットライトを浴びながら、そんなことを考えている。そうやって、ケン死ぬまで生き続けるのだろう……。そんな未来を思わせる終わり方だ。

「俺は待ってるぜ」

生意気アレックスをくたびれたロートルケンが殴る。

あらすじはそれだけで、この話は会話劇がたまらないのだが……。

現物を 入手 してほしい

この話に関してだけはちょっともう抜粋した台詞なんかでは到底伝わらないと確信が持てる。どうにかして手に入れろ。「ストリートファイターⅢ」のアンソロジーだ。今は潰れてる新声社のアンソロだ。

とにかく手に入れてくれ。話はそれだけだ。

I'll be waiting for you,kid.


「あとは神様にでも言ってくれ」

ガイルアベルを殴る話。

この話はフルカラーなのだが……。……。……。

ちょっと言いたくないのだが。小原先生カラーが下手だと思う。

2009年に発表された「あとは神様にでも言ってくれ」を最後に、小原英治は漫画から姿を消した。というか、この作品も十年越しぐらいに発表しているので、基本的寡作である

俺は最後短編が発表されるまでは「病気になったのだろうか、漫画が描けない程の……」と思っていたのだが、どうもそんな気がしなくなった。

「あとは神様にでも言ってくれ」はデッサンも整っているし、線が乱れているわけでもないし、空間認識力は問題がなさそうだ。色彩感覚は元から妙なので病気をしたということもなさそうだ。

俺の考えていた脳や神経や目の病気という線はどうも薄いように感じるのだ。

であれば、残るのは経済的問題だ。

漫画家で稼げるのはごく一部の人間だけである

であるので、たぶん、別の業種に行ったのだろう。ふつうサラリーマンでもやっているのだろう。

……悲しい。

損失である。彼の新作漫画が読めないという事実は、全人類にとって大きな損失である、と断言できる。

もしも彼が「漫画家では生活が立ちゆかないから」漫画家をやめたのだとしたら、言いたい。

あなた生活が安定すること」よりも。

あなた漫画を描いていること」のほうが、明らかにこの宇宙において優先されるべき事項であると。

もしも彼の知人がこの文章を読んでいるのなら、彼を無理矢理にでも表舞台に引きずり出してほしい。

だいたい、今どき絵で金を稼ぐのがそんなにハードル高いのか。

ただの漫画家ならともかく、彼は天才だ。できる。やれる。金を稼げる。絶対稼げる。

から、描いて欲しい。

というか、描け。漫画を描け。可及的速やかに描け!

以上、一ファンの主張でした。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん