「村民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 村民とは

2022-07-19

anond:20220719151618

一時期はてな村が荒廃してたのも、そもそも村民が家庭持ったりしてネットする時間減ったりしたのと、

はてサいちゃもん付けられるの嫌で書かなくなったのとあったし、その後互助会みたいなのが出てきて既存村民対立した挙げ句両者去って行ったところみると、

はてな村は荒廃を繰り返してるから、そんなことしなくても自然消滅しそう。

もう、やっかい住民だらけで、反対運動あってリノベーション、立て替えができない団地と一緒じゃん。

2022-07-07

anond:20220706232327

男50女50の100人しかいない村で男が支配していると仮定しよう。

男の内訳は

村長は男1人

上位村民(男)は24

底辺村民(男)は25人 うち、アンフェが5人

女の内訳は、

村長(男)に気に入られた村民(女)が10

上位村民(男)に気に入られた村民(女)が40人

底辺村民(男)に気に入られた村民(女)が0人

くらいか

2022-07-06

100人しかいない村で男が支配していると仮定しよう

フェミニスト教室の中でひどいいじめを受けていた男子とか、パワハラでいつの間にかいなくなった男性社員とかが、全く目に入っていないんだな、とつくづく思う。

なんというかアンフェって常に「自分」なんだよね。

から自分は得してない。自分は損しかしてない。そこらへんの女の方が得をしている。って論法になる。

お前じゃなくて社会だよ。っていうと今度は、女もその社会構造利益を受けている。って論法になる。

男50女50の100人しかいない村で男が支配していると仮定しよう

村長(男)に気に入られた村民(女)は多くの村民(男)より得をするだろう

底辺村民(男)より上位村民(男)に従う村民(女)の方がいい生活ができるだろう

アンフェの言い分ってこのちょっと得する「村民(女)」を使って主張を始めたり

上位村民(男)しか体験していない苦労(例えば村を維持するストレス)を持ち出して「村民(女)」は楽だって主張を始める

でもそうじゃないんだよね

村長に男しかなれないとか、村民(男)が当然のようにもっている1人で生きられる環境

村民(女)はなかなか手に入れられないって話なんだよね

村民(女)には村を維持するストレス体験する機会すら与えられてないのよ

さらに言うと村長などの要職を男が握ったままで

「じゃあやらせてやるからやってみろよ」と村民(女)に機会を与えるのも違うから

まず男が握っているものを手放さないと話にならないからね

anond:20220706062546

2022-05-25

八墓村の話を思い出した

江戸時代幕府領・天領だった「西国筋郡」に、田野村庄屋というのがあった

明治維新のあと、庄屋の15の娘には、薩摩系の森藩だった村から若い村民が婿に来た

結婚の翌年、庄屋一家は、娘と婿を残してみな死亡

初代村民は、それで九重鉱山を購入し、約20年間経営し、それを船会社広海二三郎(損保ジャパン始祖)に売った

 

その娘には、また森藩だった村から婿が来た、2代目の村民発電所経営することにした

その発電所設立の翌年、初代は夫婦ともども相次いで死亡

2代目の村民1941年発電所九州水力電気九州電力の始祖)に売った

 

その娘には、また森藩だった村から婿が来た

3代目村民は、陸軍理系教授だったが、戦後、2代目が死亡したのち、2年後に死亡

その息子は1人生き残っていたが、女学校報国団のあった熊本県甲佐町からプロテスタントの町民が嫁に入った

  

まり薩長政権は、天領役人財産などを使って鉱業保険業や電力事業をしたか

天領役人の家はだいたいこうなってたんだろうか、ほとんど戦争だろう

司法モドキにとっては正義か?

2022-05-20

anond:20220520223345

そういうのはメモ帳ツイッターにどうぞ

村民はHagexさん刺殺から特に、十分慎重ですよ。

例の炎上増田の「殺人するまで追い詰める」は多分これのことだと思うけど最近急にここ使ってる腐女子達は知らないかな。

2022-05-18

機雷威力ってやべえな

こんなもん地上で爆発したらどうなるねん

https://www.youtube.com/watch?v=wtthhilAO3Y

 昭和17年1942年5月日本軍の攻勢により推移していた太平洋戦争は、後に戦局の変わり目として位置づけられる事になる「ミッドウェイ海戦」を目前に控え、重要局面を迎えていました。

 しかし、戦時中とは言え普段ほとんど変わらない生活を送っていたここ下湧別村の漁民にとっては、そんな国家の重大事など知る由もなく、折しもオホーツク海沖合に現れたニシンの大群の行方が目下の関心事でした。

 ニシンの豊・不漁はその年の村民生活水準にそのまま直結するため、その群の到来に村はにわかに気づきます

 そんな5月17日、その日も沿岸では村の漁師たちが総出で網を仕掛けていましたが、その作業中に一人が波間に浮遊する金属製の樽状の物体発見します。

 そして、素人から見ても異様な雰囲気を醸し出すその”水に浮く不思議な鉄の塊”がおそらく「機雷」であろう事に彼らが気付くまでにはそれほど時間はかかりませんでした。

 思わぬ危険物の漂着に漁場は騒然となりましたが、「これが機雷であればなおさら放置しておく訳にもいかぬ」との”勇気ある”漁労長指示により網に掛けながらひとまず浜まで引き揚げる事にします。

 数十分後、幸い移送途中で爆発する事もなく「ポント浜」の砂上に”恐る恐る”陸揚げされた直径約1.2m・長さ約1.5mの機雷対峙した一同は、まず警察への通報が先決との判断により代表者市街地にある派出所へと向かいました。

 ところが、その時派出所では村の東側に隣接する「サロマ湖」内で時を同じくして発見された”もうひとつ機雷”を巡って既に大騒動となっていたのです。

 ”国籍不明”の危険物が二つ同時に漂着したこの”大事件”については、一帯を所轄していた「遠軽警察署」を経て直ちに北海道庁警察部」へ連絡が取られましたが、意外にも警察からの回答は「所轄署責任において爆破処理せよ」というまことに素気ないものでした。

 実は北海道特に日本海沿岸地域における浮遊機雷の漂着は当時それほど珍しくはなく、これまでの事例では当該所轄警察署の手によって難なく処理されていたという事実が、先の無関心とも思える本部指示につながる訳ですが、当地では前例がなく、ましてや爆発物処理の専門知識もない遠軽警察署としてはその対処方法に頭を悩ます事になります

 その後即刻開かれた署内幹部会議上では「軍の協力を仰ぐ」という策も提案されたものの、遠軽警察署長としては「他の署が自力で処理しているレベルの事案について他所の助けを乞う」などその自尊心が許しませんでした。

 こうして、意地でも地元の手によって行わざるを得なくなった作業は約1週間後の5月26日午後1時に決行すべく、二つの機雷を「ポント浜」一箇所に集め、遠軽警察署の監督の下、その運搬・管理地元警防団警察消防業務を補助する民間組織)に、そして爆破処理を管内にある「生田原銅山」の”発破技師”に依頼する事が正式決定されました。

 しかし、この時署長の頭の中ではこれを機にもうひとつの”とんでもない”計画が進行中だったのです。

 ここ下湧別村をはじめとする遠軽警察署所轄管内では普段大事件が発生する事もなく、平穏であるがゆえ警察署長の立場としては至って”退屈”な日々を過ごしていました。

 また、生活のため日頃と変わらず農・漁業に勤しんでいる人々が、署長の目には「戦時中にも拘わらず危機意識がない不心得者」のようにも映っていました。

 そこで、この機雷爆破処理作業一般に公開、爆発の威力を見せる事で庶民の「戦意」と「国防意識」を高めると同時に、警察威信を確固たるものにするべく画策していたのです。

 かくして、村役場などを介し回覧口コミで村内はおろか近隣地域にまであまねく周知されたこの”一大イベント”は、物珍しさも手伝っていたずらに人々の興味をそそり、更には当日わざわざそのために臨時列車が手配された事もあって、その日は爆破時刻の午後1時に向けて老若男女合わせて一千人規模の見学者が各地から現場へ向かっていたと聞きます

 さて、決行2時間前の5月26日午前11時頃、現場のポント浜では遠軽警察署長以下警察官9名と、署長命令によってなかば強制的にもれなく召集された下湧別市街及び近隣集落警防団員約150名が事前集結していました。

 二つ並べられた機雷を前に、あとは生田原から火薬専門家が到着するのを待つばかりでしたが、しかしここに至って爆破方法を巡り現場が混乱する事になります

 通常、機雷の爆破処理というのは水中において一つずつ行われるのが定石であり、その日もそれに従って実行される予定でしたが、当日になってその事実を知る事になった漁業本職の警防団からの猛反対を受けます

 というのも、海中での爆破は一帯の魚介類死滅させる恐れがあり、それは漁民にとっては明日からの生きる糧を失う事を意味しました。

 彼らにしてみれば死活問題だけに警察からの再三の説得や恫喝に対してさえ一歩も退く事は出来ず、しばらくの”攻防”の末、漁師たちのあまりの頑強さについに根負けした署長は陸上処理への変更をやむなく了承します。

 粘った甲斐あって勝ち取った結果に安堵した警防団員たちでしたがその代わり、陸上で爆破するには現在近過ぎる二つの機雷を、誘爆させない距離として設定された約50mの間隔まで引き離す作業が待っていました。

 こうして気乗りしないまま予定外の力仕事をする羽目となった彼らの心中には、これらが「既に機能を失った不発弾に違いない」という思いが一様にあったようです。

 発見されてから1週間まったくの変化も見せなかったこの”錆びた鉄塊”に対して徐々に警戒心が薄れていった事に加え、ことサロマ湖から運ばれてきた方には、実は数日前に”命知らず”な村の鍛冶屋によってあろうことか持ち寄ったハンマーで叩くという危険まりない試みがなされていますが、結果その衝撃にもびくともしなかったという事実も、「もはや危険ではない」と彼らを暗に確信させる要因になっていたのでしょう。

 それぞれ多忙仕事が待つ警防団員たちにとって、本業もままならない毎日を無理強いするこの”いまいましい敵”への扱いは、そんな思いもあってか最初最後では大きく異なっていました。

 初めこそその取扱いには慎重を期され、移動も衝撃を与えないように砂上をゆっくり”引きずる”方法がとられていましたが、この段階では労力を惜しんでか本体ロープが巻きつけられ無造作に”転がされて”いたと言います

 しかしやがて、鍛冶屋の”無謀な挑戦”を受けていない方、つまりオホーツク海発見された機雷が、軟らかいから馬車道の硬い轍(わだち)の上に転がり出た瞬間…それは既に浜に到着していた気の早い数百名の”観衆”が見守る中で起こりました。

 今まであれほどいかなる反応も示さなかった機雷が、まるでこの時を待っていたかのように火花一閃、大爆発を起こしたのです。

 そもそも軍艦をも爆沈させるほどのその破壊力は当初の想像はるかに超えるもので、破片は爆風に乗って障害物がない砂浜の中を数百メートル渡り飛散、傍らにいた警防団員や警察官は言うまでもなく、一応安全考慮して遠巻きに置かれた一般見学者の多くも無事ではいられませんでした。

 爆発による黒煙が消えた後には、直径10m・深さ3mの穴と共に、周辺に斃れたおびただしい数の人々が残され、そのほとんどは瞬時にしてその命が失われたであろう様子が一目で判るほど現場凄惨を極めたそうです。

 現場から4kmほど離れた下湧別市街地でさえもその轟音と震動に激しく揺れたと言われるこの前代未聞の機雷爆発事故においては、死亡者112名・重軽傷者112名という未曽有の惨禍を見る事になりました。

 そして、この”公開爆破”を企画した遠軽警察署長や、直前において爆破地点を変更させた警防団代表者も、その過ちを悔やむ時間すら与えられないままこの日帰らぬ人となっています

 この大惨事により現場居合わせ警防団員のほとんどが死傷し、下湧別村は多くの”働き手”を、そして家族にとっては一家の”大黒柱”を一瞬にして失いました。

 「一体誰のせいでこんな事になってしまったのか」…機雷を放った知らざる敵か、現場に丸投げした道庁警察部か、それとも無謀な計画立案した警察署長あるいは陸上処理を主張した警防団員か…もはやそれをぶつける相手もいない中、人々の行き場をなくした怒りと悲しみだけがポント浜には残されました。

https://touch55.hatenablog.com/entry/2019/06/09/181743

合掌

2022-05-13

anond:20220513152013

有吉志村さんが呼んでるイジリは「嫌だって」って竜兵が反論してるよ。


GOOGLE使えればすぐわかるのに・・・

増田村民は村の外に出ると殺されると思っているのかな?

2022-05-08

anond:20220507225232

昔のブクマカっていうか昔のはてブIT系技術記事英語記事ホッテントリに上がってる率が異様に高くて居心地良かったよな

あの頃はマジで理系ブクマカ村民の大半やったんやろなぁって思う

2022-04-21

anond:20220421101150

増田作文。

若手サラリーマン若い女性も

増田やツイッタ―に貼りついて

「生娘シャブ漬け」に夢中だと思っている、(実際生娘シャブなんて誰も話題にしてない)

典型的な小太りメガネ増田村民

「おいおい…こんな時期に、生娘がシャブ漬けにされにきてるよ」「タイミング悪くね?バカなの?w」みたいな事を言っていた。

女性達は箸を進める手が止まって、かと言って言い返せもせず下を向いていた。

さすがに見ていて辛く、可哀相になったので、チャラいリーマン達に向かって

ちょっと食事中ですし、そういう事を言うのは止めましょうよ。失礼ですよ」

と言った。

逆ギレされたら嫌だなーとか思ってたけど、意外とリーマン達は「あっ、すみません…」みたいな形で、先に何故か俺に、次に女性達に頭を下げて

慌てた様子で注文したメニューにはロクに手をつけないまま店を出て行った。

相手ヘタレで良かった、と思い、再びビールを飲み始めた。

持ってきた店員さん(ちょっと顔なじみみたいになっている人)に「先程はありがとうございました」とか言われて、

2022-04-12

はてなは100文字までだけどツイッターは140×Nで実質無限なんだよな

その違いが如実に現れるシチュエーションだと、はてなIQツイッターIQに大きく水を開けられる状況もままあるんだよな。

そういうときにはブログを使えばいいって昔の村民は知ってたもんだが、最近は面倒くさがって100文字に収めようと無理した結果IQを下げる方向で妥協しやがる。

100文字以上使わないと喋れないような内容は最初から考えないようにしてるってことだ。

それを繰り返すと脳の思考の上限が100文字になる。

ガラス天井ってやつだ。

そうしてみるみる頭が悪くなっていく。

ブクマカブログなりツイッターなりNOTEなり100文字より多くかける媒体を併用することをいい加減覚えたほうが良いぞ。

マジで最近のお前らは100文字より多い文字数で考えることが出来ない脳みその持ち主になってきている。

2022-04-10

anond:20220410110628

そんなん下ネタと同じだよ。グレーにしてたのに大声出すヤツが出てきたから、村民けしからんですなって言ってるわけじゃん

献血の時も似た感じじゃなかったか




正直さ読んでない側からしたら電車中吊り広告もどうかと思うのよ。監獄学園だかさ。胸元開けた巨乳ドSくさいねーさんとか

水着も危ういやつとかいるじゃん

他にもうさんくせー広告あるけどそれは無視




から、たわわが下ネタでグレーだったのが、大声うるさいヤツの逆鱗に触れるようなトコに出ちゃってさ

はてな村民立ち位置をハッキリさせたんだよ。誰も求めてないけどな

2022-03-27

anond:20220327120922

しばしば誤解されてるけど、

やってきた医者村民一丸となってイジメてるわけじゃないんだよ。

村内では、村長派と反・村長派の間で紛争が起きていて、

村長派が医者を連れてくるから、反・村長派が追い出そうとするの。

こういう対立構造無視して、村民部外者医者を追い出す田舎のヒトは性格が悪い

と評するのは間違ってる。

2022-03-17

anond:20220317110518

それしか言うことがないか

リンチ正当化がお得意の村民様は、本当の被害者スケープゴートにして悪人に仕立て上げることがお好きなようですね

低能先生被害者なのに

あと最近俺や俺以外の同意見を優しい優しい人権派って言葉使って煽るのもいるけど、ああいうのこそがリンチの大好きなはてな村民なんだなって

啓蒙してるつもりだろうけど、いじめが大好きなクズ言葉なんて響かないよ

2022-01-19

anond:20220118205437

追加燃料をほどよく投入してくる手練れ感、相当の村民とお見受けした

2022-01-05

日本フィクションデモ民衆抗議活動肯定的に描いたフィクションって異世界ファンタジーなら結構思いつくけど(ONE PIECEとか)

現実世界の話だとやっぱり殆どないのかな

ひぐらしのなく頃にはそうかなー(村民ダム反対運動児童相談所への抗議が肯定的に描かれる)と思ったけど

あれも賽殺し編ダム反対運動がなくてダムに沈む世界が罪の無い理想の世界みたいに書かれていたか微妙か?

実家の親に俺のTwitterアカウントを教えたら回覧板経由で村中に知れ渡り村民全員にフォローされる。

そのせいでツイートするたびに、

「ゆうちゃんそんな事考えるようになったのか。立派になったなぁ。」

とか、

「そんな言葉使っちゃ駄目だよ、ゆうちゃん。お母さんが泣いちゃうよ。」

といったリプをつけられるようになる。

たまに村民同士がリプで井戸端会議を始める始末。

その内その奇抜さがニュースなどで取り上げられるようになり、世界的にも有名になってしまう。

俺は最初絶望したが逆に好機と考え、知名度を利用して村おこしをし、村は栄えましたとさ。

めでたしめでたし

みたいなショートショートを見たい。漫画でも世にも奇妙な物語でも良い。

2022-01-04

anond:20220104011058

Dappi裁判の時にはそんなことを言わなかったhatena村民がそんなことを言ってもなあ

2021-11-29

飲み会に親でも頃されたの?

忘年会若い人が忘年会とかリモートでもやりたくねぇみたいなのを見たんだよね。

Twitterからさ、素直すぎる意見なんだろうし、村民もそうだそうだって言うじゃん。

俺も嫌いなんだけどさ、なんつうか、まぁそれでもやれば行くわけよ。たかだか2時間だし、説教よりはマシじゃん。

どうせダラダラ店に残るんだから、お開きになったら二次会行く前にトンズラこけばいいし、それで少しでも偉い人の気持ちがよくなればいいじゃん。中間管理職なんてはずれくじなんだし。


面倒くせぇけど、通勤みたいなもんで嫌ってのは分かるけど、そんなにあからさまに拒否らなくてもいいだろうよ。

2021-11-25

ハケアニメ原作出版されたとき(2014)にはてブに上がる読書記事で軒並みおススメされてた記憶があって読んだんだけど(かなり良かった)、実写化ニュースに対するブコメみると完全に当時の村民はもうなりを潜めてるんだなって感じた

2021-11-08

anond:20211108132015

犯罪悪用されかねない情報を自慢げに描くこういうのを見ると前増田サラダ油燃えない事を力説してた村民を思い出すのね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん