「ある子供」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ある子供とは

2021-04-26

ゲーム依存だけで不登校になることはありうると思う

から虐待を受けているとか、学校いじめられているとか、子供被害者性がなかったとしても、

ただゲーム楽しいというだけで不登校になることはありうると思う。

ゲームのような刺激(ゲームだけではない。ブランドバッグを買いすぎるとかも一緒)に依存するプロセスは以下のようになっている。

ドーパミンの過剰分泌により強力な渇望を引き起こす

快楽への耐性がつき反応が鈍くなるため量を必要とするようになる

③脳の前頭前野機能が低下する(意欲、集中力記憶力、論理的思考能力客観的思考能力感情コントロール能力コミュニケーション能力が下がる)

不安うつ疲労感、不眠、苛立ち

脳の発達プロセスある子供の頃に③が起こるのはなかなかの問題

ゲーム機を壊したことについてだけキレているブコメが多かったが、ゲームを好きなだけやらせているとおそらく脳が壊れていただろう。

ドーパミンの過剰分泌が起こるものへの依存状態が続くと前頭前野機能低下により社会的地位は下がる。

エロコンテンツの見過ぎもドーパミンの過剰分泌を起こす。これは男叩きではなく、女がBLエロ画像ばかり見ているなどでも脳は壊れる。

こういうことを書くと本能である性欲を否定するのか?みたいな反論をしてくるバカカスがいるけど、程度の話をしている。

一日三食食うのは正常だが、一日十回食事して5000キロカロリー摂取するのは異常だろ。後者を不健康だと言うことは、食欲の否定ではない。

2021-04-14

anond:20210414142240

親が急死してから重度知的障害ある子供が家の中で餓死した事件を知って、これを個性と呼ぶのは無理があると思った。

2021-03-30

高専存在を知らない教育関係者自分無知を少しは恥じろ

教育関係者ですら、高専存在を知らない人がいる。高専という進学先があることが見えていない人がいる。理工系に関心がありそうな子供に、「高専って選択肢もあるけど、どうだ?」というアドバイス一つできない教師塾講師がいる。教育評論家でありながら、高専存在を徹底的に無視するような人もいる。(一例 https://toyokeizai.net/articles/-/394133?display=b

嘆かわしいことであると同時に、非常に由々しき問題だと思う。

工業科学技術に関心のある子供なら、誰でも高専と聞けば少なからぬ興味を持つだろう。そして、高専にするのか普通科にするのか、その違いをよく考えて、悩んだ末に自分で進路を決定することは、それ自体がよい学びの題材であり、豊かな経験である普通科に進学するにしても、何も考えずにみんなそうしているしそれしか選択肢がないと思うから普通科に行くのと、高専比較した上で普通科を選ぶのとでは全く違う。高専存在無視する教育者は、この「悩む機会」すら子供に与えないという点で、その無知職務怠慢を厳しく非難されるべきなのだ

2021-03-24

anond:20210324134747

格ゲーブーム時代と比べたら遥かに衰退してるだろ

ゲームするのにいちいち時間と手間かけられる暇人が減ったんだよ

そのせいで最近流行るのはいつでも気軽に出来るスマホゲーか暇がある子供向けのswitchゲーばかりだし

2021-03-04

anond:20210304191801

存在すら知らない」?そりゃ教師責任だろ

工業科学技術に関心のある子供なら、誰でも高専と聞けば少なからぬ興味を持つだろう。そして、高専にするのか普通科にするのか、その違いをよく考えて、悩んだ末に自分で進路を決定することは、それ自体がよい学びの題材であり、豊かな経験となる。普通科に進学するにしても、何も考えずにみんなそうしているしそれしか選択肢がないと思うから普通科に行くのと、高専比較した上で普通科を選ぶのとでは全く違う。高専存在無視する教育者は、この「悩む機会」すら子供に与えないという点で、その無知職務怠慢を厳しく非難されるべきなのだ

2021-01-16

なあ

老い先短い老人たちの余命と未来ある子供たちの時間、どっちが大事か考えなくてもわからいか

子供たちの自粛恩恵を受ける爺さん婆さんたちは代わりに何をくれるっていうの?

2020-12-06

anond:20201206082238

学力ちゃんとあるのに高専の「存在すら知らない」、高専受験しようという「発想すらない」人がいる、子供高専存在を教える事すらできない親や教師が多すぎることが問題だと思っている。

工業科学技術に関心のある子供なら、誰でも高専と聞けば少なからぬ興味を持つだろう。そして、高専にするのか普通科にするのか、その違いをよく考えて、悩んだ末に自分で進路を決定することは、それ自体がよい学びの題材であり、豊かな経験となる。普通科に進学するにしても、何も考えずにみんなそうしているしそれしか選択肢がないと思うから普通科に行くのと、高専比較した上で普通科を選ぶのとでは全く違う。高専存在無視する教育者は、この「悩む機会」すら子供に与えないという点で、その無知職務怠慢を厳しく批判されるべきなのだ

2020-10-15

anond:20201014153508

悟り というのは、執着を捨てることでしょ。最終的に捨てるのは自らの生命への執着かな。

この文章途中までしか読んでないけど、例として出た「ある子供を助けるために自分の命を捨てられるか」、ってのは、悟りに到達できない人の考え方じゃないの。「ある子供の命を助けたい」って、めっちゃ煩悩じゃん。

なんらかの現世の価値観による動機づけがあるのは、悟りって言わんだろ。

2020-09-27

anond:20200926160033

察してちゃんは悪なのかと併せて読みたい。

https://anond.hatelabo.jp/20200926173820

まあ、自己主張が幼少期から認められなかった人たちは、周囲の人の意思決定によって自分人生が決まるからじゃないか

その結果、文句は言うけれど、自分では現状を変更しないが出来上がる。

もちろん、文句がない状態自分で現状を変更するがよりよいのだけれど、それはそれなりにリスクがある行為で、それを幼少期から訓練していない人に突然やれと言っても無理だよねと思う。

...と書きながら高度機能障害ある子供たちを育てる人向けの講演会選択するのにもトレーニング必要という話をしていたのを思い出した。まず、当り障りの少ないところから選択肢が少ないところから選ぶ訓練をする。例えば、今日おやつリンゴバナナのどっち?みたいな。この段階では選択メリットデメリット自明ものになっている。この段階でだんだん選択肢の数を増やし、リスクも増やす。例えば、今度のお休みに遊びに行くのは遊園地映画館ちょっと遠くの大きな公園みたいな。

次に、選択肢の背景にあるメリットデメリット自分で見つける訓練をする。それから選択肢そのもの自分で見つける訓練をするだったと思う。この時点まで来てやっと自分選択肢を考えて、優劣をつけて、選択をするができるようになる。

自分で選ぶ」ことができる人は幼少期からかにこの訓練をしてもらって、選ぶことができるようになっているわけで、訓練してもらってない人に突然選べというのはちょっと酷だと思った。

...いや、「自・分・が・選ぶの!」は正しいんだけどさ、でもさ、世の中にはそれができない人がいるんだよって話だよ。

2020-09-18

anond:20200918091313

うちの自治体はなにかと隠蔽体質だもんで。過去教育・保育関係での洒落にならないトラブルがいくつかマスコミにすっぱぬかれて大ごとになっているくらい。それでも自治体の長が交代してましになったかなと思ったら、この状況です。保育園自治体運営している認可保育園。だからこそ隠蔽されてるのだろうと思われ。

自治体感染者第2号(1号と同じ職場に勤める濃厚接触者)が、所属先を明らかにされないまま不適切な行動(発熱感染自覚していながら飲食店や人の多いところへ出掛けた)だけが公表されてしまい、批判殺到してしまったということがあって、たぶんそれで迂闊に情報公開出来ないって発想になったと思われる。けど、情報公開の仕方がおかしいのを改善せずにだんまりを決め込むのは間違ってると思うんだけどな……。

職場自治体の外なのだけれど、同僚には私と同じ自治体在住の人達複数いる。皆子持ちで自治体内の保育園幼稚園子供を預けている。職場オーナーには誰を休ませるべきなのか正確な情報が入って来ないので、まあ困ってるだろうな。子供が濃厚接触者になってるのに嘘吐いて出勤してくる人がいたとしても、分からないんだし。

例年の秋冬だと、やっぱりうちの辺りでも子供が高熱出してるのに登園前に解熱剤を投与して無理矢理登園させるというのが普通にある。それが悪びれもせずに世間話として普通に語り合われている。でも今年はさすがにそれはやりにくいんじゃないかなと思う。子供を無理に登園させることの出来る家は、子供の早退に対応出来る身内がいるからそうするんだけど、さすがにコロナ感染の疑いがある子供を預かってくれるのは身内にだって中々いないから……。

2020-09-05

anond:20200905145403

年齢と開放するコンテンツについては今後の議論になるんだけど、その理解で大体あってるよ。

今みたいな一律でR-18とするレーティングだと、例えば14歳の子供がオナニーのためにポルノコンテンツアクセスしたらドラッグレイプ痴漢にも全部まとめて並んでるんだよ。

ポルノアクセスする/しない」という構造しか作られてないから。

から、今みたいな構造だと結果として子供を守ってないんだよ。性欲がない前提でしか作られていなくて、性欲がある子供レイプドラッグなどのポルノコンテンツアクセスできる事になってる。

ワールズエンドクラブは誰に向けて作られたゲームなのか

先日、トゥーキョーゲームから新作がゲリラ的にリリースされた

その名も「デスマーチクラブ」……ではなく、「ワールズエンドクラブ

タイトルが変更となったこ作品は、初報でのキャッチコピーはこう打たれていた

12人を殺す?12歳による、12のデスゲーム

2年前、簡単ビジュアルと共にファミ通に現れたこキャッチコピーに胸を躍らせた自分を今でも覚えている

ダンガンロンパでお馴染み小高和剛氏と極限脱出シリーズでお馴染み打越鋼太郎氏がタッグを組んだとなれば更に期待は高まる一方だ

よく練られたシナリオの打越

皮肉に満ちたサプライズ小高

この2人が協力して新たなデスゲーム体験を与えてくれる

それも、デスゲームではタブーとされる子供たちがそれを行うのだ

流石に直接的な表現はないだろうが、それでも生死不明くらいの表現はしてくれるだろう

純粋だが残酷しか12歳という思春期を迎えつつある子供たち

そこに与えられるデスゲームとは一体どのような物語になるのだろうか

期待せざるを得なかったのを覚えている

そして2020年9月4日

1月最後に動きを止めていた公式が突然に「タイトルを変え」「ゲリラリリース」したのだ

そして配信されたワールズエンドクラブ自分も飛びついたのだった

……だが、そこから始まったのは「茶番」であった

ネタバレを防ぐためにも簡単にいうが、要は「デスゲームは嘘」だったのだ

このゲーム、ワールズエンドクラブはデスゲームものではなかった

あくまでデスゲーム要素はプロローグだけになり、デスゲーム破壊して脱出した後、崩壊した世界探検するのがメインとなる

ここでよく聞く意見としては「流石にデスゲーム子供たちにやらせるのは倫理的にまずいとなり、急遽変更となったのでは?」という意見

だが、この意見配信日に行われた制作陣による生放送にて伝えられた「最初から子供たちが崩壊した世界探検するゲームとして作っており、デスゲーム要素はあくまで"ツカミ"として入れられた」とのことから否定される

自分小高)と打越がやるならデスゲーム要素入れたいね、ということで付け足した」

小高氏は言っていた

そう、つまり広告で彼らは嘘をついていたのだ

最初からデスゲームものなど作っていないが、それを隠していたのだ

私的意見申し訳ないが、「だとしたら、私が期待して待っていたのはなんだったのか?」と言わざるを得ない

そしてメインとなるストーリーは前述したとおり崩壊した世界を旅するもの

しかしこれもまた、首をかしげざるを得ない内容だと言いたい

いや、内容自体はたいしたことはない

突っ込みどころはかなり多く、ご都合主義不快下ネタや不自然唐突な展開などかなりあるが、それでも主軸となる「子供たちが鹿児島から東京まで冒険する」というストーリー自体問題はない

私が首をかしげざるを得ないというのは、その雰囲気

12人と道中で増えたもう1人、計13人は続く道中、喧嘩したりトラブルに遭遇したり、膝をつきかねない強大な問題にぶち当たる

しかし彼らは仲直りし、協力し、絆を深め合い、進んでいく

頭に浮かぶのは子供の頃に読んだ児童文学、「ぼくらの7日間戦争」をはじめとしたぼくらシリーズ

そう、このワールズエンドクラブぼくらシリーズのような児童文学の装いでもあるのだ

そんなもの、期待していなかったのだが

あくまで私の意見であるが、打越鋼太郎氏のハード世界小高氏の悪趣味世界はあまり見受けられないと思った

なら、このゲームは一体、誰に向けたゲームなのだろうか?

広告していたデスゲームは嘘だった

シナリオディレクター陣の過去作とは毛色が違う話である

なら、このゲームは誰が楽しむのだろうか

もちろん情報が明かされた今となっては「明るい雰囲気ゲーム」として手に取る人は多いだろう

しかし、それは"今となっては"、だ

それ以前、打越鋼太郎小高和剛の名前、そしてデスゲームというジャンルから期待していた人の、その期待に応えるつもりはあったのだろうか?

せめて、デスゲーム要素は無く、グーニーズを想起させるジュブナイルものであると少しでも事前に伝えてくれたなら「なるほどそうなのか、それはそれで面白そうだ」と期待の仕方を変えたもの

それを配信ギリギリ、いや、配信してから公開するのは

誰のためだったのか

少なくとも

私のためではなかった

あえて言うが、私はこの売り方に失望した

告知と内容が違うのは過去特にダンガンロンパシリーズでも見受けられ、そのたびに賛否両論を呼んだが基本的に私は好意的だった

が、それはあくまで「ダンガンロンパを買ったらダンガンロンパだったから」だ

今回は「ダンガンロンパを買ったらぼくらの7日間戦争が入っていた」レベルに内容が違うではないか

奇を衒えば話題になる

そのためならゲームの内容に嘘をついてもいい

情報を隠していい

ユーザーの期待を裏切っていい

本気でそう思っているのなら

トゥーキョーゲームスはゲーム屋ではなく

ただのつまらない嘘つきなだけだ

anond:20200904215143

批判側の意見は「ゾーニング問題である」という方向に収束しているらしい。子供の目に入ったらどうするんだ、と。

しろフェミニストミサンドリストの目に入ったら騒がれて面倒だから」という程度ではないでしょうか。「子供に見せるのはヤバい」と言う人がいたとしてもせいぜい建前で、実際にそんな心配をしている人がそれほどいるとも思えません。「という方向に収束しているらしい」というのはあなた思い込みか、あるいはそんな大人の建前論に引っかかってしまったがゆえに(あなたが「〝子供〟の立場からこのトピックで論を立てたい」と考えるあまり採用してしまった間違った(あるいはあまり意味をなさない)前提なのではないかと言う気がします。

18禁レーティングを、子供を守るためのものなんて本気で考えている大人は、ごくごく少数でしょう。それは「なにも考えてないから」ではなく、「大枠としてある子供と性という真の問題解決コストと労力を費やして社会全体として傾注するつもりがなく、といって当該のイシューが原因または遠因となって実際に子供が傷ついたとき責任も取りたくないから」といったところだと思います(まあ、そういうのはなにも性に関することだけではないです)。

大人というべき立場の人たちが、当事者である子供の性欲の「安全かつ倫理的」な解消に無関心なのはそもそも彼らに当事者性がないからです。彼らの中にも青春時代に異性や同性との関係を求めて煩悶した人はいるでしょうが、それでもどうにか切り抜けたり、あるいは同じような片割れをうまく見つけて乗り切ったり、それでどうでもよくなってしまったのです。放っておけば今の子供たちも適当よろしくやって育つだろうみたいな、一種生存バイアスですね(青春時代にしくじって身を持ち崩した人は、ここには含まれません。そんな人たちのなかには、次の世代の子供たちに同じ思いをしてほしくないと活動する人もいれば、逆に同じ目に遭わせてやろうと引きずり込んでくる人もいることでしょう)。

だいたい、そもそもみんながみんな若いからといってそこまで性欲に支配されるわけでもありません。そこを間違えると、単に個々人のフェティシズムを満足させるためというだけの成年向け創作を、隠された人間の本性を暴き描いて禁忌の扱いを受けた真実みたいに思い込むことになりかねません(そういう人こそ、本来「成年向け創作」を鑑賞すべきではない人だと個人的には思いますし、成年向け創作はそういう人に多かれ少なかれ実際に悪影響を与えていると思います)。性は究極のプライベートなので、親しい仲でもそうそ意見を述べ合ったりすることもない問題ですから、知見もたまりにくい。娯楽としての偏った性知識勝手に変な方向に積み上がっていくんですけどね。

ところで思ったのですが、

このnoteでは「フィクションに影響されてロリコン子供に手を出す危険性がある」という主張と「ロリコン子供に手を出さないのにその努力台無しにするな」という正反対の主張が混ぜられている。

このあたり以降であなたが書いていることを読むに、ペドファイル(ここに「ロリータコンプレックス」を含めるとしても、未成熟身体性を持つ少女への愛好のことで、成年女性に対しての性衝動は皆無か、あっても薄い)と、いわゆるロリコン趣味者(社会倫理としては許容されていない、制服を着た女子高生なども性の対象にする成年男子。機会があれば同世代女性とも普通に性的接触を行うし、また女子小中生であっても「女体」であれば性的対象となる)の意味の切り分けができていないので、話が通らなくなってしまっているように思います。後で出てくる「子供に手を出す人の7割はロリコンじゃない、という話、あれは信用していない」というあなたの考えありき――Wikipediaでいうところの独自研究――で話を進めているからですね。

そもそも大元ネタは成人男子男児型の人形を買って性衝動を語っているという話から始まっており、「ロリコン」の話ではありません(元ネタの人は自分男児ではなく女性が好きで、単にネタとして言っただけ、みたいな話になってるようですが)。このあたりも、あなたが書きたいことを書くチャンスが来たと前のめりになりすぎて、周りが見えなくなっているのではないかと感じた理由です。

2020-09-04

高校生から見たラブドール騒動

子供に悪影響」と批判の盾(武器からむしろ矛か)にされがちな子供意見を書いてみようと思う。

高校生なので一応子供に入ると思う。

性別はあえて書かない。

 

ラブドール漫画を巡る騒動で、批判側の意見は「ゾーニング問題である」という方向に収束しているらしい。子供の目に入ったらどうするんだ、と。

それを見て私が思うのは「馬鹿じゃないの」ということだ。

あんなのよりずっと過激もの、見てますけど、今更あれを目にしない様にして何の役に立つんですか?

まず、「ゾーニング」に寄せる並々ならぬ期待が異常だ。あんもの、描く側が責任を問われないための方便でしょう?

もしかしてあなた達は、「あなたは18歳以上ですか?」という質問子供の大半が「いいえ」と押してると本当に信じているのか?

馬鹿じゃないの。

そりゃ本屋18禁コーナーとかは流石に行かないけど、ネット上の18禁なんて守ってる人なんてどれだけいるんだか、意味無いでしょ。

そもそもあなた達は本当に子供18禁を守る事を望んでいるのか?

18歳になるまでエロ画像もBLも同人誌も一切見ず、保健の教科書でも使って性欲解消してろと?

それで、というか、そうじゃないとまともに育たないと本気で考えているんですか?

冷静に考えてどうかしているのでは?

というか、あなたはどうなんですか? 18歳になるまで18禁エロコンテンツには触れずに来たんですか? もし触れたなら、あなたもその悪影響とやらを受けてるんですか?

てっきり私は、大人子供達が18禁を破ると知ってて、むしろ破ってくれるだろうと高をくくってると思ってたんですけど、誤解でしたか

でも、それって何の役に立つんですか? 18禁にして、破らせて、ルールを破るハードル子供の時から下げる社会実験でもやっているんですか? そっちの方がよっぽど悪影響では?

まぁ、本当は何も考えてないだけなんでしょうけど。

 

まず、あなた達の言う「子供に悪影響」の「子供」って一体誰の事ですか?

考えてみた事有りますか? 本当に? では誰の事?

もしかしてもしかしてだけど、私の事?だったら申し訳ありませんけどそのお気遣い丁重お断りさせて頂きます

あなた達の脳内にあるぼやっとした「子供」のイメージ現実存在して脳が有る私を一緒にしないで下さい。

それから、「悪影響」って具体的にどういう悪影響があると思ってるんですか? 18禁コンテンツに触れた事がある子供は多分いっぱい居ますけど、その子供達にどういう悪影響が実際に出ているとあなたはお思いですか?

ロリコンになるとか? でも子供ロリコンって一体どういう意味なんでしょうか?

それか、性に狂って猿みたいになったり、レイプ魔になったり? 本当にそうなっていると思っているんですか? もう一度言いますけど、18禁を見てる子供はいますからね? その悪影響は既に起きてるという事ですからね?

まさかジャンプ風呂覗きの描写が有ったら私や私の同級生風呂覗きやレイプをするようになると本気で思っているんですか?

あなた犯罪者予備軍扱いしてるのはロリコンだけじゃなくて、私達子供だって、気付いてますか?

それで? あなた犯罪者予備軍じゃないとでも?

どこまで思い上がりが強いんでしょうか?

 

別にラブドールラブドール漫画どうでもいいけど、あなた達の言ってることはおかしい。

例えばこの四谷三丁目という人が書いたnote

https://note.com/yo_tsu_ya_3/n/neda17138f9f7

ラブドール漫画に添えられた「実在児童に手を出す前に、ぜひラブドールを」という一文が不適切だった理由が書き連ねられているのだけど、矛盾している。

(余談だけど、私は矛盾があるという「感じ」はすぐしたけど、矛盾を見つけるのに苦労した。論理的に書かれていないから、どの根拠がどこに繋がっているのかとても読みにくかった)

場合分けをしてみる。①ロリコン実在児童に手を出す危険がある(ロリコン以外よりも)、②ロリコン実在児童に手を出す危険はない(ロリコン以外と同じくらいしか

①の場合、まず手を出す危険が有るなら、ラブドールおすすめするのは役に立つ情報じゃないか? ラブドールロリコンの性欲を抑える効果があるなら、「実在児童に手を出す前に、ぜひラブドールを」という情報を押さえ付ける方が、実在児童被害が出る可能性を大きくしてしまう、そんなリスクを冒す大義名分が「社会的責任」というよく分からないもので良いと思っているのだろうか?

②の場合は分かる、本当はロリコン実在児童には手を出さないのに、「実在児童に手を出す前に」と手を出すように印象付けるのは風評被害だ。でも上のnoteでは「フィクションに影響され加害を実行に移す危険性」は有るという事になってる。つまり②は否定されている。

このnoteでは「フィクションに影響されてロリコン子供に手を出す危険性がある」という主張と「ロリコン子供に手を出さないのにその努力台無しにするな」という正反対の主張が混ぜられている。

この人だけじゃなく、いろんな人が上の2つを都合が良い様に使い分けている。自分で気付いて無いのだろうか? 気付いてやってるなら悪質だと思う。

 

私が何で怒っているかと言うと、同じだと思うからだ。

あなた達は子供達がどういう風に性欲を発散するか見て見ぬ振りをしている。18禁で禁じておきながら、じゃあどうすればいいかは考えない、結果、子供18禁を破る事に頼っている。

多分、どうでもいいのだろう、私達がどう発散するか、だから簡単禁止して、その先は考えない。

ロリコンも同じだ。その人達から性欲を発散させる手段を奪って、じゃあ他にどうすればいいかは考えない、「ロリコンを治せばいいでしょ」位の考えなのだろう、子供でもそれが簡単じゃない事ぐらい分かる。

あなた達は人の事なんかこれっぽっちも考えていない、それなのに矢鱈と干渉してくる、挙句の果てに「子供のため」、どこまで思い上がりが強いんでしょうか?

 

騒動に乗じて、腐女子の学級会文化正当化する人が居たのも笑った。

腐女子は学級会で自浄作用を働かせている」だそうだ。

でもちょっと考えれば分かるけど、学級会があるという事は、ルールを破った人が居たという事だ。学級会が開かれた数だけ、ルールを破った人は居る。

それに、学級会自体が正しかたかは分からない。

全ての腐女子が学級会に納得してるとでも思っているのだろうか? そんな訳ないだろう、責めるのが腐女子でも、責められる側だって腐女子なんだから

全部が全部とは言わないが、私が見た学級会は酷いものだった、論理的じゃないお気持ちけがぶつけられ、一方的に吊るされる。それが自浄作用? 自浄作用が無いの間違いだろう。

もし学級会で一方的批判した側が正しくなかったら、それは冤罪で裁いたのと同じ事で、それを後ろめたく思ったり間違いじゃなかったか心配するどころか、誇るのはどういう神経なのだろう?

私は論理的じゃない批判が一番嫌いだ。批判には絶対論理必要だと思う。何故か、批判された方が納得する為だ。

批判されてもそれが論理的だったら、「ムカつくけど、言っている事は正しい」と納得できる。

でも、論理的じゃないお気持ち批判されても、反論しようがないし、納得も出来ない。理不尽だ、という不満だけが溜まる。

ラブドールロリコンに対する批判に私が苛立ったのも、それが論理的だとは思えなかったかなのだろう。

 

あと私は、子供に手を出す人の7割はロリコンじゃない、という話、あれは信用していない。

男性の9割はロリコンだと思っているからだ。

まず、どうやってロリコンだと判明するのだろう?

次元や2次元ロリエロ画像を何枚も見せて、勃起したらロリコン、という方法検査したら、ロリコンにならない男性は1割も居るだろうか?

まぁこれは私の偏見かもしれない、男性の性欲を強く考えすぎなのかもしれない。もし男性の人で分かる人が居れば教えて欲しい。

それに、女性ロリコンショタコン結構居るんじゃないかと思っている。

簡単だ、あなた男性でも女性でも、今すぐpixivでも開いてロリショタでR18の画像を何枚も見ればいい、そこで勃起したり興奮を感じたらあなたショタコンロリコンだ。

この方法でどれくらいが逃れられるだろう?

これまでロリコン批判してた人も、同類かもしれない、これまで検査してなかっただけで。

検査してないか感染してないってコロナかってw

だいたい、2次元について言えば覇権ジャンルにどれだけ未成年が混ざっていると思っているのだろう?

私の知っているジャンル学生が多い、それらを消費する人たちが全員ロリコンショタコンだと考えれば、かなりの割合になるはずだ。

 

恐らくこの日記にも、大人から大人になれば分かる」とか「お前が幼いだけ」みたいな謎の上から目線のご意見が寄せられるだろう。今から目に見えるようだ。

そういう、反証できず反論しようがない批判をする人を私は信用しない。それは論理的じゃない批判と同じだ。「ムカつくけど、言っている事は正しい」と納得できない。

でも、どうせここまで言ってもそういう反論は集まるだろうと思っている。どうせその位しか言えない人達から

  

〇返答

やっぱり謎の上から目線コメントが多いな、それに論理的に答えていないので全く納得できないんだけど、本当に読んだんだろうか(長すぎたのは自分でも反省しているけど)

自然とTLに流れてくる事と18歳以上ですボタンを押して見に行く事の差はあなたが思う以上に大きいんだよ

はい謎の上から目線論理的説明無し。論理的思考過程が書かれてないこれを評価してる人って一体何に納得してる訳? 証明問題に途中式書かないと0点って知ってますか?

分かるでしょ? こういうのに騙される馬鹿ばっかりの学級会がどういう地獄になるか、論理が無くても正しい事にされて、相手論理確認しようとする私の質問はただ無視される。全く同じだよデジャブかと思った。

質問に答えてないじゃん。結局これ子供18禁以上ですボタン押す事分かってるって事だよね? その時点で「子供に悪影響」って根拠ゾーニング目的を果たせてないじゃん、馬鹿じゃないの? 悪影響防げてないじゃん。

「18歳以上です」ボタンをあえて押させる意味って何? ルールを破るハードルを下げさせる以外にある?

あ、エロコンテンツに触れる事に罪悪感を持たせる事とか? それなら成功してるんじゃない? あなた達はそうだよね、でもそれって良い事なんですか? むしろそれが悪影響なんじゃないですか?

 

でもね、「18禁です。18歳以下の人は見ないように」「ロリショタものです。注意」みたいなクッションは確実に必要なのだよ。

なぜかというとそれがあることによって『クッションをつけなくてはいけないもの』という認識ができるから。おおっぴらにしていいものではなく、人を不快にするかもしれない、傷つけてしまうかもしれない刺激物なんだとわかるでしょ?

それってクッションが「18禁」じゃないといけない理由って何ですか?

ロリショタものです。注意」は分かります。でも「18禁」って内容に対する警告とは微妙にズレてますよね。18歳以下も見て有名無実になっている自覚が有るなら「エロコンテンツです」の方が正確じゃないですか?

こういう人が、子供が「18禁」を破り続ける事でルールを破るハードルが下がる影響だけは完全に軽視する理由が全く分からない。

 

親をやってる身から言わせてもらうと、子供が「みんなそうだ」「平気」「普通」「大丈夫」と押し通そうとしたり、質問しまくって来る時は、めちゃくちゃヤバいという認識を持っている。

「みんなそうだ」「平気」「普通」「大丈夫」で押し通そうとしてるんじゃなくて、ゾーニング18禁が本当に正当性があるのか確認してるだけなんですけど読めてますか?

質問正当性論理的かどうかの確認必要からやってるんですよね、論理確認を謎の経験談で押さえ付けようとする理由はなんですか? 論理的に答えられないから?

子供をやってる身から言わせてもらうと、子供質問しまくってくる時はあなたがその質問に答えられないだろうと思ってるって事で、つまりあなた馬鹿だと思われてる時です。確かにめちゃくちゃヤバいですね。

こんな所で得意げにその正しいか検証されたこともない経験則を得意げに披露してる場合じゃないと思いますけど。

というか、普通に考えて、そういう時は「めちゃくちゃヤバい場合と「子供が正しい事を言っている」場合の2パターンが有って、あなたは両方を「めちゃくちゃヤバい」に投げ込んでる雑な人ってだけですよね?

その2パターンのどちらなのか考えるのが親の仕事なんじゃないですか? 雑に投げるんじゃなくて。

 

 

18禁てのは正しい事と区別がつくようになるまでダメって事だよね。(18になれば分別がつくわけでは無い)それにはやっぱり性教育必要なので、規制よりも性教育をしっかりすることを発信していったほうがいいのかも

それは同意です(18歳という基準意味不明ですけど。私に対して「お前は高校生からいいんだ、小中学生は違う」って言ってる人は、18歳という基準が間違っていると考えているって事ですよね?)

でも現状は性教育どころか、子供をただ性から遠ざけて満足してるだけなんですよね。

例えば仮に子供に悪影響を与えないエロ表現が有るなら、それを18禁じゃなくて子供も見られるようにする、とかそういう議論になると思うんですけど、全然ならないんですよね

子供が性欲を発散するという事を受け入れられない異常者ばかりだからあなた達は子供の性欲の発散方法議論するにはまだまだ未成熟なんですよ。一体何歳になったら成熟するんでしょうね?

 

 

子供だった私は18歳以上ですか?の質問に「はい」と答えることもあったし、そんなんで子供ブロックできると思ってんのか!って言うのは本当に賛成なんだけど、だからこそ子供には「あなた性的に見てくるひとが、必ずしもあなた尊重したり大人扱いしているわけじゃない」ってことをわかりやすく教えておかないといけないんじゃないかな。

全然わかりやすくないですよね。

あなたは18歳以上ですか?」って「あなた性的に見てくるひとが、必ずしもあなた尊重したり大人扱いしているわけじゃない」って意味なんですか? 分かりにくすぎません? 純文学ですか?

普通に「あなた性的に見てくるひとが、必ずしもあなた尊重したり大人扱いしているわけじゃない」と言えば良いのでは? で、勿論それは分かっていますよ(どうせ分かってるって言っても「いや、分かってない」って言われるだけなんだろうけど)

ロリコン一枚岩ではないか特に矛盾とは思わないな。

そうだとしたらロリコン同士の態度の相違は矛盾にはならないんですよね、子供には手を出さないという事を世間アピールするロリコンも居れば、手は出さないけどアピールはしないロリコンも居る、一枚岩ではない、人それぞれですね、で終わる話です。

 

「ムカつくけど内容は正しい」意見は人を動かさないので社会運動には使われづらい。

社会運動には正しくない意見しか使われないって意味で合っていますか?

 

ゾーニングは万能ではないけど、建前だけでも守る姿勢を出すのは大事

勘違いしていませんか、18禁を守るのは大人じゃなくて子供なんですけど、むしろわざわざ18禁ってルールを作って破らせているんですけど

子供を守っているつもりなら自己満足だとしか言いようが無いですね。あなたは何も守っていません。

 

こういう雰囲気だけで喋って中身が全く無い馬鹿が多いから困るんだよ。

 

 

まさかジャンプ風呂覗きの描写が有ったら私や私の同級生風呂覗きやレイプをするようになると本気で思っているんですか?” 中高生風呂覗きや盗撮、それなりに発生してるんだよ…大抵ニュースにはならない

中高生風呂覗きや盗撮がそれなりに発生してるならそれはジャンプのせいなんですか? 頭大丈夫ですか?

 

君はね、ラブドールからすでに様々な精神的影響を受けて、はてなにこのような書き込みをするまで阿婆擦れに成長したんだ。現在状態を君は正しく自己分析認識できていない。そういうことを大人達は言っているんだ。

だそうですよ、大人達、よかったですね。

ところでこのコメントはてブの新着コメントにずっと上がっていて何人も同じコメントしてるのかな? と思ったら、コメント編集してずっと上に持ってきているみたいですね。そういうテクニックがあるのか、勉強になりました。

 

 

あと、これは返答ではないですけど、「これはエロコンテンツです」じゃなくて「あなたは18歳以上ですか?」じゃないといけない理由説明できている人が恐らくいないですよ。

エロ大人不快になるなら、「これはエロコンテンツです」の方が正確だし、実態に合っていますよね?(で、そうなると子供を盾に使えないし、使わないで下さい)

2020-09-02

anond:20200827182934

易経とニーモック表を小学生に教えちゃえばいいんだよ。

個人的には小学生の時点で詭弁論理学逆説論理学が一人で読める地頭ある子供

中学上がる冬休みゲーデルエッシャーバッハ読む輪読セミナーの機会ぐらいあってもいいと思ってるが。

2020-08-21

anond:20200821200053

ありがとうございます

真摯なご返信を読ませていただき、刺さるところがいくつもありました。

              

空気を読みすぎて空気なるのが楽って思ってしまっているので、そこは個性であっても伸ばすべきではない。怠惰に近い。

これはまさしくその通りで、何も主張しないのは責任から逃れる態度だということを以前子供に話した事があります家庭内ではそこまでではないのですが、学校では「波風立てない」でやり過ごすのを処世術にしているというか…。

              

「私に決断をさせるな!」

こういう、けれん味のある表現はお年頃もあって好きかもしれません。作文を苦行ではなく楽しむのに効きそうです!

              

他人がどう思うか、を考えられるのはとても優しいお子さんなんだと思う。(中略)そこを褒めてみてほしい。

これは私には全くなかった視点で驚きました。色々な立場を考えるのは公平性とか可能性列挙癖のように捉えていました、が、おっしゃる通り優しさから他人の心を考えているのかも…。

              

ほかの部分も、とてもとても参考になりました。

本と関連「付けない」自分語り

関連付けないことを意識するとまた荒れそうですが、自分語り自体はすることもある子供なので、できるかもしれません。

              

増田先生のおかげで、まだ試したことのない引き出しが増えて、多少(私が)落ち着きました。作文を書くのは子供なのに、親が勝手に焦っていました…。

押し付け過ぎないようにヒントを活用させていただきます

他人のことを考える優しさ、褒めます

              

本当にありがとうございました

2020-08-16

自分欲望うんざりした

先日、子供が生まれた。

 

まれる前、妻が妊娠4ヶ月ごろ。

私は「たのしみだね。」と妻に言いながらも、素直に喜べない感情が心の隅っこに引っかかっていた。

 

その感情の中身は、障害児が産まれてこないか心配だった。

特に自分達に要因があるわけではないが、漠然不安だった。

 

街で見かけた障害ある子供と手を繋ぐお母さんの姿に自分の妻を重ねて、自分人生の大半が子供介護になってしまう事が不安だった。今まで頑張ってきた仕事無駄になることがイヤだった。今までしてきた徹夜の日々が無駄だと思いたくなかった。

 

障害児が生まれ確率を調べ、出生前診断をし、結果について夫婦で話し合いもした。

検査結果は「90%以上の確率で異常なし」。

それでも万が一があるので、神社祈祷をした。

 

子供健康意外、他に何もいらない」心から強く強くそう思った。

 

そして子供が生まれた。

何も異常はなかった。心から安心した。

 

すると今度は、子供容姿心配になった。

妻は二重だが私は一重なので、子供には二重になって欲しくなった。

 

さらに、子供が少し歩き始めるくらいになると才能が心配になった。

運動神経が良くなってほしいとか、アート感性を身につけて欲しいとか。

 

その時に気がついた。自分はなんて愚かなんだと。

あの時のあの思いはどこにいったのかと。

 

もし神様がいて「あなたの子供、障害もって生まれてくるけどどうする?」

みたいな会話があって、私が

すみません、それだけはやめてください。他には何もいらないんで。」

と答えてたとすると完全に契約違反だ。

 

もうやめよう、何も望まないようにしよう。

よく母や祖母が言っていた「健康が一番大事!」という言葉が胸に刺さる。

 

2020-08-15

囲碁教室今日おやすみ

 お盆中だから、ということだ。お陰で今日の昼御飯子供達をせっつきながら慌ただしく食べることはなく、のんびりできていい。

 このご時世で親戚回りもできず、外に遊びにも行けず、ハイパー暇なので、最近の子ども囲碁事情をただの碁好きなだけで素人であり、我が子が子供囲碁教室ボランティア運営)に通っているというだけの私がわかる範囲だけだけど書いていく。

子ども囲碁大会の規模が年々大きくなっている。

 県内大会だけの話だけど、毎年参加人数記録を更新している。ただ、地方少子化が進んでおり、県内囲碁教室があまりなく大会も開かれないという県もあって、そういう所から子供達が越境してきて大会に参加しているという事情もある。囲碁人口の増加だけじゃなくて集約化されているようなのだ

大規模な子ども囲碁大会全国大会の予選を兼ねているものだが、ほとんどの子全国大会予選には出られない。

 子ども囲碁大会は二つのセクションに別れている。棋力認定戦と全国大会予選である。どちらに参加するかは個人自由なのだが、基本的には囲碁教室先生に声を掛けられた子が予選に出場するって感じだ。

 棋力認定戦でぶっちぎり優勝してもただ昇級・昇段できるだけである……というのを、保護者ちゃんと解っていないケースを見たことがあるんだが、そこで揉めると当の子供と教室先生可哀想なので、わきまえて欲しいところ。

 数年前、全国大会予選会が開かれないことがあった。その時は大会主催者とかなんかお偉いさん達が協議した結果、推薦枠で一人の子試合をせずに全国に進んだ。県内の有力選手の中に、その子匹敵するような子がいなかったらしいと聞いた。なんだろう、プロの門下生だったのかな? ここら辺をズルいと保護者が思っちゃうとやっぱり辛いのは子供囲碁教室先生である。今の囲碁界の感じだとプロになれる子とただの囲碁を嗜む子供の間にはとても越えられない壁があると私は思う。

地方囲碁大会にのんびり参加している時点でもうプロになる見込みはほぼないと思って、保護者あきらめた方がいいと思う。

 けど、親としてはやっぱり頑張ればプロになれると思っちゃうのかなあ。夫婦揃って教室大会についてきては子供右から左から激励して追い詰めている親がいるけど。

 いきなり世界レベルの話をするけど、囲碁二大強豪国の中国韓国では囲碁スポーツと見なされていて、まだ幼い子供達の中で才能のある子供達を手厚く厳しく育成している。

 日本囲碁界も最近世界でめっきり通用しなくなってきたということで、子ども棋士英才教育に乗り出しているけど、そういうのは基本的には都会だけの話で、私が住んでいる地方では、まず少子化甚だしい中で子供達に囲碁を普及することから頑張らないといけない状態

 多くの囲碁少年少女囲碁を知るのは早くて保育園幼稚園の年長さんで多くは小学生から、すーごいゆっくりペースで碁を覚えていくという状況で、英才教育を受けている子供達には到底敵わない状態だ。

 スポーツとしての囲碁陸上とか野球とかがそうであるように体力溢れる若いうちが強い時期なので、小学生から趣味範囲内で頑張ってももう遅いのだ。

 かつてフィギュアスケートタラ・リピンスキー五輪最年少優勝をしてその直後に引退したこと問題になり、五輪出場に年齢制限が設けられたが、囲碁にはそのような質の制限はまだない。ずっと制限のないままでは、これから囲碁若さこそが強さであり若いしかやる価値のないスポーツになっていく。

 囲碁強豪の韓国はすでにそんな状況になっているようだ。韓国内や世界タイトルを若手棋士が取りまくることによって、プロ棋士は盛りを過ぎた途端に収入を得られなっているそうだ。これから自分家族を持ち養っていかなければならないという時期に食えなくなるとなれば、態々囲碁棋士になろう、あるいは我が子を棋士にしようと思う人はそのうちいなくなるだろう。

 日本において、子供プロを目指して囲碁修行をするというのはそうとう特殊事例だと思うけど、いずれ日本囲碁界も世界の潮流に呑まれていくとすれば、将来棋士になって良いことはさしてないだろうと思う。

囲碁が安く学べる時期はそろそろ終わると思う。

 うちの子が通う囲碁教室地域囲碁好きなお年寄り達のサークルが面倒を見ている。ボランティアから授業料がすごく安い。他の教室もだいたい似たような感じだと思う。ボランティア人達がいなくなったら、囲碁教室もなくなってしまうだろう。だが、ボランティア人達年代特定年代に偏っていて、後から入ってくるひとは多くなさそうだ。

 囲碁人口を絶やさないためにまずは子供達に囲碁を知ってもらうことから、ということで、ヒカルの碁ブームの頃から囲碁普及を頑張って来た人達が、ヒカ碁第二世代小学生になるまで持つかどうかというのが問題最近は中邑菫ちゃんの登場だったり、将棋藤井聡太君の活躍ちょっと便乗できた(近場に子供将棋を習える場所がないので仕方なく囲碁に流れて来たというケースがある)ので、少子化の酷さのわりに地域の子囲碁人口は減っていないのが救いだけど。

 趣味囲碁を教えてくれる人がいなければプロ棋士インストラクター教室に通うしかないが、それはかなりお金がかかることだし、囲碁は少数の人の高等遊戯になるだろう。

 我が子がお安く囲碁を習っていられる今の状況はもうすぐ終わるかもしれないというのに、ただの数ある習い事選択肢ひとつとして厳しい目で保護者が選別しようとすれば、子ども囲碁教室寿命は益々短くなると私は思っている。

2020-07-27

こんな感じの死生観宗教観?って名前ある?

世界観

人類の魂はたった一つ

・一つの魂がある人の人生を生き、死んだらまた別の人の人生を生き、を繰り返してる

・魂は時間を遡れる、例えばある子供人生を生きた後でその親の人生を生きたりする

・それでも数百年単位で見れば魂は過去の人間の人生を生きてから未来人間人生を生きている

人類絶滅すれば、魂は最後の一人の人間人生と一緒に消滅する

行動方針

・魂が消滅しないようになるべく長く、多く人類繁栄しないといけない

・なるべく人類の苦しみの総和が少なく、幸せの総和が多くなるように生きる

他人は皆過去未来自分なので親切にしてあげる

漠然とだけど、こんな感じの雰囲気自分は生きてるんだけど、元ネタ?というか発想の元が思い出せないんだ

2020-07-26

次々と物を処分していく

フリマアプリキャンペーンにつられて物を売ったのが1週間前

毎日習慣のように色々な物を処分し始めた。

最初は、小遣いが欲しいという気持ちだけだった。

でも、今は違う。

思い出を捨てたいんだ。

正確には、頭の片隅にある子供部屋の思い出。

部屋に積まれた埃をかぶったおもちゃ漫画コレクションの数々。

止まった時間と、そこに留まってしま自分

どうにかしたいけど心地よい空間

思い出はある方が良いけど、全部思い出を持つ必要はない。

捨てることだって必要

本当に大切なら買い戻せば良い。

全部抱えて歩けるほど僕は器用ではない。

ブックオフ不用品回収の予定も組んだし、少しずつ物を片付けよう。

まずは、段ボール3つ分くらいかな。

2020-07-24

安楽死について反対している人へ

反対してる人って、なんで安楽死を望む当人の声を無視して平気で意義を唱えられるわけ?

お前、元気じゃん。回復の見込みなく日々精神的にも肉体的にも衰え苦しんでる人の声をなんの権利があって、拒否してるわけ?

同じ立場になって言える?誰が言えるっていうんだ?

さらに、自分が老人になったときさらなる老人を介護するようになって、本人も介護する側ももがき苦しんでいて同じこと言える?

統計的にもほぼ100%介護から開放されたとき、ほっとするらしいけど、悲しまれて死ぬことより喜ばれて死ぬことに何の尊厳がある?

そんな人生をどれだけの人が望むっていうんだ?

さらに、日本の老人の寝たきり年数は他国の倍以上。医療進歩日本は不健康寿命までも無理やり伸ばしてきた結果だ。

これをどうやって正当化できるわけ?寝たきりの人間だって辛いって発想はないわけ?そんな期間が倍増するんだぜ?過剰医療大国のせいでな。

介護年数が倍増になるってことは社会的負担も倍増するわけで、その結果健康保険料はあがりまくり税金はあがりまくり年金受給開始はもう70になろうとしているけど、日本社会から持続可能性をも奪うことになるけど、それでも拒否したいわけ?年金撤廃してでも限界ギリギリまで医療の力で寿命を無理やり引き伸ばし生きながらえさせたい?気持ち悪すぎ。日本人の寿命は不自然すぎてただただ気持ち悪い。エゴの塊とかそんな次元じゃないよ。

社会保障費なんて圧迫しようものなら、未来ある子供にも未来ある国を作ってあげられないわけだ。

教育にも金はかけられない。企業大学研究にも金をかけられない。超高齢者会に拍車をかけることになるけど、そんな未来子供が大きくなって絶望するわけだが、それでもいいの?

安楽死の反対はそんな持続可能ゼロ社会助長する結果であることを理解して意義を唱えるなら勝手に唱えてくれ。

死に直面している当人意見無視して我を通したいなら通してくれ。

でもはっきり言えることは、安楽死反対派は日本未来微塵も考えていないってことだ。

愛国心ゼロ政治家やってる自民党と何らかわりないよ。

2020-07-21

結婚しなさいと言われない訳

周りに似た境遇の人がいなくて自分だけなのか疑問に思ったので、ここに書いてみる。

30もとうに過ぎて未婚かつ、それなりに田舎暮らしているが、親から一度も結婚しろと言われたことがない。

その理由をはっきりと口にされたことはないが、なんとなく察している。弟のことがあるからだろう。

はいわゆる知能が遅れている障害がある。

手帳をもらえるほど重症ではないが、学校集団生活をしていると、確実に浮くレベル障害だ。

高校は、名前さえ書けば合格して進学できる学校に無理矢理入れたので、一応高卒だが、就職は出来なかった。
今は、ボランティアという形である職業の手伝いをしている。もちろんボランティアなので、賃金はでない。
国民年金は親のパート代で支払ってもらっている。

弟を支えるため、一家一団となって頑張ろう!みたいな家族なら良かっただろうが、父は仕事が忙しいと無関心で弟に目を向けようとしなかった。
存在認知しているけど、なまじ障害がそこまで重症ではないので、目をそらしているように見えた。弟の世話はほとんど母がやってきたし、今もしている。

父は仕事借金があって、家も貧しかった。
今はなんとか借金は返したらしいが、蓄えが全くないので、未だに苦しい。

そんな状況なので、両親はずっと不仲だ。
よく離婚しないな、と感心していたが、離婚するとどっちの生活も立ち行かなくなるので、離婚できなかっただけだと社会に出てから気づいた。

障害ある子供貧困+家庭不和

これだけ揃うと、結婚幸せという方程式が崩れて、結婚しろと言われなくなるらしい。

ちなみに父がお金を借りようとしたせいで、親戚からまれているので、親類からうるさく口を出されることもない。

障害がある兄弟姉妹がいる人は、結婚についてあまりから催促されないんじゃないだろうか。

偏見はあると自覚しているし、非人道的な考えだと言われるだろうが、障害がある家族と暮らすのは、苦しかった。

弟のことで何度もイジメられたし、弟もイジメられていた。
母も、数えられないくらい弟の事で周りに頭を下げていた。なんとか弟が人並み暮らしていけるようにと尽力していたが、未だに就職はできていない。

そんな暮らしをしてきたのだ。家族いるか幸せとはどうしても言えなかった

結婚して子ども産めば幸せになれるという謎の神話を信じている人が多いけど、こういう形の苦労を知ってるとなまじ勧められないんじゃないかって勝手に思っている。

私は母の苦労を見てきたし、「お前に迷惑はかけない」と言われたけれど、いずれは何らかの形で弟を養っていかなくてはならないことを考えると、結婚のことは考えられない。

2020-07-18

自分は」失敗作なんだと嫌でも思い知らされる。

ADHDと自閉スペクトラムの息子さんが居る増田とその増田へのトラックバックを読み気分が沈む。これまでは知らなかった。よその家庭にも自分と同じような子供は居る。

宿題の提出が難しい。朝練にも行けない。朝の着替えも時間割の用意も出来ない。読書は好き。ドリルが大嫌い。

全て自分と被った。元増田のお子さんは成績が良く勉強も得意らしいので出来る子供だ。自分は出来なかった。何もかも駄目だった。

小学生ADHDと自閉スペクトラムと診断され治療を受ける事が出来たのはきっと子供にとっては幸せな事だ。

自分滑舌が悪く何か問題があるのではないか、と子供の頃無料カウンセリングに通っていた事がある。ある年齢からもう問題はないと通わなくなったが、発達障害自閉症とは疑われなかった。

家族からは怠け癖のある子供だと思われていた。自分でもそう思っていた。ADHDでも自閉スペクトラムでも努力して社会に溶け込もうとしている・実際に溶け込んでいる人も居るのでそれは正しい。

発達障害の疑いがある、と去年心療内科の診断に行った。高校卒業して10年経っていた。その10年間で働いた日数は半月にも満たない。3650日も時間があったのに、15日も働かなかった。怠けていた。遊んでいた。

ADHDと自閉スペクトラムの傾向があると診断された。初回ではコンサータが処方された。効果が強力だった。次はストラテラを出された。効いているのか分からなかった。その次はインチュニブだった。効き目が分からず飲むのを止めた。

世の中には発達障害自閉症と診断されても、強い意志を持って努力している人が居る。苦しい思いをして辛いと思っても、自分は周囲に馴染めないと思っても、それでも頑張っている人達は沢山居る。

自分は何も頑張らなかった。ただ怠けていた。周りから変わっているとよく言われた。「君は返事だけは良いね」と先生に言われた。それでも何もしなかった。それも含めて自分らしさだ、その内何とかなるさと思っていた。

何ともならなかった。自分発達障害だと分かっていて治療のために通院せず薬も飲んでいない。ただただダラダラと怠けている。アルバイト求人誌も持ち返りはするだけで一切読まない。働くのが嫌だから読む気なんて初めから無い。

昨年一家大黒柱だった父親が死んだ。我が家にはもう収入がない。預金が幾らあるのかは知らないが、凄まじいペースでお金が無くなっている事は分かる。働かなくてはいけない。それでもまだ働いていない。

自分のような何も出来ない人間に出来る仕事なんて単純作業しかない。それも一週間で辞めた。労働がしんどかった。先輩からの指摘がしんどかった。こんなに動き回って1時間1000円も貰えないという事に耐えられなかった。

重い物を運んで体を傷めたので5日のバイト代約3万円はそれで消えた。今はもう働く気が起きない。毎日家の中で遊んでとても楽な気分で居る。幾ら遊んでも時間が足りない。もっと時間が欲しいとさえ思っている。

それでもやがて貯金は尽きる。母親もいつか死ぬ。家庭を築き社会人としても頑張っている兄弟にも嫌われている。生まれ付きのハンデがあっても頑張っている人の話を聞く度に、「自分は」失敗作なんだと嫌でも思い知らされる。

anond:20200717111103

2020-06-28

ボロボロランドセルを背負っていた

ランドセルについてのTogetterを見て、自分ランドセルに関する記憶が蘇ったので書く。

小学校入学してから数ヶ月の間、従姉妹お下がりランドセルを使っていた。

入学前に母親が貰ってきて「○○ちゃんお下がりだけど綺麗でしょう?」と言って見せてきたが、傷もあるしなんだかヘタっていて、ボロボロだった。

嫌だなぁ、と内心思ったかもしれないが、「よそはよそ、うちはうち。うちは貧乏」の精神を幼少時より叩き込まれていたから「まぁ、うちはそうなんだな」と思い黙って使っていた。

ランドセルの値段なんて知らないから、恐ろしく高いものなんだろうと思っていた。

実家の細かい経済事情なんざ今も知らないが、成長してみて思うのは、少なくとも貧乏というほどではない。別に金持ちでもないが、中流という感じ)

当然、周りの子供たちのランドセルはピカピカで、お下がりを使っている子は居なかった。

「どうして入学したばかりなのにそんなにボロボロなの?」「一年生なのにもうそんなに汚しちゃったの?」と同級生に訊かれて恥ずかしい思いをした。

私が乱暴に扱って傷つけたわけじゃないのに、周りからはそう見える。

何と答えたかは覚えていない。何も言えなかったかもしれないし、お下がりから、と答えたかもしれない。

別にの子たちは意地悪で言ったわけではないと思う。単純に疑問だったのだろう。仮に自分ランドセルがピカピカで他の子のがボロボロだった場合自分でもそう尋ねていたかもしれない。

入学から数ヶ月経ったある日(ちょうど今くらいの時期かな)、突然母親から新品のランドセルを与えられた。

すごく嬉しかったと思うが、何故なのかはわからない。

自分から新品をねだった記憶はない。

母親が誰かから言われたのか、自ら何か考えを変えたのかはわからない。

とにかくそからは新品のランドセルを背負い、卒業までそれを使い続けた。

元々使っていたお下がりは何処へいったのかわからない。捨ててしまったのかもしれない。

私には歳の離れた妹がいるが、彼女小学校入学時には初めから新しいランドセルが用意されていた。

私よりも内気な妹が、私と同じ思いをすることにならなくて良かったと思った。

私が子供の頃には、今のようにランドセル多様性などはなく、価格ピンキリはあっただろうが色は黒か赤しかなかった。

性自認に揺らぎのありそうだった子がポツリと、「本当は黒いランドセルが良かったけど、ダメだって言われた」と言ったことを今でも覚えている。

親の意向もあるだろうが、今は色の選択肢がたくさんあるみたいでそれはいいことだと思う。

ちなみに、ランドセルを買ってもらえなかったことで親を恨んでいるとかそんなことは別にない。普段は余裕で忘れて生きている。ランドセル話題を目にしてたまたま思い出した。

でも、母には他にもなんだかそういうところがあるなぁ、と思った。

本当に貧しくてランドセルが買えないのなら仕方ないが、そういうわけでもないのにお下がりで済ませようとし、子供が新しい環境でどう感じるか、周りがどう思うか、そういう部分への想像力があまり無い。

おそらく「自分なら気にしない」と思っている。

そういう「私ならこうする、私なら平気」という感覚を、数十年ギャップある子供にも適用でき得ると思っている節がある。

そういう価値観が、私の折々の進学や就職の時にも挟まれることがあったが、成長するにつれある程度聞き流すようになっていったので、いわゆる「毒親支配される」的な状況にはならなかった。

私が適度に反抗的で、母親はそこまで束縛の強いタイプではなかったからかもしれない。

母親とは話も合うし、尊敬している面もあるが、長い時間一緒にいると喧嘩になることがあるので、今は離れて暮らしている。

たまに会うと楽しくお喋り出来る。

(ここまで父の話題が1度も出てきていないが、子供の頃父親は私が起きる前に出社して寝た後に帰宅するような生活だったのであまり生活面での関わりがなかった。モーレツ社員ってやつですかね、ああいう働かせ方は良くないと思う)

でも、自分子供の頃に感じていた、一つ一つは大きくないけれど細かく点在するしこりのような感情のことを思い起こすと、子供を持つのは怖いなぁと思ってしまうので今のところ子をもつ予定はない。

でも絶対ということはこの世にないと思っているので、もし将来子供を産んだとしたら、ランドセルを選ばせてあげたいなと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん