「「受け」」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 「受け」とは

2020-08-31

将棋界はせっかく藤井二冠という大物新人が登場してTVにも取り上げられているのだからもっと女性ファンを増やす工夫をして欲しい

プロ野球でも広島カープが「カープ女子」を増加させて、観客動員数を大きく伸ばすことに成功した

自分将棋を指すのではなく、プロの対局を観て楽しむファン、いわゆる「観る将」を増やすことに力を入れるべきだと思う

BL将棋「攻め」の反対は「受け」なので、BL好きな女性将棋親和性が高いはず

腐女子」を「歩女子」として取り込んで、「最後の華麗な金のタダ捨て、尊い~」と言わせるように仕向けたい

2020-08-11

追記】私はボーイズラブにハマる人がどうしても理解出来ない

私には10歳年の離れた姉が居た

姉は少年漫画をよく読む人で、幼い私にも自分漫画をよく貸してくれた

私は現在20代半ばだけど、今でも漫画が大好きなのは間違いなく姉のお陰だと思う

ライジングインパクトヒカルの碁遊☆戯☆王など2000年代初頭のジャンプ作品が好きだった姉は熱心にジャンプを買っていた

中でも姉はテニスの王子様特にお気に入りで、今でいう所の推し青学海堂薫だった

私はテニプリに関しては姉と一緒にTVアニメを見るくらいであまり興味が無かった。それよりワンピースが好きでたまらなかった

姉はワンピースならサンジさんが特に好きで、私はルフィゾロに次いでサンジさんは三番目に好きだった。

今なら本当の意味サンジさんの良さが理解出来る。当時の私には、ちょっと大人キャラだった

どうも姉は今思うと少女漫画より少年漫画の方が好きな人だったらしく、少女漫画はあまり貸してくれなかった

私も主にジャンプ派だったのでそこは気にしなかった。私はちゃおりぼんなかよしなどを読んで育った訳ではない。

世紀末リーダー伝たけし!」や「花さか天使テンテンくん」など私が好きで買っていたギャグ漫画を姉も一緒に読んでよく笑っていた

まあ二人の間で一番盛り上がったギャグ漫画ボンボン高校演劇部だろうけど…本当に絵が綺麗な漫画だったなー、あれ

という訳で、私はジャンプで育ったジャンプっ子であるマガジンサンデーチャンピオンなどに掲載されていた作品単行本で少し持っているだけだ。

ちなみにチャンピオン作品だとやはり姉が私に薦めてくれた「覚悟のススメ」が好きだ。グロテスク描写も多いが、同時にとても耽美作品だと思う。

中学生以降は幼い頃怖くて敬遠していたあのジョジョの奇妙な冒険にハマってそれはもう奇妙な学生生活を送っていたような気がする。気がするだけだった。

少女漫画に関してはカードキャプターさくらなどファンタジー要素がある作品ならともかく、そうでない内容の漫画はその時あまり興味が無かった

姉が時々貸してくれる少女漫画もあの長寿漫画パタリロ!」で、ギャグマンガかつ作者が男性という事でどうも正道の少女漫画ではないと思う

姉は花とゆめプリンセスGOLDに一時ハマっていた時期があったと何年か前に教えてくれたが、私の趣味ではないと思ったのか雑誌を貸してくれた事は無かった

しかしやはり嗜好は似るのか、私は少女漫画を読むにしても「彼氏彼女の事情」「フルーツバスケット」などの白泉社作品や「エロイカより愛をこめて」などの秋田書店作品が多い

それ以外ではパタリロの中でパロディとして登場したポーの一族風と木の詩ベルサイユのばらなど昔の作品を少し齧った事しかない

私に少女漫画読みとしての経験値が圧倒的に足りていない事は分かる。長らくの間、私にとって漫画といえば少女漫画ではなく少年漫画だったのだから

からかもしれないが、あるいは全く何の関係もないのかもしれないが、私は今でもボーイズラブの良さがよく分からない

パタリロボーイズラブ的な要素がある作品ではあるが、魔夜峰央先生女性キャラを描くのが苦手でやむをえなく美少年を描いていたそうなので、パタリロ同性愛カップルはほぼ異性愛カップル認識しても間違いないか

萩尾望都先生竹宮恵子先生など少女漫画の祖と言える人達作品にもボーイズラブ的な描写はよく出てくるし、「こういうの好きな人多いよねー」と思いながら読んでいた

しかし私は、そういう大御所先生の描いた名作でも、ポーの一族トーマの心臓のようなボーイズラブ的な要素がある作品より、11人いる!など異性愛的な描写が多い作品の方が自分に合う、と感じる

詳しくは知らないけれど、ボーイズラブというジャンル少女漫画女性作家さんが描かれた作品からまれた、という話は聞いた事がある

私がボーイズラブ作品にどうしてもあまり興味が湧かないのは、基本的同性愛要素が出てくる事のない少年漫画を育って読んだからか、はたまた生まれ持っての気質か、どちらなんだろうか

でもBL二次創作好きな人って少年漫画好きな人多いよね?という事はやっぱり自分気質の方かなあ。

幼い頃にBL系の二次創作に全く触れずに育ったこともあるのかもしれないけど、ボーイズラブの良さが分からない人ってどれくらい居るんだろう?

追記

そういえば私はパタリロ!記憶に残っている小話がある

タマネギ部隊、という主人公パタリロ殿下を護衛する武官達が作品に登場するのだけど、

この部隊は隊員のほぼ全員が同性愛者で、数少ない異性愛者は奇異の目で見られている

「女が好きなんてあい変態じゃないか?」とマジョリティ同性愛者がマイノリティ異性愛者を蔑む光景は、ギャグなんだけどどこか悲しい物があった

魔夜峰央先生女性キャラを描くのが苦手でやむをえなく美少年” えっ

デビュー当初の読み切りなどには女性キャラがメインの作品もありましたが、ある時期から同性愛を扱った物が多くなりましたね

女性を描くのが苦手だったから代わりに美少年を描いたって何かで見た気がするけど何だったかなあ…

バンコランの奥さん(?)マライヒモデル魔夜峰央先生奥さんとも何かで聞いた気がするけど…はて?

追記2】

トラバブコメありがとうございます

お姉さんに『崑崙の珠』と『ゴー!ゴー!ヘブン!』は好きか聞いてくれませんか……私は好きです。

今後機会があったら是非…姉は私の知らない漫画についてよく知っている漫画師匠!みたいな感じです

ボンボンBLやん

大寺ヒロミ部長をボーイと呼んで良い物か…あの人性自認女性」なんですよね…オカマ男性恋愛も広義の意味ではボーイズラブなのかなあ?

逆に少女漫画に慣れ親しみすぎてたまにBL読んでもシナリオ必然性がない限り男女でよくない?ってなるなぁ(単純にイケメンより美少女が好き)。

これまで自分が触れたBL要素のある作品だと、所謂「受け」側の少年少女のような顔だったり男性モテモテだったりでこれ美少年である必要あるのかな?美少女で良くない?とはよく思います

人の漫画遍歴を見るのは面白いね。

かに自分の知ってる作品でも知らない作品でもこういう漫画を読んで育ったって話を聞くのは面白いです

理解したい、なら、BLつっても今はもっと境界線上の作品含め色々あるから色々読んでみては?

BLというか少女漫画恋愛全般理解出来ないのでは?/BL=少女漫画恋愛という意味ではなく、この増田は「BL理解出来ない」のではなく「少女漫画恋愛理解出来ない」のでは?という意図です

BL要素のある作品は主に古典しか読んだ事が無くて、最近(?)の少女漫画フルバカレカノを読んだくらいなので確かに少女漫画BLについては全然理解出来ていないと自分でも思います

ただ私の場合は作中BL要素も匂わせてある少女漫画(例えばカードキャプターさくら雪兎さんと桃矢お兄ちゃん関係みたいな)を読む事はあっても

男性同士の恋愛を中心に繰り広げられる作品積極的に読む事はあんまりいかもしれません…吉田秋生先生作品は読んでみたいなあ、と前々から思ってはいるんですが…

蛇足

そういえば私は創作におけるボーイズラブにはこれまで生きてきて接点があまり無かったけど、同性愛者の人に苦手意識がある訳では無い

私の姉は90年代ゆずスピッツKinKi Kidsなどのバンドに熱をあげていた事があって、同時期のJ-POPだと槇原敬之さんの曲も好きだったらしい

その影響という訳じゃないけど私も槇原さんの曲は好きだった。まあ長い間どんなときも。以外の曲を知らなかったけど…とにかく一曲しか知らなくても好きだったと言い張る

何年か前に姉と槇原さんについて話した事があるのだけど、姉は当時槇原さんの曲の中でも「Hungry Spider」が特に好きだったらしい。ちなみに私は「軒下のモンスター」がお気に入りだ。

この二曲は腹を空かした蜘蛛や軒下のモンスターという他者に恐れられる存在視点から叶わぬ恋や秘めた想いが歌われているという点で近い物を感じる。

やっぱり感性が近いというか今現在の私の嗜好って滅茶苦茶姉の影響を受けているんだなあ…とこういう時に思う。

私は同性愛者の人がどういう立場に居て、どういう思いを抱えているか、我が身の事として理解する事はきっと出来ないだろうけど、

自分の思いを周囲に打ち明けられなくて苦しい、自分好意を好きな相手に打ち明けられなくて辛い、嫌われたくない…という苦しみを感じるマッキーの曲には共感出来る所が多いし心が揺さぶられる

ところで姉、Hungry Spiderが好きで少女漫画初心者に薦めた漫画パタリロって…やっぱり私には早すぎるから、と打ち明けなかっただけでボーイズラブ好きだったのかなあ…

20年ほど昔、カードキャプターさくらアニメ雪兎さん目当てに見ていると言った時「へー、お姉ちゃん雪兎さんが好きなんだ」くらいにしか思わなかったけど…

今思うと雪兎さんと桃矢お兄ちゃんの二人組が好きだったのかな、姉…私はその時さくらちゃん小狼くんの二人が好きだったよ…

蛇足2】

ところでこの日記の内容とは直接関係の無い事だけど、私は生物学上は男である事を明記しておく。

2020-03-03

去年赤ちゃん作ったんだけど

今初めて産んだ赤ちゃんててるんだけど、旦那が二人目ほしいなーと言ってる。

普通は夫が妻を抱いて子供を作るけど、我が家場合は妻が旦那を抱いて子供作ったのよ。旦那「受け」なのよ。何晩も旦那を抱いてやっと子供作ったのよ。

旦那はまた私に抱かれたいってことなの?

いい加減自分から妻を抱いてくれよ

二人目作るのときも私の下でじっとしてる旦那想像すると複雑

2020-02-18

騎乗位ってみんなどうやってできてるの

たまには夫を攻めてみたいと思って騎乗するんだけど、入れると気持ちよすぎて自分がふにゃふにゃになってしまう。赤ちゃんプレイか?みたいに理性が溶けてスライムみたいになって夫に甘えるしかできない。気持ちよさに耐えて姿勢維持するので精一杯。動くなんてとてもできない。もうIQ2くらいになって、このまま「受け」ていたいのら……ってことしか考えられない。情けない。騎乗位したい。強い海外のお姉さんみたいに、夫の顔を手でのけぞらせて有無を言わさずガンガン攻めたいのに、ダメだ……

2019-11-19

anond:20191119165226

シュワはともかく、スタローン大根はない。

絶対に有り得ない。

役柄を毎回変える器用な役者ではないが、マッチョイメージってだけでラズベリーに選ばれたり、アクション俳優という「キャラクター」で不当に蔑まれてきた人だ。

スタローン演技力証明としては何より、「スタローンと競演した役者が輝く」という逸話がある。

エクスペンダブルズ』のステイサムはわかりやすいが、『ロッキー』のエイドリアンにしても『ランボー』のトラウトマン大佐にしても、あんまり面白くない『暗殺者』で共演したバンデラスにしても、スタローンと絡んだ役者活躍記憶に残る。

共演者に花を持たせるのは「脇役役者」が持つ特性で、なんだ、主演の癖に脇役レベルじゃねえかと馬鹿にしたくなるかもしれないが、逆に脇役のように「他人を輝かせる」演技はうまくなければできないことなである

アイドルタレントの主演作品で脇役を大御所俳優で固めるのと同じ事だ。

もちろんいくつも記憶に残るキャラクターを演じていることを考えれば、共演相手に食われているわけでは決してない。

あんゴリゴリの見た目に濃い顔のアクション俳優なのに、自分が目立つのと同時に相手に合わせた「受け」の演技ができる柔軟さを持っている事に、みんなもっと驚くべきだ。

これはスタローン演出家脚本家としても優れているからこそできる芸当だろう。

(『ロッキーファイナル』において、ロッキーの続編なんてと世間馬鹿にする中、結果的に実力だけでその年の映画界の話題をかっさらった手腕を見よ)

ただの「筋肉バカ」「脳筋っぽい」と思っている人は、こういった彼の特徴に気づきもしないのだ。

伊達に、デニーロから馬鹿にされながらも彼と共演して真正からデニーロスタイルの演技対決を挑み、そして20年後にW主演で再共演を果たした男ではない。

世間からずっと馬鹿にされながらも、ファンはずっとスタローンの演技のうまさを唱え続けてきた。

そのたびにラズベリー賞なんていう何の権威批評性もないただのお祭り騒ぎ根拠に、周囲から馬鹿にされた。

だがファンスタローンの演技に感動し勇気をもらい続けた。

その結果、「全盛期を過ぎてから評価する」でお馴染みのノロマアカデミーでも、2015年、ついに『クリード』でアカデミー助演男優賞ノミネートされた。

世間はもう誰も文句を言わなかった。

2019-07-12

ジャニー喜多川「受け」だったんやな

元ジャニーズの人の告発文読んだけど、ジャニーさんは挿入されたい側だったらしいな。あるいは子供ということで最低限気を使っていたのか?分からんけど、日常的にフェラして円熟した頃にジャニーが乗っかってホモセックスさせられてたらしい。かわいそうにな。しかデビューさせてもらえなかった。

2019-02-27

少年青年漫画作品二次創作において、主人公「受け」側にまわることが圧倒的多数である

理由はわから

主人公は愛されるべき、という二次創作者の無意識的な思い込みなのか、主人公「受け」となる属性(この属性というのがどういうものかははっきりとしていないが、例えばいじめられっ子であったりツンデレ泣き虫といった性格であったりすることが考えられるだろうか)が多く散りばめられていることが多いからなのか、或いは主人公というものは「受け入れる」心を持つことが多いからなのか

もちろん例外も多くあるだろうが、二次創作カップリング傾向・流行というのは年中興味深い

二次創作ではない、商業作品としてのボーイズラブ流行比較をすることもまた楽しみなのである

2019-01-06

A「攻めの反対は?」B「受け」

この会話からBさんは将棋勢だとわかる

2018-07-13

anond:20180713150200

それなら普通に女性向けAV行くんじゃないですかね

ジャニイケメン「受け」やってるから見てる、別に「攻め」が女でもいいけどそんなAVないし、ってのはいそうだけど

2018-01-12

腐女子という感覚、まったくわからない。

私は20代後半の独身女で、

世の中の腐女子を名乗る女性ステータスはそう変わらないように思う。

でも、腐女子かい感覚はまるでわからない。

ノンケなのに、BLにそこまで入れ込むのはなぜ。

ねほぱほ見たけど、別に「いろんな人がいるんだな」でいいんだけどさ。

 

電車と駅で「受け」「攻め」って、なに!?

電車!?

 

 

人じゃなくてもいいんだね!!!??

いや、いいんだけど、本当にまったくわからいから、遠いんだよ。

2017-12-14

anond:20171212191609

増田の言っていることは「ヒーロー白人、悪役は黒人、結末はヒーローが悪役を倒す勧善懲悪」という「お約束」は憎んでいるが、「ヒーローも悪役も黒人、結末はわかりやす勧善懲悪」の作品映画等)は好きだ、という黒人に対して「わかりやすお約束物語を憎んでいるくせに、ヒーローが悪役を倒すというお約束は好きだなんておかしい」と言っているようなもだろう上記の例えの黒人が憎んでいるのはあくまで「ヒーロー白人、悪役は黒人」という「お約束」であって、「ヒーローが悪役を倒す」という「お約束」は別に嫌いではないしむしろ好きだ、ということである

増田の言うような「異性愛規範を憎む人」というのはあくまで「女に生まれれば女らしくか弱く、男に生まれれば男らしく強くあるべき」「たくましい男がか弱い女と恋愛をするのが普通」という規範を憎んでいるのであって、「たくましい人がか弱い人と恋愛をする」という物語が嫌いなわけではないし、「男として生まれたが男らしくしていない男性」という存在「受け」として肯定されている物語が好きだという事もむしろ当たり前なのではないだろうか。

「女に生まれれば女らしくか弱く、男に生まれれば男らしく強くあるべき」「たくましい男がか弱い女と恋愛をするのが健全だ」という規範を憎むのであれば、「攻めはたくましく、受けはかよわく」という物語を好むのは矛盾だ、というのはいろんなことをごっちゃにしている、雑な考えではないかな。

例えれば、「かくれんぼでいつも鬼ばかりさせられるのは嫌だ、そんなかくれんぼは楽しくない」と言う子供が「今日かくれんぼで鬼じゃなかったから楽しかった」と言った時に、「『かくれんぼは楽しくない』と言ってたじゃないか、言っていることが違う」と言っているようなものではないかな。

「女は女らしくか弱く、男は男らしく強く、生まれ性別であるべき姿が決まる」という規範と、「攻めは強く、受けはか弱く、生まれ性別であるべき姿が決まるわけではない」という規範は別のものだろう。もちろん、「攻めは強く、受けはか弱く」という物語が嫌いな人がいるのは人の好みの問題からおかしくないし、そんな人のためのBLも結構からそこそこ出版されて人気がでている作品もある。

増田のしていることは、「かぼちゃは嫌い、西瓜は好き」と言う人に、

かぼちゃは嫌いみたいな事を言っている人を見かけるけど、そういう人は西瓜が好きな事が多い、猛烈に瓜が好きなんだと思う、嫌いとまで言っているが実は誰よりもかぼちゃが好きなのかもしれない」

と言っていることと同じではないかな。

世の中にはかぼちゃは嫌いだけど西瓜好きな人もいる、もちろん瓜全般が嫌いでかぼちゃ西瓜も嫌いな人もいる。

かぼちゃが嫌いなら西瓜も嫌いなのが普通かと言われればそんなことはないだろう。

世の中いろんな好みの人がいるし、こだわるポイントも違う。

それは何もおかしい事でもないし、矛盾していることでも馬鹿にするようなことでもないよ。

2017-11-28

BLリベラルだ多様だって絶賛してる腐女子が苦手

女が犠牲にならない、女が消費者として強者になれるBL世界ウーマンリブ的であり、私を救った〜BLは「一歩先を進んだ」表現なんだ、っていう腐女子結構いる。私はそういうオタクが大嫌いだ。BLの最も大きなマーケットである二次創作界隈において、「受け」と呼ばれるチンコ突っ込まれる方の男に、かつて女がやられてきたことを押し付けいるから。別にトランスジェンダーでも、そういったファッション携行もないのに、BL結婚イラスト「受け」ウエディングドレスを着せられる率といったら。そういう女らしさの押し付けに反対じゃなかったっけ?って私は思う。受けはやたら家事が得意だったり、泣き虫だったり、妊娠できるというSF設定では必ず妊娠するのは受けだしさ。

2016-01-29

さっきスタバ仕事してたら、隣に座った20代サラリーマン男Aが50代サラリーマン男Bに罵倒されていたので、思うところをメモ

何やらAが連絡しておくべき相手に連絡していなくて仕事が進んでいない模様。Bは激昂していて、「あほんだら」「能なし」「だからお前はあかんのや」「どう責任とるんや」とドン引きするくらいの罵詈雑言。Aはしおらしく「はいはい」。

最初はまたパワハラかと思っていたけど15分、30分続くにつれて、いい加減にAもなんか言い返せよな…と思うようになってきた。

完全にBにマウント取られて「はやく終わらねーかなー」と思ってるんだと思うけど、それがBを調子にのせてしまってるんだよ、と横で聞いていて感じた。で、たぶんこのAは、Bに言い返せるようなことを一つもしていないんだろうなと思った。(パワハラ是認するわけではないので悪しからず)

人生被害者になってしまっている」

人とのコミュニケーション普通、攻めるか受けるかのどちらか。攻めるというのは、積極的に何かをすること。罵倒や叱責だけじゃなくて、褒めたり相手が喜ぶことをしたりするのも、自分のなかでは「攻め」に該当する。

良い意味で攻めることは「貯金を作ること」。で、重要なのは、その逆の「受け」。受けてばかりでなにもしないことは「貯金しないこと」ではなく、「貯金を取り崩していること」つまりマイナス

「これくらいはやるべき」と外部から思われていることをやらなかったら、その分だけマイナスになる。逆にやるべきことをやれば信頼に繋がるし、自らを信じる自信にもなる。

常に何かを生み出すようにすること。プラスを積み重ねていくこと。面倒くさいとか、気恥ずかしいとか、そういう気持ちはわかるけど、後で痛い目に遭うこととセットで考えるべきだろう。

2015-12-19

誰が草食系男子を嗤ったか

たまにネットとかで「女が草食系男子かいって叩きやがって」とか「草食系って馬鹿にされた」っていう人がいるんだが、いまいち実感がわかなかった。

そもそも笑ったり叩いたりする対象としてできた言葉だっけ?

調べてみたところ、お誂え向きに大宅壮一文庫特集記事が組まれていた。

大宅壮一文庫:草食系男子

簡潔にまとまってるので詳しくはリンク先を読んでもらいたいのだが

ざっと流れを書くと

07年 『平成男子図鑑 リスペクト男子としらふ男子深沢真紀)』のなかで「草食男子」という分類が生まれ

08年 『草食系男子の恋愛学森岡正博)』で注目される

09年  流行語大賞に選ばれる

ちなみにすでに言葉としてのブーム終焉を迎えているようなので、「草食系男子」ってセクハラを受けた男性は「まだ草食とか言ってんのかダッサ」と思っても別にいい気はする。


上記記事掲載されている雑誌女性向け・男性向けに分けてまとめなおしてみる。

年齢層と雑誌カテゴリは各誌の媒体資料等を参考にしている。

女性誌における「草食系男子

年代掲載誌読者層・中心見出し
2007With20代/ファッション男の本能を知れば、恋はどんどんうまくいく! あなたのまわりにも急増中! 口グセでわかる“7大平男子カタログ(内1カテゴリとして「草食男子」)
2008non-no1020代/ファッション出会い「4月革命」に勝利せよ! 巷で急増中!「草食男子」の実態に迫る! サバサ女子モテる理由男子の変化にあり!
2009OZ plus20~30代/ライフスタイル恋愛リアル白書 今どき男子攻略編 “肉食系から草食系”まで、今どきの男子の「生態分類図鑑」 生態別で考える男子攻略テク
 清流中高年/総合情報白河桃子トレンド講座 3回 「草食系男子
 an・an20代/恋愛総合情報男を見る目 良さも悩みもそれぞれです。草食と肉食、どっちと恋する? ※草食系男子肉食系男子
 家の光40~60代主婦/食と農情報早わかり!ニュースナビ 経済 お酒よりスイーツ草食系男子経済に影響を与える!? ※自動車販売台数の減少、草食系が増えた背景
 シュシュ20~30代/総合情報婚活」の生みの親・白河桃子アラサー婚活常識非常識 11回 好きですか?草食男子 ※草食男子を好きな女性のほうが結婚に近い?
 Hanako WEST20代/総合情報タイプ別分析! 草食、肉食だけじゃない。今どき男子のホンネ 本当のところ男子は何を考えているの?
2010清流中高年/総合情報オトナになりなさい! 23回 「草食男子」はなぜ増えた?
 non-no1020代/ファッション恋愛崩壊の緊急リサーチ男子編 今ドキ男子白書2010春 ※ツルみ男子の過ごし方調査、草食派・肉食派の本音と生態、男子趣味ストレスイライラ劇場彼女を作らない本当の理由
 CREA30代/美容テーマ読書という冒険 心に効く!読書処方箋 アラサー女子の悩みを解決する魂の100冊! 草食系男子感性を知る10冊 ※『風の歌を聴け』『本当はちがうんだ日記』『銀河鉄道の夜』他
2011女性セブン50~60代/週刊誌澤口脳学堂 7回 人差し指と薬指の長さでわかる脳的「草食系男子

男性・一般誌における「草食系男子」 (12/19一件追記)

年代掲載誌読者層・中心見出し
2008DIME20~30代男性/トレンド情報DIME BUSINESS REPORT 外よりウチが好き、仕事中にお菓子を欠かさない、女子の間にいても自然… 「草食系男子」が増えてるってホント!?
2009日経エンタテインメント20~30代男女(男性2/3)/エンタメ情報2009年ヒットを見通す!ヒット10大予測 モテ 草食系男子vs肉食系女子 「受け」のおっとり男と「攻め」のイケイケ女がモテる
 週刊プレイボーイ20~30代男性/週刊誌佐藤優の「セカイを見破る読書術」 19回 草食系男子がわかる2冊 本当は彼女が欲しい草食系男子! 瞳読みの技法を… 森岡正博草食系男子の恋愛学』 ローレンツソロモン指輪
 週刊新潮中高年男女/週刊誌あとの祭り 249回 草食系男子論 その1/その2
 AERA30代~男性/週刊誌勝間和代のあの人をまねたい 6回 今月のテーマ 男と女 森岡正博 哲学者 ※草食系男子ブームきっかけをつくったこの人に会ってきました
 サイゾー30代男性/エンタメ情報ベストセラー草食系男子の恋愛学』著者を直撃 “草食系応援団長森岡正博に聞く 「ブーム違和感」「草食系の落とし方」
 クーリエ・ジャポン2040代男女/国際ニュース世界が見たNIPPON 「草食男子」の台頭は果して日本社会にとって悪いことなのか 消費にも恋愛にも消極的男性が急増している。「男らしさ」が変化する日本社会世界が注目している
 DIME20~30代男性/トレンド情報DIME REPORT 次世代を担う「G25男子」の実態レポート モノを持たない、買わない“草食系男子”の消費動向をつかむヒント!
 マンスリーウイル読者層データなし/オピニオンHEADLINE オバタカズユキのしょせんヒトゴト 「草食(系)男子」の就職活動 ※某私大で行われた就職活動イベントでの男子学生の印象は草食男子というより“へたれ男子”…
2010週刊文春50代以上男女/週刊誌勘三郎勝新石田純一…最強の「肉食男子」は? 竹内久美子の新説 「草食」「肉食」は薬指で決まる ※薬指と人差し指の長さのさでわかるオス度
 正論読者層データなし/オピニオンもう1つの日本危機 草食系男子を生んだ時代精神分析する なぜかくも欲望の欠如した男が大量に生まれるのか ※2度にわたる日米戦争の敗北、続く卑屈な米国への依存、他
 現代エスプリ医療教育関係者/心理臨床学系性とこころ 性と現代若者 草食系男子肉食系女子 ※物欲競争欲も弱い草食系男子、親と仲がいい「イエラブ族」、見た目にこだわる理由、受け身で男女平等恋愛感、肉食系女子婚活、他
2011週刊プレイボーイ20~30代男性/週刊誌科学恋愛講座 19回 草食系男子結婚市場で人気!? 男には「肉食と草食を使い分ける演技力」と「知性をお金に換える能力」が求められている!
 週刊プレイボーイ20~30代男性/週刊誌篠田麻里子草食系男子改造計画(連載/~2013)
2014SPA!30代~男性/週刊誌第1次世代大戦 169回 草食化男子 異性との接し方がわからない 失敗することを強く恐れている
2015週刊プレイボーイ20~30代男性/週刊誌爆笑問題の笑えるニュース解説 182回 草食男子を超えた絶食男子話題! 絶食男子が急増中!? 爆笑問題と考える性交渉問題

ざっと見た感じ

08~09年 女性誌で、『気になるあの人の攻略方法』みたいな感じで使われる(ここまでは肯定的

09年 「若者論」として高年齢向け雑誌が使い始める

10年 高年齢向けや特定政治思想雑誌で「無気力若者」の代名詞として扱われ始める

って流れのような気がする

ネットをもう少しもぐればまた違うかもしれんが

草食系男子」をいじめてんの、基本的には若い女じゃなくて、おっさんおばさんじゃね?

12/19追記)

「だから女の子は悪くないんだもん☆☆」というニュアンスで受け取ってる人がいるようで、文章力がなく申し訳なかったが

そうじゃなくて、冒頭に書いた「女が草食系男子を叩いてる!」という認識は不完全じゃねえのかと言う話である

女が叩いてないわけではないだろうが、おっさんも叩いている

っていうかここに取り上げられた雑誌記事範囲だと、おっさんが率先して叩いている

草食系男子が叩かれる」背景にあるのは、男女対立の構造ではないよねってこと

(12/20追記)

他の記事と関連させて読んでいるのか、

「(言葉意味肯定的否定的かに関わらず)お前は草食系男子だと発言するのはセクハラになりうる」

という旨のコメントしてるひともいるようだけど

べつにその点に異論を挟もうとしてる記事ではないし、文中でも最初段落で、その点について肯定スタンスで触れている。

ある言葉セクハラかどうかは、その言葉が発された文脈に大きく依存するが、

ある言葉を「叩き」と受け止めるには、語義自体の変化があるのではないか?という仮定の下、

雑誌の扱われ方から語義の変遷やその震源地を追おうとしたのがこの記事

なんでかって言われたら興味があったから。

例えば「美人」の現在の語義は肯定的ものだが、時と場合と相手によってセクハラになり得ると考えている。

しかしそれとは別に、「美人」って言葉を「叩き」と受け止める人を複数見かけたとしたら(「美人って叩かれた」とか言う人がいたら)、自分不思議に思うし、美人の語義の変化を疑って状況を調べると思う。

そういうわけなので、別に男性セクハラ問題矮小化しようとかそういう意図は一切ありませんし

増して「こっちの語義が正しくてこっちが間違ってるんです」というような主張もありません。

2015-12-03

腐女子フェミ

アニメ児童ポルノって声高に叫ぶおばさんたちは「女性男性性的欲求を満たす道具になっている」という反感があるのかな。

共感能力が高すぎてアニメキャラを我が事のように思うの?

そういう意味では腐女子というのも同じようなもの

女性キャラが一切出てこない男性キャラ同士の絡み

という世界安心を覚えるのかもしれないと考えることがある。

嫁が腐女子なので「男性キャラ女装するのはおk?」と聞くと「おk」と来る。

逆に「男性キャラ女体化するのはおk?」と聞くと「NO」となる。

もちろん個人差や好き嫌い範囲ではあるでしょうけど。

これを聞いた時、女性男性同士の絡みから恋愛模様」を楽しみつつも

「受け」が苦しんでいる様子を見て「男が苦しそうな顔をしている」

ことに一種の嗜虐心を抱いて悦に入るのではないか、と考えたわけだ。

いつもいつも性的搾取されている「女性」を一瞬忘れつつ

男性だけの愛憎劇に様々な感情を発露させる。

あるいは男への復讐もあるかもしれない。

というわけでフェミばばあにはBLたくさん見せつけたら落ち着くかもね

2015-10-12

23歳の頃、乳首が弱い男のセフレだった話

桐谷美玲似の彼女が居る男のセフレだった時期がある。桐谷美玲似が共通の知り合いだった。

以下セフレのことはA男とする。A男は完全に私のタイプの顔だった。目尻が垂れていて、眠そうな幅広二重の大きな目。鼻筋はスッと通っていて、歯並びの良い口元は横顔まで綺麗だった。私の元彼は顔が大きくて肩幅が狭く、あまりスタイルが良くなかったので、A男の肩幅の広さや身長の高さ(177cm)、首周りのバランスの良さや脚の長さには惚れ惚れした。とても手が届かないと思った。でもA男は女にだらしなく、彼女が居ても別の女をセフレ候補としてとりあえず口説いておくような男だったので、私もA男と寝ることができた。並んで外を歩く気は起こらなかった。A男が並んで歩くなら、桐谷美玲との方が明らかにバランスが良かった。私は喪女ではないが、美女では決して無い。桐谷美玲ともA男とも、並べば非常に見劣りする。自覚はある。

A男はサイドの髪を短くして、身体も鍛えて(オアシスかいジムに通っていた)、一見オラついていると言えなくもない見た目をしていたが、私とのセックスでは完全に「受け」だった。童貞喪失が年上女性だったらしい。セフレだった頃、A男は26歳、桐谷美玲は25歳、私は23歳だったが、A男は本質的には年上に攻められるのが趣味で、社会的地位もA男より低く年下の私に「上位女性」として攻めて欲しがった。桐谷美玲にこういうプレイは頼めないようだった。A男は私とセフレになる前から既に乳首が開発されており、舐めてやると腹を波打たせて、背中を反らして、顔を横に振って悦がった。乳首だけで射精できるレベルではないので、陰茎を放置して乳首だけ20分30分と攻め続けると、目に涙を浮かべて呻きながら震えていた。女受け重視で細マッチョに鍛えたヤリチンの身体が、快感によじれる様子は本当に絵になった。乳首だけを攻められ続けて焦らされて焦らされてカウパーを垂らしながら耐える表情は本当にエロかった。美しいとも思った。A男は体臭ケアに余念が無く、体毛も全剃りではなく量を減らすような専用の剃刀で減らしており、スキンケア髪型のセットに随分凝っていた。「女に熱烈に身体を求められる俺」が大好きな、ナルシシストだったんじゃないかと思う。ただ、肛門に指を突っ込もうとしたときには「それはマジで怖い」と断られた。

A男は元サッカー部で、Jリーグヨーロッパサッカーの話を好んだが、私は興味が無いのであまり聞いていなかった。音楽趣味も合わなかった(A男はワンオクとか聴いていた)。漫画趣味も合わなかった(A男は「あひるの空」や「アオハライド」を読んでいた)。関係は1年ほど続いたが、桐谷美玲と別れたことでA男が情緒不安定になり、私宛に面倒くさいLINEがいっぱい届くようになったので嫌になって連絡を絶ってしまった。A男は元々不安定だったのだと思う。桐谷美玲メンタルケアをしてくれて、私が性癖フォローしていたことで、とりあえず上手く回っていただけで。私にメンタルケアはできないので、連絡を絶ったことに後悔はない。ただ、本当にエロかったなあ。もし私が男性に生まれていたら、お金を払わないと自分よりずっと美しい異性は抱けないだろう。ホテル代はA男が出してくれていた。いい男だった。男性が「メンヘラ女はエロい」と言うのを聞いたことがあるけど、メンヘラ男もエロいと思う。自己愛自意識承認欲求、性感に悶える自分に陶酔している感じ。美しい身体。声も良かった。本当にいい思い出。私の人生にあの1年があって良かった。

2015-08-18

刀剣乱舞二次創作は女×男が充実してるよ

http://anond.hatelabo.jp/20150818063520

「女審神者」「女攻め」あたりのタグ刀剣乱舞二次創作を探すと、

"「受け」としての男性の性の可能性"

"男性が単なる竿役にならず、男性が受ける様子に一定の紙面を割いている"

"女性快楽を「与える」側"

"「受け」として愛されるためには魅力(説得力)が必要"

こんな感じの作品結構出てくるのでおすすめ

刀剣乱舞性的嗜好博覧会と化しているので女×男に限らずなんでも結構見つかる

 

追記

ふたなり女子高生×見た目成人のガチムチ刀剣男士とかある

女→男のいわゆる逆リョナや、BLリョナもある

女主人が刀剣男士にどぎつい淫語を言わされる小説が1000users入りしたり

刀剣男士が主人に攻められてどぎつい淫語を言いまくるのも人気

女性向け作品=プチ鬱雰囲気モノローグで尺を稼いでるという偏見があったけど、

女性向けでこんな露骨エロいんだなあと思うようなとにかくねちっこいエロ描写もある

本当になんでもありといった様相で、控え目に言っても最高

いつか書く、Girls forM分析の下書き

キーワード

エロ漫画、G4M、男性の性、受け、攻め、タチ、ネコ

主題

「受け」としての男性の性の可能性をG4Mから探る

受ける男性について

BL
G4M

ケーススタディ

clover全般

大嘘全般

その他おねショタ全般

女装モノ

モンスター人外モノ

ピリリネギ(Vol.7)

ばらボら(Vol.9)

その他

総括

2014-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20141222174700

多くの人とは???具体的に何人???

俺の言う「一般受け」とは、少なくともその辺の女子中高生やオバちゃんが普通に知ってて積極的に消費しているくらいは必須だ。

ミスチルの話してんだからそんなの当たり前だろ。ミスチルレベル「受け」の話してるところにクラシックとかどんだけ頭湧いてたら比較対象に挙げようとすんのかマジで理解できない。

2014-10-26

受け身な男性

よくモテない男性の特徴として「受け身」であることが挙げられるのだけれど、それは本質ではないと思う。

より精確には「受け身なのに上手に受けられていない」ということだと思う。

まず前提としてモテない男性性的アプローチとは「告白」のことである

いきなり女性に「告白」するのは恥ずかしいしまず失敗する。これは馬鹿でもわかる。よって受け身になるしかない。

しか自分に対していきなり「告白」してくる女性がいるはずがない。これも馬鹿でもわかる。

ではどうするか、というよりはこれは私がかつてどうしていたかという話なのだが、好きになった女性に対して「好きです」というオーラを発散することによって女性自分に「告白」してくることを期待するというキチガイじみたものであった。失笑どころではない。

モテないモテないと言っている男性が実はそれなりに女性から性的アプローチを受けているということはある。

ただ、モテない男性恋愛観は「好きかそうでないか」であり、性的アプローチとは「告白」のことであるため、仮に女性から親しげに接されたとしても、「この女は俺のことが好きなのかな?」と狂気勘違いに走り、「俺のことが本当に好きならそのうち告白してくるだろう」と考えて何もしないどころか逆に引いたりする。これでは何も始まらない。

女性から最初アプローチを的確に「受け」リアクションを返してゆく、自分とある程度親しくなっても良いと思ってくれた相手と親しくなってみるように努める、そういう「受け身の徹底」だけでもすぐに彼女ができるかどうかは別として事態大分改善するんじゃないかと思う。

人間関係に対して受け身というのはその人の個性であって、それに対して「勇気をもって女性アプローチしよう」みたいなことをいうのは人格否定だと思う。

受け身なら受け身でちゃんと受けていればそれなりにモテることは間違いない。ただ「何もしない」人間は絶対にモテない。それがただ一つの真理なのである

2014-07-05

細かすぎて伝わりにくいけど汎用性が低いと思う実況用語選手権

KS既読スルー)」とか「私は、激おこだよ!」とか、よく「マシタ会長の間で流行ってる言葉」ってニュースになるじゃないですか。でも、実況やオタ界隈も、マシタ会長と同じかそれ以上に日々新しいワードを生み続けている業界だと思うんですよね。そして本人たちふつうに使ってるけど、一歩外の人相手にその言葉使うとぜんぜん伝わらなかったりするんですよね。っていうか、今日会社で「Free!にかんしてはどうしてもモンペなっちゃうんですよね〜」と話したら誰にも意味が伝わらないという事件があり、思い知りました。

そこで、「受け」とか「攻め」とかのようなさすがに人口に膾炙している言葉ではなくて、最近腐女子SNS上でのやりとりでよく見かけるようになってきたワードと、私のまわりのごく一部で考えだされたけどこれは汎用性低いと思うので推していきたくないというワードとを羅列し、意味を解説してみた。(※実況民がよく使ってるなと思うだけで実況民に限らずオタ内でよく見かける用語も含んでいます

【ウヘウヘヘ】

ザ・ネットスターかなにかで、TL上に出た @hirokira さんの発言。結構おいやめろと返ってくる。

例:「私達の熱いアイドル活動アイカツ!まります。ウヘウヘヘ」「おいやめろ」

テレビ

「クソアニメだったんでテレビ壊すレベル」「終わったんでテレビ壊した」「テレビマクー空間ベントした」など、あるファンの奇行きっかけに、ほかのファンがテレビを壊すことと見てたテレビの内容をかけて発言するさま。

例:「テレビ壊した。あんたの病気うつったせいでね!」

アドベント空間だよ…二つの世界狭間にある空間で…そこに送られると二度と戻れない… 】

死んだり異世界に飛ばされたときに使う。

例:「本物の貴虎はどうした!?」「アドベント空間だよ…二つの世界狭間にある空間で…そこに送られると二度と戻れない… 」

2014-02-11

人生絶望する前にアナニーだ!

人生に落ち込む友人や同僚の姿を見たり話を聞くたび、私は処方箋としてアナニーを勧めたくて仕方がなくなる。

お前はアナニーの気持ち良さを知らないまま、「死にたい」とか言っているのか?と。

よく解らない?だったらまずは普通オナニー射精する時に指サックでもハメて軽く指を肛門に入れてみるがよい。

射精の時の肛門の収縮をはっきりと感じる事ができるはずである

射精は精液が出るから快感があるのではない、この筋肉の収縮に繋がるものこそが快感なのだ

肛門の収縮の際に何か挟まったような異物感のほかに別の感触を感じられたなら結構アナニー感度はよいほうなのではないだろうか。

いきなり遺物挿入に抵抗があるなら、しばらくは通常のオナニー+アナル弄りをし、時に乳首弄りをするとよいと思われる。

多くの体験談では、そして私の体験でも前立腺感度と乳首感度は表裏の存在であり、キュアエースとレジーナ関係とも言えるだろう。

先に述べたアナル射精何となく感じを掴めたのであれば、もしくはモノの挿入に抵抗がなければ、機は熟したと言える。

最初アナル初心者向けに出ているアナルイブとかの方が良いように思う。

エネマグラより安いし、バイブ機能があると(刺激に慣れてしまうという危険性もあるが)ポイントを掴みやすい。

この時、心構えとしては完全に「受け」になることが重要のように思う。

ぬるんとモノが直腸に入った時、「うひぃぃぃ入れられちゃったぁぁぁぁ」くらいの感じの方が掴みやすい。

アナニー上級者では、よく女装したりそのまま男性を捨て掛けている人がいたりするのは、女性になったつもりで、と言うくらいの方が前立腺では快感が得やすい。

先に乳首のことを述べたが、前立腺との関係と、心理的な部分での関係性はあるようでないようで興味深い。

さておき、アヌスにモノ挿入に慣れたら、「どこが自分にとっていいポイントがあるか」探しが肝要のように思う。

一口アナニー前立腺での快感といっても、直腸自体で感じる御仁もいるようだし、上級者は前立腺だけではなく奥の方の精嚢で感じるとも言う。

から入り口から大体10センチというのをあくまで目安に、周辺ポイントを探してみる事である

その時に重要なのは姿勢である。「ケツに何を入れるか」にもよるが、仰向けがいいということもあるし、横になって胎児のように丸まる姿勢がいいという人もいたり、千差万別のようである

体型や臓器の位置、骨格でもこれは千差万別であろう。100人いれば100のアナニーがあるのだ。

ちなみに私はヨツンバインから顎だけ腰の高さの台の上に載せるポーズである

一度、よりよい角度を研究しようとして背後からの角度でその姿を動画で撮ったことがあるが、確認してみたら余りにも酷い映像でさすがに死にたくなった。

動画撮影お勧めしない。

自分に合った姿勢、器具、ポイントを探すことは重要であり、また併せて乳首メンタルの感度開発も重要である

モノを挿入しても快感が解らなければ、しばらくはそこで普通オナニー射精までして前立腺感覚を掴もうとしてみるとよいと思われる。

射精する前の前立腺が固くなる感覚を、そこで是非掴んでほしい。

その感覚をつかむのに、何年もかかる者もいる。諦める者もいる。

しかし、時が満ちるのは突然だ。

肛門に挿入したモノを出したいような、出したくないような、じれったい感じになる。

そして「やっぱ出したくない」に針が触れきって、そのものが奥(実際は前立腺)にグイッと入る。

それが一瞬緩み、また先の状態に戻るけれども、一度入った感覚を覚えた体はそれをまた締め上げる。

それは回数を経るごとに大きな波となり、全身ががくがくと震え、意識は遠のき、神々は祝福し、黒部ダムは決壊する。

そしてその波が去った時に悟るのである

ああ、俺ケツでイッたのか、と。

どうか、人生絶望する前に、アナニーを会得して欲しい。

私が知り得る、最高の人生処方箋である

ちなみに、私は男性との性的欲求はない。

何かの拍子でうっかり会社飲み会で喋ったら

上司と二人きりになった時に「俺そう言うの興味あるんだよなあ」って誘われてしまった。

リアルでは余り喋らないことをお勧めする。

2012-08-11

男の皮をかぶってる女です

性的妄想においては男の皮をかぶらざるを得なかった、みたいな感じ。

原因は処女厨内面化にあると思う。

腐女子BLしか愛せない理由を語るときに「男同士の友情は美しい、女は汚い」みたいなことを言うことがあるけど、

私の感覚では「女は汚い」ではなく「女は汚くなっていく」。

女は性体験を積むほど汚くなっていくし、性に対して主体的になるほど汚くなっていく。

女子割礼的な考え方にも近いかもしれない。女は男を受け入れる器でしかなく、主体性を持ってはならない。

女が性的主体性を持つことや、性の喜びを得ることは、汚くて醜いことである、と。

その性規範をそのまま受け入れて、レイプされて泣き叫ぶ処女自己投影することはできなかった。

逆に、女に対して攻撃的・支配的な面を示す「男性の主体的・能動的な性欲」を生理的に拒絶した。

そして「女性の主体的・能動的な性欲」も醜く感じて、そこに自己投影することもできなかった。

結果、女性上位の男性向けエロマンガを、受身男性自己投影しながら消費するに至った。

男の身体であれば性的快楽を得る権利がある、という自分の中での性的規範を守る形になった。

受身男性キャラはできるだけ若くてイケメンの方が良くて、それは彼氏にするならイケメンがいいなーという理由ではなく、

どちらかというと自己愛。どうせ男体化するなら美しいほうがいいよね、というもの

「攻め」をやるのが女性なら大丈夫だと思ったのは、「受け」男性が本気で嫌だと思ったら、はねのけて逃げられるから

BLは攻めも男性で、受けの男性より強そうなことが多いので、そこにも支配構造を感じて私は受け入れられなかった。

強い男性×弱い男性や、男性×女性レイプには、今でも強烈な生理的嫌悪感がある。

安心して性的妄想に浸るには、肉体的に強いほうが受けでなくてはならない。

自己投影用のキャラクターを最優先して理想性的ファンタジーを構築した結果、

私が汚く醜いものとして憎む「主体的・能動的な性欲」を同性である女性押し付けることになった。

そのせいで、腐女子とも寄り添えないような孤立感を覚える。

自分女性であることや、女性に割り振られている役目への抵抗感、性的屈折など、腐女子自己分析には共感する部分も多いのだけど、

同性に汚れ役をやらせている罪悪感からか、どこにも身の置き場がないような不安がつきまとっている。

男性向けエロマンガを描いている女性作家の中に、私と似たようなものを抱えている人が実は居るのでは?と思ったりもする。

でも聞く機会もないので、ただ一人また都合のいい想像上の男の皮をかぶり続けるのみ。

http://anond.hatelabo.jp/20120810164126

2009-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20090614153903

まずは三沢選手のご冥福を御祈り申し上げます。

自分はノアヲタではないしむしろノアは一度も生観戦したこともなく

専門チャンネルで見て「ひどい試合してんなー」くらいの感情しか浮かばないのだが

プロレスファンとしてプロレスラーリングで亡くなるのは哀しい出来事だ。

で、先日も某会場で選手が動かなくなってしまった事例を見たのだが。

そのときに思ったのは、

医者がいればいいってもんではないということ。

壊れてしまった体を、100%完全に元に戻すことができる医者なんていない。

割れたコップの欠片をつなぎ合わせることはできても

もとのようにつなぎ目さえも完全に消し去ることはできないのと同様に。

危険な技をかけようとしたときに医者が出てきて

「それはケガをする恐れがあるからやめなさい」

と止めるくらいの権限があるリングドクターならいてもいいと思う。

そしてそれをやって一番困るのは一番危ない技をかけておきながら

その「受け」を評価するノアや新日本プロレスといったメジャー団体と、

過激なデスマッチで有名な大日本プロレスアパッチプロレスくらいだと思うが。

666埼玉はまた別の意味危険だが、それはまた別なお話

そんなわけで、ある意味ドッグレッグスは最強。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん