「bl」を含む日記 RSS

はてなキーワード: blとは

2022-07-07

しばらく立ち直れそうにないBL

※極力ネタバレしないようにがんばる。


 ボーイズラブアンソロジーCanna vol. 84』を読んだ。最終回ラッシュだったのだが、ある一つの作品が全てを持ってく勢いだったので、同時に最終回を迎えた作品ちょっと気の毒な気もするんだけど、でも雑誌の講読者もけっこう自分の好みの作品以外は目に入らないっぽいので、大丈夫だったりするのだろうか。

 という訳で、全部読んだけど感想を書くのは一つだけ。


スリピングデッド』(朝田ねむい)



前回までのあらすじ

 高校教師佐田は、不審者対策の夜回り中、殺人鬼に襲われて死亡した。ところが、彼はマッドサイエンティスト間宮に拾われてゾンビとして蘇生され、被検体として飼われることとなる。

 どんな傷でもたちどころに治癒する、ほぼ不死に近い体になってしまったのとひきかえに、ヒトの屍肉しか食べられなくなってしまった佐田。彼の食糧を得るために間宮殺人を企てる。佐田間宮非難したものの、間宮殺人幇助するようになり、そして次第に罪悪感を麻痺させてゆく。

 間宮邸での暮らしにすっかり慣れた頃、佐田生存と居場所が彼の元同僚にバレてしまう。逃亡せざるを得なくなった佐田間宮だが……。


増田感想

 こんなにしんどいBL最終回、見たことがない。

 追い詰められてゆく間宮描写が凄かった。生来、口が悪くて言いたいこも言うつもりじゃなかったこともずけずけ言ってしま性質間宮が、佐田の前で絶望未来予測を口走りそうになりながらも、佐田を案じて虚勢を張り、皮肉を言うのを堪えつつ、率直な言葉で愛を告白し、大丈夫だと佐田自分自身に言い聞かせる。動揺しつつも気を奮い立たせてすべき事をするはずが、行動を起こすことそのもの現実逃避に繋がり、佐田の声を聴く耳を塞ごうとする。ともすれば自分の殻の中に逃げ込み閉じ籠ってしまいそうなのを、佐田への強い愛情が辛うじて引き止める。

 間宮の行動原理はとっくの昔にすり変わっている。ゾンビ研究で成果を出し名を上げて彼と彼の大伯母を馬鹿にした奴らの鼻をあかすことではなく、すべては佐田を生かすために。

 だが当の佐田間宮研究に没頭しろと諭す。辛いことも悲しいことも忘れさせてくれるほど、熱中できることを持てるのはいいことだと。一人きりでも生きていくには。間宮にとって、何もかも忘れることが出来るほど熱中させてくれるものは、とっくのとうに研究ではなく佐田に置き換わっていたというのに。佐田言葉間宮にとってあまりにも残酷だ。

 ラスト数ページの、佐田のために間宮が狂っていく場面は圧巻だった。

 ここまで受けが攻めに対するクソデカ感情を持ち、それに狂わされて堕ちていくBLって珍しいんじゃないかなあ。どちらかといえば、そういうのは攻めの役割になりがちかと。

 恋情と嫉妬と憎しみがごちゃごちゃに混ざって爆発寸前な感じ。むしろBLよりも百合の18番のような……ずっとBLなのに百合百合しい作品だった。『さようならアルルカン』『少女革命ウテナ』『魔法少女まどか☆マギカ』『ルックバック』が好きでBLも読めるという人は是非どうぞ。

 はぁ、むっちゃ泣いたわ。しばらく立ち直れそうにない。

anond:20220707003049

ちょっとずれるかもしれないし、変だとは思うんだけど

女・男に関わらず、BLはなんか必修科目っぽくなってる感じがある(全員ではないと思うしなんにでもホモを持ち出す文化を異様に嫌う人ももちろんいる)

全然腐女子じゃないけど、身体が密着しすぎてる2人がいたら「入ってるな」って一応言うみたいな

説明下手すぎるけど、カップリングの話してても腐女子とは限らないというか

私も非腐女子オタクだけど腐女子友達の話に付き合うことはできる

2022-07-05

遊戯王BLやってる輩のことだけはよくわからない

どうせ嫌いだろカードゲームとかあんたら

anond:20220705161803

いやBL一般向けでも思いっきりハメてんだからそりゃそうだろ。流石にそれは当たり前すぎない?

anond:20220705130037

男性向けのエグいのは成人向けになるから、(一般男性向けより(一般向けのギリギリを攻める)BLがエグいという話だろう

anond:20220705053509

ただ表で見ることはしてないだけ

おっ、そうだな

よく行く本屋のBLコーナー

https://ameblo.jp/2759-1/entry-12091476668.html

BLコーナー大展開中!!!

https://www.animate.co.jp/blog/14647/

ジュンク堂BLコーナーには愛がある

https://ameblo.jp/popcherrysodacandy/entry-12359442041.html

表で見ることはしてない

表で見ることはしてない

表で見ることはしてない

おっ、そうだな

表現の自由を求めてるのか規制を求めてるのかはっきりしてくれ

なんでいろんな国籍アイデンティティが描けるようになってきてることを「描かされている」ということにして規制だと言いたがるのかがまじで分かんねえんだわ…。

表現の自由を求めてるんじゃないのか…?


大河ドラマ来年から全員白人ブロンドになったらみんななんで?!って突っ込むじゃん?

キャラクター誕生月がみんな4月だったら(その設定が必要作品だったら別だけども)こいつらの親は全員同じ時期にセックスしてんのかよって突っ込むじゃん。

そこは現実と違うじゃねえかというツッコミだと思うんだけど、なんで現実存在するほかのアイデンティティについては反映しないようにしようと規制するのかが分かんねえんだわ。

LGBTQでいうと概ねクラスに1人、2人くらい、左利きAB型と同じくらいいると言われてたと思う(たぶんアンケートなんかでオープンに答えれる人の数だから実際はもっと多いのかもしれない)。

今まで見てきた作品にも左利きAB型キャラクターはいたし、現実出会ってきた人にもいたから同じくらいの割合でLGBTQもいるのが普通なんだよな。

っていう感覚ディズニーとか描き始めたらその表現を表に出すなって規制する人らが出てくるのがわけ分かんねえんだわ…。しか作品内に1人や2人いるだけでさ。


ガンダムにも褐色肌の主人公ヒロインはいるじゃん。それも受け入れてないのか?

セクシャリティ国籍や肌の色もキャラクターを作り上げるアイデンティティの1つであるにも関わらず差別的な作り手または受け手のせいで他のアイデンティティと同じように描かせてもらえなかった、せいぜいBL作品とか「これはこのセクシャリティの人がいないとどうしても描けない作品もので…!」という絶対必要な設定だという場合しか受け入れてもらえないような暗黙の規制をされてたのが撤廃されていってるわけだろ。

少しずつ表現自由になってるじゃん。

既存ヘテロとされてたキャラクターゲイに変更されたわけでもないのに騒いでるのは何?なんなんだ?ヘテロしか描けないように規制したいのか??

表現の自由を語る人たちがエロ自由を求めてるだけと言われちゃうのってエロ以外になるとマイノリティ属性を描くなっていう規制を持ち出すからなんじゃないのか…

ヘテロの女じゃないと男とセックスしてくれる妄想がしにくいからとか、俺のちんぽが好む女以外は出すなとか、そういうこと言ってんだろってなるじゃん。

俺は表現の自由求めていきたいし色んな表現があってほしいか映画でもアニメでも問わずおじさんキャラくらいおばさんキャラもっと多様に描かれてほしいしそれだけでなく色んな可能性を見ていきたいんだけど表現の自由を求めてるやつはそうじゃないのか?

なんか赤松とかも表現の自由とか言いながら全然ここのあたりに触れてこなくて偏りすぎててなんか違うんだよな…。

2022-07-04

anond:20220704212244

全てのセックスレイプである、だっけか

有名なラディフェミの中には「BL消費も男に加担するからやめろ」ってのもいたな

anond:20220704200206

一部でpixivBL注意書き不要運動はあったけど

結局そんな大々的でもなかったし誰も迷惑してなかったからな

2022-07-03

女の知的障害者ってBL好きだよな

 俺は専門校卒の24歳。某障害者支援施設で働いている。そこで池沼の世話しているんだけど、入って驚いたことがある。女の知的障害者って驚くほどBLが好きだってこと。むしろBLきじゃない女池沼たことないわ。入所するときに親からBL本渡されるらしい。おそ松、ヘタリアBL同人、種類は様々だ。で、あいつらはそれを毎日狂ったように眺めてるんだよ。キモイ顔でニタニタしながら食い入るように見つめる姿は下手なグロ画像よりインパクトがある。(あいにく俺は美人池沼というものを見たことがない。あいつらが美人ならまだマシかもしれんが、池沼って揃いもそろってブサイクばっかだからな)軽度から意思疎通すら困難なレベルまでみんなBLが大好きだ。字が読めないレベル池沼は、エロ同人しか読まない。腐女子シチュエーションで抜くというが、重度はそれすら理解できない。だから、男同士がやり合っているという構図があれば満足なんだろう。字すら読めない奴がどうやって入手したのか疑問だったが、ある日同僚が教えてくれた。ガイジの親同士のコミュニティーがあって、情報交換し合うそうだ。そこで必ずと言っていいほど言われるのが女ガイジは皆BL好きだと言うことだ。親もうちの子が気に入るのだろうかと恥を忍んで買うらしい。それさえ与えれば大人しくなることが多いので親は助かるそうだ。大人しくならないパターンもあるが、取り上げようものなら、暴れ出して手に負えないので、結局BL本を手にしたままだ。

 性欲溜まるとあいつら人前でBL本眺めながら「トッティィィィィ!!」とか「尊イヨォォオ!」って叫びながら自分股間こすり出すんだよ。うっ、思い出しただけで悪寒が。そんなんだからある日、取り上げようとしたことがある。そうするとそのガイジは意味不明な金切り声を上げて暴れ出した。まるで野生動物が我が子を守るかのようだ。ただ、自然番組と違って、ものすごくおぞましい光景なんだが。とにかく手足を振り回してパワー全開で暴れる。それで職員が一人怪我をしたので、今度を隙を見て取り上げることにした。施設内でパーティーを開いて、それに出席させている隙を狙った。唾液が染みついてボロボロ異臭を放つ銀魂エロ同人うんこ処理をする様な気持ち処分した。そしたら、後が大変だった。戻ったガイジが宝物の消えたことに気づくと、暴れたんだ。人間ってこんな大声出せるんだって驚くほどの声を上げる。それで泣くわ叫ぶわ、壁をバンバン叩いて、近くの物を片っ端から投げるわの大騒ぎ。仕方なしに拘束したが、もう泣き止まない。書店に駆け込んで18禁BLを買った。レジに立ったとき死ぬほど恥ずかしかった。店員さんに「俺が読むんじゃないですよ。施設障害者さんが読みたがってたので」って説明したら店員も「そうですか」って苦笑いを浮かべてて気まずかった。施設に帰って与えたらそいつは大喜び。泣き叫びながら本に顔を押しつけ、下半身に手を伸ばしだした。もう二度とあいつらの物を処分しないと決めた。あー、植松聖みたいな救世主が訪れないかな。他の施設でもメスガイジはみんな腐女子らしい。

 メスガイジはBL好き。これは自明の理なんだが、まだ科学的に証明されていない。じゃあ、診断の時にBL本を見せればガイジかどうか一発で判断できて便利じゃんと思うかも知れないが、現実はそこまで楽じゃないらしい。そんなもの判断すれば「趣味で人を差別するな」って非難されるのが目に見えている。心理学精神医学研究者調査して、論文に纏めてくれれば知的障害の診断が楽になるかも知れない。一応、どっかの大学BLが好きな女性一般的女性と比べてIQが低く、攻撃的で、非社交的な傾向にあるという結果を発表したようだ。いずれ、知的障害診断基準BLが好きかどうかが加えられる日もそう遠くはないだろう。

 そうしてみるとやっぱり腐女子って脳に欠陥を抱えた生物なんだなって思う。そうしてみると嘘松ツイートしたり、リアル銀魂の口調まねるのも納得だわ。あいつらも池沼本質的には同類なんだな。まあ、かなりマシな部類なんだろうけど。知能が低いかあん低俗な者にはまる。そして、周囲の事なんて気にしないから、平気で迷惑かけられる。傍から見たら地獄のものだが、本人からしたらBLのことだけ考えていればいいか幸せのものだろうな。つくづく、一番幸せなのはバカな奴だって思い知らされる。

高1の時にBL小説を貸された思い出

貸してきたのは、入学してすぐの頃たまたま隣の席だったオタク女子だった。彼女BLのよさを(なぜか異性愛への謎のこき下ろしを添えつつ)説いてきて、いちいち否定するのも面倒だったのでウンウンと相槌を打っていた。

そんなことを何度か繰り返してると、ある日オタク女子が「こっち側へおいでよ」と一冊のBL小説差し出してきた。そこまで付き合う気はなかったので「いいよ別に」と最初は断ったのだが、なんやかんやと押し切られ、結局なんだかキラキラした細身の男二人が描かれた表紙の文庫本を読むことになってしまった。

今となってはタイトル登場人物名前もろくに覚えていないが、何かのきっかけで男二人が出会ってすれ違いやら何やらを挟みつつ結ばれてハッピーエンドというベタ恋愛だったと思う。

それほど驚きもない中身でただ一つびっくりさせられたのは終盤にガッツリベッドシーンがあったことだった。それは同性同士だからどうこう、というより高1のオタク女子がなぜこれを読んでたのかという驚きだった。まあ尻痛くないのかな?ぐらいは思ったけど。

年上の身内から譲られたのか、本人が直接買ったのか。いや前者でも後者でも大丈夫なやつなの?という疑問は消えなかったし、これを同じ年の他人BLを薦める一作目にするのはどんなセンスなんだよ。

年齢的に読むべきじゃないであろう描写を読んでしまった妙な後ろめたさと困惑を抱えたまま、後日「ウーン……ワタシニハアワナカッタカナ……」とBL小説オタク女子に返すと「そっかあ」と少しだけ残念さを滲ませた軽い返事が返ってきた。どうやってあの本を入手したのかは聞かなかった。聞くに聞けない気がしたし、聞き出したところでいいことがあるとも思わなかった。

その後はBL小説を貸されることはなく、されど彼女が熱を上げる作品カップリングの話にウンウンと相槌を打つ穏やかな3年間を過ごした。高校卒業した後はすっかり疎遠なので今どうしてるかは知らない。おわり。

なぜ赤松100万票で俺達の票田を自民党に見せつけよう!ではダメなのか

ネタバレ: 増田は、参院比例区では立憲の栗下善行候補に一票を投じる予定である

表現規制」の現在に立ち向かうには、政治的権力だけじゃ足りない

それは、昨今の「表現規制問題とは、たかだが100万票程度の威光が通用する世界ではなくなっているからだ。

俺たちが、最近「うかうかしているとフェミにやられてしまう」と危機感を覚えたのはいつだ?

宇崎ちゃん献血ポスター事件か? フェミ議連松戸Vtuber事件か? 国連・たわわ事件か?

これらはどれも「公権力による法的な強制」という伝統的な表現の自由の宿敵の枠組みでは解釈できない。典型的な「市民不愉快であると考える表現規制」という下から突き上げという性質が色濃いものだ。

児童ポルノ禁止法改正著作権法非親告罪化スクショ違法化ブロッキング……。ここ数年間、国会で止めなきゃならない「表現の自由」の問題は数多あった。

赤松は実際何年間も業界代表としてロビイングを続けてきた1人であるし、山田と並んで自民党内部から表現規制抑止力となってもらうには心強い。

しかし、SNSで巻き上がるキャンセルの声に立ち向かうには、政治的権力は直接的には効力を発し得ない。国会議員が持つのあくま立法権にすぎないからだ。

もし100万票の権力でこうした規制派の声を封殺しようと試みれば、逆説的な話だが、その時点で表現の自由の敵となってしまう。

今足りないのはエコーチェンバーの外へ対話の輪を広げていける人だ

政治家は直接的に動けない。そして俺たちがどんだけフェミに負けるなとSNSで声を上げたって、気に入らない表現を消し去ろうという憎悪にはなかなか勝てない。

表自戦士フェミで罵りあって、間に挟まれ表現者には恐怖しか伝わらない。そんな光景をこれまでよく見てきたはずだ。

争いは起きた時点でもう負けだ、だからこそ「表現の自由」派は、過激な人の過激発言が、反ワク陰謀論などと同じように、過激な人の間での拡散にとどまるように

まだ話の通じる人には対話を重ね、なんとか中立、欲を言えば味方になってもらわなければならない。

行き過ぎたジェンダー論?

俺が危機感を抱いているのははっきりいって赤松ガチでこっちの才能がないことだ。「行き過ぎたジェンダー論」がその典型的な表れだ。

この炎上について「表現の自由」派として擁護するのは確かに簡単で、赤松陣営からも立憲の栗下だって似たようなこと言ってるじゃないかとの反論があった。でも本当の問題はそこにあって、まさに言い方なのだ

赤松言葉選びの下手さがもたらしたものといえば

赤松選挙直前に引き締めができたかもしれないが、次のフェミ攻撃はこれまでよりもっと重くなるし、「表現の自由」界隈の外からこれを守ってくれる人は減っただろう。

たかが言い方、という向きもあるだろうが、じゃあ青識でお馴染みの反転可能テストを見てみよう。

「行き過ぎた表現の自由他者人権を犯すことはあってはならない」などと言って「表現の自由」派を取り込むことができるだろうか?

赤松侮辱厳罰化には賛成しているので、こう主張しても矛盾は起きない立場であるのだが。

困っている人のもとへ話を聞きに行くことこそ古き良き野党美徳

俺が自分の支持する栗下候補選挙戦ずっと見ていてますます感心するのが

なにか問題が起きているらしいという声があれば、誰よりもフットワーク軽くまず話を聞きに行くということができていることだ。

ゆっくり茶番劇商標問題にせよインボイス問題にせよAV新法にせよ、他候補がまだ態度を決めかねているうちから、是非よりもまず話を聞きに行くその態度を徹底し、着実に味方を増やしている。

BL漫画家の星崎レオさん

私は炎上した時、表現の自由界隈からも叩かれましたが、それでも表自界隈からドロップアウトとはなりませんでした。それは自分犠牲になってでも守りたいものがあることと、それを叶えてくれる希望を持てる方が今回の参院選に出馬されることになったからです。

https://twitter.com/hoshizakileo/status/1540526994290376704

私が口下手だったために誤解の部分だけが広がり、炎上しました

栗下さんはそこをうまくフォローしてくださったんですよね…!

https://twitter.com/hoshizakileo/status/1541109561058242560

AV女優の月島さくらさん

足立さん(維新衆院議員)

くりしたさん(立憲、参院候補者)

は話聞いてくれるって🙂

感謝ですね。

ついでに

可決前から親身になってくれていたのはNHK党。

自民では聞いてくれる人がいなかった。

今まで思考停止自民に票を入れていた私ですが

今回政治の真っ只中にいて

きちんと考えなきゃいかんなと思いました。

みんなも #選挙に行こう #選挙に行って政治を変えよう #選挙へ行こう

https://twitter.com/sakuratsukisima/status/1540836240077246464

https://twitter.com/sakuratsukisima/status/1540837158625636352

これは今の表現の自由界隈が全くできていないことである

ここでは悲しくなるので大きく紹介しないが

水戸泉さんなど、男オタ・腐フェミ対立構造に巻き込まれて「表現の自由」界隈を去ってしまった人は何人もいる。

山田太郎が国会議員になり、オタクで一致団結して規制派による法改正を止めるというムーブメント引き起こしたように

この狭く固まってしまった「表現の自由」界隈を変える、対話へと重ね薄く広く味方を広げていく動きを作り出していく。

その象徴に栗下善行はなれるのではないか、と俺は信じている。

追記 ブコメ返信欄

19スター

コミケ準備会感謝した3候補者」、栗下善行ばかり言われて藤末健三(自民)と荒木千陽(ファ)が無視される不思議。藤末は自民なのに赤松山田から無視されてるっぽい。

荒木選挙区の人だから仕方ないやろ。藤末が無視されるのははてなだけ。Twitterでは「表現の自由」派のコア層の大部分が藤末に付いて毎日激推ししている。赤松山田から無視されてるのは本当。

この増田の初稿には、藤末について超党派でやっていくという心意気が強く感じられていい感じ、みたいに触れる節もあったんだがどうしても上手くまとまらんかったので削除した。

2スター

タイトルは「赤松投票するな」ではなくて「立憲の栗下善行候補応援しよう」って文意にすべき。

否定してるのは「赤松100万票」であって「赤松への投票」じゃないっすね。自民党の内側で法規制を止める力は必要で、それ自体最初評価しているはず。

赤松100万票というのは、赤松に票を一本化しろと言う意味なので、いや赤松にはできんことを誰かがやる必要があるんとちゃう?というのがこの文章趣旨

23スター

こういう軍師きどりの言うこときいて上手くいく気がしないな。

この程度で軍師なら「100万票のパワーで自民党圧力かけるために赤松へ!」みたいなのも軍師気取りになるのでは?

選挙活動で叫ばれてることすべてが上手くいかなくなりそう。

よくわからんから気づいたら追記よろ。トラバ追記されてた。

赤松リスク負ってるからいいんだ、お前は他人の票を操ろうとしている」との主張の様。

スコープが「赤松選挙戦」ならまあ分かるんだけど

赤松陣営メッセージって自分の支持者の引き締めに止まらず、「表現の自由」界隈全体に出してるよね。他の「表現の自由候補じゃ駄目だとすら拡散しているのだから

表現の自由」界隈全体がどうあるべきか、というのを語る「資格」がある人などいない、軍師気取りと解釈するならみんなそう、みんな自由に思うところを吐き出せば良い、が自分立場

anond:20220703081426

自分腐女子だが、クラス男子BL妄想してデカい声で話す腐女子大嫌いだった。注意してもやめないし、「性的オープンなアタシ」に酔ってたよなあれは。

社会人になって再会したら、当時のこと深く反省しててびっくりしたけど。

1999年紀伊國屋書店における漫画撤去問題

出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia

1999年紀伊國屋書店における漫画撤去問題とは、1999年児童ポルノ販売禁止されたことをきっかけに、紀伊國屋書店で成年向けマンガポルノにとどまらず、ヌードや性描写を含んだ一般向けの漫画までもが一時撤去された出来事である。過剰な自主規制の一例と指摘される。

概要

1999年児童買春児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童保護等に関する法律(以下、児童ポルノ禁止法)が施行され、児童ポルノ販売禁止されたことにより、各書店では児童ポルノに該当するおそれがある書籍雑誌などが撤去された。そんな中、紀伊國屋書店が各店舗に対して、児童ポルノ禁止施行にともなう注意事項を通達した。その中に、児童ポルノ禁止法の規制対象外であった漫画アニメーションも注意が必要な物の中に含まれていた[1][2]。

その結果、BLを含めた成年向けマンガだけでなく、『バガボンド』や『ベルセルク』、『あずみ』などのポルノグラフィではない、未成年ヌード描写や性描写を含んだ一般向け漫画が、一時的紀伊國屋書店から撤去される事態になった[3][4][5]。他にも山本直樹や『センチメントの季節』を初めとした榎本ナリコの一連の作品なども撤去された[6]。

あずみ』は1997年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した作品であり、また『バガボンド』は2000年文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞、『ベルセルク』も2002年に第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞している。これらはいずれも芸術的価値が高いと評価された作品であった。

この影響はマンガだけにとどまらず、『本上まなみ写真集』などの有名タレント出版物撤去対象になった。売り場には「児童ポルノ禁止法が施行されました。当店は法律を順守します」という内容の張り紙が出され、この一連の撤去の影響は大手出版社を始め、数十社にも及んだ[6]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/1999%E5%B9%B4%E3%81%AE%E7%B4%80%E4%BC%8A%E5%9C%8B%E5%B1%8B%E6%9B%B8%E5%BA%97%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%BC%AB%E7%94%BB%E6%92%A4%E5%8E%BB%E5%95%8F%E9%A1%8C

2022-07-02

anond:20220702084901

マンズリネタBLまで規制されそうになって内輪揉めしてる閉経脳どもだもんなw

2022-07-01

anond:20220701074807

ちょっと前にBL漫画東京都の不健全図書指定された

ってあって調べたけど不健全図書指定されてる本って男性向けエロBLがだいたい半分づつくらいなんだよね。

その審議するメンバーも男女比半々。

女性表現の自由が守られてない!っていうのは違うと想うんだよな。

可愛らしいビール腹のおじさんチャンは、成人誌は、読むかな?おばさんは、何でも読むんだけど、今日たまたま見た成人誌でチョット気になることがあってね。なんでも、実質強〇の漫画で、登場人物のおじさんが、女の子に、「愛してる」って言わせるんダヨ?しかも〇姦というジャンルでダヨ?おばさん、このシチュBLで見たことないから疑問ダナ💦

anond:20220701175822

そのBLもたわわも成人向けではないんだよね

誰にとっても性的不快表現ならば現行法でも規制されてるんだけど、グレーゾーンの感じ方は人による

じゃあどこにでも掲示していいのか?っていうと、ドラマベッドシーンお茶の間が凍りつくケースと一緒で、やめてくれーって人も多い

その人達の「見ない権利」と営利企業経済活動対立して、今のところ後者が優先されているわけだよね

この見たくないものを見ない権利というのがどこまで認められるのかは……現行法上は正直なかり厳しい

からこそ、攻め方を変えて女性の権利を抑圧しているとか青少年への悪影響っていうベクトルで戦うしか無い

多分一番効果なのはちょっとでも下品ものは公の場に出しちゃダメ!」って国が定めて徹底的に規制してくれればなくなるよね

書籍の本文や会員制サイトの中身やギャラリーの展示物では自由にやっていいことにすれば、表現自由一定程度守られる

ただそこで止まるかな?

性的広告公共の場で見せるな

以前女性向けのBL広告デカデカ駅前入口に張り出されていて、ターゲット層の女性でありながらも嫌な気分になったことがあるのだが、たわわの件といい、表現の自由というより性的コンテンツ宣伝する場所とやり方をちゃんと考えてほしいという話に帰結するよな。出来るだけ多くの人の目に入れば良いというのなら、性的であることはR18マークなり成人向けであることを文字ではっきりと表記して日常生活不用意に性的ものに触れたくない人々の気分を害さな表現の仕方を考えてほしい。

anond:20220701143657

>"男性が好きっぽくて、女性から嫌われてるっぽいコンテンツ"へのミラーリング

ってつまり"女性が好きっぽくて、男性から嫌われてるっぽいコンテンツ"になるので

それこそアイナナのイラストBLっぽく男同士が扇情的な表情している構図、ジャニーズとかジャニーズJrの集合写真

通称池沼飯食い男「めしぬま」の主人公のハフハフしている絵のポスターとか

そういったものになると思う。


これらを認めるのか、キモい不愉快と思うのか、しかし取り下げる主張まではしないのか、というのが論議ポイントとなる。

ホロライブエロライブと呼ばれていた時代炎上ゼロエロ自粛し始めてから任天堂BL、用務員と、業界の存続さえ危うくするような炎上を次々起こされ、またエロ始めて、「ホロ見れなくなった~、エロ売りで厄介オタクが~」とか喚いてる奴が消え去ると、途端に炎上が止み始めた模様

エロは魔除け

本当に厄介な屑ホモ豚や腐女子どもを寄せ付けないための。

男同士で相撲して遊ぶとかあるのね

ゴールデンカムイラッコ鍋回ではムラムラした杉本たちが相撲を取ろうと提案して相撲するけど、相撲なんてそんなもの普段やらないものであり、それだけ彼らがムラムラしているという描写かと思ってたんよ

夫と何気なく高校時代のこと話してたら、高校の時に友達と俺の家の布団の上で相撲取ってたとき地震来てあれはビビったなあ〜とか言ってていや相撲するんかい?!って驚いた。夏休みとかは山奥の浅い川とかでも相撲してみんなでずぶ濡れになってたらしい。なんやそのBLは。

ゴールデンカムイのあのシーンの解釈変わったわ。ヨコシマな目で見ていたのを謝りたい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん