「CP」を含む日記 RSS

はてなキーワード: CPとは

2018-07-16

テニミュに行ってしまった。

テニミュに行ってしまった。生きている間は行かないつもりだったのに。

何故頑なに行きたがらなかったかというと、理由簡単自分推しCPゴリ押し腐女子なので、公式イベント推しCPが見れるかどうかわからないのに金を出したくなかったかである。というか推しCPしか見たくないと言っている私のような人間が見に行くことにより、純粋に見たいと思っている人に失礼なのではないか?という思いもあった。

しかし、Twitter初日公演を見たフォロワーが「推しCPめっちゃ凄かったですよ〜」と言っていたのを見て行くことを決めた。なんと自分勝手なことか。

私は2.5次元からはうんと離れた場所にいた人間だったのでまずどこで行われているのか、チケットはどうとるのかを調べるところから始まった。場所はまあ当日なんとかなることとして問題チケットだった。こんな自分勝手な人間のためにコンビニで発券できるチケットなど残っているはずもなく、当日券に賭けることにした。まあ、仕方の無いことだろう。

当日、なんとか会場に着きチケット待機列に並ぶことが出来た。初日抽選になったみたいだが、今日はそのまま販売されることとなった。係の人に6000円を渡し、私の手元にチケットが渡される。恐る恐る見てみると、そこには「見切席」と印字されていた。運がないのは仕方がない。チケットをいただけただけでもありがたいと思おう。

いよいよ会場に入る時間となった。自分の席に着いてみると、まあステージの見えないこと!これでは推しCPが見れないのではないか?来た意味はあったのか?不安になる。

しかし、その不安は数分後には吹っ飛ぶこととなった。最初は他校から始まったが、その5これまでのダイジェストみたいな感じでメドレー(?)が始まった。私はそもそも好きなバンドアイドルライブにも行かないような引きこもりであるから感動が大きかったのかもしれないが、スピーカーが近くて自分心臓BGMが響くこと響くこと。そして、俳優たちの歌声ユニゾンハモりの音圧に圧倒された。1stの曲をほんの少ししかいたことのない自分でも知っている曲が、目の前で、生で、行われている。その時の自分脳内にはもう推しCPことなんてなかった。ただただ目の前で繰り広げられる歌、演技に感動した。あまりにすごくて鳥肌がたって寒気はするし、涙腺が緩んで泣きそうになってしまった。これがお金を出して生の演技を見るということなのか。

でもその後の比嘉のコントで涙引っ込んだ。ありがとう比嘉。

その後もとにかく凄かった。役者たちの洗練された動きのダンス感情のこもった台詞。なんと言っても素晴らしかったのは跡部役の方のビブラートのかかった歌声。全員とてつもなくうまかったが、この方が特に凄かった。

第1幕はとにかく「テニミュ」というものに圧巻されてしまった。音、ライトに合わせて試合をしてるように見せるのにこの方達はどれほど練習し、どれほど苦労したのだろうか。驚くことしか出来なかった。

休憩を挟み第2幕が始まった。奇跡的に氷帝が見える位置で、少し落ち着き、自分のペースで見ることが見ることが出来た。推しCPを見ることも出来て、無事に教えていただけるならCPゴリ押し腐女子に戻ることが出来た。よかったよかった。

さっきと打って変わって試合ほとんど見ずに双眼鏡でずっと推しを追っていた。そうだ私はこのためにここへ来たのだ。ありがとう神。素晴らしかった。(しかしほかの役者の方々には申し訳なく思っている。)

初めて自分の目の前で行われる「テニミュ」というものを見たがとてつもなく満足し、感動することが出来た。これがお金を出して生で見るということかと実感出来た。なるほど、何度も見に行く人の気持ちが少しだけわかった気がする。

会場を出たあともしばらく心臓が高鳴っていた。心臓に悪い。もう二度と生きている間には見るまい。来世でまた会おう。







しかし、如何せん意志が弱いのでまた見に行ってしまいそうである

ではまた来世。

2018-07-12

うみねこのなく頃に、に関して。ネタバレ注意

どうでもいいことです。

うみねこのなく頃に、に関して。ネタバレ注意。

最近(ここ3年~今日)ぼやぼやと思っていることを勢いで何の構成も考えずに垂れ流すだけです。痛い自分語りです。私がすっきりしたいがためだけに投稿します。

本当に何も考えずに書いているので、文章矛盾ありまくりだし何がいいたいのかわからないと思うけれど、とにかく発散したいので書いてます

作者の過去発言ひぐらしの時のアレコレについても書いていますが、記憶改ざんされているものもあるかもしれません。

最近ソシャゲ(竜騎士07尊敬する作者の別作品派生ゲーム)でイベント?で探偵モノ?があったらしくノックス繋がりでうみねこの話をする人がTwitterで多かったですね。

一過性のモノとはいえ、一うみねこファンとして陰ながら嬉しかったです。

それもあったり、うみねこ漫画版EP8がだいぶ加筆修正が加えられていて、電子書籍版普及によりうみねこ評価の動きが盛んでとてもありがたかったです。

修正というとまた表現が違うかもしれませんが、個人的に縁寿が真実の書を読んだ後の黄金郷での右代宮家一族の罪の懺悔ベアトと戦人からの縁寿へのエールのシーンは絶対漫画版の方が良かったと思います

うみねこ原作が完結してから、まぁ色々ありました。うみねこ原作完結時、私は中学生でした。

うみねこに嵌った理由は、小学生の時ひぐらしに嵌ったその流れからでした。

確かep4あたりですかね。

当時は07thexpansionに公式掲示板があり、ひぐらしうみねこファンアートを見るのが楽しくて楽しくて仕方が無かったです。

アニメ化するにあたって色々騒がれている中で、googleで「うみねこのなく頃に」と検索してでてきた、当時うみねこ関連のまとめブログさくたろう速報」というモノを見て

初めてしっかり2chというものに触れました。

メディアミックスの一つとしてアニメ化にあたって声優が嘘みたいに豪華だったり、グロシーンがモザイクだらけだったり、楼座のシーツの下着が蝶だったり、間がなく内容を詰め込みまくったりと賛否両論ありつつも

2chに私は書き込んだりはしていませんでしたが、「沢山の人がうみねこを見ていろんなことを思ってるんだなー」と見ているだけで楽しかったです。

アニメ化する頃はちょうどEP5発売と被っていて異様な盛り上がりだったのを覚えています。もう9年も経つんですね。恐ろしいことです。

当時は(言い訳ですが)11歳くらいだったので推理などは全くしていませんでしたので、2chまとめサイト公式掲示板でも、ep6より前の他の方の推理特に覚えていませんね…。

当時は完全にキャラクター物語の流れが好きでうみねこを見ていたので、鮮明に残っている記憶

量産型さくたろう(ヴィイイイイン)やら楼座無双やらコラ画像やらオリスクなど、推理にはほぼ関係ないネタのものばかりです。

自力でまともに推理をしたのはep5で戦人が共犯なんじゃないか、とep4は戦人以外狂言なのか、と碑文の謎を途中までくらいです。

ep5でベルンが「これから碑文の謎を解いちゃうから」と言い出したところで原作プレイを止めて、必至に1週間かけて?哩岸駅まで自力で辿りついて、後は全く分からなくて原作プレイを再開したら答えをぼかされて半ギレした記憶があります

まぁ楽しいばかりではなく、火種がぽろぽろでてたのに幼いながら気づき始めましたよ。ep5あたりからは。

ノックス出すのかよ。じゃあひぐらしはなんだったんだよ」的な声。大いに分かります。私も思ってました。今でもちょっと思ってる。

あとep6で紗音・嘉音・ベアトが1人の人間身体中の人格だとわかって、cp厨が大打撃を受けていたのも覚えています

当時その話題を出そうものならジェシカノ好きの人(今で言うところの過激派)が暴れていましたね。

私は今でもシャノカノベアト同一人物は、最強のcp破壊設定だと思っています。(ネタ半分、本気半分)

私の憶測ですけど、うみねこの当時のファンひぐらし既読者が90%を超えてたと思うんですよ。

信者の贔屓目ですけど当時のひぐらしの人気っぷりはそこそこに凄かったですし。

ひぐらしプレイしたことがあるからこそ、うみねこの完結の仕方に納得がいかずにアンチ化した人が多かったのかなーと漠然と思います

ひぐらし犯人側の犯行前・動機最中・後の人生思考をしっかり描いていたからこそ

ひぐらしミステリーとして解いていた人々には「目明し編までは良作。後はオカルト商売文句詐欺」と批判されていたり

個々のトリック推理をしないで、キャラクターの成長や物語を楽しんでいた層からは「ひぐらしグロいだけじゃない!感動する!泣ける!」

エンターテイメントとして評価されていたんですよ。

ひぐらし犯人動機や個々のトリックネタ晴らしを本編で描かれたからこそ、うみねこでもそうだろうと期待した人は多かったと思います

でも実は、ひぐらしの時に既に竜騎士は過剰なネタ晴らしをしたくない風なことを言っていたんですよね。

適当な意訳をすると、「今までの物語を読んで咀嚼して自分なりの解釈をしてきた人に、質問されて答えを返すキャッチボールをしたい」

「親切に描きすぎると、推理をしてきた人にとっては冗長になりすぎる」とか、ひぐらしが完結する前から言っていたんですよ。

正しくは製作日記に書かれていたことなので、元の文章を読みたい人は自分で探して読んでください。

でもおそらくこの辺りのさじ加減は、当時ご存命だったBTが相当サポートしたんじゃないかなーと思ってます

竜騎士もおそらく当時は、ひぐらしもあそこまでネタ晴らしや祭囃子編のカケラムギもする予定が無かったんじゃないかと思うんですよ。

当時からよーーくインタビューで言っていたのが、「ひぐらしファン同士がお互いの推理提示して討論してほしい。コミュニケーションツールとして使ってほしい」

ということを言っていたんですよ。

まあ皆殺し編だか祭囃子編だかのスタッフルームで「答えがないなぞなぞなぞなぞじゃない」的なこと言っていましたし。

ある程度の答えは出す予定でもあそこまで包み隠さず出す予定はなかったと推測しますよ。

罪滅ぼし編でボロカスに叩かれまくったこともあって、批判を恐れて完全なネタ晴らしをした可能性もあるかもしれませんがね。

デビュー作で叩かれすぎて怯えた部分はあると思います

それで、ひぐらしの期待を背負ったままうみねこが始まるんですね。

うみねこは傑作だと思います

特に推理における赤字・青字システムという発想は、それだけで竜騎士天才だと思いました。

作品テーマ基本的に一貫していますしね。

個人的に当時のファン状態として一番疑問なことは、

何故EP8まで残っていた人が、「犯人動機書かねーのかよ!!1986年10月4日5日に本当は何があったんだよ!!」的な反発をしたことです。

犯人動機はEP7で幻想装飾されながらもされていましたよね。

あのシーンでクレルが「ここまで語って分からないのならば、もう私の心は理解できないでしょう」的なことを言っていたんですよ。

これって、普通に読み取ると「あ…竜騎士はもうこれ以上動機について細かく書く気がないんだな…」と気づきますよね?

犯人動機が書かれなかった云々について怒ってた人はEP7の時にキレて離れるのが道理なんですよ。(犯人動機自体が不満な人は、全然いいと思います価値観はひとそれぞれです)

なんでEP8まで残っちゃったんですか。まぁそれだけ竜騎士を信じていたってことなんでしょうけど、作品は別れ際が大事なんですよ。

あっウィルふわふわEP1~4トリック解説は、個人的にいい塩梅な誤魔化し方だと思いますが、ムカついた人の気持ちもとても分かります。私は当時PC画面を見ながら( ゚д゚)としてました。

1986年10月4日5日になにがあったのかをハッキリさせろと怒っていた人は、本当に読解力がないのかなと思います

全てを受け入れると悟っていた縁寿が、泣き叫んで真実を認めようとしないということは、EP7お茶会の霧江ヒドスが真相だったんだと普通に気づくでしょう。

なのに、1986年10月4日5日になにがあったのか本当に分からないと言ってた人はもう意味が分かりません。

これだけEP8でアンチ化した人を批判してますけど、いっても私も当時しばらくはもやもやしてました。

オチには感動したし、キャラクター演出物語も好きだけれど、なんでここまで作者は真相を隠したがるんだろうともやもやしてました。

EP8のコミカライズで初めて自分なりに納得できました。

EP7はベアト葬儀なので、ベアトに最大限配慮しつつ推理してきた読者(私たち)に解答を教えるなんだと思ってます

からクレルは、安田紗代としてのみすぼらしい自分幻想装飾して優しい解釈に捻じ曲げて語るし、

クレルが語りたくない黄金発見1986年10月4日までの心情は無理には語られないんですね。

あとメタ的には、竜騎士推理を真面目にする人にだけ分かるように伝えたかったんでしょう。

EP8がなぜあれほどご都合主義なのかは、EP8は現実世界私たち読者に向けた物語ではなく、作中の登場人物である縁寿に向けてのエール物語からなんですね。

から私たち読者が納得できないまま終わるのはしょうがないんですよ。戦人がゲームマスターとなって縁寿のために向けて作った物語なんですから

【読者置いてけぼり】っていうのは文字通りこのことなんだと思います

まぁだからといって、うみねこはこういうテーマなんだからしかたがない!!読解力がない人が悪いとは、この部分においては思いません。

宣伝文句や作中でも、推理しろ思考停止は山羊野郎!愛がない推理知的強姦者!とかいいつつ

答えを誤魔化すのは実際どうかと思います。いや…そこはハッキリさせろよ…と思います。よっぽどの信者でない限りは。

でもうみねこテーマとしてはそこを確定させないことが軸というかなんというか…って感じなんですよ。

竜騎士は読者に向けたエンターテイメントよりも、うみねこ作品としてのテーマを優先させたんですね。

私はこのもやもやが晴れただけでも、本当にEP8のコミカライズを読めてよかったです。

私も、コミカライズ夏海ケイによって分かり易く表現してもらえなかったら、もやもやしたままでした。

竜騎士だってひぐらしであれだけ批判されたんだから、EP8が批判されることは予想していたと思いますよ。

でも、そこでうみねこのなく頃にという作品最後までテーマの軸をブレさせずに終わらせた、その竜騎士の心は作家としては本当尊敬します。

まぁその後の彼岸花と我らの告白抱き合わせ商法とか、インタビューでの竜騎士の受け答えの拙さ、インタビューでの発言が悪意ある解釈でゆがめられて広がったのが、余計にファンアンチ化を加速させたんでしょうね。

あと、単純にミステリー小説半年連載するという形式常軌を逸しすぎてますよね。

私含め、よく4年半も付き合えられますよ。

はーあ。コミカライズがしっかり完結して本当よかったですよ。

EP8で2chの本スレ地獄になっていた当時、中二の私は本気で「展開編のコミカライズ打ち切られるんじゃ…!!」と涙目で恐怖してましたからね。

それがEP7ではウィル推理斬りの詳しい解説付き、EP8では単行本ほぼ一冊分オリジナル展開を付け加えられて、全50巻の完璧エンターテイメント向けの作品として昇華された…。

本当にいろんな意味で愛された作品だと思います

パチスロ冗談みたいに豪華ですしね。もうパチスロがあるからアニメ化はいいと思います

コミカライズがあれだけ完璧に補完されたんですから、あれ以上のものはもうできないでしょう。

うみねこはよくできた物語だと本当に思ってます

私が中学生高校生という思春期に一番嵌った作品です。

うみねこ以上に好きになる、嵌るジャンルはこれから生きていく上で出会うと思います

しかし、良くも悪くもこれほど私の情操に影響を与えて心に残る作品はないと思います

EP8後の2chスレ中学生リアルタイムで追っていたので、メンタルは相当鍛えられましたし(笑)当時の恐怖を簡単に超える荒れスレには滅多に出会えませんよ。

支離滅裂だったり勢いのまま適当に思ったことを書いてすっきりしました。ここまで読んだ名も知らない方、私の自己満に付き合ってくれてありがとうございます

うみねこのなく頃に、いろんな意味実験作であり、傑作です。

ぜひ今からでもたくさんの人に触れてほしい作品です。

それでは、シーユーアゲインハバナイスデイ。

2018-07-10

まれて初めて3次元推しができた

私にはオタクになる前の記憶が無い。気付いたらアニメゲームを浴びるように堪能していて、そして気付いた時には腐女子になっていた。今では日夜推しCP二次創作を漁ってはニヤついている。

そんなクソオタクの私に、初めて3次元の、生身の体を持つ推しができた。

偶然見たとあるドラマに出演していた俳優さん。そのご尊顔を初めて見た瞬間、私の体に電撃が走った。

何この人めっっっっっちゃかわいいかわいいの極みか??いや、かわいいだけでは収まらない。かっこいい??美しい??まぁとにかくこの世の人の顔面に対する褒め言葉をしこたま浴びせて育ったような顔をしていた。

沼に落ちるとはこういう事なんだと思う。その俳優さんの過去の出演作品SNS、今でも閲覧できるインタビュー記事などを読み漁った。そうして沼にズブズブにハマった私に、一つの疑問が生じた。

推しに対するこの感情は、いわゆる「ガチ恋」なのか?

かに私は推しの顔も声も人柄も、全てが好きだ。でも、これが恋愛感情に直結しているかと問われると、少し違う気がする。でも世の中の普通の人から見ると、「俳優にハマる=その俳優さんに恋愛感情を持つ」らしい。

それでも私は推しのことを、優れた才能を持つ俳優として、そして一人の人間としてLoveではなくLike寄りの感情を持っている。

これはいけないことなんだろうか……?推し自分ファンには「ガチ恋」していてくれたほうが嬉しいのだろうか……?

なんだか釈然としないけれど、これからも私が彼に恋をすることは難しいと思う。わがままオタク申し訳ないけれど、こればっかりはどうしても変えられない。

やっぱり3次元人間は難しい……私はどう推し推していくべきなんだろう……

2018-06-22

anond:20180621235833

マジレスするとジャンルCPの趣向がどっかで会わなくなった時が濃い縁の切れ目だから他の趣味で男友達つくるなりして異性慣れしとけ

他の交遊関係もあって心に余裕あれば趣向会わなくなってもよい友達として付き合いは続けられるし、友愛恋愛よりずっと長持ちする感情

あとわざわざ男を二人も用意してセッさせる趣向にはしる女がヘテロじゃないわけがない

ガチもんなら直行百合漫画に行くだろ

2018-06-21

女なのにフォロワーの女が恋愛的に好き

限界だということは重々承知なんだけど多分そう。ちなみに私も腐女彼女腐女オタクであるオタクフジョシの中だと彼氏ができないから、BL世界で同性同士のあれそれに影響されたから、勘違いだって自分にかなり言い聞かせてきたんだけど それをわかった上でそうなんだろうと思う。

ジャンルCPコンテンツとの向き合い方がことごとく似ていて、私たちはよく遊ぶ。イベントにも一緒に行くしご飯も食べる。食の好みも価値観も似ている。オタク的に何もないときも遊びの予定を立てる(まあどうせ話すのはオタク的な内容ばかりなんだけど)。本名も年齢も住まいもお互い知っているしラインでやりとりをするし、きっかけがTwitterで、私が大学生彼女社会人だという以外は普通の仲のいい友達だと思う。

遠征先のホテルツインベッドで寝たりして、早く起きた彼女が私のことを起きるまで面白がってずっと眺めてたって言ってたのも、たまたま声が入っている動画を送ったら声聞いたら会いたくなっちゃったって言われたことも、映画とかの萌えどころで手を思いっ切り握ってくるところも、身長が10cmくらい私より低いところも、お互いの電車に乗る前にさみしいからもうちょっと話そうって引き止められたことも全部めちゃくちゃかわいくない?これで私のこと好きじゃなかったらなんなんだろうって私は思うんだけど

今日百合映画を2人で見たら修学旅行のシーンがあって、見終わった後に彼女が高3のころに修学旅行女友達告白されて振ったらすごい泣いていたのを思い出したって黒歴史を自嘲するように話をしてきて、ああ多分その女友達は今わたしが上に書いたようなことがあってきっと彼女なら受け入れてくれるって思って告白したんだろうなって思って 今日レズ風俗行ってみたいよねみたいな話もしたけど彼女は女の人と添い遂げたいわけじゃなくて 私も彼女もこんなにジャンルと傾向が合う人を失いたくなくて

さっき今電話しても大丈夫?てラインで聞かれて何かあったのかなと思っていいよって返したら駅から家の帰り道暇だからって言われてほんとにそういうことするから女に惚れられるんだぞって思って昂ぶって書いちゃった

男だからとか女だからとかじゃなくて彼女からなんだろうけど、なんかそれもBLで使い回されたセリフっぽくてやだなあ でも彼女以外を好きになれる気がしない 今

彼女が読んでたら死にたいな ここを見るタイプオタクじゃないと思うんだけどね

anond:20180621133339

腐女子FGOもよく知らんけど、そういう公式設定で男女CPがある時って腐女子はまずヒロイン叩きに向かうもんなんじゃないの?

龍以、以龍のお竜さん

龍以、以龍とお竜さんについて世の中の過半数解釈違いを起こしている腐女子の戯れ言だと思ってほしい。

まず私はFate作品にしっかり触れたのはFGOからだ。

Zeroは元々少し知っていて、Apocryphaアニメを見た。現在友人からstaynightUBWの円盤を借りて見ている。

その程度の人間なのでコハエース帝都聖杯奇譚も未履修ということを前提に聞いてほしい。

今回のイベントで私はお竜さんにドドドドドハマりしてしまった。超絶タイプ女の子だった、無理、かわいい、好き。宝具の時のピースピースかわいい、好き。自分のことお竜さんって言うの好き。龍馬の押しか女房!?なにそれ好きじゃん。

そんなんで腐女子だけどNLに落ちた。

龍竜…いや龍←竜…?龍馬の奥さん≠お竜さんらしいか龍馬がお竜さんに矢印向けてなくてもアリだな?

なんて考えながらこれから大量に増えるであろう龍竜に思いを馳せた。

ところがどっこい周りがハマったのは以蔵と龍馬!なるほど!!

まあそりゃ腐女子の友は腐女子なんだしホモにハマるのは当たり前だったわ。

私も熟考(5秒)した結果「まあアリやな!」ってなった。腐女子だもん。

ここに関しては上下どっちでもいいかなぁ〜なんて思って二次創作を見るわけですよ。

そしてここで問題が発生する。

私はてっきり以蔵→龍馬←お竜、という図が多くなると思ってた。

以蔵とお竜さんの龍馬の取り合い、悪くないやん?いけるやん?って思って。

でも!!現実!!!2人を許容するお竜さん!!!え!!?!?

なかでも界隈でよく言われているのが

「龍以(または逆)のセックス中にタンバリンを叩くお竜さん」

?????いや、は??

いやいやいやふざけたにしてもその扱いはなに???

お竜さんは公式マテリアルで「押しか女房」って言われてるわけじゃん?龍馬一目惚れしたって書いてあるじゃんだって英霊になっても一緒にいるんだよ???そんなん計り知れない愛があるわけじゃん?

それを!簡単に!無かったことにしないで!!!

2人は一心同体だから龍馬とお竜さんが一緒に以蔵を攻めるって言うのも見た。

わかんない!!!!!!!!

なんで!!?!?!なんでお竜さんが以蔵攻めるの!?!?

龍馬が望んだことだから??あの子龍馬のいう事聞くけど基本的欲望に忠実じゃない?(宝具の「食べちゃダメからね!あ、食べた」から見て)

龍馬のことが好きだからって龍馬のしたいことは全部肯定するような子じゃないと思うんだよ。

龍以も以龍も好きだけどそれを創作してる人のお竜さんの扱いが雑すぎてほんと辛い…私も2人のホモ見たいのに見れない…。

でも難しい問題だよね。既婚者とか彼女持ちでBLするって難しいよね。

やんわり友人まで下げたりいなかったことにしたり、腐女子化とかね。私は腐女子化まじで無理だけど。

いやホモにしなきゃいいじゃん腐女子キモって思うかもだけど寝取りとかそういう男性向けだって彼氏いるけどモブに犯させたいと思った結果のジャンルみたいなもんじゃない?知らんけど。

こんなことが初めてだからどうしたいいかからない。みんな龍馬以蔵CPときお竜さんのことどうしてるの?納得のいく説明してほしい。

とりあえずコハエース帝都聖杯奇譚買ってきます

2018-06-14

本当に数の多いCPしか見てこなかった人間って逆だなんだで落ち込みすぎて弱いな。

こちとらそっちのメジャーCP公式が押してきてる感が強くてゲームでも劇場版でもアニメでも

何もかもそこは目に入れないようにしてんだよ。だからお前もスルースキルつけろよ…。

結婚式ドレス云々でいちいち落ち込んでんじゃねーよ。

あと口が滑っても公式推してくるCPとか目の前で言ってくんじゃねーよ

そもそも劇場版ゲームストーリーで、今回はゲームストーリーなんやけど

驚く事なかれ、もともと展開していた劇場版スタッフストーリーじゃねーんだよな、今のゲームストーリー

劇場版劇場版国外に展開するにあたって、自分の国の事情にそぐわないからっていちいち突っかかってくる奴もいるし

かに最初投稿説明としては論理的だし完璧なのかもしれないんだが、それが起爆剤になって感情的攻撃的な投稿もすげえ多いじゃん。

日本コンテンツから見るなとは言わないが、あまりにも感情的投稿が多いのには閉口するわ。何がしたいのかわからない。

今後の展開が純粋不安だわ。

2018-06-12

anond:20180612125650

GUI普通に使えて、Ctrl+Alt+Tでターミナル起動してtouchやmkdirやcpmvを知っていてVim設定ファイル簡単な書き換えができる程度

たぶんwgetImageMagickFFmpegあたりも使えるはず

娘はやらん

2018-06-09

anond:20180609234622

それで、フレンチイタリアンなんだね。

女性誘っていくなら、お店のバリューで選んだほうが喜ばれると思うけど。

そしたら5kじゃしんどいけど。

味やボリュームより、CP向きのお店かどうか。ムードがあるかどうかじゃないのかな。

2018-06-07

人気になってジャンルが変わってしまった。

これはクソみたいな腐女子吐露から真面目に読む価値はないと思う。あと無駄にクソ長い。

私は、そのジャンルがあまり人気のなかった頃からそこにいた。

私がハマるカプは悉くマイナーで今回も例に漏れずそうだった。ただ今回はメジャージャンルマイナー。その一点だけが違い、人数も"メジャージャンルマイナーからそこそこいる"というものだった。

しかしそのジャンル映画が公開されてから環境が激変した。映画効果で人が途端に増えたのだ。前からずっと活動していた方々のフォロワーなんて日ごとに増えていく。勿論私もフォローしている1人であり、はじめの方こそ良かった。

映画が公開されてから初めてのイベント当日、サークルさん達も驚く程の一般参加者が押し寄せた。私より前から活動していたサークルさん達もここまで多い事は初めてだったようで列案内も滞っていた。それは仕方がない。何事も初めては上手くいかなくて当たり前なのでそれはいい。それはいいが…私はふと引っかかった。列案内する時の言葉選びである。けれど、上手くいかない事柄に対して、誰でも苛立ちは出てくるだろうと気に留めなかった。

そしてイベントも無事終了し、ほぼ全てのサークルさんの本が完売状態となった。イベントが終了すると今度は同人誌転売問題になった。

映画公開前の穏やかだったTLは一変、注意喚起が飛び交う毎日。私は労いの意を込めてマシュマロ飛ばした。

けれどまたここでも引っかかった。注意喚起言葉がただの暴言へと成り果てていないか…?と。その出来事から段々と同人作家さん達の人間性が露呈してきた。

「こんな事が続くならアカウントも絵も突然消します」←消えないでー!って言ってほしいの…?貴方が消えても本当のファンが悲しむだけで転売ヤーはターゲット変えるだけな気がするけど…

「買う人はファンじゃない」←ファン定義は人それぞれなので否定はしないがそれは言わなくても良くない?買わないでくださいだけではダメなの?

通販への問い合わせが多すぎるので過去ツイート遡って」←その気持ちも分からなくはないけど、過去ツイート遡って探すのは探す方の思いやりであるし、サークル側はツイート固定したら…?

等々…。要約しているし口調も違うからもっと直接的だったり長々とツイートしている人もいる。あまりにも怒り方が稚拙すぎる気がしてならない。

私も一応本を出す経費や労力は知っているので、まだ…まだ…感情的になるのもわかる…。けれどこれはただの幕開けに過ぎなかった。

公式が開催するとあるイベントキャラへの名称が物議を醸したのだ。

「○○と呼ぶ人はファンではない。」←なぜこうもファン定義押し付けたがる…?

「○○呼びは落ち込む」←???

「○○呼びした人はゴミ」←そうか…ゴミだったのか…

「○○呼びする人は人間じゃない」←そうか…人間じゃないものがいたのか…

等々…。これも要約しているし口調も違うから以下略

この他にも絶えず、ヘイト創作根絶運動アカウント炎上公式炎上、常に学級会、学級会…学級会…

なんなんだよ!!!!!!みんな元気か!!!

新規ファンウェルカムとか言っておきながら常に学級会開かれるジャンルに対して「お、炎上してる!!入りやす〜〜い!!!」とでも言うと思ってるのか!?!?!入りにくいわ!!!!

(勿論、平気な人や逆に入りやすい人もいるだろう。)

しか!!!私と同じような価値観の人は敬遠する!!!!変に目を付けられて巻き込まれたくないし…って!!!!!

このような事が増えてから私は作品純粋に楽しめなくなっていった。

例えるなら

付き合ってる人の親や親戚があまりにもアレだったので別れたい…でも好き…しんどい

といった心境だ。

作品イメージが損なわれる事はしない呼びかけ学級会が開かれてる時点で"そうしないと民度が保てないファンが付く作品"レッテルを貼っている人はいるのではないだろうか…。そんな思いを抱えながらそれでも好きな作品を読む…。でもTLがうるさくて仕方がない…。という毎日を送っていた…。だが、耐えきれずとうとうリムーブした。けれど次の日もう一度フォローし直そうと覗いたら…

ブロックされてる!!!!!草ァ!!!!!

なんで!?フォローしてるのはロム垢で賛辞の言葉しか送らないようなアカウントなのになんで!?意味がわからない!?!?

そこでようやく気付いたのだ。マイナーCP創作している作家であろうが、メジャーCP創作している作家であろうが同作品を好きになってる時点で価値観が似たり寄ったりなのだと。だからこの人達は学級会の中元気よく投稿しているのだ。

あばよ!!!!!!

2018-06-06

腐女子恋愛

私は腐女子だ。ボーイズラブを愛しており、暇さえあれば好きなCP幸せを祈り、読むだけでは飽き足らず描いたりもしてる。個人的に好きなのは商業より二次創作BL同人。主に少年漫画二次創作をやっている。(因みにBL程ではないが百合も大好きだ。とにかく同性同士の感情のぶつかり合いに弱い)

そんな私だが推しCPがズッコンバッコンやっている漫画を描いておきながら生まれて一度も恋愛をした事がない。人並みに告白はされてきたと思う。いや、人並みてどれくらいの事を言うのかわからないけれども数回程度は。周りの友人に恋人旦那ができたのに焦って合コン街コン婚活パーティーなどに参加しまくった事もあり、中には「いい人」もいてデートをした事もある。でもこの人と「恋愛」できるかを考えるとどうにも付き合うという事にピンとこなくて、結局彼氏いない歴=年齢だ。

そもそも私は友人自体少なく、週一ペースで誰かと遊びに行くだけで疲れる方だ。友人と遊ぶ事自体は好きだが、多くて2週間に1度でいいと思ってる。(本音を言うと月一でもいい)。が、どうやら恋人というのはそれ以上のペースで会わなければいけないし、頻繁にLINEやらメールやら電話やらを交換しなければいけないらしい。同性同士だってそんなの面倒なのに、なぜ異性でそれができる?!性欲自体もあまりないし、子供もそんなに欲しくない。一人行動もかなりする方だ。幸い資格職で贅沢さえしなければ女一人でも食っていける程度には稼いでいるので結婚もしなくていいと思ってる。(ていうか前提条件としてそもそもこの「好き」がわからないので自分異性愛者なのか同性愛者なのかすらわからない。とりあえずマジョリティとして異性愛者と仮定して話を進めるけど。)

いや、わかるのだ。「好き」という感情自体は。でもそれが恋愛とどう違うと聞かれたら理解できてない。男友達もいるがその人に対する気持ち普通女友達とほぼ同等だ。イケメンを見るとテンションが上がるが、美人を見て上がったテンションと同じ感じだ。推している男性アイドルがいるので貢ぎたい~!と思うが、この間友人に生まれ赤ちゃんを見て「可愛すぎてお年玉あげたい~!」と思ったのと同じ感情だった。過去女性アイドルの追っかけをしていた事もあるが、正直今男性アイドル推しているのとテンションが変わらない。

感覚としては会社の同僚の間に子供が生まれて、美男美女カップルだったので子供もまあ可愛く、素直に「将来絶対イケメンになるね!」と言ったら「何歳差だと思ってるの⁈」と言われるのと同じ感じだと思う。いやイケメンだけどそういう対象では絶対なくない⁈みたいな。

幼少期から少女漫画より少年漫画の方が好きで、家に山ほど漫画はあるが少女漫画は数える程しかない。それらを読んで素敵!と思う心はある。でもそれってファンタジー小説を読んでドキドキするのと同じ感覚だ。ドラゴン倒すの格好いい!と思うがじゃあ現実ドラゴンを倒したいかと聞かれたら平和暮らしたい。部活ものを読んで感動したりするけれども、ゆるゆる文化部所属だったしあんな辛い練習とか試合とかしたくない。なんていうか、自分にとって少女漫画とか恋愛映画とかって、ドラゴンとか熱血部活ものと同じ様なものなのだ面白いキラキラしていると思う。だけど「自分とは関係ないところにある」ものとして捉えてしまっている。

自分腐女子だと自覚した時、男同士の恋愛が好きなのか!と思って商業BL漫画を買いあさった事がある。中には面白い物もあったけれども、自分の中で少年漫画二次創作同人誌以上にしっくりくるものがなかった。で、これって結局自分の中で「恋愛」という感情が抜けているからなのかなと思った。私には恋愛はわからない。けれども友達はいるので「友情」ならなんとなくわかる。恋愛友情相手の事が想うという意味では同じ「好き」という地点から発展しているし、恋愛がわからない自分にとって「愛」=「友情の延長線上」にあるのではと思った。

から自分の中で一番しっくりくる恋愛二次創作同人なのかなと思った。この二人は一緒に死線をくぐり抜けてきた、とか長い時を部活練習に費やして試合という人生の晴れ舞台に立った、とかならきっと常人間の友情よりももっと深い友情が芽生えているのに違いない。好きがもっと深くなる=恋愛(?)なのでまあキスもするしセッ○スもするだろう。そしてだからこそ恋愛主体に進む少女漫画BL漫画少女漫画一種とする)にそこまではまらなかったのでは。普通暮らしていて他人に恋をする…と言われてしまうと、プロットを何段階か飛ばししまっている気がしてしょうがない。

もちろん世の中には男女のバディ物とか、男女が様々な困難を乗り越えて…みたいなものもあるが、世にでている作品だと男女がでてくる=恋愛をする!みたいな作品が圧倒的に多くて、私が望んでいる「深い友情」を描いたものだと必然的に男男とか女女同士の物が多い。

先も言った通り、自分は友人は少ないし正直月1で会えば十分だと思っている。毎日LINEしあって近況報告して…みたいなズッ友!みたいな事は行った事もない。父が転勤族だったし、引っ越し=そのまま友人とフェードアウェーなんて事も結構あった。

自分解釈ぴったりな二次創作同人誌を描く度、自分恋愛よりも深い友情を欲しているんじゃ?と思う事がある。

いや…恋愛ってなんだろう。これはアセクシャルと違うんかな…?そもそも自分腐女子なんだろうか???

2018-06-04

20代後半警察小学生探偵カップリング

マジでいい加減にしろよ。

ジャンルか知らんが自衛しててもイラストががっつりTLに流れてきやがる。もう見てられん。

そのCP地雷からやめろ!とかそういう話じゃない。倫理観の話だ。

何で未成年しか小学生に手を出す大人の絵を見させられなきゃいけないんだよ。最悪なのはキスしてたり、さらにはセッしてたりするのが平気でドカドカ流れてくること。明らかに性犯罪なのにどういうつもりだよ。

えんなつってるわけじゃなくてやるならゾーニングなりフィルタリングなりしろっつってんだよ。

「でも中身は高校生だし(><)」

からなんなんだよ。高校生からなんなんだよ未成年に変わりないだろアホか。最近にも山口達也事件あんなに話題になっといて知らんぷりか。未成年に手を出すなんて絶対に、良い大人がすることじゃないんだよ。

しかも中身が高校生だろうが天才だろうが、その成人男性側が「小学生だと思ってる」上で手を出してるんだから最悪だろ。中身知ってて手を出してるのも「中身は高校生から良い」とか思ってるってことだしもっと最悪。小学生の筋力とガラスぶち割る成人男性の筋力どんだけ差があると思ってんだ。

あとマジで気持ち悪いのは「映画で盗聴とかやってるからOK」って思ってるのか知らないけど小学生盗撮して興奮してる描写。あれどういうことなんだよ。好きなキャラをどんだけ気持ち悪くかけば気が済むんだ?

「〇徹目」って書けば盗撮だって未成年レイプだって何させてもいいと思ってんだろ。可哀想にな、徹夜させられて性犯罪者にさせられて。

これは本当に疑問なんだけど、そいつ警察じゃないのかよ。しか正義感の強い、20代後半のエリートの、"立派な大人"じゃなかった?

さっきも書いたけど、どれだけ中身は高校生でも天才でも「合意」でも未成年に手を出すのは立派な性暴力なんだよ。

正しい大人なら絶対に、絶対に手を出さないもんなの。小学生好意を抱いてるのはよしにしたって、その好意を露わにするやつなんか絶対にろくな大人じゃないんだよ。わかってんのか?

別にこのCPケチをつけるために書いてるわけじゃない。私だって未成年と成年のCPが嫌いってわけじゃない。どれだけキャラクターを崩壊させようが、このCP好きな人がいっぱいいることも知ってるし、好きにかけばいいと思う。好きに恋愛感情だろうがなんだろうが持たせればいい。

ただ、そういう素振り描写するなら「この行為は性暴力ですよ」「私はこのキャラ性犯罪者にしてますよ」ってことを理解しろ。それをふまえて、最低限、(本当は性愛表現は全部してほしいくらいだけど最低限)、キスやらセッさせるやらくらいは注意書きなりワンクッション置け、ゾーニングしろって言ってんだ。今はぷらいべったーとか鍵垢とか色々やりようがあるだろ。

今回はたまたまジャンルしか小学生相手でめちゃくちゃ目につくのがこのCPだったからこのCPについて言ってるけど、どのCPどのジャンルどの性別でも未成年に手を出してるやつは全部そうだし全部性暴力からゾーニングしてくれって言ってるからな。見たいやつだけ見れるようにはできないのか?

今まで出た映画は観てたから、今年も見に行った。どれだけ格好良い姿見せられようと、お前らがTwitterでそういうの垂れ流してくれたおかげで私の中の彼の印象は、格好良いキャラクターから性犯罪者に変わったよ。どうもありがとうな。

2018-06-01

親と彼氏が揉めてて、入籍してない増田さんて。

結婚したいの、焦ってるのって、増田さんだけっぽくない?

なんでだろ。

こういうのって、圧がかかればかかる程、男のほうが強硬に親離れするものだとおもうけど、それ出来なかった友人CP結婚目前に別れてる。

親離れ=結婚だと、そのとき思った。他人事ながら。

腐女子ってなんでこんなにたくさんいるんですか?

なぜこんなにも女オタクの中で「腐女子」の割合が大きいのでしょう。

前提として、誰かの嗜好を否定するつもりはありません。

びっくりするほど長くなりました!ごめんなさい!

はいわゆる二次オタクと呼べる趣味を持っています。もうちょっと若い頃は男性向け~女性向けまで幅広く好きでしたが、

最近は人気のアニメソシャゲ女性向けのタイトル以外で課金しているのがFGOくらい)、ジャンルわず漫画を楽しむ程度です。

二次創作は支部SNS検索する程度には好きです。イベント等にはしばらく足を運んでいません。

最近女性視聴者を中心におっさんずらぶも流行っていて、やっぱりBLって全体的に受け入れられやすテーマなのかなと思ったりしてます

まわりのオタク友達女性)は、8割がいわゆる腐女子です。みんな良い人です。

私はBL嫌悪感はありません。二次創作としてゲイ設定でない男キャラ同士の恋愛を見ることにも、抵抗はありません。

ひとつ作品として楽しく読めます商業BLなんか、自分で続きを求める程度には普通に好きです。それでも私は、公式非公式わず男女のカップリングを好きになることが多いタイプでした。

まりオタク同志の交流必要としてなかった頃は「腐女子か~」くらいの認識

それでも年齢を重ね、SNSなどの普及でネット上でのオタク友達が増えるとその腐女子の多さに驚きました。NL勢はもちろんいるし、夢女子もいるけれど、作品の枠を取っ払って「女オタク」という括りで見た時に腐女子割合が圧倒的に多いなと感じました。

※中には「夢要素含む腐女子」「NLも好きな腐女子」「恋愛面については男×男以外地雷な腐女子」と様々なタイプがいます

腐った理由は?という問いの答えでよく聞くのが「間違えて読んだ作品BLだった」「BL二次創作にうっかり萌えしまった」「男同士だからこその葛藤に惹かれる」など様々。

リアルに仲良くなった腐女子数人に失礼であることは承知で「あなたから見た腐女子」を聞いてみました。

ネガティブ系の意見が多くなってしまいましたので、不快に思われたら申し訳ありません。

腐女子の数が多い理由は単純に非オタより男女の恋愛にひねくれた思想を持っている部分があるからだと思う。

・男女CP地雷の人は特にだけど、男女の恋愛トラウマ劣等感を抱えている人が多い。現実男性が苦手な子も多い。

自分女性としての性にある意味自信がない人が多い。(外見や内面わず

・受けもしくは攻めに自己投影している人もいる(キャラ恋愛したいと思っているが、複雑な心理で「夢女子」にはなりたくない)

上記のような人は、当然だけど図星に近いことを言われると否定する。本当に無意識な人もいる。

純粋男性×男性恋愛を楽しんでいる人は特にCPを下げるようなことは言わない。マナー問題というよりは、精神面が安定しているから誰かと比べない。自分劣等感がない。

・男同士だからこその関係性が萌える部分があり、それは友人関係で十分成り立つのも分かるのだけど、男性に比べて女性はどうしても「恋愛」に結び付けたい思いがどこかにあるからこそBLという境地にたどり着いてしまうのかもしれない。

BLCPとして人気のある男性キャラ公式非公式わず女性の人気CP相手がいる場合、今より若いころ(中学高校)は本当に嫌いになってしまうことも多かった。割り切って考えられなかった。

 理由は「その女キャラ性格が~」とか理由をつけていたけど、結局はBL理想押し付けていた部分がもちろんある。結局は女を好きになるのか…という思いが生まれ、何故か耐えられなかった。

・昨今のLGBT応援の風潮を過度に笠に着ている人もいる。(もちろん現実LGBTについてはもっと理解されるべきと思っている)

上記のような理由はもちろん私の知り合いの腐女子から見た一面でしかないので、全体に当てはまるわけではないでしょう。

NL好きに当てはまる部分も少しあるかもと思ったので腐特有というには信憑性もないかもしれません。

ただ、こういった話は聞く腐女子聞く腐女子みんなから程度の差はあれど出てきました。

時々見る、「私以外の女と〇〇が恋愛するくらいなら、男にとられたほうがマシだから男×男は好き」という意見も興味深いです。

恋のライバルが女なのか男なのかで、嫉妬するしないの差が生まれるということなのでしょうか。

私は腐女子がなぜこんなにもたくさん生まれるのか知りたかったのですが、色々聞いていってもネットで調べても限界はあり、簡潔な答えは出ませんでした。

調べていくうちに腐女子心理分析()みたいになってしまって話が逸れてしまったのもあります

繰り返しになりますが、腐女子はなぜこんなにも多いのでしょうか。

市場規模どれくらいなんだろう。

男×男の恋愛を描いた二次創作や漫画作品を、私は少女漫画などの男女の恋愛を描いた作品と全く変わらない気持ちで見ています

それなのになぜ二次創作などで男女の恋愛の方に重きを置いてしまうのかと言われれば、そのキャラたちが基本的には異性愛者として描かれている/ゲイバイだという描写がないからかなと自己分析しています

そのキャラたちを恋愛と結び付けた二次創作が見たい!となった時に、自然に異性を当てはめてしまます同性愛を軽視しているわけではないと思うのですが…。男性キャラ同士でどれだけ絆で結ばれた相手がいようと、その関係にどれだけ萌えようと、あえて私自身の思考により恋愛関係に持っていこうという流れにならないのです。

純粋に疑問です。気になります腐女子としての思想を一端でも理解してみたいです。

不思議です。私もBLに抵抗はない。読む。楽しい。でも一番好きってわけじゃない。腐女子BLが一番好き。そこの違いってどこからまれるんでしょう。

男同士の恋愛を皆さんはどうやって楽しんでいるんだろう。私とはやっぱり違うのでしょうか。それとも意外と同じような楽しみ方なんでしょうか。

重ねて言いますが、腐女子否定しているわけではありません。ただ気になるんです。

腐女子ってなんでこんなにたくさんいるのでしょうか。面倒くさくて、長文でごめんなさい。私にも、誰か教えてください。

2018-05-24

anond:20180524123043

相手説明してもらいたいなら、まず礼儀として地雷CP理解できないという自分感覚説明すべきだろ。

地雷CPという感覚が全く理解できない

A☓Bは好きだけどB☓Aは無理とか、そういうの全く理解できない。そんな人存在するんだっていう納得は多少している。

なんで地雷になるのか教えて欲しいぐらい。

2018-05-22

推しって絶対必要

推しがいるときといない時の作品の話

「ねえねえ推しって誰?」

オタクなら耳にタコができるくらい聞いた

であろうこのセリフ 私はたまに辟易とする時があるのだ。

勿論自分の好きになりそうなキャラの特徴や性格理解している。が、それは必ずしも

どこの作品にいっても絶対にいるわけではない。自分の好みの例外を好きになる可能性はなくもないが、だいたいこういうキャラが好きだという傾向はある。

というかそもそも作品に一人、推しCP

自分の好きなものをつくらなければいけないのだろうか?義務なのだろうか?

偏見と捉えられても仕方がないと承知で物申すが、特にアニメ漫画といった作品の中で推し制度が顕著に出ている。

かに誰かがとりわけ好きだったら、その作品を読むいいきっかけだし読み続けようとするいい動機にもなると思う。

が、フォーカスキャラだけに絞らずともここの話の流れが好きだとか、雰囲気が好きだという理由で読み続けてもいい気がする。

嗜好なんて人それぞれなのに。

けれども、作品に対してもっと情熱が足りないとか、好きなキャラがいないとかにわかじゃないのか、ちゃんと読んでる?と多々言われてきた。オメーこそキャラ崩壊した攻めが織りなす総受け作品ばっか読んでて原作のこと見てないんじゃない?と返したくなるが私は大人なので こういう場所鬱憤を晴らす

もっと顕著なものだと、女はこういう作品だとこういう男が好きなんだろ?(笑)と変な考えを押し付けてくる野郎だった。だからお前相手にされないんだぞ。

ある意味ハラスメントである

なんの場所に分類されるのか分からないが腹立たしい。お前の考えを押し付けるなと声を大にして言いたい。

たまたまこ作品には好みのキャラクターがいないだけで、お前が質問してるのは適当メンツこさえた合コン

「この中で付き合うんだったら誰(笑)

って訊くクソみたいな質問と同じ感じやぞ

作品作品のものとして楽しんで

何が悪い、楽しみ方は人それぞれじゃダボが。見てるか!!!!!!CP絶対に訊く奴!!!!!!!!オメーのことだよ

この記事たまたま見た方に告げたいが、人の楽しみ方は人が生きてる数の通りだけあること、自分の考えだけで判断するのは早計なのです。AVだってそうでしょ?

好きに選ばせてあげてって話です。

長々と失礼しました。推しがいなくても作品は楽しめる話でした。

2018-05-15

百合豚クソオス界隈の女と女百合絵師の話

 ※これはフィクションです。実在人物団体、界隈などとは一切関係ありません。

 そのひとが描く、すらりと伸びた手足が好きだった。

 何にも染まらない白い肌が同じように白い肌と重なっている。草原の中に佇む、少年とも少女もつかないその姿は確かに静止画としてそこから動かない筈なのに、きっと誰にも捕まえられない。吹き抜ける風のように自由で追いかけても追いかけてもすり抜けていくだろうから

尊い

 そんな私の口から零れたのは、たったそれだけ。ツイッターで回ってきた、その美しすぎるイラストについて、私はそれ以上語る言葉を持たなかった。

 いや、持てなかった、と言うべきだろう。私のような語彙力のない人間がありふれた陳腐言葉で褒めちぎっても何にもならない。

 だからただ「尊い」とそれだけ言っていればいいのだ、そうだそうだ、それが正解だ。

 残念なのは、一回しかふぁぼが出来ないこと。見た瞬間に無意識に1回ふぁぼって、見入って息をするのを忘れて、それからやっと呼吸を再開した時に手癖でもう一度ハートマークを押したら、ふぁぼが解除されてしまった。正直あと億万回押したい。ツイッター仕様変えられないの?

 これだからツイッターはなんて思いながら、絵についてるツイートに目をやった。

『久しぶりにオリジナルのこたちかいたたのしい』

 なるほど、確かにたことないキャラだと思ったけど、やっぱりオリジナルだったんだ。そして”久しぶり”という言葉から察するに、普段二次創作をやっている人のようだ。

 ツイ主のアイコンは、知らない2頭身の金髪女の子キャライラストだ。アカウント名は@noanoa_hc、スクリーンネームはNoa。

 初めて見る人だ。世の中にはまだまだ私の知らない素晴らしい絵師さんがいるんだなぁと思いながらその人のプロフィールページに飛んだ。

 固定ツイートを見てぎょっとした。

 女の子女の子キスをしているイラストだった。一人はアイコンにもなっている金髪ロングの女の子、もう一人の子茶髪ポニーテールだ。

 オリジナル中世的で絵画的でもあった雰囲気とは全く印象が違う。女の子らしさを凝縮したふわふわキラキラした世界。可愛らしい色合い。

 でも確かに絵柄は同じだった。すらりとした手足のタッチは同じ。間違いなくどちらもNoaさんが描いたものだということは分かる。

 そうかそうか。なんだ、その、普段百合?をやってる人、なんだ。え、それってどういうこと?

 っていうか百合って男向けのだよね?そういえば時々BLとか少女漫画作家さんが百合描いてるの見かけるけど、正直仕事として依頼されたからだよね。好き好んで男のために消費されるようなものを作る女なんていないでしょ。

 だったら何?このひとは一体何なの?bio見る限り商業作家さんではなさそう。お仕事用別アカウントもないみたいだし。趣味百合をやってる女のひと、ってこと?

 何のために?……百合二次創作って売れるのかな?

 ああ、そうだ、きっとそうだ。それを収入源にして本当にやりたいオリジナルやってるひとなんだ。なんかそれってすごい。女を消費したがる男を食い物にして自分の好きなことの肥やしにしてるってことだよね。格好いいな。

 私は男子の絡みを主食にしているし、可愛い受けより美人男前な受けが好きだから、こういういかにも”かわいい”を強調したイラストを見ていると少し居心地が悪い。だけどやっぱり絵柄自体は好みだから不思議とずっと見ていられた。もうフォローするしかなかった。

 Noaさんのツイート頻度はそんなに高くなかった。2~3日に一回つぶやけばいい方。おはようとか疲れたとかの一言だけだったり、突然おいしそうな飯画を上げたり、内容はまぁ普通だ。口調は結構乱暴な感じだけど、名前からしても多分女のひとだろう。あんなに繊細で美しくて尊いイラストを描ける人が男であるはずがないと思う。

 そんな普通ツイートに混じって、週に1回平日(後にそれが毎週水曜日であることに気付く)に何かのアニメの実況をしているらしいことも分かった。

 最初は何のアニメなのかよく分からなかったけど、ツイートがやけに熱いなと思っていたら、その日のうちにワンドロを上げたりすることも多くて、例の固定ツイートにしている女の子達が出てくるアニメのようだった。

 イラストはワンドロにも関わらず、毎回クオリティが高くて、知らないアニメだけどNoaさんのは別だ。即座にハートマークを押して、でも少し考えてそれを取り消した。

内容が内容だから自分フォロワーさんにこんなのが回ったら絶対迷惑になる。みんな百合の耐性ないもんね。

 だから私はNoaさんを追うためだけのアカウントを作り、改めてフォローし直した。ふぁぼ欄がNoaさんのイラストツイートで埋まっていくのが嬉しかった。

 Noaさんは週末には時々オリジナル絵も上げてくれた。キャラは私が初めて見た時のものと同じだったりそうじゃなかったり。とにかくもうNoaさんの絵が全部好きだった。

 というかNoaさんのことを好きになっていた。低めのテンションからジャンル話題に食いつくときギャップが最高だし、普段砕けた乱暴な口調も格好良い。何か自カプについて考察みたいなことをツイートして界隈からのふぁぼリツをかっさらっていったかと思えば、オリジナルの儚げなイラストで私達を殺しにくる。

 ツイート頻度が高くないことは重々承知の上で、それでも今日は呟いているかどうかと、毎日のようにアカウントを見にいった。

 そうしていると段々話しているジャンルの内容が気になってきた。気になりすぎて動画サイトで探して、アニメを前クールから全部追った。

 正直そこまで私には刺さらないアニメで、男同士でやればいいのにと何回も思ったけど、ツイートの中身がスラスラ分かるようになったのは本当に良かった。

 TLを読解出来るようになると、それまで見えていなかった色々なものが見えてくる。

 ジャンルの界隈の人でいつもNoaさんの考察空リプしてる人、それに丁寧に対応するNoaさん。時には長めの議論に発展することもあるけど、いつもNoaさんが綺麗に論破してしまう。

 そして、Noaさんをしきりにご飯に誘ってくるのはいつも同じアイコンだった。休日の度に何度も何度も図々しい。でもNoaさんは優しいからその誘いに乗ってあげていた。

 TLに流れてくる二人分のスイーツ画に吐き気がした。Noaさんはお前のSNS映えのための道具じゃないんだぞ。

 無事に現行クールの話数に追いついた私は、水曜日にはリアルタイム視聴もするようになった。Noaさんの実況を見ながら見アニメは格別だ。離れているのに、お互い顔も本名も知らない関係なのに、一緒の時を過ごしている感じがする。

 そして、見ているうちに私はある思いが日に日に強くなっているのに気が付いた。

 Noaさんの自カプ、BLじゃない?と。

 女王様系の金髪ロングと、従者的な幼馴染の茶髪ポニーテールBLじゃ王道中の王道関係性じゃない?断然金髪が受け。大人っぽいのに可愛いところもあって女王様美人受け、最高じゃん。茶髪の方は幼馴染だからってこともあって、金髪傍若無人な振る舞いを上手いこと扱っていて、なんかちょっと熟年夫婦感があるんだよね。もしこの二人が男の子だったら私の好みどストライクだ。本当になんで男同士じゃないんだろう。もったいなさ過ぎる。

 いよいよ私は我慢が出来なくなって、その思いをNoaさんのマシュマロにしたためた。Noaさんが私の考えをどう思うのかが知りたくなった。

 メッセージを送った瞬間は正直冷や汗が出た。これまでイラスト好きですとか応援してますとかそんなことしか送ったことはなくて、CPについて聞くなんて初めてだったから。

 百合ことなんか全然からないけど、やっぱり男体化って話題はよくなかっただろうか。でもでもNoaさんの普段発言じゃ、金髪茶髪に付いて嫁とか夫だとかい言葉だってよく出てくるし、彼氏面とかも頻繁に言ってるし。それにオリジナルの時はどちらかというと少女より少年っぽさの方が強調されたりもする。”男キャラ”についてそこまで拒否感はないはず。いやでも。そんな考えが頭の中をグルグル巡って、やっぱり送らなければよかったとさえ思った時、それは起こった。

『男体化!その手があったかー!ありがとうございます!!』

 TLに現れたその文字列を見た瞬間、私の体温は5度くらい上がったんじゃないかと思う。

 その後Noaさんは続けざまに男体化について3ツイートくらいのツリー形成して思いの丈を語った。もちろんマシュマロのお返事含め、それらは全部スクショした。

 Noaさんが、あのNoaさんが、私の意見を拾って、それに賛同、私と同じように萌えてくれたのだ。

 自分性癖にとことん刺さるBLを読んだ時くらい嬉しかった。嬉しすぎて文字通り部屋の床をゴロゴロ転がり回ってしまった。

 数時間後に男体化イラストが上げられた時には確実に一度心臓が止まったと思う。

 これだと思った。二人の少年はばっちりNoaさんの絵柄にハマっていた。そうなのだ、これが金髪女王改め王子茶髪従者の真の姿だ。彼らはその女性性を捨てることで、真に美しい姿に、概念にまで昇華したのだ。

 その後もNoaさんは度々男体化イラストをUPしてくれた。それに触発されて界隈の他の絵師が同じように描き始めたけどやっぱり全然だめ。Noaさんじゃないと、”少年”のリアルな質感は描けない。絶対に。やっぱりNoaさんは男同士を描くために生まれてきたんだと思う。これまでの百合をやってきたのは金髪王子茶髪従者に出会うための布石だったんだ。私はそう確信してさえいた。

 自ジャンルオンリーイベントサークル参加募集が始まったのはちょうどそんな頃だった。Noaさんがサークルカットと共に『新刊男体化漫画やります』とツイートした時は、見間違いじゃないか5度見くらいした。

 大好きなNoaさんが、他でもない私が布教した大好きな男体化カプで新刊を出すのだ。信じられない思いだった。というかこんなにいいことばかり続いていいのか?とさえ思った。

 そして、一番重要なことはイベントに行けばNoaさんに会うことが出来るということだった。一体どんな人なんだろう。いや素敵な人に違いないとはもちろん思っているけど。これまで飯画や上げられる写真には本人は全く映り込んでいなくて、顔もそうだが服装雰囲気なども一切分からなかった。でも、会えるのだ。せっかくの機会、Noaさんと自カプについて話がしたい。

 そのためにも私はもう一度アニメを隈なく見返した。金髪王子茶髪従者についてやれるだけ考察を重ね、解像度を上げることに専念した。

 いよいよイベント当日。

 一般入場が開始された瞬間に私はまっすぐNoaさんのスペースを目指した。15分前にTLをチェックした限りでは設営完了とのこと。新刊表紙の茶髪従者にお姫様抱っこされている金髪王子を目印に人の波をかき分けて進んだ。

 パンフレットとスペース番号を何度も見比べながら場所を確かめる。ああ、私Noaさんに会うんだ。そう思うと心臓はがなり立て、喉はカラカラに乾いてくる。歩みを進めながらも深呼吸してごくんと唾を飲み込んだ。

 スペースには大きな列こそ出来ていなかったものの、既に5~6人並んでいた。開始直後にってすごくない?やっぱりNoaさんって人気作家なんだ。

新刊1冊500円になります

 声の主の方を視線で辿って息を飲んだ。めちゃくちゃ美しいひとがそこにいたからだ。可愛い、ではなく、キレイなどでは足りず最早「美しい」という言葉しかさない顔の造形だ。

 身長は170cm近くあるだろうか、きれいめのジャケットクロップデニムカジュアルダウンしている姿が様になりすぎている。

 耳が見えるくらいの明るい色のショートカットの髪が、さらさらと額の上で揺れていた。

 一見して男か女か分からなかった。どっちと言われても信じることが出来そうだ。確かなのはその人が美しいということ。

 そしてそのひとの胸元に名札がついているのに気が付いた。

 ”Noaだょ”

 崩した文字だけど、確かにそう書かれている。Noaさんだ。Noaさんなのだ、この人が。この美しいひとが。

 聞こえてくる「ありがとうございました」の声は見た目の印象よりも少し高め。それに何より名札から下をよくよく見ていると、柔らかそうな身体つきが見て取れた。Noaさんは女のひとだ。メンズライクだけど確かに女のひと。男装カフェかにいても不思議じゃないタイプの。私だってあんな風に顔が良かったら男装コスだってしてみたいと思ったことが1度や2度くらいある。もちろん鏡を見てすぐに諦めたけど。

 Noaさんは私の理想のひとだった。あんな風になりたかったと思えるひとだった。最高のイラストが描けて、TLでも人気者でその上顔やスタイルまで美しくて格好いいなんて。すべてが私の理想通りだ。こんな素敵なことがあってもいいのだろうか、本当に。

 私はの緊張はいよいよピークに達し、息が上手く出来なくなってきた。

 無情にもNoaさんの客さばきは高速で一気に私の番になってしまう。

「あ、あの、しんかん1部、くださひっ……」

 噛んでしまった。

 やばい恥ずかしい。一気に顔に血が上ってくるのが分かる。今すぐにでも逃げ去りたい。そんな私を気にも留めずにNoaさんは新刊1冊ですね、と私の震える手から500円玉を受け取った。

 何をしているのだ。こんなことで怯んでどうするのだ。何のためにここへ来たのか、何のために夜通しアニメを見返したのかも分からなくなってしまう。

 私はNoaさんのから新刊を受け取ると、「あの」と切り出した。

「あの、実は私、Noaさんに最初マシュマロで男体化よくないですか?って言った者なんです……!」

 よかった。今度は噛まずにちゃんと言えた。少しだけほっとする。

「そうなんですか!?えー、ありがとうございますー」

 Noaさんは目を見開いて驚いて、すぐさまぱぁっと明るい笑顔を浮かべる。

「うわー、じゃあこの新刊出せたのもあなたのおかげじゃないですかー。えー」

「いえいえそんな全然です!あの、やっぱ二人の関係ちょっと少年的というか、男体化すると無垢な感じがめちゃくちゃ出るというか、それがNoaさんの絵柄に合うんじゃないかってずっと思ってて」

 やばいなと思いながらも一気に捲し立ててしまった。やばいな、Noaさん引いてるかな。ちらりと顔を見ると、Noaさんは先程から変わらずニコニコとした笑顔のままだった。

「いやぁ嬉しいなー。マシュマロもらった時私もその手があったかー!って思って興奮しちゃって。ほんと”少年”って儚げな感じがこの二人っぽくもあっていいですよね」

 なんてことだろう。私が思い描いたような展開が繰り広げられている。本当に夢かもしれない。それなら覚めて欲しくないけど。

 そう思っていると、隣のスペースの人がNoaさんに声を掛けた。

「るかちゃーん、今ソラリよんさんからラインきて、今日打ち上げ来れるかって言ってっけど、参加でいいよねー?」

「ん?ああだいじょぶー」

「りょ~!」

 背中である長い髪を綺麗に巻いたその女は、Noaさんの返答を聞くが早いかキラキラしたネイルの指先ですぐさま返事を打ち始めた。

 なんだこの女。やけにNoaさんに馴れ馴れしくないか?あのNoaさんだぞ?分かってる?

 隣のスペース誰だったかな、ほとんどNoaさんしか見てなかったからよく覚えてない。でもお品書きポスター新刊表紙に見覚えがあった。

 こいつ、毎週末NoaさんをSNS映えの餌食ににしているクソ女じゃないか。いつもこんな風に馴れ馴れしくNoaさんに絡んでるんだ。最悪。胸の中にモヤモヤした感情がくすぶり始める。

 でも同時にそれが正しくない感情であることも私には分かっていた。だって私はオフラインのNoaさんのこと、ほとんど何も知らないのだ。隣のクソ女の方がずっとずっとNoaさんを分かってる。他にも打ち上げの連絡をしてきたソラリよんか誰か知らないけどそういうやつとか、打ち上げに来る他のメンバーなんかの方がよっぽどNoaさんを知っているはずなのだ

 それでも、それだけで私がこの人たちに負けていると思いたくなかった。私はそんなみんなから慕われている神絵師同人作家Noaさんに布教してそれをNoaさんも気に入って新刊まで出したのだ。それをさせたのは、間違いなくこの私。

 気が付いたらNoaさんが再び私の方を見ていた。

「そうだ、よかったらあなた打ち上げ来ませんか?」

「え!?

 いきなりのことにひっくり返ったような声が出てしまった。

「あ、お時間あればいいんですけど」

「えと、ぜんぜん、全然大丈夫です」

「よかった!男体化のこともっとお話しましょ」

 Noaさんは白い歯を見せながらニカッと笑った。笑顔があまりにも眩しすぎる。Noaさんはクソ女の方を振り返る。

「ねー、もりーぬさん、打ち上げもう一人追加でいいー?えーっと」

 そしてもう一度私の方を振り返って聞いた。

「すいません、お名前、教えて頂けますか?」

「あ、双樹、です」

「りょーかいです。もりーぬさーん、”そうじゅ”さん、追加で。そ、1人。あ、そうじゅさん終わったら連絡するんでライン教えてもらえません?」

 それが私がNoaさんと”繋がった”瞬間だった。

 Noaさんのスペースを後にして、会場をぼんやり歩く。正直百合がメインのジャンルから男体化で本まで出しているサークルは少なかった。打ち上げの時にNoaさんと話すネタになるだろうと買い込みたかったが、Noaさんに触発されて突発で出したコピー本みたいなのが数冊だけしかなかった。それでも収穫は収穫だ。

 どこかでご飯食べて戦利品に目を通して、打ち上げの連絡を待つとしよう。

 Noaさんのスペースは会場のだいぶ奥だったか入口まで地味に距離がある。それにまだ一般入場が始まって30分も経っていないわけで、色んな列が進路を阻み、色んなスペースに向かう人が色んな方向を目指して進むに進めなくなって新たな混雑を生んでいる。ぼーっとしていたら人の波に攫われてしまいそうだ。

 そういえば今までBLオンリーオールジャンルには参加したことがあったけど、百合がメインなのは初めてだ。どこもかしこ女の子イラストポスターやらなんやらが目につく。そしてそんな会場にいるひとの8割くらいは男性なのだった。確かに女性はいるし、サークルで参加している人には女性が多いようには思うけど、客はみんな男性だ。こういう男女比のところに初めて来たから余計にそう思うのかもしれないけど。やっぱり百合男性向けなんだ。男女もの男性向けほど直球のエロじゃないにしても、キレイ理想女の子女の子世界ってやっぱり男の考えた理想郷で、男のための消費物に他ならない。

 よかった、Noaさんが男体化をやるようになって。あの美しいひとが、例え売れるからってこれ以上男のための消費物を作り続けるなんてもったいなさ過ぎる。、

 そういえばさっきNoaさんのスペースに来てたのもほとんど男の人だった。男体化でもちゃんと買ってくれるってことはやっぱりNoaさんの画力漫画の上手さだよね。

 いや、待てよ。もしかしてNoaさんガチ恋勢なんじゃないの?だってあれだけ美しいひとなんだし、それもない話ではない。だって元々百合が好きなのに男体化の本を買うなんてありえない。絶対あいつら内容なんて見てないんだ。ああやっぱり男って最悪。Noaさんもこのまま男体化続けて、早くBLにきたらいいのに。

 人込みの中、男がこっちにぶつかってくる度に聞こえるように舌打ちしてやりながら、私は何とか会場を出た。

 連絡を受けて、打ち上げ会場となる居酒屋に集合より少し早い時間に到着した。既に店の前でNoaさんとクソ女、それからいかにもな感じの男オタクが2人いた。Noaさんはすぐに私に気付いてくれて、私をそこにいた人達に紹介してくれた。一通り自己紹介が終わるとクソ女が男達に身内的な話題を振って私以外の4人で話し出した。何これ居辛ら過ぎる。私が死んだ魚のような顔になってもクソ女と男共は全く気付いていないようだった。最悪。

 するとNoaさんが、急にこちらを向いた。私は慌てて生き返った顔に戻る。ヤバイ、見られたかな。Noaさんはこちらを見てにっこり笑うと、クソ女と男共に「そろそろ時間だし先はいっとこ」と言った。流石Noaさん。きっと私を気遣ってこう言ってくれたんだ。まだ来ていない人が2~3人いるらしかったが、その人達にはクソ女が連絡することになり、私達は店の中に入った。

 ビール乾杯した後、早速みんなアニメ今日イベントの話をしたり、戦利品について語り始めたりする。

 席順は奥からクソ女、Noaさん、私。そして向かい側に男が二人。男のうち1人は赤髪紫髪姉妹が自カプらしくてその話をNoaさんに振ってくる。

「82話のお姉ちゃんの妹への眼差しがやっぱりすべてを表してるんすよ」

「あれはね。流石に言い逃れ出来ない」

「っていうかソラリよんさんの新刊が、全部やってくれたからなー」

「空白の8時間!!」

「いやまじで空白の8時間ってなにっていう」

 そんな会話が次々と展開されていく。なにこれ。っていうか赤髪紫髪カップリングって何で人気あるのか不思議なんだけど何で?今日イベントでも島が出来て

2018-05-14

推し変したであろう友人と心が狭い私

そこそこ長い自分腐女子歴で、史上最長に好きな推しAがいる。

Aは大手ジャンル比較マイナーキャラで、推しCPに至ってはドマイナーもいいところ。だけど幸いなことにマイナーCPでも書き続けるうちにファンちょっとずつ増えていき、それなりに本も出したしそれなりに売れた。書き手はなかなか増えないけど語れる友達もそれなりにできたし、そのなかでも特に仲のいい子ができた。

の子とは割と近い距離に住んでいたこともあって、オフでもよく会ったし推しに全く関係のないイベント事にも一緒に行ったりした。Aのことや推しCPのことをたくさん語ったし、リアル相談事もしたり旅行したりして、私はとにかくめちゃくちゃ楽しかった。

そんな友人が、ある日「最近好きなキャラがいるの」と言ってきた。今ハマっているジャンルのBだった。Bはジャンル内でもかなりの人気キャラ。魅力的なのもわかる。だからその時の私は別に気にすることもなく「別にいいんじゃない?」といった。心の底から本心だった。

その後相変わらず旅行にいったりイベントに行ったりしたが、友人からは徐々にAではなく、Bの話題が増えていった。Aは元よりマイナーキャラなので公式から供給も乏しく、対してBはとにかく公式からプッシュされてていた。話題に事欠かないBだから語りたくなるのも仕方のないと思っていた。その時はまだ特に何も感じていなかった。

ある日、友人を誘っていっしょに一番くじを引きに行った。友人が引いたのはD賞。その中にはAもBもいた。彼女はためらうことなくBをとった。物欲のあまりない私が一番くじを引きたかったのは、珍しいことにAがグッズ化されていたからだった。AがいたのはD賞の選べるストラップのうちのひとつ。その貴重なAのグッズより、友人はBを選んだ。

無性に悲しくなった。

友人の中でAよりもBが好きになってしまたこともそうだけど、何よりその友人の行為イラッとしてしまった自分が悲しかった。友人のことはとても好きだから、そんな感情を抱きたくなかった。けど、私の大切な推しが捨てられたように感じてしまって自分の中で悲しみが深かった。

だって、いろんなジャンル渡り歩いていろんなキャラを好きになってきた。だから気持ちうつろうのは仕方がないと思うし、推しが変わることだってわかる。頭では分かっているけど、なかなか気持ちがついていかなかった。あんなにAのことをたくさん語って私はとても楽しかったのに、もう彼女の中ではその気持ちが消えてしまったんだなと思った。猛烈にさびしかった。

実際のところ、彼女はいまだにAも好きだそうだ。でも、話すたびに B>A ということが伝わってきてしまって、その都度悲しくなってしまった。そのうち、あんなに仲が良かった友人と会う回数は減っていき、ついにほとんど会うことはなくなった。ツイッターはつながっていはいものの、TLを見るのもつらくなりミュートしてしまった。今では彼女はB関係で知り合った友人と仲良くイベントに参加しているようだから、私のことは忘れてしまっているのかもしれない。忘れてくれたほうがいいと思う。悪いのは全て自分ちゃんとわかっている。

心が狭くて本当にごめんなさい。でもやっぱり、今でも悲しいし悔しい。

2018-05-13

二次創作主義な女オタクが苦手

好きなキャラCPはあってもちゃん作品全体の話ができるみたいな、

作品のことほんとに好きなんだなってわかる人はいい。

作品全体を捉えずキャラだけ抽出した挙句自分の好きなように妄想改変して

それを誰の目にも触れる場所で垂れ流すから嫌だなって思うんだよ。

好きだってうから作品全体の話しても全然わかってくれないし

じゃあどこが好きなのって聞いたらあのキャラとあのキャラのこういう妄想二次創作っていう話するし

同じ作品ファンとして括られたくないよー

2018-04-29

二次創作のためにコンテンツに触れる人

自分ちょっと苦手。

作品キャラカタログくらいにしか思っていないような気がする。

そういう人は大抵

○○っていう作品おもしろいよ!

ってすすめるだけじゃ観てくれなくて、

このCPがいいだの、このキャラ関係性が萌えるだのといったような「餌」がないと観てくれない。

ハマったらハマったで原作同人誌を楽しむための準備くらいの扱い。

オタクっていう括りが広すぎて、そういう人と自分が同じ括りに入っているのがつらい。

オタクだけどそういうオタク自分の好きな作品に触れているのを見たくないなあと思う。

2018-04-24

anond:20180324143458

何となくわかる

私もツイッター8年目 この方創作とあるから二次創作、無理とか過激発言からして腐女子CP問題だろうか(勝手想像) 

匿名赤の他人の嗜好より、同じ仲間と思っている人との違いがしんどいみたいな

私は貶められた訳じゃないけど、オフでもあったことあるフォロワーさんたちが、

どんどん作品仕上げて投稿して、交流して盛り上がってるの見るのしんどい 今

私は今創作絞ってもでません状態(すごい速さでネタとしては既出になる)

ジャンルとしてアカ覗きたいけど、覗くと焦燥感劣等感

うまく会話にのれた時は楽しいんだけどね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん