「非実在青少年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 非実在青少年とは

2021-11-27

萌え絵規制真剣に考える

このジャンルに関しては規制必要だといつも通りの電波飛ばしているブコメを見たので真剣検討してみたい。

やはりまず参考になるのは東京都青少年健全育成条例改正案だろう。

二 年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交又は性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的描写することにより、青少年の性に関する健全判断能力形成を阻害し、青少年健全な成長を阻害するおそれがあるもの

ありとあらゆる非実在青少年カバーできるよう、音声による描写も含めて規制できるという水も漏らさぬ完璧文言である

青少年保護先進国である大韓民国の아동ㆍ청소년의 성보호에 관한 법률(青少年保護法、通称アチョン法)を見てみよう。

5. “아동ㆍ청소년성착취물”이란 아동ㆍ청소년 또는 아동ㆍ청소년으로 명백하게 인식될 수 있는 사람이나 표현물이 등장하여 제4호 각 목의 어느 하나에 해당하는 행위를 하거나 그 밖의 성적 행위를 하는 내용을 표현하는 것으로서 필름ㆍ비디오물ㆍ게임물 또는 컴퓨터나 그 밖의 통신매체를 통한 화상ㆍ영상 등의 형태로 된 것을 말한다.

(「児童青少年利用淫乱物」は明確に児童青少年または、児童青少年認識されうる人や表現物が登場し、第4項のいずれか一つに該当する行為をしたり、その他の性的行為をする内容を表現するフィルムビデオゲームまたはコンピュータやその他の通信媒体を通した画像映像などの形態になったものをいう。

https://www.law.go.kr/%EB%B2%95%EB%A0%B9/%EC%95%84%EB%8F%99%C2%B7%EC%B2%AD%EC%86%8C%EB%85%84%EC%9D%98%20%EC%84%B1%EB%B3%B4%ED%98%B8%EC%97%90%20%EA%B4%80%ED%95%9C%20%EB%B2%95%EB%A5%A0

「明確に」「認識されうる」あたりに曖昧さを感じるが、女性家族部による青少年有害指定作品氷菓けいおん!ラブライブ!があるらしいので実質問題ないと言える。


対して本邦の青少年健全育成基本法案だが、自民党20年前から提出しているもの無知蒙昧な愚民野党に阻まれてきた歴史がある。2003年には通しやすくするために青少年健全育成基本法青少年有害社会環境対策基本法に分割されたがやはり審議もされず廃案となった。

一例として、2003年時の青少年を取り巻く有害社会環境適正化のための事業者等による自主規制に関する法律案を見てみよう。

(2) この法律において「青少年を取り巻く有害社会環境」とは、青少年の性若しくは暴力に関する価値観形成に悪影響を及ぼし、又は性的な逸脱行為暴力的な逸脱行為若しくは残虐な行為を誘発し、若しくは助長する等青少年健全な育成を阻害するおそれのある社会環境をいうこと。

2 事業者等による自主規制

(1) 青少年を取り巻く有害社会環境適正化のための協定

事業者又は事業者団体は、事業者による商品又は役務供給に関し、指針の定めるところに留意しつつ、青少年の心身の発達の程度に応じた供給方法その他の青少年健全な育成を阻害することがないようにするために遵守すべき規準についての協定又は規約を締結し、又は設定するよう努めなけれぱならないこと。

事業者又は事業者団体は、①の協定又は規約を締結し、又は設定したときは、これを主務大臣(当該事業者又は事業者団体事業活動が一の都道府県区域内にとどまる場合にあっては、当該区域管轄する都道府県知事)に届け出るものとすること。

(2) 協会設立

事業者は、指針の定めるところに留意しつつ、②の業務を行う民法法人その他の団体(以下「協会」という。)の設立又は協会への加入に努めなけれぱならないこと。

(4) 協会に対する助言及指導

主務大臣又は都道府県知事は、協会に対し、(2)②イ~ニに掲げる業務に関し必要な助言及指導を行うことができること。

性的な逸脱行為暴力的な逸脱行為若しくは残虐な行為」という曖昧定義をした上でさらに「誘発し、若しくは助長」と曖昧を重ねてくる欲張りぶりであるさら事業者に対して自主規制機関を作らせることで国による規制ではないという建前を持ちつつ、主務大臣が「必要な助言及指導」ができる余地もきちんと残すことで隙が無いと言える。実に自民党らしい粗雑さではあるが、リベラル人民には受け入れがたいと想定されるのでこの文言現代ではほぼ通用しないだろう。

これらから現実的法案としては都条例文言ベースにしつつアチョン法の運用を加味したものが良いのではなかろうか。

2021-11-17

anond:20211116100901

まずは対話、という元増田意見賛同します。

私刑は認められていない、というところも同意です。

と同時に、ちょっとこのプロフィールはなあ、と思う気持ち同意です。

反対している方の「女子中高生性的搾取対象にするな」という意見も、それはそれで同意です。

もっとも「温泉むすめ」は「非実在青少年」(?)ですけれど。

弱い立場の人が搾取されて酷い目に遭っていて、「声を挙げずにいられない」という「気持ち」はお察しします。

でも、攻撃的になると、相手攻撃的になりやすい訳で、ちょっと……

ところで。

当方温泉むすめ」の存在を知りませんでしたが、そのラインナップの中に入っている温泉地に住んでおります(男です)。

当地で「温泉むすめ」が話題になったという話も聞きません。老人ばかりの町だからでしょうか。

いわゆる「萌えキャラ」を公的機関が使うようになったのは、ここ10~15年くらいのことではないでしょうか。

萌え」じゃない「ゆるキャラ」に至っては、もはや数えきれません。

もう、萌えであろうがなかろうが、今さらキャラクタ」で町おこしが出来るとも思えず。

観光庁は、一体何がやりたかったのでしょうか?

協賛企業があれだけあったら、それなりにお金も集まったでしょうに……

反省すべき点は反省すべきとして、「これだけスポンサーが集まった」という事実は、何か活かせないものでしょうか。

(1)「温泉ボーイ」だったらOKだったのだろうか?

   →いやそういう問題じゃないよね。

(2)「未成年キャラ」ではなく「実存成年人物」だったらダメ

  →売れているタレントを使ったら、いくらお金があっても足りません。「タレントタマゴ」で、18歳以上の「男女」を、イメージキャラ採用するとか。

   ちゃんと「相応の報酬」は払って下さい。タマとはいえ仕事」なのですから。少なくとも、本人に手取り日当1万5千円くらいは。

   浴衣姿で写真とか、悪くないと思うんですけれど。入浴シーンも、水着OKでしょう?成年なんだし。

   全部の温泉に男女1人ずつをあてがうと人数が「2倍」になってしまうので、温泉ごとに男女どちらかをあてがうことになるのかもしれませんが。

(3)「実存成年人物」男女を使って、各地の温泉訪問して「イメージ写真

  →そもそも温泉ごとに「人物が違う」必要があるのか?と。

   もちろん「タレントタマゴ」で。オーディション開いて、男女合計10選抜して「温泉メンバーズ」。

   男女1人ずつだと、全国回るってのは、いくら何でも辛すぎ。

ともあれ、これだけのキャラを描き起こしたエネルギー予算を、何かもっと活かしてもらえなかったのかなあ、と、しなびた温泉地の住民として、思っております

コロナが落ち着いたら、みなさん、温泉にいらして、ほっこりしてくださいね

非実在青少年にはみんな優しいのに

リアル未成年アイドルグラビアやらされたり、メンタルやられてクビ切られておしまいとかなってるのはスルーされちゃう現実

セーラー服を脱がさないで、とか歌わされててもいいんだ

でも非実在青少年スカートはめくっちゃいけない、切腹

2021-11-01

はてサってオッタネウヨ大敗北したの?

非実在青少年を取り締まろうとして共産党選挙大敗北したよね

表現の自由戦士」のみんなはどの党に投票した?

俺は小選挙区は立憲民主比例代表国民民主の旧民主コンビ野党贔屓なので。

与党寄りや維新投票した戦士意見も聞いてみたい。

非実在青少年条例騒動以来、俺の比例の投票先は共産一択だったけど、選挙直前馬鹿正直に「非実在児童ポルノ」も(方法はなんであれ)規制に向けて動きます公約を出してきたので、代わりの投票先を探すのに苦労した。

国民民主アンケートでは法規制強化派が多いので不安ではある(円より子はい規制反対に転向したの??)。

https://go2senkyo.com/articles/2021/10/27/64069.html

徹底的に個人自由を追求する(アメリカあたりの)「リバタリアン党」のようなのが日本に生まれない限り、自由戦士安心して投票できる政党というのは無いのだなと改めて思い知った。

無いなら自分でそういう政党を作って立候補すべきとは思うのだが、今は仕事子育てが忙しくて、そんな暇が無いのだ。

定年退職して子供もみんな独立した自由身分になって、その時まだ俺に表現の自由への情熱二次元美少女への性欲が残っていたならばN国みたいなワン・イシュー政党刑法175条は違憲党」を結党して全てのワイセツ規制を滅ぼす戦いを始めたい。

2021-10-24

anond:20211024140216

言及するなら元記事ちゃんと読んでくれ……

以下引用

チェコ共和国では1948年から1989年まで、ポルノは固く禁じられ、警察が厳しく取り締まっていた。

しかし、国の民主化1989年)に伴いポルノも解禁され、1990年までに性的露骨マテリアル供給と消費が激増した。児童ポルノの所持さえ犯罪行為ではない時代が到来したのである(ただし、2007年法改正され現在違法)。

このシフトに着目したハワイ大学ミルトンダイアモンド教授らは、露骨な性描写合法化が、チェコ性犯罪にどんな変化をもたらしたのか調査した。

そのため、研究班はチェコ内務省から入手した性犯罪に関するデータ分析ポルノ解禁前の15年間と解禁後の18年間を比較した。

その結果、ポルノ合法化され普及した後も、強姦を始めとする性犯罪認知件数は増加していないことが判明した(図)。

とりわけ注目すべきは、児童ポルノが容易に入手可能になった1989年以降、児童性的虐待の認知件数が大幅に減少していること――デンマーク日本でも見られた現象――である

その他、公然わいせつのぞき等、より軽度の性犯罪認知件数も著しく減少していた。

調査結果は、児童ポルノには代用品として子供に対する性的虐待を抑止する効果があることを示唆しており、同研究班は生身の子供を使った児童ポルノ容認しないものの、非実在青少年を使った児童ポルノアニメ漫画等)は子供を性被害から守るのに有効であると見ている。

2021-10-20

石原都政の時の非実在青少年表現規制ハレンチ

共産党が火消しをしているのに支持者が本音を出して来たので正に語るに落ちるとはこのことであった。

https://togetter.com/li/1790899

手塚治虫作品絶版にするなんて一言も言ってないですよ。

https://twitter.com/TAI_SUCKS/status/1450119077301604358

条例の件は2010年だったか

反対派の漫画家の中に永井豪がいて、確か都の職員が火消しなのか懐柔なのか知らんけど

永井先生作品大丈夫ですよ」とアホなこと言ったのを思い出した

手塚永井も今では押しも押されぬ大漫画家だけれども、作品連載時には大きな反対運動も起こっているわけで

歴史にも作品にも権利にもまるで関心のない奴が粗雑な感覚規制かけてくる

そのこと自体がおそろしいよ

例の共産党のやつ

いや、これは支持者として結構ショック。

何がやばいってあちこちで言われてる通り、「非実在児童ポルノ」という言葉を使ってること。

非実在児童ポルノ」は石原都政表現規制象徴する言葉である非実在青少年」を嫌でも想起させる。

これに対して民主社民共産など野党一丸となって戦い、阻止した歴史があるのに。

いくらマンガアニメ法規制しない」と明記してても「非実在児童ポルノ」という単語が出た時点で規制側のイメージがつくに決まってる。

そもそも例の文言表現の自由でなく「女性ジェンダー」の項なので、わざわざそんな言葉出さんでもよかったろうに。

あそこは表現の自由の話を混ぜるのでなくゾーニングの話に持っていってほしかった。

実際共産関係でもゾーニングを推進する活動をしている人もいるのにあまりに勿体ない。

投票先変えようか、他の党はどうなんだろと調べてみたら、政策見た限り自民党マンガアニメ規制に触れられてもないし公明党表現の自由にすら触れられてない。

立憲は明確に規制に反対してないし、維新はそれなりに踏み込んでるものの「過度に干渉しない」と含みを持たせた表現

「法的規制の動きに反対」と明記しているは共産党だけなのだなあ…

それでもやはりあの一文は看過できないので、共産党には投書しようと 思う次第。

参考:衆院選主要政党表現の自由関係記述

漏れがあったら追記しま

自由民主党

https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/pamphlet/20211011_pamphlet.pdf

表現の自由を最大限考慮しつつ、インターネット上の誹謗中傷フェイクニュース等への対策を推進するとともに、人権意識向上の啓発活動を強化し、様々な人権問題の解消を図ります。」

公明党

https://www.komei.or.jp/special/shuin49/wp-content/uploads/manifesto2021.pdf

表現関係特に記載なし

立憲民主党

https://cdp-japan.jp/election/tokyo2021/policies

SNSなどの拡散力のあるインターネットでの創作活動マンガアニメなどの創作活動を委縮させてしまわないよう、表現活動に対する都の率先的な啓発に取り組んでいきます。また、青少年健全育成条例運用にあたっては、漫画家作家編集者など、現場に近い方から意見を聞く工夫を行います。」

日本共産党

https://www.jcp.or.jp/web_policy/2021/10/2021s-bunya-007.html

現行法は、漫画アニメゲームなどのいわゆる「非実在児童ポルノ」については規制対象としていませんが、日本は、極端に暴力的子どもポルノを描いた漫画アニメCGビデオオンラインゲーム等の主要な制作国として国際的にも名指しされており、これらを適切に規制するためのより踏み込んだ対策国連人権理事会特別報告者などから勧告されています2016年)。非実在児童ポルノは、現実・生身の子どもを誰も害していないとしても、子どもを性欲や暴力対象、はけ口としても良いのだとする誤った社会的観念を広め、子ども尊厳を傷つけることにつながります。「表現の自由」やプライバシー権を守りながら、子どもを性虐待性的搾取対象とすることを許さな社会的合意をつくっていくために、幅広い関係者と力をあわせて取り組みます。」

https://www.jcp.or.jp/web_policy/2021/10/2021s-bunya-060.html

「「児童ポルノ規制」を名目にしたマンガアニメなどへの法的規制の動きに反対します。」

日本維新の会

https://o-ishin.jp/policy/8saku2021.html

表現の自由を最大限尊重し、マンガアニメゲームなどの内容に行政が過度に干渉しないコンテンツ産業支援を目指します。 MANGAナショナルセンターの設置による作品アーカイブの促進、インバウンド意識した文化発信やクリエイター育成支援などを行います。」

表現の自由に十分留意しつつ、民族国籍理由としたいわゆる「ヘイトスピーチ日本日本人が対象のものを含む)」を許さず、不当 な差別のない社会の実現のため、実効的な拡散防止措置を講じます。」

SNSなどにおける誹謗中傷問題につき、行政による過剰な規制表現の自由侵害には十分に配慮しつつ、発信者情報開示請求簡素化するなど司法制度を迅速に活用できる仕組みを整備し、被害者保護誹謗中傷表現の抑止を図ります

anond:20211019170210

薄々気づいているようだけど、あなたが「理屈が通っている」と見做していた日本共産党姿勢や他の政策も「非実在青少年」の件と大差ないんだよ。

  

例えば問題になった『2021 総選挙政策』(https://www.jcp.or.jp/web_policy/2021/10/2021-sosenkyo-index.html)において、安保については「75、領土問題」の項で尖閣諸島における中国武力を使った「覇権主義的な行動」に対して、

中国のこうした行動に強く抗議し、その是正を求めるものであります

としつつ、「73、安保基地自衛隊」の項には、

自衛隊強化を許さず、大軍から軍縮へと転換する

在日米軍の全面撤去基地のない平和日本をめざしま

と述べる。じゃあどうやって中国対峙するのか?「75、領土問題」で、

友好的な協議および交渉をつうじて紛争解決する行動規範を結ぶことをめざしま

と述べる。要するに「米軍撤退させ、自衛隊は強化せず(むしろ現状でも強化されすぎてる)、中国と友好的な協議および交渉をつうじて紛争解決する行動規範を結ぶことをめざす」。実効性や継続可能性があるか、付随する負の効果はどれほどかを完全に無視して、「軍事力を強化すると戦争になりかねない」「平和的な交渉理想」という表層的で外聞のいい点と点を繋いで政策と称している。

  

これで理屈が通っているなら「非実在青少年」の件だって十分理屈が通ってることにできるでしょ。あなたは本件について

助長論」を支持するような科学研究があってはじめて「さあ話し合いましょうか」となる

と述べる。真っ当な姿勢だと思う。でも日本共産党としては「誤った社会的観念を広めかねない」「弱者を護ることが大事」とだけ言えば十分でしょ。繰り返しになるが、日本共産党は「実効性、継続可能性、付随する負の効果」を無視している。本当に児童を護ることに資するのか、多数の表現の中から特定意味内容を含む表現だけを見分け規制する仕組みは継続可能か、他者権利侵害していない無実の者を投獄することになりはしないか政敵排除濫用されはしないか、これらは考慮していない。

  

もちろん彼らのこういう気質が役に立つ場面もあって、例えば生活保護受給補助。あれは窓口である役所生活保護制度の「実効性、継続可能性、付随する負の効果」を勝手に慮って出し渋っているのだが、そんなこと気にせずに「困窮しているなら支援するべきでしょ」という一点で突き通せる日本共産党姿勢価値がある。あなた評価していた「姿勢」とか「理屈」というのはこの類のものでは?それは本件でも一貫していると思うよ。

  

まり左右とか、「左すぎる」とかではなく、「実効性、継続可能性、付随する負の効果」をまともに検討して政策立案できるかどうかという問題もっといえば日本共産党に限った話ではなく、人間政治をやるとしばしば起こる問題

まあがんばりたまえ👽

2021-10-19

日本共産党に心底がっかりした

https://www.jcp.or.jp/jcp_with_you/2021/10/post-49.html

なんだこのご飯論法

非実在児童ポルノは、」「子どもを性欲や暴力対象、はけ口としても良いのだとする誤った社会的観念を広め」るとし、ここに表現規制をかけると言わんばかりの政策をかかげた(https://www.jcp.or.jp/web_policy/2021/10/2021s-bunya-007.htmlから【「共産党表現規制容認に舵を切ったのですか」とのご質問】が出たわけじゃん。それに対してのらりくらりって舐めてんの?

俺はミサンドリストどもに表現の自由戦士とか揶揄されるタイプ人間だけど、反自民安倍とか菅とか麻生とか二階とか木で鼻をくくったような態度で庶民を見下すカスどもに心底うんざりしてるわけ。だから選挙共産党議員に入れてる。それは共産党原理主義理想主義が過ぎるとしても議会正論をいうやつがいなかったら腐敗しかないと思うからだ。俺はご飯論法を使うカスどもを正論でド詰めする役割を期待して共産党に入れてるわけ。そのお前らが率先してご飯論法を使って指摘をかわしだしたら終わりでしょ。存在価値ゼロでしょ。「非実在児童ポルノ」とかい非実在青少年騒動を思い起こさせるワード表現規制をかけようとしてる疑惑以前に、自らのアイデンティティ否定する回答になってることがわかってない。その危機感がないことに心底がっかりした。

とりあえず次の衆院選絶対お前らに入れないわ。入れようと思ってたけど絶対に入れないわ。本当にがっかりした。

2021-10-18

なんで自民党なん?

あんたのお金友達と会食したり、お小遣い1億5千万あげたりしたのになんで自民党なん?

急に小学校休みにしたと思ったらマスク配ってオリンピックやって、緊急事態宣言出したのになんで自民党なん?

また、GoToや!!って言ってあんたの知らん人とご飯旅行に行こうとしてるのになんで自民党なん?

トリクルダウンも分配もなかったのに消費税10%にあがったのになんで自民党なん?

てか、全部あんたが甘やかすからやん。

うちやったらあんたのために消費税は5%にして1000万円以下の所得税減税してあげるのにそれでも自民党がいいの?

外国人技能実習生も入館の問題も今のままやけどいいの?

うちとやったら苗字変えなくても結婚できるんよ。

うちとあんの子にもお金いっぱい出すよ?

国立大学授業料も半額にはらってあげる。

まだ、いいひんから非実在青少年やけど。

うちだって辺野古とか外交とか全然ダメやん。

そもそも政権担当能力あるかもわからんからあんたの力必要やねん。

からうちを選んでよ。

4年だけでいいから。

やっぱり、ダメな方がいいの?

2021-10-03

anond:20211003000040

違う違う。赤木氏が「人格がある(ものとして描写されている)」ことと「人格がある(存在であり人権もつ主体として保護されるべき)」ことをごっちゃにするせいで話が無茶苦茶になってるという話。

非実在青少年の話は後者Vtuberの話は前者。

2021-10-02

赤木智弘氏のVTuberに関する記事反論する

VTuber 戸定梨香に人格がある」という主張は、表現者自由を奪う

https://webronza.asahi.com/national/articles/2021093000004.html

 

この赤木智弘氏の記事の主張におかしな部分が有ると感じたので反論をする。

 

非実在性に関するおかしな点

まずこの記事には文章構成上奇妙な点がある。

記事は3ページに分かれており、2ページ目で

何より僕が「VTuberにも人格がある」という主張に懸念を示すのは「表現の自由」という問題に大きく関わると考えているかである

とし、東京都青少年健全育成条例改正案への反論として、「非実在青少年」という言葉への反論を紹介し、キャラクター非実在性が表現の自由にとって重要であることを強調している。

しかし奇妙な事に、赤木氏は3ページ目において、「未成年の見た目をしたVTuberアダルトコンテンツに参加しても問題視されない」事の説明にこの非実在性を使用していない。

赤木氏によればこの部分の根拠は「「参加しているのは成人である中の人であり、VTuberはどのような見た目であっても、あくまでもアバターでありキャラクターに過ぎない」という前提」に有る事に成っている。

キャラクター非実在性と、VTuberの見た目がアバターであるという事は、似てはいるが異なる話であり、結果として2ページで紹介した非実在性の話は浮いてしまっている。

3ページ目の主張の根拠に2ページ目が使われていないため、2ページ目の文章意味が無くなってしまっているのだ。

 

では、キャラクター非実在性と「VTuberはどのような見た目であっても、あくまでもアバターでありキャラクターに過ぎない」が違う話であると何故言えるのか?説明必要だろう。

実在人物ポルノ勝手に流布すれば犯罪になるが、キャラクターはそうならない、その理由の一つはキャラクター非実在性であり、即ち「被害者の不在」である

キャラクター存在しないため被害者にはならない、実在人物はそうではない、ここに明確な違いがある。

対して赤木氏が根拠とした「「参加しているのは成人である中の人であり、VTuberはどのような見た目であっても、あくまでもアバターでありキャラクターに過ぎない」という前提」は「成人である中の人」という被害者に成り得る実在人物を前提に含めてしまっている。

従って両者は「被害者の在不在」という論点において差異が有り、しかも「人格の在不在」という本題にとってこの差異重要差異である

 

VTuber人格を認めない場合の実被害の例の考察

では次に赤木氏の主張する通りVTuber人格を認めない場合、どんな被害が起こりうるかを考えよう。

私はVTuberにそこまで詳しい訳では無いが、以下の被害が既にVTuberに対して起こっている事を知っている。

VTuberへの誹謗中傷脅迫

VTuberへのセクハラ

VTuberへの殺害予告

 

上記アンチからされる場合も有れば、ファン所謂厄介オタクから受ける事も有る模様である

さて、誹謗中傷セクハラ殺害予告実在しないキャラクターに対して行ったものであれば基本的問題に成り得ない。

従ってVTuber実在しないキャラクターと同一視し、人格を認めない場合上記誹謗中傷セクハラ問題とする事が出来ないのではないか、という懸念が発生する事に成る

更に不味い事に、VTuberへの誹謗中傷の中には中の人暴露を含むものもあり、またそうでなくともVTuber中の人が多くの人に知られているケースも少なくない、

従ってVTuberへの殺害予告脅迫は実際に中の人危害が及ぶ危険性を孕む極めて危険行為である。こうした行為まで問題とし得ない論理赤木氏が肯定しているとすれば、非常に問題が有ると言わざるを得ない。

また、VTuberへのセクハラの中には配信中の言葉でのセクハラも有れば、SNS等を通じて性器を映した画像を送り付けるケースまである様だ。当然、その画像を目にする事に成るのは実在しないキャラクターではなく実在する人間である。勿論実在女性も含まれる。

このように間接的に実在人物への脅迫殺害予告になるケース、実在人物性器画像等のポルノを送り付けるケースまで、赤木氏によるVTuber人格を認めないとする論理は許容してしまう事に成る

このようなケースを本当に許容するつもりなのか?

或いは、許容しない場合、どのような理屈上記の様なケースを問題とする予定なのか?

赤木氏には答える責務が有るのではないだろうか?

 

ではどうすればいいのか?

上記赤木氏の記事問題点は指摘したが、一方赤木氏の「表現の自由が守られなくなってしまうのでは?」という懸念には答えられていない。確かにそれは重要論点である

まず前提として、私の個人的な考えではVTuberに対する表現は、実在しないキャラクターと完全に同じレベル自由とする事は難しいと考えている。

赤木氏はアダルトコンテンツに参加するVTuberを例に出したが、管見に依ればそのようなVTuberはまだまだ少数派である

自身アダルトコンテンツとして描かれたくないVTuberや、そもそも中の人未成年であるケースもあり得る。そのようなVTuber18禁二次創作を描いていいか、という問題がまず有る。

これは所謂ナマモノ」に類似した問題であり、VTuber自身18禁二次創作拒否する場合は、止めておくべきだろうと考えている。

しかVTuber本人が許容する場合問題は無いと考える。では、私はこれを問題としない理由を(赤木氏の理屈とは別の方法で)説明する責務が有るだろう。

簡単に言えば、これもまたVTuber人格を認める故であるVTuber実在しないからその18禁二次創作が許容されるのではない、中の人実在し、許可する主体としての人格が有ると認めるから許容されうるのである

赤木氏は記事で以下の様に書いている。

未成年の見た目をしたVTuberアダルトコンテンツに参加しても問題視されないのは、あくまでも「参加しているのは成人である中の人であり、VTuberはどのような見た目であっても、あくまでもアバターでありキャラクターに過ぎない」という前提があるからだ。

しかしこれがVTuber人格があるとすれば、未成年相当であると見なされるVTuberは「保護」の対象であると考えられるようになる。

これは考えてみれば(赤木氏がキャラクター非実在性を主張の根拠としているのであれば)奇妙な話だ、彼は実質、VTuberに対する規則適用は(成人である中の人準拠するべきである、と言っている。

VTuber人格を認めつつ、その適用中の人準拠する、という運用はどう考えても可能である。と言うより、他ならぬ彼がそう主張している。

前述した誹謗中傷セクハラ殺害予告等もこの扱いで問題に出来る、表現の自由も(実在しないキャラクターよりは弱くであるが)守られる、万事OKという訳である

 

 

上長く書いたが、ここまで書く中で赤木氏の誤解の元も何となく私は推測が付いてきた。

そもそも赤木氏は、例えば「VTuber 戸定梨香」が何を指すのか?と言う点を誤解している様に思われる。

彼は「VTuber 戸定梨香」が彼女アバターのみを指すと思っているのではないだろうか?

こうした誤解はVTuber視聴者ならあり得そうであるしかし実際は違う。「VTuber 戸定梨香」は彼女の「アバター中の人」を指す。

少なくとも「VTuber 戸定梨香に人格が有る」と言っている人はその様な意味VTuberという言葉を使っている。

従って赤木氏が「いや、俺はアバターのみを指しているのだ」と強弁したとしても、それは言葉定義を(半ば自覚的に?)相手とずらして、見せ掛けの矛盾を作り出しているに過ぎない、疑似問題である

また、彼にそれほど悪意が無い可能性も十分にあり得る、VTuber視聴者であればその程度の認識である事は十分に考えられるので、無自覚にやってしまった可能性は少なくない、従ってこの点を強く責めるつもりは無い。

ではもっと赤木氏が混乱するであろう事を言ってみようか。実の所VTuberによっては「アバター中の人」ですら適切でないケースが有る、アバターを抜いた「中の人」を指しているとケースだ。

キズナアイの件は反発を受けたが、ネタ範囲であれば複数アバターや他のVTuberアバター一時的使用するケースもある。その場合アバター一時的にではあれ交換可能なので「アバター中の人」は適切ではないだろう。

従って赤木氏の

VTuber人格があると多くの人に認識されれば、VTuberアバターを着替えることができなくなってしまう。アバター中の人が一対の存在として固着してしまうのである

という懸念的外れであるVTuber人格があると認識している(VTuber名前アバター中の人や、中の人を指す)人は、アバターの着替えを許容し、中の人と一対一とは必ずしも認識していないのである

VTuberが着替えたり、中の人と一対一にならないために、人格否定必要ないのだ。

(逆に、何故必要だと思ったのかは記事を読む限り不明であるそもそも彼が例に出しているキズナアイのケースは、アバターを着替えるというアバター側が多である多対一ではなく、中の人複数居る一対多のケースである。例の選定が甘いと言わざるを得ない)

ここには人間が1つのアバター=肉体しか持たないが故の先入見が有るのかもしれない。人間がもしトランスフォーマーの様に変形し、複数アバター=肉体を使い分けられる生物だったなら、「アバター中の人が一対一じゃないなら、アバター中傷しても中の人中傷したことにはならないだろ」とは思わなかったかもしれない。これもまた人間という狭い了見に縛られた疑似問題である

2021-09-26

非実在青少年の性表現規制はいつでも起こりうる

非実在青少年を扱った性表現日本では現在合法である

誰かの人権を脅かすわけではない事と、それが犯罪助長する根拠がないことが大きな理由だ。

前者は変わる事のない事実だが、後者はどうだろう。

統計実験結果が出ればすぐにでも規制となるのではないだろうか。

もちろんそれを証明するのは並大抵なことではないだろうし、だからこそ今まで合法とされてきた。

ただその「今まで」とは所詮問題とされはじめたここ数十年の事だし、かなり危ういのではという気もする。

からその言い分が通らなくなった場合でも問題ないよう、もう少し論理武装しておいたほうが良いのかも知れないね君たちは。

規制派の俺からは以上です。

2021-09-25

anond:20210923191729

うそ子育て世代支援とかされても一切支持理由がない。結婚してるとかいう超恵まれてるやつのためになんで?って思ってしまう。

非モテ独身サラリーマンとしては

岸田か高市総裁がなってくれればまーね。自民党ね。

そうじゃなかったら国民れいわか幸福か。いやれいわは原発だめなんだった。たぶん国民民主だなー

公明全然代替投票先になってくれねーんだよなー。維新は緊縮なんで論外。

立憲はN国と同じお笑い枠として扱います世間の人はれいわN国幸福お笑い枠なんだろうけどね。

2021-09-21

anond:20210921165702

人権があるのはあくまで「中の人」だろうが。

ニナ・パープルトン○すつったら声優さんへの攻撃になるかもしれないが(それもそうとうバカな話だが)、ニナ・パープルトン人権侵害されたわけじゃない。

だってニナ・パープルトンは人じゃないもの

架空存在人権を与えたら、非実在青少年理論を認めることにならんかね。

2021-09-19

表自オタクが1ミリも見てない山田太郎議員戸定梨香問題動画のまとめ

なんで署名は万単位でするくせに真面目に語ってる配信は3000回再生なんだ?てめえらの蝶ネクタイマークは飾りかよ。署名数でキャッキャしてるだけなら終わってんぞ。

https://youtu.be/3UPoUeMwmJU


発言抜き出し

フェミ議連警察抗議文を出した事について→「今回のこのケースは、議員公的警察に対して物を申したケース」「議員行政に対して(中略)おかしなことをやってるということ自身は、まず内容はともかく、正当な行為と言ったらまあ残念ながら正当な行為」「議員が常に行政プレッシャーをかけているというのはおかしいというのは通らない」

フェミ議連抗議文中にある"国際女性差別撤廃委員会から勧告"について→「サイバー(犯罪)条約については日本留保しているから、批准対象になっていない。(中略)ブキッキオさんが言っている内容は国連に報告した内容であって、国連正式文書とは捉えられないし、(女性差別と)言われるのもこの条約事実から見ても言いがかりしかないと答弁している」「これを従わなければならないということはない」

※注:サイバー犯罪条約はいわゆる"非実在青少年"についても児童ポルノ適用する内容を含む

・"性的誘発の懸念"について→「残念ながら感性問題しかない」「お前の感じを言ってどうする、と言われるが、しょうがない。定義があるわけではないから。それを断定をしてしまったら何の根拠に基づいて言っているかの方が言い過ぎだから議員として逆プレッシャーをかけていることになってしまう」

内容まとめ

抗議文の内容はともかく、フェミ議連警察抗議文を出す事自体おかしいことではない

抗議文中にある国連勧告正式勧告ではなく報告内の内容であり、かつ政府答弁で否定されており効力はない

・該当Vtuberが"性的誘発の懸念"があるかないかは結局感覚しかない。逆に議員立場問題がないと断定することの方が問題


------------------------------

こっから下はおいらのチラ裏感想から読まなくておけ。

抗議文の内容はいちゃもんだと思った

・ただ動画を削除したの自体警察なのに、なんでフェミ議連けが敵にされてるのかがわからない。署名フェミ議連宛だし。

もっと警察対応に焦点当ててもいいんじゃないの?

Vtuber企業責任者もAbemaで「最初こちらに言ってくれればよかったのに」と言ってるがそれって議連から民間企業抗議文出せってこと?それこそ表現規制圧力なんじゃないの?

・この件を使って動画だのなんだの出してるイナゴが一番きめえ。それをRTしてる企業責任者やばいと思う。

2021-09-11

松戸市VTuberの件は「表現規制」じゃないだろ

件のVTuberケチをつけたフェミ議連とやらがおかしいのは自明なんだけど、それに対するこのまとめもおかしいだろ。

萌えVTuberの交通安全PR動画がフェミ議連の抗議で削除。フェミ系議員が公権力を使って表現規制。 - Togetter

いや、ポリ公は表現規制「される側」じゃなくて「する側」だろうが。

警察行政権力であって、民主的に選ばれた議員行政権を隅々まで監視し、場合によっては文句をつけるのは当然だよ。

それは民主政下での当然の権力分立の仕組みであって、民選議員行政府ケチをつけることはいかなる意味でも「規制」じゃねえよ。行政規制される側じゃなくて規制する側に決まってんだろ。

民選議員には、「規制する側」である行政府のやることなすことすべてにケチをつける資格があるし、もっと言えば行政府監視こそが彼女ら彼らの主要な仕事だよ。

このフェミ議連おかしいのは、VTuberという文化に対する敬意がない(むしろ蔑視している)ことや、「この程度」の絵柄を針小棒大に騒いでいることや、女性のためという大義名分を掲げながら女性活躍の場を奪っていたりすることであって、それは存分に批判すればいいと思うんだけど、「表現規制」と呼ぶのは違うだろ。

そこは「私たちの/俺らの文化馬鹿にするな」とか「ピューリタンしぐさやめろ」とか「女性の敵はお前らの方だろ」とか主張すべき局面であって、「表現規制反対」って叫ぶのは、相手方に「権力分立について何もわかってないバカが騒いでるだけ」という格好の口実を与えるだけだ。もっとはっきり言ってしまえば利敵行為だ。

なんでもかんでも表現規制反対って言えばいいってもんじゃないんだよ。『宇崎ちゃんは遊びたい!』とのコラボ赤十字が叩かれたとか、『ラブライブ!サンシャイン』とのコラボ農協が叩かれたとかならそう呼ぶのもわかるけど、流石に行政府が責められてる案件で「規制反対」って言うのは違うだろ。仮に非実在青少年条例が通ってたらポリ公は俺らを弾圧する側だったんだぞ。

表現の自由を訴える自由主義者として、ポリ公が叩かれてるのを「規制」と呼ぶような倒錯は見過ごせない。フェミを叩きたい気持ちはよくわかるが、正しく叩くべきだ。

2021-03-07

知的境界を感じると思ったらお前いつもの男女厨ちゃんだな? anond:20210307104424

挑発的ってのは「性的に誘ってる」って意味じゃなくて「ガキの喧嘩みたいなノリで煽ってくる」「ウザ絡みしてくる」って意味な。ポスター台詞も「注射が怖いんすか~?」だったけど、どう考えても性的意味での挑発ではないよね。あれを性的意味での挑発だと読解する人は認知が歪みすぎてるだろ。

 

2020-02-04
オタク自称オタク迷惑してます

anond:20191103104012

この手の話題批判されるオタクって所謂趣味人」としてのオタクとは意味うから

実際の所アニメ二次元美少女も大して興味ない、ただ女叩きたいだけ、ってのも一定数含まれてると思う

2019-11-03

anond:20191103104239

ミソジニスト性犯罪者とセクシストとペドフィリアが全部オタクって総称されてるの全然納得いってない。

2019-11-03

anond:20191103105344

本人たちが自称としてオタクつってるんだもん

そういう要素がないまともなオタクの方々からしたら迷惑だけど

下手につつくと厄介だからと遠巻きにされてる感じ

オタク界って頭おかしい人多いから、おかしい人には近付かない触らないってのが徹底してるんだよな

2019-11-03

anond:20191103105546

むかーし昔、非実在青少年ってのが流行った時に

やれ反対運動しようとか言い出してるオタクネット上に沢山いたんだけど

2ch同人板に「非実在青少年で騒いでいるオタクがウザい」的な愚痴スレが出来て

オタク友人がそれに被れて騒ぎ出して付き合うのが辛い」「オタク友人に反対運動署名しろとか言われた、勘弁してくれ」

「自サイト掲示板にあの手のまとめとか貼り付ける奴が出たから削除してアク禁したわ」とか

そういう書き込みが沢山あったのを思い出した

実際普段からまともで落ち着いている人ほど、そういうのとは一切関わってなかったしな

勿論直接の知り合いも皆そう

表に出さないけど内心ウザイと思ってるの、今でも沢山いるんだろう

2019-11-03

anond:20191103105344

しかも肝心なオタク知識ゼロから

マジでこいつらなんなのかって思うけど

帰属意識が欲しいんだろうな

こんな厄介なの受け入れる先はないと思うけど

先天的素人にはどうしようもないレベルの他に

かに親切にされ大切にされ尊重されれば直る人レベルもいるとは思うのよね

誰もが帰属意識を持てる社会ってのはみんなが考えていかないといけないかも知れない

2019-11-03

anond:20191103105932

元々おかしくて他人と付き合えない人が「オタク」と言う看板を手に入れて帰属意識持てた気がしてるだけなんだよな

肝心のオタク知識が皆無、もあるある

精々流行りのアニメをちょろっと見てるだけ

タダで家にいながら労力ゼロで出来る事しかやらない

そのアニメも隅々まで読み込んでるんじゃなくて、表面的なストーリーですら覚えてなかったりする

それのどこがオタクなのか、とオールオタクとしては思う

ただの無趣味引きこもりだろあいつら

 

なお煽り顔について

何度も書いとるけどウザ可愛いジャンルの筆頭キャラやぞ>宇崎ちゃん

あと、言葉攻め(煽り)、わからせ(煽り)、ゲス顔(煽り)、

全部有名ジャンルですやん、わかっててやってそうだけど

特定カルチャーの中でよく使われる公的な場に相応しくない言い方をすれば、

メスガキとオスガキをわからせですね

 

2021-02-12

二次元キャラライバル視して同担拒否かます女子腐女子に対する長文お気持ち(再投稿)

推しキャラがぜんぜん出番が無いのに一応メインキャラクターなのに尋常じゃないヘイトを喰らっている 

不人気や空気ならわかるが "ヘイト" だ

まずヘイトを喰らう要素はだいたいこのどれかである

 

  1. 尋常じゃなく作者や運営に贔屓を受けているキャラ
     ↑ 該当しない。そもそもテンプレ人気要素を持っていない

  2. 主人公や周りの人物にやたら持ち上げられている・好かれている
     ↑ 該当しない。本編が何十時間もあるが出番は3分も無い。そもそも出番がない

  3. 倫理的に極端に問題のある行動をする
     ↑ 該当しない。真面目な犬キャラだしそもそも出番がない(重要ことなので2回書きました)

  4. やっちゃいけないキャラデザ。もしくは非美形キャラ
     ↑ フツーに美形

  5. 担当者声優事件を起こした。もしくは強烈なアンチがいる
     ↑ 担当者声優事件を起こしていないし強烈なアンチはいない

  6. メインキャラクターもしくは課金対象キャラじゃないのにしゃしゃりでる
     ↑ 該当しない。キャラゲーのメインキャラクターガチャ排出対象キャラである。出番がない+カードもないが(重要ことなので3回書きました)

  7. 端に
     ↑ ここはばっちり該当する。いわゆるポンコツキャラでハマらなきゃイラッとしても当然。人は愚かなヤツを嫌うからね。
      だが出番がない(重要ことなので4回書きました)ので何かを台無しにしようもないんだが?
      登場時間3分未満、総セリフ数が10前後で何をしろと?

  8. イツにはにをしてもいいみたいな空感があってネタキャラ化している
     ↑ これもばっちり該当する。課金対象キャラに対してなんの目的でやっているか理解出来ないが悪い意味で扱いやすいのかも知れない。
      それに対して2次創作悪ノリして固定イメージがついた

 

78 にはバッチリ該当しているので登場シーンがたくさんあればヘイトを喰らう可能性は十分にある

けれど、本編は何十時間もあるが 出番は3分未満で総セリフ数が10前後 なのである

好かれはせずともヘイトを喰らうほど通常は意識をしようがないのである

 

じゃあなぜヘイトを喰らっているかというと人気キャラとの切り離せない関わりを持つキャラなのである

切り離せないキャラなため、妄想したり・自分が好きなキャラと掛け合わせて腐妄想する際に存在邪魔 なのである

 

ア、アホかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー😭

 

非実在青少年やぞ?二次元キャラやぞ?

お前(夢・腐女子)の妄想世界ではコイツ最初からいないことにすればええやんけ????????

なんでお邪魔キャラをそんなに意識してるん????もうそれひょっとして恋かもよ??????

 

そんなわけで、ネタ扱いされるわ(キャラにまったく関係ない文章が出てくる)、(創作物中でキャラ物理的に)殴られる・刻まれる、

厄介扱い(いわゆる嫌われ・厳しめ)されるわが、創作・壁打ちツイート日常なのである

別にバイオレンス不条理ギャグ作品じゃ無いのにだ(そもそもそんなpunkキャラゲーは無い)

 

何度だって繰り返すが 出番は3分未満で総セリフ数が10前後 しかない

 

 

頼むからモブ二次元キャラライバル視して同担拒否かますのやめていただけませんか?夢女子腐女子さん

彼は非実在青少年であり二次元キャラです、あなた妄想世界に招き入れなければ彼は入ってきようがありません

マジで頼むでほんまに

 

続き:主従萌・バディ萌と腐女子に対する長文お気持ち https://anond.hatelabo.jp/20210212030822

2021-02-09

立憲民主党を支持すれば表現が守られるなら支持しようと思う

非実在青少年問題の時に表現の側に立ったのは蓮舫議員枝野議員だったって話、

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/tsuda/status/1358112175143878656

 

勿論実際は超党派だったのだろうけど、立民の議員表現の自由の為に戦ってくれたことは間違いない

今後も彼ら彼女らが表現の自由の為に戦ってくれるなら、俺は立憲民主党を支持するし、次の選挙投票しようと思う

ただ、不安な部分もある。彼らは、今でも表現の自由の味方なのか?という事だ

 

かつて表現の自由の為に戦ってくれたのは事実だ、しかし今もそうなのだろうか?

政府与党が再び表現規制に乗り出せば、恐らく彼らは戦ってくれるだろう、そこは信頼している

しかし例えば、野党側の議員から表現規制の為の法案が出されたり、野党から表現規制の機運が高まったら?

あり得ない事では無い、こと表現に関しては与党だけでなく野党にも保守的思想の人は居るし、ポリコレに関わる思想から規制論が出る事も有る

その時彼らは表現側に付いてくれるだろうか?

その点が1つ不安

 

もう一つ不安がある

表現への攻撃や抑圧も最近は巧妙化している

政府による表現規制には警戒しても、民間からの抑圧には無警戒な人も居る

そこを利用し、規制ではなくクレーム署名等で表現撤回させたり、打ち切らせたりする運動が出てきている、むしろ最近ではそちらの方が多い

このような案件にも立民の議員対応できるのか、というのが問題

与党による規制にだけ対応するのでは、現代では表現の自由は守れない、かつてと同じやり方だけでは役に立たないのだ

断っておくと、消費者表現作品批評したり批判するのは全く構わない、

しか放送を取りやめさせたり、表現撤回させたり、中止させたり、つまり表現不可能にさせる事」は批判批評とは全く別の物だ

こうした表現への抑圧に対応できないなら、「昔は頼れる味方だったが、今は・・・・」という事に成らざるを得ない

現代型の、政府から規制ではない表現にも立憲民主党(やその他の野党)は対応できるのだろうか?

もし出来るのなら、私は立憲民主党を支持するし、次の選挙でも入れる、この判断根拠になる事がもしあれば、教えて欲しい

2021-01-08

anond:20210108043129

我々は「フィクションなら何でも許されるべきだ」と主張しているのである

現実リンクする女性を消費する表現フィクションでは許されるべきだし

二次元非実在青少年の姿が未成年であっても、それを理由規制されてはならないし、

「このキャラはどうみても子供ですが実際は500歳を超えてるんです!」なんて言い訳通用するべき。

自衛隊ガルパンポスターとかラブライブポスターそもそもポルノには見えない。

表現の自由のために今日も戦うぞ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん