「ウォシュレット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウォシュレットとは

2018-11-09

田舎者から東京に行くと疑似異世界転生を経験できる

  • 人が滅茶苦茶多い

まずこれだけで異世界って感じがする。

田舎じゃ県庁所在地駅前ですら夜8時には閑散とする。

それに田舎じゃ滅多に見られない外国人とか奇抜なファッションの人とか見られる。

からさまに文化圏が違うんだなあと感じる。


臭かったのは秋葉原。ドブ川の匂いカレー匂いがどっちもした。

体臭が酷いって人はあんまいなかった気がする。外国人がやたら甘い香りするけど。

汚いのは渋谷。朝7時に渋谷駅前行ったらまあゴミだらけ。

それでも10時頃にはある程度片付いているか不思議

あと壁があるとステッカー? 貼られてたりスプレー落書きされてたり。

道徳とかモラルとか存在しないんだろうなあと思う。

田舎大正義世間の目があるから滅多にない。

人が少なければ少ないほどその縛りは強くなる。



  • 知らない店がたくさんある。

田舎じゃ買い物をするとしたら大体決まった店になる。

食べ物ならマックスバリュとか地元スーパーとか。

家具や工具ならホーマックとか。

服ならしまむらGUとか。

でも都内だとそういう店ゼロではないとしても滅多に見ない。

こういうものが欲しいって時にどこに行けばいいのかさっぱり分からない。

飲食店が多いのは便利だと思うけど。




  • 凄い発展してる。

電車には切符を買わなくてもICカードで乗れる

というか駅周辺だとほぼsuicaでなんでも事足りる。

田舎だと全部現金だ。

電車も乗り過ごしても5分も待たずに次のが来る。

駅や喫茶店ではどこでもwi-fiが使えるし、なんなら充電もOKな店もある。

トイレは大体ウォシュレットがついてる。

トイレ自体田舎の方が多いイメージがあるけれど。

とにかく便利で快適だ。



なんかよくわからないことになってきたからこれでいいや。

2018-10-21

ぼくのかんがえたちんたいのじょうけん

・静かなこと

・窓が大通りに面していないこと

・大型のトラックなどは進入禁止となっていること

・30平米以上あること

ウォシュレットがあること

・二口コンロがあること

・室内洗濯機置き場があること

バストイレ洗面所がセパレートなこと

・周りの建物より高く、見晴らしが良いこと

・周囲も高い建物が少なく、地域全体の日照が良いこと

繁華街にほどよく近いこと(歩いて行けるが、自宅の周りは繁華街ムードが無く静かであること)

徒歩圏内公園や川や神社などがあること

・駅まで歩いて10分以内であること

カーテンを開けたら日当たりが良いこと

このへんかな?

2018-10-20

ウォシュレット噴射しながら糞をするおじさん

その存在を初めて認識した時は衝撃的だったわ

会社トイレの個室に入って動画を見てるとき、隣からウォシュレットを噴射する音と、同時にブリブリブリィィッッ!ビチビチビチィィッッ!という糞を肛門から噴射する音。

糞の音の方は断続的に、ウォシュレットの方は連続的に、聞こえてくる。

どう考えても「ウォシュレットの噴射水肛門に当てながら糞をしている、それも数分という長時間にわたって」としか判断のしようがない。

ノズルが自分の糞で汚れてしまうという認識は無いのだろうか。

報告書

### 日時

2018年10月19日 昼頃

### 場所

都内JR某線某駅に停車中の車内

### 形状

液体に近いペースト

### 当時の状況

当日朝は天気予報によると最高気温20度を切るとのことで、ヒートテックを着用した。

買い物中に歩き回っていたところ体温が上昇、トイレヒートテックを脱ぐことにした。かなり汗ばんでおり、汗冷えが懸念されたが構わず買い物に戻った。

30分後、買い物を終え電車に乗ったタイミングで腹部に違和感を覚えるが20分程度は我慢できるだろうと思った直後、事件が発生。

ドア付近に立っていたため特に周囲への影響もなく、下着内に収まっている様子だっためそのまま乗車し続けることも考えたが、液状であれば染み出す可能性もあるため電車を降りトイレに駆け込んだ。

予想通り犠牲になったのは下着のみであった。また帰省途中だったため丁度替えの下着を持っており、トイレ内で着替えることで事なきを得た。惜しむらくはウォシュレットがついていないトイレだったため洗浄できなかったことだが、乾拭きだけで十分な量であったため大きな問題にはなっていない。下着ビニール袋に入れてトイレ内のゴミ箱に捨てた。掃除の人、ごめんなさい。

### 再発防止・今後の展望

汗冷えからの腹痛という鉄板パターンに対する意識の低さが原因と言える。また、汗冷えの懸念があるのに気温の低い生鮮食品コーナーにいたのにも一因があるだろう。

暑いからといって不用意にインナーを脱ぐべきではない。

また、現在痔の治療なのだが、治癒していくにつれて排尿・排便まわりのヒヤリハットが増えている気がする。今回のように大事に至ったのは初めてだが、以前より思ったように駐留させておくことが難しくなってきている。30歳とはいえもう老化が始まっているのかもしれない。医師への相談自分の引き締め能力認識を改める必要がある。

ケツ穴自動追尾

菊門を自動追尾して水の当たりかたを調整するウォシュレットってまだー?

微妙な切れ具合を察知して強弱つけてくれると、なおよし

2018-10-19

anond:20181019165622

そっかー、綺麗に洗ってからもう一回行っとく事をお勧めする。

春の時は、出すもの出してからウォシュレットで洗ってから行ったよ。

そしたら、広げる器具をつっこまれて、「あー、切痔ですね」と即診断された。

その上で、「大腸内視鏡検査やったこと有ります?」、「無いの? だったら今やっとくべきだけど、どうですか?」と。

それで直ぐに平日の休みを貰うことにして内視鏡検査の予約した。

検査では、切痔の部分は大したことも無く、それ以外にもほぼ問題は無かった。

で、今回は全く触れる事も無く「お酒です」と。

皆も、注意してくれ。

増田オフ会で一杯やれることはないだろーけど、エアーオフ会やっとくよ。

2018-10-06

anond:20181006102612

偉い人がおしり病気になったから急遽ウォシュレットが導入されて

そこはその偉い人が使うから他の人は使わないみたいなことならあった

2018-09-26

告発

私は都内ITベンチャー企業で働くエンジニアだ。

人間関係はとても良好で、オフィス環境も快適。業務は忙しいけれど充実している。とても恵まれ環境で働いていると思う。

ただ、ひとつだけ許せないことがある。

トイレウォシュレットの水圧が、高い確率で、最大になっている。

私は臀部に爆弾を抱えている。

よりストレートな言い方をすると、痔持ちだ。

痔持ちの同士にはわかってくれると思うが、トイレウォシュレットがあるかというのは生命線の1つである

たまに腹を壊し、瀕死状態で駆け込んだトイレウォシュレットがあったときは、地獄の空の上から蜘蛛の糸が降りてきたカンダタ気持ちもわかるというものだ。

話を元に戻そう。あれは1年ほど前、この会社に入ってちょっと経ったころに、はじめてトイレで大きいほうの排泄を試みた。

自分ストレスに弱く、体質的に緊張していると出るものもなかなか出ないほうだ。

こうして用を足せるようになって、私も少しずつこの会社に慣れてきたのかな...なんて感慨に耽っていると、

私の肛門に槍が突き刺さった。

激痛に耐えかねて思わず「ア”オ”ッ」という声が出る。なんだ。何が起きた。

私の肛門に突き刺さったのが槍ではなく、最大出力に設定されたウォシュレットだと気がつくことに、そう時間はかからなかった。

ふざけるな。

お前は道徳時間に何を学んできた?お尻が強い人も弱い人もいるっていう想像力はどこに置いてきたんだ?

そもそもウォシュレットって水圧でウンコを流すもんだと思っているのかお前は?

ウォシュレットの意義はケツを濡らしてウンコを落としやすくする以外に何があると思ってるんだ?

それをよりによって最強にする意味はどこにある?最弱ですら十分だろうが。

五体満足で鋼鉄のように頑丈なケツの持ち主であるお前は最大出力のウォシュレットでも物足りないのかもしれないが、

私のナイーヴなケツはそんな水圧に耐えられるようにできていないんだよ。

ふざけやがって。呪われろ、悪魔め。この鈍感ケツ野郎

などと心の中で一通り悪態をつき、辛うじて一命をとりとめた私は、30秒前に抱いていた感慨などとうに忘れ、修羅の表情で業務に戻った。

それからというもの、用を足す時にはできるだけ水圧を「最弱」にするのを忘れないようにして、用を足すようにしている。

しかし、忙しいときや考え事をしているとき(そういう時こそトイレに入りたくなるものだ)、ウォーターカッターの如き水圧のウォシュレットは私の無防備な菊門を狙ってくる。

この1年間で、私は何度こいつに煮え湯を飲まされたかからない。

前述したとおり、この職場人間関係はとても良好だ。先輩も同期も後輩もみんな優しい。少ないメンバーで、かなりうまくやっていると思う。

でも、たまにチラつくのだ。疑心暗鬼感情が。

「この中の誰かが、いつもウォシュレットの水圧を最大にしている」

「誰だ?どいつだ?」

「温厚な同期のAくん?」「職場のマドンナのBちゃん?」「凄腕エンジニアのC先輩?」

「クソッ、どいつなんだ...」

「いや、待てよ。複数犯ということは...」

「...」

私には、「こんなかでウォシュレットの水圧上げてんの誰だ?あ?お前か?お?」と凄むことも、

また、誰がウォシュレットの水圧を上げているのかを調べるために、人がトイレから出てくるたびにウォシュレットの水圧を確認することもしていないし、できない。

私の心も自分のケツと同じぐらいナイーヴからだ。なのでこうして増田に書いているわけだが。

ウォシュレットの水圧を最大まで上げている奴に言いたいことはたくさんある。

トイレくらい気を抜かせてくれ、お前のケツどんだけ頑丈なんだよ、痔とかなったことないんだろうな、ふざけんなマジで...

懇願悪態罵倒、呆れは余りある

でも一番言いたいのは、これだ。

そもそもウォシュレットって水圧でウンコを流すもんだと思っているのかお前は?

2018-09-20

anond:20180920114051

おれがよくやるのは

・しょんべんを出し切らなかったせいで尻を拭くために腰を上げたタイミングで便座にしょんべんがしたたりおちる

肛門周りのウォシュレット水(うんこ水でもある)が同じく腰をあげたタイミングで便座にしたたりおちる

の2パターンだな。おれのしょんべんやうんこ水が次のひとのふとももに密着してると思うと興奮するよな。

anond:20180920114051

え、小便疑わない?

いや、でもきっとウォシュレットの水だから安心して使いなよ、うん。

水でよかったね。

ウォシュレットで便座濡らして行くやつ

滅びてくれ。いやせめて拭いていってくれ。たのむ

2018-09-16

anond:20180915083252

冒頭、彼女ウォシュレットの水を飲み込んでもらったのかと思った

2018-09-15

anond:20180915065241

念のため。

初めて使うウォシュレットは水流を弱めに設定して、徐々に強くしてゆくのがよい。

いきなり強い水圧で当ててしまうと、肛門の周囲に糞便を広げてしま可能性が高いのと、

強い水圧でお尻が痛む可能性があるので要注意なのである

最新式のウォシュレットは水流を調節しなくても、最初は弱めにじょぼじょぼでて

徐々に強くしていったり、水流の強弱を自動で繰り返すタイプのものもある。

ある程度おしりが綺麗になったら、最後の仕上げとして、

自分自身でおしりを動かして、洗い残しが無いようにするとよい。

洗浄終了後は、おもむろに立ち上がり、

トイレットペーパーをくるんくるん回して多めに巻き取って拭くのが良い。

和式では、1回に15cm程度だけ短く取って拭いていたと思うが、

水分をふき取るにはそれは短すぎる。

トイレありがちなミス

さっきのウォシュレット初心者彼女には素直に飲み込んでもらえたみたいでよかったんだけど、

疑問に思った人もいるかもしれないので、一応解説しておきます

素朴な質問だったと思うんだけど、あれは実はトイレでよくやられがちなミスなんだ。

1. ウォシュレットを使うとき肛門括約筋を緩めて水を入れる…

これは決してやってはいけない。なぜなら便を排出する能力が弱まるからだ。野菜の取らなさ過ぎで便がゴロゴロになりいまいち出にくいとき、あるいは逆に野菜を取り過ぎて消化しにくい食物繊維が固まって便が停滞しているとき。そんなとき頼りになるのがウォシュレット。勢いを最強にして腸の中にお湯を入れ、水と共に一気に排出してスッキリ。このような方法は排便能力を衰弱させる怖れがある。人間の腸は食事睡眠リズムで蠕動運動、便を押し出す働きをしており、これを外部の力、浣腸ウォシュレット洗浄で代行することは腸の働きを弱体化させることに繋がる。過去に船酔いで死んだ人間はいないが、便秘で死んだ人間はいる。腸に構造上の異常がないのに理由なく便が詰まる症状ーー単純性イレウス。これのために多くの猫が死んでいる。あのこらは自分の毛を飲み込むので仕方ない側面があるが、人間ときおりこれにかかる。ある女性便秘にかかって二週間、トイレで便が出なくなりそのショックで死んだ。最期にはそのお腹妊婦のように膨れ上がり、(これは解剖ののちわかったことだが)便の先は大腸により水分を吸われ過ぎてコンクリートのようになっていたらしい。彼女トイレでこれを掻き出そうとしていたのだ。指で。浣腸もだが、このような不自然強制排泄手段あくま緊急時にのみ用いるべきだ。そしてまたウォシュレットの水が小腸まで入ると、過敏性腸症候群にかかる怖れがある。オナラ下痢が止まらなくなる病気だ。急行に乗れなくなるのだ。便意が怖ろしくて。君にはわかるか? ディズニーランドのある舞浜駅プラットホームから降りたのちにホームに戻れなくなる気持ちが。トイレから離れるのが怖くてたまらない、階段のように後戻りできないから、エスカレータに乗れないんだ。乗る勇気が出なくてウロウロしていると、改札からたくさんの人たちが押し寄せてくる。男女のペアも多かった。何人かは白い目で見ていただろう。なんなんだろうあの人は。プレッシャーで腸はさらに敏感になり、恐怖がいや増す。最悪の日だ本当に。この過敏性腸症候群小腸に雑菌が繁殖する(訂正・ことで起こる)病気である小腸大腸と違って普段は無菌なんだ。だけど菌が入ってきた。どこから大腸からウォシュレットで。

2. 残尿ボタン(残尿ポンプ)…

もうひとつありがちなミスは残尿ボタンとして近年広まった。会陰部ーー睾丸のすぐ下の場所を、おしっこ後に押すと、残っている尿がすべて出せる。このライフハック発見は、加齢からくる残尿に悩まされている男性にとって朗報だった。だがこれも同じ理由ダメだ。癖になりついつい押してしまうが、尿を切る筋肉の力は使わないと弱まりやすいようだ。ボタンはすぐに効かなくなる。ズボンしまったあとに、ダラダラ出る。

あとひとつは?

anond:20180915072843

決して緩めてはいけない。ねえウォシュレットの話ならいくらでも付き合うけど、

でも、おしりを前から拭くか後ろから拭くかには乗らないからね? その話は、戦争

ウォシュレットの使い方が分かりません

当方幼少のみぎりより貧乏長屋に育ったため、いざ現代建築トイレに投げ出されるとウォシュレットの使い方がよくわからないので困っているのでござる

親切なはてなーのみなさまにはその経験に基づいた知見を授けていただきたく思う次第で候

2018-09-11

anond:20180911204042

いや本当に必要ないのはウォシュレットの「やわらか」。

「おしり」だけでいいじゃん

2018-09-02

AIは尻を拭くか

落合陽一「要介護者にウォシュレットおっさんにケツ拭いてもらうのどっちがいいか質問したらウォシュレットって答える」

https://togetter.com/li/1262639

 

機械

人がやってたハード的な物事機械に置き換える

 

システム化

人がやってたソフト的な物事プログラム化する

 

AI

判断を高度化する

インターフェース人間風にする

 

ウォシュレット機械化だよな?

まるで意味わかんねー

 

介護現場AI化するとしたら

例えば病気対処判断を高度化するとか

音声アシスタントで何か実行するとか

そういう補助、つまりシステム化の延長にあるから、人orAIにならないと思うんだが

 

まずAIって話になると必ず「ロボットが」って言い出すやつもうペテン師の類だろ

anond:20180902005444

白っぽかったら、ウォシュレット使い過ぎで

中に残ってた水が出てきた可能性。

2018-08-31

ウォシュレットの正しい使い方に20年越しで気がついた

今まで知らなかった

ウンコしたあと、そのまま使うんだね

トイレットペーパーで拭く文化で育ったあと、ウォシュレットを導入したから「ケツを拭いたあと更にキレイにする装置」という認識でいて、ぶっ放したあとに拭いてそのあと使ってた

そうするとウォシュレットを使ったあとに水分拭いたときにまだ紙にウンコがつくことが多かった

ウンコした後そのままウォシュレットを使うと、そのあと水分拭いたとき全然紙にウンコがつかない

そうだったのか

考えてみたら、そりゃそうだ

紙で拭く行為はケツ穴のシワにウンコを刷り込む行為だったんだ

から洗っても刷り込んだウンコが落ちない

そういう仕組だったんだ

すぐにウォシュレットすれば簡単ウンコ落ちるから、そのあと拭いてもウンコがつかない

なんで20年も誰も教えてくれなかったの

なんで20年も俺はその事実に気が付かなかったの

紙の節約にもなるし、ケツ穴へのダメージ抑制されるし、いい事ずくめじゃないか

たぶん殆どの人は「何を当たり前のこと」って思うんだろうけど、俺は知らずに不幸な人生20年も歩んでしまった

なんともったいない

こういうの他にもあるんじゃなかろうか、簡単ことなのに知らないまま不幸な人生を歩んでしまっていることが

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん