「生活環」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生活環とは

2021-06-14

障害児産まれすぎ

医療進歩したせいで、障害児が生き残れる世の中になってしまった。

親は育児介護をしなければならない。

産んだら最後障害児が死ぬまで親が世話をしなければならない。

障害児が産まれるのは、遺伝と父母の生活環境、年齢が主に関係している。

高齢出産障害児連れてる親を見ると、あぁ、やっぱりと思う。

アル中夫婦の子供、発達障害夫婦の子供、激務でコンビニ飯ばかり食ってる夫婦の子供、喫煙夫婦の子供。

見事な位に障害持ちじゃねーか。

それ1人産むって事は、巻き添え喰らう定型発達、健常人間が何人何十人何百人いるとか考えた事あるか?

ほとんどの親は考えてないだろう。

自分達のエゴ自分達だけの世界で完結できるなら産めばいい。

できないなら産むな。

無責任から

鮮度良い野菜と腐った野菜なら、どっちを買う?

障害児産むと、鮮度良い人間達がフォロー疲弊して腐っていく。

から障害である我が子と、そんなゴミ産んだ私は死にたい

我が子は、ただ生かされてるだけのゴミであり、将来有望でもなんでもない。

なんの役にも立たない。

綺麗事邪魔

障害児とその親の安楽死制度を作ってくれ。

生き地獄

2021-06-02

タテカン撤去は良い事が無い?そうなのかな??

京大がタテカン撤去で守りたい「景観」とは何なのか?提訴した職員組合高山教授が語る「表現の自由

https://news.yahoo.co.jp/articles/c41b28b8970c4b6d3e58f8aa227c512dffacbb27/

京大周辺で、学生職員組合のタテカンがあったとしても、京大景観形成しているだけで、ほかの歴史的建築物が見えなくなったり、景観を害したりするわけではありません。

タテカン撤去しても、垣根や柵が見えるだけです。そこには守るべき景観がなく、むしろ、タテカンこそが京大らしい文化的景観だといえます」(高山教授

そういう問題じゃない気がするんだが。

垣根や柵があるだけだから景観を害していないって主張は奇妙に感じる。

だいたい景観って歴史的建築物が見えるとか大自然が見えるってだけの問題じゃないし住宅街でも対象だし。

景観

(基本理念

二条 良好な景観は、美しく風格のある国土形成と潤いのある豊かな生活環境の創造に不可欠なものであることにかんがみ、国民共通資産として、現在及び将来の国民がその恵沢を享受できるよう、その整備及び保全が図られなければならない。

2 良好な景観は、地域自然歴史文化等と人々の生活経済活動等との調和により形成されるものであることにかんがみ、適正な制限の下にこれらが調和した土地利用がなされること等を通じて、その整備及び保全が図られなければならない。

3 良好な景観は、地域の固有の特性と密接に関連するものであることにかんがみ、地域住民意向を踏まえ、それぞれの地域個性及び特色の伸長に資するよう、その多様な形成が図られなければならない。

4 良好な景観は、観光その他の地域間の交流の促進に大きな役割を担うものであることにかんがみ、地域活性化資するよう、地方公共団体事業者及び住民により、その形成に向けて一体的な取組がなされなければならない。

5 良好な景観形成は、現にある良好な景観保全することのみならず、新たに良好な景観を創出することを含むものであることを旨として、行われなければならない。

調和って書いてある。

2021-05-24

anond:20210524015926

5年はまだ新婚生活のうちだから油断しないで。

子供の有無、生活環境の変化で20年、30年経つとどんな人でも性格は変わる。歳を取れば取るほど、この世に不変なものは無いんだなとつくづく痛感するもの相手自分死ぬ直前までも感謝する気持ちをお互いで持てるような素敵な夫婦でいて下さい。

2021-05-17

なぜ大阪野戦病院的なものを作らないのか疑問

だだっ広い空間にベッドだけずらっと並べて、

簡単パーテーションで区切るヤツ。

 

外国だと常識のようにやってるし、

東京でも笹川財団あたりが作ってた(使われなかったと記憶)。

 

プライバシー風呂トイレ共同なんで生活環境は落ちるけど、

不安希望者だけは入れれば良いんじゃないかなぁ、と思う。

重症病棟ボトルネックなら意味は薄いけど…。

なんかさ

バリバリ働くことな希望してないけど、妊娠したらどうしても産前産後は法的にも決まった期間休まなくてはいけないわけで、子供生活環境によってはその後も育休を取ることも考えないといけないわけで、それで仕事から離れるのってちょっと嫌だなと思ったりする。…やっぱり昇進とか気にしてるな自分。。

一方で、仕事で嫌なことがあると、育休とって1年くらい家で家事育児をメインに生活したいとか思うんだよなー。奨学金さないといけないのに…はあ自分勝手やね。。

2021-05-09

好きな作家に商業に行って欲しくない

好きな作家には商業に行って欲しくない。

 私はずっとそう思っている。悪意や独占欲、ずっと無料で見たいと言う乞食なわけじゃない。むしろ、既に内容を知っていても商業で出された物をもう一度買うタイプだ。感想も送るし、割と積極的タイプオタクだと思う。

 では、なぜ好きな作家商業に行って欲しくないかと言うと、商業に行ってそのまま自分サイトSNS等を更新しなくなり、フェードアウトしてしま作家がそこそこいるからだ。

 私がいくら応援しても、消える時は消えてしまう、でもそれは仕方がないことだと思う。そもそも商業いつまでも作品を出し続けられる人間の方が少なく、大半は数年の内に消えてしまう。作品が売れない、作品の質が落ちる、生活環境の変化など、理由は様々だ。だが、私が応援していて一番辛くなる理由は、“現実を知ってしまたから“という理由だ。もちろん、作家自身が「現実知ったか引退します。」なんて言う事はほぼない。大体が、売れないことを仄めかして、フェードアウトする。

 では、現実を知ってしまうとは具体的に何か。

 私の好きになる作家は全員が全員超一流というわけではない。そして、わりとニッチ作品作家を好きになる事が多い。

 局所的に需要のある作品は多少の下手さがあっても、飢えている一部の消費者から熱烈に支持される。すると、金の匂いを嗅ぎつけて商業化のオファーが来る。作家は嬉々としてこれを受ける。

 しかし、思ったより売れない。

 これは何も不思議な事ではない。だって、元々大衆向けには作っていなかったものを、商売として出すのだから、そうなる。ニッチ作品がなぜニッチであるかの理由を考えるべきだ。それは、消費者の多くが必要としていないからに他ならない。

 作品が売れなければ、次はない。

 連載であれば2巻で打ち切りになるし、短編であれば次作が出ないだけ、音楽アーティストだって同じ、作品が売れなかったら引退するのは普通のことだ。

 だけど、でも、つい、商業に行かなかったら、と考えてしまう。書籍化なんてしなければ、この続きが見れたかもしれないのに。メジャーデビューなんてしなければ次の曲が聞けたかもしれないのに。

 商業は甘い蜜だと思う。素人金銭の発生する仕事として依頼を受けた時の高揚は替え難いものがある。自分作品にはそれだけの価値があるのだと。

 でも、その分落胆も大きい。失敗すれば、自分はこの程度の人間である数字で見せつけられる事になる。

 私は学生の間にクリエイターの道を諦めたが、大人になってからこの現実を突きつけられるのが怖くてやめた。

 結局のところ、ずっと商業化せず続けて欲しいなんて私のわがまましかないことは分かっている。商業に行かなければ作品を作り続けてくれていたかもなんて、私の妄想しかなく、商業に行かなくても筆を折る人はどこかで折る運命なのだ

 自分の好きな作家に向かって、「あなた商業だと成功しないと思うのでいつまでもここで作り続けてください!」なんて、口が裂けても言えない。私はそこまでヤバいやつじゃない。

 だから、私は今日も好きな作家商業へ行かないことを祈りつつboost機能お金を入れ続けることしかできない。

2021-04-29

自業自得

今年22歳

友達学生たちが就活採用試験勉強フリー専門職と進路を決めて頑張っている中私は高卒フリーター3年目なワケ

定時制高校だったから19歳の時に就活をした。回りの現役高校生たちが眩しくて挫けた。私はアレにはなれないから。

実家暮らしから引きこもりになるのは容易だった。18過ぎて親に極力頼りたくないからなけなしの貯金を使って数ヶ月過ごした。そもそも貯金がすずめの涙ほどしかまらない金遣いの下手さもどうかしてると思う。全てにおいて甘ったれている。

バイトは1年過ぎると嫌になってくる。ただがむしゃらに頑張ればよかった1年目が過ぎると周りのことに目がいくようになって、嫌なところが分かってきたり、当然仕事内容に関しても責任仕事量が増えたりと変化が出てくる。なにより、1年経ってもパッとしない自分が周りにどう思われているかが怖い。コミュ力死んでるし、仕事を頑張るしか脳が無いから。

今働いているパチ屋が今にも潰れそう。1年半目、嫌だ嫌だとゴネながら毎日働いている。コロナ休業明けからカツカツが続いて1年、最近立て続けに人が辞めて人員が居ないか希望休すら取れない。

早く辞めよう、資格でも取るかと思ってユーキャンを申し込んだ。届いた。手付かずだ。

まれてこの方勉強なんかろくにしたことないのに、思いつきだけで動くからこうなるんだ。バカだね。

成人してから今までの貧乏コンプレックスが酷くて、お金を気にする割に金遣いが荒くて下手くそなのに、周りと育ちと生活環境を比べて落ち込んで、妬んで自己嫌悪するような性格があまりにも醜い。就活生を見ると体調が悪くなる。

自分が今まで生きてきてトントン拍子で上手くいくことは一切無くて、何かにぶつかる度に諦めてきた。

フリーターになってからは、自分意思すら捨ててただ働くことしか存在意義が無いんだと思って働いている。やっぱり全部自業自得から早く死んじゃいたいよね。これからどうしていいのか分からないんだよね。

何も考えたくない。友達が言っていた「敷かれたレールは息苦しいよ」って言葉も、私はちょっと羨ましい。

こんなならやりたいことだけやって生きてくればよかったな。

顔もかわいくないし性格も暗い、仕事の要領も悪い。勉強も出来ないし取り柄が無い。全部自業自得なんだな。気圧のせいにしちゃいたいな。ダメだな。

2021-04-22

本書で語られていることを、ごく簡単にまとめると、

 (1) 地球資源(あるいは、人類に利用可能資源)は、有限である

 (2) エントロピーは、増大する一方である

 (3) 資本主義は、エントロピー増大の、過激な「加速装置である

 (4) 資本主義は、エントロピー過激な増大を、弱者(外部)への転嫁によって隠蔽するシステムである

 (5) よって、人類が「延命」を望むのであれば、資本主義を捨てるしかない。

これだけだ。

前述のとおり、私はコミュニズムが好きではない。それは、「みんなで相談して」というのが「間違っている」と考えるからではない。それ自体は「正しい」と思うが、その一方で、個人的には「面倒くさい」と思ってしまう(私は「快楽主義者」だ)から、「好きではない」のだ。

しかし、すでに人類は、「好き嫌い」を言っていられる段階にはない。

人類が、永遠に生き続けることは「物理的に不可能」だったとしても、せめてこの先も、数百年くらいは生き延びたい。子や孫や、その子や孫の子や孫が、安心して暮らせる「最低限の地球環境」を遺してやりたいと思うのなら、「エントロピー増大の過激な加速装置である資本主義」は捨てなければならない。それしかないのだ。

もちろん、著者も書いているとおり、このまま地球環境悪化させても、「一部の大金持ちや権力者たち」は、自分たち生活環境だけは守ることが(当面は)できるだろう。

しかし、そんなものは「地球規模の環境悪化」の前では「蟷螂の斧」でしかない。その場しのぎの「無駄抵抗」でしかない。喩えて言うなら「ある避難施設の中にいる人以外は、みんなゾンビ状態なのだいくら「中にいれば安心」と言っても、そんな「あさま山荘のたて籠り事件」みたいなことをしても、ささやか時間稼ぎ(延命措置)にしかならないのである

から私たちは、貧乏人も金持ち権力者も、否応なく「資本主義」を捨てなければならない。

資本主義」を捨て、「無駄価値(=消費のため消費価値)」を捨てて、「利用価値(=生活のための実質的価値)」の創造だけに限定する、「脱成長」を目指さなければならない。

当然そうすると、今のようなかたちでの「大金持ち」や「権力者」は存在し得なくなるだろうが、それは「生き残り」のためには、仕方のないことだ。「お金持ちの快楽」も「権力者快楽」も、すべては「命あっての物種(生きていればこそ)」だからである

よって、私たちは「資本主義」を、否応なく「捨てるしかない」。

資本主義を捨てると「成長できない」という危惧は、問題にならない。

「成長できない」のではなく、私たちはもう「成長してはならない」のだ。「経済的成長=(人類の熱的)死」だからである

2021-04-11

anond:20210411081241

事故災害に遭ったり、生活環境の変化で置く場所がなくなるリスクに比べれば、Amazon倒産したり大幅な閲覧制限をかけてくる可能性の方が低いと思う。

国内企業に関してはおっしゃるとおり。

2021-04-09

https://anond.hatelabo.jp/20210409125718

擬人化以前の世界での話

ワヌの属するワヌ科はもともと水生の動物であったがある時期を境に生活環境を陸上に移して追跡型の狩猟者となった肉食獣のグループである

待ち伏せ・忍び寄り型の狩りに適応したネユ科の動物に対して、ワヌ科の動物は、細長い四肢など、持久力重視の走行に適した体のつくりをしている。

 

ワヌの特徴としてヒトと同じく社会性を持つ生き物であることが挙げられる。意思疎通をするための感情や表情も豊かで、褒める、認める、命令するなどの概念を持っている。ヒトに飼われているワヌは、人間家族自身を1つの群れの構成員と見なしていると考えられ、群れの中の上位者によく従い、その命令に忠実な行動を取る。この習性のおかげでワヌは訓練が容易で、古くからヒトに飼われてきた。最古の家畜とする説が有力である。子ワヌを入手して飼う場合には、親ワヌの元でのワヌ社会に対する社会教育と新しい飼い主と家庭および周囲環境への馴化(じゅんか)との兼ね合いから、ほぼ6週齢から7週齢で親元より直接譲り受けるのが理想的とされる。

2021-03-12

あなた達の政治運動には迫力が足りない


https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=730608&comment_sub_id=0&category_id=256

小森龍邦氏死去、88歳 元衆院議員部落解放同盟広島県顧問

 解放運動の巨星がまたひとつ墜ちた。私もあと十年生きるか怪しい身である自分政治運動に対する考えを少しばかり綴ってみてもいいだろう。

 上のニュースの人は、かつて解放同盟事務方トップだった方だ。昭和7年に広島県東部被差別部落に生まれ中高生の時分から老年に至るまで部落解放運動に携わってこられた。

 私が活動していた地域とは遠く離れているが、それでも半年に一度は彼の実家の傍にある、ちんまりとした選挙事務所へ行き、地元産のワインを飲みながら語り合ったものだ。

 私などが知己と呼ぶのがおこがましいほど尊敬できる人格の持ち主だった。家族地域や仲間のためであれば、危険を顧みずに行動する力を持っている。それでいて、思慮深いうえに頭の回転が速く、無謀な策を講じたりはしない。講じるとしたら、背後に確かな計算を持っている。そういう方だった。

 それが、こんなに早くにお亡くなりになってしまった。悔しい限りだ。

 私の番はいつ来るのだろう。運が良ければ二十年は生きられるかもしれない。運が悪ければ数年後か。その前に、自分の想いを吐き出す機会が欲しい。



 さて、表題意味について。あなた達の政治運動には『迫力』が足りないとは、どういう意味か。

 言葉どおりの意味だ。特に伝統的な分野、例えば労働組合などが挙げられる。昔に比べて弱体化が著しい。

 企業ごとの組織率は低下し、労働者組合加入率も低下し、賃金は下げられ放題、追い出し部屋希望(半強制退職蔓延も放っておかざるを得ない。数十年後には、労働組合というもの事実上消滅していてもおかしくはない。

 また、高校大学など、学校内の自治を求める活動もそうだ。私は元高校教師だが、昔に比べれば、学生たちが自ら声を上げて学校ルールを変革するために動くことは減っている。感覚としてはそうであり、数字においてもそうなっている。悪い意味で、子ども大人のいいなりになっている。

 反対に、成功しつつある政治運動もある。

 近年話題になったものだと、#MeToo運動だ。女性がこれまでに男性から受けた、性を主とする嫌がらせ公共の場告発することをいうようだ。

 日本ではそこまで定着しなかったが、本場のアメリカでは著名な人物の一部が職や名誉を失っている。最悪の場合は、裁判により実刑判決を受けることになる。

 LGBT社会運動も、社会価値観を変革しつつある分野のひとつだ。

 大衆消費社会が訪れてそうまで時間も経たない頃から同性愛者としてのカミングアウト文学活動デモ行進芸能界での活躍自分たちを侮辱する者に対する訴訟提起(府中青年の家裁判)、ゲイであることを周囲に言いふらした者及びその所属校への糾弾一橋大学アウティング事件)など、仲間の権利を守るための諸活動を行ってきた。

 以前は、映像作品において、同性愛者が精神異常者として描かれるのは当たり前のことだった。子ども向けのアニメなどでもそういった描写があったが、昔に比べればなりを潜めているように思える。批判を恐れて、ゲイレズビアン人達を描けなくなっているだけかもしれないが。

 これらの成功している政治社会運動には、共通する点がある。

 相手の痛いところを突いていることだ。

 この方針なくして勝利はない。しかし、近年の伝統的な政治運動の類を見る限り、相手の痛いところを見抜くことができる知性、または攻撃する度胸を欠いているように思う。

 特に組合関係団体がそうである。昔の労働組合は、使用者と刺し違える覚悟があった。

 意図的給与の支払いを遅らされても、当局側が雇った暴力団に夜道で襲われても、工場社員寮ごとロックアウトされても、それでも不屈の覚悟で戦い抜いてきた。

 それが今では、使用者の言いなりとなり、組織から仲間を追い出すための行為に協力している。情けない限りだ。



 話が逸れた。

 相手の痛いところを突くことの具体例として、昭和40年頃の話をする。私の高校時代の級友の話である。K君とする。

 高校二年の時だった。夏の午後の授業中に、ある教師教室の窓の向こうにある山を指さして言った。「お前らみてみい、あの山にはよっつが住んどる」(※手の指が四本であるという意味

 その教師は、部落に住んでいる人間馬鹿にしたのだ。当時はまだ、被差別部落生活する人々と、それ以外との間に貧富の差があった。馬鹿にされやすかった。

 どれだけ悲惨生活だったか、今の生活と対比しながら述べると、家にトイレはなく(集落で共同のトイレだった)、上水道は通っておらず、生活汚水は外に垂れ流しであり、雨樋や排水溝がないので大雨が降ったら屋内は水びたしになっていた。

 家族食卓を囲んだ光景にいい思い出はない。口に出して述べたくないし、思い出したくもない。

 さて、その男言葉に頭にきたK君は、翌日に地域の仲間(私を含む)を連れて職員室に入っていった。K君が連れてきた解放委員会の男が怒鳴ったのを覚えている。「教頭、どういう教育をしとる!」という大声に、周囲に緊張が張り詰めた。校長までやってきた。

 その教師に向けて、「そんなことは言ったらいけんど」と説得しようとしたものの、それ以前の問題だった。その教師は、私達の質疑に対して、最後までしらを切り通したのだ。「そんなことはしていない」と言い張った。

 このままではK君の立場が危ういわけだが、私にはどうすればいいかからない。しかし、協力をしたかった。

また翌日、K君は教室の中で証言者を探すために、級友の前で声を上げた。「このままでは俺は嘘つきになってしまう。証言をしてくれ」と皆に伝えた。が、私ともう一人か二人以外に協力者は出なかった。

 次の日だった。今度は、級友一人一人と話をする作戦に切り替えた。校庭に級友を呼び出し、どうして協力してくれないのか、と訴えたのだ。それでも駄目だった。みな、「それは勘弁してくれ」と言うばかりだったという。

 さらに次の日、K君は50枚ほどのA6程度の大きさの小紙を持ってきた。それを級友の一人一人に渡して、「これに証言を書いてくれ。後で預かる」とお願いして回ったのだ。

 翌週、K君は再び、地域の仲間と、同じ地区解放委員会役員を連れて校長室に入っていった。私は外で待っていたが、勝利確信していた。K君は、20枚以上はあろうかという紙の束を持っていたかである

 その年度の末をもって、その教師は異動になった。県内の一番端にあるエリアに転勤していった。彼はまだ赴任して2年目だったこから、今回の作戦が功を奏したとみていいだろう。

 この、K君の動きを間近で見たことが、私が政治運動を志したきっかけだった。



 今度は、少し規模の大きい話をしよう。

 それから三十年以上が経って、平成の初期だったと記憶している。被差別部落生活文化的環境改善するという一連の政策国会での議決を受けてから、長い時が経っていた。

 K君の事件きっかけにして、私は解放委員会正式に加入し、高校社会科を教えながら政治運動に身を投じていた。40になる頃に教師を辞めて、今度は別の公職に就いた。

 ある年の冬だった。私が活動していた県の幹部職員が、「同和関係補助金はすべて凍結する」と、あろうことか県議会で答弁した。

 寝耳に水だった。まさか、そんなことはあるまいと考えたが、確かな事実だった。議会答弁はテレビ中継もされていた。

 当時、私が所属していた団体幹部が全員呼び出され、偉い方々から対策を指示された。それぞれの支部からも、来年度の予算について雨後の筍のように質問が寄せられていた。

 発砲ふさがりかと思われたが、ふと、K君のことを思い出した。彼はもう立派な社会人であり、解放委員会からも抜けていた。それでも藁にすがる思いで相談に行こうとしたものの、気が乗らない。

 彼に迷惑をかけるのでないかという想いもあったが、何よりも私個人の意地だった。同和教育人権思想を啓もうする活動を担う一員である以上は、自分達の力で解決せねばならないという気概があった。

 とはいえ、K君と話をしたかった。結局、正式相談ではなく、共に食事をしながら今回の件について話し合うという形式を取った。K君は、「ここで折れたら前例になろうが」という話からまり、諸々の助言をいただいた。今でも感謝している。

 後日、県の横暴に対する対抗策がまとまった。開始時期は、一週間後とした。

 数万人規模の組織で、ここまでの速度で動くのは無理がある。組織全体の足並みが揃わなくなる恐れがあったが、予算全凍結は目の前だった。

 まずは、各自治体の教育委員会オルグ実施した。

 あの時のK君のように、各市町の教育委員会庁舎に数人で飛び込んだなら、「どうしてこんな卑劣なことをするのか。子どもらが人権意識もつための活動ができなくなっていいのか」というメッセージを何時間にも渡って、毎日伝え続ける。

 庁舎の外には最大100人程度を待機させていた。みなそれぞれ、横断幕拡声器を使って、スローガンを堂々たる態度で表し、相手方にこちらが本気であることを知らせた。朝方から始まって、日中は休憩を挟みながら、日が沈む頃まで毎日続けた。

 場所関係なかった。公共機関であれば、どこででも実施した。教育委員会だろうと、市役所入り口だろうと、学校門前だろうと、警察署の前だろうと、県会議員の自宅の玄関だろうと、場所関係なかった。

 かつて、私たち基本的人権の享有を受けられなかった。その歴史を繰り返してはならない。私たちは本気だった。

 議会での答弁から半年後、私達の本気は伝わった。予算の凍結が撤回されたのだ。

 これまでと同じように、これまでと同じだけの金額子ども達への教育活動個別学習会や勉強会に使うことができるようになった。

 私たちは、相手の痛いところを突いた。突き上げを受けた教育委員会は、通常の業務を行うにあたって支障が出る。日中は、私たちが絶えず抗議をするので、それに対応せざるを得ないからだ。

 それが数日であれば持ちこたえるだろうが、何か月にも及ぶとさすがに根を上げる。

 「予算の凍結はやめてくれ。現場がもたない」と各市町とその教育委員会は、県の決定に抗議する流れができる。

 さらに長い期間に渡って続けば、県としても、予算の凍結の続行と、各市町の疲弊とを天秤にかけざるを得なくなる。

 私たち勝負に勝った。

 相手の痛いところを突けばいいというものではない。こちらも痛い目を見る覚悟必要だ。というのも、現実的には、まずはこちらが痛い目を見る可能性が高いからだ。

 上記場合、県による予算凍結の撤回を求めて戦うにあたり、相手方に攻勢をかける必要があったわけだが――初期の段階が一番苦労した。まず、動員をかけても会員は集まりにくかった(当事者意識の欠如)。これがただの動員ではなく、緊急事態を打破するための闘いであることをわかってもらうために熱弁を振るう必要があった。この説得のための活動、すなわち県内支部巡りに最も時間を要した。

 人が集まり相手方に攻勢をかけることができるようになったとして、最大のリスクがある。警察通報されることだ。特に要職にある者が動けなくなるのはまずい。敵にとっての追い風になる。

 今回は、そうした事態が起こることはなかった。絶対暴力行為脅迫行為をしてはならないと、組織内で固く申し合わせをしていたからだ。

 私が若い頃の解放運動だと、警察など介入する余地はなかった。デモ活動オルグ最中通報があって警察官が駆け付けたとしても、我々を見て尻込みをするのは当たり前で、あちらの方が逃げ出すこともあった。

それほどまでに、当時の私たちは気迫に満ちた政治社会運動をしていた。物事に対する「本気」というものが、警察すら怯えさせるほどに昇華されていた。

 時が経ち、平成時代になると、部落に住む人々も豊かになったこともあり、ハングリー精神が見えなくなっていた。集団の気迫はすっかりと消えてしまい、周りから見ると――デモ活動の全てが滑稽なものに映るようになっていた。満たされた人間政治運動はできない。それだけのことだった。

 ところで、予算凍結に対する対抗策の実施にあたり、最大の懸念事項があった。

 県と市町との連携だ。もし、予算凍結の議会答弁を打つよりも前に、県議会が各市町に根回しを行い、さらに我々を抑えるための手を考えていたとしたら、負けていた可能性が高い。

 逆に言えば、同和対策事業に関する予算の凍結という重大事項について、事前に各市町と連絡調整をしないというミスを県が犯したからこそ、我々は勝利することができたと言っていい。



 最後になる。

 相手の痛いところを突くこと、その直近の事例としてミャンマーデモを挙げたい。

 アウンサンスー・チーを頭に据える民主派が勝つにはどうすればいいだろうか?

 武力では国軍に勝てない。ならば、「国軍は間違っている」というメッセージを、自国内と国際社会に訴えかけるしかない。

 経済面ではゼネラル・ストライキを行い、社会面では民主的思想制度について啓もう活動を行い、政治面では大規模デモによって世界に窮状をアピールする。

 アメリカがすでにミャンマーへの経済制裁を行っているし、世界的な空気として、国軍より民主派を推す声が大きいのは間違いない。

 民主派のやり方というのは、それでいい。とことん大きなデモを打って、自分達の正義アピールする。

が、その代償として、民主派は多くの命を失っている。つい先ほど、未成年デモ参加者が銃で撃たれて亡くなったというニュースが飛び込んできた。先日のデモでは50人以上が亡くなったという。

 民主派グループの中でも、指導者に近ければ近い者ほど、身体危険が迫る。国軍にしてみれば、今が正念である世界各国から評価が低下することを気にかけず、民主派指導者層を徹底的に弾圧し、デモ活動を先導する者を少なくし、事態を膠着状態に陥らせ、軍事政権を持続させるとともに――軟禁しているアウンサン自然死を狙うメリットの方が大きい。

 もし日本が、ミャンマーのように危険状態だったとして、あなたが立ち上がって戦わねばならなくなった時、どういう心構えで、どういう行動を取るべきだろうか? 相手の痛いところを突くために、どこまでのリスクを背負えるだろうか?

 その問題に直面していたのが、私が生まれ時代よりもさらに昔、明治以降被差別部落に暮らす人々だった。あまりに苦しい生活環境であるがゆえ、生存権を得るために戦わねばならなかった。しかし、どうやって戦えばいいのか?

 多くの者が基本的人権を得るために戦い、痛い目に遭いながらも戦いを続け、そして今の、(経済的意味に限っては)被差別部落問題解決した現在に至る。

 あなた人生にとって、重大な戦いをせねばならない時がくるはずだ。その時に、どういった行動を取ればいいのか、当日記がその際の助けになれば幸いだ。

 40代以下の若い人に向けて、このトピックを書いたつもりだ。あちらへ、こちらへとぶれた文章になって申し訳ない。読み返してみると、まとまりのなさに驚いている。ご容赦いただきたい。

 あなた幸せのあらんことを。

2021-03-08

anond:20210308185423

コロナによる生活環境の変化だろうな

女性はわからない

端的には

コンビニほろよい

とか少し飲んで見れば?

それで解決するようなら

ようすをみたほうがいい

2021-03-06

anond:20210306122203

これは韓国北朝鮮日本でも、似たようなケースが指摘されている。

アメリカデータは当てにならないが、後進諸国に勤めていた医師証言で「女性のほうが、男性よりも困難な生活環境で勝る」というのがあった。

なぜ勝るのかまでは指摘されなかったが、女子は性成熟が早い分、人生自覚するのが早い。

トリーバーチ増田は19歳、日本から捨てられた街増田は18歳で人生意味に気が付いたが、世の中のほとんどの男子大学生の1-2年は、意味も分からずにぼけーと遊んでいるのが多い。

遊んでいない男子は、例外なく母子家庭交通遺児家庭、高卒中卒家庭から突破組だけだ。

このため、大学受験は圧倒的に女性が有利なのである


男子が遊ばなくなるのは、平均して大学3年である最近ゆとり世代以降は、大学4年までかかっているというのも聞く。

これに気が付いているのが東大

2021-03-02

おれの経歴を見てくれ

日生まれて1万日を迎えたので経歴を整理してみた。見てコメントくれたら嬉しい。

フェイク少な目なので、あ、あいつかもしれないと思ってもそっとしておいてくれ。

17歳 高校3年生

初めてできた彼女が躁鬱を発症し、別れる。

希望大学に受から浪人生活する。

18歳 浪人時代札幌

予備校にもいかず、ゲームフットサルバンド

滑り止めで受けた琉Q大学に進学。

19歳 大学1年生(沖縄

水泳部サッカー部軽音サークルに入るが

二つは3ヶ月でやめ塾のバイトを始める。

彼女ができるもすぐ別れる。

札幌沖縄環境の違い、彼女生活環境等コンプレックスの嵐にさいなまれる。

20歳 大学2年生

平日は単位を落とさないように大学に行き、

週末はバイトして、たまにバンドマンと飲む生活をする。

21歳 大学3年生

ツールド沖縄で完走できたら好きな子告白しよう(キモイ)としたもの

普段練習するわけでもないので見事にリタイア

冬休みに一ケ月の男二人で東南アジアバックパッカー旅行をする。

ゴーゴーガールと仲良くなる。

22歳 大学4年生

かろうじて卒業

23社会人1年目(東京

上京。朝出社して、空アポ業務中家に帰り

寝て疲れを取ってから会社に戻るのを週3でやる生活を送る。

まらない仕事の割に上司の詰めが酷く、11か月で転職

24社会人2年目

転職先でパワハラに合い退職

その間にADHD(グレー)傾向が悪化

療養をしつつ宅建士の勉強を行い無事合格する。

1ヶ月半の引きこもり生活の後、再就職

25歳 社会人3年目

業務的な負担は少なく、伸び伸び会社勤めをし、悠々自適に過ごす。

引きこもり生活を支えてくれた彼女海外留学を決める。

遠距離恋愛生活開始する前に女遊びがばれる。

26歳 社会人4年目

上記彼女と将来の結婚約束するも彼女勉強プレッシャー

フラッシュバックに悩まされるようになり、帰国

それを期に人生転落し、結婚もなしとなる。

別れてから別の女性と付き合いだすも適応障害となる。

ちなみにここで株を始める、が苦戦。

27歳 社会人5年目

筋トレを開始する。仕事量の多さに嫌になる。⇒イマココ

anond:20210302122350

人間がどんなふうにほかの動物昆虫植物領地争いをして虐殺撃退して寝る場所を確保してきたか映画にでもすればいいかもね

人間動植物生命の循環の成果である酸素ただ一つ以外、ほかの生物一切の生産物生活環境において取り入れないどころか排除を徹底してるわけで

家の中で落ち葉発酵してたりキノコが生えてたり鳥が巣をつくってたり他の動物昆虫と食料の備蓄をする空間を共有してたりしないよね

共生せずに他の動植物排除して皆殺しにして一切を立ち入らせずそれどころか塵やほこりや風に舞ってくる動植物の破片さえ生活空間から毎日排除してる

どうして入れないようにしてるの みんなの成育を阻害する密閉空間を地上にみっしりとはびこらせておいたそのうえで動物共存かいってるのおかしいよね

自分が手を下していないからいい 土地を切り開いた人間とか工事をした人間とか清掃をしている人間残酷人間から他の生物虐待しているし許せないけど

その人たちが働いて作った居住空間他者排除してのうのうと生活しているのは自然で美しいのかな

それでよく自分の体の内外でさえ多種の生物と生きていて活かされたり殺してもらったり食べさせてもらったり栄養に変換したりその人生で生み出される唯一の個人生産物である排泄物を処理してもらったりしてることを個別の事で一人でやってることだと思えちゃうよね

全部が連綿と繋がってるから利用して得たり奪われたり変化したあとに引き継いだり引き継がれたりするわけだし命が平等から同じ地上で循環していってると思うんだけど

循環からぬけまーすってそれもう生命を超えた存在になりますくらいのこと言ってる気がするけどやっぱり生きてくためになにかしら食べるんだよね

食虫植物に落ちた昆虫を助けて回ったりナマコ共生してる魚に自立を促したり寄生して行動を制御する微生物とか昆虫かに権利を説いたりしてるんだと思うけど他の動植物の成果を得るしか能がない人間動植物になにをお返しできてるんだろうね

仮に動植物ありがとうとか一緒にいてくれて助かるとかいつもお世話になってますと言ってくれるなら、それは人間が何をしたときなんだろね

anond:20210302034348

Twitter長年やってると、本人の生活環境の変化やら社会の変化やらでおかしくなった人たくさん見てきたな

可哀想だが関わらんようにするしかない

2021-02-17

anond:20210217161947

ブクマカの「かわいそうリスト」の順位

上位・女性全体 下位・障碍者 最下位男性全体

になってるってことでは。

数や実際の生活環からし障碍者の上位に全女性が来るのは明らかにおかしいけど、ブコメスターの傾向からしてこの順位になってないと説明がつかない。

それとも単に「障碍者なんかより私の立場大事」て女が一定数いるのかも。

子供を2人以上作ってはいけない家庭の条件

収入面: 世帯収入300万未満

教育面: 父母いずれか1人が中卒以下

・衛生面: 喫煙者

精神疾患: 発達障害アル中

容姿: 美醜の価値観個人差はあれど、社会生活を営む上での最低限のラインはあるでしょう


 日本は順調に家庭間の経済格差が進んで国全体の貧困は加速するばかり。一方でSNS等の情報技術の発達によりいわゆる勝ち組負け組の「差異」は嫌でも目に入ってしまう、そんな時代です。幼くして自分生活環境が世間一般的に「劣悪」と評されるに値し、自ら生まれながらに不幸な立場にあることに気づいてしまう機会がより多くなったことでしょう。こうした現実は幼少期から青年期にかけての多感な時期の子供の人格形成に大きく影響します。そのうち未来自分自身に希望が持てずに「どうして〇〇のような生活を送れないのだろう、あぁ生きるのが辛い」と感じてしま中高生で溢れかえってしまうことはなるでしょう。

 そういうかわいそうな子供たちの育ってきた家庭環境から「ああ、その条件ならしょうがないよ」っていう一定ラインを今のうちに明文化しておくことで、今後勃興してくるであろう関連議論の役に立つと思います

 「あなたは悪くない、あなたのお父さんとお母さんが子育て計画にこれだけ穴があったのが問題だね」という形で慰めることだってできると思います

 生まれ環境は本人にはどうしようもないことだってあります子供本人だけが君の努力不足が悪いなどと責められるのは可哀想じゃありませんか。

 なお、今回『2人以上作ってはいけない』としたのは、1人も子供を作るなと強制するのは不可能と思いますが、不幸な子は1人で十分だろと諭すことは可能範囲だと思ったからです。


 政府少子化対策する気がないとか日本少子化の加速を憂う人は多いけど、それでも「バカと金がない無計画夫婦子供を産むべきではない、自分エゴでその子が不幸になるだけ」って意見は、おそらく皆の統一見解だと思うので。

 皆さんのご意見はいかがでしょうか。


 ちなみに、当方は反出生主義ではありません。が、何となく世の中のトレンドがそうなりつつあるので、皆さんの考える「バカと金がない無計画夫婦」のラインがどの程度なのか気になったのと、それなりに需要があると思い書いてみた次第です。

2021-02-15

既に終了した作品を何年も二次創作し続ける人たち

ほんまにすごいと思う。

何故だ?何故そんなこと可能なんだ?

既に終わった作品だぞ。下手したら公式供給なんてほとんど絶たれてるのに、

その数年の間に生活環境変わったりするかもしれんし、

別の作品に影響受けてるはずだろ?

何で妄想し続けられるんだ?

畏怖さえ覚える。

2021-02-13

顔見れば年収(というより生活環境とか経歴)だいたいわかるよ

でも子供見てああこの子の将来は悲惨だなってわかっちゃうのが悲しいね

2021-02-10

これ以上は大幅に変われないなと思う

以前の私は捨てられ不安を持った価値無し自己評価最低人間

そんな存在あなたの隣にいるのは自分がイヤだからこっちはずっと変わってきた

生活環境や勤務環境も全部進化させてきた

仕事も変えたし中身も増やしたし実績も重ねた人徳も増やしたし友好関係も増やした

そばにいて誇らしいと思える存在でいたい

それはあなたにもそうあって欲しいと最近思う

お互いそばにいるのは誇らしい存在だと思えるのがいい

今度はあなたが変わる番だ

から変わって欲しい

って事を言えたらいいんだけど変われないからって逃げちゃいそうだから言えないや難しいね

2021-02-01

引っ越しかい工数1Wの無賃労働が辛すぎる

そもそも3月の終わりギリギリまで仕事をして4月の頭ピッタリに次の部署バリバリ働き始めろとかいう、人間荷物ごとワープできることを前提とした日程の組み方がキチガイすぎる。

就活中の皆よ、「転勤」というワードが出てきたらその会社の志望レベルを 3段階/10段階 落としたほうがいいぞ。

今どき気軽に転勤させようとする会社なんてゴミだ。

どうせ他のコンプラガバガバハラスメントも吹き荒れてるゴミに決まってる。

間違っても「海外転勤」と聞いて目をキラキラさせたりするなよ?

その真意は「言葉も通じず、周囲に味方もなく、生活環境も酷い所で、本社から無茶振りを受けつつ、失敗の責任だけお前持ちで、意味不明な対外折衝をやってもらう。当然、そんな意味不明仕事いくらやってもお前の人材価値は我社においても上がらないけどな」でしかいからな。

分かったか、「転勤」というワードが来たら志望レベルきっかり落とせ。

それで諦めきれない時はしっかり食いついて「転勤があるなんて大変ですね。前の職場の引き継ぎをした次の日に次の職場ですぐトラブル対応かになったりもあるのでしょう?」とカマかけてみろ。

相手が「は?その程度のこと社会に出たら当たり前だが?学生気分が抜けてねえな」を口なり態度なりに表したら、もうそ会社止めたほうがいいぞ。

そういう奴らは「奴隷の癖にワープも出来ないなんて、上司の顔に泥を塗るつもりか?」って意味言葉を平然と口にする世界が牛耳る世界に住んでるからな。

マジで相手にしていいことはないぞ

2021-01-31

anond:20210131122416

ペーパードライバーだけど郊外引っ越し

から30分歩く

在宅勤務が終わったら通勤時間で1日が終わるような生活サイクルになりそう

とりあえず電動自転車を買おうと思ってる

生活環境としては、まずは隣室の会話・生活が聞こえて気になる、ということはさすがになくなった

が、郊外とはいえ住宅地で両隣ともほんの1〜2メートル距離なので、生活環境が劇的に改善した、ということはない

マシになったのは確かだけど

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん