「カード会社」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カード会社とは

2021-04-28

不正ログインをくらった

今日の午前9時ごろ、見覚えのない電話番号から着信が来た。

普段なら絶対に出ないのだが、緊急事態宣言の影響で在宅勤務に切り替わっていたので仕事案件かもと思い出てみることに。

「〇〇カードです。お客様カード不正利用の疑いがあります。××という通販サイトで50万円決済しようとされた覚えはありますか?」

まだ残っていた眠気が、一瞬で吹き飛ぶ。

カード会社のオペレーターが伝えた通販サイトは確かに利用したことがあるが、1年以上前だ。

やられた。

直ちにカード利用停止をしてもらったが、連休前で再発行の対応が遅くなり、10日間ほどかかるという。

公共料金や各種サブスクリプションの支払いに使用していたメインカードなので影響甚大。

これは大変なことになったぞと思い、直ちに上司に連絡し仕事を休むことにした。

はじめに、不正利用があった通販サイトに連絡する。オペレーターとやり取りをしていてわかったことは4つ。

・昨晩、私のアカウント不正ログインを食らったようで、メールアドレスが『mail.com』というアメリカフリーメールに変更されていた。

通販サイトは誤ったパスワードを5回連続入力されるとアカウントロックされる仕様

・直近で、私以外に不正利用を訴えてきたユーザーはいない

パスワードデータは、通販サイトとは別業者委託して管理している。サイト運営者も調べられない。

この通販サイト側の言う事を信じるならば、私のメールアドレスパスワード委託業者から流出した可能性が高いのだろうか?

もしくはPCウイルスでも入っていたのだろうか?

とりあえずはウイルススキャンを実行し、乗っ取られると死活問題になるGogole, Amazon等のPasswordを全変更。

そういえばはてなアカウント乗っ取られると地味にヤバいよなあと思ってここもPassword変更。

( blogに書いてた赤裸々な話を実名入りで利害関係者にばらまかれるリスクあるんだぜ。下手すりゃカード情報よりヤバいかもしれん。 )

初めてのこと過ぎてこういう時にどうしたらいいのか思いつかんのだが、どこかに通報した方がよいのだろうか?

他にやるべきことあるだろうか?

2021-04-10

キャッシュレス化興亡記(個人的視点)

2018年末にPayPay が大型キャンペーンとともに登場してから、2年あまりが経つ。

最初操作に戸惑っていたスマホでのQR決済だが、2年の間に生活の中になじんできた。今回は、ここ2年くらいのキャッシュレス化進展の模様を、利用者である個人備忘録として書き留めておく。

スマホでのQR決済が中心だが、それ以外のキャシュレス決済にも言及したい。2030年ぐらいになったときに、「あん時代もあったな」と懐かしく振り返ることができるといいと思う。

注:記憶ベース手帳メモを見て思い出して書いているので、事実記述の正確性には欠ける。


2018 年まで

私はもともとお釣りを受け取り小銭を持つのが苦手でキャッシュレスには関心があった。

電子マネーに興味があったこともあり、2007年からおサイフケータイを導入した。

モバイル suica をセットし、コンビニなど suica で支払い可能なお店では極力 suica を使っていた。

クレジットカードはびゅーカードをメインに使い、suicaへのチャージで 1.5%分の ポイント還元をもらっていた。たまったポイントルミネ商品券に交換して、それを金券屋に売って現金化していた。詳細は覚えていないが、結構まとまった還元額となっていた気がする。

おサイフケータイには、suica 以外に nanacoiD をセットしていた。

nanaco は近所にイトーヨーカ堂があったので、そこで使用

iDファミマTカードをセッ トして近所のファミリーマートで使っていた。この使い方だと、レジでTカード提示しなくても、Tポイントたまるので便利であった。

それ以外の支払いは極力 suica で行い、使い分けは特に意識していなかった。結構suica で支払いができる店舗は多い。ただ、ランチの支払いで、個人経営系のお店は現金での支払いのみというところが多かった。

QR決済の登場

2017 年頃から、LINEPay や OrigamiPay などのスマホでの QR 決済が少し話題になっていた。

しかし、Felica決済に慣れていた自分にとっては、面倒くさそうに感じ、興味を覚えなかった。

2018年秋ごろ、「PayPay」が後発でリリースされた。その時もあまり関心はなく、ネーミングのダサさにびっくりした。動物園パンダ名前みたいだなと思った。

2018年12 月に PayPay の「100億あげちゃうキャンペーンが突然実施された。 支払い額の20%を還元するというもので、ビックカメラでの長い行列ニュースでも話題になった。自分は、完全に出遅れスマホでPayPayが使えるようになったころには、キャンペーンは早期終了していた。

同時期に、LINEPay が 15%還元キャンペーンを対抗でやっていたので、そちらで QR 決済デビ ューした。ビックカメラインクジェットプリンターインクなど消耗品をまとめ買いしたように思う。

このころは、LINEPay がいろんなキャンペーンを頑張っていたと記憶する。 登録で 500円、本人確認で 1,000円、友だちに初めての送金で 1,000円等、いろいろな還元があってワクワクした。クーポンローソンファミリーマート100円引きなどが何回も届いて、LINEPay を使う機会が増えた。現在の LINEPay キャンペーンの小規模化ぶりに比べると大違いである。

QR決済戦国時代

2019年度は、QR決済の実質的な「元年」であったといえるだろう。2月ごろから PayPay の 「100億あげちゃう第二弾キャンペーン」が実施。決済額に上限が設けられ、還元額は少な めだが、前回よりは期間が長く続いた。

2019年のGWは、各社のQR決済のキャンペーンが派手に打たれていた。 LINEPay は、還元10,000円まで、LINEPay のプリペイドカードでの決済も対象であったため、私はJR切符を買って、満額の 10,000円の還元を受けた覚えがある。

GWの時期に後発のメルペイも還元キャンペーンをやっていた。他社は 20%の還元率であったが、50%還元をしていたと思う。ただし、5,000円使用で 2,500円還元という感じだった。旅先のコンビニでの買い物で上限額まで使いきった記憶がある。 メルペイは6月8月に、後払いサービスでの利用で同様に還元があった。還元率が高いので着目度が高かった。他にコンビニなどで使えるクーポン配布も、最初のころは積極的だったと思う。

このころ、クーポンキャンペーンにつられて OrigamiPay も使いだした。ドラッグストアコンビニ還元クーポン供給があったと思う。大手に比べると、地味目であった。案の定、翌年はじめにサービス自体が終了してしまった。

6月ごろからセブンイレブンファミリーマート独自QR決済を導入するとニュースリリースがあった。7月サービススタートした。

セブンイレブンセブンPay はインストールしようかと思ったときに、不正使用問題が起き、そのまま廃止となった。セブンイレブンは、ローソンファミマに比べてクーポン配布などでもしょぼくて、キャシュレス化の波に乗り遅れている印象がある。その後も、セブンイレブンアプリときどき、おにぎりクーポン配布とかがあるが、全般的ケチくさい感じがする。

ファミリーマートもファミペイをリリースした。初回に2万円をチャージすると 3,000円還元があった。ファミペイは目立ったキャンペーンはなく、この初回くらいしか使う機会がなかった。代金収納対応しているので、電気代、ガス代の清算使用して、以降はほとんど使っていない。

2021年度冬に、ちょっとした還元キャンペーンがあったが、システムトラブルで中止となった。ファミリーマート以外でも使える場所を増やさないと、あまり出番がないままだろう。

クレジットカード会社の反撃キャンペーン

この 2019 年度は、QR 決済勢を迎え撃つ形でクレジットカード会社の大型キャンペーンがあった。 一番、規模が大きかったのはイオンカードで上限50万円使用で最大10万円キャッシュバ ックというものだ。

これはイオンカード新規で作って参戦した。こういう大型のキャンペ ーンをまたどこかの会社がやって欲しいものだ。

あと、JCBカードが、QuickPay 決済で 20%還元というキャンペーン実施した。使用上限が5万円(還元上限が1万円)であったので、デビットカードなどを3枚作って3万円の還元を受けた。それまで QuickPay の存在も知らなかったが、スーパーなど、結構使える場所が多く便利だと知った。ただ、このキャンペーンの後、QuickPay を使う機会はない。その後に続くキャンペーンや特典がないからだ。決済手段として定着させるには、一過性打ち上げ花火的なキャンペーンだけではなく、継続的施策必要なのだと思う。QuickPay は便利な決済方式だと思うので、もっと頑張ってほしいと感じる。

三井住友ビザカード還元キャンペーン実施。6万円の使用20%相当の 12,000円を還元というものだ。クラッシック (VISA)、マスター、エブリーと3枚新規で申し込んで対象の全額を使用した。買い物の使い道がなかったので全18万円とも nanacoチャージした。nanacoセブンイレブン公共料金の支払いで使った。 おそらく同じように nanacoチャージで使った人が多かったのだろう。翌 2020 年度の早い時期にセブンカード以外のクレジットカードでの nanaco へのチャージができなくなった。

このように、2019 年度はQR決済のキャンペーンや普及も目覚ましかったが、対抗するク レジットカード会社キャンペーンも大型であり、すべてを合わせると還元額は結構積みあがったように思う。

沈静化していった2020

2020 年度は前年のようにクレジットカード会社の反撃キャンペーンは目立たなくなった。

PayPay が使えるお店がチェーン店以外にも個人経営系の飲食店まで広まっていった。いままでランチ現金での支払いしかできなかったところが、キャッシュレスで支払いができる ようになり、利便性は増した。

2020 年初から LINEPay に「マイラン制度」なるものができ、使用振りに応じてクーポン が毎月配布された。ファミマローソンドラッグストアなどで使える100円引きのものでなかなかありがたかった。しかし、100 円引きは最初の数カ月くらいで、そのあとは5%引きとか、3%引きとかしょぼいものになり、2021年度には「マイラン制度」そのもの廃止されるらしい。 LINEPay は、このころからキャンペーンがしょぼくなり、存在感を失くしていくことになる。

メルペイも 2020年度当初は、還元額は 1,000円程度と額は小さいものの、還元率が 50%というキャンペーンがあった。飲食店対象したものや「ドラックストアフィーバー」といったものだが、4月以降は尻すぼみをしていった。ときどき、コンビニドラッグストアで使えるクーポンがくる程度。それも最近はなくなってきた。今ではメルペイの存在を忘れがちである

携帯キャリア勢の動向

このころ、ドコモによる d払い、au による au Pay も使い始めた。それぞれキャンペーン目当てで使いだした。

d払いはちょくちょく還元キャンペーンをやっている。エントリー必要なのと、還元にかかる要件結構細かくて面倒くさい。また、還元されるdポイントが期間限定かつ期限が短い。最初は、ローソンロッピーのお試し引換券で消化していた。最近はお試し引換券が人気があるのか交換できなくなったので、日興フロッギーという証券口座を作って現金化するようになった。 ドコモユーザーではないので、d 払いをメインにすることはないだろうが、キャンペーンがあれば細々と使っていくつもりである

au Pay は他の決済ツールに比べてアピールがかなり遅れた印象であった。2020 年の1~3 月にかけて 20%還元キャンペーン実施されたので、使用を開始した。しかし、すぐに全体での還元上限に達したので打ち切りとのアナウンスが相次ぎ、あきれてしまった。キャンペーン大風呂敷を広げるわりには予算規模が小さいのだろう。そのまま、 使わなくなるかと思ったが、ポイントponta統合された。現在は、au pay マーケット専用ポイントに交換すると増量するキャンペーンをやっており、ふるさと納税にも使えるので、ponta を集めるようになった。 au Pay もd払いと同様、メインで使うことはないが、キャンペーンに気づけば細々と使っていくことになるだろう。

後、この時期(2020年)から楽天 pay も使い始めた。こちらは目立ったキャンペーンはやっていないが、期間限定ポイントを消化するために活用している。近くのドラッグストアスーパー日用品(トイレットペーパー牛乳、卵などの生活必需品)を買うのに使っている。 楽天 pay は、この用途で地道に使っていくことになるだろう。最近suicaedy へのチャージ対応したりと機能強化をアピールしているが、期間限定ポイント消化以外の存在意義を見出しにくい。

2020年度の経過動向

2020 年度は前年の 2019 年度に比べ、各種還元キャンペーンも小ぶりで地味なものであった。 コロナ対応ということで、派手に外出による買い物をあおるような宣伝はしにくかったのか もしれない。

中でも LINEPay の凋落ぶりは大きかった。還元額もサービスアイデアについてもダメダメ経営統合により、PayPay にいずれ統合されるのだろうなと思わせる。

PayPay のキャンペーンも小ぶりで、還元条件などが細かくてよくわからないことが増えた。「還元祭」など大風呂敷を広げるけど、条件をよく読むと大した規模でないことに気づく。

10からコロナ対応での Go To Eat キャンペーンが行われ、そちらに関心が向かったのか、あまり QR決済のキャンペーンの印象は残っていない。飲食店での支払いは主に PayPay で行っていたのは事実であるが。

年末にメルペイで定額後払い(リボ払いみたいなもの)のキャンペーンをやっていて50%還元還元上限額1万円ということで、ふるさと納税で2万円つかったら、先日1万ポイントが返ってきた。還元額の大きさを考えると、リボ払いの利息収入はおおきいのだろうと思 う。分割払いを使わない私にとっては、こうやってキャンペーン還元を得られるのはうれしいことではあるが。

2021年度に入って

2021年度にはいってから1月2月は目立った還元キャンペーンはなかった。d払いとメルペイでちょこちょこクーポン配布があったくらい。AuPay で 20%還元策があったように思うが、それほど盛り上がらなかったように感じる。

3月は、d払いと PayPay も還元キャンペーンがあった。いずれも還元上限額が低いものであるが、使い分けて少額ではあるが、ポイントバックを得た。使用条件などが細かくなってきており、メモ帳に書き出して、どこでいつ使うかを考えないといけない。ちょっとしたゲー ム感覚ではあるが、こういったことが苦手な人にはやりづらいであろう。

そうして、2021 年の4月現在に至る。今後も、ちびちびとしたキャンペーン実施されるだろうが、それほど大きい還元額は得られないだろう。後から振り返ると、「普及当初の2019年頃はいろいろあったものだなあ」と懐かしむ日がいずれやってくるだろう。10年後くらいにこの雑文を読み返してみたい。

今後について

自分スマホ確認するとインストールしているQR決済アプリは、PayPay、d払い、楽天ペイ、メルペイ、LINEPay、ファミペイである。入っているが全く使っていないものがあり、Toyota walletクオカードペイ、ユニクロペイがある。あと最近セブンイレブンアプリに PayPay が付属された。

今後は、PayPay をメインに使っていくことになるだろう。個人経営系の飲食店で使えるところが増えたのが大きい。ランチでのクレジットカード払いは断られることが多かったが、 PayPay だと支払いやすい。今後は LINEPay も機能統合されるのだろうか。お店ごとのクー ポンなどの特典が充実してくるといいなあと思う。

他のQR決済も、キャンペーンがある限りは使うだろう。しかし、裏返して言えば、魅力的な還元キャンペーンがなくなれば、使う意義はなくなってしまうということである。やはり、複数の決済ツールを使い分けるのは面倒くさい。インセンティブがなくなってしまえば、自然と淘汰されていくだろう。

2021-03-21

貧乏で心が荒み、将来が不安になる

決して裕福ではないけれど、楽しく生活してこられた。それももう終わるのかな……という不安漠然と感じる今日この頃

高齢の両親は週3、4日で4時間から時間掃除警備員お仕事をしていた。だけど4月からコロナの影響を受け、出勤日数・勤務時間が半分になってしまう。

私自身は実家暮らしスーパーに勤めている。同世代の方と収入面を比べれば低いんだろうとも思う。毎月給料3分の1を母に渡し家計の足しにしてもらっている。

私には姉と弟が2人いて、姉は結婚しているので実家はいない。

弟・次男とは16歳ほど年が離れている。人と接することが苦手な次男だけど「この学校に行きたいなあ」と言うので春から専門学校に行くことに。心の中で、お金ないのに?と思った私を許してほしい。

弟・長男は勤務先が遠いので、朝早くに出て夜遅くに帰ってくる。仕事ストレスストロング系のお酒を飲まないと夜眠ることができない。体にタバコ臭いが染み付いているヘビースモーカー。長いこと生活費を母親に渡していない。先日長男宛にクレジットカード会社から督促上が届いているのを発見したので、母親に何か知ってるか尋ねると、実は去年の秋ぐらいから60万円ほど貸していると言う。我が家に60万円あったのかと少し驚いた。理由は何なのか母親に聞いても長男に「言いたくない」と言われて聞けなかったという。その時に「私にはこの話しないでほしい」と長男から釘を刺された母。理由が言えない奴に金貸すな。いい歳して親に金の無心するな。母親長男に対して凄く苛々。

非常にモヤモヤするので長男を捕まえて、金ないの?悪いことしてる?督促状はなに?そういえば車検あるよね?と疑問をぶつけた。金はない、悪いことはしていない、督促状はカード会社に連絡しているので問題ないこともないけど大丈夫車検お金はないと答えた。とりあえず、車検分のお金を私のポケットマネーから出し貸したお金は必ず返済するよう約束を取り付けた。

でも弟から60万円は返ってこないと思うよ母よ。

弟達に凄く甘い母。家の経済状況に無頓着で楽観的な父。我が家貯金はもう無い。

固定資産税マンション代?学費?払っていけるの?

とても眠い

2021-02-28

anond:20210227174219

ゲームガチャでもひいたのか?

海外サーバーエロサイトでもみてたのか?

カード会社に連絡してヤバい引き落としを急いでとめたりしないといかん気がする

 

累積で財布と家計簿のズレが出るのでも月ごとが赤くなければとくだんあれだけどちゃんヘルプを出せよ

2021-02-19

夫婦別姓消極的反対

https://note.com/t_gakkou/n/n59e891eeb90e

選択式別姓にあんまり賛成する気にならない。

理由の一つに積極的な強い理由がわからいからだ。

このアンケート結果を見て思った事を書いてみる。

同姓になると諸手続きが面倒という話にがあるけど、それはまず免許証センターとか役所とかカード会社が何とかすればいいのでは?法律作って便利にしようというのは違うのでは。

7割が賛成してるというけど、アンケート内容を見ると20代30代は半々くらいみたいだ。それに姓は選択できなくてはいけない!って強い覚悟の人は少ないと感じる。あぁ選択式なら自分の姓に愛着ある人にとって便利だねぇくらいのライトな人が賛成の多数なのでは。

あと結婚したら同姓って言うのは100年程度しか歴史がないって話もあるけど、100年も続けば立派な文化だと思うがどうなの?100年続いたけど止めますって理由ってかなり考えないといけないと思うけどどうなんだ。

年齢重ねるほど元の姓に愛着が湧く人が居るみたいだから結婚後に姓を戻す仕組みを簡単にするとかでは駄目なの?

俺は共感する思想は右よりだし保守だと思う。なので夫婦別姓みたいないままでの常識をひっくり返すみたいな革新的革命的なことがあまり好きではない。もし選択夫婦別姓になった場合何がどうなるかさっぱりわからないので不気味。安全策で、後で元の姓に戻すというのが無難なのでは?と思う。

2021-02-14

anond:20210214121427

俺もそういう小賢しい仕組みを導入されるくらいなら、定額の年会費のほうが良いと思う

だけどさ、そもそもクレカ年会費サービスと言うより保険だよ。現金20万のテレビを買ってその日に盗難にあっても店が保証してくれるかはわからない。そこにクレカが挟まるとクレカ保証適用されるケースが有る。結局の所、買い物や旅行への保険としてクレカを使うのが正当ではあるけど、その恩恵を受けられる率がとても低いし目に見えないのが問題だよな。保険を払っているという感覚もないし


そのためポイントというわかりやす還元にだけ目がむいて本来保険が疎かになってる。わかりやす改悪として、今の三井住友カードナンバーレスなんかショッピング補償がないんだぜ。つまりこのカードで高額なものを買ってもカード会社が損失補填絶対にしない。テレビ自体保証とか任意で入っている保険だより。まあ逆に言うとそれだけカードを利用している人が保険を利用しなくなったか少額利用が増えたのかもしれない。


今のクレカいびつなのはマジだと思う。旅行かに偏った保険見直して、サブスクサービスのように利用者が直接恩恵を受けられるようなカスターマーサービスを充実させる方にシフトしてほしいな。

anond:20210214075108

ポイントの原資は何もリボだけじゃない。基本的日本クレジット会社店舗から手数料をとっているし、分割でも一部手数料がかかる。

どちらかというと、店舗手数料を削減する代わりに顧客から年会費をとって儲けを両手にするほうがカード会社にとっては旨味がありそうなんだよね。それをしないでリボという手法をとるのは、貧乏人をさら貧乏にするという意味で極悪だ。

正直手数料を取れないのは、君のようなポイントしか目が向かない人間ほとんどだからだよ。

クレジットカードは、ポイントで釣るんじゃなくてもっと特典をアピールして欲しい

最近ようやくナンバーレスカードレスの良さが認知されてきた。けれど三井住友はあろうことかゴールドではなくてプロパーカードナンバーレスをしてきた。しかコンビニマクドナルドポイント増額という餌で釣っている。これってナンバーレス年会費に対する特典になりえないってことを意味する。普及を優先したんだろうけど、だったらゴールドにもないのはどうしてなんだろうか。

クレカ年会費保険意味合いが強い。ショッピング利用や海外旅行保険がそれで、もしもちゃん適用できたのならば意外と返ってくるものは多い。だけど俺のような普通の人にとって年会費払ってまで受けたいかというとそんなことはない。ショッピング保険も物品の範囲保証期間が狭いように思える。それに保証の多くが旅行に偏っているのはなぜなのか。特に空港ラウンジ利用なんて不要じゃないのかな。

そのくせ、ほとんどのカードで半ば詐欺のようなリボ払い誘導されている。そんなことするなら年会費を払わせることを優先して欲しい。

クレカは便利なんだから利用者側が年会費を支払っていいんじゃないかな。そのうえで年会費分のちゃんとした特典が欲しい。旅行とか微妙ショッピング保険より、もっと魅力のある特典をカード会社がつけないのはどうしてなんだろう。そろそろポイントで釣ってリボ誘導する手法はやめようよ。

2021-02-02

anond:20210202091747

たぶんカード会社ミスだと思う。一括請求をまちがえて、記載したんだろう。たぶん、金額が同じで詳細とかかないといけないもの

勘定科目を間違えたんだろう

ただしくは

電気

 一般光熱費

 電灯

 水道

だろう

勘定科目しょうがない

 

いずれにしろ、1度カード会社があるなら、デスクへない場合は、どこだろうな請求書を作ってる所

プラチナカード相当

にすると専用のデスクが全部やってくれるから便利だぞ はいってないなら自分電話しょうがない

2021-01-09

anond:20201228202257

引き落とし日に、引き落としできなかった人への催促と同じ番号で勧誘電話かけるふざけたカード会社もありますけどね。

口座に入れる金額を誤って水道代が落ちなかっただけでも後々面倒だったので、毎回前日に残高がきちんとあり、当日の昼にはきちんと引き落とされてるかを確認し、知らない番号からの着信で調べてみたら「引き落とし不可能だった時の催促の番号」と出てきたので何でだと電話したら勧誘だった。

分割の残債を無理して払って解約したけど。

2020-12-28

クレカ会社に勤めてるけど客が常識無さすぎる

クレカ会社に勤めています

常識無い客からの問い合わせが多くて辟易しています

払えなくなった旨の問い合わせはよくあるし、カード止めて信用情報提供して使えなくさせるのでそれでいいんだけど、カード止めるってところまでできないような迷惑客をどうにかしたい

①退会したから払わなくていいと思ってるやつ

若い女性に多い。ブランド物をカード決済したあと、カード退会の連絡してくる。カード退会後も未払い残高は口座から振替になる旨を伝えると、そうなんですか?じゃあ退会しなくていいです。とかほざきやがる。退会すれば払わなくていいと思ってたのか…?

②身内に勝手カード利用されて不正利用だと騒ぐやつ

老人に多い。Apple iTunesやGoogleから課金が急に発生しているが自分スマホ持ってないから、番号流出して不正利用されているに違いない!カード止めて無料で別の番号を再発行して早く返金しろ!と怒鳴り込んでくる。

原則不正利用の可能性があるときは、客から直接利用された店に問い合わせてもらい、利用者名前とか確認してもらうようになっていて、そこで明らかに第三者の利用だと判明したしたら保証対象になるんだけど、なぜ不正利用された私が問い合わせしないといけない!?とキレだす

カード会社から調べてもいいけど調査にかなり時間かかるんだよね。そして結果出たら孫とか子供勝手に番号盗んで利用してることがほとんど。身辺者の利用の場合保証対象になりません。

③本人じゃないけど利用明細聞きたがるやつ

カード名義人の嫁や親からの問い合わせが多い。本人からでないと答えられない旨伝えると、家族なのにダメなんですか!?とキレられる。ダメなもんはダメ。嫁に今後伝えてもいいよと一度でも本人から了承をもらえれば、履歴に残して今後は嫁にも案内できるんだけど、大概嫁が勝手に問い合わせしてるパターン。あまりにもキレ方が激しかったりするときは、ではこちからご主人の携帯電話して、奥様に案内しても良いかお尋ねしてもいいですか?って言うと電話切られる。あと、息子の利用明細が知りたいっていう父親がいて、息子本人からでないとお答えできませんって答えると死ね!って言われてびっくりした

④利用明細の読み上げをさせてくるやつ

ラブホとか、明らかにアダルトな加盟店とかの利用明細をいつどこで何円使ったかしっかり読み上げるように言われる。読み上げるけど、若い新入りの子が捕まってたらすぐ電話代わるようにしたら最近はあまりかけてこなくなった

他にも色々いるけどとりあえず最近嫌だなと思ったやつを挙げてみたよ

また何か思い出したら追記しま

----------------

追記

ブコメたくさんついててびっくりした

客のこと書く自分非常識なのは仰る通りです!

特に他に思いつくこと無かったので今後の追記はやめておきます

ちなみに自分はコルセンではなく、発行会社で内部事務処理やっているんですが電話応対は社員全員でやっているのでたまにこういう電話を取ります

なので大元カードブランドのコルセンの人達は比べ物にならないほど大変だと思う…。

①のような客はリボを案内したいところだけど、だいたいリボ枠ついてなかったり、リボ枠超過してて変更できないことがほとんどです。リボが嫌だったら申請すればリボ枠無くすこともできます

リボ押し売りするカード会社が悪いのはわかっているので、そうだよなあ〜って思いながらコメント読ませてもらってます

客より会社人間関係の方が正直辛い

来年お仕事頑張りましょうね

よいお年を

2020-12-20

クレジットカードを作れない

×作れない

〇作るのが怖い

こんな対応妄想)になったら嫌だなあと思うと、怖くて作れない。

ぼく「もしもし・・・

カード会社の人「・・はい?」

ぼく「カード作りたいんですが」

カ「・・は?カード?何のカードですか?(変な人だなあ)」

ぼく「クレジットカードです」

カ「あーはいはい。先にそれを言って下さいね・・・(変な人だなあ)」

カ「今どんなカードをお使いですか?」

ぼく「持ってませn」

カ「なんで?」

ぼく「え」

カ「なんでカード持ってないの?今カードどこでも必要でしょ?」

ぼく「」

カ「そういうの信用問題なんですよ分かりますか?信用無い人にお金貸せませんよね?」

ぼく「」

カ「当たり前ですよね。それともこちらがおかしいんですかね?」

ぼく「いえ・・」

カ「はあ・・・勤め先の会社は?」

ぼく「フリーランスです」

カ「・・・年収は?」

ぼく「xxx万です」

カ「どうやって証明するの?」

ぼく「えっ、あっ」

カ「ほーら、すぐに言葉に詰まる」

ぼ「確定申告とか」

カ「まあいいですよ・・(本当に変な人だな・・)」

カ「リボ専用カードでいいですか?」

ぼく「いえ」

カ「そうですか。でもリボお得ですよ?」

ぼく「いえやっぱり」

カ「そうですか。でもリボお得ですよ?」

ぼく「あの」

カ「そうですか。でもリボお得ですよ?」カ「

ぼく「リボちょっと

そうですか。でもリボお得ですよ?「カ」

ぼく「」

そうですか。でもリボお得ですよ?カ「そうですか。でもリボお得ですよ?ぼく

カ「では審査結果を後程お知らせします」

ぼく「はあ・・」

審査結果「人間失格カードは無理です」

どこのカード会社でもいいから、「弊社は絶対こんな事ないよ!」ってCM作ってくれないかな。

そこのカード会社カード作りたい。

2020-12-14

隙あらばリボ払いさせようとしてくるカード会社

「お支払い金額を変更できます」とか「毎月のお支払いを一定にできます」とか微妙表現を変えて勧誘通知してくるの何なのこわい

2020-10-07

セキュリティコードまで保存するとか悪質すぎるわ

このたび、弊社が運営する「東映ビデオ オンラインショップ(https://shop.toei-video.co.jp/)」(以下、「当該サイト」といいます。)におきまして、第三者による不正アクセスを受け、お客様クレジットカード情報(10,395件)が漏えいした可能性があることをカード会社より指摘を受けました。

弊社では、今回の事態を厳粛に受け止め、再発防止のための対策を講じてまいります

漏えいした可能性があると指摘を受けているクレジットカード情報は次の通りです。

クレジットカード名義人名

クレジットカード番号

有効期限

セキュリティコード

2020-10-06

親「子育て大失敗」

カード会社から不正利用の疑いの連絡が来た→身に覚えのない請求が20万ほどあり、子供に確かめると...

子供は「親ガチャ大失敗」って思ってるだろうね

たかが20万使っただけで「お前は失敗作」と言われるなんてね

余裕がないならそもそも産まなきゃよかったのに

頭の悪い親だね

家族お金を無断で15万盗むのって普通

カード会社から不正利用の疑いの連絡が来た→身に覚えのない請求20万ほどあり、子供に確かめると... - Togetter

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1603830


子供が親のクレカを無断で15万使った、というTogetterを読みました。

『使われた方が悪い』『管理が悪い』

という意見が多くて驚きです。


子育て失敗という発言問題

という意見もありますが、盗みに対する感覚が違うのでしょうか。


からお金を盗んでいる高校生ってごく僅かだと思っていましたが、実は意外と日常的なのでしょうか。

それとも、クレカ無断使用と盗みは別物なのでしょうか。

私は、クレカ無断使用銀行口座からお金を盗むのと同じイメージ理解していました。

2020-09-25

続・いとこがおばあちゃんお金を借りさせてた

お久しぶりです。

まあ覚えてる人がいるかはわからないけど、先月いとこがおばあちゃんお金借りさせてた話を書いたら予想外に反響があって、身バレが怖くて消してしまいました。

感謝気持ちと、教えてもらったことで実践してうまくいったこと、本当に正しかったなぁと思ったことをちょっとだけ報告。

まずは色々教えてくれた皆さんありがとうわたし学生奨学金以外でお金借りたことなかったから、借金制度?みたいなの全然知らなかったけど、皆さんのコメントのいくつかを実践してみたら少し状況が良くなりました。

まず、いとこはまだ嘘をついてると思え、信じるなと指摘が多数入ってましたが、その通りでした。自分の保身のためにまだ、自分の親、祖母、叔母、いとこ(わたし)を騙してました。親族の情みたいなものが裏切られてちょっとしかったけど、事前に皆さんに言われ過ぎてやっぱりそうだったのかという気持ちの方が大きかったです。

貯金なし資産なしのおばあちゃんがそんなにお金を借りれるのはおかしいって指摘も何個かあって、どういうことかちゃんと調べてみました。で、信用情報機関で照会したり、カード会社事情を話して全部書類を送ってもらったら、お金を借りてるんじゃなくてキャッシングリボでした。おばあちゃん名義で何枚もカードを作らせ、キャッシング枠を最大にし、マックスキャッシングをして全部リボ返済というオチ。利率18%…?目ん玉飛び出たね。

わたしは清く正しく生きていこうと思ってるのでリボとは一生関わらないと思ってたんだけど、まさかリボ制度にめちゃくちゃ詳しい女子大生なっちゃいました。

シミュレーションサイトでこの調子だと返済に何年かかるかみてみたら、めっちゃ先で笑っちゃった。カード会社は80超えたおばばがそんなに長くコンスタントに返せると思ってたんか???制限かけろよ????まあいとこが悪いんですけど。

ていうか、今返してる金額の40%くらい利子でもう可哀想でみてられない。

LINEブロックされて家にほとんど帰ってないみたいだから、なににそんなにお金必要だったのかとかはまだ謎。これに返しては返済しているうちはいいかなと思ってる。

最後によかったこと一つ。リボ払いってめっちゃポイント貯まるみたいなんだけど、たまったポイントでおばあちゃんに高いお寿司出前してあげたらめちゃくちゃ喜んでました。

(以下追記 ブコメに返信などしてみたよ)

・知り合いの身内にほぼこういうのいる

→結局3人の弁護士さんに相談したんだけど、全員が同じような相談受けたことあるって言ってた。残念だけど少なくはないみたい。みんな気をつけてほしい。

・前回なぜか恐れられていたおじさんについてはノータッチなのが、また心配になる…

ノーコメント^^

・ 「お金を借りてるんじゃなくてキャッシングリボでした」いやそれも借りてるんや。本当に詳しくなったのか心配…。

→私の言い回しめっちゃ頭悪かったww前回の時点ではどこから借りてるのか、ちゃんとしたところから借りてるのかすらわかってなかったから、キャッシングリボだったってわかってよかったって思ったけど、別に改めて考えるとよくないな。よかったって思うハードル低くしすぎてた…。心配してくれてありがとうネットも捨てたもんじゃないな。

2020-09-20

なぜ、アメリカンエクスプレス

カード会社利用者に言いたいことを優先して

利用者の行動を妨害するのだろう 非常に ストレスフルだ こんなにストレスを与える行動は久しぶり お前が邪魔するから、見たい情報が みられなかった

どうして、事業者というものは、なんとかして、妨害しようとするのだろう 頼んでないんだが

 

便利なんだがなぁ、アメックスまで、邪魔をしようとするというか、邪魔

なら、しょうがないんだろうなぁ

あきら

 

まさか邪魔だと言われないとはおもわないだろう

よほど必要に違いない

ほかの手段は なかったのだろう

まぁいい

ありがとう 

ストレスでひとがしなないといいいな

2020-09-07

anond:20200907175525

クレカ停止してるよね??

カード会社にもちろん連絡してなるよね?盗難扱いでなくても紛失で連絡しないと。

警察に言うのは落とし物の届け出いいとして、

財布の中に入ってたカード使用は即停止してね。

そんで再発行の手続きかな。

以前、盗まれてないけどATMで手に持ってたカードスキミングされて

偽造された白いカードで引き出されてた人の話を聞いたよ。

それもう2000年くらいの話。

ATMでひきだしにきた犯人つかまったんだって。それでスキミングの手口が判ったって。

なのでATM前で、カード見せびらかしてるつもりなくても出してると危ないわよって

言われたよ。

いまICチップ入ってるから簡単ではないと思うけど、スキミングだったので

その人の手にカードはあったんだって。怖すぎだよ。

2020-09-01

anond:20200901143848

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/26/news057.html

https://www.watch.impress.co.jp/docs/series/suzukij/1252673.html

これらを読む限り、加盟店がカード利用者手数料上乗せして請求するのは「規約違反」に該当するのが一般的なようだ。

そして加盟店による手数料上乗せがカード会社と加盟店との間の信義に反する行為である以上、そういう事業者は「高い負担金むしられるのが嫌なら加盟店なんかになるな」と批判されるだろう。

加盟店になるメリットをどのように見積もるかは事業者ごとに異なるだろうが、それとデメリット(カード会社への負担金)とを天秤にかけ忘れた挙句デメリットばかり嵩んで逆ギレ気味に手数料上乗せに走っちゃうアホな事業者も世の中には存在するのかもしれない。

イラッとするけど黙っていること

・「全品セール本日まで!」ってタイトルメール毎日送ってくるネットショップ

毎日2,3回メルマガが来るのでイラッとするのだが、商品自体は好きなので新着情報は知りたい&本当に本日で終了されたら困るので何も言えずメールを受信し続けている。

1日1回にしてくれたらいいのに。


クレジットカード決済手数料取る店

個人経営に多い。通う前提だと言えないし、通わない前提なら1回くらいいいかと思って言えない。

カード会社に言えば返ってくるというが、めんどくさい。

一般人自分にも浸透してるくらいだから経営者が知らないはずないと思うのだが、ということはわざとやってるんだろうなと思うとイラッとする。

2020-08-29

Kyashが改悪アプデしたって話題になってたけどあれはおそらく給与振込(ペイロール)対応するための前振り。資金移動業登録したのは将来的に銀行にとって代わりたいから。

でもこれまで何度も障害起こして省庁から怒られが発生してるはずなのによく資金移動業いけたなと思うよ。昔からKyash使ってる人は知ってると思うけど2年前の大規模障害やばかったよ。2018年10月11月に2度続けて大規模障害起こしてる。空請求とかお金扱うところが絶対やっちゃいけないやつ。

キャッシュレス社会落とし穴 Kyash相次ぐシステム障害

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37336320T01C18A1K11200/

#kyash 10月9日障害発生時の無限オーソリー分が、今日明け方にやっと返金(取消)されていた。とりあえず一安心。でも、御社は「大切なお金を預ける企業」としてはもう信用出来ない。 短い間だったけどありがとう #kyash 穴(欠陥)が広がって沈没しないようにな。さようなら #kyash

午前1:41 · 2018年11月12日·Twitter Web Client

まあ当然こういう反応になるよね。

かなりの規模の障害だったか会社(というか役員の)電話は鳴りっぱなしだったらしい。電話対応の合間に「なんでこんなことになってんだよ!?」とキレ散らかす役員に対してその場に居たエンジニア全員が(お前がまともに仕様決められなくてgdgdになってるからだろ・・)と思ったとか思わなかったとか。というのは俺の妄想なんだけど。この頃にエンジニアの大量離職が発生してるのは界隈ではよく知られている厳然たる事実です[お察しください]

その後も本来キャッシュバック対象外のはずのSUICAチャージキャッシュバック対象にして慈善活動に精を出したり(後日回収したらしい)新カードの申し込みが殺到して決済ができなくなったり(これ本当に謎なんだけどカードの申込みが殺到たからってなんで決済サービス落ちるの?全部モノリシックなの?)本当に何度も何度も障害起こしてる。

それで今回銀行口座に接続でしょ。これまではなんとなく雰囲気で許されてたgdgdが許されなくなるんだよ。

なんでこんなに心配してるかっていうと少し前にはてブで見た記事でこんなのを見つけてしまたから。

Paymentチームのメンバー構成 

プロダクトマネージャーA:入社7ヶ月目。カード会社から転職でKyashに入りました(筆者)

エンジニアB:入社5ヶ月目。 

エンジニアC:入社5ヶ月目。 

エンジニアD:入社2年目の、みんなの兄貴。 

https://blog.kyash.co/entry/2020/08/12/092539

Paymentチームとかい重要そうな部署のチーム構成がこれなの?この界隈は人の出入りが激しいとはいえ入社2年目がシニア扱いで他のエンジニア半年にも満たないって・・。はてブでも突っ込まれてるけどこんな簡単に誰でも決済履歴見れる事実ブログで無邪気に公開しちゃってるのもやばい。決済履歴ってかなりセンシティブ個人情報のはずなんだが。全体的に稚拙空気が漂うというかガバナンスガバガバなんじゃないかと思わざるをえないんだよな。

頑張って欲しいとは思うが銀行口座接続した後盛大に事故るのも見てみたい気がする。前みたいに誤請求系の大規模障害起こしたらどうなるんだろう。誰か教えて。

2020-08-24

anond:20200822131657

カード会社人間マジレスすると実際にカードまれて使われるケースよりもカード実物は無事でネットで使われるケースの方が圧倒的に多いよ。まぁどちらにせよ注意するに越したことはないが。

カード犯罪は多分業界で1日に100~200件ぐらいは発生してると思うのでみんな気をつけて!毎月明細確認しないやつは勝手に使われて支払いで死ぬぞ!

2020-08-14

松屋券売機クレカ決済遅くない?

近所の松屋ちょっとから券売機カードリーダー増設されてクレカ決済できるようになったんだけどめっちゃ遅い。

同じクレカ登録してクレカ支払いにしてる(つまり都度カード会社に問い合わせるはず)paypayは3秒くらいで決済できるのに

カードリーダークレカ直の支払いにすると10秒くらいかかる。

普通に考えるとクレカ直のほうが速そうなのに。なんでよ。

2020-08-08

PayPal はそこそこヤバいよって話

PayPal というサービスをご存じだろうか。

ここ数年 Twitter連休の度にクーポンを配っていたり、 Google PlayPS Storeニンテンドーeショップでの決済手段で見かけたりと、それなりに認知されているだろう。

端的に言えば決済代行サービス一種である

PayPalアカウントクレジットカード登録しておけば、対応しているサイトサービスであれば PayPal アカウントログインすれば決済できるようになる。

決済の際にクレジットカード情報をしなくていいというのも魅力的だが、最大のウリはトラブルが起きた際に買い手保護システムだろう。

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/support/buyer-protection

商品が届かなかったり、説明と違うものだったりしたときPayPal が代金を返金してくれるというものだ。

このシステムのおかげで安心して海外通販なども利用できる。

PayPal さえ信用できれば万事OKというわけだ。


ぼくが初めて利用したのは2013年で、長いこと愛用してきた。

PayPal が利用できるサービスなら迷わず PayPal を利用してきた。

最も愛したサービスの一つだった。

けれど、ぼくはこの PayPal が信用できなくなってしまった。

2020年7月末、 Google Play課金した際に違和感を感じた。

2回連続して課金したのだが、いつも PayPal アカウントでの決済に利用している利用している Kyash の決済通知が1通しか届かないのだ。

PayPal確認してみると2件の決済が行われている。

しかし、よく見てみるとそれぞれ決済に利用されているクレジットカードが違っていた。

PayPalクレジットカード複数登録すると、決済実行時などに請求先のカードを聞いてくる。

また、 Web サイトから優先支払いカード指定することもできる。

どちらもカードAを指定していたが、2回目の課金の決済に使用されたのはカードBだった。

実はこの現象が発生したのは初めてではなかった。

毎回 Google Play で発生していたため、まずは Google に問い合わせた。

しかし、 Google問題ではないという。

ではと思って PayPal確認したところ、原因と条件が判明する。

カードが2枚登録されている状態カードAで決済を行おうとした際に、何らかの問題カード会社がこれを拒否したときPayPal は決済を停止せず勝手カードBを使用して決済を行うというのだ。

https://web.archive.org/web/20200616215429/www.paypal.com/jp/webapps/mpp/ua/useragreement-full

これが当時の利用規約だ。

ぼくが該当するパーソナルユーザー規約にそんなことは一言も書いていない。

その旨をサポートに伝え、どこかに記述があるのかと質問したところ

システム判断につきましてそこまで繊細な部分が規約記載がございません。」

PayPalシステムでは、お客様の支払がスムーズに行えるように、且つサービスの停止、ご迷惑などをおかけしないように設定されています。つきまして、アカウント登録されているすべての資金源が利用可能だとシステムより認識されています。」


だそうだ。

聞かれてもいないしどこにも書いてないのだから当然同意などしていない。

支払い手段指定しているのだから当然それが使われ、その支払い手段使用できなければ決済が失敗すると想定するだろう。

まり同意のない契約PayPalシステムの都合で勝手に結ばれたわけだ。

本来であれば確かに指定カード請求しますが、二回ほども請求かけましたが請求ができませんでした。支払いや取引スムーズに行えるように別のカード請求をさせていただきました。」


とのことだ。

そしてこれ以降押し問答が続き、挙句の果てにはビジネスユーザー向け規約の2.3 優先支払方法を持ち出してきた。

https://web.archive.org/web/20200616215429/www.paypal.com/jp/webapps/mpp/ua/useragreement-full#bus_premier_2

かに今回の件に近い文章が書いてあるのは知っているが、これはビジネスユーザー向け規約だ。

それはさすがにどう考えてもおかしい。

ぼくはパーソナルユーザーだ、ビジネスユーザー向け規約適用されるというのか。

しかも、先ほどまでどこにも書いていないと回答していたはずだ。

そう問いかけたところ「専門部署に一度報告いたします。」といってやり取りを打ち切られてしまった。

これが8月5日のことだ。

そして8月7日利用規約確認して驚いた。

https://web.archive.org/web/20200808120751/https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/ua/useragreement-full

規約が変わっている。

どう考えても今回の件の規約が追加されている。

だが日付がおかしい。

ぼくは7月から8月4日まで毎日規約確認していたので PayPal が実際にこの規約掲載したのは2020年8月4日以降のはずだ。

しか2020年7月31日から適用記載してある。

日付を遡って適用しているのだ。

そしてこれだけ大規模の変更だというのに、この規約変更はユーザーに対する通知はなかった。

信頼関係が壊れた瞬間だった。

ありがとう PayPal 、きみがいなければ海外通販を利用してみようなどとは思わなかっただろうし、 PayPal使用できなければ利用する機会のなかったであろうサイトサービスはいくつもある。

ぼくの世界を広げてくれたサービスだった。

だけど規約と一致しないシステムを優先し、カード勝手使用し、問い合わせても終始言い訳に徹し、あまつさえ黙って規約を書き換えるようなサービスを信用することはできない。

支払いに PayPal使用していたサービスを少しずつ切り替えている。

さようなら、愛していたよ。



ちなみに、1週間以上に及ぶ今回のやり取り、途中でオペレーターが何度も変わり、日本語が怪しい担当者や、それどころかBOTが紛れ込んだこともあった。

そのたびに話が中断され、再度説明を求め、やり取りが巻き戻ったりはぐらかされたりするのだ。

これも初めてではない、別件でも同様だったので PayPal方針なのだろう。

途中でなんども諦めそうになった、いや、最終的には諦めたからこの駄文をしたためたのであるが。

クレーム対策には非常に有効かもしれないが、買い手保護利用の際もこのやり取りをする必要があるということだ。




https://web.archive.org/web/20200616215429/www.paypal.com/jp/webapps/mpp/ua/useragreement-full

2020年8月4日時点のものと同一の規約

https://web.archive.org/web/20200808120751/https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/ua/useragreement-full

2020年8月8日時点の規約

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん