「最高司令官」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 最高司令官とは

2020-07-21

続編の製作決定で物語の結末が変わる事ってあるんだなぁ…と思った話

新機動戦記ガンダムW」という作品がある

1995年から1996年まで放送された、従来の「宇宙世紀」の世界観一新し新たな世界観を構築・定着させた「機動武闘伝Gガンダム」に続く、まったく新たな視点からガンダムワールド》を描く新世ガンダムの二作目である

人類コロニーに住むようになって百数十年。地球を巣立った人類は、宇宙コロニーでの生活に新たな希望を求めていた。しかし、《地球統一連合》は宇宙での権益を確保するため、非武装を解く指導者暗殺正義平和の名の下に、圧倒的な軍事力をもって各コロニー制圧していった。アフターコロニー195年。作戦オペレーションメテオ連合に反目する一部のコロニー居住者たちは、流星偽装した新兵器地球に送り込む行動に出た。それは、五体の最新型モビルスーツガンダム」。そして、それらを操る五人の少年戦闘プロフェッショナル…彼らこそが、コロニーから送り込まれエージェントだった。というあらすじだけど、Gに負けず劣らずこちらも非常に斬新だと思う。

僕はこの作品存在を視聴する前から知っていた。ゲーム作品によく登場していたからだ。ガンダムWは放送中は勿論の事、放送が終わってからも非常に高い人気を誇り、長い間ロボットが登場するゲームには引っ張りだこだった。

そこで僕はこのガンダムWという作品一目惚れをした。「こんなに美しいロボットが居るのか!?こんなに主題歌がカッコいいのか!?このヒイロって主人公クールすぎるだろ!」ともう好きになる要素しか無かった。何もかも好みだった。

厳密に言えばその作品は「Endless Waltz」というWの続編だったけど、事情をよく知らない僕はこういうサブタイトルなんだろうなと勘違いしていた。「ビーストウォーズ」の「超生命トランスフォーマー」のような副題だと思っていた。

ガンダムシリーズを取り扱ったゲーム作品において、このガンダムWの人気の絶大だった。どの作品にも五人の少年と五機のガンダム達は登場していた。その中にTV版を取り扱った物もあったので、そこでやっと僕は勘違いに気付いた。

ガンダムWの主題歌はどれもカッコ良かった。「JUST COMMUNICATION」も、「RHYTHM EMOTION」も、「WHITE REFLECTION」も、そして「LAST IMPRESSION」も。原曲の良さがゲームアレンジから伝わってきた。

そして、本編もカッコ良かった。「お前を殺す」「死ぬほど痛いぞ」などWを視聴する前から知っていた有名な台詞を実際に聞く事が出来た。「50階建てのビルから飛び降りても骨折するだけで死なない」「骨折自力で治す」「鉄格子素手で握り潰す」などあまりにも有名主人公ヒイロ逸話も全て真実だった。まさかGガンダムの後とはいえガンダムでこんな事を出来るキャラクター達が登場するとは。宇宙世紀強化人間でもここまで人間離れしてない気がする。

Wといえばカトキハジメ氏が手掛けた数々のMSも忘れられない。古くからガンダムファンの中には「GとWはガンダムとして認められない」と否定的人間も昔は少なからず居たらしい。そんな人でもMSトールギス」のデザインに関しては唸らずにいられなかったそうな。デュアルアイや特徴的なV字アンテナなど所謂ガンダム」的な記号は無いのに、あれほどまでにヒロイックな印象を放つMSはそう無いと僕も思う。非ガンダムライバル機の頂点の一つではないだろうか。

ゲーム作品ではあまり出番の無いヒロインリリーナドーリアン」の動向も気になった。序盤で父親を殺された彼女は父を殺した犯人への復讐を目論んだり、物心付く前に生き別れた兄と再会したり、とある王国王女として国家再興のため学園を経営する事になったり、その国が攻められ再び滅びたと思ったら今度は世界国家元首祭り上げられた後すぐに辞めさせられたり。MSにも乗らないというのに何と波乱万丈な人生だろう。Wって4クールの話なのに。

設定記録集に抜粋された放送開始前の企画書によると「新機動戦記ガンダムW」という番組の最大の特色は、息をもつかせぬドラマ展開らしい。確かに主人公達の立ち位置も倒すべき相手も次々に移り変わるガンダムWという作品は非常に目まぐるしくスピーディーな展開だった。勢力図の複雑さは歴代ガンダムNO.1と言っても良いと思う。Zガンダムにも同じ事が言えるけど、一度見ただけでストーリーを把握出来た人はきっと居ないんじゃないだろうか…?

物語の終盤、遂にコロニー革命軍ホワイトファングと地球世界統一国家軍は激突する。ガンダムパイロット達は、どちらにも与さず双方を否定した。未来とは強者支配によって訪れる物ではない、自分達の手で掴む物だと。

このガンダムWの終盤の展開は本当に熱い。それまで世界各地で戦っていたガンダムパイロット達が、遂に5人全員肩を並べて戦うのだ。全49話のアニメでチームが結成されたのが44話目だと言うのだから堪らない。待ちかねたぞ、ガンダム!後期OPラスト10話でようやく解禁された!その後期OP映像が完成したのは何とラスト2話!最終回TVシリーズとは思えない超絶作画といいガンダムWという作品クライマックスは最高に面白かった!!傑作だ!

そしてこの「新機動戦記ガンダムW」という作品は前述したように非常に人気が高かった。宇宙世紀でない所謂アナザーガンダム」であったにも拘らず翌年にはOVA製作され、後にOVAを一本に纏めた劇場版も公開された。

僕はTV版を見終えた後すぐにこのOVA作品Endless Waltz」を見た。この作品に僕が初めて「ガンダムW」の存在を知った時から恋い焦がれていた。ここまで長かった。そして…冒頭の戦闘シーンから度肝を抜かれてしまった。

「何だこの超絶作画!?量産機の動きがTV版と全然違う!しかもこのMSの描き込み!!あ、ガンダムデザインもEW版になってる!スゲー!!」とTVから圧倒的に向上したOVAクオリティにもうテンションが上がった。

舞台TVシリーズから1年後。地球宇宙の戦いが終わり平和になった世界で突如何者かに誘拐されたリリーナを連れ戻すために、世間クリスマスだというのにヒイロ達がまた働くはめになるという内容だった。いかにも続編物らしい。

何と言っても超絶美麗な作画が特徴で、90年代OVA作品としては「ガンダム0083」や「マクロスプラス」と同じくセル画ロボットアニメ極致の一つだと言えるかもしれない。その美麗な作画カトキハジメ氏が新たにデザインを描き下ろしたガンダム達が戦う。この所謂「EW版」の機体はガンダムファンから絶大な人気を得ており、一時ガンダムWのガンダムといえばこの「EW版」を指す事もあった。現在でも定期的に新商品が出続けている。何という人気だろうか。

Endless Waltzでは最終的に『平和自由』を自らの手で掴み取るために立ち上がる民衆の姿が描かれる。弱者たちの代弁者として戦っていたガンダムパイロット役割を終え愛機を爆破した。彼らは自分の道を歩いていった。

こうして、ガンダムWというお話は綺麗に終わった。TV版で完全平和への道を模索し様々な人達が戦った。EW版でその平和を維持するためには一部の人間が戦うだけでは駄目なのだ民衆が立ち上がり声をあげる姿が描かれた。

TV版では描き切れなかった問題とその解決までを描いた見事な続編だと思う。「Endless Waltz」の数十年後の世界を描いた「Frozen Teardrop」という作品もあってこちらでも何らかの事件は起きているらしいが、僕は恒久平和の実現は非常に難しいと考えているのでそういう続編があっても良いと思う。まだ最初の方しか読んでいないけど結構自分好みだったので僕は好きだ。古くからガンダムWファンにはあまり評判が良くないなので人には薦めないけど…。

この「新機動戦記ガンダムW」という作品は非常に個性的面白い。キャラクターエキセントリック言動や行動からギャグアニメという人も居るけど、平和と戦いについてキャラ哲学を続ける内容は硬派である、と高い人気がある。

ここからが本題なんだけど…実は「ガンダムW」という作品の結末は企画当初に予定されていた物から変更されたらしい。これは「ガンダム」に限らずどんな作品で起こりうる事なので悪い事ではない。変更した結果面白くなる事も多い。

TVアニメではラストに亡き父と同じ外務次官の任についたリリーナヒイロから贈られた手紙ぬいぐるみ発見し、その手紙ヒイロの前で破り捨る所で話が終わる。1話ヒイロリリーナから手紙を破り捨てたのでお相子だろうか。

一方小説版コミックボンボンときた洸一先生が連載していた漫画版では微妙に異なる結末が描かれる。TV版ではヒイロ達5人の少年顛末は描かれずその後幾つかの外伝を経て「Endless Waltz」に繋がるのだが、この二作ではヒイロ達は火星地球計画に参加し開拓者として火星へ向かう事となる。ガンダムWで火星舞台となるのは「Frozen Teardrop」なので、大分先取りしている事になる。というよりEWが無ければ即FTが始まるのだろうか。

これは完全に僕個人の好みなので良い悪いの話ではないけど、僕はTV版のラストより小説版ボンボン版で採用された企画当初に考えられていた終わり方の方が好きだ。ガンダムWという作品TV版だけでは「ヒイロ達はこの戦いの後何をするんだろう?」という疑問が残るけど、当初の構想では彼らは火星に赴くと断言されている。また小説版ヒイロは《戦いしか知らない俺たちは今の世界にはすぐには適応できないだろう。俺は戦いの中に身を置く事に慣れきってしまったのかもしれない。赤い惑星には俺たちの戦いが待っている。俺は再び戦いの中に身を投じるつもりだ。だが、今度の戦いは死への戦いではない。生きるための戦いだ。俺は必ず生きてみせる》と語っている。幼い頃からエージェントとして戦闘訓練を受けてきた彼らが日常生活にすぐ適応できるかは分からない。実際で「Endless Waltz」においてガンダムパイロットの一人であった「張五飛」は平和世界無用存在であると切り捨てられた兵士のために立ち上がり、自らが「悪」になる覚悟ヒイロ達と戦った。ベトナム戦争PTSDを負いどうしても平和生活に馴染めなかった「ランボー」のような兵士がきっとあの世界にも沢山居たんだと思う。ヒイロも、トラウマに苦しめられていた。

僕がこの終わり方が好きなのはヒイロ達の戦いがまだまだ続く所にもあると思う。ヒイロTV版で《地球統一連合》を裏から操る秘密結社OZ」の企みにより地球宇宙の和平を望む平和論者であり連合最高司令官でもある《ノベンタ元帥》を殺害してしまう。ヒイロは己の犯した過ちの審判を仰ぐため、元帥一族すべてに面会する旅に出る。己の罪を告白した後相手拳銃を手渡し「ご家族の怒りと無念だった元帥の魂が引き金で静まる事」を願う。

ノベンタ元帥の孫娘・シルビアは「こんな事させて自分だけ楽になろうなんて!!卑怯わ!」とヒイロに怒る。僕も少しそう思う。僕は続編でヒイロが生きている事を知っているので、彼が元帥のご遺族に殺されない事を知っている。

「命なんて安いものだ。特にオレのはな…」という台詞にあるように、ヒイロ・ユイという主人公はとても自分の命を安く見ている。1話民間人に顔を見られて早速自害しようとしたが死ねなかった。2話でも機密保持のために自殺じみた行為を行ったが死ねなかった。3話では飛び降り自殺を図ったが死ねなかった。10話ではガンダムOZに渡さないために機体を自爆させたが死ねなかった。物語の序盤でこれだけ自殺を図った主人公は他に絶望先生くらいだろうか。

そんな死にたがりの彼にいきなり拳銃を手渡されて「貴方のご家族を私が殺しました。許せなければ撃ってください」と言われても大半の人は困惑すると思う。怒った相手に殺されたとしても死にたいヒイロからすれば願ったりだろうし。

そのヒイロが、最終回でついに「俺は死なないっ!!」と生きる意思を見せるシーンは感動だ。これまで手にかけた相手の事で内心ずっと悔やんでいたヒイロが、EWの終盤戦いを終え「オレはもう誰も殺さない…」と呟くシーンも良い!

まり自分の行いを悔やんでいるヒイロには、火星開拓への従事という初期の終わり方は前向きな贖罪になったんじゃないだろうか?と僕は思うだけど…その終わり方だと「Endless Waltz」という作品は生まれなかったろうな…。

続編の製作が決まる事で現在進行中の物語の結末が変わる事はきっとよくあるんだろうけど、それはつまりその作品の続編が生まれるという事だから良い事だ!と僕は思うガンダムW、今年で放送終了25周年らしいです!

2020-05-29

anond:20200529223209

分裂って、国境線が引かれるって意味か?

ならまずアメリカ軍が分裂すること条件だな。限りなく無さそうだが、大統領命令に従わない最高司令官が現れて、西海岸あたりで軍事政権樹立する。大統領派も残るが、戦力はクーデター側が多いぐらいの感じで。

 

あるいはなぜか中国軍アメリカ駐留を認められて、なんやかんやあって独立宣言する。なぜそんなことになるまで放っておいたんだ。

 

近代文明崩壊し、人類ロッキー山脈を越える能力がなくなる。これが一番あるかもしれないが、そうなれば分裂どころじゃなく四散することになる。

2020-04-22

anond:20200422100440

いつ安倍の金になったの?

最高指揮官89式国民を脅して巻き上げている金が、本来の所有者に戻っただけのことで

どうして安倍最高司令官様に感謝差し上げないといけないのですか?

2020-03-27

anond:20200327182606

最高司令官命令したら軍人はそうなんじゃないの

 

ヒトラー最後の12日間って映画で、

 

民党親衛隊員が「我々は安倍総理一心同体だ」と叫んでいる場面を見たし

 

じっさい降伏しろ方面総監命令するスピーカーをのっけた車が巡回して周囲が武器を捨て始めると

拳銃自決する場面があったよ

2020-03-05

anond:20200305100436

から命令するだけで自分危険なことに関与しない安倍みたいなのが最高司令官だったら

文官が偉ぶるなと強気で居られるけど

総理最前線に来たらやらないといけなくなるからね部下の幹部

公務員がなぜミンスが大嫌いなのか誰でもわかる

2020-02-16

辻本清美質問罵詈雑言じゃないけど予算委員会で聞くことなのか?

https://www.kiyomi.gr.jp/blog/15575/

アクセスする気のないトラバカの為に要約。ワイの偏見と読解力的限界が入っているものとする。

 

超要約

官僚腐らせたのアベだろ。

国民投票はお前の案じゃ負けるから自衛隊を巻き込むな。

大変な時期こそけじめけじめけじめ

棚橋予算委員長運営について

辻本北村大臣大臣のくせに答えれないってパーかよ、和泉佐官に聞くから呼んどけ」

棚橋「理事会で話し合って決めるわ」

憲法改正コロナウイルス自衛隊不祥事

辻本憲法そのままでコロナ対応できるだろ。緊急事態条項作りたさに言い訳してんじゃないぞ。イメージ悪くなるしきちんと海外に言うとけ」

アベ「憲法緊急事態条項いれたけど、それはそれとして水際対応頑張ってるわ。俺とか」

辻本「もうね、またかと思ったわ。震災の時も言ってたよな。対応不手際法律のせいにするなや。イメージ悪いんだよ。そういや自分憲法改正してぇなぁって言ってたよな。

確認だけど、国政選挙国民投票って質が違うわけよ。わかりる?一緒にやろうとしたらおかしいよな?」

アベ「そら違うし解散は考えてないわ」

辻本国民投票って色々話し合ったよね。戸別訪問したりとか、公職選挙法とはまた違うじゃんな。憲法改正って立法府がやることだし確認ときたくてな。今日は素直やん。

んで、菅、安保法制で話し合ったとき、アベが自衛隊を明記するって言ったよな?憲法学者がいっぱい反対してるとか言ってよ。お前もそうなのか?」

菅「言ったなぁ思い出したわ。俺もだよ」

辻本「あのとき憲法学者は九割が安保法制違憲って言ってたよな。思い出せよ?

そんとき菅は数じゃないって言ったろ?全員おかしいって言っても政府が言えばいいんだろ?矛盾してね?」

菅「そもそも憲法改正自民方針からなぁ」

辻本おかしいよな?前は憲法学者は関係ないっつって、今回は憲法学者がいったからっておかしいだろ?」

棚橋「じゃあアベ」

辻本「いやアベじゃなくて菅に聞いてんだろ。自民がどう考えても勝手だけど、国民要請ありきだろ?憲法ってのはよ。おかしいと思わないのか?」

菅「いやそれも公約選挙勝ったし」

辻本「いやこっちは理屈の話してるんだよ。だいたい自衛隊明記して否決されたらどうすんだ」

アベ「さっきの菅の答えと被るけど、平和安全法制九条の上の自衛隊政府解釈合憲な。合憲だけどやっぱ合憲って言う憲法学者が少ないんだわ」

辻本「あれー?数じゃないんじゃないっすかー?」

アベ「教科書にも違憲合憲の話のってるしそこを理屈に反対もされてる。それに一区切りつけられるようになるんだよ。国防大事だし。

でも国民投票で否決されても別に合憲って政府見解は変わらないかな」

辻本憲法論じるのに一つ基準がいるじゃんな。でも今二重の基準で都合により入れ換えるのはおかしいだろ?

だいたい変わんないって言ったけどイメージ変わんないと思うんか?否決されたら合憲なんてみんな思わないだろ?そこを心配してんの」

アベ「んなこたない」

辻本自衛官がやる気なくすし、海外にもイメージ悪いだろ?あん認識甘いよ甘い。

否決されたら教科書絶対かかれるよ。いいの?認識甘いよ」

アベ「国民合意得られてないやつが言うのは草」

「わーわー」

棚橋「うっせぇ」

アベ「自分が負けるから国民投票が怖いんだろ?ん?

明記すんの大事だろ。だから国民投票で聞こうや。いろんな意見があるけどそれを聞くのが国民投票だろ?」

辻本自衛隊嫌いとかじゃない。いやもうむしろ好きだな。

でもイタリアとかイギリスとか、予想を裏切る結果になったろ?だいたい憲法案をだすのお前らだし、国民にお前らの憲法案に反対されたら、自衛隊も巻き込まれちゃうじゃん。調査会議論とか報告書読んでんのか?」

アベ「イタリアとかイギリスとかとは状況違うだろ。俺は向こうの偉い人と仲良しだから詳しいんだ。

結局国民を信じて聞いてみるしかないだろ。しょうがないじゃん。でも自衛隊好きなんだね(笑)知らなかったわ」

辻本「は?取り消せよその言葉

「わーわー」

棚橋「うっせぇ」

アベ「イヤ知らないもんは知らないし(笑)

「わーわー」

棚橋「うっせぇ」

アベ「今後も自衛隊をヨロピク」

辻本「今の自民国民投票ときイタリアそっくり疑惑いっぱい。憲法調査会は頑張ってるのに自民がね。っていうかお前がダメにするよ。ちゃん正統性評価しなきゃいけないけど腐ってるよな?

一等海佐(大佐くらい、大きい船で艦長できる)がエッチサービスしてた。ヤバいよな?どうなってんの河野さんよ」

河野「本人はだいたい報道の通りって言ってた。奥さん名義でお店出して自分経営サービスしてたってよ。あり得ないな。勤務中も広告頑張ってたらしい。」

辻本「ヤバすぎ。国民に謝れアベ。最高司令官だろ?」

アベ「さっきイタリアの話してたけど、先もあるしあんま言わない方がいいと思うよ。どうでもいいけど。

んで、今の話、初耳なんだよね。細かく知らないけど、引き締めてくわ。」

辻本「なんかもう誤魔化しまくりだよな?

イラク日報とか、南スーダン日報とか、イージスアショアの測定とか、辺野古の測定とかさ。こういう誤魔化しをお前がやめたら、いちいち明記せんでもみんな認めるんじゃねぇの?

あと、もう一個、96条も変えたがってたよな?改正条件の緩和だろ?驚いたんだけど、なんで自民の四項に入ってないんだ?」

アベ「首相としてだし憲法一個づつ言うのはやめとくわ」

辻本本会議で言ってるじゃねぇか」

アベ「これこそ国民に聞きたいわけよ。3分の1ちょっと3分の2の意見邪魔できるってそもそもおかしくない?って思って言ったわけよ。でもまぁ党の中では四項目を話合おうってなってたわけね」

辻本総理演説で触れるのってお前にはそんな軽いのか?ちがうよな?できそうにないから引っ込めたんだろ?どうせ自衛隊明記もできそうにないと引っ込めんだろ?」

アベ「九条改正自民党の党是なわけよ。でも3分の2って普通に無理じゃん。

でも言いっぱなしで良いとは思ってなくて、まず四項目を出して話し合いの叩き台にしてこうやってことな国会でも審議進めてぇなマジで

辻本「結局なんでもいいんだろ?96条とか緊急事態条項とか九条とか何でもよ。稲田がこの間突然クォーター制を容れたいとかほざき出したけど、最初から男女同数の候補者出せばいいんじゃねぇの?立憲はやってんぞ?

お前いつもそうだよな?三本の矢ダメなら女性活躍、次は一億活躍外交もそうだよな。ロシア北朝鮮コロコロ話題変えて誤魔化しやがって」

「わーわー」

棚橋「うっせ」

辻本「つまり日本大事で言うんだよ。わかるか?お前の自衛隊一か八かギャンブルに巻き込むことにリソース割くのが正しいんか?ああん?」

安部総理政治姿勢官僚不祥事について

辻本和泉きてねぇじゃん。呼べって言ったろ。

桜を見る会でアベはまたこの話って嫌がってたけど、お前がポンと証拠だしたら終わるんだよ。お前のせいで官僚も腐ってきてるよな。加計学園でも話題にのぼった和泉な。女官僚とコネティングルームに毎回毎回示し合わせたようにお泊まりしてるよな。公務でよ。適切だと思うんか?総理?」

菅「全部本人曰く適切な公務だって

辻本「誰が誰とくっつこうとどうでも良いけどよ。無理やりならパワハラセクハラ合意なら職権濫用だろ?おかしくないのか?」

アベ「コネティングルームとか知らなかったわ。確認しとく」

辻本「あと大坪はお前にコロナ説明して広報みたいにでてるよな?コロナで大変なときにこそ、おかしいって言って引き締めるべきじゃないのか?な?

けじめだろけじめ」

菅「公私わけてるからセーフ」

辻本コロナで船の連中も含めて大変なときラブラブ旅行問題なんておかしいよな?

西日本豪雨の次の日に仲良し出張ってなんだ?和泉国土強靭化担当だよな?

いまコロナがヤベーからこそけじめがいるんじゃねぇの?」

菅「公私わけたって言ってたしセーフ」

辻本加計学園とき名前でたよな?もしかして弱味でも握られてんのか(笑)公私混合しすぎじゃないか?やっぱ加計で弱味握られてるんだろ?」

アベ「イメージ操作はやめろよ。だいたい和泉参考人として呼ばれただけだろ。さっきも菅が言ったがアイツは問題ないっての」

辻本「そういや森友もそうだよな(笑)みんな出世してる。普通はみんな処分されるんじゃねぇの?普通はな。

口封じなんだろ?やましくなければ切れるだろうが。やましくないんじゃないのか?」

安部総理罵詈雑言と取ったとこ

辻本「んじゃ最後な。タイは頭から腐るって知ってるか?今日本もそうだ。頭から腐るから真面目な官僚までわりを食う。かわいそうだわマジで。長いせいじゃないぞ。最初から腐ってやがったんだ。ここまで来たら頭変えるしかないんじゃねぇの?今日けじめつけたらもっと優しくしてやれたのに残念だわ。そろそろ潮時じゃねぇの?」

アベ「無意味質問だわ」

逢坂「どういう意味?」

アベ「ずっと質問じゃなくて罵詈雑言じゃねぇか。何でも聞けるからって好き勝手言いやがって。テレビの前でよ。質疑の場だって知らないんじゃねぇの。」

「わーわー」

棚橋「うっせ」

アベ「あーあー、俺の返答無駄だったわー」

逢坂「確かに無意味っつった」

 

個人的には新型コロナの対案だして「できてないお前は無能!」ってやってほしい。

元も長いから…俺だけのせいじゃないから…

2019-06-24

丸腰の議員待ち伏せして国民の敵だと脅迫する軍人x24万の最高司令だろ

将来をつぶすくらい言っても自然というかそれでこ最高司令官じゃん

清廉潔白な人が最高だったら隊員さんらは「???(こいつ本当に日本人か)」と絶対そうなるよ

2019-05-15

anond:20190515123142

F35墜落はパイロットが悪いのか

整備が悪いのか

それとも機種選定の時点で間違えていたのか

最高司令官すなわち総理が辞職しろって話だけどそれは否定するんだろう

anond:20190515065553

偉大なる自衛隊自衛隊最高司令官様を偉大だと仰いでいたら反日映画は見れないはず

自宅でこもってアニメを見ながら増田をするのが普通の日本人

2019-05-06

https://anond.hatelabo.jp/20190506100957

俺はもちろん専門家じゃないし当事者でもないので、読んだ幾冊かの本や番組から判断となるが、

昭和天皇東条英機が当初は開戦反対派(というより、開戦を望む主戦派を押さえるために東条が登用された)というのは、誰が良識的で誰が空気に流されてしまったのかという点について示唆的だと思っている。

当時の背景として原油が採れない日本が、中国大陸をめぐる権益米国対立していたにもかかわらず、戦力の源である原油の輸入を米国に頼らざるを得ないという、外交的にやってられないほど厳しい環境下にあり、

もう一方の背景として、米国と和平を続けるには中国大陸から全面的ではないにせよ)大きく手を引く以外の選択肢がなかったにも関わらず、

中国大陸陸軍は戦友の血であがなった中国から黙って手を引くなど到底受け入れられず、統帥権干犯を楯にして政府から撤退命令を出せない状態だったと認識している。


で、陸軍が言う事を聞かなきゃ米国和解できないんだから陸軍大将であり開戦反対派」である東条英機首相に任命した所までは筋が通ってるのだが、

その先がなんだか不透明で俺にははっきり分からなくなっている。


陸軍は西でしか戦ってないので、東の米国なんて海軍がなんとかすりゃいいだろとしか思ってなかった。

これは分かる。

海軍米国がやべえ相手認識していたが、山本五十六ですら「勝てない」とは言わなかった。

これは本気で勝機はあると思ってたのか、単に立場上「勝てない」と言えなかったのかは分からない。

ただ、昭和天皇東条英機も「米国と戦いたくない」とは思っていても、「米国と戦ったら絶対負ける」とまでは考えていなかったであろうと思っている。

だって陸軍統帥権理由政府にたてついてるなら、統帥権を持ってる天皇に逆らえるわけないから、天皇が引けといったら引かざるを得なかったはずだからな。

実際、終戦だって最終的に天皇がやめろと言ったからやめたんだし。

そう考えると、昭和天皇は「米国と戦えば敗滅必至」とまでは考えていなくて、あくまで「東条が上手い事、波風立てずに陸軍を纏めてくれる事」位しか期待してなかったのだろう。

その状態米国から原油輸出打ち切りを告げられ、昭和天皇も東条も「陸軍あくま中国から手を引かせて米国要求に屈するか、勝つ可能性に賭けて米国と戦うか」の二択となり、後者を選んだ、というのが俺の認識

東条と同じ状況なら俺でもそうすると思うよ。

そこで屈して原油の禁輸を回避したとしても、その先の将来像が全く描けないからな。

そんなわけで、ここに至るまで、大衆の「た」の字も出てきてないんで、

正直、当時の大衆が開戦賛成だろうと反対だろうと結果は変わらなかったんじゃないかと思う。

仮に大衆になんらかの決定権があったとしても、それが「隠忍自重して開戦を回避する」という判断を下したとは想像しにくいし。


そういう情勢だった事を考えると、よく言われる「軍部暴走」というのは、当たらずとも遠からであるとは言える。

陸軍統帥権を楯にして政府外交の足を引っ張ったわけだし、海軍は正しい戦力分析政府に渡せなかったわけだからな。(俺としては、負けるものを負けると言えなかった海軍責任陸軍より大きい気がしている)

米国との開戦が避けられれば後はどうでも良かったかと言えばそんな事はないと思うが、少なくとも「なぜ天皇総理も開戦反対派だったのに最終的に開戦に賛成したか」と言えば、この陸軍海軍の間違いが主要因の一つだったと言える。


から戦後改革は、半分は悪くない線だと思っている。

統帥権とか無くなって総理大臣が自衛隊最高司令官になったから、陸軍外交の足を引っ張る事は一切できなくなったのは大きい。

(※だからちょっと前に首相自衛隊最高指揮官だと言った事に対して妙なバッシングが加えられた事について、俺はバッシングした人たちこそ正気を疑いたい。

首相最高指揮官である事は、自力で勝ち取ったとは言い難いにせよ、第二次大戦で流れた数万トンの血で贖った成果の一つと考えているので)

ただ、もう半分は戦後も直せていないんじゃないかと思っている。

もう半分というのは、『陸軍海軍がそれぞれの組織内の空気を読んでしまい、「上の言う事も聞かねーし、上に正しい状況分析提供できねえ」って状態だった』事で、これが何よりヤバかったと思ってるんだが、

なんか最近、記録隠しとかさ。

それヤバくない? って思うんだけどね・・・


日米開戦時と同じ轍を踏まないようにするには、

・軍は政府絶対服従する。

・軍は軍事専門家として政府に適切な判断材料提供する。

国民国家が重大な二択を迫られた時に最終的な決断を行う。(結果の良否はともかく、brexitの投票みたいなやつね。戦前なら天皇がこの役割だが、今は主権在民だし)

・その政府国民が正しく判断できるように、軍および官僚情報絶対に曲げない・隠さない。

最低でもこの4点は必須だと思ってるから、記録隠しだけは何が何でもダメというのが俺の立場

2019-05-05

久しぶりにチョソンの声放送を聞いてるんだけど、金正恩称号が変わってない?

朝鮮労働党委員長朝鮮民主主義人民共和国国務委員委員長朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官労働党国家武力最高指導者 金正恩同志」になってた

確か前は「朝鮮労働党委員長朝鮮人民軍最高司令官朝鮮民主主義人民共和国国務委員委員長の党と国家軍隊最高指導者 金正恩同志」だったはず(うろ覚え

朝鮮人民軍権力がまた何か下がってるような雰囲気を感じるけど、原因が何なのかは全然知らないし専門家解説が欲しいところ

(日本語放送は↑の通り、朝鮮語はまだ聞いてないけど9650kHzに混じってる朝鮮中央通信の混信を聞く限りではたぶん同じ。

2019-04-19

anond:20190419011015

英雄が若若しいのがおかしいんだよ

若くて20半ば キング最高司令官なら40過ぎてるはずだろ

2018-08-11

anond:20180811203234

ネトウヨ最高司令官国民の敵だと国会議員恫喝して無罪なんだから部下がちょっと張っちゃけた程度でなんだよ

最高司令官様に倣っただけだろ

2018-06-16

anond:20180615085006

タイトルの「なんで弱い一般人ばかり殺して、腐敗した政治家経済人を殺さないの?」

追記の「まるでぼくが「無敵の人は腐敗した政治家経済人を殺すべきである」と言ったかのように言及している人がいて不思議!」

完全に矛盾してないか

元増田最高司令官のつもりで命令してるだろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん