「戦勝国」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦勝国とは

2019-04-14

[] 敗戦後の日本人戦勝国奴隷

いつもアメリカにペコペコしている日本人メンタル

外国人日本人を見て「戦争に負けて奴隷にされるのは悲惨」と学んでいる。

アジア各国も「優秀な奴隷を目指して競い合っている日本人」を見て驚愕している。

「どんだけマゾなの?」と。

 

マゾを通り越して、奴隷こそ最高の人生と開き直っている。

もはや外国人には日本人メンタル理解不能だろう。

[] 日本は終わっている国

就職氷河期世代を今さら救済できるわけがない

 

日本現実逃避に失敗した国

 

日本人は損切りが下手で、同じ失敗を懲りずに繰り返す愚民

 

貧乏人が暴徒化して東京オリンピックが失敗しないように、不満のガス抜きをしているだけw

 

26名無しさん@1周年2019/04/13(土) 10:04:39.28ID:rLDR0ZkA0

動け、氷河期1700万票。お前らが動けばここから20年間の国が変わる

 

2016 参院選比例区 政党得票総数

自民党 20,114,788

民進党 11,750,965

公明党 7,572,960

共産党 6,016,195

おおさか維新の会 5,153,584

社民党 1,536,238

生活の党と山本太郎となかまたち 1,067,300

日本のこころを大切にする党 734,024

新党改革 580,653

幸福実現党 366,815

国民怒りの声 466,706

 

そんなの無理に決まってるじゃんね。

今までの実績を見れば簡単に分かること。

日本はいつまで夢見てんの?いい加減目を覚ました方がいい。でないと先に人生が終わっちゃうよ?

 

敗戦後の日本人は、2度と戦勝国に逆らわないよう、痴呆に改造されている。

早発痴呆に陥った現代日本人には、民主主義活用することは不可能。(日本人の投票率は低い)

一部の賢い日本人は「損切り」で被害を最小限に食い止め、自助努力によって海外脱出している。

国内に留まっている怠惰日本人は、納税の義務を課せられた奴隷しかない。またその自覚もない。

 

奴隷から脱出できる人間は、努力して勉強して、世界中のどこでも生活できるように準備が成功した人だけ。

人間にはみんな同じ24時間が与えられている。

遊び呆けて努力を怠った人間が、ある日いきなり天才になれるわけがない。

貧乏人は、「アリとキリギリス」の話を100回読むことから始めた方が良い。

 

みんな頑張って、自力突破口を得て欲しい。

奴隷諸君、健闘を祈る!

 

  1. anond:20190414050310 どうやら生きてけないっぽい
  2. anond:20190414001047男女平等の5:5比率」の中にいない自分
  3. anond:20190413114026 現役東大生だが上野千鶴子祝辞ゴミだと思う
  4. anond:20190413013400 平成31年東京大学学部入学式祝辞は名文か
  5. anond:20190411115252ブクマカおはよう!】氷河期世代の連中って全てにおいて甘えまくっ
  6. anond:20190410200402 研究者自殺したニュースで本当に胸が痛いんだどうしよう
  7. anond:20190406091743 60歳で老人式をやるべき
  8. anond:20190404011136 人生事実上破滅したピエール瀧性的に惹かれる
  9. anond:20190402224822 ポリアモリーってただやりたいだけじゃねーの
  10. anond:20190401152400 女性賃金が上がらない理由
  11. anond:20180804191253 逆に、今の日本で働くことのメリットて何?
  12. anond:20180627181148 氷河期は甘え

2019-04-05

anond:20190405181302

そうだとしたら本国でも同じように少子化やらmetooやらやっている戦勝国陰謀家たちはよほどのアホだな

2019-03-11

anond:20190310214530

やり取りをみてて、ひとつ思ったこと。

表現の自由を守りたいという意見は、それを原則論として語りつつも、背後にある危機感はなんだろう。

ようするに、「快不快」によって表現流通が左右される社会が是か否か、ということが動機のように思えた。

そうであれば、すごくよくわかる。いや、わかるというのは、同意しているわけじゃなくて、なるほどな、だから日本表現の自由ってふわっとしてるんだなということ。

振り返ってみる。

日本表現規制の有り様は、戦前エロ・グロ・ナンセンス発禁にあるように、当局国民の大多数が不快と思うであろう「不健全」で「公序良俗」に反する表現対象としてきた。

そう、「健全」これこそがキーワードなんだな。たぶんね。

まり、割り切った言い方をすれば「健全」と戦っているのが表現の自由戦士だというふうに思える。

でも、ひとたび、「表現の自由」の思想的な出発点をヨーロッパアメリカ歴史から振り返ってみると、戦士動機づけとしてはあまりにも心もとない。

表現の自由とひとことでいっても、思想的な背景は、それぞれ背負っている歴史が異なる。

ここで、それを動機づけという視点比較してみる。

例えば、アメリカ合衆国。日本憲法がお手本とした国だ。

この国の憲法憲法判例が示してきた表現の自由は、ヨーロッパのそれとはかなり異なる。

17世紀にアメリカ最初に渡ったピルグリムファーザーズの世代特に、当時のヨーロッパプロテスタントに対する不寛容被害者であった。

メイフラワー号の協約に象徴されるように、お互いに異なるFaith信条)を持つ者同士が、どちらが正しいとして糾弾することなく、社会を構築しようという、社会多様性の確保が原点だ。

1970年代には、ヘイトスピーチを巡ってさまざまな紛争連邦最高裁まであがり、不協和音こそ社会の強さとまで判決意見で述べているものがある。

当時の裁判官のたとえを援用すれば、空気浄化しようとするやつが社会の敵なのだ

人間は不完全なのだから、正しいものなど、最初から先験的に決められない。ということから、この国では、思想の自由市場などという言い方も生まれてくる。

一方、大陸でも、表現の自由は大切な価値とされている。

しかし、他方で伝統的な価値観や習慣もそれなりに強い。いやかなり強い。

そういう土地柄では、動機づけとして、多様性の確保というのは、正直、あまりピンとこない。

しろ、彼らの原点は、教会から弾圧された経験であり、その反動としての「神を冒涜する権利」だ。

伝統的にカトリック教徒でありながらアンチクライストを叫ぶ、そんな権利を求めている。

とくにフランスでは、公共空間設計するにあたり、真理の判断権を持つかのように振る舞う教会がとてもまずい存在だった。

権力をふるいたがる教会に口出しをさせないことが重要テーマだった。

それゆえ、その解決のため、一方では、表現の自由というコンセプトで権利宣言し、他方で、政教分離という原則確立して、公共空間設計のための理論武装をしていく。

からイスラムスカーフ公立学校から排除しようとしたりする動きが起きるし、

ひとたびムスリムの神を冒涜するような表現したことで、襲撃を受けたりすると、社会は「涜神の権利はいずこに」とがぜん盛り上がるわけだ。



アメリカにしても、フランスにしても、それぞれ動機づけは異なるものの、表現の自由を守ろうとする信念というか確信の力は、

極めて強い。テロがあったり、社会情勢の変化で揺れ動いたりするものの、いざ事が最高裁までいくと、

じゃあ、国づくりの原点に戻ろうじゃないかという話になって、17世紀の悲惨経験が思い出として蘇ってくる。

その動機づけの強さにこそ、新大陸にしても、旧大陸にしても、表現の自由を将来に渡って確保しようとするエネルギー再生産があり、いわば持続性がある。



翻って、日本

健全なるものとの戦い、かぁ。うーん。

不快のような勝手基準で決めつけられたくはないよね、誰しも。

でも動機づけとして、やっぱり弱いんだよね。

ここで、仮に、日本は、アメリカ式の表現の自由を真似っ子しているのだ、としようか。

でも、日本社会は、アメリカほどには、多様性を求めてないでしょ。むしろ移民なんか大嫌いでしょ。

多様な意見なんか、どの組織でも出てこないでしょ。会議でも右に習えでしょ。

普段から多様性を確保しようというマインドベースにあって成り立っている社会とは全く違う。

そんな社会では、エロい表現ときだけ急に表現の自由だのと盛り上がるのは、歯が浮くような思いがする。

公共空間におけるエッチものの取扱なんて、はっきりいって、社会合意していればどっちだっていい。

じゃあ今度は、大陸が17世紀に経験した熾烈なコンフェッショナリズム、この思想的な背景を

表現の自由として日本憲法が参照している、と仮に想像してみる。

この場合仮想敵は、いってみれば、国家神道ファシズムかな。

(*ところで大河ドラマの「いだてん」って、健康ファシズム視点でみると面白いらしいね。みてないけど)

「国によって右へならえを強制され続けた結果、自分たち戦争に動員されてひどい目にあった思い出」とでもいうべき動機づけは

定期的に思い出す機会があるかぎりは、ある程度は持続的たりうるのかもしれない。

でも、第二次世界大戦を思い起こしてみると、国民国家キャンペーンに煽られて動員させられる、というのは、

なにも敗戦国ドイツ日本に限った話じゃないし、アメリカ含め、あちこちの国でウイルスのようにファシズム蔓延しかけていたのが現実

またファシズムコントロールできた国もない。その意味で、真の意味ファシズムに抗し切った国はないように思う。

表現の自由っていったところで、自然の摂理かのように、神がバランスをとってくれるわけじゃないんだよね。

流されるときは、人は流されちゃう。常在菌みたいなもの

そうすると、いざ日本にとって対外的な脅威(例えばアジアの隣あたりの国らへん)が増せば、

表現の自由なんか、どうでもよくなっちゃう程度のものなんじゃないか

他国の脅威に比べればファシズムのほうがマシだろ!みたいな。

このあたりの感覚は、動機づけとしては重要なんだけど、日本場合ちゃん思想として、自分たち言葉自分たちを守る武器として昇華してないんだよね。

敗戦で混乱していた時期にすかさず、日本憲法戦勝国からもらった、というところで思考停止になった、という面はあるかもしれない。

もらったもので、とりあえず勉強して運用してみよう、という時期が最初はあってもいいかもしれない。

でも、戦後30年、40年、とりいそぎ運用していたものが定着していく、という過程

例えば「思想の自由市場」ってよくよく考えてみると、日本社会では、あまりピンと来なくね?みたいな気づきがあっても良かった。正直、「思想の自由市場」って日本社会じゃ、なんの役にも立たない理屈だと思うんだよね最近

また、フランス公立学校でのムスリムスカーフ論争。大方の日本人は、何あれ?状態。背景となる歴史が違うんだから

歴史を知らないと理解できるはずがない。

それを知らずに無理やり、政教分離って憲法に書いてあることを適用しようとしてきて、実は消化不良を起こしているんだけど、

日本人は雑食なもんでなんとかなっちゃうという。。。

そういうことがよくわかったという話。

2019-02-24

韓国人の主張にも一理あり

戦争歴史とは勝者の記録であり、戦勝国側に都合が良いように多少の誇張はあるでしょう。

しかし、大日本帝国軍戦争責任がゼロだったというわけにはいかないでしょう。

戦時中大日本帝国が、外国に対して全く損害を与えていなければ、外国被害を騒ぎ立てることができません。

 

ゆえに戦後韓国人が、大日本帝国軍による被害を訴え、賠償を求めるのは止むを得ない面もあると思います

戦争は勝っても負けても、被害を被った庶民はみんな傷付き、苦しみました。それは日本人でも韓国人でも変わりません。

国の違いや立場の違いはあるけど、戦争被害者となった方々の苦労を鑑みて、話を聞いてあげる態度は示した方が良いのではないか、とも思います

2019-02-12

犯罪者とその家族の扱い

あるニュースを見て、犯罪者とその家族の扱いに関して疑問を持った。

何かの犯罪者がいた場合、その犯罪者自身に対して「批判や罰を与えたい」という気持ちは分かる。

しかし、何も犯罪を犯していないその家族まで攻撃するのは、度を越しており、容認されるべきではない。

 

犯罪者家族反論しづらい立場にある人々

罪のある者を罰する社会は、刑法機能していると言える。

罪のない者まで罰しようとする社会があるとすれば、刑法形骸化しており、それはまともな社会とは言えない。

 

犯罪者家族だったというだけで、犯罪者と同等の扱いをしてしまうのは、刑法理念に照らし合わせて、妥当だと言えるのだろうか。

否。当然間違いであると言わざるを得ない。(もしそんなことが認められるなら、刑法存在している意味がない。)

 

戦後日本=弱い者イジメしかできなくなった人々の集まり

日本人やドイツ人イタリア人は、敗戦によって戦勝国から非難され、賠償請求をされてきた。

本来日本人なら反論できない立場に置かれている人の気持ち理解できて当然のはずだ。

しかし、敗戦後の日本は弱い立場に置かれている無実の人々を叩きのめして、ストレスを発散する社会になってしまった。

 

かつての日本人と同じように反論できない人々を、今度は自分達が叩きつぶす側に回ってしまった。

いつから敗戦の苦汁を忘れて、ふんぞり返るようになってしまったのだろうか。

 

日本人の未来

綺麗事を抜きにすると、人間感情ではなく論理で考えることが難しい生き物だと思う。

傲慢になって、弱い者イジメに勤しんでいる日本人がいたら、その捻じ曲がった性格矯正しなければならないだろう。

 

あなたの周りにも、そういう輩が跋扈しているのではないか

このような不条理をどのように是正していくべきなのか、考えたい。

社会が、平均的な健常者男性に合わせて作られてる」って当たり前やろ

ツッコミどころ満載すぎて、草生えるし、草むらでウンコしたくなるわ

「この社会のあまりに沢山のものが、『平均的な健常者男性』に合わせて作られていることにようやく気づいた。」

気づいた? 

おまえは、何を学んできたんだ。

ようやく?

エロ動画アヘアヘしている暇があったら、勉強しろよ。

日本敗戦国わずか50年で戦勝国アメリカGDPを抜いた最大の要因は「効率」。

平均に合わせて作ることが最も効率が良い。インフラもそう。

当時は、人はそれに合わせれば良いという社会

と言ったら、様々な方面から罵声と金切り声があがりそうだから先に言っておく。

それが良いとは思わない。それが理想社会だとは思わない。

どんな国だってそこからスタートするしかない。

経済的な基盤がなければ、良識道徳的な基盤も作られない。

そして、そうした社会の基盤のうえに、バリアフリー化への道筋が見えてくるわけで。

みんなが死ぬか生きるかってときに、同性婚だとか、学習障害だとか、トランスジェンダーだとか、いくら叫んでも誰も聞きやしない。

安定的社会が作られてこそ、徐々に、障害病気高齢者などに優しい社会をつくろうとなるわけで。

ただしな、徐々にしか物事はかわらない。

「良いことは亀の歩みのように進む」だったかな?

まさにガンジーの言ったとおり漸進的に進むことが大切。

日本共産党のように、革命社会転覆させて、支配階級の思惑通り国を作ろうなんざ、下の下の下の中。

2019-01-31

anond:20190131234832

日本人バカから歴史勉強してない。

戦勝国分断統治簡単にひっかかる。

日本人右翼左翼に分けて、互いに喧嘩させておけば、日本人の弱体化は簡単

右とか左とか言ってるやつらは、要するにバカ発見するための目印なんだよw

2019-01-27

日本会議は本物の保守ではない。鬼畜米英面従腹背売国奴の集まりだ。

原爆投下日本人大量虐殺したアメリカに抗議しない日本人愛国者ではない。

残念だが天皇を始め日本人売国奴ばかりになってしまった。

杉田もただのアメリカ下請けしかない。

 

(1)そもそも国家とは何か

単純には、同じ言語を話す者同士が集まって社会形成し、国家という単位縄張りを維持している。

日本人島国単一国家だが、地続きの大陸では民族が混ざった国もある。

自動翻訳が発達して、言葉の壁が消滅したら、国家という単位も、人間管理するツールとして役目を終えるだろう。

 

(2)国家は何のために存在しているのか。

ルソー社会契約論」のアイデアを参考にすると、無秩序の中に秩序を形成するために「契約」を使う。

同じ言語をしゃべる者同士が徒党を組んで、縄張りを作るために、国家を作った。

国家の仕組みは、いろいろなアイデアで作られている。共和制君主制共産主義など。

ネットワークが発達して、人類全員が自由意思疎通ができるようになれば、合意形成の仕組みが発達して、その結果国家形態も変わるだろう。

エストニアなどは社会実験で実証している。

 

(3)日本という国家において、諸制度はどのような思想設計されているのか(特に婚姻関係扶養

日本歴史分岐点は、「公武合体の失敗」にある。失敗した結果、明治維新開国し、海外進出を始めた。最初は快進撃を続けたが(日清日露戦争勝利)、アメリカと対戦して完敗した。敗戦後の日本制度は、戦勝国アメリカ設計した。

アメリカ歴史分岐点は、1913年オーウェン・グラス法の成立にある。FRBが作られ、アメリカ経済ユダヤ人管理するようになった。近代アメリカ制度は、ユダヤ人設計した。

ユダヤキリストイスラムなど西洋一神教は、教会権威を作るために一夫一婦制を普及させた。昔の日本自由婚に近かったが、敗戦後の日本西洋的な風潮で一夫一婦制に変えられた。

宗教には「人間管理する道具」という側面がある。一神教の仕組みを分析すれば、彼らの人間管理方法が分かる。すなわち、婚姻制度人間を縛るための1つの道具なのだ。本当に愛し合っている人同士なら、国家による承認婚姻届など)なんて別段必要ない。当人同士の合意契約を守る努力けが愛の維持に有効だ。

 

(4)日本という国が目指している方向性はどこなのか。

敗戦後の日本人は、アメリカとその背後にいるイスラエル面従腹背で生きている。異教徒日本人はゴイムであり、彼らの養分となるべく飼育されている。

日本人が再び自立するには、日本人一神教欠点改善する方法を、彼らに提示できなければならない。

そのためには縄文時代以前の日本文化復興させる必要がある。

なぜか?

 

 

現在一神教本来形態を失い形骸化している。その結果、ユダヤキリストイスラムなどの分派を繰り返し、互いに戦争ばかりしている。

正統派ユダヤ日本人が、西洋人に真実歴史を教え、世界平和に導かねばならないのである

縄文時代とは、単に土器を作っていただけの文化ではない。多様な人々が共存共栄する思想を作り出した時代だった。

日本人日本歴史文化について思い出し、全世界に発信すべきである

 

https://anond.hatelabo.jp/20190127221613 杉田水脈の論文や、LGB関係団体の主張を見るたびに、モヤっとしている自分がいるんだけど、何がどうモヤっとしているのか言葉にできない。

2019-01-23

anond:20190123083306

個人的には日本の遙か南、当時オーストラリアラバウル日本航空基地ができたと同様に、ロシアの言う通り北方領土占拠も「第二次世界大戦の結果」だと思ってます

 

あの戦争日本は負けたのです。

 

それも自称保守の愛して止まないアメリカ、それとイギリスロシア密約ヤルタ会議)を背景として。

日ソ中立条約破棄という怒りはあります

戦勝国である連合国側の基準ではソ連の4島占領既定路線違法でも何でもないのです。

 

敗戦国日本は、「1.諦める」「2.戦争で奪い返す」「3.買う」しかないと思います

「島を奪われた被害者」を彼ら連合国アピールしても無視されるだけでしょう。

 

経済協力という「3.買う」の切り札安倍総理は、まんまと領土問題と絡めずにロシアにくれてやった事は、

事実上日本返還放棄だと思えてなりません、守銭奴が国を売るのです。

腹立たしい限りです。

2019-01-18

敗戦後の日本人=アメリカの奴隷

アメリカ本土では、奴隷解放宣言によって、黒人奴隷を使えなくなった。

黒人奴隷の代わりに、戦勝国アメリカは、敗戦国日本人奴隷として活用した。

 

戦後日本人は、「世界工場」の労働力として、馬車馬のように働かされた。

そのご褒美として、アメリカから経済成長を恵んでもらえた。しかし蓄えた財産バブルの崩壊消滅

世界工場地位中国に奪われ、日本貧乏人が増えた底辺国家に転落。

 

沖縄で豊かな奴隷生活を送ることが、日本人ステイタスになった!?

2019-01-14

[][][] 不良の三大生産地九州大阪神奈川県

Q:なぜ神奈川県は不良を量産しているのか?

A:米軍基地があるから

敗戦後に設置された米軍基地の影響で、アメリカ人兵士の不良文化が、日本人にも感染した。

戦勝国アメリカ人兵士が、日本法律無視して、やりたい放題やっている。(殺人強盗レイプetc。=基地内に逃げ込めば、日本警察逮捕できない。)

それを知った子供たちも、「世の中やった者勝ち」と気付いて、ルールに縛られず、自分エゴを主張することがカッコイイと勘違いした。

神奈川県ロケーション地域特性に注目すれば、日本人非行に走る心理理解できる。

 

参考

 

追記

東京九州福岡県)に変更しました。

2018-12-29

anond:20181229163346

韓国戦勝国wwwww

終戦時には日本の一部で、日成以外は碌に抵抗もできてなかった韓国戦勝国wwwww

日本のくれてやったインフラ施設で発展した韓国戦勝国wwww

anond:20181229145534

戦犯日本に対して問題ないってことだから

戦犯日本がやっていいわけないだろ

なんで戦勝国韓国と同じ権利があると思ってるんだ

2018-12-27

オーストラリアさんさぁ

捕鯨なんやらでWWIIに絡めてコメントしてるオーストラリア人いるけど

あいつら戦勝国(笑)でしょ?

アメリカならともかくなんで戦って勝ったつもりでいるのかさっぱり

2018-12-16

沖縄県民は奴隷から脱却して自由を獲得すべき

土地に縛られてる老害土人は仕方がない。

狭い地域社会に縛られていない前途有望な若者こそ、他県に移住して、戦勝国アメリカ傀儡日本政府による搾取から脱却して欲しい。

2018-12-15

日本の公用語は将来中国語とスペイン語になる?

そして、中国から寒村部の余剰人口日本へドッと押し寄せて、日本中国の一部になる。

戦勝国アメリカは、戦利品日本を維持するために、アメリカ移民メキシコ人等)を日本に輸出する。

2018-12-12

生きてるうちに戦争に勝った日本が見たいよぉ

中国沖縄米軍基地に先制核攻撃しないかなー

そしたらリメンバー・オキナワ! ノーモア・オキナワ!ってアメリカと一緒に盛り上がって正義戦争できるのに

アメリカは今の調子中国が切れるまで嫌がらせしまくって欲しい

ファーウェイお姫様カナダで捕まったけどさあ、国家主席アメリカ留学してる娘か孫がスパイ容疑でとっ捕まってグアンタナモエロ同人みたいな尋問されて14億中国人がブチ切れて核ミサイル飛ばして来ないかなー

最悪、岩国ぐらいまでは灰にしてくれていいけど、横田まで来たら俺も死にそうだから勘弁な

それにつけても死ぬ前に戦勝国になった我が国が見たい

2018-12-11

anond:20181201191434

敗戦国日本人バカに憧れるように洗脳された一方で、戦勝国では自国民勉強努力を推奨していた。

っていうのは逆で、むしろ敗戦国ドイツ日本国民勉強仕事に勤勉に取り組み努力し続けた結果、経済が大いに発展したんだろ。

一方、戦勝国英米仏の方が油断して日独に追いつき追い越されてしまったわけだ。

そういう中で、

勉強したり努力するのはカッコ悪いことで、バカになって悪事を働く方がカッコいい!

などという考え方で生きていた連中は、全く世の中が見えていない、見ようともしなかったバカ。世の中の底辺落ちこぼれどもさ。

アリとキリギリス寓話がぴったりくるね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん