「PTSD」を含む日記 RSS

はてなキーワード: PTSDとは

2020-05-15

ナウ!ナウ!シフトナウの歌

それはそれは とても許せないお話

例え例え 国の美学だとしても

危ない事が 起きてしまったのに嘘ついて

直ちに生活に 影響はないなんてネ 

それがそれが 素晴らしい戦術だとしても

それはそれは 習わない言葉が溢れ

オーバーシュート パンデミック ロックダウンに3密

自粛要請に ストレス PTSDもう

☆{忘れないから  経済至上主義

安全だったら  あなた証明してよ

みんなに迷惑かけちゃって

未熟な大人で  はずかしいよネ

ナウナウナウナウ!   シフトナウを!

ナウナウナウナウ   大きな声で

世界へ向けて叫ぼう    危険現実を}

こんな時も アメリカさんはダメですネ

いつもいつも 富と名誉のことばかり

自然を生きる 動物たちには想定外

自粛解除が  どこでいつだかわからない

もう 忘れないよ  コロナウイルスのこと

覚えておこう    被害の大きさ

都市故郷

2次災害

人の心にまで

☆{ }Repeat

2020-05-09

学校業務多角化という放漫経営 ー労働無法地帯

学問以外への業務拡張は、部活から始まったように思います。授業についてこられない生徒に活躍の場を、と言って中堅校以下でブラック部活的(スクール・ウォーズ的)に始まり、その有り様が全国化していったような。

1960年代に校内暴力が頻発したのは、様々な理由はあろうかと思いますが、一つの理由としては、戦争PTSDを抱えた養育者(が作った社会)によって育てられた次世代愛着障害に近い状態になっていたのではないかと思っています

ブラック部活は、愛着障害治療集団療法という側面があったのだろうと思います愛着障害存在している状態での授業は困難を極めます。授業を成立させ、生徒に学問を修めさせるために、教員意図せず心理療法を施していたのだろうと思います。各種行事もそうですね。

そのあたりから学校福祉機能が入ってきて、今は学校によっては福祉機能のほうが学問機能よりも大きくなっているかもしれません。障害を持つ生徒への合理的配慮個別支援計画、外部機関との連携部活動。

教員は、授業を成立させるために、福祉業務をやむなくやっていたのですが、文部科学省がこれを正式業務にしてしまうのです。

いや、確かに必要であるとは思うんですよ。

ただし、それに対する予算措置もなければ、人員の補充もない。専門家集団を校内に組織することもない。外部機関との連携とか、非常勤カウンセラースクールソーシャルワーカーの配置はしますが、外部機関だったり非常勤なのでお客さんです。彼らは責任は取れません。

以下は、『身体トラウマを記録する』という本の抜粋群なのですが、

ーーーー

太古の昔から人間自分の中の非常に強く恐ろしい感情対処するのに、集団で行なう儀式を用いてきた。古代ギリシア演劇の内、文字による記憶が残っている最古の物は、踊り、歌、神話再現を含む宗教的儀式から発達したと思われる。ギリシア演劇は、戦争帰還兵にとっては再統合儀式だったのかもしれない。

演劇を通してトラウマ治療する。愛と憎しみ、攻撃幸福、忠誠と裏切り演劇本質であると同時に、トラウマ本質でもある。トラウマを負った人は深く感じることを心底恐れている。一方、演劇情動身体化し、それに声を与え、リズミカルに場面に関わり、それを体現する。

学校からは、能力集団の絆をはぐくむために、昔から大事に受け継がれてきた、音楽演劇美術スポーツがどんどん姿を消している。

見捨てられる経験をすると、人を信頼できなくなります。そして、里子は見捨てられるというのがどういうことなのか身をもって知っています。彼らに信頼されるまでは、何一つ影響を与えることはできません。

筋肉を動かすこと、意識の集中が必要作業をしたりすることは、喪失体験に対抗する大いなる助けである

教師達は最初、「もしソーシャルワーカーになりたかったら、ソーシャルワーク学校に行っていたでしょう。でも私は、教師になるためにここに来たのです。」といった類いの反応を示すことが良くある。とはいえ彼らの多くは、頭の中で警報ベルがひっきりなしになっている生徒で教室が埋まっていたら教えようがないことを、すでに身にしみて知っている。どれほど熱心な教師学校システムでさえも、子ども達のあまりに多くが深刻なトラウマを負っていて学習できないために、しばしば苛立ち、無力感を味わう。試験得点を上げることだけを主眼としていても、教師達がそれらの生徒の行動面での問題効果的に取り組めなければ、成果は上がらない。

規則を平然と無視する生徒は、アメリカ学校で広く行なわれているように、譴責しても、停学処分にしてさえも、考えを改める可能性は低い。

他者言葉をしっかり聞き、自分言葉もしっかり他者に聞いてもらう。他者に本当に目を向け、他者にも本当に目を向けてもらう。

教師が怒鳴ったりする代わりに、子ども経験していることを言葉で表したり、選択肢を与えたり、自分感情説明する言葉を見つけさせ、思いを表現し始めさせたりするようにするべきだ。安全経験を学ばせるのだ。

しかし)学校トラウマを誘発する更なるトリガーとなってしまいがちだ。

トラウマに敏感な教師なら、手に負えない生徒の親に電話をして状況を説明すれば、子どもが殴打され、さらに深いトラウマを負う可能性が高いことに、程なく気づく。

身体トラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法 べッセルヴァン・デア・コーク https://www.amazon.co.jp/dp/4314011408/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_mpGTEb5V1TPY4 @amazonJPさんから

ーーーー

いわゆる教育困難校と呼ばれる学校はこうした子どもたちが非常に多いです。進学校であればこうした子どもは少ないかもしれません。少ないですが確かにます教員守秘義務があるので、他の生徒に知られないようにこれに対応しています個人情報なのでメディアにも明かされません。

日本福祉政策の不備を、教員無償労働で払っているように思えてなりません。でも、そうした子ども学校福祉的にケアすることを国民は望みます学校教育機関としてのリソースがそちらに持っていかれてしまっているように思います。まあ、そういうことを言うと、福祉ケアを導入した教育の方が教育効果が高いと言われて、口を封じられるのですが。十分なリソースがあれば効果は高いでしょう。しかし、リソース不足でこれをやれと言われれば機能不全に陥りますね。実際、陥っているように思われます

2020-05-05

非常時の苦労はお互い様なので、住宅街に響き渡る奇声にも優しくありたい。

鋭い音に対するPTSDを抱えている人、聴覚過敏の人、みんなお互い様で耐えていて偉い。

anond:20200505004225

その程度って言うかさ、結局は粘膜接触で子作りの疑似行為じゃん?

レイプされて自殺したり、PTSDになったりする人多いか

人生の半分」的な存在だと思ってたけど

相手の事も考えなきゃいけないかオナニーより気持ち良くないし、

良くて人生の2割か1割の存在じゃない?

かに楽しいとは思うけど、本当にそんな素晴らしいなら世の中ほぼ全員セックスワーカーになってるんちゃう

2020-04-27

anond:20200427010445

同じ事実を言うのでも、淡々と言うのと苦々しく言うのと面白がって言うのとでは相当違うよね。

戦場で人を殺してPTSDになる人と快楽殺人者の間には違いがあるわけで。

2020-04-12

土橋氏について (株式会社ドヴァ代表取締役)

面白い告発文が回ってきたのであげておく。一緒にえぐい写真とかもあったけど、そっちはさすがにパスした。

通信関係者界隈で結構みんな知ってるのに、それでも本人はだんまりらしいんだけど

これって、どうなん。

以下は、JANOG46のホストである株式会社ドヴァ代表取締役( https://www.dova.co.jp/ )、株式会社オキット( https://www.okit.co.jp/ )取締役である土橋氏について、JANOGの行動規範に全く値しない、社会的問題を有する人物であることを、当時交際のあった被害者女性の知人として広く知らしめたいと思ってまとめたものです。(被害者の承諾済み)

事実時系列

2019/7/9-10未明 事故A (傷害) (後述)

2019/7/9-10未明 同日、事故B (窃盗) (後述)

(話し合い等なし)

2020/1 株式会社アスリード (土橋氏が代表取締役を務める) ( http://www.athlead.net/company/ )へ解約通知 (無視)

2020/2 個人窃盗 (事故B) の返還請求内容証明送付 (無視/受け取り拒否)

2020/4 株式会社アスリード債務不履行、返金督促状を送付

事故A(傷害):

顔面への傷害肋骨骨折・腕/脚の打撲・心的外傷後ストレス障害(PTSD)

受診時の診断書カルテ警察署に提出済み

(参考写真もありますが、個人特定とあまりに痛々しいので掲載見送ります)

事故B(窃盗):

現金40万・ロレックスシャネルカルティエ・エルメスディオール等の貴金属(購入価格総額300万程度)

内容証明に詳細記載

株式会社アスリード債務不履行:

ダイビング資格取得および申請実施されない

(被害者土橋氏と主に沖縄でのダイビングを通じて親交を深めていた)

  • ここまで ---

明らかにJANOGの行動規範とやらに反しているし、そもそも人としてもどうなんでしょうか。

被害女性PTSDにいまだに悩まされているのに、本人は無視を続けのうのうと沖縄生活しているようです。

新型コロナウィルスの影響で延期になったようですが、こちらの会社ホストでのJANOG開催は直ちに見送るべきだと思います

2020-03-16

あるニュースが忘れられなくて、精神疾患罹患していた私の話

3年前に亡くなったある方のことが忘れられないでいます。私は彼女の顔も名前も忘れられずにいます遺影に映る彼女笑顔が、何かをしているときにふと、私の脳裏をのぎります

私は3年前、あるニュースを見ました。それは世界中にあふれる悲しいニュースひとつにすぎなかったはずなのです。彼女のことは何も知らなかったのですから。それはとても痛ましい事故でした。その事故について思い出すことは私を絶望の底に落とします。いまでも彼女のことを思うと涙が出てきます。心の奥が激しく痛み、ただ息をすることだけでも苦しくなるのです。

彼女は苦しんで亡くなりました。その瞬間、暗く狭い場所彼女が何を思っていたのか、私は知ることはないでしょう。彼女自分はもうすぐ死に、ここから出られることはないと悟ったときの苦しみは、どれだけ大きなものだったのでしょう!私はそれを想像するだけで、私の一部も死んでいくように思います

私はこの事故について、ほとんど誰にも話していません。親しくしている友人のうち数人と、愛する家族は、私がその事故のことを知って悲しんでいると知っています。ただ、それは事故の数か月後のこと。今でも私がそれを思い出し、泣いていることなど、彼らは知りません。そもそも私が言っていないのですから、知るはずもないのです。

彼女が亡くなってから、私は学校に通えなくなりました。一日中寝ていることしかできない日も、泣き明かした夜も、たくさんありました。何度か私は命を絶とうとしたこともあります。高い橋の上で(ご存知のとおり、ゴールデンゲートブリッジは有名な自殺の名所です)私は失望し、泣くことすらできずに、そこにいました。警察が私を助けたので、幸い、私はいまもなんとか生きています

こんな状況が続いた、1年半が経ったある日、私は家族の勧めで精神科に行きました。精神科で処方された薬を規則正しく服用していましたが、症状はあまり改善しませんでした。最初主治医に対し、ただ症状だけを言っていました。気分が落ち込むことがあるとか、眠れない日があるとか、そうかと思えば寝ていることしかできない日があるとか…。主治医は黙って私の話を聞いてくれました。いくつかの抗うつ薬抗不安薬を服用していましたが、症状がいっこうに改善しないため、私はついにその痛ましい事故のことを打ち明けました。

事故のことを打ち明けたところ、私はPTSD(Post-Traumatic Stress Disorderの略。日本語では心的外傷後ストレス障害と略されます)と診断されました。現在も私はこの病気で闘病しています

私の国では、この病気に対する認知は進んでいます。帰還兵たちのための相談ダイヤルもあります。私は、日本では地震きっかけに認知されていると聞きました。ただ、私の1番大事友達が住んでいるイタリアでは、残念ながらそうではありません。イタリア人の多くは、心的外傷後ストレス障害というものが何なのかも知らないようで、うつ病不安障害の下位分類とみなされることもあるようです。

この文章は、私の経験です。彼女が亡くなった事故も、私の闘病も、実際にあることなのです。

私は独学した日本語でこの文章を書きました。私の文章はあまり上手ではないと思います:/

私はこの病気で非常に苦しみました。私は日本イタリアでも、私の国のように理解が進むことを心から願っています

そして、この瞬間もトラウマと戦っているあなた未来に、少しでも素敵なことや素晴らしいことがあるように、心から祈っています。抱擁とキス

2020-02-22

公共の場からこそ「表現の自由」は大事しろ

https://anond.hatelabo.jp/20200221074011

オタクの側にすら勘違いしている奴が多いように見えるんだが「公共の場」だからこそ他人自由には最大限の気を払わなければいけないんだぞ。

俺は表現の自由というのは公共の福祉のために例外的制限することはやむを得ないと考えている。

から光が点滅してテンカンを起こしてしまったり、スプラッタムービーを垂れ流しててそれを見た老人が心臓発作を起こしてしまったという事例が積み重なれば審議の末、法規制をかけるのはむしろ必要な事だと思う。

しかしこれらとて「自由制限」に他ならないので極めて限定的である必要があって、それなりの実害が伴った時のみ行うべきだ。

騒音臭気たばこの煙・PTSDなども実害性を第三者検証することは可能だろう。

からわたしたち気持ち悪いと思った」という理由では到底実害とは呼べない。

しろ公共の場でいちいちあの程度のパネルポスターを潰していたら、そいつこそ公共の場というもの理解していないと思う。ちょっとは考えて欲しい。

ただしあのポスター不特定多数に向けて批判したりJA西浦?の商品ボイコットしたりするのは自由にすれば良い。

不特定多数に向けられたポスターに対して直接クレームを入れるのもまあ自由っちゃ自由だが、対称性の無い事をやっていることは自覚しとけ。やる以上は敬意を払って慎重にやれ。執拗電話をするとかクレーマーみたいな真似すんじゃないよ。

フェミまでもがかつてのネトウヨみたいな真似をしてんじゃないよ。

2020-01-19

anond:20200119221945

パーソナリティ障害の診断は一昔前ほどではないが普通につくし虐待によるPTSD複雑性PTSDだろうし、複雑性PTSDICD-11(まだ正式リリースされてない)から正式精神疾患として認められるから、まだ診断おりなくてある意味当たり前だし、PTSD診断基準ものすごく厳しい(ググッてみてね)し、発達障害うつ病双極II型障害は誰でもウェルカムというより現在ブームになってるから診断がつきやすいってだけだよ。むしろ過剰診断が問題になってるくらい。

2020-01-07

息子が気持ち悪い

三十代半ば、二児の母。

子供は二人とも男の子で、上の子はもうすぐ小学生になる。

の子はまだ一歳になったばかり。

10代はじめ頃に、大学生と思しき4人ほどの男性に、ハイエースのような車に連れ込まれ性的暴行を受けた。

昼下がりの池袋で、今もまだあるか分からないけど、東口手芸用品店に立ち寄った後だった。

それによって、これまでの人生の半分以上をPTSDを抱えて生きてきた。

そんな私もなんやかやあり、主人と交際し、結婚した。

主人と交際することで、男性のものへの嫌悪はかなり薄らいでいた。

もちろんセックスへの恐怖も、対主人であれば無くなっていた。

世の中にはこんなに優しくて誠実な男の人がいるのか、と大変驚いたことを今でもよく覚えている。

結婚後2年ほど子供が出来ず、不妊治療を始めようか、といった矢先に妊娠した。

子供のことはとても大切に思っているし、折に触れ愛情を伝えている。

ただ最近子供の体が気持ち悪くて仕方がないのだ。

まだ幼年ということもあり、私とお風呂に入ることもあるし、弟が生まれストレスからか、着替えを手伝ってくれだとか、お手洗いを手伝ってくれだとか言ってくることもある。そういったとき、彼の下腹部を見ると嫌悪感がこみ上げてくる。

まだお手洗いはなんとかなる。プールに連れて行った際の更衣室も大丈夫だった。

けれど、浴槽に浸かっている時にちょうど視線と同じ高さにくる彼の下腹部や、自分で着替えているときにうっかり下着まで下ろしてしまい、ふざけている姿を見ると、どうしようもない気持ちの悪さでやめてと大きな声を出しそうになる。

子供からしたら全く以て理不尽な話である

これが二次性徴を迎えた息子だというならまだしも、たかが5歳である

それでも私は彼の身体気持ち悪くて仕方ないのだ。

もっと早い段階で性暴力被害者の会のようなもので話をしたりするべきだったと思う。

相性のいい心理士出会うまで根気よく色々な医療機関に行ってカウンセリングを受けておけばよかったのかもしれない。

レイプサバイバー子供を持つのはいけないことだったのだろうかと思う時もある。

けれど子供のことは心から愛していて、この子のためなら何でもしてやりたいと思う。

ただどうしても、体が気持ち悪いのだ。

同じようなサバイバー出会えることはあるだろうか。

もし出会えたら、こんな風な気持ちを持ったことがないか、悩んだことがないか、聞いてみたい。

被害者の会を探すだけの余力が今はないけれど、下の子がもう少し夜長く寝てくれるようになったら、

体力も回復するだろうし、そういった場を探そうと思う。

もっと早く、覚悟を持つべきだった。

もっと早く、自分の中の嫌悪をより少なくしておけば良かった。

子供に対して申し訳なく思う。

2019-12-19

anond:20191219070513

マスコミの前で主張するPTSDらしい症状が本当か俺には判断できないが

中年オヤジフリーハグされた恐怖は本当だろうから障碍者判定でまあ許してやろう

2019-12-18

anond:20191218180521

その当時投げかけられた言葉や態度が当時は子供から理解できていなくても

大人になったら侮辱やあざけりだったことを理解する

周囲の途方もない悪意に気が付いて二度傷つくわけだ

PTSD死ぬのはアメリカ兵士自衛隊イラク帰りで証明済み

人を傷つける人も自分攻撃対象になると簡単に病んで心を痛めて自殺する

強い人なんてどこにもいなくて

弱い人の前でだけ強い人が60億人いるだけ

2019-11-25

anond:20191125154303

フェミニズム暴走的男叩きから抜けだすのは無理でしょ。

現状のフェミニズムは、アダルトチルドレンとか性被害PTSDとか性嫌悪とか男性嫌悪とかパーソナリティ障害とかその他精神疾患とかの人が集まる駆け込み寺になってるもん。元々フェミニズムはそういうとこあったけど、SNSでなおさら集まったうえにお互いに同意しあうことで重症化させてる。そういう人たちに、被害感情コントロールしたり、暴力復讐衝動我慢しろってのはむちゃ要求

それについて「まず病院行け」ってのは批判からもごく一部のフェミからも出てるけど、そう言われて行く奴は少ない。

そして何より、今の精神医療は、あの手の精神疾患をうまく治せないし緩和すらろくにできないことが多い。医療無意味だとは言わないよ、でも多くの肉体疾患にくらべて効果がまだまだ足りない。通院で誰もがさっさと生きやすくなるんなら、メンヘラクラスタが通院歴を書き連ねてないわけでさ。

フェミニズム精神疾患者の根城になった上に、精神疾患を手早く和らげる医療レベルがないんだから、病的な暴れ方から抜け出すことはできない。

これはフェミへの不満なだけでなく、精神医療への絶望フェミへの同情でもある。私自身が、比較的治る病気と言われてる精神疾患持ちで、なおかつ実際は全然ましにならないから。

2019-11-05

anond:20191105030549

本当に。

そういったものがみんな消えてくれますように。

そして、あなた記憶も上手に消えてくれますように。

PTSD的な症状には、パズルゲームが効くみたいですよ

2019-11-02

自殺迷惑理由

死体の片付けによるPTSDの誘発?

個人的体験で恐縮だが、日航機の墜落事故現場作業をした医療関係者の手記の記述好奇心読書した時は、数週間ほど心身が不安定になった)

・・・その問題解決できれば死んでいい(「他人迷惑をかける生き方をしちゃいけないよ」がクリアできる)のなら、どんな方法が私にはあるのだろうか。

2019-10-30

毒親ってアスペ親って意味から

矛盾する指示や注意を繰り返して子供PTSDにする親れいがいなく発達障害

2019-10-28

ポスターの件を見るたびに

とはいえ宇崎ちゃんの乳は取りはずせないし、指定ポーズと表情をさせられてこんなに言われたら宇崎ちゃんPTSDになってしまうよ、と思うんだけど、その度あっ宇崎ちゃんは絵だわ……となって毎回すごくすごく疲れる

からもうこの話題はやめてほしい

2019-10-18

anond:20191018140046

キモポスターを見てショックを受けてPTSDに苦しんでる被害者もいないから終了でよくない?

宇崎ちゃん表現不自由展について

ずっともやもやを抱えていて、アート界隈の方の上から目線の「アートを知らないお前らを啓蒙してやるよ」的なエントリなどいくつか読んだのですが、

全くしっくり来るモノがなかったので、自分なりにまとめてみようと思いました。なお私はアートについて全然詳しくありません。


まず大前提として、これから話されるのはすべて自主規制の話です。公的検閲の話ではありません。

あいちトリエンナーレ補助金交付取りやめなどといい出したことは完全にfuckです、あれは表現の自由侵害以外の何物でもありません。

そういった話とは別に他者を傷つけるような作品クレームを受けたら取り下げられるべきか?どこからがアウトなのか?という、自主規制についての話をしようと思います

宇崎ちゃん献血ポスター表現不自由展も、どちらも市民からクレームに端を発する話でしたよね。



マーケティング界隈の言葉ですが、世の中の情報は大別すると「pull型」と「push型」に分かれます

「pull型」というのは、対象者自分から見ようとしなくても目に飛び込んでくるたぐいの情報で、広告ポスターテレビCMなどがそれに当たります

push型」というのは、対象者がそれを目当てにして自分からアクセスしなければ目に入らない情報で、映画演劇美術展などはそれに当たります

前者はパブリックな物で後者プライベートな物とも言えるでしょう。



欧米ではジェンダーロールの強化を招くような要素が入ったもの苛烈批判さらされて、掲示を取りやめさせられたりすることがよくあるそうですが、

これは主に「pull型」の、テレビインターネット広告などに於いての話です。黙っていても目に飛び込んでくる情報からということですね。



そう聞くと、「その程度で規制するのか」とギョッとする方もいると思いますが、日本で言えば東日本大震災映像などはそれに当たるでしょう。

2011年3月11日から数日間、テレビは繰り返し被災地悲惨な状況を流し続けました。それは報道の使命であるという矜持に基づいたものだったでしょうが

まり惨状に心を痛め、PTSDになる人が多くいたことが国立病院機構災害医療センターの調べで報告されています

そのような事態を受けて、BPOは各テレビ局に「震災報道ストレスについての注意喚起要望」などを出していますし、実際テレビ局内部でもそのような懸念から配慮が話し合われたことでしょう。

かと言って、震災についてもっと詳しく知りたいという人間書籍や記録映像などでその情報アクセスすることは規制されるものではありません。

前者が「pull型後者が「push型」ということですね。

嫌でも目にしてしまう「pull型」の情報規制が厳しいが、自分から見に行かなければならない「push型」はそうでもないよ。ということです。

宇崎ちゃんポスターは前者、表現不自由展は後者に当たると思います



というわけで「pull型情報には自主規制がつきもの」ということは納得いただけたと思います、ではどこから規制されるべきなのかという話です。

「宇崎ちゃん献血ポスター」は「pull型」の情報ですが、あれは規制されるべきなのでしょうか?

かつては、ゴールデンタイムテレビでも女性の裸が平然と出ていましたが、いまはそういうことはありません。出すべきだという人もあまりいないでしょう。

チャタレイ夫人の恋人」という小説が「わいせつ過ぎる」という理由で発売禁止を受けた時代もありました、いまはあの程度の内容でそんなことにはならないでしょう。

まり、何を規制すべきかすべきでないかは「その社会市民意識によって絶えず変わっていく」としか言いようがありません。

宇崎ちゃんポスターについては、あれを性的過ぎると思う人もいれば、そんなことないと思う人もいて、単にオタク気持ち悪いと思う人もいるでしょうが

その綱引きで決まるというのが実情だと思います

個人的感想を言うならば、「あの程度で性的消費なら男女ともにアイドルとか表で活動できないよな」と思いますけどね。)



と、大体このような補助線を引くと議論に筋が通りやすいのではないかと思いますが、どうですか?




ただ、

・「pull型」と「push型」に明確に峻別出来ない情報はたくさんある。(雑誌の表紙はどっちなのか、大きく広告を打ち出しているような大作映画は本当に「push型」でいいのかなど)

・「push型」でも規制される場合はある(暴力的ゲームなど)

という二点は一応付記しておきます

いじめに対する批判いじめのものの構図になっているという地獄

カレー提供を中止するという記事に対する反応を見てると地獄だなとしか言いようがない。

記事の中にもしっかりと記載されているのに、キャッチータイトル感情操作されるままに批判する人の多さに吐き気がする。

動画にショックを受けた児童への対応として給食カレーを一時、中止することや動画撮影された家庭科室を改修することが発表されたほか」

カレーを中止する理由も書かれているし、対応がそれだけじゃないこともしっかりと書いてある。

あの学校では少なからカレーいじめに対してアイコン化してしまっているのだから安直いじめを想起させるようなものはひとまず退避させるのは当然の対応

それを唯一のいじめ対策だと受け止めてその対策自体批判するのことはミスリードしかないし、その上で正義を振りかざして批判する構図ってあなた方が今まさに批判しようとしているいじめの構図と全く一緒だということに気づいてないとか救いようがない。

いじめ被害にあった教師PTSDで悩む生徒のことなんてもう関係ない。

当事者放置したまま批判したいもの感情のままにそれを正義だと信じて袋叩きにする。

それがいじめではなくて何だというのか。

これを見ているだけで、この国からいじめがなくならないことが簡単証明されてしまうよな。

2019-10-16

anond:20191016114455

横だけど

蓮コラグロ画像については、PTSD的症状が発生するなどの具体的な被害証明されない限りは誰が見るのも見せるのも自由

女性誌女性を優先しているしオッサン雑誌オッサンを優先している。それを目立つ場所に置いた店も、当然それらを優先している。何かを優先するのは悪いことではない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん