「混血児」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 混血児とは

2018-07-20

anond:20180720175430

宗教だとは言わないが、吸引されていったプロセス宗教洗脳と似ている

1.新観念提示

例「東南アジアでは、今でも日本の軍歌が歌われたり、感謝されたりしているよ」

2.既存観念破壊

例「マスコミ戦後の検定教科書は、日本国民をずっと欺いてきている。たとえば、沖縄ベトナムでは混血で生まれた人たちがいるのに、慰安婦30万人もいると騒がれてながらなぜ日朝混血児はいない(現れない)のか?」

3.不可逆性植え付け

例「世界日本を食い物にしようとしている組織がいくつかある。飼われたメディア議員自称知識人盲目的な多くの日本国民を野放しにして、ぐすぐす今の社会のままで放置していたら、日本国はコミンテルンチベットのようにされ、世界歴史から文化もヒトも消されてしまうぞ!」

歌手ゲームに詳しくないけど、熱狂信者ってこうした経緯を経るのかな

2018-03-23

俺のわたモテについてのマニアック百合妄想を紹介したい(3/25追記)

俺=ゆりちゃん自分のことを同性が好きな人間だと思っている。

そして、もこっちのことを恋愛対象として好きだと思っている。

野蛮な混血児のようなもこっちと、

それを温かく見守りつつ、冷静にツッコむ自分

でも、実は自分がもこっちに依存しているのだった。

そこまでははじめから織り込み済みであった。

しかしある時、どうしようもなく異性愛である自分に気がついてしまう。

ビスケットかなにかを小動物のようにむさぼるもこっちを眺める。

そして思う。

いまの自分はもこっちに恋を出来ていないが、

可能世界自分ちゃん同性愛者で、ちゃんともこっちに恋をしていたのだと。

ざっとこんな感じか?

普通逆(実は同性愛的な自分に気がつく)なんだが、ってところが俺なりの変化球だな。

これはなかなかいい線を突いていると思う。

みんなも、わたモテに関するマニアック百合妄想があったらぜひ教えて欲しい。

全部追記でコメントするわ

否定的コメは一切しないので、安心してほしい。とにかくコメントしてほしい。週末は寂しいので。)

#####追記(3/25)

>>マニアックとは程遠い王道中の王道申し訳ないけど、同じ大学に進学したうっちー黒木ルームシェアを始めるんだけど甘い雰囲気露出の多い格好をしても一向に襲ってこない黒木に怒ったうっちーが「私って魅力な

なんか、トラバ雰囲気近くねえか!?!?

それはさておき、最新刊うっちー妄想でもこっちとただただ仲良くカラオケやってるのって泣けるよね。

変態的な妄想ではなく、ただただピュアに仲良くなりたい、そこが泣ける。

やれ上司へのおもねり方だのやれ人付き合いだのを考えてるおのれを反省するよ。

俺の中にもうっちーがいた、いやいる、そんな気分になる作品だよな、わたモテって。

2017-10-21

半島の言う慰安婦混血児の例はあるの?

沖縄ベトナムには現にいるわけでしょう?強制わいせつした国の連中に、職業人を連れたら人権侵害だのと、へんな話だよ。

パン氏が国連事務総長になってから、滅茶苦茶にされてるな。活動家に食わされたかドイツ反日に炊きつけられているらしいぞ。

2016-07-29

http://anond.hatelabo.jp/20160729133638

倫理的な話を一切排して考察すればその可能性もある。

ただ、同時に当時のドイツでは、働き手である若者の大量の死や、

ソ連兵の大量レイプによる混血児の激増、

また戦傷による別要因での障害者の激増、

インフラの壊滅、

東西分裂による離散家族の発生や異なる価値観下での経年と再統合等、

それより遥かにインパクトが大きいと思われる事象が沢山起こったので、

要因としては無視して良いレベルと思われる。

2016-01-04

アイデンティティ観点から見たハーフの利点、



ハーフの人は自分アイデンティティが分からなくて可愛そうだとか

そのような話をインターネットで見るのだが、



日本に生まれ日本で育ったのにも関わらず

一方的他者から外国人と言われ、見た目で外国人判断される毎日が続くとどうだろうか。


これは単に「可愛そう」だけで片づけられる話ではない。


混血児として生まれることがデメリットと捉えられる反面に、メリットになる部分も実はあるのだ。



第一に、自ら考えて行動する力がつく。



ミス日本に選ばれた宮本エリアナさんが言うようにハーフ外国人顔の人間

日本で幼少期に差別にあっていた過去を持っていることが多い。



日本国内で生まれ育った幼児小学生の大多数は、

日本国外社会観に関する知見が乏しい。



なぜならば髪形や目の色に違い、皮膚の色の違う人に出会う機会が少なく、

そのような人間が生まれた成り立ちなどを知る機会がない。

また、正しい知識がなく間違った認識を持つことが考えられるからだ。



例として小学校学童保育などの施設

マジョリティである日本人が混血である人物に対して

見た目を揶揄したような言葉を放った事例がある



筆者は数年程前に小豆島にある学童保育施設を訪れた。

そこでは3歳児と見られる日本人男性が偶然施設訪問していたアフリカ黒人を指さして

「アイツ絶対に身体洗ってないだろ。」と発言する場面があった。



当の本人特に言い返すこともせず

その場は何事もなかったような光景であった。



言われた本人はどう思っていただろうか

もし自分自身がそのように言われたら

嬉しいか、悲しいか・・








予想がつく人もいるだろう。


良くも悪くもこのような事態がなぜ起こるのか

考えなければならない。



日本に生まれハーフと呼ばれる人物は

このような差別的かつ本人の人格否定するような

発言を耳にすることが多くその都度自らのことを考える。



まり自分自分のことを考える機会が多いのである



このような出身地故郷に居ること自体が日々アウェーである経験を積み重ねることで

まれながらにして周りに沢山いる日本人から距離を置いて物事を見る力がつく。

国際的な、広い視野を生まれながらにして持つことができるのである



昨今の日本では国内のあらゆることに対して

世界基準に合わせようとする動きが沢山見られる



そんな、日本人とは一風違った視点を持つ

ハーフ」の活躍が期待される。

2015-10-17

慰安婦問題

兵士レイプするのは個人の犯罪で、

慰安婦組織犯罪から慰安婦の方が悪質だ」

という意見を見かけるけど、

実も蓋もない事を言えば、軍隊ってのは戦地占領地でレイプ事件を起こすのが普通な存在なのであって、

放置するのは、事実上組織兵士レイプを黙認してるのと同じなので、

慰安婦作らなかった結果レイプ事件が多発する方がより悪質だと思う。

ソ連なんてドイツで30万件もレイプ事件起こして1万人近い自殺者と10万人もの混血児を出してるし、

米軍戦後日本で数万件規模のレイプ事件を起こしてる。

別に彼らが特別外道な連中だという話ではなく、

戦地に行った兵士ってのはそういう人倫を踏み外しがちになる存在だという事実がある。

だったら対策つのと打たないのとで、どっちが悪質かなんて明白だと思う。

っつーか、被害者女性の苦しみにフォーカスするなら、

組織主体か個人が主体かなんて関係ないだろうに、

なんでそこに線を引くのか理解に苦しむ。

2015-08-13

「オコエ = 野獣」は、人種差別ではない

「オコエ = 野獣」と見なす記事があったが、これは人種差別ではない。

差別ではあるかもしれないが、人種差別ではない。

なぜなら、「黒人 = 野獣」という(人種的な)偏見存在しないからだ。

 

一方、

日本人 = 黄色い猿」という偏見存在するし、

「黒 人 = ゴリラ 」という偏見存在する。

から、このような表現があれば、人種差別と言える。

 

しかし、「黒人 = 野獣」という偏見存在しない。

黒人の身体能力は、白人と比べて特に優れているということはない。

強いて言えば、ケニア人が長距離走に強いが、これは特殊環境要因(高地)だ。

遺伝子的に見ても、黒人白人黄色人種に形質的な差はほとんどない。

どこをどう見ても、「黒人 = 野獣」という概念は成立しないし、

したがって、「黒人 = 野獣」という偏見存在しない。

ゆえに、「オコエ = 野獣」と見なすのは、たとえ偏見であるとしても、

それは人種差別ではない。(人種差別とは別の偏見だ。)

 

さらに言えば、ここで言う「野獣」とは、ライオンやトラや野牛やサイのような

特に限定された種を指定しているわけではなく、単に「体力抜群」ということを

意味しているにすぎない。

換言すれば、「野獣 = 人間離れした体力」という比喩表現であるにすぎない。

これを「差別」と見なすのは、無理がある。

たとえば、「蝶のように舞い、蜂のように刺す」(モハメドアリ)というのは、

差別表現ではなく、すばらしさを称える表現だ。

そして、「オコエ = 野獣」も同様だ。

 

ではなぜ、人々はこの記事を見て、「人種差別だ」と表現したのか? 

それは、人々自身が心に差別感情を含んでいるからだ。

私だったら、「黒人白人黄色人種に差はない」と理解しているから、

「野獣のような黒人系の混血児がいる」と聞いても、「ただの個体例だな」

と思うだけだ。ところが、世の中の人々は、これを特別人種的形質だと

思い込むから勝手に「人種差別だ」と思うわけだ。

 

はっきり言って、オコエみたいな黒人は、ほとんどいない。

たくさんの黒人を探しても、オコエみたいな身体能力のある人はほとんどいない。

ダルビッシュもそうで、イラン人を探しても、ダルビッシュみたいな人はいない。

室伏もそうで、母親のいたルーマニア人を探しても、室伏みたいな人はいない。

 

では何かというと、「雑種強勢」で、混血児には特別に優秀な形質が備わりやすいのだ。

オコエが特別に優れているのは、黒人からでなく、混血児からなのだ

ここを混同して、「人種差別だ」「黒人差別だ」なんて思うのは、根本的な勘違いだ。

  

http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20150811-OHT1T50205.html

http://matome.naver.jp/odai/2143942780333822301

2014-04-02

桃太郎旧約聖書出エジプト記

鬼ヶ島では角が生えずに産まれた子供を大きな桃に入れて海や川に流す習慣があった。

やはり桃太郎出エジプト記だったか

出エジプト記モーセの部分を桃太郎にするとよく似ている。


桃太郎は鬼の父と人間の母の間に生まれた。

鬼と人間混血児には角が生えない。

鬼の王様は角が生えない混血児を皆殺しするように命令した。

桃太郎はしばらく隠して育てられたが、次第に隠しきれなくなり、母によって大きな桃の中に入れられナイル川に流された。

たまたま川で水浴びしていた人間王女がどんぶらこと流れてくる桃を発見して、桃から出てきた男児桃太郎と名づけ大切に育てた。

やがて成長した桃太郎は、鬼を退治しに鬼ヶ島へ向かうのであった。


このように、桃太郎出エジプト記は驚くほど似ている。

内容はシルクロードを超えて伝わる間に多少のアレンジが施されたが、基本的ストーリーは同一といえる。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん