「軍事政権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 軍事政権とは

2021-09-18

anond:20210918082525

韓国台湾80年代末まで軍事政権戒厳令に近い状態だったのが、冷戦終結解放されたのだから伸びて当然

台湾のTMSCは国策企業の大勝利で、これは台湾が偉かったとしかいいようがない

日本NECソニーも華やかなマーケティング部門の声がでかくなって技術者陰キャ扱いされても誰も文句を言わなかった

モテるのが偉くてみんながモテたいと思ってそれを追求した、それが日本バブル文化

30年後に残っているものはなにもない

2021-08-30

anond:20210830175712

わいは民主主義でも独裁制でも絶対君主制でも軍事政権でも勝ち馬に乗るで!

義務?あー義務ね!割に合うなら払うよ!

2021-08-20

anond:20210820065857

世界軍事政権独裁政権はみんなそこんところが真面目なんだろうなって思う。

増田だが、理想化しすぎでしょ。

しろオーナー企業で腐敗しまくって資金流用しまくってる社長はいくらでもいる。一方で腐敗を許さず、売れる商品を作り企業を成長起動に乗せる社長もいる。

売れるものもないのにさらに腐敗すると間違いなくそ会社は潰れる。国も同じ。

そして、腐敗は適切なルールを作ってなかったり、「これぐらいやっても大丈夫だろう」みたいな甘えを放置するからおきる。

ルールを決めて、それに反するものは身内でも罰を与えることを強権を持って行い、さらに売れるものを作った会社軌道に乗っていくだけのことだと思う。

anond:20210819210255

世界軍事政権独裁政権はみんなそこんところが真面目なんだろうなって思う。

銀河英雄伝説受け売りみたいなものだけどさ。

軍事力を持つ人間が俺のほうが衆愚選挙で選んだ馬鹿どもよりもうまくやれると思って実行したら、その思想にそぐわない人々を弾圧するディストピアの完成だよねって思う。

ウィルスについて、総理はまあ体のいいサンドバッグだよね。

国民が十分に頭よかったらそれぞれがリスク理解してウィルスが広がらないようにする行動をとれるでしょ?

それができないってことはまあ、そういうこと。

マスコミはいろいろと騒ぐけれど、国民の総意はそっちなんだな。

2021-08-19

anond:20210817183754

もう手遅れですね……w

お前みたいなアホのネトウヨいるか嫌韓をやってるだけで実際には政治的ポリシーでも何でもないってことが理解できないんだろうね

日本嫌韓をやってくれて助かるのは韓国右派だし、だからこそ軍事政権時代遺産である国家情報院櫻井よしこ支援をしてるんだよね

その証拠が明らかになったのがこの間の報道

政府をあげて国際戦略的にも国内経済的にも無意味嫌韓政策をやるっていうのはそういう相互協力のためなんですよ

2021-08-14

anond:20210814092729

基本的右翼右翼思想的に近いし(中国共産党自民党支持者の思考が似通ってるように)

特に韓国日本場合はそれが顕著。(韓国右翼=反共親米軍事独裁時代賞賛韓国左翼=民族自治を目指し対北宥和・対米独立・元は軍事政権に対して民主革命をやった人達)

日本の「右翼」というのは例えば安倍晋三支持母体の一つが統一教会(≒勝共連合=親米保守・反共)であることを見れば分かるように、そもそも韓国右翼の影響を受けてる面があるわけで、かなり距離が近いというのは何ら不思議ではないんだよね

2021-08-02

(苦笑)軍事政権なのに選挙すんの?

もっかいクーデターやりゃいいじゃん(笑)

2021-07-28

anond:20210728232518

ウヨサヨ関係ないだろ。先進国においては、もはや熱烈的な右翼左翼のような「大きな政府」を志す人たちは、イデオロギーで動かす原資を調達できないんだよ。例えば、旧ソ連崩壊して社会党勢力なくなったのは、みずほちゃん無能だっただけでなく、旧ソ連資金源が蒸発たからだよ。南米アメリカ軍事政権によるテロルを用いた軍事転覆が起こらなくなったのは、反共産をバックアップする資金武器アメリカが渋るようになったからだろ。バカだな、もう我等には「歴史の終わり」でフランシス・フクヤマが嘆いたとおり、「わかりやすい悪」がいないのだよ。それともアレか、サンタクロースがいるって信じてるの?

2021-07-08

anond:20210708173012

自由人自発的日本批判していると「軍事政権下だから国民はそういうしかないんだよ」と日本政府が言い訳できなくなる

anond:20210708165132

韓国軍事政権から解放されて自由なってんだろ

日本批判自由になってそれが日本には都合が悪くてネガキャンしてるのが今

2021-06-14

anond:20210614012657

難しく考える必要ない

反政府勢力外国の力借りて政権転覆しただけ。

現代でもしょっちゅう起こってる。

共産主義の名のもとに王政打倒したり(東側支援)、民主主義の名のもとに軍事政権倒したり(西側支援)。

日本場合天皇の名のもとに徳川武家政権を倒した。

2021-06-03

一行で映画説明する

スターウォーズ:パパが大悪党だったので緑色のじいちゃんに剣を習ってバッサリ切り落としました。

プレデター作戦行動中に襲われて仲間が全員死んだけど、倒した。

プレデター2:街にプレデターが来たけど、倒した。

プレデターズ:プレデターに呼ばれたので顔を出してみた。

ランボー:山に引きこもってたけど、大佐が出てこいって言うから出てきた。

ランボー2:拷問されたけどがんばって戦った。

ランボー/最後戦場軍事政権と戦ってみた(YouTuber感)。

ブレードランナーレプリカント殺してたけど俺がそうだった件。このレプリカントがすごい!選出。

ブレードランナー 2049:俺が息子だと思ってたけど息子じゃなかった。パパは娘に出会えてよかったね。

スタンド・バイ・ミー死体探しに行って時折気まぐれに不良に拳銃を突きつけて帰ってきた。

グーニーズ:宝物を探してたら族の仲間と仲良くなって宝も見つかってバンザイ

マシニスト:全部俺の錯覚でした。

トゥエルブモンキーズ:壮大な独り相撲

オール・ユー・ニード・イズ・キル:なんか繰り返してるうちに攻略法覚えたから楽勝。

ポリスストーリー/レジェンド:この中に犯人がいる、とかやってたら、いた。

カーマスートラ:アホの王子が狂乱にふけってると他国に攻め込まれて滅亡。

キッド:俺おとなになったらこうなんのかい。と駄々をこねてどうにかする話。

時計じかけのオレンジ:不良が迷惑を掛けるはなし。

マトリックス脳内麻薬できぼじいいーーーしてたけど、叩き起こされたので戦う。

オーシャンズ11:潜入しようと思ったので潜入した。

2021-06-01

anond:20210601014813

もし,あなた軍隊諜報機関から監視されていて,街頭でのあなたの行動や言葉が逐一チェックされ,

からあなたが「どこの誰なのか」「どこでどんな仕事をしているのか」調べ上げられたとしたら・・・

これはどこかの軍事政権独裁政権お国お話ではありません。紛れもない,我が国日本」での出来事なのです

tp://www.jicl.jp/old/hitokoto/backnumber/20170220.html

2021-05-30

youtubeで昔のニュース番組のオープニング映像ばかり漁っている

元々単に、ニュースが始まることを知らせるためだけの映像音楽なのに妙に中毒性がある。

日テレの昔の、70年代以前の「きょうの出来事」の音楽は何度聞いてもめちゃ怖い。

NHKニュース70年代以前はかなりこわい。

テレ朝80年代前半はタイトル文字がなぜそこまで角ばっていて硬質な感じ、金属的な質感にそこまでこだわるのかよくわからない。

韓国ロシアの昔のも相当こわい。いかにも軍事政権下の放送って感じがする。

結局自分は怖いもの見たさでこんなしょうもないものばっかり漁ってるんだろうなって思うしかない。

2021-04-21

anond:20210420223500

民主主義国家のいいところは、国民受けのいいイケメン政治家が増えることだと思う。

選挙で選ばれなければならないから、外見にも気を使うし、女性票のためにも必要

北朝鮮とか中国共産党とか、ミャンマー軍事政権にはそんな発想は無いよね。

2021-04-20

韓国は日本以上に輸出で食わないと氏ぬ国なので

anond:20210420152421

どこだったか忘れたけど、表示された漫画サイト広告を踏んでみたら、パッと見では日本漫画ぽいんだけど、

なんか犬だったか猫だったかを育てる話を読んでいたら、明らかに韓国アパートなんだよね

朝鮮戦争とか軍事政権時代とか、韓国は色々と文化が特徴的なところがあるので、こういった建築物の特徴も韓国以外にはありえない

漫画はどれも最初の数話を読んで、次回から課金になっているのだけど、微エロとか多いんだよね

なんていうか、買ってもらうためにはどうするか、を考えすぎた結果というか、媚びてる感じが好きな人は好きなんだろうけど、自分微妙だった

例えが悪いのを承知で書くけど、自分風俗嬢の媚びた感じみたいなのも苦手で、あれも自分を買ってもらいたいという裏がある

というか、別に風俗関係なく、生きてればそういうことってあるよね

で、そういう人にかぎって、自分の得にならない人は最初から非常に冷たかったり、まともに人として相手にされなかったりする

相手自分の得になるか損になるか、で考えてるから、当然そういう対応になるんだろうけど、これ、意外とヤンキー系にも多くて、

まり処世術なんだと思うんだよね

最近、悪質な虐めで被害者自殺したりしてたと思うけど、学校企業で虐める側の人というのも、あれは処世術であって、

まり、そういう家庭県境で育ったから、他人攻撃するとか、相手を損得で切り分けて、得になる人を瞬時に判別しないと自分生命が危うくなるとか、

例えば、両親の喧嘩が多い家庭だと、母親父親のどちらに味方をすれば自分が有利になるか、

家庭で生き残れるか、みたいなことだけに焦点が当たる考え方に育ってしまって、

両親のどちらが論理的に正しいのか、人間として正しいのか、みたいな考え方が二の次になってしま

これって中国コピー体質なのもそういう面があると思っているのだけど、みんなコピーするのはチートだ、ズルいって考えてて、

かにそれは正しいんだけど、そうしないと生き残れない中国国内過激競争資本主義というもの存在するわけで、

みんな、そのへんを見落としているというか、理解していないというか、

まあ、理解たからって許せるのか、というと許せない気もするんだけど、四の五の言ってられない環境だと他人に冷たくもなるよなあ、と思ったり

話を戻すと、上述の漫画サイトはL*NE資本がかなり入っていたように思ったのだけど、韓国も似ていて、

翻って、日本は恵まれていると言えば恵まれているんだけど、その分危機感がないというか、平和ボケしてるというか

いつから死なないと思っていた、と言いたくなる国だと子供の頃から思ってきたが、中年オッサンになった今になってもその体質は変わらなかった

政治の話は嫌いなんだけど、まあ、自民党も駄目なんだよね

日本子供に例えるならば、自民党は一番長い期間育ての親だったわけで、日本という子供を駄目に育てたわけだから

まあ、でもシンゴジラなんかは海外では総スカンだったみたいだけど、こういう映画があっても良いと思うんだよね

庵野氏は日本のマスに向けないと採算が取れないから、みたいに言っていたし、

日本市場だけに閉じた映画を作るというのは海外進出に対する諦めであって、敗北宣言ではあるんだけど、

とにかく製作コストを下げれば、確実なマスだけを狙う、

まり日本市場というニッチ市場限定することで特化する戦略

最近日本若い世代では韓国アイドルとか特にダンスがウケているみたいなのだけど、

上述の通り、自分は媚びてるものが苦手なので、といっても、日本アイドルみたいなのも苦手で、

まれてこの方、アイドルに夢中になったみたいなことが一度もないので、自分がズレてるんだろうけど

ただ、NVIDIATSMCからサムスン電子CPU製造を移行するようになったりするとき

日本って名前が出てこないのは悲しいよなあ、と思ったり、

今日GitHubを眺めてて、中国語とハングルはあるのに日本語って選択肢文章がないのは、

それは日本語で翻訳してプルリクする人があんまりいないからであって、

じゃあ、おまえがやれ、と言われると、中学レベル英語力の自分には困るのだけど、

なんというか、特に最近中国ユーザーとか、とにかく良くも悪くも目立った活動をしよう、みたいなのを感じていて、

それってウザイ自己プロデュースにも通じるのだけど、目立たないと氏ぬ、みたいな空気があるからなんだよね

というか、自分無職なんでハロー効果?というかで目立たないといけないのかもしれないけど、

日本は逆に目立つことが嫌われるので、ウザイ奴は叩かれるけど、出る杭みたいなのも打たれてしまうんで、

どっちもどっちなんだよなあ、と思ったりするのでした

2021-04-07

なんJ化する日本人に愛想が尽きました

ネット世界における日本人には、近頃の事件で愛想がつきました。

ゲーム鉄道を愛する善良な大学生

外観や趣味揶揄して罵倒する書き込みブログ動画サイトSNSに対して行われているのを目撃しました。

不正ダウンロードのように法律の一線を超えている人や少し前の水戸駅清洲駅のように常識の一線を超えている人ならともかく

そうではない人に対して趣味が気にそぐわないからと

人を攻撃しまくるのかわかりません。

話はかわりますが、

なぜ日本ネット市民の中でも特に5ちゃんねるのなんj系は、近年よくオタク障碍者外国人たちを差別中傷するのでしょうか?

もう、差別を通り越して何かしそうな雰囲気です。

最近になり冗談で使われていたような言葉

現実のもののようになっていると切実に感じるようになりました。

電話中の会話の中での話ですから、何?という感じでいましたが、

在日韓国人の知人は

日本はまるで軍事政権だったころの韓国のようだって外国では思われてるよ」と言っていました。

日本もっと多様性に優れた経済心理的にも裕福な国だと思っていましたが、

それは表面上のものですね。

ネット日本の人と会話しているとまるで、今の愛国心の強い中国人や昔の韓国人と会話しているみたいです。

今の日本ネット空間では、外国では当たり前のように文化視されているような文化も、

価値観文明も私が日ごろから大事にしている人間性まで否定されます

残念ながら、日本ネット空間にいると息苦しいです。

今の日本では、車窓を楽しむために運転中にドラレコで録画録音した車窓やネットアップロードすることも憚られる状況です。

こんな馬鹿たことありますか?

たぶん今時の成熟した国家国民ならありえない話だと思います

2021-03-30

教科書尖閣諸島竹島はあるけど北方領土ないの?

自民党安倍も菅もロシアとの平和条約締結がどうのとか言って、

ロシア様、どうぞ、どうぞ、

みたいなことやってるけど、

ロシア領空侵犯ソヴィエト時代と変わらずスクランブル多そうだぞ

最近はどうなのか、普段そんなに政治に興味がないのでググってみたら、

知床岬領空侵犯したのはロシアヘリコプターで、

自衛隊が公開した写真には、黄色い機体に赤十字マークで、

いかにもレスキューとか医療用を醸し出してるけど、これほぼウソ確定だろ、カモフラージュだろぇ…

他にも、領空侵犯しちゃったのは機器が壊れてたんだ、めんごめんご(テヘペロ

みたいな声明があったり、バカにされまくってるけどほんとにええの?

なんか、そこまでロシアに頭下げないと国益なうことあった?

挑発させたら核でさえ持ち出すのは中国ロシアも同じ(ベトナム戦争)だし、

ロシア領空侵犯韓国上空でも行われているわけで、明らかな日米韓への挑発行為だし、

そもそも、頻繁にスクランブル対応されてる空自の方々とか考えれば、

尚更、ロシア側に毅然とした対応を取る必要があるわけだし、

北方領土の最南端には日本攻撃するための最前線基地があるわけで、

当然、それは北海道最北端と目と鼻の先なわけで、

これから第三次世界大戦までいかなくても、

有事になったらウクライナクリミア半島みたいに瞬時に北海道ロシア制圧されるだろうし、

その上、青函トンネルは対ソヴィエトのためにも戦車が通れるようになっているわけで、

ロシア北海道制圧したら、本土への地上攻撃のためにサービスサービス!しちゃうことになるわけで、

いかにどちらかといえばロリコン傾向のある俺でも、ミサトさん中古だとしても、

ミサトさん大人のキスをしたいわけで、そりゃもう、ズンドコベロンチョ舐め回したいわけで、

正直言うとシンエヴァ観たいんだけど頻尿なんで家で観れる日を心待ちにしてるわけで、

まさか与党自民党まで、おそロシアとか信じてるの?鉛筆を使う国にビビってるの?とか思うわけで、

というか、一度平和だかなんだか知らんが条約を締結してしまうと、なんらかの有事撤回したくてもできなくなるわけで、

そのときになって条約違反たらこちらが国際的に裁かれる立場になるわけで、

ある意味在日米軍側への反逆行為にすら思えてくるんだけど、なんなんだろうな…

中国韓国挑発してくるので、それに対して挑発し返す、これはまあいいんだけど、

ロシアも同様に頻繁に挑発してくるし、空自海自スクランブル対応で苦労しているのに、

特に与党自民党は、

ロシア様に北方領土を献上するけど、たまには日本側の元島民も墓参りに行かせてね、

みたいなことを菅も言ってたけど、墓参りとかそういう問題じゃないだろw

憲法改正とか声高に叫ぶ老人たちが一番平和ボケしてるとか、もう国として終わってる

金田一少年暴力はすべてを解決するではないが、なんだかんだ中国ロシア暴力ですべてを解決できてるし、

歴史的に眺めても、武力行使できない国なんて本来存続できるわけがないわけで、

そういう意味でだけ考えるなら、国家としては日本よりロシア中国の方がある意味まともだとさえ思ってる

パクリだろうが、サイバー攻撃で盗んだだろうが、日本ネトウヨがハリボテと呼ぼうが、

中国も圧倒的な物量、戦闘機などの量産体制、米英のような巨大空母の建造を頑張ってるわけで、

これから時代、ここで頑張らないとほんとに日本○ぬよ?いいの?

というか、韓国独自開発の戦闘機とか頑張ってる印象があるんだが…

みたいに思うんだけど、日本食材は美味しいし、今日100円ショップで目当ての雑貨が入手できたし、

言論統制もまだ緩い方だからLOも買えるし、うさくん漫画面白いし、

中国ロシア韓国も、ミャンマー軍事政権も、戦争なんかより日本エロ漫画を読んで楽しめよ、

みたいに思うわけだけど、世の中なんだってままならないのであるママならないのである

2021-03-29

つのまにか乱世っぽくなっててワロタ

うご

ウイグル民族弾圧、なんなら虐殺?してるっぽい

香港をあっさり制圧してしまった

・6年以内に台湾侵攻?みたいな話もある(眉唾だが、眉唾と思うのが平和ボケなのか?)

ミャンマー

クーデター軍事政権?になったらしい

100人単位で人が死んでるらしいぞ

・振る舞い的にもタガが外れてる感があり、やばそう

米露

バイデンさんとプーチンさんがバチバチ口論みたいなのをやってたらしい

国内

政治が終わっとるっぽい

オリンピックマジでやるの?

世界全体

コロナ全然おさまんねえやんけ!

・もろもろ不満溜まってそう

 

これ大丈夫か?

俺、比較的安定した時代に、戦争とは縁のない国に生まれたのはラッキーだった!なんて思ってたが、死ぬまで何もないだろうとは言い切れない感じになってきた

日本がセーフだったとしても、先進国が関わるデカい何かがぼちぼち起きてもおかしくないよなあ

前の戦争だって100年前ですらないもんな

やべーっ!

身体鍛えといたほうがええんか?

でも現代兵器の前に筋肉は無力だよな

いやいや、市井でモノを言うのはやはり筋力ですよ ホンマか? そうですよ奥さん あああ

2021-03-21

ミャンマーという国名軍事政権勝手に変えたから認めないのでビルマと言い続けますという考えはいいんだけど、中華人民共和国についてはどうなんだろうか。

2021-03-17

anond:20210317100909

日本政体としての「明治新政府も含め1000年近く軍事政権が続いたうえ、市民革命を経ていない」という特徴から来ているのではないか

なので、「長いものに巻かれろ」精神が根強いんじゃないかと思ってる。

討議といっても、「一番偉い奴が持ってきた答えを粛々と認めるだけ」の「最初から答えが出ている会議」がいかに多いことか。

森喜朗発言あらためて痛感した。

2021-03-12

あなた達の政治運動には迫力が足りない


https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=730608&comment_sub_id=0&category_id=256

小森龍邦氏死去、88歳 元衆院議員部落解放同盟広島県顧問

 解放運動の巨星がまたひとつ墜ちた。私もあと十年生きるか怪しい身である自分政治運動に対する考えを少しばかり綴ってみてもいいだろう。

 上のニュースの人は、かつて解放同盟事務方トップだった方だ。昭和7年に広島県東部被差別部落に生まれ中高生の時分から老年に至るまで部落解放運動に携わってこられた。

 私が活動していた地域とは遠く離れているが、それでも半年に一度は彼の実家の傍にある、ちんまりとした選挙事務所へ行き、地元産のワインを飲みながら語り合ったものだ。

 私などが知己と呼ぶのがおこがましいほど尊敬できる人格の持ち主だった。家族地域や仲間のためであれば、危険を顧みずに行動する力を持っている。それでいて、思慮深いうえに頭の回転が速く、無謀な策を講じたりはしない。講じるとしたら、背後に確かな計算を持っている。そういう方だった。

 それが、こんなに早くにお亡くなりになってしまった。悔しい限りだ。

 私の番はいつ来るのだろう。運が良ければ二十年は生きられるかもしれない。運が悪ければ数年後か。その前に、自分の想いを吐き出す機会が欲しい。



 さて、表題意味について。あなた達の政治運動には『迫力』が足りないとは、どういう意味か。

 言葉どおりの意味だ。特に伝統的な分野、例えば労働組合などが挙げられる。昔に比べて弱体化が著しい。

 企業ごとの組織率は低下し、労働者組合加入率も低下し、賃金は下げられ放題、追い出し部屋希望(半強制退職蔓延も放っておかざるを得ない。数十年後には、労働組合というもの事実上消滅していてもおかしくはない。

 また、高校大学など、学校内の自治を求める活動もそうだ。私は元高校教師だが、昔に比べれば、学生たちが自ら声を上げて学校ルールを変革するために動くことは減っている。感覚としてはそうであり、数字においてもそうなっている。悪い意味で、子ども大人のいいなりになっている。

 反対に、成功しつつある政治運動もある。

 近年話題になったものだと、#MeToo運動だ。女性がこれまでに男性から受けた、性を主とする嫌がらせ公共の場告発することをいうようだ。

 日本ではそこまで定着しなかったが、本場のアメリカでは著名な人物の一部が職や名誉を失っている。最悪の場合は、裁判により実刑判決を受けることになる。

 LGBT社会運動も、社会価値観を変革しつつある分野のひとつだ。

 大衆消費社会が訪れてそうまで時間も経たない頃から同性愛者としてのカミングアウト文学活動デモ行進芸能界での活躍自分たちを侮辱する者に対する訴訟提起(府中青年の家裁判)、ゲイであることを周囲に言いふらした者及びその所属校への糾弾一橋大学アウティング事件)など、仲間の権利を守るための諸活動を行ってきた。

 以前は、映像作品において、同性愛者が精神異常者として描かれるのは当たり前のことだった。子ども向けのアニメなどでもそういった描写があったが、昔に比べればなりを潜めているように思える。批判を恐れて、ゲイレズビアン人達を描けなくなっているだけかもしれないが。

 これらの成功している政治社会運動には、共通する点がある。

 相手の痛いところを突いていることだ。

 この方針なくして勝利はない。しかし、近年の伝統的な政治運動の類を見る限り、相手の痛いところを見抜くことができる知性、または攻撃する度胸を欠いているように思う。

 特に組合関係団体がそうである。昔の労働組合は、使用者と刺し違える覚悟があった。

 意図的給与の支払いを遅らされても、当局側が雇った暴力団に夜道で襲われても、工場社員寮ごとロックアウトされても、それでも不屈の覚悟で戦い抜いてきた。

 それが今では、使用者の言いなりとなり、組織から仲間を追い出すための行為に協力している。情けない限りだ。



 話が逸れた。

 相手の痛いところを突くことの具体例として、昭和40年頃の話をする。私の高校時代の級友の話である。K君とする。

 高校二年の時だった。夏の午後の授業中に、ある教師教室の窓の向こうにある山を指さして言った。「お前らみてみい、あの山にはよっつが住んどる」(※手の指が四本であるという意味

 その教師は、部落に住んでいる人間馬鹿にしたのだ。当時はまだ、被差別部落生活する人々と、それ以外との間に貧富の差があった。馬鹿にされやすかった。

 どれだけ悲惨生活だったか、今の生活と対比しながら述べると、家にトイレはなく(集落で共同のトイレだった)、上水道は通っておらず、生活汚水は外に垂れ流しであり、雨樋や排水溝がないので大雨が降ったら屋内は水びたしになっていた。

 家族食卓を囲んだ光景にいい思い出はない。口に出して述べたくないし、思い出したくもない。

 さて、その男言葉に頭にきたK君は、翌日に地域の仲間(私を含む)を連れて職員室に入っていった。K君が連れてきた解放委員会の男が怒鳴ったのを覚えている。「教頭、どういう教育をしとる!」という大声に、周囲に緊張が張り詰めた。校長までやってきた。

 その教師に向けて、「そんなことは言ったらいけんど」と説得しようとしたものの、それ以前の問題だった。その教師は、私達の質疑に対して、最後までしらを切り通したのだ。「そんなことはしていない」と言い張った。

 このままではK君の立場が危ういわけだが、私にはどうすればいいかからない。しかし、協力をしたかった。

また翌日、K君は教室の中で証言者を探すために、級友の前で声を上げた。「このままでは俺は嘘つきになってしまう。証言をしてくれ」と皆に伝えた。が、私ともう一人か二人以外に協力者は出なかった。

 次の日だった。今度は、級友一人一人と話をする作戦に切り替えた。校庭に級友を呼び出し、どうして協力してくれないのか、と訴えたのだ。それでも駄目だった。みな、「それは勘弁してくれ」と言うばかりだったという。

 さらに次の日、K君は50枚ほどのA6程度の大きさの小紙を持ってきた。それを級友の一人一人に渡して、「これに証言を書いてくれ。後で預かる」とお願いして回ったのだ。

 翌週、K君は再び、地域の仲間と、同じ地区解放委員会役員を連れて校長室に入っていった。私は外で待っていたが、勝利確信していた。K君は、20枚以上はあろうかという紙の束を持っていたかである

 その年度の末をもって、その教師は異動になった。県内の一番端にあるエリアに転勤していった。彼はまだ赴任して2年目だったこから、今回の作戦が功を奏したとみていいだろう。

 この、K君の動きを間近で見たことが、私が政治運動を志したきっかけだった。



 今度は、少し規模の大きい話をしよう。

 それから三十年以上が経って、平成の初期だったと記憶している。被差別部落生活文化的環境改善するという一連の政策国会での議決を受けてから、長い時が経っていた。

 K君の事件きっかけにして、私は解放委員会正式に加入し、高校社会科を教えながら政治運動に身を投じていた。40になる頃に教師を辞めて、今度は別の公職に就いた。

 ある年の冬だった。私が活動していた県の幹部職員が、「同和関係補助金はすべて凍結する」と、あろうことか県議会で答弁した。

 寝耳に水だった。まさか、そんなことはあるまいと考えたが、確かな事実だった。議会答弁はテレビ中継もされていた。

 当時、私が所属していた団体幹部が全員呼び出され、偉い方々から対策を指示された。それぞれの支部からも、来年度の予算について雨後の筍のように質問が寄せられていた。

 発砲ふさがりかと思われたが、ふと、K君のことを思い出した。彼はもう立派な社会人であり、解放委員会からも抜けていた。それでも藁にすがる思いで相談に行こうとしたものの、気が乗らない。

 彼に迷惑をかけるのでないかという想いもあったが、何よりも私個人の意地だった。同和教育人権思想を啓もうする活動を担う一員である以上は、自分達の力で解決せねばならないという気概があった。

 とはいえ、K君と話をしたかった。結局、正式相談ではなく、共に食事をしながら今回の件について話し合うという形式を取った。K君は、「ここで折れたら前例になろうが」という話からまり、諸々の助言をいただいた。今でも感謝している。

 後日、県の横暴に対する対抗策がまとまった。開始時期は、一週間後とした。

 数万人規模の組織で、ここまでの速度で動くのは無理がある。組織全体の足並みが揃わなくなる恐れがあったが、予算全凍結は目の前だった。

 まずは、各自治体の教育委員会オルグ実施した。

 あの時のK君のように、各市町の教育委員会庁舎に数人で飛び込んだなら、「どうしてこんな卑劣なことをするのか。子どもらが人権意識もつための活動ができなくなっていいのか」というメッセージを何時間にも渡って、毎日伝え続ける。

 庁舎の外には最大100人程度を待機させていた。みなそれぞれ、横断幕拡声器を使って、スローガンを堂々たる態度で表し、相手方にこちらが本気であることを知らせた。朝方から始まって、日中は休憩を挟みながら、日が沈む頃まで毎日続けた。

 場所関係なかった。公共機関であれば、どこででも実施した。教育委員会だろうと、市役所入り口だろうと、学校門前だろうと、警察署の前だろうと、県会議員の自宅の玄関だろうと、場所関係なかった。

 かつて、私たち基本的人権の享有を受けられなかった。その歴史を繰り返してはならない。私たちは本気だった。

 議会での答弁から半年後、私達の本気は伝わった。予算の凍結が撤回されたのだ。

 これまでと同じように、これまでと同じだけの金額子ども達への教育活動個別学習会や勉強会に使うことができるようになった。

 私たちは、相手の痛いところを突いた。突き上げを受けた教育委員会は、通常の業務を行うにあたって支障が出る。日中は、私たちが絶えず抗議をするので、それに対応せざるを得ないからだ。

 それが数日であれば持ちこたえるだろうが、何か月にも及ぶとさすがに根を上げる。

 「予算の凍結はやめてくれ。現場がもたない」と各市町とその教育委員会は、県の決定に抗議する流れができる。

 さらに長い期間に渡って続けば、県としても、予算の凍結の続行と、各市町の疲弊とを天秤にかけざるを得なくなる。

 私たち勝負に勝った。

 相手の痛いところを突けばいいというものではない。こちらも痛い目を見る覚悟必要だ。というのも、現実的には、まずはこちらが痛い目を見る可能性が高いからだ。

 上記場合、県による予算凍結の撤回を求めて戦うにあたり、相手方に攻勢をかける必要があったわけだが――初期の段階が一番苦労した。まず、動員をかけても会員は集まりにくかった(当事者意識の欠如)。これがただの動員ではなく、緊急事態を打破するための闘いであることをわかってもらうために熱弁を振るう必要があった。この説得のための活動、すなわち県内支部巡りに最も時間を要した。

 人が集まり相手方に攻勢をかけることができるようになったとして、最大のリスクがある。警察通報されることだ。特に要職にある者が動けなくなるのはまずい。敵にとっての追い風になる。

 今回は、そうした事態が起こることはなかった。絶対暴力行為脅迫行為をしてはならないと、組織内で固く申し合わせをしていたからだ。

 私が若い頃の解放運動だと、警察など介入する余地はなかった。デモ活動オルグ最中通報があって警察官が駆け付けたとしても、我々を見て尻込みをするのは当たり前で、あちらの方が逃げ出すこともあった。

それほどまでに、当時の私たちは気迫に満ちた政治社会運動をしていた。物事に対する「本気」というものが、警察すら怯えさせるほどに昇華されていた。

 時が経ち、平成時代になると、部落に住む人々も豊かになったこともあり、ハングリー精神が見えなくなっていた。集団の気迫はすっかりと消えてしまい、周りから見ると――デモ活動の全てが滑稽なものに映るようになっていた。満たされた人間政治運動はできない。それだけのことだった。

 ところで、予算凍結に対する対抗策の実施にあたり、最大の懸念事項があった。

 県と市町との連携だ。もし、予算凍結の議会答弁を打つよりも前に、県議会が各市町に根回しを行い、さらに我々を抑えるための手を考えていたとしたら、負けていた可能性が高い。

 逆に言えば、同和対策事業に関する予算の凍結という重大事項について、事前に各市町と連絡調整をしないというミスを県が犯したからこそ、我々は勝利することができたと言っていい。



 最後になる。

 相手の痛いところを突くこと、その直近の事例としてミャンマーデモを挙げたい。

 アウンサンスー・チーを頭に据える民主派が勝つにはどうすればいいだろうか?

 武力では国軍に勝てない。ならば、「国軍は間違っている」というメッセージを、自国内と国際社会に訴えかけるしかない。

 経済面ではゼネラル・ストライキを行い、社会面では民主的思想制度について啓もう活動を行い、政治面では大規模デモによって世界に窮状をアピールする。

 アメリカがすでにミャンマーへの経済制裁を行っているし、世界的な空気として、国軍より民主派を推す声が大きいのは間違いない。

 民主派のやり方というのは、それでいい。とことん大きなデモを打って、自分達の正義アピールする。

が、その代償として、民主派は多くの命を失っている。つい先ほど、未成年デモ参加者が銃で撃たれて亡くなったというニュースが飛び込んできた。先日のデモでは50人以上が亡くなったという。

 民主派グループの中でも、指導者に近ければ近い者ほど、身体危険が迫る。国軍にしてみれば、今が正念である世界各国から評価が低下することを気にかけず、民主派指導者層を徹底的に弾圧し、デモ活動を先導する者を少なくし、事態を膠着状態に陥らせ、軍事政権を持続させるとともに――軟禁しているアウンサン自然死を狙うメリットの方が大きい。

 もし日本が、ミャンマーのように危険状態だったとして、あなたが立ち上がって戦わねばならなくなった時、どういう心構えで、どういう行動を取るべきだろうか? 相手の痛いところを突くために、どこまでのリスクを背負えるだろうか?

 その問題に直面していたのが、私が生まれ時代よりもさらに昔、明治以降被差別部落に暮らす人々だった。あまりに苦しい生活環境であるがゆえ、生存権を得るために戦わねばならなかった。しかし、どうやって戦えばいいのか?

 多くの者が基本的人権を得るために戦い、痛い目に遭いながらも戦いを続け、そして今の、(経済的意味に限っては)被差別部落問題解決した現在に至る。

 あなた人生にとって、重大な戦いをせねばならない時がくるはずだ。その時に、どういった行動を取ればいいのか、当日記がその際の助けになれば幸いだ。

 40代以下の若い人に向けて、このトピックを書いたつもりだ。あちらへ、こちらへとぶれた文章になって申し訳ない。読み返してみると、まとまりのなさに驚いている。ご容赦いただきたい。

 あなた幸せのあらんことを。

2021-03-06

パンデミック時の医師会戦時下における軍部と同じ

国家存亡の危機に対して唯一対応できる組織はその危機真っ只中においては非常に大きな発言力を持ってしまう。さらにその発言内容は大体人権制限するようなものに陥りやすい。(大きな問題解決する時は人権制限をかけた方が円滑に進むからだ)

彼らはプロである以上非常に有益なことを言うのがほとんどだが、だからといって無制限に彼らの言う事を聞けば人権は確実に制限される。

歴史軍事政権はたくさんあれど医師政権が出来なかったのは、疫病は事前に発生が予測できず危機感を煽れず、また医療技術が進んだ後にここまで大規模かつ長期的な疫病が発生しなかっただけだ。

日本って軍事政権に取って代わったミャンマーへのODAを人道的な理由で止めたって聞いたけど、軍事政権取って代わられる前のミャンマーODAを出していたってことは、ロヒンギャ抑圧を人道的な問題認識していない訳だよね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん