「ハリウッド映画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハリウッド映画とは

2018-05-19

anond:20180519160403

ハリウッド映画で超ライトエンタメ流行りまくってるのご存知でない?

直近のヒット作で言うならジュマンジすげーぜ。そのままなろうで連載できる。

https://twitter.com/mamepina/status/996842572491325445

保守的アメリカでは、家族大事にするというのは聞いていたし、ハリウッド映画でも家族が描かれることが多い。

更に、こういうのを読むと、やはり、アメリカ人の精神的支柱家族なんだろうなと思う。

仏教徒が大半の日本人以上に縁(えにし)を理解し、大事にしてるような感じる。

2018-05-17

anond:20180517203020

甘く見るのも良くないが、ハリウッド映画の見過ぎかもしれないね

あと結局あんた、人の不幸喜んでない?


東北震災での、

東北地方の人口が902万で死者が1万5894人、ただそのうち溺死が1万2143人

都市部仙台市人口が100万人で、死者が千人


東京人口1300万人で、予想される死者が最大1万3000人はかなり妥当な予想だろう

2018-05-11

マクロスとか文豪ストレイドッグス とか、少し上映ずらしてくれ

ハリウッド映画だけでもスケジュールいっぱいいっぱいなのに、この2本も有るので4DX上映館のスケジュールパンパンになっている

半年ぐらい前に気づくやろ?

2018-05-08

今後のスターウォーズアメコミ映画に求めるもの

アジア人さないで欲しい

 

黒人ランドの例もあるし、まあ出ても良いけど

アジア人(特に日本人絶対やめろ! ハリウッド映画でクソ大根演技見たくもねえ 出てきた時点で俺は退席する)

は興ざめるからダメ

 

芸術に秀でた黒人と違って、この人種は金儲けばかりで演技も下手だし

ルックスも悪いし、文化的パンチもない(黒人ラップとかあるからまだマシ)

何よりハリウッド映画に「アジア人」という文脈がない

身長が低いせいでカメラアングル演出も限られてしま

 

スタートレックみたいな

最初から多様性打ち出したニッチ作品なら良いけど

スターウォーズだけはね、

ちゃんルーカスみたいな白人男が統治した方が良いよ 

 

タイトル見てみ?

「ウォーズ」だぞ? 戦争であって人類平和ではない

黄色いシミは入れるべきじゃない

2018-05-07

戦後日本で、白人だらけのハリウッド映画自然に受け入れられたのに

なぜ他の人種が脇役で出てくるとと

やれポリコレガーとかで荒れるんだろうな?

 

日本人マインド

日本人から日本人が出てる映画しか見ない! 失せろ白豚黒豚!」 

ってウヨマインドならまだ分かる

 

でも現実

日本人だけど欧米白人主役映画は楽しめる けど黒人インド人中韓人はお断り!」

って状態、よくよく考えたらスゲーねじ曲がってね?

 

おまえ白人ちゃうやん イエローやん

有色側だぞ? っつう

2018-05-05

anond:20180505025046

というか、90年代まで、ハリウッド大作、アクション大作って、日本で、超ドル箱だったよ。

アルマゲドン」「パール・ハーバーだって、ありえないくらい大ヒットしたし

21世紀に入ってから全然ハリウッド映画って、当たらなくなったけどな

目をそらしたがる奴多いけど、アベンジャーズコナンに負けてんのってさ

やっぱ日本広告代理店

女に対してのマーケティング怠ったツケじゃねえの?

 

男はああいスタンダードアクションコンテンツ

仮面ライダーとか他のハリウッドボリウッド映画でとっくに飽和してるんだわ

そういうアウェイな中で

市場開拓するきっかけに女も狙うのは当然のこと

 

それなのに

「これはハリウッド映画だ 男の客だけでも十分やってける実力がある」

勘違い、硬派気どりして

男のアーリーアダプターだけいつまでも狙ってさ

 

妙にTwitter炎上するような性差マーケティングしてれば

そら女からそっぽ向かれるだろうよ

そらアムロ主役の腐向けサービス映画に流れて当然だろうよ

 

2018-04-22

ハリウッド映画アクションシーンに時間使い過ぎじゃねえ?

原作の『ゲーム・ウォーズ』を読んだ関係で、『レディ・プレイヤー1』を観に行こうかどうしようか迷ってるうちに週末が終わってしまったアホな増田だが、

日本向けのプロモーション映像とか言うのを視聴したら、なんか期待できない気がしてきた。

あの密度作品を2時間映像に収めるなら、カーチェイスなんかに何分も時間取ってる余裕は無いはずだろ。

代わりにプライムビデオで『オブリビオン』を視聴したんだが、これまた薄いのなんの。

ドローン相手にパッカパッカ撃ち合いしてる時間が長いったら。

なんかもう、ハリウッド映画全然ダメじゃん。

あの内容なら1時間にまとめられるだろ。

CGは確かに凄いしアクションシーンも退屈はしないが、退屈しないだけだ。

演出時間を使い過ぎて、振り返った時に密度全然ない。

ブレードランナーの頃を密度を思い出してほしい。全然違うじゃん。

映画なんて2時間しかないんだから、何度も観てその度に新しい発見がある位詰め込むくらいで丁度いいんだよ。

一度の視聴で何の引っ掛かりもなく消化できてしまうような懇切丁寧で長ったらしい演出とか、流動食かよってくらい薄い。

とりあえず、アクションシーンをバサっと切って、密度を上げて欲しい。

引き算の美学映画に取り戻せ。

2018-04-15

anond:20180415205747

小口径の拳銃弾を一発腹にくらったくらいで死ぬ人間は少ないし、行動不能にすらならないが、アメリカで実際の発砲現場市民が巻き込まれるケースだと、一発の被弾で動けなくなってしま市民が多数発生するって話は聞いたことあるぞ。

なんかの調査結果のニュースだった。その調査だと、映画の影響(プラセボ、というかノセボっていうべきか)ではないか、とのことだった。

ま、刑事ものハリウッド映画だと拳銃で敵は一発で殺せるし、車を撃ったら爆発するよな。

2018-04-12

ポリコレポリコレ言うけど現状で結構規制されてるよね

今のハリウッド映画では日本人の醜さを嘲笑うシーンはないし、

不細工自殺しろアイドルが言い放つこともない、

母子家庭地雷だとお笑いコンビネタにすることもない、

平均未満の身長価値がないとメディア烙印を押さない、

生活保護ゴミと表立って批判されない、

オタク犯罪者予備軍だと笑われない。

2018-04-11

映画感想トゥームレイダー ファースト・ミッション

トゥームレイダー ファースト・ミッション』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

点数で言うと80点くらいだろうか。サービスデーやレイトショーで見ると満足感があるという点数。

ぶっちゃけると、平均的なアクションB級映画であってそれ以上でもそれ以下でもない。ごくごく個人的事情により「ちょい俗悪なレベルのB級アクション映画」を見たくてわざわざ選んで見に行ったので、そういう意味では120点だった。

というのもそれ以前の視聴ログが『ドラえもん のび太の宝島(点数をつけるに値しないここ数年で最底辺映画)』→『リメンバー・ミー(どうしてここまで作り込んじゃったんだろう、子供向けをぶっちぎった文芸映画だぞ高得点すぎて意味わからん)』という履歴であり、次は『ジュマンジ』を見に行く予定もあったので、口の中をすっきりさせるというか、程々の映画期待値リセットたかったのだ。程々で大変素晴らしかった。

最近ハリウッド映画らしく、CGレベルはもはやCG臭いとか臭くないというレベルは遥かに飛び越えていて、「どういうワンダーな画面を見せてくれるか」になっている。その基準は十分に満たしているし、アクションも、期待のB級謎解きも、おおよそ期待通りだった。

B級のお手本として

古代日本邪悪女王ヒミコが残した宝」というぶっ飛びネタからスタートする本作であり、一部の人はカチンとくるかもしれないが、いいのだ。これがB級なのだ

トゥームレイダー』はたしか歴史あるIPなのだが、だからといってその歴史上級であるとか本格であることを全く保証しない。むしろトゥームレイダー』こそがトンチキB級アドベンチャーですよ。

超古代文明のつくりあげた謎の遺跡トラップ宝石の色の重ね合わせで罠解除とかどこのどんな技術だよ! とか突っ込むのは序の口であり、むしろ、おいおい光る宝石の色を混ぜ合わせるのに青+黄色で緑って絵の具じゃねえんだぞ。光の重ね合わせはむしろ引き算だろう! とか、そういうレベルで胡散臭くアホっぽいのが『トゥームレイダー』であり、トンチキは正義なのだ

直径10kmもないような絶海の孤島に幅25mの激流が流れてて10階建てよりも高い滝があるとか、水源地全くわからないけど、良いんである。その場その場が盛り上がって格好良ければいいのだ。B級ってそういうものなので、批判に値しない。っていうか、むしろポップコーンを食いながら指差し爆笑するのがふさわしい映画なのだと思う。

ここらへんは(あくまでこの感想全部と同じく私見なのだが)減点要素ではなく加点要素であった。そんなのより安易クリフハンガーに頼って、やたらと高いところで鉄骨渡りやらせればスリルが出るだろうみたいな安易さのほうが減点である

B級になりきれなかったララ

トゥームレイダー ファースト・ミッション』は映画版『トゥームレイダー』のリスタート作品として、このシリーズ第一作にあたる。主人公はこのシリーズ看板であるララ・クロフト(演アリシア・ヴィキャンデルである

――のだが、このララ・クロフトが今回いまひとつだった。

冒険アクションゲームであるトゥームレイダーシリーズ主人公ララ・クロフトはひとことでいえば、女性インディ・ジョーンズであって、タンクトップ一枚で二丁拳銃を構えて、荒野、密林、砂漠洞窟、地下洞窟に飛び込んで、古代生物だろうが邪神教団だろうが謎の殺戮機械だろうがお構いなしにバカスカぶっ殺しては遺跡を漁る天才的『トゥームレイダー(墓荒らし)』である

はっきりいって彼女はキチ○イなのだ

軽装備で密林の現地部族の槍にぶっさされても、錆びた鉄骨が脇腹を貫通しても、瓦礫に生き埋めになって両腕がおれても、不敵な笑いを浮かべて古代の謎に飛び込んでいく頭のちょっとおかし女性。それがララ・クロフトである。B級だからそれでよくて、それが良かったのだ。

でも今回の映画トゥームレイダー ファースト・ミッション』はそこが失敗してしまった(もしかしたら制作側は失敗ではなく計画通りだと思ってるかもしれないけれど)。

今回のララ・クロフトは、行方不明になった父リチャード・クロフト行方を追い求める「成人にはなったけれど心はまだ傷ついた少女のまま」という造詣がなされている。身体能力知的能力は確かに卓越しているけれど、キチ○イではない、真人間なのである

(キチ○イ度が下がった結果おっぱいサイズが小さくなってしまったのも悲しい点だ)

その結果なにが起きたかというと、ララピンチになって撃たれたり首を絞められたりするシーンで、スカッと爽やかに画面を見ていられない、なんだか辛いような気持ちになってしまったのであるちょっと残念。

今作においてララ・クロフトの動機は「行方不明の父を探す」であり、今後シリーズ動機は「父を殺した秘密結社トリニティとの対決」になっていくと思われるのだが、でも、だとすると「超古代文明遺跡に挑んでロマンだ! 不思議だ! 財宝だ! いいいいーやっふーぃーーー!」という爽快感は(あるていどのところ)諦めなければならない。

B級アクションアドベンチャーの女主人公として、脳みそハイになりきれなかったところが今回映画最大の泣き所だと思う。

てなわけで『トゥームレイダー ファースト・ミッション』の感想おわり。B級映画なのでBな感じで感想書いてみた。

2018-03-26

中国忖度するハリウッド映画なんかが先進的なわけがない

 中国共産党に対する批判はもちろんタブー。過剰な暴力性的シーンも許さない。1980年代に大ヒットした「バック・トゥー・ザ・フュ

ーチャー」のような時空旅行を扱った作品も「検閲対象となる」(ハリウッド関係者)。過去に戻って共産党支配を「変えられる」と

連想することを警戒しているとされる。

 中国映画市場の規模は遠から米国を抜いて世界最大となる。米中合作で2016年に公開した「ザ・グレート・ウォール」は米国での興行

入は約50億円だが、中国では4倍の200億円弱を記録した。17年に中国ファンドの出資を受けた制作会社SKグローバルのジョン・ペノッティ

社長は「まず中国戦略だ。3年前とは様変わりだ」と語る。

ソフトパワー、無言の圧力 ハリウッドもう戻れない (写真=ロイター) :日本経済新聞

アメリカ在住の日系アメリカ人日本人ジャーナリストが「アメリカ映画マイノリティ意識した映画を作っていて

偉い!それに比べて日本は遅れている」なんてことをよく言うけど、言論の自由のない国に屈服してるんじゃ説得力無いよ!

リベラルってどういう意味なのか忘れてしまったのだろうか・・・

まあエンタメなんて金儲けが第一なんだし、そんなもんに過剰に期待する方がどうかしてるんだよ

2018-03-11

ハリウッド映画見てるとCGキャラクターは骨から作られてることが多いけど邦画CGはそこまでやることないよね

あれそんなに難しいんかな

もう何年も前からから作ってるからそろそろ真似してCGリアリティを少しでも高めてもいいころだと思うけど

2018-03-05

ウヨハリウッド映画なら沢山あるぞ

パールハーバー」「プライベートライアン」「ブラック・ホークダウン」

えー…あとなんかアメリカが開戦する前にタケノコのように流すけど上映が終わったら誰も話題にせず名前も残らない戦争映画ありすぎて忘れる

2018-03-04

anond:20180304151757

増田の言わんとしてることにちゃんと適した答えかどうかちょっと自信ないけど、ハリウッド映画登場人物には、黒人が必ず何パーセントかは入らないといけない、みたいなことになってる話と一緒かなって。

2018-03-01

anond:20180301220422

支配してこないのは手間がかかるからじゃなくて、

有難味がないからだろう

そりゃ観光地としては使えるかもしれないが

空間装置を持つ宇宙人なら当然、無限エネルギーも持ってるだろうし、惑星テラフォーミングくらいしてるだろ

そうするとわざわざ既に人が住んでる惑星支配するメリットってないでしょ

宇宙人侵略の話をすると人類大航海時代イメージしすぎ

好きな星を採掘してテラフォできるだけの科学技術あんのにわざわざ地球資源植民地支配するメリットあんの?wっていう

 

あなた大金持ちで自分の好きな土地を作り替えて住める身分

わざわざアマゾンの奥地の部族支配してやるぜゲヘヘなんて思考回路になるか?

慈悲深いパパとして観察してやるか導いてやろうとするか、

もしくは無視するか、

もしくはちょっとしたアドベンチャーワールドとして遊びにくるくらいでしょ

エイリアン的な想像のほうが非現実的すぎる

何でも持ってるやつが宇宙進出すらできない原始人を支配して何の意味がある

ハリウッド映画とかで宇宙人地球人ちゃん戦争してる方が嘘で

実際ガチ戦争になったら勝ち目なんてあるわけねえだろ

未知のウィルスやポカで死ぬエイリアンなんて小説だけにしろっていう

2018-02-20

anond:20180218203227

これってハリウッド映画について言われてることをまんまライトノベルに置き換えただけだよね

でも当てはまっちゃうんだけど

2018-02-13

anond:20180213132358

最近ハリウッド映画みたいに、中国資本を受け入れて、それに伴い脚本中国びいきに変更すれば建て直せるよ!!

2018-02-08

anond:20180208005446

なわけないだろ

世界がどうか知らないが日本は町中にボケ老人がさまようウォーキング・デッド状態

つい先日もコンビニに車が突っ込んだばかりだ、まあ人手不足で閉店済みだったんだけどw

ハリウッド映画ファンでもなければ地獄の真っ只中だぜ

2018-02-04

anond:20180201234311

ハリウッド映画だとキャンピングカー生活してる人はだいたい底辺中の底辺なので増田がそのイメージを打破してくれることを期待してる

2018-01-30

ブラックパンサーって映画

盛り上がってるの黒いブラザーだけって事ないだろうな

ハリウッド映画って結構有るんだよな。

「全米ナンバーワンヒット」と宣伝してるから見に行ったら

かなり特定の層向けのエクスプロイテーション映画でしたってオチ

最近見たロボアニメ感想

ネタバレあり。増田でアニメ感想文書く人は義務的に全部見て薄い感想書くくらいなら、好きなアニメだけ見て、これくらい気持ち悪い文章を書いて欲しい。せっかくの匿名だから気持ち悪くいこう。

新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION

エバーエバー言ってるオッサン多かったけど、このシンカリオンで注目すべきは、主人公が自分以外の誰かのためにロボットに乗るってとこ。お父さんのため、シャショットのため、誰かの夢のため。いい子すぎかよーーーー!!! ハヤトくんCVあやねる超かわいいかよー! ドライブヘッドとはタイプが違いすぎる主人公持ってきたな。それにしてもドライブヘッドは極度に萌えっぽい要素は宗像チーフの激エロ制服くらいだったのに(タイガくんのアイス好きは超可愛かったけど)、のっけからいきなり激カワショタCVあやねるって。ここにクールなCVぬーさんが加わるって。これ朝アニメなのに声豚狙いすぎだろ! 更にりえしょんも来るんだろ!? そしてヒロインのJSユーチューバーがあやち(今期ヒロインめっちゃ多いね)。この組み合わせはもう声豚を殺す気満々だよね。あと指揮官役が特急のライバルだった緑川光と、機関車だった杉田智和なのは、往年のタカラ玩具ファン狙ってるのか偶然なのか(これプラレールだからトミー側だけど)。オペ子のCVが雨宮天(今回は綺麗)なのはガイストクラッシャー感ある。でもケツの穴とは言わなさそう。

ロボオタのみんなは俺が言うまでもなく見て「柳瀬?」「これテンカイ…」って言ってるけど、声豚のみんなも早起きして見ようぜ! YouTube他で公式配信もしてるから寝坊しても見ようぜ!!!!! 配信中のドライブヘッドの新シリーズもよろしく!!!!! ドライブヘッドは夏の完全新作映画もあるぞ!!!!!

この段落は読まなくていいよ。「大人がまともなエヴァ」って評には、「そもそもエヴァが『子供が戦う話に出てくる大人が全員ダメ人間だったら』なんだから、素直に作ればそうなって当然だろ!」ってケチを付けておく。あとJRの協力どうこうも、そもそもアニメ原作である玩具がJRの子会社と小プロとタカトミの共同企画だったでしょ、と。JRの車内でウチが関わってる企画ですってテロップ入ったCMもやってたんだけどな。このはてなーの反応でテレビアニメ無しの玩具コンテンツがどれほど世間に届かないかを再確認できた。ちょっと前にトミーの人がアニメ玩具批判めいたことを田中圭一の電ファミ漫画で言ってたけど、やっぱアニメ化しなけりゃこんなもんなんだよ。トミカではハイパーに人型ロボが定着して、プラレールにも久々にロボが来て、新作ロボ玩具の波がタカトミのトミー側から来てるな……なんてロボ玩具・男玩ファン界隈では数年前から盛り上がってたんですけどね。既存の安定した人気IPに乗っかる形だから、変形ミニカー売り場にビークールを25種くらい一気にブチ込むことでブーブとダイヤロボを焼き払って売り場ごと全滅した時みたいにはならないと思ってみてたけど、そもそも盛り上がってるとは言えなかったんだな。やっぱり地上波アニメハリウッド映画じゃないとダメか。まあそれはゾイドの現状を見て気付くべき……死体蹴りになるからやめようか。とにかくアニメになったから、みんなが知ってくれたし、プラレールも買って盛り上がってくれたら嬉しいね。最後に、ドライブヘッドをハズレアニメ扱いしたクソッタレブクマカの骨が、成型から20年経過した金色のプラスチックになりますように。

ダーリン・イン・ザ・フランキス

はいはい、セックスセックス

マジンガーZ / INFINITY

楽しかったけど、これを東映アニメーションが作った意味が分からない。◯◯周年みたいな看板掲げたかっただけ?

こんなんバンビジュチェンゲ以来やってきたダイナミックプロ系のリメイクアニメと変わんねえだろ。マジンカイザーインフィニティでも、真マジンガーインフィニティでもいいし、新しいタイトルにしてもよかった。なんで「マジンガーZ」にしちゃったの? というのが最大の減点ポイント

いや、楽しかったよ? 音楽いいし(Zのテーマで泣いたけど、スクランダークロス時に空飛ぶマジンガーZが無かったのは大幅減点)、CGのアクションもかっこいいし(ちゃんと足裏の光子ロケットで宙返りしてスクランダードッキングしてて感涙)。でもこれが東映動画制作アニメの続編として出されると「は?」となる部分が多い。OPで東映版アニメ風のイメージイラストを散々見せといて(主題歌流れた時点でもう泣いてて、このイラスト駄目押しになって声出すの我慢するくらい本気で泣いた)、その続きですといって出すのがあの本編かよ。

弓先生が大人の事情を現場に押し付けるおじさんになってるのは「なんで……?」ってなるし(脚本の都合にしか見えん)、さやかさんが光子力の研究者になってるのが謎すぎるし(東映版では高校に通ってないんだぞ。中卒所長か?)、ガミアQの存在とかマジンガールズの演出とかお前永井豪漫画版と東映版アニメ混じって記憶してんじゃねえの? みたいな点もあったし(弓「総理」もマジンサーガの読み過ぎなのでは? と邪推したくなる)、あしゅらがジェットファイアーバッタモンに乗ってるし、そもそもあしゅらもブロッケンもサルードやグールで指揮しろよ! だし、しょうがないとはいえピグマンいないし、これもしょうがないとはいえミケーネ闇の帝王の先遣隊・ゴーゴン大公がいないのも淋しいし(武人タイプでかっこいいんだよね。グレートでの死に様は敵ながらあっぱれだった)……。桜多版設定を全面的に支持するわけじゃないけど、ヘルの世界征服の動機なんかをああやって今風にアップデートさせちゃうと、これはテレビの続きなのかなぁという感想が出てきてしまう。まだロボガの方が東映要素目立ってたかも。もういっそゼーレンみたいな新作立ち上げてやればいいのに。ヘルの動機とか先の戦争どうのこうのとか正に。結局昔のかっこよさ中心のヒーローものと今風のリアル系な設定との整合性とれねえよなって話でしょ。しかもこれ一本で消化しきれてねえじゃん。最後の会見で元おかちめんこ(さすがに今回のデザインをおかちめんことは言えねえ)が次は上手くやるとかブン投げてたけど、この映画には次があるのかよ。本当になんでマジンガーZってタイトルでこの話やったの?

あとね。インフィニティマジンガーに似た姿である意味が分かんない。たぶんマジンガーマジンガーやりたかったんだろうと思うけど、それ東映版でやってないだけで、他では散々やってきてるネタなのよね。グレンダイザー数えていいなら東映動画でもやってるし、漫画だと『双魔人ダブルマジンガー)の恐怖』が傑作。これと『魔神の挑戦』(ダイザー対グレートのコミカライズ)の二作品は桜多版と並んでコミカライズマジンガーの必修だから、みんな読もうね。それはともかく、マジンガーマジンガーは近年ではマジンガー作る度にやられてるネタ。それなのに今「富士山に埋まってたマジンガーに似た巨大ロボ・インフィニティ世界中光子力でデカい幻像実体化させたZ」とかやられても。なんだよマジンカーネルって。小説とはいえ『スーパーロボット大戦』で「十蔵博士が作ったZを剣蔵博士の設計図を元に弓先生が改造し甲児が動かすゴッドマジンガー 対 十蔵が破棄した設計図を元にあしゅら男爵が密かに建造しヘルの怨念で強化され闇の帝王を吸収したデビルマジンガー」というなんともシリーズ集大成感溢れるマジンガー同士の最終決戦が20年前に世に出ていたのに、2017年(国内公開は2018年)に東映が作るのはこれなのかよ。ヘルが乗った悪のマジンガーとの対決という点で比較しても完敗だよ。当時ダイナミックプロでブレーンやってた作家に当時の没プロット持ってこられたら勝てねえのは当然だけど。だってある意味では原作者以上に原作者だもん。それと比較して思うのは、マジンカーネルとかいう知らないモノ持ち出すよりも、まずテレビアニメから存在してる光子エンジンクローズアップすべきだったんじゃねえの? テレビでも改造といえばまずエンジンで、武器や他の装備の強化はその次だったでしょ。とは言っても当時の文芸スタッフはだいたい亡くなっとるし、生きてるからといって藤川桂介担ぎ出すのもなぁ。永井隆もPとして一歩引いてたようなことを雑誌か何かで読んだ記憶がある。それに団龍彦が本物のZはエンジンにおじいちゃんのサインが! とかエンジン話を散々やったから今回はあえて避けてたのかもしれない。そもそも今の人が作るんだから当時の雰囲気は引き継げるわけないよねって話もある。でもだったら最初に言ったように、バンビジュ系のリメイクみたいに漫画なり当時の企画書なりを原作に、もしくは完全に独自の世界でやりゃいいじゃん? 鋼鉄神ジーグみたいにアニメとも漫画とも微妙に繋がらない話にしてもよかったはず。くどいけどなんで東映版の続きにしちゃったの? 失望しましたインフィニティの話するのやめてダイナミックヒーローズ読みます(って定型文で言ってみたけど、そういやエンドクレジットに原画で越智一裕いたね。OPの旧作の画風再現イラストがそうだったのかな? 各種DVDジャケットといい、超合金魂DCの監修といい、すっかりそういう仕事の人だなぁ)。

お話はともかくとして、キャスティングは良かった。知ったときに「えっ、しょうなのぉ!?」って思った森久保祥太郎の甲児くんは思った以上に甲児くんだった。関俊彦の鉄也さんもかなり合ってた。でも活躍少なかったのが残念。かやのんもすみぺもいっぱいちゅき(これは感想ではなく、ただの声豚の鳴き声)。タレントも棒じゃなかったね。宮迫あしゅらいいじゃない。おかずクラブはセリ自体少なかったのでまあうん。

キャラさやかさんが普通に美人ヒロインやってる事自体は悪いことじゃないし(喧嘩で顕微鏡投げるアラサー女はさすがにヤバいからね……)、リサも娘尊い。ネットで甲児とさやかに種付けックスさせたガールとか酷いあだ名付けられてたけど、これが何一つ間違ってないのが一番酷い。ジュンさんはあれから10年経っても石鹸持って「色が落ちない!」しそうな超危ういメンタルしてるわ、この人。見てる方がこわいから鉄也さんパイロットやめて側にいてやってほしい……。

ところでこれ完全に妄想なんだけど、隣接次元って手天童子の母親の病室じゃない? リサの容姿や性格や行動は、あのとき甲児くんが可能性に触れたから遡って決まったのでは。さっきのリサのネタ的な呼び名もここから逆算すると本当にそういう行動規範を持ってる可能性が……この話はいいや最近手天童子読み返したが故のこじつけだし。

機械獣との戦闘シーンはものすごく良かった。これは声を大にして言いたい。Zが機械獣と戦ってる間は、スクリーン観ながらずっと泣いてた。機械獣はもうちょっと種類絞って個々に活躍させてくれよ! とも思うけど、そうなったらジェイサーやダムダムやデスクロスといった今回めっちゃ目立ってた連中はもちろん、ジャイアンタイターンみたいなデカいだけで知名度微妙な子も出てこられなかったろうし(永井豪版やリメイクにいるでもなければ、スパロボ常連ってわけでもないからなぁ)、個人的にはサタングロースがスクリーンに! というだけでニヤリとできたのでまあいいかな。もし数絞ったら毎度おなじみガラダとダブラスに延々立ち回られることになりそう。前期OPにいるおなじみの機械獣ではあるけど、あいつら作り置き組だから以降の機械獣より格が落ちるはずなのにね。知名度は偉大だなぁ。でも賢ちゃんが双葉社アンソロで描いたガラダブラがいいかげん乱用されすぎだったから、ここでちゃんとプレーンなのが出てきたのは良かったかな。残念だったのは、富士山での戦いだったから水中戦が得意な機械獣の影が薄かったこと。とはいえ富士五湖グラナダとか、今出たらやべえよな。水爆工場が爆発とか風評被害どころの話じゃない。

Zの武器も一回こっきりの謎武器以外は全部出てた(だから指ミサイルブーメランは無い)。ちゃんと「スクランダーカット!」って言ってた。嬉しい。ドリルミサイルの多用もありがたい。アイアンカッターラリアットが最高にカッコ良かった。グレートもキックやブレードを使ってZと差別化してた。Zは脚に装備が全然ないんだよね。ロケットくらい。

忘れちゃいけないのがボロット。ちゃんと活躍してた! しかも陽動で! そうだよ、ボロットといえば陽動と足止めと時間稼ぎのプロなんだよ。なんだかんだ言ってあいついなかったらZの修理間に合わないときいっぱいあったからね。グレートでも二面作戦で街と研究所を同時に攻められたとき、しっかり足止めしてくれてた。偉い! さすがはボスロボットだわさ。あからさまに足引っ張ったのって、テレビじゃパイルダーから燃料抜いたときぐらいじゃないか。そういうやつなんだよボスって。後続作品のコメディリリーフロボ(と書いてお邪魔虫)が真似できてなかったのは、こういうところよ。

重戦車Zが量産配備されてたのも偉い。もしもあれなかったら「イチナナ式とか考えたやつキャットルーにしばかれろ!」って念じてたところよ。ちゃんとテレビに出てきたものを活かしてる。

バカラスが小ネタ的に登場したのも嬉しかった。Zの映画だけどグレートのキャラもちゃんと出てくる! それもバカラスが! でもZの映画の割にはみさとさんがちょっと事情を知ってるただの人になっててなぁ……まあ尺考えたらしょうがないよな。後半ヒロイン同然だったとはいえ、この映画で女007が活躍する隙なんて……あ、マジンガールズ……。

長々と感想書いたけど、今はまだこの映画を愛することも憎むこともできない。でも大スクリーンで大機械獣激闘する鉄の城が素晴らしかったので観てよかったとは思ってる(ここ劇伴作曲者的に考えて彈劾凰→G彈劾凰に掛けるべきだろってツッコミを入れてね)。

この映画は「昔見た記憶がうっすらと」「漫画/スパロボリメイクで知ってる」「マジンガーが悪いロボと戦う」くらいの薄い知識の方が楽しめると思う。昔のアニメを変に神格化してると、こういうめんどくさい感想文を書くマンになっちゃうから

もし次の映画があったらマリアちゃん出してほしいな。40年前のキャラとは思えぬ美少女っぷり。荒木伸吾おそるべし。未だメグちゃんに心奪われたままのおじさんおばさんは多いと聞くが、マリアちゃんも負けず劣らずかわいい普段妹萌え無いんだけど、マリアちゃんには萌えを感じる。もしキャラデ続投するなら飯島弘也がどうデザインしてくるかも気になるところ。マリアちゃん24歳かぁ。声は誰がいいかなー。(以下マリアちゃん妄想が続く)

2018-01-09

今更録画した「君の名は」を見た

今更なので皆見てると思うん自分なりにですが、よかった点を淡々と挙げます

舞台ハリウッドありがちな近未来都市部でよかった。

主人公バニングの魅力をダニエルはよく出せていた。

・大迫力のビル倒壊シーンは本物のビル解体映像を使ったお陰でものすごかった この映像映画館でみたかった

テロリストが実は未来世界から来たAIバニング相棒AIというのは聞いていたが、その設定の練られ方はすごいとおもった

最後相棒としてAIを受け入れたのは良かった ハリウッドなら基本的人間至高なので壊されちゃうのかなと思ったいたのでこのラストハリウッド映画新時代だと思う

日本描写なんちゃって日本ではなく八百万神を表していたのは良かった

 

いまいちだった点、もう少し説明がほしい点

相棒AIはいつ入れ替わったのか?

中部電力黒幕にする必要はあったのか?

ヒロインのオーキスロボットなら主人公とのベッドシーンで気が付かなかったのはなぜか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん