「ストロングゼロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ストロングゼロとは

2018-01-21

都内 デリヘル

この間、深夜ストロングゼロきめながらノリで風俗面接予約して、受かったかデリヘル嬢になった。

そんなかわいくないんだけど、お客さんが本番狙いのためかかわいいかわいい言ってきてウケる

8時間で4万~5万稼げる、そんな稼げてないな

予約が入らないといらいらする

素人系学園店だから、いろんな高校制服スク水着たり痴漢プレイしたりするんだ

目的も無く暇つぶしに出勤してる

予約入らなくても待機所テレビパソコン食べ物もあるし

風俗はいろんなお客さんが来る、所謂キモ客みたいなのばかりだけど、たまにかっこいい大学生とかいけめんとか

正直、イケメンだと緊張するからキモ客のほうがいいかも、見下してるのかもね

おっさんってなんであんなに身だしなみに気を使わないんだろ、

一流企業に務めてるって自慢してるけど小学生みたいな靴はいて、コート毛玉つきまくり

ほんとは21なのに18歳の女子大学生って設定でやってる

たまにほんとはいくつ?ってきかれるけど、18だよ~って言ってる

同じ店に5年くらい勤めてて19設定の人いるけど、素人店でいいのかそれ

私も将来ああなるのか

風俗掲示板治安ゴミだし、女の悪口しか書かれてないけど、たまに褒めてもらえるから嬉しいな

承認されてえ~

なんか風俗店のボーイさん?激務らしいよ

出勤したら毎日同じ人いるし、あの人たち店に住んでるのかも

2018-01-19

anond:20180116000015

ストロングゼロ飲んで土曜も日曜も寝過ごして月曜を迎えて、どうぞ

2018-01-18

[] #47-6「嫌煙の仲」

センセイの話によると、こういうことらしい。

政府タバコを売って、税で儲けたい。

だがタバコポピュラーになりすぎると病気人間が増え、保険料が増えてしまって本末転倒

から教育メディアを通して、タバコネガティブイメージ認知させることでそれを抑制

すると当然、タバコ喫煙者に対する風当たりが強くなる。

そこで禁煙法を制定。

紆余曲折を経て、最終的に二択を強いるわけだ。

税金をうんとかけてでも吸いたいか? それとも吸うのをやめるか?」

この選択を不当だと反対するのは貧乏ヘビースモーカーだけ。

問答無用で受け入れざるを得ないってことらしい。

「そうやって喫煙家と嫌煙家対立させ、程よく“議論が深まった”ら、タバコの重税を落としどころとして提示するってわけ」

まり政府にとって禁煙法の目的タバコの根絶ではなく、喫煙に関する問題意識の植え付けと、税金徴収大義名分を手にいれることだった。


道理禁煙法が制定されても、センセイたちは割と冷静だったんですね。政府の思惑を理解していたから」

政府だって、あの市長みたいな輩ばっかりというわけでもないからね。稼ぎ頭のタバコ様を簡単にクビにできるほど、私たちの国は豊かではないことくらい分かっている。安易善悪や好悪の問題に飛びついて、大局を蔑ろにするほどバカじゃない」

「でも……それって、つまり嫌煙家煽り立てて、その実は喫煙家を飼い殺しにしたってことですよね。税金をたくさん手にいれるために」

「悪い言い方をするなら、そういうことだ。だが私たちはそれで納得せざるを得ない。様々な人間が一つの社会で生きている以上、各々が自分の望むもの享受するには、多少のことは甘受しなければならないからな」

「言っとくが、オレたちは別に政府を責める気はねえぞ。社会を動かすのは名分だが、支えるのは実利だ。それを両立させる必要があったから、ヤツらは自分仕事遂行しただけ」

タバコによって不健康人間を増やさず、その上でタバコで多く儲ける。

何だか矛盾しているような気もするが、その矛盾を成立させるのが彼らの仕事なのだろう。

しかし、俺は理屈の上では理解できても、何だかモヤモヤが拭えないでいた。

もちろん、ここでいう“モヤモヤ”とはタバコの煙のことではない。

「じゃあ、市長の前で俺たちが言ったことって、大した理屈じゃないってことですか」

「一応の筋は通ってはいたんだが、まあそうなるな。身も蓋もないこと言うと、禁煙法が上手くいかなかったのだってタバコポピュラー嗜好品だったからなのが大きな要因だし」

「今でこそ縮小しちゃいるが、一昔前はこの町で人口の半分以上が親しんでいたもんな。そこまで普及したものを、ちょっとやそっとのことで無くせるわけがねえ」

「そうなんですか。てっきり俺は、あの抗争はセンセイたちが裏で色々と根回ししたからだと思ってました」

俺が冗談めかしてそう言うと、さっきまで笑いに包まれていたカフェはいきなり静かになった。

「……マスダ、そういうことは思っても口にするもんじゃないぞ」

「そうだ。本当に俺たちがそんなことしてたらタダでは済まない。お互いに」

どうやら不可侵領域だったらしい。

「……まあ、他の理由を挙げますと、組合協会などの強大な組織があったのも大きいですな。同じ理由で、餅やストロングゼロとかも結局は合法化されましたし。この調子だと、マリファナもいずれ合法化するかも」

「ははは、さすがにそれはないだろ」

「それにしても、そうやって害悪もの容認することが結果として是になるなら、いずれ課金ゲームガチャとかも税金がかけられるだけで残り続けるんでしょうか」

俺が冗談めかしてそう言うと、ますますかになった。

「もう、かかってるよ。近々、値上げするんじゃないかな」

「マジすか……」

「マスダはもう少し、自身情報アンテナを強化したほうがいい」

物事には善悪だとか好悪だとかでは単純に語れない。そういうケースが多くある』

センセイが以前に言っていたことだが、俺がその意味を正しく理解する日は、もう少し先になりそうだ。


====

スモークスモーク

歌:ロイヤル・トゥエンティーズ 作詞ケムリクサ組合 作曲ハブオーディオ

誰がタバコを吸ってる?

俺たちが吸ってる

それはタバコだよな?

俺たちは愛煙家

誰がタバコを吸ってる?

俺たちがタバコ吸ってる

タバコ 誰が吸う?

タバコ 俺が吸う

タバコ 誰が好き?

タバコ 俺が好き

タバコ 誰が吸う?

タバコ 俺が吸う

(おわり)

2018-01-16

土曜に告白しようと思ってデートの下見してたら電話が来て

ターニングポイントになりそうな仕事アポが日曜に入ってしま

この土日のプレッシャーがすごいことになった

ストロングゼロ飲んで寝るしかない

2018-01-12

加湿器ストロングゼロ入れてみた

水を補給するのが面倒だったので手元にあった缶から流し込んだ。

意外と良いオイニーがする。

レモン味だからかもしれないが、

選択肢ひとつとして有りだと思う。

2018-01-10

Twitter死ね

ログインしたら久しぶりに通知 → ○○さん、××さん(どうでもいいフォロイー)がストロングゼロ大根入れたらうんぬんの記事を共有しました

超どうでもええええええええええEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE死ねええええええええEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

Twitter死ねとか書いたら凍結されるから増田で書く

2018-01-09

野菜を食べる生活してる

健康診断の結果がものすごいひどかったのでベジタリアンかってぐらい肉を断つ生活出汁は取ってる)をしているけど、たまに断れない飲み会なんかで唐揚げを食べると1週間ぐらい唐揚げの味を忘れられなくなる。

から揚げ粉を買ってきて、豆腐にまぶして上げる豆腐唐揚げを作るものの、肉のジューシーさとの大幅な違いからもう肉を食べてしまいたくなる。

ベジタリアンがなんで肉を食わないのかわかった気がする。肉を食ってしまえば、どうしても頭から肉が離れない。

肉が食べたい

肉が

 

そんな時に出会ったのがストロングゼロ

これを飲むとどうでもよくなってくる。

肉はストロングゼロには勝てない。

いや、ストロングゼロの前では肉は野菜に等しい、ストロングゼロの前では何もかも無なのだ

俺はストロングゼロで動く。ストロングゼロを飲むために野菜を取る。

ストロングゼロ大根おろしを入れる。

これが野菜なのだストロングゼロ野菜だ。

2018-01-08

下戸なのにストロングゼロを飲んじゃった

自分はやや下戸で外ではウーロン茶で通してるんだけど、

今日ものの試しで家でストロングゼロを飲んでみた。今とてもフラフラしている。

2018-01-07

やれストロングゼロがなんだ、バーチャルyoutuberがなんだ、ってのが流行ってるけどさぁ

なんすか?それ

そういうのに言及するのがいま面白い感じなんですか?

って思ってたんだけどさ

考えてみれば、俺も大学生のころ

やれはなまるうどんのかけ小で揚げ玉を大量投入してどうの

やれ松屋は俺の食卓でどうの

そういう意味不明なことをtwitter投稿して悦に浸ってたな

ユビッターってクライアント使ってたわ

いまあるのか?

あれと近い感触なんだろうか?

と気がついたわ

あいまのアクティブネット民が実際何考えてるかはわからんのだけども

ファーストキスをした

できるだけ当日のうちにこういう気持ちは書き残しておくべきだと思うので(日付自体は変わってるけど)、ざーっと書く。

彼女ビデオを、きれいめな(デートで使える!とか書いてあったくせにストロングゼロの空き缶がビニール袋に入った状態放置されていた。うーむ……)完全個室のネカフェで見ることになった。

恥ずかしがり屋の彼女もので、「これ以上見るならキスするぞ」とか言ってきた(キス経験だということは伝えてある)。冗談半分だったけどな。

正直めっちゃ近い距離でいちゃいちゃしてて、いまさら感はめっちゃ漂ってた。あとはいつ踏み出すか、だったと思う。

「してみる?」

声も出せずに唸る彼女がかわいかった。

ムードを確保するかプライバシーを確保するかだったら、プライバシーを確保するくらいには常識人である

実家暮らしだし、俺。

いちゃいちゃして、抱きしめ合って、くっついて、顔と顔を擦り付けあって、頭撫であって、鼻と鼻をごっつんこして、眼と眼を見つめ合って。

何度目かに顔が近付いた時に、お互い目をそっと閉じた。


なんだろう。

お互いうぶなこともあって、今日しちゃったのはほんとに唇と唇を触れ合わせて、唇で相手の唇を挟むくらいの軽いやつ(一般的基準がわからないんだけどそうだよね?)なんだけど。

きもちよさ、というよりは、あげちゃった、捧げちゃった、誓っちゃった、ってくらいの、契約の証っていうか、そういう印象の方が強かった。

実際に、ふたりで「しちゃったね」って微笑みあったし。

それだけ大事にできる人が、隣にいてくれるってだけで、もうめちゃくちゃ幸せ

僕の唇に彼女の唇が触れていたんだなあ、って、何度も思い返してしまう(実際に今唇をなぞりながらこのエントリを書いている。ただのバカ)。

えへへ。

2018-01-06

[]1月6日

○朝食:台湾ラーメン、ご飯、卵、海苔納豆

○昼食:ぜんざい、もち

○夕食:豚ロースステーキほろよい的なチューハイストロングゼロ的なチューハイ

○間食:サプリメントマルチビタミンミネラル)二粒

調子

はややー。

休みなので、酔っ払いです。

ゲームしたり、バーチャルユーチューバー動画見たりしてました。

酔っ払いなので明日になったら消しそうなこと書きますけど、この日記に書かないと決めたゲームばかりしてるから、書くことがあんまないんですよ。

もうね、そのね、幸せ雪だるまから大きくしないとダメなんだよ……

雪だるまから大きくするために転がさないと、転がらないと!

ごろーん!

ごろーん!

ごろーん!!!!!

あのさ、このゲーム日記始めて割と経つんだけど、未だにトラバとかブクマへの返信方法が決まってないの、ムズムズするんだよね。

実は昔、コメント返信専用の記名ブログを作ったんだけど、叩かれたからやめたりしてたんだよね。

どうしようなー。

いや普通に本文香に書けばいいじゃんって話なんだけど

ますだってリンク制限あるやないですか

え? リンク制限はてな記法使えば大丈夫

まじか、まじか、まじですか。

ほんとかなあ、明日しまタング。


3DS

ポケとる

サファリ攻略中、残りは弱いわけがない人のたねポケモン、地面ゴースト進化前の二匹。

チューハイ飲んでアルコールまわると、ポケモン名前が一切出てこないわ。

○ガンマンストーリー

女の子スカートを履いてるから女の子と決めつけてるけど、実態わからん)でステージ11までプレイ

楽しいけど、2も積んでるから2やろうかな。

もうやだ、疲れた

頑張ったら、成長したら精神的に安定した時代が来ると思ってたけど

いくら前進しても地位経済状況が好転しても大して変わらない

絶望感がある

 

昔の人が現代を悪いものと捉えて輪回とか言ってたのが理解できる

どこまでも幸福がない

これは性格とか精神的な体質だろう

 

ストロングゼロ飲みたい(飲んだこと無い)

2018-01-05

anond:20180105012837

んなこといったってゲームやってなくともストロングゼロだので憂さ晴らしする程度の底辺人は多いでしょ

ゲーム関係なく日本ヤバいんだよ

2018-01-03

読むストロングゼロ

正月休みでひまなので『やし酒飲み』という小説を読んだ。

こりゃすごい! 読むストロングゼロだ。そう思った。

ところで、世の中にはこのように読むだけで酩酊感を得られる書籍が他にもあるのではないだろうか。ぜひ教えていただきものである

2018-01-02

ストロングゼロ呑みながら日記

前回の日記

[日記][ストロングゼロ]

◇Day 3 [2018/01/01]

 明けてしまった。

 観てもないテレビの音とか、点けたまま放置してるスマホゲーム画面とか、窓の隙間から漏れてくる除夜の鐘とか。

 全部もう、ぐちゃぐちゃしてて、何がなんだかわからない。

 ものすごく酔っている。だから今、ちょっぴり楽しい気分だ。

 初詣は行かない。どうせ一人だし。あれは自分の中では、親しい友達と言って参拝する行為価値があるものから

 一人で神さまに願ったり、感謝することなんて微塵もない。

 今年は一人で新年を迎えた。あと二か月ほどでぼくは二〇歳になるけど。10最後の年越しは、一人ぼっちだった。

 思うのだが、別に一人で新年を迎えるのって、寂しいことではないと思う。そんな人、世の中たくさんいるわけだし。

 でも愚かな自分は、それを寂しい、悲しいことだと思っている。

 孤独に馴れていないのだ。

 この先、もっと孤独が待ってるのに。

 就職して、会社に行って、家に帰って、寝て、また会社に行って……。休日は家でのんびり過ごしたり、たまに友達に会ったり。みたいな。

 でも基本的にぼくは一人で生きていくわけで。

 今は大した孤独じゃない。そう思う。

 でも寂しい。

 その寂しさを、酒でなんとなく誤魔化している。

 ……こんな思考に至ってしまうのは、たぶん全部、高校時代のせいだ。

 昔、ぼくは一人でいるのが楽しい人間だった。

 家に帰って早くパソコンをいじったり、本を読んだり、ゲームをしたり。

 そういうことが好きな人間だった。

 でも、高校に入って、部活に入って、全部変わってしまった。ぼくは孤独に馴れない人間になってしまったのだ。

 ここ数年で、ぼくは人間として進化するどころか、退化してしまったように思える。

 それも全部、高校時代のせいだ。

 やり直したい。

 やり直したい。

 できないなら、死んでしまいたい。

 大学に入った理由は不純で、ぼくはもともと就職希望高校時代を過ごしていた。



 でも、高校生活に失敗して、

 やり直したくて、

 大学に進むことに決めた。



 それで今、学費に苦しんだ挙句一人暮らしなんて馬鹿なことをしている。

 親との決別と、高校時代との決別を、同時に果たしたくて。

 自分は何も出来ない人間になってしまっている。

 今更だけど、たぶん自分は一人酒が得意じゃない。すぐ鬱になるから。でも飲まずにもいられないわけで。だって、飲まなきゃもっと鬱だ。

 酩酊で紛らわせ。

 酩酊で忘れてしまえ。

 ぼくは虚無だ。ぼくは虚無だ。働け。学費を稼げ。家賃を稼げ。とにかく距離を置くのだ。親からも。過去からも。

 意味なんてない。意味なんてない。


 何で、俺は生きてる? もう、わかんねえ。

 最悪の新年だ。

 明けましておめでとう。

 

泣けるはドラッグ

最近は辛くなってくるとストロングゼロ飲みながら杏子自爆するシーンとか見て泣いて寝るのを繰り返してる

昔はケータイ小説とか馬鹿しまくってたけど、こういうことなんだな。悲しくなって泣くのは気持ちいい

こりゃやめられんわ

ストロングゼロ呑みながら日記

前回の日記

[日記][ストロングゼロ]

◇Day 2 [2017/12/31(sun)]

 人間が一日に必要とする水分量は2リットルだという。

 その半分を、自分ストロングゼロで補っている。

 あーーー不味い。本当に不味い。ウォッカはだから嫌いだ。中途半端な苦味が自分は好きになれない。

 今日大みそか2017年が終わる日。

 10最後の年が、今日で終わる。あまりに呆気ない。色気もない。

 そもそも10最後っていうものに、そこまで感傷的になれない。

 あー、終わっちゃうんだなあ、って。

 そういう程度の気分だ。

 昔の自分だったら、たぶんそんなことなかったのに。センチメンタルに囚われて、あーだのうーだの呻いていたことだろう。

 大みそかはいつもなら地元友達と過ごすのが決まりだったが、今年は一人で過ごすことになっている。

 地元に帰るのが面倒くさいというのが大方の理由

 もともとは神奈川実家暮らしていたのだけれど、大学があまりにも遠くて、9月から埼玉暮らし始めたのだ。

 ま、大学の遠さはただの言い訳だ。

 実家から……両親から逃れたくて自分一人暮らしをはじめた。それは別のときに書いてみようと思う。

 さて。暇だ。

 酒がぐいぐい進むくらいには暇である。というか酔ってると、うまく文章がまとまらない。

 一人でいて、何もしていないことに罪悪感を感じるのはどうしてなんだろ。

 大学生になってからは、特にそう。何もしないでスマホをいじって終わる一日があったとして、そういうときは大抵死んでしまいたくなる自分だ。

 俺って生きてる意味あんの?

 今のうちに、いろいろしなきゃいけないんじゃないの?

 って思うけど、結局何もできないまま一日が終わる。


 ……ちょっとまとまりそうにないから、今日はここまでにしとこう。

 日記って難しいな。自分気持ちをうまく言葉にできない


 あー、死にてえ。

2018-01-01

大学生だけど銀座クラブアルバイトしてる

大学の先輩に紹介されて3年前に始めたこ仕事も、今年の大学卒業を機に辞める。

大学には友達もいるし恋人いたこともあるけど、銀座で働いていることは誰にも言わなかった。ガールズバーキャバクラで働いてることを大っぴらにしている大学生も少なくはないけど、私は徹底して隠していた。お客さんには「なんで隠すの?」ってきかれるけど、わざわざ自分から銀座イメージをつける必要もないと思ったから。銀座クラブに縁もゆかりもない大学生恋人が噂できいたらいい顔しないだろうなとか。

銀座クラブときくと敷居が高いものすごい美人しかいないイメージがあるかもしれないけど、銀座にも色んなお店がある。芸能人スポーツ選手御用達の、本当にびっくりするような美人しかいないお店もあれば、お店の女の子の半分くらいは私のような普通大学生アルバイト感覚で勤めていて、お客さんは接待サラリーマンがメインというお店もある。昔のことはよくしらないけど、昔とは違うんだと思う。銀座には女子大生が本当にたくさんいる。中でもいわゆるMARCH以上の大学に通っている子が1番多い。女子大の子はそんなに多くない印象。

(余談だけど、銀座の高級クラブがたくさん入るビルでは、いわゆる大御所芸能人だけでなく、某女性アイドルグループメンバーとかも良く見かけた。どこで飲むんだろ?)

よくお客さんに「大学生からここで企業のお偉いさんをたくさん見て、良いお酒飲んで、たまにお寿司とか食べて、それでお金もらったら若い男なんて付き合えないでしょ」と言われるけど、それは男性幻想だと思う。少なくとも私は、むしろ自分の置かれている状況に対して冷静になった。

いくら景気が良くなってるとメディアが煽っても、私は銀座にいたって景気の良さを実感したことはほとんどない。酒代もタクシー代も経費で落とせる会社は多くないみたいだし、豪快にお金を使う人はいても、お客さんの大半は月給のほとんどを家族に使い、小遣いは少ないが経費で落とせる接待銀座に来ている(来ざるを得ない)疲れ気味の(エリート)サラリーマン

大学友達や後輩含め、若い人はお酒が飲めない人が多くなってると感じるし、基本的に早く帰りたいと思っている、そして本当に帰る若者が増えている現代では、こういうタイプお酒文化斜陽と感じる。ストロングゼロが持て囃されるのがわかる。

そもそも「男は女を好き」という大前提なしには成り立たない空間では、連れて来られてもきつい思いをする人もいる。

それでも私はここで働けて本当に貴重な体験ができたと思う。普通レストランで働いていたこともあるけど、その時の代替可能な働き方とは違って、自分次第でどうにでもなれる世界面白かった。レストランだったら土日丸々働いて手に入るのと同じお金が、平日の夕方に数時間入るだけで稼げるので、単純に勉強する時間が増え、学業も充実した。

銀座という土地柄、社会的地位があり品のいいお客さんが多いから、ほとんど嫌な思いをすることがなかった。働いてる女の子同士がお店では仲良く話すけど、外では連絡先はもちろん、本名も知らないような関係も心地よかった。いつも湿り気のない笑顔で、だけど決して太陽ではないようなあの見事な美人の先輩もいつのまにかいなくなった。あの先輩が作るお酒は濃くって美味しかたこととか、更衣室で一緒になった時珍しく先輩が酔っ払っていて、普段プライベートの話はしないのに、「2年以内には東北に帰ろうかなって」と屈託のない笑顔で話してくれたのを思い出したりする。あの先輩のまぶしいくらいに白い肌と、烏の濡れ羽色の長くてきれいな髪が今でも目に焼き付いてる。

いろんな出会いがあり、いろんな別れがあり、いろんなことを考え学んだ。誰にも話せないけど、間違いなく銀座はもう1つの私の青春だった。これから普通社会人になるけど、銀座はずっと私の中にある。お世話になりました。

2017-12-31

年明けも近いしストロングゼロ買ってくるか

酔わない報告

ストロングゼロを飲んでぜんぜん酔わないというツイートをしている人へ

スゴイデスネー

資本主義で世の中動いてんのに、恋愛だけ社会主義だと思い込んでるKKO

単純に、あなた付加価値が無いだけです

ジェンダー問題云々に絡めて憂さ晴らしする前に

あなたの考え方は資本主義社会では通用しないことを自覚しましょう

 

今の状況が嫌なら、ソシャゲ課金したり

ストロングゼロ飲むのをしばらく我慢して

安いプチ整形でもして自分ルックス価値を高めましょう

女はどんなオークでも、最低限の化粧はしています

なぜあなたに限って、美容の類が不要と言いきれるのでしょうか?

そして近所の優しいおばあさんと会話して、少しでもコミュ力高めましょう

 

以上

追伸

自分ルックスが劣ってると自覚してるのなら

高須クリニックで整形でもしてくればいい

安いし、君たち医院長好きなんでしょ?

anond:20171231132124

水を飲むという発想がないというか飲むとすぐに眠くなって寝てしまって

流行りのストロングゼロとかを飲むと絶対頭痛になる。

ストロングゼロ呑みながら日記

前回の日記

[日記][ストロングゼロ]

◇Day 1 [2017/12/30(sat)]

 プシュ、とプルタブを開けた時の音が何となく自分は好きだ。

 ついさっきスーパーまで行ってどさっと1箱、ストロングゼロの500mlの24本入りを買ってきた。

 これを来月8日までに飲み干すわけだからざっと計算して1日2缶、1,000mlは呑むことになる。

 さながら処方箋のように。

 ストロングゼロ 500mg、1日2回。服用は食後。

 みたいな。

 さて、酒は中1から飲み始めたと昨日書いたけれど、今日はそのことについて振り返ってみようと思う。

 あー、でも、まだ酔いが足りないかもしれない。

 今手に持っているストロングゼロをまず一缶空けてからキーボードを叩くことにしましょう。

 ……。

 呑み干した。てことで、もう一缶。

 にしても不味いな、ストロングゼロ

 ちなみに葡萄ダブルを今呑んでいるが、安いウォッカ特有の、あのザ・アルコールな苦味がなんとも言えない。それを無理やりぶどうの香料で消した感じも、うん、なんとも!

 なーんて悪態を吐きつつ、でも、人生で一番飲み干した酒缶は間違いなくストロングゼロ自分である

 手元に酒がないとき、とりあえず手軽に安くて簡単酩酊するにはこれは最適すぎるのだ。

 500mlのストロングゼロをぐいぐいと呑みつつ、〆には鬼ころし。あとはタール11mgの重めのラッキーストライクなんかの煙草もつまみにして。

 そうすればほら、たったの300円程度で酔っ払いの出来上がりだ。

 300円の処方箋

 高校時代から続く、いつまでも煮えたぎっている自己嫌悪だって、とりあえず思考の端には追いやれる。

 延々と続く毒にしかならない退屈な時間を、この瞬間だけは確かに、こいつらは薬になって埋めてくれるのだ。


 ……なんの話をしたいんだっけ? ああ、思い出した。

 んー、じゃあ。さて、振り返ってみるとするけれど。

 ええと、自分が初めて酒を飲んだのは中学一年の冬……7年前のことになる。

 ちょうど7年前。

 2010年12月23日のことだ。日付だってちゃんと覚えている。

 その日は友達の家でクリスマスパーティーだった。メンバー曖昧だけれど、六人程度。全員、小学校からの幼馴染だ。そいつらとは今でも仲は良い。

 酒を持ってきたのは吉田くんだった。

 吉田くんはこの小学校メンバーの中では一番アウトロー存在で、不良を嫌いつつ、行動は不良そのものみたいなやつだった。2010年の当時は、脱法ハーブなんかがまだギリギリ滑り込みで出来ていた時代で、吉田くんはドラッグアルコールなんかの知識中学1年生ながら無駄に溜め込んでいた。そんな吉田くんを僕は若干尊敬さえしていた。

 彼の存在は、部活も何もない暇な中学生であるぼくにとって、ある意味の「非日常」だったのだ。

 わんやわんやと騒ぎ立てて、お菓子ジュースなんかにそろそろみんなが飽きてきたころ、吉田くんは青色水筒を得意げにカバンから取り出して、

 ひとこと。

「酒、持ってきた」

 と言った。

 ――たぶん、そのとき一番その言葉に興奮していたのは自分だったと思う。

 吉田くんが飲むやつは、とみんなに訊ねて、ぼくは「飲む! 飲む!」と目を輝かせて挙手した記憶がある。

 そうしてにやっと笑った吉田くんは、ぼくのグラスに水筒に入った酒を注いでくれた。

 茶色の液体。あとになって知ったことだけれど、ブランデーと呼ばれる種類のものだった。

 ぼくは余っていた三ツ矢サイダーでそれを割って、ごくっと勢いよくグラスを呷ってみた。

 甘い。

 なんか、ケーキのにおいに似てる。

 それが生まれて初めてのお酒感想。当時中学一年生のぼくが抱いたお酒への感想だった。

 それからお酒はこのクリパメンバー中で黙認化されて、新年、進級、七夕ハロウィン、そういう行事を口実にしては酒を呑む日常が始まった。

 お酒はぼくの中で非日常へ行くための手段だったのだ。

 それはたぶん今もおんなじで、お酒の味が良いからだとか、そんな理由で呑みたいと思ったことは一度もない。

 すべては酩酊した楽しい世界に行きたいから。

 これに尽きた。

 たぶん、LSDだとか、大麻だとか、そういうもの代替え品として使っていたのだ、当時の自分たちは。

 こうして中学一年生にしてぼくは、暇な日常からそこそこ楽しく脱するためのツールを知ってしまった。

 暇なとき。楽しくなるには、お酒を飲めばいい。

 ただそれだけ。

 自分が酒を飲み始めたのは、こんな経緯。

 ある意味では健全だった当時の酒の飲み方は、高校に入ってから一変し始めるわけだけれど、それは明日書いてみようと思う。

 あー、ほんと、ストロングゼロは不味いなあ。でも酔いが足りない。

 だからもう1缶追加しようと思う。

 大丈夫、なくなったらまたコンビニで買えばいいんだから……。

 

anond:20171231003200

おう大学入学当初飲み会参加なんてしてなかった社会不適合者おっさんが悲しくなるやんか

社会不適合者おっさんストロングゼロを飲んで救われた気分になっても

普通人間とはちがう感覚を感じざるを得ない現実を見せられたら辛いやんか……

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん