「スキルアップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スキルアップとは

2022-05-26

anond:20220526035855

たいてい食い物とエロうんこくらいしか話題がない

(anond:20220526040615)

夜はメシ食えんしな😥

コロナ前だったら深夜営業焼肉屋とかあったんやが

ワイの地域Uber出前館は深夜1時がラストオーダーやね

あと深夜インターフォン鳴らされるの若干気まずい

速攻でシュバって取ってるしそんなに防音ヤバいマンションじゃないけど気まずい

 

あと唐突タクシーで深夜買い物に出掛けたりもしてたけど

敗北しまくったり(anond:20210327005156anond:20210327033055)

おかしな人(anond:20220409010751)や何故か倒れている人とかに遭遇したので

今は控えている

 

けどまぁ別にネトフリ見るとかゲームやるとかでも良いはずなんだよな空き時間

 

寝るべき時間に寝なかったり、スキルアップに使えそうな時間無為に過ごしていると

妙な罪悪感があるけども、どっちも出来ないのだし、結局何もしなかったよりはマシかなと

 

ただ割と心配性なので睡眠不足健康に影響したりせん?って若干不安だわ

深夜徘徊してた時とか、徹夜したり、昼夜逆転しただけで、別に眠りが浅かったりしてないしな

便秘腰痛と同じくクセになるって聞くしなぁ

ショートスリーパーになったのだが(嘘)

まぁ空き時間特に何もしてないよね😊

 

浅い眠りにヤクルト効果あった気がする

あとおすすめされたアミノバイタル効果あったような気がする

ただ割と偽薬効くタイプなのでなんとも言えん

 

ウォーキング効果無し

というか用があって8時間ほぼ立ちっぱなし&歩きっぱなしでもそのあとめっちゃ眠りが浅かった

 

運動強度を上げるか空き時間に何かする(したくない)だなぁ

 

身体を動かすわけでもないので困らないかなと思ってたけど夜頭がボーっとするんだよな

通常だと1番自分が元気な時間帯なんだけどな

 

ただ浅い眠りでも寝起きははっきりしてるので何かした方が良いのかもしれない(したくない)

 

時間あっても結局使わんな・・・って感じだがやっぱ勿体無いので

スキルアップ時間として使うのは拒否するとしても

何か楽しいことをした時間として使ってみても良いかも知らん

2022-05-23

働きたくないか死にたい

今の会社ブラックってわけじゃないけどこれ以上働きたくない

スキルアップとか出世とか考えたくない

いやなこと(仕事)我慢してまでやりたいことも無い

嫌なこと続けるのが辛いか死にたい

2022-05-18

目標志向自分を苦しめている

仕事スキルアップには必須目標志向

度が過ぎてくると、何をするにも目的目標を設定しないと気が済まなくなる。

しんどい。やめたい。でもやめられない。世の中は巧妙に目標志向が張り巡らされている。気付かぬうちにゲーミフィケーションに組み込まれ、いつのまにか競い合いさせられている。

2022-05-14

1987年調査では「同い年と結婚したい」という未婚男性は8.7%、未婚女性も8.9%。

2015年調査では「同い年と結婚したい」という未婚男性は8.7%→41.8%と5倍弱の激増。

未婚女性も8.9%→28.4%と3倍以上に増えています

婚姻数全体に占める「同い年結婚」の割合を見て見ると、

1970年10%でしたが、2015年には21%と倍増しています

「姉さん女房婚」も「同い年結婚」と同じ現象が起きていて、

「同い年結婚」と「姉さん女房婚」は、婚姻数はさほど変わらないのに、

1970年から2015年にかけて婚姻数全体の数が減ったことにより、占める「割合」が増えていました。

男性年上婚」は半分以下に激減しました。

歳の差婚ブームというのは真っ赤な嘘なんですね。

女性お茶くみしかさせず、25歳になったら「さっさと寿退社しろ」と疎む

年功序列賃金制度無能男性でも中年になれば金を持っているようにする

この2つの仕組みが無能男性下駄を履かせ、大量の「男性年上婚」を製造していました。

この下駄が無くなったことにより、無能中年男性独身のままとなり、

女性は疎まれ寿退社させられることなく、スキルアップしながら外で働き続けるようになりました。

そのような社会においては、未婚男性が「同い年と結婚したい」という気持ちを強め、

二馬力世帯の稼ぎ手としても頼れるような優秀な女性と対等な関係を築こうとし始めるに至ったわけです。

年功序列賃金で勤め先に守られながら、若い専業主婦を娶って子供を産ませる、という

無能中年男性モデルはもう崩壊して久しいのです。

そして無能女性結婚市場から排除されつつあります

すでに非正規女性無職女性よりも、正規雇用女性のほうが既婚率が高いのです。

男性が「同い年の正社員女性結婚して、経済的に強い共働き家庭を形成したい」と思うようになっているのです。

無能女性年功序列賃金制度の高下駄を履いている高齢男性結婚して養ってもらうという形で

企業から保護を間接的に受けていましたが、彼女たちも剥き出しの資本主義に晒され、

風俗店等で働くことしかできなくなってしまいました。

2022-05-10

旦那余暇時間なんかいらないでしょ

奥さんに家庭のことやらせるなんて言うのは最低の男のやること、もう支配欲まみれで吐き気がする、なんで女の私が家族のために食事作らないといけないの?私は私が食べたいもの作るから、その余りでいいなら分けてあげてもいいけど、ちょっと作るの手伝いなさいよ、私一人に全部やらせるなんてさいてー。

家のことや子供の面倒とか全部終わってそれでも時間が余るなら好きなことやればいいけど、好きなことやってるなら暇ってことだよね?まだやってほしいことたくさんあるからね。あなた時間を使い切るまでお願いしても足りないくらいなんだから寝られるだけありがたいと思ってよね、まぁ男性甲斐性っていうやつだからそれは仕方ないよね。ねえ、テレビリモコンがないんだけど!どこやったのよ!テレビ見ていない?知らないわよあんたがどっかやったんでしょ!

仕事以外の時間勉強したりスキルアップしたいとか言っているけどそんなのは業務時間内でどうにかしなさいって話でしょ?そんなことやってる暇あったら皿の一枚も洗って拭きなさいよ、洗濯物も洗い物もたまってるんだからセミナー申し込んだからお金払っといてね?

私は日々健やかに過ごすために色々なものを食べたり経験したりする必要があるの。だから私は時間をしっかり確保できてしかるべき。仕事?なんでしないといけないの?赤字?なんで気にしないといけないの?いざとなったら生命保険に入って首釣るくらいは覚悟してるから結婚して子供も作ったんでしょ?ティッシュ切れてるから新しいのだしてくれる?気が利かないなあ。毎日家の在庫チェックしてなくなりそうなら補充するくらいできないの?あーあ、私だったら間違いなくこんな状況にしないのにね。

え、今月も赤字だったの?あなたの稼ぎが少ないことを私に責任転嫁しないでくれる?そういう文句言っていいのは年収千万円を超えてからだよね。隣のxxさんなんか旦那の稼ぎがいいから何も困らないっていってたわよ?この家庭が経済的に困っているのはあなたの稼ぎのせい、私は最低限しか使っていないんだから私のお金の使い方に文句言う前に自分仕事見直しなさいよ。隣のxxさんの旦那さんの稼ぎ何かなんで私が知ってるのよ、奥さん生活に困らないっていう事は相当稼いでいるってことでしょ?破産するのが嫌ならさっさと年収上げてね?破産したらどうするかって?そんなのあなたから賠償金養育費もらいながら一人で生きていくから問題ないわよ。万が一借金があってもあなたが返せばいいじゃない?男ってそのために生きてるんだから、わかってないなあ。

まぁ俺はおっさんなんだけどな

2022-05-09

給料って何したら上がるの

転職しろとかスキルアップが〜とか言うけどよ

具体的にこれをやれってアドバイスを誰かくれよ

スペックは29歳フリーター歴5年の中卒

地方で時給1200円、月に20万稼ぐのがやっとです

2022-05-07

anond:20220503175511

配信プライベートだと思ってやる事がそもそも誤りとしか言えない話やね

だって知名度アップやいわゆるプロセスエコノミー的なスキルアップでのプロとしての活動の一環でしょ

>ましてプロゲーマー配信プロじゃないんだから

これは言い訳しかない、名前を出してプロとしての看板背負って世に露出した時点でプロ責任は問われる

嫌なら裏垢でやればいいだけの話

2022-05-05

新卒女性社員だった当時の自分に言いたい 配属初日転職しろ

増田経験を語ったとりとめのない長文になってしまったため、

初めに言いたいことだけ記載します。

セクハラセクハラとされない会社存在する

新卒・若手女性社員へ 辛いと思ったらすぐに転職してください

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10年前の話になる。

4年制大学卒業都内企業総合職として入社した。

200人の同期と3か月間の集合研修を終えた私は、

期待と緊張で胸いっぱいで現場に配属された。

配属先には20代の若手社員もいなければ、女性社員もいないと聞いていた。

年上の男性社員と上手くやっていけるだろうか。

早く先輩方の役に立てるようになるだろうか。

不安はあれどとにかく笑顔で明るくを心がけ、配属初日挨拶回りを行った。

増田です。よろしくお願いいたします。」

その時に、背筋がぞわぞわとする嫌な違和感を感じた。

増田さん、よろしくね。

 女の子が来るなんて嬉しいよ。増田さん彼氏いるの?」

初対面である。初対面で彼氏いるかといったプライベートなことを聞くだろうか。

なお相手40代男性社員であり、年齢的に距離感が近いということもない。

また、成人している社会人が「女の子」と呼ばれることにも違和感があった。

しかし、この違和感はその後挨拶した社員(30半ば~60代男性)ほぼ全員に対して感じることになった。

初日だけで「女の子」という言葉を30回は聞いたように思う。

次の日からは「女の子」として業務を教えられることになった。

「"女の子"に電話を取ってもらった方が嬉しいから、電話番お願いね。」

「"女の子"だけど大変じゃない?」

「"女の子"なのに大丈夫?」

「"女の子"がこの部署に来たことないから緊張しちゃうよ」

私の名前は「女の子」ではなく増田である。と何度思っただろうか。

また、やたらと「女の子から○○?」と聞かれるが質問意図理解できなかった。

ほとんどの会話が「女の子」で始められた。

いわゆる女の子らしい、おしとやかだとか愛嬌があるような振る舞いなど

これまでの人生したことがなかった。

また、異性にちやほやされたこともなかった。

そんな私が、新入社員新人や一人の人間ではなく「女の子」として見られ、

女の子」としての役割や振る舞いと求められているように感じた。

正直、辛かった。

その後3年間、私は「女の子」として職場男性奉仕することになる。

お茶くみ、部署男性社員が買ったお土産お菓子の配布、

1日あたり30~50件ほどの電話の取次ぎ、

世間話相手(妻の愚痴や「女の子には分からないだろうけど」「女は楽でいいよな」といった男尊女卑の話が多い)、

出張の準備の手伝い、コピー取り、その他さまざまな雑用

また、「女の子」としての振る舞いもよく指導された。

先輩社員業務の仕方を伺うと、

「え~女の子なんだからもっと可愛く言ってよ~」

と返され何も教えてもらえないため、聞き方に気を付けなければならない。

部署の30代半ばの女性社員が幣部の男性社員に話しかけるとき

座っている相手の横に跪き、猫なで声で、相手を持ち上げてから要件を話していた。

「○○さ~ん!この前は本当に助かりましたぁ。さすが○○さん!

 ところでお願いがあってぇ。この件なんですけど・・・

 ○○さんお願いしますぅ!」

私もそのようにしなければならないのだろうか。

猫なで声はできなかったが、

床に跪くところと相手を持ち上げるところを真似して

質問するようにしたら会話してもらえるようになった。

定期的に上司に個室に呼び出され指導もされた。

「足を出せ。スカートを履け。」

「男なんてころがせばいいんだ。スカートを履け。」

指導は何年も続いた。

会社飲み会では役職者の隣に座らされ、

役職者のお酌をずっとしていた。

飲み会の帰りには、入り口に立たされ役職者の60代の男性握手させられた。

女の子」「女子」と毎日何十回も言われ、

日中業務時間中に髪や太ももなどを触られ、

辛い思いをしているとよく言われた。

「可愛がってもらってるんだよ」

「可愛がってもらっているうちが華だよ」

女の子なんだから

女の子は楽でいいよね」

そのような環境に何年もいるうちに自分認知が歪んでいった。

女のくせに働かせてもらえているだけ有難いんだ。

女だから体を触ってもらったり男性関係を聞かれたり可愛く媚びることを求められるのは

可愛がられているからなんだ。

精神的苦痛は女だから仕方ないだ。

若くて仕事の出来ない自分が悪いんだ。

当時、「女でも頑張って働かなくちゃ」という趣旨メッセージSNS投稿すると、

「何と闘っているの?w」とコメントがついたことがあった。

今になればそう思うが、当時は「女の子」の洗脳が強かった。

入社して数年後に年下の男性の中途社員入社したが、

電話の取次ぎやお茶くみなどすべての雑用係は私のままだった。

女の子」がやったほうがみんなが喜ぶからということだった。

年下の男性が仕事をし業務スキルを身に付けている時に、

私は電話の取次ぎやお茶くみをしていた。

そのような職場に勤めて数年、転職することになった。

ある日30代半ばの男性が30代前半の女性に対して、

「あのババアが!」とオフィスで本人にも聞こえる声量で怒鳴ったことがあったり、

30代半ばの男性20代半ばの派遣女性に対して

「しゃべり方がむかつくんだよ!」と怒鳴り泣かせており、

周囲の人間は全員見てみぬふりをしていたことがあった。

この会社は30代以上の女性が働けるところではないし、

職場男性人間性も疑うところがあると思った。

また、何より私は一人の人間として仕事がしたかった。

希望業務があった。

運よくいい会社採用が決まった。

転職先は女性差別のようなものはない有り難い会社だった。

入社初日にまず会社エレベーターに乗った時に驚いたことは今も覚えている。

転職先では、男性エレベーター入り口付近に立ち開閉ボタンを押していたのだ。

今までは、女性がへこへこしながらボタンの前に急いで行き(先に男性がいたらすみませんと言って交代する)、

男性に降りる階数を聞き、開閉ボタンを押していた。

私は本当に驚いた。

男性ってエレベーターボタン押せるんだ・・・

その後も転職先の会社では驚きの連続だった。

猫なで声で話す女性がいない。

髪や太もも身体を触られない。

媚びなくても業務を教えてもらえる。会話してもらえる。(※当たり前だが社会人としての気遣い必要だ)

女性男性と同じように仕事をしている。

30代40代女性社員仕事をしている。

女性プライベートを聞いたり、昨晩行った風俗についてオフィスで話す男性がいない。

女性を怒鳴る男性がいない。

お茶くみ係がない。

お土産は買った人が自分で配る。

電話番は新人が行う。(たとえ新人男性であっても!)

雑用新人が行う。(翌年かその翌年に新しい新人に交代される)(女性固定ではない)

飲み会若い女性がお酌係やオーダーの取りまとめや皿の片づけをしておらず、

男性社員と同様に歓談している。

女の子」と話しかけられず、「増田さん」と言ってもらえる。一人の社員として扱ってもらえる。

転職して数年がたつが、素晴らしい会社とご縁があり本当に感謝している。

仕事は大変になった。覚えることはなくならないし、責任が増えていく。

しかしそのような社会人としての当たり前の苦労を望み、

スキルアップをしたかったので本望である

女の子」の指導をされたこと、職場男性奉仕していたことは、

ただ搾取されたにすぎなかった。

仕事に不必要な学びだった。

もっと早く転職すればよかったと後悔している。

とりとめのない長文になってしまい、申し訳ありません。

このような経験と後悔から、私が言いたいのは、

環境が辛いと感じたら即転職すべし」 です。

職場環境職場人間性は変わりません。

上記会社現在東京都内にあり、怒鳴った男性含め現役です。

まり新卒女性社員被害にあう可能性もあります

自分の身を守るために、貴重な時間を浪費しないために、

辛いと感じたらすぐに環境を変えた方がいいと若い女社会人に訴えたいと思い、筆を執りました。

若く可能性と希望にあふれた女性普通に仕事ができることを祈っています

稚拙な長文を最後までお読みいただきありがとうございました。

結婚してない、子供いない、仕事自己実現できていない中年はどう生きるべきなのか

タイトルのとおりなんだけどいま30後半で、今後の人生のことを考えるとむなしくなるわ。

結婚しているやつはいいわな。パートナーと楽しく生きろよ。

子供いるやつもいいわな。子育て醍醐味を味わって生きろよ。

仕事自己実現できているやつもいいわな。その調子スキルアップしなさいな。

で、この三つがどれもできていないおっさんはどうやって生きていけばいいわけ

まれからずーっと、人に言われたことだけやって、我慢料として安い給料を渡されてさ。

誰かを稼がせるためにロボットのように働いて、動けなくなったらポイでしょ。

七時ごろに仕事が終わって、飯食って、酒飲んで、寝る。誰かを稼がせるためにそれを繰り返す。

自己実現できていない会社員って置き換え可能botしかないわなぁ。むなしくなる。

無私な毎日だわな、ほんと。宇宙人が見たら、あまり規則性に驚くと思う。人間がアリの習性に驚くように。

はいはい、きみらの言いたいことはわかるよ。「趣味に生きろ!」とか言うんでしょ。

自分オタクなので人並み以上にアニメ漫画ゲームは好きだが、面白い作品供給を待つだけの人生にも疑問が出てきたんだよね。

結局、消費者しかないし、自分趣味に合う作品が配給されなくなったら終わりじゃん?

生産的な趣味を持て!」とか言われるだろうけど、生産的な趣味承認されるほどのスキルがあったらこんなことで悩んでいないのよ。

今まで何もしてこなかったおっさんが急に生産的な趣味に目覚めても、周りの生産性との差を自覚して惨めな思いするだけでしょ。

孤独おっさんが誰にも承認されずに趣味に生きてなにが楽しいのよ。

ゴールデンウィークもな~んにも楽しくなかったよ。

あ~あ、これからどうやって生きていけばいいんだろ。安楽死しかないのかね?

追記

ブコメまとめると思考停止して動物になれってことかいな。アホらし。

あと30代はおっさんだよ。現実を視ろ。

2022-05-01

[]

ゲームやってるけど頭の片隅に仕事のことがつねにあってきになってあんまり集中できない

このままだと連休中に絶対仕事しちまう

やってもスキルアップにはつながらない仕事なのに

ゲームに集中して楽しみたいのに

クソが

2022-04-29

anond:20220429185955

IT エンジニアといってもピンキリなので、基本情報を取れていれば SES という、IT エンジニアの人売りビジネスエンジニアにはなれる。

人売りビジネスなので理不尽な事もいろいろある。

ただストレス耐性さえあれば、それほどスキルなくてもお金を稼げるし、スキルアップするチャンスもつかみやすい。スキルアップして SES 以外に転職目標に三年くらい在籍するのはあり。

現状まったく稼げないなら SES は悪くない選択だと思う。SES でも中にはそれほど悪くないところもあるらしいし。

自社サービスを展開してる Web 系の会社転職すれば、いわゆるよくイメージされるキラキラ IT エンジニア仕事環境になりやすい。(ただし、給料キラキラしてるのは大手 Web 系のみ)

2022-04-26

仕事中にコードレビューするのって意味ないよな

プログラミング先生として勤務してるならわかるけど

マジ意味ねえ。

から適当にやってる。

自分スキルアップの方が大事

2022-04-25

anond:20220425212039

基本給は失業保険+職業訓練校で延長して9ヶ月間ぐらいタダで金を貰い続けるために存在するやで。

1年以上の雇用保険継続資格があるから覚えておくんやで。んでその無職の間にスキルアップして転職する。

それを繰り返して人は大きくなるんや。

2022-04-20

家事育児に協力しすぎた結果、妻が社会人的に無能になってしまたかもしれない。

なんか、子育て周りの増田記事があふれてて、ちょっと書きたくなった。

若干、年齢周りをぼやかしてるので、年数換算がおかしくなってるところがあるかも。

 

私も妻も40代結婚もうすぐ20年。子どもは二人で下の子中学生

 

妻はもともと手に職系の仕事をしていて、僕と結婚前後会社に勤めていた。ただ、この時期、景気や雇用環境の悪さもあって、正社員にはなれず契約派遣形態のほうが多く、収入は安定していなかった。

そんな感じだったこともあり、妻は妊娠を機にいったん仕事を辞めて家庭に入ることにした。

産前産後の体調があまり優れておらず、疲れやすくなっていたこともあり、おそらくこの判断は間違ってなかったと思われた。

子ども保育園に入れるのではなく、幼稚園に入れて専業主婦として暮らすことに。とはいえ別にお受験などに夫婦ともども興味はなく、学校ふつう公立小学校だが。

 

の子小学校に入ってしばらくたち、ある程度余裕ができたため、妻は仕事の復帰に向けて準備を始めた。

最初は、復帰に向けた慣らしと新たなスキル取得のためにアルバイト的に仕事に入り、数年前に正社員登用に向けて就職活動をはじめ、エージェントも使って、いったん正社員登用もある契約の形で入社した。

 

しかし、最初のところで人間関係があわずパワハラ的なことに遭遇し、1年程度、僕に毎日1時間程度の愚痴を言いながら働いた結果、仕事を辞めて転職することに。

ところが、次のところも上と人間関係の折り合いがつかず(どうも、間に10年くらいブランクがあるので、いわゆる年下上司になっているようだった)やはり、数か月、僕に愚痴毎日1時間半程度吐き続けて、最終的に退職した。

そこからさらに都合3社ほどに就職したものの、全部退職しかも、就職からやめるまでにスパンが徐々に短くなっていて、一番直近は、試用期間が終わったところで、先方と話し合って退職してしまった。

おそらく、ここまでの間に私が彼女から聞き続けた愚痴LINE原稿用紙100枚分、ヒアリング時間で累計3か月分くらいになるのではないだろうか。まあ、それはどうでもいい話だが。

 

いずれも、基本的には人間関係の折り合い、特に上司や先輩との折り合いがつかないというパターンのようだ。これには、致し方ないところもある。彼女出産前に仕事をしていた時代は、派遣契約ばかりだった(団塊の世代でつっかえていて、人余りになっていた)のが、その後10数年の間に雇用環境が変わり、その期間に粘って仕事を続けていた人は正社員になり業務の中で上になっていった。つまり、今、正社員でいる人たちはサバイバーであり、スキル的にも10年以上磨き続けてきた人なのだからブランクがある妻とは仕事の仕方や仕事に対する認識に差が生じることもある。その一方で年齢は妻と同等か少し若いくらいがほとんどなので、上も妻も関係をうまく作るのが難しかったのかもしれない。業界に関する掲示板などを見ると、職人的な人が多く、パワハラに近いことをまかり通りやす職場もあるらしい。

 

そういう意味で、妻は引きが悪かった、もしくは職場を見る目がなかったのかもと思い、毎度、愚痴を聞きながら(最長で2時間半となっていた)応援していたのだが、ある時、たまたま、妻の担当エージェントと話をする機会があった(妻の不在時に自宅に電話がかかってきた)かなり色々苦労もかけているので、申し訳ないと思いつつ、彼に軽く聞いてみた

「色々ご迷惑をおかけしておりますが、正直、なんでいつもこんなにトラブルに巻き込まれやすいんでしょうね、時期が悪いみたいなのもあるんですかね」

そうしたら、彼の返答が僕の想定外すぎるものだった。それは、社会人経験の長い自分からすると、あ、これ、職場での関係悪くなるわ、自分職場にこういう人がいたら、ちょっと厳しいわ、というものだった。

 

彼の返答をそのまま書くわけにもいかないので、箇条書きで要点を書くと

上長とのコミュニケーション全般に良くない

職場ルール自分を合わせられない

自分スキルの足りなさを改善しようとしない。

自分スキル職場のやり方に合わせようとしない

仕事上の相談の仕方がよくない

謝罪ができない

といったことがあるらしい。常に全部が発露するわけではないが、いずれか複数が発露することで、職場内でトラブルが生じるらしい。

その結果、妻の転職回数がどんどんと増えていくらしい。逆に言えば、エージェントさん本当に苦労かけてたんですね、よく妻に付き合って新しい仕事を持ってきてくれてましたね。俺だったらもう紹介できないと言って、数年前に見限ってましたわ。申し訳ない。

 

ただ、妻は出産前の仕事の仕方はこんな感じではなかったように思う。その時代仕事仲間とは今も付き合いがあって、電話したり、コロナ前なら外で飲み会をしたり、今ならリモート飲みをしたりしている。ところが、出産後の職場では、まったくそういう友人はできていないようなのだ。多少付き合いがあるのは、仕事で直接の利害関係のない部署のみ。

で、なんとなく、思ったのは、育児中の僕の彼女への協力の仕方が悪かったせいで、そういう風になっていったのではないだろうかと思うのだ。

 

上長とのコミュニケーション全般に良くない

 妻の愚痴の中には、明らかに上司に対してなめてかかってるところがあった。例えば「○○さんは、ずっとこの仕事しかやってきてないから、狭い世界しかしらなくて人への当たり方がきつすぎる」とか「××さんは独身から子どもがいる人が都合を振り回されることがわからない」とか… 

 あ、書いてみるとひどいなこれ。で、これをさすがに直接は言わないものの、そう見える態度や言い回しですることで、上長との関係悪化することが少なくなかったようだ。

 でも、こういうのを「そういう属人的属性否定するのは良くないと思う」とたしなめられなかった自分がいる。なんとなく妻のストレス発散を愚痴をきいてやることで解消できるなら、それでいいと思って聞き役に徹していた。

 そもそも、妻がいわばママ友や隣近所くらいの世界で暮らさせず、もう少し早めに社会復帰させた方がよかったのではと思わなくもない。また、妻はステレオタイプへの偏見がどうも強いようで、「■■は□□でないといけない(orで当たり前)」みたいな言動をよくやるタイプで、子ども最近(というかこの数年)辟易して疎ましく思うことがあったようなので、子どもとの関係もやや悪化気味なのもよくない。

 

職場ルール自分を合わせられない

 例えば、有休のとり方は職場によって違う。2週間前に申請しないとならないところ、比較的緩く取れるところ、人員メンバー調整は各人でやってから申告するところ、上長が調整するところ、、、 それを妻は割と緊急の用事とか体調不良とかで、他者配慮なく消費するらしい。子どもの何とかとか理由をつけて。そのほか、仕事上のこまごまとしたルールに割とルーズだったらしい。

 その辺も僕が割と家事育児ができるのと、有休仕事上取りやすい、リモートワークで調整がつけやすいといったことが増えたので、彼女が体調が悪かったり、仕事が忙しかったりしたときに僕が変わって家事育児をやってしまっていたので、その辺の他者への配慮の仕方を忘れさせてしまったのかもしれない。(その割には、彼女PTAとか全部断りに断りまくってたんだが)

 

自分スキルの足りなさを改善しようとしない。 

自分スキル職場のやり方に合わせようとしない

 これは10年程度のブランクがあったのでしかたないかもしれない。

 職種特定されたくないので、すごくぼかして書くと、AからDを作る場合、A→B→C→Dの手順が多いんだけど、Bはしなくても良くてA→C→Dのところも普通にある。Bは正確性を期すためには必要くらいの感じだが、やるとコストがあがるし、B→Cのロスが出るのでやらないところが多い。でも、職場によってはBをやらないとならなくて、Bをやってエビデンスを残すことが求められてるところもある。逆にBをやってはいけないと決めているところもある。

 妻はこういうのを割と無視して、経験ノウハウかに準じてやってしまうらしい。その結果、A→B→C→Dのところでは、Bが無いと怒られるのに、なんで、そんないらないものをやるんですかと逆切れしたりするらしい。そして、業界的に10年進んでいるのに、その間のスキルアップが追いついておらず、なんか、仕事のやり方が雑であまりよくならないみたいな評価になってしまうらしい。

 これも、何気に自分家事サポートの仕方に問題があったようにも思う。妻は割と説明書とかを読まないで使いながら覚えるタイプなので、新しい電化製品とかは僕がまず説明書を読みながら使い方を覚えて、それを妻に手取り足取り教えるみたいなやり方が多かった。それでも、覚えてくるとどこか使い方が適当になってくる。けれど、まあ、後で僕が戻したり治したりすればいいかというので、僕としてはそれについてどうこう言ったりしなかった。細かい話だが、シャンプーリンスが切れたときに、両方を詰め替えたら、間違えてあべこべにいれてしまったので、僕が後から上にマジックシャンプーのところにリンスリンスのところにシャンプーと書いたこともある。こういう間違いをやっても、妻はあまり気にしない。逆に指摘すると、自分は忙しいんだとか自分はわかるからいいんだみたいな怒り方をする。なので、いつからか僕の方で間違いを指摘することはなくなって、淡々と治すようになっていった。

 

仕事上の相談の仕方がよくない

 もしかしたら、これが一番よくないかもしれない。妻は仕事でわからないことがあると、人を呼びつけて尋ねるらしい。それを聞いて、正直、僕は引いた。おもわず、なんで?と声に出てしまった。

 どうやら、手元で操作しながらわからないことが出たなら、そのまま教わりたいかららしいのだが、別の人は別の人で作業してるんですよね、それをなんで呼びつけるんですか? そりゃ、いくらやさしい先輩や上長でも何度もされたらむかつくわ。で、逆に先輩や上長が妻を呼びつけると明らかに「○○の作業を中断してるんですが…」みたいな不満を言ったり、言わなくても顔に出すらしい。ああ、ダメだわ。それ。

 でも、それ、実は心当たりがあるんだ。産前産後の体調が芳しくなかったので、なんとなくその時期、妻が自分のところから動かないで、○○をして、××をとってみたいなお願いを聞いて僕から動き回るみたいなことをやっていたのが、今も続いているんだ。例えば、寝室のベッドにいて、居間にある何とかを持ってきてと言うのも、僕を寝室に呼びつけてお願いする感じ。僕がごはんを作ったときには、妻のところに呼びに行くけど、妻がご飯を作ったら、大声で出来たよーというだけで、その声が聞こえたのかどうかは特に気にしない感じ。子どもに対しても同じで、子どもの部屋にいって、何をしろとオーダーせずに呼びつけてオーダーする。たぶん、これが癖になってるんだろうなあ。良くない。

 

謝罪ができない

 そして、なんとなくわかってたんだけど、やっぱりかというのがこれ。自分に否があるとき彼女場合、1割謝罪9割弁解みたいな感じなのだが、それが職場でもそうらしい。社会人場合、逆のほうがいいんだよなあ。家庭だったらまあ、それでも何とかならなくもないんだが、そろそろ、子どもたちの信頼もさがってきてるから、どうにかしたい。

 

上記の要因を見ていくと、なんとなくこの10年程度の家庭での育て方みたいなのが、悪く表に出てきてるきがするんです。とはいえ、これを僕が普通に指摘するの妻は聞き入れなさそうなんだよなあ。

なにせ、妻の口癖は「増田くんは、私の業界の慣習やルールはわからないだろうから」なんだよ。なので、最初のころはいくつかそういう要因はないのかと尋ねてみたんだけど、聞く耳なかったんだよな。

 

はあ、どうしようかねえ。

2022-04-10

日本人は学ぶのが嫌い」ではなく

「学んでスキルアップしたワーカーへの報償がない・少ない」から

学ぶ意欲が減退した説

2022-03-30

ビジネスにおいて、直接対面でないと話ができないコミュニケーション能力の低い人たちを、テキストや非同期の方法でもコミュニケーションができるように、スキルアップする方法はありますか?

https://jp.quora.com/bijinesu-nioite-chokusetsu-taimen-denaito-hanashi-ga-deki-nai-komyunike-shon-nouryoku-no-hikui-nin-tachi-wo-tekisuto-ya-hidouki-no-houhou-demo-komyunike-shon-ga-dekiru-you-ni-sukiru-appu-suru-houhou-ha-arima-suka

増田にもそんな感じで勝手に読み違えてキレてる人がおりますおります

非同期が苦手な人間に限ってクラブハウスとかyayよりも掲示板とか好む感

苦手ならやめりゃいいのに

2022-03-27

アメリカ学校吹奏楽部事情

https://news.yahoo.co.jp/articles/cfb969e3d2c94746cddf549aa4b5e3f706f17e93

日本の強豪校の吹奏楽部で過重な練習時間問題になった事例があった。

では、吹奏楽先進国とされているアメリカ高校ではどうなんだ?というのを紹介しておく。

まず、吹奏楽高校選択授業と言う位置づけ。地域学校によって異なるが、オーケストラがあったり、マーチングバンドがあったり、吹奏楽コンサートバンド)があったりなど様々。

そして学校の授業なので、週に数コマ×1~2時間しかやらない。

ただし、実際にこれだけしか練習しないわけではない。

そもそも吹奏楽の授業に参加するためのトライアウトオーディション)がある。これに通らないと吹奏楽部に参加することすらできない。

また、授業の時間は短いので基礎練習や個人練習をやっている時間もない。

から吹奏楽に参加する学生達はみな、放課後に外部のトレーナーのところに行ってレッスンしたり、個人での練習に明け暮れる。

学校がそのトレーナー斡旋してくれるケースもある。

学校が長期休暇に入ると、日本吹奏楽部よりも厳しい「キャンプ」を行うところもある。

ある例では、毎日朝8時から夕方4時まで練習する。事前準備、片付けなどを考えると朝7時~夕方5時までの9時間拘束される。

日本の強豪校の吹奏楽部に勝るとも劣らない、いやそれ以上の練習時間である

こんな環境なので、学生は朝早くに親の車で送ってもらうことが前提のようだ。

まりアメリカ吹奏楽部は、「校外での自主練でスキルアップが前提」であり、「長期休暇期間は長時間練習」でもあるのだ。

日本だとこの2つとも校内のリソースだけでやろうとするからブラック部活化するが、アメリカでは外注することでブラック部活化を表面上防いでいる。

ただし親の金銭的負担アメリカの方がめちゃくちゃ大きい。平民層には手が出せない領域だ。

日本吹奏楽部ブラック部活状態改善するには、練習環境外注しかないのだが、そうすると楽器に触れない平民層が多数出てくる。

格差社会アメリカはそれでもいいのだろうが、格差を嫌う日本もそれでいいのだろうか。国民的な議論が待たれる。

2022-03-25

anond:20220323210555

相場に高騰が訪れる的な誤字の入った文章文脈の腰を折られたからもうどうでもよくなった

そういう誤字し出かす人ならスキルアップとともに辛いこともある(転勤など)ってことも読み取れずKY祝福、やりかねないなとおもった

2022-03-23

「おめでとう」「ありがとう」をまともに受け止められない病気の人たち

っているんだな。

昨日、誰かクリエイターっぽい人がスキルアップしたっぽいから、「ステップアップおめでとう!」って何気なく書いたら、

いきなり横から「うるせえ上から目線のクソ野郎」みたいな馬騰されたわ。

もう病気だろこれ。

完治するといいな。

2022-03-16

anond:20220316021654

わろた

バカ低脳なら流されるな…

洗脳し直すしかいかwww

自分キャリアを諦めたことによる経済的損失を全部相手のせいにして感謝しろ、ここまでさせたんだからちゃんと稼げよ!?って圧かけて感謝しろしろ踏ん反り返りながら、仕事から帰ってきたら家事は軽めでサボっていいから半分を何か自分スキルアップ時間とか料理勉強かに充てて、「おかえり♡!○○くんが仕事してくれるおかげですごく助かる♡ねえ前はそういうこと言わなかったじゃん、誰かから何か言われたんでしょ。何言われたの?そんなんじゃうまくいく夫婦もうまくいかなくならない?」で同僚を論破…くらいは私なら画策するかな…

2022-03-13

anond:20220313164748

マジレスすると、業種による。

何もしなくても一定の十分な売り上げ、利益長期間確保できる業種・会社非上場だったりすると、仕事はしなくても給料が払えてしまう。

そのとき評価は、仕事ができるかどうかじゃなくて、金を分ける権限のある人から見て気持ちいかどうかだから

社長とか専務とか部長とか、上役に取り入ることがすべてで、たとえば、社長の娘さんと結婚するのが昇進の早道だったりする。

昭和高度成長期には大体どこの会社も何も特殊なことしなくても売り上げが毎年増加して利益も増加したからこういうことがあった。

いま少子高齢化で、中年以下向けの商品サービス販売はどんどん萎んでいくから、働いて売上を獲ってこないと給料が払えなくなる。こういう業種業態

会社場合は、売上を作った人が偉くなる傾向にある。社内で業務のものへのチャレンジ必要だ。こういう会社では、

場数を踏んで経験を積んでスキルアップしていかないと会社個人ジリ貧になる。

2022-03-07

習慣化できない理由

習慣できない理由は、この4つのいずれかに該当します。

①すぐに効果が出ないため、モチベーションが続かない

目標が高すぎる

完璧にこなそうとする

④心から実現したい目標ではない

習慣化のメカニズム

習慣化は、脳の性質によって起こるものです。

「何かを意識決定する」というのは、脳にとってエネルギーを消費する行為です。

脳は無駄エネルギー消費は回避し、節約しようとする性質があるため、繰り返し行われる行動はパターン化し、無意識に行うようになります

習慣化のメリット

習慣化には、様々なメリットがあります

メリット①:目標を実現しやすくなる

ダイエット仕事スキルアップなど、一朝一夕では成し遂げられない、日々の積み重ねが大事目標は、習慣化することで達成しやすくなります

メリット②:面倒なことも継続できる

習慣化された行動は、強い意志がなくても無意識で行うことができます

「やる必要がある一方で、面倒に感じる」といった行動も、いったん習慣化してしまえば継続して行うことができます

メリット③:自信がつく

目標に向けての行動の習慣化は、いずれ成果につながります

1つのことを継続できたことや、何かを成し遂げた経験は、自信となります

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん