「善処」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 善処とは

2020-09-11

認知症初期の祖母が訳あって一人暮らしになりそうだ。

近場に住んではいるけど、一緒には住めないし、働いているから昼間はいけないしで不安だけどどうしようもないよな。

色々と頑固になってきてて、施設には入れられないだろうと考えると、最悪は認知症が急速に進んで徘徊などで側溝にはまって死ぬ未来もあったり、電車につっこんだりとか考えると吐き気がしてくる。

一緒に住まないと言うことはそういうことをどこかで覚悟しないといけないわけで、逆に一緒住む場合離婚して貧乏になりながら看取るとかしかないよな。

どこまで認知が進んだら何もわから施設に入ってくれるかわからないし、それまでにまだら認知問題めっちゃおこしたりとか…

孫が心配することじゃないんだろうけど、親はマジ頼りにならないし、他の人はどうやって乗り越えてるんだろうな。

情報集めて善処しつつもどこかで諦めながら何も起きないように祈りながら過ごすしかないよな~と。こんなん愚痴ってても仕方ないけど、愚痴らないと鬱になりそう。

2020-09-02

国が何とかしてくれないから我々が困窮しているのだ!という人間達の多さに驚いているのだけど、この狭い国土食料自給率この島国が、どのようにしたら列強諸国や目まぐるしい発展を遂げている各国に負け地をとらぬ国力を示し、かつ彼らが望む平和で豊かな国に出来るのか全く想像ができない。

安倍政権善処したと思っているし、喝を入れるためにそういった反対意見必要なのはわかるが、どうしてもなんだかなと思ってしまう。額がないのでわからないのだが、実際に国のトップがどうにかなればこの貧困時代を乗り切れるのか?そもそも文句を言う国民が国のための努力をしているのか?

2020-06-09

僕ヤバ:3巻まとめ

3巻のテーマ

1巻は市川山田を好きになる物語

2巻は山田市川を好きになる物語

3巻は山田が求め続けて、市川が応えるまでの物語だった。

2巻までの二人はただ相手が好きで、それだけで良かった。

3巻での山田市川を求めているし、市川に求められる事を望んでいる。

しかし当の市川自分本心から目を背けているせいで望みはかなわないのだ。

からこそ karte.43 で市川が絞り出した本心尊い

不器用で臆病だが精一杯山田を求める気持ちがこもっていて、ようやく山田は互いに求めあう事の充足を得た。

3巻の山田杏奈

3巻は全体的に、山田の心が市川でわちゃわちゃする様を愛でる話が多かった。

単話ごとで見ると、山田が初めての恋に振り回される様はとても微笑ましい。

一方で3巻全体を通して見ると、すこしずつ山田不安定になっていく様子がうかがえる。

求めるにつれ自制が失われ、年相応の性欲が芽生え、不安が募り、ついにはナンパ彼女というストレス要因によって弾けてしまう。

この不安定さは最終盤、仲直りのハグ(2回目)とLINE交換によって肉体・精神の両面から満たされる事で一旦解消。

幸せの中で4巻に続いている。

3巻の市川京太郎

市川は2巻中盤以降から相変わらずで、山田ほど恋に振り回されてはいない。

自分の恋心を「病気」と断じて未来への希望排除しているため、より親密になりたいという欲求自体抑制されているのだろう。

これはもちろん欺瞞であり、ポーカーフェイスの裏で溜りに溜まった歪みが終盤ついに吹き出し初恋破たん寸前まで追い詰めた。

市川が歪みの正体に気付き乗り越えた事で二人の関係は一歩前進できたが、まだまだ色々な事(欺瞞のものとか)から目をそらしている事は変わりなく前途は多難だ。


以下、各話あらすじおよび個人的解釈


karte.31:僕はLINEをやっている

市川とのつながりが欲しい山田LINEの交換を持ちかけるが失敗。

逆に成り行きで萌子市川LINE交換することになり激しく嫉妬する。

自分市川に妬かせるためにクラスの石室君とLINE交換せざるを得なくなるが、すんでのところで市川が(意図的ではないが)阻止。

市川のやきもちがうれしい山田だった。

karte.32:僕は距離を取れない

持久走の授業は市川山田もついでに原さんも苦手。

図書室以外での接触を避けたい市川距離を取ろうとするが山田は一緒に走りたい。

なんだかんだ山田が気になってほぼ一緒に走り、結果はビリだった。

ヘトヘトの山田市川の方に手を伸ばし、立たせてと甘える。

授業終わりでみんな教室に帰っているし、まぁいいかと手を貸す市川

クソイベントの持久走すら山田と一緒だと悪くないのだった。

途中で預かったジャージ上着山田に返して教室に戻ると、

返したと思ったのは市川ジャージで二人のジャージが入れ替わっていた。

karte.33:僕らは入れ替わってる

市川の名札が付いたジャージ山田が着てしまう事を危惧する市川

授業中に入れ替わりに気付かず(?)着てしま山田

市川は挙手して黒板前に進み出ると、問題を解きつつ山田に「名札みろ」とジェスチャーを送る。

が、山田は二人だけの秘密を楽しんでいるかの様に受け流すのだった。

ようやくの昼休み図書室に市川が入ると山田は先に来ており、山田から返されたジャージの襟元にはご飯粒。

市川はいもの食べこぼしだと思ったが、それは口元にご飯粒を付けた山田市川ジャージに顔をうずめた痕跡なのだった。

karte.34:僕は視聴した

市川一方的山田を観察する初期のテイストの話。

ネット山田がEテレ「コロンブス学園」なる番組に出演している事を知った市川

丁度放送日だった事もあり気になって視聴する。

山田が皆に知られてしまう事を危惧する市川だったが、実際のところ山田はひな壇のその他大勢に埋もれ、しかも出番はほぼカット

市川はホッとしつつも山田の傷心を思い「コロ学」の話は避ける事にした。

が、当の山田は少ない画面映りにも満足で自慢げなのだった。

karte.35:僕は勉強を教える

最近山田は昼休み宿題している事を知ったちい(小林)が図書室を訪れ、なりゆき市川問題の解き方を教えることに。

素直で裏表のないちいが市川とも距離なく話す様に、親友とはいえ嫉妬が隠しきれない山田

市川の方でも「山田とだけは普通にしゃべれる」事をちいに指摘されて動揺。

その日の昼休みは終始かき乱される二人だった。

結局ちいは進研ゼミを始めたため図書室に来たのは1日だけ。

代わりに山田市川勉強を教わる事にして、図書室の二人は並んで座るようになった。

karte.36:僕は母親と似ていない

三者面談学校母親接触したくない市川面談室前の様子を隠れ見る。

順番が山田家の次だったようで、廊下椅子には山田母・山田市川母が。

美人で凛々しい山田母に納得の市川

隣に座るのが市川の母と気付いた事から緊張しつつも軽く談笑する山田市川母。

市川市川母の共通点を見つけ出してほっこりする山田だった。

面談終了後、玄関に向かう市川親子を見つけて後ろから駆け寄る山田

そのとき面談前にすごく綺麗な子とアメを交換しちゃった」との市川母の言葉に、一部始終を隠れ見ていた市川「山田」と即答。

すごく綺麗な子=山田という市川の答えに顔が赤くなった山田はまともに話しかける事ができず、「ば、バイバーイ」とそのまま駆け去った。

karte.38:僕は接触を試みた

ちいが風邪でお休み

萌子にちいの代役(椅子)を頼んだ山田だが、椅子萌子山田の乳を揉んだだめ憤慨。

それなら、と黒板に「山田触っていい場所マップ」を書かせることに。

山田書き込み、それをのぞき見市川

その日の図書室、市川マップを見たと知っている山田は触って良いよとばかりに距離が近い。たじろぐ市川

三者面談の話をしているところに司書先生が入室し、慌てて距離を開けた。

ふと見ると山田宿題ノートの端にアメを出しっぱなしにしていて、市川マップ上「触って良い」になっていた肩を軽くたたき「アメ、隠せ」と耳打ち。

突然のささやきに山田は耳をおさえて赤面、超絶動揺してしまう。

後日、山田マップには耳が「触るのNG」として追加されたのだった。

karte.38:僕はホントにずぶ濡れた

小雨かと思ったらドシャ降り。

冬の冷雨に打たれながら自転車家路を走る市川コンビニを出た山田と鉢合せした。

市川の濡れた髪と面貌に見とれて思わず手を伸ばしてしま山田、たじろぐ市川に気付いてギリギリ未遂

後ろで傘を持って2人乗りしようとの山田提案もあったが、仕事の予定もあって結局断念。その場で解散となった。

ようやく家の前まで帰り着いた市川は、自転車の前かごに山田コンビニ袋が入ったままになっている事に気付く。

袋の中にはお菓子の他に生理用品もあり、慌てた市川は再び雨の中を駅へと急ぐ。

何とか間に合った市川、大声で山田を呼び改札越しに袋を渡そうとする。

山田はわざわざ改札を出ると、袋を受け取りながら濡れた市川の髪を拭いた。

市川が慌てていた訳に気付いた山田は顔を赤らめつつも市川の耳にそっと顔を近づけて

「これ、生理のやつじゃないから」と耳打ちリベンジ

なんだかよくわからない市川

続く「ママに頼まれた」という言い訳市川は「あのキレイママがなぁ・・・」とキモい妄想にふけってしまい、それと知らない山田はここぞとばかりにハンカチ市川を撫で続けるのだった。

karte.39:僕は夢を見た

前回の雨で風邪をひいた市川学校休み、平日昼間の一人の家を満喫

そこに給食イチゴババロアをもった山田がお見舞いでインターホンを鳴らす。

玄関先で少し言葉を交わした後、体調を気遣っておとなしく帰ろうとする山田を、市川咄嗟に「あ、お、お茶でも、飲んでいっ、たら・・・?」と引き留める。

表情を明るくする山田

自宅に山田がいるという緊急事態テンパる市川お茶の用意をしかけたところで汗まみれの寝間着が気になり着替えることに。

が、熱と緊張のせいか着替えの途中で気を失ってしまう。

半裸で倒れている市川を見つけた山田は慌てて駆け寄る。

朦朧とした意識の中で「大丈夫大丈夫」と答える市川だったが、上着を着せようとする山田の腕の中で再び気を失った。

熱のこもった裸の上半身山田に預け、荒い息を吐く市川

まりの状況に思考が追いつかない山田

熱に浮かされる市川は、山田に抱き寄せられるやけにリアルな夢を見ていた・・・

頬を撫でる手の感触市川が目を覚ますと、手の主は山田ではなく姉。

外はもう夜で、寝間着は不器用だが上下とも着替えていた。

市川にはどこまでが夢なのか分からなかったが、イチゴババロアと置手紙から山田が来たことだけは間違いないようだった。

karte.40:僕は練習台になった

山田映画に出るらしい。しかも有名監督に有名俳優と共演。

チョイ役だが一言だけセリフもあるそうで、唐突に冷たい声で「マジキモい」と映画セリフ披露する。

山田が発したその言葉セリフと知りつつ心底の劣等感が震えてしま市川

その後もセリフ練習を続ける山田だったが、周りの目を気にする市川提案で人気のない場所に移動することに。

山田が選んだのは階段下の用具倉庫だった。

狭い用具倉庫、至近距離で向かい合って映画の話を続ける二人。

公開日は卒業直前の再来年春だといい、市川は否応なくその時の二人の関係について考えてしまう。

(再来年の春に)映画を観てくれる?という山田の問いかけに、市川わからん善処する、としか答えられない。

が、ほんの少しだけ覚悟をきめると「観られる(自分になる)よう善処する」と、初めて二人の未来について真剣言葉を発した。

その顔を見た山田は胸がいっぱいになり、セリフ練習が続けられなくなった。

karte.41:僕は見えない

前回を受けてイチャラブ度がピークに。周りに隠す気あるのか?というレベル

席替えの結果市川廊下側2列目、山田はその左斜め前とギリすれ違い。

市川の隣は原さん、山田の隣は足立となった。

足立山田教科書シェア作戦を画策、市川が阻止。嫉妬が嬉しい山田

山田長身で黒板が見えない市川が原さんにノートを写させてもらう。頬を膨らませて拗ねる山田

休み時間「原さんが隣でよかったねと」弱気山田に「山田デカくて黒板が見えない」とも言えない市川

つい「授業中、山田しか見えない(から黒板が・・・)」と口走ってしまう。

言葉インパクトに悶絶する二人。

廊下で一部始終が聞こえていた原さんも思わずもらい悶絶。

結局席順は山田市川を入れ替えて、最前足立市川、2列目が山田・原さん、となった。

karte.42:僕は利用された

市川山田から借りた「君オク」を読んで山田から自分への好意に気付きかけるが、あり得ない希望を持たないようにその考えを打ち消す。

そんな折ナンパイがまたも襲来、しか彼女?連れ。

その場はちいが追い払うも、昼休み図書室に今度はナンパ彼女けが登場。謎の正妻アピール山田けん制する。

市川に誤解されたくない山田暴走してしまい、彼女に連れられて図書室を訪れたナンパイに、市川とのキスシーン(のふり)を見せつける強硬策に出る。

山田からするとかなりの覚悟を要した行動も、山田から市川への恋心を「あり得ない」と考える市川には「好きでもない男を利用する行為」と映ってしまった。

それは「市川ネガティブ世界観」と「山田が隣にいてくれる現実」のギャップを埋める説明としてこの上なく適切であるように思え、

市川は足をガタガタと震わせつつこれまでの全てが「ただ利用されただけの関係だった」と結論。自ら絶望する道を選んでしまう。

その選択はまた、内心抱えていた恐れから解放され、元の自分に戻るという逃避でもあった。

karte.43:僕は山田が嫌い

山田を拒絶し昼休み図書室にも姿を現さな市川山田不安を募らせる。

2日目にして耐えきれなくなった山田は、放課後市川に強引に詰め寄った。

山田はここ最近市川との接触を求めすぎていた事に負い目があったようで、

「おこってるの?なんで?」「私が距離近すぎるから?」と涙目で問いかける。

その質問に答える事すら拒否して立ち去ろうとする市川

ごめんねとつぶやき山田は恋を失った後悔の涙を流す。

涙をぬぐおうと取り出したのは、いつかの「ご自由にお使いください」ティッシュだった。

それを見た市川は「山田はそんなヤツじゃない」と分かっていながら気持ちを偽っている自分自身に気付く。

市川は「欲しくてたまらないのに決して手に入らない山田」を想う気持ちが日増しに強くなる事から逃げる口実を求めていたのだった。

自分本心を知った市川山田に歩み寄り、たまたま用事があっただけ、と弁解する。

山田は安堵からわず市川を抱き寄せるが、接触を求めすぎたことが原因だと思い出してすぐ離れ、仲直りのハグだったと言い訳

市川は精一杯素直な気持ちを振り絞って「嫌だなんて言っていない」と返した。

山田は再び市川を引き寄せると、ようやく心置きなく、愛情のままに市川を抱きしめる事ができたのだった。

karte.44:僕らはLINEをやっている

その日の帰り道。

足立山田賢者タイム市川の会話はイマイチかみ合わず市川はやはり山田との相性は微妙嘆息する。

逆に、君オクの感想市川から聞いた山田は好きな場面が一致した事で心を弾ませた。

せっかく仲直りしたのに、来週はもう冬休み・・・

とその時、突如IQが高くなった山田天啓が降り、君オクの続きを月曜に持ってくると市川約束した。

はたして終業式の月曜、山田は君オクを持ってくるのを忘れる。

別にいいと言う市川に、強引に明日渡すよと持ちかける山田

から、待ち合わせのために、LINE教えて、と・・・

あわてふためきながらもついにLINE交換する二人。

「じゃあ明日ね」と声をかけて、山田ウキウキと帰っていった。

今日12月23日だと市川は気づいていない。

2020-03-20

不完全という魔性

はじめに

「何かが欠けている」ものに魅せられたことはありませんか?

美しいもの,輝かしいもの完璧もの,こうした理想的な,最上級存在に,心の奥底で物足りなさを感じたことはありませんか?

だって考えてみてください.

完成したパズルを眺めるよりも,欠けたパズルを埋める方が楽しいのですから……

さてさて,ここでは存在の「キャラクター性」について考えていきたいと思います

友人,先輩,後輩,恋人などなど,限定しません.

尊敬愛情など,好意の形は多種多様です.それら全てを包含しましょう.

ただ今回については,恋というとてもシンプル言葉でそれらを置き換えることを許してください.

さあ始めましょう.

あなたに問います

その想いは,本物ですか?

なぜ「理想的でない」存在に惹かれるのか

あなたが今,誰かに魅了されているとしたら,その最も大きな理由は「人間らしさ」にあることでしょう.

この「人間らしさ」という表現を,筆者は不完全さとして解釈します.

例えばドラマアニメのような作品ではについて見てみると,多くの場合,注目するそのキャラクターの美しい部分や輝かしい部分にスポットライトを当てています

夢物語です.

光の当たる部分しか映らないそれは,ただ美しいだけの何かに過ぎません.

から作品の中では,暗い過去や後ろめたいものを見せつけます.時には不快なくらいに.

でもそれが,裏腹にもあなた好意煽動しま

「美しさ」と対をなす「醜さ」こそが,人物の不完全さであり,キャラクターを味付ける最高のスパイスです.

想い人という鏡

過度に美化された存在への好意は,決して成就しません.

聖人たりえる存在への好意は「恋慕」と言うよりは「憧憬」に近く,あなた同類聖人でない限り,その隣に立つことを,いつかあなた自身が拒むからです.

初めのうちは,問題など生じません.

あなた自分にはない相手の美しさを素直に受け入れ,憧れ,そして惹かれる.ただそれだけの自然な営みです.

しかしながら,人の心は厄介なもので,恋愛感情における憧れは,単体では長続きしません.

過ごす時間存在する空間,共有するものが増えるほど,あなたと想い人は存在として重なり,そして残酷にもその差異を明らかにします.

心の距離を近づけようとすればするほど,想う相手あなたの鏡となり,あなたの美しさ,そして醜さを浮き彫りにします.

あなたがどう想おうと.想い人がどう想おうと.

共有するもの全てがあなたを量ります

あなた相手を想うほど,あなた相手の美しさを知り,そして自らの醜さと対峙しなければなりません.

これは人が人を愛するために避けられない呪いです. 

信頼と対なす負の告白

古くから知られるように,醜さを持たない人は稀です.

あらゆる宗教経典で取り上げられる程度には,ありきたりなものなのでしょう.

否,醜さを持たない人を「人」と呼ぶことそのものが不適であるかもしれません.

自らの醜さを自覚した人は,次の行動として,それを相殺するために相手の醜さを探します.

だって私たちは愚かで,美しさを比べるよりも,醜さを比べる方が楽ですから

裏を返せば,「自らの醜さを相手に示すという行為は,信頼の究極的な表現の一つ」と捉えることができるかもしれません.

人が人に好意を持つきっかけは,無数に存在するでしょう.

優しくされたとき,笑ってくれたとき,ただ隣にいてくれたとき……

でも,その想いが加速する瞬間は決まっています

相手の「弱さ」や「脆さ」を知ったときです.

「醜さ」という単語はそれらを包含することでしょう.

あなたの中に芽生えたその想いは皮肉にも,相手の「醜さ」を知ることで育ちます

好意勘違い

ここで,私たちは時折,致命的な勘違いします.

意図的か否かを問わず,「醜さ」を出会って初期の段階で見せられたとき好意を得ているのではないかと感じてしまう,勘違いです.

例え事故的であったとしても.

本来追うべき順番を間違えているとも気付かずに.

この勘違いは本当に偶発的に起こり得ます

現実でも,作品の中でも,容赦なく無意識作用します.

さあ考えてみてください.

その想いは本物ですか?

それとも,自分の誤解に騙されていませんか?

付録】「非理想的」の崩壊

残念ながら「醜さ」もまた,長続きするようなものではありません.

置き土産として,これについての2通りの解釈提示しておこうと思います

もし時間の経過とともに,あなたの想いが薄れるようなことがあれば……いえ,ないことを祈るばかりです.

過度な「醜さ」は本当に醜い

魅力としての「醜さ」の一線を越えてしまえば,それはスパイスでも何でもありません.

ただの味付けに失敗した出来損ないの料理です.

欲をはじめとするあらゆる醜さは,それ単体では何ら加点要素となりません.

裏を返せば,伸びしろばかりとも言えますが,果たして成長を待てる人はいるでしょうか.

あなたは待てますか?

想う相手は待ってくれますか?

先の章で,「醜さ」をあたかも良いもののように誤解なさらないことを希います

まあもっとも,長い時間自らの醜さを隠し通せる人なんて,そう多くはないでしょうが

成長という欠落

反対に,あなたの想う人がどんどん理想的になる,というシナリオも考えられます

そのときあなたはその事実に耐えられますか?

あなたの求めていたものがもし「醜さ」に起源するものだとしたら,きっとその想いは冷めることでしょう.

知らずのうちに,孤独感,劣等感が増し,好意が薄れていく……そうなるかもしれません.

しかしここで悪い人は一人もいません.

全員が善処し,そして不幸になるだけです.

から誰も責めず,誰からも責められることはありません.

安心してください

あなたに残された選択肢は二つ.

美しくなりゆく相手を赦せずに関係を絶つか,自らの醜さを受け入れ向き合うか.

何人もあなた決断を妨げることはないでしょう.

2020-02-14

日本青年会議所JC)は巧くやった

言わずと知れたTwitter日本法人との提携案件のこと。

どちらに転んでも保守界隈や日本会議関係者にはメリットしかない絶妙な一手だ。

さっそくJCアカウントの行動に対してはてサ左翼が騒いでるが、JC側にとっては目論見通りだろう。

これで左翼連中がTwitterに見切りをつけてマストドンとかの別SNSに去ってくれれば、JC側は今以上にやりたい放題出来る。多少のアカウント減に対しては日本会議JCお得意の靴下アカウント大量生産カバー出来る。

見切りをつけずに「ツイッタージャパンの信用を失った」と文句言う連中に対しては、「なんで運営が信用出来ないサービス使い続けてるの?余所SNSに移るか、自分達で新しいサービス作ればいいじゃない?なんでやらないの?」とロジカルに詰問し、彼らの発言力を大きく削ぐことも出来る。ロジカルに、がポイントだ。左翼ロジカル攻撃に弱いからだ。

いずれにせよJCは巧いポイントを突いた。左翼側が出来る反撃はTwitter米国本社に事の顛末を伝えて善処を待つことくらいしかないだろう。これもかなり厳しいが。

SNS時代は金と組織力がある者が強くなる、という典型的事象として歴史に残るだろう。

2020-01-11

anond:20200111104713

自分のために生きちゃいけないのか。。。

極論だぁ (´・_・`)

かに他者に与える側にならないといけない年齢ですよね。善処します。

せめて他人迷惑にならないように生きます

2019-12-24

トロッコ問題はもうやめろ

例え話は大体通じないんだからやめろ

 

トロッコ問題は「自動運転において、ハンドルを切ったら犠牲者が減るが、一方で別の犠牲者が出る場合ハンドルを切るか否か」と言う話でしかない

何か別の話に置き換えてる人がいるが大抵意味が変質したり間違っている

 

まず個人がどうするかという話題ではない

自動運転は予めプログラムするものから、「ハンドルを切るか切らないか」をどっちか決めなければならない

まり社会的妥当性はどちらかというのを考えるのがこのテーマ

 

ちなみに今だって似たようなことは起きている

電車バスも、轢かれそうな人がいるからと言って乗客危険晒すような急ブレーキはかけない

から答えはほとんど出ている

 

なぜ今更そこが話題になるかと言えば

プログラムの精度が高まるほどに「善処したがだめだった」ではなく「わかてって轢き殺した(回避しなかった)」になっていく

曖昧な部分がなくなっていく過程で、理詰めで「このときはこうするが、このときはこうしない」を設定していかなければならなくなってきているわけだ

プログラマーはよくそういう決めの問題に遭遇する、何を妥協するかという話が命に及ぶので難しいと言うだけの話だ

2019-07-27

記録

彼の帰りを待ち続けて、幾度目かの夏が来た。

もう二度と、会えないことは知っている。

当時高校生だったわたしの前に颯爽と現れた彼は、いとも簡単わたしの心を奪っていった。

年上の彼は、まだ未成年世間知らずで若さ・可愛さ・勢いだけが売りの女子高生からアプローチには目もくれず、

仕事のためにあっちこっちを飛び回っていた。

「何の仕事をしているの?」

と聞いたことがある。

「街の雑務だ」

と言われた。

その時は「お役所の人なのかな」と思って特に追求しなかったけど、多分違う。

未だに彼が何の仕事をしていたのかは分からない。

ただ彼は、いつか小説を書きたいと言っていた。

わたしも、本を読むことは好きだったので、

「書いたら一番に読ませてね」

約束こじつけた。

衝撃を受けた出会いから一転、わたしと彼は穏やかな日々を送っていた。

彼に見合う大人の女性になろうとちょっと背伸びをしてみたり、

一方で純粋無垢を装って彼にひっついてみたり、

客観的に見たら可愛らしい、主観的に見たら両手で顔を覆いたくなるようなアプローチを続けていた。

彼はそんなわたしに動じることなく、否定肯定もせず、いつだってかに見守り、そばにいさせてくれた。

彼の、そういうところが好きだった。

彼は少し変わっていて、不思議な人だった。

彼の仕事もそうだけど、例えばものすごく辛いカレーが好物で、行きつけのお店には彼専用のメニューがあったりだとか、

真顔で冗談を言ったりだとか。

わたしカレーは甘口しか食べられない。

母もそうで、父と結婚当初、いつものように甘口のカレーを作って食べさせたら、

普段辛口カレーばかりだった父は口に合わず戻してしまった、という話を聞いた。

「もしもわたしカレーを作って御馳走したら、戻しちゃう?」

笑いながら聞いたら、

「飲み込むよう善処する」

と、ちょっと困ったような顔で言っていた。

「ひとくち食べてダメだったときのために、後入れスパイスを用意しておくね!」

「助かる」

いつかの約束が増えるのが、嬉しかった。

3年生の夏、進路の相談をした。

正直わたしは、この恋を取るかやりたいことを取るか、悩んでいた。

好きな歴史勉強をしたくて、その中でも学びたいことを学ぶためには関西とある大学に行くのがベスト

だけど関西となると、新幹線飛行機で一本とは言え、地元にはそう頻繁に帰れない。

彼に会いたいと思えば、連絡せずとも街をぶらつけば会えてしまうこの現状を棄てるのはもったいなくて、

だけど妥協して別の勉強をするだとか、そういうことはしたくなかった。

自分の思うように、後悔しないようにすればいい。俺はここにいる」

彼はそう言った。

最後のはわたしを宥めるために言わせてしまったのかもしれないけれど、

言外に「待っている」と言われたようで、舞い上がってしまったのを覚えている。

彼の、そういうところが本当に好きだった。

あの日、珍しく彼から電話がきた。

連絡するとしたらわたしからばかり、それも電話ではなくメールだったので、ケータイの画面を5度見位はしたと思う。

あわてて通話ボタンを押すと同時に彼がわたしの無事を確かめてきた。

「今どこにいる」

「家にいる」

「一人か?」

「うん」

「今から行くから、俺が着くまで戸締りをして動くな、いいな」

「わかった」

初めて聞いた、彼の切羽詰まった声。

正直、何が何だかからなかったけど、彼が来てくれる、それだけで安心できた。

彼はわたしの家に着くと、再度わたしの身に何も起こっていないか確認し、誰かへ電話を掛けた。

多分仕事先の人だろう。

まり聞かないように、かつ気が散らないように、わたしは静かに大人しく彼のためにお茶を淹れた。

電話が終わると、彼はわたしに何かを言いかけて、やめた。

わたしも、無理に聞かない方がいい気がして、黙ってお茶差し出した。

彼は何かを考えているようだった。

多分、わたしへ何かを、何と伝えようか、考えていたんだと思う。

「ありがとう」

そう言って受け取ったお茶を数分かけて飲み干した彼は、窓から外を確認し、静かに話し出した。

「俺は、やらなくてはならないことがある」

わたしは黙って聞いていた。

「ずっと、小説を書きたいと思っていた。そのために、今の生き方を選んだ」

当時のわたしには分からなかったけれど、今になって思うとあれは、覚悟を決めた目だった。

「だが、……それはもう、出来そうにない」

わたしには、彼の話を聞くことしかできなかった。

直接的な表現ではなかったけど、彼にはこの未曾有の事態の中、夢を、約束を棄ててでも、やらなくちゃいけないことがあるらしく、

それをわたしには止められないことだけは、確かだった。

「ここは大丈夫だ。後悔の無いように生きろ」

頷くことしかできないわたしの頭をひと撫でし、彼は立ち上がった。

「……待ってる」

何か言わなくちゃと、伝えたいことはたくさんあったのに、絞り出せた言葉はこの一言だけだった。

彼は少しだけ目を見開いて、それから、「行ってくる」とだけ言って、出て行った。

それから世間では今何が起きていることはわかったけれど、

彼がどこへ、何をしに行ったのか、結局分からずじまいだった。

彼がどこかへ行って10日後、彼の友人を名乗る青年が、わたしを訪ねて来た。

その人は、彼より幾分か年下で、わたしより幾分か年上だった。

「君に、渡さなくてはならないものがある」

そう言ってその人は、彼がよく吸っていたタバコと、愛用していたジッポライターわたしの手のひらに乗せた。

「『約束を守れなくてすまない。君が作った甘口カレーを、食べてみたかった。どうか幸せになってくれ』と、言っていた」

無表情に見えるその人もまた、彼がいない事実を辛く思っていることは明白だった。

努めて表情を消していることも。

わたしとその人は、しばらく黙ったまま空を見上げていた。

何も言われなくても分かっていた。

何も言わなくても、きっと通じていた。

わたしたちの気持ちは同じだった。

わたしも、彼の友人も、誰も「彼が死んだ」とは明言していない。

馬鹿なのは分かっている。

明言していないだけで、それが事実だということも、分かってはいる。

だけど、それを口にしたら、それが確定してしまうような気がして。

言葉にしなければ、きっとどこかで……なんて、絶対に無い奇跡を、今もまだ願わずはいられないでいる。

だって彼は、「行ってくる」と言ったから。

それは、「帰ってくる」という意味を持つ言葉から

近々、わたし婚約者結婚する。

つの区切りとして、数人しか知らないこのことを、この匿名日記に記してみた。

婚約者は全てを知っている。

知ったうえで、わたしを好きだと言ってくれて、彼のことを忘れられないまま好きになってしまったわたしを愛してくれた。

「忘れる必要はない」

わたし懺悔を聞いた婚約者は、そう言ってくれた。

「その人を好いていた気持ちも含めて、君の全てを愛している」

こんなに良い男がわたし婚約者だなんて、わたし自身も驚いてはいるけれど、

この人と生きていきたいと思った。

後悔の無いように生きる。

それは思っていたより難しく、実際にわたしはあの時にわたし気持ちを伝えられなかったことを一番に悔いている。

それでも、彼の願ったことだから、出来る限り精一杯、堂々と、自信をもって今に至っているつもりだ。

わたしは今も、帰ってこない彼を待ち続けている。

いつか、婚約者との間に子供ができたとしても。

いつか、子育て日常に追われるおばさんになったとしても。

いつか、白髪や皺と格闘するおばあちゃんになったとしても。

婚約者の隣で、彼のことを待っている。

そして伝えたい。

貴方がいなくなってから出来事

哀しくて、苦しくて、辛かったけど、婚約者幸せに生きたのよ、と。

きっと貴方は、「それは良かった」と微笑んでくれるでしょう。

彼と、婚約者

わたしの大好きで大切な人が2人揃ったら、それはきっと素敵な世界だ。

この嘘のような話は、ところどころフェイクを交えている。

匿名で、そもそもこのことを知っている人が限られているとはいえ、全てを赤裸々に全世界へ発信するほど愚かではないつもりだ。

でも、彼がいたことは事実で、彼と過ごした日々があったのも事実だ。

本当の事は全て、わたし死ぬまで抱えて持っていく。

2019-06-19

anond:20190619091134

言いたいことはわかる!!

でも無理かな~

善処します。

2019-05-31

今日最後の出勤日〜♪

いや、本当は先月末が最後の出勤日で、今日有給消化の最終日なんだけどね。明日から別の会社社員だぜ。イェイ。

でも依頼された作業とか引き継ぎとかで終わってないのがあるから会社行かなきゃ〜ってなって、朝からグダグダしててもうこんな時間なっちゃった

あー行きたくねー。

行かなくてもいいかなもう。

からっていうか昨日から、ずっと頭が痛いんだよね。たぶん会社行ってもまともな仕事なんかできないよ。

引き継ぎったってツールの使い方もわかってないオッサン社員に貼り付いてマウス一挙一動見てやんなきゃなんないって感じのアレだし。こいつ頻繁にタバコ休憩に抜けさせてやんないと露骨に機嫌悪くなるし。前に引き継いだことも「ごめん全く記憶にないわ」とか言い出すし。

そもそもこっちは一年上前から、「作業分担するとか調整するとかしてくれ」と訴えてたのに、このオッサンは「ごめーん今忙しんだわー」「わかんないできない」で退け続けて、上長は「(介入やマネジメントの)必要性を感じない」とか言って逃げてたんべさ。

オッサンができないっつうなら新入りでいいから人増やしてくれとも言ったのに、その話をすると上席者どもは全員突発性難聴になり「今後ノ課題デスネ」「善処シマス」botになりやがる。

俺が残業続きで体調不良になって残業制限診断書出しても残業削減の手をなーんも打ってくれなかったどころか、評価を下げてくれやがった。

この一年以上、ずっとその調子だ。

おかげで本当なら今頃「令和に入ってから労働してないぜイェーイ」ってなってるはずだったのに、気がついたら令和に入ってから無償労働しかしてねえ。

有給だってのに職場に忍び込んで俺より高給とりながらオレの使うツールの使い方どころか仕事段取りや世話んなってる部署名前やずーっと前から何べんも教えてメールでも伝えてたI.D.パスワードなんやかんやが全然覚えられねえニコ中のサボリ魔のクソったれのケツを拭きながらこの期に及んで自分になぜか新たに科された別の仕事を進めたりしてきた。

そしてそれらがまだ終わってない。完全には。

でも、もういいよなあ。

通り魔なんかしないし自殺もしないし殺しもしないよ。

だってオレ次の仕事決まっちゃってるもん。

もうオレあの職場に構ってる暇がないんだよ。

新しい職場で使えそうなことを勉強したり、使えるかはわかんねーけど面白そうなことを勉強したり、体調整えるために苦手だけど運動習慣つけたり、そういうことをしたかったんだよ令和になってからはさ。

でも無償労働だよ。有給なのに仕事してんだよ。代休なんか取れねえよもう明日からなんだし。買取してくんない会社だし。

退職仕事、引き継ぎ、とかで検索するとワンサカ出てくるわけよ、引き継ぎしないのは最悪だとか世間は狭いとか悪事千里を走るとか。

だいたいそんなの検索しなくたってオレにアレはどうなったのコレはどうなったの問い合わせてくる人の顔が全部浮かぶんだよな。

でもオレは頭がカチ割れそうに痛いし、もう定時だし、今から行っても仕事なんかできないんだよ。

そもそもキリがねえじゃねえかよ、トレーニング積んでないってだけでもアレなのにサボり魔のニコ中で引き継ぎ書類作ってやってもメモも取らねーで引き継いだことすぐに忘れるオッサン相手じゃ。

オレは頭が痛くて痛くて、もう何も考えたくないっていうか、新しい会社やらせてくれるっていう業務のこととかだけを考えたいんだよ。

もういいよなあ。

2019-01-25

anond:20190125225408

認識合わせをせずに勝手に切れるのはクソやで。

何も言わないくせに「私の事なにもわかってくれない」って勝手に別れる女くらいクソやで。

誤解さえ解けたら善処してくれるかもしれんやん。それでもなお根性論振りかざすならやめればいいんちゃう

2018-12-15

anond:20181215033929

続き(2/2)

~~~~~

めあ:

あの、ちなみに私1000ファボ以上ファボが付かなかったらツイートさな主義なので、

あの2,3日で1000ファボ行かないツイートがあったら消えると思ってください

あ、配信ツイートは消しま

配信URLは消すんですけども

あの、たまにのツイートで2,3日経って頑張ってリツイートしても1000ファボ行かなかったら消すっていう私の主義があるので

よろしくお願いします、はい

アーカイブは、えっと、ま、基本的に、1週間残ったら非公開にしてますはい

すいません、はい

そうですね、私のプライドないのは配信内容ぐらいだと思いますはい

あるのかな、清楚はやりたくないっていう(笑い)

うん、うん、うん

清楚はやりたくない、うん

っていうそいです

あ、頑張ってリツイートしてるのは、あの、早くファボれっていう圧です。うん(笑い)

はい、本当に、固定ツイート以外は1000ファボ以下ないので(笑い)はい

1000ファボ行くまでリツイートするっていう私のそれがあるので、はい

よろしくねがいしま

あー、あと、あの、海外の方も、あの、なんかわけわからんメールばっか送られてきましたけども、

非常に感謝してますので、これからもお財布頑張ってください

もう、お財布された分、神楽めあ活動善処しますので、善処善処

今回の、今回のそれで学んだ善処善処善処、(笑い)

今回の騒動で学んだ言葉は私は善処です。はい

善処とまえがしろ(?)っていう言葉を今回学んだ

善処します。はい

でなんか、チャイニーズ、うーん、漢字ばっかのあれが、

え、で、今回あの、翻訳してくれたのが、あのOverdriveママっていう、わかん…

Overdriveママが、中国語翻訳してくれたので、ぜひ、なんかOverdriveの子

今度有栖マナちゃんとこと、あ、うちのぱりぷろの子なんですけど

なんか、あの、なんか、コラボするらしいんで

なんか、それリツイートしとけば、みたいなこと言われたけど

なんかそこまで確認してる必要もないので

Overdriveママです

この人が翻訳をさし、していただきました

え?Overdriveじゃないの?(笑い)

間違えた(笑い)

Overdriveじゃないの(笑い)なんていうの(笑い)

オーバー、あ、Overidia(?)か(笑い)

ごめん(笑い)普通にOverdriveって名前かと思ってた今まで

Overridia(?)さん

Overridia(?)ママ翻訳していただいたので、ごめーん

今度Overridia(?)ママの子たちが有栖マナちゃんコラボするので

みんな、オバママ、オバママっていうからさ、あ、オーバーライディア

英語ぱっと見た瞬間Overdriveかと思っとった

Overridia(?)さん、はい、すいません、うん

すいません、うん

すいません、大変申し訳ございません

あ、あと、チャイニーズが、一番質問してきたのが、あの、あたしの、なんか、LoLっていうゲームがあるんですけど

そのLoLっていうゲームで、まああたしあの、この、休止期間中LoLをしてたんですけども「たなかしょうじ」で

で、「たなかしょうじ」でやってたら、まあ、その、友達とやってたんだよね

で、その、相手が、男で(笑い)

まあ、男だったんです、相手

でも、私は何も考えてないでLoLしてたら、あの、その、〇〇って人は、あの、(笑い)

どういう関係なんですかってあの、相手にもくるし、私にも来るわけで、で、

で、今回、あの、なにも問題がなくて、今後、そうやって目に見えるところでやるのは控えましょうということで控えます。すいませんでした

あの、「付き合ってんのか」とか、あの「出会い厨してセックスしたのか」とすごい聞かれるんだけど

そんなのは全くもってなくて、ただLoLをしてた人なんですけど、すいません(笑い)

なので、それも、いろいろ迷惑をかけるっていうことで、やめますはい、すいませんでした、はい

ピッピとかじゃないので、あの、ちゃんと、はい、皆さんに不安を与えるようなことをしないようにする、はい(笑い)

はいはい、すいません

いや、相手がね、申し訳なくて、「なんか、めあさん」って言われて

「え、どうしたの?」って言ったら

「何か、俺、中国人脅迫されたんだけど」って言われて(笑い)

「あ、ごめん」みたいな

日本人、あの、誰もいなくて、あの脅迫してくるのが、全員中国人っていう

(笑い)

そうなんですよ、うん

めあ、ガチ恋って言うより、信者が多いから、あの、なんか、男と二人っきりで遊んでて、卒倒されるとかはそういうのは無いと思うんだけど

ただ、ただ信者が多いから、あの、「ねえ、めあちゃん僕生きてけないよ」というよりは「相手を殺す」みたいな、ほんとすごいそういうのが多くて、うん

なんか、一番怖かったDMが「お前が神楽めあを操ってんのか?」っていうのがなんかめちゃめちゃカタコトな翻訳語で来て

で、そのあと中国語暴言を吐かれるっていう「お前絶対殺すからな」みたいな

「お前を絶対消し去ってやる」みたいな感じな、ほん…なんか脅迫文が中国語で送られてきて、それ以外は日本語っていう

すごいなんか怖いことがおこられてしまったので、うん…

あとは、なんか、「そいつ絶対特定してお前を絶対殺してやる」みたいなことをすごい言ってて(笑い)

あの、怖いんですよお、うん(笑い)

なので、落ち着いてください、はい

たぶん、その瞬間、めあは、「あ、ガチ恋じゃなくて、あったまおかし信者が多いんだな」っていうのは再確認しましたので(笑い)はい

ガチ恋っていうより、君たちは、信者だと、はい

あの、彼とは、まったくもって、はい、あの、美しい交友関係を歩ませていただいております、と、はい

簡単に言ったらただの友達です、と

たぶん、他の人がやったらガチ炎上するんだなって感じで

まあ、めあだから相手脅迫文が送られていくんだなって感じ

すいません、はい

そうです、あの、ガチ恋というよりかは、ただの信者だということを

てか、信者というのはガチ恋以上にキモいだってことを自覚して歩んでください、はい

すいません、はい

あ、そのことに関しては、はい

「殺してえ」って思わせるようなことをしてしまって申し訳ございません、はい

ごめんね

うん…やっぱり活動者ってやっぱそういうとこ気遣うけどさ、めあまったくもって気使って無くてもうさ…

自分がそう思ってなくても周りからはそう見られちゃうからさ、そう

自分がそう、なんか、ただの友達なんだから遊んでるだけなんだけど、って思っても

周りから見たら「え?付き合ってるの?やったの?セックスした?」って言う風に思われてしまうのは確かにそうだから

から、うん。気を付けようと思います

そういう風に思われたくもないし、そう、気を付けます

相手にも迷惑を掛けてしまうので、あの、一番は、あの自分を保身したいというよりかは、相手を守りたい

あの、まったくもって相手を守りたい気持ち一生懸命です、はい

アーカイブ消した理由は、あの、収益化のために、非公開に一時、一度しました

これで通るのかはわかんないけど、とりあえず、非公開にしてみました、うん

とりあえず、ね

そうしてます

なので、あの、深い理由は、ないです。はい、すいません、はい

よろしくねがいします、はい

もうだから今回の件は解決したので、そのお友達にも脅迫文を送らないこと

で、なんか、ぱりいさんが言ってたのが、もう、あの、中国の方が、もう、すごい、いまやばいらしいっていう話を聞いたので

とりあえず中国人落ち着け落ち着け、落ち着いてください

ぱりいさんにも迷惑をかk…まあ、もうめあが居る以上、めあは迷惑人だけども、みんなが迷惑を掛けないこと、ね、ストレスになるから、うん

配信?まあがんばります、うん

お願いします、はい、うん

まあ、めあだけで、すごい心労抱えると思うんで、ぱりいさんは

神楽めあだけでも心労を抱えるんですが、

神楽めあ以上の勢力を持った君たちが、あのー…心労を掛けるのはやめましょう、はい

以上です、はい

すいません、すいません、ごめんなさい

よろしくお願いします、はい

悔い改mtbrwらうぇれさい

改めてください

申し訳ございません

そうです

めあの発言に反応する中国人が多いので

なので、めあも気を付けます、と、はい

善処しま

これから…ああ!コウ君!ごめんね!ありがとう

そうね、コウ君にはね、悪口来てないんだよね、ごめんね

コウ君、ごめんね、ありがとう

です

すいませんでした、大変、申し訳ござい、ませんでした

悪いです、私

まあで、察した通りに精神年齢もいろいろクソガキなので

あ、「おかえり」、ただいま、ありがとうありがとうね、(チュッ)

クソガキなので、めあちゃんは裏ではちゃんと動ける子だと思ったのにっていう

淡い期待を持たれてもそんなことはないので、

私は、そういういい子ではないので、

いい子ではないしま特に何も考えてないで生きてる子だから今回こういうことになっただけなので

なので、まあ、そういう面では申し訳ない、ごめんなさい、すいません

ただ、ただ色々一生懸命はやってますはい

まあ、クソガキだけど、まあ一生懸命やる分には、一応一生懸命やってる、善処してるつもりです

(笑い)

善処してるつもりなので、これからもぜひ、お財布はよろしくお願いいたします、はい

お願いしま

(笑い)

すいません

すいません、すいません

次の、次の?

次の放送は未予定です、はい

次の放送は予定なし、はい、以上

ループしとる?

ごめんねADHDから話がループちゃうんだよね(笑い)

あのねえ、今日に限ったことじゃない

だいたい話してることがめループするから1配信におき、うん

ADHDから(笑い)ごめん

あ、そうスマブラしてえ!スマブラスマブラしてえな!スマブラを!うん。スマブラをしてえ。

明日曜日だ?土日かあ、あ、土日できるわ、ちょっ土日配信しようかな

から夕方のどこか、朝から夜のどこかで、うん

よろしくねがいしま

はい

ま、しょうがない、うん

しょうがない、うん

いや、風評被害はしてないよ別に、うん

ただ、めあ、一応、一回ね、そう、配信もあるし、ちょ、スマブラ1回練習しようかな思ってスマブラ練習したんだけど

やべえ、ちょ、めあカービィはまったかカービィずっと練習しようかな思うんだけどさ

ずーっとなんか(吸い込む音真似)つってずっと吸い込んでるだけなんよ

ずーっと吸い込んでるだけでさフンフンフンつって飛んで(吸い込む音真似)てずっと吸い込んでるだけで何もすることが無いんよ

難しいわ、本当に申し訳ない、うん、しんどい、うん

あくあちゃんにね教えてもらおうと思って今日掛けたんだけどねえ、普通にねえ、あの会話しちゃった(笑い)

普通に話しただけでスマブラなんか一向に触れなかった

ちょ別にスマブラをやる予定じゃなかったんだけど、とりあえず、あ、なんか話そうって言ってから

スマブラしようかなって思ったんだけど、で、スマブラスマブラやろうって言おうと思ったんだけど、そう

ちょっとね、そうあくあちゃんめっちゃうめえじゃん

で、めっちゃうめえからちょっと教えてもらおうと思って、

ちょっと配信を超うまくやりてえなって思って普通に会話してしまった

そう、あくあちゃんに教えてもらって、そう、ちょっといろいろ雑談をしてたんだけども

雑談ちょっと終わったぐらいで、あの、雑談が終わったぐらいにちょっとスマブラをしようと言おうと思ったんだけど

あの、その、スマブラができなかった(笑い)

そう、今度スマブラ一緒にしようかなって思って、楽しみ

あ、そうなんだ今日、今回、なんか、一緒に、こう、あの、ストッパーになってくれた子が

あの、歌ってみた、一緒に、私、出したので、概要欄にその子歌ってみた

私との歌ってみたがあるので、概要欄に最新の歌ってみた動画リンクをね是非踏んでください

よろしくお願いしま

お願いしますお願いしますお願いしま

…うん

雑談がおわんない

なぜか雑談が終わらない問題

申し訳ない

もうなんか、近所のおばちゃんみたいに

1回喋りだしたら止まらないみたいな

めちゃめちゃ、もう止まらなかった、

私の、喋りが、すいません

もう、いろいろごめんなさい

もう、全然まらない

(笑い)

うん、全然まらなかった!申し訳ない

ただ、今回の1件で、なんか、メンヘラみたいな感じになっちゃったけども

なんていうの、なんか、「助けて」みたいな

まあ、確かに色んな方に助けていただいたので

色んな方に助けていただいたし

色んな方にお話聞いていただいて

「ああ、自分ってめっちゃまれてんな」って

大事にしていきたいなと思いました、人とのつながりを

~以降5分ほどメンヘラじゃない話、ファンからの贈り物の話をして終わる~

神楽めあのはた迷惑お家騒動謝罪内容文字起こし

https://twitter.com/Freeze_Mea/status/1072127117624655872

https://www.youtube.com/watch?v=yzzYiCtJveQ現在非公開)

この記事はVirtual YouTuber神楽めあが発した移籍罰金に関する一連のツイートから始まったお騒がせ事件について、神楽めあ本人が行った謝罪配信文字起こしをした内容です

以下、神楽めあを「めあ」、千草はなを「はな」、Paryiをぱりい、Paryi Projectをぱりぷろと表記

(1/2)

~~~~~

めあ:

あー おはようございまーす

お久ぶりですー、はい

よいしょ

ツイートを、しま

はいしました

おまたせしましたー

ちょっと最後まで、つめてて

おはようございます、と

今回は、あの

めあが、やばいことを言わないように

ワンチャン

練ってねってねったけど

はながいます、念のために

一応、話がまとまったので、しま

まず

みんなにご迷惑をおかけして

本当にごめんなさい

ていうのと

色々お話聞いてくれた方もいらっしゃったので

その方たちにもお時間さかさせてしまったりとか

いろいろお話を聞いてくれてありがとうございますというのと

関係者の方に大変申し訳ありませんでした

はい

状況がわからない方は一度説明すると

今回、私が

よいしょ

デスクトップの音声を乗せてませんでした

(笑い)

はながいます

ということで(笑い)

はな:

本当に、あの、関係者の皆様本当に、あの、

めあを支えてくださって本当にいつもありがとうございます

めあ:

はい(笑い)すいません はい

というのと

今回の件は

うーんと

私が、めっちゃぱりぷろというか

りーさん悪口ツイートした

ということで、今回

さっき謝罪ツイートをしたのですが

まだ足りない部分

補填の部分というか

どういうことがあったのかとか

今後どうなるのかとか

そういうのも含めて

話をしていくうえで

花がストッパーにいます

というので

話を進めていきます

はな:

はい

邪魔しま

めあ:

はい

じゃまず、今回のツイートで私が悪かったこ

私が悪かったのは

うーん

契約を破ってしまたことです

契約を破ってしまたことで、なんか罰金とかが、まあ元からあったけども、増えた

でもそれは私が悪くて本当だったらお金を支払わなければいけなかったけど

情状酌量が認められて

罰金が増えたってのと

ちょっと、いろいろ、なんか、増えたってのがあります(笑い)

はな:

えっと

えっと、増えた項目に関しては

えっと、もともとあった契約書の内容をこう細かく砕いたもの

めあ:

罰金可にしたみたいな

はな:

うん

違約金が発生するようなもの

罰金っていうほう…うーんと…違う

めあ:

項目に?

はな:

損害賠償が発生するものを、えっと、一応、それを、ちょっと分けて違約金っていう形のほうの罰金のほうに項目を増やしましたっていう、ことですね

なので、もともとあった「してはいけなかったこと」をかみ砕いて罰金のほうに増やしましたよ、っていうことです

めあ:

はい、そうです

罰金のほうに増やしましたよっていうことでした

なので、そこは、私が、悪い

もうちょっと声上げられる?はなって

はな:

はい

このぐらいで、よいですかね?

はいはいはいはい

めあ:

はい、で、私が、悪い、という、ことです

でも

それには

契約を破った私、悪いけど、契約を、破らなきゃいけないほどに

関係悪化していました、私たち

企業じゃありません。個人です。

で、関係はすごく悪化してたのが、そもそもの原因です。

で、なんか、関係が悪くなったのは、まあ、少しずつ、少しずつ、お互いの信頼が無くなるような出来事が多かった私がぱりいさんにすごい

え、これ中身言っちゃダメなの?

あー

なんで、なんで、なんでうざかったとか

はな:

まあそれこそ本当にお互いのえっと良好な関係を保つための最低ラインがもう徐々に下がっていってまあ対応だよね

めあ:

うん

はな:

丁寧な対応がなされてなかったからそのことに対して不満がこう、つのっていった部分もあるんだよね

めあ:

そう

で、なんか今までの日ごろの行いだろとみたいなことは言われるけど、それとこれとは全く関係ないし

私がここまで伸びたのって

ぱりいさんのガワがかわいくてプラス私のおかげ

っていうのがあるから

今までのことはお互いに感謝している

私もガワをくれてありがとうっていわなきゃいけんし、思ってるし

ウザいけど、思ってるし

そう、お互いありがとうから

今までのことが悪いとか

そういうのは特になく

裏での事情でウザすぎてそうなった

っていうこと

で、関係悪化してったけども

別にその関係を修復するってことはなくて

そしてまた善処もなかった

まあ、いろいろなんか

こうなんか

私は文書だと冷たいからって言われて

電話しましょっみたいなこと

今度からみたいなこと

いろいろ言われててたけど

結局通話とかなかった

で今回、なんか

なんか、今回、なんか、

今回のことはすごいなんか慎重に対応してったくせに

今までの私には別に丁寧じゃなかったみたいな

まあ私が嫌いだったのかもしれないし、なんでもいいけど、うん

まあ確かにまいど謝罪はいただいてた、けど

やっぱりプライドが高いと思っちゃって

うーん

なんだろうな、って感じ

で、今回も公には別に謝罪はなかった

裏では頂いています。私に。

うーん

「ごめんなさい」っていうのは頂いたし

私も「悪いこと言ってごめんなさい」とはなったけど

うーん

だけど、こう、公になんで謝罪なかったんだろうなとふと思ってしまった

私は確かにみんなにも申し訳ないと思っているけど

なんか

なんで別にぱりいさんがみんなに申し訳ないって思ってなくても

なんでもいいけど

こう見えるところで謝罪が欲しかった

謝ることが私は大事だった

誤ってほしかった

公に

なんかプライドがなんかこう

上に立たれてるってのがなんかすごいウザかった

で、なんでこんなにあたしがぱりいさんに対してまだイライラしてんのに和解してんのかっていうのは

私が納得いく答えを出してもらえたか解決しました

から

その納得いく答えはまだみんなには言えないので

大人の事情

言っちゃいけないけど

私が納得する解決策を出していただけたか

から

和解っていうことにしてます

ただ私は別にぱりいさんとこれから仲良くしたいってわけでもないけど

ま、それとなく接したいし

うーん

接したいけど、ただ、ウザかった

うーん

公にやる必要がないってのを私はよくわからない

うーん

て、思ってる

ただ、今回のツイート

私がちょっと、ガキ臭かった

ガキ臭かったことしたのは事実だし

まあ、そう、私が悪いです(笑い)

うん、私が悪いです。はい

どっちが悪いかって言われたら

色々言えないからあれだけど

私がまあ悪いです

んで、なんでツイートしたのかって、ツイートする必要ないじゃんって思うけど

私はただぱりいさんに死んでほしかたかツイートした

はな:

それはちょっと言い過ぎ

めあ:

潰れてほしかった

燃えてほしかたから言った

以上です

うーん

まあ、ただ、私は悪いです

悪いけども

悪いながらに

ぱりいさんたちにはいろいろ話し合って

私がやってほしい

してほしいっていう解決策を出していただけたので

私は

じゃあそれをやっていただけるなら

わかりました

ということで

いや、そ・・・です。

はな:

うん、とりあえず、まあ、双方、まあちっと

関係が良好ではなくなっていたのを、双方わかっていたのにも関わらず

関係を、こう、いい方向にもっていこうっていう善処だったりとかが無かったために

今回ちっとね

モメるっていう形になってしまったんですけど

まあ、

めあおねえちゃん的には納得する内容で落としどころ的にはね

めあ:

落としどころ的には私が納得いったか和解という、かたt

双方なっとくいく。

うーん

納得いくからって私はぱりいさんのことを好きになれっていう条件は別になかったか

はな:

ま、それこそ本当に、これからフラット状態

めあ:

そう。フラット状態

はな:

好きも嫌いもなしに、まあ、ママと娘、ていう関係の上で、まあ、フラット状態でやっていきましょうねっていうところで

一応は無しはまとまったんですね

めあ:

そうです

はな:

はい

めあ:

以上です

ただ、私が言いすぎて訂正するのは

うーんと

そのマネジメント担当の人が企業案件のことで相談に乗ってくれたり

詳しい契約にも目を通してくれたり

冬コミの話も力になってくれたり

して

で私はただそれが見えなくなってた

なんかそれがちっぽけなことにしか見えてなかったけど

実際は近いことだし

大事なことだった

っていうのをちゃんと私はそこの部分もちゃん理解してなくて

ぱりいさん死ねってすごい思ってたけども

マネジメントというかお手伝いというかなんというかみたいな

なんかこうぱりぷろないでは上手いこといくけど

私的にはもっと欲しいなって思ってしまたか

こう色んな人に相談したりとかしたうえで契約を破ってしまった

です

以上です

んだから、うーん。私が、悪い、です。

以上です

はな:

あと、ちょっと、その、あの、「ウザい」とか「死ね」とかも、言い過ぎ。だと思うので

ま、そこはフラット関係ですので

めあ:

フラット関係ですので

はな:

今後はそういう言葉はだめだよね?

めあ:

あい

はな:

だめだよね?

めあ:

うん

以上です

はな:

まあ

今後は、お互いを尊重して

えと、感謝謝罪、を、しっかりやっていきましょうねっていうことでいいですか?

めあ:

うん

以上です

はな:

はい

めあ:

今後は

しばらくは

このままやります

ん?

言っちゃダメだった?

はな:

うーんと、まあ

今後も

まあ

ぱりぷろ

まあ個人神楽めあだけど

まあ一応ぱりぷろっていう形態の中にはまだこれからもめあおねえちゃんもはなも他のメンバーのみんなも

これからやっていくから

めあ:

はい

はな:

うん

てことかな?

めあ:

そういうことです

なので、申し訳なかったと思っています

はな:

うん、うん、うん

めあ:

うん

はな:

あとなんかあったっけ

めあ:

(笑い)

うん

はな:

ない

めあ:

ない

ないです

はな:

これからは細かい感謝も忘れずに、ね、ファンの人にもね

感謝を忘れずに、正統派のね、メイドとして生きていこうね

めあ:

うん

はな:

いつものあれやってよ

めあ:

何が?(笑い)

はな:

あの、清楚…清楚な、神楽めあが

めあ:

ああ

よろしくお願いします(清楚)

本当にすいませんでした

迷惑をおかけしまして

皆さんには、いつも応援してくださってる人と

(笑い)応援してないけど興味を持ってくださってる人には申し訳ないって気持ち

感謝気持ちは持ち合わせています

ただ、他は別にない

長くやっていけると思います、うん、私は、わかんないけど

長くやるつもりなので、今回の話し合いを設けました

で、結果的には、双方納得する形?

まあたぶんこの暴言は納得してないと思うし、アレだけど(笑い)

一応、納得してます

別に喧嘩がしたいわけでもないけど

はな:

うん

めあ:

ただ本当に私がガキでぱりいさん死ねよ、ぱりいさんやだって思ってしまったのはそれだったか

別にだって思ってんのに

うーん

だって思ってるのに

うーん

解決してます

反省しています

すいません

って取り繕うのは

アレだし

一生解決はしないと思う

うーん

ただ、大事なとこは言っちゃだめだけど

暴言はたぶん許してくれると思う

うーん

そんぐらい寛大な人だけど

ちょっと、私には

プライドがお互いたけえから

はな:

あわ、合わなかった

めあ:

合わなかった

うーん

はな:

やっぱ、ね、人は、ね

十人十色ですから

めあ:

はい

はな:

まあね、人が居て、

色んな意見があるのが当たり前ですから

めあ:

はーい

はな:

ね、合わないこともありましょう

めあ:

でも私も頑張るので

お世話りになります

これから

はな:

これからも、ね

めあ:

はい

お世話になります

これから何かが変わるわけでもないけど

ぱりいさんとは、まあ少しでもうまくやっていけるように、何、やります

すいません

はな:

はい、というわけで本当に今回は皆様にご迷惑とか

大変お騒がせしてしまって申し訳ありませんでした

これからもぱりぷろと、あとあの、すとらすのみんなを

よろしくお願いしま

もちろんママのこともよろしくお願いしま

めあ:

はい

よろしくお願いしま

はな:

本当にありがとうございます。いつも

(笑い)

めあ:

疲れた

終わる?

はな:

じゃあ、いつものアデューとかで

めあ:

ああ、あたしさあ、20分ぐらい雑談してていい?じゃあ

はな:

ああ、いいね、じゃあはなが先にアデューするね

めあ:

うん、どうぞ、アデューして

はな:

じゃ、アデュー

めあ:

(笑い)

というわけで、まあ

ありがとうございました、と

まあ、ぱりいさんと、のお話はこれにて終了です

で、私からは、えっとね、うーんと、うーんとうーんと

皆さんに向けて、ま、ストッパーが居なくなるってことは

もうめあは何かまずいことを話すのが怖いので

もう「死ね」とか「消えてほしい」って思ったのはもう何回も言ったし

もう本人にも直接言ったし

今後はチャットで言ってくれって言われたか

今後からチャットで言うし

うーん、うーん

わかんない

配信でも今まで言ってたからわかんないけど

うーん、そうです

なので、うーん

とりあえず

皆様に向けて

お話をしていこうかなと思います

ま、今回の件に置きましては

本当に申し訳なかったっていうのと

うーん

待たせてしまって申し訳なかった

ううん、はい

これから末永くやっていくのでよろしくお願いします、神楽めあを

それで、うーんと

なんか、いろいろ質問があった

そう、いろいろ質問があったんですけども

うーん

まあ、これからももしかしたら何か起こるかもしれないけども

私はみんなのことを今回、今回思って、そう

今回思ったのが、うーん、別にもう、裏で問題が起こったとしても

表に出していかない、うーん、にしたい、ちゃん

なんでかっていうと、燃えればいいとか死ねばいいとか、そういうのじゃなくて、

やっぱみんなに迷惑をかけたのがいちばん私はやっちまったなって、思ってしまった

いちばんやっちまったって思ったのが、みんなに、そう、みんなに迷惑をかけたっていうのと

みんなに心配をかけたっていうの

色んな人が私の話題を出してて、申し訳なかった

まあ、確かにアンチとか、炎上VTuberを取り上げるVTuberの方にはかっこうのネタだけども

うーん、申し訳ないなって、…思いました。うーん

迷惑だし、心配をかけてしまったし、まあ、あの、またやってんなっていう風に目を向けられてしまたことは

本当に、こう不安がられてしまった

そう、5chとかでもめっちゃ書かれたし、スレめっちゃなんかできたし、なんかめっちゃなんか、速報みたいな感じ

神楽めあが闇暴露みたいな感じでめっちゃでたし、うーん

まあ、そういうのって悪口しか書かれないけど

やっぱそれほどにやったんだな私はって思って

まあ炎上したとは思ってない

私が炎上するのは人を殺したとき

なので、申し訳ないって思った。うん

ただ、アンチの人にも…なんていうんだろう

アンチの人に迷惑は掛けてな…

たぶん面白い話だからアレだけど、うん

まあアンチの人も一応見てくれてる方たちだから、うん

いつもキモいキモいと言ってるけれども私が一番大事なのは

ぱりいさんでも、まあ花たちも大事だけど、そういうのじゃなくて、

やっぱ、居てくれる視聴者さんたちだから

オタクたちだから、うーん、それを考えたら、「やっちまった」と思いました(笑い)

私は「やっちまったんだ」って思ったので大変申し訳ないと思いました

で、アーカイブを消した件は

その、うーんと

色んな人に今回の件を相談した…において、あの、したにおいて、あの

「そういえばめあちゃん収益化ってどうなってるの」っていろんな大人の人から聞かれて

まあ、「通ってないんですよね」みたいなことを話したら「とりあえずアーカイブ非公開にしてみたら」みたいな話になったか

とりあえず秒でアーカイブを非公開にしてみたっていうただそれだけです

まあ、いろんなところに、あの、なんかミラーされて載ってる

bilibiliとかyoutubeかいろんなところにあたしのアーカイブはなんかたぶん拡散されてるので

まあ、それで見てください、うん

すいません、うん、別件です

大人の人と話した結果の別件です、それは

…になりました、すいません

通ったら公開するかはわかんないですけど、まあ、とりあえず、非公開にしてみました

炎上してる中でも、まあ、あの、そういうのはしてました、うん

まあ、今回は、解決しましたということで、まあ私は、みんなには反省はしている

みんなには反省している、うん

そうです

で、これで多分、もっと嫌われるんだと思う、ぱりいさんに(笑い)

だけれども、うん、だけれども、まあやるっていうには、まあ、問題は起こさない程度にやります自分で、はい

んで、みんなにも、「ちゃん反省してねーじゃんお前」とか言われるけど、私は反省している対象が違う、うん

みんなが「ぱりいさんに反省しろよ」みたいな、じゃあ何の意味反省をするのかっていう私が全くできるところまで言ってくれたら

かに反省しなきゃって思うし、反省する。じゃあ。

ただ、みんなには、反省しま

申し訳ありませんでした

で、これから配信しま

そして、スマブラをいただいたのでやります

そして、炎上してる中、Twitter更新してなかったけど、欲しいものリストは公開してました

はい

で、なんか、んーと、あの、なんか、これからめあちゃんスタイルが変わっていくのかみたいな

それは、ないです

ないです、すいません

嫌われるかもしれんし、もっと今まで以上にアンチファンうなぎのぼりかもしらんけども

まあ、このスタイルは、あの、多分ご察しの通り、根っからなので、

裏で話し合うときも、私はプライドが高いバチバチの女なので、やめられないです

どう頑張っても、やっぱり私は頭が変だから、止まらないし、やめられないんだけれども、

これは、もうぜんぜん変わらない

本当に申し訳ないです

これから配信アーカイブは、まあ1週間公開して非公開っていうのを繰り返していこうかなって思ってますはい

すいません

そして、コミケに関してなんですけど、あの、やるので、あの、いま一生懸命一生懸命サイン書いてるので

あの、来てほしいです

一生懸命サイン48枚、あの、1枚目は、あの、サイン色紙がボロボロで、2枚目は失敗してしまったので

48枚になりますが、あ、チャロちゃんおはよう

なので、あの、コミケには、一生懸命来てください

今回在庫が、あの、アクキー500、缶バッチ500っつって、バカみたいに用意したので、

あの、Boothにも出す予定の500,500なので

はい手書きです

500,500なので、あの、売れ残りしたくないので、

皆さんが言うから500,500にしたので、はい

500,500で出して、プラス、はなと神楽めあのペアバッチ出したので

もう、お願いしま

Boothも出すので500揃えたので、みんなが買えるようにしたか

売れ残るのはやめてください

で、このコミケもぱりいさんたちに私がお願いしてやっていただいたので

「めあちゃん何もやってないんだな」って思って買ってください。すいませんでした、はい

すいません、はい

何もやってないです、はい

めあは、サイン書いてるだけです、はい

すいません

ごめんなさい

500個用意して、おそらく、売れ残りたくない、売れ残りたくない、お願い、お願いしま

Boothも、はい、やるので、あ、1000個ってより、缶バッチが500、アクキーが500です

Boothあり、あ、Boothは、サインがないです

ということで、よろしくねがいしま

まあ、今回はこんな感じです、はい

そんなかんじです、はい

まあ、今回の件のツイートは消さないので、あの、神楽めあ頭おかしツイートは、代々残していくつもりなので

(笑い)

はい、あ、うん、残していきますので

大変申し訳ございませんでしたと、はい

~~~~~

(2/2)へ続く

2018-04-03

anond:20180403154812

「前向きに善処します」的な文句でなくて「返済します」とはっきり言った時点で、ん?何だこの会社?とは思ったよ

何か手を持ってるんだろなって

2018-01-04

賢い赤ちゃんとは

あの~すみません。忙しいところ恐縮なのですが~少しオジカンよろしいですか?そうですか、ではこちらへ来て頂けませんか。

実はですね、先ほどオムツを交換してもらいとても清々しい気持になったのか、またもようしてしまいました。 

お手数をかけてしまうのですがまた取り替えてもらってもよろしいですか。

次回はこちらのほうでも善処いたしますので。

って話す赤ちゃん

2017-12-13

◯◯しないの?と訊ねられても「善処します」と言って遅々として進まないのが

この国の古くよりのしきたりなんだけど知らなかったのか?

2017-11-10

anond:20171110213134

はぁ?絶対に儲かるものなんて世の中ねぇよ。

だが、可能性があるもの善処する。今悪いもの改善していく。その積み重ねだ。

それには金と時間と大量の試行錯誤絶対的必要なんだよ。

それが日本にはねぇってこと。

そんなものより、上司をおだてて覚えがいいやつのほうがよっぽど日本でのうまい生き方だってこと。会社が丸ごと沈没してそのうちなくなるけどな。

うそろそろ日本全部が沈没してなくなるのも見えてきてるわ。

2017-09-15

anond:20170915200720

確かにその通り。

レジ打ちのおばちゃんはほとんどの客の顔と名前と日頃購入する物を把握してるが、店長は何も知らない。

客一人一人の成長を見届けているのはレジのおばちゃんであり、たかだか数年で他の店舗に移る正社員今日クレームしか善処しない。

パートのおばちゃんと正社員が同一労働であるはずがない。

[] #36-5「幸せな将来」

≪ 前

そうして映し出された子供人生ハイライトは......なんというか、“ビミョー”だった。

どん底というほど不幸でもないが、かといって成功や華やかさとは無縁に近い。

上手く表現できないが、しみったれ人生だ。

「ねえ、ガイド......このアイテムシミュレートって、どれくらいの的中率?」

「そうだなあ、今回だと75%ってところかな」

100%だと言ってこないだけ良かったと思うべきなのか、それでも高い確率だと落胆すべきなのか。

「ん、どうしたんだい?」

シミュレートのことを知らないノムさん夫妻は、俺たちの沈んだ表情を見て首をかしげる。

結果が何であれ、ノムさんたちにシミュレーションのことは言わないとガイド約束している。

だが、俺は質問せずにはいられなかった。

「もしも、もしもですよ。産まれて来た子供が不幸な人生を歩むとしても、それでも子供が欲しいですか」

「おい、マスダ!」

ガイドに制止されるが、どうしても俺は聞きたかった。

未来に関わることだからってのは分かる。

それでも、俺はノムさんたちの口から答えを聞きたかったんだ。

未来のことは分からないけど、それでも子供は欲しいかな。幸せになってくれるよう善処するよ」

奥さん言葉に続くように、旦那さんも小さく頷く。

シミュレートのことを知らないからそう言えたのかもしれないけど、俺たちはその言葉何だか安心感を覚えた。


「深く詮索はするなって言ったじゃないか。キミはかなり危険な行動をしたんだぞ! あの夫婦選択が変わらなかったか未来に大きく影響は及ぼさなかったものの......」

帰りの道中、ガイドはご立腹だった。

しかし彼らの選択も不可解だ。子供が将来幸せになれるか分からないのに、なぜあん選択ができるんだ。自分達の都合だけで子供を産むなんて、エゴもいいところだ」

俺のせいとはいえ、こうもまくし立てられるとウンザリしてくる。

ガイドにいい加減にしろ、と言いそうになったその時だ。

「だからこそ、ではないかな」

ガイド言葉に応えたのは、意外にもシロクロだった。

子供を産むというのは、その選択をした人間側のエゴ存在する。そのエゴはどう取り繕っても逃れられるぬ。だからこそ、人はより良い未来に子を導く努力をするのではないかエゴが子を産み、エゴが子を育むのだ」

いつもの調子とは違った、精悍な顔つきに落ち着いた佇まい、まるで別人だ。

そんなシロクロの様子に俺たちは戸惑いを隠せなかった。

「し、シロクロ......?」

不安になったミミセンが、シロクロを軽く小突く。

「ふがっ......アイ! ワズ! ボーン! アイ! ワズ! ボーン!」

すると変な声を出して、あっという間にいつものシロクロに戻ってしまった。

いや、それともさっきのシロクロこそ元の状態だったりするのだろうか。

謎の多いヤツだが、ますます謎が増えたな。

エゴこそが原動力......か。なるほど。ボクの時代でも形は変われど、本質は変わらないってことか」

そんなシロクロの突発的な言葉に、ガイド勝手に納得してしまった。

俺たちはまるでついていけない。


こうして俺たちの“取材”は幕を閉じた。

子供の将来が幸せかなんて本当のところは分からない。

漠然とし過ぎているし、自分以外の人生なら尚更だ。

けど、それでも幸せになれると信じて、前向きに決断することが求められる時もあるのかもしれない。

(#36-おわり)

2017-09-14

Iさんについて

職場で知り合ったIさんという女性の話。

うちの職場は繁忙期にデータ入力短期アルバイトを雇っている。期間は3ヶ月で、毎年5人位が採用される。短期雇用なので学生が多いのだが、Iさんはその中のひとりだった。

Iさんは母親日本人で、父親スロバキア人。両親がすぐに離婚してしまったので、父親に関する記憶はまったく無いらしい。

Iさんは18才までスロバキアで過ごし、日本大学に通うために都内移住してきた。東京に住み始めて、今年で4年目を迎えた。

最初にIさんがオフィスに現れた時、僕ら社員の間で軽いどよめきが起こった。Iさんがめちゃくちゃ美人だったからだ。その場から完全に浮きまくっていた。ギャグ漫画の中に、一人だけ画風の違う美少女が混ざっているようだった。しかもIさんはただの美人ではなかった。かなり個性的キャラだったのだ。

Iさんはかなり独特な日本語を話す。最初に聞いた時は、シュール現代詩みたいだと思った。でもわりとすぐに慣れた。それどころか、だんだん好ましく思えてきた。気が付くと、僕はIさんの言葉を渇望するようになっていた。彼女言葉には何とも言えない中毒性があった。

勤務初日、Iさんがデスクに座り、研修資料凝視しながらじっと固まっていた。僕はなんだか心配になって声をかけた。

「どうかしましたか?」

すみません、心が散歩ぎみでした」

散歩ぎみ。初めて聞く言葉だった。Iさんは頬を赤らめて、

「間違えました。そんな日本語は無いです」と言った。

僕は不安になった。彼女業務データ入力である。当然、日本語文章入力する。その独特過ぎる言葉遣いに、一抹の不安をおぼえた。

しかし、それは杞憂だった。Iさんは実に優秀で、業務は素早く、しかも正確だった。飲み込みも早かった。喋る言葉は独特だったが、業務に関しては何の問題もなかった。

ある日、Iさんが突然言った。

「私の髪が短くなったとしたら、どう考えますか?」

僕が答えあぐねていると、彼女はやけに深刻な面持ちで呟いた。

「髪を、切るんだよ....」

なぜかタメ口だった。

数日後、Iさんは肩まであった髪をバッサリ切って、ベリーショートになっていた。僕は褒めるつもりで、「勝手にしやがれ」のジーン・セバーグに似てますねと言った。Iさんはよくわからないという顔をした。

僕はIさんのおかげで、会社に行くのが楽しくなった。Iさんはなぜか僕を頼りにしてくれて、仕事でわからないことがあると、まず僕に質問してきた。本来、僕はあまりとっつきやすタイプではないはずなのだ。これに関しては、周りの社員不思議がっていた。

休憩時間になると、Iさんは雑誌を読みながら、ミックスナッツばかり食べていた。ある日、僕はIさんに訊いた。

昼ごはんはそれだけですか?」

Iさんは黙って頷いた。それからおもむろに雑誌丸めて、望遠鏡みたいにして僕の顔を覗きこんだ。僕がきょとんとしていると、今度は指で唇をなぞる仕草をしてみせた。「勝手にしやがれ」の真似だと、僕はやっと気付いた。

映画を見たんですか?」

「見ました。確認のためです」

スロバキアにいた頃から、Iさんは日本語勉強していたらしい。日本アニメをたくさん見て、漫画もよく読んでいた。

「どんな漫画を読んでいたんですか?」

「新忍者ハットリ君!」

Iさんはなぜか食いぎみに答えた。律儀に「新」を付けるところが面白いと思った。

日本に来てからは「鶴さん」の番組をよく見ていると言った。「鶴太郎ですか?」と聞いてみたが、どうやら違うようだった。「鶴さん」についてさらにくわしく聞くと「太ってる」「メガネ」「やさしそう」などという特徴を上げた。笑福亭鶴瓶のことかもしれない。

いちばん笑ってしまったのが、父親に関する話だった。Iさんは5歳ぐらいまで、ある男性写真を「これがお父さんだよ」と言われて育った。それは母親による嘘だったのだが、今でも写真には愛着があるからスマホに保存してあるのだという。見せてもらったら、カメラ目線で親指を立てているダイアモンドユカイだった。Iさんの母はレッドウォーリアーズのファンなのかもしれない。それにしても、なんという雑な嘘だろう。父親ダイアモンドユカイなら、Iさんは純粋日本人ということになってしまう。

Iさんは日本語貪欲に学んでいて、気になる言葉があったりすると、すぐにメモを取った。ある時、僕が何気なく使った「善処します」という言葉をやけに気に入って、ことあるごとに「ゼンショシマス」と言うようになった。

「この書類データに移して下さい」

「ゼンショシマス」

「いや、必ずお願いします」

こんなバカな会話を繰り返しているうちに、あっというまに3ヶ月が過ぎた。

僕とIさんはかなりうちとけて、ラインも交換した。しかし、Iさんのバイトが残り一週間という時に、僕は風邪で寝込んでしまった。残念ながら彼女最後の勤務を見届けることができなかった。繁忙期に風邪をひいてしまったのもショックだった。様々な業務が滞り、迷惑をかけてしまうからだ。

風邪は意外と長引いて、結局僕は5日も会社を休んでしまった。6日目に出勤すると、Iさんのデスクはすでに片付けられていた。なんとも寂しい気持ちになった。Iさんは今頃はオーストラリアにいるのかもしれないと、ぼんやり考えたりした。バイトが終わったら、オーストラリアに行ってパラグライダーをやるのだと、嬉しそうに話していたのだ。

課長挨拶に行くと、驚くべき報告を受けた。僕が休んでいる間、Iさんが僕の穴を埋めるために、毎日遅くまで残業をしてくれていたらしい。そのおかげでなんとか納期に間に合い、ピンチを切り抜けることができたという。Iさんは業務に関して、隅々までしっかり把握していて、とても頼りになったそうだ。短期間であそこまで教育するなんて、君も大したものだと、僕は課長に褒められた。どういうわけか、僕の評価が上がってしまった。

その日の夜、感謝を伝えようと思ってラインを開いたら、嘘みたいに絶妙タイミングで、Iさんの方からメッセージが届いた。

オーストラリアにいます

それから続々と写真が送られてきた。海辺街路駅前広場公園。どれも景色ばかりで、Iさん自身写真が一枚もなかった。なぜ自分写真を送ってこないのだろう。やはり変わっている....。気持ちよさそうに羽根を伸ばしている、野生(?)のインコ写真があったので、とりあえず僕はそれを待ち受けにした。

2017-09-12

anond:20170912231624

努力はした方がいい。

善処を尽くすとも言う。

それをやってみてダメだったら諦める。


自分は自信と勇気がないか努力したことはないんだけどな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん