「二次的著作物」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二次的著作物とは

2018-02-13

真夏の夜の淫夢同人作家について

まず最初に、これは端的に言えば”お前が言うな”論を展開しているだけである

ここで言う同人作家同人二次創作作家としてのお話である

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自分Twitter萌え萌え死語絵師フォローが9割の人間で、いつものようにTwitterのTLを巡回していると”淫夢ネタ”を使っている同人作家イラストレーターがポツポツ見られる。

昨今の日本インターネット文化において真夏の夜の淫夢は最早お笑いコンテンツとして確立しており、中学生くらいかおっさんまで幅広く笑いのネタにしていて、実際自分も、そして周りの友人もネタにしている。

突然だが、ここ最近こんな話題が挙がった、”同人誌違法DL&UPをやめろ”

うん実に正しい、少なくとも法律倫理の面からしたら同人誌違法DLは完全にアウト(同人誌自体がグレーなのは後ほど)、それを指摘するのは至極当然である

同人作家同人誌やそれ以外の同人グッズ等を売った結果に得られた金で食いつないでいる人も多い、違法DL&UPは本来作品を買った際に作家に入る金が作家に入らなくなり、作家が食っていくことができなくなる犯罪である

違法DLがやっと指摘されたのかと、正直まだネットにこんな良心を持った人間がいるのかと感心していた、それを真夏の夜の淫夢を見て笑っている作家が指摘するまでは。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここいらで真夏の夜の淫夢略称淫夢”がどういうものなのかの考えを見ていこう。

一行で説明できる規模ではないが要するに”ゲイビデオに対して罵倒暴言を吐いて遊んだゲイビデオ男優の音声や画像音楽動画を作って遊ぶコンテンツである

当然ながらゲイビデオ著作権があるので犯罪である

現にACCEED(ゲイビデオ会社)がニコニコ動画等での淫夢違法UPについて警告している。

http://animeseiyu.hatenablog.jp/entry/2017/05/23/172823

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

話を戻そう、そんな差別主義違法視聴丸出しのコンテンツを見てる作家が、何故同人誌違法DLを指摘できる?

他人の畑から作物を盗んだ挙句唾を吐く盗人が逆に、自分の畑から作物が盗まれたら「盗みをやめろ!犯罪者!」と言っているようなものである

実に自己中心的で都合が良い、自分作品保護するがゲイビデオ気持ち悪いし笑っていい風潮があるから保護しなくていいと。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

話は変わるが同人誌自体違法性について触れていこう。

まず公式権利者側が出すガイドラインの中で二次創作しているならそれに違法性はない。

しか二次創作同人誌普通に著作権侵害であるが、一応二次的著作物になり著作法上保護される。

しかし何故黙認されているのか?それは双方にとって利益が生じるからである

ほとんどの二次創作物は作者の許可を得てはいませんが、ファン活動の一環として黙認されています

作者としても、自分漫画キャラクターイラストネットに公開されたところで何の損害もありません。

しろファン同士の交流を盛んにして作品を盛り上げてもらいたいと思っているのではないでしょうか。

引用 http://chosakuken-kouza.com/kihon/nijitekichosakubutu.html

著作権親告罪権利者が訴えなければ有罪にならない)ので星の数ほどある同人誌を裁くのは不可能に近いしまず利点がない。

おまけに勝訴しても貰える金は雀の涙ほどで百害あって一理無しがほとんどの現状である

またその作品が重なる二次創作によって有名になれば作品知名度=売上 に繋がるのである

持ちつ持たれつつの関係殆ど場合成立しているのである

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

しかゲイビデオにそれはない、違法アップロードされて有名になっても、ゲイビデオなんて買うモノ好きな人間はおよそ居ないしそもそも原典違法で公開されている、さら男優に対しての誹謗中傷等も考えても見て欲しい、〇〇社のゲイビデオに出たら一生ネット晒し者として自分が「汚い」「気持ち悪い」と悪目立ちする末路を。

会社からしたら評判も下がるしいい迷惑だろう。

よって持ちつ持たれつつの関係すら成立しておらず、何もゲイビデオ違法視聴して良い大義名分にはならない。

それなのにも関わらず自分作品普段誹謗中傷して遊んでいるゲイビデオと同じように違法アップロードされたら鬼の首を取ったように違法UP&DLに憤る。

(言ってる人の思考が)よぐわがんないけどね。ちょっと横暴ですね(指摘)

2017-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20170529181430

元増田です。ややこしい話なので追記ではなくこちらで応答します。

カテゴリ分けの項で例文を「引用」してるけど、その例文がどこから引用されてるか明記されてないのは大丈夫なの?

これ、正直、悩ましいところなんですよ。というのは、これを厳密に適用すると、一般書が死ぬからです。

講談社選書メチエとか筑摩選書とかああい選書系は詳細な注をつけることもありますが、新書とかだと紙幅の関係上細かな典拠がつけられない場合があります。たとえば話題になっている中公新書の『応仁の乱』ですが、色んな史料引用してきているし史料名前も示しているのに、具体的にどの巻のどのページに書かれてるかまで書いてあるわけじゃないですよね。岩波新書の『多神教一神教』だと、史料から引用そもそも典拠が書かれていません(参考文献リストに使った史料一覧が並んでるだけ)。でもそれをいちいち書いてたら新書サイズにならないわけです。

一人の研究者が、新書のような一般書と分厚い研究書の両方を書くことはよくあります。そして、後者において引用部分に典拠を記さないのは論外ですが、前者だと紙幅の都合上きちんと典拠を書けないことが起こり得るわけで、それは現状どうなのかと言われたら「良いことではないが、研究倫理に反する大問題というわけではない」と見做されているんじゃないかと思います。少なくとも、「ここは引用ですよ」というのがきちんとわかる(=自分文章であるかのように装っていない)のなら、許されているんじゃないかな。引用元の文献リストがあって、地の文とちゃんと区別されている以上、この中のどれかから引用した、とわかるようになっているわけですし。

そしてもう1つネックになるのが、これが予稿だということです。「レジュメみたいなものから、厳密な典拠表示はサボったけど、フルペーパーとして投稿するときにはきちんと典拠表示をつけるつもりでした」と言われたら、「そうか、まあでも本来レジュメでも典拠をつけることが望ましいんだ。次からは気をつけてね?」と言うのが精一杯ではないでしょうか。これが剽窃みたいなケースなら研究室こんこんとお説教して取り下げろと指導する必要がありますが、引用元の文献をきちんとリストアップしていて(著者名・URLタイトルがきちんと書かれているのでまあ問題ないでしょう。逆にそういうきちんとしたリストからこそ今回燃えてるというのが皮肉ですが)、どこからどこまでが引用か明示的に示されているのなら、そこまで大問題でもないような(この程度の不備でこっぴどく学生を叱りつけるとしたらそっちの方がハラスメントです)。

もちろん、それでも厳密に言えば著作権法違反にあたるわけだから違法だ、告発すべきだ、という主張も可能です。何? 新書業界死ぬ? 知ったことか、そんなムラの慣習が法に優先するわけないだろう、法は法だ、たとえ学生が書いて5,000人規模の学会の内部で報告する予定の正式論文ではない予稿とはいえ、違法なんだから許されない――はい、これ、どうなるかおわかりですね。この論点で攻めるというなら私は止めません。が、その場合、例の朝日記者さんが示唆したことをやられても文句は言えないんじゃないですかね……(刀剣乱舞二次創作が許諾されてるといっても、じゃあハリー・○ッターや銀河英○伝説やデ○ズニーの二次創作はどうなの? ちょっとこれから著作権元に確認取って大丈夫? って話になっちゃうので……)

あと、twitterとかで、私が書いた増田から文章を長々と抜き出してそのあとに一言二言感想をつける方がそれなりにいらっしゃいます。賛成の立場中立立場でいらっしゃる方なら、きちんと読んでくれてありがとう、と思うのですが、「pixiv論文けしからん!」とか主張してる人がそれやってるの見ると笑っちゃいます。お前のそれ、適正な引用の条件である文章主従関係満たせてないから! 無断転載から! っていう。なんで自分たちネットでやることは許されてると思ってるんでしょうね。

作業分析してるから機械分析じゃないよね?要件に当てはまるの?

これは私もうっかりしていました。機械分析にかけるのは適法引用じゃない! と主張する人がいたのでこういう項目を立てたのですが、冷静に考えたら手作業分析してたな、とあとになって気づきました。ただ、機械分析から引用じゃない、と主張する人がいる以上、47条の7は提示しておく必要があるだろうと思います

さて、47条の7は、次のような条文です。強調は引用者によります

第四十七条の七  著作物は、電子計算機による情報解析(多数の著作物その他の大量の情報から、当該情報構成する言語、音、影像その他の要素に係る情報抽出し、比較、分類その他の統計的な解析を行うことをいう。以下この条において同じ。)を行うことを目的とする場合には、必要と認められる限度において、記録媒体への記録又は翻案(これにより創作した二次的著作物の記録を含む。)を行うことができる。ただし、情報解析を行う者の用に供するために作成されたデータベース著作物については、この限りでない。

今回の予稿は、電子計算機による解析の前段階として、手作業による分類を行っています。ということは、「目的とする場合」に該当するのでは? と思いますが、いかがでしょうか。最終的にはコンピュータ分析する予定だけど、その準備を手でやるよ、ってことですよね(もしこれが法律解釈として問題があるのでしたら教えてください)。

ところで、この条文は、「著作物をまるまるコピーしてきて、それをコンピュータに読み込ませ、解析する場合」を想定したものです(違ったらごめんなさい)。しかし今回のように、もともとネット上に転がっていた文章分析の素材にして、しかもそれが手作業である以上、

pixivを見ながら手で数えました。コピー? 引用必要な部分しかやってませんよ」

と言われたらそもそも著作権法上の問題はなんら発生しませんし(わたしたちがインターネットを見てるのと同じですからね)、大学の共用のパソコンとかなら別になるのかもしれませんが、自室でプライベートパソコンを使ってコピーして、そのパソコンの中だけで分析を完結させていれば、30条で認められている「私的複製」にあたるので、やっぱり著作権法上の問題存在しないのでは?(この辺、事実誤認等があったら教えていただきたいです)

http://anond.hatelabo.jp/20170529181430

公表されている著作物とは、一般的市販されている本や雑誌

テレビ放送されている番組販売レンタルされている動画などに適用されるのであって、

会員制サイトで公開されている作品は該当しないと考えられているよ

公表

18条1項 著作者は、その著作物でまだ公表されていないもの(その同意を得ないで

公表された著作物を含む。以下この条において同じ。)を公衆提供し、又は提示

権利を有する。当該著作物原著作物とする二次的著作物についても、同様とする。

以下略

2017-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20170527123614

まず、知らない原著作者や出版社なんかきょうび無い(pixivコンテストやって起用したりしてるの知らないのか)

次に目につくところでやコソコソはただの感情論であって二次的著作物著作権が発生することの妨げにはならない

喧嘩売る前に著作権の本を買って読んでくれないかな?

今回のは著作権だなんだとは違う問題だけど理解のないまま発展するのはやめてほしい

http://anond.hatelabo.jp/20170527121654

NGかどうかは原著作者が決めることだし

二次創作書いた人は二次的著作物著作者

商業作家になった途端パロOKになるわけでもない

2016-05-02

著作権 メモ

説例

Aは ある書籍コピーして、全社員に配ろうとしている。

そこで、著者者から許諾を得ようと連絡している

著作権

財産権としての側面と

人格権としての側面がある

著作権登録制度 p232

著作権の集中管理 p235

p236(2)


メモ

————

話の中から何かがある

依拠

類似性

利用行為があるかどうか

1まず依拠とは何か定義する

2どうやって依拠性が(ある・ない)ことを主張するか

3

ーーーーーーーーーーーーーー

書いてないことを勝手に決めない

場合分けして考える

この場合はこんな風に考えられる・・など

———————————————————

依拠性が認められている→相手が似ていると認めた

数式とかデータ類似していない

様々な角度から漏れなく検討しないと行けない

事例からどれぐらい論点を見つけられるか

裁判例はよく読んでおいた方がいいらしい

-----------------------------------------

回答

著猿権の集団精度

著作権団体に連絡する。

---------------------------------------------------------------------------

人間やらの関係を図にして書く

論点を把握してどのような順番で考えていくか書いていく

(1)著作隣接権にあたるかどうか

(2)

定義やら条件やらが書けているかどうか

侵害たかしていないかは許諾を取ってあるか、取っていないかで異なる

目次などに検討すべき論点をかかないと行けない 参照する・・で

盗作か、引用かどうか考える。

依拠性、るいじせいを考える

———————————-----------------------------------------------------

設問から見ていく方が早く内容を理解できる場合がおおいので要注意

ーーーーーーーーーー

二次的著作物概念は?

二次的著作物の利用に対して〜が有する権利はなにか?

など色々考えていく

原著作者の権利がどこまでおよぶのか

二次的著作物・・・有する権利はなにか

複数権の制限規定

2013-08-15

二次創作二次的著作物ではない) を巡るあれこれ

 このところあまりに頻繁に見かけるので雑感。

 結論から先に言うと

海外版権は金銭が一円でも絡むのならばこっそりやれ」

生モノは本人が許可していない限りは目に付く場所でやって叩かれても甘んじて受けろ」

「半生は作品のキャラクターとしての取扱いである限りは通常の二次創作と代わりはない」

「いずれにせよ性的表現存在しているのならゾーニング必要だろう。これはルールというよりは礼儀や行儀の話」

 である

 

 これをごちゃまぜにして話をするとややこしくなる。

 

 

1 いわゆる二次創作をすること、発表する事は、著作権者あるいは権利者が禁じていない限り自由である

2 いわゆる同人誌即売会有償二次創作作品を頒布することと二次創作を行うことは当然だがイコールではない

3 生モノと呼ばれる「ジャンル」が人目に晒されるのを恐れるのはモデルとなる人物及びモデルとなる人物を知る人々にとって不快感を与える恐れがあるからだ。これもルールというよりは礼儀や行儀や思いやりという話

 

 さて、まず1だ。

 たとえばあなたが読み、あるいは見たなんらかの作品について、「もしこれがこうだったら」「もしこの登場人物がこうだったら」と考える事は自由だ。

 同時に、それを書き記し、公表する事も自由だ。

 だが、明確に「原作」が存在し、その原作なくしてはありえない内容である限り、「原作」の権利侵害する事はもちろん許されない。現状、明確に禁じられている場合を除き、概ね世界的な傾向として、これらは「ファン活動」として黙認されている。

 黙認されている限り、節度を守ってどこでどのように「ぼくのかんがえたさいきょうの○○」を語ろうと自由である。それは自分サイトタンブラーピクシブツイッターなどのあらゆるツールを含めて自由だ。

 これは誰はばかることなくやればいい、自由に。

 例外は、ここに年齢制限要素があるかどうかである。年齢制限要素は、それがオリジナルであろうと妄想であろうと二次創作であろうといずれにせよゾーニングされるべきだろう。これは「二次創作であるか否かとは別問題として存在する。

 では性的表現、いわゆる同性カップリングについてと言われれば、現状ではこれもまたルールというよりは礼儀/行儀の話。端的に言えば上品である下品であるか程度の問題ではある。

 

 

 では2になるとどうか。

 現状、日本国内を見回す限り、いわゆる同人誌即売会おい有償頒布をする事は、「黙認」されている。

 これは「ファン活動」の範疇に収まっている限りの話であり、どこから範疇を超えるかは権利者による。

 「黙認」されている以上、「許可」ではないので堂々とおおっぴらにする事はともかく、こっそり楽しむ分には一応文句は出ない、ことになっている。

 よって「こっそり楽しみましょう」という大前提の下に、これらは全て動いている。

 

 ところが、これが海外になると、「頒布」であろうが「販売」であろうが、金銭を得た時点で権利侵害されたとみなす権利者のほうが圧倒的に多い。

 無償で楽しんでいる分には日本以上に野放図であり自由であり文句を言わない権利者が、金銭が絡めば即座に侵害とみなすのは、原則的に「ルール」で動く西洋的な価値観の中では当然ではある。

 ではそれらは有償頒布出来ないのか、というと、それこそ程度問題だろう。

 儲けが出るほど大々的にやるのは完全にルール違反だし、わずかな同志間で楽しむ分にはかろうじてお目こぼしはしていただける可能性が高い「ので」こっそりやる、という話になる。

 グッズのように「原作の原型を留めていなければ求められるはずもないもの」を作ろうとするなら、これは権利侵害以外の何者でもない。ただ、極度に手を加えられ、作り手の能力によってしかなしえない表現をされている、となると若干はなしはかわるかもしれないが、「原作から逸脱しない以上はやはりこれもアウトなので「こっそり」やるか許可を求めるべきではある。

 日本での「同人誌即売会文化」とでも呼ぶべき市場については、これは「印刷その他、掛かった金銭の分だけを負担していただいている=頒布である」という理屈で成立しており、原則的には「儲けは出ない」建前になっている。

 これが建前で実際がどうかという話はここでは置いておくが、それでもこの「建前」は海外権利者には通用しない。従って、「自分は悪い事はしていないが、見つかると禁じられて楽しい遊び場が崩壊するから隠れる」というのは当然の流れだろう。ワールドワイドに「宣伝する」などもってのほか、という事になる。(つまり少なくとも検索にひっかかるような場所でおおっぴらに語ったり披露したりすべきではない、ということになる)

 

 3と、それに付随する半生については、これこそ「礼儀」の話でしかない。問題は一つずつ切り離して整理し、考えるべきことだろう。ただし、個人的には半生については個別の「作品に登場するキャラクター」を使っているという時点で特に中の人」に対する遠慮が必要だとは考えない。何故なら彼らは「その作品の中ではその世界実在する」からだ。

 もしそれを「申し訳ない」と言い出すならそもそも二次元キャラクターであっても「その世界実在する」んだから申し訳ないという話になる。

 

 以上、書き連ねたが、「ルール」と声高に喚き散らす状況には違和感しか覚えない。

 原作ありきの二次創作存在しているのは、許可されていない限り全て「こっそりやるべきもの」には違いないのだ。

 その上で、そもそも創作自体は自由だ。

 二次創作創作だ。

 ここには自由しかなく、誰もルールなど作らない。ただ、個々人が自分倫理観に従って存在するだけである

 いわゆる学級会の「隠れろ!」という「命令」は、それに従う従わないではなく、個々人が自分で判断して自分で何をするか決めれば良いだけだ。

 もし、自分で考えられず決められないというのなら、その時にこそ、いうべきだろう。

 

あなたにこの場所にいる資格はない。消えろ」

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん