「バーンアウト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バーンアウトとは

2018-11-06

この人さえいなければと思う心理

人と付き合うことが基本的に得意ではない。

そんな性格だと人の中で働くことが苦痛で仕方ない。

性根から腐ってるようなタイプはもちろんのこと、わりと性格が良いのではと思える人とですら友好関係を築けないのだから問題は私のほうにあるのだろう。

職場友達を作りに行くところではないし、お金さえ稼げれば良いのだからと割り切って考えるようにしても1つの職場で3年続いた試しがない。

バーンアウトするように無理だと感じたら直ぐに退社を申し出る。

それでも年齢的にそろそろ1つの場所に落ち着きたいと考えるようになって、なるべく人と関わらずに済み、年を取ってからも出来る職種と思い清掃会社に落ち着いた。

考えた通りあまり人と関わらずに済み、これなら長く居られると思っていた矢先に、新しく入社してきたオバサンが仕切り始めた。

あの人さえいなければ。

うまくやれていたのに。

そんなこと考えたって無駄なことだ。嫌なやつはどこにでもいる。

だけどあの人さえいなければと思ってしま心理はどこから来るのだろう。

2018-09-11

新卒看護師ホスピスで働き始めて燃え尽きた話

身バレが怖いので具体的な話はほとんど書いてない上に長文です。

看護師になり、ホスピスで働き始めてもう半年になる。

同期が出来ていることが全く出来ず、優しかった先輩がだんだん呆れ顔になってきた。

大学時代から気付いていたが、はっきり言って要領は悪いしミスも多い。患者とのコミュニケーションも下手だ。

新卒ホスピスという選択自体無理があったかもしれない。

しかしそうした点ではなく、もっと根本的な部分で医療者に向いてないなと思い始めた。

一つ、患者に対して興味が持てないこと。

そしてもう一つ、どうしても患者に対して「生きていることそれ自体が無条件で尊い」とは思えないことである

こんなことを言うのもみっともないが、高校時代の成績から言えばどこかの医学部に入れたと思う。

それでも「五感を使って患者さんをアセスメントし、医者とは違う側面から患者さんの生活を支えるクリエイティブ仕事」という看護師像に憧れ、親族の反対を押し切って看護師の道を選んだ。

患者さん一人ひとりが自分らしい死を迎えられるように手助けしたい」と思ってホスピスで働くことを選んだ。

しかし実際に看護師になってみると、患者に対してケアをすることに全く喜びを見出せない。

患者の病状が良くなろうが悪かろうが感情が動かない。

一つ一つのケアがただの業務に成り下がっており、勉強する意欲も失ってしまった。

から経済的な面や安定性を求めて看護師になったのであればそれでも耐えられるのだろうが、高い志を持ってこの仕事を選んだ(つもりだった)ために余計に辛い。

医学自体は嫌いではない。

基礎研究をしている研究者の話を聞くと楽しそうで羨ましくて仕方がなく、選択を誤ったという思いが強い。


そしてもう一つのなのだが、もし良ければリンクで紹介する記事を先に読んで欲しい。

ホスピスケアを中心として活動されている新城拓也先生がお書きになったものだ。

「生きる価値のない病人」という発想はどこから生まれるのか

この記事趣旨はこうだ。すなわち、

医療従事者が『こんな生産性のない病人には生きている価値がない』と考えるのは未熟と無知によるバーンアウトが原因であり、十分な教育があればそのような考えには至らない」

というものである

本当にそうなのだろうか?

実は私は大学時代から生産性のない病人を生かすことに社会的価値があるのだろうか」とずっと考えていた。

生産性がなくても、生きていてほしいと誰かに思われているのなら医療は全力を尽くすべきだろうとは思う。

では、例えば長いこと寝たきりで、家族にも嫌われないまでも重荷だと思われているような場合はどうだろうか?

そんな事を考えてしま自分が嫌で、きっとホスピスに行って現場を見ればそんなことも考えなくなるだろうと思っていた。

しか現場に出てみてもその疑問は解決されないばかりかますます私の頭を圧迫している。

それでも救うべきだ、と断言できる人間けが臨床には必要とされている。

新城先生の言う「教育」とはコミュニケーション技法なのだと私は解した(もちろんそれだけではないと思うのだが、具体的に大きなウェイトを占めるものコミュニケーション技法だろう)。

しかしその解釈場合、「コミュニケーションが取れない人間は生きている価値がない」という思想を持つ植松聖の凶行は止められなかっただろう。

なにせ患者コミュニケーションが取れないのだから

真に必要ものは「医療倫理が善しとする方向に感情を向ける技術である

患者がどのような状況であっても善行・無危害原則に則って行動し、患者権利擁護することに専念するための感情操作技術

それでもダメなら、もう終末期医療には携わらないしかない。

医師しろ看護師しろ介護士しろ、終末期医療にはそういう燃え尽きてしまった人間を弾く制度必要なのではないか(「医療」という枠とはまた別で)。

少なくとも医療という世界に限れば、それくらいのことが許されると思う。

最近良く祖母葬式を思い出す。

普段祖母を嫌うような言動をしていた両親と兄とが沈痛な顔をして座っていて、もしかするとここにいる誰も祖母の死を悲しんでいないのではないかと思った。

それ以来、死んでも誰にも悲しまれない人間というもの存在するのではないかと思うようになった。

今も見舞いに来る家族に対して「この人は本当に患者に死んで欲しくないと心から思っているのだろうか」と疑問に思ってしまう。

私がやがて死ぬ時、心から悲しんでくれる人はいるだろうか?

もし将来家族がいないか家族に疎んじられていたら、働けなくなった時点で自殺したい。

とりあえず、ホスピスで働くのはもうやめようと思っている。

患者のためにも私のためにもならない。

出来ることな大学院に行き、看護系の基礎研究をしたい。

少しだけ提言染みたことを言うならば、コミュニケーション技法教育というのは本当にしっかりやったほうが良いと思う。

アレをただの情報収集技術だと思って大学時代まともに聞いていなかった私は大馬鹿だった。

そうした技術論は患者パターン化しているように思えて、一丁前に不誠実だとも感じていた。

熱いハートさえあれば十分だと思っていた。

どうやらそうではなかったらしい。

国試に出るだけの空虚理論だと思っていたら私のように完全に燃え尽きてしまうかもしれないぞ。

2018-06-26

anond:20180626175553

分かる。それに九州大なんて出てるんだからいくら就職氷河期でもラーメン屋アルバイトなんかする必要は無かったはずで、労働とかそういうことに向いてなかったが親や世間的な事情で渋々という感じだったんじゃないかと思う。勝手に。

正社員になって3年前まで働いていたのも、3年前までで完全に人間としてバーンアウトして何かが彼の中で「終わって」しまったということなのかもしれない。

年齢的に、大学に戻れる年齢も越えてしまったと悟ったとかもありそうだし。

流石に低能先生程のニュースにはならないだろうけど、こういう事件はこれからも増えると思う。ああ、そういやこの前逮捕された奴の愛読書ハイデガードストエフスキーだったな。

2017-05-28

脳がうまく機能しなくなったのを感じた

2016年10月ごろに1年ほど前に自分たち(友人2人)で立ち上げた会社を閉じた。

1年という月日を費やしたにも関わらず、大したことができずに終わってしまい、そのあと軽いバーンアウトっぽい症状になった。

1ヶ月ぐらい何も気力もない日が続いた。

12月ぐらいに就活をして、今は立ち直って働いている。

きちんと治ったらもう一回、会社をやりたいと思ってるけど、1回目に起業した時よりもよりもまた失敗するんじゃないかっていう躊躇がある。

2015-10-29

私の上司は優秀だ。コミュニケーション能力が高い。感情的にならず、冷静に落ち着いて論理的に話す。相手が幹部クラスの人であっても部下であっても、そこは変わらない。業務遂行能力も高い。常に全体を見ていて自分担当外であっても何か問題があれば自ら解決に向けて動く。この先どうなるか、リスクを予見する能力も高い。もし居なければこの事業はあっさり潰れてしまうだろう。もっと給料のいい会社転職したらいいのにと思うことがしばしばある。

ただ、、その、、優秀すぎるのだ。

私が業務の相談に行っても、何か気に障るようなことがあると、表情が消え、冷たい目になる。表向きはきちんと聞いてやろうという言葉を発するが、表情と一致しないので怖い。私の能力が低いのだからしかたないが、できるだけ行きたくない時間を割いてもらうのは申し訳ない。

提案書や仕様書といったドキュメント10回、20回とレビューを繰り返していくうちに心が折れる。リバイスを繰り返し、フィックスする頃には、もはや別物。言われるがまま。思考停止お客様にお見せするものだ。念入りなレビュー必要だ。当初の締切は過ぎている。その先のプロセスにかけられる時間は少ない。圧倒的な残業で巻き返す。そしてバーンアウトする。

私だけなのかもしれない。思い切って同僚に聞いてみたところ、同じことを感じているようだった。

人が入れ替わることも、新しい人が入ってくることも、自分が異動することもない。唯一人の上司の元に付き、日々業務をこなす。このまま無理して続けたとして、役職権限を与えられたとしても、上司のように優秀でないのだから、今の事業を潰すきっかけを作ると思っている。

最近は気分が晴れないし、ストレスのせいか耳鳴りもひどくなってきた。自宅で業務に関係する勉強をしたり、趣味も楽しんだりもしていたが、そんな余裕もなくなった。今の会社、辞め時なのかもしれない。

2014-10-19

http://anond.hatelabo.jp/20141019125716

運命の分かれ道、正社員になりたいのか否か選べ - 空想島(6畳半)

http://rntriple6.hatenablog.com/entry/2014/10/19/153253

これも今日エントリだが、それぞれに自分の今の状況に驚くほど似通った部分があったので、

元増田に参考になればと思い、思いつくままに書いてみる。

自分所謂「毒親」を親に持ち、家にも学校にもどこにも居場所がなく生きてきている。

もともといじめられっ子だったのが、やりたくもない受験に日々を費やし、十代のうちにバーンアウトして、

一時期ニートになり、奮起して社会復帰を果たしたが、結局何度目かの転職活動を始めている。

きっかけになったのは上記エントリにもあるような社内コミュニケーションに関する指摘で、

まあ鬱の再発を抑え込みながらプロジェクトの進行なんぞに本気で打ち込めるはずもあるまいと頷いた。

燃え尽きてしま若者として性懲りも無く「良い子」としてプロジェクトに尽くしてきたわけだが、

そもそも生活のために止む無くしがみついてここまで来たというのが実情で、

どれだけ自分の中で正当性を確保しようと努力したり、相対的に観てみようとしてみたところで、

どこに行っても、何をしても同じことの繰り返しになってしまう。

原因はわかっていて、自分は十代の傷、と単純に言い切るにはあまりにも複雑な、

孤独思春期における変化、恨み、妬み、嫉み、が風化して変質した何か、の上に積みあげたロジック、の成れの果て、みたいな、

九十九神的な呪い自分の中にある限り、根本的に行動範囲制限されてしまうということ。

特に自分の例で言えば、ある時期に「自分人生はここで終わった」と諦めてから

どんな活動や発想の転換を試みても無力化されてしまうようになっており、

これはもう食えるか食えないかではなく、自分が抱えるトラウマが現役バリバリで活き続けている以上、そこと向き合って生活していくほか無いと考えて、

今は自分と似たような苦しみを味わう人の受け皿になることをミッションに掲げた組織転職先にしようと思い、活動している。

直接的にNPOを当たってもいいし、そういうビジョンを明確に持った企業でもいい。

結局誰とどれだけ親しくなろうが、自分を失って生活に支障を来たす人間などいない。

だったら、せめていつ死んでも納得のいくように、今自分が抱えている最もシリアス問題と戦いたい。

メンタルダメージを受けるととても辛いだろう。涙が出る前に胸をちくちくと刺す痛みが、何十倍にもなって襲い掛かり、

悲しいから泣くのではなく、ただ全身の痛みにのたうち回る。自分もそんな地獄を生きている。

しかし、そういう人間しかからない、掬うことのできない人の心の領域があると思う。

ただの自分語りになってしまい恐縮だが、少しでも参考になれば幸いだ。

元増田人生好転を心より祈る。

2014-07-18

ナレーターガチエージェントの朝は早い

東京都千代田区
都心の一画。
ここに一軒のマンションがある。
ガチエージェント遠藤仮名)の住宅である

世界でも有数のガチエージェント
彼らの仕事は決して世間に知らされるものではない。

我々は、ガチエージェントの一日を追った。

朝、4時10

早朝の丸の内を駆け抜ける遠藤の姿を発見した。
時折立ち止まってしてスマートフォン操作する遠藤の姿に目を向ける人はいない。

Q、おはようございます。朝、早いですね?

「ええ。始発が動く前にファームを廻る必要がありますからね。
一日分のXMPバースターをどう集めるか。これが大切なんです」

日が昇る前、人々が行動する前から遠藤は動き始める。
手に持つペットボトルが、途中、3回変わった。

「俺なんかがエージェントやれてるのは、Enlightenedの皆さんの支えがあるからなんです。
支えられてばかりじゃなく、こうやって早朝のリチャージをやらないとね」

そう語る遠藤の目は何よりも真剣だ。
ガチエージェントに一切の妥協はない。
遠藤の誇りはそこにあるという。

「まあ、好きで始めたゲームですから

最近は良い睡眠が取れないとも口をすべらせていた。

Q、いつも、この道なんですか?

「いや、巡回の道はいつも変えています
夜中に攻撃を受けているポータルもありますからね。
ほら、そこの郵便局ポータルはレゾネータがいくつか壊されていますよね」

ただ、ハックするだけではない。
ポータルの修復を忘れない遠藤姿勢に、ガチ勢気概を感じた。

ファームを維持しないと始まりませんからね。大切なんですよ、これ」

結局、この日は6時まで丸の内付近ポータルを巡った。

6時10

遠藤は巡回を終え、カフェに向かう。
勝手知ったる動きで座席を確保する。

Q、朝食ですか?

「いやあ、やっぱりエージェントは体が資本ですからね。
でも、この窓際の席は3つのポータルスキャナーに入るんですよ」

そう言って遠藤スマートフォン操作する。
ハックしながらサンドウィッチを食べる手付きは手慣れたものだ。

しばらくして遠藤座席を立った。朝食を終えたようだ。

「この3つのポータルは入店前に2回ハックしていますからね。
バーンアウトしたので次のポータルに向かわないと」

素早く会計をし、店を出る遠藤
その足で東京駅に向かう。
時刻はまだ6時22分だ。

Q、これからお仕事ですか?

すみません、静かに」

我々クルー諌める遠藤

「あちらを見てください。
あのサラリーマンが急に立ち止まってスマートフォンを取り出しました」

確かに駅前スマートフォン操作する男性がいる。

「彼はResistanceのエージェントなんですよ」

彼とは駅前ポータルでよく遭遇するという。

「こうやって実際にエージェントと遭遇できるのは拡張現実ゲーム醍醐味ですよね」

遠藤は以前はオンラインゲームに没頭していたが、
Ingressリリースされてからはこれ一本だと言う。

Q、話しかけないのですか?

「そうですね。話しかけることもありますが……。
今日は彼が維持しているファーム攻撃する予定なのでやめておきます

そう笑う遠藤笑顔の中にも、真剣な表情を感じた。

12時。

午前中にポータルを巡回した汗を流すために、遠藤銭湯に向かう。

「この銭湯ポータルになっているんですよね。ここもリチャージしないと」

ただ、汗を流すだけではない。
熟練の技が、光る。

14時

ファーム巡回も一区切りつき、遠藤攻撃に同行することになった。
今日JR浜松町に移動し、増上寺まで敵ポータル破壊をするそうだ。

「このあたりはResistanceのファームになっていますからね。
そう、朝に出会った彼の職場もこのあたりなんですよ」

休みも終わったこの時間帯に攻撃しかけることが効率的だという。

会議中のエージェントが多いですからね。リチャージもあまりこないんです」

Q、遠藤さんはお仕事大丈夫なのですか?

仕事火曜日休みなんですよ。平日の日中に動けるのは有利ですから

Ingressのために転職したのだという。

16時

浜松町から増上寺まで、水没していた地域草原が広がっていた。

iOSを使っているエージェントのために残していてもよかったのですが、
このあたりはResistanceのエージェントも多いので仕方無いんですよね」

ガチ勢辞書妥協の2文字は無い。

16時10

遠藤のハングアウトに連絡が入ったようだ。

すみません。これから静岡に行かないとダメなんです」

あと1本のレゾネータを刺すとレベル8になるポータル静岡に2つあるという。
我々はさすがに静岡までは移動できないので、本日の取材は終えることにした。

静岡まで来ていただいたら、レベル8ポータルになる瞬間が見れるのですけど」

そう言って遠藤は、新幹線の中に消えていった。

2013-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20131208161035

文章の練習として短くしてみた。内容についてはそれほど同意できないけど。

本気になるにはどうすればいいのか

今話題になっている、これらの記事

当事者意識だの危機感だのはもうバズワードになってしまっている。どうしたら当事者意識危機感を持てるようになるのかの答えにはなっていない。なので、もう少し具体的に考えてみたい。

まずは、「当事者」を

と、定義しよう。すると、当事者意識を持てない人とは、

  • 要求された役割を把握できない、または把握を避けている人

と言えるだろう。では、なぜ避けるのか。

と考えられる。

この防衛機構は、人間にとって必要ものである。なぜなら、社会の要求には際限がない。対して人間には必ず限界がある。限界を超えてしまわないために備わっている心のブレーキがこの機構なのだ

そのブレーキが、過敏過ぎると引きこもり方面に進んでしまい、逆にゆる過ぎるといつかバーンアウトしてしまう。多くの人は、自己評価や、時間報酬仕事観などの様々な要因にもとづいてバランスを調整してるのだろう。

そう考えると、いわゆる意識高い系は、自己評価自己実現欲求が高く、防衛機構を働かせずに済んでいるのかもしれない。そういう人たちがそうでない人たちに意識が低いと叫んだところで、圧迫にしかならないのではないだろうか。動かない人を動かすには悪手と思える。

では、どうすればいいかだ。要は、活動開始初期に防衛機構のトリガを刺激しないようにすればいい。例えば、

どういうやり方にせよ、ある程度動き始めてしまえば、あとは慣性がついてそれなりに本気になれるんじゃないでしょうか。

まあこんな感じで、言葉に具体性を持たせるところから始めると、なんかいかにも問題解決法っぽいものがでっちあげられます社会人になると、弁法や修辞も必要だけど「結局どうすればいいのか」という回答が大事になので、そんなことを心の片隅に学生の皆さんは就活を頑張って欲しいです。

どうすればいいのかについて

本気になれない人には「当事者意識」が足りない

http://syuraw.hatenablog.com/entry/2013/12/05/183752

とか

本気になれない人に足りないのは「当事者意識」ともう一つ。「危機感」。

http://programming-10000.hatenadiary.jp/entry/20131208/1386428823

ブコメした者だけど、今日は嫁と娘が仲良くお出かけして時間が出来たので、ブログ持ってないか増田使って反応してみる。

当事者意識だの危機感だのいろいろ言われてるけど、これもうバズワードとして機能しちゃっててるから

「結局どうしたら当事者意識とか危機感とか出せるようになるの?」っていうことには何の役にも立たってないよね。

なので、とりあえずカギカッコ付きに逃げがちな言葉の中身を、こちらで勝手に詰めていこうと思う。

まあどうでもやりようはあると思うけど、「当事者」なるもの

 ・ある仕事について、社会から要求されている自分役割を過不足なく把握しようとしている人のこと。

とか、定義しようか(適当)。

すると、当事者意識を持てない人とは、

 ・要求された役割を把握できない、または把握を避けている人

というくらいに言えるかな。

なぜ避けるのか。これもどういじってもいいんだけど、

 ・自分能力経験を過度に超える要求に対して、無意識の心理的防衛が働くから

ということにしてみよう(適当)。

まり未知の問題を他人事カテゴリに位置づけることで精神の安定保っているということにする。

この防衛機構は、人間にとって必要ものである

というのは、社会の要求というのは際限がないので、どれだけ要求に応えても、もう一段レベルの高い要求が出てくるものだ。

から、そもそも当事者意識はそれを完璧に発揮すること自体が不可能、かならずどこかに限界がある。

その限界を超えてしまわないために備わっている心のブレーキがこの機構なのだ

このブレーキの利き方というのは、あんまり過敏だと引きこもり方面に進んじゃうし、逆にゆる過ぎて突っ走り続けるといつかバーンアウトちゃう

そのあたりは、経験に基づく自己評価とか、能力に対する自覚とか、猶予時間報酬仕事観等々の内的外的要因で、各人バランスを調整してる。

なんか書いてるうちにそんな気がしてきた。うん、そうに違いない。

この説に従えば、いわゆる意識高い学生とかは、自己評価とか自己実現欲求が高くて、防衛機構を働かせずに済んでいるという感じかな。

そういう人たちがそうでない人たちにナントカ意識カントカ感が足りんと叫んだところで、それは結局圧迫にしかならないんじゃないか

全く効果がないとはいわんが、動かない人を動かすには悪手だよね。

じゃあどうすればいいかだけど、

要は活動開始初期に防衛機構のトリガを刺激しないようにすればいいわけなので、例えば

 ・自分にとって無理なく把握・処理できるレベル仕事を分割・整列して(orしてもらって)、その決めた手順に従って半機械的にこなしていく。

とか。注意点は、細部に入り込んで全体の目的を見失いがちなこと、不測の事態への柔軟性がなくなること。

もしくは

 ・プライドや恐怖心を利用し、なんとしても成果を出さざるを得ない状況に自分を追い込む。

これは防衛意識を外部の力を使って破壊してもらう作戦。

あと、学生のうちならできそうなものとしては

 ・就活関係以外の情報シャットアウトして一切入ってこない環境にする

他人事以外の情報が入ってこなければ、他人事にしようがなくなるので防衛も何もないという自己洗脳方式。

どういうやり方にせよ、ある程度動き始めちゃえば、あとは慣性がついてそれなりに本気になれるんじゃないでしょうか。

まあこんな感じで、言葉に具体性を持たせるところから始めると、

なんかいかにも問題解決法っぽいものがでっちあげられます

社会人になると、弁法や修辞もまあ必要だけど「結局どうすればいいのか」という回答が大事になんで、

そんなことを心の片隅に学生の皆さんは就活頑張って欲しいです。

2013-10-19

バーンアウト症候群

日々の暮らしに困ることのない所得を得ているが、最近仕事が手につかない。

やらなくてはならないことが山積みだけど、仕事に対して向き合うことが出来ない。

なぜなのだろう?と思い、自己分析をしてみた結果、バーンアウト症候群に近い症状であることに気づいた。

俺は3年前に起業をした。

起業をした理由は社会貢献をしたいとか、新しいもの創造するといった推敲ものではなく、単に前職に嫌気が差したこと、チャンスさえあれば俺はもっと出来ると勘違いをしたということだ。

 

友人を交えて起業をしたが、起業というものは生易しいものではなかった。

サラリーマン時代に貯めた貯蓄は給与やら事業資金やらですぐに底をついた。

 

その後なんとか事業を軌道に乗せ、利益が出るまでに成長させることは出来た。

しかし、仕事のキツさと、金儲け主義の俺の考えに愛想を尽かし、友人は去った。

友人が去ってから俺は従業員のためにと働いてきたが、今では「一体自分は何のために働いてきたのかわからない」という状態になってしまった。

 

理念なき経営」が生んだ結末なのであろう。

金儲け主義に走ってしまったがために「何が何でも売上を上げる」という短絡的な考えに至ってしまたかなのだと思う。

 

 

俺は何のために働いているのだろうか?

以前は楽しかった仕事も、今となっては惰性でしかない。

 

ひとりぼっち会社経営。この先に待ち受けているものはなんなんだろう。

 

俺は何を見たかったのか、どこにいきたかったのか。

 

今の俺にはわからない。

 

 

しかったなぁ。

二人で会社を作って、がむしゃらに働いていたあの頃は。

2013-04-27

http://anond.hatelabo.jp/20130427000414

横だけど

明らかに仕事してない仕事が少ない人を見受けるんだけどコレどうなの?的な話し方

というのは、あまり「やんわり」には聞こえないと思う。明らかに個人を意識したひがみ・告げ口の類にしか聞こえない。せっかく仕事を大量にこなして個人評価が(おそらく)高い増田の評価を下げることになるので、あまりおすすめしないな。「やんわり」いくなら、そういうあふれ出る「感情」自体を隠す必要があると思うよ。


たとえば、

 「(ピント外れなことを言ったあとで)ちょっと疲れがたまってるのかなあ…」「誰も知らないところへ行きたい、とか、ときどき衝動的に思っちゃうんですよね…(w」

と、「冗談に取り紛らせるみたいにして自分の弱みを話す風」にしてみると、上司

 (1) どうやらこいつはバーンアウトの兆候がある。ちょっとヤバい

 (2) しかも、弱みを見せてくる=自分を「信頼できる上司」と見てる

 (3) つまり仕事の割り振りミスを(今は)上司が悪いと気づいていないっぽい=修正するチャンス

 (4) しかも、うまく修正できたら、こいつは恩に着て、今より更に扱いやすい手駒になる

…とか勝手に考えて、いろいろ動いてくれるものだよ。人間は、ああしろこうしろと言われたら動かないが、「自分が考えた内容」には従いやすい。

http://anond.hatelabo.jp/20130426020747

仕事をたくさんやっている自分と、やっていないあいつが同じ程度にしか評価されていない」という考え方を乗り越える必要があると考えています

これにはいくつか押さえておきたいポイントがあります

①どうして増田にばかり仕事が振られるのか?

仕事はやったら、やった分だけ増田の所に来ます

 

もし増田仕事が速かった場合仕事を頼んだ人は、次も増田仕事を依頼するでしょう。

でも逆に仕事が遅かった場合、頼まれなくなります

 

こうして雪だるま式に、仕事をする人のところにはたくさん仕事がきて

しない人のところには仕事がこなくなる。

 

頼んだのに、何もしてくれない人、できない人には、増田氏も頼まないでしょ?(笑)

 

増田増田の同期は、同じように評価されているのか?

増田の方が高く評価されている。

 

勿論、世の中、何もしてないのに、すごくやっているようにアピールするのが上手い人間が、五万といます

しかし、増田が書いていることを見ると、増田の同期の場合は、あきらかにその仕事が苦手というのがわかります

 

上の人も、その人が仕事が苦手だってわかっているでしょう。

増田上司立場だったら、同期の能力には、すぐに気づくでしょ?笑

 

から仕事が振られずに、暇になるのです。

 

ただし、上の人から使えない奴と思われて基本給の伸びが下がるような力学が働くようです。

会社の意志決定機構をハックして年収を10~200%増やす技術(社内政治技術実践マニュアル) - @fromdusktildawnの本館

 

とりあえず増田が直近でこいつに対処する必要は無いと考えています

いま現在、直接的に増田に害を与える訳ではないので。

 

頑張って仕事はしてくれてもできないか、やらないと思いますしね。

 

しかし、マネジメント層に移った時には、いかにして仕事をしない奴が、

増田のチームないし会社にいずらい環境を作るかが大事になると考えています

 

毎朝朝会で進捗を報告させたりして、進捗がないことが苦痛環境を作るなど。

ホワイト企業ダメになってしまうのは、仕事をしないことが苦にならない環境を作ってしまうところにあると思っています

 

この記事も結構関連性があると思っています

米Yahoo!のメイヤーCEO、“在宅勤務禁止”について初めてコメント「現在のYahoo!には適さない」 - ITmedia ニュース

 

③では、いままで通りに仕事コミットしつづければいいのか?

→いいえ違います

 

かといって言われた通りに仕事コミットしつづけると、

上司には認められるものの、増田のように無意味さを覚え、最終的にはバーンアウト引き起こします

 

モチベーションは有限」という考え方が、ひとつキーワードになると考えています

モチベーション、やる気は長く続きません。なので、上手な手の抜き方、断り方を覚えましょう。

 

無理なことを "上手に" 断ることは、社会人必須スキルの一つだと考えています

依頼を断れなかった、蹴りきる能力の無いマネージャーのチームは、デスマーチ突入します。

 

ただ、基本的に「できません」とは言えないので(笑)、積極的に与えられている仕事に対してコミットしている、上司課題を共に解決しているように見せつつ、

「現状の稼働では厳しい」というのをいかに上手に伝えられるかが大事になります

 

かといって増田のようなやる気のある人間は、「仕事」=「作業」と捉えるのは辛いと思うのです。

なので、増田の有限の、限られたリソースであるモチベーション」を最大効率で発揮する工夫が重要になってくると考えています

 

自分ができる良い仕事と同様に、成長できない悪い仕事(雑用)も雪だるま式に増えていきます

 

モチベーション効率をあげるには、積極的に前向きにやっているように見せつつ雑用を断りながら、

おいしい仕事だけを上手に引き受けることが大事だと感じています

2010-10-23

ある定時制高校生が自殺を考えるまで。

自分定時制高校生、所謂一応女子高生ってやつ。

年齢は昭和生まれってことで勘弁して欲しい。

一応色々家庭事情も有りやっと数年前から高校生になった。

でももう、高校生活が限界なんだ…

疲れちゃったんだ。学校生活が特に。

自分自身は1~2年は学級委員現在3年では体育委員として色々やってきたつもり。

学年全体がまとまっていなくて必要書類、学年の取りまとめ役は自分が中心に行っていた。

学年の日本人の中では一番上で、担任からの依頼も有り1~2年は体育委員が機能しないことも有ったから体育委員の役割(体育祭球技大会メンバー決め)もしていた。

でも自分の力が足りないからなんだろうな、他の学年(特に4年生)からは「3年の体育委員が仕事ができない・無能だ」と陰でいわれてるのも文芸部部長経由で知ってる。

クラス内からは責任の無い人といわれ、他の教員からも3年はまとまりが無いと叱責だってされている。

学級委員が居ても全部叱責の的は自分に来ている


ま、しょうがないよね。大人だもん。

それが現実だから、先生に状況を吐き出しても「大人だから我慢しなさい」で終わっちゃう。

後、あるクラスメート自殺相談なども担任に投げても援助が無いため私が1年半やってました。

大人としての責務ですし、何とか関係機関につなげようとしましたが失敗、そしてPSWの判断等も有り接触をかかわるのをやめました。

私ももうお金も心も限界でした、ごめんなさい。


実は、学年の取りまとめ、担任補佐をしてたためのバーンアウト燃え尽き症候群)は自分の通う病院PSWから指摘される。

1~2年の先生はそれ以外にみんなの出席状況など1人1人まとめたりしてみんなが学校に来やすいようにしてた。

自分クラスの一員としてできることとか言うとさ、先生の補佐とかしかない。

ホント居心地のいいクラスにできなくてごめんなさい。

他の学年の皆さん3年生、うるさくてごめんなさい。

 

昨年、このバーンアウトストレスPTSDフラッシュバックなどごっちゃの引き金で解離健忘を起こしその間に学校行事中に私が自殺未遂を行うと言う状況も発生しました。

ま、これは全部私が悪いのですが。


あとね、全日のみんなには本当に申し訳ないなーって思ってる。

だってさ、全日のみんなも大変じゃん?先輩には東大早稲田お茶水が居るような学校

むしろそれが売りの県立校だから、受験勉強だって大変だと思う。

なのに午後5時ぐらいから定時性が教室を使うから教室を明け渡さなくちゃいけない。それ苦痛だと思います。

何とかする力は流石に私一生徒なので有りません、ごめんなさい。

 

放課後教室で語り合う時間を奪っちゃってるよね。本当にごめんなさい。

それに、うちらの学年って教室使い方汚くて朝着たら嫌な思いしてないか不安

最近私も疲れていて帰宅前の教室清掃まで時間が回ってません、ごめんなさい>全日の2年生へ


でも今、投げたらまずいからね。何とか生きていかなくちゃって思うのだけれども学校に行けない。

行こうとすると吐いてしまう。其の関係で免疫力下がって風邪ひいて治りづらくなっている。


とりあえず文芸部の先輩が卒業する・職業訓練が終わる来年3月までは死んだらまずいなって思ってる。

だから死なない、死ぬ前に学校を退学してそして一応就職して訓練校の人たちも安心させないとね。

彼氏は一応居る、だから分かれるときにはもう二度と好きになれないぐらいに嫌いに案ってもらおうって思ってる。

大切だけれども死んだ後後悔して欲しくないのもあるから。


そういうことで、まだやるべき「さよならに向けた後処理」があるから

すぐ死ぬわけには行かないけれども何故自殺を考え覚悟にいたったのかは書いておこうと思ったので書いた。

でもまぁ気が変わって実行予定過ぎても生きてるとは思うんだけど、でも今もう限界だって言う吐き出し。

2010-02-16

http://anond.hatelabo.jp/20100216205719

いや、「人生ゲームだ」が主眼ではないんだよね。

もちろん、そういう要素もあるけれど。

そうじゃなくて、「ゲームの中に能動的に突っ込んで行くから楽しい」って言いたいわけ。

嫌々やるのではなく、それぞれの「ゲーム」の中に結果を抜きにした過程の面白さを見出していくっつーか。

ほら、釣りに喩えるとわかりやすいけど

「魚を手に入れる」ためなら魚屋行けばいいじゃないですか。

でも、それを敢えて「釣り」という形にすることで、それがゲーム化して面白くなる。

能動的であることは現実を「過程も楽しめるゲーム」に変える力があると思うんだよね。

少なくとも、嫌々やってるよりはマシって程度の話で。

そして、もちろん「過程も楽しむゲーム」だから、バーンアウトが起こりにくい。

魚は釣れなくても釣り楽しいわけですよ、ある程度熟達すると。

カネを手に入れるために働くことを能動的にこなすうちに、

カネっていう目的を抜きにしても面白みが見出せるようになっていく。

ゲッツセックルセックル!のために女口説いてるうちに、

口説くこと自体が面白くなってくる。

そして、これは所詮ゲームなので敗北は織り込み済みなわけです。

俺的にこの思考メソッドはバーンアウト防止もかねてるつもり。

http://anond.hatelabo.jp/20100216175409

この「人生ゲームだ」的価値観、おれも一時期採用してたけど、

これだとどうもバーンアウトしちゃうんだよなぁ・・・

冷めたときの虚しさが物凄いんで、

根本的にこれは何か間違ってるんじゃないかと思うようになった

2008-04-18

[]3D酔いを克服したい

以前(具体的にはマラソンDuke Nukem 3Dあたり)から3D酔いが酷くて、いわゆるFPSは開始数分で気持ち悪くなるためほとんど遊んだことがない。以前まではそれはそれで良いと思っていたけど、最近になってなんだかもったいない気持ちになってきた。FPSも遊べるようになれば、楽しめるゲームの数が増えて嬉しいよなあ、と。

そこで最近3D酔いを克服すべく比較的酔いが軽めのものを選んで遊んでいる。今遊んでいるのはXbox 360バーンアウトパラダイス。やはり当初は頭くらくらしてたけど最近はもう何ともなくなった。

この調子でどんどん酔わなくなっていったりしないかなあ。

2008-03-25

PS3/Xbox360 マルチタイトル

言いっ放しもあれなので、PS3Xbox360マルチタイトルになってるゲームを挙げてみる。

機種間の追加要素等は無視。基本的に同じタイトルと思われるものを挙げる。

リッジレーサー6[Xbox360],リッジレーサー7[PS3]

アーマードコア4[Xbox360,PS3]

ソニック・ザ・ヘッジホッグ[PS3,Xbox360]

ニード・フォー・スピード カーボン[PS2,PS3,Wii,Xbox360] ←これはちょっと差分がわからない

レインボーシックス ベガス[PS3,Xbox360]

デフジャム アイコン[PS3,Xbox360]

コールオブデューティ3,4[PS3,Xbox360] ←Xbox360には2もある

ファイトナイトラウンド3[PS3,Xbox360]

ガンダム無双[PS3,Xbox360,PS2]

バーチャファイター5[PS3],バーチャファイター5 Live Arena[Xbox360]

エンチャントアーム[Xbox360,PS3]

NBAライブ07[Xbox360],NBA07[PS3]

NBAライブ08[PS3,Xbox360]

真・三國無双5 [Xbox360,PS3]

トニー・ホーク プロジェクト8[Xbox360,PS3]

ゴーストリコンアドバンス ウォーファイター2[Xbox360,PS3]

ゴッド・ファーザー ドン・エディション[PS3],ゴッド・ファーザー[Xbox360] ←差分不明

The Elder ScrollsIV:オブリビオン[Xbox360,PS3]

セガラリー REVO[PS3,Xbox360]

ニード・フォー・スピード プロストリート[PS3,Xbox360]

アサシンクリード[Xbox360,PS3]

デビルメイクライ4[PS3,Xbox360]

メダル オブ オナー エアボーン[Xbox360,PS3]

ドリフトナイツ:Juiced2[PS2,PS3,Xbox360]

FIFA08ワールドクラスサッカー[PS3,Xbox360]

ワールドサッカー ウイニングイレブン2008[PS3,Xbox360]

CONAN[PS3,Xbox360]

バトルフィールド バッドカンパニー[PS3,Xbox360]

アーマード・コア フォーアンサー[PS3,Xbox360]

アーミー オブ ツー[PS3,Xbox360]

ロストプラネット エクストリーム コンディション[Xbox360,PS3]

バーンアウト パラダイス[Xbox360,PS3]

トランスフォーマー[PS3,Xbox360]

……つかれた。すくなくとも33/83(?)本はXbox360とのマルチタイトル。このほかにも、PS2,Wiiとでそれぞれマルチになっているタイトルもある。で、PS3じゃないとできないタイトルってなにがあるんだっけ?

http://anond.hatelabo.jp/20080325092759

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん