「身体症状」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 身体症状とは

2021-05-30

全部当てはまる

適応障害の症状

情緒的な症状:抑うつ気分、不安、怒り、焦り、緊張による汗・手の震えなど

身体症状:不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲れやすい、頭痛肩こり、腹痛、めまいなど

問題行動:欠勤・欠席、遅刻、早退、暴飲暴食、ギャンブル中毒、物を壊すなど

全部当てはまる

2021-04-09

解離性障害とかの話

普段文章を書きも読みもしない人間が、備忘録がてら書こうと思ったこと。その昔、10年ほど前のことを思い出したという話。

 

タイトル解離性障害については興味があれば調べてほしい。

解離性健忘、解離性遁走、離人症、…多分一番取り上げられるのは、解離性同一性障害(DID)についてだろう。

今回は、そのどれでもなく、あまり語られないその他の解離性障害について、当時の経験を書こうと思う。

かなりの主観で書いているので、親サイドで見るととんでもない傲慢独りよがり子供の話であることだけは、免罪符として先に言っておこう。

 

 

少し自身のことを掻い摘んで記しておく。一つずつ語るとまぁ長いので、ざっくりと箇条書きで。

・少し裕福な家庭で育った

きょうだいの一番上

なんやかんやあって中学不登校高校不登校再発→退学

・その後、高卒認定を取り、浪人生活を経て大学進学

大学在学中に体調を崩して就活を諦める

・数年フリーター生活ののち、現在会社員

 

冒頭の10年前の時期は、この中の浪人生活辺りの話である

なお、家族名誉の為に表記しておくが、「家族から愛情を持って育てられていた」のは間違いなかろう。

家庭環境については、外から見れば良くも悪くも普通の家庭だった。自分にとっては、休まることのない家だったというだけである

ここについては語るとキリがないので割愛

 

中学高校と相次いで不登校になり、高校で出席が足りずに退学した。

学校に馴染めなかったのが理由だと思っていた当時だったが、家庭環境が合わなかった、性自認やそれ関連のトラウマという理由も含んだものであることを、年が経つと共に察することになる。

朝起きられない、一日中寝ていて起きたら次の日の朝だったという日もあれば、朝まで眠れない日もあり、食事を受け付けないかと思えば、いくら食べてもお腹が満たされないこともしばしば、身体がひたすらだるい…と不健康まりない毎日を過ごしていた。

出席が足りずに退学したとはいったものの、部活だけは好きだったので、時折顔を出していた。全然学校にも来てない、部活にも不定期にしか来ないのに受け入れてくれた。

あの時、不満を言わないでいてくれたばかりか、こちらの安否を心配してくれていた顧問先生と友人には本当に感謝している。

同級生引退する時期に、一緒に"引退"し、その年の冬に高校を辞めた。

この時期、何度か心療内科カウンセリングに通っていた。親がドクターカウンセラーと話をし、その後自分ひとりで話をする……はずだったのだが、毎回何を言って、何を伝えたらいいのか分からず、そのまま診察の時間は終わった。

心療内科ドクターからは「なんでもいいんですけど、自律神経失調症診断書出しときますね」とダルそうに告げられ、カウンセラーからは「あなたが悪いわね」と言われたのは、よく覚えている。

 

当時、既に無気力ではあったといえ、大学進学という目標があった。高校部活顧問先生がとても良い先生だったので、教師になりたいと思った。

教育学部に進学したいという、高校を辞めた身としてはなんともな目標ではあった。

高卒資格がないと大学には進学できない。在学中に通信制や夜間への転入も考えたが、同級生と一緒に大学進学を果たしたかったので、高卒認定を受けることに決めたのが、18歳の夏。

その年の秋に高卒認定を取得し、センター試験を受け、二次試験合格する……といった算段だったのだが、志望校センター試験できわどいライン

二次試験はかなり難しい学科なのでほぼ無理ゲー。諦めて浪人することになった。

予備校に通うことになった。有名予備校でなく、個人事業主がやっているところ。何でそこを選んだかは覚えていないが、教える内容は"勉強"というより"思考"そのものだった。事務所には漫画が置いてあって、マスターキートンをハマって読んでいた。何故か13巻だけ無かった。

予備校には色々な人がいた。いわゆる陽キャな子、5浪ほどしている人、社会人から出戻りして大学進学を志望する人、モデルをやるといって辞めていった子、いつの間にか来なくなって近場のパチ屋で見かけたと噂が立っていた子。

人付き合いが苦手な自分は、ここでも浮いた。孤立も慣れたもんだと思いながら入校してひと月ほど経った頃に、それは起きた。

 

 

最初の症状は、予備校休みで、家に居た時のことである

中学生の頃から身体の不調も相まって、朝起きられないというのが常態化していた。

朝起きても、身体がだるくて昼過ぎまで布団に入って寝ている。夜は眠れないし、一度寝たら起きられないというのが中学高校の頃の不登校事情だった。だが、その日は違った。

意識ははっきりしている。右手携帯を探す。ここまでは良い。左足が動かない。痛い。神経が締め付けられているような痛み。じわじわと熱くなるような感覚が、上半身に上がってくる。

痛みと眠気でぼーっとする中、徐々に左腕が痺れる感覚に陥る。左半身が動かない。

起きないと、いつものように親に怒られる。そう思いながらも身体が動かない。案の定、怒られた。辛うじて、身体が動かないことを伝える。

呆れた顔をされたが、微妙理解を得られたのは覚えている。この症状は、土日の間続いて、徐々に消えていった。

 

それから一週間ほど後、今度は予備校自習をしていたところに同様の症状が出た。流石にヤバいと察されたのか、親が迎えに来て、大きい病院の緊急外来直行した。

身体症状が出ていたので、最初外科検査、その後脳の検査(案の定だがここが一番検査時間がかかった)、最終的に精神科となった。

どこの診療科に行ってもハンマーみたいなものでコンッとされて、「痺れてるのに動くやん…」となったのは覚えている。あのハンマー、なんかの授業の時に見たなぁとぼんやり

入院して数日くらいで左半身の痛みや痺れは緩和され、日常生活に支障がないくらいに落ち着いた。

退院して帰ってもいいと言われたが、家に帰りたくないとわがままを言って、後一泊だけさせてもらった。後日、親にお金のことを口酸っぱく言われた。

入院中に、精神科先生からさいころの話を尋ねられた。心療内科カウンセリングで言われた時と違って、妙に詳しく話せたことは覚えている。

それをふまえて、「一度別の病院心理テストを受けてみませんか」と打診された。この時点で詳しい人は分かるだろうが、これは解離性障害テストじゃない。

精神科先生曰く、「まだ脳の病気可能性があるので、身体症状については断言できない」ということで、とりあえず心理テストを受けに行くことになる。

ここで診察をしてもらった精神科先生が、その後7,8年の間お世話になる人である

 

 

心理テストを受けに行くまでに数ヶ月も間が空いた。単に初診の予約の問題だ。それほど、受診する人が多いということである。大変な職業だ。

この数ヶ月の間にも、再度MRIを受けに行ったり、なんかよく分からん検査を別の病院に受けに行ったり(これは本当に何だったのか思い出せない)したものの、結局何も異常がなかった。

結局何も異常なかったじゃんと言わんばかりに、この頃からからの風当たりが更に強くなった気がする。

 

心理テスト小学校の時にやったものの延長といった感じで、楽しかった。

空間認識か図形かなんかのテストで高い数値を出したらしく、先生に「学会で発表していいですか!」と興奮気味に言われた。

結論を言うと、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)だったのだが、なんか褒められたのが嬉しくて、グラフギザギザな診断結果の紙はお守り代わりに取っている。(追記:嘘。今確認したら所在が分からなくなっていた)

 

色々と話が逸れた。

アスペルガー症候群

うつ病

解離性障害

脳の検査心理テストカウンセリングやら色々やって、こういう診断となった。身体が動かなくなってからこの間、半年ほど。

発達障害については「ほーん」という感じで深く考えていなかった。人間関係だけでなく勉強の面でも思い当たる節があったので、どこか腑に落ちたのだろう。

解離性障害についても、この頃には既に左半身の症状も落ち着いていた。うつについては、中学生の頃からだろうという見解だった。

とりあえず受験第一だったので、何か困ったことがあればまた来てくださいね~という感じで通院終了。

 

 

それから数年、志望校とは違うが大学生活を送っている頃。

無理が祟ってうつ悪化し、更にストレスで声が出なくなり(これも解離だったそうで)、それによって教員への道も就活も諦めたり、再度病院のお世話になったりしたのはまた別の話。

教育実習を控えた直前のことだったので、担当教授にめちゃくちゃ頭を下げに行ったらすごく慰められたのはある意味救いだった。

余談だが、身体が動かなくなったということで運転免許を取る時に適性検査がすごく面倒だった。大事ことなんだけどね。

いかんせんマイナーな例なので、免許センター警察の人にも「?」という顔をされたし説明も難しい。これについては、今も忘れた頃に診断書提出に関しての連絡が来る。

 

解離性障害には、解離性健忘、解離性遁走、離人症解離性同一性障害などあるが、一度解離の症状が出ると他の解離の症状も出やすくなるそうだ。

高校生の頃に友人に「たまに別人みたいになるよね」と言われたのも、予兆というか症状だったのかもしれない。

よく多重人格だとか言われる解離性同一性障害についても、自覚しているくらいにはある。ここでは「自覚症状がある」という程度でしか判断が出来ないので割愛する。

結局、診察中に先生の前で出たことはなかったのだ。

診察の直前まで「今日こそ言う」「今日こそ文章で書いて渡す」という意識はあるのだが、いざ診察室に入ると封印されるかの如く、忘れてしまう。そんな感じだった。

遁走・健忘については、覚えているだけで一度だけ「来るまでの記憶がない」といったことがあった。

過去の期間において記憶がすっぽり抜けているというのはちょいちょいとあるようだ。(10年前の脳の検査の話も最近思い出したところ)

過去についてはトラウマは鮮明かつ歪んで覚えているのに、全体としてみると「あの時しんどかったなぁ」とぼんやりしてしまものだろうか。そこら辺は、ごくごくありふれたこなのだろうなぁ。

 

 

うつ寛解して数年。解離については麻痺したり、声が出なくなったりなどといったものはあれから出ていない。あれからどうやってこう生き延びているのか、不思議ではある。

ここまで書くのに余計な事をいちいち思い出さないで済むようになったという点では、丸くなったものだ。

また覚えていたら、今度は死生観について書こうと思う所存。

では、これにて。

2020-12-19

anond:20201219012405

いや身体症状が出るほどなら、若干じゃなくやばい最初増田印刷してそれ片手に心療内科池。

2020-12-16

夫の発達障害を疑っていたが診断されなかった

夫婦ともに30代、現在3歳の子供がいて、

今年の8月半ばから別居している。

別居に至るまでは色々あって、

一つ一つはどの家庭にもあるようなことで

でも、やめてほしいと言っても嘘をつかれてやめてもらえない、

やってほしいと言ったことは嫌な顔をされてやってもらえない、

それが毎日毎日毎日で、

家事育児仕事もしながら、自分気持ちに向き合える余裕などなくて、

ただ毎日なんでこんな人と結婚してしまったんだろう、なんでこんな人と子供を作ってしまったんだろう、

毎日毎分思いながら、その相手食事も作って片付けて洗濯もして、一緒に生活するのは本当につらかった。

別居後、子供保育園に行っている間に夫と二人で話をする時間を作って、

想像していたよりも長期間結婚からずっと嘘をつかれていたことを自白されて、

やっとこの10年近くの間に自分がされてきたことの全体像が分かった。

(まだ隠してることがあるんじゃないかとも思うけど。)

混乱した状態毎日のようにLINEで親しい友人に話を聞いてもらって、

やっと自分がどういう状態客観視できた。

(この友人には感謝してもしきれない。)

自分状態検索して最初にたどり着いたのは、「カサンドラ症候群」という言葉で、

wikipedia記述を読んで、自分のことが書いてある…と衝撃だった。

アスペルガー症候群の項目も読んだけど、夫に当てはまるような、当てはまらないようなで、よく分からなかった。

それからカサンドラ症候群自称している方のブログtwitterなどを読んで、書かれている旦那さんのこと、気持ちいくらいうちの夫と一緒だ…と思って、

本当にどの人の行動も言動も似すぎていて気持ち悪くて、それからはあまり調べたりしていない。

別居前から食欲不振や動悸などの身体症状もあり、仕事に支障も出ていたので

カウンセリング心療内科を調べて、まず近くの臨床心理士さんのいるカウンセリングへ、泣きながら予約の電話をした。

そこで夫との関係のこと、夫の行動、自分気持ちなどをカウンセリング先生に聞いてもらい、

自分カサンドラ症候群なのではと思っているというのも話した。

カウンセリング先生も「僕も話を聞いていて旦那さんは発達障害の傾向があるのではと思った」と言って、夫に受診を勧めるように助言してくださったのだけれど、

そこから実際に夫が発達障害検査を受けるまで、3か月以上かかった。

その間に私はカウンセリングですすめられた心療内科にも行き(適応障害と診断、安定剤を処方してもらったけど効果はよく分からず)、カウンセリングも月2回のペースで通っている。

これまでのカウンセリングでは私自分のことよりも、夫の問題発達障害疑いと風俗依存)へのアプローチが中心だった。

紆余曲折あって、結局夫も私と同じカウンセリングに通うことにしたようで、検査もそこで受けて、検査結果は数日前に夫に伝えられたようなのだけど、

「○日に結果を聞いたら連絡する」と自分で言った夫から私に報告はなく、結局私から夫に催促して聞いた。

IQテストのような検査で、結果、ASDの傾向は低いとのことだった。

それじゃあ私のこの状態はなんなのだろう、やっぱり夫が思っているように私が完璧主義モラハラ妻なのか。

夫のことが憎くて仕方がなくて発狂したように責めてしまう私が人格障害なのか。

風俗通いとアスペルガー的行動は別問題としても、夫のことは本当に理解できなくて気持ち悪いし、

自分おかしいなら、どうしたら穏やかな自分に戻れるのか。

カウンセリング先生からは、「旦那さんに何かしらのコンプレックスがあって風俗通いやセックスレスはそれが原因だろう」「あなたに対しての態度や言動コンプレックスの裏返しでしょう」とのことで

これから夫婦カウンセリングで、夫婦として夫の性の問題に向き合っていきましょうという感じなのだけど、正直もう自信がない。

息子と二人の生活を4か月近く続けて、

それは仕事しながらのワンオペ育児は大変だし落ち込むこともあるけれど、

保育園も頼りにさせてもらえているし、話ができる友人もママ友もいてくれるし、

何より何もしない、不機嫌な顔でただそこにいるだけの大人が家にいないというだけで

こんなに楽しく軽い気持ちで過ごせるのだ、子供との生活はこんなに毎日充実しているのに、

これがもし、夫が戻ってきたら、また夫と暮らしていた頃の自分に戻ってしまうのか、とこわいし、

そうならないために、冷静に冷静にと自分を押し殺して我慢して、そうしてまで夫婦でいる必要はあるのかな…子供のためにもよくないよな…

やっぱり離婚しかないのかな…と思っている。

あーもう全部投げ出して消えちゃいたい。

2020-08-25

花粉症って個性だよね。」「鬱って個性だよね。」「蕁麻疹って個性だよね。」と置き換えてみればわかるはずです。

なんで「生理」の症状は無視されてしまうのでしょう?不快身体症状はその人のQOLのためになるべく軽減され対処されるべきものです。

症状の個別性と個性は違いますわたしたち生理の症状の個別性を理解してくれ、とは言っていますが、生理個性を育みたいとは別に思っていません。

生理アイデンティティーにしたいとも思いません。

対処されるべき症状と愛されるべき身体的特徴や性質は違います

リアーナに「ちょっと、いいお尻してるじゃん!!あたしみたいなお尻してるよ!」と言われたい気持ちはありますが、

わたし生理好きだな〜✨あなた生理ステキね!✨お互いの生理大事しましょ!!✨」

言い合うのはちょっと、いや、かなりキツいです。

てかもうこれはスピってる。

膣に数珠でも入れかねない発言です。

もしかして生理」を「宝石」に変換って、この宝石ジェムリンガか????(怖)

2020-06-23

おっす!オラ社会不安障害傾向強めのADHD

聞かれたことが自分に不利な内容でもバカ正直に答えがちで、はぐらかしたりするのが超苦手

自分の知ってることは恥や秘密も話の流れのままにベラベラ開示するし

そんななのでたまに何かを勘違いしたっぽい人に妙に深刻な秘密を打ち明けられたりする

そしてコロナ自粛解禁の動きで色んな集まりが少しずつ再開されつつある最近

アウティングルール法制化されたみたいなニュースを目にして以降

「もし誰かに何かカミングアウトされたら上手くそ秘密を守り切る自信がない」という不安が生じてしまったらしく

人と話して交流するような場に行こうとすると、バリバリ身体症状が出るくらい不安症が元気になってたことが発覚して絶賛凹み中

しんどいよー

2020-04-05

去年鬱で入院したときに知り合った60才のおじさんとラインをしている

自分退院して復職もしたけど、そのおじさんは入院したり退院したりを繰り返している

20年間働いておらず、パニック障害身体症状症(旧 身体表現障害)で苦しんでいる

身体表現障害っていうのは、精神的な原因から身体的な苦しさ、つらさが出る病気

身体的には何も問題いから、検査しても何もみつからない

からクスリを飲んでも治らない

でも身体的に問題があるんだと思いたくて、しつこく検査をしてしま

あとはうつ不安症、冠攣縮性狭心症、脳動脈瘤もあるらしい

そっちはクスリ飲んでればどうにかなるもんだから特に問題じゃないけど

入院から現在に至るまでのこの半年くらい、そのおじさんを対面、口頭、ラインで励ましたり、治療法を一生懸命探したりしたけど、

そういった関わり方はやめることにした

普通のやりとりだけにする

もともと入院中にそのおじさんに話しかけてもらったことがきっかけで体調がよくなったと思ってた恩を勝手に感じてた手前、

自分もその人のためになにかしてあげたいと思ったこから始めたことだったけど、

やっぱり20年間も治らない人を一朝一夕でどうにかするのは浅はかだった

まりにも疾病利得(病気になっていることで得られる利益があること。他人から心配してもらえたり、仕事をしなくてよかったり)が大きくなりすぎてて今更どうにかなるもんじゃない

一応また働きたいとは言ってるけど、到底ムリだと思う

住民税とか非課税だし入院費も安い

でもその浮いたぶんでお菓子とかを買いまくったり外食しまくってるのを見たり聞いたりすると複雑な気分になる

自分うつになってたくせに、他人がおなじようなことをやってると甘えだと思ってしまっていることに絶望する

復職して数ヶ月たつけど、こないだ久しぶりに仕事ができなくなるくらいの状態になったか仕事を休んだ

そんなときにもその人を気遣うラインをしたけど、適当な返事をされたから、ぷっつり切れた

まだ自分もこんな状態なのに、他人なんかかまってるヒマはないんだって

だいたいラインをしててもこっちからなにかをきいて答えるくらいで、向こうがこっちを気遣ったり様子を伺ってくることはほぼないに等しい

相手自分より弱いということで上からになっていたところは絶対あったと思うから自分も少なからず悪かった

やっぱり対等に付き合えない人間とは、プライベートで付き合うべきじゃないんだろうなと思う

ただ、本当にその人のおかげで治った部分があったと思ってるのは今でも変わらない

むなしさとさびしさを感じる

2020-03-21

[]2020年3月20日金曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00659015138.746
01545900109.338.5
0241342083.478
0325169267.739
0417169399.683
05172135125.683
06273221119.361
076115110247.749
0867510176.142
0988707880.444
10128883569.037.5
11133930470.034
121621255377.530
13124985279.533
14142905463.833
15112802871.725
16101547654.230
1710411858114.037
1812336851299.642
191191093591.942
20161104921651.7320
2115215310100.746
221611236176.840
2319022123116.449.5
1日2374331826139.840

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

総合診療科(7), 銅鐸(9), 100日後に死ぬワニ(19), ワニ(105), pandoc(3), 当はずれ(3), 家元(3), 100日目(5), 厳戒(3), 身体症状(4), 100日(34), 低学歴(16), 農業(10), 😷(13), 医療(52), イタリア(16), 植松(10), テレワーク(7), 輸出(10), 食料(8), 自粛(16), コロナ(101), 書籍(10), できるだけ(10), 新型コロナウイルス(11), ウイルス(21), 2020年(12), 嫉妬(24), マスク(34), 感染(43), 検査(31), ガイジ(18), 罵倒(16), 感染者(10)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■ /20200320153813(15), ■「だーかーら」で始まるブコメは嫌い /20200320000736(13), ■銅鐸の使い方を知っていた最後の人 /20200222013301(13), ■手作りマスク中学生を嫁にしたい /20200320164803(12), ■anond20200318163920 /20200319100108(10), ■ツイフェミの言いたいことも分かる /20200222013401(9), ■ピーマンの肉詰めってなんで人気料理にならないんだ /20200227091716(9), ■歴史上はじめて兵庫が一まとめにされた日 /20200319222141(9), ■anond20200320124831 /20200320125238(8), ■難しいプログラム言語って何 /20200320094852(7), ■【急募】知人とオンラインで遊べるMacゲーム /20200320113420(7), ■『100万回生きた現場ねこ』 /20200320134452(7), ■なんでアジアって「楽器」が発達しなかったの /20200320182417(6), ■世界を揺るがすコロナウイルス感染拡大はもしかしたら俺のせいかもしれない /20200320112920(6), ■「100日後に死ぬワニ」ってどこがすごいの? /20200320232811(5), ■ソープランド童貞卒業してセックスコミュニケーションだと悟った /20200319140158(5), ■anond20200320030622 /20200320031845(5), ■中国サブカルチャーって人気なさすぎじゃない? /20200320093927(5), ■みんな現金給付なにに使う? /20200320141605(5), ■今やフェミニストこそ反社勢力化しているからね /20200320181737(5), ■割り勘の関係 /20200320211002(5), ■ /20200320211623(5), ■創作漫画を描くのやめた /20181230201246(5)

2020-03-20

anond:20200320235106

特に身体症状社会生活不都合もない人に、具体的な症状の指摘もなく

不要不急にもかかわらず、最もコロナウイルス感染拡散リスクの高い、病院へ行くことを推奨する人間の話をまじめに聞く人はいませんよ

社会悪の部類ですし

そろそろ気づいていると思いますが、私はあなた増田の内容をほぼ読んでいません。

文体からああこいつか、とわかった時点で定型的に同じこと繰り返しています。読む意味がないので。

anond:20200320232957

だけど、そうでないなら、必要だと思ったら

身体症状はなく、社会生活でも特に何も困っていないので受診必要はありません。

コロナウイルス感染して自分自身感染を広めるハブになる可能性の方が高いでしょう。

 

医療関係者に聞けばほぼみんなこう言うと思います

医療関係者に、「特に身体症状はなく、社会生活で困っているとも感じていないが、ネット上の人間特に具体的な症状の指摘もなく病院受診を勧めてきたが受診すべきか」と聞けば、

ほぼみんな「受診必要はありません。不要不急の外出は避けつつ、健康・衛生に気を付けて生活しましょう」と答えるでしょう。

anond:20200320231736

まずは医療に繋がることが大事です。

特に困ってもいない、身体症状もない、具体的な疾患の疑いもないのに、不要不急にも関わらず病院に行くのは今の社会情勢では公衆衛生に対するテロ行為です。

病院は「まず」「とりあえず」行く場所ではありません。

 

伝染病感染リスクいちばん高いのは病院です。

anond:20200320225150

身体症状もなければ本人は特に困っていない、

具体的な診断基準に基づき、病識のない特定精神疾患が疑われるわけでもない人に医療ができることはないので、

まともな人間はこういう場合医療を勧めることはありませんし、医療機関にかかることもありません。

そういうのはお寺や教会占いの館にでも行った方がよいでしょう。

定期的な健康診断を受けていれば十分です。

 

ネットレスバした」ぐらいのことからわかることもできることもなにもありません。

発言の内容がワードサラダレベル支離滅裂というなら話は別ですけどね。

2020-03-17

祖母が寝たきりになる

らしい。

実家を出て、あるいは捨てて、遠い場所看護師をしている私はそのことを今知った。なんでも庭で転倒してICUに運ばれていたのだと。長年のパーキンソン病でもともと身体の動きはぎこちなかったし、退院後に寝たきりになるということはまったく不思議ではない。遅かれ早かれこうなっていただろうという感じ。むしろパーキンソン病発症時期を考えれば、寝たきりになるまでずいぶんと持った方だと思う。

から、諦めという感情で割り切れていた。母親から入院している病院看護師を私の名前で呼んでいる」と聞くまでは。

パーキンソン病はつまるところレビー小体型の認知症だ。発症が認められたそのとき身体症状と精神症状のどちらが強く出ていたかで、診断名が異なるのだろう。たぶん。知らんけど。

ここ一年祖母精神症状というか、認知症症状というか、ちょっと見ていられなかった。(元々の性格もあるのだろうけれど)不安や焦燥は強かったし、幻覚がそれに拍車をかけていた。忘却はもちろんあった。転倒する前から親族のこと、たとえば一緒に暮らしている私の母親のことさえも、覚えていたり忘れていたり。

でも、孫の中でいちばん不出来だった私のことだけは覚えていたんだよなあ…

なーんで私のことを覚えているかな、と思う。いっそ忘れてくれればよかった。私はICUで働く看護師のように真面目に働いてはいない。病棟でもやっぱり不出来であるし、それでいて、勉強熱心でもないのだ。志も低い。だから、忘れてくれればよかったのに。どうして覚えているんだろう。悔しい。苦しい。私がいちばん心配をかけたからだよね、わかってるよ、ずっと不登校でごめんね。家を出てごめん。帰省しなくてごめん。もっとあなたに親身になってくれる人たちのことを覚えていてほしかったよ。私のことなんて真っ先に忘れてほしかった。忘れられても、私はきっと、たいして傷つきもしなかった。それくらいに薄情なのにどうして覚えているのかな。どうしようもない。苦しい。

2020-03-10

なんでご飯食べるっていう普通のことが普通にできないのか

私はどうやら会食恐怖の気があるらしい。

正式に診断を受けているわけではないし、過呼吸とか強い身体症状が出ているわけではないので、なめてんのかって怒られるかもしれない。でもどうやら私の感じている生活しづらさみたいのの原因はそのあたりじゃないかと見当をつけている。

さあ!ご飯です!と仕切り直されると途端に食べるのが苦痛になる。一番苦手なのはコース料理。少人数で、一人当たりの量がしっかり決まってて、食べきらないといけないとか、食べないと心配されるとか、そういうシチュエーションだと恐怖心が出てきてしまって食欲が失せる。

逆に、電車待ちのホームのベンチとかでご飯を食べるのが一番スムーズに食べられる(行儀悪いけど)。要するに食べてんだか移動してんだかわからないみたいなのが一番食べやすい。ながら食べとか間食とかだと心理的負担がない。

普段、朝食はだいたい食べないし、最近一日に三食食べることの方が珍しい。だから、三食しっかり誰かと一緒に食べなきゃいけないシチュエーションがどんどん苦手になってきていて、旅行とかもいまいち腰が引けてしまう。

そんな自分が本当に面倒くさい。人と会うのはだいたい食事がつきものだし、いちいち神経を使って食べ物のことばっかり考えているのが嫌になる。

学生実家暮らしなのだけど、自宅での夕飯すら食べきれるか心配で、14時くらいからそんなことばかり考えている日もある。そもそも母親食事にうるさいので、私にとっては食べることに関して母親がおそらく一番のプレッシャーなのだ

食べきれるかばかり気にしているが、胃腸健康で、とりたててたくさん食べられる方ではないけど極端に食が細いというわけじゃない。これで痩せ型だったら格好がつくが、全然痩せてないしむしろ肉付きのいい方だ。食に興味がないんです〜で乗り切ろうにも、いまいち体型が伴っていなくて恥ずかしい。

(ちなみに嘔吐恐怖の気もある。満腹感が苦手なのがまずここからきていると思う。基本ポケットとかカバンのすぐ出せるところにビニール袋入れてないと無理。)

気持ちよくご飯が食べられるようになりたい。精神科とかカウンセリングかにかかった方がいいのか?

2020-02-25

妻がうつ気味で身体症状が出始めた

やっと自分回復して働き始めたらこれだ。つらい。

2019-12-19

冬になると鼻の粘膜がヤラれるんだよね。なんかオブラートの切れ端みたいな薄膜がポロポロと鼻から出てきて、鬱陶しいし見た目もよろしくいから外に出る前にティッシュを捻ったやつで鼻の穴をグリグリして一網打尽にするんだけど、夕方頃家に帰ってくるともう鼻の中がなんか突っ張ってるような感覚があって、翌朝にはまた同じことになる。

今年も二週間くらい前からそんな感じになってきて、ああ、冬が来たなと実感した。二月末とか三月上旬くらいになると花粉症のせいで水っぱなが出るようになって、春いっぱいはそれが続く。日常生活に支障が出るから服薬したり点鼻薬を使って鼻水を抑制するんだけど、薬を飲んだ時の喉の渇きとか、点鼻薬の甘苦い感じとか、それが春のイメージ

花粉症の症状が落ち着いてくると楽になったなと安堵するのだけど、あっという間に梅雨がやってくる。梅雨時期は偏頭痛に頻繁に襲われるから仕事のペースが落ちるし、好きなことにも集中できない。この時期は閃輝暗点もよく見る。

梅雨が過ぎて暑くなってくると、両手の指の側面に汗疱が出てくる。じんわり痒く、つい触ってしまう。放っておくと数日で表皮がガサガサになって、また暫くすると同じ場所に汗疱ができて痛痒くなる。八月上旬くらいになるとそれが落ち着いてきて、ああ真夏なんだなと思う。

暑さの盛りが過ぎて多少過ごしやすくなってくると、一年で唯一目立った不快感のない時期が始まる。まだ薄着で良いし、食べ物も美味しいし、一年で唯一楽しみな季節が秋だ。ここぞとばかりにアチコチに出かけるので、毎年一回くらいは風邪をひく。

そして気付くと鼻の粘膜が乾燥し始めて、また冬がやってきたと思う。冬を乗り越えても次は花粉症が、それに耐えても偏頭痛、その次は汗疱まみれで手がボロボロになって、そのあとでやっと楽になるんだなと考えて、少し憂鬱気持ちになる。

つのまにか、四季ほとんどで大したことではない程度とはいえ、何かしら嫌な身体症状が出るようになった。そのうち秋は秋で何かなるんだろうなと薄ら感じていて、そうやって一つずつ大丈夫なことを失っていくのが老いなんだろうなと思う。

それを繰り返すうちに中年から老人になって、周囲の高齢者がそうであるようにただひたすら死を先延ばしにするためによく分からない健康法を試したりアチコチの病院にかかったりする様になるのかな。だとしたらあまり長生きしたくはないな。

2019-11-10

化学物質過敏症(仮)もちだけどP&G社屋にガソリンまいて火つけていい?

・「香害」によりカフェ閉店に

https://togetter.com/li/1428114

「香害」と聞いて、化学物質過敏症(仮)でない人は以下のような感想を持つようだ。(ブコメより)

心因性身体症状」は面倒なんだよな。精神科心療内科で適切な治療を受ければ改善するんだけど「電磁波過敏症化学物質過敏症を専門にするクリニック」に行くと、多くの場合で症状が悪化してしまうのがつらい



「同時期に」という部分がポイント感染症でもないものが同時に発症するということは心因性である可能性が高く、だとするなら店を閉めざるを得ないのは仕方ない。うつ休職するようなものだ。ゆっくり休んでほしい



私は化学物質過敏症(仮)だ。

ぶっちゃけメカニズムはよく分からない。明確にいつ発症したのかも分からない。

おかしいと思ったのは、除菌消臭スプレー流行りだした頃。

自室で使うと、決まって頭痛喘息の発作が起こる。

この頃はまだそんなに支障は無かった。

ニオイに対して体が反応していると確信したのは、柔軟剤ブームの到来。

頭痛や咳からはじまって、めまい吐き気なんかも出る。

この症状は、アナフィラキシーショックのように酷い呼吸困難を伴ったり突然ぶっ倒れたりすることはない。

人工的で匂いの強いものは大抵ダメだが、特に某巨体オカマタレントが「本格消臭」とか言ってるやつが酷い。

これは何か。

なにか原因があるとすれば、一般的アレルギーと同じで免疫システム過剰反応、と見る

事もできるが、たぶんそれだけじゃない。

例えば、焼けた肉の匂いは食欲を増進する。

腐敗臭を嗅げば本能的にそれを嫌悪する。

そんな当たり前の反応の延長にあるのではないか、と考えている。

体に取り込まれ物質の特徴から特定の結果を脳が返しているだけ。

そうすると、心因性、という表現も間違いではないのかもしれない。

感情は脳が作り出したものからだ。

いまだに食物アレルギーを気の持ちようだと考える人がいる。

たばこの害だって大多数が悪いモノだと理解して、徹底的に隔離されるようになったのはここ最近のこと。

体が超絶に重かったり、なぜか朝起きれないとか、ずっと眠いとか文字が読めないとか

なんだかよくわからない症状で困ってる人たちの特集テレビで見たことがある。

脳を調べると、特定の部位で何かが起こっている・・・とか、確かそんな事を言っていた。

自分化学物質過敏症(仮)を発症していなかったら、

こういう人たちの事も「ただの怠慢」と軽く見ていたかもしれない。

でも今は違う。

そう遠くないうちに、化学物質過敏症(仮)のメカニズムが解明され、この(仮)がとれる時がやってくると思う。

たぶん急には変わらないけど、化学物質過敏症を持っている人、これから持つことになる人が

この辛さから解放される日が来ることを願う。

それと、俺が万が一"無敵の人"になったらマジで火付けるからな。

どこになるかは分からんが、やれたとしてどこか1社で終わりだろう。

覚悟してね。

2019-08-07

笑顔うつ病がつらい?

笑顔うつ病(smiling depression)についてはこちらを参照

https://gigazine.net/news/20190303-smiling-depression/

何がつらいかというと、今、産業医判断仕事を休まされているのだが

抑うつ状態だという自覚があまりないので、休んでて良いと思えないのがつらい。

身体はとっくに根を上げていて、寝付きの悪さ、過眠、起きられない、動けない、概日リズム障害頭痛身体の重さ、不定愁訴パニック発作etc

身体症状のオンパレードなんだけれども、

精神医療に詳しい人以外は自分抑うつ状態なんて信じてくれない。

何故なら、「いつも余裕の笑顔で、テキパキ仕事をこなす明るいタイプ」らしいから。

プロジェクト開始から先を見通してトラブルの種を予想して対処しておくし(予防しちゃうので全く評価されないけどw)

ちょっとしたトラブルならささっと解決して助けてくれる便利屋からいなくなると困るみたい。

何より自分が一番よくわかっていない。

この類の身体の辛さは小学生の頃からずっと続いている。

小学2年の頃には寝付きの悪さを自覚していたし、中学3年のある日まで、人間は朝起きたら頭痛がするもので、みんな我慢して平気な顔をしているのだと思い込んでいた。頭痛のない朝を迎えるまで。

そもそも笑顔なのは、喜び以外の感情はあまり表面に出てこないからだ。

みんな嫌がるけど社食ごはん自分にとって温かくてワンコインでありがたいなとか、仕事でも雑用でも人の役に立てて嬉しいな、とか。

喜怒哀楽は後ろから順に失われていくのだ。

笑顔になったきっかけは…2つ心当たりがある。

1つは、母や祖母が「明るい良い子」を好んだこと。

もう1つは、小学6年の頃、合唱練習中に指揮者先生たまたま目があって、にこっと笑ったら微笑み返してくれたのが嬉しかたこと。

笑顔は人を笑顔にできるんだ、素敵な魔法だ!と思った。

今は…魔法には違いないが、気づかずに代償を支払っていたのかもしれないと思っている。1回1回はすごくささやかだけど、使いすぎたらしい。

自分なりの復帰への努力として、野菜栄養価を失わないよう蒸し野菜等にして緑黄色野菜を中心に摂取を心がけている。

豚肉等でビタミン摂取も忘れずに。

瞑想は苦手(頭の中のノイズが止まらない)なので寝る前にストレッチしたり、自律訓練法っぽいことをしている。睡眠薬でなんとか寝ている。

運動したいけど日中は動く気力がない。

家事やって身体を動かすのが精一杯だ。

自分はどうしたら普通の人になれる?

ただ、会社に、社会に復帰して、迷惑をかけず、可能なら貢献したいだけなんだ。

2019-07-30

看護師のN山さんへ 病院辞めました

病院の人事などに以下の文を送ろうと思っていましたがやめました。

病棟はとても大好きだったので。

あなたに言われたこと一生忘れないと思います

**********

解離症状が出現した原因について

1. 出来事

2019年2月21日解離症状が出現し労務不能状態となった。

2. 原因

同僚N山さんとの関係、いわれたことで悩み精神的に不安定となった。

別紙参照。

3. 発症からの記録

2月21日 女性二人(H師長、K師長)に病院まで連れられ、採血と頭部MRI撮影実施精神医師を名乗る男性(O医師)より問診あり。実家帰宅したほうが良いとアドバイスあり、実家帰宅

3月12日 G病院受診。45分ほど個人心理士による面接GHQ検査あり。その後、医師診察開始。生育歴、症状、経時記録などを使用して説明する。ストレスによる解離状態が出現している可能性があり、その状態に蓋をするか上手く付き合っていくかという選択がある。症状の落ち着けや気分のむらについては投薬が効果があると説明受ける。解離に対してはエビリファイ3㎎を内服開始、不眠についてはブロチゾラム使用して治療すると説明うける。採血(生化、HbA1c、FT4、TSH)あり。

3月17日 3時半頃まで寝付けず。希死念慮あり。コードで二度ほど首をしめることがあったため、次回診療日を待たず、19日受診し頓用でのクエチアピン処方受ける。また、ブロチゾラムニトラゼパムに変更となる。

3月26日 休養を優先で生活確認

4月9日 休養優先で生活確認

4月24日 ニトラゼパムの薬効薄く、ロゼレム追加あり。5,6月休職し休養すると相談

5月7日 ニトラゼパムを中止し、エビリファイロゼレムで内服を調整する。解離症状出現していないため徐々に減薬する方向性でよいのではないか医師よりあり。クエチアピンはほとんど使用していない。

5月21日 抑うつ症状悪化。休養時間やす。薬の増加はなし。

6月4日 休養優先で生活確認7月関東に戻ること決定。甲状腺ホルモンフォロー採血実施

6月20日 休養優先で生活確認

7月2日 H県での受診は終了。

4. 症状

身体症状便秘、腹満感、曖気、嘔気などの腹部症状。下剤、制吐剤の使用、食欲不振、夜間過食、排尿困難、動悸、悪心、過呼吸、振戦、頭重感、頭痛

睡眠障害:いつか患者を殺すのではないかという考えにとらわれ入眠、休息をとることが難しくなった。勤務後21時頃に就寝しても3時頃まで寝付けない日々が続いた。眠りが浅く。寝ている間も常に身体が浮いているような感覚があった。中途覚醒もあった。

幻聴:夜間帯に流涙することが多くなり、それに伴って患者を殺す、患者を殺すという幻聴がみられた。また、同様の独語があった。

不安症状:N山さんと一緒の勤務帯では自分インシデントを起こし、人を殺すのではないかという考えで頭が働かなかった。患者安全・安楽よりも自分が何かするのではないかという考えにとらわれた。

被害妄想:2年目フォローや同期に対して、この人たちに助けを求めたら、この人たちが報復を受けると考えるようになった。また、メンバー全員が私を駄目な看護師であると思っていると考えるようになった。

 落ち着かない

 気力が出ない

 物をなくすことが多くなった。

別紙 具体的原因

 N山さんより、ほぼ毎月一回は「患者殺す気?」、「患者が死にます」、「あなた看た次の日に(患者が)具合悪くなってるよね。そのうち(患者を)殺すよ。」、「仕事舐めてるの?」と言われた。

 受け持ち患者検査時に出血を伴う状態となったため、16時20分ごろ帰室したが、酸素投与、モニター装着などしていたため当日リーダーだったN山さんへの送りが30分近くになった。送り必要と考えたため声をかけたが、「いらない。もう時間です。」と言われた。その後、リーダーへの送りはせず、夜勤者に直接送りを行った。30分ほど経ってからNさんよりさっき何かあったのかと聞かれたため報告すると「何言ってるか意味がわからない。そういうのは報告してください」と言われた。

夜勤中、休憩直前緊急入院患者の受け持ちとなった。手術の戻りが前半休憩中に重なりそうだったため、休憩は後半を希望した。病棟が落ち着いていたため、私はリーダーのN山さんと休憩のペアを組むと思っていたが、N山さんは点滴交換量が多いため前半に休憩はいると決めた。他看護師2名(1名はリーダークラス)が緊急手術の戻りがあるため、リーダーは一緒にいた方がいいのではと助言してくれたためNさんと後半休憩に入ることとなった。戻ってきたオペ患者の創部から出血あり。Nさんに報告し、医師にも報告したほうがいいだろうかと確認すると「何言ってるの。意味わかんない。」と言われた。実際に一緒に創部確認しやはり出血が持続していることが分かった。来棟していた医師に報告し創部縫合処置となった。

夜勤リーダーN山さんに送り中、日勤メンバー残業している中、「日勤メンバーがうるさくてあなたの送りが聞こえない」と私に言い、それを日勤メンバーに注意するのではなく、二人で注射室に移動して送りをするようにと促される。送り中、「は?」「意味わかんない」と連呼される。

 勤務交代時に麻薬の指示変更があったため日勤者に申し送りをしているとその指示はもう日勤帯での指示であるため残りの記録を書くことを優先しろと言われた。

夜勤帯に変更になってから1.5時間ほど経過してから日勤帯で受け持っていた患者の点滴が滴下していないため刺し直しをして、と命令された。交代時には点滴は滴下していたし、滴下にむらがあることも申し送りで伝えていたためなぜその時間に私がさし直しをしなくてはいけないのか不明だったが、身体が竦んで反論できなかった。

ナースステーションに本人がいるにもかかわらず、休憩室でその人たちに対してプライドが高い、仕事ができない、みんな嫌いでしょ、といった会話をしようとしており、不信感が出現した。

2019-04-24

anond:20190423235905

通院するにも電車は使うしいかなる問題があるとしても学生には通学して教育を受ける権利はある

精神的苦痛身体症状理由に通院、通学の自由すら否定するならあきらかに差別しているのはおまえ

公共交通機関ボイコットをする権利はあるから明日からタクシーでいけ

2019-03-07

アルコール外来に行って気が楽になった話(3/8 0時追記

酒の量が1日ビール1リットル突破してきてて「こいつはやべえな」と思った。

手が震えたり、仕事中に酒のんだりはしてない。でも退勤時になると頭に頭痛のような違和感が出てくる。なので酒を買う。そう、酒を買って飲むのだ。体調悪いのに酒を飲むのは依存症状だ。離脱症状幻覚みるとかはないけど、それが我慢できないっぽい。まだ33で、致命的な事態には至ってない。酒で失敗をしたことはないし、記憶もなくさない。だけど、これが10年後、20年後になるとどうなってるか?YouTube依存症末期のひとの動画をみた。手の震えでコップがもてなくなってた。心底ゾッとした。

なのでこれまで何度も躊躇っては行かなかったアルコール外来受診することにした。

まずは電話で予約をいれる。三週間後にきてくれという話になった。電話越しに簡単な問診を受ける。なぜ予約をいれたか、酒で記憶をなくすか、1日どのくらい飲むか、酒が原因の犯罪歴は、ドラッグの服用経験は…。最後の二つは何もないのでなしと答える。三週間後の平日午後に予約がとれた。

当日、仕事を一時離脱して病院へ行く。表通りからはわかりづらい診療所で、精神科と併設だった。そりゃそうだ、そういう分野である。受付を済ませると、初診の問診票を書くことになった。ここでも似たような感じのことを書く。精神科受診経験(数年前に鬱)、アルコール依存症の点数チェック(3点か4点)、身体症状のある病気の有無(なし)、犯罪ドラッグ歴…。

おもしろかった?のは「家系図」を書けという項目。なんで家系図?素直に書くが、書いてるときに気づいた。俺、どちらの祖父も酒飲みだ。片方は暴力振るってそのまま絶縁。もう片方ものんべえだった。うーんこれは。

提出して10分後に診察室へ。先生の問診…ではない! その前に心理療法士?さんとのカウンセリングが待ってた。そこではもう少し深掘りした話をすることに。これまで聞かれたり質問されたことに「なぜ?」が要所要所で挟まり、根掘り葉掘りとはいかない範囲ちょっとした深掘りをされる。仕事がつまらないことや、飲むタイミングが一番高まるのは仕事終わりであること、過去女性関係の話、ギャンブルタバコの嗜好有無(ない)、帰ったら酒以外になにやるか(読書ゲームとネトフリ)。経済状況も聞かれたかな。

それが終わったあとに一時間診察待ち。一時間は長えだろ。精神科医大変だな。居眠りしたりFGOやったりしながら待つ。仕事一時離脱してきてたんだがここまでかかるとは思ってなかったんで午後休の連絡を会社にいれる。

診察の時間が回ってきたので診察室に入る。ふっくらした優しそうな男性だ。これまでと似たようなことを聞かれつつ、肝硬変までのステップ説明、会話でわかる範囲の想定される体質の話(顔が赤くなりにくいので多分アルコール分解要素の片方が少ないかも?みたいな)をされる。

印象的なのはお酒をどうしたいですか?絶ちたい?コントロールしたい?」というもの。正直、辞めたくはない。会社の付き合いもあるし、あと酒飲む以外の場で会う頻度の少ない大事友達がいて、酒断つとそいつと会いづらくなる。あまり素面で舌のまわるほうではないので、気まずくなるのがこわい。あと、おいしいお酒が飲めなくなるとそれはそれで人生の楽しみがなくなる。芳醇な香りと濃厚な味のデリリウムビールピートが強く香りの華やかなスコッチ最近開拓したバーで出てきた薬香の強さと甘みの組み合わせが癖になるアブサン…。絶つとまではいかない。なので断酒はノーと答えた。「そっすか、じゃあその方向で」えっいいの?やめろよと言われるもんだと思ってた。拍子抜け。

その代わり、「コントロールを目指そう。ビール1日500ml、飲まない日を週に何日か」という感じでまず1ヶ月やってみようと言われた。記録紙を渡されて、「断酒ができた日、飲んだ日は飲酒量」を記録するように言われる。あわせて薬も処方された。抗不安薬。あっ断酒薬じゃない!飲むとアルコール吐き気がするとか、飲酒欲求劇的におさえるとか、そういう薬期待してたんだけど。ちょいがっかりした。

「この薬飲んだらお酒飲んだらダメだよ、効果強くなるから」あっわかりました。でもそれアルコール外来に来た人に渡す薬としてオーケーなのか…?絶対飲むでしょ。それ見越して処方せん少な目に書いてるのかね。20分くらい話して、1か月後にまた来ることに。

今日は5日目くらい。初日は薬のむ前に帰りの一杯をやらかして3杯くらい飲んだが、翌日からは薬を飲んだら酒は飲まなくなった。抗不安薬効果なのか。あと、これ「酒NGの薬渡されて我慢できるか」もみてるんだろうな。

昨日の朝はここ数ヵ月で一番スッキリした目覚め。頭のもやがすっかり晴れた感じだ。そう、酒飲まないと頭がスッキリするんだよ。忘れてたこ感覚。まあ酒飲んだらまた忘れるんだろうけど。

とりまアルコール外来レポはこんな感じ。自分ではまだヤバイ段階にいるとは思ってないけど(問診過程質問事項に闇を見た)、コントロールは完全にできてないので、行くのけっこう躊躇ったけど受診してみてよかったと思った。それに、やめなくていいかコントロールを目指せと言われたことで変な負い目が心の中から消えた。あと、会社人間アルコール外来行った話すると酒の無理強い減ったのでそれもよかった。

これ書いた理由は、「海外芸能人ガンガン病気の話してるのいいよな、ああい世界きてほしい」と思ったからです。山口達也はああなる前にアルコール外来に行くべきだったんだよ…。

みんなももっと気軽にアルコール外来に行くべき。気になるひとは行っとけ。

追記:「アルコール外来高そう」というコメント見かけたので値段も書いておく。自分場合は診察費2000円、薬3週間分で2000円。これが高いかいかわからん

追記2:この駄文見て行こうか考え始めてる人をちらほら見るのでもう少し補足。

ビール1リットルが「やばい」の根拠は、医学的に「健康に支障をきたさない1日の飲酒量」が20gだからビールだと500ml。それ以上毎日飲むと健康に影響が出る、と医学的にはされているらしい。そそれをオーバーしてるのは当然よくないし、何より「アルコール依存症かどうか」を酒飲みが冷静に判断できるわけがないのだから。まずは医者にみてもらった方が確実、と思った次第。

2019-02-05

anond:20190205150313

うつ病トークに「甘え」なんて言葉が出てくる時点で君は物知らずだよ。かえっていいよ。

脳の中では、情報を伝達するためにさまざまな神経伝達物質が働いており、そのうちセロトニンノルアドレナリンドパミンは、モノアミンと総称されています

一説に、うつ病は、このモノアミンが減ることで引き起こされるとされています


うつ病身体症状やで?

2019-01-09

うつ症状の整理

抑うつ一般的に知られる症状

 精神症状

  抑うつ気分

  不安・焦り

  遠くへ行きたい・消えてしまいたい

  興味または喜びの喪失

  意欲の低下・億劫

  自分を責める

  会話や本の内容が入ってこない

 身体症状

  睡眠障害

  食欲の変動

  疲労感・倦怠感

  動悸・息苦しさ・口が乾く

私の場合

 発症時期と変遷

  F32.0(.14 中旬) F32.1(.16 1) F32.2(.17 7救急搬送以降)F32.3 (意識レベル低下により主観記憶上に明確な時期の認識存在しない)IDC-10 2016

 自覚(あるいは過去主観記憶からあったであろう)症状 おおよそ時系列

  微小妄想 病感あり

  醜形妄想 病感あり

  離人症 病感あり

  希死念慮

  集中力低下 自覚症状の発現は遅い

  精神運動遅滞 psychomotor retardation 自覚症状の発現は遅い(暗記テストの点数の変遷により推測)

   短期記憶力の(.16 7~ 有意な)低下

      ex.記事項が覚えられない 何をしようとしていたかからない、掲示物の内容を記憶できず何度も見直すなど日常生活に支障

   計算速度、精度の低下、不能

   英文の内容把握速度、精度の低下、不能

   読解、読字速度の低下、不能

   会話の内容が把握できない

  罪業妄想 some idea of guilt and worthlessness  病感なし

  意欲低下 eduction of energy, and decrease in activity 病感なし より早くから存在した可能性大

  睡眠障害 3〜5時間睡眠

  自殺念慮行為 Suicidal thoughts and acts 意識喪失二回 三回だったか

  一時的な興奮 agitation

  嗜眠 傾眠 somnolence lethargy

  うつ昏迷 stupor

治療、休養が遅れた理由(多分)

 てんさい(笑)なので意欲低下や精神運動遅滞を隠すことができた(教授などで認知症発症が遅く進行が早いのと同じ)

 親が昏迷とか睡眠障害精神運動遅滞を発症している本人に受診等の判断をさせた(させようとした)

  が当然無理

 朝方の(一般例と同じく朝方が一番ひどい)昏迷・嗜眠・傾眠状態ときに散々に学校にいけと怒鳴られ身体暴力も受けた

 本人に治す気がない(セルフネグレクトの気がある)

  キツめの破滅願望がある?

 

どうすべきか

 やす

 卒業資格は今年度は諦める

そのた

 搬送自殺行為によるものではない

現状

 現状家事くらいはできるようになったが、そのため社会復帰して卒業資格取ってこいとの圧がつよい 

 しにたい

EDIT 一部見やす

2018-10-03

anond:20181002235244

大人について

昔はどうやら自分クズらしいと気づいても逃げ道がアルコールギャンブルあたりの依存症になるしかなくて、

結局クズらしく行動してクズレッテル貼られて人生そのまま終わってたんだけど、

今はみんなまともな行動指針ができてて、生まれつきクズにせよ状況からくるクズ化にせよ、精神医学が役に立つかもという状況になってきた。

自分にとってここに居ることはクズかな、クズじゃないかな、あたりを模索しながらギリギリを歩くと一番高給が得られる。

ギリギリを攻めない生き方もある、でもそれが必要なのは今じゃないか自分はそうしないだけ、って大人は多いよ。

あるいは、その人にとっては慣れており余裕(ただし知らない間に万能性は失って専門特化している)。

からみればそういう感じ。憶えておくといい。

 

うつ病について

うつ病はなってみればわかるけど普通に身体症状がつらい。

体が1日15時間~20時間くらいの睡眠要求して、

睡眠が足りない時間は全部貫徹状態で起きているから、

頭痛貧血、吐きそう、今すぐ地面に倒れ込みたいし

それが無理ならしゃがみこみたいなどのグルグル回る状態

とにかく体調不良オンパレード

ただ、おまけに入眠時不眠もついてきたりいろいろあって、

うつ病経験していない人から

どうせ長期休暇だと思って遊んでてちゃん自己管理してないんでしょう

(たしか健康な人からみれば健康的な生活を送れるはずの状況だし、

その上で「疲労」や「生活リズムの崩れ」と全く同じ症状を訴えているので詐病っぽい)といわれる病気

とにかく健康人間だと不可能(退屈や空腹で)なくらいに

時間を寝て過ごしてるというのが一つの見分け方になるかもしれない。

それもずっと起きて見はるのほとんど無理だから証拠にはならず、みんな混乱するんだが。

健康な人でも寝だめは効かないことは常識にしてほしい)

他の症状としては、「私のようなクズ自殺しなければぜひ実行しようさあ飛びこめ」

という命令文が頭の中に湧くため、鉄道線路が怖くて見られないとか。

これも「死にたいー」程度に要約してしまうと、若いあるあるしか見えないが

(鬱の人は全部説明できる気力がないから「しにたい」の四文字で言いがち)、

普通レベルではなく、脳という臓器の不調なので身体症状に近い。

 

新型うつでも身体症状は出ていることが多い。

薬を飲んでも辛いけど、いつかは治る(場合もある)。

副次的に、食事おかしくなる。

時間おかしいし味覚や栄養吸収もおかしくなるので、

鉄分ビタミンBなどの疲労向けサプリを取って長期化を防いだりしないといけない。

以前とうってかわって清潔にかまわなくなるので、皮膚病やアレルギーにもなりやすい。

 

こういう部分を補助するために周りに「介護者」が(できればだが)必要になる。

大人子供もずっと無理なところを歩いていると

疲労が蓄積してポキっと折れることがある。

折れた先がうつ病で済んだらまだ御の字。

もっとひどい(高額な治療必要しか回復しない)病気もたくさんある(そのうちのいくつかは先に挙げた)。

単位回復に努めよう。

骨折と同じことで、無理をさせるどころか入院したっていい病気なんだ。

介護者も無理させるとひきずられて鬱になるので

家庭全体、親戚全体を巻き込んでシステム再構築すべき。

 

で、まわりに鬱の人がいても、その一番の原因は「システムであることが多い。

個人が「甘やかす」必要はないが、「治療に協力する」必要はある。

とりあえずはなるべく丁寧に喋ってあげてほしい。

「おまえだけ休ませるのは無理」とか「逃げるな」とか「絶対こい」、「絶対やれ」「なんでやっておかなかった」とかは言わないであげてほしい。

鬱の人にとってこれらの言葉常人にとっての「死んでもかまわないからやりとげろ」「やらなければおまえの死体をひきつぶしてミンチにしてやる」くらいの意味になってしまうので。

いままで平気に通じていた冗談なども、これらの頑張れ系の指示だけはうつ病後は冗談として通じなくなり、死刑宣告になる。

こっちだって別にミンチになんかしたくないのに死ぬほど怯えられ避けられるのめんどくさいだろうし、

そこだけ気をつけてあげて。

あとはちょっとゾンビっぽいくら雰囲気なだけで普通人間だよ。

学校卒業受験就職なんかも二の次治療してる人なんで、

自分たちの生きている「普通時間感覚」に合わなくてもほうっておいてあげてほしい。

あとは、ハードでない遊び、カラオケやおしゃべり会などに本人が行きたがるようなら

今日休んだのに遊んでいいのか」などと先生みたいに問い詰めずに、

暇をみて誘ってあげてほしい。

たぶん休んだことでようやく20時間寝られたんで動けるうちに楽しさを補給しておきたいんだろうとおもってほしい。

 

若い人へ

自分が鬱になりかけかなとおもったら甘やかすことはしていいとおもうよ。

とりあえず詐病も使えない本当のうつ病になるまえに、

サボる口実として詐病くらい使っていいと思う。

サボりいくらい疲れやす自分を受け入れてあげてほしい。

あなたたちがテレビや周りであたりまえに目にしているのは、

芸能人選手や子持ち主婦などの体力エリートスーパーエリートですぞ

あるいはビルから落ちても死なないアニメキャラ

心の面でも神経がワイヤー製の人くらいしか

最初からおもてに出てこない(あたりまえ)。

あなたたちは心も体もそう頑丈にはできていない。

特にスマホラインアプリなど)で「みんな」に「自分」が筒抜けになるのは実際、人類が未経験な、キツい体験だ。

今の若い人は、かわいそうなことに、

スマホを介さない友人はどうやっても手に入れられない。

スマホに隷属した状態で友人を選ぶ人ばかりだ。

そうなると友人のペースと自分のペースをなるべくあわせないといけないと思い込むようになる。

そして自分は人より体の弱いクズかもしれない、ついていくために無理しないといけないがんばらないといけないとわりと早くに思い込まされる。

(友人は交代で一人ひとりちゃんと寝てたりクズな面があったりしますが、それがずれていてまとまりがないため、

きっちりした人ほどずっと自分フォローに回らないとという誘惑に負けて過労につきすすんでしまう)

 

30くらいまでは神経は発達途中とおもっていい。

とりあえず介護者のアテは握っておいたほうが良いです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん