「するめ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: するめとは

2024-01-21

港区女子じゃなくて新宿ラウンジ嬢なのに情報を歪曲するanond:20240121114807

港区女子ではなくても。普通はこんなことはやらないという社会性のなさが問題だと理解できない。

スター⭐️リン

@6wQC4HBl1f19712

2時間

寿司屋の件、女性経営者女子会港区女子の集まりだと勘違いした馬鹿が沸いてて、投稿自体も6万いいねとかされた上にリプ欄が女性への誹謗中傷の嵐だったんだけど、結局間違いだと分かって投稿者は鍵かけて逃亡。

ここまでやらかして何の責任も取らない男さんさあ…

https://x.com/6wQC4HBl1f19712/status/1748867250931823101?s=20

ゆるお

@yurushosha

18時間

大将の目が〇んでる…パック寿司との違いが分からなさそうな港区女子と毎晩のように撮影会が開催されていたと思うと本当に気の毒…大将、相当ストレス溜まってたんだろうな

https://x.com/yurushosha/status/1748627538153558335?s=20

するめ

@23olsurume_jtc

22時間

私がパパ活女子港区女子のことが嫌いな理由

若さを売って楽して稼いでるから

⭕️脱税と今回鮨屋で繰り広げられたような行動から滲み出る品の無さ

単なる嫉妬情報をゆがめる。

丹羽薫(ニワカちゃんの憂鬱

@NIWA_KAORU

14時間

今回の寿司屋の件、パパ活港区女子を叩き大将擁護の声がネットでは一気に埋め尽くされたのがすごいのだが、この女子の語る状況がいかにも不審というより、そもそも女性被害者性の報告は疑ってかかるべき」という社会経験値が飽和に達し、女性告発権力の失墜を象徴する事件だと思う。

https://twitter.com/NIWA_KAORU/status/1748679594742555117

正論のフリをして情報をゆがめる。

rei@サブアカウント

@Shanice79540635

19時間

高級寿司屋というハイソ場所が、港区女子によって下品売春婦の溜り場みたいな扱いになってる現象は「お洒落は何を着るか?ではなく誰が着るか?で決まる」原理象徴してるんだよな。Diorのバッグ=パパ活バッグ然りスバルインプレッサ=キモオタブルー然り、ダサい人間が持つ物はダサく扱われる

セックスワーカーに対するヘイトスピーチ情報をゆがめる。

2023-11-17

anond:20231117094451

どう見てもメシなのに「こんなんオヤツやで」って大食いアピールするめんどい奴いたな。

2023-10-24

anond:20231024223247

こら近づいちゃ駄目よ

きっとTwitterではもへもへとかするめろっくとかが好きなお猿さんよ

2023-10-02

anond:20231002105430

使われる主な食材ほとんどが乾物である。油が出ないように、肉は赤身部分を用いる。必ずしも下記の全てが使われる訳ではない。

干しアワビ、干し貝柱、フカヒレサメの尾ヒレの付け根部分(魚唇)、魚の皮、魚の浮き袋、白子、干し海老するめ、金華火腿などの中華ハム、干しナマコ、干しシイタケ、干しナツメ、鳩の卵、豚の筋、豚ヒレ肉、鶏胸肉、アヒル肉、朝鮮人参、干し竜眼枸杞子、紹興酒オイスターソースなど。

ヴィーガン的にはふざけた料理だなと思われそう

2023-09-29

やる気のないお局の出来上がり

元気だった頃は人間関係揉め事対処したり悩み相談に深夜まで付き合ったりしてた。

上部から仕事の依頼もおかしい所があれば抗議したり直せるところは許可を貰って修正したりしていた。残業もやった。会社の為にとあれこれやったり提案してもみた。

でもそれらをやっても給料は上がらないし評価も反抗するめんどくせー女みたいな感じばかりだった。同じ仕事男性がやると褒められるのに女がやると貶されるのワケワカンネ。まあ時代ですね。

しゃーねーので上司の言うことハイハイ聞いて給料レベルの働きしかしなくなった。人間関係も悩み相談もメンディから自分らで対処してねにした。

以前よりギスってるけど正直なところ馴れ馴れしい前の雰囲気より仕事やすい。定時で帰れるし業績は変わらないので給料も減ることはない。

若者からはあのBBAぐうたらしてんなクソがって思われてるだろうけどそれでいいやって気持ちをやっと持つことが出来た。前は気にしてたか些細な雑用かってでたりしたけどそれもやめた。給料上がらないし。体力も減ってるし。何より媚び売ってもキモいし。

勤務20年で昭和ドラマで見かけるやる気ねーBBAお局になってんなーと思う。あれはなるべくしてなる存在なのかもしれない。

お陰様でキラキラ輝く主人公にはなれなかったので隅でせんべい食ってるモブキャラ頑張ろうと思います。まあこれも悪くないよ。きっと。

2023-09-26

万物黎明』は人類歴史を誤解している

はじめに

急進的な著者の本が主流紙で書評されることは、ましてや好意的評価されることは滅多にない。デヴィッド・グレーバーとデヴィッド・ウェングローによる『万物黎明』は例外であるわずか2ヶ月前に出版されたこの本は、すでに世界で最も影響力のある英字新聞雑誌の多くから賞賛を受けている。

著者のアナーキズムの主張に疑問を呈する書評家でさえ、「3万年にわたる変化に関する岩盤の前提を覆す見事な新説」(アトランティック誌)、「多くの大陸と数千年にわたる文明に関するめくるめく物語の数々、そのすべてが自由であることの意味に取り組んでいる」(ワシントン・ポスト紙)と称賛している。また、ソーシャルメディア上の左翼的投稿者たちからも、好意的コメント-場合によっては絶賛!-が寄せられている。

しかし、以下に掲載する2つの書評は、いずれも唯物論人類学者によるもので、この本の人類史に関する記述は、大量の反対証拠無視しており、その政治的主張観念論的で自発主義であると論じている。どちらの書評特に女性抑圧の原因を考察していないことに批判である

クリスナイトはユニヴァーシティカレッジロンドン人類学上級研究員で、アフリカにおける人類起源研究するチームの一員である。著書に『Blood Relations(血のつながり)』など:Menstruation and the Origins of Culture』、『Decoding Chomsky: Science and Revolutionary Politics』などがある。The Dawn of Everything』の書評はTimes Higher Education掲載された。

ナンシーリンディスファーンジョナサンニールはともに人類学者として訓練を受け、人類進化階級社会性的暴力についての本を執筆中。ナンシーの近著は、リチャード・タッパーとの共著で『Afghan Village Voices』(アフガニスタンの村の声):Stories from a Tribal Community, 2020』であるジョナサンの近著は『Fight the Fire: Green New Deals and Global Climate Jobs』。The Dawn of Everything』の書評エコロジスト誌とブログ『Anne Bonny Pirate』に掲載された。

どちらの書評も著者のご好意により再掲載されている。

根本的に支離滅裂で間違っている byクリスナイト

本書は楽しく、有益で、時には爽快である。また、根本的なところで支離滅裂で間違っている。ヨーロッパ洞窟壁画が現れ始めた頃からの、比較最近先史時代について学びたいのであれば、必読の書であるしかし、人類最初に笑い、歌い、話し、芸術儀式政治創造し始めたのはなぜなのか、どうしてなのかを知りたければ、きっと失望するだろう。

この本のタイトルは深刻な誤解を招く。『万物黎明』? 『お茶時間』の方が正確だろう。ホモ・サピエンスヨーロッパに到着する何万年も前にアフリカで始まった文化の開花を体系的に横取りし、この物語はあまりにも遅く始まる。

欠点はあるが、この本は広報勝利であるフリードリヒ・エンゲルスが『家族私有財産国家起源』を出版して以来、左翼知識人活動家人類社会的起源先史時代過去について学ぶことにこれほど興奮したことはない。

短い書評では、本書の幅の広さと博識を伝えることはできない。その核となる政治メッセージ露骨だ。平等主義狩猟採集民が生活の中で共産主義実践したというエンゲルスの話は神話である。『万物黎明』はエンゲルスを見事にひっくり返している。第4章の結びの言葉引用すれば、「私有財産に "起源 "があるとすれば、それは聖なるものの考え方と同じくらい古いものであり、おそらく人類のものと同じくらい古いものであろう」。デヴィッド・グレーバーは、マーシャル・サーリンズとの共著『王について』の中で、神の王や森の精霊のような想像上の超自然的な存在が常に人々に対して権威行使してきたこから国家権力の原理人間の条件の不動の特徴であると主張している。

よりによってアナーキスト国家必然性を受け入れるのは逆説的に思えるかもしれない。しかし、本書はそのメッセージに重みを与えている。そう、著者は言う。アナーキスト的な自由は実現可能だが、それは貴重な瞬間や飛び地に限られると。もうひとつ世界可能である」という革命スローガンはもうたくさんだ。その代わりに、グレイバーとデイヴィッド・ウェングローは、「階層平等は、互いに補完し合うものとして、共に出現する傾向がある」と主張している。ある場所自由を手に入れるには、別の場所での抑圧を受け入れるしかない、と彼らは言っているようだ。

著者たちはダーウィン自然淘汰理論違和感を抱いており、現代進化論を「社会進化論」と混同している。現代進化論は科学であると主張するが、実際は純粋神話であるグレイバーとウェングローは、進化論をまったく認めない人類起源についての視点を、読者が真剣検討することを期待しているのだ。

彼らが認める唯一の科学応用科学であり、この場合は「考古学科学である。彼らは、政治社会生活については、古代人類の「頭蓋の遺骨と時折出てくる火打石のかけら」からは何も読み取れないと主張することで、「万物黎明」の年代わずか4万年前とすることを正当化している。この言い訳は、人類の最もユニークな特徴である芸術象徴文化が、これまで考えられていたよりも3、4倍早くアフリカで生まれたという、説得力のある最近証拠に照らすと、弱々しく見える。その証拠とは、骨や石だけでなく、ビーズ幾何学的な彫刻、埋葬品、砥石や絵の具壺などの工芸である

彼らが "フェミニスト "と呼ぶ人物(実際には進化人類学第一人者サラ・ハーディ)が、現代人の本能心理形成する上で集団的育児重要役割を果たしたことについて興味深いことを言っていることは、グレーバーとウェングローも認めている。しかし彼らは、「エデンの園存在せず、一人のイヴ存在しなかったのだから、そのような洞察部分的ものしかなりえない」とコメントしている。この種のトリック--この場合は、ハーディ研究が "アフリカイブ "の年代測定より200万年前にホモ属が出現したことに焦点を当てているという事実無視すること--は、明らかに人類起源研究が追求する価値があるという考えそのものを損なわせることを目的としている。

グレーバーとウェングローは、初期の平等主義を "有害神話 "として否定する一方で、狩猟採集民の多くが "自称自慢屋やいじめっ子を地上に引きずりおろすために、嘲笑羞恥心敬遠など、他の霊長類には見られない戦術を総動員している "ことには同意している。ではなぜ彼らは、私たち人間性規定する本能能力平等主義的な生き方によって形成されたという考えに敵対するのだろうか?

私たちは皆、社会的政治的に対等な人々と笑い、歌い、遊び、交わることができるとき、最も幸福を感じる。しかし、グレイバーとウェングローは、この事実を土台にする代わりに、狩猟採集民の祖先も同様に、攻撃的な男性による嫌がらせ虐待支配を選んだかもしれないと言っているようだ。進化人類学クリストファー・ボームが描く、反権威主義抵抗の中で形成された道徳意識の高い社会に対する反論をまとめると、狩猟採集民の祖先は一貫して平等主義を好んでいたという彼の考えを、彼らは「初期の人類さりげなくエデンの園に投げ返している」と表現している。

グレーバーとウェングローの基本的論点は、政治選択の自由に関するものである。彼らの考えを説明するために、人類学古典であるエスキモー伝統的な生活説明を思い起こさせる。アザラシを狩る彼らは、夏の間は家父長制的な家族構成確立し、冬の間は共同生活(夫と妻を含むすべてを共有する)に戻るだけである私たち人類は、その本性上、大胆な社会実験に駆り立てられるのだと著者は結論づける。その結果、奴隷制度や人身御供、大量殺戮といった極端なヒエラルキー形成され、破滅的な結果を招くこともある。しかし、遠い過去の良い点は、少なくとも現代のようにひとつシステムに縛られることはなかったということだ。

この歴史対立と交替に満ちているが、その周期性はエスキモーの周期性に倣ったもので、一方的な季節性であるグレイバーとウェングローは、ほとんどの狩猟採集民が季節だけでなく月の周期にも従っていることを知らないのだろうか。月経の満ち欠けと結びついた女性儀式は、基本的に月によって予定されている。

著者たちが問いかける重要な問いは、"なぜ不平等になったのか?"ではなく、"なぜ行き詰まったのか?"である。彼らは自らの問いに答えられるところまで来ているだけに、そこにたどり着けないことに深い苛立ちを覚える。自らに課したハンディキャップひとつは、女性人類学者による狩猟採集民の研究を見落としがちなことだ。例えば、適切な参照もなしに、彼らはモーナ・フィネガンの共産主義概念に触れている。彼女は、コンゴ熱帯雨林に住む女性たちが、男性たちが筋肉質な勇気と優位性を発揮する可能性を示すよう意図的に促していることを記録している--男女間の「力の振り子」で優雅降伏する前に、「ンゴク」と呼ばれる女性だけの儀式男性たちをあざ笑い、反抗するのだ。しかし、グレイバーとウェングローは、この政治的知性の表現を認める代わりに、ここでの成果やパターンを見出すことなく、それに言及している。

なぜ私たちは行き詰まったのか?正しい答えは、人類が農耕に依存するようになり、太陽暦が月暦の儀式よりも執拗に優先されるようになったからだ。私が最もよく知る先住民タンザニアのハザ族の弓矢猟師たちは、今でも彼らの最も重要宗教儀式であるエペメを、新月前後の最も暗い夜に毎月行っている。

太陽と月の中間的な存在であり、世界中でたどり着いた無数の妥協案のひとつが、中世ヨーロッパで毎年行われていたカーニバル伝統である庶民が今でも大切にしている伝統は、家父長制の秩序を逆転させるこのライセンスだった。

残念なことに、この「新しい人類史」は、その始まりがあまりにも遅く、アフリカ物語から切り離されているため、女性の抑圧とマンネリ化した現在の苦境との因果関係説明することができない。

すべての条件が同じだとすると byナンシーリンディスファーンジョナサンニール

グレーバーとウェングローの新著は、エネルギッシュで、献身的で、万華鏡のようだが、欠点もある。これは私たち問題を提起している。

デヴィッド・グレーバーわずか1年前に若くして亡くなった。彼の代表である『Debt』は、部分的には思わせぶりかもしれないが、その野心は当時としては刺激的だった。活動家として、またオキュパイ運動社会正義運動リーダーとしてのデイヴィッド・グレーバー活動は異例であり、模範的であった。LSE人類学部門の同僚たちからの彼への尊敬愛情は、そのことを物語っている。そして、彼の心は常に虐げられた人々とともにあった。

しかし、グレバーが善人であり、つい最近この世を去ったばかりであったからこそ、多くの人々にとって『万物黎明』が、今後長い間、不平等起源に関する理解の枠組みとなってしま危険性がある。

本書の裏表紙には、レベッカ・ソルニットパンカジ・ミシュラ、ノーム・チョムスキーロビン・D・G・ケリーといった、著名で立派な思想家たちから賞賛言葉掲載されている。ケリーはその代表的な例として、「グレーバーとウェングローは、私がこれまで世界歴史について考えてきたことを、事実上すべて覆した。この30年間で読んだ本の中で最も深遠でエキサイティングな本だ」。

この本は最近マスコミでかなり注目されているが、このような賞賛一般的見方になったら残念である

人類進化歴史における不平等起源という問題は、私たちがどのように世界を変えようとするかという点で、非常に重要であるしかし、グレイバーとウェングローは平等階級に目を向けることなく変化を求め、環境生態系説明を敵視している。これらの欠点保守的意味合いを持つ。

では、ここから。これは膨大な本の、乱暴部分的書評である私たちは、グレバー知的議論の切り口を愛し、得意としていたという知識自分自身を慰める。

ジレンマ

この本の最後段落、525-526ページで、グレーバーとウェングローは自分たち立場を明確に示している。彼らはこう書いている、

例えば、他のあらゆる点で厳密な研究が、人間社会には何らかの「原型」があり、その性質基本的に善か悪かであり、不平等政治意識存在する以前の時代があり、このすべてを変えるために何かが起こり、「文明」と「複雑さ」は常に人間自由と引き換えにもたらされ、参加型民主主義は小集団では自然であるが、都市国家のようなものまでスケールアップする可能性はない、という未検証仮定から始まる場合

私たちは今、神話を目の前にしている」

まり神話を打ち砕く者たちは、人間社会の原型は存在しないこと、不平等政治意識が生まれる前の時代存在しないこと、事態を変えるようなことは何も起こらなかったこと、文明や複雑さが人間自由制限することはないこと、参加型民主主義都市国家の一部として実践可能であることなど、正反対のことを言っているのだ。

このような断定的な声明は、非常に大胆に述べられ、新しい人類史を書いたという彼らの主張を魅力的なものにしている。しかし、2つのつまずきがある。

第一に、彼らの主張そのものが、彼ら自身政治プロジェクト対立している。第二に、証拠が彼らが言おうとしていることにそぐわない。

続き→https://anond.hatelabo.jp/20230926143527

2023-09-21

anond:20230921125453

オールラウンドに見え方が改善するめがね」というもの存在しないことにショックを受けた

やはり目は大事にすべきだ

2023-08-10

anond:20230810110749

部署(40人ぐらい)の懇親イベントとしてボードゲーム大会やったことあったわ。

普段おとなしい若手が意外とゲームだと攻め攻めの姿勢になったり、

逆にすぐにルールの穴を突こうとするめんどくさい人が出たりと、人間性がより分かって良かった。

2023-08-05

anond:20230804233027

willよりbe going toが口語なのは間違いないけどbe going toもまだ文語

will文語10だとするとbe going toは7か6

ニュアンス違う件についてはアホみたいにトラバついてるので省略

あと大変遺憾ながらアメリカ話者辞書参照しながら喋ってはくれないので基準はあっても発語はバラバラ

このへんはイギリス英語話者のほうがマシ

彼らは彼らで韻を踏むためにわざわざwill使ったりするめんどくさい人種だが

2023-07-11

anond:20230709012014

マッチングメッセージに返事なし → 測定不能

土日を境に返事無視 → 数十回

マッチングアプリにおいてはそれ以上返信しない、ブロックするのがお断り意思表示。これは男女ともにそう

そういう文化なので不誠実だなんだと憤ってもしょうがない。スワイプ一つでマッチングが成立する気軽さとのトレードオフだと思え

会う約束を取り付けた後に候補日を挙げた瞬間放置→「やっぱり怖いのでキャンセル電話からでお願いします!」からのその後無視 → 2回

「行きましょう」→「いいですね!」の時点ではまだ会う約束は成立したとは言わないぞ

ただの相槌だと思え

会って数日後に「お付き合いする人ができたのでもう会えません」 → 2回

ちゃんと断りをくれる時点でマッチングアプリでは奇跡的な誠実でいい相手だぞ

一緒に食べに行きたいって向こうから言われて場所も行く店も決めたのに日付提示した瞬間ブロック → new!

これはちょっとかわいそう

なんとなくOKしたけどダメな日を提示されて予定を詰めるやり取りをするめんどくささを思ってやっぱナシでってブロックしたんだろう

まあしゃーない

2023-06-07

子供のはなしいっぱい見る

子供を産むと子供のことを考えないといけない←これできない気するめんどいし自信がない

太るかもしれない←マジで無理

子供いらねえや!子供自分理想押し付けそうだし

と思ってるけど

これ言ったら寂しい人だと思われる〜て怖くて

子供可愛いですね!子供欲しいなーて言うことある(あと子供いる人に子供いらないとか流石に言えない)

みんな子供ってマジで欲しいん?

自分のことばっか考えることに疲れて、

子供を作ることで

子供のことで頭をいっぱいにしたい的な?

普通に偉すぎ 

2023-05-05

anond:20230505200941

するめいかそうめんをまとめて食ったらすぐなくなってしまってめっちゃコスパ悪いってなった

さけるチーズしかり、実質的に割高な製品は全部違法にしてほしい

anond:20230505121231

するめ版と刺身版があるよな

どっちも偽物のくせして図々しい

2023-02-28

楽天カード更新があって

届いた新カードを見たらクレカ番号が刻印されてない!

「これってアプリで番号を確認するめんどくさいやつ?おれ意識高い系じゃないから今までの通りでいいのに・・・

と思ったら裏に印刷されてたわ。

よかった。

2023-01-24

anond:20230124130435

コーエーテクモの話かと思ったけど、あそこは20年以上前から攻撃受けたら服破けて露出し胸揺れするめっちゃオス媚びゲー」のDOAを出してたから違うな・・・

推しジャンル20年以上前の古い作品から公式とっくに無くなってると思ってたらまだ生きてて新作出しててびびったんだが昔はBL気高い女性向けって感じだったのに新作がっつりオス向けになっててガッカリした。

推しジャンル公式は当時のスタッフインタビューで「女キャラばっかって恥ずかしいし嫌じゃないですか。ゲームは男だけの物じゃないんです。女性も楽しめる作品を作りたい」って言っててめっちゃ感銘受けた。なのに今や攻撃受けたら服破けて露出し胸揺れするめっちゃオス媚びゲー出してる…

多分スタッフ総入れ替えがあったんだよな。そうだよな。20年経ってるし多分当時のスタッフさんはもういないんだよ…そうだと思いたい。あんなに当時女性ファンの為にって言ってたのに今はめっちゃオスに媚びてるなんてガッカリすぎる。

しかも胸の揺れが少ない!とオスがクレーム入れてそれに対し申し訳ありませんと謝罪しアプデでえろ要素UPさせたこともあったらしい。ガチめっちゃオスに媚びる会社になったようだ。90年代の時のインタビューは幻だったんかな…マジで当時こんな方もいるんだって凄く感動したのに。

もう一つ凄く古い好きなジャンルとっくに公式無いと思ったらまだ生きてて新作出してたと思ったら顔の倍はある奇形胸に異常に少ない布面積なえろ奇形キャラばっかの超オス媚び会社に成り果ててた…昔はBL要素もあるため根強い女性ファンも多いって紹介されてた位だったのにどうしてこうなった

レビューサイトとかでも当時としてはまだ珍しい女性向けBL要素を扱った作品の為女性ユーザーが多いって言われてたのになぁ。結局どこもオス媚び作品しかさなくなるんだな…。知りたくなかった。本当ガッカリ絶対買わない。昔のは設定本とか関連商品全買いする位大好きだったのに。

この際女キャラばっかの作品を出すのはおいといて激しい胸の揺れ描写、布面積が異常に少ない裸に近い服、女キャラだけ服が破れる、顔よりでかい胸で奇形体型はさすがにきもすぎないか?かなり人を選ぶと思うんだが。まあ全然売れなかったみたいだし自業自得だね。

2022-10-08

anond:20221008152632

そうなの?座り込みしてるやつら自分たちだけで目的達成するめどが立ってるの?自分たちが生きてる間だけ遅延できればいいの?

2022-08-03

anond:20220803130606

宗教/カルト宗教/統一教会

これらをごたまぜにしたままで、「カルト宗教叩きがひどい」と主張されても、はぁ?って感じ。奥歯にするめでも挟まってんのかよ。

私には、増田が過度に一般化/あいまい化した事例もどき(巨大な藁人形)をこしらえて、一生懸命その事例もどきをぶっ叩いているだけのように見えるんだが。

カルト宗教たたきがひどいと主張するなら、増田が想定しているカルト宗教定義をまず示すべき。その上で、そのカルト宗教定義にどんな具体的団体が当てはまり、それら団体世間によってどのように叩かれていて、その中でどの部分が問題なのかをはっきり言うべきだ。

2022-06-07

こんな人でも苦しんでるのか

新卒キャリア官僚→国費留学スタートアップしかもその間に結婚して子供も作ったと言う完璧を絵に描いたような人生

でもそんな人でも辛い、苦しいと思いながら日々を過ごしてたのか

https://note.com/cowsamurai/n/n2855a3122c55

逆に言うと僕は28歳になってもいまだに定職につかず結婚もしていなければ国民年金すら納めてない低収入フリーターだけど

日々の生活疲れたとか苦しいとか思うことはないよな

まぁその分社会的信用は何一つないんだけど

どっちが幸せなのかわからん

とはいえ留学費用返還回避するめきっちり留学から5年勤め上げてから辞めるこの狡猾さは官僚仕草として語り継いでいかねばいけない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん