「パンチパーマ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パンチパーマとは

2020-08-31

anond:20200831224250

まだ伸びきったパンチパーマみたいなダッサイ頭してた頃のアイツが「コッコリッコさっあ~ん、あっりがっとおっ!オレの股間がッ(以下略)」てやってたのを未だに時々おもいだすワイ

2020-08-22

藤井聡太二冠に観るAI時代将棋の楽しみ方

長すぎて読めない:AIの推奨手と解説聞きながら藤井SUGEEE!してればおk

対象読者:駒が規定の動きに従って取ったり打ったりできるのは知ってるくらい)

 かつて、電王戦というイベントがありました。故米長邦雄永世棋聖ちんこにまつわるエピソード豊富)の鬼手/奇手として遺ったそのイベントは、プロ将棋界に大きな爪痕を残しました。2013年コンピューター(当時はAI=人工「知能」とは呼ばれていませんでした)に破れた最初の現役棋士佐藤慎一五段(ギターと歌がうまい)のブログに多くの中傷コメントが寄せられたことに始まり、その後プロ棋士泥仕合の末の引き分けを挟みながら連敗すると「コンピューターに負ける棋士達に偉そうに生きていく資格はあるのか?」という問いが投げかけられました。その後はプロ棋士一時的に巻き返して勝ったり負けたりになりましたが、その勝ち方に対しても「コンピューターに対するハメ手」ではないかという意見が上がるなどしましたし、2016年3月AlphaGo囲碁トップ棋士を破るに至っては、もはや二人零和有限確定完全情報ゲーム人間AIに勝つの不可能だろうと考えられました。実際AlphaGoに敗れた棋士は、2019年に「AIに勝つことができない」ことを理由の一つとして引退しています2017年佐藤天彦当時名人(ABEMAトーナメント煽り文句が「おしゃれマスターなのはひどすぎる)が番勝負を連敗で落とすに至って、「絶対将棋人間AIに勝てない」という合意形成されていきました。

 藤井聡太二冠(初手を指す前にお茶を飲む癖があり、昨日の王位戦にはお~いお茶スポンサーした)は、そんな2016年末、「プロ将棋棋士とか存在する意味ある?」という疑念マッハ時代プロデビューし、2017年度にまたがってあのデビュー後無敗で29連勝とかい前後不覚、いや空前絶後の記録を打ち立てたのです。藤井二冠の将棋の魅力は色々に語られますし私も以下で色々に語っていきますが、当たり前であるが故にスルーされがちな第一理由としてシンプルに「強い」ことが挙げられるでしょう。誰しも推ししょんぼりしている姿は見たくないものですし、そこから照射して強い人を推しにするのも自然なことです。藤井二冠の強さは誰しも知るところですが、端的に説明するならば2018年に達成した記録4部門勝率勝利数、対局数、連勝数)独占が挙げられるでしょう(なお過去の独占者:内藤國雄、羽生善治羽生善治羽生善治羽生善治)。今回の「二」冠についてもそうですが、レーティング勝率など将棋についての数字で表せる強さに関しては、ほとんどすべての場合において現状藤井二冠に勝てる人はいないでしょう。そのことは世間に対する「わかりやすくすごい」というアピールに繋がっているのだと思います。駒の動かし方すらわからなくても、何かでデビュー後29連勝するのがとんでもなくすごいことだというのは誰でもわかりますからね。

 さて、「数字に関して藤井二冠はすごい」と言いましたが、ではこれが「数字じゃない部分は藤井二冠は大したことない」という皮肉であるのかと言えば、そんなことは全くありません。まあ将棋が勝ち負けのつく勝負である以上、どうしても「勝てば官軍」的な側面は存在してしまうのですが、それを抜きにしても多くのプロアマチュア意見の一致するところとして「藤井将棋は華がある」というものがあります

 世の中にはプロ棋士評価されるプロ棋士、されないプロ棋士、というものが実は存在します。その基準将棋に対するそもそも姿勢であったり、序盤の構想力であったり、終盤の鮮やかさであったり、あるいは元も子もなく勝率であったり、さまざまです。しかし、羽海野チカ先生キラキラ系だと思ったら違ってむしろアコガレ側だというのを吉田豪インタビューで知ってより好きになった)が『3月のライオン』で「信用」という言葉を用いて描いたように、それは確かに存在します。その言葉を借りて言うならば、藤井二冠は今棋界で最も信用を得ている棋士といえるでしょう。その源は何かと問えば5連覇中の詰将棋解答選手権に明らかな終盤力でしょう。「詰まないと思ったけど藤井くんが詰ましに行ったかまさかと思って調べてみたら詰んでた」というエピソードをどれだけのプロ棋士の口から異口同音に聞いたのか数えきれません。昨日も村山慈明七段(兄弟子の飯島栄治七段をトーナメントで負かしたのを忘れて「叡王戦どうされました?」と聞いた)がそれを言ってました。他方で、序盤力で羽生九段(って呼び方違和感あるよね)の若い頃と比較して、「新人羽生の序盤は荒削りで終盤の豪腕で勝利をもぎとっていたが、藤井はそうではない」と度々評されてきたあたり、「序盤、中盤、終盤、隙の無い」という格言に当てはまる棋士のような気がします。ちなみに藤井二冠はコロナ前後課題として中盤力を意識的に強化したようです。

 さて、ここまで散々凄いことかのように言ってきたのですが、実はプロ好みのプロ棋士というのはさほど珍しくありません。何十人かはいるでしょう。しかし、「プロ好みで」かつ「アマチュアにも好かれる」棋士しかも勝ちまくっている棋士といえば片手で十分なレベルでしょう。「プロ好み」「勝ちまくり」についてはすでに説明したので、以下では藤井将棋のどのような部分がアマチュア好みであるのかを解説します。アマチュアもまたプロに負けず劣らず基準が多様なのですが、結局は一つです。「オレが観てて面白いか否か」。以下では、その点について昨日の封じ手を中心に論じていきたいと思います

 さて、封じ手です。封じ手とは何でしょうか。大丈夫です。たまに先走っちゃうけど私は「駒の動かし方というもの存在する」レベル知識の人にも分かるように書いてるつもりです。封じ手とは2日制の棋戦で用いられる作法で、どこかまで指して、じゃまた明日、となっては最後に指してない側の人が一晩考えられてあまりに有利なので、手番の人が誰にも見せず「封じ」て、翌日に開封するということでそれを相殺しようという試みだと私は理解しているのですが、実際は「お前それ同歩の一手やん」みたいな封じ手も多く、謎です。たぶん同歩の先に必然手順があってその先にある分岐実質的に封じているのだとは思うのですが、封じ手やったことないし全く分かりません!誰か解説して!ともあれ、封じ手NARUTOとかの技名っぽい)の瞬間にドラマチックなことが起こることはまれです。でもなー、そこで起こすのが藤井二冠なんですよ!

 さて、王位戦第4局の封じ手は8七同飛車成でした。これは、一手前に木村王位(自ら将棋の強いおじさんと称するユニーク解説名人称号は当分は奪われないでしょう)が飛車の前に銀を進め、飛車にお帰り願う手に対するものでした。お帰り願われては仕方ないので、飛車を逃げるだろうというのが大方のプロ見解でした。しかし。藤井挑戦者はここで30分以上の、当たり前の一手があるに場面しては長考を行いますまさか、と解説がざわめきます飛車を切る手順を考えているのではないか。お帰り願った銀を飛車で食いちぎり、その飛車を金に取らせる手順を考えているのではないか。長考のまま封じ手時間となった。解説では飛車を切る手順と逃げる手順の比較を行っています解説橋本崇載八段(金髪パンチパーマゴリラから一時期太ったがまた巻き返して爽やかになった)は「いやー同飛車成は指せないですね。いや指すには指せますけど。ただ封じ手でしょ?手が震えて紙に書けないですよ」と言う。それほど異色の手なのだ

 同飛車成について私の印象を言わせてもらうならば、「アマチュア5級~3級の人がやりそうな手」です。お帰り願われたんだけど、そのまま言いなりになるのも業腹なので、切ってしまう。飛車と銀の交換で、相手は最強の駒・飛車をどこにでも打てるのに対し、自分飛車より弱い銀をどこかに打つ権利を得る。普通はそれでは勝てないが、相手が考えてない手を指した結果、相手の陣地は乱れ、時間も使わせることができる。お互いに強くないのでそこからちゃごちゃっと泥仕合にして最後はなぜか飛車を切った方が勝ってしまう、というのはそのレベルの人たちの将棋ではありがちです。ムカついたからという理由飛車を切り飛ばし、それで勝ってしまう。こうなると将棋はやめられません。もちろんそれはお互いに棋力が低いから成り立つ無茶で、相手が強くなっていくにつれてそうした手は通らなくなり、みんな普通の手を指すようになりますプロがよく言う「将棋は当たり前の手の積み重ね」「将棋は悪手を最後に指した方が負ける」という格言はそれを物語っています。ある程度強い人同士の将棋では、必殺技みたいなすごくいい手というのはなかなか出てきません。相手もそれを読んで必殺技を出させないようにするわけですからしかし、です。藤井二冠にそれは当てはまらないようです。今回の同飛車成も、以前に指した数々の「AI越えの鬼手」も、いかにも無茶で派手な、必殺技的な手です。つまり3級~5級の頃にみんな指していて、今はもう出来なくなってしまった手です。将棋一般に、2級と初段に壁があるといいます。2級になるためにはそうした無茶な手を捨てられるようにならなければならないし、初段になるには詰将棋や定跡を覚えなければならない。そうやって人は昔の無茶苦茶でありながら楽しかった将棋を失い、しかし強さを得ていきます。そうして強くなった人にとって、3級~5級の人の将棋というのは、少年期の懐かしい思い出のように映ります。昔は楽しかったな、でも今はあんな無茶はできないな。しかし、藤井二冠はその少年のような(というか少年なのですが)手を数々の大舞台で指して、そして強敵を破ってしまう。そりゃテンション上がりますよね。

 さて、藤井二冠のデビュー前後AI棋士地位を脅かしていたという話をしました。今もネット中継ではAIによる評価値や予想手が画面上に表示された状態視聴者解説者は将棋と向き合うことになります。そんな中で生まれ面白い解説常套句があります。「これは人間には指せない手ですね」。初めてその言葉が使われたのはおそらく第2回電王戦のどこかだと思うのですが、最初のうちは否定的ニュアンスが多分に含まれていました。人間なら一目でもっと上手く指せるのに、コンピューターにはこんな変な手を最善手として示してしまう、と。しかし次第にその言葉は畏怖と諦観を込めて使われるようになりますAIはこの手を最善と示している、確かにそれは正しいのだろう、しか人間にはそこまで深く読むことが出来ないから指せないのだ、と。現在棋士はおおむねその諦観を受け入れているように見えますAI的な最善よりも、人間の身の丈にあった答えを。ほとんど神話寓話世界の話ですが、その姿勢は間違っていません。人間が鳥の真似をしたところで、翼を焼かれるだけですからしかし少数の棋士は、その諦観を受け入れません。その筆頭が藤井二冠でしょう。彼は徹底してAI感覚を身につけようとし、かつ成功している人間であるように思われます。先ほど述べたように、「コンピューターのような」という言葉蔑称として使われる時代はもう過ぎました。それは単なる時代的なドグマではなく、すでに述べたとおり実際に「面白い」のです。藤井二冠はきっと、ラジオ時代ポップスターがいたように、テレビ時代プロレススターがいたように、AI時代に生まれるべくして生まれ将棋スターなのだろうと思います

 将棋はきっとこの先永遠にAI神様との比較さらされ続けます。その中で、我々よりもずっと神様に近い人が諦めてしまう。きっとこの構造人類史普遍的ものだと思います。そして、その諦めは決して不幸とイコールではない。そのことは多くのプロ棋士が「コンピューターには指せない」=「人間特有の」戦法や戦術を用いて証明してくれていますしかし、もし、人間が諦めずほんとうに神様を目指したとしたらどこまで行けるのか。その問いに対して藤井二冠の活躍は答えを出し続けてくれているように思います。私にはできない、あなたにもできない、困難な道を歩むことを彼は決めました。ならばせめて、その後ろ姿をずっと眺めていたいとは思いませんか。私は思います。というか散々述べたように後ろ姿を眺めるのが楽しすぎてやめられない状態にあります。まあ、私は振り飛車党なので実は推し棋士別にいるんですけどね。

2020-08-05

福岡県ってこえーよな

街中歩いてるといきなりヤクザがドスで切り掛かってきたり

モヒカン野郎火炎瓶とか手榴弾を投げつけてきたり

グラサンかけたパンチパーマおっさんベンツから降りてきたと思ったら拳銃で発砲してくるんだろ?

そりゃもう修羅の国だわ。住みたくねえ。

2020-06-24

今日見た夢

古いノートパソコンと何かのリモコン炊飯器を捨てようと思って電車に乗ったけど、逆方向に乗ったことに気がついた

見知らぬ青年が話しかけてきて、そのパソコンプリンターで使うならまだまだ現役だよと話しかけてきた

電車の中は梅雨ということもありくるぶしあたりまで水浸し

駅に着いたので一旦降りて逆方向の電車に乗らなきゃとプリンターを掴んで慌てて降りたらリモコンを持って降りるの忘れた

逆方向に向かうホームではパンチパーマヤクザ高校生ヤンキーがよその高校の誰々が生意気だとか話ししてる

パソコン炊飯器を一つの袋に入れようとしてたら予備で持ってた1万円がポロリと出てきて慌てて財布に入れた

すかさず高校生ヤンキーがやってきて、今一万円落としたろ?ちゃんと見えてんだからな、この辺はあぶないから用心しろよと言ってきた

・・・というところで目が覚めた

おはようございます

2020-04-21

仏様の髪型

仏様といえばパンチパーマだ。

あれは螺髪と呼ばれ、仏は基本的にああい髪型になる、いわば仏の記号だ。

しかしそれは記号としての話であり、現実的にあれをやるのは大変だ。当時の技術でできたかも怪しいし、むしろ出来なかったからこそ特別感ある記号として生き残ったと考えられる。

また、ギリシャ彫刻風の仏様もあり、そちらはくせ毛がそれほど強くない。

まり仏様の髪型バラバラ不明なのだ

だったらみつ編みの仏様がいても良いもんだろう。なあ?

2020-03-21

地歴の先生をやっているから、歴史ジョーク歴史絡めた面白い(と思う)嘘は絶対に言わないようにしている。みんな普通に信じちゃうからだ。

昔、修学旅行奈良東大寺に行った時に「大仏江戸時代の再建だけど、フラッシュ撮影すると塗装や螺髪っていうパンチパーマ部分がボロボロ取れる可能性があるから写真撮影は園内一律禁止されてるんだって」ってバスでみんなに嘘説明してみんなの思い出の一つを奪った経験があるから歴史を教える立場になった以上絶対冗談ダメだなと思う。

コツは、ちょっと本当のことを混ぜることだ。

この他に、板垣退助の弟は進助といい大隈重信のコックをやっていた話とか、今川義元の子息氏真が蹴鞠の名手だったため静岡県サッカー王国になった話だとか、政所の読みを考えながら北条政子の読みを考える話とか。

2020-01-30

先生先生!我らの先生

俺は創〇3世だ。

学会さえやっていれば幸せになれる。学会をやらなきゃ地獄に落ちる。」と小さい頃から親に言われ続けていた。

両親の言うことに何の疑問も持たず、小・中学生の時は友達恋人会合に連れて行き、お経の唱え方を指導したりした。

理由は“学会をやらなきゃ地獄に落ちる”から

10代のある日、父親リストラになった。

それからは、自宅にピンク色のスーツを着たパンチパーマの男が父を訪ねてきたり、巻き舌の男から電話がかかるようになり、居留守をしてるだろうと怒鳴られたりもした。

父親は「バブル破滅した人あるある」に漏れず、ヤバい先物取引業者にハマっており、あちこちから借金もしていた。

さらに質が悪いのは、仲間である学会から借金をしていた。

辛い記憶のせいか前後イマイチ覚えていないが、その人に俺が呼び出されたから、父親が逃げた後のことだったんだろう。

その学会からは、君が代わりに返済してくれと頼まれた。

支払った記憶もないし、どう切り抜けたかは全く覚えてないけど。

言葉通り、俺にとって天と地がひっくり返るようなショックだった。

だってまれた頃から、両親はもちろん祖母親族も全員「学会さえやっていれば幸せになれる。学会をやらなきゃ地獄に落ちる。」と言っていたからだ。

俺にとって学会人生のすべてだった。

今思えばそれは、何の経験も持たない子供の俺にとって「親」というキーワードが「ご本尊様」に置き換わっていただけだったと思うけど。

それからの俺は、他人自分に足りないものを見つけては落ち込む日々を過ごしている。

学会さえやってりゃいい”という世界で生きてきた俺にとって、普通に生きていくための哲学がなさ過ぎたのだった。

俺の自己肯定感は“学会さえやってりゃいい”だった。

俺の個性は“学会さえやってりゃいい”だった。

30代までは世間知らずさや若さの勢いや体力で、何とかごまかして生きてこれた。

そうやってごまかしながら生きることで、俺は学会を失った事件にずっと向き合わなかった。

学会無しで、自分1人の世界を作る努力を怠ってしまった。

10代の頃に崩れた世界を作り直さず、ただただ不信感と怒りに溢れた感情の中で、友人や恋人から愛情もすべて裏切ってしまった。

40代になりごまかしが利かなくなってくると、こうした歪みが浮き彫りになってきた。

常に役に立たないといけないという強迫観念に悩まされ、何者にもなれない自分が怖い。

結果、今は一人ぼっちで手元には何も残っていない。

そろそろ終わりが近づいているように感じている。

カルト信者オフ会やらグループ記事を見かけ、同じような悩みを抱える人達に聞いてほしいと思っていたが、ネットで探しても見つからなかったのでここに書き捨てる。

暗い話をして悪かったな。南~無~

先生先生!我らの先生

俺は創〇3世だ。

学会さえやっていれば幸せになれる。学会をやらなきゃ地獄に落ちる。」と小さい頃から親に言われ続けていた。

両親の言うことに何の疑問も持たず、小・中学生の時は友達恋人会合に連れて行き、お経の唱え方を指導したりした。

理由は“学会をやらなきゃ地獄に落ちる”から

10代のある日、父親リストラになった。

それからは、自宅にピンク色のスーツを着たパンチパーマの男が父を訪ねてきたり、巻き舌の男から電話がかかるようになり、居留守をしてるだろうと怒鳴られたりもした。

父親は「バブル破滅した人あるある」に漏れず、ヤバい先物取引業者にハマっており、あちこちから借金もしていた。

さらに質が悪いのは、仲間である学会から借金をしていた。

辛い記憶のせいか前後イマイチ覚えていないが、その人に俺が呼び出されたから、父親が逃げた後のことだったんだろう。

その学会からは、君が代わりに返済してくれと頼まれた。

支払った記憶もないし、どう切り抜けたかは全く覚えてないけど。

言葉通り、俺にとって天と地がひっくり返るようなショックだった。

だってまれた頃から、両親はもちろん祖母親族も全員「学会さえやっていれば幸せになれる。学会をやらなきゃ地獄に落ちる。」と言っていたからだ。

俺にとって学会人生のすべてだった。

今思えばそれは、何の経験も持たない子供の俺にとって「親」というキーワードが「ご本尊様」に置き換わっていただけだったと思うけど。

それからの俺は、他人自分に足りないものを見つけては落ち込む日々を過ごしている。

学会さえやってりゃいい”という世界で生きてきた俺にとって、普通に生きていくための哲学がなさ過ぎたのだった。

俺の自己肯定感は“学会さえやってりゃいい”だった。

俺の個性は“学会さえやってりゃいい”だった。

30代までは世間知らずさや若さの勢いや体力で、何とかごまかして生きてこれた。

そうやってごまかしながら生きることで、俺は学会を失った事件にずっと向き合わなかった。

学会無しで、自分1人の世界を作る努力を怠ってしまった。

10代の頃に崩れた世界を作り直さず、ただただ不信感と怒りに溢れた感情の中で、友人や恋人から愛情もすべて裏切ってしまった。

40代になりごまかしが利かなくなってくると、こうした歪みが浮き彫りになってきた。

常に役に立たないといけないという強迫観念に悩まされ、何者にもなれない自分が怖い。

結果、今は一人ぼっちで手元には何も残っていない。

そろそろ終わりが近づいているように感じている。

カルト信者オフ会やらグループ記事を見かけ、同じような悩みを抱える人達に聞いてほしいと思っていたが、ネットで探しても見つからなかったのでここに書き捨てる。

暗い話をして悪かったな。南~無~

2020-01-20

今日最もビックリした事。

漫画家立原あゆみが男だった事。

 

原作品を一度も読んだ事ねーよ?

けど名前だけは何度も見かけて知ってたし

絵も、なんかパンチパーマの男の……という印象しかねーけどさ

 

まじかよ

2019-11-18

いつかはパンチパーマしてみたい

ワイしがない接客業しか経験のないKKO50歳。

引退したら、パンチパーマあててグラサンしてアロハ着て無口キャラで買い物に行くんだ、ぜ・・・

2019-10-10

anond:20191010203546

ビーバップハイスクール世代の俺が教えてやろう

髪型パンチパーマ丸刈り、剃り込みは頭頂部近くまで入れた方がいいだろう

眉毛はツンツンに細く整えて眉間は常にシワがよるように

口元にはパイポを噛み締めて歩くのがいい

眉毛のとこらへんにナイフでできたような傷跡があるとベストだけど無理は言わない

服装も合わせて整えた方がいいが、まずはここまでのことができるかどうか

2019-10-02

関東からみた大阪

東日本20数年を過ごしたあと、1年前に大阪引っ越して来ました。

大阪(関西)に住んで色々と思うところがあったので、備忘代わりに書いて置こうと思います

バイアスが掛かっていますが悪しからず…。

エスカレーターに立つ位置が逆

そのまま。はじめて新大阪駅について「これから大阪で頑張るぞ!」なんて思ってJRに乗り換えようとしていたら、エスカレーターで後ろから歩いてきたおじさんにスーツケース蹴られて泣きそうになりました。私にとっての大阪の初印象は、最悪。

満員電車で詰めない

東京中央線ってめちゃくちゃ混んでるじゃないですか、でもみんな慣れてるからちゃんと駅に着いて人の出入りがあると何となく全体が最適化されるようにポジション取るんですね(そんな気がします)。

朝の御堂筋線は(中央線比べて)そんなに混んでません。でも絶対にみんな自分ポジションを動かない。

詰めろや!入り口で突っ立ってるなや!

関西人の強い意志毎日感じてます

あと阪急は夏にエアコンちゃんと回してください。暑過ぎです…。

コテコテ関西人は意外に少ない

パンチパーマのおばちゃんが店番しながら観光客ちょっかい掛けてくる、そんなイメージを持っていた時期もありました。パンチパーマ大阪のおばちゃん、どこにいるんでしょう、情報お待ちしてます

外国人が多い

関西経済を語る上でインバウンド観光客寄与は欠かせませんよね。とはいいつつ、本当に外国人客が多い。なんばとかもはや異国の地を旅している気分になりません?私はなります

あの辺、あんまり日本らしさとか大阪らしさとか感じないけど、みんな何を楽しみに来てるんだろう…?金龍ラーメン??たこ焼き??

あのごちゃまぜで雑多な感じが好きっていうなら、私も同じですけれど…。

ただまあ、リピートする程来てくれるっていうのは、何はともあれありがたいことです。

思うがままに愚痴を書いてしまいましたが、なんだかんだ大阪のことは好きなので、大阪関西の人は許してください。

ただし、緑のたぬき(関西限定)だけは許せないので、日清さんは関東版も関西販売してください。

2019-09-15

中学生の頃に友達勉強を教えたことがあった。

https://anond.hatelabo.jp/20130809115823

これを読んで昔のことを思い出したので吐き出す。

僕は地方出身大学進学と共に東京に来てそのまま東京仕事をしているが、中学生とき低学歴の世界高学歴の世界の溝を感じた時の話。

---

中学生の頃に地元友達勉強を教えたことがあった。

僕が勉強を教えた友達Tは小学校から同級生中学も同じだった。田舎ではよくあると思うが小学校中学校は家から近い公立校に通う人がほとんどで、そもそもそれ以外の選択肢があるのかはよく知らない。

Tの母親スナック経営していて、父親は何の仕事をしていたかは知らないが見た目はパンチパーマにゴツい金のネックレスをしているような明らかに普通の人ではない感じの風貌だった。Tは小学生の頃から金髪で緑のランドセルを持っていてなかなかに個性的だった。いわゆるDQNな家庭だったんだと思う。

Tは学校の成績はダントツに悪かったが、PCとかゲームにはめちゃくちゃ詳しくて、Winny音楽映画ゲームをひたすらダウンロードしたり、ゲームボーイのマジコンを買って色々なゲームを入れたりしていた。小学生のころからよくゲームをしにTの家に遊びに行っていて、中学生になってからはTママスナック営業時間外であればカラオケをやってもいいと言ってくれていたのでよくTママスナックに入り浸っていた。Tと一緒に遊んでいた他の友達には不良っぽい奴らもいたが、Tは見た目こそ不良っぽさはあったが体は細くて華奢だし暴力的なことは何もなかったし、どちらかというとオタク気質タイプだったと思う。

その頃Tも含めた何人かの友達と僕は同じ美容院に通っていた。そこの美容師の人はちょっと意識高い系な感じで、一時期「次のテスト目標の点数をとったらご飯を奢ってあげる」というのを言ってみんなで勉強しようとなっている時期があった。中学生の僕らはまだ純粋で感化されやすかったので僕もTも他の友達モチベーションが高まっていた。

その美容師の人から「Tに勉強を教えてあげなよ」と言われたことがきっかけで、僕の家でTと2人で勉強することになった。

TはPCとかゲームに詳しいことを知っていたし理系の方が好きそうだったのでその日は理科をやることにした。僕が持っていた教材の中から簡単そうな単語を埋めるだけの小テストが載っているページを選んで「まずこの10問を答えを見ずに全問正解できるようになるまで何回もやろう。途中で分からなかったらすぐに答えを見ていいから。」って決めてやってもらうことにした。

最初ちゃんとやってくれるか少し不安だったけど、Tはすぐに静かになって集中し始めた様子だったので僕は安心して自分勉強をしていた。

そこから2時間くらい時間が経って「全問正解できた!」とTが言った。その時のTはすごく嬉しそうな表情をして「勉強っておもしろいね!」と言ってたのがめちゃくちゃ記憶に残っている。

結局3時間くらい一緒に勉強して、Tはめちゃくちゃ疲れた様子だったのでその日はそこで終わりにした。

Tの集中して勉強をしていた様子を見て、ちゃん勉強すればもっともっと伸びるのにと思った。その日にやった問題簡単ものだったし3時間もかけてやるのは遅すぎるのかもしれないが、Tはまだ勉強のやり方を知らないだけだし進みの大小は関係ない。

そこで別の日に僕は「同じ塾に入って一緒に勉強しようよ」とTを誘ってみた。Tは勉強面白さに気づいたからか乗り気になってくれてまずはTママに聞いてみることにした。Tママは少し困惑した様子ではあったけど否定はせず「お父さんがいいって言ったらいいよ」と言ってくれた。

その日たまたま父親がTママのお店に寄ることになっていたようで、そのままの流れで一緒に父親にお願いすることにした。Tママの反応が悪くなかったこともあり、きっと父親OKしてくれるだろうと期待していた。

しばらくして父親が来て、Tは父親に向かって「塾に行って勉強したいんだけど」と言った。

その父親はすぐに「塾~!?お前が勉強なんかしてどうすんだ!バカバカなりに生きろ!」と一蹴し、いそいそとまた出かけて行った。

しばらく僕もTも呆然としていた。

その後TやTママと何を話したのかはよく覚えていない。

その一件があってから僕とTが2人で勉強することは一度もなかった。

その後Tは地元底辺高校に進学した。

高校に行ってからは付き合う友達も変わったのもあり疎遠になり連絡を取ることはなくなったし、高校生の間に2~3回くらいしか会わなかったと思う。

それから数年後、成人式に出るために地元に帰った時にすごく久しぶりにTに会った。いま何してんの?という話になり「東京大学に行ってるよ」と話すと「東京大学って東大!?」みたいな冗談を言っていた。その他はあまり覚えていないが、たわいもない話しかしなかったと思う。

それからはいまTがどこで何をしてるか全く知らない。

---

Tの父親に塾に行かせてもらうようにお願いをしたときそもそも勉強したいと言って親が止めることなんて有り得ないだろう」と僕は楽観的に考えていた。当時の僕は自分が恵まれ環境にいる事に気づいたおらず、自分環境だけの当たり前を「世の中の全ての人の当たり前」だと思い込んでいた。

しかしそうではない現実にあの時初めて直面した。

バカバカなりに生きろ」

僕に向けてそれを言われたわけではないが、この言葉は僕の中に今でもずっと響いている。

Tは勉強のやり方を知らないだけだった。僕がTに教えたのは「答えを暗記すれば問題に正解できる」という極めて当たり前のことだった。

どんなに苦手な科目であってもひたすら答えを暗記すれば比較的短時間で80点くらいは取れるようになるというのを僕は自分経験から知っていた。それと同じことを学校先生も教えてはいるんだろうが、Tはそれを理解することも実践することもなかった。

それはTの能力が低かったかなのだろうか?

たった3時間程度でさえもそれができるようになるまで付き合ってくれる人が周りにいなかった。

問題を正解できてもその達成感を分かちあえる人が周りにいなかった。

勉強をやろうと言ってくれる人が周りにいなかった。

そして偶然勉強面白さに気づくチャンスがあった時に「勉強をしてみたい」という気持ちサポートしてくれる親がいなかった。

TはゲームCDをたくさん持っていて新しく発売したものもすぐに手に入れていたし、塾に行かせてくれなかったのは経済的問題ではなかったと思う。

Tの親はブランド物や貴金属お金をかけたりゲームおもちゃはいくらでも子どもに買い与えていたが、塾に通うための1〜2万円を払ってくれることはなかった。

---

自分にはTに低学歴の世界高学歴の世界の溝を越えさせることはできなかった。

しかし仮にあの時に塾に行けたとしてもただ挫折させるだけの結果になっていたかもしれない。僕も結局Tのサポートをいつしか諦めてしまったわけだし、そこまで強い気持ちでTに勉強をさせたいというわけではなかったんだと思う。

誰かの人生選択責任を持つことなんて到底できないし、ただただ未熟な中学生の身勝手な思いつきでTを振り回してしまって申し訳なかったとも思う。

彼が本気で勉強をしたいと思ったなら塾に行かなくても勉強はできるし、父親に何を言われようと行動をしていたはずだ。

でも、だからといって行動することを本人のやる気だけに求めるのはあまりにも酷すぎる。

高学歴の人であっても強い意志を持って人生選択をしてきた人が果たしてどれだけいるだろう?

僕は偏差値60くらいの理系学部卒業した。東大京大海外大学を出ていたり博士号まで取得した人などと比べれば個人的にはとても高学歴とは言えないが、日本全体で見れば僕も高学歴に分類されると思う。

そんな僕が勉強をやり始めたきっかけを考えると、勉強をしなさいと親に言われたからやっただけだった。兄弟が塾に行っていたからという理由で親に言われて同じ塾に通い始めただけだった。

いつしか勉強をすることが自分事になり自発的勉強することができるようになったが、最初きっかけは親に同調しただけだ。そこに「高学歴の世界に行く!」なんて強い意志なんか一切存在していなかった。

高学歴の世界」にいる人たちは自分の強い意志があったか勉強をして大学に行ったのだろうか?

Tと同じ環境にあったとしたら果たして同じように高学歴の世界に行けたのだろうか?

僕は今エンジニアとしてIT企業で働いている。周りには高学歴で優秀な人がたくさんいる。

もしTがあれから勉強を続けてプログラマーになっていたとしたら、この世界を知っていたら、彼はどうなっていたのだろう。

今でもたまに当時のことを思い出す。

地元にいるとしたら田舎結婚するのが早いし、もしかするとTには子どもいるかもしれない。

この先Tが自分の子どもに「塾に行って勉強したい」と言われたら彼はその子に何て言うんだろう。

あの日のTの父親と同じように「バカバカなりに生きろ」って言うんだろうか。

もしそんな日が来るのであれば、Tは彼の子どもには違う返答をしてくれると信じたい。

2019-06-20

anond:20190619131950

都会の飲み屋で隣に座った人から地元産業ヤクザ資金源にって話をされたからよく聞いたら

農家漁師のおじさんがヤクザに見える容姿なだけだった。

機械とかで指切断してる人いるし、パンチパーマで日に焼けてて変な色のスーツ着てる人(会議とかで)が多い地域なんだ。

2019-06-02

anond:20190602200657

両腕に入れ墨

頭はパンチパーマで反りこみを入れてグラサン

スーツと靴はまともなブランドのまともな服で上等なものプレスされ磨かれたもの

体を鍛えて背を伸ばせば完璧

2019-03-09

anond:20190309031405

地蔵は「地蔵菩薩」。道端によくいる、坊主頭仏像がお地蔵様だ。地獄を始めとした六道を行き来して迷える魂を救済してくれると言われる。それが転じて道祖神として道を守る仏様として道端によく置かれている訳だ。

釈迦言わずと知れた仏教開祖であり、悟った人=仏陀である信仰対象としては「釈迦如来」と呼ばれる。

釈迦が分類される「如来」は「悟りを開いた人」であり、像容としては、肉髻と螺髪、つまり頭頂部が盛り上がったパンチパーマみたいな大仏ヘアで表現される。

地蔵が分類される「菩薩」は「悟りを目指し修行中の身」で、髪を結って宝冠を被り持ち物を持つ姿をするものが多いが、地蔵場合はそうりょのように坊主頭錫杖を持つ姿で表現される。

簡素説明ですが、これでよろしいでしょうか。

2019-03-04

anond:20190304163417

頭はパンチパーマ

制服は短ラン

鞄をつぶしてたような連中だろ今責任者立場にいる世代って

そういうやつだったらこれはズボンだというんだろ

うそれでいいんじゃないのかね

2019-02-02

体当たり」してくる奴らって、死んでもいいよな。

Twitterのまとめ等やワイドショーでも取り上げられた「弱そうな人を選んでぶつかって来る人」がいる。本当にいるのだ!

俺は、毎朝、毎夕、そういう奴らに必ず会う。毎朝、毎夕だ。もう一度、確認。毎朝、毎夕。だ。

本当に苦痛だ。ぶつかった俺が悪いと瞬間的に思い、「スミマセン」「申し訳ない」「ゴメンナサイ」と言ってしまうのだ。本当に、反射的に。

わざともしくは、自身の不注意でぶつかっても、俺を見て「こんな奴に俺が不注意でぶつかっても、俺が謝ることはないよな!俺よりも弱そうな奴だし!笑!」という意識を残した後ろ姿を振り返りながら俺は、心底「お前など、死んでくれ!」って思っている。

本当に情けない。俺自身が許せない。どうして俺が謝るのだ?相手の不注意を指摘してもいいだろう!と毎回思ってはいるのだよ!。でも、具体的なアクション相手には起こさない。したところで俺が得るもは「?」いう相手不思議迷惑そうな顔だけ。「だからなんなの?どうしたいの?」って凄まれ、誰もいない場所まで連れて行かれて殴れたら?財布を差し出すことを強要されたら?って想像をする。

実際に殴られ、それを指摘しても警察等は、俺に向かって「証拠を出すように」って促すのだ!!俺はなにも悪いことをしていないのに!俺が証拠を出すように!って!そんな理不尽社会絶対に間違っている。間違っているなら、俺が変わればいいのだよ!って思いつめた。

そんな俺。明日頭を「パンチパーマ」にするのだ。サングラスをかけてストライプの入ってスーツを着る。そうすれば、見た目で馬鹿にされることは少なくなるだろう!きっとそうだ!職場の同僚は「?」って感じだろうな。でもパンチパーマやストライブスーツに変えたからって、同じような職務を続ければいい。それで失うモノよりはこれまでも卑屈な毎朝、毎夕に比べれたら何でもないこと!

きっと、昨日までぶつかってきた奴らは、「スミマセン」、「申し訳ない」って、俺に向かって言うのだろうな。俺は毎朝、毎夕、感じた同じことを!

2018-11-25

anond:20181125000858

パンチパーマ・剃りこみ・うす茶色ブルゾン・小太り。

三白眼のおじさん警察官たことあります生活安全課だったなぁー。

おとり捜査だったんだろうか💦

そういう悩みは警察生活安全課にするといいよ

きいたので(教えてもらったのに行かないと悪いと思って)行ったのに、

まりにも、ドラマみたいなキャラの方でした。

2018-07-31

パチンコ業界って接客だけで復活すると思ってんのかな(笑)

パチ屋社員だが規制煽りを受けて客が減り、以前にも増して接客接客と上からうるさく言われてる…

接客

パンチパーマ店員タバコ吸いながらポッケに手を突っ込んで箱を投げてくる時代からホテルレベルにまでずいぶんと良くなりました

設備

煙が充満して臭すぎる店内は設備の向上によりずいぶんと空気がきれいになりました

接客設備を良くすれば客は増える、そう言われて十数年

結果として3000万人→900万人へ遊戯人口は激減

市場規模は30兆円→20兆円割れ

結論

客を増やすには出玉、賭博

懇切丁寧すぎる接客クレーム対策しかないんよ

2017-11-21

anond:20171121092804

明確にコンセプトを作った上でやってることを何で否定してくるんだろうな

じゃあ仏像パンチパーマだけじゃなくてサラサラストレートロングの仏も作らにゃならんだろっていう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん