「スレイヤーズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スレイヤーズとは

2022-06-18

好きだったラノベアニメ化決定すると、自分の慧眼を誇りたくなる

同時に、「おれだけのあだち充じゃなくなった?!」という一抹の寂しさも感じる。

スレイヤーズ

おっちゃん、原作が4冊しか出てない頃からファンだったんやで。

「ゴクドー君漫遊記」

おっちゃん、2巻しか出てない頃からファンだったんやで。

ロードス島戦記

おっちゃん、RPGリプレイが1冊しか出てない頃からファンだったんやで。てかOVAはともかくTVアニメ化遅すぎ。

ハイスクールD×D

おっちゃん、1巻目が新刊だった頃からファンだったんやで。(え、あれをアニメ化するの? 正気? という気にはなったけど)

ソードアートオンライン

おっちゃん、Web小説だったこからファンだったんやで。Web版だと命乞いするクラディールを問答無用でブッスリ殺したのはアスナだったような記憶が。ダウンロードしとけばよかったなあ。

十二国記

手を出したときには既に図南の翼まで出てたので、あまり大きな顔をできない。


逆に、あえて手を出さなかった作品アニメ化されると屈辱に枕を濡らす。

オーフェンとか。

2022-06-09

anond:20220607141101

同じ時代若者として生きたと思うけれど、もはや昔のことすぎて何の記憶もないな。

当時はエヴァンゲリオンとか林原めぐみかに勇気をもらってたな。

自分シンジ君に見立てて儚んでいたり、林原めぐみの歌を歌ってたりしてた。

スレイヤーズバリバリ見ていて、元気で強い女の子にあこがれを感じる男子たちはこうして生み出されたんだと思う。

2022-06-03

[]神坂一スレイヤーズ!」

スレイヤーズ入門増田みて原作1巻だけ読んでみた

1巻だけでいいかなとオモタ

アニメ脚本かと思うくらいスカスカな中盤まで、と一気に設定垂れ流してくる後半のバランス悪い

まあ後半の帳尻合わせがなければ、中盤あたりまでの出来なら賞とるのはむずかしかっただろうなと思う感じ

90-00年代電撃文庫文字の小ささと説明過多をラノベだと思ってると、まじでライトライトでびっくりする

ランスっぽさを感じた

とりあえず読んでみる経験はできたのでよかったと思うけど、

読んで良かったとおもえるほど面白くはなかった すまん

やっぱ時代性って大きいね

90年台、もとい80年代後半~=90年台は、TRPGリプレイもどきラノベと言われてたのがすげーおおかった印象あるわ

中学生ときに読んだリウイ高校ときよんだフルメタ面白く感じたけどいま読むと古臭く感じちゃうのかなー

2022-06-01

anond:20220601121956

増田は知らないかもしれないけど、当時はオタクさん=ヤバい人、だったからなあ

子供たちはドラゴンボールとか幽白とかスラムダンクとか読んでた時代だわ

そこでマキバオー少年誌として少年に受けた

そこから競馬ブームが広がってった

中学校クラス中学生タイキシャトルサイレンススズカの話をしてたんだよな

当時のオタクぽい人はスレイヤーズ見てたで

2022-05-30

anond:20220530151557

アニメスレイヤーズトライ

それ以外は、ナーガが出た映画版しか面白かった記憶が無いな

本当に面白かったら、しつこくシリーズ化してるわけ

anond:20220530151557

これはスレイヤーズすぺしゃる第一第一話白魔術都市王子でいいと思う

短編なのでだいたい40ページくらいしかない

・本編公開前に連載された実質的第一話で、もし万が一興味が出た場合、この話に出てきた登場人物が後の話でも重要キャラクターになるので必然的に読む必要が出てくる

・今kindle unlimitedに入ってるので無料で読める

anond:20220530151557

おいおい何の作品の話をしているんだい?

と思ったらスレイヤーズレイアースを間違えていた。

ゆずれない願いを抱きしめよう。

令和にスレイヤーズ入門するには何がええんや

原作小説コミカライズアニメとなんでもあるけど、どれがええんや

じじいどもおしえろ

ちなみに前知識は、

たそがれよりなんちゃらって呪文に当時のオタクがはまったとか、

主人公最初から最強?だとか、

ライバルで女のボンキュボンハイレグキャラがいることくらいしかしらね

ストーリーとかキャラ性格とか全然しらね

追記

今日ホッテントリあかほりさとる水野良の対談あったやん

そこでラノベ元祖スレイヤーズってのをみて、

くそう言われてるけどなにげに読んだことねーなと思ったんよ

無理に古典ふれなくてもいいのはわかってるけど、やっぱ気になるじゃん

あと触れるなら、アニメの評判がやたらいい?印象があるから

(もしかすると、林原OPアニソンで有名ってだけのことを、アニメ自体が評判いいと勘違いしてるかもだが)、

原作よりアニメをみたほうがいいのかとも思ってる

選択肢ありすぎてわからん

ちなみにいまんとこは

自分のペースでさくっと読めそうなコミカライズかなと思ってるが、

コミカライズ割愛いか原作がいいとかなら原作かなー

アニメはみる方法さがすのめんどいし消化に時間もかかるし、社会人にはつ令和な

追記

絵柄の好みはまったく問題ない

というか80-90年代アニメキャラデザは、個人的にはむしろすげー好きなんや

肉感的ですげーえろいしかわいいし最高なんや

から昔のキャラデザに抵抗ある人間よりは素養はあるで

2022-05-26

はてな世代

最近はてブ話題になってるネタリアルタイムニュースとかを外してみると

スレイヤーズ詠唱

HUNTER×HUNTER

ゲーム階段

ひろゆき

統合失調症

なんかいさらいうのもなんだけど、世代的にはてなにいる層ってだいぶ偏ってないかね。

ほぼはてなに居ない年代というのが(若い人は当たり前として)たとえば三十代後半とかそういうレベルでどかっといそう。

こんなところにいないというのはその世代健全と言うことになるのかもしれないけど。

面白さを説明できなくて

HUNTER 面白くない増田に触発されて、キーボードを引き出した。

長い沈黙を破った作者の貴重なモチベーションを守るために。

青春時代の長きを通して少なくない影響を、わたし人生に与えた、かの名作。

今こそ、恩を返すときだ。そう息巻いて反論をしたためようとしたのだけど。

面白さを、説明できない。

すでに三時間が経っている。HUNTER×HUNTER だけじゃない、感動したアニメけものフレンズとか、スレイヤーズとか、小説の三体とか、あらゆる芸術作品を思い出して、黙考に沈んだのに。

どう面白いのか、まるで解説できないのだ。

どの作品についても楽しかった気持ちは思い出せる。オープニングを聞き返すたびに、あのころの胸の高鳴りが戻ってくる。誰に腐されようと、同調圧力だなどと言われようと幸せだった思い出は消せない。

しかしそれでも。誰かに、なぜ面白いのかを解説してみようとすると、どんな言葉も出てこないよ。

わたしは、くだんの増田を努めて注意深く読んだので、彼の論説も、ほとんど「なぜ面白くないか」を説明していないのに気づいている。だらだらとモノローグが続いたから何なの? カタルシス説明必要性には詳しく言及するのに、作品評価は、冗長すぎる・キャラが多すぎる、で断じるのみ。ゴミ、最悪だろ、と言うけれど、同意を求められても、最悪さの根拠は何ひとつ提示されてないでしょうが

そうは言っても、なぜ面白くないかを言えてない、と文句をつけたところで、わたし面白さを説明したことにはならない。

草葉の陰からルフィがひょっこり顔を出し、お決まりセリフを言うだろう。何が嫌いかじゃない、何が好きかで自分を語れよ(※)。長い視聴歴の間で、エンターテイメントは心安らぐ時間提供してくれたけれど、わたし意味レベルでは何ら学ばなかったのか。何が楽しいのか。どう重要なのか。どんな風な意味を持っているか。語る言葉は何もなくて。心のヒダヒダにはごく個人的漠然とした印象しかまれていなかった。空しさが募る。

2022-05-23

「血の流れより紅きもの…」に匹敵する詠唱

当時、中学生の頃にテレビで観て、やべえ格好いい… って感動した。

スレイヤーズ、リナ=インバース魔法、ドラグスレイブ詠唱だ。

こういう魔法とか必殺技呪文詠唱、ってよく思いつくよなあ…

振り返ってみて、オレはアニメ映画小説などに縁遠い人生を送ってきたと思う。

ひょっとすると、世の中には実は「血の流れより紅きもの…」に匹敵するくらい印象に残る素敵な前口上が存在するのかもしれない。

はてなブックマークに「詠唱タグがあったなら、絶対ブクマして定期的にチェックするんだけどな。

2022-05-12

anond:20220430203312

スレイヤーズ、はまさにそういう意図で書かれたものじゃないかと今なら思う。

当時「これを小説と呼んでいいのか?」ってぐらいスカッスカであっという間に読み終わってしまい、あまりの短さにこれを小説として買うのを躊躇させるぐらいだ。

でも面白かったのは確かで。

こういうのを「ライトノベル」って命名したやつはセンスあったと思うが、今のラノベライトとは程遠い読むのに苦労するやつばっかりだ。

2022-05-07

https://anond.hatelabo.jp/20220505041542

この人の場合ラノベが好きなんじゃ無くて、一時期ブーム評論家みたいな連中が持ち上げてたラノベ論壇シーンの空気が好きなんだろうな。

ミミズクイリヤなんて当時評論ごっこをやってた連中がなんとか受容できた文芸趣味ラノベで、正直、ロードススレイヤーズ世代の俺からすればなろう系よりつまらないわ。趣味に合わないと言ったほうが正しいか


今も当時もヒットしてるのはジャンプ漫画や大作ゲームって中でさ、セカイ系だの日常系だのラノベだと小さなブームを見つけては時代象徴みたいに取り上げて、肯定否定派分かれて自分語りしてれば大勢が注目してくれたし、ひとかどの論客のような錯覚に浸れた時代があったんだよね。

まあ、増田辛口批評持ち上げてるところから分かるように、だいたいは流行ってるものを如何に叩くかってゲームだったんだけどな。「撲殺天使ドクロちゃん」みたいに読み捨てて終わりという娯楽娯楽した作品は、俺はこういうのも評価できますよ的にあえて褒めるか黙殺するかだったな。


世間の流れに逆らう無頼を気取ってるけど、こいつらがやってるゲーム、結局ブーム基準自分語りするしかいか10年後に残る残らないのような紋切り型ロマンチシズムが残り続けるんだよ。

じぶんのやってるゲームメタ認知して、作品対峙の中でクライテリアを磨き続ける、その程度の思索もやらずに辛口批評なんか読んでなんの意味があるんだか。人とじぶんの価値観を照らし合わせて、他人が褒めてるけどnot for meとか、批判されてるけど当てにならないなとか、普通フォロワー任せにせずにある程度じぶんで出来るようになるもんでしょ。

あげく、ちぐはぐな基準作品を探したり、人に頼っては勝手にキレ散らかしたり、流行感性が合わないだけで周りに怨念ばらまくとかなってるじゃない。

正直、お前らが人間としてつまらなすぎるのが娯楽の受容にも現れてるだけだと思うわ。

2022-04-11

anond:20220410225141

このアイデアエヴァがヒットしたことによって

このアイデアエヴァ的な見せ方や表現とともに普及したという観点は持ってるけど

エヴァ一年前に放送を開始した「Blue Seed」は核を壊さなければ再生する化け物だし、核をむき出しにするために素手怪物を引き裂く描写結構ある。

スレイヤーズ」「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」も核を破壊しないと再生する敵が多い。これらはエヴァ放送以前。

1年後だが「勇者王ガオガイガー」は敵の胸に手突っ込んで核引っ張りだして爆発する。

リアルタイムエヴァは観てたけど、当時核を壊さないと再生するって部分に斬新さは感じなかったぞ。

攻撃再生→推測→核探し→★→殲滅

★の部分が作品個性を出すところで★以外は当時からテンプレだった記憶がある。

2022-03-15

anond:20220315150532

ロードス島戦記はなんか地味なアニメやなーと思って途中で見なくなったな

スレイヤーズ面白かった

19chテレビ大阪 is God

anond:20220315144807

当時は東京に住んでないと最新アニメが何も見れなかったのが本当に辛かった。

ロードス島戦記スレイヤーズフォーチュンクエスト、あれだけ小説を読み込んだ作品アニメが見れなかったのは本当に悔しかった。

ならいつでも見れるけど、当時だから良かった作品である事は間違いないので今見たいとは思わない。

2022-02-21

キーワードGet along民」

炎上した人のSNSアカウントに集まりここぞと批判を繰り返す人たちのことを指す。

スレイヤーズOPソングGet along」の歌詞「退屈な時は 悪い奴ら ターゲットに気晴らし ストレスも飛んで お宝まで 手にすればやめられない」にちなむ。

2022-02-18

三大スレイヤーズの決まり文句

・暴れるモンスターあればとことんぶちのめし 、輝くお宝あれば無理矢理独り占め! 大胆不敵、電光石火! 勝利はあたしのためにあるっ!!

  

黄昏よりも昏きもの。血の流れより紅きもの。時の流れに埋もれし偉大なる汝の名において、我ここに 闇に誓わん。我等が前に立ち塞がりしすべての愚かなるものに我と汝が力もて等しく滅びを与えんことを!

  

あと1つは?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん