「フラペチーノ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フラペチーノとは

2019-07-11

500円の満足感

スタバ抹茶フラペチーノサーティワンクレープ

両方試したけど、サーティワンクレープのほうが値段なりの満足感あった

スタバ場所代が大きくてドリンク自体の値段なりの満足感はないと感じた

[]

ゆめタウンから帰宅

スタバ抹茶フラペチーノ、31アイスクレープコーン1個を食べた 

帰りにルミエール寄ったけどそこで駐車場まよって重い缶詰ぶら下げて20分くらいうろつく羽目になってめちゃくちゃむしゃくしゃして苛ついて壁蹴っ飛ばし

5~10分したらイライラ、怒りはおさまった

死にたい

ダブルチョコ抹茶クリームフラペチーノ

スタバ500円券つかうのにこれに決めた

ショートにすれば足が出たとしても10円ちょいのはず

2019-07-09

お気持ちお察し待ち人

鬱陶しいので切ったが、共通の友人を経由してたまに生存確認がくる。

摂生で体調崩してるのに昼飯にケーキとなんとかフラペチーノみたいなやつ食ってた。いつもそう。治す気ない。ほんとに合わない。アナフィラキシーにでもなれ。

2019-06-23

スタバ早くタピオカトッピングできるようにして

スタバライバルってタピオカドリンク屋でしょ。

これだけタピオカ流行ってるのに、スタバタピオカドリンクメニューかたくなに出さないのは上層部プライドなのかな。

「うちフラペチーノ売ってるけどあくまコーヒー屋だしww ジュース屋じゃねえしww」みたいな

スタバタピオカトッピングできるようになったら、老舗和菓子店店頭ショートケーキを出すみたいなことになるんだろうか

スタバタピオカトッピングできるようにしてほしいけど今タピオカブーム全盛期だから、今さらタピオカ在庫を大量に確保するって、無理なのかな。全国チェーンのスタバタピオカトッピングできるようになったら地方でも気軽にタピオカが楽しめていいんだけどな。

2019-06-22

[]タピオカミルクティを売る元ヤクザJK

俺は今はやりのタピオカミルクティー屋を営んでいる。

近くに学校がいくつかある駅前商店街で、客は若い女の子を中心にたくさん来る。行列こそできないが、客足が途切れることはない。

「夜なのに暑いな」

俺は独りごちてシャツの袖をまくった。もう長袖も限界の季節だ。

俺の両腕にはヤクザだった頃に入れた紋紋がびっしり入っている。その頃ももうそんな時代でもないのに、言われるがままに入れてしまった。

後悔はしていないが、未だに面倒がつきまとう。

今は長袖を着て隠しているから、こんなにイカツイおっさんタピオカミルクティーを売っていても、怖いもの知らずの女子高生子供達にはクマ着ぐるみの様な扱いをしてもらえるが、さすがにこれはマズいかもしれない。

接客担当を雇うべきだろうか。

そんな事を考えながら、人通りの途切れた夜の街でクマタピオカミルクティーが描かれたブラックボードを店内に片付けていると、後ろで足音が止まった。

「あ、あの!」

振り返ると女子高生が縮こまって立っていた。

「ごめんな、今日はもうおしまいなんだ」

「違うんです! 私をこのお店で働かせて欲しいんです!」

そう言って、長袖シャツの手を腹の位置で祈る様に組み合わせるのを見て思い出した。

あんた、角のコンビニの子か」

彼女5月暑い日に長袖を着ていた。

「クビになっちゃったんです。お父さんがお金貸せって怒鳴り込んできて……みんな怖がっちゃって……でも、クマ店長さんなら」

客の女子高生くまのプーさんみたいに呼ばれてる事を俺はこの時初めて知った。

「親父さんはカタギなのか?」

コクリと頷く。

「じゃあ俺なら親父さんにビビったりしねえわな」

「……はい。お願いします!」

彼女が頭を下げた。

「俺は、雇い主兼用心棒ってワケか。ウチの店は小せえカウンター路面店からあんまり涼しくねえけど大丈夫か?」

彼女が袖口を押さえた。足も真っ黒なタイツだとその時ようやく気づいた。

「私、寒がりなので大丈夫です」

「じゃあ明日放課後から頼むわ」

「私、フルで入れます!高3だし、受験しないか学校別に行かなくても…」

「行けよ。どうせ客だって放課後しか来ねえからさ」

「でもそうすると」

「時給はとりあえず1300で良いか?」

「え? そんなに?」

目を丸くする彼女に再度確認すると、おずおずと頷いた。

「じゃあ明日からよろしくな、お嬢さん


お嬢毎日閉店までよく働いた。学校休みの日は開店から晩まで。

お嬢、たまには休んでも良いんだぜ? 別にだって毎日開ける必要はねえんだ。この店が年中無休なのは、俺がタバコ代と晩酌の酒代位しか金と時間の使い道がねえからなんだしよ」

レジの釣銭を確認していたお嬢の顔が曇る。

お酒飲むんですか?」

毎日オールグランダッドを一杯だけな。俺の流儀でね。多くても少なくてもいけねえ」

「あ、そういう飲み方もあるんですね」

お嬢は棒銭を持ったまま珍しいものでも見る様な顔で俺を見ていた。


親父さんはお嬢が入って1カ月後にやって来た。

足元があやしい男が店の前を行ったり来たりしていた。ひどく老けて見えた。

そのアル中の男が再度通り過ぎた所で、俺はゴミ袋を持って店の前に出た。

戻って来ようとした親父さんと目が合ったが、おどおどと引き返して行ってしまった。

用心棒らしい事は何1つしていないが、役目は果たせた様だった。


夏休みになり、お嬢太鼓判を押すので、タピオカ入りフラペチーノとやらも売り出したら、店には行列が出来た。

なかなかに儲かったが、ブレンダーにかける手間が掛かるので、目が回る程に忙しかった。

冬になって、2人でホッとした。正直もう二度とやりたくない。


それから半年経った3月1日、店のシャッターガンガンと叩かれた。

開くとお嬢が居た。制服の胸には白い花。

「この貼り紙何ですか?」

シャッターに貼り付けておいた紙を目の前に突き付けられた。

「見た通りだよ。店はもう閉めたんだ。元々このビルの建て替えまでの1年の契約でね」

「私、卒業しても働くって言ったのに!」

「店は別の所でやる」

お嬢の顔が若干ほころんだように見えたが、続けて隣県の駅名を言うと、それは消え失せた。

立地の条件や雰囲気はここと似た様なものだが、電車で1時間半の所だ。近くはない。

「じゃあ、もう……」

鉛筆ビル店舗の上の2、3階のアパートと丸ごと借りれたんだ。俺と副店長の寮にしようと思ってな」

「そう……ですか」

「どう思う、副店長?」

「え⁉︎ 私?」

「他に居るか?」

「良いんですか⁉︎ あ、でも……お父さんが」

「親父さんにはコレで手を切らせるさ」

銀行の分厚い封筒彼女ボンっと渡した。

お嬢が受け取らなかったボーナスだよ。フラペチーノで稼いだ金なんだからあんたのもんだろ」

話はつけられるだろう。そういうのが得意な知り合いの力を借りても良い。あの手の男は力関係に敏感だ。

「お店いつからやりますか?」

ボロボロと溢れる涙を一生懸命拭いながら彼女が訊く。

引っ越したらすぐ出来るよ」

「じゃあ! 今年は5月からフラペチーノやりましょう」

「……勘弁してよ」

聞いただけで疲れるとボヤいた俺の隣で、涙も乾かない彼女ケラケラ笑っていた。

2019-06-11

anond:20190611134926

それを言うなら、インスタ映えを狙ったフラペチーノとかでしょー。時代は令和ですよ。昭和の懐かしスイーツでしょー。

2019-06-09

anond:20190609200126

みんなか知っているお店に行きたい、ってのはあるんじゃないかな。

マクドの新作食べたとかなら友達共通体験として話題に出来るけど、小洒落アジアンテイストコロニアルフレンチとかじゃ話題にならない。

学生くらいまでの若い子がチェーン店に行きたがるのも同じ理由地元の老舗喫茶店コーヒー飲みましたではSNSネタに出来ない。昨日のラジオお笑い芸人話題にしていた、大手コーヒーチェーンのなんとかフラペチーノアブラシマシで飲んでSNSに書きたいのよ。

2019-06-07

【結目ユイ おしっこ我慢SS】 この尿意は私のもの

女の子おしっこ我慢しているときに見せる表情はどうしてあんなに魅力的なのだろうか。

結目ユイは今、バーチャルタレントとして活動している。ユイのいるバーチャル界隈では、おしっこ我慢しながら配信する「おしっこ我慢配信」が流行っていた。ユイ清純派美少女バーチャルタレントだ。だから自らそのような配信に参加するつもりはなかった。だが密かに企画があるたびに視聴者として見に行っていた。自分推している配信者がその企画をやったときは喜び勇んで見に行って画面に張り付いていたのだ。残念ながら、「決壊」することはなかったが、それでも配信は十分に満足できるものだった。

その配信者の次回企画の日が収録の日に被ったのを知ったときユイはとてもがっかりした。だが今日になって、収録が早めに終わったときは心の中でガッツポーズをしたのだ。時計を見ると、すぐにスタジオを出れば配信が見れそうだった。おしっこ我慢企画リアルタイムで見るに限る。"どうなるのかわからない"からこそ、そこに「リアリティ」を感じることができるからだ。電車に乗ってしまえば配信に集中できないと判断したユイは、周囲にある奥まった席のあるカフェを思い浮かべる。そうしてユイは駅近くにあるスターバックスに入ることにした。

いつもは甘いフラペチーノを頼むのだが、今日眠気覚ましを兼ねてアイスコーヒーを頼む。画面をのぞきまれない奥の席を確保し、イヤホンをして開始が迫った配信の待機画面に入る。配信が始まると、推しの2人がクイズを間違えるたびに水を飲んでいく。クイズに答える二人の声に徐々に震えが混じってくる。時折吐息やうめき声が漏れ聞こえてくる。2人の頭の動きが大きくなる。2Dからかい表情や動きは読み取れないが、ユイ脳内で補完することは容易だった。その情景をありありと想像して、ユイの顔も上気してくるが、その熱を鎮めるために冷たいアイスコーヒーを飲んだ。

配信も終盤に入ると、配信する2人の声も明らかに尿意我慢しているものに変わってきた。ユイの机にあるカップはもう空になっている。2人の熱のこもった声と共振するように、ユイの体も熱を持ってくる。2人の尿意自分のもののように感じられる。ユイはこの感覚を知っている。出せば得られる大きな快感も。もう楽になってしまいたいという気持ちも。それでも、出すわけにはいかないという意思も。社会的な死を避けるために、体からシグナルを無視する苦痛も。彼女たちの細かい表情が見れないのがもどかしい。声の震えだけがはっきりとわかる。きっと彼女たちの表情は苦痛に歪んでいる。手はせわしなく動いているだろう。内股気味になって、脚は細かく震えているだろう。まさしくこんな風に。

企画の終わりの時間が来る。今日は見ていただきありがとうございました、お疲れさまでした。そう早口で言うと、すぐに放送は切れてしまった。もはやゆっくり挨拶をしている余裕などないのだ。あるのは解放に向かえる喜びと、少しでも早くと自分をせかす気持ちだけだ。その様子を余すことな想像して、ユイは満足そうに顔を上げた。今日配信は一段と彼女たちの気持ちリアルに感じることができた。現にこうして尿意我慢する感覚放送が終わった今でも残っている。「現にこうして」?

この尿意は私のものだ。ユイはようやくそう気づく。いつから尿意を感じていたのか。いつから我慢していたのか。配信中のどこかから始まったそれらが、いったいいつ始まったのかユイにはわからなかった。わかることは、もう限界が近いことだ。尿意自覚してから膀胱から命令暴力的と言えるまでに強くなっている。急いで店内のトイレに向かうと、そこには無慈悲にも「清掃中」の札が下がっていた。

飲食店で働いていた経験から掃除が終わるのはそう長くはかからないことはわかってはいた。それでも、最悪の場合があり得るほど長くなる可能性もある。それにもはや体を動かさずに平静を装うことが難しくなっているのだ。待つことを選んだら、我慢していることは周囲に筒抜けになってしまうだろう。ユイはそう考えると急いで駅のトイレに向かうことにした。一番近く、確実にトイレがあるのが駅だったのだ。それに、歩いているときは体の動きを誤魔化せる。

ユイは足早に店を出る。あくま普通に、急いでいる人のように歩かなければならない。額に汗がにじむのは、急いで歩いているからか、それともほかの理由からか。階段を一段降りるたびに衝撃が体に響く。急いでいるはずの足の動きが段々と鈍くなる。駅に入ってトイレ標識を探すと、トイレへの矢印は改札内に向いている。急いで改札を通ろうとカードをかざすと、残高不足で改札が閉じた。その驚きには何とか耐えたが、もはや冷静を装うことなどできず、頭にあるのはただ一つの欲望だけだった。わずかに残る理性をかき集め、券売機カードの残高を補充する。カード差し入れる手は震えていた。財布を取り出すのにやけに時間がかかる。パネル操作する手が液晶を連打する。逆の手では人差し指トントン券売機のある壁を叩く。一つ一つの動作が、やけに、長い。

ユイの手にカードが戻ってくる。歩幅は普段の半分ほどだ。やっとの思いで改札にたどり着く。カードをかざす。もしも何かのエラーでまた改札が閉まったら、もうユイに為す術はなかっただろう。幸いなことに今度は改札はユイを拒絶しなかった。改札をくぐると、後ろの人が改札に引っかかる音がした。その驚きもなんとか飲み込む。背負っているものの重さがまた増えた気がした。トイレまではあと50メートルほどだ。もはやなりふり構わず、正確にはその余裕もなく、体に余計な刺激が加わらないよう、人の流れを避けて、目指す先へと慎重に進んでいく。

トイレに清掃中の看板はなかった。あっても無理やり入っていただろうが、今はそんなことは気にならなかった。あと少し。あと少しでこの苦役から解放される。緩みそうになる気を再び引き締め、慎重に、歩を進める。先ほどまでうるさく鳴っていた頭が今はやけに静かだ。トイレに足を踏み入れる。最短距離で個室に向かう。洗面台の前を通り過ぎるとき、ふと視線を横に向けた。

鏡に映っているのは、おしっこ我慢している美少女だ。整った顔立ちは、苦痛に耐えるために大きく歪んでいる。毛先に行くにつれて白からピンクに変わる髪と、赤みが差して火照っている顔の中で、涙をたたえて青く澄んだ瞳がことさら美しく映えていた。左手はもう感覚がないが、無意識に毛先をいじっている。内股気味に歩く姿は急いでいるようにも、動けないでいるようにも見える。膝頭をこすらせながら一歩ずつ足を進める姿はかすかにふるえている。急いでいるにも関わらず、頭の中の妙に冷静な部分が、自分の姿を捉え続ける。配信に足りなかったものがすべてここにあった。おしっこ我慢する美少女の表情と動きが無限解像度で目の前にある。おしっこ我慢する美少女の恥じらいと苦しみが余すことな自分の中にある。自分の中の冷静な部分が他人事のように思う。もっと見ていたい。あるいは、もう我慢なんてやめてしまえ。

トイレを済ませ、身だしなみを整えたユイは帰路についていた。店を出てからトイレを済ますまでの記憶はもはやおぼろげだ。それでもユイの心にはあの一瞬が残り続けていた。女の子おしっこ我慢しているときに見せる表情はやっぱり魅力的だ。中学時代から続くこの性癖は、いまだにユイを捉えて離さないらしい。もしつぶやきネタに困ったら、今日のことを…そのまま載せるわけにはいかないが、この性癖暴露くらいならいいかもしれない。なにせおしっこ我慢する女の子はいものだ。帰ったらもう一度、今日配信アーカイブを見直そう、そう考えながら、ユイ電車に揺られていくのだった。

2019-06-02

anond:20190602101731

まじめに考えてみたぞ

①好きなもの+「好き」

「猫大好き」さん、「みかん好き」さんなど

名産品とからめる。

愛知県の「味噌カツ」さん、「コーチン」さんなど

擬音語擬態語特に意味のないカタカナ連続

「ピョンピョン」さん、「ぽんぽこ」さん、「ロンロン」さんなど

自分の子ども、ペット名前+パパ/ママ

「りんちゃんパパ」さん、「なっちゃんママ」さんなど

ちょっと長い食べもの名前

ナポリタン」さん、「フラペチーノ」さんなど

2019-06-01

主婦だけど、消費税上がる予定なのに値上げばっかりで悲しくなる

コクヨノートハーゲンダッツアイスも値上げする

誰かが「原材料高騰とか人件費の高騰で商品値上げって言うけど消費者にとっちゃ知ったことじゃねえわ」って言ってたけど、ほーんと売り側の都合なんかこっちには関係ないわ。

近くのスーパーまるごとバナナは安売りの日は108円で買えてたのに今は安売りの日でも129円で売ってて、もうまるごとバナナ買わない💢って思ったし。

大学生の時、独身ときスタバフラペチーノを当たり前のように買って飲んでたけど、主婦になって教育費とか生活費かのことを考えたら、スタバフラペチーノは「高い」って言う認識になった。

独身ときは800円以下のフラペチーノが高いなんて全然思わなかったのに!やっぱり背負うものがあるとお金への考え方が違う

以前は夕飯のメニュー自分が好きな料理を作ってたんだけど、スーパーのチラシを見て、スーパーのチラシの安売りの都合に合わせてメニューを考えることもあるw

とにかく物価が高くて悲しくなる。東京から特に物価が高い。

値上げばっかりする企業が多い中、ミスドに行くと安くて天国見たいだよ。嬉しくなる。ミスド消費税分以外値上げしないでほしいwお願いします。

以上、値上げに対する愚痴でした。

2019-04-14

期間限定フラペチーノについて

期間限定フラペチーノ、よくクッキー砕いたやつとかスポンジとか入れてるけど、なんでなんだろう。

かに最初サクサク感が楽しめるけど、しばらく経ったらフニャフニャになるじゃん。

クッキーはまだサクサク感保てる時間長いけど、スポンジなんてすぐフニャフニャじゃん。

クッキー1枚丸ごとパキパキしてミキサーに入れてるの見たとき狂気の沙汰かよって思った。

ブラウニー入れてた時もあったじゃん、あれもなんでストローで吸おうと思うの?

クッキー砕いたみたいなサクサクが中に入ってるフラペチーノのの時はクリームの上に乗せてくださいって頼んだら美味しく頂けたけど!これはおすすめ

あと、トールサイズしか作らなくなったせいでタンブラー買った時のチケットの使い道が困る。

まぁ、今やってるいちごフラペチーノの白い方のマカロンは割とサクサクが残ってて良かったけど…

わざわざマカロン砕くこと無くない!?(砕いているのかちゃんと見てないけど)

2019-04-12

anond:20190412120515

フラペチーノが人気の某喫茶店」、「スマイル0円の某ファストフード店」←隠したいのか隠したくないのかどっちだよ。はっきりして欲しい。

「某読売新聞社」とか言っている人と同じレベルだぞ。

anond:20190412120515

某って例えば「フラペチーノが人気の某喫茶店」とか「スマイル0円の某ファストフード店」みたいに聞き手特定可能にして、でも敢えてボカして表現する場合に使うものじゃない?

内輪ノリでふざけて書かれた文しか読んだことないとこういう誤解が生まれるのかな。

2019-02-19

おっさんさくらフラペチーノ飲んだ感想

寒天入ってる

最初微妙かなと思ったけど飲んでると旨くなった

・冷たいので虫歯に染みて死ぬほど痛い

2019-01-14

スタバ行列とかで

注文する時の行列とかで、前の人が進んでるのに詰めようとしないやつってなんなの?すげえ迷惑なんだけど。

あと女子大生仲良し三人組♡みたいのがいると、店員が「抹茶フラペチーノチョコレートシロップ多めのお客様ー」みたいに呼んだ時に必ず「え、私?私自分頼んだの忘れちゃったあ」とか言ってキャッキャウフフしてるけどあれは何なの?自分が頼んだの本当に忘れるとかあるの?そういうのがオシャレなの、流行りなの?

自分も今度言ってみようかな。「ソイラテトールデカフェお客様ー」「えっ、私?私だっけ。うふふ」みたいな。

2018-12-08

21世紀昆虫食時代みたいな話はどこにいった?

なんか日本暮らしてると食糧難と無縁すぎて「昆虫?アホちゃう?」みたいな感覚だけど世界には昆虫大福とか昆虫フラペチーノとかあるんやろな

2018-06-08

似たような値段なら

スタバのなんちゃらフラペチーノよりゴディバのショコリキサーの方が好き

2018-06-06

意識の高い学生がハジける場所の花嫁警報

時間所謂タイム)が作れるようになる――情報社会も、遂にその段階に来たので久しぶりに馴染みのダーツバーに行ったら、作品に描いたようなサブカル系プリンがいて、まぁ薄々感じてはいましたが、旧来、つまりロールモデルからメンバーがいいように転がされてた。

UIの特徴も仕様プリン仕草も、いわゆる意識高い系のもの

フリフリなウェアを飾るのではなく装う、空間調和する商材がやたらと評価に値する、どこかジョブズっぽい、ソーシャブルがLGTM、妙に先方を褒める、パーソナルスペースが狭い、謎のボディ指紋認証特別可愛いわけじゃない日本ならまだ通用するけどオルタナティブクリエイティブフェイサーってわけでもない。

お盛んなインスタンスだねえと思いながらもちょくちょく通うようになる――つまり、次の段階へとステップアップして、人材ともSNS言論の自由感謝)でマッチングするようになり、次の世代へとバトンタッチしてきたのだけど、今、若者の間で話題のそれで業界分析したデータが展開された。こういう日本を変えないといけない。

その意識高い系プリンはすでに合意形成していてそれをSNSエグゼクティブで逆に隠す様子も...TOEICで目指した800点に到達することもなく...アピールし続けていると読み取れるインスタンスだった。

人材フォローして攻めるほど、SNS上でもありがとう連鎖というプリン活動が行われていつつコンセンサスを得ていることがわかった。

逆に言うと、現在の情勢における情報には必ずと言っても過言ではないほど、セットにされるようにパートナーとのプレゼンテーションが挟まれていた。

パートナーゲーム理論を楽しんだ! ここまではいいよね?」「パートナーに娯楽をスイートしてシェアされた!」的な調子だ。

それをバイアスの罠にはまらず有りのままの現実を見ていて、このビジネスチャンスは逆に可能性があるかもしれないと思った。

合意形成をしている。尚且パートナーとの関係コンプライアンス違反なわけではない。

そのことをしっかりとアピールし、季節限定フラペチーノを飲みつつイノベーションを起こせば、よけいな誤解から変なマーケティング感情に巻き込まれることもなく、かつ、先方に対してもこのネットワークマーケティング抜きだという紳士的なネットワークを強いることができる。

そんな安全絶妙インターバルを保ち、心の底でパリピ嘲笑いつつ、ワーク・ライフバランスを満たす実態ができる。

合反してその実、サブカル系サーの花嫁、つまりロールモデルから人材や本当の自分に送られるスピリチュアルメッセージはどれも誤解を招きかねないなんて通用しない経営理念市場ニーズがある響きだ。

分析によれば金の卵はいないのだが、もしかしたら無限大可能性がありますし、将来性もあるかもしれないと思わせるのも、プレゼンしてみれば絶妙距離感の一つ…でもさ、逆にこの状況はチャンスだと考えられないかな?

仮に自分パートナーのコンセプトにいつつパラレルタスクを消化している…俺だけが気づいていた真実を、今ここで語るなら、そのような言動はすぐにでもエゴサーチさせるだろう。

合反して、仮に現在の情勢におけるパートナー根底的に意識高い系だったとしたら、パートナープリンに高いプロバビリティーで服従でってビジネス書に書いてあるし、イノベーションに対してご支持を読み取れるなんてデータはできないに違いない。

ただ、そんなPDCAサイクルではコンセンサスを得ることができず、人妻という絶対リスクヘッジシールドを携えて改め直してプリンの座に舞い戻ってきたと考えれば辻褄が合わないわけではないと言っても過言ではない。

ドラッカー理論に基づけば基づくほど合理的スキームである

将来的にはサブカル系花嫁は随所でアドオン世界通用する危険性が、ってホリエモンも言ってた。そんなリスク、それも強い正義感から身を護るには、ビジョンだけで楽しんでマスト以上にベースを突っ込まない、『デキる人』はみんなそうしてる。これメモっといた方がいいよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん