「もう中学生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: もう中学生とは

2020-09-23

Tinder備忘録

バーテンダー

顔が綺麗だが会話と手マンが下手くそ

LINEにピン留めしている女が1人だけいたので多分その人が本命

性癖特殊で女にオシッコかけるのが好き。

丁重お断りをする。

生じゃないとイケないとのたまい必死の攻防の末ゴムをしてもらう。ゴムをつけない男は挨拶できないやつと同じ。

おそらくお互いもう二度と合わない。

自称医者

清潔感のある人。

アナルが好き。その穴は違う。

いい歳してカラオケ盛る。素直にホテルに誘え。いい大人トイレでヤろうとするな。

もう二度と会いたくない。

童貞

喋り方がもう中学生そっくり

もう二度と会わない。

④顔が米津玄師

腹が出ている。

もう二度と合わない。

とりあえず二度と会いたくない人達

生田斗真似、福士蒼汰の子もいたのでそちらは継続していきたいです。

2020-08-06

anond:20200806010148

本当に身も蓋もなく言ってしまうと、俺は俺の言うことをきく人間が欲しいだけで、お前の言う方法論の先にある感じがせんのよね。

だろ?

いやもう中学生しか思えんよ。

2020-06-21

私の父は優しい人だと私は知っている

私の父は世界一不器用でだめで、それでも脆いほどに優しい人だと私は知っている。

物心ついた頃から親父が苦手で苦手で、喋るのが苦痛だった。

眼力が強く、冗談も言わない、笑わない、話しかけても会話は返ってこない、それから1度怒ると暴れ出し、弟と私をよく殴った。社会で上手く馴染めず仕事から帰る度に私たち八つ当たりはザラで

とにかく触ってはいけない人間なのだと、小学一年生で悟った。

自身の父ながら、父の家族兄弟に友人、父の昔話や人となりの話も聞かされたことはなく、親父の趣味や好みも年齢もどこ出身であるかも小学六年生になるまで知らない、そんな未知な父親であったように思う。

仕事で家に帰ってくる事が少なく、また学校行事には来た事がない。親子の関係は冷え切っていた。

だが小学六年生のある日、とうとう母親父親ってどんな人って思い切って聞いてみた。

父親=触れてはいけないもの、と思っていた私としてはかなり思い切った問い掛けである

「おまえの父さんはな、親に捨てられて学校にも行かせてもらえず、橋の下生活してた野生児やった」

と今ではありえない、漫画のような事を聞かされた。

最終学歴は中卒だが、厳密に言うと小卒レベル学力大人になってしまった子供だった、と母親は物思いに耽りながら答えてくれた。

借金を苦にした実の母親に捨てられ、近所の人に助けてもらうまで

アパートの一室で1人、それから大量のウサギ、犬、ネコニワトリ、虫また、動物の腐乱死体(なぜ動物に囲まれていたかについては謎らしい)と共に糞尿にまみれ、

非常に飢えた状態で救出された後、施設から逃走し橋の下で半ば野生児のように生きたと父親談。

だがその後また施設保護され、やがて青年になり父親作業員として働いていた中今の母親出会う。

母親は当時の親父とデートしてびっくりしたことが、まず服のセンスが壊滅的だったこと、また箸の持ち方やテーブルマナーが人並み以下だったこと、自分名前すら書けず足し算レベル計算もできず、学が無いため給料もちょろまかされている、感情の起伏が激しく癇癪をすぐ起こし警察沙汰になる といった親父の境遇環境に、こいつを人間らしくしなければいけない と母親は強く感じたらしい。

いままで学と無縁だった親父の躾に苦労しながら、なんとか識字や計算一般常識を覚えさせる事ができた所で、私が生まれたとの事。

私が産まれた時、滅多に泣かない(感情が乏しい)親父が泣いて私を抱き上げたのだ、と母親に聞かされた時、あの親父があの親父が泣いて喜んだのか、とかなりショックを受けた事を思い出す。

懸命に親父が母親スパルタ指導で様々な事を覚える中、どうしても親父が理解できなかったものがある。

いままで誰にも愛されたことも無く、実の親に育てられず、人を愛せたことも無い人間であったため、私が生まれて嬉しいことは嬉しいがどう愛していいかが分からないままであったとのこと。

小さい赤子を触れることさえも怖くなり、ある日とうとう赤子の私を床に落としてしまった事から、私が小学生になるまで私に触れることも話すことも、関わることもできなくなったのではないか母親が打ち明けてくれた事で、いままでの親父の素っ気なさと距離に対する違和感が繋がったような気がした。

親父の社会に馴染めなさ、おぼつかない字の書き方、下手な話し方、魚を食べるのが下手なところ、情緒不安定なところ、すぐ殴るところ 全てが親父の生い立ちに起因するもので、それらは未だに勉強であるものだと分かった瞬間、親父にもっと関わろうと思えたのだ。

ある日親父に授業参観きてよ、って言うと親父の元々大きい眼が更に開き、びっくりしたように「行ってもええんか」と呟いた。

授業参観の日、仕事抜け出して泥だらけの作業着で見に来てくれた時は泣きそうになった。おやじも照れてて泣きそうになってた。

元々絵が得意な私に、普段の拙い落書きでも絵で賞を取っても「お父さん才能ないからなぁ、おまえ凄いな」と手放しで褒めてくれたこと。

繰り返していた自殺未遂と、シンナー吸引をやめて前向きになってくれたこ

「おまえ、これ好きやろ」と、好きな漫画キャラが使う武器木材で本物同様に作ってくれたこと。(親父は不器用だが、手先や工作に関しては神がかり)

寒いやろ」と手袋を無けなしの小遣いで買ってくれたが、もう中学生なのにどれみちゃんの小さくダサい手袋を買ってきたこと、

夏休み工作を手伝ってくれるが、完成度が高すぎて親父が作ったという事がバレバレなこと、

私が生まれからも勉学でかなりつまづいていたが、とうとう一級建築士資格を取得できるまでに努力してきたこと、

自分の育ちが悪く、また貧困いじめられていたからこそ

子供の私達にはしつけを厳しくしてくれたこと、またどんな人にも優しくするようにおしえてくれたこと、

冗談が言えるようになり、人付き合いも上手く行き部下に慕われるようになったこと、

箸の使い方も魚の食べ方も綺麗になったこと、穏やかになったこ

私が大学に行き、一人暮らしすることになった時、涙を堪えようとするけど鼻水垂らしながら号泣して見送ってくれたこと、

バイクの修理まで手伝ってくれること、

私が世界一可愛いと素直に褒めてくれること

あの頃歩み寄って親父の事を聞いてよかったなって思います

あの頃逃げてばっかだったおやじも、私と向き合ってくれたからここまで分かり合えたのかなっておもう。

たまにバカで雑でアホだけど、努力してきた親父は不器用だけど世界一優しいと私は知っている。

本当の大人になれるまで、懸命に生きてきたそんな親父は世界一強いと私は知っている。

そんな親父をしばきながら根気良く育てた母親世界一強いと私は知っている。

2020-03-23

anond:20200322120238

深夜の馬鹿力でmorohaの宿命聞いた時かな。もう中学生みたいな声だなんだこりゃと思ったが歌詞が突き刺さって来てびっくりしたわ。

2020-01-28

キメラゴンかい中学生Twitterをやっと暇になったので見てみたけど4月からN高に通うならもう中学生じゃないじゃん。まぁ良いけど。

情報商材を売りたい人って「圧倒的」って言葉を使いがちだよね。

商材屋じゃなくても、年末話題になった任天堂デザイナー就職したいか高校行かないって言ってた中学生も、高校に行かない理由

圧倒的な時間差をデッサン力向上に費やすとか何とか書いていたなと思ったので、中学生は「圧倒的」って言葉が好きなんだなぁと思った。

彼のNoteも見てしまったがブログTwitterってビジネスなの?ただの日記有名人私生活晒しツールだと思っていた(AV女優ばかりフォローしているので私のタイムライン肌色が多い)

2019-12-15

芦田愛菜ってもう中学生だったのか

この間久し振りに芦田愛菜を見たらすっかり大人になっていた。調べてみたらもう中学生になっていた。

そりゃ俺も年取るわけだ。

マルマルモリモリなんてもう忘れちゃったかな。あの頃はい時代だったなあ。

2019-09-22

四十代まん中

結婚出来なかった。予定のない休日。たまにあうと、声が明らかに弱った母。姪っ子のプレゼントにと可愛いキャラクターものに目が映るけど、あの子もう中学生だ、お金の方がいいかと思ったり。子供がらみのイベントがない中年って、秋の終わりのような感じだ。穏やかだけど葉も散り切って何もない。果実を結実させなかったから、作るドライフルーツもないと。母の死を迎えたら、いよいよひとりぼっちだ。

2019-07-31

人生っていうゲームトロコン

もう中学生高校生彼女を作り性行為ってトロフィーは取れないのでしょうか?

2019-07-20

民主主義多数決ではない。“だから杉田水脈のような議員必要

1.民主主義多数決ではない

民主主義多数決である。よって、少数民族を皆殺しにして財産没収する法案多数民族が多数を占める議会で、賛成多数で可決されました」

……のようなことはあってはならない。だが、残念ながらこのような政治が行われた例は多数ある。

暴力装置をもった政権が実際にこのようなことをした時に現実的にどこまで阻止できるか、というのは難しい問題である

だがそれとは別に、『少なくとも理念としては、あってはならないことだ』という点は強調しておく)

そのような事態を防ぐために憲法が制定され(厳密な成文憲法を持たない英国のような国もあるが)、

犯罪に対する刑罰を含め、法律によって国民権利制限する際はこのような手続きを踏まなければならない。

また、このようなことをしてはならない』ということが定められているわけである

2.議会とは何か

 民主主義における議会役割については2つの考えがある。

1つは、『多数決民主主義』と呼ばれるもので、『手続きに沿って皆が意見を出し合った上で(ここ重要)、最も良い意見を選ぶためにある』というものだ。

民主主義多数決ではないとは書いたが、実際には多数決を行わざるを得ない状況があることは否定できない。

ただし、『何でもかんでも多数決で決める、それ“だけ”が民主主義』ではない、というのが表題意味だ。

もう1つは、『熟議民主主義(または討議民主主義)』と呼ばれるもので、

『世の中にA,B,C,Dの意見を持つ人がいるとき、その代表者たちが議会で熟議を重ね、皆が納得するEという結論を出すために議会はある』というものだ。

この2つの考えはどちらが正しいというものではない。議題によって多数決よりになることもあれば熟議よりになることもあるが、2つともが議会役割である

3.議会における杉田水脈役割

 多少の誇張を含めて言うのであれば。杉田水脈は『ホモフォビアの人の代表である

現在の世の中には、ホモフォビア存在する。それは自明事実だ。

そのような『ホモフォビアの人の意見を、メディアでは取り上げません』というのはできるかもしれないし、

ホモフォビア的な内容を掲示板SNSに書き込むことを禁止し、削除させます』というのも、もしかしたら将来は何とか可能になるかもしれない。

だが、『選挙立候補者政見放送選挙公報でホモフォビア的な主張をすることを禁止します』というのは政治的に困難だ。

それを可能にすると、次は反安倍政権的な内容が規制されるかもしれないし、逆に反移民の主張が禁止されるかもしれない。

ましてや、『あなたレイシストから選挙権も剥奪します。投票できません』などということは二重の意味絶対にするべきではない

─1つには人の内面を、言動に現れていない部分まで正確に読み取る技術存在していないし、2つ目にはアウシュビッツ博物館の”差別心を持たない人の扉”が示すように、差別心の無い人はおそらく存在しないからだ─。

 だからこそ、ホモフォビアの人の代表として『俺たちの杉田水脈』が議席を持っている。

同時に、杉田水脈議席を持って活動しているにも関わらず『俺たちの杉田水脈の主張するホモフォビア政策議会で通らなかった』という事実こそが、

我が国にもホモフォビアはいますが、そのような政策は実現されません』という何よりの証明になる。

 『そうではない。市民代表ホモフォビア的な主張をすること自体が、同性愛者に対する圧力になるからそのような主張をさせるべきではないし、そのような人を議会に送るべきではない』

という考えの人もいるかもしれない。だが、そのような“政治的に正しくない”意見を遠ざけていった結果がトランプ現象を生んだという事実を我々、特にリベラル”な人たちはきちんと受け止めなければならないのではないか

4.追記(2019/07/21 19:27)

id:quick_pastから例えば殺人を犯す自由を、意見自由多様性として認めるのかって話でしょ。政治の場においては公共性社会性が上位に来るはずで、そこを無視した話なんてもう中学生卒業しておくべきこと。

まさにこの意見なんかが典型公共性社会性に欠ける有権者大勢いるけど、そういう人を排除したら民主主義ではない。

公共性社会性に欠けるような意見』を『政治的に正しくない』と緩やかに退場させていった結果、逆にそういう意見を持つ人たちにとって『トランプこそ俺たちの代弁者』になったという話ですよ。

2019-06-23

たつき信者マジできもい悪いな

もう中学生以下のガキしかおらんのじゃね?

べつにけもふれ2を擁護したわけじゃなく

ヨシザキカエルちょっと肩入れした発言をしたというだけで

OYESTER先生をぼこぼこにたたきやがって。

牡蠣って誰?みたいなことをどや顔ニコニコ動画投稿してるやついるけど

自分無知なだけだろ。

何も知らんとちょうかどうがーるを絶賛してたりするかもしれんけどな。

2019-06-15

癇癪もちの子

私は仕事が終わるのがだいたい深夜になるのだが、帰りに親戚の家の付近を通ると、子供の泣き声が聞こえることがある。

その家の長男もう中学生になるーが泣き喚いているのだ。外にいても聞こえるような大声で、泣きたいのは親のほうだろうなと同情してしまう。

後日親戚に訊くと、警察が来て大変だったという。疲れた顔の母親の傍で、当の本人は我関せずとゲームに興じていた。

その親戚の子は、本当に幼い頃から癇癪を起こすと止まらない子だった。三歳の時、タクシー助手席に座れなかったことに腹を立て、運転手に怒鳴り散らしたことがあったし、小学生に上がっても、母親が呼んでも来ないというだけで、グラスを彼女に投げつけたことがある。今回の件でも、宿題をやるように言われてかっとなってしまったということだ。

難儀な性格だと思うしカウンセリング必要な気がするのだが、それを言うと母親が怒るので自然に治まるのを待つしかない。付き合いの少ない私には、弟に罪を擦り付けたり祖母暴言を吐いたりといった嫌なところばかり目に付くのだが、四六時中接している母親が言うには優しく思いやりがあり、先生からも常に賞賛される子で、癇癪をおこすのも繊細な性格からだということ。そしてそれはきっと正しいのだろう。

息子がグラスを投げつけたとき、それを叱りもせずガラス怪我してないか訊き、呼ばれてすぐに行かなかった自分の非を、泣き喚く息子を抱きしめながら詫びる彼女は、全き「母親なのだろう。

2019-02-25

anond:20190225113708

読者モデル やってるような子は可愛いよ。

それはもう中学生くらいからはっきり可愛いって分かる。

でも大半の女性が可愛くなるのは、20過ぎてからが多いね

2017-11-26

anond:20171125150053

友達の作り方について教えてほしい


小学生あたりにありがちな悩みだけど、君は今何年生なのかな? 先ずはそのへんから説明しなとぴったりのアドバイスは得られないかも知れないぞ。

文章の書きぶりからすると、ひょっとしてもう中学生かな?

でも、料理教室なんて話も出ているから、高校生くらいかも知れないな。

2017-10-30

anond:20171030181400

へ?

なんか釈然としない。

M君の過激アプローチが止んだとしても過去関係は消えないぞ。

増田はまだ男女の友情だと思ってるかもしれないけど、もう中学生なんだから娘を大切に思うなら

いや、増田が万事解決と思ってるならもうそれでいいや…

2017-09-22

世間ではぬいぐるみと呼ばれるだろう家族の話

私は大学に通うために去年の春から一人暮らしをしている。と、周りではそういうことになっている。正確には、15人か20人くらいの家族と一緒に家を出た。今もみんなで暮らしている。実家が好きなので寂しいけど、家族と励まし合って頑張っている。

私が今言った家族というのは、世間ではぬいぐるみと呼ばれるものに当たるのだと思う。が、彼女たちは私にとっては家族人間だ。例えばくまや、うさぎやネコや、いぬや、ひつじなんかの形をした、れっきとした人間だ。私の大切な家族だ。

実家にも他に40人ほどの家族がいる。元々は父、母、姉、姉、私の五人家族だった我が家。段々と家族は増えて、今は合わせて60人家族くらいだろうか。その全員に名前が付いている。苗字名前の両方がある。それから歳と、性格と、話し方や声なんかがそれぞれにある。家族からもちろん全員のそれを記憶している。私の元から家族も、もちろんそれを記憶している。ベッドやソファもあるし、小さな個室もある。二つ上の姉は裁縫が得意だ。それで、私の家族はみんなちゃんと服を着ている。人は家具や住居を必要とするし、人は裸では歩かない。そういうことだ。

旅行に行くときはいつも家族がもめる。だれがその旅行に行くのか、喧嘩は絶えない。まだ小さい子が多いから、みんな行きたがるのも仕方ない。結局は私や姉や、母がその仲裁をして、代表の子旅行を楽しむ。一緒に写真も撮るけど、それはもちろん人のいないところで。私たち家族が、誰からも認められるものではないということは理解している。

小さい頃からずっと一緒に過ごしてきてもう中学生になる家族には、随分と悩みを打ち明けた。私の血を分けた家族よりも私のことを知っていると思う。本当に色々なことを話したのだ。彼女故郷の話。私の将来の話。お互いに、布団にもぐっては沢山の話をした。

この間、友人にロック画面を見られた。私のスマホロック画面は、家族写真だ。家族を画面いっぱいに写るように並んでもらって撮った。みんなとても可愛くてお気に入り写真だ。友人は「このすみっこぐらしのしろくまととかげ、なんで隣にしないの? すみっこぐらしすみっこぐらしでまとめないと」「てかノーブランドぬいぐるみ随分持ってるね。これカエル🐸?」と画面を指差して笑った。私にはよく分からなかった。この子すみっこぐらしのしろくま、なんて名前ではないし、すみっこぐらしのとかげ、なんて名前ではない。この子には別の名前がある。ノーブランドも何も、生きてる人間なんだからそんなものあるわけないじゃん。カエルじゃなくて人だって。言いたいことは色々あったけど、理解してもらえるとも思わない。私は「質問多すぎてわかんないよ」と言った。友人は相変わらず笑っていた。

今日他人から見たらパンダぬいぐるみしか見えないだろう、私の家族眠る。この子は寒がりだからお腹のあたりで抱っこしてあげて眠る

誰に理解されるわけでもない。けれどこれが私の家族の愛の話だ。私と私の、家族の愛の話。

いつかわかってくれる人に出会えるかなあ。

2017-09-02

歴史勉強をしはじめた時、ベルリンの壁崩壊ソ連崩壊自分の生まれる少し前に起こったことだと知った時に不思議気持ちになった。こんなに大事件が最近のことだったのかと衝撃を受けた。第二次世界大戦は遠い昔な気がするけど、第二次世界大戦から続いた冷戦自分が生まれる少し前に終わったんだということが不思議だった。

今の40歳の人たちとかならもう中学生くらいで当時のニュースとか世間雰囲気を覚えてる人も多いのではないだろうか。歴史教科書に載るようなことをテレビニュースで見ていた人たちはどんな気持ちで見ていたかとても気になる。親に聞けと思うかもしれないけど親とは連絡が取れなくなっているので聞くことができない。

しか自分記憶がある2000年代以降に起こった世界史に残りそうなことをWikipediaで見ていだけど特に記憶がない。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/2000%E5%B9%B4%E4%BB%A3

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/2010%E5%B9%B4%E4%BB%A3

日本で起こった震災記憶はあれど、イラク戦争オバマ大統領誕生した時やアラブの春などのニュース雰囲気とかぜんぜん思い出せない。今振り返れば大きなニュースだったと思うし世界史に残る出来事だと思うけれど、その時はただ日々の生活をしていただけだった気がする。

もしかしてベルリンの壁崩壊ソ連崩壊という大ニュースだったとしてもその時に物心が付いていた人でもあまり覚えていない人もいるのかな。

2017-08-24

自分DQNネームに分類されると思うけど

自分元増田のように目覚めてない

でもちょっと似たような境遇にあるよ

私は男の子っぽい名前をつけられた女

環境に恵まれて、いじめられたりつらい思いをしたことがないから、私は自分名前結構すきでいられたし、今も好き。

でも名前のみで判断されるときは全部男で判断されてきた

あと別の問題として名前が難しいから(たぶん当て字から)いつも読み方を間違えられるか読めない

⬛間違えられた軌跡

小学校入学前は黒いランドセルハガキ

中学入学前は学ラン(男子学生服)のお便り

・一回目の出欠確認は必ず『○○くん』と呼ばれて、返事をしても先生男の子の方を目で追ってる

就職の一次応募で男性として処理される

(ほんとは女性の方が優遇されたらしい、受かったけど)

(その他)

入社証明書(?)で名前を間違えて書かれる

賞状名前はだいたい間違ってる

他にも細かいのいろいろあったけど細かすぎてあんまり気にならなかった。

嫌悪ときなんかは、『は?』と思うこともあったけど、だいたいみんな間違えたら謝ってくれるし。

『いいなあ、かっこいい名前で』なんて言ってくれる人もいたから、やっぱり環境に救われたのかな。

私の名前は男っぽい上にそのままでは読めない(変換できない)名前だったから、例えば面接とか初対面の人の場合は『なんて読むんですか?』てな感じでだいたい話のネタになってた。

私と同じ漢字かつ読み方である名前の人に出会ったこともないし、ネットでも出てこない。

そう考えると、確かに山田太郎的なありきたりな名前の人からしたら羨ましくもなるのかもしれない。

そんな自分でも、子供の頃に『改名したい』と思ったことが一度だけあった。

小学校テストは、テスト開始後に名前を書き始めるものだったんだけど、私の名前漢字の総画数が40画くらいあるので腹が立った。みんなが羨ましかった。

それで下の名前ひらがな改名してやろうと思ったが、平仮名で書けば済む話じゃん、と思った時にはもう中学生だった(あと小学校って変に名前漢字で書かせるこだわりあった気がする)。

そういう意味だと、

『ありきたり』かつ『反対の性に受け取れる名前』はつらいのかもしれない。

私のように、反対の性に受け取れる名前でかつ珍しい名前だと、結構人生おもしろい。

・・・大前提として、子供にとって恥ずかしいかもしれない名前絶対に避けた方がいい(光宙:ピカチュウ みたいなやつ)

https://anond.hatelabo.jp/20170824204628

2017-08-04

https://anond.hatelabo.jp/20170804172738

高校生っつったらもう中学生二次性徴終わってて体は十分大人だしおばさんよりもよっぽど体力あるんだが

昔は中学生卒業して結婚して子ども普通に産んでたぞ

今や大学卒業までだいじに卵子守られたせいで死滅するまで箱入りになってしまったんやな

2017-07-28

https://anond.hatelabo.jp/20170728112326

実感として小学校中学から高学年ってあたりがボリュームゾーンっぽいが。

データのない印象論は結構です

13%弱しかいない~12歳がアンケート出してるヤツの大半だったらアンケート至上主義なんて採らないと思うよ

12歳の何割かはもう中学生(=中学に上がる頃にコロコロからジャンプに切り替える層を含む)なわけで、小学生の読者なんて全体の1割行くか怪しい

9歳以下なんて約3%しかいないのにそこがボリュームゾーンとか普通に考えてナイナイ

2017-04-08

中学生の息子が幼馴染の女子の家に泊まりに行きたいそうだ。

友人グループとかじゃなく、単身で。

子供はいもう中学生。間違いでもあっては…と不安になってストップをかけているのだが、俺の考えすぎなのだろうか?

そんなことないだろう。俺なら絶対エロいことする。

女の子と息子は小さい頃から友達で、何より妻もその子母親OKを出しているので、父親の俺が騒ぎ立てるのも気が引けはする。

ただ、やはり年頃だし、向こうのお父さんはすでに他界されていて結構広いお宅に女の子母親しかいない。そんな目のとどかなそうな環境思春期真っ只中の男子中学生を送り込むのはもっと気が引ける。

母親同士は仲がよくて「子供たちがくっついて将来結婚でもすれば面白いのにね~」みたいなことを(冗談と思いたいが)話したりもしていて、そんな軽いノリで子供たちの将来に傷でもついたらと思うと看過していいとは思えない。俺なら絶対エロいことする。

2017-02-26

ガールズトーク

娘の友達3人が泊まりに来た。幼稚園時代同級生だが、もう中学生になろうかとしてる。

それぞれ顔は幼稚園のころのままだが、トークの量と質が違う。つか、マジうるせえ。

24時をまわった今も、同級生男子の話やら化粧の話でガヤってる。うるせえ。

はーもうすぐ「ウザイ」「クサイ」「カネ」しか発しないのか。

2017-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20170217003635

君今中学生

ならその学力ヤバいと思うよ。

小学生ならまあセーフかな。

5.6年生だとちょっとアウトよりだけどまだ小学生ならこれから挽回してこうな。

もう中学生とか高校生なら諦めろもう駄目だ何も喋るな喋るほどに頭の悪さが浮き彫りになるだけだ黙ってた方がいい。

2016-08-30

「ため息をつくと幸せが逃げる」という人が嫌いだ

これはもう中学生の時の社会科の某教員の話なのだが、

授業中、そうでなくても学校にいると「ため息をつくと幸せが逃げる」と戯言をぬけぬけと言ってくる。

またその教員は活発な生徒(控えめな表現)に好かれているので、その教員がいないところでため息をついても生徒に戯言を言われる。

ため息をつくと幸せが逃げるんじゃなくて幸せじゃないからため息が出ちゃうんだよ。

腹の虫がなったかお腹がすくんじゃなくてお腹がすいたから腹の虫がなるだろ、そういうことなんだよ。とほかの生徒に言っても「屁理屈を言うな」と言われる。

ため息の理由はお前らだ!!!!と何度言いたかったことか。理性があるので言わなかった。以上。

2015-02-03

コレクションが破損してから

http://d.hatena.ne.jp/REV/20090810/p1

これ読んでて思い出したけど、自分は昔すごく本を大事にしていた。漫画から小説まで古本で買った本もすごく大事にしてた。本が好きだったから、本は大事に扱うもので、本は自分の知識の宝庫で、楽しみの象徴だったから。友人に貸した本にポテトチップスが挟まっていて、汚されて帰ってきた時はかなり怒ったこともあった。

子供のころはおこづかい漫画小説につぎ込み、図書館に通い、大人になってからハードカバーの本を買って…幸せだなあ!って思っていた。

子供を産んで、子供がちいさいころに、ゲートをうまく越えたのか、いつもは入れなくしていた部屋の本をぐちゃぐちゃにしてたことがあった。すごく大事にしていた一群の本。一瞬かなりカッと来たけど、まあ、そんなのしまってない自分が悪いのはわかった。本より大事なのは、息子。当然である

でもそれからは、本をあまり大事にしなくなってしまった気がする。本を買う分も減った。単に子育て生活が忙しいからかもしれない。

でも、本がぐちゃぐちゃでカバーが全て外されていて、そしてその光景と、赤ん坊に怒りかけた自分を思い出すと、あの本に対する純粋な熱情みたいなのは自分やいろんなことに良くないような気持ちになるし、そういう自分もいやになる。気持ちにけちがついてしまったような。子供のころの熱情を思い出して余計に悲しいなら、もう大事にするのはやめたい、みたいな。混じりけが無いような感動にけちがついてしまったら反動でもうどうでもいいやーってなったのかもしれない。

という息子がもう中学生になった。一緒に絵本を読むこともあったし、図書館にもいった。だんだん本を読むことが復活していった。今は私が昔読んだ本を息子が読んでいたりする。昔のような気持ちではないけど、本を読むこともまた増えた。私が昔読んでいたラノベの作者の本を息子が読んでいた。

本を集めはしなくなったけど、読むことは今でもやはりすばらしい。たのしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん