「ツーブロック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ツーブロックとは

2020-10-22

anond:20201022085859

異性の外見の評価する時、

女→男

美人とブスでの嗜好や厳しさはの差はそんなに無いが超美人とそれ以外には差がある気がする。

美人は男っぽい人が好きな場合が多い気がする。(男が見てもかっこいいレベルの恵体イケメンツーブロックゴリラ)

男→女

なぜか不細工ほど女の年齢と顔と痩せ形である事に異常に拘る気がする。

2020-09-23

友達ってどうやって作るの?

30過ぎで離婚した。

振り返ると恋愛にばかりかまけていたので、友達というコミュニティ形成できていなかった。

友達もまぁ、いなくはない。

飲みに誘える友達が2-3人ぐらい。

結婚式呼びあえるのは高校時代同級生か。こちらは結婚して子持ちなので遊べるような感覚ではない。ちなみに結婚式してないか意味は無い。

20代半ばまで六本木飲み屋でつながった友人知はいたけれど、激務で疎遠になったタイミングほとんど失った。ハムより薄っぺらい縁だった。

それから婚活などというものをしてたので、異性の知り合いができることはあっても友達はできなかった。

ようやく出来た結婚もこの度めでたく終焉を迎え、また1人になろうとしている。

そして振り返ると私には友達がいない。

こんな時に気軽に飲みに誘えるのは極小数で、ましてやグループ旅行とか、誕生日会とか、わけわからんぐらい縁遠い。

知り合いに見せてもらった結婚式ムービーがあまりキラキラしたリア充(仲良さそう)の集いで目ん玉ひん剥いた。

コンクリ打ちっぱなしのおしゃれなカフェバー金髪可愛い店員さんと仲良さげに話してチルってる人達に間違いない、こいつらそうだろ。

絶対シーシャ吸ってる。けだるげにテラス席で吸ってる。

例えばフットサルの仲間とか。そもそもフットサルのチームにどうやって入ったの?てかツーブロック多くない?女の子可愛すぎない?前世でどんな徳を積めばこんなコミュニティ自然に息ができるのだろうか。

わからん、こんなオシャレでネアカ友達どこに落ちてる?どんなアイテム必要

そもそも根暗だし立食パーティー死ぬほど苦手だからそんな友達はできないだろうけど、とにかくなんのツテも趣味もない社会人がどうやって友達作ってるのか謎すぎてつらい。

まじで、まじで友達ほしい。私もチルしたい。

週末レモンサワー片手に「またー?」とか言って友達の悪ふざけ笑ったり、おしゃピクとかグランピングしたい。

友達の作り方教えてください。

2020-09-13

未来の設定なら男女平等にすべき←意味不明

これを時代描写おかしいと批判しているのが理解できない

現代感覚あなたの願望を捻りなく当てはめた世界現代だろ、未来じゃねぇよ

こいつらは江戸時代に生まれてたユニクロ上下ツーブロックキャラクターが出てきたら、ちょんまげを結ってない、服が奇妙だと批判するんだろうな、それが未来の姿だもんな

2020-09-12

ツーブロックツイート

https://twitter.com/SLPSTAFF/status/1304086548208480256?s=20

https://twitter.com/SLPSTAFF/status/1304311292979589120?s=20

回ってきてなんとなく見てたが

まさかの御本人様(左側)降臨

ってことは無断転載だったんだろうし、それを悪びれもせず本人!とか言って喜んでるのまじで草

誰か突っ込んでやれよ

2020-09-04

CMスーツ着る芸能人の滑稽さ

時代錯誤でダサダサや

と言いつつ今日松屋スーツきてる若いのいたけど、長袖のワイシャツで腕まくってた

そっちの方が死ぬほどダサかった・・・

素直に半袖着ろよ。無駄ツーブロックにしているくせに

2020-08-19

清潔感」って何?年収は?パートナーは居る?調べてみました!

清潔感」を出すための具体的なアドバイスが出来る

 本当。アトピーを治せ、とかやれるならやってるクソボケアホバイスや、整形しろ、みたいなゴミバイスが具体的なアドバイスと言うのならば。

清潔感」は髪をセットする、無精髭を剃る、肌荒れを放置しないなどの身だしなみの問題

 半分本当。半数以上の人が、このあたりをやってないと「清潔感がない」という評価になる。嘘部分は、各種やっても出ないやつは本当に出ない。アトピー跡の残る私なんか人の10倍は肌荒れ気にしてても清潔感がない。くるくる系の天パも清潔感がない扱いされやすい。顔が良い人は無精髭でも清潔感がある評価されがち。

清潔感」は風呂に入れば出る

 大嘘ゴキブリを徹底消毒しても清潔感は皆無。

清潔感」に具体的な定義はない?結局顔の問題?結局何なの?

 具体的な定義はない。各々が好き勝手に「清潔感」って呼んでる評価軸がある。各々の持ってる評価軸の共通点が「清潔」に近いところにあるから清潔感」と呼ばれているだけ。よく「清潔感が無いは生理的に無理の言い換え」と言われるが、ほぼそのとおり。「清潔感がない人は生理的に無理」と言ったことがある人は、生理的に嫌だから生理的に嫌というトートロジーを言っているにすぎないと自覚したほうが良い。自分が感じた生理的嫌悪不快感を「清潔感が無い」と言ってる。結局、個人の「快・不快」という2歳児レベル二元論で、快なら清潔感がある、不快なら清潔感が無いと言っているにすぎない。

 その不快感とは何かと言うと、情報量だ。くしゃくしゃヨレヨレの服よりもアイロンがかかったきれいな服のほうが、ボコボコガサガサな荒れ肌よりもつるっとした肌のほうがポリゴン数少ないだろ。伸びっぱなしボサボサ頭やくるっくるの天パよりも、ツーブロックなりアップバングなりできっちりまとまってたほうが絵に書きやすいだろ。ヒゲも、無精髭はNGでも整ってればOKだったりする。ニオイも、タバコ臭い汗臭い香水もつけ過ぎりゃ臭い。一番好まれやすいのは情報量のない「無臭」だ。勿論”この人の”汗の香りが好き、みたいな個々人のフェチズムはある。それはピカソキュビズムな絵が好きとかそういった方向性なので別の話。今は写実的な絵の方がうまく見えやすい、という話をしてる。

 鼻毛も飛び出てたらそこばっかり気になっちゃって、初対面の人だったら顔関係なく「あの鼻毛出てた人」っていう扱いになるよな?あれは鼻毛情報量が多いからだ。マスクしてると顔が整って見えやすいのも、マスク情報量人間の鼻口まわりよりも圧倒的に低いから。顔を隠せ。男がシャツ着てて乳首が浮いてるのも清潔とは一切関係がないのに「清潔感がない」とされるだろ、あれも乳首情報量が多いからだ。体型を隠せ。坊主NGくらいやす理由も同じだ。頭の形が小峠より綺麗な奴なんてそうそういない。頭の形も隠していけ。顔周りを隠す、体型を隠すことで情報量が一気に削減される。ゲレンデマジックなんて言葉もあるくらいだ。情報量が多い=認識負荷が高い、人に負荷を強いることになり、得も言われぬ不快感が出る。それこそが生理的嫌悪であり、清潔感がないと言われるものだ。

 さらに言えば、顔の情報量が元々低ければ、何はなくとも「清潔感がある」とされやすい。顔の情報量が元々高ければ、無精髭が生えてるとかデキモノがあるとかの1点でも「清潔感がない」とされやすい。筆者の言われたことがある「顔に清潔感がない」は「お前の顔情報量多いんだよ」であり、「顔が個性的すぎる」なのだ。私の顔の情報好意的に受け取ってくれる人は少ない、それ即ち”不細工である婉曲表現。顔の認識負荷が高くない、顔が個性的じゃない、つまり不細工じゃないのが最大の清潔感

 ここまで清潔感とは情報量の少なさである、と持論極論を展開したが、それが周知されたところで

この世の常識は何ひとつ変わらない。

いかがでしたか

2020-08-10

タイガーウッズ

マツキタツヤがらみのツイートで見かけた性依存症についての漫画を読んで思い出したんだけど。

前いた職場飲み会二次会で、イケイケアラフォーツーブロック上司独身のころ五股?七股?かけてたっていう自慢をいきなりはじめて、ぐでんぐでんに酔っ払ってたからつい勢いで

「そりゃええ自慢になりますわなあwタイガーウッズw」つって返したことがある。要は性依存症呼ばわりだな

まあ実際そうなんだろうが、クソみたいな自慢を突き返す方便としてあれがどのくらい良くてどのくらい間違ってたのか、未だに考えるんだよな。考えてもしゃあないが

あとで誰かに怒られるとかは別になかったし

その場にいた人らはだいたいスルーたか、ピンとこなくてポカンとしてたかのどっちかだった。新入社員一人だけおもくそ吹き出してて、個人的にはそれでスッキリできた

anond:20200810203546

ツーブロック禁止とか髪染め禁止とか、本当に前時代的としかいえない校則があちこちに残っていてつらいよ。

性的なことはともかく、それ以外についてはもう少し子供自己決定能力を信用してあげることはできないのかな。

例えば麹町中学校という所は公立中学なんだけど、実験的な取り組みをやっていて、生徒を信用して校則ほとんど撤廃することになった。

それでも生徒が好き勝手して学校が荒れるということは全くなく、学力特に下がることはなかったらしい。

2020-08-06

坊主頭が苦手

なぜなのかは分からない

ハゲは平気

ツーブロックも平気

野球部坊主だろうとおしゃれ坊主だろうと関係なく、全体坊主が苦手

何だか近くで見てられない

付き合ってた彼氏坊主になったら引いてしまったので、生理的ものなのかも

なぜなんだろう

2020-08-03

俺の姉は強かった。

俺は5人家族、3兄弟末っ子で上には兄と姉が居る。兄は絵に描いたような優秀な人で、頭のいい大学を出て新卒入社した会社でも上手くやっているので、周囲からはよく「自慢のお兄ちゃんでしょう。」と言われる事があるし、肯定している。下の2人の手本になる様な人であれという両親の言葉を苦にもせず実行する姿を俺は尊敬している。

対する姉は、そんな兄の妹とは思えない様な人で、昔から小学校中学校では「あの人の妹なのに」と言われていた様だし、俺も先生から「君はお兄ちゃんに似ていて良かった。」と言われる事が多かった。「あの人の弟とは思えないくらい真面目だね。」と言われる事すらあった。ここでは、そんな姉の話をさせて欲しい。

我が家学歴コンプレックスを持つ母とそんな母に言いなりな父に育てられ、母は俺達が幼い頃からいい大学に出て、良い会社就職するんだよ。」と教え込んでいた。兄は幼い頃からの子達よりも優秀で、褒められてばかりの少年だったので母は自慢に思っていた様で、その頃兄と同等程度の学力を発揮していた姉を小学校1年生の頃から塾に通わせ、学校の授業の範囲を先取りする形でどんどん吸収させ、兄より優秀な娘を作ろうとしていた。また、ロングヘアも可愛らしい服も似合わないと笑われた過去トラウマとしていて、それの当て付けの様に姉の髪を伸ばし、可愛らしい服を着せていた。姉はそれを従順に受け入れていたし、身内の贔屓目もあるが姉はかなりの美人であった為、幼少の頃の姉は俺にとって「可愛いお姉ちゃん」だった。

転機が訪れたのは、姉が小学校4年生、俺が小学校1年生の時だった。よく一緒にケーブルテレビ放送されていたスラムダンク兄弟3人で観ていた俺達は、3人で地元バスケチームに入りたいと両親に相談をした。

父は「スポーツを習うのは良い事だ」と賛成していたし、母もスポーツに興味を持った俺達を喜んでいたが、入部を認めて貰えたのは俺と兄の2人だけ。姉は「お姉ちゃん大事な塾があるからそんな暇無いでしょう。」と却下されてしまった。その時姉は「それもそっか、塾と被るもんね。」と笑っていたが、その後子供部屋に戻った時、ボロボロと目から涙を零して「行きたくて塾行ってる訳じゃないのに。」と泣いていた。俺はそこで初めて、姉の本心を知った。兄はそんな姉を見て「母さんを説得しようか。」と声を掛けていたが、泣きながらも姉は「いい、無駄やと思う。」と首を振っていた。

それから姉は、塾をサボる様になった。塾の時間に外に出て居るものの、友達の家で遊んでいる事を俺は知っていた。姉の友人の弟もまた、俺の友人であったからだ。でも俺はそれを両親に報告もしなかったし、姉に知っている事も言わなかった。しかし、なんだか俺は悪い事を姉と一緒に隠しているつもりになってしまって、落ち着かなかった。

からはいつも、姉が居ない事について電話が来ていたらしい。父がよく連絡を受けていたらしいが、父にも思う事はあったのか母には姉が塾をサボっている事を伝えていなかった様だった。悪い事は、父も一緒に隠していたのだと思うとなんだか安心したが、偶々その日家に居て塾からの連絡を受けてしまったのは母で、母は全てを知ってしまった。そして、帰宅した姉の髪を掴んで家の柱に顔を打ち付け、殴り、11月の寒空の下、ベランダに締め出した。姉は泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい」と繰り返していて、兄も俺も助けてやりたかったけど、母はそれを許さなかった。あの日、父が母を説得して家の中に入れてやるまでの3時間程度の間、俺と兄は母がトイレに行った隙にこっそり姉にカイロを渡す程度しかしてあげられなかった。

やがて、両親が離婚した。原因はまだ幼かった俺に説明は無かったが、兄と姉は知っている様だった。でも姉は「知らない方がきっとお前の為だから」と言っていたし、兄は「両親がお前には教えないと判断したなら、俺もお前には言えない。」と言っていたので、理由は知らないままであるが、兎に角離婚した。そして、俺達兄弟は父に引き取られた。母は少し離れた場所引越し、1ヶ月に1度程度会関係になった。

母の引越しが行われた日。母が出て行ったのを見送った姉は、そのまま一人部屋を得ていた兄の部屋へと向かった。俺も暇だったので何をしているのかと着いて行くと、姉は兄に「ねえ、お兄ちゃんの着れなくなった服ちょうだい。」と言い出した。「男の服だからお前が着ると変だよ。」と言う兄はそれでも、持っていてもどうせ着れないからと姉に小さくなった服をあげていた。いつか、俺が大きくなったらお下がりで貰おうと思っていた服もその中には混じっていて、姉はそれを嬉しそうに受け取るとリビングで着替えた。女の子らしい、可愛らしい服ばかりを着ていた姉が、男の子の格好をしているのにそれはそれは強烈な違和感があったし、見ていた父も何事かと首を傾げた。

次に姉は、そんな父の所へ行って「髪の毛切りに行きたい」と言い出した。父は了承すると姉に美容室代を渡して、姉は通い慣れた地元美容室へと一人で出掛けて行った。リビングでそれを見ていた俺についでと言わんばかりに父はお小遣いをくれて、「これで駄菓子屋美容室の隣にあった。)行ってお菓子買って、姉ちゃんとわけっ子して2人で帰っておいで。姉ちゃんの事待っとくんぞ。」と言った。俺は了承してウキウキ駄菓子屋自転車を走らせ、駄菓子を沢山買って店の前で姉が美容室から出て来るのを待っていた。

店の前に出て20分くらいだろうか。美容室のドアが開く音がして顔を向けると、そこには男の子の服を着て、髪をすっかり短く切った、ジャニーズ風の雰囲気髪型になった姉が立っていた。「え、そんな切ったん?」「うん、長いの嫌やったっちゃん。てか何でおるん?」と会話をしている相手は姉なのに、見たことも無い姿にやっぱりなんだか違和感があった。離婚を機に、姉は塾も辞めたらしい。「ホントはずっと塾も長い髪も嫌やったっちゃんね。男子の服の方が動きやすそうやし、かっけーしさ。」と笑った姉は、何だかいつもより楽しそうだった。

中学生になった姉は、優秀な兄と比べられるストレス、兄が優秀な分同等の価値を求められるストレスから段々とおかしくなっていった。ちょっと悪い人達と一緒に居るようになって、学校サボる様になった。髪を染めてピアスを開けて、知らない人みたいになっていった。偶に会う母と姉の関係は冷え切っていた。理想とは真逆を進み始めた姉を母は受け入れられなかった様で、居ないものとして扱うようになってしまったし、姉は「元々ね、うちと母さんは理解し合えんのよ。やけん仕方ないね。」と笑い飛ばした。結局姉はそのまま中卒で社会に出た。

俺が高校生になった頃。よく姉が仕事休みの日に家に連れて来る女の子が居た。その子と姉は休みの度に会っているようで、なんだかやけに親しげだった。

姉は俺のテスト期間や週末に休みが被ると、よくご飯に連れて行ってくれて、多少値が張る店でも俺が好きそうな飯がある店によく連れて行ってくれていた。その日は個室タイプ居酒屋ランチ営業に2人で行っていて、聞けるのはこういう時しかない、と思って俺は口を開いた。

「ねえ、姉ちゃんってレズなん?」

姉は驚いた様に目を開いて、暫く迷う素振りを見せた後静かに首を振った「違うよ、でも、最近連れて来るあの子と付き合ってんの。」そう零した姉に、俺は首を傾げた。女と付き合ってるならレズなんじゃないの?そう言おうとした俺に姉は「今からね、お前がびっくりする話すんね。でもお前にしか言わないから皆には秘密ね。」と続けた。

話によると、姉は性自認が人と少し違う人だった。でも、性同一性障害という訳でもないし、自分が女であるというのは理解している。でも、自分が女だという事に強烈な違和感があり、だからといって男なのかと聞かれればそれも違和感がある、所謂性自認がどちらでもない人」だった。後で調べた話、こういう人をどうやら「Xジェンダー」と呼ぶそうだ。

そして、姉はレズビアンではなくて、性自認がどちらでもない関係上、女も男も異性であり同性。そして、自分とは違う人達という認識で、そこに差を持たない生粋バイ・セクシャルだった。でも、男と付き合うと女である事を強く求められるけれど女と付き合うと自分のままでも受け入れてもらえるからと、女性と付き合う事が多いのだと話していた。

その頃の姉は奇抜な髪色に、耳と顔に沢山のピアス。そしてやっぱり、男性物の服を着た性別も年齢もよく分からない様な見た目をしていて、「そういう格好もわざとなん?」って聞いた。そしたら姉は「女を押し付けられたちっちゃい頃の反動。分かんない、反抗期なんかな。」と煙草を片手に笑っていた。俺は姉を「姉ちゃん」と呼ぶのを辞めた。友達みたいに、名前で呼ぶようになった。姉はそれに気付いたみたいで泣きそうに潤んだ瞳で一言「弟のくせに生意気」と言った。

そんな話から3年後。姉に珍しく彼氏が出来た。親や兄の前では特に触れてなかったが、彼氏の紹介を終えた姉は俺の部屋に来て「あんね、彼氏ね。うちの性自認理解してくれる人なん。」「女の子やなくてね、うちのままで居ていいって言ってくれたん。」と嬉しそうに笑っていたし、性自認を打ち明けられない息苦しさと、女性と付き合うことによる周囲から偏見の目に晒されていた姉の言葉に俺は夜じわじわと一人で寝る前に泣いた。幸せになって欲しかった。姉は派手な見た目と素行から誤解をされがちだったが、いっぱい我慢して来た人だった。そして、誰より優しい人だった。自分を殺してでも、周りが求める理想従順である努力を、ほんの幼い頃から出来る人だった。ふたつしか貰わなかった大好きなクッキーを、「兄ちゃんと弟にあげるから」と食べずに持って帰って来る様な姉だった。人の為に、が出来る人だった。反発の仕方が分からなくて、反骨の仕方が上手くいかなくて、すっかり周りからは「グレたヤンキーのどうしようもない娘」だと思われていたけど、俺にとっては大好きで大事で、自慢の姉だった。

社会に出るまでの道筋は兄が示してくれた。でも、人に優しくする方法は、いつだって姉が示してくれた。

半年後、姉は彼氏同棲を始めて家を出た。寂しくて、荷造りする姉の手伝いをしながら、昔話を2人でして、引越しの前はアルバムなんか俺が引っ張り出してきて、あんな事あったこんな事あったと話して2人で泣いた。随分派手な見た目になった姉は、それでもやっぱり昔のままで「うちの事受け入れてれてありがとう」と嗚咽混じりに告げた。髪が長くて可愛らしい服を着た「可愛いお姉ちゃん」は、見た目が変わってしまってもやっぱり美人で、俺にとっては「かっこいい兄弟」にランクアップしただけだった。姉は泣き腫らした顔で翌日旅立った。俺はその日、寝る前にまた一人で泣いた。

姉には幸せになって欲しかった。やっと姉が、姉のままで居られる環境に旅立てた事が自分のことの様に嬉しくて、次会った時にもっと男みたいになってて、俺よりよっぽどイケメンになってたらどうしよう。なんて再会を楽しみに思っていた。

思っていたのに。

2年後姉はボロボロ状態で帰って来た。

髪を伸ばして、派手な色もやめて、ピアスだって全て外して、綺麗めな女性の服を着て、パンプスなんか履いていた。一人称は「私」になっていた。父には「やっぱ私さ、実家が好きだわ〜!嫁に行けんでごめん!」とか言って笑い飛ばしていた姉は、荷解きをする為に戻った自室で1人で泣いていた。

「びっくりした、めちゃくちゃ女になってて。」

だって、そうしろって言われた。隣に並ぶの恥ずかしいってさ。」

嗚咽混じりに聞いた話はあまりに酷い話だった。

彼氏が姉の性自認を受け入れてくれたのなんて嘘だった。姉と付き合いたいが為に理解者のふりをしていただけで、同棲開始直後からである事を求められ、髪は伸ばし黒く染め、持っていたメンズユニセックスの服は捨てられた。一人称も、喋り方も矯正させられ、前の喋り方が出ると「気色悪い」と詰られた。

「お前みたいな厨二病メンヘラと付き合ってやってんだから」と姉に言い聞かせ、2年間ずっと都合のいい存在として消費されていたらしい姉の話は、俺の心にずっしりのしかかって来るなにかがあった。姉には幸せになって欲しかった。姉にはありのままの姿で生きていて欲しかった。泣いて帰って来てなんて欲しくなかった。

俺は財布から金を抜いて姉に渡した。「俺、お前のショートヘア大好きだったよ。かっけーもん。」

俺のお下がりの服は、体格差から姉にはかなり大きかったけど、それでも小さいサイズのものを選んで貸した。あの日から10年以上経って、姉は今度は兄ではなく俺の服を着て美容室へ向かい、長い髪の毛をすっかり短くして来た。ツーブロックまでした姉を俺はあの日と同じ様に駄菓子屋で待ちたかったけど、駄菓子屋改装して雑貨屋になっていたから、雑貨屋で姉の部屋に飾るアクセサリースタンドを買って、袋を提げて店の前で待っていた俺に姉は「お前もおっきくなったね」と笑った。やっぱり中性的な姉は美人だった。

俺は5人家族、3兄弟末っ子で上には兄と姉が居る。兄は絵に描いたような優秀な人で、頭のいい大学を出て新卒入社した会社でも上手くやっているので、周囲からはよく「自慢のお兄ちゃんでしょう。」と言われる事があるし、肯定している。下の2人の手本になる様な人であれという両親の言葉を苦にもせず実行する姿を俺は尊敬している。

対する姉は、そんな兄の妹とは思えない様な人で、昔から小学校中学校では「あの人の妹なのに」と言われていた様だし、俺も先生から「君はお兄ちゃんに似ていて良かった。」と言われる事が多かった。「あの人の弟とは思えないくらい真面目だね。」と言われる事すらあった。しかし、俺は幾らだって言いたい。俺を優しいと言うけれど、その優しさは姉から貰ったものだった。優しくて、生きづらくて、それでも決して誰かを悪く言わない強い姉だって、昔から兄と同じくらい自慢の姉だった。

2020-08-01

ツーブロックにすると事件事故にあうのは本当だと思う

それを意味不明だと言い張るほうが、よほどの純粋培養か、あるいは腕力に自信がある非凡子供時代だった人だと

トラブル防止で地味な格好をさせるのは意味があるだろう

殴られたり絡まれ自由は要らない

2020-07-29

母親YouTuberにはまってる

還暦過ぎた母親なんだけど私と同い年くらいの若い男のYouTuberにハマってるっぽい

下手ウマみたいな絵を描いたり100円ショップの物を使ってDIYしたりするYouTuberらしい

ぶっちゃけから見るとそこら辺に転がってる量産型個性的キャラって感じの男だった

白Tにメガネかけてツーブロックリュック背負ってる系の

コーヒーにこだわります的な感じのああいうの

なんか母親にはそれが新鮮だったらしくてアイドル視して絶賛してる

そのYouTuberプレゼントを送れるらしいんだけど

送料とかの支払い方法クレカのみで完全現金主義母親は私にカードを貸せとまで言ってきた

最終的に入力フォームで謎エラーが出てうまくいかなかったんだけど

これを機に母親クレカを作らせた

まあクレカの話はどうでもいいんだけど

正直よくわからん素人YouTuberに入れ込んでる母親が怖い

昔はペ・ヨンジュンに惚れ込んでて大変だったけどペ・ヨンジュン俳優からまだよかった

DVD買い漁ったりしてたけど

でも今回はなんか違う気がする

はっきり言ってAKBとかキャバクラに貢いでるオッサンと大差ない気がする

というか同じ

しか母親がそのYouTuberに送ろうとして物も地元特産品食品だった

食品送っても捨てられるだけだよ、と言っても

じゃあ品名を雑貨にして送ると言って全く話が通じない

何となく世間知らずすぎてこの人は今までどうやって生きてきたんだろうと思った


因みに詳細は分からないけどそのYouTuberコメントできない事態になってるらしい

BANされたわけではなく恐らく他の視聴者から嫌がらせか何かされてるらしい

「ほら、私目立つから....YouTuberの〇〇さんは私のコメント楽しみにしてくれてるんだけど......〇〇さんは私からコメント待ってるのに周りが....」

とか言ってた


この歳になってくると親を一人の人間として見られるようになってくる

家族って宗教と似たようなものだよね

目が覚めて現実が見えてくると結構ダメージを受ける

2020-07-27

清潔感って遺伝じゃん

おれは天パなんだけど髪伸ばすと我ながら汚い

ツーブロックにしてワックスつけてなんとか人並みかと思う

直毛のやつらって何もしなくても清潔感ある

毛深いやつも脱毛するか肌焼いて黒くしてごまさないとダメ

ヒゲ濃いやつだってそう、山田孝之はそれを補うルックスがあるだけ

考えると清潔感があるルックスってそもそも遺伝だよな

あとは環境大事だよね

おれは歯並びは子供の頃に矯正してもらったけど

そうじゃないやつはガチャガチャで汚い

大人になってから矯正してもいいけど高いし時間ないもんね

後は飯の食い方もそう

昔は細かいことばっか言われてたけど親に感謝

風呂毎日入るとかも当然の環境で育ったからで

きっと入らないことが普通環境なら違ったんだろうね

大人になってから変えられるものはがんばった方が人生楽しくなると思うけど

遺伝とか環境に恵まれた人には一生わからんのですよ

2020-07-19

anond:20200719114153

ゾゾの適当な黒セルフレーム3000円

無印の洗い晒しジーンズシャツ4000円

ユニクロ適当な深めな色のベージュチノ4000円

ユニクロカラーソックス暖色400円

パトリックスニーカー黒18000円

バーバー系の床屋でかっちりツーブロック3500円

アジェル1500円

なお色味が似てれば良いものとするが、靴道楽としてはパトリックスニーカーは外せない拘り

2020-07-18

anond:20200718070501

あれは おまえ 自分自分ツーブロックに したら へたくそすぎたから ヤンキーかられちゃって というときにいうにげで

ほんとうに やんきーが たにんを つーぶろっくにするわけねーだろ

anond:20200718070420

ジャロ ツーブロック刈り なんて げんじつにおきるんですか・

ツーブロック刈りやるっていったよな かならずやれよ

ジャロ ツーブロック刈り なんて げんじつにおきるんですか・

anond:20200718065935

禁止にしないで、ツーブロック刈りやらせてやれよ、いうこときくんだろ

ツーブロックをかっていいって、つづきをふんで、やめさせるうんどうをしていいんじゃないか?

ツーブロック禁止についていろいろ言う人

バカ世界ではツーブロック狩りというものがあるんだよ。

昔でいうボンタン狩りみたいなもの場所によってはフルボッコにされちゃうんよ。

バカと関わらないようにツーブロック禁止というルールを作ったんでしょ?

自由だとか人権だとか言うならまず高校生のかっこしてツーブロックにして歩いてみてフルボッコにされてみろよ。

追記

ねんのため…ツーブロック刈り ではなくて ツーブロック狩り ね。

ヤンキーツーブロック髪型中高生を見つけたら殴りかかって襲うやつね。

ツーブロックにすると事件事故に遭う可能性があると

毛刈り隊だね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん