「おっち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: おっちとは

2017-09-25

コナンの工口画像探したらLANねーちゃんのが多すぎ!!!

ツノツノいじりながら実はみんな好きすぎだろ!!!!!

俺は灰原→和葉の順ですきだけど、はいばらはあるけどかずははなかなかないなあ・・・

あともうりのおっちゃんのつまのきさきえり本はあるけど真一のかーちゃん本はすくないのよねえ・・・

2017-09-20

anond:20170919010601

おっちゃん増田で良ければいつでも彼氏のフリしたるでぇ。

anond:20170920022101

おっちゃん増田からみると、そういう結婚生活にあこがれるわ。

既婚というステイタスけが欲しいと特にね。

2017-09-19

anond:20170919065152

おっちゃん増田は、人生であきらめたことがいっぱいあるので、

結婚しなかったことだけを特別に後悔しているということは無いね

人生がほぼ順風満帆で、唯一、結婚だけをしなかった人ほど、未婚を後悔してるんちゃうかな。

後輩女子が難しい話

先日、学生時代から仲良くしている後輩と久しぶりに飲むことがあった。彼女は今年の春から翻訳会社で働いている。

飲みながらしきりに仕事への不満や将来的にやりたい事の話をしていた。

「今の仕事面白くないが、将来的にやりたい仕事につながる業種ではあるし、今は勉強期間として経験を積んでいる...」というような内容だったと思う。

新卒入社して数ヶ月、研修も終わったくらいの頃のあるある話として聞いていたが、ちょうど私の友人に、彼女が将来的にやりたいと言っている仕事をしている友人がいたので彼女の為になればと思い、紹介することにした。彼女も乗り気だった。

それから一ヶ月後の今日新宿三丁目沖縄料理店にて、彼女とその友人を交えて数人で飲んだのだが、彼女はせっかく目指している仕事をしている人と同席したのに関わらず、特に何を聞く訳でも無く、目も合わせることもほとんど無く、しまいには隣の席にいた知らないおっちゃんと話し込み、そちらの席へ行ってしまった。

もともと愛想のいいタイプではないし、人見知りするタイプなのはわかっていたが、大の大人が初対面の人にあの対応はひどい...。というかおっちゃんとはすぐ仲良くなるのか...。(彼女椎名誠ファンなのだが、その話で盛り上がりこちらの席に戻れなくなってしまったらしい。)

友人は、「あんまり話せなかったけど役に立ったかな...。」と気を遣ってくれる始末。

友人に謝罪しつつ、彼女には、「ちゃんとお礼言っといてね」とラインしたが既読無視

最後ラインは私の余計な行動だったかもしれないが、彼女の行動にひどくショックを受けてしまった。

確かにコミュニケーションが苦手なタイプではあるが、大学出会って数年、常識は人並みにあると思っていた。

色々なことを考えてしまう。

友人を紹介すると言ったとき、とても乗り気なように見えたが、実は断るに断れず疎ましかったのだろうか。私は世話を焼き過ぎてしまうところがある。

それとも飲み会の際、何か彼女の気に触る事を言ってしまったのだろうか。社会人になってからは気をつけているが、不用意な発言は私の欠点だ。

それとも、それまで私が知らなかっただけで、彼女はそういったことを平気でやれてしま人間だったということだろうか。確かに彼女は今も昔も友達が少ない。

度会うことがあったらどうしてああなってしまったのか聞いてみたい。それも彼女にとっては疎ましいことかもしれないけれど..。

2017-09-18

飼い主の声を〇年ぶりに聞いた猫の動画

数日前話題になっていた動画を見て、実家で飼っていた猫を思い出した。

私は母親と折り合いが悪く、高校を出てすぐ実家を離れ、ほとんど実家に帰らなかった。

それでも中学生の時に母親が買ってきた飼い猫たちのことは気になっていた。


ある日ふと思い立ち、母親がいないであろう時間帯を狙って、実家に寄ってみた。

最後に猫の顔を見てから、5年以上の月日が流れていた。



うちの猫家族足音判別できるらしく、どんだけ寝ていても、マンション廊下家族足音がすると

飛び起きて玄関まで迎えに行く。

他の住人や宅配便おっちゃんなど、家族以外の足音には反応しない。

私が実家に居た頃も、帰宅すると猫は決まって玄関マットの上で腹を見せてごろんごろんと転がっていた。



流石に5年以上経っているしなぁ、迎えには来ないかなぁ。

知らない人が来ると椅子の下に隠れて出てこないから、もしかしたらちゃんと顔も見れないかもなぁ。

そんな風に思いながら玄関扉を開けた。



猫はちゃんと玄関に居た。ただ、ちょっとびっくりしたような顔をしていた。

私がただいま、と声をかけると、猫はマットの上に横になって、腹を見せてごろんごろんと転がりはじめた。

お腹を撫でて家に入ると、足元に体をすりよせながらついてきて、ゴロゴログルグル言いながら抱っこをせがんだ。

私の服はあっという間に毛だらけになった。

久々に撫でる猫は少し痩せていて、毛並みも少し貧相になったようだった。もう15歳ぐらいになっていたから、無理もなかった。

抱っこして、額をめいっぱい撫でて、缶詰をあげて、家を出た。猫は私が玄関を出るまでずっと側を離れなかった。

私が猫に会ったのはそれが最後だ。

今はもう会うことができないところにいってしまった。



というわけで、猫にもよると思うけど、猫は薄情でも愛情がない訳でもないよ。

ずっと覚えてくれている猫はいるよ。

本当はそんなこと気にする暇もないくらい猫とずっと一緒にいられれば一番だけどね。

2017-09-14

Amazonダメだな

ここ数カ月 Amazon配送トラブル大杉

6月某日 プライムの5つの商品を、2日後の日時指定(16-18時)で注文。

2つに分かれて同一運送会社ヤマト)で発送されたのは配送予定当日午前中に確認済。

しかし、16時過ぎ ヤマトのいつものおっちゃんが1個だけ持ってきた。

俺:「アレ?もう一個は?」

ヤ:「なかったと思うんですが・・・すぐにセンター帰って確認して連絡しますぅ」

20分後 わざわざ来てくれて、

ヤ:「やっぱないっす。伝票番号わかれば確認しますぅ。」

スマホの画面見せて・・・メモメモ

ヤ:「また来まーす」

18時ちょい過ぎTEL

ヤ:「今センター着に乗っかってたみたいっす。ソッコー持ってきます。すんまへん<(_ _*)>」

10分後到着

ヤ:「すんまへーん」

俺:「何度もワリィやねぇ。Amazonにムチャな発送されてるちゃうの?」

ヤ:「いやー私の口からはなんとも・・・でも、コレ今朝発送されてますねん。本来なら明日着ですわ・・・

7月某日 プライムの2つの商品を 3日後の日時指定(19-21時)で注文。

1つはすぐに「ヤマト」で発送済の通知。もう一つは「デリバリープロバイダ(以下DP)」で配達当日の朝に発送済を確認

同じタイミングで注文・同じ日時指定で、なんで配送会社が分かれるねん(怒)メンドクセー!!

ヤマト分は時間前には到着。DP分は20:30過ぎても届かないんで、確認しようとTELするも繋がらず。(怒)

21:10 侘びもなくのこのこ持ってきた。

8月某日 プライムの3つの商品を2日後の日時指定(19-21時)で注文。

翌日、DPで発送を確認

配送予定当日16時頃「ご不在でしたので持ち帰りました。再配達をお申し込みください。」と通知が届く。

はぁ?指定時間より前に来てどーすんの?アホか!と、思いつつ、配送状況みるも、

0:00 ご不在でしたので持ち帰りました。再配達をお申し込みください。

0:00 配達中です

↑はぁ?夜中に来たんかい

と、全く詳細がつかめず(怒)

18時過ぎ帰宅するも、不在連絡票など見当たらず(怒)

確認しようとTELするも繋がらず(怒)

20時チョイ過ぎ。ふつーに配達された。

なんだったんだ、アノ通知は(怒)

8月某日 プライムの7つの商品(小物ばっかり)を翌日の日時指定(19-21時)が出来たんで注文。

翌日時間通り(ちょい早く)ヤマトのいつものおっちゃんがちょっと大きめのダンボール1箱持ってきてくれた。

それに、全注文分が入っていると思い込んでいたのだが、翌日(土曜日)朝9時前に

ヤ:「なんか、昨日の日付指定の物が今朝センターに入って来たんですよぉ。すんません<(_ _*)>」

って、いつものおっちゃんがちっちゃいダンボール1個持ってきてくれた。

俺:「アレ?昨日ので全部じゃなかったんだ?またムチャな発送かい?」

ヤ:「いやー・・・すんません<(_ _*)>」

9月某日 午前中プライムの5つの商品を翌日の日時指定(19-21時)が出来たんで注文。

日中にDPで2口発送を確認

配送予定当日18:15頃「ご不在でしたので持ち帰りました。再配達をお申し込みください。」と通知が届く。

はぁ?指定時間より前に来てどーすんの?またか!と、思いつつ、配送状況みるも、

0:00 ご不在でしたので持ち帰りました。再配達をお申し込みください。

0:00 配達中です

↑はぁ?まただよ

と、全く詳細がつかめず(怒)

18:40帰宅するも、不在連絡票など見当たらず。またかよ(怒)

確認しようとTELするも繋がらず。21時ぴったりになったら、呼び出し音だけが鳴り繋がらず←業務終了か(怒)

21;30 痺れを切らし外出(飲み会遅刻

21:40 配達員と思われる男性からケータイにTELあり「あと、5分10分で配達できるのですが・・・

ブチ切れました。

俺:「もういらんわ!おめぇんとこで、返品手続きとき

翌日時点「配達店に保管中です」ステータスからかわらんけどね。配達店で返品手続きできんのかね?

まぁ、しばらくほっとこ(爆)

2017-09-13

都内の、道路工事おっちゃんたちって不思議なほど優しくて

いつもタバコふかしながらイライラしてる荒川の向こう側のおっさんらとはえらく違う

東京の余裕みたいなのを感じる

ただ東京でも西側は「バカ、この野郎」と怒鳴られたりするみたいなので

気立てがいいのはほんと東京中心部だけなのよな

2017-09-09

仕事辞めたい

辞めたいんだと思う

働いてる最中に昔よく行った図書館を思い出す

さな駅に併設されてる本当に小さな図書館で、司書さんはおばちゃんか、小柄なお姉さんか、メガネおっちゃんかの三人しか見たことがなかった

子供用の本のスペースが広くて、靴を脱いで入るそこに放り込まれ母親勉強してる間、こまったさんシリーズや、いせひでこ絵本を読んだ

ちょっと知恵が付くと靴を履いて小難しい専門書の棚もぐるぐる回った

手塚治虫ブッダ目当てに宗教の棚に行ってブッタとシッタカブッタを読んだ

近くにコスモス畑があって、図書館の帰り、母親運転する軽トラの窓からそれを眺めた

さな小川もあって、一回だけ途中で母親軽トラを停めて、下ろして遊ばせてくれたことがあった

父親がいつも連れて行ってくれたのは、隣の市のちょっと大きな図書館だった

カウンターがでかくて図書カードはピカピカのラミネートで、絵本コーナーは一番奥

父親に引っ張られて絵本コーナーに放り込まれても、すぐに引き返してカウンター前の文庫コーナーに張り付いた

ジャンプ文庫が棚の端にちょっとだけおいてあった 眠り姫は魔法を使うとか、気まぐれオレンジロードとか、夏と花火と私の死体とか、父親に見つからないようにして読んだ

隣の市の図書館には中学生くらいになってもずっと通った

ジャンプ文庫ボロボロになってもずっと置いてあって、内容を全部覚えてても半年に一回くらい借りてた

自分で一番通ったっていうなら、大学図書館だと思う

狙い目は三階の人類学コーナーの近くの机で、コンセントも近いし会議室も遠いし西日がよく差し込む穴場だった

働いててもそんな図書館光景とか、湿度の低い空気とか、胃がひりひりするくらいに静かな雰囲気とか、幾ら読んでも読み足りない本とか、そういうものがずっと体の中にある感じがして、急に泣きそうになる

詩的に言ったけど要するに仕事辞めたい

2017-09-04

https://anond.hatelabo.jp/20170904162318

格ゲー系だと、

明らかにストファイ系とそれ以外では

マジで顔面偏差値が違う(そして平均年齢も高い)

大会とか見てても、ストファイはい意味も悪い意味でもない、

まじで普通の兄ちゃん、おっちゃんとか見かける割合が高い

あと鉄拳ヤンキー系に傾いてるのが興味深い

アークゲーのオタッキー具合はマジですごい

別にいいんやけどな。ワイも顔が好みな選手と実際応援してる選手は全く一致しないからよ)

他のLOLとかのチームだと、いかにもオタっぽい人が多い

この辺をなんとかすれば女子ファンがつき、総じて一般化するだろう

メジャー化とは一般化なので、俗な方向にいかないとならんのだ

https://anond.hatelabo.jp/20170903131329

民主党国民を騙したりはしなかった。国民民主党に嘘をついただけだ」と言ったのは赤木智弘おっちゃんだったかな。

2017-09-01

おじさんの思い出

一人で飲みに行くのが好きだった自分が、むかし飲み屋出会ったおじさんの話をする。

飲み屋街の隣に住んでいたことがあって、毎日のように飲んでいた時期があった。

飲むのが好きだったというか、駅から家への帰り道にある飲み屋ほとんどが顔なじみだったこともあって、その道を歩く=お店の人に誘われて飲むしかないといった感じだった。

まあ飲むのも好きだったんだけど、当時はまだ若かった自分飲み屋のいろんな人が可愛がってくれた。

バーのマスター居酒屋おっちゃんだけじゃなく、横に座っただけのお姉様方やおじさま方、お店の常連さんとか諸々、いろんな人が話をしてくれて、たまに奢ってくれたりしてた。

連絡先を交換するわけでもなく、そのお店にふらっと入ると会える人たち。

待ち合わせをするわけでもなく、それこそ本名すら知っているわけでもなく。

それでいて、悩み相談とかも含めていろんな話を聞いてくれた人たち。自分の知らない世界の話をしてくれる人たち。

その不思議な繋がりが楽しくて、一人で飲むのが好きになったのかな。

今思い返すと、若い人が一人で飲み屋にいるっていうのが珍しかったんだろうね。

からいろんな人が話しかけてくれて、楽しい時間を過ごせたのだと思う。

おじさんと会ったのも馴染みの飲み屋だった。

カウンター10席くらいのちょっとした料理お酒が出て来るお店で、お店のママもすごく可愛がってくれてたこともあって、結構な頻度で通ってた。

「ちゃんとご飯食べてんの?」みたいなことを聞かれたりして、結構ガッツリ目のご飯がなぜか出てきたりして、いいお店だったと思う。

お店に置かれた雑誌新聞を読んだり、たまにしょーもない冗談を言ってるのがそのおじさんだった。

昔は偉い人だったんだよね、という話をお店のママからいたことがある。

その当時の自分から見ると、その辺にいるただのおじさんだったし、口だけ達者な方なのかなと思って見てた時期があった。

話してみると、全然口だけじゃなくて、今まで出会ってきたどんなおじさんよりも博識だったし、頭の回転も早かったし、面白い人だった。見た目はただのおじさんだったけど。

当時付き合っていた人と結婚するしないを考えていたことがあって、そのおじさんに相談したことがあった。

おじさんがいうには、やめとけってことだった。

今振り返ってみて、その言葉に従って正解だったと思う。

その人はあなたより仕事を選ぶからって。お金の方が大事な人だからって。

今の仕事を辞めて、独立しようか迷ってた時にも、そのおじさんに相談したことがあった。

やったらいいって。独立してダメだったら自分会社で面倒見るから大丈夫だってと。

その時初めて、会社経営している人だって知ったんだけど。

口だけとはいえ、応援してもらえるのは素直に嬉しかった。

そのあと独立して、ちょっとばかりうまくいって、だんだん忙しくなったりして飲みに行く頻度も減った。

ただたまに飲みに行くとおじさんに会ったりして、大丈夫、できるからっていう言葉をかけてもらったりしてた。

ダメだったらウチきたらいいから、安心して突っ走りなって。

そんなこんなで仕事ばかりの日々を過ごしたりしながら、おじさんのことは特に思い出したりすることもなく日々を過ごしてた。

まあ結果的にはダメなっちゃったんだけど、その仕事

でもいろんな経験できて良かったなとか、ちょっと休めるタイミングになってそれはそれで良かったなとか思いながら、久々にそのお店に飲みに行ったのが昨日。

久しぶりだねーみたいな話をママとしながら、そういやあのおじさん何してんの?みたいな話になった。

半年くらい前に、しばらく海外にでも住むかなって、そんな言葉をフラッと言って、おじさんは海外の何処かの国に行ったらしい。

トルコハンガリーかその辺の国。自由だなあ。

その辺りでママがお店の棚をごそごそしてて、何かと思って渡されたのが一枚の名刺

何これって言ったら、おじさんからだって

名刺の裏には、「ダメだったらウチ来たらいいよ」って。

表を見てびっくりしたのは、普通社会人なら誰でも知ってるような超有名企業の超偉いさんだった。

その時名前とかも初めて知った。ちょっとびっくりしたのと、そんな偉い人が自分と話してくれてたこと、覚えてくれていたことにも時間差で驚いた。

よく考えたら、これだけ飲んでいて、人生で初めて知った飲み屋出会った人の連絡先で、ちょっとわくわくした。

ちょっと悔しいから、おじさんにはもっと上手くいったよっていう話をしたいなって思ったので、連絡するのはもうちょっと後にすることにした。

おじさん何してんのかな。元気だといいな。

そんなおじさんの思い出。

2017-08-30

初めてのおっぱぶ

知り合いにキャバクラを通り越して?おっぱぶに連れて行ってもらった話

略歴

案内所

普段見てないからか、案内所に入っていく人始めてみたと思った。

既に先約がいて、行き先を決めていた。

中にはトイレもあったので、お腹がヤバそうな時にかけこむのもありかも。

案内所のおっちゃんに「どこまでやりたいの?」「どれくらい?」などいろんな質問をされたり

可愛い子いるところは?」や「箱(店)が大きいところは?」と言った質問を投げ、

サービスのいい店をチョイス

値段書いていいかわからんけど

40min 8000円のところおっちゃんが交渉してくれて 40 min 5000円になった。

3000円引きって普通に考えるとすごい割り引いてくれるもんだなと。

つるっぱげの店の人が来て、店まで案内してくれた。

今度からこういう場に行くときは案内所を活用したほうが良いという学びを得た。

店内

低い椅子ソファーテーブルがポンっとあり、テーブル単位ほどで仕切りがある。

まぁ、ファミレスと大差はないけど、照明が暗いってだけくらい?

(一緒に行った人から聞いた話によると一人ずつパーティションがあるところが多いらしい)

キャバクラの店内にはとある事情から入ったことがあってそんな感じ。

焼酎とかは飲み放題!やったね!飲み放題だよ!

店に来て早速トイレに行ったんだけど、張り紙

``

オプション 〇◯ 2000 円

ストッキングを破いた場合罰金 2000円

```

とか色々書いてた。

おっぱぶってそんなことまで出来るんだ!

(後から調べたんだけど、最後までする人はするらしい)

ちなみに他の客はいなかった。。。

譲(?)

ワイシャツ1枚にストッキングと言う姿。

パンツ履いてないよこの人達。。。ブラもしてね〜。。。

男のことをわかってねーな。

ブラを脱がせたりパンツ脱がせたりもいいんじゃないか!

と思ったけど、そういうもんなんだと納得。

でも、店によっては下半身へのおさわり禁止だったりするらしいから、案内所のおっちゃんが言ったようにサービスがいいのかもしれない。

交流

おしぼりでお手てふきふき

おんにゃの子キタ―

おばちゃーん!

俺の席じゃなかったー!

1人目

まぁ、許容範囲の子が来て

譲「何のみますか?」

僕ちゃん「隣と同じ水割りで」

譲「足乗せていいですか?」

僕ちゃん「はい。」

って感じで淡々と受け答えをこなしていく。

隣の知り合いは、またがってもらったり、パフパフしたりしてる。

それをみてるだけで楽しいのだが。。。

譲が乳首Tシャツの上から触ってくるけど、なんとも思わん!

譲のおっぱい触ってくれと言うので触ってみた

「コヤツ乳首もうたってやがる!大きい気がする〜。形いいな〜。」と思いながら

僕ちゃん「大きいね。」

譲「これでも9番目やからね」

指を折りながら「A, B, C, D, E, F, G, H, I」おぉ!これが I かぁ。

...

譲「飲んでもいい?」

僕ちゃん「もう少ししたらね〜。(オメー飲むと別料金じゃねーかよ)」

後の会話はあんまり覚えてないけど、しょうもない話だった。。。

男「女の子の変わりまーす!」

譲「じゃぁね。」と言って、股間触って行った。

息子「寝てるからさわんじゃねーよ!」

2人目

おばちゃんキタ━(゚∀゚)━!

いや、うれしくねーから

もう、この店こねーかなと心のなかで思いながら

会話を楽しむ?

会計をして、いざ帰るぞってくらいに

知り合いがおばちゃんにでけー!というので、ポロン!ってしてもらうと。

垂れてる。

2人で片胸ずつおっぱいをめくり上げる。

知り合い「何カップ?」

譲「Iカップ

さっきのこと同じか。。。

このおばちゃん垂れすぎだろ、

さっきの子かたちよかったな〜。

あたりだったのかな〜。

次来たら指名しよう!こねーけどな!

と心なかでツッコミを入れながらさようなら〜。また来てね〜!

次の店選び

案内所にひとまず戻って次に行こうか談笑

やっぱり女の子の質が悪かったらしい。

そして、新橋はそんなもんらしいという情報も得たので本日帰宅することにしました。

考察

思ったより安くエンターテイメント付き飲み放題の店にこれるから気軽に言ってもいいんじゃないかと思った。

なんだかんだで楽しいひとときだった気がするので、今度はもっと譲をいじめていこうかと思う。

....この店の質は悪いと聞いて希望が持てた。

疑問点

  • 知り合いの譲の背中自分の方に向いてたんだけど、後ろからいきなり胸もんでいいもんなんの?

追記

譲の字が違うと言うコメント

嬢ですね。面白いのでそのまま残しておきます

2017-08-28

CoD:WW2で思ったこと

なんでこんな普通の飾り気のないFPSつくっちゃったのか。

確かにAWとかIWみたいな未来FPSに懲りて(たぶんBF1につづいての意味もあるとおもうけど)第二次世界大戦世界表現たかったんだろう

でも、あまりにも普通すぎる

なんというかBOの時なんで楽しかたかなぁって思い返すと雰囲気がやっぱりBOって感じだった(頭悪い表現

WW2は、なんというか、雰囲気が明るすぎる。第二次世界大戦をやっているのではなくおっちゃんとおばちゃんがサバゲーをやっているような、そういう感覚にさせられる。

和気あいあいとしてるとさえ感じる。

ギリースーツを着ているのにレンガの壁に隠れるスナイパーって一体なにしたいんだって思う。

しかも今までのシリーズよろしく高機動な兵士ジャンプ力がたかい)にしちゃったから角からいきなりぴょんと飛んできて迎え撃ってくるやつとか。

これは…売れんやろなぁ…(と、言いながらIW買ったように買ってしまうんだろうなぁ)

芸能人コミケ「参戦」売上メモ

軽くぐぐって出てきた数字なので、多少の誤差と拾いそびれはあると思う。

小林幸子

2000円のCDを2500枚持ち込み完売 = 500万円

TMR西川

500円の本と4500円のTシャツを持ち込み2hで完売(部数わからず誰かフォロー希望。2h完売ってことは1500〜2000くらい?1500で75万、2000で100万、3000で150万の売上。Tシャツが500部換算で225万)

叶姉妹

2000円の本を3000部完売 = 600万円

4500円のTシャツを500枚完売 = 225万円 計825万円(追加で通販アリ)

並べて思うに

TMRおっちゃんの薄い本の単価が異常に安い(これは頒布どころか赤字だろ)のと、叶姉妹の本の単価がどう見てもがっつりとした利幅確保前提で設計されてるのが気になる。

Tシャツ4500円ってのはデザフェスあたりで出てくるシャツ比較してもいい値段だとは思うが、この辺はプレミアとして妥当と言い張ればまあ、妥当なのかなあ。

芸能人コミケ参加」でひとくくりにされがちな3サークルではあるけれど、実績を並べてみると

と、3者でだいぶ様子が違うんじゃないの?という気がする

2017-08-22

親戚のおっちゃん

こないだ盆で田舎の親戚の家(田舎に良くある無駄デカい家)に行ったとき

独りで住んでるおっちゃんがクーラーもつけずに家中の窓を開け放して室内で扇風機を回しまくってた

「誰もいないのに扇風機回すの?」って聞いたら「家の中の熱い空気を外に出してんねん」って言われた

おっちゃんは元建築関係仕事してて住環境のことは詳しいはずなのだイマイチ腑に落ちない

扇風機で室温が下がるはずもなく、空気を外に出す云々もこれだけ通気してたら意味ないだろって思うのだが

でもおっちゃんにしてみれば久々に来る親戚を出迎えるのに、少しでも快適な空間をと思っての事であるのは間違いないし

何も言わずピオーネ食って帰った

2017-08-15

https://anond.hatelabo.jp/20170815144831

言うだけなら簡単だけどな

若いと「好き=付き合う」だから面倒だよな

俺は隣の席のねーちゃんも掃除のおばちゃんも事務おっちゃんも好きだよ

2017-08-14

奢ってもらったら、お礼に抱かれなきゃダメなの?

就職活動をしていたとき、ある企業のお偉いさんと出会った。

界隈ではちょっとした有名人みたいだった。


一人飲みをするのは知らない隣人とのお話が好きだったからで、その人に就活のこととか私自身のことを聞かれたのでしゃべっていた。

そうしたら興味をもってくれたみたいで、ちょくちょくサシで飲むようになった。全部おごってくれるので、貧乏大学生からするとありがたかった。


ある晩「就活がうまくいかない」みたいな話をしていたら、

「俺はお前をうちの会社には入れないからな、自分でがんばれよ」

と言われた。でも別の業種に行きたかったのでスルーしてた。


結局、会社は違えどお偉いさんと同業種の仕事に就くことになった。

職人気質というか、上を見て学んでいくような業界だったので、先輩として色々気にしてくれて、たまに飲んでた。


といっても大体お偉いさんの話を聞く会みたいな感じで、ちょっと面倒だったけど飲食代が浮くし、仕事関係の本を譲ってくれることもあったのでありがたく参加してた。


すると「お前の会社ダメだ。うちに入れてやる」と言われるようになった。

正直嬉しかったんだけど、その気持ちがありがたいです、と言って本気にしていなかった。


それと同時期にハグキスを求められるようになった。

飲むと気分が良くなるタイプおっちゃんなので軽く流してはいたけど、ある時あまりにもしつこかったので一度キスをした。


すると三軒目のバーで飲んでいたとき、スッとパンツの中に手を突っ込んできた。

もうマジで硬直。パニックになると体が動かないもんだね。呆然としてたら、


若いうちは自分犠牲にして色々するもんだぞ。お前はそこで『やめてください』って言わないからいい」


って言われた。つまり若いうちは年長者のされるがままでいろ、と。

お酒ごはんをおごってくれるのも、「うちの会社に入れてやる」といったのも、全部ヤりたいだけなんだなって思った。あと「会社入れてやるって言えば抱ける」って思われてたのがショック通り越して面白かった。


以降お偉いさんからの連絡を全無視していたけど、

「この間は本当にごめん」

「もうしないから」

「謝りたいから飲んでほしい」

と言われたので、飲みに行った。

謝られたので「いいですよ」と言ってお酒を飲んでた。

でもまた三軒目のお店でパンツの中に手を突っ込まれた。拒否すればいいじゃんって思うかもだけど、意外と入っていくのを見ているしかできないものだった。頭のなかでは、


地元だし、ここで騒ぐと今後生しづらいな」

「いままで奢ってもらってたしな」


とか思って、動けなかった。この人はこういうことを一生辞めないんだろうな、って思った。


いまでもこのお偉いさんからたまに「仕事を回したい」「前に渡した本、やっぱり返して」「そしてまた飲もう」という連絡が来る。返すべきものは郵送で返してもう会ってないし、地元から引っ越した。


トラウマ過ぎて最近やっとまともにこの記憶と向き合えるようになった。


仮に私がお偉いさんの会社死ぬほど入りたかったら、たぶん言いなりになって、最終的には寝てたと思う。


たからって内定約束されるわけじゃないけど、藁にもすがる思いでお偉いさんに抱かれる大学生ってのは、一定数いると思う。


だとしても、目上の人間が目下の人間に奢るのって「俺が払ってるんだから、こいつのことは好きにしていい」ってことなんだろうか。お礼に抱かれなきゃいかんのだろうか。

2017-08-09

電車によくいる怒鳴り散らす不機嫌なサラリーマンってなんのために生

悪意とかじゃなくマジ。

どういう価値観で生きてんだろう。

東京地下鉄にいると、不機嫌なサラリーマンの多さにびっくりする。険しい顔をして、ちょっとぶつかっただけの子供とかに怒鳴って。

例外なくくたびれたスーツを着たサラリーマン

機会があれば訊いて見たい。

なんでそんな不機嫌なの?

仕事が嫌なら転職すれば?明日から会社行くのやめればいいじゃん.

勤務先だって、そんな嫌々仕事をやられても生産性低いだろうし、全体の士気にも影響するだろうに。

家庭があるから辞めれないといったって、別にバイトだっていいわけじゃん. プログラミング勉強をして受託するとかでもいいし(自分フリーランスエンジニアなのでこう思ってしまう)

そもそもそんな嫌々働いてるアンタをほっとく家庭なんて捨ててもいいんじゃないの?

なんでもっと楽しい方を選ばないの?

そういう努力はしないの?

等.

----------

コメちょっと読みました.

ここで喚いてる時点で同列

どうでもいいんだよなあ. 上とか下とか本当どうでもいい. そうういうおっちゃんの理由事情心理匿名で知りたいんだ俺は...

そう書いてるお前は上で幸せ

わかる。あとクソッ!殺すぞっ!とかずっと窓に向かって呟いてて、なんつーか、これが日本現実だよなぁって思う。

俺が想定してる「怒鳴り散らすオッサン」像に近い。不機嫌オーラだけでなく、なんつか、行動してるんだよな。ぶつかってきたり必要以上に反応したり

今度あったら直接問いただしてみては

それも暴力じゃない?だからこういう場できいてるわけで 俺はいいけど相手はどう思うかな.

例外なくサラリーマン」ってホントか?ヤバい身なりの婆さんとか、性の喜びおじさんみたいな人とか、電車はいろんなタイプのブチ切れ人間がいるぞ?

そうかもしれない. ただ会社員ってことはある組織一定以上評価されて、安定的人間関係が一応あるってことで、電車内の姿とは確実にオンオフあるってことだろ. うまく言えないけどそこが気になるんだよ 一体会社ではどう抑圧してんだ

簡単に言いますけどそんな年取ってから転職先なんてないでしょうし仕事がたのしくてしてるなんてほんの一握りかと

転職すれば?とは書いたけど、別に転職じゃなくてもいいわけ

とにかく状況を変えればいいじゃんか なんでしねえんだ ってこと

日々の暮らし理由なら、生計立てる方法はいろいろあるじゃん

俺は学生時代ネットショップ開いたりして十分自活してたよ

バイトだってあるじゃないか 少なくともあれほどの状態になってまで会社にいる意味ってあんのかマジって本当に思うよ

あのエネルギーがありゃ、なんだってできると思うよ

仕事がたのしい人が少ないかしょうがないってのは、ストレス自分の中だけじゃ収まらなくなってる人間にとって勤め続ける理由にはならんと思うんだが

-----

コメントまたちょっと読んだ. 200くらいついて驚いてる.

まれるために多少煽りを入れたのは許してくれ. 句読点死ぬほどどうでもいい

オッサンには幸せになって欲しいと思ってる.

俺はそういうオッサンをやり過ごせる無関心な社会が嫌なんだよ. そういうオッサンについて語りたかったんだよ.

今度からそういうオッサンを見つけたら思い出してくれ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん