「コボちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コボちゃんとは

2021-07-31

NHK速報

東京都 新たに4058人の感染確認 4000人超は初で過去最多(16:47)

東京五輪 古川高晴選手銅メダル アーチェリー男子個人(16:42)

コボちゃんパパにならざるを得ないよな・・・

2021-03-18

anond:20210317181608

コボちゃんとかサザエさんみたいな古めの良質な大量にある4コマを読ませろ

このオチどういう意味?って聞かれたら解説しろ

これを早いうちに繰り返すと読解力がついてまともな人間になる

2021-01-07

anond:20210107233959

またお前かよコボル野郎

お前そんなにコボルが好きなのか

今度からお前のことコボちゃんって呼んでやるわ

コボちゃん

本名なのね(漢字は小穂)

まる子的なあだ名かと思ってた

2020-11-13

コボちゃんって子供向けアニメだったのにOP筋肉少女帯だったり真心ブラザーズだったりして妙に尖ってたよね

あれどういう意図選曲だったんだろう

2020-09-09

Q.なぜ枝野幸男にこれほど親近感が湧くのでしょうか

A.コボちゃんに似ているか

2020-08-22

超今更、この世界の片隅にを見たアニオタ

ハードルだいぶ高かったけど、よくできてたわ

結構ライトタッチと言うか、笑いのシーンが多かったのが印象的

全体の2/3はそういう軽いシーン

コボちゃんとかサザエさんとかああい雰囲気

別に今更そういう雰囲気アニメが登場してもウケないと思うんだけど、それを戦時下でやると意味合いがかなり変わるよね

別に爆笑するというわけではないんだけど

 

戦争映画でも反戦映画でもなかった

構成としてはパニック映画で、しかパニック映画の中でも冷笑

今更第二次世界大戦ネタにするには丁度いい感じがする、「風立ちぬ」の後だから丁度いい感じ(風立ちぬ見てないけど)

実は似た存在としては「火垂るの墓」があると思うんだけど

あれは焦点が悲運な兄妹だったからな

セカイ系に近かったよね

こっちは家族にあててるから妙にリアリティが強い

 

普通パニック映画だと、ミクロ家族話)とマクロ(戦況)の話を交互にやるのが一般的だと思うけど

第二次世界大戦日本人にとって今更すぎるからマクロ、つまり戦況の説明がバッサリカットされている

これによってだいぶミクロに焦点を当てられたと思う、パニック映画ミクロの話を2時間やった感じ

でも日本人は何日に何が起こるか分かってるから平和日常をやればやるほど落差に恐怖する

エンターテイメントとして非常に巧妙

 

戦争映画は散々作られただろうけど、ついにここまで来てしまたかという感じもする

これ以上擦られたら、もう辿り着く先はヒトラーいじり映画みたいなのしか残らないし、日本における第二次世界大戦ネタはもう終わりなんだなーと思わせる内容だった

それでいいのかもね

 

ところでこの映画海外勢が批評するのは無理だろと思う

別物になるよ

あんなアッサリした原爆シーンある?

2020-05-18

anond:20200518201018

ああ、あるのね。

人気出るタイプの連載もの

コボちゃんみたいな、淡々と続けるタイプ

2020-04-23

anond:20200423211721

レストランの中心でトイレを叫んだ獣みたいだぞお前

増田ギャグ真実への皮肉やるとこ

ギャグ皮肉なら切れ味重視の短文がつよいに決まってる

エモい長文はよそでやれってうんち増田もいってるだろ(いってない)

コボちゃんの跡地をまかされて大河長編歴史漫画やろうとして不評だったっていってるようなもんだ

だれもそもそも読まないよ

2020-02-11

anond:20200211051403

何を逆上してるのかわからん

不安定漫画家になんか」これはもう基礎レベル常識だろ

お前個人にはめちゃくちゃささったみたいだけど

サラリーマンやめて漫画家めざしてるおじさんなのかよ

だとすれば個人的に傷をえぐってしまって悪かったけどお前とか益田にいる漫画家志望者を意図したわけじゃないし居ると思ってしゃべってもない

想定している人も本当に絵のわりに内容がつまらんのだが

(ってかその内容なら妙に書き込まずにコボちゃんアンパンマンくらいの絵柄でやってほしいってくらいのミスマッチ

その人にさすがに悪いから名ざしやリンクは問い詰められても絶対に貼らない

それでギリギリ漫画家尊重しているとみとめてくれないか

2019-10-18

「宇崎ちゃんは遊びたい」献血ポスター問題の全論点を整理する

モフモフ社長id:shields-pikes )です。

shields-pikes『批判対象理解が甘すぎて、批判根拠主観しかないのが、非常に残念。そもそもあの表情がは煽り顔で、アヘ顔性的絶頂の表情)でないことは明白なので、漫画文脈の読解力も低く、無駄議論を混乱させてる。』

と、このようにブコメにも書きましたが、この人は意見があまりにも拙くて、反論どころかフェミニストの味方を背後から誤射しているレベルです。

 

■某献血イラスト問題について思考停止しないで読んてほしい

https://anond.hatelabo.jp/20191016150214

 

しかし、作品としての表現が許容されるかどうかと、公共の場掲示されるべきかどうかは全く別の問題である、という論点はしっかり議論されるべきだと思うので、このまま有耶無耶にしてしまうのはもったいないです。

ということで、論点を整理しつつ、検証してみます結論から言うと、論点は6と8のみです。

 

 

1.漫画作品としての表現出版の適切さについて → 法令を遵守しているし、全年齢向けとして露骨性的描写もなく、雑誌単行本としてもゾーニングされているので全く問題ない。女性性的に消費している表現は実際のところ存在するので、作品に対する意見批評余地はあると思うが。

 

2.この作品コラボ企画としてポスターに起用されることについて → 人気漫画なので、グッズがもらえるコラボキャンペーンでそのファン層を献血ターゲットにしたいのだろう。関係各所が問題視していなければ問題ない。ちなみに、セリフ以外のイラストは3巻の表紙の流用である

 

3.このキャラクターが起用されることについて → ウザ絡みしてくる後輩の巨乳女性である。胸が非常に大きい点が目立つが、それだけで不適切なわけではない。キャラクター自体犯罪者変態性欲者などの公的不適切存在というわけではない。

 

4.このキャラクターがこのセリフで起用されることについて → 原作世界観キャラ設定に則ってネタ消費されている。ポスターとしては若干攻めている表現献血経験者に対して、上から目線煽りで多少の毒があるが、ファン向けの話題作りとしては問題ないレベルそもそも今回はそこが論点ではない)。

 

5.このキャラクターがこの服装で起用されることについて → 黒のシャツワンピ?もしくはワイシャツスカートエプロン姿。カフェ店員制服として、特に扇情的服装ではない。

 

6.このキャラクター服装身体の描き方について → 大きな論点。シワの描き方は一般的で、性的な要素はない。しかし、かなりタイトでピッタリしたサイズ感の着こなしで、胸が大きすぎるのでその部分が強調されているのが気になる。リアリティ描写としては、胸のボタンの間に隙間が出来るはずだが、それをあえて書いていないのはもしかして性的な要素を減らすためかもしれない。そのため、いわゆる風船のように膨らんだ乳袋っぽくなっているが、形状はそこまで不自然ではない。もし胸部をリアルにシワを書いていたら、より性的に見えていたはずだ。また、乳首などを表す陰影もない。手や顔などの部位も総じて、性的に描かれているわけではない。ただ、性的魅力をアピールするようなイラストもしばしば描く作者が描いているものなので、色っぽさの残り香のようなものはあると思う。そこが批判対象になっていると思われる。

 

7.このキャラクターがこの表情とポーズで起用されることについて → あれはアヘ顔ではなく、ウザ絡みしてる時のニマニマ煽り顔。少し頬を染めているのは煽りで興奮気味なのと、話しかけてる相手の先輩が好きだから。これ自体には特に問題はない。ポーズ相手馬鹿にしてる時の芝居がかった一般的表現だが、公共ポスターとしては若干攻めているかもしれない。

 

8.総合的に、このキャラクター公共の場掲載されることについて → ここが最大の論点秋葉原献血所のみに掲示するのであれば、文脈を含めて特に性的ものではないと理解されやすいが、いわゆる萌え絵死語)的なイラスト表現に慣れていない人も多い他の地域掲示されるのは意見が分かれると思う。15年ほど前までは、そもそもマンガ表現広告クリエイティブとして公共の場に出すこと自体の是非もあったが、今はアニメ漫画ひとつ文化としての市民権を得ているとされている。しかし、ここの前提は「市民権を得た」「慣れた」で済まさずに、もっと議論すべきだと思う。

 

 

まとめると、

6.= 女性身体表現性的に強調されているのではないか

8.= このような画風のイラスト公共の場掲載するべきか?

の2点が重要です。そして、この2つは密接に絡み合っています。その他の議論ノイズなので捨ててください。

 

6は、漫画に慣れている人にとっては、これなら特に性的というほどでもない、という意見が大半ですが、このような画風や記号表現文脈に慣れてない人にとっては誤解を生みやすい。逆に、漫画ばかり読んでいる人は性的表現文脈に慣れすぎて麻痺してしまっているのだ、という反論もそれなりに説得力があります(後述します)。

8は、6と直結するのですが、慣れてない人にとっては若干不適切性的表現と誤解されやす表現公共掲示物で使うべきか、ということになります。万人受けする無難ものだけを狙うなら、コボちゃんアンパンマンなどのイラストを使えばいいでしょう。しかし、それでは若年層のオタク向け広告としての効果は低い。2.や4.で指摘した通り、ここはターゲット層を獲得する目的とのトレードオフです。

 

一方で、仮にあのイラスト性的視点を含むものだったとして、それを掲載することが生む具体的な問題とは何か、という点も議論必要です。

困惑する、不快感を覚える、性的消費を連想させてトラウマが蘇る、性的消費を助長する、子供に見せたくない、教育不適切である、などの意見があるでしょうか。

これ、難しい問題なんですよね。人によって判断基準が違う。無修正画像でも平気な人もいれば、サザエさんワカメちゃんパンツでも困惑する人もいるわけです。

出版物であれば、この線引きはR15、R18などの年齢指定ゾーニング基準に任せるのが一般的ですが、公共掲示物のゾーニング基準は、それよりも少し厳しい基準で別途で設けた方がいいかもしれません。

この「公共掲示物専用のゾーニング基準を作ること」こそが、この文中での最大のソリューション提案です。

 

 

最後に、漫画ばかり読んでいる人は性的表現文脈に慣れすぎて麻痺してしまっているのだ、という反論について。

ここは、本来原作作品編集姿勢漫画業界歴史と今のトレンドフェミニストとして真っ向から批判するべきなんですよ。

ただし、公共掲示物で使うべきか云々という論点といっしょくたに批判すると論点がズレます判断基準がより厳しくなってしまうので。

 

なぜか、ポスター批判をする人は、ゾーニングされた作品原作趣味で読む分にはいいんですよ、という人が多い。

柔軟な姿勢を見せて理解を示してるつもりかもしれませんが、まずそこが不可解です。フェミニストなら、まずそこを批判すべきなのではないですか?

その場合も、スタンスによってアクションは変わって来ます

 

男女同権を推進するスタンスなら男性性的消費もさらに促進すべきですし、

性的消費表現規制するスタンスなら男女同時に性的消費を助長する表現批判するべきです。

ルッキズム批判するスタンスなら、ダイバシティ文脈も踏まえて、美形だけでなく多様なキャラクターエロを出すことを推進すべきです。

また、児童への偏った性的嗜好への偏重を憂えるなら、フェチズムではなくストレートな性行為のみを描くべきだと、主張するでしょう。

さらに、身体性の復権を求めるなら、局部表現規制によりフェチズムに傾倒した業界を正すために、無修正表現の解禁を推進するでしょう。

スタンスの数だけアクションがあるはずなんです。

それなのに「けしからんから取り下げろ」とだけ主張するのは、自分好き嫌い判断しているようにしか見えません。

2019-10-11

anond:20191007173132

普段読まないんだったら新聞掲載されている4コマが良いと思う。

コボちゃんみたいなの。

2019-05-22

anond:20190522154809

正直、親に勉強しなさいとはいわれていないし

実際学校(あとほんの少しの塾)以外では

ほとんど勉強らしい勉強したこともない。

 

好奇心クイズ速読の才能があったので旧帝大卒っすわ。

親がしたのは、課題図書系の名作本1揃いから一番奥に隠したつもりのエロ本から

とにかく本という本をたくさん買って家に置いとくだけ。

あと新聞も2紙とってて

コボちゃんからテレビから日曜版のニコリから

すこしずつわかるとこだけ拾い読みはし最後は全部意味がわかるようになったな

 

こちらもお年玉といえば本買ってくれ(電子ゲーム存在もなかったわ)、

なかなか会えない親戚にあったらそこの棚の本読ませてくれって感じだったわな。

みんなネットなんていうスゴい図書館持ってるのになんで読まないのかね。

2018-12-11

ポッポフードコートジャスコの話

ポッポ記事を読んでいて、昔通っていた地元ジャスコのことを思い出した。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/noriki-washiya/18-00388

そのジャスコは3階建てで、広めの敷地なかにくねくねした車の誘導路と、屋上駐車場があって、立派なエントランスがあった。

3階にはゲームセンター本屋アイスクリーム屋あたりがあった。他は思い出せない。たぶん子供グッズとか雑貨とかがあったんだろうと思う。2階は何一つ思い出せないので、多分服関係だろう。

自分はそのゲーセン本屋が大好きだった。

ゲーセンでは50円の綿菓子マシンや、じゃんけん階段を上るゲームや、「じゃんけんポン!ズコー」の10円もしくはメダルゲームや、今思い出すとスペースハリアーらしきものや、アーケード版のマリオなんかがあった。とにかくうろうろしながら人のプレイを眺めていた。100円のお小遣いをもらって、10単位でどれに使おうかとすごく悩んでいた。

本屋も好きだった。図書券を握りしめて、いろんな漫画を眺めながらどれにしようかと悩んでいた。ジャンプコミックスが390円だったのを覚えてる。図書券で買い物をすると、お釣り現金で帰ってくる。その小銭を握りしめてゲーセンに行くんだ。楽しくて仕方なかった。ドラえもん大長編ズッコケ3人組をよく買っていた。あと何故だか分からないが、コボちゃん単行本を買い揃えていたのを思い出した。あれはなんでだったんだろう。他に読むモンあるだろうと当時の自分文句を言いたい。

そして1階には専門店街と、スーパーと、フードコートがあった。

フードコートは、当時の記憶からしてもしなびた感じだった気がする。けどメニューや店構えはポッポほとんど一緒で、ポテトフライや、ラーメン焼きそばソフトクリームたこ焼きフランクフルトあたりがおいでおいでしているように見えた。ソバうどんメニューにあった気がするが興味はなかった。買い物が終わって、帰る動線フードコートが目に入るようになっていて、いつもそれを横目に見ながら帰っていた。

ごくごく稀に、親になにかを買ってくれることがあった気もするんだけど、何を食べたのかはほとんど覚えていない。いろんなものが美味しく見えていたはずなのに、なんでだろう。

フードじゃなくてフードコート。あの空間けが、ただただ鮮明に思い出せる。あの時にガキだった自分がいたジャスコは、「ちょっと特別」がそこかしこに詰まった、ほんとうに楽しい場所だった。

今はその店はない。

近所にはでっかいイオンができて、その前後に閉店してしまった。建物自体も取り壊されて、跡地にはマンションと平屋のオークワが建っている。さっきストビュー再確認たから間違いない。

あの空間に、もう行けないと改めて感じると、なんだか急に悲しくなってしまう。もうないと思ってしまうと、どうでもよかったものが、急に大切だったものみたいに感じられるやつだ。たかだか20数年前の話でしかないんだけど、まさかフードコート記事でこんなこと思い出すとは思わなかった。誰かわかってほしいなと思ったけど、誰も分かってくれないと思ったか増田にたくさん書こうと思った。

日見風景も、30年ぐらいしたらあの日ジャスコみたいに思い出せるのかな。明日もがんばろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん