「耳かき」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 耳かきとは

2021-06-14

anond:20210612201157

自分過去に飴耳で耳が痒くて苦労していた

今は、入浴時に耳かきボンボンがある側に、シャンプー水溶液浸して、耳の穴の中手前側は洗うようにして居る

(穴の中をすすぐのは、霧吹きを狭めて使ってる)

穴の奥側の飴耳の耳垢が取れるし、耳の穴の自体も綺麗に洗えて、余分な皮脂はふやけて取れるから、かなり快適

anond:20210612201157

耳かき不要論あるけど絶対掃除したほうがいいよね

カサカサ垢だけど汗かき体質で代謝が良いのか定期的に耳かきしないと痒くなったりイヤホンに垢がついたりして不快

2021-06-13

anond:20210612201157

耳かき気持ち良いなあと思って掻いてたら黄透明の液体がいっぱいでてきて「まんことおなじで耳も気持ちよくなると濡れるのか〜」と思ってたら止まらなくなって不安になって病院に行ったら外耳炎だったことあった。医者に怒られた

anond:20210612201157

風呂上りドライヤーで髪乾かそうとしたら、耳元で「バリバリ」って音がして、何かが耳の中にある感じがした。

プール後に耳の水を抜く感じて、頭を傾けて片足でジャンプしたら、ぼろっと耳から1cmくらいの塊が出てきたことある

その時は、「耳かきしなくても自然にこうやって取れるんだなぁ」と思っただけだったし、しかも片耳からしか出てこなかった。

anond:20210612201157

耳鼻科で耳垢取ってもらえって

耳かきの何が危険て外耳傷つけるから危険なんだよ

2021-06-11

俺は耳

マスクメガネピアス骨伝導スピーカーを掛けることができる。

補聴器イヤホン耳かきを突っ込むことができる。

俺よりも働き者おる?

2021-06-01

耳が痒くて耳かきで掻きむしっても治らず、ウナコーワクールを塗った綿棒を押し当てて悲鳴を上げるなどする

2021-05-30

リラクゼーションサロン耳かきをしに行った

人生で6回目の耳かきをしてくれるリラクゼーションサロンへ行った。

1回目は地元店A

2〜3回目は東京の店(最高)

4〜5回目は地元店B (微妙)

今回の6回目は地元店C

コロナさえなければ東京の行きつけのところに行っていたのだが仕方なく地元耳かきをしてくれるところを探した。

耳の中が見たいのでスコープを使って耳かきしてくれる店のみ探すと私の知る限りでは地元では現在2店舗しかない。(1回目の店はスコープなしだった)

とりあえず地元店Bの耳かきが上手くなかったので今回新しくできたCへ。

店に入り、支払い(前払い)をする時に「Bへ行かれたことはありますか?」聞かれ、あると答えると系列店だと言われた。系列店なら行かなかった。Bと同じ店名にするか予約サイト系列店と書いて欲しい。

案の定耳かきは上手くなかった。耳垢がないなら耳の中で綿棒くるくるしてないでさっさと切り上げてもう片方の耳かきをして欲しいし、取れない位置にあるならはっきり取るのやめますと言ってほしい。耳かき後のつぼ押しとマッサージ気持ちよかった。

早くコロナが収まり東京の店に行きたい。

値段は少し高いけど痛くなく気持ちいいし、耳の毛も切ってくれるし、マッサージも上手い。YouTubeで人気な耳かき専門店のような施術をしてくれる。

技術のある店が地元にもできるといいな。

2021-05-29

ピアスが耳の中に入った話

ピアスが耳の穴の中に入ったので、その事を書こうと思う。

最後にまとめを書いたので、読むのが面倒臭いならまとめだけ読んだらいいと思う。

私はピアスが好きで、右耳に3つ、左耳に5つ開けている。右耳は全てロブ(耳たぶ)で、左耳はヘリックスが2つ、トラガス、フォワードヘリックス、ロブが2つ。

位置検索して見て欲しい。

今回耳の穴に落ちたピアスはトラガスのピアスだった。

トラガスは耳の穴の近くの顔側の出っ張った軟骨部分で、ピアス好きなら一度は憧れる部位ではないだろうか。

落ちたピアススペックシャフト(棒の長さのこと)が8mm、ゲージ(太さのこと)は14Gのラブレットスタッド

ラブレットスタッドはいわゆるボディピアスで、ボールで挟まれタイプストレートバーベルとは異なり、片側が平べったくなっているタイプピアスである。ボディピアスはネジ式が主でボールモチーフを取り外してつける。

ラブレットスタッドは片側が平べったいのでトラガスや口内など、ボールがあると邪魔な部位に必須レベルで使われている。

耳の穴にピアスを落とす事例で多いのはボールキャッチを落とすことではないかと思うが、私が今回落としたのは棒の部分だった。穴の中に8mmの棒が入っていると思った時はすごく怖かった。

落とした時のシチュエーションを書く。

私は耳かきが好きで、寝る前は特によくしている。耳かきを済ませて布団に寝転びそのまま就寝。

次の日、起きるとトラガスのピアスがついていなかった。トラガスにつけていたピアスは緩みやすく、よくキャッチ部分を無くしていたので「起きたら探すか、棒部分も近くにあるだろう」くらいの気持ち二度寝した。

授業があるので二度寝から目覚め、枕元を探したがない。ピアスがどれだけ探しても見つからない。

ここで耳に違和感があった。左耳(トラガスがついている方)が聞こえにくいというか、膜が張ったような感じだった。

突発性難聴的な病気を疑ったが、前日にかなりグリグリ耳かきでいじくり倒していたので、そのせいかと思い普通に授業を受ける。明日になっても治っていなければ病院に行こうと考えていた。

その後、ピアスキャッチ部分はリビングで見つかったが、棒部分が見つからない。

授業も終わり、食事も終わった頃でも耳の違和感は消えなかったため、親に耳の中を見てもらうと「何か奥が光っている」とのこと。

まあ鼓膜は多少光を反射したりしてるし、鼓膜が特に光る日もあるだろうと思っていたが、親曰くその光り方が金属のようなものらしい。

動画を撮ってもらい、私も私の耳の中を確認したところ、確信した。

「あっ、これ探してたピアスだ」と。

写真ではなく動画なのは写真だと耳の穴の中にピントが合いにくいのと、動画ならライトをつけたままで撮れるからであるそう、iPhoneならね

耳の穴の中にピアスという異物が入っていると気づいた時の恐怖は半端なかった。片方がディスク状の8mmの棒が、耳の中に入っている。

恐怖でしかない。

まずここで考えるのは病院に行くことである

耳なので、耳鼻科を探す。時間20時過ぎ。普通耳鼻科は開いていない。行くとすれば救急外来

救急外来に行く前に、すぐに病院に行った方がいいか相談ができる救急安心センター事業というサービス(?)に電話した。#7119で繋がるので、普段から覚えておくといいかもしれない。

相談の結果、「病院には行った方がいいが、家から車で40分ほどの場所しか耳鼻科医がいる救急外来がない。その病院は22時〜0時まで受け付けている。危なくなさそうなら朝イチで近所の耳鼻科に行く。」だった。

とりあえず親と相談して救急外来は保留に。

しかし落ち着かない。とにかく落ち着かない。

親にもう一度耳の中を見てもらうと、「ピアスと耳との間に隙間があって取れそうかも?」とのこと。

痛かったらやめる、これ以上奥に行かないように注意を払いつつ、薄い耳かきとピンセットを使って親に試してもらった。

ピアスディスク部分が奥に、シャフト部分が外側に落ちていたので、シャフト部分を掴んで外に出すか、引っかかっているディスク部分を移動させて取る作戦でやってみた。

結果、取れた。

耳かきシャフト部分を掴みやすく移動させ、輪ゴムを片側に巻いたピンセット(金属同士は滑るため)でシャフト部分を掴み、取り出した。

4〜5時間かかった。

今回は親に取ってもらう形でなんとかなったが、もしこれを見ている耳の中にピアスを抱えている人がいるならば、絶対病院に行った方がいいと思う。

まとめ

・穴に落ちたピアスはトラガスにつけていた8mm 14Gのラブレットスタッド

ディスク部分が耳の奥に、シャフト部分が外を向いた形で落ちた。

・寝てる間に耳の中に入ったのと、耳の違和感を前日の激しい耳かきのせいにしていて気づくのが遅かった。

・耳に違和感があるならすぐ病院へ。突発性難聴などの病気可能性もある。

・見てもらうだけなら家族に耳の中を見てもらうのもありかも。

絶対自分でいじらない。

ピアスのネジの緩みは頻繁に確認した方がいい。あまりにも頻繁に緩むようなら個体差可能性があるので、買い直すのも手。

そもそもピアスを外せそうなら寝てる間だけでも外した方がいいかも。

・耳に何か落ちたら病院に行こう。

2021-05-26

anond:20210525105310

周防パトラのASMRは本筋は悪魔女王周防パトラあなたのおうちにやってきて耳かきしてくれる内容だけど、ボーナストラックとして、現代日本同級生やらエルフ娘やらを演じながら耳かきするトラックも各50分くらいずつ入ってるので、ハイブリッド感はある。

あとメヤスバコっていう音声作品サークルは、そよかぜアメってVtuber声優として雇って作品を売ってるな。でも作中キャラ名も「そよかぜアメ」なのでややこしい。

マルコヴィッチの穴って映画でジョン・ホレイショ・マルコヴィッチ役をジョン・マルコヴィッチが演じたというのに近い。

だがこの音声作品では、そよかぜアメ役のそよかぜアメの魂である誰かがいるわけで、もう一段階複雑な構図だ。

……なんて格好つけて言ったが、グラドルアカネちゃん適当)がイメージビデオではオタク恋人アカネちゃんとして振る舞うみたいなよくある形式と大して変わらなくて、それに一個レイヤー増えただけじゃんと言えば同じである

実際このサークルが、民安ともえって声優を雇って「たみー」ってキャラとして語らせる作品も出してるのなんかは、グラドルイメージビデオに相当近いな。

2021-05-23

鼻ほじらない人は鼻くそどうやって処理してんの

鼻くそは耳垢よりも早いペースで溜まるよね

定期的に清潔な指でほじらないと鼻壁が大変なことになると思うけど

鼻をほじらない人はどうやって処理してるんだろ?

俺が知らないだけで耳かきならぬ鼻かきがあったりするのか?

2021-05-09

anond:20210509233543

いや、意味ないし何の役にも立たないとしか

耳かきサロンいったほうが100倍マシ。

三大嘘なのに皆んな信じてること

朝ごはんは食べないと太る

→食べたら太るに決まってる

・耳垢は自然と落ちるから耳かき不要

→溜まりまくってる画像動画がたくさんある

スイカに塩かけると甘くなる

→塩かけたらしょっぱくなるに決まってんだろ?ケーキに塩かけてろ

2021-05-06

コロナ禍でなければ80㎏の豊満な膝枕で耳かき屋やるのに

ガッデムコロナ

あたいのフィンガーテクで世の男どもをメロメロにしてやるのに

時間一万円

から爪先まで耳穴ごと全身揉んでやるのに!!!

2021-04-12

音声作品こそがオタクの次のエロ表現作品なんだと感じた

絵だとフェミ攻撃をされる。そして行き着いたのだろう。

音声作品だ。オタク進化している。

 

今のASMR音声(主に女性が喋る奴、Vとかでもいい)を聞いてほしいんだけど正直宇崎ちゃんなんか目じゃないぐらいエロエロなんだよな。

ささやきシチュエーションなんてもうほとんどエロだよ。耳元で女の子が性を高めることを喋ってくれる。耳かきなんかもすごい。

目視情報はたしかに強烈で外敵も作りやすい。AVなんかもパッケージ情報結構攻撃されてる事がある。

だが音声ならどうだ?

音声なら聞いてみないとわからないし、目視情報よりも更に情欲を掻き立ててくれる。

聞いてみるまでわからない。しかも「ASMR」は別にいかがわしい意味でつかわれているわけではない。

フロンティアだぞ。

ありがとう次世代表現

2021-04-07

anond:20210407023455

しかシスプリのように12人の妹の方が性欲は満たせるんだろうけど、12人の母の方が生活が豊かになる気がしてきた

自炊しなくてもご飯が出てきて、膝枕に耳かきで、洗濯物もちゃんと畳まれ収納されてて、部屋も散らかしても綺麗になってて、

こういうのは女性からしても家庭ではパパの役割ではなくママ役割のように思えるし、

かといってたかしの母ちゃんでは無理があるように思えるわけで、

いや、家政婦を雇えということなのか…

まり12人のメイドを雇えばいいわけだが、弱者男性は雇う金がないわけであり、結局は経済力問題帰結するのか

2021-04-03

ディスク式の耳かき

百均であるの知って使ってみてるんだけどさ。結構楽だね。

2021-04-02

頬の横にタンポポを載せる仕事

刺身の上のタンポポではない。

利き手関係なのか、左頬(本人から見たら右頬)の真横に綿毛のタンポポが載ってる人々を最近よく見る。

最初はあまり気にならなかったが、複数の事例を見るにつけ、これは何らかの流行なのだと気づくことができた。

歌手舞台手、野外に出た天気予報アナウンサーがそうしてるのをよく見るが、どういう繋がりがあるんだろう。

そもそもあの綿毛には何の意味があるのだろうか。最近流行りのファッションなのか。

それなら街中で見かけないのはなぜか。もしかしたら魔除け的なものだろうか。

あの綿毛で不吉なものを絡めとるみたいな意味合いで。

しかも、タンポポは頬に直接貼り付けるわけではなく、耳のあたりから棒状の金属で支えられている。

耳かきで使われる綿毛のタンポポとも関係があるのか。謎はますます深まるばかりだ。

丁寧な説明が求められる。

2021-02-17

EAR'S GIFT -みみかき先生- という漫画

第一話の耳かき描写が大変良かったので次なる耳かき描写も期待していた

そして第四話がさあこれから耳かきだという場面で終わって

これは第五話でさぞかしじっくり耳かきを描いてくれるのだろうと楽しみにしていたら

冒頭1ページでさっくり終わってズッコケ

 

おい!タイトル詐欺か!耳かきを描いてくれーッ!!

耳かき漫画ってそんなに無いんだよ

自分以外にも楽しみにしている耳かきフェチ絶対いるって!

耳かきをただのギミックにしないでくれ~!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん