「ツーショット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ツーショットとは

2020-10-07

あなた自撮りを撮れるのは、世界中あなただけ

アメリカインディーミュージシャンをインスタでフォローしている

その人は、新曲の告知や、制作中の曲の断片や、飼っている犬や、朝食や、親戚の子供とのツーショットや、恋人とのツーショットや、旅先の景色や、近所の夕焼けや、社会的メッセージなんかを投稿している

去年以前のある日、「綺麗な景色写真より、こういうどうでもいいセルフィー自撮り)のほうが"いいね"がつくのはなんだかな」みたいなコメントとともに自撮り写真投稿された

でもさ、あなたフォローしてる人たちは、あなたあなた音楽に興味があるんだ

綺麗な景色写真なら、ナショナルジオグラフィックやどこかの国立公園風景写真家のアカウントでも見つかるけど、あなた自撮りあなたアカウントしか見られない

あなたの作りかけの曲はあなたアカウントしか見られない

からあなたフォローしているんだよ

ちょうどブコメの誰かの「ジャンル自分」ってのはうまいこと言ってたよね

他では見れない、そのアカウントならではの投稿に"いいね"が集まるのは当たり前で、日常アカウント独自性投稿自身ということ

 

 

 

(ただまあその人はルックスがとてもとても良いので「顔が映った写真が好まれる」というあたりにそもそも思うところがあるのかなとは想像しなくもない)

2020-10-06

好きな女に彼氏ができた

当人に見られたら一発でバレる。

かれぴできたツイート見た。

相手の顔隠してあったけどツーショットも見た。保存した。顔が好き。

ラインスクショ惚気やらなんやらも全部見た。つら。

あいつにこれまで彼氏がいたかどうかは知らない。

高校の事は高校用の垢で話してただろうし。鍵垢だったから中身わからないし。

なんで今は私とつながってる方で惚気るの。

専門学校で会った人だから

どうして私こんなに動揺してんだろ。

中学で好きになって、どうしたらいいかからなくなって距離ができて、そもそも向こうはノンケなんだし諦めようって。

別々の高校入ってすっぱり諦めたはずだったじゃん。

諦めないと友達でいるのも心臓に悪いから。

この”好き”は友達としての好きなんだって

6月に急にリプ来た時すごい舞い上がってたよ。

いつぶりだろ。2年以上。

小学校の帰り道みたいなオタク話して楽しかった。




まだ好きみたい。最悪。

2020-09-13

ひきつる笑顔呪い

写真を撮られるのが嫌いだった。

幼い頃の写真はたくさんあるが小学校に上がってから写真はかなり少ない。





小学校入学入学した。

ピカピカのランドセル可愛い洋服

長い髪の毛をハーフアップにして一番可愛いのは私だった。


1年1組出席番号は20

隣の席の出席番号21番はやんちゃそうな男の子だった。


デメキン


顔を合わせた途端言われた。

驚きすぎてまさしくデメキンのように口をパクパクさせるしかできなかった。

私は目が大きくむしろそれが私のチャームポイントだとすら思っていたのに、横の席の彼はいたずらに笑いながらそう言ったのだ。

褒めているわけではないのは明らかだったし、「ブス」と暗に言っているのもよくわかった。

他人からそんなストレートな悪意をぶつけられたことのない私にはとても衝撃的な小学校デビューの日だった。





その日の夕食時デメキンからかわれたことを家族に話した途端


「アッハツハッハッハッハッハ!!」


と大きな声で母親が笑った。


デメキン! デメキン! アッハッハ!」


何なら慰めてもらうつもりだった私は呆気にとられた。


あんた目が大きいもんね、確かに似てるわ」


一通り笑い終えてから母はそう言った。





その日から学校でも家でもデメキンと呼ばれる日が続いた。

そのうちに学校では隣の席の男の子デメキン以外にもストレートに私をなじるようになり、家ではまだ幼い弟までもが私をデメキンと笑いながら呼ぶようになった。


私はブスだった。

父は毎日のようにカメラを構えて私達姉弟写真を撮っていたが、ブスな私を撮られたくないのでそのレンズからも逃げるようになり次第に父はカメラを構えなくなっていった。





そんなことをしているうちに思春期となり、ますます自分の顔が嫌いになっていった。

クラス可愛い子と比較していか自分がブスかを考えるようになっていた。


ブスだから写真は集合写真以外に写ろうとしなかった。

その結果『カメラの前で笑う方法』がわからなくなり、集合写真にはひきつった顔の私がいた。





小学校卒業して中学校入学した。

ブスだから着ていなかったスカート制服から着ることになった。

ヒラヒラのプリースカート可愛いな。

でもブスが可愛い格好したいなんて滑稽だ、恥ずかしい。


入学式に1枚だけスナップ写真を撮った。

親友とのツーショット彼女の親が撮ってくれた。





しばらくしてその写真親友が焼き増ししてくれた。

家に帰って封筒を開けると満面の笑みの親友の横にブスがひきつった笑顔とも言い難い顔で立っていた。


その写真を見た母親


あんちゃんと笑えないの? いつも引きつってるよね」


と冷やかした。





極力写真を避けて生活し、大学生になった。

学生証についている証明写真は目も当てられない程にひどかった。

学内では学生証に電子マネーを入れて買い物をするのだが常に学生証は裏返しでピッと決済していた。





大学生4年生の春、彼氏ができた。

こんなブスのことを毎日可愛いと言ってくれた。


髪の毛を切れば「その髪型も似合ってるね、可愛い


メイクを少し変えただけで「メイク変えた? 可愛いね」


服を買いに行けば「これが好み! 絶対可愛いよ」


何をしてもしなくても可愛いと言ってくれた。

毎日のように私を撮って、笑って笑って! この顔可愛いよ、と写真を見せてきた。





次第にブスは勘違いしてメイクファッション勉強し始め、自撮り彼氏に送るほどになった。


スマートフォンに写る自分の姿は可愛かった。





大学卒業にあたり、せっかくだから記念写真を撮ろうと母親提案してきた。

プロメイクしてもらって袴を着た。

美容院の大きな鏡に写る私は可愛かった。



「こっち見て笑ってくださーい!」


写真館でアンティーク調の椅子に座り、カメラの前でニッコリ笑顔を作った途端


「無理して笑わなくていいのに」


と笑いながら母親が声をかけてきた。

撮影が進む中、引きつってるよ、自然自然に! と常に母親声援が聞こえていた。


卒業記念の写真にはブスが写っていた。





それから10年以上経った。

私の膝にはようやく首の座った娘とイヤイヤ期真っ只中の2歳の息子がいる。


「みんな可愛い!」


そう言ってスマートフォンを構えて連写をしているのが夫だ。





毎日のように家族写真共有フォルダには可愛い笑顔の私と子どもたちがアップロードされている。

そして時々、いい笑顔の夫の写真も。

2020-09-11

動物園の思い出話(追記

追記

全然突っ込んでもらえないかネタバラシするけどイマジナリー息子とイマジナリー私のお話です

追記終わり)

先週の日曜日は息子の動物園デビューだった。

写真を整理していたら色々思い出したので、今更ながら日記に残したいと思う。

何を隠そう、私は動物園が大好きだ。

小さい頃は、休みのたびに両親にせがんで動物園水族館に連れて行ってもらったものだ。特にアメリカバクオタリアなど大きくて柔らかそうでヌメッとしていそうな動物たちの不思議な造形と質感が大好きだった。

本当は息子ももっと早く動物園に連れていきたいと思っていたのだが、このご時世おいそれと遊びに行けるわけでもなく、調整に調整を重ねてついに実現できた、満を持しての動物園デビューだ。

私の英才教育のおかげですっかり動物に興味を持って育った息子はもちろん、久々に動物に触れられると思うと私も楽しみで仕方がなかった。カメラ双眼鏡スケッチブック、前日夜から念入りに準備をした。当日は動物園の近くのコッペパン屋さんに寄ってお昼ごはん調達し、開園時間と同時に動物園に飛び込んだ。

ちなみに入園時間予約制となっているので、これから行こうと思っている人は気をつけよう。

予習バッチリな息子はまずオカピを見たいとリクエストしてきた。良いチョイスだ。

知らない人もいるかもしれないので解説するが、オカピ茶色わがままボディにしましまの手足とお尻がキュートキリンの仲間だ。

いわゆる珍獣として話題になり、私も子供時代にたいそうおもしろく観察したものだが、今も変わらず珍獣のようだ。オカピの魅力を一発で見抜くとはさすが我が息子。

どちらかと言うと人間に興味がなさそうなイメージのあるオカピだったが、この日は草を喰みながらじっと息子を見下し…見つめてきた。ああ、ちょこんとした角がかわいい。息子も一生懸命見つめ返して、スケッチを取る手が完全に止まっていた。

ちなみに私はオカピの近くにいるハシビロコウがお目当てのひとつだった。ハシビロコウは鋭い眼光と巨大くちばしが特徴的な大きな鳥だ。一時期「動かない鳥」として話題になったこともあったが、少なくとも動物園で見ているぶんには結構動く。大きく形の良い羽がふわりと膨らみ、瞬きするたびに淡く澄んだ灰色の瞳がキラリと輝いて、実はとてもきれいな鳥だと思う。私が見たときはオスとメスが一羽ずつ、一つの大きなケージに入っていた。繁殖チャレンジしているのだろう。ちょっとオスが奥手なのかな?メスの気が強いのかな?人間目線ではあまり上手くいっていないように見えた。頑張れオス。

この調子で一つ一つの動物を語っていくと永遠に終わらないので一気に端折るが、結果として息子は大変満喫したようだった。

おみやげコーナーで新しい図鑑を買ってあげたら、今日に至るまで毎日飽きずに読みふけっている。ちなみになぜかイルカぬいぐるみも欲しがったが、動物園イルカはいなかったので許可しなかった。見ていない動物を実際に見た動物より優先させるのは私の教育方針に反する。ニシキヘビなら買ってあげるよと言ったら、少し迷ってから「いらない」と言われた。それから更に色々迷って、結局ホッキョクグマリアル模型を買ってあげた。

そういえばコッペパンも美味しかった。私はやはりベーシックポテサラが好きだ。息子はいちごホイップが気に入ったらしい。

動物園から帰った日の夜、息子がしみじみと「ぼく、あんなにたくさんの動物に会えたなんていまだに信じられないよ。動物園って天国だね」と言った。

妙にませた口ぶりにちょっと笑いながら、私は「そうだね、でも昔は『狭い檻に動物を閉じ込めるなんて動物がかわいそうだ!』って動物園のことを嫌う人もいたんだよ」と教えてみた。

息子はかなり驚いたようだった。そりゃそうだ。いわゆる「野生動物」が自然から消えて久しいのだから

野生動物絶滅した。動物園でその名残をかろうじて確認できる今の世界しかしらない息子には、自然が溢れ、野生動物が溢れていた時代など信じられないだろう。息子より先に生まれた私でも実際に見たことはなく、最初理解できなかったのだから

一部の愛護団体から動物虐待だのなんだのと批判されていた動物園が、動物たちの最後の砦となり、今では動物を愛するものは皆動物園にすがっている。皮肉なようにも見えるが、まあ動物園はもともと博物館一種であり、動物自然保護研究教育普及を目的とする施設である。当然の結果とも言えるだろう。

ともあれ、息子の動物園デビュー大成功だった。また近いうちに、息子と一緒に動物園に行こうと思う。コビトカバと息子のツーショット写真撮り損なっていたし。

2020-08-24

ツイフェミ必要性についての論証

日中仕事している顔をして考えていたが、ツイフェミ存在ヲタク界に必要である結論した。

以下その妥当性を証明したい。


二次三次を同一視するな、もしくは我々は区別が付いている、という主張についてである

これはヲタク界に限定せずあらゆるグループで言える事であるが、同じ意見のものがより集まって同一方向の意見ばかり聞いていると、

それを世間の大多数の意見思い込みがちである

ここでヲタク方はそんなことはないと主張するだろう。反証として女ヲタクの生態をあげたい。

ヲタク界隈はツイフェミ存在なきヲタクである

Twitterをのぞいてもらうとわかるが、男ヲタク界に負けず劣らず奔放な表現を尽くしているが、殺人事件など一面ニュースになるような事件を未だ起こしていない為、世間にそのヤバさを認識されず目溢しされている。

ヲタクも聞けばまず全員二次元と三次元の区別はついているというだろう。

しかし思い出して欲しい。ここで憤懣もあらわに他CP(押しキャラを振り分けたゲイカップルの意)を罵っていた腐女子を。

CPだか解釈だかと滔々述べていたが、驚くべきことにそれは原作で同じコマにいたからこのキャラ達は愛し合っているに違いない、位の理由から発する彼女らの妄想なのである

彼女らは自分のもの齟齬を起こす他人妄想世界が許せない。

ただの自分妄想世界否定されてあんなにも日夜怒り狂っていたのである

これが現実妄想区別がついた人間のすることだろうか。

ここでお気持ちを述べる女子など可愛いもので、

自分の押しカップルの片割れが違うキャラと仲良くしたと言っては公式に苦情を申し立て

自分と愛し合っているはずのキャラ恋人がいる、または出来たと言っては病んで精神科にかかり、

果ては押しキャラの声を当てている声優が、別カプキャラ声優ツーショット写真を上げたと言っては発狂しているのが女ヲタクなのだ

何故こんなことになったのか。

社会良識というものから目溢しされているがゆえに、誰も彼女らに現実を突きつけ、

お前達の信じている世界は1から10まで全て迷惑妄想である、と張り手かますツイフェミに値する否定存在がないゆえである

ツイフェミのいうことは過激で偏っていることも多いが、ヲタク自分趣味がグレーな隠すべき存在世間はばかるべき存在であることを思い出させてくれる。

あとはばかっているが男ヲタクもあまり変わらないと思う。

昨日の増田ロリコンの主張を聞き、区別がついてると思える一般人はおそらく少ない。

人のふりを見て我がふりを直したい。

2020-07-25

今治ヒマワリ・気がかり

今治

 今治彼女出身地で、数年前に旅行で一緒に行った。駅に入っているウィリーウィンキーなるパン屋がなかなかよくて、パン屋なのになぜか売っていたフライドチキンが美味しかった。

 バリィさんっていう得体のしれん鳥みたいなやつが地元ゆるキャラとして推されていて、駅に等身大(?)のバリィさん像があった。彼女バリィさんツーショット写真を撮ろうとしたら普段なかなか照れない彼女がすげえ照れてておもしろかった。地元ゆるキャラツーショット写真を撮るのは恥ずかしいという知見を得た。

ヒマワリ

 まえ地元に帰ったとき、なんとなくノスタルジーに浸ろうという気分になって小学校までの通学路を辿ってみた。途中に小さいヒマワリ畑みたいなものがあったのだが、時期が悪かったのか全部しおれていた。

 ヒマワリといえば🌻こんな感じで、ウソらしいが太陽の方を向くという話まである元気いっぱいの花ってイメージだったのでなんとなくショックを受けた。ヒマワリ……

気がかり

 最近の気がかりといえばやっぱりコロナウイルスと米中情勢だろうか。正直疫学政治全然わからんから今後どうなるかはまったく想像がつかないんだけど、どっちもわりと緊迫した状況に見える。

 こんなに大きな変化が生きてるうちに起こるとは思ってなかったのでちょっとクワクもしていることは否定できないが、やっぱり平時が一番だという気分もかなりある。世の中、どうなることやら……

2020-03-06

お取り寄せでいい牛肉を買ったら、農家の人と子牛のツーショット写真が一緒に届いた

俗にいう、生前写真ってやつだ

子牛には「みさこ」という名前がついていたそうだ

それを見た妹が「みさこは食べられない」と大泣きしてしまって途方に暮れ、

とりあえず肉を冷凍庫に入れて忘れるまでしまっておいた

今思うと、生前写真と肉を送るってなかなかサイコだったと思う

2020-03-02

春だし、断捨離

ネガティブ思考人間なので、結構過去を引きずる。 

見返してやる、という気持ちも前向きなようで、すごく 

過去に囚われてるんだよね。 

 

先日、いろいろ思うことがあって、10数年来の親友と 

思っていた子と縁を切ることに決めた。 

から連絡しないと連絡がない地点で親友と言えなかったかもね…

 とりあえず、私からは連絡しないことにして、きっとフェードアウト 

するのだろうな、と。  

 

彼女との出会いは、同時に、10数年追い続けた夢への挑戦の始まりでもあり 

それをずっとそばで見てきた彼女と離れる事で、私は惰性で続けてきた挑戦を 

諦めて次に進めるんじゃないかと思う。 

 彼女と縁を切るのと夢を諦めるのは別の問題だけど、いいきっかけになりそう。 

 

そんなわけで、ムクムクと沸き起こった断捨離熱に浮かされるようにして 

今日は部屋中の断捨離。 

もともとミニマリスト志望なので、そう物はないんだけど、細々した 

文具のストックやら使わない化粧品などを一気に処分。 

そして、、、思い出の品も今回初めて手をつけた。 

 

学生時代文通や、海外で買った思い出の民族衣装、忘れられない仲間の 

写真などなど、感謝言葉と共に処分。 

 

仲間の写真の中には、当時好きだった子も写ってて、ツーショット写真もあって、 

見てから胸がキュン・・・とはならず、 

涙がぽろっ・・・となるわけでもなく、 

ただ、思ったのが 

 

 

「なんで???」 

 

 

というね(苦笑) 

なんでこの子が良かったんだろう??

完全に頭がイッてたとしか思えない。 

もちろん、仕事の面では私よりずっと上で、尊敬してたけど、 

でも同じくらいできる人なんてたくさんいる。 

単に私のレベルが低すぎただけで、当時は彼を天上の人のように 

思ってみてたけど、今見たらただのガキ(年下)。

 

私の目指す仕事で私より先に目標に到達してた彼を見返したくて 

別れてから3年間、必死でもがいてきたけど、今振り返ってみると、 

なんだったんだろうと、脱力。 

彼のレベルに到達しないまま、別の道を選んだけど、だからってもはや 

敗北感とかはない。 

 

やれることはやった。 

その上で、方向転換して、やっと今、自分の道を見つけたと思う。 

から、もう悔しいとは思わない。 

(ただ、なんで彼だったのか、、、そこは黒歴史) 

 

もう、終わったんだな、と思ったら、あれほど執着した 

彼も、仲間たちの写真や思い出の品も、すんなり処分できた。  

いつかみんなで同窓会できたら、と思ってたけど、もう、行かないと思う。 

みんなを見返してやると思ってたけど、どうでも良くなった。 

 

もう、終わったんだな。 

過去は、もういらない。 

 

すごい悔しかったし、悲しかった。 

でも、それももう終わった。 

 

新しい世界に行く時がきたんだな、とかんじた。 

親友と思ってた子を手放そうと思ったら、いろんなものが 

彼女と一緒に昇華されていった。 

 

ご縁があれば、元親友とはまた会えるだろう。 

とおくに住んでるけども。 

 

でも、今は1人になって、一からまたスタートしたい。 

すっきりした部屋でそう決めた。

2020-02-24

人生質屋

嫁が友人と出かけ、私もそろそろ出かけようかなと思った時にお義父さんから電話があった。

「財布忘れてるで」

まじすか。

その後LINEで送られてくきた画像は、お義父さんと財布のツーショットで「もらうで」というメッセージが書き込まれていた。

すんませんと平謝りし、財布はこっちに送ってもらうことになったが一時的に無一文。

ペイペイがあるがスマホSuicaが使えないので、電車に乗れないし、今日友人と飲みに行く店は現金しか使えない。

なら事情説明して延期してもらうとか、金を借りるとかすればと考えたが、友人は一時的帰国しているので今日を逃すとしばらく会えない。友達に金を借りるのは絶対に嫌だしキャッシングなんかしたくない。

からといって楽器やら漫画やらカメラやらを売りたくはない。

どうしたものかと思ったのも束の間。徒歩2分の所に質屋があったのを思い出した。キャッシング寄りはまだ罪悪感が少ないと思った。そして話のネタになるだろうと思い質屋へ行くことにした。

質に入れる物は、

カメラ

結婚指輪

ギター

の3点に絞られたが、結婚指輪言語道断カメラ今日使う。ギター今日は弾かない。

というわけでギターに。

めっちゃキドキしつつ、ギター申し訳ない気持ちや、なんだか情けない気持ちが混ざり合い興奮状態に。

引き戸を開けると眼鏡をかけたおじさんがいて、「いらっしゃい。どうしたの?」と聞かれたので僕はカンタみたいにンとギター差し出した。緊張のあまりにだ。

「質でいい?」と聞かれはいと返事をしたが他に何かあるのかと思ったら、買取もしているようだった。

今日はなんできたの?」とか色々聞かれるのかと思ったけど、ギターを受け取って5分もしない内におじさんは「15万円まで大丈夫だよ」と計算機を見せてくれた。

この時初めて知ったけど、限度額が15万円なだけであって、その範囲であれば1000円でもいいそうで。

「あ、じゃあ2万円で」

その後僕は身分証明書を渡し、用紙に記入し2万円と質札を手に入れた。

金利10万円未満だと6%だった。

高い。

財布が届き次第返しに行くつもりだけど、質屋だろうがやっぱり誰かから借りた金というのは持っていて落ち着かないなと思ったし、話のネタにもならない。。。。

補足

実家からの帰りに気付けという話だが、飛行機も帰りのバスも全てスマホで済ましていた為に全く気づかなかった。

2020-02-06

anond:20200206070340

そうなの?

どちらかというと、ツーショット写真上げないでとはおもうけど

そんなもんかなって思ってた。

2020-02-03

anond:20200203125060

ツーショット笑ってしまった

旅行中だしとにかく人と違ってオモローなことしようと躍起になる人種を年中相手にしてたら頭おかしくなるな

おまけに普通の住人は観光業恩恵たいして無いだろうに

2019-12-31

さよなら







推し、めちゃくちゃ好きで超会いたくて会いたくて気づいたら五年くらい経っていたんですが、ついに今年推し名前事務所から消えてテニパにもメッセージ無くてテニミュも全国立海後編始まったしこれ以上ないタイミングなのでさよならブログを書こうと思って書いています

かなりとっ散らかった文章ですが、読んで頂ければ幸いです。

大好きなので、大好きなのは辞めないと思うんですが、思い出にして前に進みたいのでさよならします。



さようなら岡崎寛くん



私が岡崎寛くんを知ったのは高校三年くらいの時でした。当時、テニミュを好きな友達がいて、テニプリ原作が好きだった私はものの見事に引き摺り込まれました。

高校三年生は受験遠征もできず(地方貧乏学生だったこともあり)、短大一年生になって初めてテニミュに行きました。最初に行ったのは公演ではなくて大運動会2014だったけれど。

そこで初めてテニミュを浴びて、目の前で動く推しを見て、岡崎寛くんが好きなフォロワーとも会いました。幸せだったな〜〜楽しかった!障害物競走でビリになってみんなに見守られながらゴールする岡崎寛くんの深司めちゃくちゃ可愛かった。本当に可愛かった。夜公演の前にブロマイドが売れ残っててフォロワーと落ち込んだのはいい思い出(よくないけど)(公演後は売り切れてた)

運動会神尾が欠席で、公演の後に神尾のスペースを空けて不動峰写真撮っててすごいほっこりしたなぁ。

その後、セカンド国立海が始まって、岡崎寛くんが好きなフォロワー友達と観に行きました。実はその全国立海の公演期間中に私を岡崎寛くん肯定される出来事が起きてしまいました。確実に身バレするから書けないけど。

私は親やクラスメイトにずっとずっとそれを否定され続けていて、それをすること自体はすごく好きなんだけど、時々ものすごく嫌気が差すことがありました。しかもその出来事の直前に、ショックな事があったので余計にきつい時でした。

うーん、ぼかして書こうとしているので訳の分からない文章になっていて申し訳ないです。でも、とにかく自信がなかったとだけ分かっていただければ大丈夫です。

 

そんな時に推しに"それ"を肯定されてしまったんですよね。今考えればそりゃやばいですよ。ずっと否定され続けていたことを推し肯定されたんだから




それからはなんかもうすごくて、超しんどかったけど何とか立ち直ってそれを続けられて、今でも続けられています。こんな幸せなことあるか〜〜?!ない!

そのきっかけで不動峰オタクフォロワーができたし(それまで岡崎寛くんが好きなフォロワーリアル友達くらいだった)なんなら今でも超仲良いフォロワーがいます

高校個人ホムペを見ていた頃、好きだった方と繋がれたりとかもありました。いや〜〜すごいな?!

岡崎寛くんのおかげで、好きなことを続けようと思えて、狭いインターネット世界がすこし広がって友達ができました。





国立海の公演期間中、ほんとうにほんとうに幸せハッピークソ野郎でした。

所詮行く公演も少ない在宅オタクだったのですが、日替わりレポをチェックしたり、かずくんとゆうきくんの差し入れ合戦を見てニコニコしたり、体調を崩してるらしいかずくんを心配したり、バルズのお揃いのキャップに湧いたり、全部新鮮だったので在宅でも楽しかった。



俳優オタク一年生だった私は何もわかっていなかったので、金を出すべきとか、公演沢山入るべきとか思いつきもしませんでした。周りにもそういう人がいる訳でもなかったし。本当に何も知らなかったしわかっていなかった。



今思えば沢山公演入っとけって思うけど。結局こうなってしまったんだから




いやでもかずくんの日替わり天才だったよな〜〜〜〜本当に大好きなんだよなぁ。日替わりで日吉や裕太と仲良くなっていく過程をやって最後には友達になれたりとか。『深司信じられない』もかずくんはゲーム元ネタって知らなくて、偶然思いついて使ったらファンレターゲームネタだと知った、みたいなのとか。日替わり毎日考えなきゃいけないのに、全国立海終わった後は楽しかったです!の一言で終わらせてるんだもんな。

やっぱ天才だよなぁ

国立海の大千秋楽をライビュで観て、最後の日替わりで泣いて(本当にあれはずるいけど天才だと思った)、映画祭があって(ドラキュラのかずくん会いたかったな〜〜行けばよかったな………)、ドリライがありました。



ドリライライバルズの出番が鎬だけで謀反……って気持ちだったな。ソロ聴きたかったな。でもはじめてのドリライしかった。

ゲイ術的なテニスのしんじくんバカみたいに可愛かったな………

ドリライでは初めて岡崎寛くんハイタッチして驚きすぎて腰抜かした。いやだってまさかできると思ってなかったし俳優オタク一年生だったし。同行者の方にちょっと心配された(それはそう)

あの時通っていった岡崎寛くんの深司、綺麗だったなぁ。

大好きだなぁ。



でもまさかドリライ2014が最後岡崎寛くんに会える機会だと思わなかったなぁ。



いや普通思わないよな?それで終わりだなんて。

かにドリライの後に仕事決まってなくて不安だった気はするけど、元々仕事が多い人ではなかったし(書いてて悲しくなってきた…)そのうち決まるだろうと思ってたな。能天気だなその時の私。決まらいか安心しな。


ドリライが終わって、かずくんの仕事が決まらなくて不安で、サードキャストが発表されて、そのなかに健人とまちゃがいて二人とも全国立海のアンダーやってて、サードのお披露目が近づいてて、かずくんの誕生日が近づいていった。

かずくんの誕生日アメスタ配信が決まって、喜んで見た。すごい酔っ払ってたな笑 でも楽しそうでかわいかったな。

仕事と言える仕事はそれが最後だったな。

多分アメスタの次の日か前の日のどっちかだったんだけど、サードのお披露目にかずくんが行って、サード不動峰キャストに囲まれててああもう先輩なんだなって思った。

健人とツーショット撮ってて嬉しかったけど複雑だった。多分まだいまいち健人を受け入れられてなかった。





それからサード不動峰公演が始まって、チムライがあって、やっと健人の深司が受け入れられて、ルドルフ公演があって、ドリライがあって、サード不動峰が一旦テニミュから離れた。

かずくんはたまにツイッター更新して、その度に私はひっくり返るような気持ちになったりフォロワーからリプ飛んできたり、インスタ始めたり、インスタのお陰で数年ぶりに動いてるかずくんを見れたりした。

Love's by keyパーカー買ったりもしたなぁ。まだ家にある。捨てられない。

なんか五年ってすごく長い時間のはずなのに、アメスタからかずくんのことで何があったかが数行で終わってしまうの、とても悲しい。数行ぶんくらいしか私は知らない。

当然といえば当然だ。その時から岡崎寛くん俳優仕事をしないつもりでいたのだろう。むしろ気まぐれでツイッター更新したり、インスタを更新していたことが奇跡だったのかもしれない。

インスタのタグ付け?で岡崎寛くんが何か他の仕事してるんだろうなっていうのを知ったもんな。





岡崎寛くんが今何の仕事をしているのか、結婚しているのか、してないのか、なにもわかんないけど、わかんなくていいけど、幸せ暮らしていてくれればいいなと思います





話がすっ飛びますが、12月19日からサード国立海後編が始まりました。ライバルズ、つまり健人の深司くんが出ています

健人にとってはセカンドでアンダーで出ていた公演にようやく出るってことなんだなと思うと本当にエモすぎて死んでしまう。

ここまで長いようで早かったなぁ。いや長いか

私の取れたチケット12月23日の公演でした。あれだけの倍率で取れたチケットがこの日ってもうめちゃくちゃ笑ってしまった。だってこの日岡崎和寛くん誕生日だよ、私早くこの日をなんでもない日にしたかったよと思った。軽い気持ちで申し込み出すもんじゃないなと学んだ日でもありました。(あとでにちかちゃん誕生日だってことも知った。おめでとう)

今年もまた12月23日特別な日になりました。きちんと岡崎寛くん誕生日ケーキも食べました。テニミュを観ました。凄かった。

もうね、私絶対これ岡崎寛くんに観て欲しい。絶対絶対観てほしい。健人の中に岡崎寛くんが生きているよ。本当だよ。でもそれを伝える手段が無いに等しいんだから笑っちゃうよなぁ。

から少しネタバレなのでまだ全国立海後編を観ていない方は数行飛ばしてください。

まさかスポットをねらえが聴けるなんて思ってなかった。メドレーがファーストのままだからだろうけど。

あとやっぱり一番は日替わり………かずくんがセカンド国立海で日替わりやってたシーンと同じシーンで健人も日替わりやると思わないじゃん。ビックリしすぎてひっくり返るかと思った。そんなのエモすぎて死ねるじゃん。それにまさかGMKKもやるなんて思ってなかったし。

健人が。セカンドでアンダーで出てた健人がサードの全国立海でGMKKやってるの、マジでマジでエモい以外の言葉でどうやって表せばいいんだ。こんなことってあるか。

とどめはGMKKのコールだった。深司だった。

都合のいい深読みしすぎなオタクから岡崎寛くん誕生日から深司がコールだったんだなと思ってしまった。

本当にこんなの死んでしまう。

チケットはその日の公演一枚しかなくて、まあ実際観たらもっと観たくなるだろうなと思ってたけど、とんでもなく満足してしまったので今のところその欲があんまりない(いや、チケットがあれば行きたいけど………)

最高の公演をありがとうテニミュ…………

あと、色々見てて気付いたことがあるんだけど、健人のなかに岡崎寛くんが生きている。どうとか具体的にはあまり書きたくない…………けど確実にそうだと思う。

健人にかずくんの深司がどう写ってたのかずっとわからなくて、正直かなり不安だったけれど、健人のなかに岡崎寛くんが生きてることが分かってすごく嬉しかった。本当にうれしい。

よかったな〜〜本当に良かった。





いや、いや〜〜!岡崎寛くん、会いたいな!

さよならします!思い出にします!って言ってここまで書いた癖に会いたくて仕方ないな。かずくん、本当にキモくてごめんなさい。

私はずっとずっと岡崎寛くんに直接会って、私を肯定してくれたことにお礼を言いたくて5年も引きずっていました。もうここまできたら呪いだよ。どうしてこの程度のことぐらいが叶わないんだろう。不思議だなあ。

つくづくオタク推しを繋げているものって脆いなものなんだなと思う。推し行方くらましたらもうオタク推しが何をしているのか、生きているのかすらわからないままなんだよ。

改めて考えるとめちゃくちゃしんどいな。当然のことだけれど。

推しにはオタクことなんて気にせずに生きていてほしいと思う反面、推しのことが知りたくて仕方ない生き物だから仕方ないのかな。矛盾しかなくて本当に面白い


岡崎寛くんサード国立海後編に行ってくれたらもう思い残すことがないので、安心して死ねるなぁ。人生短いけどできるだけ思い残すこと無い方がいいじゃないですか。自分ではどうにもできないけど。

どうにか行ってくれないかな〜〜そしてそれを教えてくれたらいいな………

だらだらと色々書いてみて、とんでもなく短い間だったけど私は岡崎寛くんにいろんなものを貰ったんだなと思いました。

テニミュがめちゃくちゃ楽しいと思えたこと、付き合いが長くなるフォロワーと知り合えたこと、自己肯定感幸せな思い出、沢山沢山貰いました。岡崎寛くんがいなければここまで沢山幸せなことがあったかどうかわかりません。本当にあの時は幸せでした。岡崎寛くんにはどんなに感謝してもしきれません。

岡崎寛くん、本当にありがとうあなたがいなければ私は今どうやって生きていたのかあまり想像ができません。多分今よりもっと死にたかったと思う。

直接会ってお礼を言うことはもう叶わないので、届きもしそうにないところからお礼を言わせてください。

本当に本当に、たくさん幸せをくれてありがとうございました。これからも大好きです。

2019-12-27

なんかこわい話

会社上司というか、先輩に彼女ができたらしい。10歳近く離れていて、部署は違うけどたまに仕事の絡みがあるような立場の人だ。仕事の面ではからっとしているが、正直言ってあまり好きではない人だ。原因は、飲み会や昼飯時にする下ネタ。俺も下ネタは好きなんだけど、先輩の下ネタは何というか、モヤッとするのだ。入社早々に聞かされた話は、「俺のストレス解消法」だった。なんでも日暮里あたりの安い風俗女の子を呼んで、ホテルに着いてすぐ部屋にも入れず「チェンジで」といって無視するんだそうだ。女の子の中には泣きだす子や怒り出す子、いろいろいるけどこっちはホテルの中だからね。店の電話も出なければいいし、騒ぐ女を見るとスッキリするんだよ、と笑いながら言っていた。

正直、引いてしまった。周りの同期も同じ反応だったと思う。俺もモテる方ではないし、風俗を使うこともある。でも、女の子をそんな風に扱ったりはしない。可愛い子だけじゃないし、失敗したかな〜ってこともある。でも、チェンジって、とんでもなく態度が悪いとかじゃない限り言えなくないか女の子手取りを考えたら、1万程度で俺と遊んでくれているはず。そんな女の子に向かって「お前は要らない」って言えるかなあ。俺は無理だよ。まして、遊びで言うなんて。

キャンセル料どうするんすか、と勇気ある同期が聞いたら、「そんなもん払うやつがアホだろ」との答えだった。交通費?とか迷惑料?はお店が出してくれるのかもしれないけど、こんなしみったれストレス解消法とやらのために無碍にされる女の子がいる。先輩がこの件を除いても魅力的かどうかって言ったら、ちょっと微妙だしね。だから仕事以外では特に絡まないようにしていたんだけど。

下半期はちょいちょい案件が被って、仕事帰りに飲む機会があった。そこで、彼女ができたと教えられた。

黒髪ボブの可愛い女の子だった。多分俺と同年代くらいで、先輩からしたら若い子だ。社交辞令的にどこで知り合ったんですかと聞いたら、マッチングアプリだと。趣味が合ったかデートして、やっと付き合えたんだそうだ。クリスマスはどこに行こうかなとニコニコ話していた。まあ、いくら先輩と言えど彼女大事にしているようだし、妙な遊びもおさまるといいな、と思った。ついでにネット出会いもすごいな〜と思ったりして。

で、本題はここからだ。この話を、風俗の話を除いて自分彼女に話した。彼女はへえ、マッチングアプリで付き合う子って多いよね、と言い、そんなに可愛かったの?とふざけて拗ねていたから、先輩から送られてきたツーショットを見せた。すると、彼女は「他に写真ない?」と聞いてきた。ないよと言うと、彼女ちょっと考えながら、「先輩っていい人なの?」と言った。話を聞くと、「小中の同級生に似ている気がする」と言うのだ。高校から会ってないなら分からないんじゃない?と聞いたら、Instagramを見せてくれた。確かによく似ている。髪型は違ったが。彼女が言うには、キャバクラから風俗に流れて、今はどこかの風俗にいるらしい。あまりよくない噂が多いとも。彼女大学時代に一度、金の無心をされたことがあるそうだ。確かにInstagram写真を見る限り、夜の仕事とか、ホストクラブとか、そういうところで撮ったようなものが多かった。俺はそこで、彼女に先輩の「ストレス解消法」について話した。こういうことをしていた人だから、騙されているとしても自業自得じゃないかな、というテイで。

すると、彼女は「同級生被害者だったりして?」と言った。ありえないだろうと思ったが、Instagram投稿を遡れるだけ遡ってみたら、ありえない話ではないようだった。彼女とは「もし違う子だったら可哀想から教えてあげたいけど、推察が合っていたらそれぞれお似合いだろう」として話を収めた。

実際のところは分からない。でも、先輩がヘンな遊びをしている以上、その彼女がどんな私生活を送っていても文句は言えないとも思う。うすらこわいから、とりあえず文章にしてみた次第です。

2019-12-24

メイドさん特別感情を抱いてしまった

彼女を知ったのは何年か前の春先。研修期間を終えお披露目となった彼女を紹介するメイドカフェ公式アカウントからツイートかなにかがリツイートで回ってきたのがはじまりだった。

小ぶりな丸い顔とその愛らしい笑顔に心を打たれ、彼女Twitterアカウントフォローした。

当時わたしは海を超えた地元生活をしており、遠く離れた秋葉原の小さな店舗のひとりのメイドさん存在というものは、二次元ではないにしろ遠いものだった。

会えない、もし会ってあわよくば…なんてことを考えすらしない。メイドカフェといえど結局は飲食店。客に興味は沸かないし、メイドカフェに通うオタクなんて嫌悪感しか抱かないと思っている。

彼女存在というものは他にフォローしているアイドルなんかと同じ。目の保養とだと考えた。


彼女投稿する写真はどれも可愛かった。毎日いろんな髪型メイド服、たまには私服もあったり。

それをほとんど全て保存してお気に入りにしていた、携帯ストレージが埋まれば今度はクラウドストレージ彼女名前フォルダを作りそこに保存した。

今これを書きながら見直しているけれど、千枚は簡単に超えている。傍から見れば気持ちの悪い話だ。

しか彼女わたしのことを知らない。だからそんなことは関係のない話だったのだ。


彼女を知ってから1年後の春にわたし転職した。契約期間満了がその理由だった。

特に苦労もなく入社した新しい会社はいわゆるIT派遣で、中途採用わたし入社2週間後には東京の地を踏んでいた。


派遣先は東京付近彼女がいる秋葉原まではたったの2駅。しかし当時のわたし彼女との距離をそれほど意識してはいなかった。

あくま彼女はまだTwitterの中での存在だった。それでもTwitterフォローしているアカウントの中では彼女が一番だったことは間違いない。


新しい会社社員同士の仲がよく、チャット雑談をしたりしていたのだが、わたしと仲のいい同期がとあるチャンネルを作った。

目的は『アイドル女優など、推し女の子を紹介する』というものだ。

自分でも自覚はしているけれど、わたしの好みのタイプは万人受けするものではない。

タイムライン乃木坂46齋藤飛鳥武田玲奈画像が貼られているところに、彼女画像を貼った時の反応はよくなかった。

『お前が好きそう』『メンヘラっぽい』なんて言われたりしたけれど、ことあるごとに彼女画像を貼った。

誰かが眼鏡をかけた女の子を紹介すれば、わたし眼鏡をかけた彼女画像を貼る。

ポニテ女子が上がれば、彼女ポニテ画像で対抗する。

千枚以上の写真があるんだ。どのシチュエーションにも対抗できる。我ながら気持ち悪いやつだ。

そうしていたらそのチャンネルのなかでわたし彼女ガチ恋オタクだと言われるようになっていた。


そして、彼女に会いに行くことになったのだった。


まりにも彼女のことを語るわたしを見て、上司が『それじゃあ会いに行こうよ』とわたしの手を引いた。

実際に行くにもわたしはずっと『会ったらガチ恋してしまう』なんて言っていたけれど、内心はすこしドキドキしていたと思う。

秋葉原から少し離れた通り、そこに彼女が在籍するメイドカフェはあった。それまでに秋葉原は何度も足を運んでいたけれど、この通りまでは来たことがなかった。

メイドカフェ黎明期にできたというそカフェのドアを開く、席に案内される途中横目で彼女を探す。いた。そりゃそうだ。事前に出勤する日をTwiterで確認したんだから

今まで画像しかたことがなかった彼女だったけれど、やっぱり女の子は動いている方が可愛い

彼女の声や動き、静止画ではわからない彼女の魅力を知ることができた。

ところで、わたし好きな人にはそっけない態度を取ってしまう癖がある。最近知った言葉だけれど『好き避け』というらしい。

思い返せばこの時オーダーを取ってくれた彼女の姿をあまり覚えていない。美化したような表現にはなるけれど、わたしの好き避け癖は既にしっかり機能していたのかもしれない。

いわゆるテーブルにしっかりメイドさんが着いてくれるお店ではなく閉店時間も迫っていたので、会話もそこそこにわたしたちは退店することになった。

翌日他の同僚なんかにどうだった?と尋ねられたりもしたけれど、生の彼女を拝んだくらいで恋してしまう程わたし恋愛経験がないわけではなかったので、いつもどおり彼女の魅力を語っていた。


その数週間後に今度は同僚と二人でそのメイドカフェになんとなく行ったりもした。

その時に手に入れた彼女ラミカは今でもパスケースに入っている。


そこからは何ヶ月かに一度彼女に会いに行った。毎回はじめまして対応だ。

わたしの働くオフィスが変わったのもあるけれど、やっぱり自分のなかでアイドル現場メイドカフェというものは頻繁に足を運ぶものではないものだと強く思っていた。

その間に彼女コンテストに応募したり、新しいことに挑戦したりしていた。それに対して少しばかり応援したり、たまにリプライを返してそれをいいねされてドキッとなったり、

相変わらずTwitter彼女がアップする写真ハートを投げる。そんな日々を送っていた。


だけれど、それは続きはしないかもしれない。


彼女就職することになった。

メイドカフェ副業として続けるらしい。が、わたしは知っている。今までそう云ってきたアイドルメイドさんは、少しの期間をおいてその人生に幕を下ろす。

からわたしはそのツイートを見た瞬間にまだ決まってもいない卒業の日を想像してしまい、胸が締め付けられるような苦しさを感じた。と同時に彼女に会いに行かないとと思った。

彼女の姿を一目見て、『新しいお仕事頑張ってください』と一言かけよう。そう決意して翌日彼女に会いに行った。


久しぶりに拝む、とは言ってもTwitterではほぼ毎日見ているので特に驚くこともなかったが、やっぱりビジュアルもそうだけれど彼女の話し方や仕草も合わせると更に素敵だ。

金曜日の夜、店内はそこここに混雑していた。窓際に座るわたし彼女はオーダーを取りにきてくれたけれども、わたしはとっさに目を見て話せない。好き避けはまだ治っていなかった。

結局この日は言いたいことも言えずただカクテルを一杯飲んで店を後にした。

帰り道、彼女のことをツイートするとリプライが来る。わたし彼女認知されていた。『また遊びに来てください』の言葉わたしは胸が踊った。変な声をあげながら喜んだ。

そしてその次の日に会いに行くなんて、わたしは本当に単純だなと思う。彼女もまたわたしの姿を見て『来てくれたんですね』と声をかけてくれる。

それでもわたし彼女の目を見て話せない。彼女の表情は覚えていないけれど、冷たく思われないようにできる限り丁寧な返答をするように心がけたのは覚えている。


認知される』ということは、少なくともわたしの中で特別なことに思えた。

それは今までアイドル現場や他のメイドカフェに行ったことがなく、単純に初めての経験だったから。

たったこれだけの事で優越感や幸福を感じるなんて、あまりにもチョロさがすぎるとは自分でもわかっているんだけどね。


そこからわたし彼女の出勤する日はできる限り来店している。

メイドカフェへ足繁く通うようになって、彼女以外の他のメイドさんにも認知された。

まぁ、彼女がいる日にだけ行くというのもなんかアレなので、いない日にも行くようにしている。結果的にそのメイドカフェ自体が好きになってしまった。

彼女の他に推しと呼べたり、落ち着いて気軽に話せるメイドさんもいる。

だけれどわたしの中で彼女へ向ける感情は、他のメイドさんへ向けるそれとは違うものだと自覚している。


店内の数人でやったトランプゲーム中に彼女の肩が一瞬触れたり。

誘いに付き合ってくれた先輩が気を利かせ、彼女に声をかけて少しの間やりとりをしたり。

また別の先輩は、あまりにも好き避けが激しいわたしを見かねてツーショットチェキを撮るように促してくれたり。

更に翌日自分チェキをオーダーすると、『やっと自分からオーダーしたなー?』とからかうように言われたり。

まだ短い期間だけれども、全部が綺麗でキラキラした大事な思い出になりつつある。

メイドさんが選んだクリスマスプレゼントランダムで手に入るクジ。彼女プレゼントを目の前で他の旦那様が引いてしまったのだけは悔しかった。

その旦那様も彼女推しとしているらしいのが更にモヤモヤした気分にさせた。ジャニーズアイドルなんかで『同担拒否』するファンの気分はこれのことなんだろうか。


もっと彼女を知りたい。

何を見て聞いて食べて、喜んだり悲しんだり悩んだりするんだろう。

メイドカフェメイドさんとしてではない彼女を知りたい、メイドカフェ旦那様としてではないわたしを知ってほしい。

そしてこのわがままな願いが叶うこともない現実を知る苦しさ。

この気持ち名前をつけて認めてしまったらわたし旦那様としていられなくなってしまう。


厄介オタクの身勝手自己愛や歪んだ理想像だと言われるかもしれない。自分でもかなり感傷的になっていることもわかっている。

そもそも卒業が決まったわけでもないのに、勝手想像して辛くなって泣きそうになってるなんて面白すぎる。

でもいつか卒業する瞬間が来て。卒業して何ヶ月かしたら彼女の中のわたしは消える。何年かすればわたし彼女のことが思い出せなくなってしまう。

それがどうしてか哀しくて苦しくて今この日記を書いている。ちょっと読み返してみたけどイタさ丸出しで笑う。

何が『この気持ち名前をつけて認めてしまったら』だ。どこからどう見ても厄介ガチ恋オタクだよ。

ついでに、ありきたりな『こんな辛い思いをするくらいなら最初から出会わなければよかった』とかい台詞が思い浮かんだけど、わたしはそうは思わない。

あの日運良くツイートが目に留まって、転職して東京に行き、ツイート彼女リプライをくれた。今までの選択なくなることはない。こういうところだけは現実見てるんだなあ。


さて、わたしメイドさんとしての彼女人生を3年以上応援してきたけど、彼女からしたらついこの間顔と名前が一致した人。

ストーカー予備軍かよ。そんな奴からこんな身勝手感情を抱かれているなんて知られたら相当寒気がするはずだ。

もしこれを目にしてしまったら、次わたしが来た時にいちごパフェでも勧めてください。それ以降お邪魔しません。


この書きなぐりを見つけたおじさん方、どうか知らないフリをしてください。詮索もダメゼッタイ

だったら最初から書くなという指摘もわかります。でも書かないとおかしくなりそうだったんです。

2019-12-21

そうすべきだと前々から言ってるだろ。やっと時代が追いついたのか。

この点ではフェミアンチフェミ意見一致してるんだから仲良くしろよ。

何? 双方皮肉で言い合ってる? いやでも意見一致してるんでしょ? じゃあ「よく考えたら本当にそうするのが一番いい」と気付くまであと一歩じゃん。

実際アメリカでは「性交前に同意証明として笑顔ツーショット写真を撮る」文化が既に生まれつつあるらしい。日本も早くそれに倣おう。文書に残すのは日本人の感性にあってると思うんだ。

2019-12-01

創価彼氏と別れた女だけど元彼日記を見られました

以前、「創価学会員だった彼氏と別れた話」というタイトル匿名ダイアリーに長文を書きました。

あれは火曜日に書いたんですけど、次の日になってから色んな人の目にとまったみたいで、色々なコメントをいただけました。

そしたらね、元彼の目に入ってしまいました。

なんで分かったかというとね、本人からメールが来たんですよ。

はてなブックマークを読みました。

そこまで苦しんでるとは思わなかった。

◻︎◻︎(私の名前)の気持ちに応えてあげられなくてごめん。」

これ水曜の夜にきたんです。

あんまり寝つきがよくなくて、寝てたけど目を覚ましたらね、これが来てました。(文章は少し変えてます。)

正直ね、よく読んだなって思いました。

だって時期的に私が書いたって察しはついたと思うんですよ。

それに、もしかしたら自分のことボロカスに書かれてるかもしれない。

あとむっっちゃくちゃ長い。長いって色んな人に言われたし、私自身長すぎて文字数制限引っかかるんじゃないかって気にしたレベルで長い。

そんな文を読んだわけです!元彼は!

絶対彼の身バレはしたらいけないから気をつけましたが、書くことに許可も得てないし、何よりクソポエムだし…。

そのことを謝ったら、いや、そこは別に気にしてないよ。と返ってきました。強いな。

ただ、そこまで辛い思いをさせてるとは思わなかったんだ。

紅葉行けなかったこと、連休二日目に一緒に入れなくてごめん、

傷つけてごめんなさい。

と、書かれてました。

私は彼のことを恨んだりしてません。

傷つけてごめんって書いてあるけど、私は彼に一方的に傷つけられたわけではないです。

私もかなり微妙リアクションしたし、創価学会を受け入れないようなラインしか送ってません。

まれた時から創価学会と共に生きてきた彼にとって、そういう態度を取られるのは傷つくことだったと思います

お互い傷つけあったんです。

私は二連休のことは私が言ってないだけだし、傷つけたのは私もだと。

ただ紅葉のことは悲しかったと。

色んな人に色んな感想を言ってもらえて落ち着いてきたこと。

電話番号分かったのは書いた通りだから携帯勝手に触ったり、どこかから情報漏れてるわけではないことを書いて送りました。

そしたら、少しでも落ち着いたなら良かった。

ラインブロックした僕が100%悪いんだけど、電話が鳴った時は死ぬほどびっくりした笑と返ってきました。

この感じがね、付き合ってた頃を少し思い出させます

この後私が彼のことを疑ったりして、私の疑念通りならわざわざ連絡くれないよね、疑ってすみません、と送ったら、気にしないで。◻︎◻︎(私の名前)の気が済むまで付き合うよ。と言われました。

前の日記読んだ人なら分かると思うんですけどね、私、すごく粘着質なんですよ。

コメントでも何人か言われましたが。

(これに関してはもっと言われると思ってたので、言ってる人があまりいなくて驚きました)

そんな粘着質な元カノ相手って、むちゃくちゃ面倒だと思うんですよ!!

なんでや…?と思って聞いたら、

泣かせてしまたから。

どんな理由であれ、女性を泣かせたなら悪いのは男だと思ってる。

泣き止むまでは、話くらい聞くよ。

と言われました。

いやもうほんとね、別れてやり直すつもりもないのにね、こういうこと言ってくるんですよ。

それに、その考え方だととにかく泣いて貴方悪者にする女もいると思うんです。

そんな生き方しんどくないかなって思うし、

彼はこういう考えで動いてるだけで、私だったから、じゃないんです。

私が泣いてたから連絡してきたんじゃなくて、そういう考えの元生きてるから連絡してきたんです。

それが分かってるのに、嬉しいんです。

もう別れたのに、もっと好きになってしまうんです。

彼は自分言葉がどれだけ私の心を動かすのか分かってないのでしょうか?

私、前の日記でまだ好きなんだってあれほど言いましたよね?

でも、泣き止むまで、だから、やっぱりやり直す道はないんだなって思いました。

そもそも最初に私の気持ちに応えられなくてごめんって書いてあるんですけど。余計ね。

そのことと、個人的に聞きたかたこと(創価学会関連のこと)を聞きました。

そしたら、質問に関してははぐらかされました。

しかし、あまりやりとりを続けるのもお互いの為にもならないし、これぐらいにしておこう。

それじゃ、バイバイ。」

ときました。

え、さっきまでの優しさどこ行ったん?

寒暖差が凄まじい。このあっさりさが寂しい。

この会話で終わりなら、日記に色々書いたけど何か言いたいことはないかとか、学会外の人と付き合って、それが原因で別れるのは辛くないのかとか、入信の譲歩案はやっぱりだめだったのかとか聞くべきでした。

この話をしたら友人に、どうした元彼生理か?って言われました。笑いました。笑っちゃいけないんだろうけど。

でも、彼の言う通り、このままやりとりを続けても忘れられなくなるだけなんですよね。

しかしたら彼も、私と連絡を取り続けると後々辛くなるから早々に離れたのかもしれません。

お互いにって言葉が出てきたから、彼もまだ私への思いを持っていてくれたのでしょうか。

私は一回落ち着いたつもりでした。

でも、落ち着いてなかったみたいです。

彼と別れたことが辛かったし、もっと好きになったことも辛かったし、創価学会に入れば一緒にいられるなら入ろうかと、また悩み始めたし。

昨日だけで三回泣いたし、今日も泣きそうでした。出先じゃなかったら泣いてた。

あ、でも創価学会には入りません!

前にも書きましたけど、同じだけの気持ち信仰しなかったらお互い嫌な思いするんですよ。ちなみにこれお母さんの言葉じゃなくて私の言葉です!褒めるなら私を褒めて欲しい!

仮に私が試しに…で会合座談会?とか参加して、信仰できなかったら別れなきゃいけなくなるから、それもまたお互い傷つくんですよね。

友人にも、信仰できるようになるまで彼がずっと側にいるとは限らないと思うって言われました。

そうだったら本末転倒ですからね。この言葉のおかげで落ち着きました。

うそう、コメントでね、思ったより彼が批判されててね、申し訳なくなりました。

勘違いされてる部分もあるので訂正すると、私が名前だけ入ってもいいとか言ってたのを彼が知ったのはおそらく前の日記を読んでからだと思います

私はこれで最後だな、読んでくれるかは分からないけど、って気持ちで送ったメールにこのことを書いてたので、ラインしてる段階では完全に入る気がない女としか映ってないと思います。このあたりは私の書き方が悪かったです。

でも、それを知っても彼は先日のメールのような感じだったので、それではだめなんでしょうね。

ラインブロックに関しても、話したら辛くなるだけ、って思ってブロックしたのかもしれないし、不誠実だとかは思ってないです。

もっと早く言うべきだろと言うのは、まあ私も分からなくはないです。

でも、言い出しづらいって気持ちも分かります

今までそれで別れてきたわけからそのことを思い出すと言いづらくなった、その気持ちは分かります

誰しも大切だからこそ言いづらいこと、あると思います

私達は半年前にアニメ好きの婚活パーティー的なもの(終了後顔合わせできるのはマッチングした人とのみ、連絡先は教えたいと思った人に主催を通じて送るシステム、みたいなやつ)で出会いました。

そこから付き合って3ヶ月だったので、結構微妙…?

彼の今までの経験則ではこのタイミングで言えば傷が浅く済んだのかもしれないですね。

まだ深く関わりすぎてない状態で、ってことで。

ただ今回は、私があまりにも彼のことを好きになりすぎたからこんな結果になったのかもしれません。

私たちもあまり好き好き言い合うカップルではなかったですし、かっこいいとか好きとか、言わなかったです。思ってはいたけど。

顔が好きすぎて、ファッションにまともに目がいくのが会ってから時間後とかよくありましたからね。

から、こんな熱量で好かれてるなんて思ってなかったんでしょう。

そこまで苦しんでるとは思わなかった、というのはそういうことだと思います

あと言われててこれはちゃんと言っておきたいなって思ったのは、他の宗教だった場合どうしたの、って話。

私の答えとしては、その人が敬虔信者であり、私にもそれを求めるならどの宗教でも結果は変わらないと思います。悩んだ上に一緒になるかもしれないし、今回みたいに相手から別れを告げられるかもしれないし。

だって自分の心の支えとか、そういう大事ものに一切敬いの気持ちがない伴侶って、人にもよるだろうけど嫌なんじゃないかな…。

あと、他の宗教にしても、結構色々やらなきゃいけないことがあったりするでしょ。

自分がそれをできるか、っていうのは、敬虔信者の人と結婚するとか、そういう職種(と言っていいのか)に就いてる人と結婚する場合はきっちり考えなきゃいけないと思います

やっぱり結婚って家の繋がりでもあるし、その家の人間になる以上私だけ知りません関係ありませんは難しいんですよ。

仕事も手伝わなきゃいけないだろうし。

私が読んでた漫画さんすくみっていう漫画がありまして、この作品主人公の家、それぞれ神社とお寺と教会なんですよ。

彼らね、家業が原因で振られたりするんです。重たく感じられるんですよね。

信心な人がそういう家の人と家族になるって、やっぱり同じ無信心の人と付き合うよりハードル高いんじゃないかなと思います

私はまだ彼のことが好きです。

もし彼が他の女の人と仲よさそうに歩いてるのを見たら泣いてしまうかもしれません。

だって、その席には私がいたかったし。

彼のこれから人生を隣で見ていたかったし、彼を幸せにする要因の1つが私でありたかったし。

でも、私が彼を幸せにする要因の1つを受け入れられませんでした。だからこの関係は終わりました。

彼がなぜ学会外で相手を探してるのかは分かりません。趣味を分かってくれる人がいいと考えてるのかもしれません。

もし学会外の人と付き合って相手家族にも布教しなさい、という指示の下相手を探してるなら、私はとても悲しいです。

また彼が傷つく可能性があるから

傷つけた私が言えることではないのですが、彼にはもう傷ついてほしくないのです。

どうか幸せになってほしい。

私はそろそろいい人いないの?って言われるような歳で、彼は私より5歳以上上なので、学会とかからも急かされてるのでしょうか…。

今は楽しかった頃を振り返るのが辛いです

二人で出かけた時に撮った写真とかを見返すのも、ラインを読み返すのも辛い。

彼と話したアニメ漫画を見るのも辛いです

彼とのことで後悔してるのがね、私、彼の写真、一枚も撮ってないんです。

あんまり写真撮るタイプじゃないし、インカメで撮るのも下手で。全然撮ってませんでした。

でもツーショット写真ほしいなって思って、練習して、紅葉観に行ったときに綺麗な景色と共に撮ろうと思ってました。

もっと早めに撮っておくべきでしたね。

撮ってたら撮ってたで、これがあると余計辛いとか言ってた気もしますが。

前の日記では創価学会に入ればやり直せるんじゃないか、やり直したいという気持ちが強くて愛してます、と言ってました。

今は、愛してました。にできるかな

まだ未練がまったくない訳ではないけれど。

もし彼が、創価学会を捨てて私を選んでくれたなら…とか思っちゃいますね。

もしそうしてくれたなら、私は命をかけて貴方幸せします。

元彼さんへ

前の時点で地雷しかしないタイトル日記をよく読んだと思います。今回の日記はもう読まないとは思いますが、一応書いておきます

私が泣き止まなくても、もう連絡はしてこなくて大丈夫ですよ。バイバイって言ってたから、貴方もする気はないと思いますが。

貴方が連絡してくるなら、創価学会より私を選んだ時にして下さい。

私はこうやって気持ち日記に吐き出したけど、貴方はどうしてるのだろう?

前の日記にも文句わず、謝って、私の気持ちを気にしてくれたけど、貴方気持ちはどうなんだろう?辛くなってないだろうか?それが気がかりです。

貴方はすごく魅力的な人だった。私はそう思います

今回は前より短く済ませられるだろって思ってたけどクソ長文になってしまった!!

もう辛くても、創価がどうたらのタイトルで書かないと思います

前の日記読んでくれた人、コメントつけてくれた人、私の心の助けになりました。ありがとう

この日記を読んでくれた人もありがとう

2019-11-12

Twitterトレンドに嵐の二ノ宮が結婚するみたいなタグがあったから見に行ったら相場とのツーショット画像をあげて「こういうことでしょ!」って言ってるアカウントが沢山いてキモすぎて引いた。

2019-10-12

結婚した

婚姻届役所に出して、

「おめでとうございます」って言われて届けを掲げたツーショット写真を撮った。

彼女、というか妻との関係性はあまり変わっていない。日常の延長線のままだ。

相変わらず好きだし愛しい。

結婚がゴールではないってこういうことかと実感を持って理解した。

何も変わらないし何も特別ではない。

今のところ墓場でもない。

このまま穏やかに過ごしていきたい。

2019-09-05

先日、結構好きなグラドルイベントに行ってきてツーショットを撮ってもらいました。

その写真を見てね、ビックリしたんですよ。美女の隣にいるこの男はなんだと。顔が酷いのはともかく、服、髪、とにかく全身のファッションがあまりにもダサすぎりゃしないかと。

年代オタクアイドルにハマってから服装について小煩くなった理由がようやく分かりましたね。

相手は研ぎ澄ました「最高の自分」で我々キモオタのために姿を見せてくれている(と信じたい)。だから、こっちもある程度は身嗜みを整えるのが礼儀だろうと。

まれから24年間、ライブT以外は親が買ってきた服しか着てこなかったけど、近いうちにファッションサイトでも参考にしつつ自分でなんか買ってみましょう。

もう少し髪が伸びたら1000円カットじゃなくて美容院とやらにも行ってみますか。正直自分ファッションについて意識する日が来るなんて思ってもいませんでしたよ。

2019-08-06

渋谷異世界シュークリームちゃんに遭った話

渋谷という街は不思議な街だ。

学生がいる、若いちゃんちゃんもいる、スーツを着たおっさんおばさんもいる、外国人観光客もいる、人種多種多様

薬局花屋も深夜まで営業している。「薬」も「花」「夜」必要になる街だからこその光景日本中探してもこんな街はなかなかない。

しか名前の通りまさに『谷』。駅に繋がる道は全部上り坂。空を見てもハチ公広場スクランブル交差点だけぽっかり穴が空いたみたいに、まわりは全部高いビル。まさに『谷』。だからこそ色んな人が流れ着く。たぶんここは重力が強く働く場所なんだろう。だからいい人も、悪い人もたくさん集まってくる。

最大の見どころ、スクランブル交差点外国人はたくさん写真を撮っている。テンション高く撮っている、まさに異世界を目の前にしたときの顔。笑顔ポーズ。ふと彼らの持つスマホカメラ画面を覗いてみた。何度も見ている渋谷の街の風景が写っているはずなのに、その画面に映る渋谷の街はどう見ても異世界しか見えなかった。彼らの見えている世界を共有できる、突如として目の前の風景異世界の様に見えてくる。こんなに手軽に異世界旅行をできる街はなかなかない。

 

こんなことを考えながら散歩するのが楽しかったりするのだが、今日は趣向を変えて定点観測をしてみようと思った。やることは単純、ハチ公広場の端っこで立つだけ。誰を待つ訳でもなく、人並みを眺めるだけ。でも誰も、ただ突っ立っているだけの私という人間を気に留めることはない。まるで透明人間になった気分。でもこちからは色んな風景が見える。色んな人が色んな表情で歩いている。特に最近広場フリーハグ流行っているらしい。見ない日はない。あとは500円でケツバット叩きさせてくれる若いちゃん。前から頻繁に見かけていたが、今日はようやく『客』を見た、ナイススイングでした。

こんなことを考えながらただただ突っ立っていたら、黒いスーツ銀髪・銀ヒゲ紳士おっさんと、色黒茶パーマで半袖ワイシャツ+赤ネクタイ白パンスタイルの良い芸能人みたいなおっさん、そしてその推定50過ぎの2人組に囲まれ若い女の子。何やら2人にチヤホヤされている。女の子渋谷によくいるヤンチャ系の女の子とは若干違う、清楚系で可愛い系のシュークリームみたいな20代半ばの女の子。私はただ突っ立ってただけなのだが、銀髪おっさん白パンおっさんシュークリームちゃんこちらに来て、すぐ側で立ち話を始めた。一番自分に近い白パンおっさんは、自分のもう50cm先にいるレベル銀髪白パンシュークリームの3人全員、私の存在には気づいていないみたいだった。まぁ、透明人間から仕方ない。

めちゃくちゃ近いところで喋っているので、話している内容も全部聞こえる。銀髪おっさんシュークリームちゃんに見せているスマホの画面も全部見える。有名政治家とある現職大臣)と銀髪おっさんツーショット、有名モデル銀髪おっさんとのツーショット芸能人とのホームパーティー風の写真。そういう写真を見せながら、銀髪おっさんは「こんなの普通から」と言っている。驚くシュークリームちゃん。そして白パンおっさんシュークリームちゃんに巧妙にボディータッチをしながら「こういう会にシュークリームちゃんも参加できるんだよ!」「シュークリームちゃんもまずはパーティーのお手伝いからでいいからさ!まずは来てみなよ!」「この渋谷スクランブル交差点で15分間立ってたけど、この凄い人数の中ですぐシュークリームちゃんのこと見つけちゃったから!」と言っている。シュークリームちゃんも「いや~~私なんか参加しちゃっていいんですかね~絶対場違いですよ~(ニヤニヤ」。

どう見ても詐欺だわ~~~~~~~無関係の俺から見てもこのシュークリームちゃんカモだわ~~~~~~~そして白パンおっさんは15分ってそんなに大した事ないのに何故言おうと思った~~~~~~~~ようやく白パンおっさんが俺の存在に気づいたけど『ヤベッ』って表情した直後からめっちゃこっち睨むやん~~~~~~~~しかも通りかかってる人も「うわぁこのシュークリームみたいな姉ちゃん詐欺にあってるわぁ」って目で見てるわ~~~~~~~~~。

まぁただ私は突っ立っていただけなので、助ける義理理由も全く無いものの、何とかしてシュークリームちゃんの目を覚ましたくなった。色んなソリューションが頭を駆け巡る。突然知り合いのフリしてシュークリームちゃんに話しかける?いやさすがに不自然すぎる。モノをわざと落としてシュークリームちゃんに話しかける?これも不自然か。ぶっちゃけ義理理由もないのに、銀髪おっさん白パンおっさんの恨みを買う様なことはしたくない。自分の身を守りつつ、姉ちゃんの目を覚ます方法ベストだろう。

ふと見ると、銀髪おっさんはずっとスマホをイジっている。いつまで芸能人との写真見せたがってんねん、と思いつつも、都合よく白パンおっさんこちらに背を向けている。シュークリームちゃん視線こちら側。チャンスだ。白パンおっさんが夢中で喋っている最中スマホの画面にでっかく『詐欺』と表示して、白パンおっさんの肩越しに画面をシュークリームちゃんの方に思いっきり見せてみた。客観的に見ると凄まじい光景なんだろうがやってる本人は全員全力だったので許してほしい。さすがに視線までシュークリームちゃんに向けられなかったのでシュークリームちゃんの反応は分からなかったが、気づいてくれた様な気がしなくもない。でも確証が持てない。だからもう1回やってみた。突然シュークリームちゃんから、今までのカスタードみたいな声色とは違う、まっすぐな声色で、「ちゃんと見えてるよ!」。銀髪おっさん白パンおっさんも私も一瞬理解が追いつかなかった。私だけその言葉真意が分かった様な気がした。でもまだシュークリームちゃんは依然として銀髪おっさん白パンおっさんの話をあしらい続けている。でも話を終わらせようとしている様に思わなくもない。会話はその後もしばらくは続いた。

結局、シュークリームちゃん銀髪おっさん白パンおっさんとまた会う約束をして、一人で渋谷の駅に消えて帰路についた。直後、銀髪おっさん白パンおっさんは次のカモを探していた。

 

 

あのシュークリームちゃんのあの言葉真意は、いつになったら分かるのだろうか。また渋谷に行けば答えが見つかる気がする、また渋谷に行こう。

2019-07-11

初恋をこじれにこじらせて実らせた

子供のころからずっと好きな人がいた。

3歳から通ってた近所のピアノ教室の息子で、6つ年が離れていた。

なぜかわからないけれど、子供のころからとにかくそのお兄ちゃんが大好きで大好きで、教室以外でもよくくっついて回ってた。

お兄ちゃんはお兄ちゃんで、三兄弟末っ子で、自分より下がいなかったからか、私のことをよくかまってくれてよく遊んでくれた。

私が小学校に上がったとき、彼は6年生で、私が通ってた小学校は小6が小1の面倒を見るみたいな縦割りの組織があって、同じ登校班だった彼と私はいつもペアにしてもらえた。彼が卒業するときは、嫌がって大泣きしたくらい好きだった。前々から私は「将来は〇〇お兄ちゃん結婚する」と言ってはばからなかったので、周りの先生同級生、彼の同級生にも周知の事実で、わざわざお兄ちゃんとのツーショット担任が撮ってくれた。今でも大事にとってある。あと彼の同級生に囲まれるなかで、彼がほっぺにキスしてくれたのもめちゃくちゃ覚えている。

中学に上がってから彼は体育会系部活に入って、それまでやっていたピアノもやめてしまって、私とはあまり会えなくなってしまった。それでも私はずっと彼が好きで好きで、ピアノのレッスンが終わっても待合室で彼が帰ってくるのを待っているくらいだった。彼からすると私は年の離れた妹くらいの感覚だったようで、面倒を見るみたいな感じで接してくれた。その態度はそれから10年以上変わらなかった。彼は幼いころからとにかく優しくて、思春期特有女の子を遠ざけるようなこともなくて(これは年が離れていたから、そもそも女として見られていなかったというのもあると思う)はじめはその態度がうれしかったけれど、自分のこれが単なる憧れとかでなく、恋なんだと気づいた中1からはめちゃくちゃしんどくなった。

小学4年生くらいから恋バナとかするようになったけど、好きな人はずっと「〇〇くん(お兄ちゃんのこと、小3くらいからそう呼び始めた)」と答えていて、でも正直好きとかよくわかっていなかった。中学1年の時、彼に初めて彼女ができて、初めて嫉妬をした。中1から見た高3はめちゃくちゃ大人びていて、悔しいと思うと同時に太刀打ちできないと思った。相手はお化粧とかもして、制服も着崩したりして、今の自分とは全く違う世界の人だと思った。そしてそんな人と彼が恋人同士というのが、彼も遠い世界に行ってしまったようでしんどかった。今も覚えている、ピアノ教室に行ったら玄関の前であの二人が楽し気に話していた風景。本当にショックだった。

どうにか少しでも近づけるようになりたくて、化粧を始めたり、ファッション誌を買って勉強し始めたのはこのころだった。先生にバレないギリギリの化粧をしたり、ストパーかけて髪サラサラにしたり、評定に影響しない程度のオシャレをして、みるみる周りよりもちょっと大人びた子になった。

そしたら部活の先輩から告白された。彼が好きだったから、好きな人がいますって断った。その次は別の先輩に告白された。断ろうとおもったけど、「すぐ返事くれなくていいから、考えてみて」って言われた。断るつもりでいたけれど、そこで改めて考えてみた。もし彼がフリーになって、私と付き合ってくれたとして、付き合うってどうするんだろう?彼女ってなんだろう?デートしたり手をつないだりというのは想像がついたけれど、それ以外付き合うというのが何かわからなくて、一度他の人と付き合ってそれらを知るのもいいのかもしれないと思いなおした。タイムマシーンがあるならこの頃に戻って全力で阻止したい……。結局私は先輩と付き合うことになったが、3か月もせず先輩が卒業したのをきっかけに別れた。その頃はケータイとか持ってなかったから、連絡の取りようがなくて自然消滅した。結局、付き合ってしたことといえば一緒に帰ったり、休みに一緒に映画を見に行ってプリ撮ったり、それくらいだった。

そんな感じで経験が乏しかったので、しばらくしてまた同級生告白されたらOKして付き合ってみた。ただ私があまり受け身なのであっという間に関係が冷めてすぐ別れてしまった。それからしばらく来る者拒まず去る者追わず方針で付き合っては別れてを繰り返し、そのうちキスとかも経験した。ただ同じ学校内でそれを繰り返していると女子からの印象がどんどん悪くなるので、途中から「付き合うのはOKだけど、周りには絶対内緒にして」と言うようになり(以外にみんな素直で本当に内緒にしてくれた)またこの頃からケータイを使い始めて、他校の人とも関係を持つようになって、どんどん拗らせていった。多分影でビッチとか呼ばれてたんじゃないかな、高校生までヤッたことなかったけれど。

ピアノはずっと続けていたので、彼と会う機会はほぼ毎週あった。向こうが部活バイトで忙しくて会えないときもあった。向こうは私が付き合っては別れてなんて繰り返しているとは知らず、「学校どう?」とか「部活どう?」とか聞いてくる。彼氏の話は一切しないで、彼からの印象が悪くならないような話を色々した。受験期には勉強を見てもらったりもした。ますます妹感が強くなっていっていたが、どうしたら自分恋愛対象として見てもらえるのか当時は全く分からなかった。大体私が高校に上がったとき、向こうはもう成人してたのだ。最初彼女とは別れていたが、また気づかぬ内に二人目の彼女ができていた。確か同じサークルの人とかだったと思う。気づかない間に二人目になっていて、帰ってからベッドで転げまわった。

高校生になってからさらに拗らせて、SNS大学生と知り合い処女を失った。というか、向こうは完全に私を恋愛対象としていなくて、恋愛話を一切してこないから、それが悔しくて他の男に向かっていた節がある。今思うとSNSで知り合った人と会ってコトに及ぶの本当に危ないからやめてほしい。あとファーストキス処女も全部取っておけばよかったという後悔もすごい……。ただ、自分も女だ、努力すれば彼に振り向いてもらえるかもしれない、実際年上の男とも付き合えている、というのは自信になった。まあ定期的に「もう無理~~~!絶対無理~~~~~~~~!!!」と鬱になって別の男に走るを繰り返してはいたけど……。マジ屈託なく頭撫でてきたりするから……。ここまで拗らせるとボディタッチも、嬉しいとかより「女として見られてないんだな……」の感情の方が強かった。

転機が訪れたのは高3の時、向こうは社会人なりたてだった。大学時代彼女と別れたのだ。私は「受験勉強を見てほしい」という口実で、ピアノのレッスン後待合室に残り、彼の帰りを待って勉強を見てもらった。既に理解している数学問題をわざと「わかんない……」と言ったりして、少しでも一緒にいられる時間を延ばした。親も「〇〇先生のとこの息子さんなら大丈夫」と謎の信頼を置いていて、先生(彼のお母さん)も夕飯出してくれたり、帰りは私を家まで送り届けるよう彼に言ったりしていた。天は私に味方している。

その時つながっていた男は彼氏セフレが3人ほどいたが(全員大学生)、「受験勉強に専念したい」と言って全員切った。大学は彼と同じところを志望していた。少しでも話題を作りたかったのだ。本当はもっと上を狙えると担任に言われていたのだが、頑なに拒否した。

センターが終わったら、お疲れ様会をしようと私から提案して、センター2日目の終わりに彼に拾ってもらいファミレスに行った。そこで「大学受かったら付き合ってほしい」と言った。なんかもう少女漫画とかの影響受けまくりセリフで今思うと恥ずかしいのだが、もうここでこう言うしかないと思い込んでいた。

彼は大変困惑して、「俺社会人だし」「同じくらいの年の人がいいんじゃない?」「〇〇はまだ若いんだし、もっといい人いるよ」とかいろいろ言ってきた。私も「ずっと昔から好きだった、今まで彼女できた時とかショックだった」「妹みたいに思ってたかもしれないけど、こっちはお兄ちゃんだなんて思ってたのは小学生まで」と言い返した。そんなつもりなかったが、ボロボロ涙が出た。向こうはしばらく黙り込んだ後、「大学受かって、かつ〇〇が成人して、その時〇〇に彼氏がいなかったら付き合う」と言ってくれた。


舞い上がったが、それから向こうがものすごくよそよそしくなって、ああ、これからの2年間で諦めさせるつもりなんだな、と思って、大学合格報告をしたついでに、「絶対他の人を好きになることはないし、絶対諦めない。撤回するのも許さない。あとそれまでに彼女つくって逃げるのも嫌」みたいなことを言った。相手は「そうは言っても大学で他にいい人見つかるかもよ?とりあえず〇〇が成人するまで彼女作らないよ」と言ってくれた。

それからの2年間、たぶん一番大変だった。あまりしつこいと嫌われるかもしれないから、なるべく控えめに、でも途切れさせることなくやりとりをして、月に1度くらい一緒に出掛けた。出かける度に一世一代の大勝負くらいの気持ちで、一生懸命メイクして髪を整えてかわいい服を着た。一緒に買い物に行ったときなんかに相手の好きな服の傾向を把握し(試着に付き合わせて反応を見た)どうにか女として意識してもらえるよう努力をした。

1年生の秋くらいに彼が一人暮らしを始め、成り行きで一度だけその家に入ったことがある。そんなに広くないワンルームで、座る場所あんまりなく並んでベッドに座った。ここで既成事実を作ってしまおうかめちゃくちゃ悩んだけど、我慢した。思考回路ダメなので、押し倒してなし崩し的に持ち込めるな……とは思ったけど、そうすると彼の「20歳過ぎたら」という気持ち尊重できてないな、と思い直して。なんかものすごく生殺しでしんどくて、予定よりも早くさっさと帰ってしまった。


そして、先日の20歳誕生日を迎えた。

前々からデート約束を取り付けており、一緒に食事をした。多分私、ずっとニヤついてたと思う。仕事帰りだったから向こうはスーツだった。出会って最初に「忘れてないよね?」って言ったら「ニヤニヤしすぎ」って流された。

なかなか本題に入らずに、ずっと大学講義がどうだとか、バイト先の社員がどうだとか、当たり障りない話をずっとしてた。いつ言おう、それとも向こうが言ってくれるだろうか、その場合いつ言ってくるんだろう、やっぱり私から言ったほうがいいかな、と思ってるうちに食事が終わり、帰る前にお手洗い寄って、テーブルに戻ったら小さい紙袋が置いてあった。「どうぞ開けて。誕生日プレゼント」と言うので取り出したら、指輪だった。何も言葉が出てこなくて、あわあわしながら彼の顔を見たら「負けました」って言われた。ようやく付き合うことができた。


こうして、17年?にわたる片思いが実ったことが、もう本当に今死んでも悔いがないくらい嬉しいんだけど、ここまで私がこじらせてたことも、気持ち悪いぐらいの片思いをしてたことも、中学に上がって以降一切誰にも話してなくて、話したくなくて、でもようやく付き合えた!!!!!!!!ということを誰かに言いたくて書いた。多分これからの方が大変なのはわかってるんだけど、今はとりあえず浮かれている。

ここまで読んでくれた人ありがとうおしまい






0717:なんで今伸び始めた??タイトルから誤字っててごめん。直した。



そろそろ付き合って1ヶ月経つけど、彼が手も繋いでこないのに物凄くもどかしさを感じる。何も知らない女の子だと思ってるんだろうな……罪悪感がヤバくてたまに吐きそうになる。一生教えるつもりないけど。

でもあの時男を渡り歩いて、どうしたら好きな人を振り向かせられるのか、好きになってもらえるかを研究した……?というか学んだというか……色々試していたので、あの経験がないと今の幸せもないのか、と考えるとなんとも言えない気持ちになる。読んでくれた人も幸せになりますように〜〜〜!!

2019-07-10

親友のインスタにそぐわない私

親友はインスタをやっている。

おしゃれを目指してるのか短いコメントと加工した風景画。たまに自撮り

この前親友含め3人で遊んだ

わたし親友可愛い女の子

みんなで写真を取り合ってツーショットしあった。

親友写真をインスタに上げるね!と言った。わたしたちはいいよ!と許可した。

親友のインスタを見に行くと、親友可愛い子のツーショットしか載ってなかった。私はどこにも載ってなかった。可愛い子の写真は単体でも載せていた。あとは風景写真

何枚も3人で写真撮ったのにね。

ブスで可愛くない私は、親友のインスタには邪魔だったんだなぁ。

2019-07-08

お気持ちnote読んだ

はじめまして普段はそこらへんにいる何の変哲も無いオタクをしています

今回、Twitterで見かけたお気持ちnoteについて書きます

この投稿では、自分という一個人オタクが、何を考え、どう思い、この投稿をしたのか、順を追って記していきます

匿名ですので、ご本人には届かないでしょうし、相手にもしてくださらない御様子ですので、まあスッキリしないし、某さん的に言えば私で怒ってるので、したためます。書ききれるのか?わからん……

(ここまで真似したけど、長くなるのでやめます)

自分も第何章とかにすればいいかなって思ったけど、そこまでやってらんねえからなるべく読みやすく、なぜ、怒っているのか()なるべくわかりやすく簡潔に上品に、まとめます

自分は消費するだけの界隈の人間で、こういう言い方はあまり好きではないけど、わかりやすくいうなら.5俳優が好きです。今回の騒動ちょっと巻き込まれてるのでは…?という方の人です。カツラの髪の短い方です。色々と長言い方でやると面倒なので「推し」と言います

今回の騒動最初燃えてるなあ〜〜あ、この人ルールとかそういうのわかってないんだなあ 見るとダメから距離置こう で遠巻きに見てました。

ただちょっとイラっとしたのでちょろっとツイートはして、そっからは忘れました。

そして、今回のお気持ちnote最初の「怒ってるんです!」でもう的外れで読むのやめようって思ったけど、頑張ってみました。通勤長いし。でも、クソ長くて途中から流し読みでした。ごめんなさい。ちゃんと読んでない人間文句言うのは、こんなこと書くのはまた琴線に触れてしまうかもしれないです。なにせ匿名だし。身分証を出さずに匿名ネットで書いて、卑怯なんですから。まあでも一生懸命検索しないと引っかからないし、某さんが必ず読む訳じゃないから、いいですよね。だって本人もそういってたし。何かしら引っかかるワードを入れて、必死に探さないと、気になる内容じゃないとみないんですもんね。

それは置いといて、

なぜ自分がこれを書いたかというとお気持ちnoteのなかで「演者が腐に寄せた発言をしてたり、距離感の近い写真をあげていた。それを受けての発言なのになぜ私だけ叩かれなければならないのでしょう?」というようなことが記載されていたからです。

気が抜けてる時に読んでいたら普通に声に出して「はあ?」といってしまっていたと思うほどに何をおっしゃっているのか一ミクロンほども理解ができませんでした。

その発言を見て、「叩かれた発端はご自分にあるのに、演者責任転嫁するのか」ととても憤りました。

眩暈〜〜〜

片方ずつのイヤリングも、東西で別れた時のエスコートも「そういう演出で、そういう商売」です。たしかにワァ〜〜!?って思った。写真も嬉しかった。でも「ただエスコートした」だけであって、そういう意味じゃない。イヤリングも。友達とお揃いとか色違いピアスイヤリングキーホルダーを買って付けるのと一緒じゃないんですかね。仲の良い友人との写真って距離感近くなりませんか?ツーショット写真撮りませんか?自分はやりますよ。フィルター何枚かかればそういう思考になるんですか?理解できない。

何遍も匿名で「役者さんの立場を考えてください」と言われたと記載がありました。もっと考えてください、思考止めないで、もっと、考えて。

彼らは役者ですよ。役を演じることが「商売」なんですよ。わかってますか?

燃えなければ、ここまでの騒ぎにならなければきっとスルーされてた事案でしょう。でも燃えしまった。もしかしたらどこかの関係者の方の目にも入ってしまたかもしれない。「瑣末なこと」と受け止められるかもしれない。でもそうじゃなかったら?

「あの役者ファン(ではないんだろうけど)は厄介だしな…」というお偉いさんがいるかもしれない。仕事がなくなるきっかけになっていたとしたら?

ナマモノを扱うということは、そういうことですよ。だからきちんと考えなければいけないのです。「誰の話をしているか」を見定めなくてはいけないんですよ。

これから作品は続いていくし、人口も増えれば多様性生まれる。人の考えは一つではないから「ルール」があるのですよ。

それを分からない人は来るな出てけどとは言わない。理解して、一つの作品を、役者未来ダメにするかもしれないってどこかで思っててほしい。まあ守れない、理解のない人はくたばって欲しいですけどね。

ちなみに夢小説について言及してらっしゃったので、いろんな界隈のオタクを長いことしてきた身から言えば、簡単ものから本当にきちんと調べないと分からないものであるけど、みんなきちんとパスワードかけてるますよ。これが鍵垢と同じような取扱いになるんじゃないですかねえ。

こんだけ燃えしまったんだから、もうお気持ちnoteを書かれた方がわぁっとなったら写真やら演出は無くなるかもしれませんね。ドンマイ!

ナマモノ理解のない人間たちの悪意に押しつぶされてハッピーオタクライフを楽しめなくなる人が、これ以上出ませんように。

2019-06-29

若い人ってあんなに愚かなんだろうか

親子で久しぶりにディズニーシーに行った。

マーメイドエリアアリエルプレイグラウンドという、

比較子供が楽しめそうな屋内型の施設に入ったんだけど、

若い女性や男女のグループカップルインスタ映え達が

マナーも守らず必死写真撮影してて萎えた。

王子銅像に無理矢理登りツーショット写真撮影

とどまらないでと言われた小さめのトンネル撮影し、

キャストに注意されて一度どくも、いなくなったらまた撮影

あとは、地べたに座り込み昼寝。

屋内型のエリアは小さめに作られてて嫌でも視界に入ってくるので、

正直うんざりして、もうディズニーには行くまいと思った。

自己顕示欲にあれられた。

出かけるときパリピのいる場所は避けてたんだけど、

まさかディズニー子供押しのけて長時間居座って撮影してるなんて考えてもなかった。

考えてみれば、ツイッターデマ著作権無視した画像をリツイしてるのも若い人が多いし、

若いって人の迷惑って考えないものなのか?

なんか思慮が足らないよな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん