「予防線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 予防線とは

2017-12-06

anond:20171206092117

から。後、やる前から失敗したときの話ばかりね。

まあ、担当者の首がかかってるから仕方ないのかもしれんけど。

とすると、小さくて、まだまだどうなるかわからないようなものに大量に撒くより、まあ、大こけはしないだろうなというでかいのに一本出したほうが安全パイ

さらに、失敗しないようにと現場に大量の書類押し付けて、「担当者が俺が悪くない」といいうための予防線だけいっぱい張っておく。一番割を食うのは現場でがりがり研究したい研究者

それでもまさに「竹やりでB29を打ち落とせ!!!」的な「イノベーションだ!起業だ!」って話だけ盛り上がらせようとする。

この国のメンタルは本当に第二次世界大戦から変わってないなーと思うね。でも、その二次大戦の話をを美化しようとするがねぇ。

俺(日本人)は悪くないんだ見たいな。ぷーたれた女子高生かよwww

まあ、政府ファンドや小規模資金がこれだけ失敗してるのが多いんですよ!みたいなのが不祥事として記事新聞で展開される。

あいうのはもともと一部大成長したらいいものなんだよ。特に民間VC企業なんてそこまでリスク取れないし。

今でこそ星の人の山中教授だって、一番最初公募助成なんて数百万の数年だろ?担当者もこんなんほんまにうまくいくんか?と思いつつ出してたって話だろ?

イノベーションなんてそんなものなんだよ。

2017-11-30

どんな名作漫画も50巻超えるとおかしくなる説

大体10巻くらいで、設定の面白さが全部出てしま

10〜25巻くらいは、培った物語文脈による副次効果キャラが生きてくる、上手い人が書くとここらへんが一番おもしろ

25〜40巻くらいは、第二部的な物語にするしかなく、世界観をどれだけ上手く作れているかになる

40巻くらいでほぼネタが尽きる

40〜60巻は明らかに惰性になり

60〜80巻はライフワークになってしま

 

ついてくるファンもいるが、多くのファンが離れる

どれだけハイペースで出しても10年以上かかり、

当時の子供が大人になるし、青年は親になる

そこまで続けられるのは天才でも厳しい

 

50巻くらいで終わるように設計してみてはどうか

 

__

 

予防線を張ると、例外はあると思います

ライフワークになって味が出るパターンもあるし

言いたかったのは、どれだけ天才作家でも50巻以上はあまりに未知数だということで

おかしくなってきてもそれは作家が狂ったんじゃなく、そもそも人間限界なのだろうと思いました。

もしダメそうなら良いところで思い出にしてもらえたほうがファンとしては幸せかもしれない

男らしさを脱却した男≠ホモソーシャル底辺

anond:20171129204640

タイトル通りだけど、男らしさの規範違和感を覚えて距離を取ってるリベラルと、

男尊女卑にしがみつくミソジニストだけどリアルホモソーシャル底辺からネットで逆転狙ってる被害者気取りのクズは別物だからね?

Togetterフェミニストガーとか吹き上がってる被害者ヅラオタク後者だろ?

後者男尊女卑のやり方が普通の男より捻じ曲がっただけの似非マッチョから

比較的マシなホモソーシャル上位のマッチョストレートに「男最高!女は下っぱ」と叩いてるのに対して

被害者ヅラオタクは、

「まんさんが」「フェミニストが」「ピュアな僕たちオタクを虐めるよ」「僕たちは被害者から叩いても許される」

予防線ガチガチに張ってマッチョと同じ事してるだけだから

自覚がないだけ前者よりもずっと悪質で卑劣

2017-11-28

愚者あほ)が出てくる、村外(とかい)‪が見える

愚者あほ)が出てくる、村外(とかい)が見える――『屍人荘の殺人批判に答える

28鮎川哲也賞を受賞した今村昌弘『屍人荘の殺人』が話題になっている。私も読んだ。

夏休み大学生たちが山荘を訪れて、その場が閉鎖状況となって連続殺人に発展するという、設定だけなら片手で数えられる以上の似た作品諳んじることができよう。

しかし、本作はその閉鎖状況の構成要因が変わっている。それが閉鎖状況下で発生する第一の(一見平凡な)密室殺人や第二の殺人を、この状況下「だからこそ」の、より不可解な謎を生じさせている。

(余談になるが、この構成要素に関して、小説の興趣を削ぐから箝口令を敷く空気が流れているが、要素そのもの真相でもなく、そこから推理小説としての面白みに繋がるわけだから、過敏になる心証がよくわからない。だって、みんな有栖川有栖月光ゲーム』の内容紹介に火山噴火のことが書いてあるからって怒らないでしょう?)

そして、謎解きの段に於いても、用意された設定が存分に活かされたうえで意外性のある真相へ導かれていくのだから新人デビュー作としては文句のない出来だ。

選考委員の一人である北村薫氏が選評でも書いているように、年末ミステリランキングにもランクインすることだろう。江戸川乱歩賞受賞作が出なかった2017年に至っては最大の新人である。票が集まる可能性は高い。

なお、これより先の文章は『屍人荘の殺人』の結末に言及することになる。よって未読の方は注意されたい。そうは言うもの作品分析とは違うので、そういうものをお望みの方には本文章無用である。ほかの小説評論を読んでいるほうが、よほど有意義時間の使い方というものだろう。本格的な『屍人荘の殺人』論は私も読みたいので、その仕事はほかの方にお任せしたい。

それでは本題にはいろうと思う。

あらゆる作品に言えることだが、普段そのジャンルの読者を標榜する輩が仲間内で褒めているうちは、実際の読者数はそんなに多くないというのが常だ(そういう輩は自分の村の外には碌に目を向けられない田舎者で、声だけは無駄におおきい)。

一方そういったジャンル読者のなかから以下のような記事(詳細はリンク参照)を書く者が現れ始めると事態は変わってくる。田舎者批判するのは他所者と相場で決まっている。つまり、彼らの仲間以外の人々がその作品について(読んで)語っていて、その感想へのカウンターとして下記のような記事は生まれてくる。これはより多くの読者を獲得しつつある、要は売れる兆しと言える。


藍川陸里「『屍人荘の殺人』を読んで16の疑問」(補遺の坂)

http://rikuriaikawa.blog.fc2.com/blog-entry-28.html


本人のtwitterを拝見する限り、文学フリマでは200頁超のミステリ評論頒布したらしい。熱心な書き手である。残念なことに自分ミステリ評論のほうは手に入れていないのだが、それほどの分量なのだから、すくなくとも労作であることは間違いないだろう。

もし、そのミステリ評論も先に紹介した記事と同程度の読みの確度であるなら、物を書くことに徒に時間を浪費するより、余生は別の趣味を見付けることをお勧めしたい。

読者の疑問に対して、作者が答えられる機会はそう多くない。作者一人に対して読者は数千数万といるわけだし、アホな質問にいちいち答えられるほど作者も暇ではない。

なので、ここでは氏の疑問に対して僭越ながら自分が答えたいと思う。

もちろん私は『屍人荘の殺人』の作者ではない。ましてや作者の知人でも、インタビューして伺ったわけでもないので、あくまで氏と同じ読者の立場から作者の意図を拾って回答するかたちとなる。ここでの回答が作者の望むものとは同じでないことは(こんなこと本来は言うまでもないことだが)留意してほしい。

「『屍人荘の殺人』を読んで16の疑問」という記事を書いた藍川陸里氏は、冒頭を読む限りでは、まず『屍人荘の殺人』が「過剰に絶賛されて」いる状況に疑問を持っている。本作が完成度以上の賛辞を得ている点には、私も反論はしない(とはいえ、その現象に対して私が差し挟む疑問や意見もない)。氏は本作に関して「さすがに不備が多すぎるんじゃないか」と、本人曰く「辛口レビュー」を展開している。

しかし「レビュー」とは言ったものの、「手落ち感のあった16の箇所」を列挙しているだけなので、いわゆる書評体裁からは程遠い。「手落ち感」という予防線を張った書き方も気になるが(明確に「手落ち」と言えるのであれば手落ちと書けばいい。取って付けたようにオブラートに包むことで批判を「雰囲気」に回収して最初から退路を用意する書き方は、物を書く(それによって批判する)者のスタンスとしては最低である)、ここは氏のやり方に倣って自分も箇条書きにて回答したい。

念のためもう一度注意を促すが、これより先の文章は明確に『屍人荘の殺人』の結末に言及することになる。よって未読の方は、このくだらない文章を読む前に、興味があるなら作品を読むことをお勧めする。世評や他人感想ばかり集めて読んだ気になるのは、読書於いて最大の愚行である


1.登場人物ゾンビへの対応

……登場人物のひとりが話す(映画における)ゾンビの特徴を実際に発生したゾンビに当て嵌めて話を進めるのは納得いかない、と氏は批判している。しかし、謎解きの道具である特殊設定(現実では有り得ない設定)の説明に筆を割けば割くほど、物語における主従が逆転して本末転倒になっていく。氏の指摘は尤もだが、これは特殊設定を活かしたミステリ全般が孕む問題であり、本作に限ったものではない。ほかにもそういう作品があるから本作でも問題にならないというわけでは勿論ない(こういった問題クリアしている作品もちゃんとある)。本作はミステリ研究会の会員が作中でミステリについて言及するなど「お約束」を踏まえた舞台づくりになっていて、更にそこに加えられた異常な状況を、ゾンビ映画の「お約束」で説明している構図になっている。自己言及的なこういう遊びは、すれっからしのマニアもにやりとさせるためのサービスなのだと考える方が多少は面白く読めるというものだ。読書はすこしでも楽しい方がいい。

当該記事のなかでは数少ないまともな指摘なので、あまり長くなっても仕方ない。ここで止めておこう。

2.推理をせずに自白に頼るのはミステリとしてどうか

……記事から引用しよう。「‪第一殺人ではゾンビがなぜ部屋から消えたのかは犯人から自白によって落下したということが明らかになるけれども、さすがにそこは落下したという証拠を元に推理をして探偵が独力で辿りついて欲しかった‬」

端的に言って、この指摘は誤りである。まず、犯人指摘より前の段階、第一殺人真相が明かされた直後に探偵役は「詳しい状況はわかりませんが」という留保のうえで、「星川さんは進藤さんと揉み合いになり、手すりを越えて下へと転落したのでしょう」と推理している(267頁2-3行目)。この推理は厳密には真相と異なるが、星川麗花(ゾンビ)の落下に関しては自白の前に既に推理が為されている。何より、第一殺人直後の現場検証於いてベランダの窓は外に向かって開け放たれ、足跡というほど明確な形ではないが何者かが歩いたような血の跡がベランダの外へと続き、手すりにもべったりと付いていた」と手掛かりまで書かれている。

また、この項目のなかでは「最後犯人を指摘する際、葉山か静原のどちらかが犯人だというところまで来て、結局しズはら自白により犯人が決定したのも手落ち感があります。この腐対rのどちらが犯人なのかという所はちゃんと推理で絞って欲しかったです」と指摘が続く(誤字まで原文ママ)。

かに解決編では犯人が自ら名乗り出る。

しかし、これに関しても、用心深い読者なら頁を遡って「彼女に見送られて俺は部屋に戻り」(191頁8行目)という記述を見付けたことだろう。この記述から最後に自室に戻った人物(=犯人)が静原美冬であることは明白である。語り手の意図によって一部欠落した記述はあるが、彼は嘘はついていないので、上記の箇所も手掛かりとしては有効だ。ここまで親切に手掛かりが用意されてあるにも関わらず、確認もせずに批判する人間がいるとは思えない。もし確認したうえで上記のような批判を出しているのであれば、氏は真に恐ろしい書き手である

3.ホワイダニット真相

‪……探偵役が提示した「全員が死ぬか生きるかという追い詰められた状況で、わざわざ密室の中の進藤さんを殺す必要があるのか」(142頁6-7行目)という謎の提示に対して、氏は「その真相が「こんな状況じゃなくても元から殺す予定だった」っていうのはさすがにしょぼすぎる」と批判しているが、これも正しくはない。‬

‪まず、第一殺人(進藤殺し)の犯人は「元から殺すつもりだった」(290頁16行目)静原ではなく、ゾンビとなった星川である。よって静原の動機は、ここでは本来関係ない。‬

‪また、第一殺人における眼目は「なぜ殺したのか?」に見せかけた「誰が殺したのか?」である犯人人間ではないという真相が明かされることによって「なぜ殺したのか?」も明らかになる。明かされる事件の構図から考えても、「動機がしょぼい」という批判的外れしか言いようがない。‬

4.1つめの殺人推理ロジック

……「‪推理根拠となったのがただ1つ「布団の裏側に血がついていた」というものだけ」とのことだが、2.の回答でも書いた通り、そんなわけがない。‬

そもそも、この疑問自体ほとんど2.の重複で、さして意味のないものである。きっとこの項の手前で氏は一度記事を書くのを中断したのだろう。途中まで書いた内容を忘れて、同じ疑問を書いてしまったに違いない。‬

5.1つめの殺人の顔が食べられた謎‬

‪……このあたりから、箇条書きの見出し日本語が怪しくなってくる(係りが不明である)。‬

‪進藤の顔がゾンビとなった星川に「噛みちぎられた」理由解決編で犯人が話している通り「星川さんに口づけをした」からである(292頁14-15行目)。氏は本当に解決編を読んだのだろうか。‬

6.推理が始まってから証拠が出てくる

……この項にいたっては、該当頁の典拠さえ誤っている。他人文章をあげつらう労力の何割かを自分文章に向けることをお勧めする。

7.登場人物名前をゴロ合わせで覚えやすくしているけれども意味がない。

……難癖以上のものではない。

8.キャラの書き方が雑すぎる

……言い方を変えてはいるが、新本格に対する「人間が描けていない」という批判と何が違うのか。ここで繰り返すのも馬鹿らしいことではあるが、謎解きを主軸に据えたパズルストーリイに対して、心理描写多寡をあげつらうのは的外れも甚だしい。こういう時に出てくる「深み」という言葉は、どうしてこれほどまでに浅薄に聞こえるのだろう。

9.音楽伏線の回収は面白かったけれども、伝聞であるのが良くない。

……このあたりから作品評を離れて、遂に難癖をつけること自体目的となってくる。氏によれば、探偵役とワトソン役が体験した以外に集めた手掛かりはぜんぶ信憑性はないそうだ。それでは、探偵役が証言を集める事自体意味はなく、安楽椅子探偵は頭から存在否定されることとなる。

10.最初ワトソン役の推理ものすごく適当推理をする意味が分からない‬

‪……氏曰く「偽の推理をさせる場合は最低限納得できるものにしてほしい」とのことだが、こういうのは可能性の消去であって、推理於いては当たり前の手順である。‬

11.犯人メタ読みできる

……だから、どうしたというのだろう。

読者を驚かせることが推理小説第一義でない以上、犯人の予想がつくことは瑕疵とはなり得ない。

何よりメタ読みは推理でもなんでもないので、それで犯人がわかることを殊更に主張する真意がわからない。

12.叙述トリックが地味すぎる

……叙述トリックが本筋でないことは誰が読んでも明らかだ。これもまた的外れ批判である

13.探偵心理が異常

……「――あげない」

強い口調。

「彼は、私のワトソンだ」(302頁15-18行目)

この箇所にすべてが書かれてある。氏が、こういうロマンティシズムに感興の湧かないひとなのだと思うだけである

14.‪3つめの殺人の毒の入手方法面白かった。けれども、毒を仕掛ける部分の描写がさすがに不足している‬

‪……これ程までに作者に説明強要する理由がわからない。‬

から十まで書かれていないと理解できないのだろうか。書いてあることも理解できていないのだから、仕方ないのかもしれない。

15.屋上まで逃げた時に、丁度ヘリコプターが来るのはさすがにずるい‬

……「救助のヘリが現れたのはそれから時間後」である(303頁18行目)。

何がずるいのかさっぱりわからない。

それでは、何時間後にヘリコプターが現れるのが現実的だというのかご教示いただきたい。

16.文章は読みやすいけれども、引っ張ってくれない‬

……読みやすさは、ひとつ美徳である。「引っ張ってくれない」と作者の「もてなし」を求めるのは、「お客様神様だ」と宣うことと何が違うのか。こういう考えを抱く読者が改心することを願って已まない。


ここまで氏が指摘した「手落ち感のあった16の箇所」に対して回答したが、その後も熱心に指摘が書き連ねられている。

それらのひとつひとつに付き合う程私も暇ではないが、看過できない指摘もある。

例えば、以下のようなものである

‪「選評で北村薫が「奇想と本格ミステリの融合」と評しているのだけれども、ただゾンビを出しているだけだと思います。化け物が出てくれば何でも奇想とするのはさすがにどうかとは思いました」‬

‪……恐ろしい。とうとう選考委員北村薫氏まで批判対象となるのである。‬

推理小説於いて「奇想」という言葉が謎の不可解さや意外な真相形容する語として用いられることは、多少推理小説を読み慣れている者には周知のことだろう。もちろん北村氏も、ここではゾンビ存在を踏まえたうえで事件不可能趣味真相の意外性を以て「奇想」と評して、それが本格ミステリ作法に則って書かれているから「融合」と賛している。‬

‪決して「ゾンビ」が出てくる事自体を「奇想」と評しているわけではないことは、前後文章を読めば大半の読者にはおわかりのことと思う。文脈が読めない読者というのは、作者にとっては脅威以外の何物でもないだろう。‬


田舎者も村の外を一歩でれば、自分価値観や考えが偏ったものと知ることとなる。‬

‪そこで考えを改めるか、それともこれまでの考えに固執するかで人間は分かれる。‬

‪すくなくとも、村の外に出ることなく、出ていった者や訪れてきた者を思い込み批判する人間は、内と外どちらにとっても害悪以外の何物でもない。

‬まずは卑小な自意識を捨てて、村の外に出ることを勧める。(WY)

2017-11-27

https://anond.hatelabo.jp/20171127123328

主語が大きい」と言われることを避けるためにわざわざ「上手な人もいる」って予防線張ったのに、直後に「例外なく」とかいうこの上なく言い訳が効かない主語の大きい言い方をしてしまっているのが残念。

2017-11-24

童貞バカにするのはポリコレ的にセーフなのか

低学歴貧乏を見下すと際限なく叩かれるのに童貞を見下しても炎上しない理由がわからない。

かに童貞コミュニケーション能力が低いかもしれない。

服装だってダサいし、到底イケメンとは言い難いだろう。

だが、「それだけ」のことだ。

たったそれだけのことで、ネットではまるで害虫みたいな扱いを受ける。

(リアルでは案外そうでもないけど)

何故なのか本当にわからない。

男同士で童貞バカにするのはギリギリ許せるけど、女が童貞を見下してるのは本当に腹が立つ。

いや、お前らも男だったらたぶん童貞からな?

予防線張っとくけど俺は童貞ではないからね。(20歳時点では童貞だったけど)

2017-11-23

anond:20171123000319

太宰メソッドの使い手はみんなヘタレ野郎だと思うメンだよ。

周りがどう思うとかカスみたいな予防線張ってねぇでてめぇの意見を言えやクソヘタレ野郎

ホモランドセル嫌いには乗っかってくれるかもしれねぇけどな。

世間からどう思われるだの黒歴史になるだの下らねぇこと言ってる間はてめぇの意見なんかまともに聞く奴なんかネットいねぇぞ。

2017-11-15

一期で爆売れしたアニメの二期をdisる流れ

本当にもううっっっっっっっっっっっっとうしい

飽きたなら素直に「飽きた」って言っていいから次行けよ

こっちは何も考えずぼやっとあー面白いなーって見てんのに、何もしなくても「二期はクオリティ落ちた」「つまんない」って個人の感想からメディア記事からめちゃくちゃ流れてきて興ざめすんだよ

大体、「腐媚びし過ぎ」とか「大衆向けになってつまらなくなった」とか「下ネタ過激過ぎてキツい」とかよく言われてるけど、全部矛盾してんだよ素直に「私の/俺の気に食わない」って言えよ

人のせいにすんなよ「望んでたのと違う」って言えばいいだろ

特にファンの「なんかつまんないんだよな〜〜、なんでだろ〜〜〜???」みたいな微妙なディスが一番むかつく

ハルヒとかみなみけみたいに、気に食わないなら気に食わないで素直に「糞アニメ」って断言してみろ

その「いや別に私は好きだったアニメに酷い事言いたくないし思ってないけどやっぱりどうしてもつまんなさを感じることは否定できないよね;」

っていう「あくまで私はそこまで酷いと思ってないけど」みたいな予防線が鬱陶しいことこの上ない

なんでそこまで言っておいて自己保身すんの?

黙って素直にイナゴやってろよ

2017-10-30

かっこわるいブコメ

嘘松疑惑のあるエントリ意見を書き込むとき

「真偽は分からんけど~」「仮に本当だとして~」「釣りかもしれないけど~」

みたいな感じで、先に予防線を張っちゃうブコメが本当にカッコ悪い。

要するにコメント先が嘘松だろうがデマだろうがお前の意見は変わらないんだろ?じゃあ何も前置きせず堂々と意見だけ書きゃいいじゃん。

「いやね、この記事が嘘っぽいことは分かってるんですよ、嘘っぽいことは分かってるんですけどね、その上で手前の意見書かせていただきやす、へへっ」的な小物臭が本当にくさい。

貴重な100文字のうち10~15文字予防線に割いちゃうから、肝心の意見部分が圧縮新聞みたいになってる人もいるし。

もう一回言うけど、嘘松だろうがデマだろうがお前の意見は変わらないんだろ?

じゃあ変に前置きするより、100文字フルに使って意見を書き込んだ方がカッコ良いよ。

2017-10-20

予防線に対する不条理

予防線を張らないと揚げ足取ったり重箱の隅つついたりで好き勝手ボコボコに叩かれ

予防線を張ると「張りすぎて何が言いたいか曖昧になってる」「潔くなく見苦しい」と叩かれる。

不条理すぎない?

2017-10-04

メンヘラの元同僚がウザい

タイトル通り。ウザい。

どうしてコンピュータ業界メンヘラってのはSNSヘラってるところをアピールしたがるのか。

Twitterのbioに鬱とかお前の病状書いてどうなるのか?予防線張ってんのか?

で、書いてることは辞めた会社への恨み言だとか、死にたいだとか自分が嫌いだとか。

嘘つけコラ。お前自分大好きだろ。

ぼくちゃんが認められる組織、チームじゃないと気に入らないもん!とかそういうやつにしか思えん。

実際、会社辞めるときも、「この人何してたっけ?」とかなってたしな…

結局、その程度の実力しかなかったんだし、いつまでも延々とネガキャンしてるぐらいならさっさと死ねばいいのに

2017-09-29

以前に自分が書いた増田を全部読み返してみた

この頃はイライラしてたんだろうなとか、そういう当時の状況をなんとなく思い出せて面白かった。元増田が消えていて何に答えたのかよく分からないものもあって、それを想像するのもちょっと楽しい。後日に見返さない事も多いので、真摯な返答を書いてくれたのに結果的無視してしまった人にはちょっと申し訳なくなったりもした。

それと、なんでこんな面白い内容に全然ブコメが付いてないんだよはてなユーザーはアホの集団かよとも思った。俺もアホだからアホに埋没しているのか、アホじゃないからアホの気持ちが分からないのか、アホよりアホなので当然の結果なのか。それともこういう予防線じみた事を書くから感情に任せた最大瞬間出力的なコメントを付けにくいのか。そして、最大瞬間出力と瞬間最大出力はどちらが適切なのか。

2017-09-28

どう考えても『けものフレンズたつき氏が完全に悪く、まともな社会常識が無い

けものフレンズ』は1話を見たきり。あとはネット祭りの経緯を横目で眺めていたオタクだが、たつき監督が外された原因は当初うっすら想像ついていた。

また、たつき氏が例のツイートで取った手段にも懐疑的だった。案の定公式声明では的中していた。

明らかに、たつき氏が関係各社に無断で制作してニコニコ動画YouTube無料公開した12.1 話『ばすてき』の権利関係だった。アウトで当然だ。

一連の騒動過激派たつきシンパ(と恐らく関係各社から警告を受けたたつき自身)が盾にしているこの発言を踏まえたうえで言うが

いくら原案者が吉崎観音氏と言えど、TVアニメで絡む様々な権利を彼が有している訳ではない。

こんなもの飲み会口約束と同じで、社会常識的には「許可を取った」内に入る訳がないのだ。正式契約文書か、せめて制作会社プロデュース会社幹部一同の立会が無ければ認められるはずがない。

しかも言い方から見るに、吉崎氏自身も具体的にたつき氏が何を作ろうとしているのか全く知らされて居なかった模様。

許可を取ったぞ」と言い張りその正当性を訴えるなら、ゲリラ的に独断公開せず最低限吉崎氏には『ばすてき』制作の旨を事前に伝えておくのが筋ではないのか?(無論サプライズ感を出すための協力はお願いしたうえでだが)

普通常識を持ったアニメ監督ならせいぜいツイッターCGイラストか描き下ろしラフを公開する位で留めるから、おそらくそ範囲内を想定してOKを出したのに

まさかOPED主題歌BGM声優アフレコ収録まで完備された事実上の続編アニメ話をまるまる一本勝手に作られるとは思っておらずさぞ驚愕した事だろう。

「ここまで好きにしていいとは言ってない!」と思って後悔したとしても、ツイッターで「たつき神」として熱狂的に祭り上げられている現状を見ると今更下手な事を言って水も差せない。

許可」の範囲一方的に、法にも触れるかも知れない所まで拡大解釈されたあげく、オタク大好き「ネットの力」で物言い封殺された吉崎観音氏もいい被害者だったのではないか

そしてこの状況はアニメ著作権的に甚大な被害を負わされながらネットの狂乱により巨悪に仕立てられたカドカワにもそのまま当てはまる。

せめて無難な1シーンだけを切り抜いたサイレントアニメなら比較的まだセーフだったろうが、例の動画には作品内の主題歌BGMまでガッツリ使ったうえ『けものフレンズ 12.1話「ばすてき」』という副題まで付けているのだ。

ようこそジャパリパークへ」の販売レーベルビクターですよね? 音楽立山秋航氏ですよね? 必要な所から全部許可取ったの? 取ってたら怒られる訳ないよね?

うっすらロゴをぼかす予防線を貼っていた事から、おそらくたつき自身本来ダメな事をしているという自覚はあったと思われるけど(それもアウトだと思うけど)

ツイッターネットでの大反響再生数を盾に全ての関係者泣き寝入りを強いてたんですよね? 

「もう数百万再生されてるんですよ。今更グチグチ著作権がどうとかで削除要請したらファンからヘイトが向かうのはあなた達ですよ?」というプレッシャーを与えてふんぞり返って。

だが、ここで折れたら権利を扱うメディアとしての信用問題に関わるのでカドカワは折れる訳にはいかなかった。水面下での再三の警告をするも、SNSでの承認欲求の虜になったたつき氏は聞く耳持たない。

ネットゲリラ的に動画公開して盛り上げたかけもフレ人気が拡大した」「もはやけもフレは“たつき神”ありきの宗教コンテンツ

そんなものカドカワも百も承知だったがコンテンツ権利を内部から無茶苦茶にするたつき氏を切らざるを得なかった。

たつき氏がけものフレンズ2期から外れるとなれば一大炎上騒動は火を見るより明らかだから、発表のタイミングは各社相談したうえで慎重に様子を見なければいけない。

しかし、SNS中毒たつき氏はそれを全てわかったうえで自分の有利に運ぶために再び1人勝手ツイッターで先回り暴露理由は明らかなのにそこは伏せて、“俺を下ろした敵”だけは名指しという完全に炎上を煽るやり方でだ。

そして唯一神たつき氏の思惑通りに信者暴徒化

カドカワは荒らされ続けて株価にも影響が出て殺害予告まで出て吉崎観音氏にまで危害的な凸が多発する惨状だが、煽ったたつき氏は悲劇ヒーローポジションを勝ち取ってしてやったりとダンマリを貫いている。 

 

 

決して特別でないごく一般的社会常識の元、全てを整理するとこういう図式しか見えないのだが、それでも狂信的に「たつき信じろ」して攻撃性を剥き出しにしているオタク達が信じられない。

オタクだけじゃなくて、あろうことかクリエイターに属する人間までもがたつき氏のツイートだけで一方的カドカワ非難したり、

たつき炎上テロで早急な釈明を強いられた公式から無断利用の経緯を丁寧に説明されても「たつきが悪いという事にするカドカワは悪」と聞く耳を持たないのが出来の悪いSFみたいで怖い。

少なくとも例えば同人作家とか、著作権に少しでも関心のあるオタクなら『ばすてき』に違和感を持つはずだし、吉崎観音氏の口約束があるからOKなどという支離滅裂な主張はしないはずだ。

少なくとも企業同士の組織で動く人間ならば、そこでの重大な決め事を無断かつ公式発表よりも先に暴露するやり方、自分に都合の悪い情報は伏せてカドカワを名指しするというあたか信者非難誘導するようなやり方に嫌悪感を持つはずだ。

幸いにもブシロード社長はまともだったし、他のまともなアニメ監督たつき氏に迎合しなかったのは救いではあるが、

世論がどんどん「ツイッター覇権を取るオタク(たつき氏含む)」の狂騒中心で進み、本来大人として彼らに釘を刺さなければいけない他メディアコメンテーターがどんどん排除されている様子が日増しに強くなってきて気が滅入る。

 

 

結論:世にはビジネス的な大人常識よりもツイッターで神と崇められる事を優先するたつき氏のような承認欲求モンスター存在するから、今後のアニメ監督SNSも素早く釘刺して監視しなきゃいけないね。少なくともまともな企業は今後一切たつき氏とは仕事しないでしょ。

2017-09-20

https://anond.hatelabo.jp/20170918040442

マジレスすると、普段から予防線を張っててもまったく関係なく好きになる奴は好きになるし告白してくる奴は告白してくるんだ

絶対おまえとはねーわ、年齢的にも守備範囲外だ、恋人を作るなら職場が一緒の奴は絶対選ばない

さらに、意を決しておまえは生理的に受け付けないとまで言っても逆に燃えるエンジンかかるやつもいるんだから

お前の言う予防線なんてまったく無意味。せめてもっと使えそうな予防線提案してくれ

勘違いさせるほうが悪いんじゃなくて、自分ならいけるんじゃと思うほうが悪い

https://anond.hatelabo.jp/20170918131434

断るほうがってことはそれもう好きになられて告られてんじゃ

好きになられる前に予防線張っておくってことだろ

感覚はわかるよ恋愛としてアリかもって思われるのは面倒くさい、

でも良い奴だから友人としての関係は続けて行きたいって

恋愛的に好きじゃない奴から好意を向けられるのはしんどいんだよな

2017-09-18

https://anond.hatelabo.jp/20170918002546

マジレスすると

普段からちゃんと予防線を張らずに仲良くしてるからでは?

趣味友達とはぜったい付き合わないんだ」「友達から彼氏になった人はいない」など

普段から「お前と付き合うことは絶対いからな」としつこく言っておけよ

相手勘違いさせるひどい女

2017-09-15

自称熟女好きのロリ隠し

友人は自称熟女好き。


何かというと、オレ熟女好きだからさー、と大声を上げる。

その上、少し若い女の話題をする人間を見つけると、おまえロリコンだろー、となすりつける。


しかし本当に熟女が好きでもないようだ。

昔ヤツの部屋にあったオカズはややロリがかった若い女ばかりだった。


以降、熟女好きを公言する人間ほど、ロリバレへの予防線を張っているように見える。

まり熟女好きはロリコンである


そして本当に熟女と付き合う奴は、あまり公言しなかった。

そこも謎ではある。その方が淫靡な感じする。


まあ、それは良いとしても、

自分アピールのために熟女を利用するとしたら、熟女に失礼だ。

2017-09-09

匿名から言わせて

いい感じだと思っている相手

冗談っぽい雰囲気でだけど、

「高嶺の花だから...」と言われてしまった。

脈あるようなないような...って感じが続いてるんです

いやまじで私結構アプローチしてるんですよ...好き好きアピールでてるよね?あれ?

なんだろう全然伝わってないのかな?

遠回しになんか予防線はられてる?

でも好意がなきゃわざわざ自分のために時間を使ってくれないと思うから、好かれているとは思うんだけども...

正直なところ、話を聞いてるかぎり断然相手の方が恋愛経験豊富だと思うんです...

私、同世代よりも圧倒的に少ないので(コンプレックスから言ったことないけど)

どう思ってるかはまぁ本人しかからないことだけどさ

あ~私から告白するしかないのかなぁ

勇気!!!

でも好きって伝えたい

2017-09-05

トラバ貼らない人

反論するのにトラバ貼らない人って、アドレスコピペのやり方がわからないリテラシーの低い人なのかなって思ってたけど、未だにいるね。

口調は強気だけど、内心ビビって「これ独り言から」って予防線はってるのかな?

2017-09-03

私は、国、地域宗教団体性別、年齢層、趣味嗜好等の大きい言葉を使って、そこに属するすべての人を非難する考え方が嫌いだ。

私は、


私は、自分が嫌いだ。

なるべく自分が嫌われないよう、予防線を張った生き方をする、自分が嫌いだ。

角が立たないよう、嫌いな連中にもへつら笑って日々を過ごしている自分が大嫌いだ。

私は、本当は、嫌なものは嫌だとはっきり言いたい。

2017-09-02

https://anond.hatelabo.jp/20170901235736

元増田です。

相手に〝結婚〟とか〝子供〟とかのワードをちょいちょい出される度に探られてるなぁ~と感じます。(正直なところ私自身はそこまで願望は強くないのですが...)

お互い傷つかないように一線を保っている感じですね。

なにぶん久しぶりに人を好きになったので、大人ってこんなに予防線を張りながら様子を伺うのか。と思っています

とりあえず手を繋ぎたいし、堂々と好きって言える関係になりたいな。と中学生みたいなことを思っています

2017-08-30

https://anond.hatelabo.jp/20170830135627

コンビニ店員は低賃金からいい加減な働き方でいいんだと言ってイヤイヤ働くくらいなら、コンビニよりも高い賃金で稼げる(そいつがしっかり働きたいと思うような)マトモな職につけって意味だよ文盲

人の書いたことをわざわざ悪い意味曲解する性格の捻じ曲がったかわいそうなやつだねぇ、あんた。

あなたは謝らなくていいよ」って、偽善的な予防線がミエミエで笑うわ。臭すぎ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん