「アラーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アラームとは

2020-05-23

熱中すんのって素質があんのかな

1週間触らなかっただけで一気に熱が覚めた

2年くらいアイドルマスターシンデレラガールズ(デレステ)やってたのよ

こんな長い間続けたゲームなんてあんまないし課金したのなんてこのゲームだけ 朝起きてスタミナ消費して日中息抜きにスタミナ消費 夜寝る前にスタミナ消費を2年間やってたわけ それもかなり楽しんでね

ゲームだけじゃなくて楽曲にもハマった iPhoneに数百曲も入ってて朝のアラームデレステの曲だったくらいハマってた

ライブも現地は行けなかったかライブビューイングでペンライト振った 夢が現実かわからいくらい夢中で幸せ時間だった

俺はこの先何年も、サービスが終了するまでプロデュースするぞってずっと思ってたのよ

で、この前iPhoneメモリ容量の関係で1度アプリ消したんだよね 中身整理した後また入れ直そうくらいの気持ち

消した途端にいままで熱中してたコンテンツが酷く滑稽に思えてきてさ 実在しねえキャラに興奮してたんかよみたいな

そんで中身整理した後もインストールする気がなくなってさ、入れ直すまでに1週間かかった

ゲームやり直しゃ熱も戻るだろって思ったんだけど、まー楽しくないんだわ

今まで好きで好きでたまらなかったキャラに対してなんの感情も湧かなくなった

音ゲー時間無駄だと感じるようになった

これまではハイスコア少し更新するだけで大喜びしてたのに、今じゃだからどうしたって感じ

この前やってたアイドル総選挙推しランクインしてるのにへーって感じ

もう完全に冷めちゃった

まり物事に熱中できないタチなんだけど、デレステはそんな俺を変えてくれたと思ってたんだよね

でも実際は何も変わってなかった イリュージョンだったのかもしれない

2020-05-21

炭水化物を取るとめちゃくちゃ眠くなって苦痛

カレーラーメンうどんそばポテトチップスも、食べるとめっちゃ眠くなってしま

ちょっとぽやーってするような眠気じゃなくて、めっちゃ疲れた日の晩に眠りにつくような、もうまぶたを開けていられないくらいの眠気

頑張ってアラームをかけて食後の眠気に抗ってみるも、金縛りのような現象が起きてしまうのでどうにもならない

2020-05-05

暑い室内で夢に増田魘されるレサな宇田すまに目油で稲津市いつあ(回文

おはようございます

今日は一日お家でゆっくりよ。

そうなるといいんだけどと思いつつ、

パソコンを起動させるのすらもう面倒くさいか

6秒で立ち上がるラップトップはこう言う時に爆速で起動して速いんだなぁって体感しているところよ。

花びんに飾ってる花を水替えして

水揚げを良くするためにもう一回茎を新しく斜めに切ろうと思ったんだけど、

もう軸が水を吸ってフニャフニャで、

うまくハサミは入らなくて切れなかったのね。

でも私そもそもとして花なんていつ買ったっけ?って思ったの。

昨日そういえば買ったんだけど、

どこの花屋で買ったのすら忘れてて、

本当にこの花どこで手に入れたのかしら?ってずっと考えてたの。

そしたら、

その花の子をと考えていたのは夢の中の話で

要は私は夢を見ていたのね。

あと15分寝るつもりでアラームをかけたんだけど、

鳴る4分前で目が覚めたわ。

もうこの時期になると部屋の暑さがたまらなくなるから

ああまたこの季節が来たんだなって、

冷房を使い始める儀式でもあるかのように

今日は遅くまで寝ていたから、

いい加減その部屋の暑さで起きるぐらいなのよね。

でも膝の上に乗せているラップトップも熱いか

いい加減かきあげて私は涼しい外気が流れる外に出ていきたいところでもあるわ。

残りの今日一日をどう使うかが、

私の今日課題ね。

今日1日ぐらいはゆっくりするわ。

よい休日を。


今日は本当によく寝たわねって感じの起床。

目覚めはいいというか悪いというか、

ちょっと頭痛が痛いわ。

そんな二重表現警察に取り締まわれないようにしなくちゃと

そんなバッドな1日にはしたくないので、

頭痛薬飲んで早くお出かけすることにするわ。

デトックスウォーター

さっき冷蔵庫から取り出して飲んだコールド麦茶ウォーラー

いい加減もう本当に冷房をつけたいぐらいの室温なんとかならないかしらねって

夏が来る前に早々にぐったりよ。

でもシャキッとしたいところでもあるわね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

弱気お姉ちゃん退部届

私には三つ下の妹がいる。私が幼かった頃、妹はそれより三つ幼かった。



私はお姉ちゃんだったけど大切なおもちゃを妹に譲れなかった。お母さんのだっこの順番を譲れなかった。いつだって私はピンクや赤を選んだ。妹がいつも後ろをついて歩いてくるのが嫌だった。スーパーに行った時、いきなり走り出して妹を撒いたこだってある。

でも妹はしばらく私を追って見つけられないと分かれば私がお母さんの元に戻った時にはもう既にお母さんの横にぴっとりとくっつくようにしてそこに立っていた。

それでも妹は私を「お姉ちゃん」と呼び続けてくれた。

そんな妹が受験を終えて今年の春、とうとう高校生になった。三つ小さかった妹は幼い頃と変わらない顔つきで背だけが伸びた。




受験生だった頃の妹はコップ1杯分ほど飲み残したペットボトルを床に置き、脱いだ服を脱いだ形のまま床に捨て、また新しい炭酸飲料を開け、またコップ1杯分残したペットボトルを床に転がした。

真夜中でも日も昇らないような早朝でも時間を構わず家の中で鳴り続けるアラームの音は睡魔に負ける寸前でも再び起きて勉強をしようと妹が設定しているものだった。しかし、そのアラームの音が止められることはなかった。なぜなら起きないのだから

可愛かったはずの妹を心の底から鬱陶しく感じた。

それでも妹は受験生だったかストレスもあるだろうと姉として妹の支える立場だと気を強く持ち、妹にとっても私にとっても残りわずかの辛抱と思い、耐えることにした。



そして待ちに待った3月。妹は志望校から一つランクを下げた高校合格した。

合格発表の日、照れくさそうな晴れ晴れとした表情で受験番号の横に並ぶ妹を写真に収めながらこれで何もかも大丈夫になると思った。

ところがストレスから解放された妹はどこかに出かけたいあれを食べたいこれが欲しいと常に駄々をこねた。

私はそれでも妹にとって優しくて何でもできるすごいお姉ちゃんであり続けたくてアルバイトで稼いだなけなしのお金で妹を色々なところに連れていき、色々なものを食べさせた。

少しは欲しいものも買ってあげた。

私が「どう?」と聞くと妹は「おいしい」と答えた。時には「楽しい」と答えた。そのくらいだった。

それでもたまに遊びに行くのを断ると妹は不貞腐れた。

喜んでもらいたくて良かれと思ってやっていたことが妹の中では当たり前になっていた。連れて行ってもらって当たり前。買ってもらって当たり前。



真夜中に友達とギャーギャーと盛り上がりながらテレビ電話をする妹の声を聞いて、四六時中入学祝いとして買ってもらったスマホにかじりついて声を掛けても返事すらしなくなりただ液晶の光に煌々と照らされ続ける妹の顔を見ていたら、もう私の「かわいい妹」じゃないんだなって思った。



長く続いた私のお姉ちゃんごっこに終わりを悟った。



キッチンから食卓に運んだ箸やご飯茶碗や食器を配膳しようとしない。食べた後の食器はつぎの朝まで食べたまま。何度言っても直らない飲みかけの炭酸飲料を床に置く。最近はそれを私のせいにしようとしたりする。目覚ましを一度止めた後スヌーズにして1時間近くも10分間隔で鳴らし続ける。到着時間に家を出るくせに「遅刻したら怒られる」と車を運転する母を急かす。壊れた笛のような鼻歌を同じフレーズを繰り返して歌い続ける。自分が悪いときでも絶対に謝らない。謝るようにしつこく言った時でもお笑いコンビの響のような謝り方しかしない。他にも嫌いなところはもっとある。



正直今まで何か一つやってあげた分、一つ見返りを求めていたけどもう何もしてあげないし何も期待しないことにする。

そう言ったら「ゴメンネ」「これから頑張るから」と言われたけどその後、洗うように頼んだ皿が朝まで手付かずのままシンクに横たわっているのを見て「何がこれから頑張るだ」と妹が洗わなかった皿を代わりに洗いながらこれを最後にしよう。これから妹の使った食器は洗わないことにしよう、と自然と思えた。妹の分の食事も用意しないし、妹が返事をしないなら私だって返事をしない。私が妹にしてあげられることなんて何も無いんだから



私が妹のお姉ちゃんじゃなくなったら私はただ妹より3年分多くご飯を食べているだけの人になるけどそれでもいいよ。



もう妹には何もしてあげない。

妹がいなかったらもっと楽だったのにな。



お姉ちゃん辞めたら私、何になろうかな。

2020-04-30

最近ハマっているのが、電車池沼を演じる遊び。徹底すればするほどコレが存外面白い

まず、細部にコダワる。靴はスポルディング。服はダサいジャージで、ウェアをズボンにインする。

演技の開始は電車に乗ってから車両に乗り込むと同時に、満面の笑みを作る。嗚咽しながら、口をパクパクと開閉する。

すると乗客は俺が池沼であることを察し、車両に緊張感が走る。

俺は乗客の無表情を楽しみながら、適当な席に膝を付け窓の外を眺める形で座る。

「づぎは~じんじゅぐーづぎはーじんじゅぐー」  …できるだけ高い声で、精一杯演じる。駅メロディーを口ずさむ。

その後、不意に座席を立ち上がり「ぅぅぅうああああああああああああああ!」と叫びながら車両を全力疾走で往復する。

これには、乗客が他の車両に行くことを牽制する効果がある。車両内の空気がどんどんと重く、気まずくなってくる。

ニ往復ほど叫び通した後、予めアラームをかけておいた携帯電話がなったので取り出し、応答する。

はい。14時半ですね? ええ。…いいえ、とんでもないです! では後ほど伺いますので…はい、失礼します」

正常な人間の声色で答えた後、電話を切る。乗客唖然とした表情を心ゆくまで楽しんだ後、再び池沼に戻る。

これを全車両コンプリートするのが今の俺の目標

2020-04-22

anond:20200422040552

とりあえず実家か暇そうなお友達市役所福祉課あたりに電話して

そのために朝9時くらいにスマホアラームかけてとりあえずなにもかもわすれて寝とけ

あと今この上に書いたやつもスマホホーム画面にメモとして保存だ

電話かけられたら話を全部聞いてくださいっていって読み上げろ

おまえはとりあえず不要不急でなく緊急だ あと一週間で引っ越しの手配しないと地上げ屋がくるやつや(くるのか?コロナだと来ないのか?)

生きられるといいな

おばあちゃんが死にそう 【追記】亡くなりました

少し気持ちが落ち着いたから今書く。亡くなった後だと書けないだろうから

おばあちゃんが大好きだった。長男教のジジイと違って自分に優しかった。両親共働きで寂しいときに遊んでくれたのはおばあちゃんだけだった。お手玉したり神経衰弱したりしてた。料理も作ってくれた。

おばあちゃんは常に癇癪起こしてるジジイの横にいて諌めてたりしてた。おばあちゃんジジイより先に老人ホームに入ったんだけど、ジジイしょっちゅう会いに行ってた。その時にジジイがおばあちゃん好きだったってようやくわかった。

おばあちゃん幸せだったのかな。田舎農家に嫁がされていびられるは夫は癇癪持ちフォローしなくちゃいけないわ、孫は一人も結婚しないままだわ…「孫が結婚するまで死ねない」って言っててすごく長生きしたのに本当にすみません兄弟全員モテないんです。

老人ホームに週一で面会行って親戚の人含めたら週三で面会行っててすごく元気だったんだけど、コロナのせいで面会行けなくなって元気なくなったみたいで入院になった。入院中も一切会えなかった。

今日にとうとうってことで電話きてようやく面会に行けたけどもう話せなかった。でも電話より実際は元気だからーってノリですぐ帰されたのに夜にまた電話かかって本当にヤバイことになった。会いに行ったけど常にアラーム鳴ってた。

悲しいことに生きてるおばあちゃんに会いたい人達は皆高齢だったり免疫低下する薬飲んでたりで、この時期に病院には来れない人しかいなかったから誰も面会に来ない。

親もコロナにかかってるかもしれないので病院迷惑かけられないから泊まれないで帰った。葬式するにしても超家族葬になる。家はど田舎から葬式盛大にやる地域だしジジイの時もめっちゃ大変だったけどジジイは喜んでるだろうなとは思った。

面会もされず、葬式にも人が来ないっておばあちゃん寂しいだろうな。本当にごめんなさい。

でもコロナにかかってたら葬式どころか最後の面会もなかったし、そもそも医療崩壊起きてるのかみたいなときコロナでもない90代を入院受け入れしてもらえるか疑問なので恵まれてたのかもしれない。コロナ家族亡くした人達に本当に悪いけど、そう考えなきゃおばあちゃんが可哀相すぎて嫌になる。ごめんなさい。おばあちゃんがそんなこと考えてるわけないから完全に自分エゴです。ごめんなさい。

書いてて辛くなったけど本当に死なないでほしい。コロナ終息するまで生きてほしい。親戚苦手だけどお通夜葬式も49日も一周忌も頑張るから迷惑じゃないから。100歳まで生きてよ。

本当にコロナさない。寿命だろうがなんだろうか知るか。おばあちゃん本当にごめんなさい。

9:45追記

葬儀の手配が終わりました。本当はこれを書いた30分後には容態が急変して病院に呼び出しされてたので、すぐ消そうかと思ったら1ブクマついてて残してました。今落ち着いて見たら優しい言葉たくさんついていてびっくりです。ありがとうございます

おばあちゃん増田やってるなんて言ったこともちろんなかったけど笑 今日はおばあちゃんにたくさん言葉もらったよって話しかけてみます

親父はおばあちゃんはあえてコロナの時期に亡くなったのかもよと言っていました。気を使う人だったので、家族葬だったり親戚呼ばなくていいこのタイミングを選んだのかも、と。そうかなー?

最後にすごくしょうもないことを書くんですが、葬儀屋さんが一番コロナ事情通なんですね。斎場同じなのは聞きたくなかった…

2020-04-06

やっとこさ起床した

昨日は図書館の封鎖というとんでもない事態鉢合わせし、ウンザリだった。カロリー消費を狙ってサイクリングしたが、ファミレス臨時休業していたようだ。駐車場の車の台数が極めて少なかった。でも0ではなかった。正社員が帳簿整理でもしてんか?

🥱

昨晩は息子と一緒に9時過ぎに寝落ち10時にアラームをセットしていてそのときに目覚めたにも拘わらず、二度寝。終わってるわ。→俺。そんで起床したら5時。8時間睡眠か?🥱

🥱

さてそろそろ本日2回目のカフェタイムとするか。。。座っててもしゃーないな

2020-04-02

業務開始のアラーム音楽

在宅勤務になってオンオフ切替がうまくいかいから、業務始める時間アラームテンション上げるWe Will Rock Youを流してるけどいまいちしっくりこない。

業務終了はもちろんGet Wildで、流しながら適当に踊ってみると解放感ある。

2020-03-23

anond:20200322165509

「ごと」はイベントの頻度を指しているのに対して、「おき」はイベント間の間隔を指定しているのと、1日の解釈が2つあるのが原因。アラームの例で説明する。

「ごと」は1アラーム/時間。例えばアラームが鳴るのが30秒ごととすると、30秒の期間の内1回アラームがなる。1日の場合24時間に1度なる解釈(開始時間制限されない)と、カレンダー上の日付で1日の間に1度なる解釈(必ず日付変更で開始)がありうるが、結果的にはどちらも同じなので問題にならない。

「おき」は間隔指定。30秒おきなら、1度アラームが鳴ってから次にアラームがなるまでが30秒となる。1日おきとした場合複数解釈があり得て、24時間ごとと解釈すると1日ごとと変わらない。カレンダー上の日付と解釈すると、今日なったら、カレンダー上の1日空けるので、次になるのは明後日となる。

24時間解釈は「ごと」でも同じなので、わざわざ「おき」と指定するからには、カレンダー解釈なのだろう、と解釈されることが多い。

だいたいこのあたりの解釈文脈で解消されるので、きっかり1日おきに鳴る時計24時間ごとに鳴るし、1日おきに届く手紙毎日は届かない、と読めるのではなかろうか。

anond:20200322165509

1秒ごとだと、アラームの鳴る時間関係なしに、1秒に1回鳴る。

1秒おきだと、アラーム鳴る時間を除外し、アラームが鳴ってから1秒カウントして鳴るイメージなのだが。

2020-03-16

anond:20200315225230






















ほぼ毎日使っている一部を挙げたけれども、出勤準備の時間が近付いてきたのでココまで。
気分が向けば追記するかも知れない。

2020-03-08

何故先送りprocrastination

「なんか気がのらないんだよねー」とか、「あれもこれも気になって結局何もできない・・」という人ほど目を通す価値あり。わかっちゃいるけど取りかかれない。その心理的メカニズム理解すれば、突破口は必ず見える。すぐやる人になるための簡単な仕掛け. 氏が勧めるのは、まず自分がグズグズしがちな行動を書き出す. 書き出したうえで、行動に伴う目先の“苦”と将来の“快”を比較し、快に目を向けるように. これで嫌々ながらも手をつけようとはする. 苦手意識の強い作業と快を結びつけ. 好きな喫茶店に行ったり、好きな珈琲を入れるなど自分に快を与える環境をつくって! その作業自体が心地いいものにな.

現実主義療法

現実: タイマーを使うことで、『手間暇かけても結果はあまり変わらない』という.

ゲシュタルト療法

他人は私を喜ばせるために生きているのではない

事あるごとに3回唱. 仕事自分の一部分でしかなく、その一部分を否定されたからといって自分がすべて否定されたわけではない.

TODOリストカード

トランプババ抜きの要領で1枚引き、その仕事から片づけていく. 仕事を始める前に悪い結果を予測して手が止まる. 始める前にあれこれ考えない工夫を!

summary

不安や焦りなどの感情思考から. 思考する暇を自分に与えなければ、ネガティブ感情は生まれない.

つの先送りの心理パターン

  • 完璧を目指しすぎ
  • 効率を求めすぎ
  • 結果を怖がりすぎ
  • もともとニーズがないことをやろうとしてる
  • 自分可能性を狭くすることを恐る
自分可能性を狭くすることを恐る←意味不明

これはなんだろ?

references

2020-03-04

朝起きれた。

昨日は12時過ぎた頃から体が力つきそうってアラームが出るようになった。

正常な体の機能を久々に感じたよ。

「やり切るまでやる。」ではなくて「明日出来ることは明日やる。」でやらないと、いつまでたっても自分が辛くなる。

2020-03-01

初めて立ち会った臨終

anond:20200228142823 の後

備忘。看取ってはいないが「臨終」は本来死の直前を意味するらしいので合っているはず。

身内(祖母)が今日未明に逝った。最終的な死因は肺炎だがコロナかどうかは検査されていない。

いよいよという事で特養から病院搬送され、危篤ということで家族が呼ばれたので様子を見たが既に酸素吸入で何とか生きている状態。入所以降初めての対面だったからかあまり驚きもせず、こうなると完全に呼吸しているだけの機械だなと思った。声を掛けようかとも思ったが他に人が居たのでやめた。

今朝行った時は死亡確認(家を出る頃には心停止していたらしい)後で、病室に入ったら心電図オール0の表示と一緒にアラームを鳴らしていたのはぎょっとした(もう鳴らす必要無いんだけどなとか、**波測定不能とか出ているのを見てそりゃ死んでるからなあとか思いながら)。前日とは呼吸してるかしてないかの違いだが、顔に触れてみるとまだ少し暖かった。目に涙が浮かんでいたが、苦しかったのか単なる死亡後の変化なのかは判らない。目の前にあるのはもう人間を終えた物なので自分の為にしかならないが「お疲れ様でした」と一礼した。これは息のある間に言った方が良かったなと少し後悔したが、どっちにしろ聴こえていなかったかもと思うのが僅かな慰め。誰も居なかったので写真に残そうかと思ったが、流石に良心が許さなかったのか結局やめた(十分印象に残った)。腐食が進むので冷房を入れると看護師が言っているのを聴きながら確かにものだしなあとかアホな事を考えていた。

祖父の臨終にも立ち会った筈だがよく覚えておらず多分遺体を見ていない(遺骨だけ)ので、人の死にはっきり立ち会ったのはこれが最初。さっきまで元気に接してた人が無残な形で死んでしまったとかだととても悲しいのだろうが、自分の中で祖母は既に死んだも同然に考えていたのでそうでもなかったのかも知れない(落ち着きはしなかった)。自分の中の祖母認知症になった後ではなく自転車に乗っていた頃のままでいい。尊敬できる人間ではなかったが。嫁姑関係だった母は色々苦労したと思うが心情は如何程だろう。

今日中に死にたいと書いてたができなかったので諦めてやる気も起きず。臆病者なので結局まだ生きるんだろう。でもそれで数年生きて来てやっぱりあの時死んでれば良かったと後悔したし、数年後祖母遺影見ながらまた後悔してるだろうと思っている。

2020-02-28

リングフィットアドベンチャー始めたので大雑把な感想

始めて一週間ちょいなので開放できてない要素は多い状態での感想。負荷30でのプレイ

・さすがにほとんど自重トレーニングなのでジム行くほどの負荷はない。リングを押すのもそこまでではない。ただし引っ張り系の種目はやばい

フィットスキル難易度と性能が見合ってないことが多いのが不満。楽な全体攻撃があればそれ使っちゃう

・負荷を上げると各種判定が厳しくなり、種目ごとの難易度の差がえげつなくなる。リズム系が楽すぎる。

シャッフル機能を使うと今度はゲーム的な難易度が厳しい。

フィールド内でのモモアゲアゲ(サイレントモードなので実際には深いスクワット)が無理ゲー。これどんだけ深く早く腰下す必要あるんだ。

テーブルモードでのプレイはできなくはないけど厳しい。switch用にモニター買うかなあ。

運動前後ストレッチが丁寧なのがいい。一人でやるとどうしてもサボっちゃう部分なので。

・寝起きに運動するモチベができるのが超えらい。switchを開くとアラーム機能で「やれ」って言ってくる。

・ついでにヨガマットを敷くスペースのために部屋が片付いた。えらい。

いろいろ文句言ってるけど運動モチベーションをこれほど簡単に作れて面倒見てくれるのが素晴らしい。それはそれとしてジムも行くけど。

2020-02-18

出張先でデリヘル呼んだ話

「旅の恥はかき捨て」とは言うが、出張先でデリヘルを呼ぶときは、解放感と寂しさが同居する言うなれば旅情ともいうべき感情を覚えることがある。

その当時、私は首都圏の零細編プロに勤めるしがないライターだった。出張先が能登半島と決まった時には、久しぶりの遠征に心躍る反面、アクセスの悪さにやや辟易したことを覚えている。何を隠そう、その当時、私は素人童貞であった。肩書き解説は他の文献に譲るとして、端的に言えば、ごくありふれた、さえない彼女なしの三十路前の男であった。

無事現地でクライアントと合流後、取材自体は滞りなく進んだ。関係者と軽い打ち上げをした後、事前に予約してもらっていた七尾市ホテルに泊まることとになった。七尾市和倉温泉という高級温泉街を有し、バブル経済華やかなりし頃は北陸有数の歓楽地であったそうだが、少なくとも駅前景色からはその面影は全く感じられなかった。

ホテル備えつけの温泉に浸かった後、外気にあたりたくなり外へ出る。能登地酒と熱い湯にあてられ、火照った身体に冬の外気が心地よい。時間はちょうど0時を回ったところ。ポケット煙草を取り出そうとしたところで、ふと、デリヘルを呼んでみようかと思い立った。

旅先の開放感と、久々の出張先で仕事を全うしたことへの安堵感がそうさせたのか。気づけば私はgoogleではじめにヒットしたお店に電話をかけていた。

すぐにボーイと思しき男性電話口に出た。七尾市ホテルにいることを伝えると、10分ほどでやってくるという。慌てて財布を取り出すと、諭吉がたったの一枚寂しそうにこちらを見ている。速やかに嬢の派遣を依頼すると同時に、最寄りのコンビニまで走る。現金調達して帰ってくると、ホテルの前には既に一台の黒いセダンが停まっていた。

近づいていくと、「〇〇さんですか?」と声をかけられ、車の中から二十代と思しき可愛らしい女性が現れた。彼女は、自分のことを『春華』と名乗った。連れ立って足早にホテルに入る。クライアント鉢合わせしたら最悪首が飛ぶなーと考えつつ、フロント男の若干の視線を感じながらそそくさとエレベーターに乗りこんだ。

無事に何事もなく部屋へ入って安堵する。春華が時間確認タイマーをセットする。素人童貞とは言え、私はどんな時にも紳士さを忘れない男だ。ホテルの一室で、互いに知らない者同士が邂逅するとき特有の気まずさのなか、精一杯何かしてあげようと彼女コートをかけようとしたが無難に断られる。間を持て余した私は、無意味自分荷物を移動したりバッグの中身を整頓したりした。そんなことをしている間に春華は速やかに全裸になりユニットバスへと消えていった。

程なくして「どうぞ~」という声が聞こえ、そこではじめて、私は思い出したように全裸になり、ユニットバスの扉を開けると、そこには全裸の春華がいた。

バスの中で体を洗ってもらう。特に、愚息の洗い方は丁寧だった。年齢を聞くと「二十歳です。」短く答える。実際には22,3だろうと思ったが、それ以上の詮索をしないのが紳士たるもの

さて、ベッドに身体を仰向けによこたえ、非常にスムースな流れで、春華は私の愚息を口に含んだ。極めてスタンダードフェラチオである。愚息がぬらぬらとしたあたたかものに包まれ、大変に心地が良い。ただ、少々打ち上げで飲みすぎてしまったようだ。それなりの硬度には至るものの、一向に射精する前兆・気配がない。春華も焦りを感じはじめたのか、次第にストロークが大きくなり、それに伴い彼女の歯が軽く当たるようになったことで、愚息はいっそう前立腺門番を奥へと押しやってしまうのであった。

体勢に限界を感じた私は、体を横に倒し、極めて紳士的な態度で自分の手のひらに春華の頭をのせてやった。そうすることで、彼女がよりリラックスした体勢で愛撫に集中することができ、私も腰を動かすことで刺激をコントロールできる、一石二鳥の策略である。これで多少はマシになったものの、射精神様はまだ一向に降りてくる気配がない。

すでに彼女が口淫をはじめてから体感でおおよそ15分が経とうとしていた。それが意味することをデリヘル経験の諸兄姉にもわかりやす説明するのも紳士たる者の務めである。今回のプレイ時間契約上60分間の予定だが、実際のプレイ時間はその半分がせいぜいといったところ。タイマーは部屋に入った瞬間からスタートし、そこから互いの身を清め、ベッドインするのにおよそ15分、終了15分前にはタイマーが鳴り延長の是非を判断するので、実際のプレイ時間は30分にも満たないことも多い。したがって、その時点ですでにプレイ時間の半分が経過しようとしてた。

このまま続けてもらって射精できる可能性は低い。おそらくはやってできないことはないのだが、万が一逝けなかったときに、嬢の自尊心を著しく棄損してしまったり、自分の心に黒部の峡谷ばりに深いわだかまりを残すことになる。そんな未来絶対に避けたかった。

果たして私はそれを打破するイデアを持っていた。そして恥甲斐もなく、それを言葉にする軽薄さをも持ち合わせていたのだった。

「あの、、ちなみに、お金積んだら挿れさせてくれるとかってあります?」

彼女は即答した。

ゴムありなら一万でいいですよー」

「あ、それじゃ、お願いしまーす」

かくして私は令和はじめのセックス七尾デリヘル嬢と修めることとなったのである。なぜ私がコンドームを持参していたのかという点についてここでは触れないが、プレイの内容自体は、とりたてて特筆すべきことはなかったということを書き添えておく。

正常位で射精にいたり、そのままゆっくりと倒れ込む。いくばくかの満足感と虚脱感に身を委ねたのも束の間、終了のアラームが鋭く鳴り響いた。

「すごいタイミングですね。」と笑いながらユニットバスへ導かれ、再び火照った身体と愚息を丹念に洗ってもらう。ふと、春華の首元に光るネックレスが目に入った。無事に時間内に射精に至った達成感と、形だけとはいえ、挿入事後の妙な連帯感も手伝い、バスの中で少し雑談をした。以前は新宿ソープランドで働いていたこと。昨日に初めて七尾で出勤したが指名が一件も入らず店のボーイにめっちゃ謝られたこと。

そこで私には不覚にも、邪な思いが芽生えたのだった。それはすなわち、春華が七尾にきて初めてセックスした相手が私だったのはないかと。

恥を忍んで聞いてみた。

もしかして七尾にきてから初めてのセックスだったりします?」

彼女は少し言い淀み、それからしかしハッキリと

「いや、はじめてではないですね。」

と言った。

なんと。ということは本日すでに同様のケースが少なくとも1回はあったということか。内心動揺を隠せず、「そっか~。そうだよね〜」といった感じのとりあえずのリアクションを返しながら、どう繕ったものかと必死に思案していたところ、彼女は少しの沈黙の後、くしゃっと表情を崩して、こう言った。

「私、素直だから言っちゃうんですよねー。お店の人には、必ずそういう時は”はじめて”って答えた方がお客様は喜ぶからって言われてるのに。風俗嬢向いてないんだわー」

そのあけすけな笑顔に一瞬で引き込まれ、あまりの可笑しさに思わず、私はユニットバスはおろか部屋の外まで響き渡ろうかという声で大笑いしてしまった。彼女も「そんなに笑うことありますかー!?」と気恥ずかしそうに笑ってくれた。その時たしかに、彼女はどこにでもいる二十歳前後女の子の顔に戻っていた。

それからいろんな話をした。家族のこと、5人兄弟の長女であること。首のネックレスは二十歳の誕生日に弟からプレゼントされたものであること。以前は飲食店で働いていたこと。好きな音楽のこと。

彼女back numberが好きと言ったので、Spotify人気順再生した。まったく聞かない流行りの曲も、嘘をついて一緒に聞いて、いいねと言って笑った。

2回目の終了アラームが鳴り、春華を外まで送る。送迎の車がきていることを確認し、手を振った。

・・・

30になった今も素人童貞肩書きは消えないが、確かにあの瞬間彼女はどこにでもいる二十歳の女の子だったし、いち素人女性と一緒に体を洗い、身体を拭き合い、家族の話や好きな音楽の話をして一緒に笑った経験は、確かな現実のものとして記憶に刻まれている。

朝の日差しに浮き上がる能登島と、どこか瀬戸内海を思わせる穏やかな七尾湾の景色と共に。

2020-02-17

競技「フル勃起マラソン

フル勃起状態を持続させたまま全裸フルマラソン距離を走り着順を競う。帽子メガネその他頭部への装飾品、靴下、靴のみ着用可とする。

フル勃起状態は、競技の1週間前に競技者にバイアグラを処方して陰部を強制勃起させたときの体積からマイナス5%までの体積を有する状態定義する。

走行中のフル勃起状態確認は竿部に装着するバンド式直径測定器による簡易測定とする。初期値から一定の直径減少が認められた場合アラームが吹鳴し、すみやかに検査員による詳細な体積測定が実施され、基準を満たさな場合はその場で失格となる。測定時間走行時間から差し引く。

体積測定は認定委員会が定める技術要件を満たした3D体積測定器を使用する。

走行中の陰部への手、足などによる接触競技自身、他競技者のいずれから禁止する。

2020-02-02

宇崎ちゃんポスター、胸はクソどうでもよくてあのニヤついた表情が完全に駄目だった

あの顔、あの「目」がもうどうしようもなく駄目

アイツは完全に牝狐なんだよ

女の本能がこいつは”敵”!!!!!抹殺せよ!!!!!!!とクソデカアラーム脳内ガンガンに鳴らし続ける

早く殺さないと、、、、、、こいつだけは生かしておいたらマズいと、、、、、

生かしておいたら絶対どこかで己に危害を与えてくる

あんなヤツがどこかで今ものうのうと生きてると思うだけで虫酸が走ってしま

あれは子宮危険アラームを鳴らしまくるツラなんだよ

女の敵は女なんだよ

万年人類経験によって危険を察知する機能本能に、DNAに刻まれしまってるんだよ

自分意志じゃあどうしようもない生理現象なんだよ

これは女のDNAを持つ者にしかからない感覚だと思う

2020-02-01

Yahoo防災速報おっそ

地震が終わってから速報アラームがなる…まぁ無料アプリだししょうがないのかもしれないんですが

2020-01-23

レズ風俗行ったけどセックスいらなかったわ

クソ長自分語り

21年間性経験がない女好きの女。酔った勢いで、もういっそ私もレズ風俗卒業するか」と思い立ち、レズ風俗に行くことにした。

インターネット文明を駆使して手頃価格レズ風俗検索し、震える手で電話をかける。早口だが優しそうかつ丁寧な店員さんにあっけらかんと「レズ風俗のご利用ですね〜」と言われ、拍子抜けしながらコース・日時などを淡々と決めていった。

女の子は誰がいるのかよくわからなかったので(スケジュール表みたいなのがサイトになかった)おまかせする流れになったが、ここで問題が発生する。私は「女の子10のくらいが1であると嬉しくなる」という性癖を抱えているのだ。

これで30代のお姉さんとか来てしまったら盛り上がりにかける。しかし、初めてのご利用かつ拗らせマインド童貞なので10代います!?とはさすがに聞けない。

「えっと……その……なるべく歳が近い人が良くて」

「歳が近い方ですね!!お客様ちなみにお幾つでいらっしゃいますか?」

困った。年は言いたくない。なんとなく。

「えっと………えっ……と……20代……前半の人が……」

かしこまりました!20代前半ですね!!」

と、20代前半のキャストが来ることが決まった。年齢に対しこだわりが強い客である

当日、ラブホテルすらなにも決めずに待ち合わせ場所に着くと、5分ほどで金髪に近い茶髪のロングの可愛い女の子が現れた。

指名しなかったけど可愛い風俗嬢を見て、結構ちゃんとしてるんだな と思いつつ、おしゃべりをしながらホテルを探すことになった。

途中、ネイル専門学校卒業したという嬢が同い年だということが分かりテンションがわかりやすく上がった。やはりわたしは年齢の若い女が好きなのだ

が、ここで1つ懸念点が発生する。ネイル専門学校卒業した嬢、ネイルがとても長かったのだ。 いや、別に渋谷ギャル見たく15cmの爪とかではないんだけど、先がとがっている。無駄百合漫画で得た知識で、この嬢ネコなのか?えっ基本風俗嬢はタチなのでは?と悩むも、聞けないままが決めてくれた無人ホテルへ。

タイマーをセットし、おしゃべりを続ける。一体いつまでお喋りをするんだろう、お喋りで終わってしまうのではないかというどうでもいい不安がよぎった頃、嬢が立ちあがり「どうします〜?シャワー1人で浴びます?一緒に入ります?」と聞かれ「あ、一緒で嫌じゃなければ……」と返すとなんでそんなこと言うのとばかりに爆笑をされた。

シャワーを浴び、ベッドに寝転がり、また「どうします〜?」と聞かれたので「ふ、普通な感じで……」と経験値の無さを発揮してしまった。優しい嬢に「私が上の方がいいのかな〜」と言われ、「じゃあそれで……あっ、でもちょっと触らせて貰えたら……」と言うと「私から嫌って言うわけないじゃないですか!!!」と明るく笑われ、自分自己肯定感ダダ低いことが露見してしまう。

ネコっとく、というわけで寝っ転がったわけなんだけど、もう爪のことしか考えられなくてこわい。長い爪は取り外されることはなく、そのまま行為が続き、嬢の爪で出血するのではという恐怖で頭がいっぱいになる。

……幸い出血はしなかったが。

一旦休憩しようか〜と言われたので じゃあ触っていいですか?と聞き、恐る恐るタチに回る。とりあえずやられたことを同じ感じでコピーして行くことにしていくうちに、タチの方が楽しいなあ という感想を得た。

ただ、嬢はイクことは無いよなあ……と元々思っていたために適度なとこで辞めるか、アラーム鳴ってくれると楽なんだけどな、というドライな思い反してアラームが鳴らない。いつ終わらせようか困っているうちに、自分でもなぜかわからないが「飽きた」と言う感情が湧いてきた。

優しい嬢はわたしが戸惑ってるのを感じ取ったのか、キスをしてくれた。しかし、もうすでにわたしはひたすらに飽きていた。これが賢者モードというものなのか、てかキスさっきしたじゃん………………以外の感情が出てこず、ああ私セックス向いてねえなという実感だけが湧いていた。というか、今後の人生にこれいらないな、とすら思った。

わたしレズ風俗で、己がセックスに向いていないことをただただ実感した。

2020-01-16

ガタがきている物ばかり

どれも使えなくはないがやばいなというものばかりになってきた。

メガネは、レンズは傷だらけ。

仕事PCは、重い処理が受け付けなくなってきている。

スマートフォンは、充電しないと電池が朝まで持たない…まあアラームが鳴りっぱなしでも熟睡していて起きないだけかもしれないけど。

体は、重いし関節は痛いしたまに鈍痛がする。

どれもそれなりに高くつくけど徐々に一新しないとな…。

2019-12-25

猫を見殺しにした

うちによく来る白猫がいた。

昨日も来たけどうちに来た時点でもうまともに歩けなくなっていた。

血は出てなかったが交通事故と思われる。

何とか頑張ってうちに来たのだろう。

病院に連れて行こうとも思ったけどうちには飼い猫がいる。

彼と白猫との関係は良好だったけど白猫は腹がふくれるとテンションが上がって結構激し目に飼い猫を追いかけて遊びたがるのでうちの子が完全には心を許さなかった。

そういうのをやらなければお前はうちの子になれるんだぞと何度も撫でた。

病院に行っても助からないのは明白だった。

最後ゆっくり休めるようにしてあげようと思った。

白猫エリアとしてうちの子が入ってこれないようにしてるキッチン

白猫が入ってこれるように窓を開けてるので今の時期はいつも寒い

白猫はキッチンからダイニングへの扉の開け方を知ってるし開けれるはずなのに自ら先に来たことはなかった。

エライ

もう出て行く力も残ってないから部屋を締め切りパネルヒーターを白猫の近くに置いて暖める。

灯油ファンヒーターだと3時間時間延長のアラームが鳴ってそれがストレスになりそうでやめた。

うちの猫はよく鳴いてうるさいので餌場もダイニングから移して立入禁止にしてなるべく鳴き声がキッチンまで届かないようにした。

洗濯もしたかったけどうるさいのでやめた。

少し姿勢を変えるだけで相当痛むのか悲痛な声を上げる。

ごめんよ、もう僕は何もしてあげられない。

せめて暖かいところでゆっくり眠ってね。

最後にうちを選んでくれてありがとう

撫でながらそう声を掛けてキッチンを後にした。

一緒に寝て看取る勇気はなかった。

朝起きたら冷たくなって固まっていた。

パネルヒーターの前にいたから寒くはなかったと思う。

そうあってほしい。

メリークリスマス

おやすみ

2019-12-24

anond:20191224125338

女性武装すること自体には反対しないけど、軽棒や電気はやめたほうがいい対策講座が豊富で完全に読まれている

痴漢スプレー大音量アラームなど格闘技教室対処法を習わない武器のほうがいい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん